富岡市を元気に!子どもたちに明るい未来を! 富岡市議会議員 茂原正秀WEB-SITE





TOP
これまでの活動記録(毎日更新中!)
2012年 10月 9月 8月  7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2011年 12月  11月 10月 9月 8月 7月 6月  5月 4月 3月 2月 1月
2010年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 
2009年  12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
 
2008年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月             
スポンサーサイト







富岡市の桜
富岡市観光協会の
Facebook

便利な情報サイト
ダイヤモンド・オンライン
東洋経済オンライン
日経新聞
読売新聞オンライン
朝日新聞
毎日新聞
産経新聞
東京新聞
ロイター
共同通信
ニューズウィーク
NHK
プレジデント公式サイト
上毛新聞
The Japan Times Online






富岡市の防災気象情報(気象庁リンク)
11月30日(金)その3
★12月議会で一般質問を行う議員は8名ですが、抽選で順番を決めた結果、8番となりました。

久しぶりにラストとなりましたが、一般質問の2日目になったことで、ちょっと時間的な余裕ができたのは幸いです。

質問は3件で、
1:地域ブランド化の推進について
2:スロージョギングによる健康推進事業について
3:緊急情報メールを使った不審者情報の配信について
を行う予定です。


★NHKの番組で、ユーミンの特集があり、キャラメル・ママのみなさんとユーミンの共演などを見ました。
YMOで大活躍された細野さんを久しぶりに拝見しましたが、存在感のあるおしゃれな雰囲気は、相変わらずという印象でした。

それにしても、ユーミンは、10代で『返事はいらない』『きっと言える』などの名曲をつくり、『やさしさに包まれたなら』『12月の雨』なども発表されたのは20歳の時というのですから、その才能はまさに天才的としか表現できません。

ちなみに、私がユーミンの曲で一番好きなのは『12月の雨』です。

この曲のバックコーラスは、山下達郎さん、大貫妙子さんだそうですが、なるほどと思える素晴らしさです。




11月30日(金)その2
★新しい副議長には、佐々木議員さんが選挙で選ばれました。
21票中、20票を獲得され、無効票が1票ですので、ほぼ満場一致というかたちでした。

私はてっきりパワーゲームのような展開になってしまい、『11対10』のような選挙になったら困ると思っていましたので、この結果にはちょっと安心しました。

佐々木議員さんは私と同期の3期目で、議員の中でも年齢は一番上の方です。

混乱気味の議会をぜひ、落ち着いた方向に持っていっていただきたいと思います。


★昼食後、あい愛プラザ1階の喫茶コーナーで、ココアを飲んできました。

『このおいしさ、まろやかさで200円ですか??』と思えるようなクリーミーな味わいでした。

お時間ございましたら、出かけてみてはいかがでしょう?

もちろん私も、また伺うつもりです。





11月30日(金)その1
★先ほど朝刊を開きましたら、チラシの中に、宮沢議員さんの一連の件についてを取り上げている地域新聞がありました。

目を通しましたが、全員協議会で実際に見たこと・聞いたこと以外は、ほとんどが初めて知る内容でした。

宮沢議員さんは数日前に、この件の責任をとるというかたちで副議長をお辞めになりました。
しかし、全員協議会の一連の議論の内容を見れば、最初は宮沢議員さんご本人だけでなく、宮沢さんが会長をしている会派のお仲間の議員さんなども、『今回の問題が表面化することを全力で阻止しようとしていた』ことは明らかに見えて取れます。

このような書き方をすると失礼かもしれませんが、率直に言わさせてもらえば、
結局は『バレちゃ、しょうがねえ。責任を取らあ』というような印象を私は感じます。

また、問題の存在を知っていながら、それを隠そうとしていた議員さんたちにも、不気味な怖さを感じます。
本来ならば、宮沢議員さんから問題の内容を聞いた時点で、『早くちゃんと何らかのかたちで責任を取るべき』とアドバイスするのが当然でしょうが、数の力で問題隠蔽の方向に進んだというのは、一体全体、どのような考え方なのかサッパリ理解できません。

『おれたちは数で勝てるんだから、議会のことは何でもかんでもおれたちが決められる』とまでは、まさかお考えではないとは思いますが、今回の問題の流れを見ていますと、今後も同様なケースが続いてしまうのではないかという懸念が…

今日は新しい副議長さんが決まりますが、数の力で…

続きは、本会議後に。



11月29日(木)その2
★午後、一ノ宮の市道拡幅工事中の現場について、市民の方からいただきましたご意見を説明するために都市建設部に伺いました。

犬飼橋の西の信号に出る市道は、勾配が急なため、夜になると車のライトが上向きになり、対向車からウインカーが確認できず危険とのご意見でしたが、現在の工事により、道路全体の勾配も緩やかになるとのお話でしたので、問題は改善されることが確認できました。


★市役所新庁舎についてです。
先日、富岡市役所を設計する予定の事務所が、数年前に手がけた長岡市役所庁舎の写真を紹介しましたところ、『富岡市役所の新庁舎も、こんな目立つデザインになるのですか?』とのご質問をいただきました。

正式なデザインは確定しておりませんので、具体的なことは申し上げられませんが、採用された提案のイメージ図は長岡市役所よりは、かなり落ち着いた雰囲気でした。
ですので、長岡市役所とは異なるタイプの庁舎になると思われます。

また、予定建設費は31億円という数字が出ていますが、庁舎の建物と電気設備工事の費用27億円で、あとの4億円は周辺の整備や旧庁舎の解体費用とのことです。



11月29日(木)その1
★家におりましたら、午前11時頃、富岡中央交番・駐在所の警察官の方が、巡回で来られました。

お話を伺ったところ、"一ノ宮の某地区で、『貴金属を買い取ります』といいながら、少々不審な人が住宅を回っているという話があります。具体的な被害はないのですが、気をつけてください爐箸里海箸任靴拭

警察官の方が巡回で地域を回ってくださるというのは、たいへんありがたく、心強いものがあります。

独居老人の方もどんどん増えている時代ですから、このような巡回はぜひとも継続・強化していただきたいものです。

★本日告示の都知事選の、立候補者の第一声をニュースで見ていたら、とある候補者が『安心して老えるまち』という表現を使っていらっしゃいました。

急速に進む高齢化と、高齢者の方々の票を意識しているのでしょうが、『安心して暮らせる』ではなく『老える』というところに、ちょっと新鮮さを感じました。

有権者の支持を得られるかは、微妙なところかもしれませんが…



11月28日(水)その2
★議員のみなさんが集まりますと、今月に入ってから風邪気味の方が目立つように感じます。
『先月、犬山市に視察で出かけたくらいから、ずっと風邪を引いていて、直らない』とおっしゃる方や、10日ほど前の長岡市役所視察から調子を崩された方などが多いようです。

実は私もちょっと風邪気味で、寝込むようなことはないのですが、いまいち調子が悪い状況です。

ときどき咳が出るものですから、スロージョギングも中断しているのですが、そのせいでしょうか。 何かスカッとしない日々が続いているように感じます。

ちょこちょこ走っているときは感じませんでしたが、休みが続いたことで、逆にスロージョギングのメリットに気付いたような思いがしています。

★広報とみおか11月号に、『職員給与の公表』というページがあります。
実は、この職員給与のコーナーの書き方について、『なぜ退職金を人件費の中に入れないんだ? この書き方はインチキじゃないのか? 議員なら、そういうところをなぜチェックしないんだ?』との、強いご意見を電話でいただきました。

いろいろ説明をさせていただきましたが、なかなかご理解をしていただけませんでした。

また、全く存じ上げない方に対し、電話で説明するというのは、難しいものということを強く感じました。

来年度、また職員給与の公表をする際には、ぜひ、何らかの改善をしていただきたいと思います。

★昨日、高崎市のビューホテルで行われましたIT関連企業のイベントにお声をかけていただき、出かけてきました。

そこで、東京のSEO対策会社の方から、検索エンジンの上位表示対策について、興味深いお話をいくつも伺うことができました。

私は、ちょっと検索エンジン上位表示対策について研究しておりますが、思わず『ほほ〜、そんなやり方もアリなんですか??』と、うなってしまうような情報もいくつかありました。

やはり役に立つ情報は、自分から出かけなければ手に入らないようですね。




11月28日(水)その1
★午前10時から宮沢議員さんの件で全員協議会が開催されましたが…

印象としては、よく分からない部分が多いと言いましょうか、玉虫色とでも表現しましょうか…というような形で終わりました。

あうんの呼吸で判断しろ、空気を読め、というような感じが漂っており、宮沢議員さんのご説明に対し一度質問をさせていただきましたが、とてもそれ以上はできませんでした。

これが日本の習慣・慣例であり、伝統文化と思えば、極めて純日本的な会という印象でしたが、どうも個人的にはしっくりしない部分が残ります。

宮沢議員さんは最終的にご自分で責任を示すご決断をされた訳ですが、当初、この件について詳しくご存知でありながら、話し合いの場にのせることさえ強行に反対された議員の方々は、いったい何だったのでしょうか?

議会の中で、私は『普通の考え』を述べているだけと自分では思っているのですが、議会ではそれが普通にならないような『怪しさ・危うさ』があります。

会議の全部を、ネットでライブ中継をしたら、きっと多くの市民の方がびっくり仰天なさったかと思えるような展開でしたが、もうこれ以上は…止めておきましょう。




11月27日(火)その1
★今日は、超多忙な一日になってしまい、サイトの更新が夜中になってしまいました。
本日の上毛新聞朝刊にて、「宮沢副議長さんが議長に、副議長職の辞表を提出した」ことが取り上げられていましたが、このことも少々…

明日、全員協議会で宮沢さんがご説明をされるとのことですが、どのような内容になるのでしょうか?

内容によっては、さらに話が複雑になってしまう懸念もありますが、明快なご説明をしていただき、一日も早く、この問題で振り回されることにピリオドを打っていただきたいものです。

★社会教育館の紅葉の撮影に出かけてまいりました。
この2、3日が、ちょうど見ごろかもしれませんので、写真愛好家の方は、ちょっと出かけてみてはいかがでしょう?






