茂原正秀ウェブサイト・トップページ
活動記録・最新情報・その他もろもろのコーナー
7月31日(金)
★8月になりましたら、印刷する予定の『市議会だより』の最終レイアウトで、長時間パソコンの前に。でも、パソコンのモニタはずっと見ていると、目は疲れるし、集中力は衰えてくるし、さらにイライラするしで、作業効率が悪いですよね。

市役所に行くと、ほとんどの職員の方は、パソコンのモニタをにらんでおりますが、いつもどんな作業をなさっているのか、気になります。私と違って、集中力がある方が多いのでしょうが、中にはこうした作業が向いておらず、1日かけてもわずかな仕事しかこなせない方もおられるのではないでしょうか?

パソコンは、データを使い回しできる点は極めて便利ですが、まったく新しい書類や文章を書くときは、意外に効率が悪いように感じます。もしかしたら、パソコンの画面をずっとにらんで仕事をするよりも、「1時間モニタに向かったら、次の30分はパソコンから離れ別の仕事をする」というようにした方が、集中度も、作業効率も大幅にアップできるのでは?

あくまでも推測ですが…。

★すき家の「スパイシーカレー」が、ちょっとマイブームになっています。先月送られてきた株主優待券500円で、420円の大盛りを、時々食べます。

以前もここで紹介しましたが、私は年間6千円分の株主優待券をもらうために、すき家を運営している『ゼンショー』という会社の株式を100株持っております。ちなみに購入したときの株価は370円ほどでしたから、37000円。そのわずかな投資で、毎年6千円分の優待の食事券と、1000円前後の配当がもらえます。素晴らしい利回りです。

『世の中、うまい話はない』と言いますが、私はこれは、とてつもなく美味い話と思っております。

7月30日(木)
★富岡市国民健康保険運営協議会が行われ出席。
この委員は、区長会、医師会、薬剤師会、健康保険組合、全国健康保険協会、市議会などの代表の方で構成されておりますが、私が一番の若輩で、会長を仰せつかってしまい、いつもこの会は緊張してしまいます。

内容につきましては、公にできませんが、今日の会議ではジェネリック医薬品について、医師の方、薬剤師の方の立場からのお話を伺うことができ、参考になりました。異なる立場の方の意見に触れるということは、重要です。

★今日の日差しは強烈でした。個人的体感温度としては、今期最高のように思えるほどでした。しかし、全国的には冷夏になる可能性がかなり高くなってきたとか…。
1993年でしたか、『平成のコメ騒動』というパニック的なことがありました。まさか、またコメがどこにも売っていないなどということには、ならないでしょうね?


7月29日(水)
★読売新聞群馬版に『情報公開「及第」は県と4市のみ』という記事が掲載されていました。これは市民オンブズマン群馬という団体の調査だそうですが、これによりますと、最高点は県の85点、次は前橋市の84点で、富岡市は28点で下から2番目だとか…。
どのような調査か詳細は分かりませんが、読売に掲載されるのですから、客観性のあるデータと見るべきでしょう。しかし、何が富岡市は問題なのか?

近いうちに確認してみるつもりです。

★教育長さんと、お話しする機会がありました。とは言っても、教育長と議員という立場ではなく、富高同窓会長とOBの一人という関係での話ですが…。

地元の公立高校に元気がないと、地域も停滞してしまうので、伝統だけでなく魅力ある富高にすることが重要だ』という内容で話は盛り上がり、いろいろとお話を伺うことができました。

★私は農業については、全く疎いのですが、最近は『時代のトレンドが農業に向かっている』ということは、ひしひしと感じております。そこで、ちょっと現在の農業事情を知ろうと思い、週間ダイヤモンドを買ってみました。

読んでびっくりですね。いまの農業は、農業工学・農業科学・農業経済学というサイエンスの香りがプンプンするようなものであったとは!意識が変りました。



7月28日(火)
★『一ノ宮地区年末年始雑踏整理対策委員協議会』の定期総会が行われ出席。
とてつもなく長い名前で、他の地区の方にすれば、「何ですか、コレは?」と、思われるでしょうが、この組織は二年参り・初詣で貫前神社に来られる方の臨時駐車場の運営を行うためのものです。

県内一の参拝客を迎える訳ですから、その数はすごいもので、総会資料の収支決算書によれば、10758台

元旦の、一ノ宮地区のパニック的な渋滞は、当然と思える数です。

★図書館に行きましたら、随分な混雑振りでした。夏休みですから、子どもさん連れのお母さんが多く見えたのは当然としても、高齢のご夫婦のような方もけっこういらっしゃいました。

図書館は市民にとってニーズが高い施設であることを、改めて感じましたが、これだけ利用者がいるのなら、この施設の予算はもっと増やしていただきたいと思います。

★民主党のマニフェストに対して、閣僚の皆さんがすごい勢いで批判していましたが…。

しかし、自民党の皆さんに、今の日本をこんな国にした責任がある訳ですから、あまり強く批判できるような立場ではないのでは?
これでは『自分の責任は棚上げ』しているように国民は感じます。

民主党のマニフェストは本当に実行できるのか、私も疑問に思っております。しかしそれでも『どこまで民主党はできるのか、見てみたい』という気持ちがいっぱいです。

多くの国民が同じ気持ちなのではないでしょうか?

