富岡市を元気に!子どもたちに明るい未来を! 富岡市議会議員 茂原正秀WEB-SITE
TOP    これまでの活動記録(毎日更新中!)








15分でアートのような作品をつくる!
15 Minutes Art by MOHARA!
















富岡市の桜
富岡市の美しい風景
富岡市観光協会のFacebook
富岡製糸場Facebook
富岡市イベントカレンダー

便利な情報サイト
ダイヤモンド・オンライン
東洋経済オンライン
日経新聞
読売新聞オンライン
朝日新聞
毎日新聞
産経新聞
東京新聞
ロイター
共同通信
ニューズウィーク
NHK
プレジデント公式サイト
上毛新聞
The Japan Times Online






   




★もはら撮影
 動画情報★

まなびのつどい
2014.2.2


富岡市成人式
2014.1.12


富岡市消防隊出初式2014年

貫前神社2014年
元旦


富岡市・安中市・軽井沢町の観光連携協議会設立趣旨発表
2013.12.26


貫前神社 御戸開祭 2013.12.12

群馬サファリ富岡マラソン大会
2013.12.8


第8回富岡市一周駅伝

第2回スロージョギング教室 
2013.11.23


佐原市の『歴史ある町並み』
2013.11.5

モザイクアートで
ギネスに挑戦

2013.11.4

妙義山紅葉
フェスティバル

2013.11.3

スロージョギング
教室

2013.10.27

富岡製糸場に
ふっかちゃん

2013.10.4


富岡市交通安全
パレード

2013.9.25

富岡市CM 
2013年わがまちCM
コンテスト最終選考作品


同志社大学
今出川キャンパス

2013.10.8

 

丹生湖ひまわり畑情報サイト


富岡市の防災気象情報(気象庁リンク)

  ご意見は、下記メールアドレスをコピー&ペーストして、お送りください
moharamasahide@gmail.com

2017年9月はこちらから
8月31日(木)
ぜ命に関する統計データの話です。

65歳まで生きた女性の半数、男性の3割近くは、90歳以上まで生きるそうです。

この話を聞いて、『うわー、良かった!』と思える人と、『えー、そんなに!』と思える人のどちらが多いのでしょうか?

ネットの記事を見ますと、『高齢者の生活破綻』に関するものが最近やたらと多いので、90歳以上まで生きられることが、本当に幸せな人生なのかは、非常にケースバイケースと思えます。

自分のことは自分でできて、元気で、友達にも恵まれて、さらに生活に困らない程度のお金を持った上で、90歳を迎えられるのなら、それは幸せでしょうが、おそらくそんな90歳の方は、かなり珍しいのでは?

そんなことは考えても、その時にならなければ誰にも分からないことですが、つい考えてしまい、将来が心配になってしまいます。







この8月の製糸場の入場者数は、フェイスブックで見ましたら、9万4315人とのこと。

このうち、2142人はライトアップの入場者だそうですが、昨年8月は9万4493人でしたので、今月の入場者数は大健闘したのでは?

今年度の4月から7月までは、前年度比で大幅なマイナスでしたが、この8月はいよいよ客数の減少に歯止めがかかり始めたのでしょうか?

これはまさに、製糸場関係者のみなさんのご努力の賜物と思います。

富岡市にとって朗報です。

今後の入場者数がどのように推移するのか、楽しみです。

7月までの減少割合から考えますと、今年度の入場者数は70万人割れが確実のように思えましたが、こうなると、そこまでは落ち込まない可能性が高くなってきたのではないでしょか。

『紅い襷』によるPR効果があるのかもしれませんが、これから秋の観光シーズンを迎えますので、9・10・11月は、多くのお客様に来ていただきたいものです。







∈Fは本当に、8月なんですか?

そんなふうに言いたくなるくらい、涼しいかったです。

今年の8月は、この20年くらいで最も、晴れの日が少なかったように思えます。

この夏で閉鎖される、かぶらウォーターランドも、この涼しい夏では、おそらくお客さんの数は少なかったのでは?

次の日曜日は、いよいよ営業最終日ですが、最後の日くらいは夏の太陽が出て、子どもたちの歓声が響き渡ってほしいものですが、台風次第でしょうか…

我が家も、子どもたちが小学生の頃は、かぶらウォーターランドへは何度も出かけました。

何だか一つの時代が終わってしまうようで、ちょっと寂しい感じがしております。








今日のBBCメモ

1:EU離脱に関して決定的な進展はなし

2:元パキスタン首相殺害容疑者の5名が無罪に

3:洪水被害に遭ったテキサスの工場からの危険な流出






8月30日(水)
9月には各地区で敬老会が開かれます。

その資料を見ましたら、米寿を迎えられた方々の人数が出ていましたが、驚きです。

市内全体で米寿を迎えられた方は、何と316人。

これは、昨年度、市内で生まれた子どもの人数の274人を大幅に超えています。

1年間に生まれた赤ちゃんの数よりも、88歳を迎えた高齢者のほうが15%も多いというのは、いくら少子高齢化の時代だと言っても、ちょっと信じられません。

今後も、米寿を迎える人の数はどんどん増え、逆に生まれた子の数はさらに減っていくのでしょうが、ここまで人口のバランスが崩れてしまう時代が、こんなに早く来てしまうとは…

このような数字を見ますと、最近、週刊誌の記事などによくある、『年金の受給開始は75歳から』、『介護保険の自己負担は3割』のような話も、何だか現実味を帯びてきます。

そのうち、『国民の最大の懸念は”長生き”』という時代が、やって来るのかも?









∋毀鮟蠅暴个け、時間がありましたので、会派室に1時間ほど籠って、原稿書きや、資料のチェックなどの作業をしました。

パソコンは持っていきませんでしたが、会派室の中ではWi-Fiが使えましたので、調べごとはスマホでできました。

これまでは、時間調整をしなければならないときは、図書館やマクドナルドあたりに行くことが多かったのですが、これからは会派室を使えますので、その点は、とても助かりそうです。



でも、この庁舎は議員にはすごくスペースが優遇されているように思えますので、前よりも狭いスペースで仕事をされている職員さんに対しては、何だか、申し訳ないような感じもいたします。

議員活動をする上で、ここまで良い環境を与えてもらったのですから、議員全員が、これまで以上に頑張らなければまずいですよね。

新しい庁舎になったら、議会のチェック機能が生き返ったと言われるくらい、ぜひとも変わってほしいところです。



ところで、帰るときは、議会棟の2階から、行政棟のほうに向かいましたら、議場の中で、業者さんが作業中でした。



おそらく、音響・映像関係の機械や、ネット中継に関する機械のセッティングかと思われますが、9月定例会の初日は、来週の月曜日ですので、もうすぐです。

議場が大きく変わりましたので、ちょっと楽しみな点もありますが、初めてネット中継される一般質問は、ちょっと不安もあるというのが正直なところです。

でも、私よりも、当局側のみなさんのほうが、遥かにプレッシャーは大きいかと思いますが…
















今日のBBCメモ

1:北朝鮮は太平洋広域での攻撃を示唆

2:台風ハーベイはルイジアナ州に突入する

3:日本経済は元気を取り戻しているのか?





8月29日(火)
ィ昂酊衫祺颪任蓮∩闇度の決算の認定がありますので、大変な厚さの決算書も議員に配布されます。

今日から、チェックを始めましたが、市の事業の多さには、驚かされます。

決算特別委員会も開かれますが、『決算は、もう使ってしまったお金のことだから、質問や意見なんか言わなくてもいいんだ』的な議員さんも結構おられます。

でも、それはちょっとおかしな考え方のでは?

決算の時に、非効率なお金の使い方があるのなら、それを指摘し、来年度予算の編成をするとき、改めてもらえば良いのですから、決算特別委員会も、意見を言わなければまずいと私には思えますが…

決算書を事前にチェックしてこないような議員さんは、まさかいないとは思いますが、一つも意見・質問がない議員さんは、もしかすると、事前準備ゼロなのかもしれません。

決算特別委員会のネット中継をすれば、非常におもしろいかと思いますが…





に鳴鮮のミサイル発射により、今日は多くの電車に遅れが出たようです。

こうなりますと、ミサイルによる直接的な被害はなかったとしても、日本経済や市民生活に与えた経済面での間接的な被害は、かなり甚大だったのでは?

まさか、それを北朝鮮が狙ったわけではないでしょうが、困った問題です。

北朝鮮は徐々に行動を過激化しているように見えますが、そろそろ何とかしませんと、収集がつかない所まで行ってしまうのでは?

いざという時に一番強いのは、たくさん何かを持っている側ではなく、失うものが何もない側ということが、この世ではよくありますが…

開き直った時には、特にそういうことが起こりますので、この問題の解決は、不可能に近いのかも?






この数年、お寿司といえば、皿に乗って回ってくるお店で食べることが多かったのですが、最近、昔ながらのお寿司屋さんに行って、食べましたら、やはり回転系のチェーンのお店とは、味が全然違い、格段においしいですね。

当たり前のことかもしれませんが、おいしいお寿司を食べたら、寿司の魅力に改めて気づかされたような感じです。

年齢が上がるに連れ、量があまり食べられなくなりますので、普通の味のものをたくさん食べるのより、美味しいものをちょっと食べるほうが、最近は魅力的に思えるようになってきました。

若いころは、『味よりも量』が当たり前でしたが、人間、変われば変わるものです。

回転寿司が流行りだした頃は、10皿くらい楽に食べられましたが、今はかなり辛い感じです。

ましてや、『大盛り中華丼に大盛りラーメン、さらにギョーザ2人前』なんていう異様な食べ方は、もう永遠に不可能です。

若さというのは、イコール食欲、なのかもしれませんね。







家で一般質問の原稿を考えました。

実は毎回、第一質問は、極力短くシンプルな内容にしております。

あまり長くて複雑な内容にしますと、論点がボケてしまうのと、傍聴の方が、内容を理解できなくなってしまう可能性があるからです。

質問は、予定した通り、以下の3件になりました。

1:学校給食について

2:富岡市保健センターについて

3:(株)まちづくり富岡、富岡市観光協会、富岡市国際交流協会について

詳しい内容につきましては、少しずつ、紹介したいと思います。







今日のBBCメモ

1:ヒューストンのダムが洪水の中、あふれ始める

2:北朝鮮はミサイルを発射し日本上空を通過

3:北朝鮮のミサイルによる不安の中の日本






8月28日(月)
ずFの夜は、良く知っている方の息子さんと一緒に、とあるお店で食事をしました。

歳が30歳前の方と二人で食事をするということで、話題がなければどうしようかと思いきや、7時から11時まで、あれこれ話をしてしまいました。

若い方と話をする機会は、滅多にありませんので、非常に勉強になりました。

人間、歳を重ねますと、どんどん話すことが保守的になってしまいますが、若い人からは、ストレートな意見が聞けますので、刺激になります。

ちょっと気分的に、私も10歳くらい、若返ったような…

もちろん、錯覚ですが。





9月定例会の一般質問を行う議員は、5名です。

佐藤信次さん、もはら、佐藤次郎さん、堀越さん、長沼さんです(通告順)。

ちょっといつもと、顔触れが違うような感じがしますが、1番くじを引いて、富岡市議会ネット中継の最初の質問者になるのは、果たしてだれになるのでしょうか?