★今日の昼食は、4名の議員で、新洋亭さんでいただきましたが、初めて『下仁田ネギ入りコロッケ』を食べました。

葱の風味を楽しめる、おいしいコロッケでした。

下仁田ネギが出回るシーズン限定の品だそうですので、お早めに。







11月26日(月)その3
★私のサイトには、東電の電力使用状況のメーターが設置されていますが、今日の夕方、現在の電力使用率を見て、『むむむむむ!』という思いがしました。

なんと94.9%。

寒くなってきたとは言え、まだちょっと冬っぽい程度にもかかわらず、この数値。
真夏だって、ここまで高い数値は見たことがありませんでした。

この冬の電力供給は大丈夫なんでしょうか?

不安になってきました。


★最近、エコバッグをあちこちでいただく機会がありますが、引き出しを開けてみたら、使っていないエコバックが何枚も出てきました。

全然エコになっていないですね…





11月26日(月)その2
★12月議会の一般質問をどうするか?
取り上げる候補はすでにあるのですが、どれをすべきかで迷っております。

時間が迫ってきておりますので、今日中くらいには方向性を決めないとまずいのですが、今回は2件か3件というところになるでしょうか?

★社会教育館の木々の紅葉が、いま大変な見ごろというお話が耳に入りました。
近いうちにカメラを持って出かけるつもりですが、ご興味のある方は、出かけてみてはいかがでしょう?

★ヤフーのトピックスに『生活と脱原発が合流し新党も』とありましたが、毎日毎日、新党の結成のような話がここまで出てきますと、あまりにも『党』というものの重みがなくなってきたように思えてなりません。

これでは、まるで大学のサークルの立ち上げといい勝負くらいの、お気楽さではないでしょうか?

当選するために、少しでも有利にしたいという思いは、分からないではないですが、ちょっとひどすぎるのでは…



11月26日(月)その1
★読売新聞の世論調査によれば、次の衆院比例選の投票先は『自民25%、維新14%、民主10%』とあります。

石原さんが加わったことで、維新はパワーアップしたというところなのでしょうか?
政権与党を超える支持を集めているというのは、すごいことと思います。

しかし、どうも今回の選挙は、大きな争点が多すぎて、逆に『何を優先して選べばよいのかわからない』という方も多いのではないでしょうか?

原発・TPP・社会保障と税・憲法・国防など、どれも大きなテーマですが、あまりにも多くの党が、いろいろとおっしゃるので、結局、内容よりもイメージというか雰囲気で投票することになってしまうケースが増えざるを得ないのでは…

となると、マスコミをうまく使って、露出度の高い党が有利になるかと推測します。

1年後、また『こんなはずじゃなかった』と言われるようなことに、ならなければよいのですが…

★昨日、金沢駅の工事で、このような看板がありました。
看板まで、観光客対応を意識しているということでしょうか?




11月25日(日)その1
★午後3時ちょっと過ぎに金沢市を出発し、7時半頃に一ノ宮に到着しました。
北陸自動車道もかなり混んでおり、さらに370kmほどありますので、疲れます。
また、ビジネスホテルのエアコンで喉をやられてしまったのか、調子がいまひとつです。

昨日、今日と、北陸地方は珍しいような快晴でした。
いつも、雨に降られなければ上出来くらいの感じなのですが、帰りの北陸自動車道の呉羽PAで初めて、富山の美しい山々の姿を見ることができました。


★金沢市のすぐ隣に、野々市市があります。
ここは最近まで野々市町で、市になったばかりなのですが、いまや日本有数の住環境が整った市として知られています。

たまたま、市役所の近くを通りましたので、ちょっと外から見学しましたら…

市役所の裏側を見て、びっくり仰天!

こちらは市役所正面なのですが…

反対側は、巨大な芝生のスペースが広がるおしゃれな空間が!
このような庁舎は初めてです。






11月24日(土)その2
★いよいよ衆院選挙ということで、各党がそれぞれの主張をされていますが、野田首相の世襲政治家を批判した『2世、3世、ルパンじゃない』は、秀逸な表現で、爆笑してしまいました。

また、政党の合併、合併で、やたらと長い名前になってしまった党もありますが、まるで『じゅげむじゅげむ』の落語のようですよね。

いったいどのような選挙になるのか分かりませんが、ある意味、歴史に残る選挙になる予感がしてきました。


11月24日(土)その1
★今日は所用で金沢市におります。
天気は良いのですが、群馬よりやや寒い感じがします。

金沢駅周辺のショッピング関連施設へ行きましたが、観光客の多さは、すごいですね。
土産品を買い求める観光客の方々で、たいへんな混雑でした。

富岡市も今後、観光都市を目指して行くわけですが、金沢市さんは、最高のお手本になるまちではないでしょうか?

金沢駅前の鼓門と、おもてなしドームです。



やかんのオブジェは芝の張替え作業中でした。


★こちらのスーパーを何軒か回りましたが、気付いたことが一つ。
どこのお店に行っても、マンナンライフさんの『蒟蒻畑』は並んでいました。

これはすごいことですよね。

遠くに行けば行くほど、お店で見かけますと嬉しくなります。

★関東地方は大きめの地震があったようですが、富岡市ではどの程度の揺れだったのでしょうか?

また、議会関係のことで、ちょっと気になる話が入ってきました。

まだ、はっきりしたことは申し上げられないのですが、こちらももしかしますと大きな話に…?




11月23日(金)その1
★先ほど、小布施サービスエリアで、うどんを食べましたら、B級グルメっぽいポスターが壁に貼ってありました。

それを見たところ、『妙義から揚げ丼』なるグルメがありましたが、妙義では以前から有名なから揚げがあったのでしょうか??


★日本全国の耕作放棄地は40万haで、これは東京都2個分の面積なのだそうです。
また、都道府県別の耕作放棄地の割合では、農業がけっこう盛んな群馬県が、全国で3番目に高いとのこと。

これは2005年の農林業センサスのデータですが、もう少し紹介しますと、耕作放棄地の割合で全国一なのは
長崎県 15.5%。

第2位は山梨県 14.7%。

そして第3位の群馬県は12.8%。

ちなみに、低い方を3つ紹介しますと、
45位 富山県 2.4%
46位 滋賀県 2.4%
47位 北海道 1.0% だそうです。

意外に群馬県、耕作放棄地が多いですよね。
何か原因があるのでしょうか?

★いまテレビをつけましたら、関東大学ラグビー対抗戦が放送されていました。
試合会場は昨年の12月に、私も足を運んだ秩父宮ラグビー場でした。

原宿駅から表参道をとことこ歩き、秩父宮ラグビー場まで出かけたあの日のことが思い出されましたが、もう、またラグビーのシーズンなんですね。

何だか一年がどんどん短く感じられてきます。

実は、今日は私の誕生日なのですが(歳はあえて書きませんが)、メールを送ってくださった方には、この場でお礼を申し上げます。



11月22日(木)その1
★午前10時から議会運営委員会が開かれ、12月定例会の運営について協議しました。

会期は11月30日から12月14日まで。
また、一般質問を行う議員は8名。
もちろん、私もやらせていただきます。

★今日は行く先々で、私のサイトを見てくださる方から、宮沢議員さんの件で、質問をされました。

『市長さんと議員さんの両者が相手の言っていることはウソだという状況になると、今後は、どうなってしまうのですか?』と尋ねられましたが、こればかりは、全く分かりません。
ただ言えるのは、宮沢議員さんのお考え一つで、どうにでもなる可能性があるということだけです。

宮沢議員さんは、副議長で、最大会派の会長さんでもありますので、議会における存在感は大きなものがあります。

そのような立場の方が、就職(あえてどこのとは書きませんが)がらみの履歴書を持って市長室を訪れ、『そういうものは預かれない』と断った市長に、無理に渡してきたという事実から判断すれば…

この先はちょっと止めておきますが、議会の中でも大きな存在感をお持ちのお方が、この状況で、『(市長室に行って履歴書を渡してきたが、)市長の説明はウソだ』としたのは、たいへん違和感を持つと同時に極めて残念でした。

この件が地域新聞の記事になり、最初に全員協議会で取り上げられたとき、『そんな信憑性のない話は取り上げる必要はない』と大声を上げておられた議員のみなさんも、どんどん、それが事実であったかと思わせる情報が出てきてしまったため、かなりお困りではないかと推測します。

特に、会議録には、公文書として議員の名前と発言内容が一目瞭然で分かるようなかたちで記されておりますので、後々まで影響が出る可能性も否定できません。
厳しく表現すれば、『問題の隠蔽に加担した』ように見られてしまう危険性もあるのではないでしょうか?(これはあくまでも私の考えです)

また、宮沢議員さんを擁護しているように見える議員さんだけでなく、事実関係を確認しようとしている議員さん方にとっても、今回の件は精神的にも大きな負担で、もはや議会全体が、混乱し疲弊しているように思えてなりません。

そして、さらにもっと心配なこともあります。

もし、このまま12月議会に入り、宮沢議員さんに対しての緊急動議でも出れば、もはや地域新聞で取り上げられるレベルの話ではなく、上毛新聞や全国紙の群馬版などでも当然取り上げられてしまうでしょう。(あくまでも私の推測です)

どんどん話が大きくなってしまうことに対し、私は大きな危機感を抱いております。

つい最近も、富岡市には何度も新聞で取り上げられた残念な出来事がありましたが、再度そのような事態に陥る可能性が…

そうならないことを祈っております。




11月21日(水)その2
★午後の議員のみの全員協議会で、宮沢議員さんの件が再度、話し合われました。

あまり詳しくは書きたくない心理状況なのですが、午前中に市長が詳しく説明した内容について、宮沢議員さんに確認しましたら、市長の話のほうがウソだ、との内容のご返事でした。

議員として公式の場で、議員バッジをつけての発言なのですから、それを信じないわけにはいきません。しかし、市長の発言も、公式の場での発言ですので、さらにそれ以上の重みがあります。

お互いに、相手がウソを言っている、という展開です。
こうなると、様々な情報から判断せざるを得ませんが、宮沢議員さんの発言内容が、どんどん変化していることや、ここでは書けない様々な情報から判断すれば、市長の説明のほうが明らかに筋が通っているように思えるのではないでしょうか?(あくまでも私の見方ですが)

しかし、それと同様に違和感を持ったのは、これだけ様々な情報が出ているのに、『宮沢議員にも非があるが、市長にも非がある』と、訳のわからない主張をする議員さんが複数おられたことです。

また、問題の論点を逸らそうと、違う内容の話に持ち込もうとする議員さんや、当たり障りのない意味不明の(私にはそう思えたのですが)発言をする議員さん、さらに何か用があったのか、それとも議論に加わるのが嫌だったのか、帰ってしまった議員さんも数名おられましたが、残念な印象を持ちました。

発言するのが憚れる議論になると、その議員の姿勢が明確になると思わざるを得ません。

前回と同様、積極的に事実を確認しようとした議員は、3名プラスα、というところでしょうか?

