富岡市議会議員 茂原正秀WEB-SITE


これまでの活動記録(ほぼ毎日更新中!)
2010年3月  2010年2月  2010年1月  2009年12月
2009年11月 2009年10月  
2009年9月  2009年8月  2009年7月
2009年6月 2009年5月  2009年4月  2009年3月  2009年2月 
 2009年1月  2008年12月  2008年11月  2008年10月  2008年9月
2008年8月  2008年7月  2008年6月  2008年5月  2008年4月

4月30日(金)
★一ノ宮小学校PTA・子育連合同歓送迎会が、ヴァンベールで開かれ出席。
3日連続の懇親会で、ちょっと宴会料理は辛い感じでしたが、様々なお話を伺えた点は充実しておりました。

小学校の保護者の方は、皆さんお若いので、エネルギーに満ち溢れている印象です。

★国保税の15%削減は、新市長の最大の公約です。
しかし、言うのは簡単ですが、いざ実施するとなると、難問です。

財源は2億6千万円ほど必要になりますが、財政調整基金を取り崩して繰り入れするにしても、1年目くらいなら何とかなるでしょうが、何年も続けていくのは厳しいと言わざるを得ません。

今年度の国保税から引き下げするのならば、6月議会で議案として提出しなければなりませんが、議会では果たしてどうなるか?

国保加入者の皆さんの負担を減らすことは、もちろん賛成したいのですが、そのために毎年、調整基金をどんどん取り崩してもよいものかは、判断が難しいところです。

国保運営協議会でも、この件については協議されることになるのでしょうが、どのような展開になるのでしょうか?

★明日から連休になりますが、我が家では具体的な予定は現在ありません。
軽井沢にでも人込みを見に出かけるのが、関の山か…


4月29日(木)
★朝9時から、地元少年野球チームの応援で北部グランドへ。途中からまさかの雨のため、テントの中からの応援でしたが、選手や審判のみなさん、さらに応援団のみなさん、雨の中、ご苦労様でした。

それにしても、グランドの状態が悪くなっても、守備ではファインプレーも飛び出すなど、すごいですね。日頃の練習の賜物なのでしょうが、驚きです。

ちょっと気の毒なほどの、雨でしたが
選手はみんな元気はつらつのプレーぶりでした

★夜6時半から、岡野市長の集まりがアミューズで行われ参加。
小金沢元県議・今井元市長・広木元市長・小寺前知事・富岡参議院議員を始め、市議9名、多数の元市議も参加し、たいへん賑やかな集まりになりました。

それにしても、夏の参院選挙を意識した雰囲気が漂っていましたが、普天間基地の問題や、検察審査会が小沢民主党幹事長に『起訴相当』と議決した件もあり、民主党はどうなるのか?

民主党が勝つには、鳩山総理の退陣と小沢幹事長の辞任が最低条件と私は考えます。世論の動向を見ると、このままでは自民党にも負けるように思えますが、参院選までに、民主党は空気を一新できるようなサプライズを示せるか否かが、今後の鍵になるのではないでしょうか?

★『教育長が民間出身で、大丈夫なのでしょうか?』という、ご意見を度々伺います。

大変判断が難しい質問です。

ただ私は、『一般論としては民間出身の方よりも、教育界の事情に精通しておられる教職経験のある方が教育長をされるほうが、ベターなのではないか』と考えます。

岩井前市長は、民間活力を学校現場に導入しようとしたのかもしれませんが、本当に富岡市の学校現場を良くしようとするため行ったことなのか、少々疑問に思える点があります。

現在の教育長さんは、法律の専門家で、大変な見識をお持ちの方ですが、それで教職経験のない点を全てカバーできるのか、またその力を教育長としての仕事に活かせるのかは、判断が分かれるところではないでしょうか?

たとえば、『教育長が民間出身という場合は、その部下に、学校長経験者などが何人もいる』と聞いたことがありますが、こうした話を伺うと、富岡市の教育委員会の規模で、民間出身の教育長というのは、無理もあるように思います。

また、富岡市の5名の教育委員さんのうち、教職経験者の方は1名ですが、この人数のバランスも偏りが大きいように感じます。

教育長さんや教育委員さんを批判していると思われると、困るのですが、これはあくまでも、人口5万人規模の市の教育委員会について、どういう形がベターなのかの、私の個人的な考えです。

岡野市長は、この点について、どのような考えかは分かりませんが、私は少し見直す必要があるように思います。


4月28日(水)
★吉田小学校屋内運動場の竣工式が行われ出席。
工事費は1億6千万円ですが、やはり最新式の体育館は素晴らしいものです。

竣工式の中で、児童全員による合唱がありましたが、密閉性が高いためか、声の反響が明らかに違う印象がしました。

以前の吉田小体育館は昭和31年の建設というのですから、建築後53年経過していました。私も中学校時代、バスケットボールの試合で、吉田小体育館に来たことがありましたが、その当時でも、ちょっと暗くて古い印象がありました。

吉田小や地域の皆さんにとっては、待望の体育館。ぜひ、大いに有効利用していただきたいものです。







★先週金曜日に初登庁から初めて、新市長と話す機会がありました。現在は様々な部署の職員の方から、説明を受けているようなお話でした。

また、朝は南蛇井駅から上信電車で登庁することもあるのだとか…

市長さんにお話したい方は、意外にも上信電車がよいのかもしれません。

★夜6時半から西中PTA・教育振興会の歓送迎会がアミューズ行われ出席。久々に様々な方から珍しいお話を伺う機会があり、勉強になりました。

最近は、教職員か、保護者かの区別がつかない方が多く、ちょっと困ります。
ときどき名札を渡される懇親会がありますが、西中の懇親会もそうしてもらえれば有難いです。

それにしても今月は、懇親会がやたらと多く、ちょっと疲労気味です。実は、明日と明後日も宴会の予定があり、4月は大変です。

4月27日(火)
★最近の新築家屋はオール電化住宅が増えているようですが、今日はちょっと驚くような数字を伺いました。

富岡市は市ガス事業を行っていますが、いまや新しい家が建っても、市ガスを引いてくれるのは3割あればよい方なのだとか…

もちろん、市ガスを供給していない地区もありますので、7割がオール電化住宅という訳ではありませんが、それにしても、ガスを使わない家庭は想像以上のスピードで増加しているようです。

ガス事業民営化の話がありましたが、新市長はどのように進めていくお考えでしょうか?

 しかし、ガス事業の民営化を進めていた自治体でも、金融危機の影響で、計画がご破算になってしまった例があることを考えると、民営化をしようとしても、現状ではかなり困難なことが予想されます。

金融危機以前なら、事業者が買ってくれたのが、逆に今では、お金を払って引き取ってもらうような状況になっているのかもしれませんが、どうすることが、将来的に富岡市にとってメリットがあるのか?

難問です。

★今日の読売新聞の一面に掲載されていた堺屋太一さんの『未来小説 2020年』は、興味深い内容です。“国は借金漬け、円暴落の一途、若者 職を求め中国へ”など、ショッキングなフレーズ満載です。

でも、これは決してフィクションではなく、十分にあり得るのではないでしょうか?

