富岡市を元気に!子どもたちに明るい未来を! 富岡市議会議員 茂原正秀WEB-SITE
TOP    これまでの活動記録(毎日更新中!)







富岡市内のイベント告知を、私のサイトでお手伝いいたします!

Tenderlies&HORIKEN
Live 2015.9.4


15分でアートのような作品をつくる!
15 Minutes Art by MOHARA!












富岡市の桜
富岡市の美しい風景
富岡市観光協会のFacebook
富岡製糸場Facebook
富岡市イベントカレンダー

便利な情報サイト
ダイヤモンド・オンライン
東洋経済オンライン
日経新聞
読売新聞オンライン
朝日新聞
毎日新聞
産経新聞
東京新聞
ロイター
共同通信
ニューズウィーク
NHK
プレジデント公式サイト
上毛新聞
The Japan Times Online


1:あなたのまちの「トンデモ議員」を炙り出せ!

2:なぜ質問しない議員ばかりに? 地方議会の「怠け者の楽園」ぶり






★もはら撮影
 動画情報★

まなびのつどい
2014.2.2


富岡市成人式
2014.1.12


富岡市消防隊
出初式2014年


貫前神社2014年
元旦


富岡市・安中市・軽井沢町の観光連携協議会設立趣旨発表
2013.12.26


貫前神社 御戸開祭 2013.12.12

群馬サファリ富岡マラソン大会
2013.12.8


第8回富岡市一周駅伝

第2回スロージョギング教室 
2013.11.23


佐原市の『歴史ある町並み』
2013.11.5

モザイクアートで
ギネスに挑戦

2013.11.4

妙義山紅葉
フェスティバル

2013.11.3

スロージョギング
教室

2013.10.27

富岡製糸場に
ふっかちゃん

2013.10.4


富岡市交通安全
パレード

2013.9.25

富岡市CM 
2013年わがまちCM
コンテスト最終選考作品


同志社大学
今出川キャンパス

2013.10.8



富岡市の防災気象情報(気象庁リンク)

   
ご意見は、下記メールアドレスをコピー&ペーストして、お送りください
moharamasahide@gmail.com

 
   9月のページはこちらから  

8月31日(月)
ずFで8月も終わりですが、この数日間は、とても夏とは思えないような日々が続いています。

前半の猛暑と、後半の冷夏を足して2で割れば、普通の夏になるのかもしれませんが、困ったことです。

最近、軽井沢に出かけていませんが、今日あたりの感じでは、深夜から早朝にかけては、かなり着込まないと耐えられないくらい冷えるのでは?

まさか、このまま秋が深まっていくことはないかとは思いますが、冷凍庫に入っているカキ氷がおいしく感じられるような陽気には、もうならないでしょう。

おそらく…





『引きこもりの高齢化』という話を耳にしました。

島根県の調査によると、引きこもっている人の53.5%が、40歳代以上とのこと。

引きこもりというと、若い方が圧倒的なのかと思っていましたが、どうも現実は、そうではないようです。

でも、こうした問題に、地域や福祉行政は十分な対応ができているのでしょうか?

引きこもっている方々の高齢化も気になりますが、何らかの対応ができているかのほうが、さらに心配です。




午後5時から、お富ちゃん家の会議用スペースで、『富岡市議会社会常任委員会と富岡市保育部会との情報交換会』が開かれました。

その中で、衝撃的な数字を耳にしました。

富岡市内で平成21年に生まれた子どもさんの数は399人であったのが、平成26年には、95人マイナスの304人まで減少していたとのこと。

15年くらい前は、富岡市全体の一学年の子どもの数は500人くらいでしたが、あれよあれよという間に、300人ラインも割り込みそうなところまで来ていたとは、驚きです。

この問題の解決は簡単ではありません。

というより、こうした状況になるのは、人類のこれまでの長い歴史の中でも、日本が初めてのことでしょうから、どうにもならないというのが、現実なのかもしれません。

もちろん子どもの数を増やすことを考えることは必要ですが、それは結局失敗する可能性も高いのですから、少子化が現在の推計どおり進むという前提で、人口減少・少子高齢化に対応できる社会の仕組み作りを考えることのほうが、さらに重要と思えますが?

久しぶりに、元議員の矢野君にも会いました。

大変、お元気そうでした。

また、保育部会のみなさんからのご要望も、とても重要なテーマに関するものでした。

保育部会のみなさんのご意見につきましては、これからさらに詳しく調べて、社会委員会で対応していきたいと考えております。





^貳娘遡笋慮狭討髻¬斉の夕方までに議会事務局に提出しなければなりません。

そのため今日は、そのことで、あれこれ頭を悩ませました。

最終的に今回は、質問件数は4件で進めることにしました。

取り上げるのは、『学校給食』『デマンドタクシー』『友好都市』『観光活性化策』の4つです。

9月定例会は、26年度決算の認定もありますので、これから忙しくなります。

さらに、市民のみなさんから、複数のご意見・ご質問をいただいておりますので、そちらにつきましても、いろいろ調べなくてはなりません。

8月は、時間的に余裕がありましたが、9月はそういうわけにはいかない感じです。




8月30日(日)
〆Fは、親戚の法事で、朝から出かけました。

また、午後2時半から、安中市の新島学園礼拝堂で開催された『同志社創立140周年記念 同志社フェア in 安中』に行ってまいりました。

このイベントの最初は、同志社大学の村田学長さんによる講演でしたが、お話の内容から推測しますと、村田学長は、私の3学年後輩に当たるようです。

大学の学長などといえば、高齢男性というイメージがありますが、これはちょっと衝撃でした。

講演の演題は『バック・トゥ・ザ・フューチャー2015』でしたが、村田学長さんは、映画がとてもお好きとのことで、新島襄がアメリカに渡ったときの話から始まり、この映画の例えを出しながら、未来を予測することは非常に難しいことなどを、ユーモアを交え話されました。


私は、これまで知らなかったのですが、アメリカの大学を正式に卒業した最初の日本人は、新島襄とのことです。

また、新島襄が卒業したのが、リベラル・アーツ・カレッジで知られている『アマースト大学』であったことと、140年前に京都で同志社を設立したことが、人口145万人中、1割の15万人が大学生という学生の街『京都市』につながっている、という興味深いお話も伺いました。


講演の後、新島学園聖歌隊と同志社グリークラブのみなさんによるジョイントコンサートがありました。

聖歌隊のみなさんの可愛らしく清々しい歌声と、グリークラブのみなさんの重厚な美しいハーモニーを楽しむことができました。




なかなか今日は、充実した1日になりました。




  8月29日(土)
9月定例会の一般質問の内容を考えております。

ところで6月定例会では、まだ、自分の質問の持ち時間は10分以上残っておりましたが、事前に当局からの質問の回答がなかなかもらえなかったため、結局、原稿のやり取りができた質問が残り10分の段階で終わってしまい、時間も質問したい点も、まだまだありましたが、残念な思いで止めたような次第です。

もう何度も書いておりますが、富岡市議会の一般質問には、異様と思えるルールがあります。

『事前に原稿の調整をした質問以外は議場で尋ねてはいけない』という、奇妙なルールです。

議場で、その関連のことでも急に質問すると、『事前に原稿の調整を済ましたもの以外は、質問してもらっては困る』と、後日、当局側から申し入れがあります。

簡単に言いますと、『議員の質問は事前に原稿を全部出してください。それ以外の質問は、しないでください』というものですが、そのため議会の一般質問は、作文朗読会のような状況になっていて、全く緊張感がありません。

特に私が疑問に感じるのは、市長の考えを質問すると、担当部署の課長さんあたりが、市長の考えを推測して答弁の原稿を書き、それを市長が本会議で読むという点です。

細かい事業の内容などは、急に議場で質問されれば困ることは、質問する側の私でも分かりますので、そんな困らせることを目的とするような質問はするつもりはありません。

しかし、流れの中で、『市長はどのように考えているのか』というような、市長本人の考えについて尋ねる質問さえ、『事前に原稿を出せ』というのは、いかがなものでしょうか?

富岡市議会の一般質問が、他市の議会と比べて停滞している雰囲気が漂っている原因の一つは、当局側が一般質問を『緊張感がないもの』にしているからではなかろうか?

私には、そのように思えてなりません。

一度、市議会の傍聴をすれば、だれもが以下のように思うでしょう。

『市長や部長が答弁を読むとき、当局側は全員が、みんな一緒に机の資料のページをめくっているが、これはどういうことなのか? 
これはすでに原稿があるということなのだろうか? 
市の最重要事項を決める市議会の中で行われる一般質問が、こんな作文朗読会でいいのだろうか?』

多くの方が、このように。


でも、こんなやり方が、いいはずはありません。

何とか、もっと活発な議論がある、緊張感あふれる一般質問に変えていきたいと、私は強く思っております。

しかし、そう考えている議員さんが、どうも今の富岡市議会には、ほとんどいないと言いましょうか?

いまの作文朗読会の一般質問でさえ、やらない議員さんが多数なのですから、さらに緊張感ある一般質問など、『冗談じゃないよ!』というところかもしれません。

でも、今の状況は非常に問題です。

少しでも現状を変えていけるように、頑張りたいと思います。




△い弔盥圓辰討い訃臆阿気鵑帽圓ましたら、『この前、蝉の写真を見ましたよ』とお声をかけていただきました。

数日前に、富高の同窓会役員会があったときも、富高の校長先生と役員さんから、同じようにお声をかけて頂きましたが、NHKの『ほっと群馬640』は、見ている方が多いですね。

読売新聞や朝日新聞の全国版に投稿が掲載されるのよりも、インパクトがあるような感じです。

やはり文章よりも、写真のほうが、分かりやすいからなのでしょうか?





仝畫庵罎蓮地元少年野球チームが出場する新人大会の試合を見にいく予定でしたが、あいにくの天候のため、試合はありませんでした。

どうも明日、今日の予定の試合は行われるようですが、明日は法事があって出かけることができません。

なかなかタイミングがうまくいきませんが、最初の20分くらいは、何とか見れそうですので、それだけでも出かけようかと思います。

あくまでも、明日、雨が降らなければの話ですが…





 
 
  8月28日(金)
10日ほど前、海外のオークションサイトのebayで、ドイツから出品されていた品物を購入しましたが、本日、その品物が届きました。

paypalを使って決済してから、1週間ちょっとですが、ドイツからこんなに早く到着するとは思っていませんでしたので、意外でした。

実は、これ以外にも、いくつかebayで購入し、決裁した品があります。

なので、これからしばらくは、海外から品物が送られてくることがちょっと続きそうです。

ebayのサイトを見て、一番強く感じたことは、『なぜ、こんなに安い価格で売ることができるの?』と思えるような品物が多いことです。

中国から出品している品などは、送料を含めても、ビックリ仰天の安さの品物がたくさんあります。

海外のオークションサイトは、一度は見たほうがよいように思えます。






∋毀韻諒から、議会報告会について、メールでご質問をいただきました。

『報告会では、議員に対して意見を述べたり、質問をしたりすることは可能なのでしょうか?』という内容です。

議会報告会は、前半の1時間は議会側からの説明で、後半の1時間は意見交換会になる予定です。

よって、後半では、市民の方からのご意見やご質問に対し、その場で議員が答えることになりますので、ぜひ多くの方々にご参加していただきたいと思います。

このような機会は、なかなかありませんので、議会に対する疑問点を、当日は議員に対し、直接ぶつけていただきたいと思います。





|覯瓩、市内のとある小学校に用事があって出かけました。

先生とちょっとお話をしましたら、もう運動会の練習が始まり、2学期早々から非常に慌ただしいのだとか…

一ノ宮小学校の運動会は、9月の19日との話が耳に入っていますが、そのとおりだとしますと、確かにこれは忙しいと思えます。

昔の小学校よりも、行事の日程が過密スケジュールのような印象がありますが?

