富岡市を元気に!子どもたちに明るい未来を! 富岡市議会議員 茂原正秀WEB-SITE
TOP    これまでの活動記録(毎日更新中!)






市議会だよりNO.48











富岡市の桜
富岡市の美しい風景
富岡市観光協会のFacebook
富岡製糸場Facebook

便利な情報サイト
ダイヤモンド・オンライン
東洋経済オンライン
日経新聞
読売新聞オンライン
朝日新聞
毎日新聞
産経新聞
東京新聞
ロイター
共同通信
ニューズウィーク
NHK
プレジデント公式サイト
上毛新聞
The Japan Times Online








今月のスロージョギング走行距離
現在0km


★もはら撮影
 動画情報★

まなびのつどい
2014.2.2


富岡市成人式
2014.1.12


富岡市消防隊
出初式2014年


貫前神社2014年
元旦


富岡市・安中市・軽井沢町の観光連携協議会設立趣旨発表
2013.12.26


貫前神社 御戸開祭 2013.12.12

群馬サファリ富岡マラソン大会
2013.12.8


第8回富岡市一周駅伝

第2回スロージョギング教室 
2013.11.23


佐原市の『歴史ある町並み』
2013.11.5

モザイクアートで
ギネスに挑戦

2013.11.4

妙義山紅葉
フェスティバル

2013.11.3

スロージョギング
教室

2013.10.27

富岡製糸場に
ふっかちゃん

2013.10.4


富岡市交通安全
パレード

2013.9.25

富岡市CM 
2013年わがまちCM
コンテスト最終選考作品


同志社大学
今出川キャンパス

2013.10.8



ご意見・ご質問はメールでお願いいたします。
moharamasahide@gmail.com
富岡市の防災気象情報(気象庁リンク)

     
  富岡市議会の議会報告会が
8月2日(土)、午後3時から
生涯学習センター3階で開催されます! 
 
7月31日の製糸場来場者は3402人でした
 
 
 
  7月31日(木)
ぬ斉から8月。 早いものです。

9月議会、12月議会、3月議会と、あと3回、定例会をすれば、もう4月には市議会議員選挙となります。

平成14年の11月に初当選し、15年の3月議会から、26年の6月議会まで、40数回の定例会がありましたが、これまですべての定例会で一般質問を行ってきました。(全員が一般質問を取り下げた東日本大震災直後の3月定例会は除く)

一般質問を、連続で行っていくのは、正直、かなり大変なときもありますが、
幸い、毎回新たなテーマが続々と出てきまして、これまでは続いてきました。

また、議員の大先輩でおられる泉部議員さんが、私よりもはるかに長く連続して一般質問をされていることも、大きな刺激になっています。

もしも、毎回一般質問を行う先輩議員がおられなかったら、おそらく私も続けてこれなかったと思います。

もちろん、残る3回の定例会も、一般質問はいたします。


ところで、選挙が近くなると、なぜか一般質問を行う議員さんが増えるような傾向がありますが?

まさか、一般質問をあまりしていないと選挙に悪影響が出るため、その時だけは行う、というような理由ではないのでしょうが…

あまりこれには、触れないほうが良さそうです。




L斉、8月1日に、株式会社まちづくり富岡が設立されます。

資本金2千万円のうち、市が45%に当たる900万円を出資します。

また、会社の所在地は富岡商工会議所内です。

以前、まちづくり課から報告された概要によりますと、この会社の目的は18項目あります。

そのいくつかを挙げますと、
『景観や街並みの包括的な整備と、まちづくり活動の全体的なコーディネイト等を含めた、まちなかのグランドデザインの策定に係る業務』

『歴史的建造物を含めた土地建物等の有効活用を図るための調査・設計及び保全改修並びに企画運営』

『出版業・観光案内・旅行斡旋その他、観光振興に係る事業』…

このような感じで、18項目あります。

でも、こんなに手を広げてしまって大丈夫なのでしょうか?

どのようなスタッフで、これを実行していくのかは存じ上げませんが、考えられる事業をすべて並べたように思えますが?

ぜひとも、確実に達成できそうなことから、一つずつ進めて頂きたいと思います。




広報とみおか8月号が、間もなく配布されますが、今回はいっしょに『とみおか市議会だより』も配られます。

その中で、6月議会の一般質問のコーナーがあり、私の『学校給食費無料化について』も、要旨が掲載されています。

議員になってからの12年間で、最も力が入った一般質問ですので、ぜひとも配布されましたら、そこを読んでいただきたいと思います。

私が一番申し上げたかった部分は、『富岡市の財政は今後、非常に厳しい状況を迎えることが確実なのに、なぜ根拠も効果も意義もよく分からない事業に、莫大な市民の血税を投入するのか私には全く理解できない』という箇所ですが…

9月議会でも、給食費の無料化につきましては、再度、取り上げるつもりですが、ぜひ、みなさん、6月議会での一般質問がどんな状況であったか、お読みください。




〆鯑、このチラシが、母校の校友会群馬県支部から送られてきました。

テレビでちょくちょくお顔を拝見する、経済学者の浜先生です。

浜先生のご講演を聞き、先生とお話ができる機会があるのなら、ちょっと出かけてみたいような気がしてきました。

北関東自動車道が開通したことで、太田まで、以前よりも短時間で行けるようになりましたので、今回は、参加してみようかと思います。

 


 
  7月30日(水)
┝,療斃貌は、議会報告会が行われます。

いろいろ、忙しくて、その準備ができていませんでしたが、今日やっと、そちらのほうが一区切りつきましたので、これから、報告会に合わせて、準備をしていくつもりです。

今日、十和田市議会の議会報告会は、6人の議員のグループで行う、との話を聞きましたが、富岡市も最終的には、そのような小グループで、複数開催する必要があるかと、個人的には考えています。

議会全体で1回というのは、答える議員が限られてしまいますので、問題があります。

まずは、今年の報告会を実施して、来年度からは、大胆に変えていくことも必要では?

ちなみに、来春には、市議会議員選挙が行われ、議員数は現在の21人定数から18人に減少します。

次の任期中には、新しい市庁舎になるでしょうから、そうなると、ネットを使った本会議や委員会のライブ中継も可能になるでしょう。

これから数年の間に、議会は、大きく変わることは間違いなさそうですが、それでも、世の中の変化のスピードはさらに速そうですので、そこが、気になるところです。




Д優奪箸如△い蹐い蹐覆海箸簡単に調べられますが、『名前を打ち込めば、その人の住所と電話番号が分かる』というサイトの話を聞きました。

本当にそんなことができるのか、と思いましたが、自分の名前を含め、数名の知人の名前を入れて調べましたら、しっかり情報が出てきました。

これは便利というのか、便利すぎて逆に不便とでも言うべきか?

犯罪に使われるなど、悪用されなければ良いのですが、非常に気になります。



ι找市立美術博物館で、ただ今、『南桂子版画展』を行っています。

8月24日(日)までの期間です。



私は美術のことはよく分かりませんが、アートは心の栄養と思っていますので、このようなイベントには積極的に出かけています。

国際的な版画家の方の作品を、富岡で見れる機会は、そうはありません。

夏休みですので、子どもさんと出かけてみるのも、よろしいかと思います。





富岡市防災情報ツイッターが始まったようです。

先ほど見ましたら、『これはテストツイートです』と書いてあるだけでしたが、富岡市はツイッターをどのように使っていくかぐらいは、書いてもよろしかったのでは?

とりあえず、新しい情報発信ツールがひとつ増えましたので、それは喜ばしいことと思います。



ぁNTTの代理店のナントカ?カントカ?』というような会社から、セールスの電話が、よくかかってきます。

こうした電話セールスは、かなり高圧的な物言いをする傾向がありますので、何とか、これを止めさせる方法はないものか?

そう思い、NTTの『116』に電話し、相談しましたら、『営業活動を行わないように、電話番号の登録ができます』とのこと。

ちょっと驚きましたが、そのような方法があるのだったら、もっと早く教えてほしかったですよね。

とりあえず、電話番号を伝え、登録しましたので、これでNTTからのセールス電話は来ないはずですが…、もしも来たら?

そんなときこそ、消費生活センターに相談ですね。

まあ、そうならなければよいのですが…



十和田市議会の議長さんが、視察最初のご挨拶で、このようなお話をされました。

『富岡という街は、実際に来るまでは女工哀史で可哀想なところと思っていました…』という内容です。

青森県の方から見ますと、やはりそう思えてしまうのが現実なのでしょう。

世界遺産登録後、『女工哀史は富岡製糸所の歴史とは違う』ことが、広く知られるようにはなってきましたが、製糸業イコール女工哀史のイメージが強烈過ぎて、なかなか完全に払しょくするのは難しいというところかも?

富岡製糸場が世の注目を集めているうちに、このイメージを変えたいものです。



△舛腓辰班が、以前よりも涼しくなったような印象があります。

まさか、これでもう、真夏の暑さは終わりということではないのでしょうが、多少でも涼しい日が来ると、体には良さそうです。

昨夜、寝ていましたら、耳元で蚊のプーンという嫌な音が聞こえ、飛び起きてしまいました。

あの甲高い音は、非常に不快ですよね。

日常生活の中の不快な音ワースト10でも、ランキングにすれば、絶対に、蚊の『プーン』音は、上位に来るのでは?

おまけに、手の小指や、足の小指あたりを刺されますと、気分まで最悪モードになってしまいます。




仝畫娃校半から、十和田市議会の議会運営委員会のみなさんが視察で富岡市役所に来られました。

視察の内容が、議会基本条例についてでしたので、富岡の議会基本条例をつくったときの議会運営委員長という立場で、私も応対をさせていただきました。

十和田市議会も、すでに基本条例は制定し、来年1月1日に施行ということでした。

なので、『条例制定後に状況について』のご質問をいろいろいただきましたが、的を射た回答をする難しさがよく分かりました。

簡潔明瞭に述べることの重要性に気づいたことは、今週の土曜日に実施予定の議会報告会の前で、良かったのかも?

日本語の難しさをあらためて実感したというところです。


また、いろいろ深いお話もできましたので、視察を受け入れる側の私も大いに勉強になりました。

十和田市議会のみなさんは、これから長野県の上田市に行き、今日はそちらでお泊りになるそうですが、このたびは、富岡市を視察地にお選びいただき、ありがとうございました。





 
  7月29日(火)
8畍紕兄から、納涼祭の盆踊りの練習が、一ノ宮体育館でありました。

50名ほどの方が参加され、『一ノ宮小唄』や『貫前音頭』などの練習をしました。


最近、納涼祭が、以前よりも賑やかな感じで、盆踊りの練習も賑わいが感じられます。

この手のイベントは、人出が少ないと、盛り上がりませんので、非常に喜ばしいことです。

次の日曜日が納涼祭ですが、何とかこの日だけは、良い天気になってもらいたいものです。

ところで、盆踊りは、中腰になって踊るような動きも多いことから、筋力アップの体操にもなるように思えましたが?

『盆踊りには、たいへんなダイエット効果がある』というような話になれば、一気に、若い女性の参加者が増え、さらに盆踊りが盛り上がるということになるかも…しれませんね。

まあ、ダイエット効果うんぬんは、分かりませんが、
Let's dance、 盆ダンス という感じで、みなさん、盛り上がりましょう。





∪住緇譴半緜駐車場の間にパチンコ屋さんがありましたが、最近、工事中で、何ができるのかと思っていましたら、今日の新聞に、『上州うまいもん市場』というお店が8月中旬に開店するとの情報が出ていました。

飲食店と物産店が入るようですが、城町通りだけでなく、銀座通り側も、だいぶ賑やかな感じに、これからなりそうです。

お店などは、だいぶ充実してきた印象がありますが、こうなると望まれるのは宿泊施設ということになるのでは?

私は前から、この件について、企画財務部長さんと副市長さんに、あれこれお話しているのですが、どうもなかなか進まなくて、じれったい思いがしていると申しましょうか…

ズバリ内容を申し上げますと、富岡市に進出してくれる可能性がある大手ビジネスホテルチェーンがあります。

こんな良い話は、めったなことではないのですから、何とか、話をうまく進めたいと個人的には考えております。

少しでも宿泊型の観光地の方向に進めないと、これからも富岡市で大きな経済効果を生むことは難しいでしょうから、何とかしたいと考え、個人的にできることはやってはいるのですが…

世の中、思うようにいかないことが圧倒的に多いものですね。

世界遺産登録でお忙しいのは分かるのですが、富岡市にとって大きな新たな展望が開ける可能性がある話なのですから、もうちょっと何とかしてほしいと、ずーっと思ってきましたが、最近は、『もう、だめかも?』という思いが、徐々に強くなってきました。

完全に、だめになりましたら、そのすべての話を、細かくお知らせいたしますが、そうならないことを…、今はまだ、期待しましょう…




…、一度、議会事務局に行きまして、明日お迎えする十和田市議会の視察について、確認をしてきました。

また、その後、内匠にあります大型バスの待機所で使っている、市の駐車場の様子を見てまいりました。

『せっかく整備したのに、ここの駐車場にバスがあることが少ないように見えますが…』とのご意見をいただきましたので、確認に行きましたが、なるほど、確かにあまりバスが駐車していませんでした。


もしかしますと、秋の観光シーズンには、観光バスでいっぱいになる見込みなのかもしれませんが、今日も4000人以上のお客様が来られた割には、少ないように思えました。



 
 
  7月28日(月)
ダ莉気療斃貌の夕方、ヴァンベールで行われた世界遺産登録記念のレセプションで、岡野前市長さんにお会いしました。

お久しぶりに、お話をさせていただきましたが、市長さんをされていたときよりも、お元気そうでした。

また、下仁田の教育長さんから、『もはらさん、荒船風穴の宣伝をホームページでしてくださって、ありがとうございました』とのお言葉を頂戴しました。

教育長さんは、以前、一ノ宮小の校長先生をされておられましたので、個人的によく存じ上げております。

でも、私が、荒船風穴に出かけたことをご存知とは、ちょっと驚きました。

荒船風穴は、富岡市民なら、一度は見に行く価値があるかと思います。

まだ、行ったことがないみなさん、ぜひお出かけください。




ぃ械案に、青森県十和田市議会のみなさんが富岡市議会に視察で来られます。

議会基本条例についてのことなので、それを作ったときの、議会改革検討員会委員長として、私が説明をさせていただく役になったのですが…

あまり難しい質問がないことを祈るばかりです。

富岡製糸場の世界遺産登録直後ということもあり、いま、全国の多くの市が、富岡市への視察を希望されているようです。

ちょっと前では、考えられなかったことで、びっくりです。



2箸良屋の照明を、LEDに交換しました。

30年近く前につけた照明器具の調子が悪くて、交換したような次第ですが、想像していた以上に使い勝手が良く、こんなことなら、もっと早く交換したほうがよかったか、と思えるほどでした。

LED照明は、電燈の部分が切れてしまったら、照明器具ごと交換するとのことですが、かなりの期間使えるとのこと。

最近、脚立に上って、電球の交換をするのが、たいへんになってきましたので、そういうことを考えれば、ありがたいことです。

歳を取ってきますと、脚立の上で立つような作業は、非常に危なっかしくて、さらに、腕を上げる作業がとても辛いものです。

脚立から落ちて、大ケガという可能性も高くなってきましたので、このタイミングは、案外よかったのかもしれませんね。





◆慇住緇譴諒歛鹸浜には、30年で100億円の費用がかかる』という話は、よく耳にします。

そして、国が50%、県が25%、市が25%の割合で負担すると、一般的には言われています。

しかし、この話には懸念すべき点があります。

まず、本当に100億円で間に合うのか?