自分のマニフェストを示さない、と言うより、示せない段階で、相手の批判ばかりでは、自民党の評価が下がってしまうように感じますが…

★前日の館林の竜巻の映像が、今日もニュースでかなり流されておりました。携帯のムービー機能が進化したことで、かなりの高画質で撮影されたものもあって、すごい迫力でした。

車や住宅などの被害は甚大なようですが、竜巻の場合、保険の対象になるのでしょうか? 
おそらく対象外でしょうが、このような不況のとき、こんなかたちで出費が増えるのでは、お気の毒としか言いようがありません。

それにしても、「車が浮いた」と話していた方がおられましたが、それはいったいどんな風速なのでしょうか? 怖いけど、ちょっと経験してみたい気もします…


7月27日(月)
★富岡甘楽地方議会連絡協議会が4時から開かれ、出席。
その後、懇親会がありましたが、来年の富岡市長選についての話があれこれ出たものの……、出ただけでした。

ところで、市長のお考えはいかなるものなのか…。市長会派のどなたかが、9月議会でご意向を伺うことになるのでしょうか?

★また、この席で、富岡市の観光による活性化のお話がいろいろ出ました。
私はあくまで、聞き役として、みなさんのご意見に耳を傾けていましたが、
『 That's a good idea ! 』と思えるような妙案はなかなかないものです。

『その費用はどこから出せるのか?失敗したらどうするんですか?』と、思わず心配になるような提案がありましたが、まずはお金をあまりかけずに出来ることから、片っ端やってみることが、いまの富岡市には必要なのではないでしょうか?

製糸場には年間25万人ほどの方が来られるわけですから、何とか、1つでも2つでも、この観光客を相手にしたビジネスでの成功例が出てきてもらいたいですよね。
他人が成功しているのを見れば、放っておいても後を追いかける方はどんどん出てくるのが世の常ですから。

そうしたことの積み重ねが、観光による地域の活性化につながることだと思いますが、まず最初のきっかけ・基礎を築くところに、行政は手助けをするというのが、健全な手法ではないでしょうか?

「温泉を掘って宿泊施設をつくる」、「妙義ふるさと美術館に天体望遠鏡を設置する」という大胆なアイデアがありましたが…

それはあまりにも危険すぎるのでは?  まあ、懇親会の席の話ですが。

★「クレイジーケンバンド、ええよ」という、お話を聞き、レンタルしてきましたが、かなりいい曲が結構ありますね。毎晩のHP更新作業中のBGMは、当分、CRAZY KEN BANDで行きましょう!


7月26日(日)
★市議会だより8月号のテスト印刷の段階まで、やっとこさ来ましたが、「内容的に問題があるかも?」という部分があり、どのように修正するか、それとも、その記事は全部書き換えるかで、迷っております。

独自の視点から、市政について考えを書かなければなりませんが、あまり在り来たりの内容では、目を通してくださる方に対し、申し訳ありませんし、逆に、突飛な内容でも問題が生じますので、バランスを取るのが非常に難しいです。

水曜日あたりまでには、完全な印刷原稿にしたいのですが、どうなることやら…

★サキヨミを見ていたら、『独身の子どもが、親を介護している実態』の特集がありました。妻と見ていましたが、とてつもなく重い気持ちになりました。

最近は介護保険のお世話になっていても、介護保険ではカバーしてもらえない部分の負担が大きく、結局仕事を辞めて老親の世話をなさるシングルの方が増えているのだそうです。

しかし、サービス業者にやってもらっていた介護の一部を、自分で行えば、業者に支払う費用は少なくなるのでしょうが、退職したことで収入はなくなり、体力的・精神的・経済的にたいへん厳しい状態になってしまいます。こうしたことが、介護問題での虐待や殺人、自殺を引き起こす大きな要因になっていることは間違いないでしょう。

40歳以上の国民は全員が介護保険料を払っているのに、どうしてこれほど介護保険は使い勝手が悪いのでしょうか?このままでは団塊の世代の方々が介護される立場になったとき、日本は介護問題で国が滅びてしまうのでは…。

SFの話ではなく、「本当にそうなる」ような気が、最近しております。


7月25日(土)
★昨夜から議会だより用原稿の打ち込みと、レイアウトで1日中苦戦しました。
とは言いながら、土曜ワイド劇場も全部見ていますので、休憩も取りながらですが…。

土曜ワイド劇場、久しぶりに見ましたが、この番組、私が大学生の頃から続いているのでしょうか?昔、よく見た記憶がありますが、なつかしいですね。

それにしても、今日は蒸し暑い一日で、参りました。アルコールはやりませんので、冷たいビールはありえませんが、スイカ・アイスクリーム・かき氷・アイスティーなど今期一番の大量消費をしたのでは?

愛犬もあまりの暑さで、パソコンのモニターの上で、口を開けております…



7月24日(金)
★本年11月22日に開催予定の第4回富岡市産業祭の工業部会の会議が行われ出席する。

ちなみに今年の会場は富小です。ところで工業部会はどのようなことをするのか…

詳しい情報はお知らせできませんが、子どもたちに大いに楽しんでもらえるようなイベントです。どうぞ、ご期待を!

★北九州のゲリラ豪雨は凄まじいですね。1時間に120ミリという猛烈な雨量を計測した地点もあるとか…。富岡市の年間降水量のおよそ10分の1が、1時間に降る訳ですから、これはたまらないでしょう

防府市も再度の大雨のようですが、本当にお気の毒なことです。富岡市だって、いつ何時、同じような状況になるのか分かりませんが、一昨年の台風9号のときのようなことがないことを祈るばかりです。

★「国内のネットに接続しているパソコンの約1%が、外部から遠隔操作されてしまう『ボット』というウイルスに感染している」と、WBSの特集で取り上げていましたが、ホンマですか??

ひと月ほど前、インストールしてある無料ウイルス対策ソフトの avast! がブザーの警告音を鳴らしたことがありましたが、まさか、『ボット』ウイルスに感染したのでは?