生徒さんも大変ですが、先生はさらに大変と思えました。




 
 
  8月27日(木)
∧神26年度決算の資料が、本日配布されました。

一番大きな点に触れますと、財政状況を示す指標の多くは、25年度よりも改善されています。

これは、当局の努力の賜物と思います。

ただ、富岡市の財政が厳しい状況を迎えるのは、先の合併のメリットがなくなり始める平成28年度からです。

この年から、国から交付される地方交付税の、合併による上乗せ分が徐々に削減され始めます。

また、人口減少による税収減と、高齢化の進展による扶助費の増額が、ボディブローのように効き始めてくるのも、この頃では?

取りあえずは、嵐の前の静けさというところでしょうか?

26年度の財政状況が改善傾向にあるとしても、これがこの先も続くという可能性は、非常に低いと私は考えます。





仝畫娃隠飴から、議会運営委員会が開かれました。

9月定例会の一般質問通告者は、5人ということになりました。

通告順で紹介しますと、ワタクシ・長沼議員・佐藤議員・島田議員・壁田議員の5人です。

6月定例会は、4月の選挙直後でしたので、それぞれの議員さんが選挙中に訴えたことを活発に質問するのかと思っていましたら、18人中わずか6名という、非常に低迷した状況でした。

3人に1人しか、一般質問を行わないという議会は、全国でも少数かと思いますが、9月定例会になりましたら、さらに減ってしまうという何とも言えないような状況になってしまいました。

でも、昨日の4時の時点では、4人しか通告していませんでしたので、1人でも増えたのは朗報だったかもしれません。

選挙直後から、どんどん停滞感が出てきたと思える富岡市議会ですが、市民のみなさんから議会に対して、疑問や怒りの声を挙げていただかない限り、この困った状況はなかなか改善されないのでは?

でも、逆に市長サイドから見れば、議会が停滞すればするほど、思うように予算が使えるのですから、これ以上ありがたいことはないでしょう。

昨年度は、あの財政的には無謀以外の何物でもない『給食費の全面無料化』でさえ、圧倒的多数の議員は沈黙したのですから、今なら、どんな議案を出しても、議会側からは反対意見も出ず、どんどん可決されてしまうような危険性を私は感じています。

こんな状況で言いわけはありませんが、どうにもならない議会に、私は日々、不満を抱いております。






 
 
  8月26日(水)
っ訌亜宮本町の駐車場に車を入れようとしたら、ゲートの前は、6、7台が並ぶ渋滞になっていました。

お盆休みが過ぎましたので、お客様の数は一服なのかと思いきや、宮本場駐車場は、まだまだピークとほとんど変わらないような状態でした。

本日の製糸場来場者数は2861人とのことですが、人数の割に宮本町駐車場が混んでいたのは、個人で来られたお客様が今は圧倒的に多いということが原因なのでしょうか?

ただ、水曜日を開場するのは、7月・8月のみだそうです。

間もなく9月になりますので、来週の水曜日は休場ということになります。

もしも次の水曜日も、たくさんの個人客の方々がわざわざ来てくださったのに、製糸場が休みだとしたら?

これは悩ましい問題です。





昨日から、外に出るときは上着を着ています。

今日も、上着を着用でしたが、ワイシャツ姿ですと冷やっこく感じます。

どうも歳を取ってきますと、若い頃よりも暑く感じないとでも言いましょうか…

街を歩きますと、Tシャツ姿の人を頻繁に見かけました。

今日の気温でTシャツというのは、私の体感温度では、ちょっと考えられませんが、暑さ・寒さの感じ方は、かなり個人差がある分野ということなのでしょうか。

最近は、アイスコーヒーではなく、ついホットコーヒーを頼んでしまいますが、8月にホットコーヒーというのは、ちょっと若さが感じられませんね…




⇒縞4時ごろ、議会事務局に行き、9月の予定をチェックしてきました。

実は、9月定例会の一般質問の通告は、今日の5時が締切でしたが、4時の時点で通告したのは、私を含めてわずか4名でした。

私が帰った後、通告した議員の方がいるのかもしれませんが、もしも一般質問が4人だけだとすると、富岡市議会の歴史の中でも、最も質問者が少ない定例会となってしまう可能性もあるのでは?

明日、午前10時から議会運営委員会が行われ、そこではっきりした人数は分かりますが、もしもこの4人だけだとしたら、非常に問題と思えます。

7月に岡谷市議会との交流会が行われましたが、その時、『岡谷市議会では、議長・副議長を除いた議員全員が、定例会ではほぼ毎回、一般質問を行っている』という話を伺ったばかりです。

岡谷市議会も定数18人ですが、議長・副議長を除いた議員全員が一般質問を行うとすれば、16人ということになります。

富岡市議会の9月定例会が、もしも4人だとしたら、どちらの議会のほうが、議員活動に真剣に取り組んでいるのか、一目瞭然と言えましょう。

『一般質問だけが、議員活動じゃねー』などと、のたまう方もおられますが、確かにそうかもしれませんが、あまり議員としては言うべきことではないように感じますが…

今日の締め切り時間直前に、何名もの議員が一般質問の通告をしたことを期待しましょう。






”拗發氾豺發蓮∧神30年4月から統合され、男女共学の新しい高校になります。

新高校の校舎は、現在の富高を使います。

そこで、気になるのは、平成30年4月の時点で、2年生・3年生になる生徒さんたちです。

まだ、流動的な要素はありますが、その時点で、東高の2年生・3年生の生徒さんは、富高のほうに通うようなことになるのではないでしょうか。

そうしませんと、平成31年度は、東高の最後の3年生だけが校舎にいるような形になってしまいます。

ただ、その時の富高と東高の2年生・3年生が、どのような形で、富高の校舎で学校生活を送るのかは、現段階では分かりませんが…

高校の統合というのは、新しい高校をつくる以上に、様々な課題・問題があるようです。

でも、今の中学1年生が、高校に入学するときには、新しい高校になっているのですから、残された時間はあまりありません。





 
 
  8月25日(火)
今日の製糸場の入場者数は、3347人とのことでした。

また、製糸場のフェイスブックの中で、市民養蚕事業に参加された桐生市の保育園のご意見が紹介されていました。

ところで、市民養蚕事業のほうは、当初の予定どおり順調に進んでいるのでしょか?

様々なご意見を、あちこちで耳にしますが、そろそろ一度、意見や実績をまとめて、今後の方針を考えることも必要なように思えます。

生き物を飼育するということに、抵抗がないお宅なら、簡単かもしれませんが、負担に感じるお宅にとっては、市民養蚕事業は難しいかもしれません。

今の事業が、好評ならば結構なことですが、一度、どんな状況なのか、当局からお話を伺いたいものです。





∈Fの陽気は、どうしちゃったのでしょうか?

つい少し前までは、40℃近かったのが、一気に20℃近くまで下がってしまった感があります。

まだ、学校は夏休み中というのが、信じられないような気温です。

このように、一気に気温が変わりますと、体調を崩される方もかなり出て来るのでは?

夜は、体を冷やさないよう、注意したいものです。

ところで、冷凍庫に、かき氷がまだ、いくつも入っていますが…

この陽気が続きますと、ちょっと困ります。




仝畍紊蓮∩斡兇侶嫁聾市町村会館で行われた『群馬県市議会議長会議員研修』に行ってまいりました。

これは、毎年1回、この時期に行われる講演会ですが、今年の講師は、テレビでお馴染の辛坊治郎さんでした。

また、演題は『どうなる日本!? 〜政治経済の明日を読み解く〜』でした。

講演の内容についての情報は、ネットで発信しないように言われていますので、控えますが、マスコミの表に出ない部分のことや、ご自分の海難事故について、お話をされました。

辛坊さんは、お話のプロですので、非常におもしろかったのですが、ただ、議員の立場で有益な情報をたくさん得ることができたかといいますと、ちょっと疑問に思えるような内容でした。

ちょうど世界同時株安が起きていましたので、少しはそのようなことにも触れてくだされば、もっと充実したかと思えます。

また、お話を聞いていて感じたのは、辛坊さんの話すスピードです。

テレビで見ているときよりも、かなり早口だったように思えましたが?

ちなみに、辛坊さんは今朝の大阪での生放送を終えて、その足で、群馬に来られたそうです。

講演会終了後、おそらくとんぼ返りで大阪に戻り、また明日の早朝の生番組に出演なさるのでしょうが、そのスケジュールの過密さには驚くばかりです。







 
8月24日(月)
だこζ瓜株安という雰囲気になってきましたので、今日は、普段あまり見ないワールドビジネスサテライトを、午後11時から見ました。

株価や為替相場は、なるようにしかならないのですから、気にしても仕方ありませんが、番組中の特集で、興味を持てるものがありました。

それは、地域の弱みを観光資源にするという試みですが、水上町の国道と駅なども取り上げられていました。

でも、お客さんを呼ぶことに成功したこのような例でも、地域にどの程度の経済効果が生まれたかを考えますと、評価が難しいように思えます。

賑わいをつくることができれば、自治体とすれば大きな成功でしょうが、それによって、新たな仕事や働く場が生まれなければ、地域にとって本当にメリットがあるとは言えないのでは?

おカネの新たな流れを作れなければ、道半ばというところでしょう。

水上町には、きっと、そうした経済効果も生まれているのでしょうが、一見すると、つまらなそうな地味なものが、人気の観光資源になる可能性があるということが分かった点は、勉強になりました。

ところで、明日の株価の行方はどうなるのでしょうか?

今日の中国の株式市場は、ストップ安で値段がつかないものが多かったような話を聞きますと、簡単には、この傾向が変わるとは思えませんが、どんな優秀な株式専門家や、ノーベル賞を取るような経済学者でも、株価の先は予想できないということが科学的に証明されているそうですので、考えるのは止めたほうが良いのかもしれません。





先日、海外オークションのebayと、海外送金サービスのpaypalの話しを、ちょっと書きました。

海外に簡単に送金ができるpayalという方法が、以前から気になっていたので、実際に登録し、ebayのオークションサイトで、試しに安いものに入札したのですが、ドイツから出品されていたスイスのメーカーのボールペンを、昨日、落札することができました。

その後、どのような流れで、paypalを使って支払うのか興味津々だったのですが、英語で送られてきたメールの指示に従って手続きをしましたら、あっという間に、ドイツに送金ができてしまい、『payalとは、何とすごいサービスなんだ!』と、驚きました。

このpaypalを利用すれば、世界中の人を相手に、だれでもモノを売ることができそうです。

さらに富岡の特産品を、ebayを使って、海外に売ることも可能なように思えますが?

今、外国人に日本のカタカナが非常に人気があるという話を聞きましたので、カタカナのステッカーでも作って、アメリカやヨーロッパのebayで販売したら、ひょっとするとビジネスになってしまうかも?

何だか、すごい時代になってきたように思えます。

ところで、ドイツに16ユーロ(2300円くらい)ほど、振り込みましたが、品物はちゃんと届くのでしょうか?

