富岡市を元気に!子どもたちに明るい未来を! 富岡市議会議員 茂原正秀WEB-SITE
TOP    これまでの活動記録(毎日更新中!)








15分でアートのような作品をつくる!
15 Minutes Art by MOHARA!
















富岡市の桜
富岡市の美しい風景
富岡市観光協会のFacebook
富岡製糸場Facebook
富岡市イベントカレンダー

便利な情報サイト
ダイヤモンド・オンライン
東洋経済オンライン
日経新聞
読売新聞オンライン
朝日新聞
毎日新聞
産経新聞
東京新聞
ロイター
共同通信
ニューズウィーク
NHK
プレジデント公式サイト
上毛新聞
The Japan Times Online






   




★もはら撮影
 動画情報★

まなびのつどい
2014.2.2


富岡市成人式
2014.1.12


富岡市消防隊出初式2014年

貫前神社2014年
元旦


富岡市・安中市・軽井沢町の観光連携協議会設立趣旨発表
2013.12.26


貫前神社 御戸開祭 2013.12.12

群馬サファリ富岡マラソン大会
2013.12.8


第8回富岡市一周駅伝

第2回スロージョギング教室 
2013.11.23


佐原市の『歴史ある町並み』
2013.11.5

モザイクアートで
ギネスに挑戦

2013.11.4

妙義山紅葉
フェスティバル

2013.11.3

スロージョギング
教室

2013.10.27

富岡製糸場に
ふっかちゃん

2013.10.4


富岡市交通安全
パレード

2013.9.25

富岡市CM 
2013年わがまちCM
コンテスト最終選考作品


同志社大学
今出川キャンパス

2013.10.8

 

丹生湖ひまわり畑情報サイト


富岡市の防災気象情報(気象庁リンク)

  ご意見は、下記メールアドレスをコピー&ペーストして、お送りください
moharamasahide@gmail.com
 
市議会だより第62号 表面 裏面
H29年9月定例会一般質問の音声(保健センターの件等)
H29年12月定例会一般質問の音声(まちづくり富岡への随意契約の件等)
2018年4月のページ
3月31日(土)
〆Dの新聞折り込みに、『西上州の風』という地域新聞が入っていました。

総合病院のこと、市長選挙のことなどの記事がありました。

その中に、市内某スポーツ施設の盗撮の件も出ていましたが、この話、ちょっと前から耳にしていました。

事実関係が分からないので、施設名はあえて『某スポーツ施設』とさせていただきますが、盗撮の内容によっては、これは大きな事件として扱われる可能性がある内容なのでは?

仮に盗撮が事実なのに、何らかの力が働いて、それが表面化しなかったのだとしたら、それも大きな問題でしょう。

何かこの件は、不自然な印象を受けます。


また、総合病院の経営形態変更の件は、賛成した11名と、反対した6名の議員の氏名がズバリ出ていて、個人的には良いことかと思います。

市民生活に大きな影響が出る可能性が高い、このような重要議案については、各議員に大きな議決責任がありますので、ぜひとも市民のみなさんには、強い関心を持っていただきたいと思います。

『総合病院の経営形態変更には、絶対反対です』と言っておきながら、議案の採決では、しっかり賛成していた議員さんもおられましたが、『市民の前では市民寄り、市長の前では市長寄り』という姿勢には本当にウンザリです。

また、この富岡総合病院の件が、市長選の争点になるのかどうかは分かりませんが、今回の経営形態変更で、もしも経営が悪化するようなことになれば、民間譲渡に近づく可能性は高くなると私には思えますが?

地方公営企業法の一部適用を全部適用に変えて、『これで終わり』ということはないと私は考えます。



あと、市長のウズベキスタン視察のことも書かれていましたが、この件も、本当にウンザリです。

現地で、先に行っていた民間団体と合流したとの話ですが、市長が、某女性職員と二人でウズベキスタンまで行ったのは、事実です。

富岡市当局の考え方が、私にはさっぱり理解でいないのですが、どうして市長と女性職員の二人で、ウズベキスタンに行かなければならなかったのか?

もちろん、公務として出かける以上、その費用は市民のみなさんが納めた税金から出すわけですが、そんな話を聞けば、大多数の市民のみなさんは疑問に思われるでしょう。

私も、猛烈に疑問に思いました。

なので、一般質問や全員協議会で、この件を取り上げましたが、驚いたのは、市長支持の多数派議員さんから、『疑問に思っている市民がどこにいるんだ! 全く問題じゃない!』などと言われたことです。

市長と女性職員のお二人でウズベキスタンに出かけることを決めた当局だけでなく、それを全く問題視していない市議会の多数派議員さん方にも、私は大きな疑問を感じました。

これでは、とても当局を監視する議会の役割を果たしているとは言えないように思えますが…

どう考えても、この件には、私は納得がいかないのですが、みなさんはどのようにお考えでしょうか?




3月30日(金)
セ毀鮟蠅暴个けましたら、今日で仕事をお辞めになる方とお話をする機会がありました。

今日は、年度末の最終日だったのですね。

何だか寂しさを感じてしまいます。

定年退職された職員のみなさまには、長い間、お世話になりました。

私よりも一年先輩の方々でしたが、特に部長さん方には、議員になってからこの15年間、様々なことを教えていただきまして、ありがとうございました。

議員になって初めて行った視察の時、今年退職された部長さんが、当時、係長さんで、同室となったことがありましたが、富高の一つ先輩ということで、あれこれ話をした記憶があります。

確か平成15年の2月でした。

あのとき、新人議員であった私も、今では4期目で、最も期を重ねた議員の一人です。

一年がどんどん短く感じられるようになってきましたが、この先は、もっと速く時間が過ぎてしまうのかも?

15年先には、私は後期高齢者になりますが、そう考えますと、人生の残り時間はあまりあるとは言えないような…







ぁ愾挙は、本当に1対1になるのですか?』と、よく質問されますが、さすがにここまで来れば、第3の候補者が出てくることは、95%以上くらい、ないのでは?

もしも、選挙の直前になって、第3の候補者が名乗りを上げれば、それは本人が当選するためではなく、別の目的と思われてしまうでしょうから、もうその可能性は、極めて低いと推測します。

でも、絶対に第3の候補者が出ないとは言いづらいというのも現実ですが…

それにしても、今回の選挙は、全く何が何だか分かりません。

『現職VS新人』の1対1の選挙では、現職の批判票がすべて1人の新人に回るわけですので、新人の方にとっては、『願ってもない選挙』になりますが、そのアドバンテージをうまく生かしているのでしょうか?

全く分からないのですが、ちょっと気になります。







私のホームページをご覧になっている方から、質問をいただきました。

『市長選のことで、何か書くと、指導が入るというのは、どういうことなのですか?』という内容です。

簡単に言いますと、『特定の人を支持したり、反対したりするのは、選挙が始まる前なので、控えてください』ということです。

告示日に届け出をしないうちは、あくまでも立候補を予定している人という段階ですので、それらの人に対して、意見を述べるのはいかがなものか、というご指導があったということです。

逆に考えれば、立候補の届け出が済み、正式に候補者となったら、どんどん意見を述べてよいということになるのでしょう。

ということで、4月8日までは、市長さんに対しての選挙に関する意見は、控えております。

でも、これまでの市政に対する疑問は、選挙とは関係ありませんので、述べさせていただきます。

私からすれば、いまの富岡市政は『謎ばかり』ですので。







∈鯑、バイクで市内の桜の名所を回り、咲き具合を確認してきましたが、今日は気温が低めで、素晴らしい青空となったので、時間の都合をつけて、再度、写真を撮るために、一ノ宮周辺の名所と親水公園に行きました。

桜が満開で、昼間にこれほどの青空となるのは、珍しいかと思います。

今日は、インスタ映えする写真が撮れた方は多かったのでは?

やはり青空がバックの桜は、いいですね。














今日のBBCメモ

1:パレスチナ人の集団がガザとイスラエルの境界に

2:醜い真実のメモにより苦しむフェイスブック

3:航空会社が女性職員にズボンを着用させることに




3月29日(木)
せ堋港のことに触れますと、つい、現職批判に勢いがついてしまい、また『ご指導』をいただくことになりかねませんので、書きたいことは山ほどありますが、控えます。

なので、ちょっと方向性を変えて、これまでの私の一般質問に対し、岩井市長さんはどのように対応なさったかを、広く市民のみなさんに知っていただくため、昨年の9月定例会と、12月定例会の一般質問の音声を、クリックすればYouTubeで聞けるようにいたしました。

どちらも1時間近くありますので、ちょっと長いのですが、これを聞いていただければ、富岡市の問題点が、よく分かるかと思います。

ぜひ、お時間があるとき、お聞きください。

H29年9月定例会一般質問の音声

H29年12月定例会一般質問の音声





I拗發料阿鯆未蠅泙靴燭蕁∪橘腓量臠發法⊃靴靴す讃呂設置されていました。



何だか、ちょっと寂しいような感じもしますが、新しい共学校としてスタートするわけですので、それを考えれば、喜ばなければいけないですよね。

富高の入学式には、私は同窓会の本部役員として参列します。

これまでは、黒の詰襟の学生服の生徒ばかりであったのが、半分ほどが女子生徒となるのですから、かなり入学式の雰囲気は変わるのではないでしょうか?

七日市周辺は、4月から、多くの女子高生の姿が見えますので、こちらももちろん雰囲気が大きく変わるでしょう。

そうした街の変化も、どうなるのか、ちょっと楽しみです。






午後、時間がありましたので、バイクで市内の桜の名所を回ってみました。

今年は、気温が急に上がったためか、桜の花も、一気に開いたような印象です。

貫前神社や一峰公園は、ほぼ満開という感じでした。

どちらも、お花見に来た人で賑わっていました。

貫前神社の参道の桜は、だいぶ老木感が漂ってきましたが、それでも花が咲きますと、なかなか見事です。





また、耐震工事が終了した社会教育館の桜も見てきましたが、歴史を感じさせる和風建築の建物と桜のコラボは、風情があります。



一峰公園に行きましたら、お花見に来ていた人が、『昨日はもっとピンク色だったけど、今日は暑くなりすぎて、白っぽくなっちゃった』と教えてくださいましたが、暑くなると花の色が変わってしまうということは、あるのでしょうか?







もしかすると、空の色や、太陽光線が変わることで、色も白く見えてしまったのでは…

一峰公園の後は、城山近くの親水公園に行ってみました。







ここも満開で、これで青空でしたら、最高に桜の花がきれいなのでしょうが、気温が上がってしまうと、空の色がぼんやりしてしまいますので、写真を撮るには、ちょっと残念な感じでした。

最後に、大塩湖まで行ってみましたが、こちらはまだ満開とは言えない状況でした。





6分咲き、7分咲き、というところでしょうか?

でも、日当たりが良いところは、ほぼ満開でしたので、十分にお花見を楽しめるかと思います。






今日のBBCメモ

1:マララが初めてパキスタンに帰る

2:オーストラリアの監督が不正行為で辞任

3:ベネズエラ警察の火災で68名が死亡




3月28日(水)
市長選の関連で、これまで自分の意見をストレートに書いてきましたが、実は、ちょっとご指導を頂いてしまいました。

詳細は説明しないほうがよろしいかと思いますので控えますが、特定の人物に対して意見を書くことは、選挙が始まっていない段階では、不適切なようですので、選挙の告示までは異なる表現をしていこうかと思います。

ところで、先週土曜日の新庁舎落成記念式典のときには、市役所の前庭は多くの人出で活気があふれていました。

しかし、イベントが終わって平日となれば、昼間でも前庭は人っ子一人いないような状況です。



この光景を見てしまいますと、はたして市役所庁舎前に、これほどのスペースの庭を設ける必要があったのか、ちょっと疑問に思えます。

市庁舎とは思えないようなガラス面が多い特徴ある建物に、広々とした庭…

確かに、見栄えとすれば、おしゃれな雰囲気なのかもしれませんが、実用性を考えなかったような印象を持たざるを得ません。

もしかすると、この市役所の前庭は、富岡市を訪れる観光客のおもてなしを意識した部分があるのかもしれません。

でも、富岡まつりや産業祭のようなイベントの時には便利ですが、この前庭がうまく活用されるのは、一年のうちでも、せいぜい10日くらいしかないのでは?