国の借金が800兆円超える水準にまで達しているということは、金利が1%上がるだけで年間8兆円の借金が増えることになります。日本の国債は日本国民が購入していますので、異常な低金利状態が維持できていますが、それができなくなったときには、金利が暴騰するのではないでしょうか?

金利が5%上がれば、借金の利息は40兆円の増加。これって、年間の国の税収と同じくらいなのでは…

PIGS(ポルトガル・イタリア・ギリシャ・スペイン)を、とても笑ってはいられません。


4月26日(月)
宮本町通りと城町通りの交わる交差点の危険性について、交通担当の部署で、地域の方からのご意見・要望というかたちで、説明してまいりました。状況は承知していただきましたが、宮本町通りは県道で、城町通りは市道ということもあり、今後、どのような展開になるか、現時点では分かりません。

ただ、市外から初めて来られた方にとっては、危険な交差点と思われますので、何らかの対応をして頂きたいものです。

★市内の某電器店で、『一ノ宮の、ある地区では、地上デジタル放送のTBSだけがよく受信できない現象が出ていますが、どういうことが原因なのでしょうか?』と、お話を伺ってみました。

店員さんのお話では、『一ノ宮や宇田は、地形的に地デジの電波を受信しづらく、様々な問題が発生している。昨年、妙義の北山に中継アンテナが立ってから、馬山の中継局からの電波状況が悪くなったという話もあるが、はっきりした原因は不明。各家庭のアンテナを新しくすれば、きれいに映る可能性もあるが、馬山の中継局に問題がある可能性も否定できない』とのこと。

結局、理由ははっきりとは分からないようですが…。

ただ、何万円も出して、アンテナを交換しても、結局それが原因ではなく、映らないままでは、困ります。

意外にも、一ノ宮は、地デジ切り替えで、トラブル多発地帯になる可能性があるのでしょうか? ちなみに、我が家は、雨風が強いような日は、テレビ東京が荒れ気味です。

★先週視察で伺った幸手市の議員定数削減についてですが、幸手市では実質公債費比率が埼玉県内でもワースト3に入るような状況になってしまったため、『25人であった定数を、2007年の選挙から、20人に減らす削減条例』を2006年の6月議会で成立させていました。

ところが、この定数削減に対し、“幸手市が夕張のようになったら大変”との理由で、市民団体から『20名ではなく15名まで減らすべき』との直接請求が提出されました。

幸手市はちょうど富岡市と同じくらいの人口ですが、1万人以上の市民の署名による直接請求で、2007年1月に臨時議会が開かれ、再度、定数を15名に削減する条例が成立したということです。

25名から15名への議員定数削減は、全国でも例を見ない大胆な削減です。

しかも、議員定数は10名減らしても、議員報酬や政務調査費は以前のままということですから、議会関連の歳出は大幅に削減できたかと思われます。

議員定数が15名になった場合、委員会の構成はどうするのかが、私は気になっていたのですが、25名のときの3委員会制はそのままで、一人の議員が2つの委員会に所属する形に変え、現在は各委員会を10名ずつで運営しているとのことです。

私はてっきり、3委員会制を2委員会制に変更するのかと予想していましたので、この点は予想外でした。

このあたりの話までなら、15人定数でも問題はなさそうですが、実は別の角度から見ると、懸念される点がいくつか浮かび上がってきます。

それは、次の機会に述べたいと思います。

★名古屋市の河村市長が、地域新党を立ち上げるそうですが、『減税日本』というネーミングは凄まじいインパクトがあります。

この新党、案外、台風の目になるのでは…。


4月25日(日)
★地上デジタル放送に切り替えたら、『6チャンネルのTBSだけが、よく映らない』という話を伺いました。聞けば、その方のお宅だけでなく、ご近所数軒も、同様にTBSだけが、やはりよく映らないのだとか…。

たとえば、1軒のお宅だけで、そのような現象が現れているのなら、そのお宅の個別の問題であるかと思いますが、同様な現象が複数のご家庭で出ているということは、電波の中継局に問題があると考えることもできるのではないでしょうか?

週明けに、この件は、ちょっと調べてみるつもりです。

仲町駐車場ができた所の交差点は、最近、外部から製糸場に来られる車が増えたこともあり、『あわや事故になりそうなことが少なくない』というお話を伺いました。

『できることなら、信号機を設置してほしい』というご意見ですが、この件も、近日中に確認いたします。

★鳩山首相の製糸場訪問は、残念ながらあまり大きなニュースにはなりませんでした。日曜日の夜のテレビニュースで、そのシーンも取り上げられるかと思ったのですが、私はちょっと確認できませんでした。テレビで大々的に取り上げられるのは簡単ではないですね。

★土曜日の夜、NHKで放送されている『チェイス 国税査察官』は、目が離せないドラマです。ヒロイン役の麻生久美子さんは、『時効警察』にも出演していた女優さんですが、まったく異なるキャラクターを存在感豊かに演じておられます。

麻生久美子さんと言われても、分からない方が多いかと思いますが、このサッポロビールのCMに出ている女性といえば、『ああぁ、この人ね』となるのでは?


4月24日(土)
★鳩山総理が本日11時過ぎに、富岡製糸場へ来られました。
朝から、製糸場に通ずる道の交差点には、群馬県警の機動隊の方が立ち、さすがに今日の警備体制は、通常のものとは明らかに違うことを実感。

さらに、製糸場の入り口や中も、多数のSPの方で、驚きました。

鳩山首相は、出迎えの市民一人ひとりと握手をしながら、製糸場に入って来られましたが、ネクタイはあの有名な金色のストライプのものでした。普天間問題などで、内閣支持率が下降しているとはいえ、やはり現職の総理大臣はオーラがあります。

鳩山総理を見るために、ずっと待っていた市民の皆さんも、満足されたのではないでしょうか? それにしても、総理が移動するには、これほどの数の人間も動くものかとビックリ。『平成の大名行列』という表現が合いそうな凄さでした。

★鳩山首相が来られる時間まで、時間調整のため、城町通りに最近できたお店でコーヒーを頂きながら待っていました。

お店の経営者の方と雑談をしていましたら、たまたま『ネットで紹介してほしい』とのお話を頂きましたので、写真を撮ったものを、早速アニメーションにしてみました。

お店は和と書いて『なごみ』と読む、昭和レトロ風の店舗です。

コーヒーは200円。お菓子つきで300円ですから、お財布にやさしいプライスです。



4月23日(金)
★朝9時に、岡野新市長が初登庁。今朝はちょっと事情があり、1階でお出迎えができませんでしたので、3階の議会事務局から窓越しに、新市長の登庁を見させていただきました。

あいにくの小雨でしたが、支援者の方が
外にも、かなりいらっしゃいました

★いよいよ岡野新体制による市政が始まりますが、どうなるのでしょうか?