ドイツ人を相手に、『品物が届かないのですが…』などと、とても交渉する根性はありません。

そこが海外オークションの気になるところです。





⊂工会議所の会員になっておりますので、『商工とみおか』という会報を、定期的に届けていただいております。

今日、その8月15日号を見ましたら、『世界遺産富岡製糸場まちづくり市民会議』(構成団体:製糸場を愛する会、商工会議所、医師会、農協、商店街連合会、青年会議所)が、去る7月1日に、県知事と富岡市長に提言書を提出したとありました。

その内容は、現在、群馬県が整備を考えている(仮称)世界遺産センターを、岡谷市の蚕糸博物館のような施設にして博物館と位置づけるよう提言したようです。

あくまでも現段階では、市が主導で、何らかの施設をつくるという話ではありませんが、こうした計画が始まりますと、東京の新国立競技場のように、どんどん計画が膨張していくことが、頻繁に起こります。

人口減少で、行政全体をコンパクトかつ効率的にしなければならない時代なのですから、地域の活性化には必要な事業だとしても、非常にこの件は、気になります。

この件につきましては、新たな展開が出ましたら、ご報告いたします。





\莉気療斃貌に、妙義山そばの大牛中原遺跡の現地説明会に行きました。

そのとき、周囲に木など1本もないのに、なぜか突然、激しい蝉の声が聞こえるということがありました。

どこで鳴いているのか最初は分からなかったのですが、体の向きを変えると、蝉の鳴き声の方向が変わりましたので、『これはもしかすると』と思って、肩から提げていたバッグの裏側を見ると…

蝉がとまっていました。

これは、珍しいことでしたので、すぐにデジカメのシャッターを押しました。

家に帰って、パソコンで見ましたら、ちょっと面白い感じでしたので、その日の夜、NHKのほっと群馬のサイトから写真を送りました。

テレビで紹介されるのは難しいかと思っていたので、送ったことを忘れていましたら、今日の午後2時ごろ電話があり、出てみますと、NHKの女性アナウンサーの白石さん。 『今日の番組の中で、紹介させてもらいます』とのことでした。

写真を撮ったときの状況の話と、白石さんが愛媛県のご出身ということを、ネットで以前知りましたので、そのことについても、電話でお話させていただきました。

そんな訳で、今日の「ほっと群馬640」で紹介されましたが、面白い光景を見たら、『とりあえず1枚』という気持ちで写真を撮っておくと、こんなこともあるんですね。



ちなみに、カメラは、バッテリーとSDカードを入れるところの底蓋が壊れてしまい、セロテープで固定しながら何とか使っているという、数年前に1万円ちょっとで購入したソニーのコンパクトデジカメです。

小さくて、軽くて、写真も動画も結構きれいに撮れるので、とても便利です。

動画撮影をすると、バッテリーの持ちがちょっと悪いところが難点ですが、小さいカメラですので、それは仕方ないですよね。





8月23日(日)
21日の議員のみの全員協議会で、今年度の議会報告会の予定が決まりました。

昨年、一昨年と、生涯学習センターで1回開催されていましたが、今年は、地区公民館3館で実施します。

3館というのは、このペースで行うと、1期4年のうちに、市内12地区の公民館全てで議会報告会が行えるという意味もあります。

日程は以下の通りです。

11月9日(月) 小野公民館
11月11日(水) 富岡公民館
11月12日(木) 妙義中央公民館

時間は、午後7時からです。

ちなみに、各会場とも、議員は6名+議長OR副議長で行います。

ちなみに、私は11日の富岡公民館に行くことになりました。

どんなかたちになるかは分かりませんが、市民のみなさんと議員の間で、以前よりも活発な意見交換ができれば良いのですが、どうなるでしょうか?

この件につきましては、今後も情報を紹介してまいりますので、ぜひご覧ください。




△箸海蹐乃廚靴屬蠅冒り始めたのは、このままですと、この数年続けて出場している『ふかやシティマラソン』の10kmの部に、出られなくなってしまうのでは、という懸念を抱いたからです。

ぼちぼちでも走っていますと、10kmくらいなら、のそのそ走れますが、全く走っていないと、さすがに60歳が視野に入ってきた年齢では、辛いものがあります。

ということで、何とか来年2月の大会に参加するため、スロージョギングを再開したような次第です。

久しぶりでしたので、牛のようなスピードで走りましたが、それでも何だかしんどい感じでした。

確実に体の老化が進行していることが、よーく分かったような…





仝畍紂久しぶりに、もみじ平の野球場へ行き、スロージョギングをしてきました。

今日は日曜日とはいえ、野球の試合は行われていないのに、なぜか駐車場は恐ろしく混んでおりましたが?



何事かと気になっていましたら、走っているとき、一ノ宮中学校バスケットボール部の大先輩に偶然お会いし、話をしましたら、『今日はこれから、ベンチャーズのコンサートがあるんですよ』とのこと。

先輩も、もちろんコンサートに行くところでした。

さすがですね、ベンチャーズ。

60年代に日本中を席巻する大ブームを起こしましたが、当時20歳前後の方も、いまや65歳くらいになられたでしょうか?

今日は、多くの方々が、かぶら文化ホールで青春時代にタイムスリップされたことでしょう。

それにしても、美術博物館の駐車場だけでなく、建物前のスペースまで、車があふれていましたが、ベンチャーズ人気は、いまも健在なんですね。






  8月22日(土)
セブンイレブンで、アイスコーヒーを時々買いますが、今日初めてカフェラテを買ってみました。

コーヒーを入れるため蓋を開けたら、白い小さな粒がたくさん入っていましたが、これが牛乳の成分なのでしょうか?


味のほうは、コーヒーよりもマイルド感にあふれ、おいしかったです。

ただ、100円のアイスコーヒーと比べると、180円は、ちょっと高いようにも思えましたが?




NHKのEテレを見ていましたら、『チョイス』という番組で、『網膜剥離』を取り上げていました。

網膜剥離とは、その字の通り、網膜が剥がれて視力が低下、さらに酷ければ失明してしまう目の病気です。

主な原因は、『加齢』および『強度の近視』とのことです。

ところで、強度の近視って、どのくらいなのか?

番組に出演していた医師のお話では、『0.05以下』とのことでした。

もしも、突然、視野が欠けたり、黒いものが見えるようななったら、すぐに診察してもらったほうが間違いなさそうです。

また、高齢の方だけでなく、20代、30代の人でも、網膜剥離は珍しくないのだとか…

若い人も、心配なら、すぐに検査してもらいましょう。





‖腟軛羝彊篝廚慮獣論睫晴颪暴个けてきました。

ここは、安中と富岡の市境に近いところです。

今回、縄文時代および平安時代のものと思われる住居跡や、出土品を見てきました。

説明会は、午前中に複数回行われました。

私が行ったのは、最後の午前11時の部でした。

前の部の見学者は非常に多かったのですが、私たちのグループは、5名ほどと少なく、そのため解説員の方に質問をしやすく、その点は幸いでした。

妙義山がとても良く見える場所ですが、縄文時代の人たちもきっと、妙義山を見て暮らしていたのでしょう。

帰りに、教育部長さんにお会いしましたので、ちょっと話をしましたら、今日の見学者は100名近かったとのことでした。

また、解説員の方から最後に伺ったお話では、群馬は日本全国の中でも、昔の遺跡が非常に多い地域とのこと。

このことは、昔から群馬は住環境としては優れた地域だったと考えてもよろしいのでは?

ちなみに、このあたりの土は酸性土壌で、人骨などは溶けてしまうため、そうした類のものは出土しないとのことです。






 



 
8月21日(金)
∪住緇譴寮硝倉庫の上に、屋根を架ける工事が、だいぶ進んできました。

市役所の3階からも、その光景が見えましたので、今日は近くまで行って、じっくり見てきました。



製糸場の中では、工事作業をしているところを見ることができませんので、すぐ西の道路から見ました。

なかなか迫力がある光景ですので、お時間がある方は、一度は見に行かれたほうが良いのではないでしょうか?



仝畫娃隠飴から、議員全員協議会が開かれました。

報告事項が4件、協議事項が13件ありましたが、その中から、友好都市提携について、ご紹介しましょう。

当局は、横須賀市及びフランスのブール・ド・ペアージュ市と富岡市との友好都市の提携を進める方針です。

横須賀市は、明治初めの横須賀製鉄所と富岡製糸場の関連から、友好都市となるようです。

また、フランスのブール・ド・ペアージュ市のほうは、ポール・ブリューナの生誕の地という関係から、友好都市の提携をするとのことです。

私は、このブール・ド・ペアージュ市について全く知りませんでしたので、全員協議会で質問をいたしました。( )は、その回答です。

この市は、どのあたりにあるのか?
(リヨンから1時間くらいのところだ)

人口はどのくらいの街なのか?
(1万人ほどだ)

ポール・ブリューナは、そこでは誰もが知っているような存在なのか?
(以前は全く知られていなかったが、最近は知られてきている)

ポール・ブリューナの生誕地以外の、富岡との何らかの関係はあるのか?
(他の関係はない)


このやり取りの後、私は疑問に思いました。

フランスの、地方の小さな街と友好都市の提携を結んだとしても、これからどのような交流ができるのか?

富岡製糸場の創設に深く関わったブリューナだとしても、その生誕の地というだけの理由で、今後ずっと続く友好都市の関係を結ぶ必要があるのだろうか?


おそらく、この市と友好都市提携をしたとしても、交流は最初の数年だけで、終わってしまうのではないか?

交流を続けようとしても、極めて遠いところですから、行き来するだけでも大きな費用はかかりますし、フランス語文化圏なので、言葉のハードルもあります。

市民交流など、まず不可能かと推測します。

富岡市は、オーストラリアのアルバニー市と友好都市ですが、いまは大きな交流は何もないように思えます。

結局、同じようなことの繰り返しになってしまう懸念を抱くのは私だけでしょうか?

友好都市提携をするのなら、提携後、どのような交流ができるのか、さらにそれにより富岡市民にとって、どのようなメリットがあるのかを明確にしておく必要があります。

市当局は、そうした点は何も考えていないように私には思えてなりません。

横須賀市との友好都市提携は、将来的な展開が期待できますが、ブール・ド・ペアージュ市との提携には、それがありませんので、私は大きな疑問を持っています。

一般質問は、この件について質す必要がありそうです。






  8月20日(木)
ぜ磴い海蹇∋詢呂高かった友人から、『最近はパソコンを見ていると疲れちゃって駄目だよ』という話を聞きました。

50歳を超えてくると、若いころ目が良かった人ほど、老眼の症状に悩んでいるように思えます。

幸いというか、私は、そこそこの近眼ですので、今もパソコンのモニターを長時間見ていても、あまり目は疲れません。

同級生は、遠近両用の眼鏡をかけているような方が増えてきたようですが、私の眼鏡は近視用オンリーです。

いつまで、この状態が維持できるのかは分かりませんが、目が疲れると、体だけでなく、精神的にも悪影響が出るように思えます。

目は、ヤングの状態をキープしていきたいですよね。





9月定例会の一般質問について、検討を開始しました。

おそらく、4件ほどになるかと思います。

まだ、時間がありますので、突然新たなテーマが生じるかもしれませんが、基本的には、給食、デマンドタクシー、ガス事業、観光の4件を考えております。

『また、給食ですか?』と言われそうですが、これは白黒つけなければいけない問題かと思っております。

3月定例会で、第3子給食費無料化の予算も議会で認められましたが、その時、市長は『今後は全面無料化に向け、検討委員会を速やかに作りたい』(読売新聞2015.3.26)と述べたのですから、全面無料化について、やるのかやらないのか、はっきり述べていただかない訳にはいきません。

全面無料化を行えば、財政に大きな負担となることは確実ですが、富岡市の財政を窮地に追い込むようなことになっても、最大の選挙公約の実現に向け、一気に舵を切るのか?