やがて、会議録が明らかになりますが、読めば、問題を隠蔽しようとしている議員の方々の考え方が、よく分かるかと思います。

私も、積極的に事実を解明しようとしている議員の一人なのですが、はっきり言えば、宮沢議員さんに対し、言いづらいことを言わなければなりませんので、発言のたびモーレツにストレスがたまります。

また、宮沢議員さんのおっしゃられることが、一貫性がなく、どんどん変わってきているのに、それでも、宮沢議員さんをかばおうとしているように見える議員さんが複数おられる点にも違和感を持ちます。

しかし、今回の件で、それぞれの議員さんの考え方や姿勢が見えてきた点は、ちょっとメリットだったかもしれません。

『いざと言うときには、沈黙』という方が、意外に多いんですよね。

ちなみに、昨日も別の大きなトラブルがあり、今日もストレスたっぷりの全員協議会ということで、免疫力が低下してしまったのでしょうか?
何だか喉がむずむずしてきました。




11月21日(水)その1
★午前10時から全員協議会が行われ、ただいま、昼食で家に帰ってきましたので、サイトを更新をしているのですが…

実は、午前中に例の『宮沢議員さんの件』で、市長から、先の全員協議会で宮沢さんが説明した「沖電気への就職うんぬん」という話は、『事実ではない』とのお話がありました。

となりますと、どちらかが真実で、どちらかがウソを言っていることになってしまいます。

宮沢さんと、宮沢さんの会派の議員さん方は、宮沢さんのおっしゃられたことが真実とする立場なのかもしれませんが、普通に考えますと、市長のおっしゃられた話のほうが、筋が通っているように思います。

午後はどのような展開に??


11月20日(火)その1
★本日は、朝8時30分前に市役所へ行きましたら、職員のみなさんは全員、ラジオ体操中でした。

議員になって、ちょうど丸十年ですが、ラジオ体操の音楽が鳴り響き、みなさんで体操をしている光景は、初めて見ました。

ちょっと新鮮な思いがしました。

さて、何でこのような時間に市役所へ行ったかと言えば、本日行われた議会基本条例の研修会の講師である、山梨学院大学の江藤先生を、高崎駅へお迎えに行く係だったからです。

9時20分の新幹線で高崎に到着ということで、お迎えに伺いましたが、大変気さくにお話をしてくださる先生で、高崎駅から富岡市役所に向かう車内で、いろいろお話をさせていただきました。

研修会の内容についても、触れたいのですが、実は本日、突発的に急用ができてしまい、ただいま詳しく書くことができません。

急用が済み次第、サイトのほうで紹介いたしますので、しばらくお待ちいただけましたら幸いです。





11月19日(月)その2
★長岡市役所の新庁舎を視察してまいりました。

長岡市は人口28万人ですので、富岡市の5倍以上の規模の市です。
よって、単に、これから建設する富岡市役所庁舎と比較するのは無理がありますが、ひと言で表現すれば『ゴージャス』というところでしょうか。

また、デザイン性に、かなり力を入れている庁舎で、市役所庁舎にここまで求めるのは妥当なのか、考えさせられる要素もありました。


市役所の入り口です。万国博覧会のパビリオンの雰囲気を感じさせる最先端のデザインです。


議場です。外から中が見える、まさに開かれた議会です。天井の木の板を使ったデザインは、長岡の花火をモチーフにしているそうです。


なかなかコミカルで、味わいがあるロゴです。



11月19日(月)その1
★今日は長岡市役所庁舎の視察に行きます。
なぜ、長岡かといえば、ここの市役所は、富岡市の新庁舎を設計する事務所が数年前に設計した建物だからです。

もちろん規模は違いますが、同じ設計事務所が手がけたものですと、雰囲気は十分に分かると思います。

『木』の魅力を強調した建物というお話を、以前伺いましたが、よく見てまいりたいと思います。

★維新の会の新代表に石原さんがなられたのは、果たして吉と出るのか、凶と出るのか?

石原さんの当選は硬いかと思われますが、維新の会は選挙後、いまの民主党のように意見が対立し、結局分裂してしまうようなことにならないのでしょうか…



11月18日(日)その1
★午前9時から、一ノ宮市民グラウンドにて地元の消防訓練が行われました。

水が入った消火器での取り扱い訓練や、消火栓にホースを接続しての訓練がありましたが、水の力のすごさを、毎年つくづく感じます。





★午後は産業祭に出かけました。
私が行った時間帯は、あまり混雑していませんでしたが、午前中はかなりの人出だったと聞きました。

テント村に出店していたみなさんの売り上げは、去年よりもよかったのでしょうか?



★産業祭の後、妙義山に行ってみましたら、すごい人出で驚きました。
ふるさと美術館の駐車場も、もみじの湯の駐車場も、紅葉見物にいらした方の車で、いっぱいでした。

ここでちょっとしたテント村でもつくって、何か販売したら、けっこう売れるのでは? …というように思えましたが…

それしにても、年配の女性で本格的な一眼レフのデジカメを持って、妙義山の写真を撮っていた方のなんと多いこと。

コンパクトデジカメで撮影していると、何か恥ずかしくなってしまうような感じでした。









11月17日(土)その3
★自動車関連の会社に勤めている同級生の話です。

『仕事は半分がアメリカ向けで、もう半分は中国・アジア向けだったけど、リーマンショックで、アメリカ向けは半減、さらに尖閣問題で今度は中国向けが半減。
ひでーもんだいねー。』

尖閣問題の影響で、会社の業績が落ち込んでいる人は、想像以上に身近にいるようです。

京都鴨川の『巨大ショートケーキ』の話題を、NHKの『東京カワイイTV』で見ました。こんなアイデアで、たくさんの人が集まるということに、驚きと新鮮さを感じました。
富岡でも、なにかマネができないでしょうか?


11月17日(土)その2
★西中時代のクラス会が午後5時からありました。
6年ぶりでしたが、、話が大いに盛り上がり、9時までほぼ4時間、楽しく過ごすことができました。

50代半ばになってきたということもあり、様々な病気の話も聞きましたが、齢を重ねるごとに、『最後にモノを言うのは健康』と思わざるを得ません。

脳梗塞や糖尿病などの具体的な話も聞くことができましたが、実際の経験談はたいへん勉強になりました。

久しぶりに会っても、ちょっと話をすれば、40年近く前に戻れてしまうのですから、同窓会はいいもんです。

★帰ってニュースを見たら、石原さんが日本維新の会の代表になると、ありましたが、これにはビックリしました。

ひょっとすると、石原新総理が誕生する可能性もあるいということなのでしょうが、石原さんのこれまでの発言を伺っていますと、ちょっと怖い思いがする点も少なくありません。

衆院選挙が興味深いものにはなりましたが、いったい日本はどんな方向へ進むことになるのでしょう?



11月17日(土)その1
★午前9時から、もみじ平の体育館で行われましたスロージョッギング教室に、参加してまいりました。

心配されていた雨は降らず、幸いでした。

最初に講師の先生から、スロージョギングについての基本的なお話を伺い、その後、体育館と陸上競技場の回りの940mコースを、4周ほどするという内容でしたが、和気あいあいで、参加者のみなさんは楽しめたのではないでしょうか?

スロージョギングは、体への負担は少なく、なのにけっこう汗も出る全身運動なので、ふだん体を動かす機会がない方には、うってつけの運動と思います。

また、スロージョギングを1年続けている者として、『もみじ平野球場の回りの500mコースと、自宅近くの1kmを週に3、4回走ること』を紹介させていただきましたが、自分の走りやすいコースが見つけることができれば、スロージョギングはかなりの確率で継続できるかと思います。

『もみじ平公園が、スロージョギングのメッカになればいいなぁ』と、実はいつも思っております。


冬を感じさせるような寒さの中でも、スロージョギングをすれば、体はぽかぽかでした。



11月16日(金)その3
★太陽の党、旗揚げしたとたんに、早くも解党ですか??

維新の会に合流するそうですが、維新にとってほしいのは、石原前都知事さんの存在感とネームバリューだけなのでは?

太陽の党の他の方は、どこかで見切りをつけられてしまうように思えてなりませんが…

★明日の夕方、中学時代のクラス会をしますが、天気が大荒れになるような話を聞きました。

遠くから出席する方のことを考えると、あまり荒れてほしくないのですが…

久しぶりに再開する同級生と、どんな話ができるか楽しみです。



11月16日(金)その2
★衆院の解散時に、国会で『万歳』をするのはなぜなのか?
そんなテーマを、お昼のバラエティ番組が取り上げていました。

『昔、天皇陛下が国会にいらっしゃって解散したときの名残』、『大きな声でバンザイと叫んだほど再選されると言われているから』の二つの理由が挙げられていましたが、どちらなのでしょうか?