それにしても、18名の議員の中で、5名しか一般質問をしないということは、率にして、2割8分ほど。

野球の打率に負けてしまいそうな、富岡市議会の一般質問実施率でした。







議会棟が完成しましたので、今日は朝から、市役所に行って確認してまいりました。

1階は教育委員会のオフィスでしたが、思っていたよりも、狭い印象がしました。

新庁舎は行政棟も議会棟も、玄関ホールの吹き抜けなどは、とても広々としていますが、肝心の仕事をする場は、ちょっと狭苦しいような感じがします。

デザインを優先し、洗練された庁舎の雰囲気を醸し出すための結果かもしれませんが…



また、議会棟の2階には、議会事務局、議長室、議員の控室、会派室などがありますが、ここはスペースが十分に与えられていました。

議会事務局に十分なスペースがあるのは結構ですが、だれもいないことのほうが多い、議員関係の部屋は、もう少しコンパクトでも良かったように思えましたが?

ところで、会派室は、すでに完成していました。

早速、私たちの会派に割り当てられた部屋に入ってみましたが、個人専用のデスク、椅子、ロッカーがありますので、資料の読み込みや、原稿書きをするには、便利と思えました。



これまでは、時々、図書館の席で行っていた作業を、これからは会派室で行うことができそうです。

しかし、会派室は、大きな部屋をパーティションで区切っただけの部屋です。

ここにたった1人の議員しかいなくても、部屋全体の空調のためにエアコンをかけておくことになりますが、これはかなり電気代の無駄になるのでは…

会派室は初めて設けられたばかりですので、これから細かい使い方を決めていくことになるのでしょうが、できるだけ効率的な使い方をしていきたいものです。

さて、問題のガラスの壁に囲まれた階段ですが、本日、庁舎関係の仕事をされている職員さんに確認しましたら、上り下りする人の姿が、外から丸見えになってしまう階段の仕切りは、やはり透明のガラスのままとのこと。





おそらく、この透明ガラスの階段が、この庁舎デザインのキモの一つと思えますので、透明のままというのは、ある意味、仕方ないのかもしれません。

でも、それでは、この階段を使う人はほとんどいなくなってしまうのではないでしょうか?

また、この階段の透明ガラスは、上部がかなり開いていますので、台風などの時には、強い雨風の影響を大きく受けそうです。

オープンエア感を演出したのでしょうが、実用性という点で考えれば、あまり意味がないように思えます。

この庁舎が、自然災害発生時の防災拠点や緊急避難所になりますが、こんなにガラスの面積が多くて、建物の安全性は確保されているのでしょうか?

また、屋根には、雨樋らしきものが見当たりませんが、ゲリラ豪雨のときには、屋根から落ちてくる雨が、『ナイアガラの滝』状態になってしまうのでは…

今日で、新庁舎全体が、ほぼ理解できましたが、一言で述べれば『デザイン重視、実用性は軽視』という印象を持ちました。

市長さんの目指す日本一のまちづくりには、洗練されたデザインの庁舎が必要なのかもしれませんが、建設費が膨張し、このような使い勝手の庁舎になったことに、私は疑問を抱いております。













今日のBBCメモ

1:最悪の洪水がヒューストンで上昇中

2:レポーターがライブ中継中にトラック運転手を救出

3:インド国境での騒動で、中国は勝利を主張





8月27日(日)
イ海療敍で、議会棟への引っ越し作業が行われたはずですので、明日は、新しい議会棟の議会事務局にちょっと行ってみようかと思っております。

会派室も、もう設けられているかは分かりませんが、できているのでしたら、使い勝手を見たいと思います。

あとは、外から見える『階段の部分のガラスの壁』も、どんな状況なのか、よく見てくるつもりです。

遠くから見ますと、透明ガラスに見えますが、違っていればよいのですが…

ちなみに議会棟の1階には、教育委員会が入ります。

これで、新庁舎への引っ越しはすべて終了したことになりますので、あとは旧庁舎の解体と、前庭の整備ということになるのでしょうか。






ぃ昂酊衫祺颪ら一般質問のネット中継が始まりますので、てっきり議員全員が質問するのかと思っていましたら、わずか5名という話が、今日、耳に入りました。

締め切りギリギリで、一般質問の通告をした議員さんから聞いた話ですので、間違いはないと思います。

議長選挙のときは、恐ろしく積極的な議員さん方が多い富岡市議会ですが、一般質問となると、謙虚な方が多いようです。

でも、5名しかいないとなると、1日でやってしまうものなのか?

それとも、初日4名で、2日目が1名というかたちで行うものなのか…

ちょっと分かりませんが、世界に向けて質問の内容を示すことができる絶好の機会なのに、どうして多くの議員さん方は、しないのでしょうか? 

もったいないですね。


ところで、一般質問の内容は、ほぼ固まりました。

第一質問の原稿が書き上がりましたら、あらためて詳しく報告させていただきますが、給食・保健センター・まちづくり富岡等の3件になりそうです。







『日本人にとって学びやすい外国語、学びづらい外国語』という話を聞きました。

一番学びやすい難易度1は、韓国語・インドネシア語・マレーシア語など。

次に学びやすい難易度2は、スペイン語、ポルトガル語、中国語。

そして、学びづらい難易度3は、英語、フランス語、ドイツ語。

最後に、非常に学びづらい難易度4は、ロシア語、アラビア語、チェコ語なのだとか。

これを知って、ちょっとドイツ語の勉強の意欲が萎えてしまったとでも言いましょうか…

また、アラビア語が難易度4というのは容易に理解できますが、ロシア語もそれに匹敵するほど難しいというのは、ちょっと意外でした。






∈Fは、市議会だより第60号の原稿書きと、パソコンでの打ち込み作業を行いました。

どの記事を最初に持ってくるか、どの内容を残すのかなどを考えながら、レイアウトを行っていますが、いつも簡単には進みません。

自分ですべて作業をしていますので、自分でどうにでも変えることはできるのですが、自由にできるというのは、意外に大変な場合があります。

制約があって、決められたことしかできないほうが、案外、物事を容易に進めれられるのかも?

簡単に言いますと、『高校で制服があれば、好きな服装はできず不自由ですが、服装で悩むことはありません。しかし、逆に制服がなくて、自分の好きな服が着れるとなると、何を着たらよいかなかなか決めることができない』という感じでしょうか…

何でも自由にやって良いというのは、案外、自由でなくなってしまうものですよね。






今日のBBCメモ

1:ヒューストンの洪水は大規模で壊滅的

2:貧し過ぎてハリケーンから逃げることができない

3:容疑者の妹は『テロに反対』と語る






8月26日(土)
ね縞6時から、全一ノ宮少年野球の定期総会が開かれ、出席しました。

また、その後、懇親会があり、いろいろなお話を伺うことができました。

実は、今日の新人戦では、全一ノ宮チームには、女子選手が数名(2名? 3名?)出場していました。

少年野球も、『女子力』『ガールズ・パワー』に頼らなければならない時代が、やってきたようです。

でも、小学生の高学年ですと、男子よりも女子のほうが体格も運動神経も良い場合が珍しくありませんので、逆に女子選手の割合が高くなるほど、チームが強くなってしまうということも、あり得るように思えますが?

少子化により、少年野球の世界も、劇的に変わるときが近づいてきたのかもしれません。









少年野球の試合後、家に帰りましたら、青空が広がってきましたので、北軽井沢までバイクで出かけてみました。

富岡市から1時間半くらいバイクに乗れば、別世界に行ってしまうとでも言いましょうか。

北軽井沢の空はもう、夏ではなく秋を感じさせるような色でした。





ブルーベリーとバニラのソフトクリームを食べましたが、これはハイレベルの味でした。




北海道のような道ですが、これは群馬県吾妻郡嬬恋村です。





夏休みの最後の土日ということもあり、軽井沢では遠くのナンバーの車が、多数走っておりました。

やはり世界的な観光地ですね。

今年は結局、夏の間に、霧ヶ峰や美ヶ原のほうまでバイクでは行くことができませんでしたが、北軽井沢あたりでも、バイクで行きますと、結構おもしろいものです。

ちょっと気分転換ができました。






午前中は、新人戦に出場した全一ノ宮少年野球の応援に、一ノ宮の市民グランド出かけました。

試合は、全一ノ宮チームが見事な勝利を収めましたが、ちょっと気になることが…

それはグランドとテニスコートの間にある藤棚に、スズメバチの巣があり、ハチに刺されてしまった子が出たことです。

最近、藤棚近くに行ったことはありませんでしたので、確認しましたところ、長期間、放置されているような雰囲気に見えましたが?





注意書きがされていましたので、取りあえずは大丈夫そうですが、週明けには、担当部署に連絡し、早急な対応をお願いするつもりです。





今日のBBCメモ

1:ハリケーン『ハーベイ』がテキサス州を突き抜ける

2:バッキンガム宮殿の容疑者は4フィートの剣を振りかざす

3:北朝鮮は3発のミサイルを発射し、海の中へ




8月25日(金)
9月2日の午後6時半から、貫前神社で、『第2回いしだんコンサート』が開かれます。

実は、私も、ウクレレを一緒に練習しているみなさんと参加します。

そのリハーサルが、今晩、行われました。



参加するグループは、4団体です。

今年は雨が多いので、それが当日、一番心配なところですが…


ところで、ウクレレという楽器は歳を取ってから始めるのに、最適な楽器ではないかと思っております。

長い老後に、一つくらいは楽器が弾ければ、ちょっと違う人生になるのでは?

ウクレレに興味がある方は、ぜひお出かけください。







∈F、市役所に行ったとき、間もなく完成の議会棟を確認しましたら、階段のところに設置されていた板が外されて、すべてガラスになっていました。



しかも、透明のガラスのように見えますが、これはちょっと、いかがなものでしょうか…



この階段の下の通路は、これから多くの人が通ります。

歩いているとき、上を見上げたら、階段を下りてくる人が見える形になりますが、どうしてこんな所をガラス張りにするのか、全く理解できません。

日本を代表する建築家の設計とはいえ、市当局は、『これでは市役所として問題だから、透明ガラスは止めてほしい』と言えなかったのでしょうか?

結局、デザイン重視で作った階段ですが、これではここを歩く人はほとんどいないという、もったいないことになってしまうように思えます。

印象としますと、『デザイン性を重視しすぎて、使い勝手に問題あり』というところでしょうか?

もしかしますと、これからガラス部分に何らかの手が入るのかもしれませんが、このままでは、何だか心配というか、気になります。










今日のBBCメモ

1:サムソンの後継者が買収で投獄される

2:元首相ヤングラックはタイから逃げる

3:農場主が南アフリカの棺おけ事件で有罪となる





8月24日(木)
ご啻或声劼寮召法■海弔遼社が並んでいます。

左から、「日枝神社」「伊勢神宮内宮」「伊勢神宮外宮」なのだそうですが、その日枝神社の建物に、『見ざる聞かざる言わざる』で有名な三猿の彫り物があります。



肉眼で、じっくり見たのは初めてです。

日光東照宮の三猿よりも古いような話を以前聞きましたが、もしもそれが本当なら、ちょっとインパクトがある話題になるようにも思えますが?