はたまた、市長に近い多数派の議員さん方も、それを認めるのか?

私には分かりませんが、多くの市民の方は、あきれているように思えますが…





同級生が製作した『富岡慕情』のCDを、私の会社で、お富ちゃん家に並べさせていただくことになりました。

今朝、『商品登録ができました』との連絡をいただきましたので、昼過ぎ早速、納品に行ってきましたが、ご興味ある方は、そちらでご購入ください。

価格は1枚千円です。

お富ちゃん家は、夏休みということで、個人のお客様が多いためか、店内はいつもより賑やかな印象でした。

しかし、夏休みが終わりますと、バス旅行の団体客が中心になりますので、仲町交流館や、上町駐車場で乗り降りするお客様が一気に増加します。

そうなりますと、宮本町通りを歩く方が減ってしまうことが予想されます。

この秋は、団体客の予約はかなり入っているとのことですが、個人のお客様の数はどうなるのでしょうか?

お富ちゃん家の物販は、私のところだけでなく、全般的にみなさん苦戦されているようなことを聞きますが、この秋が一つの勝負所になるのかもしれません。





仝畫娃校前に市役所に行き、西部開発協議会の役員のみなさんと一緒に、西部地区の要望書を、議長及び市長にお渡ししました。

市長は西部地区にお住まいがありますので、要望書の内容は、見なくてもお分かりかと思います。

長年の懸案ですので、簡単に進めることは難しいかとは思いますが、ご尽力いただきたいと思います。





 
 
  8月19日(水)
ぬ斉は、西部開発協議会の役員のみなさんと、市長に要望書を提出するため、市役所に朝から出かけます。

西部開発協議会は、丹生・吉田・一ノ宮の3地区の協議会ですが、国道254号線の神農原の渋滞対策などを、ずっと要望し続けています。

バイパス化するには、大変なお金と時間がかかることが予想されますので、要望書を提出しても、簡単には進まないことは分かってはおります。

でも、何事も、やらないとダメですよね。

しつこく何度も続けることが、実現の道と信じて、頑張りましょう。



0柄亜観光の専門家の方とお話する機会がありました。

その時、富岡市には、小惑星探査機『はやぶさ』などのロケットを製造している企業があることを話しましたら、『それは産業観光に生かせる最高の素材ですよ』と言われたことがあります。

東京湾沿いの工業地帯の夜景を、船に乗って見るツアーが人気があるという話を聞いたことがあります。

これまでは観光資源になるとは思えなかったようなものが、注目される時代になったと言えるのかもしれません。

もちろん企業側の協力も頂けなければ実現はできませんが、そう考えれば、製糸場と妙義山、サファリパークの他にも、競争力がある観光資源がまだ、富岡には埋もれている可能性もあるのでは?

宝物は、案外、身近に転がっているのかもしれません。




国際宇宙ステーション(ISS)へ物資を運ぶ無人補給機「こうのとり」打ち上げ成功のニュースがありました。

このロケットは、市内のIHIは、関わっているのでしょうか?

ニュース映像では、ロケットの本体部分に三菱のマークがあったように見えましたが?

ところで、先ほど、それを確認するため、IHIさんのホームページを見ましたら、以下のイベントの情報がありました。


富岡事業所ロケット祭り

日時:2015年9月5日(土) 12:00〜15:00
会場:IHIエアロスペース 富岡事業所構内 (群馬県富岡市藤木900番地)
内容:各種イベント、模擬店など


今年で第18回目だそうですが、私は一度も行ったことがありませんでした。

時間の都合がつきましたら、ちょっと出かけてみたいと思います。





〆Fの日付を見て、『ハ・イ・ク』と読めるので、 もしかすると『俳句の日』かもしれないと思い、ネットで調べたところ…

やはり『俳句の日』でした。

さらに今日は『バイクの日』でもあるそうですが、これはちょっと強引な印象がありますが?

でも、毎日が『なになにの日』になってしまうと、多すぎて、覚えてもらうのが難しいのでは?

これは、ゆるキャラにも、ちょうど同じことが言えそうです。

最近、ご当地キャラが多くなりすぎて、何が何だか、さっぱり分からないと言いましょうか?

ちょっとゆるキャラのブームも、『行くところまで行ってしまった』感が出てきたように思えます。

ところで、私が10分ほどで描いたキャラクター『まゆべえ』ですが、ネット検索すると、スマホのケースや、パンツ、Tシャツなどが出ますので、そこそこ世の中でも認知された存在なのかもしれません。

しかし、まゆべえのデザイン入りのパンツって、私だってはいたことがないのですが、この日本ではいている人がいるのでしょうか?






 
  8月18日(火)
ダ里ら、外国のオークションサイトのebayに、関心がありました。

しかし、海外のオークションでは、送金が簡単にできませんので、諦めていましたが、今日、海外にも簡単に送金できるpaypalに登録し、試しにドイツの方が6.99ユーロ(日本円で千円弱)で出品している品に入札してみました。

ebayも、paypalも、思っていたよりは簡単に始めることができました。

しかし、実際に落札してからはどうすればよいのでしょうか?

まして、相手はドイツ人ですし…

でも、これでヨーロッパなどの珍しい品物を、個人的に買うことができるようになれば、非常に面白いことになりそうです。

日本では絶対に手に入れることができないアイテムも、購入できるかもしれませんね。

慣れてきましたら、ebayを使って、富岡に住みながら、日本の品を世界に売るというのも可能なのかも?





い箸△襪箸海蹐如懲役と禁錮の違いについての話題になりました。

どちらの刑も、刑事施設に拘置されますが、懲役は所定の刑務作業があり、禁錮は刑務作業がありません。

そのあたりのことは、何となく分かりそうですが、そこで一つ疑問が…

『無期懲役』という言葉はよく耳にしますが、『無期禁錮』ってあまり聞かないような印象があります。

たまたま私が聞いていないだけなのか、実際に無期禁錮は滅多にないものなのか?

気になってきました。



9月20日に、一ノ宮地区の敬老会がありますが、市から頂いた資料によれば、満75歳以上の敬老会招待者数は900人とあります。

ちなみに富岡市全体では7997人です。

また、1年間、医療保険や介護保険を利用していない『いきいき健康表彰』の対象の方は、市全体で104人もおられるようです。

この104人の方は、どのようなライフスタイルの暮らしをしているのか、非常に興味があります。

おそらく、良い健康状態がたまたま続いているのではなく、きっと、その健康を維持するための秘訣やノウハウがあるのかと思います

そうした秘訣を、私は非常に知りたいと思っているのですが?

これらの方々の生活方法や考え方を、調査分析すれば、医療費や介護保険費用の大幅な削減につながる貴重な情報を手に入れることが、きっとできるでしょう。

以前から、そうしたことに取り組んではどうかと、当局に投げかけてはいるのですが、なかなか進みません。

もったいない話と思えます。





午後、健康福祉部で、昨日の『個人情報保護法のため支援ができない件』について、担当課長さんと、相談をしてきました。

あまり良いアイデアは出ませんでしたが、これからこの件につきましては、さらに調べていきたいと思います。



|訌亜△舛腓辰醗譽竜楙に行ってきました。

一ノ宮小の校歌の楽譜に、コードをつけてもらったものを、音楽の先生にお願いしていたのですが、それができたということで、頂きに伺ったような次第です。

しかし、そのコードの進み方を見て、ぎょぎょぎょ、という印象を持ちました。

E♭→Fm→B♭→E♭という具合で、非常に難解なコード進行と思えたからです。

ギターをやったことがある方なら、お分かりでしょうが、いきなりE♭では、見た瞬間、あきらめる方が続出では?

ウクレレで、一ノ宮小の校歌を弾くのが目的ですが、コード進行を弾きやすいものに変換する必要がありそうです。





 
 
  8月17日(月)
ずF、家で、甲子園の準々決勝『東海大相模VS花咲徳栄』の試合を、ちょうど見てしまいましたが、すごい試合で、引き込まれてしまいました。

他の3試合も、どれも好ゲームだったようですが、今年の甲子園は、私にはプロ野球よりも遥かに面白いように思えます。

日本のプロ野球の試合も、アメリカのメジャーリーグの試合も、この数年は、30分以上見たことは一度もありませんが、甲子園の野球は、つい最後まで引き付けられてしまいます。

野球という同じスポーツではありますが、プロ野球と甲子園は、根本的に違うように思えてなりません。

やはり、負ければそこで終わりという厳しさが、高校生の全力プレーを引き出し、甲子園の野球をエキサイティングなものにしているのでしょう。

技術的には、プロのほうが遥かに高いことは間違いありませんが、ドラマ性では、甲子園大会の圧勝では?

早実の清宮選手も、試合のたびに大物になっていくような感じですが、あれだけ日本中から注目されているのに、期待を裏切らず結果を出せるのですから、とてつもなくスゴイです。

とても高校1年生には見えませんよね。




先日、アメリカの小説の単行本をいただきました。


トマス・ピンチョンという、知る人ぞ知る、有名なアメリカの作家の作品です。

上下巻の2冊で、しかも上巻だけでも750ページもある、超長編です。

なぜ、我が家にこれがあるのかと言いますと、この本の翻訳をした方が、親戚筋の方で、『読んでください』と頂いてしまったのですが…

本を読む体力は、人並み以上にあるかとは思っていますが、この本を読んで、その自信がもろくも崩れ去ってしまいました。

日本の小説の、何倍、何十倍もの情報量がある感じで、アメリカの小説の恐ろしさを知ってしまったというか…

ホラー小説以上に、恐ろしい小説でした。

もちろん、まだ、上巻の最初の数十ページあたりで、まったくゴールは見えていませんが…





⊃予けをしようと思っている団体の方から、『その困っている方がどこの方であるか、調べることができません。どうすれば良いでしょうか?』という、ご相談をいただきました。

その団体はしっかり活動をされている組織ですが、先日、その団体の活動に関係することでお困りの方がいるという話を聞いたので、市役所に問い合わせをしたところ、『個人情報保護法のため情報は出せません』との説明があり、結局、その困っている方が、どこにいるか分からず、支援ができなかったとのことです。

個人情報保護法は、確かに、このような時代ですので必要なのでしょうが、どうも最近は、その法律があることのメリットよりも、デメリットの方が大きいように思えてなりません。

何とか、調べる方法を考えているのですが、困っている方の支援が、国の定めた法律でできないというのは、さらに困ったことと思えます。





\萋、同級生から、『音楽ライブの告知を手伝ってもらえない?』と頼まれましたので、私のサイトでお客様が集まるかどうかは分かりませんが、協力させていただくことにしました。

先ほど、ライブのチラシを元に、告知用HPも簡単なものを作りました。

そのライブは、『Tenderlies & HORIKEN』のライブで、七日市のブルーベリーさんで行うとのことです。

ご興味ある方は、リンクから情報をご覧になってください。




 
 
8月16日(日)
21日の金曜日に、議員全員協議会が開かれます。

その報告事項の中に、『婚活支援事業の実施について』という項目があります。

どんな事業を行うのか、興味があります。

今日の読売新聞を見ていましたら、結婚しない若者関連の記事がありました。

厚労省のデータによりますと、1980年の平均初婚年齢は、
男性27.8歳、女性25.2歳でした。

それが、2014年では、男性31.1歳、女性29.4歳まで上がったとのことです。

比べてみますと、2014年の女性の初婚年齢は、1980年の男性の初婚年齢を大きく超えていることに気づきます。

また、2010年の国勢調査によりますと、35〜39歳では、
男性の36%、女性の23%が未婚という結果が出ているそうです。

まとめれば、『結婚する人の初婚年齢は大幅に上がり、さらに結婚しない人も大幅に増加している』ということになるのでしょうが、これでは少子化が進んでしまうのも仕方ないように思えます。

でも、見方によれば、人生における様々な選択肢の中から、自分の生き方を選べるようになった、と言えるのかもしれません。






∈Fの甲子園の3回戦は、すごい試合ばかりでした。

残念ながら、テレビで見ることができなかったのですが、健大高崎、頑張りましたが惜しかったです。

車のラジオで中継をちょっと聞いたときは、1対3でリードされ、終盤に入っていたので、てっきりこのまま終わってしまうのかと思っていました。

しかし、後で結果を聞きましたら、9回に同点に追いつき、延長戦に入ってから逆転できそうな場面もあったのだとか。


負けてしまったのは残念ですが、健大高崎の存在感は、全国の高校野球ファンに示すことができたのではないでしょうか?