まず、国保税の15%値下げですが、公約の中でも主要なものですから、何らかの形で進めることになるかと思います。

しかし、国保運営協議会の委員の一人として意見を言わせてもらえば、現在、基金の残高はほとんどなく、ギリギリの運営を続けていることを考えますと、現在の国保税を現状維持していくだけでも、かなりキツイのが現実です。

それを15%値下げするというのは、簡単ではありません。

もしも、公約ということで、無理に進めれば、最初の1年は基金取り崩しで対応は可能かもしれませんが、その後も、続けていくことは、果たしてできるか?

逆に1年間の値下げのしわ寄せで、大幅に国保税を上げざるを得ないような事態が生じる危険性もはらんでいます。

医療費は今後も上がることは確実な以上、いまの国の制度が抜本的に見直されない限りは、国保税は少しずつ上げざるを得ません。

となると、重要なのは一時的な値下げではなく、収入に比して負担が大きい人を特別に救済することや、緩やかに国保税を少しずつ上げていくことなのではないでしょうか?

岡野市長が、今後どのような対応をするのか、注目しています。

★親戚が集まる機会があり、久しぶりに何人かの赤ちゃんを見ました。

初めて見る大人を興味津々で見つめる赤ちゃんもいれば、不安になり泣いてしまう赤ちゃんもいますが、この違いは持って生まれた個性なのか、それとも育つ環境によるものなのか…

考えれば考えるほど、赤ちゃんは不思議です。


4月22日(木)
★今日は朝から、埼玉県幸手市へ出かけてまいりました。幸手市と言っても、ほとんどの富岡市民のみなさんは、どこかお分かりにならないかと思いますが、埼玉県の東部の、茨城県と千葉県に隣接する、人口はほぼ富岡市と同じの『桜で有名な市』です。

ところが、夜、家に戻り、幸手市の議会事務局様から頂きました資料を開いていると、息子から『その市は、らき☆すたの住民票で有名なところじゃないの?』と言われ、ネットで調べましたら、ズバリ、その通りでした。

その話題は、以前テレビのニュースで聞いたことはあったのですが、幸手市さんにお邪魔している間は、全くその話題が出なかったこともあり、気付きませんでした。


話が脱線しましたので、ここからは本日の視察について申し上げます。

行きは、関越自動車道で東松山まで行き、そこから東に進むルートで向かいましたが、3時間弱、かかってしまいました。

視察は議会事務局の局長様と2人の職員さんから、お話を伺うかたちで進めて頂きましたが、25名であった議員定数を15名にした過程や、そうなった背景について、さらには15名まで削減したことによる問題点など、細かく説明していただきました。

たいへん多くの内容のお話を伺いましたので、もう少し資料などを整理してから、視察の具体的な内容につきましては、改めてお知らせしたいと思います。

しかし、感触とすれば、15名の幸手市議会の方が、24名の富岡市議会よりも、議会活動は遥かに活発という印象を持ちました。
ひとつだけ例を挙げれば、24名の富岡市議会で、最近は一般質問をする議員が3人のみということさえあるのに、幸手市議会では15人の議員のうち、10人ほどが一般質問を行うのが普通とのことですから、これだけでもモチベーションの違いは明らかです。

一人でお願いした視察でしたが、幸手市議会事務局の皆さまには、長い時間ご都合をつけていただきまして、本当にありがとうございました。次は、100万人の観光客が訪れる、1kmの桜のトンネルを見に出かけたいと思います。

帰りは、東北自動車道で久喜インターから佐野藤岡までいき、その後、太田桐生インターから富岡まで戻るコースで来ましたが、こちらのルートですと、2時間ちょっとでした。高速料金はこちらの方がかかりますが、このルートの方がよろしいのではないでしょうか?

幸手市役所正面です


市名にちなんで、手のオブジェが


有名人・著名人の手形コーナーが


野茂選手の手形は、やはりデカイ!


4月21日(水)
★9時半から広報委員会、10時からは全員協議会が行われ出席。

その中で、『固定資産税の還付、9520万円』という事項がありました。

これは、市内である物件を所有する法人から、固定資産税の評価額に対して、適正な評価額を求める審査申し入れがあり、富岡市固定資産評価審査委員会で審査を行い『評価額を是正すべき決定』がされたことによるものです。

ちなみに、この9520万円は、平成17年度から21年度までの5年間での還付金額とのことで、時効になってしまったそれ以前(平成5年度から16年度まで)の金額も加えれば、3億4千万円にも上るのだそうです。

年間の市税収入は70億円弱で、固定資産税は30数億円ということを考えれば、その金額の多さがご理解していただけるのではないでしょうか?

そもそも、この物件は、県が固定資産評価を行ったのだそうですが、このようなケースは初めて聞きました。
還付金9520万円は、基金を取り崩して対応するとのことです。

★6時からヴァンベールで、社会常任委員会所管の係長さん以上の職員の方々と議員の懇親会が開かれました。

私は全くノンアルコールなのですが、様々な部署の方々から、いろいろとお話を伺うことができ、充実した2時間でした。

マイケル・ジャクソンの話題から、今後の国保税まで、あれやこれや、お話していたら、あっという間でしたが、ご一緒した職員の皆さま、お世話になりました。

★明日、埼玉県幸手市に、例の議員定数削減の件で、一人で視察に出かけます。そこで慣例としての、おみやげの用意で、私が好きな『マンナンライフの蒟蒻畑』を箱買いしようと、市内の大手スーパーに出かけたところ…、棚には商品は並んでいても、箱での在庫はありませんでした。

それなら、いっそうの事、直接マンナンライフさんに買いに行ってみようと、出かけましたら、おおぉ!

スーパーで売っている価格よりも、遥かに安く売ってもらい、逆にラッキーな結果になりました。

さらに、富高のPTA役員をしたとき、ご一緒した方が、マンナンライフさんにお勤めで、久しぶりにお話を伺うこともできました。

次回も、遠くの方への手土産で、蒟蒻畑を利用させていただきます!

★舛添氏、自民離党ですか? 予想外の展開になりました。

次の総理候補NO1とはいえ、これではその可能性も消え失せてしまうのではないでしょうか? 混迷の国政は、いったいいつまで続くのか? 

もはや国民は食傷気味ですよね。


4月20日(火)
★岡野新市長と、選挙で応援した市議9名で情報交換会を兼ねた懇親会を行いました。

公約の国保税の引き下げは?
副市長などの特別職は?
夕方流れる、あの音楽は、いつ別の曲に替えてくれるのか?
今後の富岡市の成長戦略は?
市長の給与を削減する条例改正はいつ?