『元祖三猿を拝む上州富岡ツアー』というものを、パワースポット的なブームにできないものでしょうか…








8畫庵罎蓮富岡の20区の方から、以前いただいていたお問い合わせについて、説明に伺いました。

また、その後、一ノ宮の社会教育館に寄らせてもらいましたが、整備改修工事が行われている最中でした。

一番西の食堂があった建物は、骨組みだけを残し、スケルトン状態でした。

今年度中には、この改修工事は終了するとのことです。

館長さんとの話の中で聞いたことですが、先日行われた花火大会を、社会教育館から見ますと、素晴らしい眺めなのだそうです。

私は自宅から花火が見えますので、わざわざ見るために出かけるようなことは、これまでしませんでしたが、来年は社会教育館から見るつもりです。

初日の出を拝むのにも、社会教育館は穴場的なスポットだそうですので、近くで初日の出を拝みたい方は、ここで見て、その後、貫前神社で初詣をすれば、ちょうどよろしいのでは?








⊃靴靴ぐ刷機を購入し、今日、届きました。

結構な金額になりますが、これがありませんと市議会だよりの印刷ができませんので、結局、購入しました。

ネット印刷の導入も検討しましたが、やはり印刷機を持って、パソコンで組んだ原稿をすぐに印刷できる態勢がとれていたほうが、何かと便利ですので決断しました。

ところで、ただいま第60号の原稿をパソコンで作っている最中です。

いつものことですが、この原稿づくりが非常に大変です。

9月の上旬にはポスティングを開始したいと思っておりますが、順調に行くことを祈るばかりです。







今日のBBCメモ

1:インドの最高裁はプライバシーの権利を守った

2:キム・ウオルスの死に関し求められる殺人容疑

3:誤ってミサイルを明らかにした北朝鮮






8月23日(水)
ど找市内のお店のとんかつは、レベルが高いという話を聞きました。

どこのお店で食べても、とんかつなら間違いないと、ある食通の方が言っておられましたが、ならば、『とんかつのまち、上州とみおか』というイベントを、やってみればよいのかも?

市内のあちこちのお店のとんかつを、順番に食べていったら、ネット上におもしろい記事がかけそうです。

ただ、食べ物のおいしさを文章で表現するというのは、難しいですよね。

食レポに自信があるかたは、ぜひチャレンジしてください。




8畍紊蓮学校給食センターにも伺いました。

夏休み中ということで給食がないため、センターはいつもとは違う雰囲気で、とても静かでした。

アレルギー対応食について、お話を聞きに行ったのですが、この件は、取り組みを強化するほど、業務内容が複雑化し、運営が難しくなる事業であることが分かりました。

現在、富岡市は、アレルギー対応食として『卵・乳・魚介』の3品目全部を抜いた『除去食』をつくっています。

人数は20名分とのことです。

また、給食には週に3回はごはんが出て、2回がパンですが、この20名のパンにつきましては、『卵・乳』を使わないパンが提供されているとのことでした。

実は、県内のとある市は、これまでアレルギー対応食に力を入れ、様々なアレルギーに対応した給食を提供していたそうですが、業務に支障が出るようになってしまったため、対応食の種類を減らす方向にあるのだとか。

富岡市も除去食をつくるのに、調理員1名、栄養士1名で対応しているそうですが、この態勢でいきますと、これよりも多く作るのは難しい点もあるようなお話でした。

場合によっては、命に係わることも起こる食物アレルギーですので、容易な仕事ではないことが、あらためてよく理解できました。







富岡市観光協会と国際交流協会、さらには富岡市観光資源活用協議会について、いろいろ調べるために、あちこち出かけてきました。

この3つの組織には、富岡市からかなりの予算が繰り出されています。

しかし、市とは別の団体ということで、それぞれの組織でどのようにお金が使われているのかが、分かりません。

一般質問でも、取り上げることはできないようですので、厳しい言い方をすれば、市の一般会計から、これらの団体に出て行ってしまったお金に関しては、議会が全くチェックできないということになります。

でも、この状況では、とても適切とは思えません。

また、市から独立した団体でありながら、人事のことについては、市から指示があるような事実もつかんでおりますが、こうなると、市がコントロールしている組織なのに、お金の使い方に関しては、議会のチェックから逃れることができるという、市にとっては非常に都合の良いシステムになっていると思えてなりません。

この状況は、問題なのでは…?












今日のBBCメモ

1:壁を築くために政府を閉鎖する

2:トランプとのディベートで身の毛がよだったクリントン

3:サイの角を売りたい男





8月22日
8畍紕鎧から、桑原公会堂に行きました。

実は、小野地区の方から、『太陽光発電施設を設置する業者による地元説明会がある』という情報を先日いただきましたので、出かけたような次第です。

公会堂に入りますと、存じ上げている方も結構いらっしゃいました。

また、高校1年生のときに同じクラスだった同級生に久しぶりに会うことができ、ちょっと驚きました。

その同級生は、富岡市外から当時、富高に通っていましたが、今は小野地区の桑原に住んでいるとのことでした。

ところで説明会のほうですが、その業者は、小野地区に複数の太陽光発電設備をすでに設置していますが、これまでの工事の進め方などに対し、地元のみなさんからは多数の疑問と不満のご意見が出されました。

話を伺いますと、地元のみなさんが怒るのも当然と思える内容でした。

また、太陽光発電設備からの周囲への悪影響についても、これまで聞いたことがなかった話をいくつも知ることができました。

雨水、反射光、電磁波、景観などの問題については、以前から聞いていましたが、さらに騒音や熱、電波障害の問題もあるようです。

さらに、パネルが老朽化して廃棄するときの問題についても、質疑がありました。

そして、それ以外に、農業委員会の審査についても疑問の声があることを初めて知りました。

農業委員会の傍聴に行かれた方のお話では、『太陽光パネルを設置するための農地転用については何も問題ない』という前提で最初から審査が進んでしまっていて、それぞれの農地によって状況が異なることなどの配慮はされていないようです。

『今の状況では、農業委員会は、太陽光発電を推進している委員会のように思えます』という厳しいご意見もありました。


本年7月1日から、富岡市では、1000平方メートルを超える土地での、開発事業を伴う太陽光発電設備の新たな設置には、事前協議を行うなどの規制が強化されましたが、これ未満の面積でも何らかの措置を行う必要があるように思えました。

ただ、あまり規制が強化されますと、土地の所有者の権利を侵害する可能性もありますので、そこのバランスが難しいところですが…

太陽光発電設備は、富岡市内で急速に増えていますが、今後、さらにこの問題は広がる可能性があります。

少なくとも、規模が小さい太陽光発電設備でも、最低限は近隣の土地の方には計画を説明し、懸念される点についてはできる限りの対応をした上で、設置するくらいのルールを作るべきなのでは?








富岡市議会では、議会改革検討委員会を設けております。

実は、私もそのメンバーです。

ところが、この委員会は、『だれが会議を開く権限を持っているのか』、『どのようにすれば会議が開いてもらえるのか』が、全く決まっておりません。

つまり、改革検討委員会は存在しますが、作っただけで、何もできない状況にあります。

実は、昨日の議員のみの全員協議会の最後に、『このままでは、何もできないので、数か月に一度は必ず改革検討委員会を開くようにすべきではないでしょうか?』と、提案しようかと思いました。

しかし、全員協議会の後に議会棟の見学の予定が入っておりましたので、止めました。


市議会を内部から見ていますと、一般常識では考えられないようなおかしな点が、結構あります。

この『開く方法が決まっていない改革検討委員会』も、その一つですが、議会の議論が活発でないため、このようなことがかなりあります。

まずは、改革検討委員会の改革をしなければならないのですが、何だかややこしい話です。








今日のBBCメモ

1:インドの裁判所は、すぐに離婚できてしまうイスラム教の制度を禁止

2:アフガニスタンはアメリカによる共同での戦闘を歓迎

3:3番目の兄弟がイタリアの余震から逃れる






8月21日(月)
ち完協議会終了後、今週末に完成する議会棟の見学に行きました。

日本を代表する建築家の隈研吾氏の設計ですので、洗練されたデザインであることは間違いありませんが、使い勝手が良い議会棟かと聞かれれば、『微妙です』という感じです。

写真は、議会棟を外から撮影したものです。



階段部分はベニヤ板ふうのものが設置されておりますが、今週中に、この板は取り外されて、ガラスになるとのこと。

どのようなガラスが入るのか知りませんが、もしも他のガラス部分と同様に透明ガラスが設置されたら、スカートの女性は、とてもこの階段を歩くことはできないのでは?

また、ここの階段は、木製ですが、非常に見づらくて、高齢者の方は転倒しないか心配になりました。

さらに、議場の傍聴席に入るドアが、やたらと立派なのですが、非常に重くて、開けて中に入るのが『どっこいしょ!』という感じでした。

見た目を重視しすぎて、実用性を犠牲にしたというわけではないのでしょうが、新しい議場になるのは喜ばしいのですが、複雑な気持ちになりました。

1週間後の完成時にはどうなっているのかは、今のところ分かりませんが、階段のガラスのところだけは、絶対に視界を遮るようなガラスにする必要があると思います。

透明ガラスになったら、好ましくないことで有名な庁舎になってしまう危険性がありますので…





5聴全員協議会の最後に、当局に対し質問や意見を述べることができる『その他』というコーナーがあります。

そこで今日、市長に対し、ストレートに質問させていただきました。

それは、先日、突然の病気でお亡くなりになった課長さんの、最近の勤務実態についてです。

とても多忙な部署の課長さんでしたので、もしも、極端に休みが取れなかったり、残業時間が長かったようなことがあれば、市役所の労務管理として問題があると思えたからです。

近年、市役所の中では、上層部から仕事に関し、厳しいことを言われてしまい、精神的に参ってしまう職員の方が、かなりいらっしゃると聞いております。

パワハラという表現が当てはまるかは、人それぞれの感じ方でしょうが、病気欠勤や退職に追い込まれてしまった方もいらっしゃることは、広く認識されているように思えます。

そうした背景がありますので、今日は市長に対し、質問をさせていただきました。

市長公室長の説明では、『休みが取れなかったり、残業が多かったという事実はない』とのことでした。

ただ、私が見たところでは、仕事量が特定の部長さん、課長さんに、極端に偏っているようにも思えます。

できることなら、仕事量が多い部署には人員を手厚く配置するようなかたちで対応していただきたいところです。







議会棟のオープニングセレモニーを、9月定例会の初日に行うことが、議員のみの全員協議会で報告されました。

議会運営委員会で決めたので、どんな議論の末に決まったのかは分かりませんが、市内の保育園の子どもさんの太鼓の演奏が行われるとのことです。

私はてっきり、来年の3月に、富岡市が新庁舎完成のセレモニーを行うとき、いっしょに議会もするものと思っていましたので、驚きです。

議会棟は一応は完成するとはいえ、旧庁舎の解体作業が行われ、駐車場も台数が確保できない中、どうしてそこまで議会のセレモニーにこだわるのか、理解に苦しみます。

議会が9月にオープニングセレモニーを行い、その半年後に、市当局が行うというのは、どうもしっくりしませんが?