また、本日の4試合は、すべて1点差だったそうですが、今日、甲子園に見に行った方は、高校野球の醍醐味を堪能することができたのでは?

今年の甲子園は、すごい大会になってきた感じです。




仝畍紕源から、富岡花火大会が行われました。

打ち上げ場所は和合公園ですので、一ノ宮のヤオコーさんの駐車場から、ちょうど花火が良く見えました。

お盆も終わり、この花火大会を見ますと、毎年夏も終盤に入ったように思えます。

ひと頃のような熱帯夜もなくなり、その点はありがたいのですが、ちょっと寂しいような気分もしてきます。





  8月15日(土)
⊃桂澹舞いに伺ったお宅で、『今のような、多数の親族が集まるお葬式は、これから先は、難しくなる時代になるのでは?』という話題になりました。

親戚の絶対数が、以前よりも減っていて、さらに、親戚の付き合いも、昔と比べればかなり浅くなってきた感がありますので、今の若者が高齢者になったときには、コンパクトな家族葬が主流になるように思えてなりません。

たとえば結婚式に関して言えば、こちらはすでにコンパクト化が進んでいます。

最近は、あまり結婚式に出席するケースはないのですが、時々出かけても、私たちが結婚式を挙げた80年代と比べますと、招待客は少なく、小規模の式になっているように思えます。

逆に考えれば、昔の結婚式自体が、ちょっとお祭り感が強すぎたのかもしれませんが…

当時の結婚式は、たくさんお客さんを呼ぶのが当たり前のような風潮がありましたが、いま考えますと、かなりバブリーな発想ですよね。

なので、新郎新婦を良く知っている関係の方ばかりで行う、いまの結婚式のほうが、結婚式本来の健全な姿と思えます。

しかし、結婚式のあり方が変わったのは、良い変化と思えますが、今後、お葬式のほうはどうなってしまうのかと考えますと、ちょっと懸念を感じます。

孤独死で、身寄りもなく、いま一般的に行われているようなお葬式にならないような方が、おそらく増えていくでしょう。

それだけでなく、これから30年くらいの間に、これまで日本で伝統的に行われてきたことの多くが、変わってしまうこともありえるのでは?

そんなことを感じました。





,富ちゃん家に、納品に出かけました。

今日は、いつもより店内に、たくさんのお客様がおられました。

製糸場の来場者数が6014人で、しかもこの時期は、団体客ではない家族連れの方が多いことが、お富ちゃん家の客数アップにつながったのかと思います。

お盆休みも、明日までという会社が多いでしょうから、夏のピークは、もう一日ということでしょう。

お富ちゃん家の奥に、市役所の観光おもてなし課がありますが、そこにいた職員さんに『夏休みは取れるんですか?』と尋ねましたら、『休日出勤の代休がまだ取り切っていないので、夏休みは取っていません』とのことでした。

お盆休みの慌ただしい時期が終わりましたら、ぜひ休みを取って、秋の観光シーズンに向け、再度モチベーションを上げて頂きたいと思います。






 
 
  8月14日(金)
『ナイトミュージアム エジプト王の秘密』というDVDを先ほど見ました。

シリーズもので、これは第3作目です。

実は昨年、自ら命を絶たれたロビン・ウイリアムズさんも出演していて、この作品は彼の遺作でもあります。

ロビンさんの出演した映画は、いくつも見ていますが、一番印象に残っているのは『ジュマンジ』です。

うちの子どもたちが小さかったとき、何回もビデオで見た映画で、子どもから大人まで楽しめるストーリーと映像でした。

また、話しはちょっとそれますが、ジュマンジの子役で出ていた女の子が、その後、スパイダーマンのヒロイン役で出ていることに気づいて、驚いたこともありました。

ロビンさんは素晴らしい演技をする俳優さんですが、今日はDVDを見ながら、ちょっと複雑な思いがしました。





健大高崎の甲子園2回戦をテレビで見ました。

試合は8−3の勝利でしたが、スコアほど余裕のある試合ではなかったのでは?

試合の流れ次第では、創成館高校に一気に押されてしまった感がありましたが、勝負強さという点で、健大高崎が上回っていたというところでしょうか。

3回戦は秋田商業が相手だそうですが、何となくこの勢いで、勝てるような気がしていますが…

甲子園は、地元代表が残っているときは、盛り上がります。

一昨年は、前橋育英が、見事に初出場初優勝をしましたが、甲子園の常連になりつつある健大高崎にも、優勝してもらいたいものです。

それにしても、健大高崎の校歌は、今風ですよね。

『Be together』という英語の部分と、『ココロ』と書くカタカナの部分が、とてもポップな印象です。

また、甲子園の応援席の光景を見ますと、とても明るく楽しそうです。

県立の男子校、女子高に行ったら、とても経験できないような明るい高校生活を、健大高崎に行けば送れるような雰囲気が感じられますが、富高・東高の人気が下がってしまったのは、このあたりに大きな原因があるのかも?

私立高校は、生徒を集めるため、様々な工夫をしているように思えますが、富高と東高が統合されて共学の県立高校になっても、魅力ある高校生活を送れる学校にならなければ、おそらく多くの中学生に受験してもらえないでしょう。

富高の同窓会の役員として、いろいろ会議には出させていただいておりますが、お話を聞いていると、『このままでは男女共学の高校になっても、簡単に受験者数は増えないのではないか?』という危機感を、個人的に抱いております。

難しい問題ですが、富高と東高が統合された最初の年から、入試で定員割れというような事態になったとすると、非常に厳しいことになりますが、何としてもそこで、人気を盛り返したいものです。





〆Fも、午前中から新盆見舞いに伺いました。

同級生のお宅に行きましたら、別の同級生に西中卒業後、初めて会いました。

40年ぶりくらいですが、すぐに分かるのですから、人間の記憶というものは、大したものです。

また、伺ったお宅で、製糸場の展示などについて様々なご意見をいただきました。

新盆見舞いの途中で、富岡の街中を通りましたら、人の出がとても多いように見えました。

今日は、かなりたくさんの来場者の方が来られたように感じましたが、先ほど調べましたら、7126人だったとのこと。

7千を超えたのは、久しぶりではないでしょうか。

職員及び解説員のみなさん、お疲れ様でした。






 
 
  8月13日(木)
ど找駅の近くのお宅に、夕方出かけましたら、『今日の昼間は、製糸場に来られたお客様の車で、大成ポリマー跡地の無料駐車場はいっぱいだった』とのお話を聞きました。

となりますと、どれほどの来場者数になったのか、気になっていましたが、先ほど調べたところ、『6239人』とのことでした。

さすがは、お盆休み期間ですね。

街中の商店、飲食店の売り上げも伸びていれば幸いですが、はたしてどうだったのでしょうか?





C羚颪3日連続で人民元を切り下げましたが、そこでちょっと疑問が?

為替レートというのは、自分の都合で勝手に、コロコロ変えることができるものなのでしょうか…

いまや、世界の主要国の為替は、変動相場制です。

固定相場制を採用しているのは、経済規模が小さい国ばかりなのに、なぜ、世界第2位の中国が、相変わらず固定相場制なのか、非常に奇怪に思えます。

このままでは、池の中でクジラが暴れるように、世界の経済が、中国の思惑次第で大きな荒波の影響にさらされることになってしまうのでは?

中国の人民元切り下げには、なにか非常におかしなものを感じます。





夏の暑さも、やっと峠を越えたような印象があります。

もう、暑さがぶり返しても、以前のような35℃以上ということは、さすがにないかとは思いますが?

暑いときは、夜、熟睡できていないのでしょうか?

昼間、涼しくなりますと、時々、強い睡魔に襲われることがあります。

自覚症状はなくても、暑さでけっこう体力は消耗しているのかもしれません。

夏バテで、体調を崩すのは、もしかするとこれからという人も、かなりおられるのでは?

気を付ける必要がありそうです。




/桂澹舞いに出かけました。

昔からお世話になっているお宅や、同級生および市役所の関係のお宅が主ですが、いろいろなお話を伺うことができました。

同級生にも数名会って、久しぶりに、『同級生のだれがどうした』的な話になりました。

また、今年お亡くなりになった、学生時代にお世話になった先生のお宅に伺いましたときには、先生のご家族のみなさんに昔話をいろいろ申し上げさせていただきました。

普段は、街で偶然お会いしても、あいさつ程度しかできませんが、このような機会ですと、様々な想い出話が、自然にできるのですから不思議なものです。

さらに、いろいろお話をしていきますと、それまでは全く知らなかったつながりなども分かり、驚くようなことも、結構あります。

人生というものは、様々な偶然が組み合わさった結果のように、最近思えてなりませんが、いろいろ考えることが多い一日となりました。






 
 
  8月12日(水)
最近、長時間運転していますと、ときどき無性に眠くなることがあります。

昔は、睡眠不足でも、運転しているときはあまり眠くなることはなかったのですが、これも一つの老化現象ということなのでしょうか?

体力が少しづつ衰えてきたことで、緊張感の維持も難しくなってきたのかも?

子どもが金沢にいたときには、ちょくちょく高速道路を使って出かけましたが、そのときは380kmくらいの運転なら、あまり眠くなるようなことはありませんでした。

今は、200kmくらいのところでも、ちょっと疲れを感じるようになりました。

目が良いほうではありませんので、特に長いトンネルが多い信州方面は、疲れが大きいように思えます。

意外なことに、首都高のような合流や分岐が多い道は、緊張感が維持できるのか、あまり疲労感を感じないのですが?

アクセルとブレーキを間違えたり、高速道路を逆走したりする方が増えていますが、おそらくそうした方々も、『まさか自分がこんなミスをするとは思っていなかった』というところでしょう。

何が起きるか分からないのが、交通事故ですので、徐々に、自分の年齢を意識して、安全運転に徹したほうが良さそうですね。






¬斉は午後から、新盆見舞いに伺います。

伺うお宅の数は、それほど多くはありませんが、13日の午後と14日で回るとしますと、ちょっと忙しい感じはあります。

できることなら曇りで、暑さが一服してくれればありがたいのですが、どうも明日の午後は、雨が降るかもしれないのだとか。

何とか、夕方まで降らずにいってほしいものです。




,△瞭航ジャンボ機機墜落事故から、今日はちょうど30年目に当たる日ということで、テレビも、この特集番組を組んでいました。

改めて、事故について詳しく知りますと、その被害の大きさ、事故の凄惨さに言葉を失います。

あの日のことは、今でも鮮明に記憶しています。

私は当時26歳で、13日の朝、上野村の山中で墜落した飛行機が発見されたときの映像がテレビで流れた時は、食い入るように見ました。

でも、もしもあのジャンボ機が、もう少し飛行していたら、富岡市に墜落していた可能性も高かったのではないでしょうか?