様々な話題が出ました。

また、『夕方のあの音楽』については、ほとんどの議員が、“市長が替わったのだから、曲も替えてほしい”と言われていたことを知り、これにはちょっと驚きました。多くの市民の方が、違和感を持たれていたということなのでしょうか。

23日が新市長の初登庁とのことですので、私も朝9時に市役所へ出かけてみるつもりです。

★選挙は、どのような方の支持で当選するかによって、活動は大きく左右される可能性があります。

たとえば、特定の業界、企業、団体にバックアップしてもらって当選すれば、その業界・企業・団体の意向を無視した政治活動をするのは、簡単ではありません。

強力な支持組織を持つことは、これまで選挙必勝の定石でした。しかし、最近はそうしたことが、政治に偏りを生む原因と認識され始めてきたのか、都市部を中心に、政党に所属せず、特定の組織や団体とのしがらみがない方が、選挙では有利なケースも出てきたように感じます。

富岡市では、まだ、ここまで行っていないかもしれませんが、先の市長選挙の結果を見る限り、自民王国の群馬県でさえ、『自民党』の看板の神通力に陰りが出ているように感じます。

夏の参議院選挙の話題も出ましたが、どのような票の出方になるのか、気になります。

★私は中華丼マニアなのですが、中華丼は意外にも、中国にはない料理で、日本の料理なのだとか…。

いつかは、本場中国の中華丼を、と考えていましたが、それは、この世に存在しないようですね。


4月19日(月)
★本日、選管で、先日の『期日前投票の宣誓書』について、再確認したところ、ちょっと意外な話を伺いました。

期日前投票の宣誓書には、『投票日に投票できない理由』を選択肢の中から選んで答える質問欄があります。

この回答は何らかの集計作業を行い、県の選管や国などに報告するものと私は思っていたのですが、選管担当者の方のお話では『宣誓書の質問欄の回答は、書いてもらっただけで、報告などはどこにも一切せず、そのまま数年間保管しておく』とのこと。

むむっ??

それでは、何のためにそんなことを調べるのでしょうか? 

法律で決められて行われていることですから、それを有権者の方に求めるのは当然のことですが、疑問が残る話に思えました。

★藤田峠キャンプ場の管理棟にある壊れている冷蔵庫の件ですが、本日、妙義庁舎の農林課に出向き、説明して参りました。

子育連の夏のキャンプまでには、使えるようにして頂けると思いますので。

また、その他、市内の農業の状況についても、いろいろとお話を伺うことができました。

★議会事務局の職員さんの歓送迎会がありました。事務局のみなさんとは、庁舎で頻繁に顔を合わせておりますが、このような場ですと、プライベートの意外な話も伺うことができ、盛り上がるものです。

市長選後、間もないこともあり、選挙関連の思わぬ話も…

Barbra Streisand の『Evergreen』という曲があります。これは、私が高校生の頃のヒット曲ですが、若い頃に聴いたときよりも、今の方がはるかに名曲に聴こえます。YouTubeでなかなかのライブバージョンを見つけました。一番上の動画ですがお試しを…



4月18日(日)
★『子ども手当てや、高校の授業料無償化は、始まっても、国の財政状況を考えれば、とても長くは続けられないのでは?』

今日、とある所で、このような話が出ました。

税収を遥かに超える国債の発行で、やっと予算を組むような状況を見れば、そう考えるのが妥当と思います。

しかし、世界でダントツの借金を抱える財政状況なのに、どうしてこれを直せないのでしょうか?

政治家は自分の票がほしいので、バラマキをしたくなる。だから、借金を原資として、歳出がどんどん膨張してしまう』という説明を聞きますが、説得力があります。

かつての自民党や、いまの民主党を見ていると、『長期的な展望に立ち、日本をどうするか』ということより、『次の選挙でいかにして自分が当選するか、大臣のイスを手に入れるか』という個人的な事情が優先されているように思えてなりません。

最近、やたらと新党が結成されますが、こうした動きも、本当に『日本を何とかしたい』との情熱から、こうした行動に出たのか? それとも、自分の政治家としての地位を維持するため、新党を結成した方が有利と考え行動に打って出たのか? 前者か後者か、私にはよく分かりません。

最近、ことごとく替わる総理大臣も、『総理になってこれをやりたい』ではなく、『総理の座につくこと』が目的になってしまっているように見えますが、鳩山総理の迷走ぶりを毎日見ていますと、その思いは強くなるばかりです。

日本の携帯電話は、日本国内で独自の進化を遂げ、世界標準からかけ離れてしまったために『ガラパゴス化』と表現されますが、最もガラパゴス化が進んでいるのは、もしかすると日本の政治家なのでは…

★今日、親戚からところてんをもらい、食べてみました。ごまと、みそダレを入れて食べるもので、珍しい味でしたが、おいしいですね。

市内企業であるヨコオ食品さんの製品でした。
思わず2つ食べてしまいました。


4月17日(土)
富岡市子ども会育成会連絡協議会の定期総会がアミューズで行われ、社会委員長として出席。

1996、97年の2年間、一ノ宮地区子育連会長をさせて頂いた経験がありますので、懐かしい気持ちがしました。あれから14年も経ってしまったこともあり、さすがにあの時いっしょに役員をした方はいないかと思いきや、役員名簿に数人、当時ご一緒した方のお名前を見つけ、驚きました。

役員のみなさんも、私より10歳以上お若い方が、メインになってきたようで、知っている方も少なめでしたが、以前、商工会議所青年部で一緒だった方が2名おり、久しぶりに話すことができました。

その中で聞いた話ですが、『藤田峠キャンプ場の管理棟にある冷蔵庫の扉が壊れていて使えない』とのこと。来週早々に、担当部所に状況を説明し、対応をお願いいたします。

★教育長さんと、いろいろお話する機会があったのですが、実は教育長さんは富高の同窓会長をされています。ひょんなことから、『茂原さんは、どうして同窓会の役員会議に来てくれないのかと思っていたら、通知が行ってなかったことが、先日分かって、大変失礼なことをしてしまった』とのお話。

一瞬、何のことかと思いましたが、3年前の富高同窓会、私たちの学年が幹事学年で、たまたまそのとき、『同窓会の書記をやってほしい』と言われ、ご返事させていただいたことがありました。

しかし、その後、会議の通知をもらったことは一度もなく、私自身も全く忘れていたような状況でしたが…

次の会議から通知を頂けるそうですので、そうなればもちろん出席させて頂くつもりです。

こんなことから始まり、教育長さんから富高の今後について、様々なお話を伺いました。県立高校も少子化の影響で、学校の統廃合が始まっていますが、今後の富岡地区の県立高校の配置はどうあるべきなのかなど、かなり深いお話を伺いました。

★昨日、『市長選の最中は騒々しい選挙カーのために、せっかく眠ってくれた赤ちゃんが目を覚ましてしまい、大変でした』というお話をメールで頂きました。

確かに赤ちゃんがおられるご家庭にとって、選挙カーなど迷惑以外の何ものでもないでしょう。さらに、最近は深夜勤務などで、昼間に睡眠を取られる方もいらっしゃるでしょうから、不快に思われておられる方は多いのではないでしょうか?