当局側からしても、『え?』という感じでしょう。

以前、市民の方から、『議場のオープニングセレモニーよりも、議員が議場の完成を祝い、全員が一般質問をするほうが、遥かに素晴らしいと思います』というご意見をいただきましたが、私も同感です。

新しい議場ができて、スタートから、ちょっといかがなものかというような雰囲気になってしまい、個人的には少々残念です。







今日のBBCメモ

1:アメリカの駆逐艦衝突で10名が不明

2:アメリカと韓国は軍事演習を強行

3:マレーシアのイスラム教徒女性のオンラインでの虐待





8月20日(日)
ぬ斉は、議員全員協議会が開かれます。

ただ、議会棟が今月末に完成するため、明日の協議会は、まだ非常に狭い部屋を使って行われます。

来週の土日に、いよいよ新しい議会棟に、議会事務局は移り、議員も会派室を使えるようになります。

これまで図書館に行って、資料のチェック・作成をよくしていましたが、会派室ができた後は、図書館に行くのは本を借りるときぐらいになりそうです。

どんなスペースをいただけるのかは分かりませんが、会派室が使えるようになりましたら、また写真で紹介させていただきます。






『まちづくり富岡』という会社は、市の第3セクターです。

この会社は昨年度、2億1571万円の委託事業を富岡市から受けています。

また、富岡市観光協会と、富岡市国際交流協会という団体がありますが、この2つも、富岡市に関係する事業を行っていて、主な収入は市から出ています。

この3つの組織は、すべて独立しているはずなのですが、最近、どうもそうではないような話を、耳にします。

いろいろ調べていますが、理解に苦しむような内容もあります。

一般質問で取り上げることが可能ならば、この3つの組織のことについて、質問したいことが複数あるのですが…

できるのかどうか、議会事務局に、明日にでも確認しようと思います。









∪萋、小学生の子どもさんがいらっしゃる中国出身のお母さんから、話を伺う機会がありました。

中国は、大学入試が超激戦であることは、日本でもよく知られていますが、小学校の英語教育も、日本よりかなり進んでいるのだとか。

そのお母さんからすれば、『日本の中学校の教科書を見せてもらったことがありますが、とても易しい内容の教科書で驚きました』なのだそうです。

小学校から英語をかなり勉強しているので、そうした差が生じているのかもしれませんが、今の日本の子どもたちが大人になったときのことが心配になります。

これは、個人の努力ではどうにもできるものではありませんが、英語がイギリスやアメリカで使われている言語というのではなく、言葉が異なる人間同士が意思疎通するときの共通語的な存在になっていますので、このままでは、『世界の人の話の輪に、いつも加わることができない日本人』ということに、なってしまうのかも?

大人の世代は、もう仕方ないにしても、子どもたちには、そんなことにならないような教育を与える必要があるのではないでしょうか。






今日のBBCメモ

1:スペインのテログループは120本のガス缶を保有していた

2:イラクはタル・アファルを占拠するため圧力をかけ始める

3:南アフリカはグレース・ムガベの免責を許可




8月19日(土)
さ廚靴屬蠅棒欧豐屬出ましたので、バイクで高崎の図書館に行きました。

そこで、2時間ほど過ごし、その後、なぜか王将の中華丼が食べたくなり、そちらにも出かけました。

久しぶりに中華丼をいただきましたが、税込み540円で、これほど多くの食材が入っている食べ物って、そうはないのでは?



初めて中華丼というものを食べたのは、1977年の御茶ノ水で、駿台予備校に通っていたときでした。

確か、『味一番』というすごく安くて、大盛りを出す中華料理屋があり、友人に連れられて行ったのが最初でした。

御茶ノ水駅からすぐの、楽器店が並んでいる通りでしたが、今はそのお店はないようです。

明治大学、中央大学などに通われていた方なら、ご存知の方がおられるのかと思いましたが、明大・中大OBの方にこの話をしても、『わからない』と言われてしまうのですが…

まあ、そんな話はどうでもいいようなことですが、中華丼を食べるたびに、御茶ノ水にあった『味一番』というお店を、今でも思い出します。







A斡彊蕷僉∋椎阿任靴拭

初回に4点入れられてしまったそうですが、優勝を狙えそうなチームでしたので、もったいなかったですね。

また、第4試合の『大阪桐蔭VS仙台育英』の試合を見ましたら、何という衝撃的な結末なのでしょうか!

こういう展開は、ドラマや小説でもないと思えるくらい、劇的でした。

勝負は時の運とも言いますので、負けた大阪桐蔭の選手のみなさんには、気を落とさないでほしいものです。

1試合目の、立て続けに飛び出した満塁ホームランにも驚きましたが、今日はすごい試合が多かったように思えます。

明日も、甲子園から目が離せませんね。





午前中は、第2回お富ちゃん食育カルタ大会の様子を見に、保健センターへ行きました。



もしも、参加者があまりいらっしゃらないようでしたら、私も飛び入りで参加しようかと思ったのですが、会場には30名以上の方がおられました。

時間の都合で、大会は見ることができませんでしたが、来年の第3回は、『お富ちゃん食育カルタ世界大会』という名称に変更して、大々的にやったら、イベントとしてさらに盛り上がるのでは?





今日のBBCメモ

1:バルセロナのテロ犯の運転手を新たに追跡

2:トランプ大統領はボイコットの脅威の中、式典をサボる

3;フィンランドの刃物男は女性を狙った





8月18日(金)
ぅ好撻ぅ鵑納動車を使った大きなテロがありましたが、車を使うテロというのは、ある意味、武器を用いるテロ以上に不気味さがあります。

日常生活で使ってるもので、多数の人の命を奪うことができてしまうということは、いつだれでも、こうしたテロに巻き込まれてしまう危険性があることを意味しています。

実際の死傷者数よりも、一般市民に大きな恐怖心を与えることが、真の目的なのかもしれませんが、何だか嫌な世の中になってしまったように思えてなりません。

被害に遭われた方々は、本当にお気の毒でしたが、日本でこのような事件が起きないことを祈るばかりです。






市民の方から、『私のパソコンでも、「もは」で検索したら、もはらさんの名前が候補に出ました』と、メールでご連絡をいただきました。

教えていただきまして、ありがとうございました。

その方は、私のサイトをよく見てくださる方のようですので、そのような結果になったのかと思います。

しかし、ちょっとこの検索候補の出方は、おかしいように思えてならないのですが?

市外で同じようなことが起きれば、まるでマスコミを賑やかしている人物のような感じになってしまいますので、これは富岡市近隣だけで起きた現象かと推測しております。

ひょっとすると10年近く毎日更新を続けていることを、ヤフーの検索エンジンが評価しているのかもしれませんが、それにしても疑問です。






午後、群馬県市議会議長会議員研修会があり、出席しました。



研修会の講師の先生は、『ブランド総合研究所』の田中章雄社長でした。

この研究所が毎年発表している地域ブランド調査の結果は、大変有名です。

昨年度の結果では、群馬・栃木・茨城の北関東3県が魅力度ランキングでワースト3になったことは、マスコミでも大きく取り上げられましたので、みなさんもご存じなのではないでしょうか。

今日の講演のタイトルは『群馬県と12市のブランド向上に向けて』というものでしたが、お話の中で、県内12市についての珍しいデータも紹介されました。

全国の1000市区町村の中での富岡市の主な順位については、以下のとおりです。
(ちなみに全国の市町村数は1800ほどありますので、主な1000自治体を対象とした調査のようです)

情報接触度 107位(12市中1位)

魅力度   258位(高崎市に次いで12市中2位)

観光意欲度 236位(12市中1位。ちなみに草津町は34位で県内全体で1位)

産品購入意欲度 556位(12市中7位)

自然が豊か 796位(12市中9位)

食事がおいしい  920位(12市中最下位)

食材が豊富 859位 (12市中11位)

情報接触度・魅力度・観光意欲度は、県内12市中で1位でしたが、これは明らかに富岡製糸場の世界遺産登録の影響です。

昨年のランキングですが、まだ、世界遺産効果はかなり残っていたということのようです。

そして、大きな課題と思われるのは、『食事がおいしい』の順位が、全国1000市区町村の中で920位で、群馬県内で最下位となっていることです。

富岡市には、富岡を代表するような食べ物がなかなかありませんが、ここまで順位が下ですと、『本当においしいものがないのか』、それとも『おいしいものはあるのだが、それが知られていないのか』を詳しく調べてみる必要がありそうです。

個人的には、富岡市は920位になるほど、おいしいものがないとは思えませんが…

先生のお話ですと、2017年の調査結果を現在集計しているとのことです。

新しい順位が発表されますと、大きく順位が変わっている可能性もありますが、まだ富岡市の世界遺産効果は残っているようですので、この集客力があるうちに、宿泊施設の誘致を進め、宿泊滞在型の観光地となり、地域にお金を落ちる仕組みを築き上げたいところです。

市民の税金を投入して、西置繭所2階を高級ホテルにするなどという構想は、個人的には絶対に止めるべきと考えておりますが…







今日のBBCメモ

1:スペインのテロ犯の大規模な追跡

2:アフリカの子どもたちを使った中国の広告が削除される

3:アメリカ海軍はUSSフィッツジェラルドの乗組員を訓練する





8月17日(木)
さ訖以外に、もう一つ、調べていることがあります。

それは、太陽光発電設備の設置についてです。

どうも最近、この件でお困りの方が多いので、何とかしないと、これからさらに問題が拡大してしまうのではないかと懸念しております。

そもそも、東日本大震災後、国が太陽光発電を推進しようとしたのが元ですので、太陽光発電設備の設置を規制する法律はありません。

でも、土砂災害の恐れがあるような急斜面への設置などは、その下に住んでいる人にとっては、大変困るというのも現実です。

また、何も話がないまま、突然、我が家の隣にドカーンと太陽光パネルが設置されてしまうというのも、嫌ですよね。

規制する法律がないのなら、条例を設け、少しでも住環境の悪化に歯止めをかけなければならない時期になったように思えます。

ただ、設置するほうにも、当然その権利がありますので、そこのバランスが難しいところですが…

ところで、一ノ宮の街中から見ますと、貫前神社の大鳥居のすぐ西に、多数の太陽光パネルが設置されましたが、景観という点から考えますと、『もったいないなー』という感じがしております。









いま給食のアレルギー対応食について、様々な自治体の対応について調べております。

アレルギーを持つ子どもさんは年々増加しているようですが、アレルギーを引き起こしやすい特定原材料というものが7品目あるのだそうです。

その7つは、『卵・乳・小麦・えび・かに・そば・落花生』ですが、私にとっては、どれもおいしく食べられるものばかりですので、これらのどれかが食べれない子どもさんは、ちょっと気の毒に思えます。

特に、卵・乳・小麦の3つのどれかにアレルギー反応が出てしまう子どもさんは、食べられるものがかなり制約されてしまう可能性がありそうです。

いま富岡市の学校給食は、確か卵・乳・魚のアレルギーについては、それらの食材を使わない対応食を提供していると聞いております。

実は、小麦のアレルギーの子どもさんがいらっしゃる方から、ご意見をいただいておりますので、いろいろ勉強しているところなのですが、調べれば調べるほど、この問題は難しいことが分かってきました。

以前一度、給食センターにこの件について、お話を伺いに行ったことがありますが、もう一度行かないとまずそうです。







▲優奪噺〆をするとき、自動的に表示される検索候補について、疑問を持っています。

実は、以前、プロボクサーの『モハメッドアリ』のことをヤフーで調べようとして、『もは』まで検索窓に打ち込みましたら、10くらい出てきた検索候補の中に私の名前が入っていたのですが、これはいったい、どういことなのでしょうか?



