富岡市を元気に!子どもたちに明るい未来を! 富岡市議会議員 茂原正秀WEB-SITE





TOP
これまでの活動記録(毎日更新中!)
2012年 4月 3月 2月 1月
2011年 12月  11月 10月 9月 8月 7月 6月  5月 4月 3月 2月 1月
2010年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 
2009年  12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
 
2008年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月             
スポンサーサイト







富岡市の桜
富岡市観光協会の
Facebook

便利な情報サイト
ダイヤモンド・オンライン
東洋経済オンライン
日経新聞
読売新聞オンライン
朝日新聞
毎日新聞
産経新聞
東京新聞
ロイター
共同通信
ニューズウィーク
NHK
プレジデント公式サイト
上毛新聞
The Japan Times Online







5月31日(木)その1
★遊YOU(ゆうゆう)プラザの「まちづくり課」に、再度出かけ、昨日いただきましたご意見についての確認をしてまいりました。

そのご意見は、これまで遊YOUプラザで様々な作品展を行なっているグループの方々からのもので、10月から会場を借りられなくなったことについてのお問い合わせでした。

結論から申し上げますと、10月からプラザ建物の改修工事が行なわれるため、利用をお断りしているようです。

今日の上毛新聞トップに『7月に世界遺産推薦決定 富岡製糸場と絹産業遺産群』とありましたが、いよいよ世界遺産登録も視野に入ってきましたので、プラザの方も、その準備という意味合いがあるのかもしれません。

★1ユーロ97円台と、最安値直前まで来ていますが、これで6月のギリシャの総選挙で「ギリシャのユーロ離脱」が決まれば、さらなる下落はほぼ確実なのでは?

6月は、リーマンショック第2波が世界経済を震撼させることになってしまうのか…
ポンドが安くなってますので、ロンドン五輪にでかける方にとってはラッキーかもしれませんが。

2011年末の対外資産負債残高のデータでは、
日本は対外純資産残高253兆円で、21年連続で世界最大の債権国とのことです(ちなみに2位は中国で138兆円)。
日本は1000兆円近くに上る国の借金があり、国債の格付けが下げられても、このことで結局、世界経済に大きな危機が訪れるたびに、『安全資産として円は買われる』ということなのでしょう。
でも、今の為替レートは、ちょっと買われすぎのように思えてしまうのですが、はたしてこれからの動向は?

それはだれにもわかりません。




5月30日(水)その2
★遊YOU(ゆうゆう)プラザについて、お問い合わせをいただきました。
早速、宮本町駐車場に車をとめて、お話を伺いに行こうとしましたら、担当部署の方がちょうど自転車で出かけるところで、また明日出直すことに…

ちょっとタイミングを逸しました。

★空き家対策のアイデアをメールで送っていただきました。
市が仲介するようなかたちにして、富岡市に住みたい方に貸すようなことはできないでしょうか、という内容です。

また、西部地区開発協議会についてのご質問もいただきました。
国道254号線の神農原地区での渋滞対策ですが、こちらも協議会で毎年、市に要望を出しているものの、なかなか進んでいないのが現実です。

岩井前市長、岡野市長と、この西部地区の方が2人続けて市長をされていますが、それでも進められない事業というのは、根本的に方法を変えていった方がよいのかもしれません。

人口減少、高齢化、さらには厳しくなる一方の国・県・市の財政を考えますと、大きな予算を投入する事業は、難しくなるばかりではないでしょうか?

★また、リーマンショックのような世界経済の根幹を揺るがすような出来事が起こってしまうのでしょうか?

ギリシャだけでなく、スペインやイタリアにも再度、信用危機が広がっている感じですが、猛烈な円高・株安で、日本経済にとっても大きな打撃です。

野田さんと小沢さんの会談がありましたが、ひょっとすると、消費税の増税ができなければ、円高のブレーキになって、日本経済にとっては良い結果になるのかも? ただし、日本の財政にとっては、さらなる悪化につながるのでしょうが…





5月30日(水)その1
★一般質問の原稿を、ざざっと書いてみました。
現段階では以下の4点を取り上げる予定です。

1:放射能濃度が高い浄水汚泥について

2:妙義ふるさと美術館の運営について

3:道路清掃について

4:県立特別支援学校の誘致について

あくまでも予定ですので、若干、変更の可能性がありますが…




5月29日(火)その2
★夕方6時から、西部地区開発協議会の定期総会が行なわれ出席しました。
この会は、一ノ宮・丹生・吉田の3地区の区長さんと市議によるもので、毎年、西部地区の要望を市に提出しています。

懇親会では、私の横の席に市長さんがおられましたので、アスベスト処理施設のことなど、いろいろお話を伺いました。

市長さんがご挨拶の中で、かのさとを閉鎖したことで7000万円の赤字がなくなったことをおっしゃっていましたが、元を正せば、かのさとは、この西部地区開発協議会が地区の振興のため強く要望したとのことです。
そして、そのときの協議会のメンバーに、岡野市長さんも市議としていらっしゃったという、ちょっと複雑な事情があります。

いまの協議会の役員のみなさんは、かのさとの建設にはまったくタッチしていない方々ばかりですが、西部地区開発協議会とかのさとは、過去の歴史においては、強いつながりがあったということになるのでしょうか?

★最近お天気が荒れている印象があります。
『五月晴れ』という言葉があるように、本来ならば今は、いちばん安定した気候のはずなのでは?

昨夜は、震度3の地震もありましたし、どうしちゃったのでしょうか…

★『一般質問は何を取り上げるんだい?』と、ある議員の方から尋ねられましたが、まだはっきりとは決まっておりません。

一応、4つの候補がありますが、さらっと4つとも一般質問をするか、数を減らして、深い話まで持っていくのがいいのか、迷っております。




5月29日(火)その1
★午前10時から議会運営委員会が開かれ、6月定例会についての協議がありました。

ちなみに、6月定例会の会期は6月5日(火)〜6月21日(木)。
一般質問を行う議員は、私を含め6名です。

一般質問の発言通告書を6月1日中に提出しなければなりませんので、ちょっと忙しくなってきました。

★『防犯灯の蛍光灯は20ワットですが、これと契約電力は、合っているのでしょうか?』とのご質問を、以前いただきました。

本日、担当部署で確認しましたところ、防犯灯の電気料金は市の支払いですが、公共の利用のための定額料金が適用されているので、かなり割引率が高い格安料金とのことです。

ですので、蛍光灯の消費電力をはるかに超える電力で契約し、余計な電気料金を支払うようなことはないとのことです。

ちなみに、現在市内にある防犯灯の数は?

およそ4200灯あるとのことです。
けっこうな数ですね。

★東中校舎の解体工事の落札金額は、6770万円とのことです。
大きな建物になれば壊すだけでも、大きな金額になるものなんですね。




5月28日(月)その2
★先ほどメールで頂きましたご意見です。

『道路清掃は、町中心部と周辺部では、負担の重さが違いすぎて、公平性に欠けるのではないでしょうか?』という内容でしたが、ごもっともと思えるものでした。

地区名は伏せますが、『二時間以上草刈り機を使いっぱなし、時には、山道のふたのない側溝を二〜三時間掘り上げをするなどと、とても負担がきつく、さらに草刈り機の燃料代も自前です』と具体的なご説明もありました。

一般質問で当局のお考えを確認する必要が十分にある問題だと思います。

貴重なご意見を頂きまして、ありがとうございました。



5月28日(月)その1
★今日は午前中から、富岡霊園の件で、あい愛プラザ2階の市民課窓口から始まり、西中、妙義庁舎、妙義ふれあいプラザと順に回り、さらにお問い合わせを頂いていました方々のお宅にも数件寄りましたので、慌しい一日になりました。

ただ、たくさんの方から、様々な情報を伺うことができましたので、その点は非常に充実した一日でした。

ふれあいプラザで伺ったお話では、温泉に入られる方が平日は150人ほど、土日が200〜300人、ゴールデンウィークでは600人くらいになることもあるそうです。
過去には、元旦の無料開放で1日に1000人ということもあったそうですが、この人数になると、湯船で隣の人と背中やお尻がぶつかってしまうのでは?

最近は、バスツアーの中のコースに組み入れられて、妙義山を散策した後、1時間ほど休憩し、東京方面に帰る方もおられるのだとか。

東京から富岡はさほど遠くありませんので、首都圏からのお客様をもっと呼び込みたいものです。

★妙義ふるさと美術館の運営について、富岡市内の美術関係者の方から、改善を求める様々なご意見を頂いております。

6月議会の一般質問は、これになるでしょうか?