富岡市中心の一等地の大きなスペースが、これではもったいないように私には思えますが…





∈Fの陽気は、暖かいを通り越して暑いようでしたが、どうしちゃったのでしょうか?

まだ、3月なのに、外に出ますと5月の連休明けくらいのように思えました。

桜もここに来て、一気に咲きましたが、これでもしも寒くなったら、体にこたえるでしょうね。

ところで最近、私と同じくらいの年齢の友人・知人で、体調があまりよろしくないような話をしている方が、多いように思えます。

糖尿病や、眼・腸・肝臓などの病気などの話を聞きますが、60歳という年齢は、人生の大きな変化が表れやすい時期なのかもしれません。

この年齢から先は、健康管理がうまく出来るか否かで、人生が大きく変わってしまうように、最近強く感じております。

できることなら、少しでも長く体と頭の健康を維持していきたいものですが、それが簡単にはできないところが人生の難しいところなのでしょうか…

夜、ちょこちょこ走っていますが、目標は毎日ですが、どうも週に3回くらいしか走れません。

でも、このくらいの頻度で、わずかな距離(1kmから3km程度)を走るだけでも、体にはすごく良いように思えます。

はたして、これが健康長寿につながるかは、あと10年、20年してみなければ分かりませんが、案外、10年、20年は、あっという間に来てしまうのかも?







今日のBBCメモ

1:金正恩は北京にいたと、中国と北朝鮮が発表

2:強姦犯を釈放する決定がイギリスの裁判所で覆される

3:ウィンミント氏が新しいミャンマーの大統領に選ばれる




3月27日(火)
最近、我が家のポストに、市長選挙関連のリーフレットやチラシがよく入っています。

立候補を表明している現職・新人の両方のものが入っていますが、厳密にいえば、これらの印刷物は不特定多数の家に配布している以上、公職選挙法に抵触する可能性が高いものです。

分かりやすく表現しますと、政治活動という建前で、実際は選挙の事前運動をやっているとでも、言いましょうか…

選挙が近くなったときだけ行う政治活動というのは、限りなく選挙運動に近い活動ではないかと思われても仕方ないでしょう。

ところで、市長選の投票日まで、あと20日しかありませんが、盛り上がりに欠けているように思えてなりません。

市民の方も、市長選挙が4月にあることさえ知らない方も多いように思えますし、ここまで関心が薄い選挙は、これまでなかったのでは?

この時期になれば、おそらく第3の候補者は出てこないかと思われますが、そうなると、現職VS新人の一騎打ちです。

普通なら、この構図の選挙になれば、過熱するのが当たり前のように思えますが、強い関心をお持ちの方は、非常に少ないような印象です。

もしも、この状態で、新人の方が当選すれば、富岡市の選挙風土は、都会的になったと言えるのでは?

富岡市のような地方都市は、人間関係が濃厚で世間が狭いため、地縁・血縁だけでなく、学校や職場での人間関係などが複雑に絡み合っており、そうした関係を巧みに使うことが選挙の必勝法になりがちですが、その点では、長い政治キャリアをお持ちの現職のほうが圧倒的に勝っているかと推測します。

なのでもしも、この静かな状況の中で新人が勝てば、これまでの人間関係に頼る選挙から、そのときの『風』『空気』『雰囲気』で、多くの票の流れが変わる都会的な選挙風土に、富岡市は変わったということが言えるのかもしれません。

もしも、人間関係よりも、そのときの空気・雰囲気のほうが、投票動向に影響を与えるとしたら、新人がかなり票を取る可能性が高くなりますが、はたして、どうなるのでしょうか?

私とすれば、そのほうが富岡市にとっては良いことかと思いますが…









年に一度、自分の後援会(政治団体)の収支報告書を提出するために、県庁の県選管に出かけますが、昨日、時間がありましたので、行ってきました。

私の後援会は、お金の動きは全くありませんので、前年度と同じ額の残高で書類は提出しました。

そのため、選管の職員さんによるチェックも、短時間で終わりますので、収支報告書の提出ができましたら、県庁最上階の展望台に毎年行ってみます。

展望台は、素晴らしい眺めで、息をのむような広大さです。







前橋市は、県庁所在地としては、存在感がない都市のようなことが言われますが、ここから街並みを見ますと、『前橋市は、結構すごいじゃないか!』と思えてしまいます。

電車などの交通の便は、高崎の圧勝ですが、前橋のほうが文化面などではレベルが高いような気もします。

でも、どちらに住みたいか、と聞かれたら、やっぱり『高崎市』でしょうか…






今日のBBCメモ

1:悲劇的なロシアの火災に数千人が抗議

2:群衆はプーチンの辞任を求める

3:ロシアは排除による脅迫でアメリカを非難




3月26日(月)
市民の方から、お問い合わせがありました。

『3月定例会の一般質問の録画中継を見ることができませんが、どういうことなのでしょうか?』という内容です。

はっきりした期間は、ちょっと忘れてしまいましたが、定例会の終了後、映像を業者が編集して見れるようになるまで、確か2週間ほどかかるとのことです。

そのようなわけですので、3月定例会の録画中継が見れるようになるまで、まだ時間がかかりますが、よろしくお願いいたします。






∋毀鮟蠅亡鵑辰慎△蠅法現在、建設中である商工会議所の新商工会館を道路から見てみましたが、これは想像していた以上に、ゴージャスですね。



地方の人口5万人以下の小さな市に、このような建物があることは、非常に珍しいことかと思いますが、それが商工会議所の建物で、しかも、市民の納めた税金から8500万円もの補助金が支給されて建ったのですから、他にはあまり例がないようなことなのかもしれません。

この建物は、まるで万国博覧会のどこかの国のパビリオンのような印象を持ちますが、ここまで目立った外観デザインにする必要があったのでしょうか?

私は商工会議所の会員ですので、遠慮なく言わせてもらえば、こんな狭い土地に、東京の有名建築家が設計したこのような奇抜な建物を建てるくらいなら、少し街中から離れても、広々とした土地で、十分な駐車場を確保できるところに、普通の建物を建てたほうが良かったかと思えてなりませんが…

富岡駅駅舎、市役所庁舎、商工会館と、街中に3つも珍しい建物が並ぶようなことになってしまいましたが、富岡市本来の姿から、完全に浮いてしまったような印象を持ってしまいます。

地方に行きますと、一番豪華な建物が、市役所などの公共施設というケースはよくあることですが、財政難の中、公共施設の建物を豪華にするような自治体というのは、もはや時代にマッチしていないように思えます。

富岡市には、まだ他にも様々な建物がありますので、市役所庁舎が一番豪華であるかは何とも言えない所ではありますが、人口がこれから激減するこの先、この3つの建物が、どのように評価されるのか、非常に気になります。






今日のBBCメモ

1:ロシアのショッピングセンター火災で64人が死亡

2:『ミートゥー運動』が韓国で根付く

3:マレーシアは偽ニュースに10年の刑期を求める





3月25日(日)
△祭り途中の休憩時間に、多くの方から、市長選挙の話で声をかけていただきました。

『市長選に立候補すればいいのに、なぜ出ないんだ?』

『立候補予定者は二人だけなのか?』

『新人の人は全く知らないが、どんな人なのか?』

『市長選は、やけに静かだが、どうなっているのか?』

『どちらの候補予定者のほうが優勢なのか?』

『現職が再選されたら、富岡市はどうなるのか?』

『政治に関わったことがない新人の人が市長になっても大丈夫なのか?』

以上のような質問が多かったのですが、答えは、自分の考えを申し上げました。

でも、全般的に感じた雰囲気は、市長選にあまり関心がない方が、圧倒的に多いのではないか、ということです。

前回の市長選よりも、かなり投票率が下がる可能性があるように思えます。

そうなると、有利になるのは、組織がしっかりしている候補者ということになるのでは?



今の富岡市の行政や政治に対して、私は大きな問題があると考えていますが、これを変える方法は『市長交代』しかないと思っております。

岩井市長さんを、多数派議員の方々が盤石な支持をされていますが、このまま岩井市長さんが再選されれば、富岡市議会では議会のチェック機関としての働きが適切に機能していないように思えますので、岩井市長さんのお考え通りの市政がどんどん進むことになるでしょう。

なので、それを止めるには、議会の機能を高めることは困難ですので、市長選で市長を代えることが、最も手っ取り早く確実な方法ではないかと考えます。

『政治に関わったことがない新人に市長ができるのか?』と、よく質問されますが、その新人の人を知りませんので、それは私には分かりません。

でも、それを心配することよりも、現職再選で、現在の問題が多い状況がさらに4年続くことのほうを、心配すべきではないかと思います。

『市長交代で、富岡市政をリセット』することこそ、今回の市長選の最大のポイントなのではないでしょうか?

私は、そのように考えております。







^譽竜椶瞭餐朕精廚ありました。

このお祭りは、これまでは非常に天気の巡り合わせが悪かったのですが、今日は素晴らしい青空の下で、行うことができました。

どんな雰囲気のお祭りであるかは、言葉で説明するよりも、画像のほうが分かりやすいので、写真でご報告いたします。




















3月24日(土)
午前中は、富岡市新庁舎落成式が市役所であり、出かけてきました。

お天気に恵まれ、午前10時過ぎには、会場は大勢の市民のみなさんでいっぱいでした。

庁舎前広場には、仮設のテントがいくつも設けられ、『おっきりこみ』の食べ比べコンテストなどのイベントも行われました。

また、新庁舎を設計した隈研吾氏や、小渕優子衆院議員も来られ、会場はとても華やいだ雰囲気でした。

職員のみなさんは、今日はいつもと違う仕事で、大変だったかと思いますが、一日、お疲れさまでした。

今日は議場なども、自由に見学できましたが、とある市民の方から、『こんなに立派な議場になったのだから、議員のみなさんに、しっかり仕事をしてもらわなければ困ります』と声をかけられました。

まさに、その通りであり、ごもっともな話と思えます。

先の3月定例会は、一般質問を行った議員がわずか3名でしたが、せめて定数18名の半分の9名くらいは、一般質問をしなければ、まずいですよね。

ところで、太田市の清水市長さんが式典の祝辞の中で、『来年度、関東市長会を富岡市で行うので、その時、岩井市長がいないと困る』という内容のお話をされました。

来月の市長選について、さりげなく触れ、さりげなく応援をされましたが、それを聞いていた市民のみなさんは、どのようにそのお言葉を受けとめたのでしょうか?




















〔義の道の駅そばの、カワヅザクラが満開です。

今朝、確認に行きましたら、ちょうど見ごろでした。

富岡市で最初の桜のお花見を、妙義の道の駅で、お楽しみください。










3月23日(金)
ぜ,瞭曜日は、一ノ宮の道祖神祭が行われます。

その時の山車に載せる人形作りが、今晩、終わりました。

干支の戌ですが、大きな発泡スチロールを削って、組長のみなさんでこの形をつくりました。



道祖神祭は、妙に天気が悪い日が多いのですが、今年はその心配はなさそうです。

日曜日に、お時間がございましたら、ぜひ一ノ宮の道祖神祭にお出かけください。




市役所に行きましたら、明日のオープニングセレモニーの準備中でした。





先日、張ったばかりの芝の上に、パラソル付きの仮設テーブルや、椅子が設けてありましたが、明日、多くの人が歩けば、芝生は荒れてしまい、再度、張り直しということになるのかもしれません。

芝のことはともかく、明日の天気は良さそうですので、ぜひ多くの方に出かけていただきたいものです。

お祭りのような雰囲気で、様々なイベントコーナーもありますので、子どもさんでも楽しめるかと思います。





午前中は、一ノ宮小学校の卒業式が行われました。



今年の卒業生は63名でした。

毎年思うことですが、6年生はみなさん、落ち着きがあり、本当にしっかりしています。

見ていて清々しさが感じられます。

中学校に進みますと、勉強は難しくなり、部活動も最初は大変でしょうが、頑張ってほしいです。

最後の子どもたちの合唱は、美しいメロディが胸に響きました。

今年も、素晴らしい卒業式でした。

卒業生のみなさん、保護者のみなさま、本日はおめでとうございます。






今日のBBCメモ

1:フランスの人質事件で2名が死亡

2:大きな地割れがリフト・バレーで起こる

3:貿易戦争の恐怖で株式市場は神経質な状況に





3月22日(木)
市長選のことで、ある方から、質問されました。

『もはらさん、市長選挙は、だれか応援する人がいるのですか?』という内容です。

なので、『私は、現職の市長さんの再選は、富岡市にとって好ましいとは思えないので、もしも応援するなら、新しい方です』と、申し上げました。

しかし、現段階では、いま言われているように、『現職VS新人』の一騎打ちになるのか、それとも第3の候補者が現れるのかが、まだ分かりません。

また、現在、立候補を表明している新人の方とは、全くお付き合いがありませんし、どんな人なのかも知りません。

なので、いま名前が挙がっている新人の方を応援するとは、言えない状況です。

でも、もしも第3の候補者が現れず、『現職VS新人』という構図の市長選になることが決まれば、現職市長さんに代わってもらうために、その新人の方を応援せざるを得ないでしょう。