私のパソコンで検索したので、このような候補リストが出たのかと思うのですが、何かちょっと、気持ちが悪いというか…

検索エンジンの仕組みが分かりませんので、原因は不明ですが、気になります。





今日のBBCメモ

1:北朝鮮との戦争は恐ろしいものとなるだろう

2:レイプされた10歳のインド人少女が出産

3:バノン氏は白人ナショナリストをピエロと呼ぶ







8月16日(水)
た年前から、蚊に刺されたときは、痒くてもかかないようにしています。

それが、一番早く、痒さから解放される方法ではないかと思えたからです。

かかないと、後で赤い跡が残ったり、皮膚を傷めることがありませんので、一時的に腫れていても、しばらくすれば完全に戻ります。

この話を若い人にしたら、『それは歳を取ると感覚が鈍くなり、痒さを我慢できるからじゃないですか?』と言われてしましいましたが…

そうに言われてしまいますと、困ってしまうのですが、かかないで刺されたところをほっとく方法を、やったことがない方は一度、試されてはいかがでしょう?








小野地区にお住いの方から、お困りごとのお電話をいただきました。

その方の家の周りが、太陽光パネルに囲まれてしまうような形になり、『小さな子どもがいるので、電磁波や反射光などの健康の影響が心配なのですが?』という内容です。

最近、太陽光パネルの設置で、大きなトラブルとまではいかなくても、困っている方がとても増えているように思えます。

別の内容では、自宅上方の斜面にパネルが設置されたため、大雨が降った時のことを心配されている方のお話も耳にします。

この太陽光パネルの設置に関しては、一定の規模を超えなければ、自由に設置できるため、耕作放棄地対策として、どんどん増えてしまっているようです。

しかし、自宅の屋根の上や、庭先くらいにパネルを設置するのならともかく、ある日突然、隣の空き地に太陽光パネルが設置され、しばらくすると、道向かいの土地にも太陽光パネルで、いつの間にか、かつては畑に囲まれていた我が家が、太陽光パネルの中の一軒家になってしまった、というような話が現実に起こりつつあります。

これからも、さらにパネルの設置は増えていく可能性が高いのでしょうが、このままでは田舎の光景は、自然豊かな緑あふれるものではなく、太陽光パネルが広がる不気味な光景になってしまうのでは?

『自然エネルギーの利用が、自然をぶち壊した』と、100年後くらいには、言われているのかもしれませんね。






∋毀韻諒から、こんなご質問をいただきました。

『富岡市職員の採用試験は、受験者数、一次試験合格者数、二次試験合格者数、最終合格者数を発表しているのでしょうか?』というものです。

これまで、あまり聞いたことがなく、そうしたデータで公開しているものがあるのかどうかが分かりませんでしたので、本日、担当部署にお話を伺いに行ってまいりました。

この件につきましては、公開可能な資料が手に入りましたら、また紹介させていただきます。





今日のBBCメモ

1:トランプ大統領はヴァージニアでの発言で党の怒りを買う

2:アメリカを分断する像

3:シエラレオネの地滑りで数百名が行方不明




8月15日(火)
せ垉腸颪世茲蠡茖僑姐罎慮狭峠颪をしております。

なかなか順調に進まず、頭が痛いところです。

さらに印刷機が故障していて、今回はネット印刷の会社に印刷を頼むか、それとも新しい印刷機を買うかも、悩んでいるところです。

コスト的には、ネット印刷に頼むほうが安そうですが、家に印刷機があると大変重宝なので、考えてしまうところです。

何と言っても、新しい印刷機を購入しますと、50万円以上は軽くしますので…





製糸場のフェイスブックで、お盆休みの時期の入場者数を見ましたら、12日から15日までは連日5千人以上と、大変な賑わいであったようです。

これだけ天気が悪い中、すごい人出です。

この勢いが続けば今月は、昨年8月の入場者数9万4493人を超えるのは難しくても、近い数字になる可能性があるのでは?

後半のお天気が回復することを祈りましょう。

今月は一度、バイクで白樺湖や美ヶ原のほうに出かけようかと思っていましたが、天気が悪いため、まだ行っておりません。

暑い間に、早くスカッと青空になってほしいものです。






∈Fは市役所に行って、いろいろ調べごとをしたのですが、お盆でお休みの職員さんも多く、なかなかはかどりませんでした。

しかし、一番欲しかった資料が最終的には手に入りましたので、その点は幸いでした。

また、議会事務局に寄りましたので、9月定例会で一般質問を行うことを通告しました。

質問の内容は、現段階では決まっておりませんが、給食や保健センターのことなどを、おそらく取り上げることになると思います。

あと、観光協会や まちづくり富岡のことで、気になる話がありますので、そちらも取り上げたいところですが…


一般質問をなさらない議員さん方は、質問するテーマがないようです。

私からすれば、一般質問で取り上げたいテーマは、数えきれないほどあるのですが、質問をなさらない議員さん方は、問題意識を持つ姿勢に少々『問題』がおありなのでは?

そうした議員さん方は、当局案に対して何も意見も質問もせず、採決のとき手を挙げることが、良い議員とお考えなのかもしれません。

でも、それは市長さんにとっては、都合の『良い』議員になるかもしれませんが、市民の方々にとっては『良い』議員じゃないと、私には思えますが…










今日のBBCメモ

1:北朝鮮の指導者はグアムへの攻撃を先送りする

2:イギリスは一時的な関税同盟を提案

3:イランは核計画を再開させるために威嚇する





8月14日(月)
先日、調布市の図書館に出かけたとき、もらってきたリーフレットに、『調布市 子ども・若者総合支援事業』のものがありました。






児童扶養手当や就学援助を受給している家庭の中学生に、高校進学に向けた学習の支援を行っているとのことです。

運営は市から委託を受けた調布市社会福祉協議会です。

都会に行きますと、様々な住民サービスが行われているものですね。





∈Fは新盆に出かけ、普段お会いしないような方と、いろいろお話をすることができました。

特に、いま中国の大連に仕事で行ってらっしゃる方から伺った中国の話は非常に興味深い内容でした。

中国では全土で反日感情が強いのかと思っていましたが、大連では元満州ということもあり、全くそのような雰囲気はないのだとか。

また、中国人の年金の状況や、子どもにかける教育費の多さ、大学入試の現状、さらには『豚肉はそこそこ食べられるが、牛肉は安いがまずくて食べられない』などの食事のことまで話は及びました。

その中で、一番おかしく思えたのは、『日経新聞を中国で毎日読んでいるけど、日経新聞に書かれている中国の記事は、うそばかりに思える』というお話でした。

日本では、『中国の経済が停滞している』と書くと、新聞や雑誌がよく売れるので、そのような記事が多いのではないかと、その方は分析していましたが、確かにその可能性はあるように思えます。

中国の経済成長率は大幅に下がったようなことを日本のマスコミは強調しますが、それでも7%とかの成長率なのですから、それは高度経済成長の範疇に入るでしょう。

冷静に見れば、あれだけの人口規模で、これから生活水準が上がって需要が伸びていくのですから、今世紀中の中国の発展はかなり固いものかと思われますが…

ところで、新盆に伺ったお宅で、久しぶりに同級生にも会えました。

定年が近づいてきた年齢ですので、退職後はどうするのかなどの話も出ましたが、いよいよそんな話をしなければならない時が来てしまったかと思うと、ちょっと寂しくなってしまいます。

また、ある方から『これまで趣味でいろいろ集めてきたけど、おれが死んだら、すべてゴミになると思ったら、コレクションをするのが何だか馬鹿らしくなっちゃったよ。だから、もう物を買い集めるのは止めにしたよ』と言われましたが、その気持ち、私にもよく分かります。

物をコレクションするというのは、乱暴な言い方をすれば、お金をかけて未来のごみを集めているのに等しい行為と言えるのかも?

『本当に自分のものと言えるものは、自分の頭の中の思い出と、腹に入った食べ物だけであり、家や土地や車などは、お金を出して一時的に管理しているだけ』というように、最近、ちょっと思えていたのですが、同じような考えに触れ、結構みなさん、歳を重ねると似たような思考形態になるのね、と思えました。

今日はいろいろ考えさせられました。










今日のBBCメモ

1:巨大な地滑りで多数が死亡か

2:韓国のリーダーが戦争を回避するために嘆願

3:20名がブルキナファソのテロ攻撃で死亡





8月13日(日)
ず廼瓠∋埓に関する様々な情報をお寄せいただいております。

調べるのが難しい案件が多いのですが、薄い皮を一枚一枚ピンセットではぐようにして、何とか真相に近づけるようにしたいと思っております。

お盆が過ぎましたら、再度、詳しく調べ始めますので。




C覯瓩、家に戻りましたら、大きな封筒が届いていました。

開けてみると、中には『スペイン語検定試験合格書』が入っていました。



一番下の級ですが、わざわざ東京の早稲田大学まで出かけて受けた試験ですので、嬉しいものです。

また、大学時代にちょっと勉強したスペイン語も、40年してから、少しは形になるものが残せました。

これで、昨年秋のフランス語検定に続き、スペイン語も合格できましたので、次はドイツ語、そしてイタリア語、さらにはロシア語、アラビア語と、今の予定では受けていくつもりですが…

あくまでも、予定ですので、どうなるかは分かりませんが、もしも全部、一番下の級でも受かれば、これはかなり珍しいことになるのでは?

どこで挫折することになるのかは分かりませんが、まずはドイツ語検定を何とかクリアしたいものです。







午前中は、中目黒に行き、街並みを見てきました。

その後、近くの広尾にある東京都中央図書館へ出かけました。

広尾駅を降り、中央図書館に続く道を歩くと、おしゃれなカフェや輸入品を販売しているスーパーマーケットなどがありました。





広尾には来たことがなかったのですが、このような街とは知りませんでした。

代官山や恵比寿とは種類の異なる洗練された雰囲気が漂っていました。

また、スーパーマーケットに入ってみると、ハワイのお店のような感じで、ちょっと海外旅行したような気分に浸れました。



お店のイメージキャラクターが、フィリックスだったので、ついロゴ入りのミニトートバッグを1つ買ってしまいました。



昔、このキャラクターが好きだったもので、手が出てしまったような感じです。

ところで、この店から坂を少し上りますと、ドイツ大使館があるじゃないですか!