新型インフルエンザの感染よりも、個人的にはこちらのウイルスの方が嫌ですね。


7月23日(木)
★生涯学習センターで行われました鎌田實先生の講演:”がんばらない”けど”あきらめない”を伺ってきました。
大ホールは満席。入場者の7割以上は女性だったでしょうか。

そんな中、行われました講演の、根幹をなす内容を簡単にまとめますと、
地球の誕生は48億年前。そして生命が生まれたのは38億年前。
そのときから、私たちの命はずっとつながってきている。
どんな命も、38億年の歴史を背負ったかけがいのないものなのだ

という考え方になるのではないでしょうか?

およそ90分弱の講演でしたが、ご自分の不幸な境遇(37歳になるまで、両親が実の親ではないことを知らなかったそうです)や、当時4億円の累積赤字があった諏訪中央病院へ、市長に懇願され移ったときのお話など、内容的には深刻なものが多くあったものの、ユーモアをたっぷりと交えながら、お話していただきました。

また、「昔は地域の人が子どもに目配りをしてくれる時代だった」、「子どもや若者を大事にする、あったかい社会が必要」というお話も、印象的でした。

とてもいい勉強になりました。
最後の盛大な拍手からも、みなさん、大満足だったのでは?

7月22日(水)
★健康福祉部へ、先日質問をいただきました介護保険料の納付書について、確認に。また、月末に行われる予定の国保運営協議会の打ち合わせも行う。

その後、商業観光課にて、国の支援を受けて富岡商工会議所が行う『富岡製糸場を軸とした観光振興策』についての情報を伺う。

商業観光課で、本年6月の製糸場入場者数を伺ったところ、19589人とのこと。
昨年の6月は22259人であったので、約12%の減
。下降トレンドに入ったように思えますが、7月の入場者数が気になります。

★夜、西中の城西会という会の集まりがあり、出席。現在のPTA役員の方々や、PTA会長をされた先輩のみなさんとの年に一度の懇親会で、楽しい時間を過ごすことができました。

私が西中3年のときの1年生であった学年の方が、複数いらして、けっこう昔話もできました。共通体験を持つ者どうしの集まりは、話の盛り上がりのスイッチが入りやすいからいいものです。

★夜中は、議会だよりの原稿書きで苦戦。毎度のことですが…

7月21日(火)
★10時から全員協議会が開かれ出席。
その後、ある方の葬儀に出かけましたところ、「国会が解散したから、選挙で大変なの?」と、お声をかけられましたが…

特定の政党に所属している議員は大変なのかもしれませんが、完全無所属の私としましては、自分の投票をすることと、開票速報をテレビで見るくらいですから、今のところ特別な予定は何もございません。

自民党の両院議員懇談会をニュースで見ましたが、私は麻生首相の印象はちょっと良くなりました

もちろん個人的には全く存じ上げませんが、麻生首相は話し方が少々荒っぽいところがあり、その点が誤解されてしまい、損をされているように感じます。身近にいれば、「面倒見が良く、頼りになる、ひょうきんなおじさん」という感じの人気者なのではないでしょうか?

民主党が圧勝するような読みが強いようですが、今日の両院議員懇談会を見て、私は意外に自民党は健闘するのではないか?と感じましたが…(単なる予感です)。

まだ40日ありますので、今後、各党がどのようなマニフェストを出してくるのか、ちょっと楽しみです。ただ、バラマキ競争ばかりでは国民は失望しますので、「どんな点を犠牲にして、どこに予算を配分し強化していくのか」を分かりやすく示して頂きたいものです。

「各党が考える優先順位を、国民が評価し決める」というかたちの選挙に、今度こそなってもらいたいものです。


7月20日(月)
★富岡製糸場の月別入場者数を調べたところ…

今年と(昨年)の同月で比較しますと、
1月  11590人(12210人)  昨年比マイナス5%
2月  12724人(12288人)       プラス3.5%
3月  18991人(20817人)       マイナス8.8%
4月  20513人(19198人)       プラス6.8%
5月  23956人(26789人)       マイナス10.5%
という結果になります。

一気に入場者数が増えてきた傾向が、ここにきて足踏み状態の様相を呈してきました。この状況をどう見るかは、人それぞれでしょうが、私は『国内暫定リスト入りした効果は、ひとつのピークを迎えたのではないか』と考えております。

今後、横ばいの状態が続くのか、もしくは、上下のどちらかに動き始めるのかは、微妙なところですが、駐車場を整備し、製糸場の建物を見ていただくだけでは、ここから入場者数が再度上昇カーブを描くのは困難なのではないでしょうか

このままでは、仮に世界遺産に登録されたとしても、一過性のブームがもう一度来て、終わってしまう危険性もあるのでは?

世界遺産になる前に、観光地としての魅力、楽しめる要素をつくれなければ、観光都市として生きてゆくのは難しいように思えますが、みなさんはどのようにお考えでしょう?

★所用で高崎に出かけましたが、高崎市内でも、最近まで営業していたガソリンスタンドやコンビニ、工場、事務所などで閉まっているところが、やたらと目に付きました。『景気は最悪期を脱した』という表現を新聞などで見るようにはなってきましたが、とてもそんな実感は持てません。

ニュースの特集で、『200円台の弁当戦争』をやっていましたが、価格競争も来るところまで来たような気がします。

あらゆる業界で消耗戦のような戦いをせざるを得ないことからも、景気は底を打ったとは言えないのでは?

これから再度、株安・円高が来るような予感がします。ハズレてほしいのですが…

★トム・ワトソン、残念! でも、今回の全英オープンは、まさにトム・ワトソンの大会として人々の記憶に残ることは間違いないでしょう。

世界中の中高年に希望を与えました。それにしても若い頃の全盛期よりも、いまの方がカッコいいと思ったのは、私だけでしょうか?