何もしないで、新しい市長の誕生を祈るという方法もあるのでしょうが、私には神通力はありませんし、今の富岡市の政治・行政を知っている議員の一人とすれば、黙って見ているわけにはいきません。

このまま岩井市長さんの政治が、さらに4年間続けば、製糸場の西繭倉庫の2階に閑古鳥が鳴くような高級ホテルができてしまう危険性があります。

市民の税金を使って、市民の暮らしとは関係ないようなハコモノ整備が加速するのは、何としても止めなければならないでしょう。

岩井市長のイエスマンが、議会の多数派を占めていますので、岩井市長さんが再選されれば、どれほどとんでもない議案でも、議会で歯止めをかけることは極めて難しいように思えます。

そうしたことから、事業の優先順位を間違えている市政を変えるには、市長を代えるしかないと、私は考えています。

なので、新人の方のことは全く知りませんが、一騎打ちになったら、その人を応援するしかないでしょう。

どのような選挙になるにせよ、市民のみなさんが苦労して納めている税金を、市民の豊かな暮らしの実現のために使おうとしない人物や、税金の使い方の説明ができない人物、説明しようとしないような人物を市長にすることだけは、絶対に止めなければならないと思っております。

いま言えることは、その程度です。







午後6時から、市議会と市役所の部課長さんとの懇親会が行われました。

退職される部課長さんに、最後のご挨拶ができる場ですので、参加させていただきました。

退職される方々は、私よりも一学年先輩のみなさんです。

部長さんや、課長さんには、一般質問や、委員会や協議会での質疑で、大変お世話になりました。

特に、一般質問で、追求型の一般質問をせざるを得なかった部長さんには、ご迷惑をかけた点も多々あったかと思います。

ぜひ、ご退職後も、健康にご留意され、人生の次のステージで、ご活躍ください。

ところで、今日の懇親会で、お話をするつもりであった課長さんのお姿が、複数名、見えませんでした。

新年会のときも、欠席の方が、割と多いような印象がありましたが…

議会の一般質問が非常に低調な富岡市ですが、懇親会の出席率も低調なのかも?

ちょっと気になりました。






今日のBBCメモ

1:最初の反乱軍が戦いに敗れたシリアの街を去る

2:トランプ大統領は中国への制裁を発表

3:『私は地獄にいる』と、サルコジ元仏大統領が語る







3月21日(水)
先の私の一般質問をネット中継でご覧になってくださった方から、朝メールをいただきました。

『当局側の答弁の内容の酷さに驚いた』そうです。

肝心なことになると、不明瞭な答弁をし、それを確認しても、同じことを繰り返す。

いつもそのような方法で、当局側に問題があったとしても、絶対にそれを認めないということの連続です。

そして、そのおかしな答弁を聞いていても、市長支持の多数派議員さん方は、全く沈黙をしているばかり。

例えば、私が何度も取り上げた、老朽化で耐震強度に問題がある保健センターのことも、議員全員が、その中で赤ちゃんの健診がずっと行われていることを知っていますが、だれも声を上げません。

それを言えば、市長さんを批判することになってしまうので、言えないというのが、その理由なのでしょう。

保健センターの問題は、平成27年6月に、富岡市総合保健センター検討委員会から市に提出された『富岡市総合保健センターに関する提言書』の中で、以下のように指摘されています。

*建物のところどころにクラックが入るなど老朽化が進んでいる。

*大雨の時は、雨漏りする部分があり、水の侵入による鉄筋の腐食等による、躯体の劣化が危惧される。

*現在の建物は、改修工事はしているものの耐震構造となっていないため、大地震時には来庁者や職員等が建物の倒壊に巻き込まれる恐れがある

すでに3年前に、学識経験者3名を含む10名からなる検討員会で、このような問題が指摘されています。

なのに富岡市は、その後、目に見える具体的な対応は何も進めておりません。

新庁舎の建設は、当初予算よりも50%以上も膨れ上がり、商工会議所の新商工会館建設には8500万円もの補助金を出すなど、大盤振る舞い状態なのに、地域の赤ちゃんの健診を行う保健センターは、危険性が指摘されているのに全く放置…

この状況で、日本一のまちづくりは、着々と進んでいると、岩井市長さんは述べられるのですから、耳を疑うと同時に、ウンザリさせられます。

岩井市長さんの進める市政は、バランスが非常に悪いように、私には思えます。

新年度予算に、製糸場前の城町通り北長屋に、1億円もの予算を投入して、整備を進めますが、市民にとって、何らメリットがないような老朽化した長屋に、そんなお金をかけるのなら、どうして安全な保健センターの整備を進めようとしないのか、私にはさっぱり理解できません。

4月の市長選で、また岩井市長さんが再選されれば、今よりもさらに富岡市の状況はおかしくなってしまうように思えてなりません。

聞いた話では、市長支持の多数派議員さんは、選挙が始まっていないうちから、街宣車に乗ったり、市政報告会の応援弁士として大活躍されているのだとか…

一般質問や委員会の質疑の時の静かなお姿とは、だいぶ異なるような印象です。

今日、家にいましたら、スピーカーから大きな声が聞こえる車が、我が家の前を通りましたが、岩井市長さんの関係の車でした。

どの議員さんが乗っていたのかは知りませんが、かなりの熱の入れようです。

でも、岩井市長さんは、いくらお元気とはいえ、76歳だそうですが、その年齢ということは後期高齢者に当たります。

さらに当選すれば、次の任期中には80歳を迎えます。

いくら政治家として長いキャリアがあり、お力があるお方だとしても、その年齢の方に富岡市の未来を託すことが良いとは、とても思えません。

後継者に道を譲るのならともかく、まだ、ご自分が先頭に出てきたいというのは、いかがなものかと思えてなりませんが?

それほど市長の座は、他の人に譲れないほど、魅力的なものなのかもしれませんが、大きな疑問を感じます。






⊇馘垢帽圓ましたら、NHKの語学講座の4月号テキストが並んでいましたので、『まいにちイタリア語』を買ってみました。



今年は、イタリア語の検定試験を受けるつもりです。

現在、英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語の検定の級を持っています。

なので、イタリア語検定に受かれば、5か国語目です。

内容的には、大したレベルではないのですが、5か国語目となると、ちょっとすごそうな雰囲気があるように思えますが?

一応、4月から9月までのラジオ講座は、ゼロから始めるイタリア語と、ちょっとは理解できるフランス語を聴く予定です。

4月は、新しくラジオ講座が始まる月ですので、脳力の低下を防ぐために、チャレンジしてみてはいかがでしょう?







今日のBBCメモ

1:『テキサス州オースチンの爆破容疑者は死亡』と警察が発表

2:イスラエルは2007年に、シリアの核融合炉を攻撃していた

3:イスラム国の犠牲者家族はテレビで身内の死亡を知った





3月20日(火)
ぅ瓠璽襪把困い疹霾鵑任后

もしも、事実なら、とんでもない話です。

4月から総合病院の経営形態が変わりますが、それを理由に、複数の医師が退職するという話があるとのこと。

もしも、そのような事態になったら、経営改善のために進めた経営形態変更が、総合病院の経営をおかしなものにしてしまう危険性があります。

岩井市長さんと、市長派の多数派議員のみなさんのお力で、経営形態変更は決まりましたが、そのようなとんでもない事態になったときは、反対した私からすれば、市長さんと取り巻きの議員さん方に、責任を取ってもらいたいような気分です。

非常に、心配な話です。



E局から、抗議をいただいた昨日の一般質問ですが、ネット中継でご覧になった方や、議場で傍聴なさった方からは、『市の答弁は、理解できません。もはらさんの主張のほうが正しいですよ』とのお話を、いただいております。

昨日の私の主張をいくつか紹介しますと、以下のような内容です。

*岩井市長は、『世界遺産にふさわしい日本一のまちづくり』は、順調に進んでいると言いますが、毎年人口が500人ほどのペースで減少し続け、製糸場の入場者数も、最初の134万人から、わずか3年で半分以下の65万人まで激減している以上、とても順調に進んでいるとは思えない。

*目的不明の世界遺産にふさわしい日本一のまちづくりを目指すことより、耐震性に問題がある保健センターの整備など、市民の安全安心につながるまちづくりを、富岡市は進めるべき。

*財政難の中、毎年2億円もかかる給食費の全面無料化を無理に進めれば、他の市民サービスや事業の削減や廃止につながり、市民生活に大きな悪影響が出る可能性が高い。

*富岡製糸場の西繭倉庫にホテルを誘致することより、まちなかに宿泊施設の誘致を進め、宿泊滞在型の観光地化を目指すことが、新たな地域のお金の循環をつくることにつながる。

*富岡市は再生富岡市民会議を設置しているというのなら、市役所内のどこに設置しているのか、どんなメンバーがいるのか、市は説明すべきなのに、どうして説明しないのか?


以上のことは、私の考え方ですので、もちろん市の考え方のほうが適切とお思いの方もおられるでしょうが…







∈鯑の一般質問は、第一質問の答弁だけで、質問時間1時間の半分以上が経過してしまいました。

さらに、再質問の答弁を、なかなかもらうことができなかったことから、私は、当局側の対応に、何らかの悪意があるのではないかと疑念を抱いてしまい、そのことをホームページ上で述べましたが、当局側から、『故意に遅らせるようなことは一切していない』という抗議がありました。

たまたま、そのような事態になってしまったようですが、そうならば、一生懸命、答弁を書いていただいた課長さん方には、大変失礼なことを申し上げてしまったことになりますので、お詫びいたします。

私の一般質問は、当局の問題点を追及するような批判的な内容が多いのですが、だからといって、質問の進行を妨げるようなことを、当局はしていないとのことです。

当局側に対し、『妨害』の疑念を抱いてしまったことを、お詫びいたします。

これからも、市民のみなさんが納めた税金の使い道、使い方として、疑義を抱かざるを得ない場合は、徹底的に一般質問の中で質してまいりますが、極力、明確なご答弁を頂けますよう、当局のみなさまには、お願いいたします。








今日のBBCメモ

1:習近平首相は『中国を分断しようとするあらゆる試みは失敗する運命にある』と警告

2:テキサスでの新たな爆発をFBIが調査

3:最後のオスのシロサイが死ぬ




3月19日(月)
一般質問がありました。

18人の議員の中で、3月定例会はわずか3人しか質問を行わないという、考えられないような富岡市議会の停滞ぶりですが、今日は、当局側からの不誠実と思える対応に負けず、言わねばならぬことは、はっきり申し上げたつもりです。

実は、今日の私の一般質問は、当局から適切とは思えない対応がありました。

まずは、異様に長い第一質問の答弁。

しかも、市長さんがその長文原稿を、ゆっくり読むので、正直、困りました。

これまで60回ほど一般質問をしてきましたが、当局側の第一答弁が終えた時点で、1時間の質問時間の半分以上が終わってしまったのは、今回が初めてです。

なぜ、そのような長文の答弁になったのかと言えば、おそらく理由は、残りの私の質問時間を短くして、追求から逃れることを考えたのではないかと推測します。

また、一般質問の中でも、別の当局側の不適切な対応について、こちらから述べさせていただきました。

それは、再質問の答弁を、なかなか頂くことができず、その後の質問に大きな影響が出てしまったということです。

富岡市の一般質問は、当局側からの求めで、議員は質問の全てを事前に提出し、その答弁をもらいます。

そして、情けないことに、事前に提出しなかった質問は、議員は議場で質問してはいけないことになっています。

つまり、富岡市の一般質問は、原稿を読むだけの朗読会という状況になっていますので、質問と答弁の部分は、演劇のセリフのように、その通りに進めなければなりません。

それが、富岡市議会の一般質問のルールですが、議員が再質問を提出できる期限も実は設けられています。

その期限は、一般質問を行う前日の正午です。

今回の、私の質問は、月曜日でしたので、再質問の提出期限は金曜日の正午でした。

ところが、第2質問の答弁原稿が私の手元に届いたのは、金曜日の午前11時頃でした。

つまり、第3質問の提出ができる締め切り時間まで、わずか1時間しかない状況ということです。

おそらく、その時間まで第2質問の答弁が来なかったのは、私に第3質問を出す時間を与えないという思惑があったのではないでしょうか?

