富岡市を元気に!子どもたちに明るい未来を! 富岡市議会議員 茂原正秀WEB-SITE
TOP    これまでの活動記録(毎日更新中!)










富岡市の桜
富岡市の美しい風景
富岡市観光協会のFacebook
富岡製糸場Facebook

便利な情報サイト
ダイヤモンド・オンライン
東洋経済オンライン
日経新聞
読売新聞オンライン
朝日新聞
毎日新聞
産経新聞
東京新聞
ロイター
共同通信
ニューズウィーク
NHK
プレジデント公式サイト
上毛新聞
The Japan Times Online








★もはら撮影
 動画情報★

まなびのつどい
2014.2.2


富岡市成人式
2014.1.12


富岡市消防隊
出初式2014年


貫前神社2014年
元旦


富岡市・安中市・軽井沢町の観光連携協議会設立趣旨発表
2013.12.26


貫前神社 御戸開祭 2013.12.12

群馬サファリ富岡マラソン大会
2013.12.8


第8回富岡市一周駅伝

第2回スロージョギング教室 
2013.11.23


佐原市の『歴史ある町並み』
2013.11.5

モザイクアートで
ギネスに挑戦

2013.11.4

妙義山紅葉
フェスティバル

2013.11.3

スロージョギング
教室

2013.10.27

富岡製糸場に
ふっかちゃん

2013.10.4


富岡市交通安全
パレード

2013.9.25

富岡市CM 
2013年わがまちCM
コンテスト最終選考作品


同志社大学
今出川キャンパス

2013.10.8



ご意見・ご質問はメールでお願いいたします。
moharamasahide@gmail.com
富岡市の防災気象情報(気象庁リンク)

  ゆる過ぎるゆるキャラ『まゆべえ』のグッズ、細々と、アマゾンなどで全国販売中!
 トートバッグキャップアマゾンで販売中の『まゆべえ』グッズ
 
  年賀状のイラストをつくってみました
 
     
  12月31日(水)
∈8紂高齢化と人口減少が同時に進む社会になります。

となれば、国の借金なども考えれば、今の医療制度や介護保険制度などを、そのまま継続していくのは、不可能な時代が遅かれは早かれやって来るでしょう。

そうなりますと、自己負担の割合も高くなりますので、これからはこれまで以上に、健康を維持していくことが、生活防衛につながる時代になるのではないでしょうか?

私は28年前に、たばこを止めましたが、ちょうど新たな年を迎えますので、愛煙家のみなさんは、この機会に禁煙にチャレンジしてはいかがでしょう?

たばこも、止めてから1週間くらいは吸いたくなりますが、それを超えれば、普通に我慢できるかと思います。

1カ月も禁煙すれば、食べ物の味が劇的に変わりますし、たばこの煙のニオイが非常に臭く感じてきますので不思議なものです。

健康こそ、最大の節約であり、健康を維持することが、これからの生活防衛に最も必要不可欠なものではないでしょうか?






,海裡海日は、非常に厳しい寒波が到来するとの天気予報です。

明日は午前9時から、貫前神社で皇室のご繁栄を記念するお祭りが行わますが、毎年、それが寒い場所で行われるので寒さが心配です。

ところで以前は、ずっと貫前神社の初詣客は、群馬県1位でしたが、最近は、2位ということが多くなってしまい、この点は、一ノ宮ぜ生まれ育った者としますと、残念です。

貫前神社でお参りをするには、かなり長い坂を上って下りますので、参拝客のみなさんの高齢化も深く関係しているのではないかと推測しますが…




 
 
  12月30日(火)
ド找の街中を車で通ってきた方から、『観光客風の方が、けっこう歩いているように見えたけど、製糸場は休みですよね?』との情報をいただきました。

以前、『休みの場合は、特別に門の中に入ってもらって、記念写真だけでも撮れるような配慮をすべきでは?』と、全員協議会で提案したことがありましたが、それはどうなったでしょうか?

ちょっと気になります。


ね菁のお正月は、お年玉をあげるような子どもが、周りにおりません。

以前なら、結構な金額になりましたが、親戚の子どもたちも、みんな大きくなってしまって、お年玉も用意する必要がなくなってしまいました。

これが少子化社会ということなのでしょうが、何だか、寂しいものです。





1平柑のおたき上げが、NHKの首都圏ニュースで紹介されていましたが、ダルマを火に投げ入れている人を見ていたら、良く知っている方のお姿も。

今年は、富岡市がテレビで紹介されることが非常に多く、ずいぶん知っている方のお顔をテレビで拝見しましたが?

こんなことは、もう2度とないと思いますが、今年は、まさに『トミオカ』の一年でした。



久しぶりに、御茶ノ水の駿台予備校の映像を、テレビのニュースで見ましたが、予備校生が他の生徒の首を、刃物で刺したとのこと。

私が通っていたときの校舎ではありませんが、懐かしい街並みは、見ればすぐにどこであるか分かりました。

もう受験が近づいているこの時期に、このような事件を起こしてしまっては、受験どころではなくなってしまうのに、どうしちゃったのでしょうか?

受験生の皆さんは、追い込みの時期でしょうが、模試の合格判定が良かったとしても、気を緩めずに復習を重ねていただきたいと思います。



,い茲い菠神26年も、残すところ、明日だけ。

ところで、お正月といえば、箱根駅伝に強い関心がありますが、本日の読売新聞朝刊を見ましたら、日体大の8区に、富岡西中出身の選手の方が、エントリーされていました。

昨年も期待されていたものの、残念ながら出場に至りませんでしたが、今年は何としても走ってほしいものです。

来年は、お正月早々、テレビにくぎ付けになってしまいそうです。





 
 
  12月29日(月)
9睥隹充匆颪如∈8紂∨瓦なる方が多くなることから、何と『遺品整理士』という資格があるのだとか…

民間の資格なのでしょうが、この資格を考えた方は、すごいビジネスのセンスをお持ちの方と思えます。

一人暮らしの高齢者の方が亡くなっても、子どもたちや親戚の方がそばにいなければ、業者さんにお願いして、遺品も片付けなければならないのでしょうが、すごい時代に突入した感があります。

親戚のみなさんで行っていたことが、どんどんできなくなっていく。

いちばん人間関係のつながりが強い間柄でも、どんどんその関係が崩壊していくということなのでしょうが、何だか寂しい世の中になるばかりで、嫌ですね。

先日、ちょっと考えたのですが、一人っ子同士で結婚して生まれた子どもさんの視点で親戚を見ると、おじ・おば・従妹は一人もいないことになります。

さらに、その子どもさんも一人っ子としますと、兄弟姉妹もおらず、もしも将来一人っ子の人と結婚すれば、甥・姪もいないことになります。

そのうち学校で、『先生、従妹って何ですか?』という時代になってしまうのかも?

これは、非常にマズいですね。






NHKのドキュメンタリー番組の『72時間』の年末スペシャルを、録画で見ました。

今年放送された番組から、リクエストが多かった10番組を、まとめて放送した特番ですが、非常に面白かったです。

世の中には、このような人たちがいるのか、こんな仕事があるのか、これほど大変な経験をしているのに頑張っている人がいるのか等、いろいろ考えさせられました。

極寒の宗谷岬で大晦日を過ごすたくさんの人たちや、鶯谷の24時間営業の食堂の日常、さらには鴨川の大きな総合病院のコンビニに立ち寄る人々など、対象が絶妙というか、すごいストーリーの宝庫で、さすがはNHKと思えました。

こういう番組を見てしまいますと、自分の生活や経験などは、本当に平々凡々としたものなんだなーと、強く感じてしまいます。

第1位になった、鴨川の総合病院の産婦人科の女性医師の方、すごく魅力的なかたでしたが、番組の中で勤務医のみなさんの過酷な仕事の環境や状況もよく分かり、その点でも考えさせられました。







〜斡兇帽圓用事がありまして、その帰りに、煥乎堂に久しぶりに寄りました。

かつては、ここが群馬県内一の本屋さんでしたが、全国チェーンの大手書店が県内にも多数出店したこともあり、以前のイメージとはかなり変わってしまったと言いましょうか…


けやきウォークの紀伊国屋書店などに、かなり押されている感がありますが、ぜひ、地元の老舗として頑張っていただきたいものです。

また、前橋の街中を歩きましたら、来年の大河ドラマ『花燃ゆ』で、ちょっと盛り上がっているような気配が感じられました。


今年は、富岡製糸場の世界遺産登録と、ぐんまちゃんのゆるキャラグランプリ獲得など、群馬はけっこう存在感を示した年になりましたが、来年も、この勢いを維持したいものです。






 
 
  12月28日(日)
B膾紊箸、岡山とかの、遠方の友人に書いた年賀状を、先ほどポストに入れてきましたが、元旦に着くのでしょうか?

今年は、遠方の友だちには、『富岡製糸場を見に来てください』と、一筆書かせてもらいましたが…

製糸場の年内の開場日は、今日までということです。

明日、明後日あたり、製糸場に来てしまうお客様がたくさんいなければ良いのですが、ちょっと心配です。





◆惺睥霄圓房禺圓侶豈佞鰺血すると、高齢者が若返る可能性がある』という話を、NHKの番組で紹介していましたが、これは本当なのでしょうか?

また、『断食をすると、細胞が若返る』という科学的なデータもあるとのことです。

でも、老化現象は、生物の宿命というか、自然の摂理ですので、それに逆らおうとしても、無駄のようにも思えます。

若返ることよりも、認知症にならない対策のほうが、個人的には興味があります。

いまさら若返ってしまって、同世代の人から浮いてしまうくらいなら、みなさんと一緒に老化していくのも悪くないように思えますが?






仝畍紕源過ぎ、消防団の歳末警戒が始まることから、地元の3分団の詰所に、出かけてまいりました。

写真は、激励のお言葉を述べている市長さんと、団員のみなさんです。


また、団員のみなさんと、いろいろお話もしてきましたが、そこで来年の県議選に、3人目の方が、立候補を表明したというお話を聞きました。

数日前の上毛新聞に出ていたそうですが、たまたま読売新聞しか見ていなかったことから、恥ずかしながら気づきませんでした。

この3人目の方のお話は、ずいぶん前から、耳にしていましたので、驚きはありませんでしたが、これで想定されていた方が、全員、手を挙げたというところでしょか。

一般論で考えれば、現職プラス新人2人の選挙で、1つの席を争えば、現職が圧倒的に有利な展開でしょう。

2人の選挙ならば、新人は自分の票プラス現職の批判票を取れる可能性がありますので、新人にはかなり有利になりますが、3人目の方が、手を挙げたことで、現職の批判票が割れますので、一気に、現職に良い風が吹く可能性が出てきたのではないでしょうか?

しかし、前回の県議選では、現職プラス新人3人という4人の選挙で、現職が極めて有利と思える中でも、新人の方が当選したという例もあります。

そういうことを考えますと結局、選挙は一般論では説明できないとも思えますが…

来年の4月は、統一地方選で最初に県議選、次に市議選と、選挙が続きますが、だいぶ賑やかな感じになるのでしょうか?