根拠が非常にあいまいです。

またさらに、県の25%負担は、県が最高に負担した場合の話であって、もしかしますと、25%も負担できないから、県の負担は20%にしてくれ、ということも十分に可能性があります。

世界遺産登録が実現し、大きな目標は達成されて、たいへん喜ばしいところではありますが、これから、いよいよ現実を直視しなければならないときが、来るかも…しれません。




\住緇譴瞭場者数が、昨日の日曜日は4694人であったのに、月曜日の今日は4820人と上回りました。

夏休みという特別な要因があるにしても、月曜日でこれだけ多くのお客様が来られるとは驚きです。

この勢いで行きますと、今年度は、どのくらいの入場者数になるのでしょうか?

昨年度が30万人ちょっとでしたが、仮に年間300日開場で、1日平均3000人の入場者なら、90万人となります。

いまの勢いならば、3000人平均を上回る可能性もありますので、もしかしますと、一気に100万人超えということもありえるのでは?

ただ、あまり短期間にお客様が増えますと、その後が怖い感じもします。

できることなら、年間60万人から70万人くらいで、末永くお客様が来てくださるほうが、いいように思えます。

『山高ければ谷深し』という格言がありますが、そうならないことを祈るばかりです。





 
 
  7月27日(日)
〆Fは、姉妹都市である岡谷市議会と、富岡市議会の交流会が行われ、岡本の野球用グランドでソフトボールの試合をしてきました。

両市議会の交流会は、一年ごとに、会場を変えて実施されています。

今回は、富岡市の番でしたが、岡谷市のみなさんは、9時前には到着していましたので、かなり朝早く出てこられたのでは?

試合は、甲子園の試合以上に、大接戦。

珍プレーや、ファインプレーも度々出て、見ごたえ、やりごたえのある試合になりました。



6回で、規定の時間となり、6回で終了となりましたが、15−14で、岡谷市の勝利。

ここまでの接戦は、そうはないですよね。

ケガや事故なく、和やかな雰囲気の中、試合ができまして、本当に良かったです。

私は、2番手ピッチャーとして、3回投げましたが、ソフトボールをするのは2年に一度くらいなので、ちょっと感覚がつかめないうちに、試合が終わってしまいました。



また、その後、妙義ふれあいプラザで、懇親会が行われました。

岡谷市議会のみなさんから、富岡製糸場の世界遺産登録について、様々なご質問がありました。

また、岡谷市の様々な課題についてのお話も伺うことができました。

妙義ふれあいプラザは、今日もかなりの人出でした。

ここの、もみじの湯に、初めて入りましたが、露天風呂の景色は絶景でした。

紅葉シーズンになりましたら、改めて露天風呂に入りに来たいと思います。

午後2時半頃、懇親会は終わり、お見送りをさせていただきましたが、岡谷市議会のみなさん、今日はたいへんお世話になりました。


下の写真は、ふれあいプラザのロビーです。たくさんのお客様が、くつろいでおられました。



岡谷市議会のみなさんが、お帰りになられたときの光景です。


ちなみに、富岡市と岡谷市が姉妹都市になったのは、昭和47年(1972年)です。

それは、札幌オリンピックと浅間山荘事件があった年のことです。

私は、当時、西中一ノ宮教場の2年生でしたが、そう考えると、両市の姉妹都市の関係は、長い歴史があると言えそうです。







 
  7月26日(土)
仝畫庵罎蓮▲丱疋潺鵐肇鵑領習で、西小体育館に行きましたが、猛烈な暑さで、大変でした。



しかし、午後は、そんな暑さは全く大したことではなかったというような、とんでもない暑さを経験しました。

それは、どこかお分かりでしょうか?

富岡製糸場東繭倉庫内のイベント会場です。

午後2時から、『富岡製糸場世界遺産登録記念式典』が、ここで行われましたが、エアコンが使えないスペースでの、真夏のイベント…

おそらく議員として出席したイベントの中で、最も今日は暑かったのでは?

もしかしますと、これまでの55年の人生の中で、これほど暑いところに座っていたということは、数えるくらいしかなかったかと思えるほどでした。


さて、そんな暑い中での記念式典ですが、国会議員の山本先生、中曽根先生をはじめ、県内各市の市長のみなさん、片倉工業の社長さん、交流都市・姉妹都市の関係者のみなさん、そしてフランス大使館の方々など、たいへん豪華な顔ぶれのイベントになりました。


写真は中曽根参議院議員です。文部科学大臣時代のお話もされました。



清水太田市長さんです。『富岡市の市長は、1期でコロコロ変わってしまう』というお話もありました。
清水市長さんは、お話がたいへんお上手な方で、憧れます。

 

片倉工業の社長さんです。さすが一部上場企業のトップの方は、雰囲気から違います。



この暑さの中でも、お客様の数は多く、たいへんな混雑でした。



本日いただきました記念品は、このようなものでした。


素敵なデザインの手ぬぐいですね。





 
  7月25日(金)
L襭兄半から、一ノ宮公民館で、2回目のウクレレ教室があり、出かけてきました。

今日は、Cコード、G7コード、Fコードの練習をしましたが、ウクレレって、面白いですね。

ギターが上手な人はたくさんいますので、これから本気になって練習しても絶対かないませんが、ウクレレなら、今からでも、そこそこ存在感が出せるレベルになれるのかも?

バドミントンと同じくらい、ちょっと燃えてきました。


ところで、スロージョギングは?

あまりの暑さを理由に、サボりまくっております…





◆惶訖費の無料化について、議会ではどんな意見が出ているんですか?』と、市民の方からご質問をいただきました。

市長さんは、10月から実施するようなお話をされていますが、議会のほうでは、これについて、委員会や全員協議会で、まだ話し合いは行われておりません。

6月議会の一般質問で、給食費の無料化について意見を述べた議員は4名で、私は『絶対実施すべきではない』という反対の立場で、堀越議員さんと泉部議員さんは賛成の立場、矢野議員さんは『基本的には反対ではないが…』的な微妙な状況のように私には見えました。

他の議員のみなさんのお考えは、よく分かりませんが、反対の方向と推測できる議員の方は、私を含めて5名ほどでしょうか?

ただ、この件は、投入する予算の額が、極めて巨額ですので、諸手を挙げて賛成するのは、私から見れば、賛成すること以上に度胸が必要かと思いえます。

8月になれば、かなり大きな動きが出てくるかと思われますが、将来に禍根を残さないよう、徹底的に議会で議論する必要があります。

議会で、様々な意見が出てきましたら、どの議員さんが、どのようなお考えなのかも、可能な範囲で紹介したいと思います。





〆Fは午前中に告別式、夕方はお通夜と、1日に2回礼服を着ましたが、今日の暑さは、酷暑という表現がピッタリなほど、凄まじかったです。

冷房が効いている室内と、35℃以上もある外に何度も行ったり来たりしていますと、体の感覚がちょっとおかしくなってしまいそうですが、体調管理には気を付けたいものです。


話は変わりますが、最近、上町駐車場から、製糸場に向かう国道254号の横断歩道で、子どもたちの長い行列を見ますが、夏休みになり、子ども会の旅行で、製糸場見学に来た小学生なのでしょうか?

横断歩道には信号がないので、なかなか渡るタイミングが難しいときもありますが、交通事故などが起きなければ良いのですが…

今の車は、大半がエアコンをつけているでしょうから、あまりの暑さでドライバーの方の集中力が衰え、前方不注意になるようなことはないかとは思います。

でも、スマホを見ながら運転している車は、時々見かけますので、ぜひ、製糸場のそばを通るときには、十分に注意していただきたいものです。


信号待ちで止まっているとき、スマホで何か打ち込んでいるようなドライバーも頻繁に見かけますが、あれは、LINEのやり取りのなのか…

私はLINEをしませんので、分からないのですが、LINEとは、使い始めるとそれほどまで夢中になってしまうような魔性の魅力があるということなのでしょうか?

スマホに関しては、完璧にガラパゴス状態で、使いこなすことができていませんが、これはこれで、逆に良かったようにも感じていますが?





 
 
  7月24日(木)
い發Π譴帖高崎駅で見つけたチラシですが、このようなものがありました。


ネットを利用した、新たな情報発信の方法のようですが、市民のみなさんの力で行おうという点が、今風で斬新と思います。

これも、これから調べていきたいと思います。




9盧蟇惺銃發猟模を歩いていましたら、このような観光ポスターが目に入りました。


この企画の内容は、東京駅から新幹線で高崎まで来て、上信電鉄に乗り、富岡製糸場を見学し、街中を散策するというものです。

大人9500円だそうですが、価格設定とすれば、1万円を切っていますので、値ごろ感があるのかも?

ただ、バスツアーと比べますと、高い印象は否めませんが、このJRの企画はヒットしているのでしょうか?

気になります。




家の応接間の照明が古くなって調子が悪いため、LEDのものに替えることにしました。

実は、我が家の照明器具は、一つもLED化されていないのですが、量販店でいろいろ見ますと、リモコンでスイッチのオンオフができるだけでなく、明るさの調整や、明かりの色合いの調整もできると知り、驚きました。

リモコンで明かりを消せるということは、蛍光灯のスイッチひもに、さらに紐をつけて、布団の中から引っ張れるようなことを、昔していましたが、そんなことも必要ないというとのようです。

これまでLED照明に、まったく関心がなかったので、何も知らなかったのですが、時代は、想像していた以上に進んでいたことに、今日、気づかされました。




々盧蠅僕兒があって出かけましたが、時間に余裕があったので、ちょっと高崎駅の西口周辺を歩いてみました。

東口がいまのように都市化されていなかったときは、高崎に行くといえば、西口でした。

高島屋などにも、よく出かけましたが、最近は高島屋に行くのも年に数回くらいという感じです。

新星堂の書店にも、昔はよく行きましたが、今日、その通りを歩いてみますと、新星堂はどのあたりにあったのかさえ分からないような状況でした。

以前は、高島屋から、スズランデパートにかけての通りは、すべてお店で埋まったいましたが、だいぶ様変わりをしたというか、寂しいような印象を持ちました。



群馬県で最も元気がありそうな高崎でも、街を歩くと、以前とは比較の対象にならないほど活気がないように思えましたが…

先日、富山市と金沢市に行きましたが、どちらも人口は40数万人で、高崎市の37万人よりも、少し多いレベルですが、大手金融機関の数や、宿泊施設や商業店舗などの充実度では、富山市、金沢市のほうが、かなり上のように思えます。

高崎市の場合、車社会の群馬県ということで、郊外がどんどん開発されてしまい、中心部が空洞化してしまったのかもしれませんが、鉄道交通の要所なのですから、もう少し駅の周りに賑わいがほしいように思えました。

群馬を代表する高崎市なのですから、群馬県民が自慢できるような街であってほしいと強く思います。


ところで、『高崎まちなかコミュニティサイクル』の自転車が、何か所か置かれていましたが、これは便利そうに思えます。

お富ちゃん家に、電動アシスト自転車が置かれ、貸出されていますが、普通の自転車をいつでも自由に借りて乗れるのもいいですよね。

ただ、富岡製糸場まで自転車で行った場合、駐輪する場所で困ってしまうことになってしまうのでしょうか?

高崎のコミュニティサイクルは、乗っている方を街中で見かけましたので、かなり普及しているように思えましたが、これから調べてみたいと思います。


小学生の頃、昭和40年代になるでしょうか。

スズランデパートの最上階の大きなレストラン(食堂?)で、カレーライスやラーメン、寿司、カツ丼などを食べるのが、『最高の喜び』であった時代があります。

あのとき食べていたものが、本当においしかったのかどうかは定かではありませんが、非常においしいものを食べたという印象だけは強く残っています。

あの頃は、富岡の街中の商店街もたいへん活気があった時代なのでしょうが、高崎に行きますと、都会の街に来たような思いがありました。

高崎市は様々な開発の計画があるようですので、ぜひ、群馬県民として自慢できるような、スタイリッシュな街になってほしいと思います。

 



 
  7月23日(水)
NHKの番組を見ていましたら、祇園祭の特番がありました。

祭の屋台を覆っているものに、何百年も前の、世界的に貴重なタペストリーが何枚もあるのだとか。

そのようなお祭りの見方、楽しみ方があるとは知りませんでした。

一応、四年間、京都に住んでたのに、初めて知りました。

市役所内には、京都通の職員さんが何人もおられますが、私よりも遥かに詳しくて、驚いたことがあります。

私もこれから京都検定の勉強でもしたほうがよいのかも?