私の質問の4件は、すべて岩井市長さんに批判的なものばかりです。

市長選を4月に控えた今、選挙にマイナスとなるような展開を回避するため、私の一般質問の妨害をお考えになったのではないかと、私は推測しております。

そのような状況であったため、1時間しかないので、第3質問はあきらめるというのも、一つの方法でしたが、それでは市長さんが喜ぶだけになってしまいそうでしたので、その1時間に、ダッシュで第3質問の原稿を作り、提出しました。

そんなことがありましたので、今日の一般質問は、始まる前から、私はちょびっと『怒り心頭』モードでした。

そのような状態で、一般質問に入りましたので、非常に長くて困った当局側の第一答弁の後は、言いたいことを、こちらのペースで遠慮なく、どんどん言わせてもらいました。

私と、当局の言っていることの、どちらが筋が通っている話なのかは、聞いている方々のご判断に任せますが、岩井市長さんのこの4年間の市政の矛盾点、問題点を、わずかしかできなかった質問と、つなぎの部分の原稿の中で、はっきりと述べさせていただいたつもりです。

昨日は朝3時過ぎまで、一般質問の原稿書きをしていたため、疲労感がありますので、質問の内容につきましては、明日以降、紹介させていただきます。

私の今日の一般質問が、岩井市長さんが答弁なさる最後の一般質問となるのか、それとも、6月定例会で再度、岩井市長さんに一般質問を行うことになるのかは分かりませんが、どんな人が議場の市長席に座っていたとしても、市民のみなさんが納めた血税の使い方として問題があることは、たとえ一人でも、徹底的に追及するつもりです。








今日のBBCメモ

1:プーチン勝利に対する西側諸国の静かな反応

2:イギリスとEUは離脱移行協定を望んでいる

3:日本の安倍首相は隠ぺいへの関与を否定






3月18日(日)
L斉、観光行政の一般質問で、『製糸場の西繭倉庫の中にホテルを誘致する』と、岩井市長さんが新聞紙面で考えを述べていたことを取り上げます。

また、ネットで検索しましたら、昨年の10月4日に、NHKの『おはよう日本』の中で、岩井市長さんがそのことに触れていた記事を見つけました。

↓NHKの『おはよう日本』ホームページより転載


NHKの全国放送の中で、ホテル構想を述べているのに、私の一般質問の中では、おかしな説明をするようですが…

広く市民に伝わると、市長選にマイナスとなる可能性があるので、そう言わざるを得ないのかもしれませんが、新聞やテレビで取り上げられてしまっている以上、今から否定するのはいかがなものかと思いますが?





¬斉、3月定例会の一般質問が行われます。

私は3人の中の3番目ですので、おそらく午後1時ちょうどからのスタートになりそうです。

今回の一般質問は、当局側からの答弁が非常に遅くて、困りました。

そもそも一問一答方式の一般質問で、すべての原稿を事前に作ることなどできるはずがないのに、それを市当局はさせたがるのですから、このような問題深い状況が生じてしまうのは、ある意味、当然と言えば当然でしょう。

はっきり言って、当局側に都合が良いだけの一般質問のやり方には、ウンザリしています。

岩井市長さんが市長をお続けになる限り、こんな状況が延々と続くのなら、市長は別の方にやってもらうほうが、議会の活性化につながるでしょう。

そもそも、市長の考えを尋ねる質問の答弁を、担当の課長が市長の考えを想像して書くなどというのは、どう考えても、おかしな話と思えます。

しかも、市長さんからダメ出しされれば、課長さんは何度も書き直すそうです。

市長さんが議場で、自分の考えを述べれば、多くの職員さんは、そのようなおかしな仕事から解放されるのに、なぜ、そんな無駄なことをさせるのでしょうか?

市長として自分の考えを述べられないような方が、市長をやりたがることが、問題の大きな原因なのかもしれませんが、明日の一般質問も、何だか残念な展開になるような感じがしています。







〕莉気瞭曜日に、一ノ宮の道祖神祭が行われます。



今年は、組長をしているため、その準備があり、午前と午後、作業に出かけてきました。

組長が行う作業は、山車にのせる干支の人形作りですが、縦が2mもある発泡スチロールの加工をしました。

10人弱で行いましたが、このような作業は、得手不得手がありますので、私は実際にはカットする作業はせず、発泡スチロールが動かないよう抑える役くらいしかできませんでしたが、意外なほど順調に進みました。

およその形はできましたので、明日から、夜に集まって、細かい部分のカットや、色塗りなどを行います。

今週は、議会のほうも忙しいのですが、お祭りの準備のほうも忙しくて、ちょっと大変な一週間になりそうです。











3月17日(土)
午後は、ヴァンベールで、富高の全体同窓会が開催されました。



新年度から、共学校に変わりますので、同窓会の組織も今後どうなるのか、はっきりしませんが、現在のような同窓会は、今回で最後となる可能性もあります。

富高の卒業生は、約2万2千人、東高の卒業生は約2万3千人だそうですが、これだけ多数の卒業生がいる両校ですので、同窓会の統合は、簡単なことではないでしょう。

富高の同窓会は、毎年、同窓会報を卒業生1万5千人に発送しているそうですが、もしも、東高の卒業生にも同様に発送するとなると、そのコストだけでも膨大となり、現在の同窓会の会計で賄え切れるのかという問題もあります。

来年度は1年間をかけて、新しい高校としての同窓会の在り方を、考えていくことになるようですが、結構これは、難問になるのかもしれません。






仝畫庵罎蓮△ぶら文化ホールで開催された、富岡高校と富岡東高校の継志式に出かけました。

会場は、両校関係者と在校生のみなさんだけでなく、岩井市長さん、富高OBの織田沢県議会議長さん、さらには近隣自治体の首長さん方も来賓でご出席されていました。




この式典は、両校の最後の節目となるもので、いよいよ4月から、新しい富岡高校としてスタートします。

式典は二部構成で、前半は大人によるイベントで、後半は生徒によるイベントでしたが、後半の前生徒会長さんによる『別れのことば』、現生徒会長さんによる『継志のことば』、さらには『新校歌披露』は、とても清々しい雰囲気にあふれ、印象に残りました。





新高校は、3年生は男女別で、男子4クラス、女子3クラスとなりますが、2年生は共学の7クラスとなるそうです。

昨日の入試発表で合格した新1年生は、6クラスで、もちろん全クラス共学です。

男女数の内訳ですが、一クラス40人のところ、全6クラスが男子23人・女子17人になるとのこと。

ぜひとも、活気のある学校になって、富岡市内だけでなく、市外の中学生も憧れるような高校になってほしいものです。

今日、かぶら文化ホールで見た富高生、東高生は、みなさん真面目そうな生徒さんばかりでしたので、期待しましょう。






3月16日(金)
今日、県立高校入試の合格発表がありましたが、富岡高校の合格者数は、男女の割合はどんな感じになったのでしょうか?

共学校となって最初の学年なので、気になるところです。

明日、富高のイベントがありますので、そこに行けば、その情報は分かるかとは思いますが…

一学年240人です。

私の高校時代は、富高は一学年270人、東高は315人でした。

2校合わせれば、一学年585人です。

つまり、昔の半分以下ということですが、おそらくもう10年、20年もすれば、さらにクラス数も定員も減ることは間違いないでしょう。

でも、新しい富岡高校には、何とかして存在感のある学校になってもらい、群馬県の中でずっと残っていってほしいところです。

ところで、明日は、午前中は富高と東高の合同のイベントで、午後は富高の全体同窓会です。

この同窓会は、私は役員をしていますので毎年出席していますが、参加する同級生はほとんどいません。

ちょっと運営が、壁に突き当たっているような感じがしておりますが…








一般質問の再質問の答弁書を、今日、やっともらうことができましたが、時間は午前10時半過ぎでした。

今日の正午が、その後の質問の提出期限でしたので、1時間ちょっとしかありませんでした。

まさか当局側は、締め切り時間ぎりぎりに答弁を渡して、その先の質問を出させないようにしたわけではないのでしょうが、ここでこちらが、再質問を諦めれば、当局側にいいように振り回されて終わってしまうことになりますので、残された1時間で、再質問を書き上げ、11時55分に、提出しました。

質問の内容につきましては、現段階ではオープンにできませんが、当局側の答弁のおかしな点を、徹底的に突いたつもりです。

久しぶりに、時間との戦いの中で、原稿を書きましたが、何だか学生時代の試験のような気持ちになりました。

4月の市長選の結果次第では、この3月定例会の私の一般質問が、岩井市長さんが市長として答弁を行う最後の一般質問となる可能性もあります。

もちろん、再選されて、6月定例会が、また同じような困った状況で続く可能性もありますが…

でも、今の富岡市議会の一般質問のやり方は、もう限界が来ているように思えてなりません。

市長さんを、褒め称えるような質問をする議員さん方にとっては、今の方法でも、何ら問題はありませんが、当局の問題点を質そうとする議員にとっては、当局側に有利な条件が整いすぎているように思えます。

この状況では、今後、どれほど大きな問題が富岡市で起きたとしても、議会の一般質問で追及することは不可能ではないかと感じます。

富岡市のためにも、また、当局をチェックする議会の機能を守るためにも、市議会の一般質問の方法は、抜本的に見直す必要があると考えます。

そのためには、来月の市長選で、別の方に市長になってもらうことが、最も手っ取り早いように思えますが?

それに期待したいところです。







今日のBBCメモ

1:シリア戦争で多数の住民が2つの前線に殺到

2:こんな生活には決して慣れることはない

3:女性議員数が男性を上回った最初の州




3月15日(木)
づ甜屬寮敝笋鯒磴Δ箸に便利な電子マネーのカードのSuicaを、私はよく使います。

どこで使うかと言いますと、コンビニなどの買い物にです。

ところで、このチャージは、JRの駅などでしかできないものと思っていましたら、実はコンビニでもチャージができると聞き、ちょっと驚きました。

そのことを知らずに、これまでは、高崎駅などに立ち寄った時、チャージをしていましたが、コンビニでチャージができるのはありがたいです。

それにしても、世の中、どんどん便利になり、逆に、そのスピードが速すぎて、ついていくのが何だか大変のように感じることがあります。

こういうのが、『老境に入る』ということなのかもしれませんが、せっかく便利なものが使える時代に生かしてもらっているのですから、できるだけ使いこなして、人生を豊かにしなければもったいないですよね。






C襪ら、妙義地区のポスティングを行いました。

今日は、残りの250軒ほどですので、あっけなく終えることができました。

実は、17日には、富高のイベントと全体同窓会があり、18日は、一ノ宮の道祖神祭りの準備が始まるため、ポスティングができない状況でしたが、その前に、区切りをつけることができて幸いでした。

ところで、今日は妙義の上高田、下高田周辺を配りましたが、複数の方とお話ができ、いくつか勉強になることがありました。

今後の議員活動に生かしてまいりたいと思います。

ところで、今日も異様なほど暖かかったですが、この陽気はいつまで続くのでしょうか?

これで、平年並みの陽気に戻ったら、今度は非常に寒く感じてしまい、体調を崩される方が続出なのでは…

群馬県内では、今もインフルエンザ警報が発令中だそうですので、お年寄りや小さな子どもさんがおられるお宅は、お気をつけください。






¬斉の正午が、一般質問の再質問提出の期限ですが、当局側から、答弁がなかなか頂けず、順調に進んでいません。

それでも、締め切りの時間が来れば、私に非がなくても、その先の再質問ができないというのは、あまりにも問題が大きいルールと思えてなりません。

当局側は、都合の悪いことを聞かれた時には、答弁づくりに時間をかけ、時間切れに持ち込めば、その先の追求から逃れることが可能となってしまいますが、これでは、あまりにも当局側に都合が良すぎるシステムと言えましょう。

一般質問のすべての原稿を、事前に作り上げ、それを議場で朗読するという富岡市議会の一般質問のやり方は、前近代的であり、こんな情けない方法は止めるべきと考えます。

当局側の牛歩戦術のような遅延行為で、質問時間が残っているのに、その先の質問ができないとしたら、議会のチェック機能を発揮する機会を、当局が奪うようなものでしょう。

ただでさえ、3人しか質問をしないのに、その少ない質問者に対して、このような不誠実な対応を行う富岡市当局に対して、失望しております。

岩井市長さんは、日本一のまちづくりを目指しているようですが、そんな大風呂敷を広げたようなことを言う前に、議会の質問に適切な対応ができる市にすべきなのでは?