 
 
  12月27日(土)
だ茲曚鼻▲侫ギュアスケートの全日本選手権を見ていたら、町田選手が、第9の曲で、演技をしていました。

まだ、第9の歌詞をそこそこ覚えておりましたので、思わず鼻歌で歌ってしまいました。

歳を取ると、なかなか覚えるのが大変ですが、覚えたことは、割とまだ忘れないような印象があります。

ちょっと安心、というところでしょうか…


時間があるときは、BBCの英語のサイトを、英語学習のトレーニングで読むようにしておりますが(大して読めておりませんが…)、今日、日本の貯蓄率が過去最低でマイナスになってしまったことが、特集記事でありました。


記事を読んだ印象では、どうも、世界の日本を見る目が、かなり厳しいように思えましたが?

BBCのサイトを見ますと、世界ではどんなニュースが注目されているのかが、よく分かり、面白いです。

ただ、日本人向けの英語ではないので、超難解です。

ニュースの背景がさっぱり分からない記事は、読んでもさっぱり分かりません。





⇒菁2月に、ふかやシティマラソンの10kmに申し込んでありますが、腰痛になったり、市議会だよりのポスティングがあったりで、最近、まったくスロージョギングができませんでした。

しかし、これでは、ちょっとマズそうなので、今日は、久しぶりにもみじ平の野球場の周りで、のそのそと走ってまいりました。

非常に寒いので、耳のしもやけ対策もしていきましたが…


手袋を忘れて、ちょうど車に積んであった軍手をはめて走りましたが、頂いた問屋さんのネーム入りで、ちょっち恥ずかしいような…


それにしても、空気が冷たいので、息を吸うと、鼻の奥が痛くて、ちょっと困りました。

2月の10kmレースは、走り切ることを目標に…いきましょう。




‥效呂慮把蟷饂裟任蓮⊇斬陲ある場合、6分の1に軽減されます。

そのため、老朽化し、とても住めないような危険な住宅でも、固定資産税対策として残されている場合が多々あります。

しかし、こうした空き家が、地域の住環境を悪化させることもあり、来年は、見直されそうな雰囲気です。

となると、どうなるか?

固定資産税対策にならなければ、老朽化した家屋はかなり撤去され、更地の売り物件として、市場に出てくる可能性があるのではないでしょうか?

そうなりますと、土地の値段は、さらに低下する方向に進まざるを得ないように思いますが…




 
 
  12月26日(金)
今日の朝刊に、地域新聞の折込が入っておりました。

株式会社まちづくり富岡の、辞任された専務さんのことが大きく報じられていましたが、私も、この件につきましては、大きな疑問に思い、9月と12月の2度に渡る定例会で、一般質問で取り上げてきました。

この地域新聞にも書いてありましたが、この専務さんが、先の市長選で、岩井市長さんの陣営で、どうのこうの…という話を、私も複数の方から、聞きました。

なので、この方が株式会社まちづくり富岡の専務さんになられたのは、最大の出資者である富岡市の要請があったのではないかと思い、9月定例会で、そのことをズバリ、当局に質問しました。

当局のご回答では、『富岡市は要請していない』という内容でしたが、もしも、これが事実でなかったとすれば、これは、非常に困ったことになるのではないでしょうか?

私としますと、市当局が『要請していない』と言えば、それを信じるしかありませんが、万一、その答弁が虚偽でであるなら…

その先は、控えますが、あってはならないことが、なければ良いのですが…


また、地域新聞に掲載されていた内容で、素朴な疑問を持ちました。

介護施設というところは、入所者を紹介してくれた人に対し、20万円も斡旋料を払うようなことがあるんですか???

これが事実だとしたら、そのお金は、どういう経緯で払われたものなのか?

『入所者斡旋料20万円の支払い』と、帳簿に載っているものなのか?

もしも、裏で支払われたようなお金だとすると、これは介護保険施設として、不正経理など新たな問題になるのでは?

ちょっと考えただけでも、疑問はどんどん膨らみます。

これは、今後、大きな疑惑、問題になる可能性があるのでは…




NHKの夜7時のニュースのお天気お姉さんである岡村さん…

とても清楚な、可愛らしい女性ですが、どうしちゃったんですか?

ビックリ仰天の、スキャンダル。

ショックです。

また、スキャンダルの内容が、マズ過ぎです。

NHKのお天気コーナーを、岡村さんは降板することが決定したそうですが、残念です。




\響櫂札鵐拭爾悗糧惰は、本日が最後でしたので、午前中は、粗大ごみなどを持って、行ってきました。

午前11時15分頃に行きましたら、ちょっとしたラッシュ状態でした。


搬入したごみの重量は、70kgでした。

軽トラックの荷台に積んだときの印象では、100kgくらいあるのかと思いましたが、予想外でした。





 
  12月25日(木)
Youtubeの話ばかりになってしまいますが、先ほど、イーグルスの『ホテルカリフォルニア』のビックリ仰天の高画質ムービーを見つけてしまいました。

1977年の有名なライブ映像ですが、なぜこれほどきれいな画質のものがあるのかは分かりませんが、イーグルスが好きだった方は、絶対に見る価値があると思えます。

昔、ベストヒットUSAなどで放送されたときのものよりも、格段にクリアな映像です。

今年見た、Youtubeの動画の中で、個人的にはNO1です。

 Eagles - Hotel California (live 1977)



ぅ僖愁灰鵑鬚靴覆ら、Youtubeで昔の音楽を時々聴きますが、今日、何十年ぶりに、高中正義さんの『空ド白ソ』を聴きました。

20代の頃は、車のカーステレオで、よく聴きました。

Youtubeは、見始めると、次々に見てしまい、すぐ1時間くらい経ってしまいます。

テレビの、内容が薄いバラエティ番組を見るくらいなら、Youtubeのほうが、断然面白いと思えますが?

テレビの視聴率低迷の最大の要因は、案外、Youtubeなのではないでしょうか。




STAP細胞の小保方さん。

もしも、この状況で、100年後にSTAP細胞が本当にあることが証明されたら、まさにガリレオのような存在になるのでは?

『存在しないことの証明』は、不可能に近いことでしょうが、もしも後世で存在が証明されれば、世界の歴史に名を残す悲劇の女性科学者という可能性もあるように思えますが…、それは、難しいでしょうか?

ちょっとそんなことを、今日、考えてしまいました…




∈廼瓠▲泪ぅ屐璽爐砲覆辰討い訃ι覆蓮¬軌良品の『メガネ拭き』です。


14枚入りで84円ですが、以前、東京のファミリーマートでこれを、たまたま購入し、使い始めたのですが、すごくメガネの汚れが落ちて、イイです。

アクリル系不織布と書いてありますが、一度これを使い始めたら、このメガネ拭きがないと、ちょっとイライラしてしまいます。

富岡市内のファミリーマートでも売っているのかと思い、何軒か寄ってみましたが、見当たらず、今日、前橋に行く機会がありましたので、けやきウォーク内の無印良品で買ってきました。

メガネを使っている方は、試しに一度、これを利用されてはいかがでしょう?



仝畫庵罎蓮∋毀鮟蠅忙業用の償却資産のことで、窓口で、説明を伺ってきました。

その後、複数の部署に、ちょっと寄ってみましたが、年末モードという感じで、静かな雰囲気でした。

一般社会は、年末になると、いろいろ慌ただしい空気が漂いますが、それとは少々趣が異なるようです。

ご挨拶の中で、『来年も良いお年を』というような言葉が、聞こえるようになってきました。

来週の木曜日は、もう元旦なんですよね。

とある部長さんとお話をしていましたら、今年の正月休みは9連休で、最高に長いとのことです。

また、妙義のふれあいプラザの『もみじの湯』が、初日の出を見ながら、お風呂に入れるそうで、『もはらさんも、ぜひお出かけください』とお声をかけられましたが…

あいにく元旦は、午前9時から貫前神社のお祭りというか、新年の行事がありまして、それに行かなければなりません。

お風呂で初日の出を見るという、非日常的な時間も過ごしてみたかったのですが、残念です。

元旦に妙義に行かれる方は、もみじの湯で、2015年の初風呂というのはいかがでしょうか?





 
 
  12月24日(水)
お富ちゃん家から、毎日、その日に売れた品物や売り上げの情報が、メールで届きますが、最近は、一つも売れなかった日がけっこうあります。

5月ごろから、急に売れる数が増え、一時は、毎日何かしら売れたのですが、今はかなり雰囲気が変わってきたような印象があります。

私が出品しているものが売れないだけなら、それはそれで構わないのですが、全体的に売り上げが減ってきているのなら、非常にマズい兆候なのでは?

今日、街中の道を車で走りましたが、新しくできた民間の駐車場には、ほとんど車がありませんでした。

これはたまたまなのか、それともいつもこうなのか?

非常に気になってきました。




▲織屮譽奪斑舎を、以前購入し、持っているのですが、あまり使っていませんでした。

でも、これでは宝の持ち腐れですので、最近、ポケットWi-Fiでネットに接続し、radikoでラジオ放送を聞くようにしています。

今日は、夜10時から、interFMの 『JAZZ ain't Jazz』 という番組を聴いておりますが、BGMには、よろしい感じです。

学生時代、FM放送で流れる音楽番組を、一生懸命、カセットテープで録音していた世代としますと、いまの音楽環境は、隔世の感があります。

東京にいたときは、FM東京を、また、京都にいたときはFM大阪の番組を、本気で録音し、車のカセットプレーヤーで聴いたり、カセットのウォークマンで聴いたものですが、いまの若い方々からすれば、信じられないようなレベルの話でしょう。

でも、あの頃の音楽のほうが、いまの音楽よりも、心ときめくメロディが多いように思えるのですが、これは単なるノストラジーでしょうか…





.リスマスイブではありますが、まったくクリスマスの雰囲気がない1日を過ごしてしまいました。

今日、毎回、選挙のポスターの製作をお願いしていた印刷会社の営業の方が、来年のカレンダーを持ってきてくださったようですが、ちょうど留守で直接お話をすることができませんでした。

おそらく、来春の選挙についての営業もあったのでしょうが…

ちょっとマニアックな話になりますが、前々回と前回の選挙のポスターのデザインは、私は自分のパソコンで、イラストレーターのソフトを使ってつくりました。

最初の選挙の時は、イラストレーターを使っておりませんでしたので、できませんでしたが、イラストレーターをちょっと使えると、本職の方々が使う印刷データがつくれますので、非常に重宝です。

でも、どこかで教わったわけではありませんので、超自己流な使い方になっておりますので、その点は問題があるかもしれませんが…

ホームページビルダーという、ホームページ用のHTMLファイルをつくるソフトも、フォトショップも、すべて超自己流なので、本当はよくないのかもしれませんが、いつも『半分使えりゃ上等』くらいの気持ちでやっております。

でも、案外、このくらいの気持ちで何事も取り組んだほうが、いろいろチャレンジできるでしょうし、前向きに人生進むのでは?