ドイツ語の参考書を買ったのですが、実はまだ、全然勉強が進んでおりません。

これは『早く勉強に取りかかれ!』という天の声なのか…

あー、見ないほうが良かったのかもしれませんね。

ドイツ大使館からさらに上ると、今度は港区立ありすいきいきプラザなる立派な建物がありました。



表のプレートを見ますと、『麻布子ども中高生プラザ』、『港区立保育園』とも書いてありますので、ちょっとお邪魔してみました。



中は、ゆったりしていて、しかも静かで、落ち着いて時間を過ごせそうな雰囲気でした。

港区は財政が豊かなのでしょうが、住民福祉のために、しっかり予算を回しているように思えました。

さて、そのプラザをさらに上りますと、有栖川宮記念公園の中に、都立中央図書館がありました。

入口の前に行きますと、何だか地味ですし、自動ドアの上に蜘蛛の巣がありましたので、『これがあの有名な図書館なの?』とちょっと不安になりましたが、中に入りますと、そんじょそこらの図書館とはレベルが全く違い、仰天しました。



ここの図書館なら、開館から閉館までずっといても、退屈することはなさそうです。

図書館に行くのが好きな方は、絶対に一度は行ってみる価値があると思います。

また、有栖川宮記念公園の中の蝉時雨は、耳をふさぎたくなるくらいの凄さでした。

こんなに蝉が鳴いているのを聴いたのは、生まれて初めてのように思えました。

田舎より、東京の真ん中のほうが、多くの蝉が鳴いているというのもちょっと意外ですが、東京は結構、自然も豊かと思えました。










今日のBBCメモ

1:トランプ大統領が極右への対応で非難される

2:自動車攻撃:写真家が恐怖を思い起こす

3:朝鮮半島国境でのコンサートが数千人を魅了








8月12日(土)
仝畫庵罎蓮△泙挫飜遒帽圓、街中をいろいろ見てまいりましたが、写真で説明しましょう。

まずは、中野駅の南のほうの街歩きをしました。


この犬は、本物ではないのですが、近くに行くまで分かりませんでした。



次に中野駅の北方面へ行ったところ、中野サンプラザや中野区役所がありました。


区役所の隣は、江戸時代に犬屋敷があった場所なのだとか。そのような理由で、犬のオブジェが設置されていました。


また、中野セントラルパークも見てきましたが、広々としたスペースで、レストランも多く、休日にのんびり過ごすのには素晴らしい環境と思えました。




公園の奥には、明治大学、早稲田大学、帝京平成大学がありました。

若い人が多い地域は、街がおしゃれで活気があるものなんですね。

私も大学生だったら、こんな街に住んでみたいですね。


その後、調布市の中央図書館を見に行きました。

ここの図書館は、以前からネット上で知ってはいましたが、一度実際に確認するため、訪れたような次第です。

調布市は、水木しげるさんの自宅があることから、ゲゲゲの鬼太郎を使って地域おこしを行っているようです。

図書館でも、水木さんの特設コーナーがあり、写真撮影がここだけは許されていましたので、1枚撮ってみました。




また、調布市は映画のまちとのことですが、そのことは全く知りませんでした。


調布というのは、ユーミンの『中央フリーウェイ』で確か出てきたはずですが、それ以外、何も知りませんでした。

でも、商業施設は充実していますし、緑も多く、住みやすそうな街という印象を持ちました。

図書館も、とても魅力的な施設で、多くの利用者の方がおられました。

富岡市の図書館は、夏休みは中高生の利用が多いのですが、調布市のほうは、あまり勉強している中高生の姿は見かけませんでした。

この理由は何なのか?

ちょっと気になります。















8月11日(金)
M漆は、バイキングでしたが、この歳になりますと、本当に量が食べられなくて、ちょっと残念です。

40代の頃は、かなり無理して食べても、翌日にはちゃんと食べたものが消化された感がありますが、今では、一度にまとめて食べ過ぎますと、翌日は朝も昼も、食欲が出ません。

長時間、続けて眠ることもできなくなってしまいましたし…

若いころは、寝てろと言われれば、10時間でも眠り続けることができましたが、今は6時間も眠れば、目がさえて眠れません。

でも、これからさらに齢を重ねたら、もっと眠ることができなくなってしまうのでしょうか?

たくさん眠りたい若いころは、眠る時間が取れず、逆にいくらでも寝る時間があるときは眠れない。

世の中、皮肉なものですね。






東京に来たら、とても夏とは思えないような涼しさですが、台風が通過したばかりなのに、どうしちゃったのでしょうか?

どうも今年は、東日本の真夏のピークの時期は、冷夏で終わってしまうような感じです。

ところで、明日は、東京の中を、ふらふら見ながら歩くつもりです。

公園や図書館があれが、できるだけ立ち寄るようにしておりますが、珍しいお店もいろいろ見ようかと思っております。

また、東京の住みたいまちランキング・ベスト10の中で、中目黒や中野にはこれまで一度も行ったことがありません。

都合がつきましたら、明日は一度まちの雰囲気を見に行ってみるつもりです。






〆Fは、ちょっと出かけております。

宿泊先でテレビを見ていましたら、ドローンを使った山の映像の番組が放送されていました。

前から、ドローンによる写真や映像の撮影には興味がありましたので、つい見てしまいました。

でも、確かドローンは飛ばしてはいけない地域が多いと聞いています

どこなら飛ばしてよいのか、どこはダメなのかが気になりましたので、早速ネットで調べて見ましたら、それを示した地図があるんですね。

東京はほとんど赤く塗られた禁止区域になっていました。

でも、富岡市は中心部は禁止区域ですが、周辺部は大丈夫そうです。



大丈夫とは言っても、届け出が必要であったり、ドローンの重量が関係していたり、さらには人や建物からの距離条件などもあるようですが、とりあえず地図によれば、妙義山周辺なら、ドローンでの空撮は可能なようです。

ドローンは、安いものなら1万円以下の機種もあるようですが、そうしたモデルは、どの程度の写真や映像が撮れるものなのでしょうか?

もしも、そこそこにきれいに撮れるのでしたら、1台買いたいと思っていますが…

ドローンを持っていらっしゃって、詳しい方がおられましたら、ぜひドローンについて教えてください。



8月10日(木)
『日本は世界第3位のGDPを誇る経済大国』という表現をよく見ます。

でも、GDPは、人口が多い国ほど大きな数字になるため、この順位はあまり意味がないという話を聞きました。

実際、国民一人当たりのGDPを見れば、世界27位となり、先進国の中では最下位レベルだそうですが、こちらのほうが現在の日本の経済力を正しく表しているように思えます。

また、『かつての日本の高度経済成長の最大の要因は、日本人の勤勉さや能力の高さではなく、人口の急激な増加だ』という見方もあるそうです。

これが正しい分析かどうかは議論の余地がありますが、それが正しいのなら、これから逆に人口が減っていく日本では、経済成長など不可能ということになってしまいますが?

どちらにしてもこのままでは、日本の国際的な地位は、低下せざるを得ないのでしょうが、それを何とかしていくのが国の政治の使命のはずです。

でも、国会議員の先生方を見ますと、非常に不安になってしまいますが…








∈Fは、『保健センターの建物の件』、『富岡市観光協会は市にとって、どのような位置づけの団体なのか? 外郭団体? 関係団体?』、『製糸場西置繭所をホテルにした場合、その改修費用は全額富岡市の負担になるのか?』などについて調べるため、それぞれの担当部署にお話を伺いに出かけました。

また、午前中は親戚の葬儀の参列で、ずっと、かぶら聖苑におりましたが、今日はさらにいろいろなことが起こり、人生というものを考えてしまうような一日になってしまいました。

ところで、北朝鮮がグアム島近くにミサイルを撃つようなことを言っていますが、これ、単なる威嚇ではなく、本当に撃ってしまうのでは?

そうなったら、当然アメリカは黙っているわけはないでしょうし、何だか、世の中の流れが一気に変わるような懸念を抱いてしまいますが…

平和というものは、空気や水と同じで、失ったとき初めて、その大きな価値に気づくものなのかもしれませんが、そうならないことを祈るばかりです。








今日のBBCメモ

1:北朝鮮は数日以内にグアムを攻撃することを確約

2:卵スキャンダル:雑菌混入の恐れがある70万個がイギリスに渡った

3:難民はなぜアメリカからカナダに逃げるのか?








8月9日(水)
せ獲市職員の採用試験を巡り公文書を改ざんしたとして、山梨市長が逮捕された事件についてです。

新聞報道等では、職員採用試験で合格ラインに達していない複数の受験者の点数を水増しした可能性があるようですが、例えば、採用担当の職員の方が、市長の命令で特定の受験者の点数を増やすよう命令されたら、不法行為でも市長の命令ならば従わなければならないものなのでしょうか?

これは職員の方にとっては、極めて悩ましい問題となりますが、日本は不正の内部告発でも、勇気を出して告発したものが、悪者にされてしまうような所があり、それが社会にこのような不正がはびこる原因になっているようにも思えます。

この山梨市長逮捕の事件は、今後、事実関係が明らかにされるのでしょうが、個人的にも、非常に興味があり注目しております。





今日は久々に、真夏の暑さを体感しました。

でも、夏は太陽がギラギラ輝いているほうが、個人的には好きです。

前橋育英の甲子園の試合を、ちょっとテレビで見ましたが、強いですね。

群馬県代表チームは、いつの間にか強豪と言われる存在になりましたが、喜ばしいことです。

ところで、今日の4試合に出場した8チームの中に、群馬、栃木、茨城、長野、山梨の代表校が入っておりましたが、ここまで近い県の代表がまとまって同じ日に試合をするというのは、かなり珍しいことなのでは?

甲子園に出場したら、相手チームは隣の県の代表というのでは、ちょっともったいないような感じもするというか…

群馬VS山梨では、関東大会のような雰囲気になってしまいます。

できることなら前橋育英には、遠くの強豪校と2回戦は戦って、ぜひとも勝ち上がってほしいものです。








¬醂蒜の問題に取り組んでいる団体の方から、以前、連絡をいただきました。

その方は猫の殺処分を減らすため、野良猫を捕獲して、不妊手術を行い、その後、猫を解放するという活動をされていますが、本日夕方、市内某所で野良猫の捕獲を行うと聞きましたので、その現場を見させていただきました。





野良猫でお困りのお宅は少なくないように思えます。

市議会だよりのポスティングに行きますと、猫除けのため水を入れたペットボトルを庭先に何本も置いてあるお宅は珍しくありません。

ネットで調べたところ、日本では年間6万7千頭の猫が殺処分されているそうです。

さらに、1匹のメス猫は年に3回出産し、1回平均4匹も子どもを産むとのこと。

そうしたことから、猫の殺処分を減らすための、野良猫の不妊手術・去勢手術を進める活動が行われているのだそうです。

また、野良猫の不妊手術を無料で行っている社会活動もあるとのこと。

普段あまり耳にしないようなお話を、今日はいろいろ教えていただきました。

一ノ宮の県の合同庁舎内に、動物愛護センターがあり、野良猫対策事業を行っているそうですので、近いうちにお話を聞きに行こうと思います。








今日のBBCメモ

1:北朝鮮はアメリカ軍基地の攻撃を検討している

2:車がパリの兵士にぶつかった後、犯人は逮捕される

3:中国の地震で少なくとも19名が死亡







8月8日(火)
∈FのNHKの『ほっとぐんま640』で、先週の土曜日に丹生湖で撮影した ひまわり畑の写真が放映されました。



実は、昨日の夜、NHKの女性アナウンサーの方から電話をいただき、今日の放送で紹介してくださることは聞いていましたが、万一放送されなかった場合、ちょっとカッコ悪いので、この話は、内緒にしておきました。

ただ、このひまわり畑の管理をしている元議員の尾高さんだけには昼過ぎ、『今日のほっとぐんまに写真が出ます』と連絡はしておきました。

富岡市の美しい景色を、多くの人に知っていただくため、個人的に活動しておりますが、このようなかたちでNHKに取り上げていただき、ラッキーでした。

実は、ほっとぐんま640で写真が紹介されたのは、多分これが7回目です。

この番組は、見ている方が多いので、番組終了後、『丹生湖の写真を見ました』と、早速電話とメールをいただきました。

これで、明日にでも、丹生湖に行ってくださる方がいらっしゃれば、さらに嬉しいのですが…

まだ、かなり花は残っていると思いますので、雄大なひまわり畑を背景に自撮り、もしくは子どもさんの写真を撮ってはいかがでしょう?

ちなみにNHKに送った写真は以下のものです。



また、時々、『もはらさんは、どんなカメラを使ってるのですか?』と質問されますが、恥ずかしながら一眼レフのデジカメではなく、ソニーのコンパクトデジカメです。



小さいカメラなら、いつでも持って歩けますので、私はコンパクトデジカメ専門です。

スマホのカメラは、どうも上手に取れないので、ツイッター用でしか使いません。

スマホできれいな写真を撮っている人は、逆にスゴイと思えてしまいます。








今日のBBCメモ

1:ケニヤの大統領選:投票結果を尊重しよう

2:グーグルが『多様性のメモ』の作者を解雇

3:十代の血まみれの足首の原因は?