選挙運動のやり方も、ちょっと考え直すべき時代になってきたのでは…


4月16日(金)
★先日の、期日前投票での『宣誓書』についてです。

これは、公職選挙法施行令の第四十九条の八で、『期日前投票を行う場合は宣誓書を提出しなければならない』ことが記されております。つまり、法律で決められていることですので、宣誓書の提出を拒めば、期日前投票はできない、ということになります。

宣誓書という言葉に、仰々しさを感じますが、法律ですので、ご理解ください。

★10時から社会委員協議会が行われ出席。4月1日の人事異動後、最初の協議会でしたので、部長さんの顔ぶれも大幅に変り、ちょっと新鮮な雰囲気がありました。

協議会終了後、あい愛プラザ屋上に設置された太陽光発電システムと、館内に設置されたLED照明を社会常任委員全員で見ました。

この事業は100%県の補助金で設置しましたが、事業費1480万円です。市の負担はない訳ですから、結構な事業と言えば結構なのですが、素朴な疑問も生じます。

このシステムの電気代削減効果は年間35万円ほど。二酸化炭素削減効果は年間6.5tあるとはいえ、なかなか判断が難しいところです。

ちょっと荒っぽい計算をすれば1480万円÷35万円=約42  

つまり、42年間使って、削減した電気代の合計と事業費が同じになるということになります。もしも費用対効果で純粋に考えれば、効率が悪い投資になるでしょうか。

ただ、今回のこの補助金は、景気対策と環境対策を合わせたような目的のものですから、単に費用面だけで計算すべきではないことも事実です。さらに、全額県の補助ですから、事業をしなければ損ということも言えるかもしれません。

しかし、一般的な感覚からすれば、ちょっともったいないように思えてしまいます。

10KWの太陽光パネル48枚は
かなりの存在感です




一階のホールにある大型モニターに、
発電状況が表示されています


★鳩山首相が24日に、富岡製糸場にいらっしゃる話が、新聞に出ておりました。

24日というのは、岡野新市長就任の翌日というタイミングですから、一瞬、自民党系の現職市長を破ったことで、民主党が急遽計画したのかと思いましたが、この予定は、市長選挙の前からすでに決まっていたそうです。

鳩山内閣の支持率は下がる一方ですが、首相ご本人が富岡に来るとなると、驚きの話です。

24日の夜のニュースでは、富岡製糸場の映像がかなり出るのでは?


4月15日(木)
★昨日、紹介した『葉っぱビジネス』ですが、“それは何なのですか?”という質問をいただきました。

簡単に申し上げますと、それは東京の料亭などへ、料理に彩りを添えるために使われる『つまもの』用の木の葉を販売するビジネスのことです。ちなみに、徳島県の上勝町産は、つまもの市場の8割を占め、その売り上げは年間2億6千万円というのですから、すごい数字です。

それまでは、まったくお金にならなかった、ただの葉っぱが、億の単位の商売になってしまうのですから、世の中わからないものです。そして、この仕事を上勝町では、30代から90代の女性が支えているとのことです。

葉っぱを売るだけで、年収1千万円を超える農家もあるというのですから、夢のような話です。

ここまでのレベルにはならなくても、富岡市でも、何かできないか、考えているのですが…。アイデアをお持ちのみなさん、お声をかけてください。

★立川駅の中にある、『ぼっかけ焼きそば』のお店の人気メニューを、某番組が取り上げていました。それは、牛すじ肉と、コンニャクを煮込んだような料理でしたが、牛肉とコンニャクならば、上州和牛と地元のコンニャクを使えば、富岡の名物B級グルメができるのではないでしょうか?

ワタクシ、料理に関しては全く素人ですが、料理に詳しいみなさん、これを元にして新しい料理を作るというアイデア、いかがでしょうか?

★最近、久しぶりにお会いする方から、『ホームページ、見てるよ』と、よくお声をかけて頂くようになりました。

気合を入れて毎日ホームページの更新をすることを決めたのは、2008年4月10日。いよいよ3年目に突入しました。

昨年は視察で青森で泊まったとき、ネットに接続できず、その1日だけ更新できませんでしたが、今年は、365日パーフェクト更新を目指して、頑張ります!


4月14日(水)
★超高齢化社会を迎える日本にとって、最も必要な福祉サービスは何か?

大方の場合、『特別養護老人ホームなどの老人施設の充実』を挙げられる方が多いのではないでしょうか?

もちろん、そうした施設のニーズは今後、さらに高まるのは確実です。
でも、私は最近、別の考え方を持つことも必要なのではないかと、思っています。

世の中を見回せば、70代、80代になっても、お元気の方は、たくさんおられます。特に、仕事を続けていらっしゃる方に、お元気な方が多いように感じられます。

となれば、仕事をすることで社会とつながり、経済的にもゆとりを持つことが、高齢者の健康・生きがいの源になるのではないか?
高齢者の方々が、働ける場や機会をつくり出すことが、老人施設の充実よりも、真の福祉につながるのではないか?


そのように、最近、ちょっと考えております。

長野県小川村の『おやき』は、村のおばあちゃんが作ることで有名です。
また、徳島県上勝町の『葉っぱビジネス』も、地域の高齢者が行う事業として全国に知られています。

こうした例は、観光や経済の面で大きな地域おこしになっていますが、それ以上に、地元の高齢者の生きがい作りや高齢者福祉という面でも、たいへん有効なのではないでしょうか?

事実、一人当たりの老人医療費のデータ(2006年度)を見ますと、全国平均は約82万ですが、上勝町は62万円と、25%ほどのマイナスになっています。

『ほどほどの仕事と、それによる経済的な余裕が、高齢者の生きがいをつくり、健康長寿につながる』と考えますが、いかがでしょうか?


4月13日(火)
★1時半から全員協議会があり、市役所へ。
市長選挙が終了してから、初めての全員協議会でしたが、議員の控え室は、妙に静かな雰囲気でした。

岩井候補を応援したグループの方々のほうには、選挙前と比べて、特に以前と異なる空気が漂っていたように感じましたが…

しかし、岡野候補を応援した側も、小声で『この前はご苦労様でした』と言葉を交わす程度で、全般的には、もう過ぎた事というような、大人の対応でした。

新しい市長が誕生することで、会派は今後どうなるかは分かりませんが、残り1年の市議の任期中は、やはり今回の市長選挙でのグループごとで別々に動くことになるのではないでしょうか?

★全員協議会の後に、会派代表者会議が行われ、『議員定数削減問題』について話し合いました。

意見としては以下のようなものが出ました。
1:現在の24名を、20名から22名の間に削減
2:議員は削減せず、議員報酬を下げる
3:3委員会あるので、21人
4:18名に削減

ちなみに、私は『富岡市と同程度の人口規模である埼玉県幸手市や長野県諏訪市は、議員定数15名で議会を運営しているのだから、そこを目標にすべき。仮にそれが無理なら最多でも18名』と、持論を述べました。

現在は昔と違い、どの議員も車に乗り、電話・ファックス・携帯・メールも利用しているのですから、議員数を15名まで減らしても、大きな支障はなく議員活動や議会運営をすることは可能であると私は考えております。

それに、市長選の公約の目玉にされて、しぶしぶ定数削減などするのではなく、議会が自ら率先して思い切った定数削減を行ったほうが、議会だけでなく富岡市の活性化にもつながるのではないでしょうか?