10時間勉強して100点を目指すなら、3時間くらい勉強して85点を目指す人生のほうが、生き方としては正しいのではないかと、最近、感じます。

そのほうが、7時間、他のことができますので。

人生は、そう長くない以上、あまり好きじゃないことに時間をかけたくはないですよね。





 
 
  12月23日(火)
年末は毎年、清掃センターへ、不燃ごみや大きなものを持って行きますが、今年はいつまで受け入れてもらえるのか?

ちょっと気になりましたので、先ほど、ネットで調べてみましたら、自己搬入は、26日(金)までとのことです。

時間は4時半までですが、11時半から1時までは、休み時間となります。

昨年、11時半過ぎに到着してしまい、ずいぶん待ってしまったことがありましたが、ぜひ、その時間帯はお気を付けください。

詳しくは、こちらから、ご確認ください。




_箸如部屋の掃除をしましたが、どうも『捨てっぷり』が悪い性分とでも言いましょうか…

なかなか流行りの『断捨離』のようなわけにはいきません。

でも、断捨離で、思いっきりモノを捨てたとして、また別の新しいものを買ってしまい、結局しばらくすれば同じような状況になってしまうのでは?

ならば、部屋の見えるところにあえてそうしたモノを置いておくほうが、次の新たな買い物の抑制に有効なように思えます。

また、これからとんでもない悪性インフレやハイパーインフレのような事態になれば、モノの価格が高騰し、簡単に買い直すことができなくなる可能性もあるのではないでしょうか?

まあ、そうなる可能性は、今のところは低いのでしょうが、国の1000兆円の借金は、最期には国民が負担するのですから、やがては、そならざるを得ないように、個人的には感じております。

話が少々脱線しましたが、断捨離するよりも、持っているモノは、できるだけ使うことを考えれば良いのではないでしょうか?

古い冬物の衣服などは、外で着るのは難しくても、家の中での重ね着用として使えば、暖房コストを抑えられるでしょうし、結構有効な使い方になるように思えます。

十分に使えるものを、『いま使わないから』という理由で、バンバン捨てるのが世の流行りですが、この考え方には、どうも私は賛成できないですね。






 
 
  12月22日(月)
ぅ泪ぅーのタイヤを、冬用のものに夕方交換しました。

今年の2月の大雪がなければ、それほどスタッドレスタイヤの必要性は感じなかったのですが、さすがにあの状況を経験しますと、万一を考え、替えたような次第です。

でも、あまりスタッドレスタイヤが活躍するような冬にはなってほしくないのですが?




15日に開かれた議員全員協議会で、市民の方からいただきました給食についてのご意見を取り上げました。

そのご意見は、『給食の味』と、『保護者が参加できる試食会の希望』についてでしたが、今日、担当の職員さんから連絡があり、試食会についての情報を、1月の最初に全児童生徒のご家庭に配られる『給食だより』に掲載するとのお話をいただきました。

大変迅速な対応をしていただきまして、ありがとうございました。

ところで、今日で学校の2学期は終わりなのだとか。

私たちが子どもの頃は、クリスマスイブの24日に2学期の通知表をもらったように記憶していますが…

とうことは、今日は、あちこちのご家庭で、通知表による悲喜こもごものドラマがあるということでしょうか?




高崎駅に行きましたら、こんなポスターが入口にありました。


まるで、富岡まで新幹線で行けるようなデザインのように思えますが、これは…?





〇毀韻諒から、メールでいただいた情報です。

富高が21世紀枠で、関東代表に選ばれたことについての詳しい情報が出ているサイトを教えていただきました。

関東の理事会では、第一次選考で、富高と松戸国際の2校が選ばれたなどの情報も出ています。

高校野球ファンや、富高関係者のみなさんは、ぜひご覧ください。


また、その方のメールには、軽井沢町と富岡市の観光連携についてのご意見もありました。

確かに、今年の4月から、観光連携による具体的な事業は、いくつか始まってはいますが、今ひとつ、『観光連携』が進んでいないような印象もあります。

世界遺産登録直後で、製糸場の観光客対応で手一杯だったのかもしれませんが、来年は、これを上手く活用していきたいものです。




 
 
  12月21日(日)
先日、学習塾をしている友人と話をしていましたら、『最近は新聞折り込みのチラシを、入れるのをやめた』とのこと。

新しい生徒さんに、『どこでうちの塾のことを知ったのですか?』と質問すると、『チラシを見て』という生徒さんはほとんどいないのだとか。

『もしかして、小中学生の保護者世代は、新聞を取っていない人が多いんじゃないのか?』

そんな話にもなりましたが、確かに最近は、新聞を取っていない家が増えているということは、よく耳にします。

そのうち、『えっ、お宅は新聞を取ってるんですか? 珍しいですね』なーんていう時代がやって来るのかも?

私は新聞は、けっこう好きなので、ずっと購読するかと思いますが、新聞や雑誌などの紙媒体のメディアは、はたしてこれから生き残れるのでしょうか?

ところで、雑誌と言えば、次の週刊新潮あたりは、『ドリルでハードディスク破壊』の件を、大々的に取り上げることは確実と思えます。

小渕さんには、『当選したことで、禊は済んだ』ということではなく、ちゃんと説明をしていただきたいものですが?





⊂さい子どもがいるわけではありませんが、クリスマスのケーキを、今日、早速買ってきて、食べました。

なぜ今日なのかと言いますと、クリスマスにそのケーキ屋さんに行くと、あまりの混雑で買ってくるのが大変だからです。

この時期をずらすという方法は、クリスマスケーキだけでなく、いろいろなことに使える有効な方法です。

大多数の人と同じ行動をするというのは、メリットよりもデメリットのほうが大きいのではないでしょうか?

それはともかく、これで我が家では、クリスマスは、過去形のものとなりました…



…から、妙義の菅原方面へ、ポスティングに出かけました。

有名な、しだれ桜の所も通りましたので、ちょっと写真を。

 
また、日陰のところは、やはりまだ、路面の凍結がありました。


菅原神社の入り口です。


とある建物の壁に、昭和の香りが漂う看板がありました。

市内の、昭和っぽいものを、調査して、それを紹介したら、ちょっとした観光資源になるのかも?


菅原地区の後は、諸戸に入り、その後、妙義ふれあいプラザまで上り、昼食を食べました。


今日で、ポスティングは一区切りがつきましたので、今度は、食事だけでなく、お風呂にも入りに来たいと思います。


それにしても、今日は非常に暖かく、バイクに乗っていても、寒さを感じませんでした。

これまで、寒い日が多かったのに、ポスティングが終わると、暖かくなるというのは、ちょっとアンラッキーでした。




 
  12月20日(土)
昨日、来年の県立高校入試の進路希望調査結果が新聞に出ていました。

富高の競争率は、160人定員のところ、希望者は124人で0.78倍!!

昨年は、多数の不合格が出たため、受験生が敬遠したようなことがあるのでしょうか?

それにしても、この低倍率は、困ったことです。

何とか、21世紀枠での甲子園出場を決めて、競争率のほうも盛り上がってほしいのですが?

でも、他地区の伝統校を見ても、けっこう1倍を割っているところが目立ちます。

県内では元気な市の代表とも思える太田市の太田女子高でさえ、定員割れの状況なのですから、この傾向は、どうにもならないレベルになって来たのかもしれません。

ひしひしと少子化社会の現実が、身近なところで見えてきたような感があります。






⇒莉佞慮議選に、第3の候補者が出るような話を、今日とある方からお聞きしました。

そのお方は、私とは個人的にはまったくお付き合いも関係もない方ですが…

そうなりますと、なかなか選挙は、読みが難しい展開になるのでは?

あくまでも一般論ですが、現職と新人の一騎打ちなら、新人に良い風が吹く可能性が出てくるように思えます。

しかし、現職プラス新人2人という選挙になりますと、現職に良い風が吹きそうな印象があります。

さらに、現職プラス新人3人の選挙になれば、圧倒的に現職が有利になるのでは?

これは、各候補者の特徴や実績、人気など、一切考えていない一般論ですが、一人しか当選できない選挙は、この傾向になる可能性があるように思えます。

勝手な個人の推測ですが…



仝畫庵罎蓮▲丱疋潺鵐肇鵑領習がありました。

しかし、腰痛がやっと治ったばかりですので、今日も休みました。

バドミントンの羽を拾うときに、腰をかがめなければなりませんので、その姿勢がどうも腰痛を引き起こすような懸念があります。

年末年始に、腰痛で動けないというのでは、困りますので、当面バドミントンはしないほうが、良さそうです。




 
  12月19日(金)
ぅ疋螢襪妊蓮璽疋妊スクを破壊ですか…

まるで、ドラマのような展開ですが、何だか、こういうニュースを聞きますと、小渕さんの選挙区に住むものとしては、非常に残念な思いがいたします。

こういう出来事は、群馬のイメージを徹底的に悪くすることにつながるのは確実でしょうが、地域の代表である代議士によって、地域のイメージが壊されるのは、住民としては悲しいのひと言です。

元総理のお嬢様で、美しく魅力的な女性で、お力もある方ですが、だからと言って、これでは、地域の子どもたちに、とても示しがつかないのでは?

このまま、この事件というか出来事は、闇の彼方に消えてしまう可能性がありますが、これはかなりマズいことなのでは?





5豕般邯睇店の場所に、『えっ??』という話が…

うーん、という感じです。

ちょっと今は、お知らせできないのですが…



工業振興対策委員会が、午後1時半からありました。

会議が始まる前、その場にいたのが、ちょうど富高の卒業生ばかりだったこともあり、21世紀枠で甲子園に出場できるかが、大きな話題になりました。

富岡製糸場の世界遺産登録で、富岡はいま、全国で注目を集めていること。

さらに、県立高校の進学校で、秋の県大会では準決勝まで進み、甲子園で活躍した強豪校と見ごたえのある試合をしたこと。

そして、近々、東高との統合が決まっていること。

このような条件が、揃った今こそ、千載一遇のチャンスであり、これを逃せば、もはや不可能に近いのでは?

そんな話になりました。

ところで、工業振興対策委員会の委員長さんが、思わぬ発言をされました。

『おれ、甲子園のマウンドで投げたことがあるよ』

仰天の発言でしたが、詳しく伺いますと、ロータリークラブのイベントで、甲子園球場で試合をしたことがあって、そのときピッチャーとして、マウンドに立ったとのこと。

なるほど。

甲子園の土を踏むには、そのような方法もあるんですね。

『もはらさんも、ロータリークラブに入れば、甲子園で野球ができるよ。どうだい?』と、お声をかけていただきましたが、考えさせていただきます。




,天気が良かったので、午前中しか時間が取れませんでしたが、妙義方面にポスティングに出かけました。

妙義神社のあたりまで行きましたが、素晴らしい快晴でした。


今日も、路面凍結のため、バイクでは入っていけないところがありました。

それにしても、バイクに乗っていると、指先が恐ろしく冷えますが、これは手袋が問題なのでしょうか?