頭が雲に隠れてしまった妙義山です




5月27日(日)その2
★同級生と話をした中で聞いたことですが…
この春から子どもが東京で就職したとのこと。

なので『そりゃあ、よかったね』と言ったところ、東京は家賃が高く、給料だけだと生活が大変になってしまうので、『社会人になってからも仕送りをしているんだよ』との返事が。

就職が決まれば、ひと段落するのかと思いきや、そうならないケースもあるようです。
東京での就職といえば、華やかな印象がありますが、実際はなかなか厳しいのが現実のようです。

★最近、同級生の訃報に接する機会が増えてきた印象があります。
それも若い頃は、事故で亡くなるケースが多かったのですが、この1年くらいは、病気でお亡くなりになる同級生ばかりで、これまでとは受け止め方が変わってきました。

私たちの学年は、今年度中に54歳になるのですが、どうも50代半ばには、一つの壁があるように思えてなりません。

生身の体ですので、明日の命は誰も保証されていませんが…

男性の平均寿命は80歳くらいですので、ちょうどこれは、ラグビーの試合に例えると分かりやすい印象があります。

ラグビーは前後半がそれぞれ40分の合計80分。
それに例えますと、54歳というのは後半の14分というところです。

だんだん残りが気になるような時間帯ですが、それと同じで、人生の残り時間もそろそろ意識しないといけないところに入ってきたような思いが最近します。

昨日、たまたま会った中学3年生のときのクラスメイトから『同窓会はどうなったい?』という話が出ましたので、『そろそろやらないと、まずいね』ということになりました。

西中の3組だったみなさん、秋に同窓会っていうのは、どうでしょうか?




5月27日(日)その1
★午前8時から、一ノ宮グランドにで、一ノ宮地区野球大会があり、開会式に出かけました。

その後は、10時半から貫前神社で第二回古武術奉納演武祭があり、見学に行きました。





鎖鎌というものは、本当にあった武器なんですね。忍者漫画ではおなじみでしたが、初めて見ました。


★もみじ平で行なわれていたイベント『15thもみじ平フェスティバル』にも出かけましたが、かなりの人出でした。
また、商工会議所青年部のみなさんが売っている、いま話題の『こんカツ』も食べてみましたが、2年前に食べたときよりも、はるかに完成度が高いように感じました。






5月26日(土)その1
★朝からポスティングに出かけました。さわやかな天気でしたので、配り物には絶好のコンディションだったでしょうか。

今日は途中で、『富岡霊園について』『防犯灯の電気の契約について』『公民館について』など、いくつかのご意見やご要望をお聞きしました。

週明けに担当部署で確認し、ご返答させていただきます。

今日は4時間半ほど、歩いてポスティングをしたところ、ちょっと疲れました。
さすがに、夜は走ろうという気持ちに…なれませんでした。

歩いて街を回れば、、昔のままのような道も楽しめます。なつかしの小径をぶらぶら歩くのは、これからちょっとしたブームになるような予感がしますが…


★一ノ宮にはヤマト運輸の営業所がありますが、最近は自転車に乗った女性がメール便や小さな宅急便の配達に来てくれます。

うちのご近所は、自転車配達ゾーンなのかもしれませんが、ヤマトさんのユニフォームを着て、ヘルメットをかぶり、颯爽と自転車で通り過ぎる女性をよく見かけます。

私も、時々自転車に乗りますが、1、2kmくらいのところなら、自転車を使うほうが、財布にも健康にもエコにもよいのでは?
それに時間もそんなに変わらないでしょうし…

ヤマト運輸の女性自転車隊のみなさんのお姿を見て、そのような思いがしました。


5月20日から5月26日までのスロージョギングで走った距離
16km(今年の累積距離538km)
5月20日 10km
5月24日  6km
合計16km



5月25日(金)その2
★市議会だよりのポスティングをしながら、いろいろな方とお話をしました。
また、いつも思うことですが、少しずつ空き家状態の家が増えています。

一ノ宮あたりですと、大東建託・レオパレスなどのアパートや、新築の一戸建ても増えていますので、全体的には人口は横ばいかもしれませんが、昔からの家で、跡取りの方がおらず、空き家や更地になってしまうケースは少なくありません。

子どもさんが就職活動中の親御さんと話しましたが、『大学を出て、できることならこちらで就職させようと思っても、なかなか勤め先がないんだよね』というような話題になりました。
結局、このような形で子どもたちは遠くで社会人となり、こちらにいるのは子育てが終わった親の世代が残るだけ。そして、数十年後には、その親世代も…

この流れが変わらない限り、地域の高齢化と人口減少に歯止めは掛かりません。
やはり若者が働ける場を作ることができるか否かで、その地域の将来は決まってしまうということでしょうか?

★『日本は自転車操業のねずみ講国家』という週間朝日の記事を読みました。
なるほど、という感じです。

お時間ございましたら、ご覧ください。




5月25日(金)その1
★お笑い芸人『次長課長』の河本さんが、母親の生活保護費受給問題で記者会見を開きました。
お昼の某番組では、その特集が組まれていましたが、生活保護制度の手厚い保護が、逆に弊害を生んでいるように強く感じました。

『正直者がバカをみる制度になっていないか?』という疑問が、その番組で指摘されていましたが、確かに、いまの現状を見れば、そう思えても仕方ない点はありますし、番組の中で、国会議員の方もそれを認めていました。

一生懸命、年金の掛け金を払っても、もらえる年金が、生活保護で受給できる金額よりも少ないということになれば、『年金の掛け金なんか払わないで、歳をとったら生活保護でいいじゃないか』という考え方が、今後どんどん広がってしまうのでは?
ただ、そうなったら、現在のような生活保護制度は維持できなくなるでしょうが、この制度はもはや限界が来ているように思えてなりません。




5月24日(木)その1
★二日前の上毛新聞に『元市議 富岡市を提訴 1億5000万求め 地裁高崎支部』という記事がありました。この件について、いろいろご質問を受けました。

しかし、この場で私がいろいろ書きますと、また、匿名メールが来て問題が起きてしまう懸念がありますので、元市議さんの件に触れるのは、もうちょっと控えようかと思います。(以前、大変でしたので…)

ただ、私は、この件について、猛烈な違和感を持っています。



また、『教育長に黛氏』という記事が、元市議さんの記事の横にありました。
これもちょっと妙な印象が…

教育長さんは、教育委員さんの互選で決めるはずですが、まだ、正式には教育委員になっておられない方が『教育長に』と新聞に出るのは、普通に考えればおかしな話ですよね。

どうも建前と現実が、一致していないように思えてなりません。

★市議会だより5月号の印刷をしているのですが、印刷機の調子がちょっと悪く、手間がかかっております。

今日から、少しずつですが配り始めておりますので、ポスティングされましたら、ぜひご覧ください。

家のパソコンで原稿をつくり、家にある印刷機で印刷しています。安くつくるには、この方法がベストでは?


★2011年度のデータでは、全国の高校のうち男女別学なのは全体のわずか9%で、464校とのことです。そのうち、私立は402校、国公立は62校なのだとか。
群馬県の高校は、男子校・女子校が今でもかなりありますが、全国的には非常に珍しい存在ということになりそうです。

もうちょっと男女別学校はあると思っていましたので、予想外でした。






5月23日(水)その1
★夕方6時から、先日行なわました総務常任委員会視察についての集まりがありました。
視察地での出来事を振り返りながら、様々な意見や話が出ました。

あの場で、被災地のがれきを一緒に見た者とすれば、共通認識として『少しでも受け入れて、1日も早く被災地が復興できるよう協力しようじゃないか』という思いがあります。しかし、富岡市でも、おそらくがれきの受け入れをすることになれば、強い反対意見が出るでしょう。

確かに、がれきの受け入れに対して懸念を持たれる方の考え方も理解できます。しかし、あの山のようながれきのある街で、毎日生活している方々、生活せざるを得ない方々のことを思うと、地元での処理がスムーズに進むまでは、日本中で手伝ってあげるべきではないかと、個人的には思います。

もちろん、放射線量が高いがれきは当然受け入れないという条件付ですが…

がれきを受け入れる、受け入れるべきではないというのは、考え方は人それぞれかと思いますが、被災地のあの凄まじい状況を見てしまうと、あの場所で生活している方々の健康状態が非常に心配になります。

おそらく、放射線の問題よりも、衛生面や悪臭、ほこり、がれきから雨水などといっしょに流れ出てくる様々物質などの方が、被災地の方々の健康に甚大な悪影響を与えるように思います。

自分のところの生活環境を守ることは当然もっとも重要ですが、1年以上、あのような劣悪な環境が改善されていない地域が、そう遠くないところにあるのですから、多くの自治体が、少しずつ受け入れをして、少しでも早く、被災地の復興が軌道に乗るような支援をするのは、必要なことではないでしょうか?