区長会から昨年出された要望である『20名から22名』の、22名に近い方で、落ち着かせようとする意見が多数ですが、もしもそうした結果になれば、市民の皆さんの失望を買うことになるのは確実であり、それは問題です。

実は、近いうちに、議員定数を前回の選挙で25名から15名に大幅に減らした幸手市へ一人で視察に伺います。

実際に大幅に減らした幸手市の状況を調査して、『富岡市でも問題ない』と判断できれば、議員定数15名を大きな声で訴えていくつもりです。

★桜が散り始めました。この儚さは、日本人特有の感情なのでしょうか…


4月12日(月)
★期日前投票についてのご意見をいただきました。

その方は、今回の市長選挙で初めて期日前投票に出かけたそうなのですが、投票所の職員の方から『宣誓書』の記入を求められたことに、大きな疑問を感じ、納得できる説明をしてもらえなかったので、投票をしないで帰った、とのことでした。

私は期日前投票には出かけたことがありませんので、この『宣誓書』のことは全く知りませんでした。

明日、選挙管理員会で確認するつもりですが、『宣誓書』という表現はちょっと仰々しいような気がします。

★今日は議会関係の所用は何もありませんでしたが、市の広報といっしょに配布される『議会だより』の原稿締め切り日でしたので、昨夜はちょっと遅くまでパソコンに向かっていました。

自分の一般質問用の原稿は、先週すでに提出したのですが、編集後記が私の順番で、ちょうど市長選挙がありましたので、その結果を踏まえて書こうと思い、ギリギリまで延ばしました。

13字の20行だったので、字数は少ないのですが…、この字数は、何か書きづらい長さですね。

細かいことを書き始めれば、全然足りませんし、逆にさらっと書けば、ご挨拶的な形式的な文章になってしまいます。

少ない字数の原稿というのは、意外に大変なものです。

★BEGIN事件に触れるのは、今日で終わりにしようかと思いますが、BEGINは、アミューズという芸能プロダクションの所属なんですね。

ここには、福山雅治さんサザン・オール・スターズ、Perfumeなどが所属している東証一部上場企業です。

ところで、なぜこんなことを知っているかと言えば…

実は、リーマンショック後の株式市場が大暴落したときに、アミューズの株を
100株、910円で購入し(9万1千円)、ワタクシ現在もこの会社の株主なんです。(株主と大きな声で言えるほどのレベルではありませんが)

なぜ、買ったのかといえば、アミューズは株主総会のときに、株主を対象にした特別なコンサートを行いますが、『サザンがそのコンサートをする』という噂を聞いたものですから、それなら株価は激安状態だし、配当もつくし、財務内容も良好な会社だから買おう!ということで購入しました。

先ほど本日の終値を見ましたら、964円ですが、購入後、株式分割で20株増えていますので、評価額はそこそこ増えております。

実際、そのときのコンサートは、サザンではなく、Perfumeの出演で、結局出かけませんでしたが…。でも、いまのPerfume人気を考えれば、出かけた方がよかったか?

話が脱線しましたが、BEGINの公式サイトでは、例のパンフレットについて『現在、候補者後援会に申し入れ、協議の上、自主的なマニフェスト回収に努めていただいております。』と発表しています。

しかし、かなりの数が市内で不特定多数の方に配られたことを考えると、回収するのは不可能なのでは?



4月11日(日)その2 『富岡市長選挙の結果について』
★群馬テレビの開票速報で、岡野氏の当選をいきなり見て、
思わず『おおおおおおぉぉぉぉっ!』と声を上げてしまいました。

私のサイトをご覧になっていた皆さまは、岩井市長に対する様々な疑問を私が書いていたことで、どちらを応援しているかはお分かりになっていたかと思いますが、事務所開き・総決起大会・個人演説会の弁士などで、微力ですが岡野氏に協力させて頂きました。

金曜日に記述したイベントは、何であったか伏せてはいましたが、もちろん岡野氏の総決起大会のことです。

選挙の結果については、3300票の差での勝利でしたが、あの強力な後援会組織をお持ちの岩井市長に、ここまで差をつけたことに対し、驚いております。

事務所開きのときは、岡野陣営は小金沢元県議長、今井前市長、富岡参議院議員、市議10名が応援に行きましたが、岩井陣営は、私が聞いたところでは、大澤知事、選挙区の自民党系国会議員全員、今井県議、市議7名とのことで、『これはかなり厳しい選挙になるか?』という印象を持ちました。

しかし、このような結果が出たということは、自民党系の議員にとってはかなりの衝撃になったのではないでしょうか?

先ほど、岡野選挙事務所に行ってきましたが、大変な盛り上がりでした。車は駐車場からあふれるような状態で、タクシーで駆けつけた方もかなりおられました。

あまりの人数ですので、岡野新市長には『おめでとうございます』とご挨拶させて頂いただけで、あとは市議仲間や市議のOBの方、さらには支援者の方々とお話して、先ほど帰ってきました。

岡野新市長とは、実は、東中の問題などで、私は意見が異なります。このあたりは、今後、議論することになるかと思いますが、どなたが市長でも、言うべきことは言わさせて頂くつもりです。

4月11日(日)
★市長選挙の投票に行った後、妙義のしだれ桜の写真撮影に出かけてみました。

ちょうど満開でした


本格的一眼レフを持った写真愛好家の方も、
何人か撮影していました。


桜と背景の妙義山が、よくマッチしています
素人でも絵になる写真が撮れそうです。

たまたま撮影していましたら、昔から良く知っている上丹生の方と、ばったり出くわし、驚きました。ちょっと汗ばむような陽気の中、歩きましたが、風も心地よく最高でした。

まだ、何日かは、見ごろのようですので、ご興味ある方は、お早めに出かけられてはいかがでしょう?

★現在、午後5時半ですが、先ほど富岡市HPで市長選投票率の速報をチェックしたら午後5時現在で51.44%とのこと。

最終的に、どの程度になるのでしょうか?

★作家の井上ひさしさんがお亡くなりになったそうですが、『ひょっこりひょうたん島』は、井上さんの作品とは知りませんでした。ストーリーは忘れましたが、ドン・ガバチョは覚えています。このネーミングは、いまでも通用するような気がしますね。


4月10日(土)
★9日に記述した人気グループ『BEGIN』様の、あの件を削除しました。

私は、あの事件は問題があると考えていますが、昨日の記述をご覧になった、とある方から、私がこのサイトでBEGIN様の公式サイトにリンクを張り、皆さんに知ってもらおうとした行為が『富岡市を馬鹿にしている』との、ご意見をメールで頂きました。

重大な問題を起こした行為自体ではなく、その問題を幅広く市民の皆さんに知って頂こうとした行為が、『富岡市を馬鹿にしている』という趣旨のようなのですが…

BEGIN様の公式サイトをご覧になって頂ければ、問題は決して小さいものではないことがお分かりかと思います。その重要性から、多くの方が知るべき内容と私は考えましたが、『広く世に知らせるべきではない』と思えてしまう、ご意見を頂いたことに、正直なところ違和感を持っております。

その方は、『市外在住で、苗字のみのフリーメールアドレスからのメール』で、ご意見を頂きましたので、どのような意味があったのか、疑問に思える点がありましたが、とりあえずリンクした部分は、削除させて頂きました。

しかし、いま初めて、BEGIN様にまつわる事件を知った方は、気になるでしょうから、ぜひご自分で、ヤフーからBEGINの公式サイトを検索して、ご覧になってはいかがでしょうか?