でも、それだったら、富岡製糸場検定をつくるほうで活動すべきですよね。





市民の方から、以下のようなご意見をメールで頂きました。

『内匠地内の新鏑橋下にある富岡製糸場関連のバス待機場(バス30台ぐらいが駐車可能か。)が、毎日1台も駐車されていません。一体、何を考えて市民の血税を使い、整備したのでしょうか。』

どのような状況なのか、また、どうしてそうなってしまうのか。さらには、今後どうするお考えなのか、担当部署で確認して参ります。


∈鯡襦∈幻に、いやーな感じの痛みがありまして、『また五十肩になってしまうのか』と、心配になりましたが、今日はだいぶ痛みが治まり、大丈夫そうな雰囲気に。

五十肩は、一度ひどくなると、半年から一年くらい痛いケースもあるようですが、一週間くらいなら我慢できますが、そんなに長いと、困ります。

痛い時は、痛くないようにすることが、五十肩や腰痛にとって最も大切なことのように思えます。

私は一年に一度くらいですが、腰が痛くなることがありまして、その予兆が感じられましたら、すぐに簡易コルセットで腰を固定するようにしています。

痛みが酷くなる前に、万全の対応をしますと、だいたいはその状態で治ります。

世の中のことは何事も、最初の対応が肝心というところでしょうか?





―襪気砲蓮△なり強いほうなのですが、今日の暑さは、『ちーっとばっか、勘弁してくんねーかのぅ』という感じでした。

午後は、税務署に申告のための書類をもらいに行きましたが、その帰りに、以前から確認したかったことがあり、工業課にお邪魔しました。

工業課は、保健センターの隣の工業情報センターにあります。

以前は、商業担当の職員さんも、ここにおられましたが、現在は工業担当の方だけですので、前よりもゆったり感が漂っていました。

確認したかったことは、工業団地についてのことですが、なるほどと思える話をいくつも聞くことができました。

富岡市のメガソーラー計画の話も、ちょこっとしましたが、それについては、また後日の一般質問などで活用したいと…考えております。

また、来春退職される予定の部長さんが多いという話から、年齢の話になりましたが、市役所では一時、新採用がゼロであった時期があったことから、年齢構成に大きな偏りがあるとのこと。

少数採用の時に入った方は、部長さんになれる可能性は極めて高いのでしょうが、そうした世代の方々が上に立つ時代は、難しい問題が生まれる可能性もあるのでは?


工業課の後は、その隣の保健センターにも久しぶりに寄らさせていただきました。

こちらへは、『富岡市健康のしおり』を一部いただくためにお邪魔しましたが、温度計を見ると、室内の温度はほぼ30℃。

それでも、暑く感じなかったのですから、今日の外の温度は、いったい何度だったのでしょうか?

保健センターは、1階で子どもさんの検診を行っている日は、子どもさんの泣き声で、にぎやかな感じですが、それ以外のときは、たいへん静かで、そのギャップにちょっと驚きます。

また、とみおか健康ダイヤル24のことで、ちょっと聞きたいことがあったのですが、ついうっかりで、聞くのを忘れてしまいました。

また、折を見てお邪魔したいと思います。





 
 
  7月22日(火)
現段階では触れないでいようかと思いましたが、本日、担当部長さんと、あれやこれや議論をしてきましたので、ちょっとこのことに触れたいと思います。

実は、富岡市では、太陽光発電事業に進出する計画案があります。

発電出力10MW(10000KW)という、巨大なプロジェクトです。

しかも、総事業費は20年間で約41億円という、非常に巨額な事業です。

収益の見込みは、20年でおよそ17億円とのことです。

つまり、年間8千万円の財源を確保するために、この事業に取り組みたいようです。

そのようなわけで、今日は、ネットで、あちこちの自治体の動向やら、太陽光発電の収益性や問題点など、調べまくっております。

20年という長期の計画で、さらに、人口減少・高齢化が進む中、年間8千万円の財源をつくるため、41億円を投資するというのは、個人的には大きな疑問と懸念を抱いております。

万一想定したとおりに進まなければ、『何でこのような事業に手を出したんだ!』と、将来言われる可能性もかなりあるのでは?

しかし、感覚的な話ではなく、理論的にそのことを説明しなければなりませんので、ただ今、研究中というところです。

まさか、41億円の投資をして年間8千万円の財源を確保するのは、年間2億円かかる給食費無料化のためだとしたら?

それだったら、給食費の無料化をしないで、太陽光発電事業にも手を出さないことが、今の富岡市にとって、最も安全で確実な方法かと思いますが…

富岡製糸場や、世界遺産のある街づくりだけでも、大変なお金がかかる難しい課題なのに、どうして、さらに大風呂敷を広げるようなことを進めたいのか?

今のままでは、あれもこれも目立つような事業すべてに手を出し、結局どれもうまくいかず、後世に借金の山を残したということになってしまわないか、非常に懸念しています。

さらに、こうした懸念をしている議員が非常に少ない点も、これまた懸念される点です。


これからの20年というのは、世界の歴史で、人類が初めて経験することが、この日本でどんどん起こるという、まさに不確実性あふれる日々になることは間違いないでしょう。

なので、あまり楽観的なシナリオで物事を進めないほうがよいように思えますが、このあたりで、今日は止めておいたほうがよろしそうです。





’澑が明けたとのことですが、今日の暑さは格別でした。

ところで、夕方から、左肩に何か違和感が出てきたのですが、その雰囲気が、以前、五十肩になったときと酷似しております。

まずいですね。

これから納涼祭などもありますので、腕が上がらないというのは、非常にまずいです。

前回の五十肩のとき、富岡市の健康ダイヤル24に電話をかけて相談したことがあります。

そのときのアドバイスでは、五十肩は痛い時は無理に動かすと悪化する可能性が高いので、痛くない姿勢でいるよう勧められました。

というわけで、この数日間は、左腕を動かさないよう行動したいと思います。

おかしな体の動きをしていても、怪しまないでいただければありがたいです。




 
 
  7月21日(月)
TBSラジオで夜10時から放送されている、『荻上チキ Session22』を、ネットラジオで最近聴きますが、なかなか面白い話が聞けます。

今日のテーマは
『DNA型鑑定で血縁がない事が明らかでも、法律上の父と子の関係は取り消さない』 最高裁の判断をどう思いますか?
というものでした。

早大と東北大の先生も出演し、ディープな議論になっていましたが、テレビのニュース番組を見るのよりも面白いですね。

ラジオが、マイブームになりつつある今日この頃…です。




ぅ織屮譽奪斑舎を持っていますが、イマイチ使っていないような状況でした。

しかし、最近、ポケットWi-Fiと、このタブレットで、ラジオを聴くという方法を考えてから、『高音質のラジオ』的に使っています。

東京や神奈川、千葉などのFM放送も、クリアな音で聴けますので、ラジオ世代の私とすれば、これは非常にうれしいことです。

ついでと言っては何ですが、テレビ放送もワンセグ放送ではなく、ネットを使い、タブレット端末で見ることができるようになれば、最高なのですが?




先日、富山市に出かけたとき、スターバックスで『抹茶クリームフラペチーノ』なるものを飲みましたが、非常に口当たりが良く、それ以来、スターバックスのファンになりました。

それまでは、スターバックスよりも、ファミレスのドリンクバーのほうに魅力を感じていましたが、ちょっと考え方が変わりました。

ところで、昨日、富岡からちょっと離れた、とある所のスターバックスに入りましたら、富岡市議のとある方にバッタリお会いしました。

びっくり仰天でしたが、抹茶クリームフラペチーノは、富山で飲んだ時と同じ味で、なかなかのものでした。

ところで、私はあまりスタバには行かないので、たまたまなのかもしれませんが、そのお店のレジ担当のお兄さん、お姉さんは、とても気さくで、お客さんと必ず、ちょっとした会話をしていました。

マクドナルドなどの『マニュアル会話』ではなく、とても印象が良かったです。

最近、全国チェーンのお店は、完全にマニュアル化されたオペレーションになっていますが、スターバックスは、異なる路線で進めているのでしょうか?



⊇嗣雲任砲篭囘割というものがあります。

昨年までは、均等割の市民税は3000円、県民税は1000円で、合計4000円でした。

しかし、今年度から、大幅に引き上げられ、市民税は3500円、県民税は2200円の、合計5700円となりました。

4000円が5700円になるというのは、率にすれば、約43%ものアップです。

普通の商品やサービスの価格なら、このような値上げはありえないでしょう。

また、軽自動車税も、2015年4月以降に購入する車は、軽自動車税が7200円から、10800円と、5割も上がります。

消費税率の引き上げは、大いに話題になりましたが、目立たないところでも、じわじわ増税が進められ、私たちの生活は、どんどん苦しくなるばかり…

困ったことです。



〆鯑の製糸場は、すごい混雑ぶりでしたが、入場者数は8423人で、過去最高だったとのこと。

たまたま、その日に、製糸場周辺を見たわけですが、この人数は、もしかすると今後も超えることはないのでは?

可能性があるとすれば、8月のお盆前くらいでしょうが、私は、昨日の記録が、今後も製糸場の最多入場者数として、残る可能性が高いと思っています。

また昨日、城町通りを歩いて感じたことですが、20代から30代の若いカップルの方の姿も、かなり目につきました。

これは予想外でしたが、若い観光客の方が目立つと、通りの雰囲気も華やぐというか、ファッショナブル感が漂いますよね。

とても好ましい傾向と思います。

そうした方が、リピーターとして、再度、富岡に訪れていただければ、さらに良いのですが?

若いカップルのみなさんに楽しんでもらうため、パワースポット系の情報や、カフェやレストランの情報を集めて、紹介するようなこともしたいですよね。

丹生湖のひまわり畑で、思い出に残るような記念写真を撮ってあげるようなサービスをしても、おもしろいかも?


ぜひ、『歴史があり、ちょっとおしゃれな空気も漂う、存在感のある地方都市』というような位置づけに富岡市をしたいものです。






 
 
  7月20日(日)
仝畫庵罅△富ちゃん家に、所用で出かけました。

街中の人出が、今日はとても多いように思えましたので、せっかくですから、城町通りから製糸場まで、どんな雰囲気なのか、歩きながら見て回りました。

製糸場が近づきますと、今日の人出は、ちょっと違う多さであることが、ぷんぷん伝わってきました。



製糸場の正門前は、入場待ちの行列と、記念写真の撮影をする観光客の方々で、原宿の竹下通り的な雰囲気が…



入場券を買うのに時間がかかるため、それが自然に入場制限になっているように見えました。
それにしても、この暑さの中、これほどのお客様が来てくださるというのは、スゴイことです。



その後、銀座まちなか交流館に行きましたら、観光客の方に、繭を使ったクラフトづくりを体験できるコーナーがあり、私も繭で、ぐんまちゃんを作ってみました。
 


製糸場の前で、作品の記念写真を撮影しました。



また、あちこちのお店を見ながら帰りましたが、『ぶんぶんとまと』さんのご主人といろいろお話をさせていただき、さらに試食で頂いたものが、濃厚な味でとてもおいしかったので、トマトを購入してまいりました。

ご主人から、『ホームページで紹介してください』とのお話もいただけましたので、写真を掲載いたします。





 
  7月19日(土)
ぬ襦∈邏藩僂離悒襯瓮奪箸法⊆分で作った『お富ちゃんステッカー』を貼ってみました。

ちょっとポップな感じになったでしょうか…




ユーコーポレーションさんで、昨日、まゆべえハンカチと、トートバッグを追加で作っていただきましたので、今日、お富ちゃん家に納品に行ってきました。

小雨が降る夕方でしたが、それでも、かなりの人通りでした。

城町通りは、いまや、県内有数の、商業地になりつつあるのかも?

上毛新聞の支局前に、ちょっとしたスペースがありますが、あそこで市内の様々な業者さんに、物品販売や飲食物の提供などを、週末だけでも継続してやってもらうことはできないのでしょうか?

観光地的な賑わいの創出には、そういうものも必要と思いますが?

今日から、学校は夏休みに入ったわけですが、これからひと月は、かなりのお客様が来られる可能性があります。

ピークは、お盆の前ではないかと思いますが、もしかすると、ゴールデンウィークのときのような、人出になることも十分にありえるのでは?





岡山で起きた行方不明事件の小学生の女の子は、無事に保護されたとのことですが、良かったですね。

このような時代ですから、なかなか見つからないと、非常に心配になります。

事件が起きますと、最近は、防犯カメラやドライブレコーダーの映像などが、有力な手掛かりになることが多くあります。

となりますと、あちこちに設置されているカメラは、それ自体が、犯罪の抑止力になっていることも考えられます。

もしも、すべての車にドライブレコーダーが装備され、映像の記録が残るようなことになったら、事件の証拠や手がかりは、今よりもはるかに多くなるのでは?

以前から、興味はありましたが、そろそろドライブレコーダーは購入しても良い時期なのかもしれません。




仝畫庵罎蓮▲丱疋潺鵐肇鵑領習で、西小へ行きました。

そこで、小学生の保護者の方々と、ご一緒させてもらっていますが、臨海学校中止の話題になりました。

教育委員会で、以前伺ったお話では、代替事業は実施しないとのことでしたが、市内のとある小学校では、どこかに出かけるような?