8月7日(月)
これは、市民の方から頂いた情報ですが、産経新聞の2015年1月9日のサイトの記事で、岩井市長さんが、製糸場のことについて語っておられます。(詳しくはこちらをクリック

最も気になる点を引用しますと、以下の通りです。

【記者】活用という面で、どんなアイデアを持っているか

【岩井市長】「西置繭所については30年度までロングランの整備計画で保存工事も始まるが、活用委員会で27年度中には答えを出したい。
委員会には私の考えとして2階部分をホテルとして活用することを提案したい。
文部科学省は『いかがなものか』という反応をしているが、世界遺産、国宝の中に宿泊できるという非日常性はウリになる」

(以上引用)

本年6月の日経新聞に、『西置繭所2階の高級ホテル構想』の話が出ていましたが、すでに2年以上前に、この構想はあったということになります。

文部科学省は反対していることが、産経新聞の記事を見れば一目瞭然ですが、それは当然と思えます。

ホテルにして、火災でも発生し、「国宝かつ世界遺産の建物が燃えてしまった」というようなことになる危険性を考えれば、おカネのためにホテルにするというのは、だれが聞いても『いかがなものか』ではないでしょうか?

しかし、富岡市議会は、8割以上が、市長支援議員さんと思われますので、市長さんが『ホテルにする』と言えば、議会で私と数名の方が反対意見を述べたとしても、『何も意見を述べずにただ賛成する議員さん方』の数の力で、あっけなく決まってしまうように思えます。

今の富岡市は、政策会議も議会も、まともな議論がないまま、どんどん様々なことが決まってしまっているように私には見えますが、こういうのは『いかがなものか?』ですよね…












∋獲市の職員採用試験を巡り不正に関与した疑いで、山梨市長が逮捕されたというニュースが、今日ありました。

どのような不正なのかはわかりませんが、採用試験の不正で、市長が逮捕されるということに、正直なところ驚きました。

このニュースを聞いて、私と同じ印象を持たれた方は、結構いらっしゃるのでは?

全国の首長さんの中には、このニュースを聞き、心中穏やかでなくなった方が、ひょっとするとおられるのかもしれませんが…

ところで、素朴な疑問ですが、市に関係する第3セクターや、別の組織・団体等の職員採用で、同様のことがあったら、どうなるのでしょうか?

警察関係者に、今度、確認したいと思います。







今日のBBCメモ

1:ベネズエラの武装反政府勢力の捜索

2:残忍なアフガニスタンの襲撃で数十名が殺害される

3:ミラノで誘拐された女性モデルはイギリスに戻る









8月6日(日)
M縞は、一ノ宮地区の納涼祭がありました。



人口減少時代に突入してはいますが、小さな子どもさんを連れて参加される方も多く、今年も、なかなか盛況でした。

最近は、純日本的なものが、ちょっと見直されるような時代になってきたからなのでしょうか?


ところで、今日のような蒸し暑さの中で盆踊りを踊りますと、体力を結構消耗します。

盆踊りの一つひとつの体の動きは、大したことはないのですが、長時間踊っていますと、腕や手をかなり動かしますので、肩が重い感じになってきます。

さらにこの暑さですので、浴衣を着ていた方は、かなり大変だったのではないでしょうか?

でも、夏を感じさせる、このようなイベントは、風情があっていいですよね。

また、毎年この会場で、久しぶりにお会いする方がおりますが、今年も、そうした方が何人かいて、いろいろ珍しいお話も聞けました。

地域の情報交換の場という点でも、このようなイベントはありがたいです。

地域の絆というものは、徐々に弱くなっているのは間違いないのでしょうが、盆踊りやお祭りは、地域行事の最後の砦として、何とかこれからも続いてほしいものです。

会場の設営をされた役員のみなさまには、今年も大変お世話になりまして、ありがとうございました。



ちょっと気になったのは、今日も中高年の女性はたくさん参加されていましたが、男性は、区長さんなどの役員をされている方ばかりのように見えたことです。

公民館の活動や、地域の様々な団体の活動では、参加者は圧倒的に女性が多数ですが、この状況を改善しませんと、これから一人暮らしの高齢者が増えていく時代、大変なことになるのでは?

外部の人と交流がないまま、一人暮らしをされている人、特に男性が増えるというのは、好ましいことではないですよね。

でも、どうして日本人の男性と女性は、高齢者になってから、これほど考え方や行動に大きな違いが生じてしまうのでしょうか?

同じ国で、同じ教育を受け、同じ時代を生きてきたのに、この違いには驚いてしまいます。

生物学的な精神構造の中に、もしかすると何か原因があるのかも?













午前中は、市の水泳大会の開会式に出かけました。



会場は、市民プールですが、このプール、私が小学校の低学年の頃からあります。

ということは、すでに完成後50年は経っていることは確実です。

今日もプールの近くに行きましたら、懐かしい独特の匂いがしました。

匂いの記憶というのは、忘れないものなんですね。

ところで、かぶらウォーターランドは、今年が最後で間もなく閉鎖となりますが、もっと前からある市民プールのほうが残ることになるとは、思いもしませんでした。

最近、かぶらウォーターランドの閉鎖に伴い、『富岡市には子どもたちが遊べるような施設が少ないのでは?』というご意見を、よく頂きます。

公園に遊具は少なく、さらにプールも夏しか使えない50年以上前の屋外プールのみになってしまうのでは、そのご意見は当然のことと私にも思えます。

製糸場を核とした日本一のまちづくりに予算を回しすぎていることが、こうした状況の原因になっているのか否かはわかりませんが、もしも関係しているのなら、市当局はまちづくりの方向性の軌道修正をする必要があるのかもしれません。

観光客第一で、まちの見栄えばかりよくすることに市民の税金を投入するのなら、もっと市民の暮らしに直接役立つことに血税を回すべきと私は考えますが?











今日のBBCメモ

1:国連は北朝鮮への最も厳しい制裁を支持

2:ガトリンは世界陸上100mで優勝しボルトを呆然とさせる

3:ベルギーはオランダの卵の懸念を秘密にしていた










8月5日(土)
ぃ贈贈辰離汽ぅ箸法動画のコーナーがあります。

そこに、81歳のシンガポールのおばちゃんが、エレキギターでハードロックを演奏するという記事がありました。

カッコいいおばあちゃんですので、お時間がある方は、ぜひご覧ください。





少年野球の試合の後、高崎まつりの日ですので、ちょっと見に行ってみました。

お祭りは、準備中のような時間帯でしたが、各地区で山車の最終チェックをしているような感じでした。



また、駅では、お祭りワッペン・デザイン・コンテストの結果が発表されていましたが、小学生にデザインをしてもらうというのは、おもしろい試みと思えました。





街中の露店を見ましたら、キュウリを割りばしにさして、塩味をつけ冷やして売っているところが、あちこちにありましたが、キュウリは高崎市の特産品か何かなのでしょうか?

1本買って食べて見ましたら、懐かしの味で、昔を思い出しました。





午前中は、高崎の城南球場で行われた少年野球の試合を見に行きました。

一塁側スタンドでしたが、先日、富高VS農二の試合を見た場所に近い席で観戦しました。

試合は、白熱した試合となり、逆転、逆転の連続で、ドラマのような展開となりましたが、最後は1点差で全一ノ宮少年野球が勝利を収めました。

私でも、力が入ってしまうのですから、保護者のみなさんは、かなりハラハラドキドキの試合だったのではないでしょうか?

ぜひ、この勢いで、2回戦も勝ち抜いてほしいものです。

最近、野球の試合を見る機会が多いのですが、球場での野球観戦はおもしろいですね。

ただ、夏は暑いのが、ちょっと大変ですが…











今日のBBCメモ

1:ベネズエラ検察庁の包囲

2:浸水したダイヤモンド鉱山で8人が不明

3:二人の死がフランス警察を困惑させる







8月4日(金)
ァ愨竸牟度に問題がある保健センターは、この先、どうなるのですか?』

そんなご質問をいただいております。

昨日、担当部署で確認しましたら、来年3月末までは、現在の保健センターの建物を県から借りていますが、現段階ではその先のことは、全く決まっていないとのことでした。

多くの子どもたちが利用する保健センターですので、何とかだれもが納得できそうな対応をして頂きたいと思います。






ずFの丹生湖のひまわりの状況です。



スカッとまでは行きませんでしたが、晴れ間が見えましたので、ちょっとひまわりにも元気が感じられます。

土日が晴天でしたら、ぜひ、お出かけください。





K鳴舎の解体工事のことに触れましたら、北庁舎にはかつて、農協の事務所があったとの情報をメールでいただきました。

昭和50年代には、まだそのような状態であったのかもしれませんが、昔のことというのは意外なほど、時間がちょっと過ぎるだけで覚えている人がいなくなってしまうようなことがあります。

そうした事実は、できるだけ紹介しないとまずいのかもしれません。

また、新しい道ができたり、よく通る道沿いの建物が壊されたりすると、半年もしないうちに、その前の状況が思い出せなくなってしまうことも、よくあります。

何事も、繰り返し思い起こさないと、忘れてしまうというのは、勉強の暗記の秘訣と同じということなのでしょうか?

ということは、楽しかった思い出は、頻繁に思い起こし、嫌な出来事は思い出さないようにすれば、ハッピーな記憶ばかりが頭に残り、明るい人生になる可能性が高いということになりますが…

でも、人間は、大抵の場合、その逆になってしまうというのが現実でしょう。 
おそらく…








∪萋、レンタルビデオ店に行きましたら、『君の名は。』のDVDレンタルが開始されていました。

映画館で見ようと思っていましたが、つい見れませんでしたので、早速借りて、見てみました。

まず、第一印象は、とても絵が美しく、そのレベルは従来のアニメを大きく超えていたように感じました。

そして、ストーリの展開も、テンポよく進み、引き込まれました。

また、キャラクターも魅力的でした。

でも、ちょっと感じたのは、この作品は、海外でも大変な人気となったという点です。

この物語の展開は、神社の存在が大きかったですが、もしかするとその存在が日本的な雰囲気を強めて、外国人に興味を持たせのでしょうか?

また、作品の中には、実際の鉄道の駅をモデルにして書かれたシーンがあったそうですが、その駅がこのアニメのファンの方で大変な賑わいになったという話を以前聞いたことがあります。

確かに、好きになった作品に出ていた光景を、実際に見てみたいという気持ちは、十分に理解できます。

これから『赤い襷』の映画を見た方で、そのシーンを撮影した場所を見てみたいというような方が出てくるようなことになれば幸いですが、どうなるでしょうか?

『君の名は。』は、大ヒットした作品ですが、やはり大人気になったのには、理由がありそうです。

久しぶりに、アニメ作品を見ましたが、今のアニメの完成度の高さにとても驚きました。










今日のBBCメモ

1:オーストラリアの飛行機の爆弾は兄弟に仕掛けられていた

2:アルディは有毒の懸念からドイツの卵を引き上げる

3:ヨーロッパは42度の熱波で焼けるように暑いため警告を発する






8月3日(木)
ィ映ぶりに、血圧を測ってもらいました。

うどんの会には、看護師の方が来られ、会場で血圧測定もしてもらえます。

測定の結果は、『ちょうど良いですね』と言われましたが、この程度のことでも、ちょっと嬉しくなってしまうと言いましょうか…








せ毀鮟蠅如△箸△詆長さん、課長さんからお話を伺った後、図書館に行きました。

子どもの本のコーナーには、あまり入ったことはないのですが、ちょっと見ましたら、夏休みを意識したような特設コーナーが設けられていました。





『怖いお話』と『水族館』の本の特設コーナーです。

夏休みの子どもさんへの読み聞かせに、ちょうど良さそうな本ではないでしょうか?