市外在住の方から、私が富岡市民の皆さま向けに、日々更新している内容について、批判的なご意見を頂いたことに、本日は極めて困惑しています。

匿名性が高い状況で、頂いた内容ですので、客観的な意見としてお受けすべきなのか、それとも何か特別な思惑があるのか、判断できず、今でも悩んでおります。

選挙告示前に、とある方の件について、私がいろいろと疑問を述べている点が、その方にとってご不満のようなのですが、市民の方からのご意見ならばともかく、市外在住の方に、批判的なご意見を頂くということに、しっくり行かない点があります。

突然いただく、匿名メールは、文面を読んだだけでは、様々な解釈ができる可能性がありますので、どうもトラブルの原因になりがちです。

今日は、その方から来たメールは3回、私の返信は2回ですが、こちらはその方がどのような方であるか分かりませんので、あらゆる可能性を前提に書いても、また、それについて批判的なことをおっしゃられてしまう、という状況でした。

お気軽にメールをお寄せ頂くのはありがたいことですが、内容によりましては、メールはかなり大きな誤解や、事件性のあるようなことになり兼ねませんので、ぜひ、誤解が生じないような表現にしていただけましたら、幸いです。

実名で連絡先まで明らかにして頂きましたメールには、必ずご返事し、その件については最優先課題で進めさせて頂きます。また、個人名や住所・電話番号などは一切外部には出しませんので、お困りのことやご要望は、できるだけ実名でお願いいたします。


4月9日(金)
★夕方、あるイベントがありまして、小寺前知事や富岡参議院議員、今井前市長などのお話を伺う機会がありました。

大勢の方の前でお話しするのに、慣れている方々ばかりですが、聞いていますと、聴衆の興味を引き付けることが上手な方は、いらっしゃるものですね。

不思議なもので、立て板に水のように話しても、聴衆の心まで届かない方もいれば、けっして話し方は上手くはなくても、印象に残る方がおられます。

私も人前で話す機会はありますので、今日はいろいろ勉強になりました。

★一ノ宮の文真堂さん南にある、堂山稲荷にちょっと寄ってみました。桜も満開で、なかなか良い雰囲気でした。

線路と道路の近くに、このような空間があるのは、意外性があっておもしろいものです。

富岡市のパワースポットとして、
有名にできたら面白そうです



4月8日(木)
★今日は小野のとある方のお宅へ出かけ、小野地区の方々の前でお話しする機会がありました。何であるかは、あえて書きませんが、全く知らない方々の前で、お話しするのはちょっと新鮮な思いがしました。また、そのお宅は、昔ながらの養蚕農家の建物でしたので、レトロな雰囲気がして、感慨深いものがありました。

★市長選の選挙公報が配られましたが、『国保税を15%引き下げます』と、両候補の公約にあるということは、選挙の結果はどのようになったとしても、絶対に国保税は下がるということになります。

そのための財源はどうするのか? 実は、ワタクシ富岡市国保運営協議会の会長をさせていただいておりますが、この点は非常に気になります。

15%削減するには、2億5千万円ほどの財源が必要になると思われますが、果たしてどのような方法で、捻出するのでしょうか?

★サッカー日本代表VSセルビア戦、がっかりです。セルビアはレギュラーメンバーではないというのに、0−3ですか? これで『ワールドカップではベスト4を目指す』のは、ちょっと不可能に近いのでは…。予選リーグで、うまくいけばデンマークとなら引き分けくらいは行くかと思っていましたが、それも危うしというところか。

★ギターの弾き方を教えてくれる動画が、YouTubeにたくさんあることをご存知でしょうか?これは新たなYouTube活用法として、面白いですよね。
私、Mark Easleyさん(どこのどなたであるか全く知りませんが)のギター講座を時々見ますが、勉強になります。

Markさんの“In my life"弾き方講座




4月7日(水)

★午前中は一ノ宮小の入学式、午後は西中の入学式に出かけました。
それにしても、年々、子どもさんの名前は凝ったものが多くなるようで、漢字を見て簡単に読める名前は、半分くらいしか無いように感じます。

先生方は、子どもたちの名前を覚えるだけでも、これはひと仕事のように思えますが、大変な時代です。

また、毎年のことですが、小学校の新入生は、可愛らしいです。『となりのトトロ』のテーマ曲で、入場してくる姿は、ほほえましいものです。

一ノ宮小の今年度の新入生は57名。もしかすると、過去最少の人数なのでは?

★12年前に、一ノ宮小学校のPTA会長をさせて頂きましたが、そのとき大変お世話になりました先生が、この4月から再度一ノ宮小に赴任され、お久しぶりにお会いすることができました。PTAの歓送迎会などで、当時の話ができそうで、楽しみができました。

★37歳という若さでお亡くなりになった巨人の木村コーチは、くも膜下出血だったそうですが、本当にお気の毒です。

日本では年間1万4千人の方が、この病気で亡くなるそうですが、その主な原因は.織丱貝飲酒ストレスの3つとのこと。ヘビースモーカーでハードドリンカーの方は、気をつけたほうがよろしそうです。

★YouTubeで、『So Much In Love』を久しぶりに聴きました。これは、心に染み入るメロディです。1990年頃、パイオニアのテレビCMで使われていましたが、名曲ですね、コレ。

アート・ガーファンクルなど複数の方が歌っておりますが、最後は、イーグルスに加入したTimothy B. Schmit のバージョンが一番いいように思いますので、お試しを。


4月6日(火)
★春の全国交通安全運動に伴う街頭指導を、朝7時40分から、沖電気西交差点で行う。


★貫前神社参道の桜もだいぶ咲いてきました。明日の、小中学校の入学式に、ちょうど良さそうな加減です。ランドセル姿で桜の木をバックに写真を撮るのに打って付けではないでしょうか?



★市長選の選挙期間中ですので、この話題は触れないつもりでしたが、今日、ちょっとした出来事がありましたので、あえて記述したいと思います。ちなみに、どの候補者のことかには一切触れず、事実関係のみを記します。

今日、某候補者の後援会と印字された封書が、我が家にメール便で送られてきました。中を開けると、その候補者のPR用の名前入り印刷物などが入っておりました。

選挙期間になれば、『選挙活動として配布できる唯一の文書は公選はがき』だけですので、“これは一体何なんだ?”と思いましたが、もしかすると私が誤った法律解釈をしている可能性もありますので、早速、選挙管理員会にその封書を持って行き、確認したところ…

これは公職選挙法に違反する文書ですから、警察に持っていってください』と言われました。

選挙管理委員会で、そのように言われれば、行かない訳にはいきませんので、富岡警察署に伺い、刑事課の方に、説明し…、  
この後は、選挙終了後に詳しく記述したいと思います。

今回の件は、市の選挙管理委員会の段階では『違反文書』と言われましたが、最終的な判断は警察が行うものですから、法律的に問題があるか、ないかは、現時点では分かりません。

