富岡市を元気に!子どもたちに明るい未来を! 富岡市議会議員 茂原正秀WEB-SITE
TOP    これまでの活動記録(毎日更新中!)








15分でアートのような作品をつくる!
15 Minutes Art by MOHARA!
















富岡市の桜
富岡市の美しい風景
富岡市観光協会のFacebook
富岡製糸場Facebook
富岡市イベントカレンダー

便利な情報サイト
ダイヤモンド・オンライン
東洋経済オンライン
日経新聞
読売新聞オンライン
朝日新聞
毎日新聞
産経新聞
東京新聞
ロイター
共同通信
ニューズウィーク
NHK
プレジデント公式サイト
上毛新聞
The Japan Times Online






   




★もはら撮影
 動画情報★

まなびのつどい
2014.2.2


富岡市成人式
2014.1.12


富岡市消防隊出初式2014年

貫前神社2014年
元旦


富岡市・安中市・軽井沢町の観光連携協議会設立趣旨発表
2013.12.26


貫前神社 御戸開祭 2013.12.12

群馬サファリ富岡マラソン大会
2013.12.8


第8回富岡市一周駅伝

第2回スロージョギング教室 
2013.11.23


佐原市の『歴史ある町並み』
2013.11.5

モザイクアートで
ギネスに挑戦

2013.11.4

妙義山紅葉
フェスティバル

2013.11.3

スロージョギング
教室

2013.10.27

富岡製糸場に
ふっかちゃん

2013.10.4


富岡市交通安全
パレード

2013.9.25

富岡市CM 
2013年わがまちCM
コンテスト最終選考作品


同志社大学
今出川キャンパス

2013.10.8

 

丹生湖ひまわり畑情報サイト


富岡市の防災気象情報(気象庁リンク)

  ご意見は、下記メールアドレスをコピー&ペーストして、お送りください
moharamasahide@gmail.com
貫前神社式年遷宮祭その1

貫前神社式年遷宮『遷御』の映像

2017年3月のページへ

2月28日(火)
製糸場のこの2月の入場者数は、27021人とのことです。

世界遺産登録後1年目の2年前の2月は、60289人でしたので、それと比較しますとマイナス55%ほどという状況です。

休場日を廃止し、一生懸命頑張っていますが、なかなか入場者数の歯止めにつながっていないようです。

このペースで行きますと、今年度の入場者数は、80万人を割り込む可能性が高いように思えます。

観光客を維持することの難しさを、最近は強く感じます。

でも、来年度は、何とかこの減少傾向に歯止めをかける年にしたいものです。






ネ縞、ガス水道局に出かけました。

市ガスは、1か月後には、引き継いだ民間企業がサービスを開始しますが、それについて、市民の方から質問をいただきましたので、確認に行ったような次第です。

サービスの提供者が、富岡市から民間企業に代わっても、大きな違いはないとは思います。

ただ、これも始まってみなければ、正直なところ分かりません。

市ガスが民間企業に譲渡されて良かったのか、悪かったのかが、最終的に分かるのは、数年はかかるように思えますが、何としても、良い結果になってほしいものです。




ず鯑、ニューズウィーク日本版のご意見コーナーに掲載されていたので、その後、つい調子に乗って、20分くらいで書いた投稿を某全国紙にメールで送りましたら、今日の昼頃、電話が来ました。

『掲載の候補になっています』という話でしたが、電話が来れば、今までは100%掲載されていますので、次の日曜日には、日の目を見ることになるかと思います。

新聞投稿は、書いても空振りが続いてしまうこともあるのですが、今年は、あまり多く投稿をしていないのですが、結構な確率で掲載されています。

もしかすると、最初の数か月で、今年の運を全部使っているのかも?

でも、新聞投稿は、脳力維持のトレーニングとして、とても良いように思えます。

お金もかかりませんので、興味のある方は、チャレンジしてみてはいかがでしょう?