一般質問の時間が残ったら、最後はこの話をして、みなさんに富岡市の残念な現状を知っていただくのも、逆に、いいかもしれませんね。

悪いことも、見方を変えれば、良いことになるということでしょうか?







今日のBBCメモ

1:ロシアは外交官の国外退去に対する早急な対応を明言する

2:数千人がシリア反政府軍の領地から逃げる

3:ルワンダのモスクで拡声器が禁止される





3月14日(水)
L義の道の駅に、カワヅザクラがありますが、いくつか咲き始めていました。



このまま春が到来するのか、また、寒くなるのかはわかりませんが、例年よりも早く満開になるのは確実と思います。

それにしても、今日の陽気は、暖かいを通り越して、暑い感じでした。

また、妙義のほうは花粉の量が半端ではなく、大変でした。

もうそろそろ、花粉症のほうは、勘弁してほしいところです。






∈Fは朝から夕方まで、妙義地区のポスティングを、全開で行いました。

昼食を食べますとペースダウンしますので、食べずに、妙義の道の駅でのトイレ休憩程度だけで、配り続けました。

そんなわけで大変でしたが、そのおかげでポスティングは大幅に進み、妙義町が残すところ250軒ほどとなりました。

この数でしたら、あと3時間かからずに配れそうですので、目処が付きました。

ところで、一般質問のほうが、トラブル状態になってきた感じです。

また、富岡市当局の答弁拒否という状況が、インターネットで世界に発信されてしまう可能性が出てきたのかもしれません。

明日、当局側と、話し合いを持つことになりましたが、簡単に答えられそうな質問なのに、どういうことなのか、非常に理解に苦しんでいます。

そもそも、議員に質問されると困るような行政の進め方をしていることが問題であり、そこを突かれると答弁拒否では、富岡市当局は説明責任を果たしていないことになるかと思えますが?

答弁拒否されたら、9月議会の時のように、同じ質問を、答えていただくまで、何回でも続けるのも、富岡市の実態を知っていただくのには良いことなのかもしれません。

事前の打ち合わせをしたこと以外は、議場で質問してはいけないという不可解なルールがあるため、こちらが協力しているのに、その事前の打ち合わせで、あれこれ注文をつけられるというのは、いかがなものかと思いますが?

これでは、当局側に都合の良い『一般質問劇』を、演じさせられるようなものです。

たったの3人しか質問する議員がいないのですから、その少ない議員に対して、あれこれ締め付けるようなことはしないほうが、富岡市にとっても良いように思えますが、それでは選挙を控えた市長さんにとっては、ご都合が悪いということなのでしょうか?

まさか、そんなことはないとは思いますが、富岡市行政に対する市民のみなさんが抱く疑問を、私は代表して質問しているだけなのですから、ぜひ、説明責任を果たしていただきたいものです。










今日のBBCメモ

1:英国はロシアの23名の外交官を追放する

2:稀有の物理学者であるホーキング氏が亡くなる

3:辞任したティラーソン氏はロシアに英国を発する




3月13日(火)
とある市民の方から、質問されました。

『元気な富岡、という名前の政治団体を知っていますか?』という内容です。

『再生富岡』という名前の政治団体は知っていますが、『元気な富岡』などという名前のものは知らなかったので、『知りません』と申し上げましたら、その『元気な富岡』という政治団体の活動で、岩井市長さんが、あちこちで街頭演説をされているそうです。

全く、そんな話は知りませんでした。

また、その方のお話では、市政報告会を市内の複数の会場で行い、岩井市長支持の多数派議員さん方が、応援弁士として参加しているのだとか。

ということは、もうすでに、選挙運動に近いような活動が始まっているようです。

ところで、岩井市長支持の多数派議員さんですが、ちょっと前までは、14名と私は思っていましたが、総合病院の経営形態変更あたりから、ちょっと雰囲気が変わって、11名に減ったような感じです。

3人の会派が一つ、市長さんとは距離を置いたような印象です。

岩井市長とは、大きな距離がある私とすれば、市長派議員が減るのは、富岡市にとって非常に良いことではないかと感じています。

来月の市長選は、最終的に何人が立候補する選挙になるのかはわかりませんが、岩井市長さん以外の方が市長になることが、富岡市にとって良いことと私は考えます。

岩井市長さんが再選されれば、11名の多数派議員さんは全員がイエスマンのように私には見えますので、次の4年間でとんでもない方向に、市政が進んでしまう危険性があるように思えてなりません。

岩井市長さんは、政治家としての立派な長いキャリアをお持ちですが、この4年間を見ていますと、市のトップとして、疑問に思わざるを得ない点が多々あります。

また、いくら健康とはいえ、現在76歳という年齢で、次の任期中に80歳を向かえるということを考えますと、問題・課題が山積の富岡市の政治を、安心して託すことができるのか、非常に疑問を感じます。

ちなみに、私は新人の方は、全く存じ上げていませんので、その方を支持しているわけではありません。

2人の選挙か、3人の選挙なのか、どうなるのかは分かりませんが、新しい市長が誕生することが、今の富岡市には必要ではないかと考えています。








∈Fは午前中は、西中の卒業式があり出席しました。



行ってみて驚いたのは、式場の席順名簿です。



何と、市長さん、県会議員、市議会議長、市議会副議長というお歴々の方々のお名前が並んでいたからです。

たまたま、この4名は西中校区に住んでいるということで、このようなことになったのですが…

市内の6つの中学校で、今日は同時に卒業式が行われたはずですが、ちょっと他校とのバランスが悪いように感じました。

市長さんは、毎年、順番で各中学校の卒業式にいらっしゃっているのか否かは存じ上げませんが、来賓で出席されていたみなさんにも、サプライズであったのかもしれません。

ところで、卒業式は、とても素晴らしいと思えました。

西中は過去には、落ち着きがないような生徒さんが多い時代もありましたが、ここ数年は、しっかりした生徒さんが多いように思えます。

それぞれの生徒さんが、しっかりしていますと、良い意味での緊張感が高まり、式もピリッとした雰囲気になります。

保護者のみなさんも、立派に成長した我が子の姿を見て、感動されたのではないでしょうか?

今日の卒業式は第47回ですので、第3回の卒業生の私から見ますと今回の卒業生は、44学年後輩にあたります。

卒業生は108名でしたが、この中で、22世紀まで生きる方は、何人もいるかと思います。

そのとき、この日本はどんな国になっているのかは分かりませんが、これから人口減少と高齢化が進む難しい社会状況の中、卒業生のみなさんには、ご自分の才能や能力を大いに伸ばし活躍していただきたいと思います。

卒業生のみなさん、本日はおめでとうございました。








今日のBBCメモ

1:トランプ大統領はティラーソン国務長官を解任

2:高級品が不法に北朝鮮へ送られている

3:ロシアはイギリスでのスパイ毒殺の証拠を要求





3月12日(月)
ね杁い一気に春モードになった感があります。

街の景色も、春らしい光景が増えてきました。



バイクに乗っていても、今日くらいの気温ですと、寒くはありません。

そろそろ、バイクツーリングのシーズンが近づいてきたようですが、時間ができたら、日帰りで200kmくらいのツーリングに出かけてみたいものです。





今日は、妙義町の下高田へ、ポスティングに出かけました。

午前中は、税務署と市役所とソフトバンクに行ったため、午後からのポスティングとなりましたが、下高田の大半は配れた感じです。

ところで、ポスティングのとき、各家の郵便受けを見ましたら、市長選関連のチラシが入っている家が多かったですが、これは?

後援会のお宅に配布したものなのか、全戸配布したものなのかは分かりませんが、選挙管理委員会は、どのようなご判断をされるのでしょうか?

ちなみに、私が定期的にポスティングしている市議会だよりは、『市議会議員としての政治活動』ですので、全戸配布しても、公職選挙法に抵触することはありません。

しかし、選挙直前に、立候補予定者が、自分の宣伝チラシを全戸配布するようなことになりますと、選挙の事前運動として公職選挙法に抵触する可能性があります。

ただ、そのチラシが、合法的な政治活動か、法に抵触する選挙の事前運動かは、非常に線引きが難しいので、最終的には警察の判断次第ということになりますが…







岩井市長さんのブログを読んでいるのか、時々、質問されます。

普段は、全く見ておりませんが、市民の方から、情報を頂いた時は、見ることはあります。

というより、特定の人のブログや、ホームページで、日ごろからチェックしているものは一つもありません。

自分のサイトの更新のほうが忙しくて、人様のブログを読む時間の余裕があまりないというのが現実です。

また、市長さんのブログを読んだりしますと、その内容が頭に残ってしまい、自分の考えに偏りが生じてしまう可能性がありますので、読まないほうが、ストレートに自分の考えを、感じたまま書けて、いいように思えます。

そのような状況ですので、もしも市長さんのブログに、富岡市に関する思わぬ情報が出ていたら、ぜひ、教えていただきたいと思います。







今日のBBCメモ

1:数十名がカトマンズの飛行機事故で死亡

2:トランプ大統領は自動小銃の制限を後退させる

3:北朝鮮から会談に関する返事は、まだない。






3月11日(日)
M莉気蓮家族の確定申告の書類提出と、一般質問の再質問のやり取り、さらには妙義地区のポスティングなどを行わなければなりません。

一般質問も、当局側の第一質問の答弁が、まだ全部そろっていないため、困ったような展開になってきました。

当局側にずるずる時間を引き延ばされているような思いがありますが、それは、私の質問の数を減らすための当局側の作戦なのか?

岩井市長さんの、この4年間の任期中の最期の一般質問が私なのですが、市長選にマイナスになるようなことを、私が根掘り葉掘り聞くのを警戒しているのかもしれません。

今は、ネット中継により、多くの方が見る可能性があるため、答弁を行う上での緊張感はこれまでとは比較にならないほど、
高まっているかと思われます。

でも、それは、質問を行う議員側も同じです。

ピントのずれたような質問をすれば、当然、議員の資質を疑われることにもつながりますので、議員も緊張感が高まっています。

この3月定例会の一般質問が、わずか3名の議員しか行わないというのは、それも一つの理由であることは間違いないでしょう。

でも、多くの人に自分の一般質問を見てもらえるのなら、議員はやる気が出るのが普通のことかと思いますが、富岡市議会では、逆の考え方の人が多いようです。

いまポスティング中の、市議会だより第62号に、『3人の議員しか一般質問をしない』ことを書きましたので、市民の方とその話題によくなります。

議員のみなさんは、そのことを大きな問題と感じていないのかもしれませんが、市民のみなさんの議会に対する目は、非常に冷ややかなのでは?

多数派議員さん方が、もっと市長さんと距離を置いて、おかしいことには、『それはおかしい』と言ってくだされば、富岡市の行政も議会も、格段に良くなるかと思いますが、そんな簡単なことがなかなか進まないというのが、富岡市の悲しい現実です。











∈鯑すべて配れなかった、吉田地区でのポスティングの続きを行いました。

午前中で、残りの240軒ほどを配り終え、吉田地区のポスティングはひと段落となりました。

その後、妙義地区を配り始めようかと思いましたが、午後、用事ができたことと、ちょっと疲れもありましたので、午後のポスティングは止めました。

今日は日曜日ということもあり、行く先々で、たくさんの方とお話ができました。

西中時代のバスケット部の後輩や、市役所を定年退職された方、さらには現在市役所にお勤めの方などと、いろいろ話ができました。

後輩と話をしましたら、『最近、老眼が年々ひどくなり、困っている』とのこと。

老化現象の代表選手と言えば、『老眼』なのでしょうが、目の衰えというのは、本当に困ります。

私は幸い、昔から近眼のためか、老眼のほうは困るようなことはありません。

近眼は、メガネやコンタクトレンズが必要なので、若い頃はちょっと嫌でしたが、逆に歳を取った時、老眼の症状が出づらい感じですので、今では近眼は、それほど悪いこととは思えないようになりました。

また、中高年になりますと、白内障、緑内障、網膜剥離など、様々な目の病気になってしまう人が増えてきますが、もしも、目がおかしいと感じた時には、早めに医師の診察を受けたほうが良いように思えます。

目の病気は早期に見つかれば、手術をしなくても、薬やレーザー照射で直せる場合も結構あるようですので、歳を取ったら気をつけたいものです。











今日のBBCメモ

1:中国は習近平が生涯首相の地位にいることを認める

2:神経ガスによる攻撃を受けたら持ち物を洗え!