しかし、問題がある可能性が高いような行為は慎んで、ぜひフェアな選挙運動で勝負して頂きたいものです。


4月5日(月)
★議会の広報委員会が行われ、市議会だより5月号について話し合う。

★議会改革検討委員会で『議員定数の削減』について、話し合いが行われていますが、自分でも個人的に、この件については研究したいので、大幅に議員数を削減した埼玉県の某市に、一人で視察させてもらうことを現在お願いしています。

たぶん視察を受け入れてもらえるかと思いますが、実現しましたら、議員定数を大幅削減したことによるメリット・デメリットなど、詳しく伺ってきたいと思います。

★市長選挙の期間中ですので、その件に関することを記述しますと、公職選挙法に抵触する可能性があることから、私は一切、この間は触れないようにしておりますが、連絡をいただき確認しましたある議員のWEBサイトを見ますと、『むむむっ?』と思える内容の記述がありました。

どこまでがセーフで、どこからがアウトかは、私もはっきりとは分からないのですが、これはちょっと『むむむむっ?』なのでは…

★桜が咲きました。一ノ宮市民グランド南の桜です。

★YouTubeで、カーリー・サイモンのオフィシャルサイトを見つけました。
この2曲、ワタシ好きなんです。どっちも貴重なライヴ音源でファンにはたまらないのでは?

Nobody does it better

You're so vain

上は、映画007のテーマ曲。下は私が中学3年生のときに流行った曲です。

4月4日(日)
★市長選挙の告示になったことで、そのことについては書けません。
困りましたね、コレは…

★これまでNHKの大河ドラマは、ほとんど見たことがなかったのですが、現在放送されている「龍馬伝」は、見始めたら、つい毎週見てしまいます。

主演の福山雅治さんよりも、岩崎弥太郎役である香川照之さんの恐ろしいほどの存在感に、毎週引き付けられているという感じです。香川さんは東大文学部の卒業と聞きましたが、これもまた驚きです。

今週は、地デジに切り替え後、初めてでしたが、アナログのときよりも、迫力があり印象的でした。

★YouTubeを見ていたら、BeeGeesのオフィシャルチャンネルがあり、つい見てしまいました。久しぶりに“How deep is your love”を聴きましたが、これは究極の名曲ですよね。(ビージーズ公式サイトですから、リンクしてみました)

小学校の頃、『モンキーズ』のテレビを見ているとき、番組中で流された“The Girl I Knew Somewhere ”や“Sometime In The Morning”などを聴き、洋楽に興味を持ってから、早40年ですが、ビージーズの“How deep is your love”は今まで聴いた曲の中でも個人的には10本指に入る名曲に感じます。


4月3日(土)
★桜がぼつぼつ咲き始めたようです。
先ほど、一ノ宮公民館で行われた一ノ宮地区体育振興会定期総会の帰りに、確認しましたところ、入学式の頃にはちょうど満開になりそうな感じです。

明日は市長選の告示ですので、11日の夜まで、市長選関連の内容を記述するのは控えなければなりません。代わりに市内の桜の状況を、写真・動画で紹介するコーナーでも設けましょうか?

★本日の上毛新聞に、市長選挙の記事がありました。岩井市長について『市内の132カ所に築き上げた後援会支部などの厚い組織を核に…』との表現がありましたが、この数字には驚かされます。

富岡市内で、これほどの後援会組織を築き上げた政治家は、過去に例は、まずないでしょう。それどころか、今後もこのような組織を作れる者はいないのでは…。

2週間ほどの間に、3回に分けて3種類の印刷物が我が家のポストに入っておりましたが、市内全域でこれを行うには、いったいどれほどの人手とお金がかかるのか、ちょっと想像もできません。

こうしたことが簡単にできてしまうのは、まさに132ヶ所の後援会支部があるからなのかもしれませんが、市議会議員の選挙とは、スケールが違いすぎて圧倒されます。

体育振興会の懇親会で、市長選挙の話がかなり出ましたが、『選挙期間中でないのに、選挙カーのような車が走り回っているが、おかしいのでは?事前運動で選挙違反にならないの?』との疑問をいくつも耳にしました。

最終的には、選挙違反は警察が判断するものですが、私も今回の選挙については同様の疑問を持っています。

明日からは、さらに賑やかになるのでしょうか?


4月2日(金)
★テレビを地上デジタル放送に切り替えました。映像がクリアになり、驚きです。

しかし、時々、モザイク状のものが一瞬画面に出たりしますが、これは電波状況が良好でないということなのでしょうか? 特に、12チャンネルのワールド・ビジネス・サテライトを見ていると、この現象が現れますが、電波の増幅器のようなものを設置する必要があるのかもしれません。

★自民党から飛び出し、新党を結成する方が徐々に増えてくるような気配です。この流れで行くと、民主党はエラー続きで支持率を大幅に下げていますが、自民党の支持も増えることはないように感じます。

夏の参議院選挙、民主党はもうダメかと思っていたら、意外にうまく戦えるのかもしれません。また、気になる存在は『みんなの党』ですが、“民主党に失望し、けれど自民党もちょっと”というような有権者の支持をかなり集める可能性が出てきたのでは? 

与謝野さんや園田さんが自民党を離党するようなことになれば、今後、さらなる大物議員も後に続く可能性があるのではないでしょうか? 難破する船からネズミがいなくなるような状況が、ひょっとしたら起こるのか…

★日曜日の道祖神祭りでひいた風邪が、やっと治ってきました。知っている子どもさんに話を聞いたら、やはり真冬のような低温の中、雨に濡れたことで、風邪をひいたとか…。今週は、一ノ宮中で、風邪が流行ったかもしれませんね。新型インフルエンザが終息した後で、良かったです。

4月1日(木)
★市の選挙管理委員会へ、昨日の件を伺ってきました。
結論から言えば、『選管では問題がある、ないとの判断は難しい』とのことでした。

しかし、選挙前のパンフレットに使った写真と同じものを選挙用のポスターに使うことはできないことなどから考えれば、市の公式サイトに掲載されている写真を、選挙用のパンフレットにそのまま使うことには疑問を感じます。

選挙期間中も、現職市長の写真は、そのまま市役所ホームページに大きく掲載されたままなのだそうですが、この点もちょっとスッキリしません。

★『議員定数について、議会ではどのように話が進んでいるのですか?』との質問を受けました。私は、それを協議する委員会のメンバーになっておりませんので、話し合いの進み具合については具体的には聞いておりません。

しかし先日、甘楽町議会が来年の町会議員選挙から現在の定数14人を12名にすることを決めたそうですから、富岡市議会もそろそろ具体的な方向性を示さなければならない時期になったと、強く感じます。

昨年の市議会だより11月号で、富岡市と同程度の人口規模で、議員定数が少ない市を調べ、その情報を掲載しました。
私が調べた範囲では、議員定数を15名まで減らせば、人口5万人台の市では最少議員数になると思います。

岩井市長の選挙公約に、『議員定数を24名を18名に削減!』とありますが、いっそうの事、15名まで削減して、全国的にもトップクラスのスリム化を図ってみるのもよろしいのではないでしょうか?