しかし、いくら大声で万歳をしたからと言っても、戻るのはかなり厳しい方も多いように思えますが…

★衆院の解散が確実となってから、東証株価は上げに転じています。
海外マーケットとは別の動きになっていますが、自民党が政権を取れば、民主党よりも経済対策を進めるという思惑なのでしょうか?

でも、経済対策をすればするほど、国の借金も積み上がってしまいますので、長期的に見ると、デメリットも大きいように思います。

ところで、選挙の争点は、何がメインになるのでしょうか?

原発、TPP、消費税、社会保障制度、防衛・外交…

なかなか分かりづらい選挙のように見えますが、マニフェストを作るときには、実現の根拠を示せるものを並べていただきたいと思います。

選挙に勝つための空手形的マニフェストは、もうコリゴリです。



11月16日(金)その1
★とある学校で、子どもさんが頭を打って、頭蓋骨にひびが入る大ケガをされたという話を耳にしました。

はっきりしたことは分からないのですが、おそらく休み時間での出来事と思います。

しかし、違和感を持ったのは、学校からお母さんのところへ、『子どもさんがケガをしたので、すぐに迎えに来てください』という連絡があり、お母さんがすぐに学校へ行き、病院に連れて行ったという点です。

普通の一般的な感覚なら、頭を打ったという事故なら、万一を考えて救急車を呼ぶように思うのですが?

これとは別の話ですが、以前、『“子どもさんがケガをしたので、すぐに迎えに来てください”との連絡を学校からもらったので、迎えに行ったら、大量に血が出ていて、仰天した』というお話も聞いたことがあります。

どちらのケースも、幸い、命にかかわるものではありませんでした。

しかし、そんなことはないとは思いますが、学校は基本的に『救急車を極力呼ばない』というルールでもあるのでしょうか?





11月15日(木)その2
★浅間山が、もう雪で真っ白なんですね。
この時期に、ここまで雪で覆われているのは、珍しいのでは?


★午後、国保年金課長さんといっしょに、新前橋駅前の施設で行われました、『群馬県国保運営協議会 会長連絡会総会』に出かけてまいりました。

その中で、筑波大学大学院の江口教授による『社会保障・税一体改革と国保』という講演を聞く機会がありましたが、たいへん勉強になる内容でした。

明日、解散する民主党政権の社会保障政策を総括する内容でしたが、タイミング的にもドンピシャでした。

今年度の国の予算歳出90兆円で、国債費22兆円、地方交付税交付金16兆円を引いた残り52兆円のうちの、半分が社会保障費なのだそうです。
つまり、一般歳出の半分が、社会保障費。

非常に分かりやすいお話ですが、非常に恐ろしい内容です。

今でさえ、この状況。 ならば、これから先はどうなる?

考えれば考えるほど、日本の未来が不安になります。

★市営墓地の区画数は全部で1421区画あり、残区画は148区画という話を、本日伺いました。
これだけ残っていても、あと5年分ほどなのだとか。

墓地を必要とされている方は、想像以上に多いようです。

★『衆院選挙になると、市会議員の方も忙しくなるんですか?』との、ご質問をいただきました。
政党の党員や役員をしている議員の方は、いろいろあるのでしょうが、完全無所属の私は、特別なことはまったくありません。

なので、まもなく始まる12月議会に集中して(?)活動ができます。

もちろん一般質問も行いますので。



11月15日(木)その1
★午前10時から総務委員会協議会が行われました。

また、昨夜、一ノ宮の市民グランド近くの道路側溝の蓋が壊れているとのメールを頂きましたので、その現場写真を持って、都市建設部に伺いました。

1時間もしないうちに、危険箇所を示すコーンが置いてありました。
早速現地に行っていただきまして、ありがとうございます。


★今日の午後は、国保運営協議会の県の会合があり、前橋に出かけます。ちょっと慌しい一日になります。



11月14日(水)その4
★国会の党首討論をニュースで見て、驚きました。

明後日、解散ですか?

これまで野田総理の言葉は、歯切れが悪い印象がありましたが、今日は覚悟を決めたといわんばかりの気迫が感じられました。

解散後の選挙の争点が、ちょっとボケ気味ですが、野田総理の姿勢には、私は好感をいだきました。

次の選挙では、民主党は苦戦確実でしょうが、年を越えてズルズル引き延ばしても、状況はさらに悪くなる一方でしょう。
ならば、第3極の勢いがつかないうちに選挙に持ち込むというのも、有効な戦略かと思います。

今日の毅然とした態度を見て、野田首相への評価は上がるように思いますが?

でもこれで、民主党はひょっとすると空中分解になる可能性も…





11月14日(水)その3
財政課で、午後、いろいろお話を伺ってきました。

その中で、平成27年度まで続いている合併の優遇措置がなくなると、その5年後くらいから、かなり財政的に厳しい時代を迎える可能性がある、という話になりました。

また、富岡市の人口推計も平成32年が49300人。
さらに平成37年は47300人で、今より5000人近く人口は減るのに、高齢者数は逆に5000人ほど増加し、高齢化率は36%ほどになる見込みとのこと。

ちなみに、私は平成37年には、67歳になります。
人生が続いていれば、私も高齢者です。

10年なんて、あっという間ですよね。

そして、その、あっという間に、想像できないような時代がやってきます。


★議会事務局に行きましたら、今日は愛媛県新居浜市議会のみなさんが、視察で富岡市を訪れているとのことでした。

製糸場の世界遺産への推薦が決まってから、一気に視察受け入れの数が増えていますが、本登録となったときには、いったいどこまで、この数が伸びるのでしょうか?

議会事務局に視察担当の職員の方を配置しなければならない時代が来るかもしれません。



11月14日(水)その2
★日経ビジネスON LINE の記事で、興味深いものがありました。
大学生の子どもさんがいらっしゃる方には、一読の価値がありそうです。

2000人の保護者が押しかけた就活説明会で感じた“違和感”
日経ウーマン発行人が考えるシューカツ問題の本質(第1回)




11月14日(水)その1
★石原前東京都知事さんが『太陽の党』の結成を発表されました。
私たち大阪万博を経験した世代とすると、『太陽の塔』を連想させますが、そうした効果も狙ったのでしょうか?

1970年の大阪万博のとき、私は小学校6年生でした。
夏休みに行くことができましたが、とてつもない人の数で、衝撃を受けたことを今でも鮮明に覚えています。

いろいろな国のパビリオンを見たかったのですが、月の石が展示してあるアメリカ館などは、とんでもない行列で見ることはできませんでした。

アフリカの、小さな国の、巨大テントのようなところに入ったら、そこのスタッフである190cmくらいありそうな黒人の男性がにこにこしながら近づいてきて、持っていたノートにスタンプをおしてくれたということがありましたが、外人の方をそんな近くで見たことはなかったため、怖くて体が固まってしまったことも…


石原さんの『太陽の党』のおかげで、久しぶりにあの頃の記憶がよみがえった方は、かなりいらっしゃったのでは?

★読売群馬版の記事の中で、『南牧村の職員数は10年前は80人位いたが、今は約60人まで減らした』との、村長さんのお話がありました。

南牧村は人口は少なくても、面積は富岡市と同じくらいです。
その人数で対応しているということに、驚きました。


11月13日(火)その3
★東電の株価の本日の終値は123円です。
チャートを見れば、2007年頃の高値は4000円以上。
資産株の代表として、長期保有をすれば、損をする可能性は極めて低いと広く信じられていましたが…

まさに諸行無常の響きを感じます。

ついでに、シャープの株価もチェックしましたら、こちらは本日終値152円。
2007年には2000円以上の高値がありました。
これもかなり厳しい下げです。

これでは、いくら景気対策をしても、次世代に残す国の借金が膨張するだけで、焼け石に水と思えますが…




11月13日(火)その2
★本日の読売新聞群馬版に『製糸場の動力源 復元へ』とのタイトルで、富岡製糸場の創業時に動力源として活躍した蒸気機関「ブリュナエンジン」の復元に、富岡市と商工会議所が取り組んでいることが取り上げられています。

掲載された写真を見ますと、先月、ちょうど私が撮影したのと同じアングルの写真でしたが、やはり見栄えの良い角度というのがあるのでしょうか?

また、この記事の中で『市は、世界文化遺産の登録に向けて明治村にブリュナエンジンの里帰りを打診したものの断られ…』という部分がありますが、「返してもらう」ではなく、「里帰り」という表現が、情緒的で絶妙ですね。

このブリュナエンジンは、現存する蒸気機関では国内最古とのことですので、何とか、里帰りが実現してほしいものです。

★文字数をカウントしてくれるサイトがあります。
そこで、私のこのサイトの、10月のページの文字数をチェックしてみましたら、なんと25848文字もありました。
つまり、400字原稿用紙に換算すれば、60枚以上。

ということは、2ヵ月分も集めれば卒業論文、
1年分なら長編小説ということになるのでしょうか?

毎日少しずつでも、続ければ、とんでもない量になるということでしょうが、自分でも驚きです。

★日曜日のソフトボールによる筋肉痛ですが、昨日がピークだったようで、今日はだいぶ楽になりました。

歳を取ると、筋肉痛が出るのは翌日ではなく、翌々日などと言いますが、その点からすれば、まだ多少、体が若かったということでしょうか…

もしかすると、ちょうど1年になるスロージョギングの効果かもしれません。


11月13日(火)その1
★逗子のストーカー事件で、ちょっと思うことがあります。
被害に遭われた女性の方は、犯人の男から脅迫メールが来るようになった段階で、メールアドレスを変えていれば、このようなことにならなかったのでは?

度々、脅し文句があるようなメールが来れば、まずは、アドレスを変えて、メールが届かないようにすると思うのですが、何かご事情がおありだったのでしょうか?


★参議院議員 上野ひろし事務所さんから、『緊急後援会集会のご案内』というお手紙をいただきました。

昨日、届き、見れば明日14日にグリーンドーム前橋・サブイベントエリアで行われる会だそうです。

おそらく県内の市町村議員の住所を名簿で調べて、送っているのかと思います。でも、14日のイベントの通知を12日に出すというのは、ちょっと慌しすぎるのではないでしょうか?