パイロットの方の判断で、あのような場所を選択したのかは分かりませんが、ボイスレコーダーの音声を聞きますと、乗務員のみなさんは、最後まで全力で頑張ったことがよく分かります。

亡くなった乗客の方が、最後に書き残したメモに、『スチュワーデスは冷静』と記されていたそうですが、日本航空の客室乗務員のみなさんは、お若いのに、極めて高い職業意識お持ちであったことも分かります。

不幸にして、一瞬のうちに520名もの尊い命が失われた訳ですが、このような悲劇的な事故でも、徐々に忘れられてしまうのが現実です。

こうした悲劇の歴史を繰り返さないため、大きな節目では、あらためて振り返ることが重要と思います。







 
 
  8月11日(火)
NHKで、夜7時半から、クローズアップ現代を見ようとしたら、特別番組『あの日、僕らは戦場で  少年兵の告白』が放送されていました。

見始めたら、初めて知った内容であったため、つい最後まで見てしまいましたが、17歳に達していない少年たちを『少年ゲリラ部隊』として戦わせた事実に衝撃を受けました。

『ひとたび戦争になれば、国も人も変わってしまう』と、当時、部隊に所属していた方が語っておられましたが、それがきっと現実なのでしょう。

また、このゲリラ作戦は、陸軍中野学校の関係者が中心になり深く関わっていたとのことですが、その陸軍中野学校の最終地は、富岡高校であったことを知っている者としては、非常に複雑な思いがしました。

富岡高校の歴史として、大きな声で語るべきことなのか否かは、判断が難しいところですが、せめてOBのみなさんは、知っていてもよろしいのではないでしょうか?





I找市議会の、一般質問は、事前に作成した原稿を棒読みしているだけという話は、何度か書かせていただきました。

そこで、県内の他市の一般質問は、どのような方法で行っているのか、とても興味が湧いてきましたので、先日、議会事務局にお願いし、他市の状況を調べていただきましたが、その結果を今日もらいました。

その情報を、少しご紹介しますと、富岡市と同じように、一問一答方式の一般質問で、最終質問まで事前に通告している議会は、前橋市・高崎市・渋川市・藤岡市・みどり市の5市でした。

およその傾向としますと、県内12市中、事前作成の原稿朗読という進め方で一般質問を行っているのは、富岡市を入れて半分の6市ということになりそうです。

そして、先進的な一般質問を実施しているところは、桐生市・伊勢崎市・太田市・館林市・沼田市の5市です。

この中でも、伊勢崎市・太田市・沼田市は、『最終質問まで調整していない』と回答しておられますので、これはかなり緊張感あふれる一般質問になっているのではないでしょうか?

時間が取れましたら、この3市議会の議会事務局に、詳しいお話を伺いに行ってみようかと考えております。

新たに研究できるテーマが生まれて、ちょっとワクワクしております。



∨萋、イギリスのBBCの記事を読もうと、奮闘していますが、今日は、トップ記事で、何と日本が取り上げられているではないですか!


日本の記事がトップになるというのは、非常に稀ですが、それだけ原発再稼働のニュースは、イギリスでも注目しているということなのでしょう。

しかし、Sendai と書かれていると、『仙台』を連想してしまいます。

漢字って、同じ読み方でも、様々な意味を表せるのですから、考えてみれば、すごく良くできた文字ですよね。





‘曜日に、東京で撮影した写真の中に、このようなものが…


ここは、JR御茶ノ水駅前のスクランブル交差点です。

昔は学生街ということもあり、タバコの吸い殻が多かったように記憶していますが、今は、とてもきれいです。

かなり街の美化に、この条例は貢献しているというところでしょうか。

ところで、御茶ノ水って、千代田区だったんですか?

知りませんでした。




 
 
  8月10日(月)
7鯊膵盧蝓強いですね。

試合は見ていませんが、10対4なら、圧勝なのでは?

昔なら、群馬代表が四国のチームと甲子園で当たれば、とても勝てるような気はしませんでしたが、今は全く違います。

現在は『群馬代表イコール強敵』と、全国のチームから思われているのではないでしょうか?

ぜひ、どこかで、今大会で最も脚光を浴びている早稲田実業と対戦してほしいと思っています。

今の健大高崎の勢いなら、勝てるような気がしますが?

あくまでも、野球のド素人の予想ですので。




¬斉、議会運営委員会が開かれます。

議件は、『9月定例会の提出議案について』ですが、もう、そのような時期になりました。

ところで、先日、とある市民の方から言われた話ですが…

『最近、富岡市は、かのさとの売却や、特別養護老人ホームの民営化、ガス事業の民営化など、市民の税金を投入した事業を、どんどん手放していくようですが、何か納得できない思いがあります』というご意見です。

確かに、どの事業も莫大な血税を投入した事業であることは間違いありません。

ただ、だからといって、ずっと市が維持管理していけば良いかというと、中々判断が難しい点があります。

富岡市の人口減少と高齢化率の上昇は、すでに始まっています。

これから先は自治体にとって、想像を遥かに超えるような厳しい時代がやって来る可能性があります。

社会情勢が、劇的に変わってしまうことが確実な以上、少しでも円滑に、自治体の経営を行っていくには、『民間にできることは民間に任せる』という姿勢は重要です。

しかし、民間に任せるときには、『透明性の確保』はそれ以上に重要です。

市民の血税を投入した事業なのですから、市民にしっかり説明ができる進め方が必要です。

不透明な方法で、特定の業者が大きな利益を手にするようなことになったとしたら、それは大問題です。

当局の事業の進め方が、荒っぽいように思えることがありますので、しっかりチェックし、市民のみなさんの目線で、意見を述べていきたいと思います。





)榮の製糸場の来場者数は、5010人とのことです。

5千人を超えたのは、久しぶりでは?

暑い中、職員のみなさん、解説員のみなさん、本当にご苦労様でした。

以前、東京の知人と話をしましたら、『製糸場に行ったことがある』というので、感想を聞きました。

すると、最初に出たのが、『解説の方が一生懸命、お話してくれて、とても良かったです』という言葉でした。

ネットで製糸場のことを調べますと、解説員のみなさんの評価が非常に高いように思われます。

暑い中、大変でしょうが、ぜひ素晴らしい解説をよろしくお願いいたします。




 
  8月9日(日)
ぃ厳遑稿は、長崎に原爆が投下された日ですが、この正しい日付を知らない方は、長崎でも4割以上いるという結果が、NHKの世論調査で出たそうです。

戦後70年を迎え、歴史の風化が、いよいよここまで来てしまったのかもしれませんが、これは何とかしないといけないように思えます。

ちなみに、長崎の原爆投下が8月9日と正しく答えられなかった全国の方は、74%にも上るとのこと。

4人に1人しか、正しい日付が分からないというのは、さらにマズいように思えます。

平和が長く続き過ぎた弊害かもしれませんが、永遠に続く平和というのは、人間の歴史を見れば、不可能ということが分かります。

少しでも、平和を続かせるためにも、戦争の歴史を、次世代にしっかり伝えていくことが重要なのではないでしょうか?





E豕の書店をいくつも回り、ちょっと感じたことです。

評論家、作家として数年前から、たいへんな活躍をされている佐藤優さんの本が、どこの大手書店に行っても、平台に山積みです。

地方の書店では、そこまで積まれているようなことはありませんが、三省堂、丸善などに行くと、佐藤優さんの書籍コーナーができています。

実は私は、大学時代、この佐藤優さんと同級生か、私が一学年上で、まさに同じ時代、同じキャンパスで学生時代を過ごしました。

学部が違いますが、ここまで社会的な影響力を持った方が、同窓から出て来るとは思いもしませんでしたので、大変驚いています。

ところで数日前、ラグビー日本代表だった大八木さん(現在、芦屋学園理事長)が、脅迫の疑いで刑事告訴されましたが、大八木さんは、私の3つ後輩に当たります。

大八木さんも、様々な分野で活躍されていますので、脅迫というのが、間違いなら良いのですが…

ちょっと心配しています。

ちなみに、どちらの方とも、個人的なお付き合いや関係はございません。



⊂緻遒慮紊蓮JRで神田まで行き、そこから本屋街で有名な神保町まで歩き、明治大学の前を通り、御茶ノ水に出ました。

三省堂に久しぶりに寄りました。

いつ来ても、本の多さに圧倒されてしまいます。


明治大学の校舎は、高層ビル化し、まさに時代の先端を行くキャンパスという印象です。

来るたびに、高層ビルの数が増えているように思えますが、まだ、これから校舎が建つのでしょうか?


炎天下の中を歩きましたら、暑くて参りましたが、神田駅は今まで降りたことがなかったので、道中はけっこう楽しめました。




‐緻遒砲△訶豕国立博物館で行われている『クレオパトラとエジプトの王妃展』を、ちょっと見てきました。


展示場の写真は取れませんでしたが、素晴らしい作品ばかりで、とても感銘を受けました。

大英博物館や、ルーヴル美術館、ボストン美術館などの世界屈指の博物館・美術館から集められた作品なのですから、当然と言えば当然ですが…

クレオパトラの人生というのは、衰退していくエジプトを女王として守るため、カエサルやアントニウスというローマ帝国の英雄に近づき、時代に翻弄されていったわけですが、ずいぶんスゴイ人生と思えます。

観覧料は1600円と、決して安い金額ではありませんでしたが、大変な混雑ぶりでした。

これだけのものを見させていただければ、1600円でも、高いと思う人はいないのでは?

ところで、大英博物館のお土産の中で、断トツの人気NO.1の商品としてテレビで紹介されていた品が売られていましたので、一つ買ってきました。

スフィンクスの顔をしたアヒルの、ビニール製の置物です。



また、東京国立博物館の後は、すぐそばの東京芸大にも立ち寄ってみました。

夏にふさわしいイベント開催中でした。




 
 
  8月8日(土)
銀座には、様々な県のアンテナショップがありますが、広島、沖縄、山形、秋田、北海道などのショップに立ち寄ってみました。

沖縄のショップは、場所が一等地で、店も大きいことから、一番お客様の数が多かったのは当然ですが、意外に思えたのは、広島のショップの盛況ぶりでした。

レジの数が、お客様の数に対し不足気味で、レジの前には大変な行列ができていました。

実は買いたいものがあったのですが、時間がかかりそうで止めました。


また、山形のショップで、珍しいパッケージの『でん六豆』を見つけましたので、1つ購入しました。


でん六豆って、山形のメーカーが作っていたのですか?

知りませんでした、




〆Fは、所用で東京の五反田に来ています。

時間がありましたので、ちょっと銀座まで行ってみました。
 

警察博物館で、アンケート調査に答えましたら、ピーポ君の鉛筆と消しゴムセットをいただきました。けっこうレアなアイテムなのかも?



銀座の文具の老舗として有名な伊東屋さんが、リニューアルオープンしていました。


伊東屋の上層階では、野菜を作っていました。

銀座のど真ん中で野菜とは、すごい時代になったものです。



五反田のビジネスホテルに今日と明日の2泊しますが、五反田という街には、初めて来ました。

明日は、東京の街を、いろいろ見て回りたいと思います。




 
  8月7日(金)
ず廼瓠∪住緇譴陵莨貅埒瑤、平日は2千人台の日が多いような状況です。

 3日(月) 3007人
 4日(火) 2452人
 5日(水) 2275人
 6日(木) 2319人
 7日(金) 2873人

たまたま、暑い日が続いてしまったため、来場者数が伸びないのか、それとも世界遺産効果に少々陰りが出始めてしまったのか?