受け入れに前向きな話をすると、厳しいご意見をたくさん頂く可能性がありますので、だれもが受け入れに前向きな話をしづらい状況になっているように感じます。

もちろん、いろいろな意見があるのは当然ですが、私は、多くの自治体が少しずつがれきの処理を手伝うというのが、次に同様のことが起きたときの安全弁になるのではないかと考えています。

『自分の住む地域は絶対に被災しない』と言えるような場所は、この日本にはないでしょう。

となれば、『狭い国なのですから、万一のときはお互い様で、できる範囲で助け合いましょう』という考え方が、極めて自然と思えますが、どうでしょうか?




5月22日(火)その1
★アスベスト処理施設建設計画についてですが、昨日の全員協議会で私が質問したのは、『公告』の中の『意見書の提出について』でした。

意見書の提出については以下のような記述があります。

『産業廃棄物処理施設の敷地境界から300m以内の地域の全部又は一部を包含する地域内の住民及び廃棄物処理施設の設置等に関して生活環境保全上の利害を有する者は、「生活環境の保全上の見地からの意見書」を次のとおり持参又は郵送により提出することができます』

そこで私は、赤線の部分について、『今後、アスベスト含有産業廃棄物を積んだ車両が多数来ることになる富岡市に住んでいるものなら全員が、そこからのアスベスト飛散の可能性や、それによる健康被害を被る危険性があるのだから、富岡市民ならばだれでも生活環境保全上の利害を有するものに該当すると考えてよいのでしょうか?』と問いました。

その結果、そのように考えていいようなので、本日早速、『建設反対の意見書』をつくりました。これから郵送する予定です。

ちなみに意見書の記載事項は4項目で、△賄渡辰埜に確認しました。また、とい蓮∋笋考えた内容ですが、ここはみなさんでそれぞれ考えていただければよいかと思います。また、書式についてはどのような形でもOKとのことです。

 併疚勝住所)
◆並仂飮業の名称)
 中央環境資源開発株式会社による産業廃棄物処理施設
 (石綿含有産業廃棄物の低温加熱無害化処理施設)の設置

(施設の設置等に関して生活環境の保全上の利害関係を有する事項)
 施設建設予定地であり、施設設置後には石綿含有廃棄物を運搬する車両が日常的に通行することになる富岡市に住み、ここを生活拠点としている。

ぁ弊験茣超の保全上の見地からの意見)
 この施設が完成し事業が開始されれば、石綿含有廃棄物の運搬車両が連日多数、富岡市内を通行することになる。
 アスベストの大量飛散の可能性及びそれを原因とする富岡市民の甚大な健康被害の危険性を考えれば、この処理施設の建設は容認できない。


提出先は
〒370−0805
高崎市台町4−3
群馬県西部県民局 西部環境森林事務所 廃棄物係
です。

意見書の提出の効果はわかりませんが、10よりも100、100よりも1000、1000よりも10000というように、数が多くなればなるほど、パワフルな存在になるのではないでしょうか?

アスベスト処理施設なんか勘弁してくれ!と思っているみなさん、
反対の意見書を県に送ろうじゃありませんか!

早速郵送しました。



5月21日(月)その3
★午前10時から議員全員協議会が行なわれました。
報告事項として、
1:暴力団排除条例(案)の骨子に関するパブリックコメントについて

2:イメージキャラクターの愛称決定について
(これまで『おエイちゃん』だった名称が『お富ちゃん』になりました)

3:損害賠償請求事件について
(違和感を持つ事件ですが、内容は後日。しかし…)

4:ふれあいの居場所づくり事業補助制度について

5:廃棄物処理施設設置等事前協議書に係る公告及び縦覧について
(すでに高崎の県合同庁舎にて縦覧しました小野地区のアスベスト処理施設についてのものです)

6:職員の懲戒処分について

7:東中学校校舎建替工事について
(新校舎には冷房が入るとのこと)

8:県立特別支援学校誘致に伴う説明会の開催状況について
(ちなみに参加者数【議員や教育委員さんなども含めた数】は、富中説明会17名、西小説明会11名、黒岩小説明会21名、生涯学習センター説明会11名、黒岩公民館15名とのことでした。私が出かけた生涯学習センターは11名中、市民の参加者は6名でしたが、この人数では、とても十分に説明できたとは言えないように思えますが…)

9:学校給食における放射線量検査について
(全国で150台、群馬県に13台設置された放射性物資検査機器が、富岡市にも消費者庁から貸与されたそうです。ちなみに給食センター専用で使うとのこと)

私は5と8で、いろいろ意見を言わさせてもらいました。

5については、県に反対の意見書を提出できることになりましたので、早速、意見書を先ほどつくりました。明日、送るつもりです。

また、8については、違和感を持つ点について、いろいろ質問いたしましたが、どうもこの件は、しっくりいかないことばかりの印象があります。


今朝は金環日食のため、朝からドタバタしたこともあり、何か疲れましたね。




5月21日(月)その2
★日食の写真の撮り方を試行錯誤し、やっと『これは』と思える方法にたどり着いたときには、すでに日食は終わる直前…

人生とはこんなものです…ね。


ちなみに撮影は、いつものデジカメで、日食観測用のメガネなどの特別なものは一切使っておりません。家にあったものだけで撮影しました。



5月21日(月)その1
★東の方に視界が良い場所で、金環日食の写真を撮ろうと、朝からヤオコーさんの駐車場に出かけました。ところが、思っていた以上に、金環日食になっても太陽は明るく、写真撮影は大失敗に終わりました。

唯一、何重もの青のクリアファイル越しに撮影した写真だけが、ちょっと日食状態の雰囲気が見えるだけでした。

撮影は不発に終わりましたが、日食はクリアファイル越しにはっきりと確認できました。






5月20日(日)その2
★街の方から聞いた話ですが、明日の金環日食を見るためのメガネを、生徒全員分寄付してもらった小学校が市内にあるのだとか…

ちょっと微妙な感じになってきましたが、何としてもお天気になってほしいものですね。

地元の一ノ宮小学校では、生徒さんが早く登校し、学校で日食を見るような話を伺いました。私もどこかで日食を見ながら写真を撮りたいと思っているのですが、どこがいいのか、まだ迷っています。

ところで、私は日食観測用のメガネを持っていません。デジカメのモニター越しにちょっと見るくらいだったら、大丈夫のような気がしますが、どうなのでしょうか?

試しに今日の朝、日食の予定時間と同じ時刻に、デジカメで写真を撮ってみました。


ざっと方向を決めたら、シャッターを押すという感じです。逆光で回りは真っ暗になりますが、日食は撮影できるかもしれません。



5月20日(日)その1
★午前9時から市の防災訓練が行われ、隣組のみなさんと参加してまいりました。ただ、うちのご近所は、近くの一ノ宮小学校の正門前に集合し、一ノ宮公民館まで歩いていくのですが、年々隣組のみなさんの参加者は減少傾向にあります。

少々マンネリ化の感があることは否定できません。
何らかの改善が必要なのでは?

一ノ宮公民館に集合します



消防団のみなさんから消火器の使い方を教えていただきましたが、これは全員が実際に体験してみる価値がありそうです。

普段、本物の消火器など使うことは滅多にありませんので、慣れておくことは万一のときに必要なのではないでしょうか?