7月19日(日)
★「やらなければいけないことがある時に限って、妙に他のことをしてしまう」ということがあります。今日は新しい市議会だよりの原稿を書いておりましたが、ちょっとパラパラ、本を読み始めたら、こんなときにこれがまた、面白い。

ついつい、全部読んでしまいましたが、「なぜ、成功した中小企業の社長さんは、個性的な方が多いのか」という疑問が解けました。

この本も、市の図書館で借りたものですが、
けっこう興味深い本が、最近は多いように感じます。

★24トウェンティフォーのシーズン7、No1・2・3を見ました。
まさに『ジャック・バウアーが来た来た来た!』という内容で、このシリーズは大いに期待が持てます。
24を見てしまうと、日本のドラマでは満足できません。アメリカのテレビドラマは予算のスケールが桁違いで大きいのかもしれませんが、ハラハラ・ドキドキ感のレベルが遥かに高いように思います。

次のDVDであるNo4・5は8月にならないと、レンタル開始にならないようですが、気になります。

★いまテレビをつけたら、全英オープンが2人のプレーオフになっているじゃありませんか?しかもその一人は、トム・ワトソン!なつかしい名前です。

59歳で、この活躍。プレーオフ、勝ってもらいたいですね。
7月18日(土)
★図書館で驚きました。
たまたま、新しい書籍のコーナーを見ていましたら、見覚えのある名前が…

大学時代のゼミ担当教官として、お世話になった石井淳蔵先生が書かれた岩波新書を発見。たくさんの本があるのに、この遭遇は単なる偶然とは思えません。

同志社大学助教授として、私は指導をしていただきましたが、その後、神戸大学で教授になり、3年前まで年賀状のやり取りがありましたが、突然、音信不通に。

私より10歳くらい年配ですから、これはひょっとして…、と嫌な予感がしておりましたが、何と、大ハズレ。

本の著者経歴を見たら、2008年4月から神戸市にある流通科学大学(あのダイエーグループの創始者、中内功氏設立)の学長をされていたとは…。

大学の学長というのには、度肝を抜かれました。連絡先は大学で大丈夫でしょうから、マーケティングの大家として、「富岡市活性化のアイデアでもいただけるよう」、手紙を書こうかと思います。

7月17日(金)
★社会委員協議会が10時より開かれ出席。
協議事項は
1:コミュニティーセンター上高尾の休館日変更について
2:市内中学校における新型インフルエンザへの対応について
3:富岡市音楽祭について

新型インフルエンザの件は、現在のところ一つの中学校だけで、他校には広がっていないようです。また、小学校の臨海学校は予定通り実施するようです。

学校行事が多い時期だけに、インフルエンザの広がりが、無ければよいのですが…

★「介護保険の納付書が送られてきましたが、保険料の納付は、いつを境に年度が変わるのでしょうか?」という、ご質問を頂きました。間違った内容をお伝えしますと困りますので、来週、担当部署で確認後、連絡させて頂きます。

★24(トウェンティフォー)のシーズン7が、レンタル開始しているじゃありませんか!おおお、ジャック・バウアーが戻ってきました。早速、3枚DVDをレンタルしましたが、土曜日は久しぶりに、ジャックに夢中でしょうか?

7月16日(木)
★先ほど報道ステーションを見ていましたら、ニュースコーナーで全英オープンゴルフを取り上げていましたが、石川遼くん、2アンダーで同じ組であったタイガーウッズよりも3ストロークもリードしたと聞き、驚きました。

あの環境で、自分の力をしっかり出せるとは…。どういう17歳なのでしょう?
アンビリバボーとしか言えません。

矢野議員の弟さんである東選手にも、頑張っていただきたいものです。

★両院議員総会をするのか、しないのか、自民党が内部で大揺れのようです。しかし、党全体で1年前に決めた総理総裁を、理由はともあれ、ここまで非難し引きずり降ろそうとする姿は、見っともないを超えて、醜悪です。

いま、麻生降ろしに動いているのは、このままでは選挙が危ない方々と、今週発売の週刊誌に書かれておりましたが、たとえ敗色濃厚でも、ここまで来たら、もう少し腹を据えて選挙に向かわなければ、まずいでしょう。

自民党内でもめればもめるほど、上がれそうな方まで危なくなることに自民党のみなさんは気付いていらっしゃらないのでしょうか?

群馬県は「鉄板」の方々が多そうですから、右往左往するようなことはなさそうですが、常識派と思われていた与謝野大臣まで「あれあれ?」という感じになり、「どこへ行ってしまうんだい、自民党」というようになってきました。

ぶれている、と言われた麻生首相が、最近は一番落ち着いているような印象を持ってしまうのは、私だけでしょうか?


7月15日(水)
★暑い一日でした。市議会発行の議会だより8月1日号に掲載される、自分の一般質問原稿のチェックをするため、議会事務局に行きましたが、一番暑いさなかに出かけてしまい、参りました。

その後、愛あいプラザ内の交通担当の部署に出かけ、先日対応をお願いしました「一ノ宮郵便局北側にある横断歩道に、注意表示を道路上に設ける件」と「石川酒店さん東側の二股道路北側に登校時間帯車両進入禁止の看板を設置する件」について、状況を伺いました。

幸いなことに「どちらの件も、都市建設部の担当の方と調整をし、行う方向で進めている」というお話をいただけました。

また、愛あいプラザの駐車場にパトカーが止まっていましたが、確認しましたところ、警察のパトカーではなく、青色灯のパトカー風自動車と知り、ちょっとビックリ。これで町を走れば、大半の方は警察車両と思うのではないでしょうか?

各学校のPTAの方々が、「パトロール中」のマグネットステッカーを車に貼って、運転されているのをよく見かけますが、インパクトという点では、このパトカー風の青色灯車両の方が、はるかに大きいように思います。現在、市には1台しかまだないそうですが、公民館や小中学校などに配置してある公用車は、このパトカー風のデザインにしたら、防犯に大きな効果が生まれるのではないでしょうか?