どちらであるかは、現在は分かりませんが、前者であることを祈りましょう。

お盆休みの連休には、たくさんのお客様にお越しいただきたいものです。




0貂鯑の夕方の突風についてです。

宮崎地区では、建物の屋根が飛んでしまった被害が、2件ほどあったと伺いました。

また、今日我が家に来たNTTの工事担当の方のお話では、丹生地区でも、屋根がそっくり飛んで行ってしまったお宅があるとのことです。

富岡市の西のほうでは、非常に大きな被害も出ましたが、意外なことに、東のほうでは、ほとんど雨も降らなかった地区もあるのだとか。

かなり狭いエリア限定で、大きな被害が集中したようですが、こんなことは昔はなかったように思えますが?




∈鯑は、夜中の3時半頃まで夜更かししたため、今日は一日中、ちょっと眠いような感じでした。

また、こんな日に限って、車のバッテリーが上がってしまい、炎天下の中、ブースターケーブルをつないでエンジンをかけたりで、大変でした。

夕方、一ノ宮公民館で、ウクレレ教室がありましたが、そんなことから、少々疲労困憊モードで、疲れてしまいました。

夜の暑さも、峠は越えたような感じですが、やはり暑い時は、夜しっかり眠らないと、体に良くないですよね。






仝畫庵罎六毀鮟蠅如∩輒撹長さんといろいろお話をしました。

来年に予定されている、妙義周辺での自転車レースも、現在話し合いがスタートし、順調に動き始めたそうです。

また、以前、サイクリングロードを通って、群馬からディズニーランドあたりまで、自転車で中学生が行くイベントがありましたが、それは子どもたちにとって、体への負担が大きかったことから、一度実施しただけで、その後は行われていないのだとか…

自転車のレースやイベントは、今は旬で、とても人気がありますが、距離が長いので、コースの管理は非常に難しいのではないでしょか?

ボランティアスタッフなども、十分に確保し、ぜひとも安全第一で、進めていってほしいと思います。





 
 
  8月6日(木)
グ靈媽什扈蠅旅場が、丹生の原地区で建設されています。

建設費は30億円とのことですので、かなり大きな工場です、

来年4月から操業開始しますが、こんな大きな工場なのに、従業員数は35人から50人程度とのこと。

しかも、地元雇用はそのうちの10人程度とのことです。

いまの工場というのは、省力化が進んでいるということなのでしょうが、意外です。





ぜ治体が、様々な新規事業を始める時、その分野の専門家であるコンサルタントに任せしてしまうことはよくあることでしょうが、『そうした進め方こそ、事業がうまくいかない最大の原因』という話を伺いました。

コンサルタントが作った、成功自治体の例を元にしたプランなどではなく、自分たちの頭で考えて行動することこそ、成功のカギだそうですが、言われてみれば、確かにその通りと思えます。

でも、自分たちで考えたプランが失敗したときの責任を考えると、つい、コンサルタントの提案に乗りたくなってしまうのかもしれません。

どこかで、この壁を乗り越える必要があるのでしょうが、簡単そうで簡単ではなさそうです。




私と同世代の方なら、杉真理さんの『夢みる渚』という曲をご存知かもしれません。

80年代前半、大瀧詠一さん、佐野元春さん、杉真理さんの3人で制作したナイアガラトライアングルというレコードの、確かA面最後の曲だったように記憶していますが…

今日、YouTubeを見ていましたら、そのライブ映像がありました。

もう数えきれないくらい聴いた曲ですが、初めて杉さんの生の歌の映像を見て、『おおおおおおぉぉぉ!』という気分です。

ナイアガラトライアングルのレコードは、すごい名曲ぞろいでしたが、久しぶりに『夢みる渚』を聴いたら、そちらもまた聴きたくなってきました。

私と同世代のみなさん、お時間がございましたら、『ATCシーサイドライブ 夢見る渚〜一本の音楽 杉真理/村田和人(2015年)』をご覧になってはいかがでしょう?





◆悗海料亜▲謄譽咾鮓ていたら、6000円の臨時給付金のことが紹介されていましたが、いつからもらえるのでしょうか?』とのご質問を、今日いただきました。

この情報につきましては、まだ知りませんでしたので、市役所の福祉担当部署に早速確認しましたら、『住民税非課税』で対象になる方には、今月中に市役所から手続きの書類を送るとのことでした。

また、申し込み期間は、9月1日から12月1日とのことです。






^譽竜楔民館の南に、テニスコートがありますが、今朝、見ましたら、昨日の大雨と突風で、桜の木の大きな枝が折れてコート上にありました。

 
巨大な水たまり状態で、知らない方は写真を見ても、とてもここがテニスコートには見えないかもしれませんが、昔、一ノ宮中学校があった時代から、ここはテニスコートです。

話は少々脱線しますが、一ノ宮中学校(西中一ノ宮教場)時代、私の一学年先輩であったテニス部の先輩方は、県大会のテニス団体で優勝しました。

一学年2クラスの小さな中学校のテニス部が、県大会で優勝したということで、非常に驚いた記憶がありますが、いま振り返っても、スゴイことと思えます。

つまり、このテニスコートは、結構すごい歴史を持っているということになります。





 
  8月5日(水)
ど找市のホームページを見て、感じることがあります。

標準サイズの文字の大きさが、富岡市は他の多くの自治体よりも、小さいのではないでしょうか?

文字の大きさは3サイズ設定されていますが、普通ならみなさん、標準サイズでご覧になるかと思います。

それで比較しますと、例えば、高崎市や甘楽町のホームページよりも、富岡市は文字のサイズが小さいように見えます。

文字サイズの初期設定が、違うのでしょうか?

高齢者の方がどんどん増えていく時代ですから、どちらかといえば、他市のホームページよりも大きい文字を使うくらいのほうが、助かる方が多いように思えますが?





0譽竜楔民館の、『明るい選挙』を推進するための看板ですが、選管の職員さんが、緊急処置をなさってくださったようです。


ビニールひものようなもので、しばってありますので、当面は、金属の部分が飛んで、事故を引き起こすようなことはなさそうです。

選管の方のお話では、近日中に、この看板は撤去する予定とのこと。

他の公民館では、すでに片付けたところもかなりあるようです。

一ノ宮公民館は、私が大学生の頃、ここにできたよう記憶がありますので、もしかするとこの看板も、30数年、ここに立っていた可能性もありますが…

おそらく、その頃の選挙というものは、人を事務所にたくさん寄せる、お祭りのような選挙だったので、このような看板が設置されたのかと思います。






▲ス事業の民営化について、ネットで様々な情報を集めていましたら、以前一度、富岡市が民営化を進めたときの資料が出てきました。

平成20年に『ガス事業民営化が答申された』ときの資料

もう、何年も前の話ですが、このときは利用者の方々に行ったアンケート調査で、51%が公営の継続を希望し、民営化推進という方は30%でした。

現在は、その時よりも、社会情勢が大きく変わりました。

まず、2017年にはガス小売りが全面自由化されます。

また、人口が減れば、利用者も当然減少しますし、さらに最近の新築住宅はオール電化住宅が多いことからも、ガスの需要が今後、大幅に増えることは考えづらいのも現実です。

そうなりますと、公営で事業を継続しても、今のままの料金体系で運営することはかなり難しいことも予想されます。

このような状況を総合的に考えますと、ガス事業は民営化したほうが妥当な考え方なのではないでしょうか?

これから市の財政は非常に厳しい時代を迎えることは確実です。

ガス事業のように民間で運営していただけるものは民間にまかせ、行政でなければできない事業に、予算とマンパワーを集中すべきではないかと、私は考えます。





〕縞の強風と大雨は、すさまじい勢いでした。

この前の日曜日も、同じような状況でしたが、今日のほうが、雨も風も強かったように思えましたが?

市内のあちこちで、被害が発生した可能性があるのではないでしょうか?

実は我が家も、思わぬところで、困ったことが起きました。

門扉が強風で、一部外れてしまい、開け閉めが大変な事態になってしまいました。

明日、明るくなってからよく確認し、業者さんにお願いしなければならないような感じですが、ごみの集積所なども、倒れてしまったような箇所がないか、ちょっと心配です。





 
 
  8月4日(火)
λ萋、BBCのサイトで、読めそうな英語の記事を一つ二つ、ざざっと読むようにしていますが、今日は、従軍慰安婦についての記事がありました。


Japan revisionists deny WW2 sex slave atrocities

Seventy years after the end of World War Two, the voices of revisionism in Japan are growing stronger and moving into the mainstream, particularly on the issue of comfort women, who were women forced to be sex slaves for Japanese soldiers during the war.
One of the most eloquent voices of revisionism is Toshio Tamogami.
Mr Tamogami is well-educated, knowledgeable and, when I meet him, exquisitely polite. The former chief of staff of Japan's air force believes in a version of Japanese history that is deeply at odds with much of the rest of the world.

どうも、日本の旗色は、よろしくないような空気がひしひしと伝わってきますが、田母神さんが、このような場で、BBCに紹介されているとは知りませんでした。

ところで、BBCのサイトに日本に関する記事が出ることは非常に少ないことをご存知でしょうか?

ミャンマーや、イエメンなどの話のほうがはるかに多いということは、イギリスにとって、これらの国のほうが日本より存在感があるということなのかもしれませんが、これってかなりマズいことなのではないでしょうか?





ズFは、いろいろな方と情報交換ができた日になりました。

びっくり仰天の話も、耳にしましたが、身近なところでも、世の中はどんどん変わっていることに気づかされました。

次の市長選を目指して、早くも活動をしているような方がいっらしゃるような話も耳にしましたが、どんなもんなのでしょうか…





ね縞、社会教育館に寄らせていただきました。

館長さんと、いろいろお話をさせていただきましたが、音楽系や芸術系のイベントを、これからいくつも予定しているとのことでした。

昭和レトロの雰囲気があふれる伝統的な和風建築の建物ですので、ぜひ多くの方に足を運んでいただきたいものです。

また、職員さんに館内の解説もしていただきましたが、ただ見るだけでは気づかないことも多く、勉強になりました。


この灯りは、建物建設当時から使われているものですが、ハート形のデザインがあります。

昭和初期でも、このようなデザインが使われていたということですが、意外に思えました。


ところで社会教育館では、第1、第3の木曜日は、一ノ宮地区の方々による『うどんの会』が行われます。

なんと無料で、とても美味しいうどんを頂けるという、驚きのイベントです。

社会教育館に行ったことがない方は、そのようなイベントがあるとき出かけてみてはいかがでしょう?







L義庁舎の農政課に、午後、伺いました。

先日、『農薬を撒くときには、周辺の家に、事前にひと声かけてもらえるような仕組みを、市につくってもらいたい』というご意見をいただきましたが、それに関する話をするためです。

担当の職員さんに伺いましたら、農家の方々は、農協から配布されている広報誌等で、そうしたことは十分に承知していると思われる、とのことでした。

ただ、そのようなご意見があった以上は、状況を調べて対応していただけるようです。

農政課は、とても忙しそうな様子でした。

昨年の大雪による、農業関係の被害の仕事が、続いているのでしょうか?