臨海学校は、たとえば一ノ宮小学校の場合は、西中でいっしょになる丹生小、吉田小と合同で実施されていました。

2泊3日の間に、3校の生徒同士で交流する機会を持つということでしょうが、可能ならば、何らかの代替事業を行うべきではないでしょうか?

今年は、もう無理だとしても、来年も臨海学校が休止されるのでしたら、何か考えていただきたいものです。




 
 
  7月18日(金)
L襦∪消罎PTA会長を以前された方々や、歴代の校長先生との懇親会が、ニュー飯店で行われました。

いまの校長先生が、ご挨拶の中で述べられた話では、今年、西中は開校44年目とのこと。

また、これまで一番生徒数が多かったときは、780人であったのが、現在は何と352人なのだとか…

つまり一番多い時の、半分以下の生徒数になってしまったということのようです。

わずか44年、されど44年というところでしょうか?

ちなみに、44年前というのは、私が中学に入学した年です。




午後1時半から、富岡市の美術博物館協議会が開かれました。

こちらの委員は、11名おりまして、市議会からの代表は私だけです。

平成25年度の事業報告と、平成26年度の事業計画についてが主な議事でした。

また、この中で、興味深い提案も出されました。

現在、中学生が美術博物館に授業で訪れるような機会はないそうですが、3年間のうちに必ず1度はここに来て、学芸員の方から展示されている絵について説明を受けたり、美術館を楽しむ方法を学べるようにすべきでは、という提案です。

個人的にこれは、とても意味のある提案であると思えました。

今のままでは、せっかくの施設が、市民のために生かされているとはとても言えません。

ぜひ、子どもたちの美術教育に、この施設をもっと生かしてほしいものです。



仝畫娃校半から、全員協議会があり、その後、東中体育館の立替工事に関する臨時議会がありました。

ここまでは、特別なことはなかったのですが、その後に、再度開かれました全員協議会が、何と申してよろしいのやら…という、展開になりました。

全員協議会の場で、携帯電話が鳴ってしまったり、その前に開かれた総務委員会協議会とはかなり異なる説明が、今日の全員協議会ではなされたりと、いくら世界遺産登録で慌ただしい富岡市だとしても、少々落ち着きがな過ぎるような印象を持ちました。

実は、はっきりと書くのは、控えたほうがよろしいのかもしれませんが、あくまでも計画の段階で、このような話をあることだけ、耳に入れていただきたいと思います。

それは、富岡市ではこれから数十億円の投資をして、太陽光発電事業を開始するというプランがあることが、全員協議会で明らかになりました。

当然、まだ正式に決まったわけではありませんので、今後どうなるかは流動的な話です。

しかし、富岡製糸場の保存管理の莫大な費用負担があり、給食費の無料化だけでも、富岡市の財政がおかしくなってしまわないか懸念されるのに、さらに、巨額な予算を投じる新たな事業のプランというのは、時代の方向性と大きく乖離しているように私には思えてならないのですが?

個人的に、太陽光発電というのは単なる流行りもので、しばらくすれば、『昔、一時期、話題になったよね』程度の話になる可能性が高いのではないかと思っています。

そのようなものに、市が莫大な血税を投じて、事業化するとは…

当局の方針に、強い疑問と懸念を抱きました。





 
 
  7月17日(木)
づ垉腸颪離札ハラやじ、兵庫県議会議員さんの政務活動費に関する仰天絶叫会見、神奈川県議会の元議員さんの脱法ドラッグ所持、そして、青森県平川市の逮捕者続出による議会崩壊…

いつもは、国会議員のみなさんの話題のほうが多く、地方議員は目立たない存在でしたが、最近は完全に逆転してしまったような印象です。

それにしても、平川市議会は、20人の議員のうち、逮捕者が15人というのは、これはいくらなんでも…という感じです。

群馬県の関連の話がないのは幸いですが、改めて緊張感を持ちながら、心して、議員活動に励む必要があります。





C粟幻个里劼泙錣衄の、イベント用チラシをいただきました。

ここのひまわりは、満開になりますと、感動的な景色になります。

私も、ここの写真を撮りに行きますが、2年前に、その写真は、ほっと群馬640で紹介され、昨年は、NHKの首都圏ネットワークニュースで、取り上げていただきました。

ここの写真を、良い感じで撮影できれば、テレビで紹介される可能性はかなりあります。

写真を趣味にされているみなさんは、出かけてみてはいかがでしょう?

8月の上旬が、ちょうど見ごろになるかと思います。




¬斉は、議員全員協議会が開かれますが、実は、臨時議会もあります。

そちらの議案は、東中の体育館立替工事の契約についての議決を求めるものです。

契約金額は約2億5千万円です。

ちなみに、工事の契約で議会の議決が必要なのは、1億5千万円以上の場合です。

また、完成は来年の2月の予定です。

東中の体育館は、中学生時代、バスケットボールの試合で、何回か行ったことがあります。

試合の結果は、思い出したくないような内容でしたが、そのような記憶は、なかなか無くならないものです…ね。




仝内での、オレオレ詐欺などの『特殊詐欺』の被害は、今年上半期だけで116件もあり、被害額は4億4200万円だったそうです。

平均を求めますと、381万円ほどになりますが、これは大金です。

これほどの金額が、いとも簡単に盗られてしまうというのは、不思議な気もしますが、それだけ騙す側の手口が巧妙なのでしょう。

前年同期と比べますと53件の増加で、被害金額は1億4千万円も増えているとのこと。 

先日、何かで読んだ情報ですが、電話による特殊詐欺を防ぐ方法として、いつも留守番電話にしておくと非常に効果があるそうです。

一度、詐欺に引っかかると、400万円近い大金を失ってしまう可能性があることを考えれば、十分に試みる価値はあるかと思いますが?




 
  7月16日(水)
ズ鯑、一ノ宮小でのPTA懇談会で、青少推の役員の方から配られたチラシです。


子どもたちに、ネットの危険性を伝えるためのチラシですが、目を引くだけでなく、覚えやすくて、とても良くできていると感じました。

岡山県の小学生の女の子が、数日前から行方不明とのことです。

ネットが関係しているのかは分かりませんが、夏休みも近いですから、子どもさんがおられるご家庭では、ご注意していただきたいと思います。




け儻豬の小学生くらいの子ども用の、『アナと雪の女王』の本を、けやきウォークの紀伊国屋書店で買って、暇つぶしに読んでみましたが、感想を申し上げますと…

日本の大学入試ではお目にかからないような単語や表現が、けっこう出てきて、ナメてかかったら、さあ大変!という印象でした。


80ページ弱の本で、一応最後まで読み終えましたが、日本人向けに書かれている英語の本と、ネイティブの子どもが読む本は、根本的に大きな違いがあるように思えましたが?

それが何であるかは言えないのですが、そのあたりに、日本の英語教育の問題点があるのでは?

あくまでも、個人的な意見ですが、600円くらいで買った本で、たいへんな頭の体操になったのですから、案外、安い買い物だったかもしれませんね。




ヤマダ電機がテレビでコマーシャルしているタブレット端末を、実は私も持っております。

そのタブレットなのですが、ネット検索をするときのキーボードが、日本語入力ができないタイプのもので、疑問に思っていましたら、『日本語入力のキーボードは自分でアプリをダウンロードする必要がある』との話を、たまたま今日、耳にし、その通りにしたところ、できるようになりました。

些細なことではありますが、けっこう同じようなことで悩んでいらっしゃる方もおられるのでは?

日本語入力ができるようになりましたので、今度は、今まで以上にタブレット端末が活躍しそうです。


ところで、今日、『radiko』のアプリを使って、タブレット端末でラジオを聴きましたら、非常に音質が良く、ちょっと感動しました。

特にAMラジオは、群馬あたりですと、だいぶ音が雑になりますが、radikoを使ってネット経由で聴けば、FM放送のようなクリアな音声になるので、これはいいですよね。

私たちの中学、高校生時代は、ラジオの深夜放送の全盛期で、けっこう夜更かしをしてラジオを聴いたことがありました。

でも、夜になると、AM放送は、音が大きくなったり小さくなったり、さらには、どこの国の言葉か全くわからないような放送が入って来たりで、非常に聴きづらかった記憶があります。

今の若者は、そもそも深夜放送自体を聴くという習慣や文化がないのでしょうが、ラジオを聴くには、いまは最高の環境ですよね。

パック・イン・ミュージックなど、最高に面白かったですが、いまも面白い深夜放送ってあるのでしょうか?






日々、様々なご意見を、市民のみなさんからいただき、現地を確認し、市役所の担当部署で対応をお願いすることが多いのですが、どうも最近は、解決するのが難しい内容のご相談が多いような印象があります。

お困りの方の状況は、たいへん理解できるのですが、市としては対応できないケースもかなりあり、結局、ご相談をいただいたのに、お力になれないということもあります。

そのような状況ですが、頂きましたお話は、担当部署に説明し、市で対応できるかは確認させていただきますので、何かございましたら、ご意見をお寄せください。




〆Fは、家で、決算の書類を作成するため、会計ソフトを使って打ち込み作業をしましたが…、どうも暑さが尋常ではないとでも申しましょうか…

集中力散漫モードで、数字にからむ作業をするというのは、非常に効率が悪いということが、よく分かりました。

7月末までに、税務署に書類の提出をすればよいのですが、先延ばしをしてしまうと、2週間くらいはすぐに過ぎてしまうものです。

やらねばならないことは、分かってはいますが、この2週間という微妙な期間があることで、つい、『明日でもいいか』的な気分になってしまいます。

こういうときは、何日までにできたら、自分への褒美として、うまいものでも食べに出かけようという、『馬の鼻先にニンジン』的な作戦が、有効かもしれません。

なかなかモチベーションを上げるのは、特に暑い夏は、難しいものです。




 
 
  7月15日(火)
とある方から、『もはらさん、スロージョギングをしてるんですよね?』と、お声をかけられました。

その方は、最近、朝5時に起きて、毎日6km、月間200km以上、スロージョギングをされていると聞き、驚きました。

月に200kmというのは、すごい距離です。

実は、最近、バドミントンをするようになってから、スロージョギングはご無沙汰状態です。

今年は、2月の『ふかやマラソン』が、申し込みをしたのに、大雪で中止となり、6月22日に千葉県富里市で行われた『スイカマラソン』も、抽選で当たったのですが、ちょうど富岡製糸場の世界遺産登録が決まる時期ということで、急遽キャンセルと、2大会連続で参加できなかったことも、モチベーションの低下に大きく関係しているような気もします。

でも、身近に、月間200kmも、スロージョギングをなさっている方がいたというのは、刺激になります。

さすがに、真昼の猛暑の中、走るのは危険ですが、朝晩の涼しい時間帯で、ちょっと再開してみるのも良さそうです。





¬襭兄半から、一ノ宮小学校で、PTAの懇談会がありまして、出かけてきました。

区別に懇談会が行わましたが、私は自分の住む『一ノ宮区』の会場の音楽室へ。

音楽室は、この時期、いつも昼間の熱気がこもっていて、非常に暑いのですが、何と今日は、涼しいじゃないですか!

冷房が、ばっちり効いて、冷房のありがたさを実感しました。

ところで、以前、PTAの役員は何度もやりましたので、このような集まりでは、なかなか皆さん、ご意見を述べてくださらないということは、よく承知していました。

なので、下を向いているだけで、静かに時間が過ぎてしまったということにならぬよう、あえて自分から、先生方や保護者のみなさんに、いろいろ話をふったのですが、全般的な印象としますと、来賓である地域の役員の方々の発言が7割、保護者の方の発言が3割くらいの割合だったでしょうか?

話し合いの中で出た話題は、『高崎のイオンへ、子どもたちだけで、たくさんのお小遣いを持って出かけることがある』、『子ども安全協力の家について』、『登校時間について』、『不審者の声掛け事件になってしまう可能性があることから、子どもたちに注意しづらい』、『夏休みの過ごし方』などがありました。

個人的には、『子どもたちのスマホについて』、ちょっと知りたかったのですが、残念ながら、その話にはなりませんでした。


一ノ宮小学校の音楽室に行きますと、小学校6年生のとき、ここで謝恩会の劇を行い、『鶴の恩返し』のおじいさん役をやったことが思い出されます。

どうでもいいようなことを、人間はよく覚えているものですが、そのときのおばあさん役はだれだったのかが出てこなくて、いま、ちょっと気になっています。




仝畍紕音より、議会改革検討委員会がありました。

8月2日、午後3時から、生涯学習センターで行われる、富岡市議会の議会報告会の打ち合わせをしました。

昨年に続いての今回は2回目ですので、ある程度は雰囲気が分かっているのはメリットですが、逆にちょっと緊張感が欠如しているような印象もないとは言えないような…

できることなら、インターネットのライブ中継を導入し、もっとたくさんの方にいつでも見てもらえるような形にできれば、取り組む姿勢も大きく変わるかと思いますが…

まだ、2回目ですので、前回の反省点を改善しながら、議会報告のスタイルを確立しようとしている段階ですが、ぜひ、たくさんの市民のみなさんに参加していただき、多くのご意見やご指摘をいただきたいと思っております。

議会報告会で、お答えする側になるのは、緊張もしますが、たいへん勉強にもなります。

現在は、年に一度ですので、答えるのは議長や委員長が中心になりますが、複数回開催し、すべての議員が、一度は回答する役割を担当するということも必要なのでは?

そのような形で運営できるようになれば、富岡市議会は、大きく変われるかと思います。





 
  7月14日(月)
だ痢給食で使われていた『先割れスプーン』は、最近、見かけませんが、今でも商品としてあるのでしょうか?