顔は、けっこう耐えられるのですが、手の冷たさは、ツライものがあります。




 
 
  12月18日(木)
L襦地方議会の懇親会がありました。

私の前に、下仁田町の議員さんがおられましたが、持っていたスマホを見ましたら、ケースに『荒船風穴』の文字が…

ご自分で作ったものだそうで、世界に一つしかないケースです。






午前中は、妙義町の八木連、古立、行沢、諸戸方面に、ポスティングに出かけました。

午後は、医療事務組合議会があった都合で、午前中しか回れませんでしたが、お天気が良くて、結構配れました。

でも、ちょっと山影のようなところの道に行きますと、雪がまだ残っていて、ちょっと困りましたが…

実は、この先に家が一軒あるのですが、バイクで行くにはあまりにもデインジャラスな感じでしたので、あきらめました。


あと、まる一日、ポスティングをすれば、妙義町はほぼ全域、配り終えるかと思います。

でも、残っている所が、下仁田町や旧松井田町と隣接している所ですので、これが結構タイヘンなんです。

雪が残っていないことを、祈るばかりです。




”找地域医療事務組合議会がありまして、県議選に出ることを発表してから、初めて矢野議員さんと話をする機会がありました。

矢野議員さんは、他の3名の議員さんと4名で、会派を組んでおりますが、矢野議員さんが自民党の現職である県議さんの対立候補として出ることに、会派のみなさんはどのようなお考えだったのか、非常に気になったのですが…

会派を挙げて応援ということになるのか、それともそうならないのか?

もしも前者になるとすれば、これは、かなり衝撃的な展開になる印象がありますが?

また、お二人とも岩井市長さんに近い方々と思われますので、もしも、岩井市長さんから離れた立場の方が、3人目の候補者として出るようなことになると、かなり混沌とした展開になるのではないでしょうか?

場合によっては、3人目の方に一番良い風が…という可能性も考えられます。

一人しか当選できない選挙というのは、候補者の数によって、勝てる方が、ことごとく変わる可能性があります。

二十人も当選できる選挙とは、根本的に全く異なります。

なので、当選一人の選挙と、当選二十人の選挙では、戦略が全く変わります。

立候補される方々は、選挙が終わるまで、大変なストレスとお察しいたしますが、ぜひお体には気を付けていただきたいものです。





 
 
  12月17日(水)
昨日、ヤフーを見ていたら、富岡製糸場の見学料の値上げが、トピックスのコーナーに出ていました。

すごい注目度ですね。





株式会社まちづくり富岡の専務さんですが、11月末に辞表を出していたことが、15日の本会議終了後の全員協議会で分かりました。

この専務さんは、元国会議員の秘書をされていた方で、昨年の3月末時点で別の国会議員の政治団体の会計責任者をされていたと聞いております。

8月に、大変な実力者として、株式会社まちづくり富岡の専務さんに選ばれたわけですが、どうして早くもお辞めになられたのか?

この専務さんにつきましては、様々な話があちこちから聞こえてきましたので、私も強い関心を持っておりました。

でも、こうなると、ますますよく分からないことばかり、という感じになりますが?

突然の総選挙になってしまったため、会計責任者を昨年していた国会議員さんの…というようなことは、まさかないでしょうが、11月末で突然お辞めになられたとなると、それは単なる偶然なのでしょうが、偶然とは思いづらいのも現実でしょう。

ところで、株式会社まちづくり富岡を中心になって支えるはずであった専務さんが、辞任されたとなると、この会社の経営にも大きな打撃になってしまうのでは?

そちらも、大変気になります。




ヽ阿蓮大変な寒さではありましたが、自分の市議会だより11月号が、まだ配れておらず、今日は朝から、時おり雪がぱらつく中、妙義町方面に原付で出かけました。

下高田から上高田、中里、北山、古立の一部、行沢の一部と、回ったのですが、寒いのなんの、『顔面凍結一歩手前』的な冷たさでした。

ちょっと狭い道に入りますと、シャーベット状の雪が残っておりまして、数回、スリップ気味になりましたが、このような状態になりますと、宅配ピザ屋さんが乗っているような3輪バイクがほしいところです。

でも、今日は最悪のコンディションの中、かなりの数をポスティングできましたので、逆にちょっとした自信も持てたような?

また、妙義中近辺でポスティングしていたとき、ちょっとトイレに行きたくなり、妙義総合体育館に立ち寄りました。

以前、ここの2階のトレーニングルームに来たことがありますが、1階の体育館を、今日初めて見ることができました。

職員の方に、お話を伺いましたら、夏場は、大学の運動部の合宿練習場として、この体育館はよく使われているそうです。

宿泊は、妙義神社近くの旅館のようですが、そのような使われ方は、まったく知りませんでしたので、ちょっと驚きました。

写真は、雪で霞んで見える妙義山ですが、なかなかの寒さでした。


また、妙義庁舎そばを通りましたら、このような景色が…
ワタクシ、こういうの、大好きです。





 
 
  12月16日(火)
ずF、狭い部屋で、油性のマジックを使っていましたら、シンナー(?)の臭いで、頭にちょっと違和感が…

ボーっとして、とんでもない内容を書いたりしてはいけませんので、今日は短めですが、このあたりで。



片倉工業の株主優待に、『富岡製糸場への寄付』というものがあります。

先日、市民の方からメールで教えていただいたのですが、片倉工業さんに富岡市は、お世話になりっぱなしという感じです。

2人以上の世帯で株式投資をしている世帯は、わずか15%と、今日見ていたニュース番組で言っていましたが、ならば、初めて株を買うのなら、片倉工業さんというのもよろしいのでは?

株価の将来は、予測不能ではありますが、片倉工業さんの会社の業績や内容なら、大きく値を下げるようなことはないように思えますが…





⇒菁の県議選は…

あまり、この件については書きたくないのですが、岩井市長さんに近い方々で、争うような展開になるのか?

それとも、多くの候補が、これからどんどん手を挙げるようなことになるのか?

今日、とある方から、その関係で電話をもらいました。

基本的には、この地区の県議は、だれがなられたとしても、みんな自民党に入って、同じような活動をすることになるのでしょうから、人によって劇的にこの地区に大きな違いが生まれることはないでしょう。

なので、先の市長選のように、アクセル全開状態で、だれかの選挙に関わることは、しないことになるかとは思いますが…




。隠卸酊衫祺颪昨日で終わりましたので、ポスティングを再開しましたら、途中で雪が降り始めて…

今日は、下高田全域くらい、ポスティングするつもりでしたが、半分ほどで、あきらめました。

どうも最近は、お天気がイマイチで、困りますよね。

それにしても、今日はバイクに乗るには、非常にふさわしくない日とでも申しましょうか?

顔が冷たくなってしまい、何だか眼球が痛いというか、気だるいような、非日常体験もしました。

たとえ寒くても、太陽が出ているのといないのとで、大違いのように思えますが、ぜひ明日は、晴れてほしいものです。





 
 
  12月15日(月)
た柬神社の向かいにあるポケットパークに、クリスマスを感じさせるデコレーションが設けられました。

当分、夕方5時から点灯されますので、ぜひ、見にお出かけください。







I拗發、来年の春の甲子園に、21世紀枠で出場できる可能性が出てきたわけですが、私の周囲の富高関係者の間では、『選抜出場は確実』というような空気になっております。

でも、これで、万一、選ばれなかったとしますと、ショックというか落胆は極めて大きいですよね。

期待はしたいけど、あまり過度の期待をして、期待通りに行かなかったら…

1月下旬には、はっきりしますが、当分ちょっと悩ましい感じです。

しかし、野球以外のスポーツでは、ここまで思うものはありませんが、野球には、何か特別な魅力があるということなのでしょうか?

ちなみに私は、『巨人の星』や『ドカベン』に夢中になった世代です。




◆悗發呂薺聴は、ストレスがたまるようなことはないでしょうね』と、とある議員の方から言われました。

その理由は?

『あれだけ、一般質問で市長に対して、言いたいことを言ってるんだから』だそうです。

実は自分では、そんなには、言っていないと思っています。

特に、6月と9月の定例会では、『給食費無料化反対』で、爆発しましたので、12月定例会は、極めて粛々と一般質問を行ったような次第ですが…

問題は、3月定例会で、平成27年度の予算案が議案として提案されますが、その時、給食費無料化のための予算が出てくるのかということです。

現時点では、どうなるかは全く読むことができませんが、できることなら、ないことを祈りたいものです。




〆Fは12月定例会の最終日で、議案の採決が行われました。 

議員の中で、最も意見が分かれていた議案は、『駐車場条例の改正』についてです。

事前につかんでいた情報では、おそらく賛成が9人、反対が10人で、否決であろうと思っていましたが、珍しく予想通りの数となり、否決されました。

この議案が、先に行われた経済建設委員会では、全会一致で可決されましたので、当局も否決になるとは思ってはいなかったのではないでしょうか?

最近は、岩井市長さんの強引と思える進め方に疑問を呈する議員が増えてきたような印象があります。

市長選の頃から、猛烈に疑問を感じていた私としますと、これはとても好ましい傾向です。

でも、できることなら、市長選挙のときに、給食費の無料化は財政的に無謀で行うべきではない事業と、もっと多くの議員の方々に気づいてほしかったと、個人的には思っておりますが…






 
  12月14日(日)
∩軈挙の結果は、大方の予想通り、自民党の圧勝でした。

これは、国民が自民党を強く望んだというよりも、自民党以外に期待を持てる野党がなかったため、このような圧倒的な結果となったと見ることもできるのでは?

でも、選挙の結果は、国民の選択ですから、たとえどのような結果でも、それが日本の進むべき道です。

なので、結果について、あれこれ言うべきではないのでしょうが、今回の選挙で一番大きい問題になったのは、低投票率ではないでしょうか?

国の行く末を決める総選挙の投票率が、50%ちょっとというのは、非常に危険な兆候と思えます。

下がれば下がるほど、組織力がものを言う選挙になってしまい、国民の意志が正しく政治に反映されないことになってしまうのでは?

ところで、富岡市の開票が、NHKで紹介されていましたが…


合計しても、21000票ほどしかありません。

低投票率だけでなく、白票や無効票が多かったのかも?






〆Fは朝から、サファリマラソンのボランティアで出かけてまいりました。

午前7時半に、高瀬小学校に集合しましたが、かなり寒さが本格的でした。


また、私が担当したのは、ホテルアミューズ前の第2給水所の係で、10時半にここに集まり準備を開始しました。

ハーフマラソンのスタートは11時でしたので、実際に最初のランナーが通過したのは、11時50分頃。

速いほうの選手が、数名通過した後、中々選手の姿が見えず、手持無沙汰でしたが、その後、12時10分頃からは、かなり多くの選手が一気に押し寄せるようになり、一時は『紙コップが足りるのか?』と心配になるほどでした。

それでも、12時半を過ぎますと、だいぶ選手の数もまばらになり、何とか無事に給水所の運営ができました。

ちなみにこの給水所は、私を含め5名で担当しました。







 
 
  12月13日(土)
ペヤング焼きそばは、異物混入問題で、製造を中止したそうですが、テレビのニュースバラエティでの情報では、生産再開は来年の2月になるとのこと。

そこまでしなければならないほどの大きな問題なのか、ちょっと疑問に思えます。

わずか1つの製品への異物混入で、市場に出回っているすべての製品を回収するというのは、やり過ぎなのでは?