上野さんは、参議院から衆議院へ鞍替えするような話も耳にしますので、このような状況から推測しますと、衆院解散は極めて近そうです。



11月12日(月)その3
★次の日曜日の18日、第7回富岡市産業祭が行われます。
市役所西駐車場と上町駐車場が会場です。

しかし、この方法で行うと、出かける方の駐車場が確保できず、そこが難点では?
私は、以前、産業祭が行われていた『もみじ平』で、よかったのではないかと思っています。

来年は、西駐車場が新庁舎建設のために使えなくなるかもしれませんので、おそらくここで実施するのは今年が最後になるかと思います。

ところで新庁舎の建設が始まれば、市役所の駐車スペースが大幅に狭くなってしまいますが、市役所に出かける方はどこに駐車すればよいのか気になります。

上町駐車場に入れてもらって、市役所に用があった方は、駐車券に無料のスタンプでも押してもらう方法にでもするのでしょうか?

来年以降、いろいろ大きな変化が出てきそうです。

★クローズアップ現代で、糖尿病を手術で治す試みが紹介されていました。
胃の90%と小腸を1mも切り取って、食事の量と栄養の吸収を減らす手術のようでした。

しかし、そこまで大きな手術をすることを考えれば、その恐ろしさで食事制限も行えるように思えますが、なかなか食欲にブレーキをかけるのは、人間、難しいものなのでしょうか?

日本国民の5人に1人が糖尿病・糖尿病予備軍なのだそうです。
まさに飽食の時代の国民病というところでしょうか…



11月12日(月)その2
★先ほどネットでこのような記事を読みましたが…

利益窃盗
−なぜ「食い逃げは無罪」なのか?


意思実現
−無断駐車は10万円。それでも駐車したらどうなるか


食い逃げは、いつ食い逃げしようと考えたかによって、罪が変わるようです。
法律というのは、ややこしいものです。

★環境課でアスベスト処理施設の建設計画の件で、お話を伺ってまいりました。

群馬県との事前協議が終了していないうちに、建設業者が力ずくで計画を進めようとしているような印象を持ちましたが、事前協議自体、法律で決められたことではないので、県も強くモノを言えないというところなのでしょか?

認可する側の、環境大臣もコロコロと別の方に代わってしまいますし、何か今後じわじわ話が進んでしまうようで、不安を感じます。




11月12日(月)その1
★日本の世界遺産の数は16あります。その中で、市町村の名前が入っているものは、『京都・奈良・日光・姫路・屋久島・白川』の6つです。

来年、鎌倉が加わり、再来年、富岡製糸場が世界遺産となって富岡が加わっても、8つです。

世界遺産の名前に、その自治体の名前が入っているというのは、とてつもない広告宣伝効果があると私は考えております。

そこでちょっと考えているアイデアがあるのですが…

これは12月議会の一般質問で。


★昨日のソフトボールによる疲労・筋肉痛・全身倦怠感で、今日はまるで、大リーグボール養成ギプスを全身につけられた星飛雄馬状態です。

ひょっとすると、今日よりも明日の方が、さらに状態は悪くなるかもと思うと、『むむむむむ』という気分になります。

そうならないことを祈るばかりです。



11月11日(日)その2
★セブンイレブンに行きましたら、『上州名物おっきりこみ』があるじゃないですか。
『おっきりこみ』を地元B級グルメにしたいと思っている私としましては、一度は食べない訳にはいきません。

早速1つ購入し、家に帰って、いただいてみました。

レンジする前です。


レンジ後です。


食べた印象ですが、私が昔よく食べたものとは、ちょっと異なる印象がありました。
おっきりこみは、汁がトロトロし、麺もこれほど幅があるものではなかったような記憶があります。

これは名古屋のきしめんに、野菜が入ったような料理に思えました。でも、味はおいしく、満足できるものでした。
また、電子レンジで熱を加えるだけで食べられるというのですから、便利でありがたいです。

それにしても、セブンイレブンで、おっきりこみが食べられる時代になるとはビックリです。

★夜になったら、右のお尻で筋肉痛がしてきました。
明日は、ちょっと恐ろしそうな感じです。



11月11日(日)その1
★地区のソフトボール大会があり、出かけてきました。

左肩が五十肩で依然痛いのですが、そのことを話したら、守備の負担が少ないポジションということで、ピッチャーをやることに…

昔から、ソフトボールのピッチャーはそこそこやったことがありますので、その点はよかったのですが、明日は、お尻の筋肉痛が心配です。

また、打順を若い順にしたら、私は9番になりました。
いよいよ、このような時代になったということですね…


★インターネットでスカイプを使い、格安料金でネイティブの先生から英会話を学ぶサービスがあります。

ご近所の方で、これを利用している方がいまして、いろいろ伺いましたら、毎日25分で1ヵ月の授業料が5000円とのこと。

テキストも充実していて、フリートークのような授業も選択でき、教えてくれるのは、フィリピンの方だそうですが、すごい時代になってきたものです。

★次の衆院選は『TPPにYesかNoか』が争点になるのでしょうか。

ここにきて、解散が近づいてきたような空気が出てきましたが、民主党とすれば、自党に有利な対立軸をつくらなければ、極めて厳しい結果になってしまう可能性が高いので、そうなるとTPPが全面に出てくるように思えます。

しかし、いまの民主党では、どんな争点をつくったとしても、ちょっともう間に合わないというのが現実では?




11月10日(土)その3
★『パリのユネスコ日本政府代表部の木曽功・特命全権大使が9日、2014年の世界文化遺産登録を目指す「富岡製糸場と絹産業遺産群」を視察した。』という新聞記事がありましたが、最近は富岡製糸場がマスコミで取り上げられる機会が大幅に増えてきた印象があります。

様々な報道の情報から推測すると、2年後の世界遺産登録は、かなりの確率で大丈夫なように個人的には考えておりますが、ぜひ、世の注目を集めているうちに、さらに勢いをつけられるような試みがほしいものです。

★ずいぶん前に、『飲尿療法』なる健康法が流行ったことがあります。
あの頃は、自分の尿を飲むことがいかに体に良いかを、多くのマスコミも取り上げていましたが、いま考えれば、『ぎょぎょぎょ』としか思えません。

ブームとは、後になって振り返ると、かなり異様なものが多いように思えますが、あのときからずっと、飲尿療法を続けているという方はいらっしゃるのでしょうか?



11月10日(土)その2
★久しぶりに桑原のアスベスト処理施設建設予定地の前を通りましたら、黄色のノボリ旗がいっぱいでした。

地元のみなさんの建設反対の思いが強く感じられました。



★先週、読売新聞から、先の投稿の謝礼として3000円の図書カードをいただきましたが、今日はそれで何冊か本を買ってきました。

その中の1冊が写真のものです。
著者であるこの社長さんの経営されている会社は、たいへんな優良企業として有名です。
どのような経営哲学があるのか、読むのが楽しみです。


★このような記事がヤフーのトピックスにありました。

<おんせん県>大分商標登録に 群馬知事困惑 
大分県が10月に「おんせん県」の名称の商標登録を特許庁に申請した。同県は「うどん県」を登録した香川県を参考に今後、全国的にPRしていくというが、認められれば、第三者が名称を勝手に使えなくなる。先手を打たれた形の群馬県からは「温泉は全国各地にある。『他県を敵に回しても』ということなのだろうか」と、温泉ではなく、手法への疑問が湧き出ている。(毎日新聞)


大澤知事さん、そんなのは気にすることないですよ。
大分が『おんせん県』なら、群馬は『おんせん帝国』と商標登録すれば、もっと盛り上がるかと私は思いますが、どうでしょうか?



11月10日(土)その1
★午前中、もみじ平の野球場の周りで、スロージョギングしてまいりました。
だいぶ秋が深まってきた印象ですが、風もなく、穏やかでした。




★『国の借金最悪、983兆円』との新聞記事がありました。
3ヵ月ごとにごとに発表されてますが、いよいよ4ケタが目前となってきました。

日本は予算の半分近くを借金で組んでいるのに、全然それが当たり前のようになってしまっています。おかしな話です。

もはや返せるはずはないし、返す気もないというレベルまで行ってしまっているように感じますが…

最後は、ハイパーインフレで、国の借金と、国民の預貯金がともに消滅するようなかたちでリセット、というシナリオなのかもしれませんが、はたしてそれはいつ来るのか?

来ないことを祈りたいところですが、このシナリオ以外に国の莫大な借金をなくす方法があるのでしたら、知りたいものです。




11月9日(金)その3
★日本の賞味期限切れによる年間食品ロスは500万〜800万トンとのことです。
世界の年間の食糧援助量が570万トンだそうですから、日本の廃棄食品の多さは大きな問題と言えましょう。

そうしたことから、このたび、食品の賞味期限を見直す動きが様々な業界で出てきたのだとか…

たいへん結構なことと思います。

ところで、この賞味期限について、いつも感じていることが一つあります。

それは、和菓子のようなものをもらうと、箱の包装紙に賞味期限のシールが貼られていますが、中のお菓子の包みでは、それが分かりません。

そのため、一度箱から出してしまうと、賞味期限が分からなくなってしまい、自分で食べるのも、人にあげるのも、ちょっと心配になってしまうことがあります。

こうした理由で、廃棄されてしまうお菓子って結構あるのでは?

この点もぜひ、メーカーには改善していただきたいですよね。


★知っている小学生の子どもさんが、肺炎になられたという話を伺いました。
だんだん陽気が冷えてきますと、このような病気になる方も増えてくるのでしょうが、気をつけたいものです。

★為替市場が荒れてきました。
『欧州の財政問題』プラス『アメリカの財政の崖』で、サッカーのチームに例えれば、破壊力満点のツートップFWが世界中で大暴れというところでしょうか?