これ、パトカーに見えますよね。絶対…
7月14日(火)
★前橋にある群馬県生涯学習センターにて行われました『平成21年度新任社会教育委員研修会』に出席。

長野県松本市の「子ども公民館」という珍しい活動についての事例発表を伺いました。
ちなみに、この活動は、子どもたちだけの手で、地域のどんど焼きや、米や野菜作りなどの農作業をさせて、大人は見守りながら、子どもたちの「生きる力」を育むというものでしたが、元気いっぱいに活動をする子どもたちの姿を映したビデオも上手く撮れており、たいへん興味深く発表を聞くことができました。

反面、子どもたちに危険な作業をさせる部分もありましたので、たしかに素晴らしい活動ではありますが、実際にできるかと言えば、非常に難しいとも思えました。

ただ、社会教育委員の会合は、年に2回程度しかなく、委員で何らかのアイデアを出して、活動するというところまでは至っておりません。いろいろな事例を勉強することは大切ですが、それ以上に、何か新しい社会教育の活動ができるような仕組・態勢をつくることの方が富岡市にとっては重要なのではないか、と個人的には考えております。

それにしても、県の生涯学習センターの椅子は、どうしてお尻が痛いのか?何とかして頂きたいものです。

★市内の中学校1校が新型インフルエンザのため、休校になったそうですが、今後、他校や小学校にも広がる懸念があります。

しかし、一番恐ろしいのは、今度の冬の流行で、もしも1月、2月の受験シーズンに新型インフルエンザが蔓延したら、予想できないような混乱が生じることは間違いないでしょう。

通常の風邪程度なら、保健室受験も考えられますが、新型インフルエンザでは、そのような対応は難しいのでは? とはいえ、「感染したら受験できない」などという事態になれば、社会的な影響は大きすぎます。

こうした議論が全くありませんが、もはや時間の問題なのでは?受験生がいるご家庭は、万一に備え、併願校を増やすなどの対応を考えた方がよいのかもしれませんが、心配です。

7月13日(月)
★衆院解散!ちょっと予想外でした。しかし、昨日の都議選は、民主党にちょっと票が集まりすぎたのでは?議員経験がなく、告示の数日前に出馬を決めた二十代の若者が、1人区で勝ってしまうというのは、どう考えても行き過ぎでしょう。

もしかして、昨日が民主党のピークなのでは?と、逆に、そう思えてしまうのは、読みすぎでしょうか…

★今日は朝7時40分から、国道254号線バイパスの小沢交差点で行われた、「夏の県民交通安全運動に伴う街頭指導」に、社会常任委員長として初めて参加して参りました。

内容を説明しますと、『まず、ミスタードーナッツ前の1車線を車が進入できないようにし、そこで待機しながら、赤信号で停車した車に近づき、助手席の窓を開けてもらい、交通安全のチラシとポケットティッシュなどを配る』という活動を、延々30分ほど行うというものです。

が、私は、この街頭指導に対して、モーレツな疑問を持ちました。

朝の通勤ラッシュで忙しいときに、事故でもないのに交通渋滞に巻き込まれ、突然「交通安全」のタスキをした者から、チラシとティッシュを配られる。1分を争って急いでいるときに、こういうことは、ちょっといかがなものでしょう???

20人ほどの方のお顔を拝見しましたが、半分以上の方は、「いい迷惑」という思いを表情から訴えておられました。中には、はっきりと「こんなこと、やらないでください!」と、おっしゃられる方も…。

交通安全のキャンペーンを行うことには反対しませんが、なぜ、このように多くの市民の皆さんの迷惑になるかもしれないキャンペーンをこれまで行ってきたのか、驚きました。

警察署長さんを始めとする警察の皆さんや、市長、議長、教育長を始めとする市役所関係の方々が勢ぞろいで行う活動ですので、疑問に思っても、意見を言いづらい面はあるのでしょうが、市民のみなさんの立場からすれば、「この街頭指導は交通安全に役立つかは疑問。逆に不要な渋滞による遅延から、遅れた分を取り戻そうとして事故を誘発する危険性があるのでは?」と考えるべきなのではないでしょうか?

市民のみなさんに対して迷惑にならないキャンペーンの方法を、自分なりに考えて、提案して参りたいと思います。

7月12日(日)
★東京都議選のNHK開票速報とサキヨミを見ましたが、民主党に想像以上の追い風が吹いていますね。これはちょっと、相場に見られるオーバーシュート(行き過ぎ)のような現象ではないでしょうか?

サキヨミでは「今週の半ばには麻生総理が解散する」という見方をしていましたが、麻生総理にそのような決断力・実行力はあるのか、私は大きな疑問を感じております。

石原伸晃さんが、自民党の敗因の一つに、「東国原知事問題」を挙げておりましたが、今回の都議選の結果で東国原さんは、どうも「そのまんま知事」に治まる可能性が濃厚になったのでは?

今週はニュース番組から目が離せません。

7月11日(土)
★ドラクエ修糧売が、NHKのメインニュースでも放送されておりましたが…
我が家にも朝イチで並んで購入し、夢中になっている者が若干名おります。

さすがに私はやりませんが…。でも、スライムのデザインは、けっこう好きです。
富岡製糸場に関する、様々なコスト面についてのご質問のお手紙を頂戴しました。匿名のお手紙ですので、ご返事することができませんが、市民のみなさんの関心が高いようでしたら、詳しく調べて、市議会便りでご報告したいと思います。

★明日は東京都議会選挙の投票日ですが、どんな結果が出るのか気になります。「都議選は国政とは関係ない」と、自民党の河村官房長官は言っておりますが、それはちょっとないのでは?