0緡纏務組合議会の終了後、生涯学習センターで行われた『平成28年度富岡市教育研究所』の研究発表会に出かけました。

途中からの参加でしたが、まゆクラフトを教材化し、子どもたちがその加工についてビデオレターで説明するという、珍しい取り組みの発表を見させていただきました。

10年前では、できないような試みですので、まさに時代にマッチした内容であったように思えました。

また、小中学校の先生方が聞いている発表会ですので、研究発表の後の質疑応答もとても活発でした。

富岡市議会も、このくらい活発にならなければいけないと、つい思えてしまいましたが…






午後、医療事務組合議会がありました。

その全員協議会で、市民の方からいただいた、以下の質問について、確認しました。

それは『富岡総合病院の脳外科で診てもらおうと思い出かけたら、藤岡総合病院に行ってくださいと、友人が言われたそうです。また、がんの友人も、同様のことを言われたと聞きましたが、どういうことなのでしょうか?』という内容です。

総合病院の課長さんのお話では、『藤岡総合病院には、脳外科や、血液のがんの専門の医師がいるので、そうした理由と思われます』とのことでした。

昔と違って医療が細分化され、いまは様々な病気の専門の医師の方がいる時代となったことから、藤岡総合病院のほうに、その専門の医師がいる病気については、そちらを勧めているようです。

昔は消化器系とか、循環器系などという言葉、あまり耳にしませんでしたが、医療の進歩とともに、どんどん細かく専門化が進むようです。

でも、そうしたことが、医師不足の原因になっているとしたら、もうちょっと大雑把な分け方のほうが良いようにも思えますが…






今日のBBCメモ。

1:二人の女性が金正男殺害で告訴される

2:子どもの難民の虐待拠点として、リビアが暴露される

3:スペースX社は、月への観光旅行を開始する







2月27日(月)
ダ茲曚鼻日本版のニューズウィークを見ていましたら、以前、送った私の意見が、掲載されていました。



メールで送っていたことさえ忘れていたので、ちょっとビックリでしたが…

掲載の謝礼品が、おそらく送られてくるのかと思いますが、ちょっと楽しみです。




ずF、市営墓地のことで、担当部署にお話を伺いにいきましたら、『使用料』と『管理料』という言葉が出てきました。

使用料も管理料も、両方、毎年払う必要があるもののように思えますが、毎年払うのは管理料で、使用料は墓地の区画の利用許可時に支払うものとのことです。

役所で使う言葉は、時々、日常生活で使うときと、微妙なニュアンスの違いがあるように思えることがありますが、ちょっとそんな思いがしました。






今日、とあるところで、自然豊かな田舎の暮らしに興味を持たれ、数年前に東京から富岡市に越して来たという方とお話をする機会がありました。

そのような方と話しますと、富岡に住んでいる人が気づいていない富岡の魅力に気づかされることがあります。

ここにいますと、当たり前になっていることが、案外、別の地域の方からすると、『非常に珍しく貴重』ということも、あるようです。

首都圏から、田舎の暮らしに憧れて、富岡市に移住してきた方は、どのくらいおられるのか気になります。

もしも、そうした方々から、お話を伺えたら、ありきたりのコンサルタントの話よりも、価値ある情報を教えてもらえるのでは?