こんなときは、どうしても円が買われて、円高に進むざるを得ないのでしょうが、困ったもんです。



11月9日(金)その2
★バナナの値段が、最近安いように感じます。
ヤオコーに行くと、198円で4本入りのバナナをよく買いますが、今日はちょっと小ぶりでしたが6本入りで158円でした。

『フィリピンと中国の間で、島の領有権問題が起こり、フィリピンから中国へのバナナの輸出が止まってしまったため、日本にフィリピンのバナナが大量に出回っている』という話を耳にしましたが、これが原因で値段が下がっているのかもしれません。

6本158円なら、1本27円もしませんが、栄養のバランスと腹持ちを考えれば、コスト&パフォーマンスが極めて高いのでは?

しかし、バナナって、皮の始末が、ちょっと大変ですよね。
真っ黒になっちゃって見た目は悪いし、甘っとろいにおいが漂いますし…

先ほど、『バナナの皮の処分』でネット検索したら、『バナナの皮は、革製のバッグなどの汚れ落としに使えます』という意見がありましたが、これ、本当ですかね??



11月9日(金)その1
★紙おむつ業界団体の資料によると、『昨年の紙おむつの国内生産量は大人用が28万7688トンと乳幼児用の29万6203トンに迫っている』とのことです。

少子高齢化が進み、紙おむつと言えば、大人用を最初にイメージする時代が近そうです。

★読売群馬版に一昨日から、高齢化が進む南牧村にスポットを当てた特集が掲載されていますが、今日の記事に『南牧の7割 買い物困らず』という小見出しがあります。

近くの店がなくなり、さらに公共交通機関の利用が難しい上、自動車の運転ができる人も少なくなっているのに、これは予想外。

読んで、『ふむふむ、なるほど』と思えましたが、南牧にお住まいの方々のご近所づきあいの深さと、地域の支え合いがあるから、困らないということなのでしょうか?



11月8日(木)その4
★最近、サイトの更新頻度が高いのは、パソコンの電源が入っているときはいつもホームページビルダーを立ち上げているからです。

今までは、夜にまとめて更新していましたが、ツイッター風にライブ感を、ちょっと出してみようかという試みです。

ホームページの更新は、不思議なもので、やらなくなると非常に面倒くさくなりますが、まめに行っていると、まったく作業が気になりません。

『慣れ』というのは人間だけが持ち合わせている感覚かもしれませんが、この習性をうまく利用するのが、人生にとって重要なのでは…、と最近つよく感じます。

★11月の中旬の予定を確認しましたら、先月下旬の時のような忙しさになりそうな気配が出てきました。

富岡市役所新庁舎を設計する事務所がすでに手がけた、長岡市役所庁舎の視察が急遽入ったりで、慌しくなってきました。

実は自分の市議会だよりもいま作成しているのですが、こちらもちょっと詰まってしまった感じで…

困りましたね。


11月8日(木)その3
★今月20日に、議会基本条例の研究で有名な山梨学院大学の江藤先生に、富岡市へお越しいただき、研修会を行う予定になっております。

たまたま私が、議会運営委員長ということで、先生とメールでやり取りさせていただいております。

研修会の前に、先生の著書を読んでおこうと思い、アマゾンで購入してあったのですが、実は…まだ、全部目を通しておりません。

週末は、ちょっとダッシュで読もうかと考えております。




11月8日(木)その2
★家にいますと、怪しさ200%くらいのセールス電話が時々かかってきます。

今は電話番号の非通知は拒否する設定にしてありますので、ひどいケースはなくなりましたが、以前は、常軌を逸しているというか、非礼、無礼な営業電話でうんざりするようなこともありました。

そんな電話の撃退法という話になりましたが、やはりスタンダードな方法としては、不要な営業の電話と分かった瞬間に『迷惑ですから、二度とかけないでください』、ガチャーンが、一番のようです。

また、年配の方は、まじめな方が多く、電話セールスのターゲットになりやすい危険性がありますので、年配の方だけでお住まいの家には番号非通知拒否設定機能付の電話は、必要不可欠なのでは?

家にいても、詐欺に遭ってしまう時代ですから、怪しい電話には気をつけたいものです。

★先ほど久しぶりに『脱腸』という言葉を聞きました。
昔、子どもの頃、同級生が脱腸の手術をしたというような話をよく耳にしましたが、なつかしい響きがありました。

最近は、脱腸のことを『ヘルニア』と表現するようで、あまり聞かなくなりましたが、どうもヘルニアというと、私には腰のイメージがあり、何かピンときません。

時代とともに病気の呼び方も変わるようです。

ところで、目にデキモノができる『ものもらい』は、今でも『めっぱ』と言って、理解してもらえるのでしょうか?

『めっぱができちまったぃ!』という表現は、何歳くらいの方なら理解できるのか、ちょっと調べたくなってきました。




11月8日(木)その1
★オバマ再選で、ニューヨーク株式市場は急落、さらに為替は円高。
日本経済にとっては、ロムニー氏が勝った方が、ひょっとすると良かったのかも?

ニューヨークの下げが大きいことを考えれば、今日の東京市場も当然、大幅安でしょうが、ニューヨークが上げたときは、ちょっと東京は上げるだけで、下がるときだけは、いっしょにドカンと下げているのですから、困ったものです。

過去の最高値から4分の1なんていう市場は、世界中を探しても東京市場だけでしょうが、ということは、やはり国の経済政策に問題があったということになりそうです。



11月7日(水)その4
★オバマ大統領再選。
ニュース映像を見ると、支持者の盛り上がりは、日本の選挙とは根本的に異なるように感じましたが、これは選挙に対する意識の違いか、それとも候補者の魅力や政治への期待の大きさの違いなのか?

理由は分かりませんが、日本よりは政治がちゃんと機能しているように見えてしまいます…

★NHKの『ためしてガッテン』を見ていましたら、これまでの常識を覆すような事実が紹介されていました。

宿便は理論的にありえない』ということですが、『え・え・え〜?』とみなさん思ったのでは?

『宿便 イコール 腸に長くこびりついて体内に溜まってしまった便』というイメージを、みなさんお持ちでしょうが、これはいったい何だったのでしょう?

医学的な根拠が無いのに、一般常識化してしまっているようなことは、他にも結構あるのか、気になってきました。



11月7日(水)その3
★NHKのお昼のニュースでの、アメリカ大統領選の開票状況によれば、オバマ氏再選はほぼ確実というところでしょうか?

この選挙は、州ごとに選挙人を獲得し、その合計で競うということですが、何だかややこしいシステムですね。
まして、カリフォルニア州のように54人もの選挙人がいるところもあれば、3人しかいない州もあるというのですから、多くの州で勝っても、カリフォルニアのような州で負ければ、結局勝てないということになりそうです。

ちなみに、この選挙人の数は、各州の上下両院の議員数とのことです。

★田中真紀子文科相が先の3大学不認可の件で、『まだ不認可処分をしたわけではない』と発言をし始めましたが、これはまた、訳の分からない展開になってきました。

こういうことで、また責任追及やら言い逃れやらで、国会が停滞するかと思うと、本当にがっかりというか、うんざりしてきます。

田中大臣、存在感を示そうとしたのでしょうが、ちょっと違う方向で存在感を示しすぎたのでは…



11月7日(水)その2
★南牧村のホームページを見ようとしたら、長野県に同じ漢字で『ミナミマキムラ』という所があるんですね。 これは、ついうっかり間違えてしまいそうです。

さて、群馬県の南牧村のサイトを見たら、『なんしぃちゃん』というマスコットキャラクターが出てきました。


そこで、ちょっと思いついたのですが、『夏色のナンシー』のヒット曲がある早見優さんとコラボして、村おこしでもやったらどうでしょうか?

といっても、『夏色のナンシー』なんて知らないという若い方も多いでしょう。

Youtubeにこの曲が使われた1983年のコカコーラのCMがありましたので、リンクしましょう。

なんしぃちゃんのデザインを見ると、ちょっとハワイアン風の雰囲気を感じるのですが、早見優さんと、イメージがマッチするんじゃないでしょうか?

今度、南牧村の町長さんにお会いする機会がありましたら、このアイデアをお話したくなってきました…



11月7日(水)その1
★本日の読売群馬版に『山村の少子高齢化加速』という記事があります。
それによれば、全国の市町村で高齢化率(65歳以上の人口割合)が最も高いのは南牧村で、57.2%とのこと。

また、15歳未満の子ども人口の割合が最も低いのも南牧村で4.3%なのだとか。

これはもちろん全国で徐々に進みつつある問題です。見方を変えれば、南牧村は、日本の未来を先取りしているとも考えられます。

人口減少の大きな原因は、『地域の経済を支える産業がないこと・働く場がないこと』ということでしょうが、これはとてつもなく大きな難問です。



11月6日(火)その2
★群馬県は、ネット上では『未開の地』やら、『帝国』やら、いろいろ表現で揶揄されているようです。

私も、そうしたサイトを見たことがありますが、パロディとしては、よくできた話ですし、おもしろいのではないでしょうか?

今日、たまたま朝日新聞系のサイトで『魅力ランキング最下位の群馬県 ネットでブレイクの理由』という記事を見つけました。

ご存知でなかった方は、一度ご覧になってはいかがでしょう?

★アメリカの大統領選は、もしもロムニー氏が勝てば、ドル高円安に進むという見方があるようです。
となれば、日本の株式市場にとってはよい風かもしれません。

ただ、来年の1月でアメリカの減税措置が期限切れとなり、同時に強制的に歳出カットをすると決めた法案が実行されますので、来年は再度、円高に進んでしまいそうですが…

年を越しても、経済はぱっとしない可能性が濃厚です。




11月6日(火)その1
★昼過ぎ、パンを焼いて販売しているお店に出かけましたら、ご主人がパソコンの前で、なにやらデータの打ち込み作業をされていました。

『それ、なんなんですか?』と伺いましたら、今日の気温や湿度、さらにはパンの焼き方のデータを記録しているとのこと。

てっきりいつも同じように焼けばいいのかと思っていましたが、パンはかなりデリケートなようで、そのときの条件によって、焼き方を変えなければならないのだそうです。

予想外でした。

★3大学不認可の件は、どうも田中大臣は撤回せざるを得ないような雰囲気になってきたようです。

定員割れの大学が続出していることを考えれば、今後の新設については認可を厳しくする必要はあっても、今回の3大学は、認可しなければ社会的な混乱が多すぎますので、撤回したほうが明らかにベターな判断なのではないでしょうか?