3:北朝鮮会談は最も大きな合意になる可能性があると、トランプ大統領が語る



3月10日(土)
千平駅のさらに西の集落で、知っている方から、『イノシシが畑を荒らすので困っています』というお話をいただきました。

土手を掘って崩したり、作物を荒らされたりで、『このままでは畑仕事など、到底できない』という状況のようです。

この問題は、この地区だけではなく、いまや富岡市全域で、同様の問題で頭を悩ましています。

なかなか特効薬のような解決法がないため、対応が後手になってしまっているというのが現実なのでしょうが、このままでは農業に従事する人は、今後さらに減ってしうのかもしれません。






⊃誓に行ったとき、古代蓮の里の前を通りました。

暖かくなってきましたので、公園のように、ここで時間をつぶすのもよろしいのかも?



3月になってから、景色がだいぶ春のような雰囲気になってきましたが、今年の冬は、鼻かぜ程度のことはありましたが、本格的な風邪やインフルエンザにはならずに幸いでした。

毎晩眠るとき、医療用のテープで口を固定して、鼻呼吸で寝ているのが、風邪にならなかった最も大きな理由ではないかと推測しておりますが…

口と喉が乾燥しなければ、風邪を引くリスクをかなり下げることができるように、私は感じております。

風邪を引きやすい方は、一度、試してみてはいかがでしょうか?






〆Fは朝から夕方まで、吉田地区でポスティングを行いました。

昼食抜きで7時間以上、配りましたので、700軒ほどポスティングができました。

吉田地区は、全部で950軒弱かと思われますので、一日で吉田地区の7割以上を配ったことになります。

でも、予定より順調に進みまはしましたが、今日はさすがに疲れました。

一ノ宮なら、一日でもっと多く配ることが可能ですが、吉田地区での700枚は、かなりハードな感じでした。

吉田地区のポスティングを予想よりも早く終えることができそうですので、明日の午後は、妙義町をかなり配れるかもしれません。

ところで、ポスティングの途中で、市民の方から、私のホームページについて、ご要望を頂きました。

その内容は以下の2点です。

1:議会の傍聴に行きたいので、ホームページで定例会の一般質問の日が、すぐ分かるようにしてほしい

2:富岡市議会の録画中継をインターネットで視聴できるとは言っても、市役所ホームページのどこから見ればよいのか分からないので、私のホームページに、そのリンクを張り、クリックするだけで市議会のネット中継や録画中継が見れるようにしたらどうでしょう?

ごもっともなご指摘ですので、できるだけ早く、ご要望に沿うようなかたちにホームページを直していきたいと思います。

貴重なご意見、ありがとうございました。





3月9日(金)
い海瞭麁間、ポスティングが中断していましたが、この土日で吉田地区全域のポスティングをしたいと思っております。

頑張れば、何とかなるかとは思いますが、一日に配る枚数が多くなりますと、バイクの乗り降りの回数が増えることになりますので、お尻が痛くなり、それが大変です。

さらに、天気のほうは良さそうなので幸いですが、そうなると花粉のほうが心配です。

特に、吉田地区は、花粉の飛散量が多そうな所もありますので…

吉田地区が順調に済めば、来週は、妙義町全域のポスティングを行いますが、何とか3日で終えたいところです。

実は、今月、一ノ宮の道祖神祭りがあります。

そのため下旬は、とてもポスティングなどできません。

ちなみに、お祭りの本番は3月25日ですので、お時間ある方は、ぜひ一ノ宮のお祭りにお出かけください。

インスタ映えする写真が撮れますので、お祭りの山車をバックに自撮り写真を撮って、SNSにアップロードしてはいかがでしょう?








実は、まだ、一般質問の第一答弁を頂いていないものがあります。

それは、観光行政についての質問です。

また、『世界遺産にふさわしい日本一のまちづくり』についての第一答弁は、想定外の長文の答弁をいただきましたが、あまりの長さのため、残りの質問時間が削られてしまうような感じです。

そのようなことから、今回4つの件で質問しますが、まだ1つも再質問を提出できておりません。

質問の仕方に注意しませんと、異様に長い答弁の連続で、1時間の持ち時間を、当局側に使われてしまう可能性がありますので、第2質問以降の組み立ては、慎重に考えないとまずい感じです。

でも、いざとなりましたら、質問という形ではなく、こちらの考えをどんどん述べて終わるのも、良いのかもしれません。

来週は、一般質問のやり取りで、一気に忙しくなりそうです。






∈Fは、家族の確定申告の書類作成を行いました。

3月15日までに提出しなければなりませんので、ちょっと慌ただしい感じです。

また、夕方、医療事務組合議会の用事で、総合病院に行きました。

先日、新たに設置される役職である企業長には、現在の院長先生がなられるという話が、上毛新聞には記事として掲載されていましたが、実は、医療事務組合議会の議員に対して、何も正式な連絡は今もありません。

この対応には疑問を感じましたので、病院の事務職員の方には、その旨を伝えましたが、ちょっと違和感を持つというか、残念な思いがしました。

今後は、議員に対しての重要な情報の伝達には、もう少し配慮をしていただきたいものです。

ところで、総合病院の企業長は、院長先生がやることになって、ひと段落した感じを持っています。

経営形態変更に反対していた議員がいたからこそ、このようなソフトランディング的な結末になりましたが、もしも、全員が賛成のような状況でしたら、別の人が企業長になった可能性がかなり高かったのでは?

当初から、院長先生を企業長にする予定であったなら、最初からその方針を、明らかにしたかと思われます。

なので、院長先生が企業長になることが決まったのは、最後の最期なのでは?

個人的には、もう少し丁寧なやり方で、しっかり協議し納得した上で、この経営形態変更を決めるべきであったと今も思ってはおりますが、取りあえず最後は、穏やかなかたちで落ち着いて良かったです。








今日のBBCメモ

1:アメリカは北朝鮮の劇的な動きに驚く

2:スパイの毒殺後、軍隊が配備される

3:アメリカの雇用は2月に大幅に増加






3月8日(木)
M住仔段粍儖会を行った3階の大会議室から、ただ今、建設中の新商工会館が見えます。



すごい屋根の、非常に凝ったデザインです。

東京の著名建築家の設計だそうですので、さすがです。

でも、このような建物に、私たちが納めた税金から、8500万円もの補助が出ているのですから、見ていると私は複雑な思いがするというか、うんざりです。

その8500万円の補助金に反対した議員は、私と、横尾さんと、長沼さんだけですが、他の議員さん方は、どのようにお思いでしょうか?

完成後に、感想を聞いてみたいものです。

ところで、今日の予算特別委員会で、新たな保健センターを設けるための予算が計上されていませんでしたので、そのことを質問しました。

やはり、新年度には、何も予定はないとのこと。

市内の赤ちゃんの健診が行われている保健センターが、耐震強度が不足していることが分かっているのに、新商工会館建設には多額の補助金で保健センターはそのままでは、どう考えても、事業の優先順位を間違えているとしか思えません。

来月には市長選がありますが、さらに4年間、岩井市長さんの『世界遺産にぶさわしい日本一のまちづくり』が続いたら、私たちの暮らしは、どうなってしまうのでしょうか?

良くなるのか、悪くなるのかは分かりませんが、どちらにせよ、すごいことになるのかも…







⇒住仔段粍儖会が開かれましたが、何だか、非常に疲れました。

質疑の場で、いろいろ言ったので疲れた面もありますが、最初から最後まで、何も言う気が全くないような議員さん方が多数、見受けられ、その停滞した空気の中で、発言することの虚しさも、今日はひしひしと感じたとでも言いましょうか…

当局側の職員さんから、今日の委員会がどう見えたのかは分かりませんが、私が感じている以上の失望感・絶望感を、もしかすると、職員のみなさんは持ったのかも?

ちょっと内容に触れますと、予算書の歳入の中に、お富ちゃん家に事務所を構える(株)まちづくり富岡が、支払うべき家賃が計上されていませんでしたので、そのことを最初に突っ込みましたら、やはり市は『家賃を取らない』とのこと。

公益性のある企業に対する減免というようなことを理由に挙げていましたが、とても納得できる理由ではありません。

(株)まちづくり富岡は、富岡市が、3年間に随意契約で3億7千万円以上も業務委託の仕事を出し、決算では毎年黒字を計上しています。

さらに、この会社には、市役所の部長以上の高額の給与をもらっている社員がいるような話も聞きますが、なぜ、このような会社に対して、財政難の富岡市が市有施設を無料で貸すのか、全く理解できません。

市有施設は市民の財産です。

これを貸して得るお金は、当然、市民のために還元しなければならないはずなのに、無料で貸すというのは、市民が手にすべき利益を、一民間企業に与えているのに等しいことと私は考えます。

昨年の12月定例会の一般質問で、その件を強く訴えたのに、全く改めようとしない富岡市の姿勢には、失望しました。

これでは、市民の利益よりも、商工会議所の会頭さんが代表取締役会長をしている(株)まちづくり富岡の利益を優先させていると見えても仕方ありません。

昨年は商工会議所の新商工会館建設のための補助金を、富岡市は8500万円も出していますが、不透明な背景を感じます。

さらに昨日、市民からの情報提供がありました。

それは、『新年度予算で、富岡市観光協会への補助金が、1500万円ほど増えていますが、それは、(株)まちづくり富岡の社員2名が観光協会に異動することが決まっていて、その一人が市の部長よりも高額の給与をもらっているため、その給与支払いのための増額です』という内容の情報です。

その真偽を、今日の予算特別委員会で確認しましたら、『(株)まちづくり富岡から』とは言いませんでしたが、本当に2名が新たに観光協会の職員になることは事実でした。

でも、これで、(株)まちづくり富岡の高給の職員が観光協会に異動になり、市の補助金から高額給与をもらうということになるとしたら、それは大問題でしょう。

『観光協会は、採用の基準も給与規定もないので、権限を持っている人物が、どうにでもできてしまう』ような話ですが、どうもこの背景にも、非常に不透明なものがあるように思えてなりません。

市当局は、観光行政について、透明性の高い方法で、しっかり説明できる進め方をする必要があります。

市長支持の議員さん方も、予算特別委員会ではこの件について何も言いませんでしたが、控室にいるときなどはあきれている人が多いように思えました。

つまり、表面上は市長支持で賛成しているようですが、心中では私と同様、疑問に思っているというのが現実なのでは?

こんなやり方では、職員さんの大半も市の観光行政について疑問や不満をお持ちでしょう。

『大きな権限を持っている連中が、やりたい放題で、観光を食い物にしている』とまでは、言いませんが、それに近いものを個人的にはちょっと感じています。









今日のBBCメモ

1:スパイ捜査をしているイギリス警察は神経ガスを調べている

2:フェミニスト・ストライキを行うスペインの女性たち

3:潜水艦殺人の件で裁判にかけられた発明家





3月7日(水)
L斉の予算特別委員会は、どのような展開になるのでしょうか?

おそらく、予算書をよく確認した上で、積極的に質問する議員は、数名程度になってしまうのかと思いますが…

去年の予算特別委員会で問題になったのは、商工会議所への新商工会館建設のための8500万円の補助金についてでした。

私が、あれこれ当局に対し、疑問を投げかけると、市長支持の議員さんから、さんざ茶々を入れられましたが、何も意見も質問も言わないくせに、人の質疑の邪魔だけはしっかりするような議員さんがいるとでも言いましょうか…

結局、昨年の予算特別員会で、予算案に反対したのは、私と、横尾さん、長沼さんの3名だけでした。

でも、いま建設中の新商工会館を見ますと、あのような凝ったデザインの商工会館に、なぜ市民の血税から8500万円も出さなければならないのか、今でも理解できません。

というより、猛烈に腹が立っています。

富岡市と商工会議所の関係は、なんだか奇妙に思えてなりません。

8500万円の補助金だけでなく、商工会議所の会頭が代表取締役会長をしている、(株)まちづくり富岡への、3年間で3億7千万円にものぼる随意契約による業務委託も、非常に嫌な雰囲気を感じます。

さらに、(株)まちづくり富岡は、市の施設である、お富ちゃん家に本社事務所がありながら、市に家賃を払っていません。

利益もしっかり上がっている特定の民間企業に、このような別格の対応をするのは、なぜなのでしょうか?