使い方によっては、1本で、スプーンと、ナイフ、フォークも兼用できるのですから、かなりの高機能とも思えますが…

給食センターで、先日、話をしていたとき、先割れスプーンの話題が出ましたが、アウトドア系の趣味のある方にとっては、案外、重宝なのでは?

名前を『万能スプーン』としていれば、ひょっとすると評価が変わっていたかもしれませんね。




最近、屋根の上ではなく、土地利用の一つとして、太陽光パネルを設置するケースが増えています。

それに関することで、困っていらっしゃる市民の方から、メールをいただきました。

太陽光パネルは、これからもあちこちで設置される可能性が高いのでしょうが、そうなると当然、それによる問題も生じる可能性があります。

世の中で、新しい流れが生まれれば、それに付随して問題も起こるということなのでしょうが、世の中の出来事は、なかなか複雑なものが多いようです。


∩換颪痢■横娃隠闇における独居の高齢者世帯数は、およそ498万世帯とのこと。

これが、2020年には、668万世帯に増えるとの推計があるようですが、668万世帯というのは、ほぼ東京の世帯数と同じです。

こうなると、『歳を取ったら、いつかは独り暮らしになるのが当たり前』くらいの覚悟を持って生きることも必要ということでしょうか?

男性は、掃除や洗濯がネックになるケースが多いように思えます。

将来に備えて、若いときから、家事力を高めておくことが、『人生のサバイバル術』の第1章かもしれませんね。





仝畫娃隠飴から、総務委員会協議会が開かれました。

こちらの内容は、18日に行われる議員全員協議会後に、触れたいと思いますが、今回は、いつもより意見が多い事項が多かった印象です。

また、先週に出かける予定であった九州への委員会視察は中止となりましたので、新たに、10月末の日程で行うことになりました。

視察先は、まだ決定ではありませんが、千葉県流山市と、神奈川県横須賀市が候補に挙がりました。

横須賀市と言えば、先日、TBSテレビの『噂の東京マガジン』を見ていましたら、人口減少率が高い日立市(ワースト2位)が取り上げられていましたが、ワースト1位は横須賀市とのこと。

横須賀と言えば、私たちの世代は、山口百恵さんの『横須賀ストーリー』でも有名ですが、イメージ的には、神奈川県の中では横浜に次ぐ、オシャレでカッコいい街のような印象があります。

そんな街なのに、なぜ市の中で最も人口減少率が高いのか、非常に不思議に思えます。

何か大きな理由があるのか?

数年前、横須賀芸術劇場の渡辺美里コンサートで、ワインを売る仕事を、なぜか麻屋商店で受けてしまい、駅のそばのビジネスホテルに宿泊したことがあります。

横須賀には米海軍の基地があり、米軍関係者と思える外国人の姿が数多く見受けられました。

アメリカ的なショップやストリートがあり、面白い街に思えましたが、今の時代は、あまりこのような雰囲気は人気がないのでしょうか?

私たちが20歳前後の頃は、アメリカンカジュアルというような文化がとても流行り、アメリカの大学生のファッションは、カッコいい思えたものです。

そうした時代を送ってきた私たちの感覚と、今の若い方々の感覚は、かなり違うのかもしれませんね。

話は脱線しましたが、もしも横須賀市に視察で行くようなことになったら、なぜ、人口減少率が高いのかも、ちょっと調べてきたいと思います。





 
 
  7月13日(日)
⇒縞、日本テレビの『バンキシャ』を見ていましたら、ふるさと納税の特集で、富岡市が紹介されていました。

よく存じ上げている担当の職員さんも出演されていて、ちょっと『おおおおぉぉ』という感じでした。


さて、富岡市のふるさと納税ですが、高額納税者の方に、シルクの蒲団や女性用の高級ドレスを記念品として差し上げるとのことでしたが、もうちょっと地元の事業者の方々が生産販売しているような品物も、記念品に加えれば、地域経済の活性化になると、私は考えております。

平成25年6月議会で『ふるさと納税の戦略的な活用について』を取り上げ、提案した時も、そのことを訴えたのですが、ぜひ、導入していただきたいものです。

1年前は、ふるさと納税を活用すること自体、当局はあまり積極的でなかったのですから、それから考えれば、大きな前進ではありますが、市内業者さんの繁栄がなければ、市の繁栄もないのですから、ぜひ、考えてほしいものです。




…8時から、一ノ宮地区ソフトボール大会があり、開会式に。



また、その後は時間がありましたので、以前から見たいと思っていた荒船風穴に 出かけてきました。

では、『荒船風穴』見学レポートをご紹介しましょう。


行く前に、ネットで調べたところ、下仁田の『サンスポーツランド』という施設から、無料のシャトルバスが土日祝日は出ているとの情報がありましたので、今日はそれを利用しました。





サンスポーツランドに到着したのが、10時20分で、ちょうど25分発のバスに乗れました。所用時間は15分です。



途中からは、かなり細い道を上ります。



荒船風穴のバス発着所の光景です。



熊出没注意の看板が、ちょっと気になります。



まず、風穴に行く前に、ここでガイドの方から、丁寧な解説をしていただきました。

私の他に、神津牧場のほうの駐車場から下りてきた3人の男性が、いっしょに説明を伺いました。



数分、下っていきますと、荒船風穴が見えます。

ここは風穴を上から見る場所ですが、別のガイドの方がいらっしゃって、説明をしてもらえます。



ここからさらに下り、今度は、風穴を近くから見ますが、ちょっと坂道があります。



風穴のそばに行きますと、3人目のガイドの方がいらっしゃって、ここでも解説をしてもらえます。



温度計が設置してあり、この日の外気温は17℃で、風穴内部の温度は3℃でした。

風穴のそばに行っただけで、『ひんやり感』が漂っていましたが、内部は真夏でも冬のような気温ということで、びっくりです。



写真の中央から、ちょっと下の右のあたりが、白っぽくなっていますが、これは風穴の冷気が出ているためです。



帰りのシャトルバスを待っているとき、スマホを見たら、電波が受信できない状況でした。

私のスマホは、au ですが、ドコモやソフトバンクは、使えるのでしょうか?

もしも、全社とも使えない状況ならば、早急な対応が望まれます。


以上で、レポート終了ですが、一度は出かけて、実際に見てみる、というよりは冷気を感じてみる価値は十分にあると思います。

ご興味がある方は、ぜひお出かけください。



 
  7月12日(土)
ず鯑、読売テレビというテレビ局から電話がありました。

『ホルモン揚げを、ご飯のおかずにしている方の取材をしたいのですが?』と、言われました。

ホルモン揚げを、関西テレビが取り上げるようですが、これも世界遺産効果ということでしょうか?

私は時々、土屋魚店さんでホルモン揚げを買いますので、先日、土屋さんに『ホルモン揚げをホットドッグのようにパンの間に挟んで売ったら、売れるんじゃないかな?』とお話ししました。

歩きながらでも食べられるし、ちょっとした富岡の名物になれるように思えますが?

富岡発の、B級グルメ的なものが、一つほしいですよね。




お富ちゃん家に、商品を出品していますと、正午と午後4時半の2回、その日に何がいくつ売れたかの情報がメールで送られてきます。

4月末のイコモスの勧告が出た後からは、以前よりも売れるようになり、それまでは何も売れなかった日も結構ありましたが、毎日、必ず売り上げがある状況が続いていました。

しかし、最近はまた、一つも売れない日が、時々出てくるようになりました。

他の出品者のみなさんの売り上げは、どうなのかは分かりませんが、私の場合は、ちょっと足踏み感が出てきたように思えます。

まさか、もうピークが過ぎてしまったということはないでしょうが、少々気になります。



∪茲曚鼻富岡市役所のホームページを見ましたら、バナー広告が5つに増えていました。

この数カ月に限れば、日本の地方都市の中では最も注目されている富岡市のホームページなのですから、これでバナー広告が集まらないとなると、もはや…、と思えましたが、こちらのほうも世界遺産効果がやっと出てきたようで良かったです。

ところで、今のホームページには、『音声読上げ』という機能があります。

どんなふうに読上げてくれるのか、興味がありましたので、クリックしましたら、私のパソコンの『Windows Media Player』で、不足しているものがあるようで、残念ながら、聞けませんでした。

『プラグインのインストール』を行えば、聞けるようですが、そこをクリックしましたら、いきなり英語がびっしり書かれたサイトに行ってしまいましたので、止めたような次第ですが…

なかなか、今風の機能を使いこなすのは、簡単ではなさそうです。



〆Fの暑さは、何と表現したら良いのか…、とにかく暑さ爆発でした。

このような陽気になりますと、製糸場に来られる観光客の方々のことが気になります。

中高年の方が多いので、暑さで倒れてしまうような方が出なければよいのですが?

また、街中に、涼みながら休憩が取れるようなスペースが、いくつかあります。

そうした場所の情報が観光客の方々にもうまく伝わって、利用してもらえればよいのですが?



 
 
  7月11日(金)
L襭兄から、一ノ宮公民館で今日から始まった『簡単ウクレレ教室』に参加してきました。

月に2回のペースで、前10回、これからウクレレを習います。

ウクレレは、ほとんど初めてですが、左手の指で押さえるネックの部分が小さいので、大人の男性にはちょっと辛いところでしょうか?

でも、今日は、CとG7のコードを教えていただき、簡単な曲の練習もしました。

参加者12名ですが、ほとんどは、存じ上げている方ばかりでした。

けっこう楽しくできました。

あと2,3人は、受講できるようですので、ご興味のある方は、一ノ宮公民館に問い合わせてはいかがでしょう?

今日、2時間、ウクレレに降れただけですが、マイ・ウクレレがほしくなってきました。


教室は和気あいあいの雰囲気にあふれていました。



これがCコードです。
ちなみに、Cコードは、『ドミソ』の和音です。




∨榮、原付で移動中に撮影した写真を紹介しましましょう。

【八木連の大久保から見た赤城山】


【弘法井戸という歴史のある井戸がありました】


【乗合タクシーで富岡駅まで、どのくらいの時間がかかるのでしょう?】


【蕨地区を、原付で走っていましたら、真っ青の空と、緑がまぶしい光景が…】






仝畫庵罎ら、午後にかけて、まだ配り切れていなかった議会だよりのポスティングに出かけてきました。

今日は、相野田→蕨→後賀→白岩という順で、小野地区を回り、その後、妙義の八木連に行くという、まさに富岡市の東から西まで原付で走ったような状況ですが、台風一過の、真夏の暑さで大変でした。

相野田で、よく存じ上げている一ノ宮出身の方にお会いしたり、白岩の自動販売機コーナーで、富高時代の同級生にばったり会ったりで、珍しいことがいくつかありました。

本日で一応、6月号のポスティングは一区切りとなりますが、そろそろ、8月から配り始める市議会だよりの内容も考えなければなりません。

ちなみに8月号では、6月議会で一般質問した『給食費無料化』について、詳しく紹介する予定です。




 
 
  7月10日(木)
ぜ,寮こΠ篁困蓮◆慊杭蠅龍飢餬押戮髻日本は推薦することになったそうです。

次の候補の名前が出てきますと、徐々に話題の中心は、そちらに移行していくことになりますが…

富岡も、やれることは、どんどんやらなければ、もったいないですよね。

千載一遇のチャンスが消えてしまわないうちに、アクションを起こすべきでしょう。




いま、auの、スマホを使っています。

2年半ほど前、前橋のけやきウォークのショップで、当時使っていたソフトバンクの携帯からauに切り替えれば、スマホの端末代は無料で、さらに4万円のボーナス付という、とてつもない好条件を提示されたので、替えたものです。

私はあまり、スマホを使わないほうですので、その後、イーモバイルのポケットWi-Fiを購入してからは、スマホのパケ放題のプランは解約し、ネットはポケットWi-Fiを通して使っていました。

ところが、たまたま私のスマホの機種は、3Gに接続しないと、携帯の番号で送れるCメールも使えないことが判明し、ちょっと不便で困っていました。

そんなわけで、今日、黒川のauのショップに行きまして、店員さんにお話を聞きましたら、『京セラ製のスマホなら、様々な特典や、ポイントを使うと、ゼロ円で替えられます』ということになりまして…

さらに、このスマホは、3Gを使わなくても、Wi-FiでもCメールが送れるとのことでしたので、『それならば』というようなことで、新しいスマホに切り替えました。

とりあえず、ひと月は、パケ放題で契約し、その後は、電話のみの契約に戻すつもりです。(パケ放題の契約をすることで、端末代の大幅な値引きがありました。つまり、そうしないと安く買えないということです)

ポケットWi-Fiを持ち歩きますと、タブレット・ノートパソコン・スマホのどれもネット接続ができてしまいますので、非常に重宝です。

そんなわけで、スマホのパケ放題は契約しないという、奇妙な契約をしていますが、スマホの月額料金はこれまで毎月千円少々です。

スマホをガンガン使う方には、ありえない方法ですが、緊急連絡用としてしか使わない私のような今風ではない人間には、これくらいがちょうど良いように思えますが…




午後、富岡市工業振興対策委員の会議がありました。

議会からの委員は、高橋さん、宮沢さん、そして私の3人です。

あと、地元の工業界の社長さんが5人おられますので、委員は全部で計8人です。

宇田の新しい工業団地についての、説明がありましたが、ここは7300屬曚匹任垢里如△△泙蠡腓な工業団地ではありません。

ここは年度内に売却するそうですが、その後の工業団地をどうするか?

具体的な場所などは、まだ未定ですが、市として本腰を入れて、適地を探すようです。

しかし、住宅がすでに建っていたり、農業振興地域などでの制約もありますので、はたしてこれから、新たな工業団地の造成が可能なのかは、微妙なところではないでしょうか?