それにしても、いまや私立大学の半数近くが定員割れということを、この問題が起きたことで初めて知りました。
大学の倒産・閉校ラッシュがいよいよ始まるということでしょうか…



11月5日(月)その3
★先ほど、ぽっと思ったことなのですが、
アメリカの大統領選挙は、なぜ平日に行うのか?

これ、すごく不思議に思えますが…

★高校生の6割がスマホを利用していて、受験参考書の内容をスマホで学習できるようなサービスも始まったと、NHKのニュースが取り上げていましたが、いよいよこのような時代になったんですね。

こうなりますと、スマートフォンを使いこなせないというのは、情報を得る上で、かなりマズイ感じです。

また、情報を発信する側から見ても、スマホ対応は不可欠なことになりそうですが、時代の変化のスピードが速すぎて困ります。

市役所サイトも、スマホ対応バージョンを作る必要がありそうですね。



11月5日(月)その2
★保健センターで、今月17日に行われるスロージョギング教室の参加者数について確認しましたら、募集50名に対し、すでにかなり人数が埋まっているようです。

女性の参加者が多いとのことですが、健康がちょっと気になる男性の方も、ご興味ありましたら出かけてみてはいかがでしょう?

申し込みは保健センターへ。(TEL 64−1901)

★富岡市の消防団は16分団あり、それと音楽隊という構成になっていますが、この音楽隊がある消防団は、たいへん珍しいというお話を昨日伺いました。

音楽隊のみなさんには、市のイベントでもご活躍していただいておりますので、てっきりどこの市にも同様の組織があるのかと思っていたら、県内で音楽隊がある市は富岡市以外にはないとのことです。

これは意外でした。

★富岡市から安中市へ抜ける『いっちょはっちょ』の県道の街路灯で、切れているところがあります、との情報をいただきました。

早速本日、都市建設部から土木事務所に対応をお願いしていただくことになりました。

日が暮れる時間が早くなってきましたので、交通量のある道路で街路灯が点灯していないと危険な場合があります。
そのような場合は、ぜひご連絡をいただきたいと思います。

★消防点検の後、ウィズの2階のエスエスさんで、新作DVDを借りて、夜見ました。
今年2月、アカデミー賞の作品賞など5部門を獲得したフランス映画『アーティスト』ですが、心を打たれるストーリーでした。

さらに、『主演ワンちゃん賞』でもあげたくなるような、子犬も大活躍。

『CGも3Dもないけれど、面白い映画はできる』というお手本のような映画でした。




10月21日から11月4日までのジョギングで走った距離
39km(今年の累積距離1042km)
10月27日     6km
10月29日     6km
10月31日     5km
11月3日     10km
(群馬県民マラソン)
11月4日     12km


11月5日(月)その1
★『もしも自分の家のブロック塀が地震で倒壊し、けが人や死者が出てたら、その責任はどうなるのでしょうか?』という話題に先日なりました。

ネットで調べましたら、『工作物の所有者は無過失でも責任を負うが、不可抗力の場合には責任を免れる』とありました。

不可抗力って、どの程度からが、それに該当するのかは裁判次第になるのかもしれませんが、現行の建築基準法に適合したブロック塀で、大きな地震で倒壊してしまったような場合は不可抗力となるでしょうし、かなり昔の塀で震度4くらいで倒壊してしまったら、それに当てはまらないということになるのでしょうか?

我が家のブロック塀安全点検表というHPがありましたので、心配な方はチェックされてはいかがでしょう?




11月4日(日)その2
★図書館で、この2冊を借りてきました。
『日本の田舎は宝の山』と『農村起業家になる』ですが、この本のことは、先月に甲府市で行われました社会教育委員の全国大会のシンポジウムで知りました。

“過疎化と耕作放棄地が進む限界集落でも、農村資源を有効活用すれば新たな展開が開ける”という趣旨の本です。

じっくり読んでみようと思います。


★私はスマホをあまり使いこなしていないのですが、ナビのアプリって、最初から入っていたことを知りませんでした。

でも、データ通信をオンにして、ナビを使うと、恐ろしいスピードでバッテリーが減っていきます。

これはよほどの時以外は、ちょっと使えませんね。

★オバマ・ロムニー両氏の大統領選のニュースを見ていましたら、オバマ陣営は『Forward』、ロムニー陣営は『Real change』というボードを持った支持者が映っていました。

4年前のオバマ氏のスローガンである『Change』を、ロムニー氏が皮肉っているのでしょう。
ハリケーン『サンデイ』が、オバマ氏を救ったような空気がありますが、果たしてどうなるのでしょうか?

★三菱のアイという軽自動車に乗っていますが、ターボがついているため、加速は結構いいものの、燃費はリッター13キロくらいです。

先日、トヨタのアクアに乗っている方に伺いましたら、リッター22〜23キロくらいは走るとのことでしたが、このくらい走れば、いいですよね。

税金で選べば軽のほうがお得ですが、燃費で考えると、軽自動車は意外に分が悪いのでしょうか?



11月4日(日)その1
★午後1時から富小で行われました『富岡市消防隊秋季消防点検』に出かけてまいりました。
毎年思うことですが、団員のみなさんの機敏な動きや、秩序ある行動を拝見しますと、一市民として大変心強い気持ちになります。

火災シーズンが近づいてきましたが、市民のみなさんの生命と財産を守るため、今年もぜひご活躍していただきたいと思います。











11月3日(土)その1
★9月議会で、『サファリマラソンを観光イベントとして、もっと活用すべきではないか』と訴えましたが、いま大変なブームであるランニングを、地域活性化につなげることができないか、個人的に研究しております。

そんな訳で、本日行われました群馬県民マラソンも、大会の状況を実際に見るため、参加してみました。

エントリーしたのは10kmの部。
上毛新聞特別号の名簿ではこの部だけでも、参加者数はおよそ3000人。
(男子2130人、女子862人)
この数は、圧巻です。

スタート地点でも、この人数になりますと、後ろのほうはスタートの号砲が鳴っても、なかなか前に進めず、私がスタート地点を通過したのは、号砲から3分20秒後でした。

さて、レースの方ですが、10kmコースは大通りを走る部分は限られており、さらに交通規制も万全でしたので、走っていて車が怖いようなことはまったくありませんでした。

また、会場の雰囲気は、参加者数が多いので、たいへんな賑わいを感じました。

やはり県のレベルで行う大会ですので、市のマラソン大会とは規模も演出も桁違いという印象でした。

ただ、規模が小さいなら、小さいなりに、少ない参加者をしっかりとおもてなしすることは可能かとも思えます。

12月には、サファリマラソンに参加し、参加者の視点から見てみるつもりですが、今年これまで参加した、『深谷マラソン』『安政遠足』『赤城大沼しらかばマラソン』、そして今日の『県民マラソン』と、サファリマラソンの運営を比較してみたいと思います

それにしても、女性ランナーの参加者は多いですよね。みなさんファッショナブルで、若い女性の間でもランニングがブームであることがよく分かりました。

このランニングブームを、ぜひ富岡市の観光につなげていきたいものです。
おとなりの安中市の侍マラソンくらい際立った存在感のある大会を、富岡市でも実施できればよいのですが…


朝6時半前でも、すでに多くの参加者が。ランナーの朝は早い…


ゼッケンが『31819番』。「さあいっぱい食う」と読めてしまいますね。


スタジアムの外には、観光物産スポーツショップのテント村が
この規模の大会になると、こうしたコーナーも大きな魅力になります。


ゴールの正田醤油スタジアム群馬は、すさまじい賑わいでした。


十数年ぶりに参加した県民マラソンですが、大会のスタッフ数が非常に多いように感じました。ボランティアなのか、県の関係者なのかは分かりませんが、不特定多数の方々が集まるイベントでは、十分なマンパワーは必要不可な要素なのではないでしょうか?



11月2日(金)その3
★暗くなってから外出しましたら、とても寒い感じがしましたが、今年は意外に冬の到来は早いのでしょうか?

田中文部科学大臣が『3大学新設認めず』とのニュースが、大きく取り上げられていますが、来春開校の認可がこの時期に下りないというのは、あまりにも影響を受ける方が多すぎるのではないでしょうか?

2012年現在、大学は783校で、私大の46%は定員割れとの話ですので、認可しないのも分からないではないですが、半年前に突然の方針変更というのは、問題が大きいように思いますが…

★沖縄でまた、米兵による事件が起きましたが、先日の件で、綱紀粛正中じゃなかったのでは?

沖縄県民のみなさんの怒りはごもっともです。
もっと、国を挙げて、米軍に対し、強く抗議する必要があると思います。



11月2日(金)その2
★市議会だよりの原稿作成で、『経常収支比率』の説明をこのような表現にしてみました。
 
『自由に使えるお金のうち、人件費などの避けられない支出にどれだけ充てているか』を示すもので、この比率が低いほど一般財源に余裕があり、市民ニーズに適切な対応が可能となります。

この説明で必ず出てくる『財政の弾力性を示す』という言い回しを、あえて使わない表現にしたのですが…

やさしく説明するのはのは難しいです。

★先ほど市の広報を見ていたら、『とみおか健康ダイヤル24』の電話番号を見つけました。
無料で専門家のご意見を伺えるのですから、ただいまトラブル中の『五十肩』について、ちょっと相談してみました。

『ふた月くらい、肩が痛み、最初は安静にしていましたが、なかなか治らないので、最近、ストレッチ体操をして肩を動かすようにしています。でも、この自己流のストレッチが逆効果になるようなことはないのでしょうか?』とお尋ねしましたところ、たいへん丁寧に説明していただけました。

『五十肩は、痛みがあるときは、まずは安静が大切。そして、痛みが治まってきたら徐々に運動療法がよいでしょう。ただ、現在の状態が、運動療法を行ってよい時期かは分かりませんので、ぜひ一度、医師の診察を受けられては?』とのことでした。

みなさんも、健康のことで困ったときは、電話相談をなさってはいかがでしょう?