最近の図書館は、雑誌コーナーも雰囲気が大きく変わりましたし、頑張ってますよね。

ぜひ、みなさん、ご利用ください。





うどんの会の後、丹生湖のひまわりを見に、出かけてみました。

今日は、ほぼ満開という状況でした。



天気が曇り空という点が残念でしたが、これで青空になれば、いま富岡市内で最もインスタグラム映えする景色ではないかと思われます。

この数日のうちに、一度、青空が広がってほしいですね。

臨時駐車場に止まっている車を見ますと、結構、県外ナンバーの車がありますが、ここの情報はどのようにして知ったのでしょうか?

それも気になりますよね。

また、若い女性の二人組が複数見えましたが、カメラ女子のみなさんの間で、『丹生湖のひまわり』は、話題になっているのかも?








午前中は、一緒にウクレレをしているみなさんと演奏をするため、『うどんの会』に出かけてきました。

この会は、月に2回ほど、無料でおいしいうどんを食べることができるイベントです。

今日も、大勢の方が、いらっしゃってました。





ウクレレ演奏のほうは、10人ほどで行いました。

いつもは、アンプやスピーカーなどは使わないのですが、今日は本格的な音響機器も使いました。

ただ、スピーカーから出ている音が、ほとんど聞こえないので、何かしっくりしないような思いもしましたが…

最近、ウクレレはちょっとご無沙汰していたような状況ですが、この数日、練習しましたら、またモチベーションが上がってきました。

何かを長く続けるのには、たまには『お休みモード』の時期が入るのは、悪いことではないのかも?

何でも無理して続けていると、ある日突然、全くやる気が失せてしまうことがありますので、しばらくウクレレから遠ざかっていたのは、逆に良かったことと考えましょう。

また、たまにギターを弾いてみますと、ウクレレの4本弦の音よりも、音に深み、厚みがあって、『ギターの音っていいなー』と思えます。

実は昔、ボサノバで有名な小野リサさんの、演奏した直後のギターに触らせてもらったことがあります。

もちろん高価なギターなのでしょうが、私のギターとは比べ物にならないほど、左手でコードを押さえやすかったことを鮮明に覚えております。

やはり、1本2万円以下のギターと、数十万円のギターでは、違うのでしょう。

楽器って、歳を重ねても楽しめるから、いいですよね。

ウクレレは、すごく上手くなるのは大変ですが、ちょっと弾けるくらいなら、比較的、他の楽器よりも楽なように思えます。

ご興味がある方は、公民館等で行われているウクレレ教室に、通われてはいかがでしょう?











今日のBBCメモ

1:アメリカの制裁はロシアにとって貿易戦争

2:ベトナムはドイツの誘拐の主張を否定

3:オーストラリア人がカンボジアでの代理出産を理由に拘置される






8月2日(水)
せ毀鮟蠅帽圓ましたら、北庁舎の解体工事が進んでいました。

何か、もののあわれを感じさせるような光景です。



この建物は、かつては結婚式場だったような話を聞いたことがありますが?

ここで式を挙げた方は、私以上に、感慨深いものがあるのかもしれません。







K榲に晴れ間が少ない夏になってしまいましたが、これでは、様々な夏用商材の売り上げにも悪影響が出るのでは?

私は、夏場にはかなり『かき氷』を食べるほうですが、最近の気温ですと、そんな私でもあまり食べたいと思えません。

話は変わりますが、先日、ある懇親会で久しぶりにお会いした方と話しましたら、糖質制限の話題になりました。

私は昨年、糖質制限の本を読んで、試しに自己流でやった程度ですが、それでも体重は4kgぐらい減り、71kgほどになりました。

実は、15年ほど前、83kgほどあったことがありますので、その時と比べますと、10kg以上は減っています。

若い頃、タバコを吸っていましたが、それを止めたことがきっかけで、10kg以上増加し、再度、元にもどったような感じです。

その久しぶりに会った方も、糖質制限を意識していて、太りやすい体質なのだそうですが、若い時とあまり変わらない体型をしていました。

糖質制限については、賛否両論というか、体に悪いような意見も耳にしますが、空腹感に苦しむことなく体重を落とすという点では、非常に効果がある方法ではないかと思います。

最近は、『今日は何グラムくらいの糖質を摂っているか』を、大雑把ではありますが、日常意識していますので、それであまりリバウンドが起きていないのかもしれません。

特別、お医者さんから減量するよう言われたわけではありませんが、少しでも、健康でいられる可能性を高めるため、落としましたが、本当にこれが体に良いのかは、何とも言えません。

医学的には、BMIが24、25、26くらいの、ちょっと太っているくらいの人が一番長生きができる確率が高いというデータもありますので、BMIを22に近づけようとしたのは、良くなかった可能性もあります。

そのあたりのことは、ケースバイケースでしょうが、医師から体重を減らすよう言われている方にとっては、糖質制限は良い方法ではないでしょうか?

糖質制限を開始してしばらくしたら、あくまでも私の感想ですが、モーレツに空腹感を感じるようなことが減りました。

強い空腹感というのは、一度大幅に上昇した血糖値が、急激に下がることによって起きる感覚なのかもしれません。

なので、日ごろから血糖値があまり上がらないような食生活に切り替えると、血糖値の下がり方も緩やかですので、空腹感も弱いのでは…

これから、高齢者人口の増加に伴い、医療費や介護費の自己負担も、今よりは上がる方向で進むことは確実でしょう。

健康でいられるか否かで、老後の経済状況や生活が、大きく変わってしまう可能性が高まっています。

様々な健康法が世の中にはたくさんありますが、糖質制限という考え方は、かなり画期的な方法だったのではないかと、私には思えます。

ところで、かき氷は、アイスクリームより糖質が少ないのですが、最近の陽気ですと、ついアイスクリームになってしまいます。

ちょっと涼しい夏は、案外、糖質制限に悪影響があるのかも?












⊆,瞭曜日は、一ノ宮地区の納涼祭が行われます。

そのための盆踊りの練習会が、本日ありましたが、参加できませんでした。

実は明日、『うどんの会』というイベントで、ウクレレを一緒に練習しているみなさんとボランティアで演奏をしに行きますので、その準備があったためです。

最近、ウクレレの練習に、なかなか行けなかったので、ちょっと大変です。

『うどんの会』は、これまでは社会教育館で定期的に行われてきましたが、現在、改装中で使えないため、明日は、この春にオープンした民間施設で開催されます。

おいしいうどんが楽しめますので、お時間がある方は、お昼にお出かけください。

場所は、一ノ宮小そばの、以前、生協の事務所があったところです。










今日のBBCメモ

1:投票数を不正工作したベネズエラ

2:アメリカは『我々は敵ではない』と北朝鮮に

3:ドイツの工業会は『ディーゼルサミット』を開くことに










8月1日(火)
いい淮拜箸料板垢鬚靴討りますので、先ほど、広報とみおか8月号を配る用意をしました。

私の組は24世帯ですので、配るための準備作業も、ちょっと大変です。



今回は、7種類の印刷物を、それぞれのお宅用に揃えましたが、作業をしていきますと、印刷物を誤って2枚入れてしまうことが必ず起こり、最後に全部チェックするようなことになります。

ところで、今回は、『とみおか市議会だより』も配布される月ですので、ご家庭に届きましたら、ぜひ私の一般質問のコーナーもご覧になっていただければ幸いです。

『製糸場の西置繭所を高級ホテルにする』という、市長が日経新聞記者に話して記事になった件も、書かせていただきました。

この計画は、議会には何も知らせていないはずなのですが、すでに『反対論もあるが、市がこの先も製糸場を維持していくには、そういう発想もないとだめだ』と、岩井市長は日経新聞記者には話しており、それが記事になっています。

反対論があるというのは、だれに相談したら反対されたのでしょうか?

でも、今更、高級ホテルを西置繭所につくったとしても、多くのお客さんが来るとは、私には思えませんが…

市民の血税を投入してホテルにしても、メリットがあるのは、関係する業者のみなさんぐらいになってしまうのでは?

まさか、また、あの有名建築家の方が、出てくるとか…

その可能性は十分あるのかもしれませんが、そうならないよう、批判的な立場で、これからこの件に取り組んでまいります。








8月になって、こんな梅雨のような陽気が続いているというのは、どういうことなのでしょうか?

天気予報では、今週はほとんど晴れの日がなさそうです。

丹生湖のひまわりも、そろそろ一番の見ごろになるのでしょうが、このままですと、天気に恵まれない可能性が高そうです。

青空の下で、ひまわりが一斉に花を開いている写真を撮りたいと思っているのですが、今年は難しいかもしれません。

でも、もしも良い天気になった時には、子どもさんを連れて行き、ひまわり畑を背景に写真を撮ってはいかがでしょう?

絶対に、すてきな写真になると思いますよ。








∈廼瓠一部の国会議員の方々の、体たらくぶりが連日報道されておりますが、困ったことというか、あきれるというか…

国の政治に大きく関わっている方々から、政治以外の情けないスキャンダルが連日出てきますと、日本の危ない将来を見せつけられているようです。

他の国の政治家のことは分かりませんが、これほど漫画的な低次元の話題が続く国会議員がいる国など、少なくとも先進国と呼ばれている国の中にはないのでは?

こんな状況が続けば、若い優秀な人ほど、どんどんこの国を捨てていってしまうように思えます。

北朝鮮問題や、近隣諸国との外交問題、さらには膨大な借金が増え続ける財政や、すでに始まった未曾有の猛烈な人口減少など、難問・難題が目白押しなのに、国会議員が低次元な問題で右往左往しているのを見ますと、『本当にこの国の先行きは、もうダメなのかな…』という気持ちにならざるを得ません。

昔の日本は、『政治は三流だが経済は一流』というようなことが言われていましたが、今や、その経済も、一流とは言えなくなってきました。

政治も、経済もダメとなったら、日本はどうなってしまうのでしょう?

考えても仕方ないことは、考えないほうがいいのでしょうが、つい考えたくなってしまいます。






今日のBBCメモ

1:トルコはクーデター未遂に関し数百人を裁判にかける

2:ベネズエラ政府は反対勢力のリーダーを逮捕

3:砂岩の護衛がカンボジアで発見される









 
 











これまでの活動記録 (毎日更新中!)
2017年 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2016年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2015年 12月 11月 10月 9月 8月 7月  6月  5月   4月 3月 2月 
1月
2014年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月  3月 2月 1月

2013年 12月 11月 10月 9月 8月 7月中・下 7月上 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2012年  12月 11月 10月 9月 8月  7月 6月 5月 4月 3月 2月
 1月
2011年 12月  11月 10月 9月 8月 7月 6月  5月 4月 3月 2月 1月
2010年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 
2009年  12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2008年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月   




































丹生湖 ひまわり畑の情報サイト
富岡市に行ったら、必ず訪れたい10のスポット
プロディールのボールペンに魅せられて prodir swiss

オリジナルラベルワイン1500円 

富岡慕情