問題ない多数の製品が、食べられぬまま廃棄処分になるとしたら?

これで本当にいいのか、疑問です。




給食の味や内容についてご意見をいただきました。

小学生と中学生の子どもさんがおられる保護者の方からのご意見ですが、様々な問題点のご指摘がありました。

また、その方からは、このようなご提案もいただきました。

『給食の試食会を是非、行っていただきたい。
親には、自分の子供達がどんな給食を食べているのか知る権利があると思います。』

来週、給食センターに、お話をお伝えし、対応をお願いしたいと思います。





仝畫庵罎蓮中沢、蚊沼方面に、市議会だよりのポスティングに出かけました。

中沢の、あるお宅で、今日は立派なネギをいただき、途中からは、ネギを後ろのかごに積んで走りました。


写真の奥に見える太陽光パネルは、稲葉製作所のソーラー発電施設です。

また、蚊沼のあるお宅で、うちの近くにお住いの奥さんにバッタリ会いました。

伺ったところ、『ここが私の実家なんです。土日は、畑仕事の手伝いを少しやっているんですよ』とのこと。

思わぬところで、思わぬ人に会い、ちょっと驚きました。

また、あるお宅では、『先日、親戚の者が富岡製糸場に行ったとき、解説の話は聞きづらいことと、テレビのモニターが小さくて見えなかったと言っていました。改善したほうが良いのでは?』とのご意見をいただきました。

今日は、お話を聞いただけですが、近々、どんな状況なのか、確認したいと思います。




 
 
  12月12日(金)
ずFの最大のニュースは、富高が春の甲子園に『21世紀枠』で出場できる可能性が出てきたことでしょう。

実は、先日の富高の同窓会役員会で、『関東で選出されることが一番難しい。でも、ここを超えれば、かなりの確率で、甲子園に行けるだろう』とのお話を伺いました。

今年は、富岡製糸場の世界遺産登録で、『富岡』の話題性は抜群です。

このチャンスを逃せば、私が生きているうちの甲子園出場はないのでは、と思っていましたが、『ついにその時が来るのか!』という気持ちでいっぱいです。

富高が甲子園に出場したら、絶対に見に行きたいですね。

日帰りでも何でも出かけて、甲子園で校歌を歌いたい気分です。

1月には、最終発表があるそうですが、これは、楽しみになってきました。




M莉気侶醉貌は、12月定例会の最終日で、議案の採決が行われます。

一番の注目点は、駐車場条例の改正でしょう。

賛成、反対、様々な意見があるようですが、私は、この条例改正案は、現状のままでは問題が多々ありますので、反対します。

印象としては、賛成反対が拮抗していますが、私と同様なお考えの議員さんのほうが若干多いように感じます。

でも、こればかりは、当日になってみないと分かりません。





∈F、生まれて初めて期日前投票をしてきました。

市役所の一階に、投票所が設けられていますが、住所・氏名・理由などを書類に記入するだけで、簡単にできました。

日曜日は、サファリマラソンのボランティアに出かけなければならないため、期日前投票をしたのですが、思っていた以上に、便利な印象でした。

ところで、日曜日は、ひょっとすると雪が降るようですが、もしもそうなったら、投票率にかなり影響があるのでは?

でも、この選挙区は、波乱が起こることはちょっと考えづらい感じですが…

それよりも、大雪で、サファリマラソンが中止なんてことにならないか、そちらのほうが気になります。



仝畫娃隠飴から一般質問がありました。

とある議員さんが、ひどい風邪で、辛そうに一般質問をされていましたが、だいぶ風邪を引かれている方が増えてきたような感じです。

こんなときは、体を冷やさないことが重要ですよね。

私は幸い、何度も紹介している方法で、夜、寝ていますので、この一年ほど、風邪は全く引いておりません。

鼻呼吸の徹底が効いているのか、それとも偶然引かなかったのかは分かりませんが、朝起きたときに、喉や口内が渇いていないことでウイルスの感染が抑えられていることは、ほぼ間違いないのでは?

費用はほぼゼロで、できる健康法ですので、風邪を引きやすい方は、鼻呼吸睡眠をお試しください。





 
 
  12月11日(木)
〆Fは12月定例会の一般質問の日で、私は、一番目で質問をしました。

株式会社まちづくり富岡についての質問では、第3セクターであるこの会社に対する疑問を述べ、今後は、議会に対して情報をしっかり伝えることを求めました。

製糸場の券売所と売店、及びお富ちゃん家の売店などが、10月から株式会社まちづくり富岡に業務委託されておりますが、実は議会は、その予算について具体的な説明をしてもらえぬまま、業務委託のための予算(を含む補正予算)を9月定例会で可決してしまったということがありました。

さらにあといくつか非常に不自然に思える点がありましたので、それについてを一般質問の中で具体的に説明し、今後の適切な対応を求めました。


また、この件の他に、富岡市の財政状況と、今後の大型事業についても取り上げました。

大型事業のほうでは、『製糸場の保存管理』、『新庁舎建設』、『ごみ処理施設の建設』、そして『給食費無料化』について、当局から様々な説明をしていただきました。

製糸場の保存管理につきましては、『今後30年間で100億円の費用がかかり、富岡市はその25%の25億円を負担する』という内容が定説のように広く知られておりますが、実はどうも、この数字には強い根拠がなさそうなことが、本日分かりました。

100億円という数字を出してから、もう何年も経ち、建設コストも大幅に上昇しておりますので、とても100億円では納まらないのではないでしょうか?

また、費用の負担の点では、国の50%負担は決まっておりますが、県の25%負担は、県が最も負担した場合の割合であって、不確定の要素がありそうです。

ひょっとすると、県が20%しか負担してくれず、富岡市が30%を負担するということだって、十分に可能性としてあります。

もしも、保存管理費用に200億円かかり、その30%を富岡市が負担するようなことになれば、富岡市の負担金額は60億円になりますが…

そうなってしまわないことを、祈るばかりです。

また、給食費の無料化につきましては、『富岡市の財政状況がどれほど厳しい状況になったとしても、日本一のまちづくりを推進するためには、絶対に必要な事業である』という趣旨の発言が、私の質問に対する岩井市長さんのお答えとしてありました。

ちょっと話が飛びますが、先日、日本創生会議が発表した、2040年に消滅する可能性が高い自治体のリストが、大きな話題となりました。

私はこれを材料にして、『2040年には、富岡市の周辺の安中市、甘楽町、下仁田町が、消滅する可能性があるというような時代に、給食費を無料化して日本一のまちづくりを進めたいというのは、あまりにも荒唐無稽な考え方であり、富岡市にとって全くメリットがないのではないでしょうか?』と、最後に岩井市長に質問しましたが、市長さんのお考えは、『強い信念を持って給食費の無料化を進めたい』というお考えのようです。

このお答を聞きましたら、もうこれでは、何を申し上げても同じ答えが返ってくることは確実と思われましたので、時間はまだ残ってはいましたが、それ以上の質問はしませんでした。

12月定例会では、給食費の無料化のための予算案はありませんでしたので、9月定例会よりは、かなり穏やかに質問をいたしました。

でも、もしも、3月定例会で、それについての予算案が出てきたときには、『財政を破壊する給食費無料化には絶対反対』の立場から、全力で猛烈に意見を述べるつもりです。


それにしても、今日は、何だか疲れましたね…







 
 
  12月10日(水)
ぐ貳娘遡笋、明日の1番目で、ただいま原稿書きに苦戦中という感じです。

ということで、今日のサイト更新は、短めで終了させていただきます。

明日の展開が、どうもうまく固まらず、困っております。




製糸場の、国宝決定イベントに、出かけてきました。

本日、告知され、正式に決定ということですが、すでに決まっていたことですので、これまでのイベントの中では、静かな印象でした。




また、上町駐車場から製糸場まで行く通りには、新しいお店が多数できていて、ちょっと驚きました。

でも、お店の数が増えすぎたような印象も持ちましたが?

今年の観光シーズンは、終わりという感じです。

来年の春から、また、観光客が押し寄せるようならば良いのですが、はたしてどうなるのでしょうか?





△箸△覯歡垢気鵑箸話していて、こんなことを知りました。

私は、冬至の日が最も日の入りが早いのかと思っていましたら、冬至より10日ほど前が一番早く、それがちょうど今頃なのだとか。

56歳にして、初めて知りましたが、まだまだ世の中、知らないことばかりです。

ソクラテスの『無知の知』を知ったような一日でした。




”找製糸場の国宝が決まりました。 
 
     
   


 
  12月9日(火)
ズF、房月堂さんで、おまんじゅうを買いましたら、以前このホームページで紹介した、お祝い事の引き出物で、子どもの頃よく頂いて食べた、あの『鯛の砂糖菓子』の見本がお店に並んでいました。

最近、見かけなかったので、もう作っているお店はないのかと思いましたら、房月堂さんは作っておられたんですね。

奥さんが、私のホームページをご覧になって、教えてくださったのですが、ちょっとビックリでした。

昔は、この鯛のお菓子を頂いたのは、主に結婚式だったのでしょうか?

となりますと、最近、結婚式にはほとんど呼ばれていませんので、鯛のお菓子を見なかったのも当然と言えば当然ですね。

ところで最後に行った結婚式は、いつだったろうか、考えてみたところ…

3、4年前でしょうか。

本当に結婚式に行く機会があまりありませんが、これからはさらに、これが当たり前の世の中になってしまうのでしょうか?





さ聴用のレターケースに、来年の選挙の日程に関する書類が入っていました。

県議選は、4月3日の告示で、投票が12日。

市議選は、4月19日の告示で、投票が26日です。

また、市議会議員立候補予定者説明会は、2月23日に行われるとのことです。

次の市議選は、定数18ですので、最低ラインが、どうなるのでしょうか?

普通に考えれば、これまでの850票ほどから、上がるかと思われますが、投票率が、選挙の度に低下していますので、ひょっとするとボーダーラインは下がるようなこともあるのかもしれません。

でも、下がれば簡単と言い切れないところが選挙の難しいところと言いましょうか…

3回、自分も経験しましたが、まだ、選挙というのもはよく分からないというのが本当のところです。




今日は、神成、南蛇井、中沢方面へ、ポスティングに出かけました。

昼間は、バイクに乗っていても、寒さは感じませんが、午後3時半を過ぎてくると、空気が冷たくなってくるのが、よく分かります。

年に4回、市議会だよりのポスティングを行っていますが、この時期のポスティングが、いちばん辛く大変かも?

でも、市議会だよりを手配りしていますと、市民のみなさんの様々なご意見やお困りごとについて、直接お話してもらえる機会が数多くありますので、とても勉強になります。

また、バイクであちこち行きますと、富岡市はけっこう広いことがよく分かります。

今日は、南蛇井のあるお宅で、『もはらさん、毎月、大変だのう』と、お声をかけられましたが、もしかしたら、毎月配っているように思われているのでしょうか?