11月2日(金)その1
★「日経トレンディ」は、「年間ヒット商品ベスト30」を昨日発表しましたが、第1位は東京スカイツリー。なるほど。

しかし、第2位のLINEは…これなんですか??
スマホのアプリで、大人数で使えるものという話は聞いております。でも、私の周りで使っている人を見たことがないのですが…

第4位のマルちゃん正麺は、ときどきお世話になります。
私はこれの塩味をよく食べます。

若い頃は、ラーメンといえば、とんこつ味やしょうゆ味をよく食べましたが、だんだん『塩味こそラーメンの原点ではないか?』と思えるようになってきました。

塩味のラーメンって、味のごまかしが効かないので、ストレートにうまいものと、まずいものに分かれてしまう感じがあります。
だから、逆に、おいしい塩味のラーメンに遭遇すると、喜びも大きくなります。

うまい塩味のラーメンは、寒い季節にはよく合うのではないでしょうか?


★先日撮影した風景写真に、秋というより冬を感じさせる一枚がありました。



11月1日(木)その3
★新聞に、群馬県のスローフード協会が『群馬県の食材で秋の味覚を楽しむ食談会』を開催したとの記事がありました。

それを見ると、粒上のコンニャクが入ったカレーが紹介されていましたが、どうも群馬といえばコンニャクという固定観念に、はまってしまっているような印象を感じてしまいます。

ちょっとコンニャクから離れた発想で、群馬の名物料理を考えてもいいように思ってしまいますが…

★皇居の周りを走るランナーは、1日に4000人ほどいるとのこと。
これは凄まじい数ですね。

1周5kmだそうですが、私も一度、走ってみたいと思っております。

でも、東京の道路では、排気ガスがいっぱいで、あまりヘルシーな感じがしませんよね。


11月1日(木)その2
★ニュースを見ると、『パナソニック 7650億円の赤字』『シャープ 4500億円の赤字』など、日本を代表する家電メーカー総崩れのような話ばかりです。

それにしても、これらの金額は、県の一年間の予算に匹敵する額ですが、これほどの赤字が出ても、企業として継続できるというのは、逆に驚きです。

家電は韓国メーカーに大きなシェアを近年奪われていますが、それはウォン安と円高という要因もあるのではないでしょうか?

今後、為替はどのような方向で進むのかは、誰にも分かりませんが、何とかもう少し円安に振れてもらわないと、製造業は日本国内にいられなくなってしまいますよね。

★金沢市のエレベーター事故ですが、安全対策が施されていなかったことが原因とのこと。 さらに、こうしたエレベーターは全国に40万台もまだあるそうです。

エレベーターに乗るときは、ドアが開いたまま動いていないか注意する必要がありそうです。



11月1日(木)その1
★午前中は市役所で、新庁舎関連のお話を担当部署でしてまいりました。
その後は、環境課にお邪魔し、アスベスト処理施設についてのお話を伺いましたが、数日前に建設予定業者が環境省へアスベスト無害化処理認定申請書を提出したとのことです。

申請されると6ヶ月以内に、環境省によって認定されるかどうかが決まるそうですが、これは大変気になるところです。

★市役所からの帰り、妙義山の紅葉がどの程度か確認に行きましたら、紅葉にはまだ早かったのですが、ふるさと美術館前のコスモス畑が満開でした。

小さい子どもさんがおられるお宅は、ここで写真を撮れば、絵になるかと思いますので、週末に、ふるさと美術館へ出かけてみてはいかがでしょう?
ただし、美術館はエレベーター工事のため休館中です…





10月31日(水)その1
★空気がだいぶ冷たくなってきました。
早いもので10月も今日で終わりです。
あとふた月で、また新しい年を迎えることになりますが、時の速さには年々ターボがかかるように思えるほど、1年が短く感じられます。

月が替わると、ホームページの新しいページを設けなければならないのですが、つい先日、10月のページを立ち上げたかと思っていたのに、もう…という感じです。

★今日はお葬式のやり方で、珍しい話を伺いました。
群馬では当たり前の『新生活』という方法は、他の地域ではあまりないようで、東京のほうからこちらの告別式に来られた方は戸惑ってしまうこともあるのだとか。

その東京から来られた方が、3千円の香典を、一般の受付で出したところ、受付の係の方が、まずその場で中身を確認することにビックリ。
さらに、『3千円だけど、一般でいいんかのう?』と、係の人どうしで話あっていることの意味が理解できず、さらにビックリしたとのことです。

また、富岡市の隣町の方から伺ったお話では、その方のお住まいの地区では、今でもお葬式があれば、隣組の方は4日間、お手伝いに出る決まりがあるとのことで、引っ越して来られた方は、この習慣に面食らっていらっしゃる方もおられるそうです。

冠婚葬祭は、その地域独特のやり方がありますので、遠くに出かけるときは、事前に情報を集めておくことが必要かもしれません。

★道路清掃の話でも、珍しい話を伺いました。
私の住む地区では、午前8時に集合し、道路清掃を行いますが、市内でも地区によっては早朝5時とか6時から行う所があると聞きました。

これもずいぶん地域により異なるものなんですね。意外でした。

★市役所サイトの新着情報コーナーに『まちづくり課:12月2日開催「手づくり市」に出店しませんか』というものがありました。

これ、ちょっと面白そうじゃないですか?

私も参加したくなってきました。



10月30日(火)その1
★アメリカのハリケーン『サンディ』は猛威を振るっているようです。
そこでちょっと気になったのですが、ハリケーンにはいつも女性の名前がつけてあるのかと思っていたら、男女の名前を交互につけているのだとか。

でも、印象に残っているのは、ニューオリンズを襲ったハリケーン『カトリーナ』のように、女性名のものが多いように思えますが…

★地方自治体の財政状況を示す指標に『経常収支比率』や『実質公債費比率』がありますが、こうした言葉は、行政に携わっている以外の方には、非常に分かりづらいものなのではないでしょうか?

実は、自分の市議会だよりの中で、これらについて触れる予定なのですが、思いっきり平易な表現で説明できないものかで苦慮しています。

話はそれますが、先日、物置を片づけていましたら、大学時代のノートが出てきました。レポートの下書きのようなページがあって、ざざっと読んだところ…

『どうでもいいような内容のことを、できるだけ難解な表現やら専門用語を駆使して、あれこれ書いているなぁ。 ああ、みっともねぇ…』と、思いました。

やさしいことを、難しく書くのは、案外簡単なものです。

でも反対に、難しいことを分かりやすく書くというのは、非常に難解です。

とても理解できないような難解な文章を見たら、『ああ、オレの国語力はなんてレベルが低いのだろう』と、昔は嘆いていましたが、最近は『こんな訳の分からない書き方をして、この人の考えや国語力はかなり怪しいのでは?』と思えるようになりました。

ちょっと図々しい姿勢ですが、そうでも思わないと、世の中、やってられませんよね。

ところで、経常収支比率をどのように説明するか?

『財政構造の弾力性を示す指標で…』

…これじゃ、ちょっとまずいですね。

★石原都知事は、ここにきて、最悪のカードを切ってしまったように思えてならないのですが?

都知事でいらっしゃることで、いまの存在感があるのに、辞めて一国会議員になられたとしたら、これまでのような影響力を示すことはかなり難しいように思えます。

『あっ』と驚くような戦略をお持ちなのかもしれませんが、『えっ』と予想外の寂しい結果になってしまう可能性も、大いにありそうです。



10月29日(月)その1
★先週、愛知県犬山市の新庁舎を視察してまいりましたが、今日はそのことについて、富岡市役所の新庁舎担当部署で、いろいろお話をさせていただきました。

担当者の方は、これまで東京の立川市役所新庁舎や、長岡市役所新庁舎などには、実際に出かけ、見てきたそうですが、犬山市役所庁舎については、ご存知ではなかったようです。

ちなみに立川市役所庁舎は平成24年度日本建築学会作品選奨に選ばれたそうです。また、長岡市役所庁舎は、富岡市役所新庁舎と同じ設計者の方による建物とのことです。

新庁舎の基本設計は来年の5月頃までには終えるようなお話でしたので、あと半年少々というところですが、ぜひ、低いコストで高機能かつ使い勝手の良い庁舎にしていただきたいものです。

★先日、妻使用のノートパソコンのキーボードに、娘がお茶をちょっとこぼしてしまうということがありました。
すぐにふき取ったので、大丈夫かと思いきや、何日かしたらキーボードの一部が打てなくなってしまいました。

さて、どうしようかと考えましたが、デスクトップパソコンのキーボードをノートパソコンにUSB接続したところ、なんと普通に使えることが判明。

ちょっとややこしい使い方になりますが、とりあえず問題解決となりました。

あとは、万一に備えて、ノートパソコンが起動するうちに、データのバックアップだけは取っておいた方がよさようですが、同じようなトラブルに遭遇しましたら、ぜひお試しを。

★下仁田の同級生の所へ久しぶりに寄って話をしたところ、血圧が高くて、薬を飲んでいるとのこと。

50代半ばになってきますと、あちこち調子の悪いところが出てきて、薬のお世話になる方が増えてくるような感じがします。

また、精神的に疲れが出てくる年頃なのか、そうした病気や症状で、入院したり、長期欠勤するような方の話も耳にします。

とある大きな市役所の方から、『長期欠勤している職員で一つの課ができるくらい最近は多い』というお話を伺ったこともありますが…

五十肩で手が上がらないくらいは、かわいいものなのかもしれません。

ところで、自己流肩回しストレッチ、すごく効いています。
医者・マッサージ・鍼・薬などには一切頼らず、なんとか直りそうな感じになってきています。