私には、これって、癒着ではないのかと、思えるのですが?

何か不透明な背景があるように、普通の感覚を持っていれば思うはずですが、なぜか富岡市議会では、疑問に思う人がほとんどいません。

もっと市議会のチェック機能が適切に働いていれば、こんなおかしなことはありえないと、私には思えますが?

市長支持の議員さんは、様々な事情で、質問してはいけない内容が、もしかするとあるのかもしれませんが、私にはそのような『しばり』は一切ありませんので、どんどん怪しいところは、質問するつもりです。

4月の市長選に影響が出るような、衝撃的な内容が飛び出すのかは、分かりませんが…

でも、何か起こりそうな予感もちょっとあるような、ないような…




▲櫂好謄ングの途中に、丹生湖が見えるところに行きましたら、水がないじゃないですか!



話には聞いていましたが、あまりにも景色が変わってしまい、衝撃を受けました。

富岡市の観光名所が一つなくなってしまったようで、ちょっと寂しいです。



また、上丹生に、荒れた舗装の道がありました。



明日、道路建設課に、情報提供する予定です。






〆Fは、朝から市議会だよりのポスティングを行いました。

今月は、ポスティングができる日が限られていますので、『何としても今日一日で、丹生地区を全部配ろう』と思い、出かけましたら、気合が十分だったのでしょうか?

意外にあっさり済んでしまいました。

昼食抜きで、朝8時半から、下丹生をスタートし、原の大桁山の麓まで上がり、その後、下ってきて、下丹生の県道南側、上丹生、下丹生の県道北側の順番で配りましたら、午後3時半には終わりました。

その後、吉田地区の蚊沼あたりでも回ろうかと思いましたが、あまり無理すると、後に悪影響が出る可能性がありますので、夕方、ちょっと早めにポスティングを終えました。

明日は、予算特別委員会がありますので、ポスティングはできません。

ちょうど、天気が悪いようですので、その日に委員会で良かったです。

予定とすると、次の土日で、吉田地区全域を配るつもりです。

以前、50ccの原付で配っていましたが、125ccのバイクに替えたら、ポスティングのスピードが上がった感じです。

上丹生で高齢者の方から、『一日で、丹生を全部配るんかい? ずいぶん、もはらさん、せっこうがいいのう』と言われましたが、今日は、せっこうよく、できました。







3月6日(火)
げ嵎款匹量瑤魄みますと、しっかり効くほうなのですが、今日はポスティング中に、くしゃみが頻繁に出ました。

どうも、今の花粉飛散量は、普通のレベルではなさそうです。

夜になったら寒くなりましたので、明日は、多少は花粉の量が減るのかもしれませんが、あまり鼻をかみますと、鼻の下が痛くなりますし、鼻がつまると、口呼吸になり、唇が乾燥し荒れっぽくなってしまいます。

この数年、リップクリームを使ったことはありませんでしたが、今日はちょっと使いたくなりました。

でも、一度、使ってしまいますと、リップクリーム依存症になりそうですので、我慢していますが…






8日に、一般会計の予算特別委員会が行われます。

予算書には目を通しましたので、事前に質問する点は決まっております。

あとは、当局の説明を聞いた上での疑問点と、他の議員さんの質問により気づいた疑問点などを、いつものように質すつもりです。

予算特別員会は近年、議員からの質疑が低調で、分厚い予算書について、何一つ意見も述べず、質問もしない議員さんが結構おられます。

でも、予算特別委員会は、私たちが納めた税金の使い方に関する話し合いを行う重要な場なのですから、しっかり聞いて、しっかり質疑をする必要があるはずなのですが、あまりそのようになっていません。

なので、事前に作った原稿を読んでいるだけの本会議よりも、予算特別委員会こそ、ライブ中継したり録画放送したほうが良いように、私は思っております。

今、そのことを、議会改革検討委員会に投げかけております。

もしも、実現すれば、これは大きな議会改革になるでしょうし、市民のみなさんの市政への興味も深まるように思えますが?

来年の3月定例会の予算特別委員会では、そうなるように、活動していくつもりです。

予算特別委員会がネット上で公開されれば、さすがに何も言わない議員さんはいなくなるのでは?

それでも何も言わない議員さん方ばかりだったら、それはそれで、すごいことのようにも思えますが…








∈Fは、朝からポスティングを行いました。

宮崎から田島、神農原と回り、今日で一ノ宮はほぼ配り終えました。

明日は、できれば一日で、丹生全体のポスティングをしたいと思っています。

今月は、丸一日ポスティングができる日があまりないため、配れる日にはめいっぱい配りたいというところですが…

でも、あまり慌てますと、トラブルが発生しますので、丹生地区の、7割くらいを目標にしたほうが良さそうです。

予定では、丹生地区の後、吉田地区を配ります。

丹生地区を1日、吉田地区を2日で、もしも配れれば理想的ですが、途中で知っている人に会いますと、つい、おしゃべりをしてしまいますので、ちょっと難しいでしょうか?







今日のBBCメモ

1:英国のジョンソン氏はスパイの衰弱に関しロシアに警告

2:南北朝鮮のリーダーが歴史的なサミットを行う

3:ロヒンギャ族は餓死に直面させられていると国連が発表





3月5日(月)
じ畍紂▲櫂好謄ングに行こうかと思いましたら、天気予報よりも早く小雨が降り始めたので、今日は中止しました。

また、夕方の4時から、富高の同窓会の役員会があり、出かけました。

3月1日には、男子校としての富高の最期の卒業式がありましたが、ちょうど3月定例会の初日とぶつかり出席することができませんでした。

いよいよ4月からは、共学校としての、新しい富岡高校になりますが、同窓会の役員は来年度の1年は、今のままのようですので、とりあえず新高校の入学式には参列できそうです。

共学校となった富高に入学式は、どんな雰囲気になるのか、楽しみです。

また、最初の1年生240人は、男女それぞれどのくらいの人数になるのでしょうか?

最初の1年生は、女子のほうが多いというようなことも、もちろんありますが、そうなったとき、部活動などにどのような影響が出るのかも、気になります。

東高の同窓会との統合の話が、まだ現段階では、うまく進んでいないようですので、来年度以降どうなるのか分からないことばかりですが、新しい富岡高校のスタートを考えますと、ぜひとも穏やかに円満に、進んでほしいところです。

ところで、次に来るときには、この校章はなくなります。



ちょっと寂しいですね。







市役所前の広場で、芝の整備が始まりました。



でも、この数日は異常なほど暖かいとはいえ、この時期に芝がうまく根付くものなのでしょうか?

3月24日のオープニングセレモニーのときに、『芝生内、立ち入り禁止』では、イベントの雰囲気としては寂しい感じがしますが…

どのような対応になるのか、気になります。







午前10時から社会常任委員会がありました。

前回は、総合病院の経営形態変更の件で、意見が噴出した感がありましたが、今日は意見が対立するようなものはありませんでしたので、穏やかに進みました。

ただ、一つ気になったのは、第22号議案の『富岡市指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準を定める条例の制定について』です。

これは、新年度から、県からの権限委譲により、要介護認定を受けている人へのケアプランを作成する事業所を、富岡市が指導監督をするための条例です。

また、市内には21の事業所があるようです。

それらの事業所の運営が適正に行われているかを、来月から市が監督しますが、問題が見つかれば、事業所の指定取り消しまで市が決めることができるとのことですので、とても大きな仕事と思われます。

そのようなことから、私は当然、その仕事を担当する課には人員の追加があるものかと思い、そのことを質問しましたら、『人員は増やさず今の人数で対応する』との回答が、課長さんからありました。

その仕事が新たに加わることによって、どれだけ担当課の仕事量が増えるのかは分かりません。

でも、県からの権限委譲で、業者の指定取り消しまで行うことができる仕事を、今の人員で対応できるものなのでしょうか?

経費節減の考え方はもちろん必要ですが、仕事量に合った適切な人員配置を行わないと、健康を害してしまう職員さんが出るようなことになってしまわないのか、心配です。

そのことは、条例の内容ではありませんので、それ以上の質問は控えましたが、今後のことが非常に気になります。










今日のBBCメモ

1:選挙後のイタリアで、ポピュリストたちが権力を奪い合う

2:韓国と画期的な会談を行う金正恩

3:米国空母が歴史的なベトナム訪問





3月4日(日)
ぬ斉は、社会常任委員会があります。

補正予算案などについて、審査が行われます。

大きく意見が分かれるような内容はありませんので、比較的、穏やかに会議は進むかと思います。

予定としますと、午後から、またポスティングを行うつもりですが、来週の天気予報を見ると、傘のマークが出ていた日が、かなり多いような感じでした。

晴れなくても結構ですが、せめて曇り空程度で止まてくれる日が続いてくれれば幸いですが?









2嵎款匹量瑤魄み始めました。

私は、普段、薬を何も飲まないせいが、花粉症の薬はよく効きます。

鼻水や鼻づまりがひどい時でも、薬を飲めば、治ります。

しかし、花粉症の症状は出なくなりますが、これは症状を一時的に止めているだけであって、花粉症の根本部分は全く変わっていないように思えます。

実は、夜、走って来ましたら、大量の花粉を吸ってしまったためなのでしょうか?

走った後、普段はゼイゼイ言うようなことは無いのですが、今日は、呼吸がちょっと苦しい感じでした。

気管支が花粉に対して、アレルギー反応でも引き起こしているのかもしれません。




また、薬を飲むと困るのは、昼間、猛烈な睡魔に襲われることです。

お腹が膨れて、体が温かければ、もう最悪というくらい、眠くなることがあります。

この時期の車の運転は、要注意という感じです。






一ノ宮地区文化芸能祭が行われ、朝から出かけました。

演芸の部では、大正琴、八木節、フラダンス、獅子舞などが演じられましたが、日ごろから練習を積んでおられる方々ばかりですので、みなさん大変お上手です。







特に、八木節は、子どもさんから高齢者まで、まさに老若男女のメンバーで演じるのですから、とても素晴らしいことと思えました。

地域の伝統文化の継承が、順調に進んでいる例として、一ノ宮の宮崎八木節保存会の活動を多くの方に知ってほしいです。

ところで、私も参加させてもらっている『ウクレレポロロン一ノ宮』のウクレレ演奏もありました。



都合で、この数か月、練習に行っていないので、今回私は参加しませんでしたが、次回はまた、みなさんと演奏したいと思っております。

最近は、ウクレレをケースに入れっぱなしのため、全く弾いていませんが、議会のほうがひと段落しましたら、また練習を再開するつもりです。

会場にいらっしゃったフォークダンスで出演した年配女性の方とお話しましたら、『週に一度のフォークダンスの練習に出かけることが、健康につながっていると思っています』とのことでした。

フォークダンスの会は、40人ほどのメンバーがいらっしゃるそうですが、そのお仲間の方といろいろお話ができることが、生活に潤いや張り合いを与え、健康的な生活の維持につながっているようです。

ちなみに、今日の19の演目に出演した方々は、圧倒的に女性の比率が高い感じでした。

子どもさんを除けば、出演者の9割くらいが女性なのでは?

今後の課題は、『その点をどう改善するか』でしょう。

でも、課題は明確になってはいますが、解決策は、なかなか見当たらないのが現実のようです。










今日のBBCメモ

1:住民はシリア領土の爆撃から逃げる

2:フィオレンティーナとイタリアの代表であるサッカー選手が死亡

3:伝説のランナーであるバニスター氏が88歳で亡くなる





3月3日(土)
せ劼匹發龍軌蕕里海箸如△海鵑箆辰鬚靴泙靴拭

『教育費をかけて、首都圏の学校に進ませるほど、子どもは生まれ育った地元に戻ってこなくなる。

なので、子どもを地元に残しておきたいのなら、教育投資はほどほどにすべきではなかろうか?』という内容です。

統計データを持っているわけではありませんが、群馬県内の大学に進学した場合と、首都圏の大学に進学した場合では、卒業後、富岡市に戻って社会人になる可能性は、前者のほうが圧倒的に高いと思えます。

ということは、人口減少時代の地方都市の生き残り戦略として、これを上手く活用することが重要なのでは?