一般質問の打ち合わせで、今日は朝から市役所に行きました。

私の一般質問の順番は、11日のトップですので、非常に慌ただしくなってきました。

今回、取り上げるのは2件で、1つは『株式会社まちづくり富岡』への業務委託についてです。

株式会社まちづくり富岡は、10月から、お富ちゃん家の売店や、製糸場の券売所などの運営を、市から業務を委託され、運営しています。

来年度は、その他の業務も、市は株式会社まちづくり富岡に委託するのか?

そのような点について伺う予定ですが、はたして、当局の方針は…?

また、もう1つの質問は、富岡市の財政力指数が県内12市中10位と低迷していることと、今後の大型事業にかかる費用についてです。

最終的には、今後予想される厳しい財政状況の中、あの事業をどうするか、というのが、今回の一般質問の目的ですが、これもどのような展開になるのか、見えておりません。

今年最後の一般質問ですので、できるだけ穏やかにいきたいという思いは持っておりますが、展開次第では、穏やかに進まない可能性もありそうです。





 今日の読売新聞の朝刊に、月曜日の午前1時頃に送った投稿が掲載されました。

送った翌日に、新聞の活字になっているというのは、何とも不思議な感じです。

ちょっと原稿が削られて短めだったのが気になるところですが…





 
  12月8日(月)
ズ鯑、自民党のマニフェストを読んだときに考えたことを、ザザッとまとめて、某全国紙の投稿欄にメールで送りましたら、夕方、電話が来ました。

どうも、近々、掲載していただけるような…

100%ではありませんが、明日か、明後日くらいには、掲載してもらえるような気がしております。

国の借金問題について書きましたが、目に入りましたら、ぜひご覧ください。



い世鵑世鵝⊃掲会のご案内をいただくようになってきました。

今日も、地元消防団の新年会のお話をいただきましたが、その日は、地域の新年互礼会も同じ時間帯で行われるとのこと。

どちらにも行かなければならない方が多いかと思われますが、これは新年早々、忙しくなりそうです。

ところで、来年は1月3日が日曜日ですので、カレンダーの並びとしますと、少々アンラッキーというところでしょうか?




コンビニに行きますと、つい100円のコーヒーを買ってしまいます。

でも、コンビニでコーヒーマシンのコーヒーを買うようになってから、マクドナルドのコーヒーや、缶コーヒーは、全く飲まなくなってしまいました。

マクドナルドの売り上げが不振の原因は、中国産チキン問題以外に、コンビニ、特にセブンイレブンの100円コーヒーが、かなり影響しているのではないでしょうか?

また時々、セーブオンなどでも、マシンのコーヒーを買うことがありますが、今日、たまたま立ち寄ったセーブオンには、コーヒーマシンが設置されていませんでした。

同じチェーンでも、店によってサービスが違うんですね。

ちょっと意外な感じが…




∈週は、ポスティングもしながら、一般質問も考えなければなりません。

私の順番は、11日の木曜日の1番目ですので、明日と明後日しか、当局とのやり取りができません。

今は、メールでやり取りができますので、市役所に頻繁に出かけなくても大丈夫なのですが、細かいニュアンスは、やはり担当の部長さんや課長さんと話をしなければならない場合もあります。

今日は夜、メールを送り、明日の夕方は、一度、市役所でお話をしてこようかと思っております。

身のある一般質問にするため、これから、慌ただしくなりそうです。



,笋辰反薪澆陵杁い一段落し、さらに、腰痛のほうも穏やかになってきましたので、ポスティングを再開しました。

大手ドラッグストアで購入した、約5000円のクロスベルトという、2本のベルトで腰をサポートする品を巻いて、バイクに乗りましたが、通常の簡易コルセットよりもかなり効果がありました。

これまで腰が痛い時は、お腹の周りにコルセットを装着していましたが、もっと下のほうのお尻のやや上部くらいを固定したほうが、腰が安定するような気がします。

2本のベルトで、1本はお尻の上部をサポートし、もう1本は腰の周りを抑えるようにすると、痛みがとても楽になるように思えます。

腰痛で、お悩みの方は、試しに、クロスベルトという商品を使ってみてはいかがでしょうか?


久しぶりのポスティングでしたので、今日は数をたくさん配ることよりも、腰が痛くならないようにすることを優先しました。

富岡市のいちばん西のほうまで、行きましたが、風も冷たくなく幸いでした。

南蛇井のほうに行きましたら、収穫したネギの様々な作業をしているお宅が多く見受けられましたが、そんな季節なんですね。





 
 
  12月7日(日)
ズF、自民党の『政権公約2014』という、冊子を手に入れました。

ザザッと読みました。

ただ、どこの政党の公約も、掲げるときは、とても充実した内容のものを出しますが、それがどくらい達成できたかについては、ほとんど触れていないような印象があります。

表現は悪いですが、結局、有権者は裏切られてしまうことが多く、そうしたことも低投票率の要因になっていると思われます。

気になるのは、どこの政党も、日本の膨張し続ける借金問題についての対応を示していないように見えますが、つまりこれは、もはや可能性がある解決策を示せる段階を超えてしまったということなのでしょうか?

やはりこの問題について、党首の方々は、自党の考え方をはっきり示すべきではないかと思えてなりませんが?




せ劼匹發通勤用で乗っている車のタイヤを、万一を考え、冬用タイヤに交換しようとしたら、どこのお店も、お客さんが集中しているようで、結局、来週の土曜日に替えてもらうことになりました。

富岡あたりなら、以前は、大雪の心配はしなくても大丈夫だったのでしょうが、今年の2月の空前の大雪の記憶が、まだ生々しく残っていますので、このように寒くなってきますと、心配になってしまいます。

今年の冬は、あのようなことはないとは思いますが、寒くなるのが早いので、気になります。




こんな話を聞きました。

山で遭難した場合、警察のヘリコプターなどの公共のものなら、本人負担はないが、民間のヘリコプターが出動すると、費用は『稼働1分あたり1万円』。また、捜索費の日当は、冬山では一人平均10万円。

私は山登りの趣味はありませんが、遭難した時の費用というのは、遭難することと同じくらい恐ろしいようです。



富岡製糸場の入場者数が、今年度は125万人ほどになる見込みとのお話を、以前伺いました。

この数字は、世界遺産になる前に予想されていた人数を、遥かに超えるものです。

想像していた以上に、世の中の関心を集めることができたのは、とても喜ばしいことです。

しかしです。

リピーターとして何度も来てくださるお客様が多いのでしたら、心配はありませんが、もし『一度見に行けば十分』というお客様が多いとしたら、今後の展望には暗雲が立ち込めます。

仮に、一度で十分というお客様が多いとすると、潜在的なお客様の数は決まっていますので、最初の年に集中すれば、その後の客数は、一気に激減してしまう危険性もあります。

今の活況は、かなり過熱感がある状況なのでは?

何とか、勢いがあるうちに、『いつかもう一度、富岡に来てみよう』と、お客様に思ってもらえるようなものを、築き上げたいものです。




 ̄潺疋襪琉拌愾蠑譴、1ドル120円を超えています。

確か、2年ほど前は、1ドル70円台でしたが、わずかの間に、50%も円の価値が低下してしまったことになります。

ここまで来ますと、円安のメリットよりも、今度はデメリットを心配しなければならないレベルに突入したのでは?

幸い、原油価格が急落していますので、円安による物価高に歯止めが掛かっていますが、もしも、原油価格が以前のままであったなら、大変なことになっていた可能性もあるのではないでしょうか?

為替相場は、大きなトレンドで動いているように思えますが、もしかしますと、今後の日本の国力低下で、円はさらに安くならざるを得ないようにも思えます。

昔の1ドル360円までは戻らなくても、200円くらいまでは、行ってしまうこともありえるのでは?

再度、海外旅行が高嶺の花になる時代が来るのかもしれません。





 
 
  12月6日(土)
∪住緇譴慮学料(一般)を、500円から1000円に値上げする件で、様々なご意見をいただいております。

多くが、『高すぎるのではないか?』という、値上げを懸念する声ですが、これは非常に判断が難しいところです。

今後、製糸場の保存管理には、現在想定している金額を遥かに超える予算が必要となる可能性があります。

さらに、これから人口減少がどんどん進み、市の予算規模は縮小していくと思われます。

こうした状況を考えますと、製糸場の保存管理の費用を、市民の負担で支えていくのは、非常に難しいのではないでしょうか?


市民の暮らしを守るためには、できるだけ製糸場の保存管理の費用は、見学者の方々にも広く薄くご負担をしていただきたい。しかし、高額の見学料では、おもてなしという面からすれば、これまた心苦しい…

こういうのをジレンマというのでしょうが、観光客の方々のために値上げをせずに、市民が負担することが良いのか、悪いのか、これは判断が分かれるところであるとは思います、

でも、富岡市の財政は、これから非常に厳しくなることが確実な以上、私は、見学料の値上げはすべきと考えています。

値上げした分は、さらなる『おもてなし』で、満足度を上げていくことが、重要と思いますが、そうなれるかが、今後の課題ではないでしょうか?

ちなみに、見学料を値上げする条例改正案は、12月定例会で、これから決まります。




。隠卸遒両綵椶粒笋法△いなり真冬モードです。

だいぶ寒さには慣れてきましたが、一度コタツに足を入れると、出るのが嫌になてしまい、こまった季節です。

今日は一般質問について、これから先の展開をどうするか、考えました。

せっかく質問するのですから、市当局の考えがどのようなものなのか、引き出すことができなければ、意味はありません。

今回、『株式会社まちづくり富岡』と、『市の財政状況と、今後の大型事業』についてを取り上げますが、これまで明らかになっていなかった事実が出てくることになるかと思います。

今年最後の一般質問ですので、6月、9月定例会の時以上に、ドカーンとやってみたい気もしていますが、ちょっとそれは難しそうです。




 
 
  12月5日(金)
ど找市の給食は、現在、アレルギーの子どもさんに対応した特別のメニューのものを作っておりますが、それでも対応し切れずに、弁当を持参で学校に通っておられる子どもさんがいるという話を、本日、市民の方からのご意見の中で伺いました。

そのような子どもさんが、どのくらいおられるのかは分かりませんが、アレルギーは万一の場合、命にも影響があるような発作を起こす危険性があります。

給食費の無料化よりも、そうした子どもさんへの対応にお金をかけるべきでは、とのご意見でしたが、私もそう考えます。





4┐なりますと、思わぬ時に、紙で手を切ってしまうようなことがあります。

あのような柔らかいものでも、皮膚がきれいに切れてしまうというのは、ビックリ仰天ですが、紙で指先などを切りますと、痛いですよね。

空気が乾燥していて、紙と皮膚が共に固くなっているためなのか、それとも、皮膚の皮脂が減り、肌の表面ががさついているために起きる現象なのか、理由はよく分かりませんが、今年は寒いせいか、早くも昨日、紙で手を切り、冬の到来を感じてしまったような次第です。

ハンドクリームでも、まめに手に塗って、皮膚を守ったほうがよろしいようです。



∪萋、市内の全世帯に、カレンダーが配布されました。

これについて、『今は、大きなカレンダーを使わない家庭も多いのですから、税金の使い方としてもったいないのでは?』とのご意見をいただきました。

早速、本日、担当部署で確認しましたところ、今回配布したカレンダーは、地元の印刷会社が社会貢献として、市内全世帯に配る数を無償で市に提供してくださったものとのことです。

ということで、この配布したカレンダーには、市の予算は使われておりません。

ちなみに、このカレンダーは、製糸場の売店とお富ちゃん家で、1部1000円で販売されているものだそうです。




〇圓凌邑についての件ですが、今日、市役所に行きましたら、市民課長さんが、すでに私のサイトを見て、資料を用意してくださっていました。

お話によりますと、市の発表する人口統計は、住民基本台帳に登録されている人口で、分かりやすく申し上げますと、住民票が富岡市にあるかたの数です。

そして、上毛新聞で発表された人口は、国勢調査を元にした人口で、こちらは、実際に富岡市に住んでおられる方の数です。

住民票が富岡市にあっても、進学などの都合で、市内に住んでいない方は少なくありませんが、そうした人のカウントの仕方によって生じる違いということのようです。

ということは、市が発表している住民基本台帳の人口ほど、実際は富岡市には人がいないということになりますが?