衆院選挙への影響は小さくないですよね。

7月10日(金)
★先ほど「県庁の星」をテレビで見ました。以前DVDで見たことがありますので、2度目ですが、楽しめました。

最後のシーンで、織田裕二さん扮する県庁職員が、突然別のプランを提案するなどということは、ありえないことですが、その他の部分は、市民目線から見た、お役所の体質をうまく表現していたのではないでしょうか。

映画のキーセンテンスになっていた、役所の「前向きに検討する」は、必ずしも「やらない」という訳ではありませんが、行政で使う表現は、法律の次に、理解しづらい日本語であると思います。少なくとも、納税者が普通に理解できる表現をすることは、必要なことと感じます。

パブリックコメントやワークショップなどの表現は、個人的には避けるべきと思います。高齢化はどんどん進む中、年々、意味不明瞭な英語の言い回しが増えるというのは、どう考えてもおかしな話です。


★高崎ビューホテルにて、安中市議会・高崎市議会との交流会が行われ出席。
その中の講演会で、群馬県観光局長さんから「西毛地域の今後の観光振興」というタイトルでお話を伺いましたが、勉強になりました。

その中でも、「観光地化を目指す場合、新しいものをつくるのではなく、昔から地域にある伝統的なものを掘り起こして観光資源化することが重要」というお話は、説得力が感じられました。

さらに、ネットを使った情報提供の重要性のお話がありましたが、「いま観光客として来る方が、その土地のおいしい食べ物屋を探す場合、ネット検索が圧倒的なのに、検索をしてもそうした情報が何も出てこない」という内容にも、「まさにその通り」という思いがしました。

平成23年の7月から9月まで、JR東日本がデスティネーション(目的地)・キャンペーンで群馬県を取り上げるそうですが、そうしたイベントも市として積極的に活用してもらいたいものです。


★新型インフルエンザの感染者が昨日市内でも出ました。

今朝の朝刊各紙に、記事として掲載されていましたので、富岡市のホームページでも確認しようと思い、午前中アクセスしたところ…、
何もその件についての記述がありませんでした。

いったい、どういうことなのかと思っておりましたが、昼食後、再度確認しましたら、詳細について記載されておりました。

ネットは即時性が最大の特徴なのですから、昨日、報道関係に伝えた直後に、市の公式発表というかたちで情報をオープンにしてもよかったのではないでしょうか?

中学生の感染者ということで、今後、中体連などの運営をどのようにするかは、難しい問題になりそうです。また、小学生の臨海学校やリーダー研修のキャンプなどの行事にも影響が出る可能性があり心配です。

しかし、過剰な反応は、逆に社会的な影響が大きくなりますので、こんなときこそ、冷静な判断・対応が必要なのでは?


7月9日(木)
★姉妹都市である岡谷市の市議のみなさんとの議員交流研修会が、妙義グリーンホテルで行われ出席。
この会は2年ごとに行われ、前回は富岡市議が岡谷市を訪問しました。

いろいろ情報交換をすることができましたが、1点だけ挙げるとすれば、富岡市とほとんど人口が同じ岡谷市の議員定数は、現在18名。先の選挙から24名であった定数をここまで一気に削減したのだそうです。

岡谷市は諏訪湖周辺の市町村で大きな合併をする計画があったそうですが、結局、破綻。そのため、行財政改革の一環として議員定数の大幅削減に至ったようです。

24名から18名というのは、ずいぶん大胆な削減にも思えますが、どうせやるなら、富岡市でも、これと同じくらいの定数削減をすべきと考えます。民間企業の厳しい業績を考えれば、当然のことでしょう。

また、「なるほど」と思ったことを、もう一つ挙げますと、「富岡市は新卒の職員採用をしぼって職員数削減を進めている」という話をしましたところ、「若い新しい職員が入って来ないような環境では、組織全体の活力が失せ、ダメになる」とのご指摘をいただきました。

岡谷市は合併が流れたこともあり、財政的に厳しく、行財政改革を進めなければいけない状況にありますが、「新卒職員の採用はコスト云々だけで判断すべきものではないので、採用を減らすようなことはしていない」とのことです。

確かに、新規採用をしなければ、コスト削減につながるでしょう。しかし、今の20代半ばの職員さんが、40代、50代になったとき、健全な組織態勢を維持できるのかといえば、このままではまず、不可能でしょう。

どこまで将来を犠牲にして、現在の安定を優先してもよいものなのか?

『若手職員を採用せず、嘱託や臨時の方で、とりあえず対応する』という方法は、長く続けると組織にとって危険であり、市民にとってもマイナスになる可能性があります。

7月8日(水)
★今日は会計ソフトで、決算用の書類作成をしましたが、途中でノートパソコンがイカレました
IBMのThinkPad,windows98バージョンですが、画面が全く何も移らない状況になり、急遽デスクトップのモニターを接続して何とか使えましたが…。

いよいよ、XP用の新しい会計ソフトを買わなければならないときが来たか?しかし、新しいソフトは慣れるまで勝手が悪いので、悩みます。

★「今年度上期の負債総額1000万円以上の企業倒産は全国で8000件超え」というニュースがありました。いま、WBSを見ていたら、「下期は緊急経済対策で一息ついている建設業や、価格競争が激化している小売業などで倒産が増えることから、企業倒産件数はさらに増」という見込みだそうですが、今年後半と来年前半あたりが、今回の経済危機の正念場になるのでしょうか?