5月19日(土)その2
★富岡市の金環日食の予測情報をネットで見つけました。

【群馬県富岡市の2012年5月21日の金環食予測】
群馬県富岡市は金環食です。市役所付近での最大食は朝7時34分56秒頃。金環食継続時間は3分31秒程度。リングの均等度合いは28.3%前後でしょう。


月曜日の天気はどうなるのでしょうか?
また、どこで見れば、絵になる光景を見れるのか…
考え中です。



5月13日から5月19日までのスロージョギングで走った距離
46km(今年の累積距離522km)
今週は侍マラソンの距離がありますので、一気に500kmを突破!
侍マラソン関所コース出場 5月13日 20km
5月16日  6km
5月17日  5km
5月18日  5km
5月19日 10km
合計   46km


5月19日(土)その1
★最近よく取り上げています仲町駐車場で、今日は『げんきフェスタ』というイベントが行なわれました。

知り合いの方が、フラダンスに出演するというお話でしたので、ちょっと出かけて見たところ、すごい盛況で驚きました。

カラッと快晴で、まさにイベント日和。
美食選手権のときのようなことはなく、良かったです。

打ち水をしてのフラダンス。暑さは本場のハワイ並みでしょうか?


巨大なオセロです。


姉妹都市の岡谷市さんのブースもありました。


かなりの盛況でした。



5月18日(金)その1
★今日は、計画よりも遅れています、『議会だよりの』の作成に一日中取り組んでいました。

今月は、東京へ行ったり、岩手や宮城の被災地を視察で回ったり、さらには侍マラソンに出場したりと、何か非常に慌しい月のように感じます。

市議会だよりが完成すれば、やっとひと段落なのですが、はたして順調に行くでしょうか?

★先日の視察で、かなりの本数の動画を撮影していたことに、今日気づき、見てみたところ…

町長さんを始め多くの職員の方々が津波で流され命を落とされた大槌町役場などの動画がありました。

たくさんの方に見ていただきたいので、YouTubeにアップロードしてみました。
お時間ございましたら、ぜひご覧ください。

津波で大破した大槌町役場その1

大槌町役場周辺の大破した車の数々


★若年性認知症という65歳以下の方の認知症が増えていて、現在4万人ほどの患者数との話を聞きました。

4万人といえば、年間の自殺者数と同じくらいですが、そんなに若年性認知症の方はいらっしゃるのでしょうか?


5月17日(木)その3
★クローズアップ現代で、延命治療を取り上げていましたが、その中で、『胃ろうをつけている方は全国で40万人』との説明がありました。
40万人とはすごい数です。

しかし、胃ろうをつけて、長年寝たきりの方の映像が出ましたが、果たして延命治療を行なったほうがよかったのか、複雑な心境になりました。

家族でたまたま見ており、我が家は全員、『胃ろうはいらない』という結論になりましたが…

でも、本当にそれが必要になったとき、その通りにできるかは、わかりません。

★ギリシャがユーロから離脱する可能性が出てきたことで、為替や株式のマーケットが荒れています。
来月行なわれる再選挙の結果次第で、リーマンショック並みの大型台風が起きるかもしれません。

おそらく、モーレツな円高の方に進むかと思いますが、でもこれは、豪ドルやNZドルなどの高金利通貨を買い込むチャンスかもしれません。

『ヨーロッパの歴史はギリシャで始まり、ユーロの歴史はギリシャで終わる』ということになれば、ある意味、ギリシャの存在感はすごいとしか言えませんが、どうなってしまうのでしょうか?



5月17日(木)その2
★仲町駐車場に行きましたら、今日はこのようなかたちになっていました。


昨日、仲町交流館の方から、『ポールは取り外しました』とのメールをいただきましたので、富岡に出かけたとき確認しましたが、私はてっきり市役所の担当部署でポールをガムテープで固定したのかと思っていました。

交流館の方々で取り付けたとは知らずに、失礼いたしました。

★ケーズデンキにパソコン消耗品を買いに行きましたら、大安売りの16GBのSDカードがありました。
1000円というのは、かなりお得なのでは?


このくらいの容量があれば、かなりの動画撮影も可能なのではないでしょうか?

いちばん最初に買ったときのウィンドウズ98のノートパソコンは、ハードディスクが確か2GBでしたが、その8倍の容量がこんなコンパクトになっているのですから、技術革新のスピードには驚かされます。

★某有名売れっ子お笑いタレントさんのお母上が、生活保護を受給していることが、本日発売の週刊誌で一気に取り上げられているそうです。

『推定年収5000万円の息子さんがいらっしゃってもお母上は生活保護』となると、確かに理解しづらい点はありますが、今後、どのようなことになるのでしょうか?




5月17日(木)その1
★本日付の読売朝刊群馬版に『富岡に県立特別支援学校 県、来春開港方針 空白地帯解消にメド』という記事があります。

これを見ますと、『県は富中南校舎を改装し、特別支援学校を新設する方針を固めた』とのことです。
方針を固めた、という表現ですが、これはこの予算が県議会でまだ認められていないので、このような表現になっているのであって、実質的には県は決定したということでしょう。

3日前の生涯学習センターで行なわれたこの説明会では、『富岡甘楽地区特別支援学校誘致推進協議会で、富中南校舎を候補地として県に推薦した』というお話でしたので、今朝『県は方針を固めた』という記事を読み、ちょっと驚きましたが、県が正式に発表する前に、説明会を行う必要があったため、2週間ほどの間に、一気に5回の説明会を実施したと思われます。

現在の富中の敷地内に、障害をお持ちの子どもさんがお通いになる県立の特別支援学校ができることは、富中の生徒さんにとっても、決してまったく影響がないと言えるような話ではないと思います。
生徒さんや保護者の方々も、そうした情報をしっかりご承知されている状況の中で、計画が進んでいるのならばいいのですが、どうなのでしょうか?




5月16日(水)その3
★一ノ宮公民館は今月から靴のまま入館できるようになりました。
以前は、当然のことですが、靴を脱いでスリッパに履き替えていました。

しかし、公民館利用者の方々は高齢者が増えてきたことで、スリッパで階段の上り下りをするのは危険な場合があることなどの理由で、この方式に変更したそうです。

大改革ですよね。 初めて行くと、ちょっと驚きます。

★4月にNHKで6時40分から放送されています『ほっと群馬640』で、私が撮影した貫前神社の桜の写真が紹介されたのですが、その謝礼品としてNHKからクオカードが送られてきました。

このようなものがいただけるとは思ってもいませんでしたので、ちょっと嬉しいですよね。
また、写真を投稿したくなってきました。




5月16日(水)その2
★仲町駐車場のそばを通りましたので、担当部署に対応をお願いしておいた『以前、観光客の方がバスから降りた時に、縁石につまづいてケガをされた箇所』を確認しました。

予想外のご対応でしたが、一応、目立つようにはなっておりました。

これは、あくまでも暫定的な対応なのか、今後ずっとこのままなのかはわかりませんが、暫定的な対応ならば、できるだけ早く、見栄えよくしたほうが、よろしいように感じました。



★何人かの方に『特別支援学校って、何だかわかりますか?』と質問しましたところ、『わかりません』『聞いたことないです』『算数がよくわからない子どもを、特別に面倒をみる学校じゃないの?』などのお答えがありました。

こうしたお話を耳にしますと、もっと最初から市民のみなさんには説明する必要があるように感じました。

私も、議員でなければ、『勉強についていけない子どもたちの特別指導を行う学校』と間違えてしまうと思います。



5月16日(水)その1
★特別支援学校の説明会について、メールでご意見をいただきました。

『説明会に参加者が集まらないのは、そもそも特別支援学校と言われても、何だかわからないし、平日の夜、そのような会があっても、学校の保護者は忙しくて行ける訳ないのでは? 本当にPTAの保護者に理解してもらいたいのなら、学校の行事でみなさんが集まるときにすればいいのであって、それをしないというのは教育委員会の姿勢に問題があるのではないでしょうか?』というような内容です。

「なるほど」と思えるご意見です。

このままでは、あまり参加者が集まらなかった説明会だけで『反対のご意見はなく、保護者の方々も理解している』という展開になってしまう可能性があります。

まさか、参加者が集まらないという前提だったというようなことはないとは思いますが…



5月15日(火)その1
★朝から、秘書課→保健センター→工業課→ガス水道局と回り、いろいろお話を伺ってまいりました。

また、午後は吉田公民館で西部開発協議会定期総会の準備の会議がありまして出かけました。

その後、富岡警察署に伺い、清掃センターに入る交差点の信号機についての要望と、254号バイパスともみじ平へ行く道路とのT字路での安全対策について、お話をさせていただきましたが…

T字路の件で、複数の警察官の方の解釈が微妙に異なり、この問題のややこしさを実感しました。



内容は、もみじ平方面から来た車が、信号が青になり、一ノ宮方向に右折しようとするところに、信号は関係ないお店の駐車場から車が直進してきた場合、どちらに優先権があるのか、という疑問なのですが…