高校を卒業後、地元の大学に進学すれば、東京のような高い生活費はかかりません。

さらに、地元で就職する可能性が向上するのですから、『群馬県内の大学を出て、群馬県内の企業に勤め、生まれ育った群馬で生きていく』という流れを作れれば、『子も親も、群馬の大学や企業も、さらには地域も、みんなハッピーになれる』ように思えます。

ポスティングの途中で、そんな話題になりましたが、これって案外、すごく重要な視点なのでは?








E斃貌にポスティングに行きますと、仕事が休みで、家の庭先にいる方が多く、つい長話になってしまいます。

子どもの就職、盆栽、市長選、太陽光発電、オープンカー等、行く先々でいろいろ教えていただきました。

私よりも、何歳か上の方は、退職直後で、体力的にも元気なので、オープンカーやスポーツカーのような車を思い切って買うような傾向があるのでしょうか?

それまで乗っていたのとは全く異なるような、高級感漂う車に乗っている方が多いように思えます。

60歳代前半は、若い頃から憧れていた車を買える、人生最後のチャンスというところなのかもしれません。

私はオープンカーには乗ったことはありませんが、一度、オープンカーで遠乗りをしてみたい気持ちはあります。

でも、実際に持っている方に聞くと、オープンカーは真夏の暑いときなど、とても屋根を外した状態で運転などできないし、快適に乗れる期間は短いような話でしたが…

明日は、かなり気温が上がるようですので、オープンカーのオーナーの方にとっては、ドライブ日和になるのかも?







朝、花粉症の薬をもらうため、近くのクリニックに行きました。

マスクをした人が目立ちましたが、看護師さんのお話では、『今年は一気に花粉の飛散量が増えたため、数日前から花粉症の症状が出た人が多いようです』とのこと。

また、今日マスクをしている人は、ほとんどが風邪やインフルエンザ関連ではなく、花粉症なのだとか。

天気予報によると、明日は、今日よりもさらに暖かくなるようですが、花粉の量がさらに増えるのだとすると、ちょっと複雑な気分です。

夜、車の運転をしているとき鼻がムズムズして、くしゃみが3連発で出ましたが、くしゃみをしますと一瞬、目を閉じてしまうことになるので、危ないですよね。

注意したいところですが、くしゃみは突然で、どうにもなりませんので、この時期の運転はスピードを控えて、安全な車間距離を確保することが重要ということになるのでしょうか?

『花粉症による交通事故』なんてことにならないよう、注意したいところです。









今日のBBCメモ

1:アメリカの大手投資会社が銃製造工場に圧力

2:メロンのリステリア菌によりオーストラリアで3人が死亡

3:スロバキアのジャーナリスト殺人事件の容疑者が釈放される




3月2日(金)
ぅ櫂好謄ング途中で、とある家に行きましたら、そこのご主人が、外でタバコを吸っていました。

『家の中では、吸えないのですか?』と尋ねましたら、『そうなんだよ。昔はどこの家にも灰皿があって、普通に吸えたのに、時代はずいぶん変わっちゃたよね』とのこと。

私はタバコを止めて、30年以上経ちますが、この間、タバコを取り巻く環境は、劇的に変わったように思えます。

昔の映画を見ると、刑事役の男性は必ずと言っていいほど、タバコを吸っていましたが?

ここまで健康志向が高まり、タバコは特定の限られた場所で吸うような時代が来るとは、当時は誰にも予想できなかったのでは?

でも、ちょっと時代が、過度に嫌煙のほうに進み過ぎてしまったようにも思えます…






昨日、総合病院の企業長の人選について、医療事務組合議会でまだ、報告がないという話を書いたばかりですが、本日、一部の新聞に、院長先生が企業長になることが書かれていたようです。

また、総合病院の職員さんはそれについて、3月1日に知らされたことを、とある職員さんからメールで教えていただきました。

となりますと、2月27日の医療事務組合議会で、なぜその報告がなかったのでしょうか?

そこで発表しても、別に問題はなかったでしょう。

結局、議員は新聞報道で知るようなかたちになってしまいましたが、これはちょっといかがなものかと思えますが?

最後の最後まで、よく分からないというか、疑問に思えることばかりであった、総合病院の経営形態変更でした。







∈Fは朝から、ポスティングを行いました。

久しぶりに、長時間バイクに乗ったため、ちょっと疲れましたが、春のような陽気で、その点は幸いでした。

また、梅の花があちこちで咲いていて、一気に春になったような感じです。



ところで、今日の花粉の飛散は、冗談ではなく、悲惨でした。

鼻がムズムズして、くしゃみが途中で何度も出ました。

3月の最初から、ここまで本格的な花粉症になったのは、久しぶりのように思えます。

今年は、かなり花粉の量が多いのかもしれません。

早めに、近所のクリニックで、花粉症の薬をもらったほうが良さそうです。


ところで、一ノ宮の市民グランドにドクターヘリが来ましたが、事故でもあったのでしょうか?



気になります。





今日のBBCメモ

1:英国のメイ首相がEU離脱に関する困難な事実を発表

2:『貿易戦争、上等!』とトランプが語る

3:凍結がヨーロッパを襲い、アイルランドは機能停止







3月1日(木)
せ垉腸颪世茲蝪僑温罎慮狭峠颪が終わって、今日の夜から印刷作業に入りました。

順調に行けば、明日からポスティングを開始する予定です。

総合病院の件や、まちづくり富岡への多額の随意契約の件を取り上げましたので、お手元に届きましたら、ぜひご覧ください。




0貂鯑の医療事務組合議会で、企業長はどなたがするのか、発表があるかと思っていましたが、ありませんでした。

市長支持の議員さん方からは、『だれだれで決まっている』というような話が、だいぶ前から聞こえていますが、それも果たして本当なのか?

なぜ明らかにしないのか、それとも明らかにできない事情があるのかは、私には分かりませんが、この総合病院の経営形態変更に関しては、不透明で、うんざりするようなことばかりです。

どうして、ちゃんと話し合って、医療事務組合議会と、富岡市議会、甘楽町議会の議員全員が、納得できる形で進めなかったのか、今でも疑問に思えてなりません。

地域住民の健康と命を守る拠点施設なのですから、もっと丁寧に進めるべきだったのでは?

ところで、医療事務組合議会の本会議前の全員協議会で、私は、『企業長と副企業長を置くことによる費用』について質問しましたら、お二人が医師でない場合、2700万円ほどになるとのことでした。

新たに、外部から来た人に、2700万円を払うということは、改革のためとはいえ、果たして妥当なコストと言えるのか、疑問です。

そのお二人の高額報酬を払うため、強引な経費節減を進めるようなことになったら、まさに本末転倒でしょう。

なぜ、岩井市長さんは、これほど急いで経営形態変更を進めたかったのかは、分かりませんが、本当に病院のこれからの経営を改善することが目的なら、もっとやり方があったと思えますが?

残念なことは、こればかりではありませんが、このことは、特に残念としか言いようがありません。






∈Fから3月定例会が始まりました。

一般質問の順番ですが、最後の3番くじを引いてしまいました。



ということは、3月19日の午後1時スタートということになりそうです。

何番でもさほど問題はありませんが、どちらかと言えば、答弁する側の市長さんのほうが、私が最後では嫌なのかも?

質問の項目を見れば、どれもこの4年間の市政に対して超辛口の意見が出そうなことばかりですので、市長選を控える中、最後の一般質問が9月定例会の時のように大荒れの状況になることは、市長さんとすれば何としても避けたいと思われているかと推測しますが…

一番批判的な一般質問を行う私が、最後になったというのは、これは何かの巡り合わせなのかもしれませんが、いつものように、手加減なしで、疑問や意見をストレートに述べさせていただくつもりです。





今日のBBCメモ

1:ロシアは無敵の核兵器を保有している

2:凍えるような猛吹雪がヨーロッパの移送システムを襲う

3:『仮想通貨は死をもたらす』とビル・ゲイツが語る







2月28日(水)
ずF、市役所の財政課で、富岡市契約規則について、お話を伺ってきました。

職員さんの机を見ますと、予算書を開いていらっしゃる方が多いように感じましたが、それは予算特別委員会の準備ということでしょうか?

職員さんがせっかく準備してくださるのですから、議員側もしっかり予算書をチェックして、質問をしなければまずいですよね。

私は、バッチリ準備していくつもりですので、もしかすると答えづらい質問をしてしまうかもしれませんが、その時はよろしくお願いいたします。





L斉から、3月定例会が始まります。

すでに紹介済みの話ですが、この定例会で一般質問を行う議員は、わずか3名です。

ワタクシと、佐藤次郎さん、壁田さんの3名です。

この状況は、何と申し上げたらよいのか分かりませんが、市議会の定例会で、一般質問を行う議員が2割以下というところは、全国的に見ても、極めて珍しいのでは?

まさか『日本一、一般質問を行う議員が少ない市議会』というところまでは、さすがにいかないかとは思いますが、その可能性は完全には否定できません。

ちなみに、富岡市と姉妹都市である岡谷市議会を調べてみましたら、議員数は18名で同じなのに、岡谷市議会は14名の議員さんが一般質問を行います。

富岡市の、なんと5倍近い人数です。

もちろん、一般質問の数だけで、議会の評価はできませんが、少なくとも、どちらの市議会の議員のほうが、議員活動に本気で取り組んでいるかは、だれが見ても明らかなのではないでしょうか?

以前、ある市民の方から、『富岡市議会は、一般質問を当番制にして、定例会2回に1回とか、3回に1回とかのペースで必ず質問をするようにしたらどうでしょうか?』というお話をいただいたことがあります。

学校の給食当番のようなことをやるのは、市議会としていかがなものかと、その時はちょっと思いましたが、3人まで減ってしまった現状を見ますと、本当にそうでもしないと、まずいような気がしてきました。

何だか、情けないような話ですが…







△發Γ卸遒終わってしまいます。

今年の元旦は、一ノ宮の市民グランドで駐車場係をやりましたが、あの日から、もう一年の6分の1が過ぎてしまったとは、あまりの時の速さに驚くばかりです。

年齢を重ねるに連れ、時間が過ぎるスピードに、加速がつくような感じがします。

この調子では、あっという間に70歳、そして気が付けば80歳、というところなのかもしれません。

若い頃は、50歳、60歳という年齢になれば、当然、様々な知識を身につけ経験を重ねますので、若い頃とは異なる年齢相応の人格や考え方を持つのだろうと思っていました。

でも、いざ自分がその年齢になると、体はその年齢相応にはなりますが、考え方は、若い頃と変わらないことが分かりました。

そう考えますと、10年後、20年後に、70歳、80歳という年齢になったときも、おそらく今と考え方はほとんど同じようなものなのでは?

ということは、中学生の頃の考え方と、今の考え方は基本的には変わっていませんので、人間って、中学生くらいで基本的な部分というか人間のコアな部分は出来上がってしまい、あとは体が成長し老化するだけということなのかも?

2月の終わりに、そんなどうでもよいようなことを考えてしまいました。








今日のBBCメモ

1:EUは北アイルランドに共通エリアを設けることを提案

2:群衆がインドの映画スター女優に別れを告げる

3:北朝鮮はシリアの化学兵器製造を支援





























































































































































































































 
 











これまでの活動記録 (毎日更新中!)
2018年 2月 1月
2017年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2016年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2015年 12月 11月 10月 9月 8月 7月  6月  5月   4月 3月 2月 
1月
2014年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月  3月 2月 1月

2013年 12月 11月 10月 9月 8月 7月中・下 7月上 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2012年  12月 11月 10月 9月 8月  7月 6月 5月 4月 3月 2月
 1月
2011年 12月  11月 10月 9月 8月 7月 6月  5月 4月 3月 2月 1月
2010年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 
2009年  12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2008年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月   




































丹生湖 ひまわり畑の情報サイト
富岡市に行ったら、必ず訪れたい10のスポット
プロディールのボールペンに魅せられて prodir swiss

オリジナルラベルワイン1500円 

富岡慕情