‘醋攸渉で発生した土石流災害の映像が、ニュースで大きく取り上げられていました。

いくら準備が大切とはいえ、あの映像を見た限りでは、とても対応するのは難しいという印象を持ちました。

地元の方のお話では、午後3時頃まで晴天で、夕方の5時過ぎに土石流が発生したということですので、これではだれも、このような事態になることは予測できなかったのではないでしょうか?

南木曽町は、過去にも大きな土石流が何度も発生し、地元にお住いの方々の意識も高いそうです。

それでも、どうしようもないのですから、被害に遭われたみなさんは、本当にお気の毒としか申し上げようがありません。

富岡市のほうは、あまり大雨にもならずに、台風は通過しそうな感じになってきました。

自然災害が少ない富岡市が、とてもありがたく思えます。




 
 
  7月9日(水)
μ斉のW杯準決勝で、アルゼンチンが敗れ、決勝がドイツVSオランダになったら、試合とすれば面白いでしょうが、ブラジル大会とすると、ちょっと盛り上がれなくなってしまうのでは?

となりますと、ドイツ対アルゼンチンで、欧州チーム対南米チームになってほしいと思いますが、オランダのほうが強いような気がします。

日本代表が負けて、W杯の熱気は一気に終息してしまった感がありますが、決勝戦は、ライブ中継で見たいですよね。

私が最初に見たサッカーW杯は、1978年のアルゼンチン大会でした。

ちょうど大学の1年生で、確か前期試験の最中、W杯をテレビで見ながら試験勉強をした記憶があります。

そのとき、アルゼンチンのFWのケンペス選手が非常に活躍し、ゴールを量産したように覚えていますが…


あれはもう36年前、確か、とんでもなく暑い夏でした。





イ海離僖鵝金沢市ではすごく有名な『つのパン』と呼ばれているものです。

シンプルな味わいですが、食べると妙にクセになるとでも申しましょうか…

昨日、帰ってくるとき大量に買ってきました。

富岡まつりに、金沢市の職員さんや、ミス百万石の女性が来られますが、『私は、つのパンが好きで、金沢に行ったときはよく買ってきます』というと、話が盛り上がります。

このパン屋さんの本店は、野々市市役所前にありますが、おそらく北陸で一番売れているパン屋さんなのではないでしょうか?

そちらに出かけたら、一度、食べてみてはいかがでしょう?



じ畫庵罎蓮¬義庁舎の地域振興課へお邪魔し、用水の件でお話を伺ってきました。

また、午後は、給食センターに出かけ、市民の方から頂いていた質問について、確認してまいりました。

今日の読売朝刊に、学校給食への県産食材の活用率というデータがありましたが、それによりますと富岡市は活用率20%で、県内12市では下から2番目でした。

その話題も出ましたが、、現在地場産野菜を使っているのは3品目で、小松菜、ニラ、キュウリとのことです。

また、25年度の年間の地場産野菜の活用率は23.4%で、近年、かなり数値は上がっているとのこと。

ちなみに、21年度の活用率は18.5%でした。


ところで、昔、PTAの役員時代、ウワサで聞いたのですが、『給食で出されるスイカは、熱湯に一度通したもの』という話があります。

その真偽を確認しましたら、『以前は、スイカは丸ごと熱湯に入れていた』とのこと。

しかし、今は別の方法にしているそうです。

また現在、給食センターでは、調理と配送の業務を委託していますが、これを誤解し、『全面委託』していると思っている市民の方が多いのだとか…

なかなか細かい話で、うまく伝えることは難しいのかもしれませんが、PRする必要がありそうです。





佐渡は50年に一度の大雨とのことです。

先日、長崎でやはり50年に一度の大雨と言っていましたが、これは単なる偶然なのでしょうか?

台風8号が、これから関東地方に近づいて来ますが、非常に心配です。

最近は、大雨に関するお困りごとの相談を、頻繁にいただきますので、富岡市に大雨が降るようなことにならねければ良いのですが…

2月の大雪で、雨樋が壊れ、まだ修理が済んでいないお宅もあるような話も伺います。

天災が少ない富岡市でしたが、今年は、そういかない可能性もありそうです。



▲屮薀献VSドイツ戦は、1−7で、ブラジルの大敗ですか?

仰天の結果です。

ブラジルが負けることはあったとしても、悪くてせいぜい、0−2とか、1−3くらいかと思いましたが、7点も取られるというのは、何なんですか?

こうなると、こんなことを言っては失礼かもしれませんが、骨折で戦線離脱したネイマール選手は、ある意味、ラッキーだったのでは?

ケガで痛い思いをしたのは災いでしたが、これからのサッカー人生を考えれば、大敗のピッチにいなかったことは、幸いだったように…私には思えます。





 惴は災いの元』という格言がありますが、最近、土地に関連する難しい問題をいくつか耳にしまして、『土地は災いの元』というような思いが、頭をよぎりました。

隣接する土地との問題の話は、よく聞きますが、土地の悩みで、時間やお金の大きな負担を余儀なくされるということになれば、『災いの元』という表現も、決して言い過ぎではないでしょう。

人口減少時代で、土地の値段がこれから上昇することは、まずないでしょうから、土地をたくさん持っていることは、メリットよりも負担のほうが圧倒的に大きい時代が、近いうちにくるように感じます。

それがいつであるかは分かりませんが、予想外に早いような印象を、個人的には持っています。



 
 
7月8日(火)
6眤市に一泊しましたが、泊まると、食べたり、買い物したり、カフェに寄ったりで、けっこうお金を使ってしまいます。

やはり、観光でお金の流れを作るには、『宿泊型観光地』になることが必須なのではないでしょうか?

当初の予定では、7日から9日までは、総務委員会の行政視察で九州に行く予定でしたが、台風8号の直撃の可能性があることから、視察は急遽中止となりました。

そこで、ちょっと予定が空きましたので、以前から見たかったものを、見に出かけたわけですが、富岡市の観光を考えるときには、やはり観光客の立場や目線にならないとマズイですよね。

個人的な見方ですが、富岡市の場合、製糸場の世界遺産登録で、いまや全国から注目を集める地方都市になりましたが、このまま行くと、徐々に人気がフェードアウトしてしまい、気がつけば、『あんなすごい時もあったんだよな』と言うようなときが来てしまう可能性が高いような雰囲気を感じます。

行政は、『民間の力で』と考え、民間は『行政の力で』と、お互いに期待をしているうちに、ブームは終わってしまうようなことには、したくないのですが、どうもそちらの方向に進んでしまうように、思えてなりません。

あくまでも私の勝手な予想ですが、この予想は、是非はずれてほしいものです。



∨摸自動車道の名立谷浜というサービスエリアに寄りましたら、海も空も真っ青という光景に出くわしました。

ここは、もう梅雨が明けてしまったような雰囲気でしたが…

これから大型台風の8号がやってくるとはとても思えませんでした。






”抻鎧圓良抓箟寝牢朕絽園に行きました。



この公園にスターバックスがありまして、立ち寄りましたら、年配の女性のお客様も多くご利用で、ちょっと意外な感じがしました。

私は普段、ほとんどスターバックスには行きませんが、全国的に、そのような傾向があるのか、それとも、ここのスターバックスは特別なのか、分かりませんが、確か富山県は、住みよさランキングで全国1,2を争う県です。

そうしたことも、関係があるのかもしれません。

富山市内を、ちょっと車で回りましたが、すっきりというか、キレイな街並みで、確かに豊かさを感じますね。

大きな金融機関も多いですし、県庁所在地として考えると、かなり存在感がある都市なのでは?




  7月7日(月)
〆Fは、朝から、富山県に出かけています。

ちょっと富山で見たいものがありまして、遠路はるばる出かけたわけですが…



富山の名物として最近有名なラーメン、『富山ブラック』を食べました。

スープの色が濃い色の醤油ラーメンという印象でしたが、期待していた『味のサプライズ』は、ちょっと微妙だったような感じでした。

 

また、夕方からは金沢市を訪れました。


金沢駅前のもてなしドームです。



香林坊です。



ちょっと街中に行くと、おしゃれな空間が。



これは、すごいラテ・アートです。
飲んでしまうのが惜しいような…



金沢のバスに乗りましたが、停留所の情報がたいへん充実していて、驚きました。




 
  7月6日(日)
ァ愀法改正をするのは難しいから、解釈を変えればいいじゃないか!』

集団的自衛権の行使が、このような方法で容認されるというのは、大きな違和感を持ちます。

自民党が、独り勝ちしてしまったことが、このようなことにつながっている可能性がありますが、何だか、おかしい方向に国の政治が進んでしまうように思えてなりません。

こうした先例ができてしまうと、次からは、さらに同じようなことが起きやすくなることは、確実でしょう。

もしかすると、今回の解釈改憲により、日本の未来が大きく変わることになるのかも?




に榲なら、明日から2泊3日で、九州への視察だったのですが、台風直撃の可能性が高いため、予定は白紙となりました。

そんなわけで、明日はちょっと、個人的に別の場所を見に行こうかと考えております。

6月から、7月上旬まで、慌ただしい日が多かったのですが、視察中止で、ちょっと時間ができましたので、一息入れるのも良さそうです。

何だか、やらねばならぬことを、一つずつクリアしていたら、どんどん日が過ぎ、今年も半分過ぎてしまったという感じですが、こんなときはゴルフが好きな方なら、コースに出かけ気分転換ということになるのでしょう。

しかし、10年以上、ゴルフはご無沙汰ですので、これから再開するというのは、残りの人生を考えると、時間がもったいないようにも思えます。

なので、ゴルフではなく、どこかに出かけ、ふらふらいろいろ見たり食べたりしてくることが多いのですが…

案外、ふらふらしているような時に、見聞きしたものが、後になって役に立つことが多いように思えます。

明日はちょっと社会勉強をいたしましょう。



『平成26年 経済センサス基礎調査』という、商業統計調査が、うちに来ていまして…

インターネットでの回答期限が、明日7日ということで、今日は昼間、この回答をパソコンでしました。

ところが、説明書きのとおりに、パソコンで手続きをしていたのですが、どうも途中で、数字等の入力ができなくなってしまい、困ってしまいました。


もしかすると、私のパソコンのブラウザはグーグルクロームなのですが、これが障害になっている可能性があると思い、インターネットエクスプローラーを立ち上げ、再度手続きをしましたら、今度は、スムーズにできました。

しかし、グーグルクロームなら、けっこう多くの方がブラウザとして使用しているかと思いますが、これを使うとネットでの回答ができないというのは、ちょっと問題なのでは?

国が行う統計調査なのですから、もう少し、回答者が答えやすいようにしていただきたいものです。



∈Fも午前中、お富ちゃん家に、商品の納入に行ってきましたが、お富ちゃん家の前で、消防自動車と救急車が宮本町を北から南に進み、城町通りにサイレンを鳴らしながら飛走っていきましたが、何か起きたのでしょうか?

消防自動車も走って行ったというのが、気になりますが…

それにしても、今日も宮本町通りは、たくさんの観光客の方々が歩いておられました。



_論鄒響櫃如朝から出かけましたら、ご近所の、下仁田町役場にお勤めの方に久しぶりにお会いし、荒船風穴について、いろいろお話を伺うことができました。

石垣の崩れ、補修工事をするのにも、単に石垣を積み直すのなら、数百万円でできるのが、文化財ということで、できるだけ元通りにしなければならないため、数千万円もの費用がかかるとのこと。

また、現在、仮設トイレは設置してありますが、お客様が増えてきても、周辺の環境に影響を与えないため、浄化槽を設置し水洗トイレを作るようなことは難しいようです。

さらに、荒船風穴周辺は、携帯電話の電波が届いていない地域で、これもまた、ネックになっているとのお話。

世界遺産がある街になった下仁田町も、なかなか難しい課題を抱えているようです。


 
 
  7月5日(土)
ゾ保方さんが、STAP細胞の検証実験に参加するそうです。

ここでもしも、小保方さんがSTAP細胞をつくってしまうようなことになったら、科学の歴史の中に残る偉大な学者になってしまうのでは?

そのような可能性は極めて低いかとは思いますが、そうなったら、世界がどう変わるのか、ちょっと見てみたいような気も…




だ萋、紀伊国屋書店で、こんな本を見つけました。

話題の映画、『アナと雪の女王』の英語版の小学生低学年用くらいの本です。


小学生低学年用くらいの英語の本なら、難しくないだろうと購入し、読み始めたら、予想外に見たこともない単語が多く、苦戦気味…

76ページのうち、20ページくらい、のそのそ読みましたが、受験勉強で覚えた『試験に出る英単語』とは、単語の内容がまったく異なりますね、コレ。

600円ちょっとくらいの金額でしたので、時間つぶしをするには、安いですが、忙しい時には読まないほうが良さそうです。

でも、『アナと雪の女王』の映画は観ていないのですが、これを読んで、あらすじを知ってから映画のほうを観てみるのも、案外おもしろいかも?