警察官の方でも解釈が微妙に異なり、私は頭が混乱気味でした。

ここで大きな事故が起きるような事態にならなければいいのですが…



5月14日(月)その1
★午前中は、まず環境課で、アスベスト処理施設の件で、お話を伺いました。
また、宮崎浄水場に保管されている汚染汚泥についてもいろいろ伺いましたので、その後、浄水場に行き、保管状況を確認してまいりました。

浄水場の汚泥は4ヵ月くらいごとに、乾燥させたものを産業廃棄物として業者に処分してもらっていますが、昨年の原発事故直後に出た汚泥は、国の基準を超える放射線が検出されたため、敷地内に仮保管している状況が続いています。

本来ならば、1kg当たり8000ベクレルを超える線量が出るものは、国が処分するはずなのですが、それが進まず、それぞれの自治体が暫定的に保管しているという訳です。

しかし、1年以上経っても、国が今後の対応を示せないというのは、あまりにも対応が遅いのでは? これは困ったことです。

★午後は、高崎の県の合同庁舎へ行き、アスベスト処理施設の事前協議書を縦覧してまいりました。

かなり厚手のものでしたが、私しか縦覧希望者がいませんでしたので、1時間近く、じっくり見てきました。

この施設は、石綿含有率が18%以下の廃棄物を処理するものですが、24時間連続炉ということで、ずっと燃やし続ける方式のようです。

また、処理後のものは、再利用先の業者まで決まっているようで、埼玉県・愛知県・千葉県の業者名が記載してありました。

さらに『建設資金は約15億円、維持管理費は年間約2億円』という内容や、無害化処理設備の使用機器一覧表なども細かく見ることができました。

関心をお持ちの方は、一度出かけてみてはいかがでしょう?
高崎合同庁舎の4階、西部環境森林事務所 廃棄物係で縦覧はできますので。



★夜7時から生涯学習センターで行われました、七日市・黒川地区のみなさんを対象にした『群馬県立特別支援学校誘致説明会』に出かけてみましたが…

参加者は12名。しかも、その内の3名は議員、さらに3名は教育委員さん、つまり、一般の市民の方の参加者はわずか6名でした。

5月初旬に行われた富中のPTAのみなさんを対象にした説明会も、保護者の方は10名程度で、西小でも保護者はわずか6名ほどと聞きましたが、これほど参加者が少ない説明会だけで、後でいろいろ問題が出てこないか少々心配になってきました。

今日の説明会では、市の説明に対し、かなり厳しい意見が出されました。

しかし、意見の内容よりも、あまりの関心の低さの方が、気になります。




5月13日(日)その2
★午後は宮崎公園内にあります旧茂木家の『旧茂木家住宅祭り』に伺いました。
五月の爽やかな風の中、たくさんの方がイベントを楽しんでおられました。

また、一ノ宮食生活改善委員会のみなさんによる『かぶら汁』も無料でふるまわれました。


ちなみに旧茂木家は、戦国時代の1527年の建築で、現在残されている民家の中では、日本最古の建物の一つといわれており、昭和45年に国の重要文化財に指定されています。

種子島に鉄砲が伝来したのが1543年ですから、それよりも前というのは、すご過ぎる話かと思います。もっと富岡市の貴重な歴史遺産として、うまく活用することができないのでしょうか?




5月13日(日)その1
★朝5時に起きて、安中で行なわれました侍マラソンに出場してまいりました。

私が走ったのは峠コースの20km。安中市文化センターから、碓氷旧道にある『峠の湯』までです。

このマラソンは仮装している方が半分以上で、ほとんどお祭りのような雰囲気です。私もバッチリ仮装をするつもりでしたが、間に合わず、仕方ないので『ドナルドダック』の帽子と、まゆべえTシャツを着て、のそのそと走ってきました。

このコースは標高差があるので、20kmといっても、かなり辛い20kmなのでは?
でも、日頃のスロージョギング効果で、完走はできました。

それにしても、この大会はイベントとして、とてもうまく運営ができている印象があります。侍マラソンのノウハウを研究して、富岡市のマラソン大会ももっと盛り上げたいものです。

こんな感じで20kmを…

けっこう知っている方が参加していました。
また、沿道でご覧になっていた富岡市役所の職員さんから、お声をかけていただきましたが、走っているときには嬉しいものです。ありがとうございました。

《侍マラソンスナップ集》
















5月6日から5月12日までのスロージョギングで走った距離
12km(今年の累積距離476km)
5月 9日  7km
5月10日  5km
合計   12km
5月12日(土)その1
★大学生の就職試験が始まっていますが、今日ちょっと耳にした話です。

ある企業では、就職試験を受けた学生に対し、合格者だけに結果を連絡し、不合格の学生には何も連絡をしないのだとか…

どこの会社とは書きませんが、お客さん商売の企業で、こうした対応はちょっといかがなものでしょうか?

今は学生でも、これから大切なお客様になる可能性があるのですから、不合格者にも『誠に残念ですが…』くらいのメールは送るのが常識的かと思います。

まさか、『不合格者に対し、そんな手間をかけるのはもったいない』という経営方針ではないのでしょうが、ちょっと驚きました。

★侍マラソンが明日になってしまいました。
プラカードを作って走ろうかと思い、材料は買っておいたのですが、結局、作れませんでした。

明日は、20kmの完走を目指すことでいきたいと思います。

★今日の夕焼けです。





5月11日(金)その2
★生涯学習センターの電光掲示板ですが、3つの画面が15秒ごとに順番に入れ替わる方式のため、慣れていませんと見づらいような印象です。
45秒間見続けていれば、必ず15秒間は自分の知りたい画面が出るはずですが、見易さということだけで考えれば、従来の手書きの掲示の方がシンプルでわかりやすいかもしれません。

ただ、この方法が始まってからひと月少々ですので、皆さん慣れてくれば大丈夫のようにも思えますが、どんなものでしょうか?

また、このシステムは業者さんの全額負担で設置されており、電気代も業者さん持ちですから、市の負担はゼロです。

県内他市では、桐生市と藤岡市にも、このシステムは導入されているとのことです。


タッチパネル方式と勘違いする方が多いのでしょうか?



5月11日(金)その1
★立て続けに、ご意見をいくつかいただきました。
『議員定数の削減は、現在どのような状況なのか?』
『生涯学習センターの電光掲示板は、以前の手書きの掲示の方が、行きたい階がすぐわかり便利でした。なぜ、このように変えたのか?』
などですが、これから確認いたしますので。
(議員定数問題は、私の考えをお答えいたしました。もちろん、大幅削減を進めるべき、という内容です)



5月10日(木)その2
★最近は見知らぬ土地に出かけるときは、いつもSONYの手回しラジオをバッグの中に入れていきます。
このラジオは、持ち運ぶのには少々大きいのですが、軽いので、さほど気にはなりません。

また、小さい割にはラジオの感度が良く、しかもLEDライトも点き、さらに携帯電話まで手回しで充電できますので、これは万一のときには最高のサバイバルグッズになるのではないでしょうか?

連休中に東京へ行ったときも、また先日の岩手・宮城の視察でも当然持って行きました。

多くの方は、『そんなものを持って歩いてるの?』とお思いのようです。しかし、災害はいつやってくるか分からないのですから、見知らぬ土地でトラブルに巻き込まれたときのことを考えれば、持っている価値はあるのではないかと思っています。


単3電池2本でも使えますが、いつも手回し発電でラジオは聞いています。
エコですねえ。




5月10日(木)その1
★岩手県の三陸鉄道が販売している『きっと芽が出るせんべい』という品があります。
三陸鉄道は、岩手県内を走る私鉄ですが、現在はまだ復旧できず、一部の区間だけで運行しています。

7日・8日の二日間、三陸鉄道の社員の方にいろいろ情報を教えていただきながら被災地を回りましたが、このせんべいは会社の売り上げを確保するために作ったというお話を伺い、『それなら一つ買って帰ろう』ということで購入したものです。


私は岩手県に行ったのは3回目で、特別知っている方は一人もいませんが、向こうでお話しする機会があった方は、どの方も温厚で、とても良い印象を持っております。

三陸鉄道は現在、経営が大変なのだそうですが、何か応援したくなりますよね。

どこかに旅行に行ってみようかと思っている方は、平泉もありますし、岩手県がよろしいのでは?