5万人を切っているというのが、どうも現実のようです。



 
 
  12月4日(木)
ぃ隠卸遑影付の上毛新聞に、富岡市の人口(11月1日現在)は、
49985人と出ていました。


でも、富岡市のホームページに出ている人口は、50928人なのですが、この違いとは、何なんでしょうか?

近々、市民課で確認したいと思います。




西中は、宮崎の丘の上に校舎があり、周囲には人家がありません。

そうしたことから、西中の保護者の方から、『夜間の防犯のために、校舎裏手の入り口だけでなく、校庭側にも防犯カメラを設置したほうがいいのでは?』とのご意見を、先日いただきました。

今日、教育委員会に用事で出かけたとき、学校教育課長さんに、その旨をお願いしてまいりました。

教育委員会としても、その方向で進めたいとのことでした。



腰痛のほうは、やっと落ち着き始めてきました。

今回の腰痛の原因は何かと、いろいろ考えたところ、思い当たることがあります。

それは、バトミントンの練習の最初に行う、ストレッチ体操での前屈です。

たぶん、その前屈で腰に負担がかかり、それがきっかけで、バドミントンをしている途中で、ぎっくり腰が起きたのでは?

ここまで重症の腰痛は、何年もありませんでしたので、ストレッチで腰を伸ばしたほうが良いように思えましたが、どうも、不要な負担はかけないほうが良いようです。

これからは、ラジオ体操やストレッチ体操の前屈は、無理をしないことに徹したほうがいいですね。





〇々、お富ちゃん家に、商品の納品に行きます。

その時は、宮本町駐車場を利用しますが、ここは30分以内なら、無料ですので、ちょっと車をとめるという使い方ができます。

たぶん、私と同じ利用法で、ちょっと車をとめて、宮本町のお店で買い物をされるかたもおられるかと思います。

しかし、12月定例会に提案されている駐車場条例の改正が可決されますと、このような利用がちょっと難しくなります。

改正後は、午前8時から午後5時までは、車を1度入れますと、500円です。

その代り、市内のお店で利用できるサービス券500円分を発行するとのことですが、このやり方ですと、観光客の方が土産物を購入する際には便利かもしれませんが、地元のお客様を相手に、日用品を売っているご商売の方々にとっては、デメリットが多いのではないでしょうか?

また、サービス券で商品を買ってもらえるお店にも、デメリットがあります。

たとえば、現金で500円の売り上げなら、当然そのままその金額が売り上げですが、サービス券で500円の買い物をしてもらった場合、店の取り分は400円で、100円は市に収めるかたちになります。

このサービス券で、売り上げが大幅に増えるのなら、その負担もこなせるでしょうが、売り上げが変わらず、サービス券の利用者が増えてしまったら、以前よりも経営的には苦しくなることが予想されます。

さらに懸念される点があります。

これまでは、無料の富岡駅東駐車場に車を誘導していましたが、ここも500円となると、500円のサービス券が出るとはいえ、わざわざ製糸場から遠いところに、お金を払って駐車しようとする方は減るのでは?

そうなりますと、街中に車が集中し、これまで車の流れを上手く管理できていたのが、できなくなる可能性があります。

また、駐車場の料金収入が大幅に減ることになれば、その費用の負担は、結局、市民に回ってくる可能性もあるのでは?

さらに、最近、街中には民間の駐車場も増えましたが、市営駐車場が500円の料金で500円のサービス券を出すということになると、民業圧迫にもなる可能性が高いのでは?

懸念される点がいくつもあり、どうして経済建設委員会では、この条例改正案が、全会一致で可決となったのか、不思議に思えてなりません。





 
 
  12月3日(水)
12月定例会の一般質問は、以下の通りです。


来春、市議選がありますので、12月議会は、それを意識して、10人を超えるような一般質問があるのかも、と思っていましたが、あまりいつもと変わりませんでした。

いつも感じますが、富岡市議会は、他の議会と比べますと、一般質問を行う議員が少ないのでは?

一般質問は、議員だけに与えられた権利なのですから、これをろくに使わないというのは、議員として非常に問題がある姿勢なのではないかと、私は考えております。

全然質問をしない議員が浮いてしまう議会なら結構なことですが、毎回質問をする議員が、浮いてしまうような議会というのは、ちょっとおかしいように思えるのですが…

もはや浮きまくっているような状況ですので、今回も、さらに浮いてしまおうかと思います。




∨榮、経済建設委員会が開かれました。

午後、議会事務局に寄って、『駐車場条例』の改正についての、委員会の審査結果を聞きましたら、反対意見は一つも出ず、全会一致で可決されたとのこと。

これは予想外の結果でした。

先日の議員全員協議会で、あれほど問題点が指摘されたのに、反対する委員が一人もいなかったというのは、『え????』という感じです。

実は先日、この駐車場条例の改正には、街中の商店街の方から、強い疑問の声をいただきました。

そのときは、『全員協議会でも、議員から、疑問の意見が多数出ましたので、これはたぶん可決されないと思います』と、その方には個人的な意見を申し上げたのですが、私の予想とは、全く違う結果になってしまいそうな雰囲気です。

本会議で、どのような結果になるのかは、現段階では分かりませんが、様々な問題が生じる可能性があり、商店街のみなさんからも疑問の声が上がっている以上、私は反対したいと思います。

それに、駐車場の管理は、来年から、株式会社まちづくり富岡に委託される可能性が高いのでは?

今回の駐車場条例の改正は、どうもそれも関係しているのではないかと、ちょっと気になっているのですが?





仝畍紕音から、美術博物館の協議会が開かれました。

平成26年度の事業の実施状況について、及び平成27年度の展覧会計画案などが議事事項でした。

美術博物館は、今年度は、ウルトラマンやアンパンマンなどの人気企画展がなかったため、利用者数がかなり減少しているとのことです。

ただ、人気の高いイベントを行えば、お客さんの数は一気に増えますが、大きな予算が必要なだけでなく、美術館本来の進むべき方向性から外れてしまう危険性もありますので、判断は難しいところです。

しかし、世界遺産登録で、富岡市が全国の注目を集めているのにもかかわらず、美術博物館にほとんどプラスの影響が出ていないのは、非常にもったいないようにも思えます。

何とか、製糸場に来ていただいたお客様を、美術博物館にも誘導できるような仕掛けを作りたいものです。


入口の受付の横に、150円で飲めるコーヒーサーバーが設置されましたが、2階の景色がすばらしいところで、ゆっくりコーヒーでも飲みながら、おしゃべりできれば、すごく贅沢な時間を過ごせるように思えました。

残念ながら、そこでは飲めないようですが…

また、富岡市が、様々なテレビ番組で取り上げられていますが、美術博物館は、一度も、まだないとのことです。

もしかすると、テレビ局も、ここの存在を知らないのでは?

テレビで取り上げられれば、段違いの宣伝力がありますので、まずは、それを実現したいものです。




 
 
  12月2日(火)
ご┐なってきますと、インフルエンザの予防注射を打つ人も多いかと思われますが、私は、この予防接種には疑問を持っているほうですので、打ったことはありません。

考え方は人それぞれですが、基本的に、注射器で体内に何かを入れるという行為は、かなり危険なのではないかと思っております。

まして、ワクチンの成分の話を以前ちょっと聞いたことがあるのですが、それを知ったら、ますます、打つのが嫌になってしまったというか…

最終的には、予防接種ですので、メリットとデメリットを各自で判断し、自己責任ということになります。

私は今年も、予防接種をしませんが、果たしてこの冬、『したほうが良かった』と後悔するときが来るのでしょうか?






B茖垢鬚Δ燭Σ颪痢▲ぅ戰鵐箸禄わりましたが、最近、ちょっと生活に変化が生じたような感じです。

どんな変化かといえば、鼻歌が、『だいねー・つぁうべる・びんでんびーでる…』とつい、第9になってしまうというか…

以前の鼻歌は、70年代の日本の曲か、ローリングストーンズだったのですが、ちょっとアカデミックな鼻歌に、グレードアップしたという感じです。

しかし、4割くらいしか覚えられなかった第9の歌詞ですが、はたしていつまで記憶に留めておくことができるのでしょうか?

記憶した内容は、潜在意識まで浸透したものは、ほとんど忘れることがありません。

昔昔、駿台予備校時代に覚えた、『基本英文700選』の最初のいくつかの文章とか、世界史のどうでもよいような人名や国名、年号、事件などは、もう40年近く前に覚えましたが、忘れていません。

逆に、当時、数学がけっこう得意だったのですが、いまは問題を見ても、全然思い出せません。

これは、記憶が潜在意識まで到達していなかったということではないかと、思っています。

第9の歌詞も、忘れずにいることができれば、次回は、かなり楽そうに思えますが…





▲縫紂璽垢鮓ますと、衆院選の公示が、どれもトップニュースでした。

各党首のみなさんの第一声が、取り上げられていましたが、一番印象に残ったのは、とある党首さんが述べた『安倍さんは、この道しかないという。でも、この道には先がない』という表現でした。

この言い方は、絶妙ですね、

非常に短くて、印象に残りやすい。

私も、人前でお話をさせていただく機会は時々ありますが、このようなフレーズをさりげなく入れられると、カッコいいですよね。

また、地元の群馬5区は、全国で最も注目度が高い選挙区の一つですが、小渕さんのお話もテレビで見ました。

他に2人の候補者の方がおられるようですが、知名度やキャリア、さらに自民党の公認ということを考えれば、あのような出来事があった直後でも…、ということになるのでは…

でも、もしも、小渕さん以外の方が、あのような出来事を起こし、そのまま立候補したとしたら、どうなっていたのでしょうか?

本来なら、その出来事の内容で、判断しなければならないのに、出来事を起こした人によって、世の中の判断が変わってしまうとしたら、それは危険なことでは?