今日、車のガソリンを入れましたが、燃費計算をしましたら、前回はリッター15km弱であったのが、今回は13.5kmほどになってしまいました。

ちょっと運転が、エコモードでなくなっている可能性があります。

前のワゴンRは、スピードメーターのところに、青と緑色でエコ運転になっているかが分かるような表示があったので、常にエコ運転を意識せざるを得なかったのですが、今度は、小さなエコ表示があるだけですので、ちょっと意識が低下していたかもしれません。

とはいっても、あまりエコを意識して、たらたら走るのも、いいような悪いような…

それほど、年間走行距離が多いわけではありませんので、快適に運転することを考えたほうが、良さそうですね。





■況遒虜能蕕法東京の大手ビジネスホテルチェーンの取締役の方とお話をするため、東京に行きました。

もちろん目的は、富岡市にそのビジネスホテルを誘致することです。

富高の先輩のツテで、その取締役の方を紹介していただき、駄目で元々で、出かけてきたような次第ですが、富岡製糸場の世界遺産が決まり、富岡の名前が全国区になったことも大いに影響しているのでしょうが、その取締役の方からは、『会社をあげて、前向きに検討していきたい』とのお話を、数日前にいただきました。

そのビジネスホテルは、完全に宿泊型の施設で、飲食などは、その地域のお店を宿泊客のみなさんに利用していただくという方針であることから、多くの自治体から、進出の要請があるとのことです。

地域の飲食店にお客を誘導するためにも、宿泊施設の充実は不可欠であると思います。

いま、話の途中で、詳しいことは述べられませんが、何とか、良い方向で進めたいと考えております。




仝畫庵罅△富ちゃん家に、商品を納めに行きましたが、宮本町の駐車場の車のナンバーを見ますと、北は札幌から、南は山口まで、様々なナンバーの車であふれ返っていました。

関東甲信越の車が多いのは当然としても、神戸ナンバーの車も、3台ほどありましたが、関西方面からのお客様もかなり増えている印象があります。

しかし、街を歩く観光課客は増えていますが、買い物をしている方は、少ないですね。

ここが一つの課題と思えます。

また、富岡市民なら、まず歩かないようなところを、カップルで手をつないで歩かれる方が良く見受けられますが、これはちょっと新鮮な光景と言いましょうか…

イコモスの登録勧告後から、街の雰囲気が変わりましたが、ぜひ、経済効果も出てくるような方向で進めたいものです。





 
 
  7月4日(金)
ず鯑買った、ゴムがきつくない靴下ですが、今日は夜、足首にゴムの跡が残らず、快適でした。

これからは、この靴下をまとめて購入し、愛用しようかと思います。

とてもゆったりした感じの靴下なので、ずり下がってしまうような心配もありましたが、あまりそうしたこともありませんでした。

ゴムがきつくて、ふくらはぎに締め付けられた跡ができ、痒くて困っている方は、一度、試してみてはいかがでしょう?

ちなみに、カワチさんで、購入しました。




M莉機台風8号が、九州を直撃するような予報が出ております。

来週、福岡県と佐賀県へ視察に行く予定でしたが、どうも飛行機のフライトに大きな影響が出る可能性が高く、実は、視察は急遽、中止になりました。

佐賀県武雄市の話題の図書館を視察できる機会でしたが、どうもご縁がなかったような感じです。 でも、こればかりは仕方ありません。

私たち総務委員会といっしょに九州に行く予定であった、経済建設委員会も、同じように視察が中止になりました。

視察で大雨に降られることは何度かありましたが、中止になったのは、これが初めてです。





下仁田町の議員さんから電話をいただきました。

数日前、私が市役所の受付の方から伺った『荒船風穴への行き方を質問されることが多いのですが、説明するための資料がなくて困っている』という話を、このサイトで紹介しましたところ、それをご覧になった下仁田町民の方が、下仁田の議員さんに連絡し、その議員さんが、町のほうに資料を用意するようお願いしてくださったようで、その連絡の電話でした。

つまり、私が自分のサイトで紹介したら、回りまわって、問題が解決する方向に進んだとも取れるわけですが、こんなこともあるんですね。

下仁田町の観光にも、少しはお役に立てたようで、嬉しい限りです。



仝畫庵罎蓮△困りごとの相談を頂いておりましたので、その件で、出かけてまいりました。

甘楽用水の水が、大雨時にあふれ、そこから流れ出た水により、工場で使う資材や材料が、敷地の外の斜面の下まで流されてしまい困っている、とのご相談でしたが、お話を伺った後、その足で、都市建設部に行きまして、対応をお願いしてきました。

ただ、今回の件は、都市建設部の担当ではなく、用水の関係のため農政課の担当ということで、そちらの職員さんが現地確認に行ってくださったようですが、具体的なことは来週になりそうです。



 
 
  7月3日(木)
ケ鷆疥祥僂離瓮ネというのは、よく耳にしますが、遠近両用のコンタクトレンズがあるとは、知りませんでした。

私も若いころは一時期、コンタクトレンズを使っていましたので、多少は分かるのですが、コンタクトレンズって、瞬きするたびにちょっと動くので、そのとき、遠近両用レンズでは、視界というか視野に違和感が生じるようなことにならないのでしょうか?


歳を重ねると、あちこち若い時とは違ってきて、まさに毎日が『引き算の人生』という気分ですが、目は、一番困りますよね。

私も徐々に、老眼が出てきたような感じはありますが、いまの近眼用のメガネでも、まだ新聞くらいなら、普通に読めます。

でも、むかーし、使っていた、コンサイスの英和辞典などは、ページを開いた瞬間、『むむむむ』という感じで、見るのが嫌になってきます。

ただこれは、度の強いメガネをかけての話ですので、メガネを外せは、保険証券の裏にびっしり書かれているような小さな文字でも普通に読めます。

なので私の老眼などは、まだ序の口というところなのかも…




だ承椹堊出の兵庫県議会議員の方の、政務活動費の使い方が、大きな問題になっています。

あの記者会見は、パフォーマンスなのか、本当に平常心を失ってしまったのか、よく分かりませんでしたが、肝心の部分の説明がまったくないというのは、ひど過ぎるように思えましたが?

政務活動費は、富岡市議会議員にもありますが、年間10万円です。

兵庫県議会議員は、月に50万円、年間600万円ですので、金額はかなりの差があります。

私は、政務活動費はすべて、自分の市議会だよりの印刷費用に回しておりますが、年4回発行すると、10万円では足りません。

さらに、新聞折り込みなどすれば、さらにお金がかかりますので、自らポスティングという原始的な方法を行っています。

そんなわけで、先日、大手ビジネスホテル会社の役員の方に、東京の恵比寿まで会いに出かけたときも、本来なら交通費に政務活動費を充てても良いのですが、政務活動費に余裕がありませんので、100%自己負担です。

つまり、議員としての活動をすればするほど、自己負担が増えるばかりというのが、現実です。

県議さんが羨ましですね。

月に50万円の政務活動費があるなら、思い切った活動ができるかと思います。

どこに行ったのか、説明できないような日帰り出張というのは、非常にもったいない使い方と思えますが…





最近、靴下を夜、脱ぐと、足首というかスネの部分にゴムの跡が残り、やたらと痒いということがあります。

痒みというのは、気にすればするほど、痒みが増していくような感じですが、非常に悩ましいものです。

そうした対策として、ゴムの緩い靴下が売られているとの話を聞きましたので、今日、市内の量販店で見たところ、こんな商品が売られていました。


普通の靴下よりも、太くてゆったりな印象の形ですが、ズリ落ちてしまわないのか気になったものの、試しにはいてみたところ、圧迫感はないのに、足にフィットするような不思議な感覚がありました。

これなら、足にゴムの跡がくっきり残りるようなことはないのかも?

明日から、ちょっと楽しみです。




九州北部が大雨とのことです。

来週早々に視察で出かける佐賀県や福岡県もかなりの大雨のようですが、今年の梅雨は、まとまって雨が降る傾向があるようですので、ちょっと心配です。

視察先の福岡県朝倉市や佐賀県武雄市で、大きな被害が出ていなければよいのですが?

九州だけでなく、今晩から今週いっぱいは、群馬もずっと雨のようです。

高田川の水位が上昇する可能性もありますので、こちらも心配です。

いま、午後9時前ですが、一ノ宮では音を立てて雨が降り始めました。

7月に入りましたので、普通なら、あと10日か2週間ほどで梅雨明けになるのでしょうが、明ける日が待ち遠しいです。



仝畫庵罎蓮美術博物館に所用で出かけました。

新しい学芸員の方に初めてお会いしましたので、話をしましたら、神奈川県のご出身の方とのこと。

鎌倉や江ノ電、横須賀線などの話でちょっと盛り上がりました。

私は、鎌倉はちょっと詳しいのですが、江ノ電は、50回以上は乗ったことがあります。

といっても、30年も前の江ノ電ですので、いまとは趣が違うかと思いますが…



 
 
  7月2日(水)
そ淑崋飽豢紊諒絃呂法◆慷椹宗∋絨き、機織りをやっているのは女子ばかり。女なくして明けぬ国とは上州のことだ』というものがあるそうです。

上州は昔から『かかあ天下』と言われますが、今風に表現すれば『女子力が高い』とも言えるのでは?

『上州は昔から女子力NO.1の国』とアピールすれば、『かかあ天下』よりも、ウケが良いように思えますが?




6月19日の日経新聞に富岡市のまちづくり会社についての記事が掲載されており、富岡市45%、商工会議所25%などの出資比率が書かれていました。

そのことについて、市民の方から『この会社の目的は? 行う事業は?』とのご質問をいただきましたので、担当の部長さんに確認しましたところ、8月1日に発足する予定だが、何ができるかなどは、いま話を詰めている状況、とのことでした。

会社を発足させても、いきなり事業をどんどん行っていくのとは、ちょっと異なる印象です。

近隣自治体のまちづくり会社の例としては、『ららん藤岡』を運営するため、藤岡市ではこれを立ち上げたと聞いております。

富岡市も、具体的な事業を決めて取り組みませんと、せっかくお金をかけて作ったのに…ということになり兼ねません。





読売新聞群馬版に『製糸場 ガイド不足  団体向け中止  苦情相次ぐ』と、富岡市の対応について、批判的な記事が出ています。

年内の団体客の予約は、すでにいっぱいの状況との話は聞いていますが、ボランティアガイドの人数が足りず、7月1日から団体客にガイドを割り当てるサービスを中止したというのは、初めて聞きました。

そもそも、これほどのお客様が来られるのに、ボランティアで対応しようとする市の姿勢にも問題があるようにも思えますが?

給食費の無料化にお金を回すくらいなら、観光客の方々にご満足していただくための事業にお金をかけるべきかと思います。

『おもてなし』という表現を、市長さんも頻繁に使われますが、これはちょっと『おもてなし』から程遠い感じがいたします。

旅行業者との信頼関係が壊れるようなことになれば、観光を産業の柱にすることはかなり難しくなるのでは?

最近は新聞の記事が、批判的なスタンスのものが増えてきた感がありますが、ちょっと心配です。




〆Fは、気合を入れて、朝から妙義町でポスティングに出かけました。

出かける前にバイクの走行距離をチェックしましたら、4159km。


夕方、家に戻ったときの走行距離は4253km。


何と、妙義町の中を動いただけで、94kmも乗ってしまいました。


今日は、まず行沢から配り始め、その後、諸戸に行き、その後は菅原、妙義、大牛、岳、北山、中里、上高田と回りました。

暑いし、距離はあるので、大変ではありましたが、菅原に行ったときは、大桁湖までちょっと出かけたり、妙義の道の駅でソフトクリームを食べたり、楽しめる時間もありました。

下の写真は緑がまぶしい大桁湖です。



昨日は安中市との境界まで行きましたが、今日は下仁田町との境まで行きました。


また、妙義中の前を通りましたら、北中で見たのと同じ幕が飾ってありました。


夕方、上高田でポスティングをしていた時、南のほうで雷の音が聞こえましたが、妙義のほうは雨は降りませんでした。

一ノ宮のほうは、一時期、雨が降ったようですが、ポスティング中に振られず、その点はラッキーでした。

今日は100km近く、バイクに乗りましたので、さすがにお尻が痛いといいましょうか…

ずっと乗りっぱなしなら、たいしたことはないのでしょうが、乗り降りの連続ですので、参りました。

高校2年のとき、同じクラスだったT君が、後楽園球場まで原付で出かけ、巨人戦を観てきたという話を聞き、仰天したことがありましたが、今なら、東京に原付で行くのも、それほど大変とは思えません。

東京まで、原付で行きたいとは思いませんが、高崎の図書館くらいなら、原付でもいいですよね。

京都に出かけ、原付で京都をふらふら回るというのは、おもしろいように思えますが、挑戦するなら、このあたりがいいのかも…



 
 
7月1日(火)
セ毀鮟蠅亮付の方とお話しましたら、受付のところに来られた観光客の方が、『荒船風穴はどうに行けばよいのですか?』などの質問をされることが多いとのことです。

分かりやすく説明できる資料的なものが、現在、切れているとのことですが、下仁田町で、何か資料を作っていただき、それを観光客に渡すような方法を行えないものなのでしょうか?

また、イコモスの勧告後から、宿泊先の問い合わもかなり増えているとのお話もお聞きしましたが、こうなりますと、大手ビジネスホテルの誘致を、何とか進めたいものです。

市の幹部のみなさんには、先日、私が恵比寿まで行ってきたときのお話は、お伝えしてはあるのですが…

何とか、アクションを起こしていただきたいものです。



ぅ櫂好謄ングですが、明日は西のほうへ、行こうかと予定しています。

妙義方面のポスティングが、中途半端な状況になっていますので、区切りがよいところまで、配りたいと思っていますが…

ただ妙義町はたいへん広いので、本格的なバイクツーリングになってしまいます。

雨は困りますが、真夏の日差しも勘弁してほしいです。

諸戸にお住いの市川議員さんから、今度、妙義のほうでポスティングをするときは、入れてほしいとのお話をいただいておりますので、最低でも、諸戸までは行きたいものです。



L襦△舛腓辰判个けましたが、車の中でJ-WAVEを聴いていましたら、情報番組のゲストで、佐賀県武雄市の樋渡市長さんが出演していました。

来週、視察する予定の、武雄市市立図書館について、市長さんが答えていましたが、このような偶然ていうのは、あるものなんですね。


いつもは東京FMを聴くことが多いのですが、たまたまJ-WAVEをつけたら、たまたま、このようなことに…

来週の視察で、樋渡市長さんからお話を伺えるのが楽しみになってきました。




午後から昨日に続いて、ポスティングをしました。

下高尾から藤木、桑原、小桑原と移動したのですが、あまり土地勘がないエリアですので、時間がかかりました。

また、藤木のあるお宅で、思わぬ方にお久しぶりにお会いしまして、冷たいものをいただきながら、お話をさせていただきました。

以前、たいへんお世話になった方ですが、このお宅にお住まいとは全く知らずに伺いましたので、ビックリでした。

また、今日は、安中市との市境まで行きましたが、バイクであちこち走り、小野地区のあちこちの道路のイメージが、やっとつながったような印象を持ちました。

話は変わりますが、桑原のとあるお宅に、なんだかすごく懐かしい車がありまして、そこのご主人と、あれこれお話をさせていただきました。


ご主人のお話では、1974年に買ったクラウンとのことです。

何と、クライマーズ・ハイの映画で、堤真一がこの車で登場するシーンがあったとのお話ですが、そんなすごい話が、あるとは驚きました。

『エンジンもちゃんとかかるんだよ。 もはらさん、ちょっと見てってくんない』とご主人が言ってくださったので、拝見しましたが、重厚なエンジン音が轟きました。

1974年って、私が富高1年生のときですが、このクラウンなら、フェラーリが横に並んでも、存在感では負けないのでは?