★昨日の夜から今日は、視察で溜まってしまった仕事をこなすため、慌しい状態でしたが、やっとひと段落しました。

昨日、仙台駅での待ち時間に雑誌の『DIME』を買いましたら、ドラえもんの万歩計という付録がついていました。

ウォーキング・ランニング特集の付録のようですが、最近はすごいランニングブームになってきたように思えます。ということは、私も時代のトレンドにマッチしていると言えるのかも…

次の日曜日は『侍マラソン』なのですが、忙しくて仮装を考えておりません。
久しぶりの侍マラソンですから、今年は走り切ることだけを目標にした方がよろしいでしょうか?

ドラえもんといっしょに、『げーに走るべえ!』っていうところでしょうか…



5月9日(水)その1
★視察の最終日は、多賀城市の災害廃棄物中間処理施設を視察しました。
多賀城市は仙台市に隣接する人口6万人少々の市で、面積は富岡市の6分の1くらいです。

この多賀城市は海に面していないのにもかかわらず、仙台港から入ってきた津波が内陸まで押し寄せ、140名以上の市民の方が亡くなりました。

現在、津波の被災地としては最も順調に復興が進んでいる自治体の一つですが、その原因は、がれきの処分が順調に進んでいることと思われます。

まず、震災のがれきは、市内に4箇所設けられた1次仮置き場に運ばれ、そこから中間処理施設に運ばれ、粗選別、分別、洗浄、破砕、改質などの処理が行なわれます。
そこから可燃物は2次仮置き場に、また木材チップはバイオマス施設に、さらには砕石・土砂等はリサイクル現場に運ばれ、不燃物は最終処分場に行くことになります。

今日は最先端の災害廃棄物の中間処理の仕方を、詳しく教えていただきました。また普段、目にしない施設で、規模も大きいことから、圧倒されました。









5月8日(火)その2
★山田町、大槌町、陸前高田市、釜石市、大船渡市、南三陸町と、津波で大きな被害を受けた自治体を視察しました。

言葉で表現できないようなショックを受けました。

1年以上も経っているのに、ほぼそのままの状態となっている庁舎を見ました。
この中で命を落とされた方々のことを考えますと、胸が張り裂けるような思いがしました。

海岸線を進んでも進んでも、津波ですべてが流された町並みがまた現れる。がれきの山が、これでもかと言わんばかりに出てくる。
目の前の事実が、あまりの凄まじさで、現実とは思えないような感覚になりました。

津波の被害に遭ってから、復興が進んでいる自治体もあります。しかし、それは一部のものであって、壊滅的な被害を受けたところの大半は1年以上経っても、大きく進展しておりません。

富岡市は津波の心配はありません。しかし、大きな地震が起きれば、建物の倒壊と火災が発生する危険性はかなりあるのではないでしょうか?

今日の視察で見た被災地の現実を、決して忘れず、今後、防災行政について議会で提案してまいりたいと思います。

陸前高田市役所その1


陸前高田市役所その2


陸前高田市役所その3


陸前高田市役所その4


陸前高田市役所その5


大槌町役場その1


大槌町役場その2


大槌町役場その3


5月8日(火)その1
★今日は早朝5時に起きて、宿泊先のビジネスホテル周辺の町並みを見てまいりました。

宮古駅周辺は、想像していた以上に、被害は少なく、震災前に来たときと変わらない雰囲気でした。しかし、数百メートル別の通りに入ると、1階がまだ使えていない建物や、建物を取り壊した後の更地がかなり見かけられました。

同じ被災地でも、通りが1本違ったり、数メートルの土地の高低差で、『壊滅状態のケースと被災ゼロに分かれてしまう現実の厳しさ』を感じました。

また、昨日地元の方から、『避難所(その方が行っていた)は、物資は十分にあり、十分な暖も取れた』、『日本人のマナーの素晴らしさが強調されていたが、実際は泥棒に入られた家は多く、全国から警察官が派遣されるようになってから、やっと収まった』、『自衛隊の有難さが本当によく分かった』などのお話を伺いました。

津波の高さは、スタンドの屋根まで届いたということでしょうか



歩道橋を上りますと、このステッカーがポールに貼られていました



街のあちこちに、復興への強い気持ちを示す看板が


宮古市役所そばの海岸線。このコンクリートの壁を津波は超えてきました


5月7日(月)その1
★本日から2泊3日の視察で、岩手県に来ております。
新幹線で盛岡に到着したのが午前11時半。
その後、三陸鉄道の社員の方の案内で、津波被害が大きかった宮古市の田老地区を中心に回りました。

この田老地区の防潮堤は、世界最大規模で、『万里の長城』と表現されたほどのものですが、昨年の大津波で破壊され、地区は壊滅的な被害を受けました。

防潮堤に上ってみると、この高さを軽々と超えた津波の大きさに、まず驚きました。また、周辺はあたり一面、建物はほとんど残っておらず、復興は進んでいないことを実感しました。

防潮堤の周りには、たくさんの住宅や店舗が集まっていたとのことですが、いまや、ところどころに点在する家の基礎部分から、その面影が感じられるくらいでしょうか?

津波によって『ぐにゃり』と曲がったままの手すりや、街路灯も確認できましたが、1年以上経っても、とてもこれを直すところまで来ていないということのようです。

これほどの甚大な被害を受けた地域が、ここだけではなく、長い海岸線上でいくつもあることを考えますと、とても5年や10年での復興というのは難しいのではないでしょうか?

遠くに田老地区のがれき集積場が見えましたが、あのがれきの処分もどうなるのか気になります。

曲がったままの手すりが、津波の威力を感じさせます。



世界最大規模の防潮堤があっても、全く無力だったと思わざるを得ません。


破壊された防潮堤部分です。



漁協の建物も2階まで水につかり、いまも応急的な修繕をしただけの状態でした。


悲しく寂しい光景です…



5月6日(日)その3
★茨城県では亡くなる方が出るような竜巻があったようですが、アメリカならともかく、これまでの日本では考えられないような天災ではないでしょうか?

最近は千葉や茨城を震源とする大きめの地震も増えているように感じられますが、何か不安になるような出来事が多いように思えます。

明日からの視察の準備をしていますが、悪天候にならなければいいのですが…


5月6日(日)その2
★北海道電力の泊原発が停止したことで、42年ぶりに稼動している日本の原発はゼロになりました。しかし、今のところは、大きく供給量が不足しているような様子はありません。

原発が動かなければ、電力を供給できないと言われていたのに、いざすべての原発が停止しても、特別、電気の使用が制限されておりませんが、これはどういうことなのでしょうか?

これから真夏になれば、エアコンなどで電力需要が爆発的に増えて、電力不足になる危険性があるのでしょうが、実際のところ、どのくらいの電力が不足するのか、正確な数値を知りたいと思うものの、これまでの国や東電の発表では、よく分かりません。

国を挙げて節電に取り組めば、原発ゼロでも何とかなるのか、それとも、節電を徹底するくらいでは間に合わないものなのか、まずはそこをはっきり国は示すべきでしょう。

原発事故以降、節電モードの暮らしをされている方は増えているとは思いますが、事故直後と比べますと、かなり以前の状況に戻ってしまっているような点も多いように感じます。

真夜中でも明るい町並みが戻ってきているように感じますが、原発の完全停止により、電力の供給力が低下している以上、もう一度、計画停電があったときのような節電の意識を持つことも必要なのでは?


私は夜、スロージョギングをするとき、必ずLEDライトのミニ懐中電灯を点けて走ります。これは、車や自転車の方に、こちらの存在を認識してもらうためですが、このLEDライトの電池は、かなり長持ちするので驚いています。

たとえば、通り全体を明るくしようとすれば、たくさんの電気が必要です。しかし、出歩く人が各自でLEDライトを点けて歩けば、必要な電気は微々たるものでしょうし、また、いまのLEDライトは明るいので、それほど不自由さもありません。

夏場には電力需給逼迫の可能性があるのでしたら、夜の街灯は半分くらいにして、出歩く方が各自で明かりを確保するようにしてもいいように思いますが?

★ある大学の文化祭のイベントで、『100km歩行』というものがあるそうです。
28時間内に歩ききれば良いとのことですが、時速4kmで歩ければ25時間ですから、机上の計算では何とかなるような気もします。

100km歩ければ、万一、東京にいるとき震災に遭い、群馬まで歩いて帰らなければならない状況になっても、大丈夫そうです。

そこで距離検索サイトで調べましたら、一ノ宮から東京の東村山市までがちょうど100kmほど。

東村山ですか?