最近テレビで、これまで企業誘致に成功し、「勝ち組」といわれていた自治体が、今回の経済危機で工場を撤退されてしまい、一気に窮地に陥っているという特集を、たびたび見かけます。九州のとある市では、パナソニックとパイオニアの工場が両方撤退で、1000人以上の雇用が蒸発してしまったといいますが、これは地域経済への影響はメガトン級ではないでしょうか。

そんな中、企業の撤退をうまく回避している例として、岩手県の北上市が挙げられていましたが、「北上市は工場用地だけでなく、企業が求める人材育成にまで行政が力を入れており、それが他地域との差別化につながっている」という解説がありました。

富岡市も、工場誘致にはもちろん力を入れています。しかし、現在、新しく企業を受け入れるための工業団地はありませんし、ましてや行政が人材教育を進めることもありません。

確かに、大手製造業の工場が市内にできて、数百人規模の雇用が生まれれば、理想的です。しかし、これはどこの自治体も同じように狙っている方法ですので、うまくいく可能性は、極めて低いのではないでしょうか?

今後、地域経済を支える産業はどうすべきなのか?雇用はどのようにしてつくるのか?

こうしたテーマで、熱い議論をしたいのですが、どうもなかなか…

7月7日(火)
★少年の主張富岡市大会が東中で行われ、出かけました。

東中の体育館は、36年前にバスケットボールの試合で来たことがありましたが、そのとき以来でしょうか?

そんな昔話はどうでもよいのですが、驚きました。各校代表のみなさんの熱い主張の数々。内容はもちろん、堂々とした話し方、見せ方など、素晴らしいパフォーマンスの連続でした。

また、出場者は12名中10名が女子という点にも驚きました。男女共同参画事業なんていう言葉は、ここでは全く不要です。草食系男子ということばが、最近使われますが、女子の勢い、ガールズ・パワーを実感した一日でした。

★会場では、なつかしいお顔も拝見しました。一ノ宮小学校・西中学校PTAでお世話になり、その後、他校に転任された先生方にお会いでき、こちらも楽しめました。

それにしても、今日は暑かった。体育館内、真夏でした。

7月6日(月)
★広報委員会の打ち合わせがあり、市役所へ。
そこで、来街者用駐車場の整備コストの資料をもらいましたが、あらためて見ると、驚きました。

7月1日にオープンした上町駐車場は2.9億円。
(このうち、トイレ用の建物建設に4千800万円)

また、宮元町駐車場は1.7億円。
さらに仲町駐車場が3億円。

3つ合わせて7.6億円。合算すると思っていた以上の金額でした。

まだ、仲町駐車場はオープンしておりませんが、上町と宮本町の2つの駐車場が使えるようになったことで、駐車場問題はかなり改善できるのではないでしょうか?

あとは、どのように今後、継続して、観光客の方々に訪れてもらえる魅力ある地域づくりを進めるのか? こちらは難問です。

★DELLコンピューターから、新製品情報や特売情報のメールが、ちょこちょこ送られて来ますが、最近『windows 7 アップグレード権付き』とデカデカと書かれたものが目立ちます。

 windows7 は、vista の次のOSなのでしょうが、実は我が家のパソコンはまだXPが主力です。 vista が発売された後に購入したパソコンも3台ほどありますが、OSが替わるとプリンターやらスキャナーやら、接続するのが大変で、さらに現在使っているソフトも使えなくなる可能性がありますので、あえてvistaの購入は避けてきました。

去年、windows95のデスクトップパソコンを処分しましたが、まだwindows98のノートは3台あり、会計ソフトを使うときだけ、98パソコンを使っております。

さすがにこの3台、年代モノになってきましたので、処分すべきなのかもしれませんが、購入したときの価格(確か、20数万円。あの頃ノートは高かった…)を考えると、とても捨てることができません。

10年ほど前の、パソコンの値段を知っている者からすれば、いまの価格は、まさに激安パラダイスっていう感じですよね。


7月5日(日)
★朝は河川清掃で、犬飼橋へ。自宅から徒歩10分ちょっとの距離ですが、普段は歩くことはありませんので、遠く感じます。

ちょうど石川酒店さん東の二股道路、朝7時から9時まで車両進入禁止の道を通りましたが、かなり多くの車が、進入できないことに気付かず、通行しておりました

やはり、ここには何らかの表示を設ける必要があることを、強く感じました。

★地域が提案した再生策を国が財政支援する本年度の「地方の元気再生事業」が選定され、県内では4件が選ばれたそうです。

そこで、少々気になることが…

選ばれた4件の事業は、浅間山周辺5市町村・前橋市・桐生市と、もう1点が『富岡商工会議所』のものです。

他はすべて自治体の事業なのに、どうして富岡市は市ではなく、商工会議所の事業なのか?ちなみに、この事業は「とみおか観光まちづくり推進協議会」を商工会議所が設立し、富岡製糸場を軸とした観光振興策を図るものだそうです。

市と商工会議所が別々に活動を進める訳ではないのでしょうが、ちょっとしっくりしない印象が残ります。

★注目の静岡県知事選が5日投開票され、民主、社民、国民新3党が推薦した静岡文化芸術大前学長、川勝平太氏の当選が決まったそうです。

民主党の票が割れる可能性があったので、私は自民党の女性候補の方が勝つのでは?と思っていましたが、それでも自民党は負けてしまいました。数字上の票差は僅差ですが、実質的には自民党は完敗だったのでは?

鳩山代表の故人献金問題で、民主党に批判的な意見がありましたが、結果は、まったく関係なしというところか? 自民党は、あまりこの問題の追求に夢中になると、逆に国民から愛想をつかされる可能性がありますが、どうするのでしょう?

今週の政界は大荒れが確実でしょう。

7月4日(土)
★西中時代のバスケットボール部の一つ後輩と、久しぶりに話す機会がありましたが…。
私の学年は、170名で、すでに7名ほどの同級生が亡くなっております。かなり率としては高いのかと思っていましたが、1つ下の学年もあまり変らず、5名の方が亡くなっていると聞きました。

どうもアラウンド・フィフティ世代になりますと、出てくる話題が健康問題や、子どもの教育費、さらには不況で仕事が大変というようなものばかりで、明るいものがなかなか出て来ません。

あと何年かすれば、介護問題や、子どもの結婚問題などが加わるのでしょうが、将来について漠然とした不安を持っているアラウンド・フィフティ世代は多いのではないでしょうか?