ちょっといろいろ考えてしまいました。




”が強くて、寒い日になりましたが、温度計を見ますと、まだ真冬よりはかなり高い気温です。

でも、今日の寒さは、真冬並みに思えました。

体感温度というのは、かなり主観的なもののようです。


夕方、同級生のお父上のお通夜がありまして、出かけましたが、冬用の下着を着ていたので、コートやマフラーはいらないと思い、持っていかなかったら、これが大失敗…

あまりの寒さで、震え上がってしまいました。

また、会場に入るとき、記帳する場がありましたが、腰痛時に、腰をかがめて記帳するのは非常に大変です。

コルセットを巻いていたので、何とかなりましたが、装着していなかったら、腰痛がさらに悪化してしまったかもしれません。


実は昨夜、腰に負担をかけないように寝ていましたら、朝起きると、背中に違和感があり、ちょっと寝違えてしまった感が…

どこかに痛みが生じると、そこをかばうため、さらに別の個所に負担が生じ、今度はそこがおかしくなる、というような、負の連鎖状態が続いております。

でも、こうのような、ツイてないことが重なると、予想外に良いことが起こる場合があります。

それに期待して、メンタル面だけでも、めげないように頑張りましょう。




 
 
  12月1日(月)
ぃ隠鰻遑影現在の富岡市の人口が、本日の上毛新聞に出ていましたが、5万人を切っていました。

49985人でしたが、万の桁の数字が変わると、インパクトは強烈なものがあります。

2040年の人口推計では、富岡市は3万8千人ほどになるという話を、よく耳にします。

でも、もしかすると、それよりもかなり減少している可能性もかなりあるのでは?

2040年なんて、先のことだと思われている方も多いかもしれませんが、25年後なんて、さほど先ではないですよね。

私はその時、この地球上にいるかいないか、分かりませんが、3万8千人で高齢化率が40%を超えた富岡市になっていれば、街は大きく変わらざるを得ないのでは?

製糸場の保存管理に、30年間で100億円が必要などと言っていますが、その30年後には、製糸場の保存管理以上に、地域社会を維持していけるかが、大きな課題、問題になっている可能性が高いと、私は考えますが?

あまり書きますと、暗い気持ちになってきますので、止めておきますが、これからの日本は、どんどん辛く厳しい時代になることは、もはや避けられないのではないでしょうか?





K織疋薀奪哀好肇△如強力な腰痛対策のベルトを購入しましたが、どうもイマイチ良くならないので、今日、ある診療所で診察してもらいました。

実は、20年以上のキャリアがある腰痛ですが、診察を受けたことがありませんでした。

いつも、市販のコルセットを巻いて、4,5日静かにしていれば治ったのですが、今回はこれまでと違うような痛み方でしたので、医師の診察を受けてみました。

レントゲンを撮影し、診てもらいましたが、骨や椎間板などには問題はないとのことでした。

湿布薬と、コルセットを出してもらいましたが、やはりこれを使いながら、無理せず静かにしているしかないようです。

腰が痛くない時は、それが当たり前ですが、腰痛になると、その当たり前の健康状態がどれほど有難いものかが、よくわかります。

失って初めて気づく健康の有難さ、というところですね。






街頭指導の後、妙に総務委員会やら一般質問がある場合が多いのですが、今日も、総務委員会が、やはり…ありました。

実は、交通安全の街頭指導は、基本的に総務委員会のメンバーは全員参加します。

なので、朝からずっとご一緒でしたが、委員会のみなさん、お疲れさまでした。

ところで、総務委員会のほうは、あまり大きな議論になるような項目はありませんでした。

しかし、後日行われる経済建設委員会は、『富岡市駐車場条例』の改正の議案で、かなりの議論になると思われます。

委員会で可決されない可能性もかなり高いのでは?

9月定例会では、給食費の無料化で、議論沸騰となりましたが、今回は、駐車場ということになるような印象が…





…7時半から、交通安全週間の街頭指導に行ってきました。

場所は高瀬のA-CORP ハピネス前です。

以前は、沖電気西の交差点で街頭指導を行っていましたが、こちらは車の数も人通りも少なく、街頭指導の場所としては、ちょっといかがなものか、という雰囲気がありますが?

次回は場所が変更となる可能性がありますが、今日は、雨に降られなかっただけ、幸いでした。






 
 
  11月30日(日)
〆Fは、非常に慌ただしい一日になりました。

午前7時半から、まず、市内一周駅伝の一ノ宮地区壮行会がありました。


その後、もみじ平の陸上競技場に応援に出かけました。

スタートは9時でした。

素晴らしい青空と、明日から12月とは思えないような暖かさに驚きましたが、第一走者の女性ランナーのみなさんは、とても軽やかな走りでした。


その後、家に戻り、軽く朝食を食べて、『第9をうたう会』の集合時間に遅れぬよう、かぶら文化ホールへ向かいました。


今日の演奏会は、午後3時開演でしたが、11時に集合し、発声練習や、最後の細かい打ち合わせなどが行われました。

しかし、ほとんどのメンバーの方々は、もう第9をよくご存知ですが、私のように3か月前から新メンバーとして加わった者としますと、『ここはもう少し、こう歌ってください』などの打ち合わせの内容を聞いても、とても対応することはできません。

なぜなら、楽譜を見ず、暗譜で歌うので、歌詞を全部覚え切れていない超初心者としますと、どうに歌うよりも、どんな歌詞だったか思い出すので精一杯だからです。

そんなわけで今日は、歌詞もメロディも確実に分かる箇所は、できるだけ大きな声で歌い、よく分からないところは、小声で、ハミングをするくらいのつもりで、歌いました。

また、非常にお恥ずかしい話ですが、これまで第9を意識しながら、通して聴いたことはなく、ステージの上で座りながら、初めて通しで聴きました。

合唱がある第4楽章は、練習で何度も聴いておりましたが、第1楽章から第4楽章までを続けて聴きますと、『なるほど、これがベートーヴェンの第9なのか!』と、この歳にして感動しました。

また、ソプラノ、メゾソプラノ、テノール、バリトンの4名の歌手の方が歌う場面になりますと、第9の雰囲気が、一気に盛り上がりを見せ始めます。

特に、ソプラノの方の、天まで響き渡るような声が加わりますと、自分が歌うことなど忘れてしまうほど聴き入ってしまいます。

しかも、ソプラノとメゾソプラノの女性お二人は、豪華絢爛な衣装及びヘアースタイルでしたので、まさに歌姫という表現がぴったりなほどの存在感でした。

さて、合唱のほうですが、歌い手の中で聴いているのと、客席で聴こえるのは、若干異なるのかもしれませんが、みなさんお上手な方ばかりですので、私を除けば、かなりスムーズな合唱になったのではないでしょうか?

また、ちょうど帰り際、教育長さんにお会いしましたら、『もはらさん、今日の第9は素晴らしかったよ』とお声もかけていただきました。

演奏終了後、ステージで、合唱のメンバーと指揮者の方およびソリストの4名のみなさんとの交流会が行われました。

たいへん和やかな雰囲気で、大いに盛り上がりました。

3か月前に、第9を歌う会に誘われて、何が何だか分からないうちに、本番当日になってしまいましたが、いろいろ経験でき、楽しい時間を過ごすことができました。

今日、控室で話をされた方の中に、私と同じく3か月前に加わった方がいらっしゃいましたが、その方は、『日本語で歌うのかと思っていたら、ドイツ語だったので驚きました。とてもついて行けないと思えましたが、何とか今日まで来ました』というお話をされていました。

3か月で、今日を迎えた数名の方々は、みなさん同様のお気持ちだったのでは?

でも、目の前で、プロのソリストの歌声を聴けて、群響の演奏に合わせて歌える機会などは、そうはありませんよね。

3か月間、大変でしたが、ちょっと自分の人生に厚みと彩が加わったような良い経験でした。

写真は、左から、ソプラノの中島彰子さん、メゾソプラノの井坂恵さん、指揮者のロッセン・ゲルコフさん、バリトンの田中俊太郎さん、テノールの大島博さんです。

大島さんが、第9を歌う会の合唱指導をされています。

ちなみに大島さんは、中央大学法学部を卒業されてから、東京芸大の声楽科に進まれたそうです。

その後、ドイツの大学に留学され、現在はプロとしてご活躍するだけでなく、立教大学の特任教授もされています。

このような超一流の方のお話を、3か月間伺えたことも、貴重な経験でした。




 
 
  11月29日(土)
腰は、「月」へんに要と書きますが、腰痛になると、『腰という漢字は、上手いこと表現してるなぁ』と思えてなりません。

腰は、人間のあらゆる動作の要になっていることが、腰痛になるとよく分かります。

腰痛がひどいと、朝、布団から起き上がるのが、非常に辛いものです。

また、靴下やズボンをはくのも、これまた痛い。

洗面所で前かがみになって顔を洗うのも地獄の苦しみです。

このように、何をやるのも、もう大変!

それが腰痛です。

数日前から、コルセットを使って、腰をガードしていますが、イマイチ調子が良くなりません。

使っているコルセットが、10年以上も前のもので、新しいものを買ったほうがよいのかとも思えましたので、今日、とある大型ドラッグストアに出かけてみました。

10種類ほど、見本が並んでいましたが、すべてを手に取ってチェックした後、この品を購入しました。


価格は、5000円もしたのですが、これが一番、腰をホールドできるのではないかと思えましたので、これにしました。

効果があるかないかは、現段階では分かりませんが、何とか数日のうちには治したいと思っております。






‖茖垢鬚Δ燭Σ颪痢∈能練習が行われました。

ステージの一番後ろに、合唱のメンバーが立ちましたが、その前にプロの独唱者の方が4名と、さらにその前には、群響のオーケストラがいるという状況は、とても非日常的でゴージャスな雰囲気にあふれていました。

また、すぐ近くで、群響の迫力あふれる生演奏を聞きますと、あまりクラッシック音楽になじみがない私のような者でも、大きな衝撃を受けます。

様々な楽器の繊細で華麗な音が集まって、独自の世界を築き上げているとでも言いましょうか。

このような楽曲を、200年も前に、しかも重い耳の病気を持っていたベートーヴェンが作ったというのは、今更ではありますが、奇跡としか思えません。

自分が歌うことは二の次で、コンサートを見に行った観客のような気持ちで、群響の演奏と、4名のソリストのみなさんの歌声に聴き入ってしまいました。

ところで、歌のほうですが、歌詞は4割くらい覚えたつもりですが、いざ歌うときになると、なかなか歌えません。

やはり、ドイツ語の歌詞の中身が分からず、ただ音だけで覚えようとしたところに、問題があったのでしょうか?

でも、もうここまで来たら、歌えるか歌えないかということは、どうでもいいですよね。

自分の身近なところに、このようなスゴイ世界があったということを知っただけでも、十分です。

チケットを購入されたみなさん、ぜひ、会場に足をお運びください。

クラッシクを普段聴かない人でも、絶対に楽しめますので!





 


 
これまでの活動記録 (毎日更新中!)
2014年 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月  3月 2月 1月
2013年 12月 11月 10月 9月 8月 7月中・下 7月上 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2012年  12月 11月 10月 9月 8月  7月 6月 5月 4月 3月 2月
 1月
2011年 12月  11月 10月 9月 8月 7月 6月  5月 4月 3月 2月 1月
2010年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 
2009年  12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2008年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月