これは実際には…歩くというのはありえないです…ね。



5月6日(日)その1
★市役所西駐車場で行なわれた『2012 とみおかご当地美食選手権』へ出かけてきました。

あいにく私が行ったときは『雷は鳴る、雨は降る』で、屋外イベントとしては最悪の状況でした。しかし、食べ物イベントの集客力は強力とでも言いましょうか?
かなりの混雑ぶりと行列に驚きました。







5月5日(土)その1
★『まゆべえ』の商標登録の件で、特許庁へ提出する意見書の作成をしました。
何とか、この意見書で、商標登録の問題は解決できればいいのですが…

★今日はもみじ平公園に行きましたら、子どもさんといっしょの家族連れの方々が多かったですね。とても賑やかな印象でした。

自然史博物館の前には鯉のぼりが



★来週の月・火・水の3日間は、岩手県と宮城県へ、総務常任委員会で視察にまいります。
震災で大きな被害を受けた釜石市・大槌町・宮古市・山田町など訪問します。

実は以前、釜石市と宮古市は視察で伺ったことがありますが、かつて訪れて記憶に鮮明に残っていた両市が、津波で大きな被害を受ける映像を見たときには、とてもショックでした。

震災後、初めて今回伺いますが、マスコミによって報道されていない被災地の本当の現状や、防災対策などについて、学んできたいと思います。

もちろん、ノートパソコンは持って行きますので、夜にはホームページの更新もいたします。


4月29日から5月5日までのスロージョギングで走った距離
51km(今年の累積距離464km)
初めて週間50kmを超えました
4月29日  8km
 4月30日 15km
5月 3日  8km
5月 4日  5km
5月 5日 15km
合計   51km

5月4日(金)その1
★今日は議員数名の方と、ちょっとした会合がありました。
その中で、富中に予定されている特別支援学校のことや、アスベスト施設の話題となりました。

特別支援学校については、ここに来て様々な具体的な問題が議論され始めた印象がありますが、今後どうなるのでしょうか?

計画とすれば、富中南校舎に設置という話が進んでいるのでしょうが、いまのまま進みますと、混乱が生じるような予感がします。

ここは少々時間をかけても、利用する方々と地域の方々の意見にもっと耳を傾けることが必要なのでは?


また、私が先日作った、『アスベスト施設建設反対ステッカー』ですが、会合の席で皆さんにお見せしましたところ好評で、その場にいらっしゃった議員の方にはお配りし、早速自分の車に貼ってもらいました。

もしかしますと、これからたくさんの車に貼られることもありそうですが…

私の車の後ろ側に貼ってありますので、もしもご希望の方がおられましたら、ひと声お掛けください。

★昨日、ぐんまちゃん家で買った『カフェチョコ』、これ、おいしいですね。
昨日から、マイブーム状態です。





5月3日(木)その2
★銀座の『ぐんまちゃん家』で、いくつか商品も購入しました。
おみくじ付ぐんまちゃんマグネットと、製糸場デザインぐんまちゃんコースターが印象的でしたので、この2点を買いました。




また、せっかく銀座まで来たのですから、大雨でしたが、ちょっと銀座のメインストリートにある有名な文具店『伊東屋』にも行ってみました。

ステッドラーの0.9mmシャープペン500円という品がありました。
極太芯シャープペン愛好家の私としてはこれは買わない訳にはいきませんので、1本購入しました。


★帰りの関越自動車道が、今日は何度か渋滞になっていました。
高速道路の運転で辛いのは、時々眠くなってしまうことですが、この対策として『スルメイカを噛む』のが効果的という話を聞きました。

確かに、何かを噛んでいるときは、あまり眠くならないような気もします。次に高速道路で長距離運転するとき、ちょっと試してみましょう。




5月3日(木)その1
★午前中はかなり雨が降っていましたが、そんな中、銀座の『ぐんまちゃん家』に出かけてまいりました。

どのような場所で、どのような商品構成、価格帯のものが売られているのか確認に出かけましたが、思っていた以上に、『ぐんまちゃんグッズ』は様々なものがあるんですね。

また、2階のイベントコーナーで、群馬県のお菓子メーカーの品を購入し、それを食べながらコーヒーを頂いてきましたが、2階なので眺めもよく、ちょっと休憩するのにはいい感じです。

地下鉄日比谷線の東銀座駅を降りてすぐという好立地ですので、銀座に出かけた際には立ち寄ってはいかがでしょう?



2階のイベントコーナーです。


外から見ますと、このようなロケーションです



5月2日(水)その2
★夜、某テーマパークに足を伸ばしましたが、雨と強風のため、ガラガラでした。
それにしても、ここのアルバイトの方は、みなさん自分の仕事をきっちりされる方ばかりで、いつも驚かされます。

昨年の3月11日の震災時も、お客様第一の対応をしたという話は有名ですが、アルバイトの方が多いのに、どうしてこれほどモチベーションが高い仕事ができるのか不思議でなりません。

まさに『おもてなし』の最高の見本なのではないでしょうか?

大雨で、アトラクションは並ばずに楽しめたのはいいのですが、傘は強風で壊れるし、ズボンはびっしょりで、ちょっと大変でした…






5月2日(水)その1
★ただ今、東京方面へ出かけております。
首都高はGW中ということもあり、交通量は少なめだったでしょうか。

三芳のサービスエリアで、『横須賀海軍カレーパン』なるものを食べました。このパンは、テレビの情報番組で紹介された有名なパンなのだそうです。マイルドな味のカレーと、カリカリしたパンが独特の味わいを出しているような印象でした。

このカレーパンのお店の横に、『あんパン』の専門店がありましたが、ここのあんパンも、まろやかな味で、なかなかのものでした。

このサービスエリアでいろいろ食べましたが、ここは何を食べてもおいしいですね。一昔前のサービスエリアとは段違いなレベルのように思えます。



5月1日(火)その2
★西中学校のPTA歓送迎会に出かけてまいりました。
前会長さんは富高時代の同級生で、新会長さんは中学時代の同級生の弟さんということで、親近感がありました。

昔話もできて、楽しい時間を過ごすことができました。

しかし、最近は先生方を見ますと、みなさんお若い方ばかりのように見えてしまいます。
こちらの年齢が上がってきたから、そのような感覚になるのでしょうが、そのうち、校長先生も年下のようなことが起こるかもしれません。

また、歓送迎会の中で伺ったお話ですが、現在の各中学校の柔道場の畳は、かなり硬いものが使われており、受身をすると手が赤くなってしまうとのことです。

『体育の授業で、生徒全員が柔道をすることになったのだから、現在一般的に使われているようなソフトな畳に変える必要があるのではないか』とのことでしたが、今後、現状を調べてみたいと思います。



5月1日(火)その1
★午前中は、先日お電話でご意見を頂きました公園へ確認にまいりました。
その後、市役所に行きましたが、公園の担当部署の方が出かけていたため、急遽予定を変更し、別の圃場整備の件でお問い合わせを頂いていたお宅へ伺いました。

今日は何か涼しいような蒸すような微妙な天気ですが、ニュースによれば東京の方ではクールビズが始まったそうです。
富岡市役所の中も、3階はけっこう蒸し暑い感じでしたので、ノーネクタイなどクールビズを早めに実施してもよいように思えました。


可愛らしい子犬を公園で見かけました

★昨日デザインしましたステッカーを、早速作り、車に貼ってみました。

手作りですが、耐水性もあるステッカーです。

何枚か余計に作りましたので、ご興味のある方は、お声をおかけください。




4月30日(月)その2
★4月も今日で終わりです。となると、私のホームページも新たに2012年5月のページを作らねばなりません。

リンクの手直しなど、しなければならない作業がありますので、ちょっとたいへんなんですね。

また、明日は、公園の件で市役所の担当部署に伺い、さらに県庁へも出かける予定です。

夜は西中のPTA歓送迎会もありますので、少々慌しい一日になるでしょうか?

ところで、今月から聞き始めたNHKラジオの『まいにちスペイン語』講座は、じつは録音したものを、空き時間にこれまで全部聞いています。

しかし、スペイン語は、動詞の活用が非常にややこしく、とても簡単に身に付けられそうにありません。

半年で完結するこの講座を、3年間で6回、繰り返して聞けば、ひょっとしたらスペイン語通のオジサンになれるかもしれません。

気長に頑張りましょう。

また、6ヶ月目に入るスロージョギングのほうも、バッチリ継続中です。




4月30日(月)その1
★いま、様々な話題でマスコミを賑わせておられます小林幸子さんのコンサートが、かぶら文化ホールで本年8月25日に行なわれるそうです。

先ほど、市役所のHPを見たら、出ていましたが、小林幸子さんの芸能活動がいろいろ心配されている中、どんなコンサートになるのでしょうか?