★そんな重い気持ちを晴らすには、ヤングの頃、聞いた音楽に限ります。
実は、アマゾンで先日注文しておいた『大橋純子&美乃家セントラルステイション/RAINBOW』のCDが来ました。

このレコード盤は、大学1年のとき購入し、鼓膜に穴が開くほど聞きましたが、大橋純子がブレイクするきっかけとなった『シンプル・ラブ』が1曲目の傑作アルバムです。

このレコードはこれまでCD化されておらず、この音源をデジタルデータ化するために、機材を購入したりしましたが、最新デジタルリマスター版は、いいですね。しかもボーナストラック4曲入りで2000円。小遣い激減中のアラ50世代には、泣かせるプライスです。

美乃家セントラルステイションの演奏は、いま聞いてもおしゃれでシビれます。このCDを聞きながら、1000円高速道路で、どこかに出かけてみたいものです。

7月3日(金)
★源泉税の書類提出で富岡税務署へ。また、委員会視察の打ち合わせで、議会事務局へ。さらに、子どもの運転免許取得の件で、西毛自動車教習所と、車でちょこちょこ動いた一日でした。

税務署の中庭を、中年男性の職員の方が草むしりをされておりましたが、経費削減を徹底しているのでしょうか?

また、移動途中、宮本町の駐車場から、製糸場へ向かう団体客の方々のお姿を見ましたが、けっこう大人数のように感じました。

年配者のツアーのような雰囲気でしたが、夏休みシーズンが近づいてきましたので、群馬サファリパークや、自然史博物館などとコラボしたイベントでも行えないものでしょうか? 

★『エヴァンゲリヲン』劇場版をテレビで見ました。なるほど、こういうストーリーだったのですか…。名前と、キャラクターの少年・少女の姿は何となく知っておりましたが、内容は初めて理解しました。

さすがに私の年齢になれば、『エヴァンゲリヲン』にはまることはありませんが、それでも興味深く見ることはできました。

昔のアニメとは比べ物にならないほど、特に女の子がキュートに描かれていますよね。私らの時代のアニメキャラといえば、ルパン3世の峰富士子、タッチの浅倉南、めぞん一刻の響子さん、宇宙戦艦ヤマトの森雪あたりが、人気キャラになるかと思いますが、エヴァンゲリヲンの描写力は、もはや芸術ではないでしょうか?

もしも、中学生・高校生くらいのときに見ていたら、絶対に夢中になっていたと思います。

そういえば、ヒロインのレイの声は、「名探偵コナン」の灰原と同じ声優さんかな?


7月2日(木)
市役所の交通担当の部署に、一ノ宮小学校地区別懇談会での要望を伝え、対応をお願いしました。

その後、議会事務局に用があり、市役所駐車場に車を止めたところ…

上町駐車場が完成していました。(7月1日OPENを忘れていました)
   
駐車場には、残念ながら車は1台も止まっておりませんでしたが、早く満杯になるくらい多くのお客様に来て頂きたいものです。

★WBS(ワールドビジネスサテライト)を見ておりましたら、『婚難大国ニッポン』という特集がありました。このタイトルは、なかなかのモノですね。「婚活」はだいぶ一般的になってきましたが、「婚難」という表現は、絶妙です。

2005年の25〜29歳女性の未婚率は59%に上り、30年前(1975年)に比べて、38.1%も上昇しているそうですが、意外なことに、「20代女性は専業主婦にあこがれている」という調査結果もあるのだとか…

手に入りにくいものほど価値は上がるのが、世の習い。そのうち、「サザエさん」が、若い女性の憧れ、という時代も来るのかもしれません。


7月1日(水)
★昨日、富岡警察署に伺ったとき、不在でいらっしゃらなかった交通課長さんから、わざわざお電話をいただき、さらなる貴重なアドバイスも頂戴しました。

ちょっと内容につきましては記述できませんが、子どもたちの通学路の安全確保のため、アドバイスを活かしながら、活動したいと思います。

★最近、付録がある雑誌が多くみかけられます。今日、ソーラーパワーのLEDライトが付録のDIME最新号を買いましたが、このライト、すごいじゃないですか!
    
ソーラーパネルから蓄えられたエネルギーだけで、3つのLEDライトがつきますが、その明るさには驚きました。

しかし、付録につられて本を買ってしまうとは、ちょっと情けない感じもありますが、子ども時代、学研や小学館の付録満載月刊誌にワクワクしながら育ってきた私らの世代は、付録には心が揺さぶられます…
★外務省関連の国際機関「支援委員会」に対する背任などの罪に問われた同省元主任分析官、佐藤優被告(49)の有罪が確定したそうです。

佐藤さんは、個人的には全く面識はございませんが、私の同志社大学時代の2つ後輩にあたるようですので、親近感を持っております。

佐藤さんの著書を何冊か読みましたが、物の見方や意見が、とてつもなく鋭い方です。裁判の件については分かりませんが、際立った能力を持っている方ですので、今後も多方面で活躍していただきたいものです。

★東国原知事が、いきなり大臣として入閣か?というような報道が、朝方あり、驚きました。結局、それはないようですが…

衆院選に出馬しない場合の残りの任期については「フラーッとして過ごす」と26日に発言しておりましたが、東国原知事は、「もはや心は宮崎にあらず」というのが本音でしょう。

麻生総理には???、自民党にも????、
さらに東国原知事の行動には????????、という印象を持ってしまいますが、完全に国政はダッチロールで、どこに墜落するのかも分からないというところでしょうか?