∋毀鮟蠅両工課に、昨日のクローズアップ現代で見た『テレワーク』について、何かの情報があればと思い、出かけてみました。

職員さんも、あまり情報を持ち合わせていないようでしたが、昨日、番組の中で、松山市が先進地として取り上げられていましたので、松山市のホームページで調べてもらったところ、ちょっと意外なことが分かりました。

会社がテレワークを行う市民に対し支払った金額の10%を、松山市は奨励金として、その会社に支給していますが、その市民は、次の(ア)から(オ)までのいずれかに該当する方とのことでした。
 
(ア)母子家庭の母または父子家庭の父で、20歳未満の子と同居し、生計を一にしている方
(イ)身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方
(ウ)60歳以上の方
(エ)要介護者と同居し、当該要介護者を介護している方
(オ)小学生以下の子と同居し、生計を一にしている方

クローズアップ現代では、『新たな時代の働き方』という切り口で、テレワークを紹介していましたが、実際は、福祉的な要素が強い事業のように思われます。

でも、(エ)のような場合の方は、今後、急増する可能性がありますので、老親の介護で仕事を続けられないような方にとっては、テレワークは便利な働き方と思えます。

これから、さらに調べて、提案できそうなレベルになりましたら、一般質問で取り上げるつもりです。




仝畫庵罎蓮△泙此丹生湖のひまわり畑が気になりましたので、ちょっと見に出かけてみましたが…

昨日、聞いたとおり、日曜日夕方の強風で、多くの花は倒れてしまい大変な状況でした。


しかし、中には、あの風雨に耐えて残っている花もありました。


『ど根性ひまわり』として、この花の種を、いただきたいものです。




 
 
  8月3日(月)
Π譽竜楔民館に行きましたら、昨日の突風による被害を発見しました。

『明るい選挙』の大きな看板が、壊れてしまったということは、何か不吉な予感が?








ジ畍紂△富ちゃん家の観光案内所にいた時、耳にした話です。

丹生湖のひまわり畑が、昨日夕方の突風と大雨で、すべて花が倒れてしまったのだとか。

もったいないですね。

まだまだ、数日間は見ごろだったのに…




ずF、クローズアップ現代を見ましたら、テレワークで地域おこしをしている自治体の例が取り上げられていました。

テレワークを導入すると、企業にとっては、大きな事務所は不要ですし、通勤手当なども払わなくても済むので、かなりのコスト削減効果が生まれるのだとか。

また、テレワークという仕事の形態で、地方に住みながら働ける人が増えれば、雇用不足の地方にとっては、新たな住民税の確保につながるので、自治体にとってもメリットがあるとのことです。

ただ、私の周りには、テレワークで働いている人は、一人もいないのですが、富岡市あたりでも、している方はいらっしゃるのでしょうか?

もしも、おられるようでしたら、ぜひ一度、詳しくお話を聞かせていただきたいのですが、テレワークで働いているみなさん、ご連絡ください。






製糸場の世界遺産登録で、爆発的に観光客が増えたことから、市内のあちこちに、駐車場ができました。

しかし、最近は、そうした駐車場の中には、利用者があまりおらず、早くも閉鎖したようなところもあるとのことです。

でも、駐車場なら、さほど目立ちませんが、これがもしもお店だとすると心配です。

世界遺産登録後、市外の業者の方が、数多く出店していますが、これが徐々に閉まっていくようなことになると、観光地としては大きなマイナスとなってしまいます。

外部から来たお店は、高い家賃を払った上で利益が出ないようなら、すぐに撤退となるのでは?

製糸場の見学者数は、ここに来て少しずつ落ち込んできましたので、観光シーズンの秋を過ぎたこの冬は、最初の正念場を迎えることになるのかもしれません。

今となっては、もう遅すぎるかもしれませんが、昨年の勢いのあるとき、進出を希望していた大手有名ホテルの誘致と、道の駅の設置を進めておけば、良かったのでは?





△泙拭議会改革検討委員会終了後に開かれた『議会報告会実行委員会』でも、意見を述べさせていただきました。

まず、過去2年、生涯学習センターで報告会を行ってきましたが、そろそろ見直す時期に入ったと思われることから、18人の議員をいくつかのグループに分け、複数の地区公民館で実施することを提案しました。

こちらも、議員全員協議会で最終的に決まりますので、今日の所は、他の委員さんの発言などは紹介できませんが、その方向で進むのではないでしょうか?





仝畫娃隠飴から、議会改革検討員会が開かれました。

タブレット端末導入についての協議がありましたが、これを開始しても全面ペーパレス化は難しいような話が出ました。

最終的な方針は、全員協議会で決めますが、私は『12月からのタブレット端末への全面移行は、一度ストップすべき』という意見を述べさせていただきました。

また、改革検討委員会の、その他において、『常任員委員会視察の報告書について』、強い意見を述べさせていただきました。

さらに、富岡市で実施している一問一答方式での一般質問に対しての疑問を説明した上で、県内他市議会の一般質問の進め方を議会事務局に調べていただくことを提案しました。


会議の全体の流れは報告できませんので、私の発言だけをご紹介しましたが、ご興味のある方は、直接、お声をおかけください。





 
 
8月2日(日)
8畍紂△箸△詈の告別式に伺いましたら、元議員の方や、市役所のOBの方から、お声をかけられました。

ちょうど、広報とみおか8月号といっしょに、富岡市議会だよりも全戸配布されていましたので、そこに出ていた私の一般質問の記事(市長のウズベキスタン視察)について、ご意見やご質問をいただきました。

また、『聞きづらいようなことをストレートに市長に質問できるのは、もはら議員くらいしかいないのですから、これからも頑張ってください』というようなことを、みなさん最後におっしゃってくださるのですが、これには『いえいえ、そんなことはございません』と答えるべきなのか、それとも『はい、これからも、さらにどんどん質問をいたしますので』と言うべきなのか、判断に困ります。

でも、私の一般質問に期待をしてくださる方がおられるということは、心強いものがありますので、9月議会でも、疑問に思える点につきましては、さらに勢いをつけて質すつもりです。

圧倒的多数の議員さんが、市民のみなさんが疑問に思うことを市長に質問しないような状況が続いておりますので、普通の感覚で質問している私が、何だか目立ってしまっているような雰囲気ですが、多数派のみなさんも、そろそろ考え方を変えられたほうが良いように思えますが?

市民のみなさんの、議会を見る目は、以前よりも厳しいものになっているように私には思えますが…





⇒縞6時から、一ノ宮地区の納涼祭が行われましたが、直前にとんでもない大雨になってしまい、会場は急遽、市民体育館に変更となりました。


6時半くらいから8時までと、時間短縮で行われましたが、一ノ宮小唄や貫前音頭を、みなさんで一緒に踊りました。











仝畫庵罎蓮∧神27年度富岡市民体育大会夏季大会 水泳競技会が、富岡市民プールで行われ、開会式に社会常任委員として、出席しました。

社会常任委員会は6名の委員がいるのですが、みなさんお忙しいようで、出席していたのはわずか2名でしたが…

それにしても、今日は朝から猛烈な日差しと暑さでした。

きっと素晴らしい記録ラッシュになったのではないでしょうか?

ちなみに、プールの使用料金は、この時代に、大人は100円で子どもは40円とのこと。

もしかすると、私が小学生だった50年前から、料金は変わっていないのでは?





8月1日(土)
帰りに高崎に寄りましたら、今日は『高崎まつり』の日だったんですね。

せっかくですので、普段は歩くことはほとんどない高崎の街中を、ぶらぶらしてみました。










仝畫庵罎蓮館林市の群馬県立館林美術館で行われている『リサ・ラーソン展』を見に出かけました。

普段、館林には行くことはないのですが、このリサ・ラーソン展は、ちょっと気になっていましたので、思い切って出かけてきたような次第です。

また、昨年度まで、富岡市の美術博物館の館長さんをされていた染谷さんが、以前、この美術館の館長をされていたとのお話を伺っていましたので、一度は行ってみたいと思っていました。



いまや日本一暑い街で有名な館林ですが、今日も、すさまじい暑さでした。

帰る時、車の温度計が45℃と表示されていましたが、さすがは館林、という感じでした。



リサ・ラーソン展のほうは、たいへんな盛況ぶりでした。

娘さんとお母さんのような組み合わせの方が多かったでしょうか。

いろいろな雑誌などで、特徴のある猫のイラストが、よく紹介されていることも、かなり影響しているのでは?


美術館に来ますと、様々なグッズを買うのも楽しみですが、例の猫のイラスト入りグッズをいくつか購入しました。

私の前に精算したお客さんは、2万5千円もグッズを買っていましたが、すごいファンの方がおられるようです。

この企画展を実施するには、どのくらいの予算が必要なのか?

知りたくなってきました。





7月31日(金)
い気董¬斉からはもう8月。

9月議会の一般質問もそろそろ考え始める必要がありそうです。

何を取り上げるかは、まだ決まっていませんが、岩井市長の最大の公約である『学校給食費の無料化』については、聞かないわけにはいかないでしょう。

ガス事業の民営化についても、伺いたいことはありますし…

一般質問のネタは、数え切れないほどありますので、心配することはありません。

質問するテーマがなくて、全く一般質問をなさらない議員さんもおられますが、そのような方は、どのようなお考えなのでしょうか?

あくまでも私の個人的な考えですが、一般質問を1回休むのは仕方ないにしても、2回続けて休めば、それはイエローカードでは?

ましてや、3回続けて休むとしたら、レッドカード級かと思えますが…

4年間に16回連続で休むような豪快な議員さんもおられますが、こうなりますと、申し上げる言葉はちょっと見当たらないとでも言いましょうか?

一般質問は、毎回行うのが、議員としては当たり前のことと私は考えております。

1年に1回程度しか一般質問をなさらない議員さんは、モチベーションが低下しすぎているように、私には見えますが?

あくまでも、『私には、そう見える』ということですので、それ以上の意味はございません。





C粟幻个里劼泙錣衄を見に行きましたら、ちょうど花がきれいなところでした。

係の方とお話しましたら、『昨日が一番良かったかも?』とのことでしたが、まだ、数日間は、素晴らしい光景が見られそうです。

明日、明後日は、物品販売のコーナーなども設けるようですので、お時間がある方は、ぜひお出かけください。

小さな子どもさんがいる方は、ここで写真を撮れば、絵になると思います。






昼前に、もみじ平の体育館内にあるスポーツ課に出かけてきました。

今月21日の議員全員協議会で、『中体連のとき、2階のアリーナ席の手すりに、多くの中学生が寄りかかってバスケットの試合を観戦していましたが、手すりの強度は、安全上、問題ないのでしょうか?』と、当局に質問したことがありましたが、その対応として、強化ガラスボードに注意書きを何枚も貼ったとのことです。

この手すりは、寄りかかって見るためのものではありませんので、2階席で応援するときには、気をつけていただきたいと思います。






仝畫庵罎蓮¬義方面のポスティングに出かけました。

上高田の数十軒ですので、すぐに終わりましたが、ちょうど7月中に『市議会だより7月号』が配り終えて、いいタイミングでした。

夏の暑さのピークは超えたような気がしていましたが、今日もかなりの暑さでした。

でも、体が暑さに慣れてきたので、以前よりは堪えない感じにはなってきましたが…









これまでの活動記録 (毎日更新中!)
2015年 7月  6月  5月   4月 3月 2月 1月
2014年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月  3月 2月 1月

2013年 12月 11月 10月 9月 8月 7月中・下 7月上 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2012年  12月 11月 10月 9月 8月  7月 6月 5月 4月 3月 2月
 1月
2011年 12月  11月 10月 9月 8月 7月 6月  5月 4月 3月 2月 1月
2010年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 
2009年  12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2008年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月   










鼻呼吸で健康になれる