また、市役所HPのトップページに、『おエイちゃん』の愛称募集終了を知らせるためのバナーが1ヶ月以上貼ってありますが、これはいつまで続けるのでしょうか?

普通の感覚なら、10日くらいで十分かと思いますが、それほど皆さんに知っていただきたい内容ということなのでしょうか?

★5月号の広報とみおかと一緒に配布されます『とみおか市議会だより』の表紙についてですが、私が撮影しました桜の写真4枚が使われることになっております。

ご覧いただければ幸いです。

★アスベスト処理施設の反対運動を盛り上げるために、ステッカーのデザインを作ってみました。

小さめのステッカーで車に貼ってみようかと思います。

★近々、銀座のぐんまちゃん家に出かける予定があります。実は、ちょっとしたことをいま計画中なのですが…

連休中に銀座見物も兼ねながら、出かけてみたい思いがありますが、どうなるか?




4月29日(日)その3
★金沢からディズニーランドに向かう高速バスが藤岡で大きな事故を起こしました。
バスはドライバー1人で運転されていたそうですが、金沢から富岡まで、ざっと360kmはあります。私は、10回以上、運転したことがありますが、これはけっこう辛い距離です。

家族で出かけるなら、疲れれば途中で休憩も入れられますが、運行予定が決まっているバスでは、たいへんなことと思います。

まして、さらに富岡からディズニーランドに行くまでの150kmくらいが上乗せされるのですから、合計510kmはプロのドライバーでもおそらく楽な運転ではないでしょう。

規制緩和による価格競争の激化のため、安全運行がないがしろにされていたとすれば、早急な対策が必要なのではないでしょうか?



4月29日(日)その2
★午前11時から、地元の少年野球チームの試合が馬山のグラウンドであり、応援に出かけました。


馬山のグラウンドは初めて行きました。
多目的グラウンドという名前でしたが、野球以外にどのような使い方ができるのでしょうか?
ちょっとそれが気になりました。


★これ、面白そうですよね。私も一度やってみたいと思いましたが、子どもさん専用のアトラクションなのでしょうか?



★トマトケチャップといえば、カゴメとデルモンテくらいしか知りませんが、今日、立ち寄ったサンドイッチショップでこんなケチャップが並んでいました。


★アスベスト処理施設の反対運動についてですが、このような時代なのですから、反対運動の組織でホームページくらい立ち上げて、最新情報や現在の状況を逐次お知らせするような活動をすべきと、個人的に思っています。

これから、富岡甘楽で5万人の署名を集めるようなお話を伺いましたが、ならば、ネット時代に対応した活動も必要かと思いますが?




4月29日(日)その1
★今朝の朝刊にNPOふるさと回帰支援センターが首都圏の人を対象に調査した『移住したい都道府県』のランキングが出ていました。

それによりますと、1位は長野県、2位は福島県、3位は千葉県…

群馬県はベスト10には入っておりませんでした。

福島県は去年まで3年連続トップだったそうですが、原発事故後も2位というのはすごいですね。逆に、放射線問題の影響も福島県よりはるかに小さく、地震も少ない群馬県は、評価が上がったかと思いきや、相変わらず人気は上がっていないようです。

どうも地味な印象を全国の方に持たれてしまっているような感がありますが、イメージアップはできないものなのでしょうか?

★5月6日に市役所西駐車場で『とみおかご当地美食選手権』が開かれます。市内の飲食店や団体、グループ約20店が出店するそうです。

あっと驚く、とみおか発のB級グルメが生まれるか?

期待したいものです。



4月22日から4月28日までのスロージョギングで走った距離
42km(今年の累積距離413km)
今週はちょうどフルマラソンと同じくらいの距離を!
4月22日 10km
 4月24日 12km
4月25日  5km
4月26日  5km
4月27日  5km
4月28日  5km
合計   42km


4月28日(土)その1
★午前中、ちょっと軽井沢方面へ出かけてまいりました。
アウトレットモールへ行きましたら、バーゲン中で、普段はほとんど買い物をしないのですが、今日は『4割引』や『半値』という値段につい引き込まれてしまい、バッグやTシャツなどを買いました。

半値ということで、小さいバッグを買ってみました


連休初日ということで、意外なほど空いていた感じでしたが、明日あたりからはかなり込むのでしょうか?

★碓氷峠の熊野神社にちょっと立ち寄りました。

まずは、昼食時でしたので、近くのお店に入り、餅が入ったそばを食べましたが、これはちょっと珍しい感じで、おいしかったです。


また、そのお店は群馬と長野の県境にあるとのことで、レンガで県境が表示されていましたが、おもしろい試みです。

固定資産税は、軽井沢町なのか、それとも安中市なのでしょうか?

★今日の読売新聞の気流欄を見て、『むむむむ』という思いが…
去る2月14日の読売新聞気流欄に掲載された私の投稿が、東京の聖心女子学院高等科の授業で使われていたことが載っているではないですか。

田舎のおじさんが書いたものが、東京の女子高の授業で教材として使われるとは…

恥ずかしいような、ありがたいような、複雑な心境です。



4月27日(金)その2
★夕方、アミューズにて、区長会のみなさんと市幹部職員・議員との懇親会が行われ、出かけてまいりました。

私は一ノ宮の区長さん6名と同じテーブルでご一緒させて頂きましたが、富岡市全体では70名以上の区長さんがおられますので、分からない方がほとんどという印象でした。

しかし、私の市議会だよりをご覧の区長さんもかなりおられ、何人もの方からお声をかけていただきました。

これまでお会いしたことはないのですが、何度かメールでやりとりさせて頂いたことがある某区長さんからは、『もはらさんのホームページよく見させてもらってます。写真がお上手ですよね』との、お褒めのことばも頂きました。

1時間半ほどの短い間でしたが、充実した時間となりました。

★先ほど、お電話で頂いたご意見です。
場所は伏せておきますが、市内の某公園が、中学生や高校生のデートスポットのような状況になっていて、風紀の乱れが心配という内容です。

具体的には書きづらい内容が多いのですが、『そんなことがあるのですか?』と耳を疑いたくなるような話もありました。

休み明けに、公園を管理する部署にこの内容をお伝えし、確認してまいりたいと思います。





4月27日(金)その1
★メインで使っているノートパソコンは、イーモバイルのデータ通信が契約してあります。
ところが最近、ネットに接続しているとき、リンク先のページが開けず、そのままインターネットエクスプローラーがフリーズ状態になってしまうことがしばしば発生しておりました。

パソコンの調子が悪いのか、イーモバイルがおかしいのか、ブラウザに問題があるのか、原因は分からなかったのですが、『できる対策からやってみよう』と、ブラウザをインターネットエクスプローラーからファイアーフォックスに替えてみましたところ、問題が解決しました。

それどころか、ファイアーフォックスにしたら、前よりも画面の表示スピードが速くなりましたが、これはなかなか素晴らしいソフトですね。

今まで、ずっとインターネットエクスプローラーを使っていましたので、『これでなけりゃダメ』という固定観念のようなものができていましたが、こんなことなら、何年も前に雑誌でファイアーフォックスを知ったとき、替えてしまえばよかったように思います。

とはいえ、まだ替えて1日ですので、細かい使い勝手までは分かりませんが…

ネット接続にトラブルがある方は、試してみてはいかがでしょう?

★今日もまた、千葉県で小学生の列に車が突っ込み、子どもさんがお一人亡くなられたというニュースを聞きました。

連日、車を運転する側の問題で、子どもさんの尊い命が失われる事故が続いていますが、本当に悲しく残念なことです。

交通事故は、だれでも被害者にも加害者にもなる可能性がありますが、安全運転の励行で気をつけたいものです。

★今日は朝一番で、富岡税務署に申告書類の提出に出かけましたが、税務署も臨時職員の方が多いのでしょうか?

応対して頂いた方のネームプレートを見て分かったのですが、2月に確定申告で行ったときも、臨時職員の方がずいぶんおられたように見えました。

国の借金が膨大になってきたことと深い関係があるということでしょうか…