ポスティングの途中で、いろいろな方から、驚くような話を伺う機会は、けっこうありますが、今日の話はスペシャル版でした。




仝畫庵罅議会事務局に今月の予定を確認しに行きましたら、7月31日に『京都市議会 視察』との記述がありました。

聞けば、京都市議会のある常任委員会が、富岡市に視察に来るとのこと。

実は、京都市議会には、大学の先輩がおりまして、12年前、初めて選挙に出るとき、いろいろアドバイスをいただいたことがあります。

その先輩は、京都市議会の副議長をされましたが、その先輩のつながりで、同志社大学の卒業記念品のワインの注文もいただいたような次第です。

ネットで京都市議会の委員会のメンバーを調べましたら、その先輩は富岡には来られないようで、非常に残念でした。


しかし、京都市議会の視察が富岡市に来るとは、驚きです。

世界遺産登録前ではありえない話でしたが、世界遺産の力は、想像以上に凄いようです。



  6月30日(月)
チ輒馨鑁ぐ儖会の視察が、来週となりました。

今回は、福岡県朝倉市で『老朽危険空き家の適正な管理に関する条例について』と、佐賀県武雄市で『図書館の指定管理者導入について』を視察して参ります。

佐賀県は、これまで出かけたことがありません。

また、武雄市は、新しい数々の取り組みを行う市として、全国的に知られたところですので、期待しております。

もしかしますと、武雄市以上に、富岡市のほうが現在は注目されている可能性もありますので、逆に、視察に行っていろいろ質問されてしまうようなことになってしまうのかも?


視察には、ノートパソコンとポケットWi-Fiは持っていきますので、その日の出来事を、九州からご報告できるかと思います。

考えてみれば、議員になったばかりの10年前では、絶対にこんなことはできませんでしたよね。


時代の変化のスピードは速すぎて、ついていくのが大変です。

パソコンのほうは、何とか対応できていますが、スマホは完全に乗り遅れています。

でも、逆にスマホに人生を奪われていない感じがありますので、ちょっと幸いな感じもしていますが…






せ毀韻諒から『高田川の増水と用水の逆流で、用水が氾濫して、困っています』とのメールをいただきました。

こちらにつきましても、明日、担当部署で確認したいと思います。

最近は、雨の関連のお困りごとが多いのですが、以前と比べて、ゲリラ豪雨的な雨の回数が増えているということでしょうか?

地球温暖化が、その根本の原因なのかどうかは分かりませんが、梅雨が明けるまで、猛烈な雨にならないことを祈るばかりです。



カレンダーを見れば、6月は今日で終わりです。

もう、今年も半分が終わってしまったということになります。

サッカーに例えれば、前半戦の終了です。

早いですよね、日にちが過ぎるのは。

前半戦は、1−0で勝っているのか、0−3で負けているのか、よく分かりませんが、ほどほど元気で過ごせれば、『まあ、いいんじゃないの』という感じになるでしょうか?

実は、昨夜、オランダVSメキシコの試合を、生中継で見てしまいました。

終了したのが午前3時頃だったので、今日は非常に眠い感じの一日でしたが、試合のほうは、『これがワールドカップだ!』と言えるような戦いでした。

日本代表も頑張りましたが、オランダやメキシコのサッカーを見てしまうと、たくましさや貪欲さに欠けているように感じました。

メキシコのゴールキーパーのオチョア選手は、ひょうひょうとした印象で、ちょっと頼りないような感じが漂っているように思えましたが、プレーのほうは、非常に強烈でした。

日本がグループリーグで敗退してしまったため、ブラジル大会はちょっと『終わった感』もありますが、本当に面白いカードはこれからです。

サッカー好きの方は、これからが本当に眠れない日が続くことになるのでは?




∈7鄰羹椶瞭経新聞に、まちづくり会社についての記事があったとのことですが、それについて、市民の方から、ご質問をいただきました。

今年のお正月のイベントで、確か、商工会議所の会頭さんが、まちづくり会社について触れられ、その後、あちこちでこの話題は耳にしますが?

明日、担当部署で確認するつもりですが、明確な目的と、責任ある運営ができないと、このような組織は非常に難しいようにも思えます。

世界遺産登録という、大きな目標をクリアしたわけですが、いよいよ現実的な課題について、一つひとつ対応しなければならないのですから、これからの舵取りは簡単ではありません。

過剰・過大な整備は、後世に大きな負担となってしまいますが、世界遺産登録という千載一遇のチャンスに何もできないというのも、これまた問題です。

参考になるような先進地の事例がないことばかりですので、まさに富岡市の実力が試されるということになるのでしょうが、議員もしっかり研究をした上で、提案や意見を述べなければなりません。

世界遺産登録が目標だったときは、夢を語れば良かったのですが、登録後は、現実を語らなければならないというところでしょうか…






_執岩、上高尾、下高尾、相野田などに、ポスティングに行ったのですが、大きな道はともかく、狭い道に入りますと、迷子とまでは言いませんが、分からなくなってしまうようなことが時々あります。

今日は、午後3時までは、雨が降らないという天気予報でしたが、幸い、それ以降も降りませんでしたので、5時近くまでポスティングをすることができました。

最近の天気予報は、非常に精度が高いというか、今日は午前中から嫌な感じの空模様でしたが、雨は予報通り降りませんでした。

バイクで外に出るときは、降るという予報が外れて降らないのは許せますが、降らないという予報で降られると、それは非常に困ります。

また、北中の前を通りましたら、製糸場の世界遺産登録を祝う幕がありました。

富岡北中学校という名前が入っていますので、すべての学校で、このような横断幕があるのでしょうか?




 
 
  6月29日(日)
TBSテレビで夕方6時から放送されました『世界遺産 富岡製糸場 緊急特集! シルクの謎』を見ました。

映像は素晴らしいし、話の内容もとても分かりやすい番組でした。

富岡製糸場ができる数年前、ヨーロッパの蚕は病気で壊滅的な状況であったことを知りました。

また、あの有名なパスツールが、蚕の病気も研究していたとは、意外でした。

さらに、フランスとの関わりの深さを再認識しましたが、こうなりますと、フランスのリヨンと、姉妹都市提携くらいしても良いように思えますが?


富岡製糸場の、世界の歴史に強い影響を与えた普遍的な価値が、とても良く理解できる番組で、富岡市民としては非常に嬉しくなりました。



番組中で紹介された富岡製糸場の商標です。




このアングルから製糸場を撮りますと、迫力が出ます。





M縞、車(トヨタのスペイドという車種)の1カ月点検のため、購入したお店に行ってきました。

『車はどうですか?』と聞かれましたので、『電動スライドドアが非常に便利であることと、助手席を前に出すと広いスペースが車内にできること、さらにウォークスルーで運転席から後部座席に簡単に移動でき、後部座席後ろに積んである荷物も簡単に取り出せることを、アピールすれば、この車、もっと売れますよ』と、店長さんと営業担当の方に、自分の感想を申し上げてきました。

私は、電動スライドドアの車には初めて乗ったのですが、これは超便利です。

大雨が降っているときの、傘をさしての乗り降りのときには、大変ありがたいです。

ハイブリッド車にしようか迷ったのですが、燃費の良さはあえて追求せず、車の使い勝手で選びましたが、これは今のところ正解だったように思えます。

燃費も、先日計算した時は、リッター15km弱ですので、そこそこのように思えます。

この車なら10年くらいは乗れるかな、と考えておりますが…




¬斉が締切の、市議会だより8月号の『議員定数削減について』の原稿が、何とかまとまりました。

というわけで、ちょっと時間ができましたので、昼過ぎ、軽井沢にドライブがてら出かけてきました。

今日は久しぶりに、旧軽井沢に行きましたが、郵便局の前で、イベントのようなかたちで様々な作品を展示・販売している方に話しかけたところ、何とその方は、妙義町の行沢出身の方ということになり、ちょっとビックリしました。

その方は、木や木の実、羊毛などの自然素材を使ってナチュラルアート雑貨を創作・販売しているそうですが、このようなところで、たまたま話しかけたら地元の人という偶然もあるものなんですね。

私は、結構いろいろな人に平気で話しかけてしまうほうですが、こうしたことがきっかけで、面白い話を伺えることって、多いように思えます。

メールアドレスが書いてある名刺を渡して来たのですが、また、何か新しい展開があれば、さらに楽しいのですが?






 確認したわけではないのですが、あるところで伺った話では、製糸所の周辺で、店を借りようとすると、月の家賃が数十万円(30万円?)もするようなことを耳にしました。

この家賃相場になってしまいますと、かなりの利益が上がるようなお店でなければ進出は難しいのでは?

世界遺産登録が、家賃相場を引き上げてしまったとすると、これは痛しかゆしという感じです。

市内の様々なご商売をされている方々が、期間限定でもいいですから、製糸場に来られた観光客のみなさんに、自慢の商品を販売できるようなチャンスを作りたいものです。

そうしたことが、観光客の方々にとっても大きな魅力になるでしょうし、それが富岡市の観光地としてのレベルを上げることにつながると思いますが?




 
  6月28日(土)
いい蹐い蹐癖が、メールで情報を送ってくださるのですが、昨日、有楽町の日本外国特派員協会で開かれた、富岡と群馬の観光をPRするイベント『グンマ ナイト』に参加された方から、そのときの状況を教えていただきました。

その方の印象では、『行われたプレゼンは、まともな通訳を用意することもなく、なぜか外人記者クラブで、身内でのお祭り騒ぎをした』というものだったとのこと。

また、製糸場の国際交流員であるダミアンさんも会場にいたそうですが、『ダミアンさんは英語もできるのなら、なぜ彼にプレゼンをさせなかったのか?』と、疑問に思えたそうです。

『おもてなしの言葉の氾濫も、非常に気になった』とのご意見もございましたが、新聞報道ではなかなか知ることができない貴重なお話を教えていただきましてありがとうございました。




0貂鯑の読売新聞群馬版に、富岡製糸場見学者50人に行ったアンケート調査の結果が出ていました。

それによりますと、『もう一度訪れたいか』の問いに
『いいえ』と答えたのは31人とのこと。

このような結果を見ますと、ブームの終焉は、もしかすると意外に早いのかもしれませんが、何とかしたいものです。

また、このアンケートでの意見で、製糸場周辺で飲食店を探すのに苦労する人がいた話が出ていました。

その中のご意見で『観光客が入りづらい店が多い』というものが紹介されていましたが、これも改善する必要がありそうです。

店の外に、どんなメニューで、いくらくらいかが分かると、入りやすい感じがしますが?

初めての街で、どんな飲食店か分からず入っていくというのは、度胸が必要です。

小心者の私のような人間は、コンビニで弁当でも買ってしまう可能性が高そうです。




⇒縞のニュースを見ていたら、圏央道が開通したとのこと。

それだけなら、『ふーん』くらいでしたが、「この開通により、東名高速の海老名から富岡製糸場までが、これまで131分かかっていたのが95分に短縮」との説明を聞きますと、『ほーう』という感じになります。

まさか圏央道開通のニュースで富岡が出てくるとは…

何だか、すごいことですよね。






仝畫庵罎蓮■化鬼屬屬蠅縫丱疋潺鵐肇鵑鬚垢襪燭瓠∪松へ。

晴れていれば、ポスティングに行こうかと思っていましたが、かえって久しぶりにバドミントンができて良かったような…

今日は、参加者が少なく、先生と、大人3名、小学生7名ほどでしたが、少ないため、試合をする時間が長く、たいへんな運動量になりました。

今日で、バドミントンをするのは6回目ですが、ルールも何となく分かってきた感じで、おもしろくなってきました。

スロージョギングで、のそのそ走るよりも、こちらのほうが、おもしろいですよね。

大学2年の時、体育の授業でバドミントンがあったのですが、たいへん人気のある授業で、確か抽選でした。

くじ運は、割と良いほうなので、あまり考えずに申し込んだところ、幸いなことにその授業を取れたのですが、文学部の女の子が、たいへん多くて、びっくり仰天したことが、今でも思い出されます。

35年ぶりのバドミントンですが、スロージョギングと同様、細々と続けていきたいものです。




 
これまでの活動記録 (毎日更新中!)
2014年 6月 5月 4月  3月 2月 1月
2013年 12月 11月 10月 9月 8月 7月中・下 7月上 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2012年  12月 11月 10月 9月 8月  7月 6月 5月 4月 3月 2月
 1月
2011年 12月  11月 10月 9月 8月 7月 6月  5月 4月 3月 2月 1月
2010年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 
2009年  12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2008年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月