そんな機会を、何とかして設け、富岡市民が気づいていない富岡市の魅力を、教えていただきたいものです。






¬義庁舎には、現在、土地改良課と農政課が配置されていますが、新庁舎が完成しますと、この二つの課は、そちらに移る予定になっています。

そこで、気になるのは、妙義庁舎で行っている窓口業務です。

今日、妙義庁舎でお話を伺いましたら、土地改良課内の係が、窓口業務を行っているとのことでした。

となりますと、『土地改良課が新庁舎に移った後の窓口業務はどなるのか』ですが、妙義庁舎の隣にあります妙義中央公民館で、これまでと同様に対応する予定とのことです。

そして、その時期なのですが、私はてっきり、土地改良課が新庁舎に移った時点からと思っていましたが、どうもそうではなさそうです。

この4月の新年度から、妙義中央公民館に窓口業務は移す予定のようです。


また、妙義地区に現在6つある消防団は、現在のところ、今後いくつにするかということは、まだ決まっていないとのことです。

『消防団組織等の見直しに関する検討員会』が立ち上がり、話し合いが始まったばかりですので、まだ、消防団の再編には時間がかかるようです。


ところで、今日、妙義庁舎に向かった時、庁舎の少し東で、枯草火災があったようです。

車で近くを通りましたら、鎮火後間もなくだったため、多くの消防車が見えました。

大きな火事ならず幸いでしたが、消防団のみなさん、大変ご苦労様でした。







今日のBBCメモ。

1:オスカー賞で最優秀映画賞に誤った作品名が発表される

2:イギリスは結婚後27年の女性を本国に退去させた

3:イラク軍がモスル橋を支配する



2月26日(日)
メールで、『市営墓地の件』と、『妙義庁舎の件』についてのご意見をいただきました。

明日は、まずは、これらについて、確認するつもりです。

一般質問の原稿も、書かないとまずいのですが、今日は、ふかやマラソンでちょっと疲れてしまったので、そちらは全く進みませんでした。

明日からは、いろいろ忙しくなりそうです。



∈Fは朝4時半に起きて、ふかやマラソンに参加してまいりました。

私がこの大会に参加するのは、今回が5回目か6回目です。

この大会は、とても雰囲気が良く、つい、毎年申し込んでしまいます。







今年は、5kmの部にエントリーしましたが、結果は、『29分55秒』でした。



昨年12月の、サファリマラソンが『29分57秒』でしたので、ほぼ同じタイムでした。

夜、かなりの頻度で、10分弱ジョギングしていますが、実は今年に入って、一番長い距離を走ったのが、3kmなので、今日は、最後のほうは、苦しくなってしまいました。

やはり、たまには、もっと長い距離を走らないと、持久力はつかないようです。

でも、60歳近くという年齢を考えれば、走って来れただけでも、満足しないといけないのかも…

無理をし始めると、大抵の場合、ケガをしたり、走るのが嫌になってしまい、結局走るのを止めてしまう可能性が高まりますので、『ゆるーく走る』くらいが、ちょうど『良い加減』というところでしょう。

タイムを縮めるようなことは考えず、いかにして今後の人生で、長く走り続けるかを考えたほうが良さそうです。

大会に来ますと、すごい高齢の方も、けっこう走っておられます。

そうしたお姿を拝見しますと、『自分も、毎晩の10分ジョギングを続けていけば、もしかすると80歳くらいになっても、5kmくらいなら走れるのでは?』と、思えてきます。

ふかやマラソンは、コースが平坦で、さらに、お祭り的な雰囲気もありますので、おススメの大会です。

走った後に、無料サービスで食べることができる『煮ぼうとう』は、大変おいしいです。



また、参加賞の、毎年デザインが変わる『ふっかちゃんタオル』と、もう一点の品物も、なかなかのもの(今年はネックウォーマー)です。





運動不足気味の方は、まずは、10分程度、ゆっくり走ることから始めて、来年のこの大会をデビュー戦にしてはいかがでしょう?

ところで、今日は富岡市役所の若手職員さんのお姿を、会場で何人もお見かけしました。

半分は仕事だったのかもしれませんが、お疲れ様でした。

また、『お富ちゃん』も来ていましたが、ご苦労様でした。








今日のBBCメモ。

1:マレーシア空港は、毒物に関しては安全

2:『その後、彼は銃を持って戻って来た』

3:トランプ大統領は特派員とのディナーを欠席する予定






2月25日(土)
先日、とあるところで、『市当局がが富岡倉庫に世界遺産センターを誘致した件は、議会が全く知らないうち決まりました』と申し上げましたら、驚かれました。

実は昨年の12月定例会で、私は富岡倉庫の件を取り上げましたが、その時の答弁でも、『世界遺産センター』という言葉は一度も出てきませんでした。

12月には誘致を決めていたことは間違いありませんが、なぜ、議会に対し、それを伏せたのか?

議会に伝えることで、何か問題があったのか、それとも、『議会に伝える必要などない』と判断をなさったのか、はたまた、別の理由があったのか、全く分かりません。

そんなわけで、富岡倉庫へ世界遺産センターを誘致する方針を市が決めたことは、今年の1月5日の上毛新聞の記事を読んで初めて知りました。

つまり、市民のみなさんと同じ状況で、知ったということです。

そして、その後、1月20日に議員全員協議会が開かれましたが、そのときも、世界遺産センターについての報告は一切なく、県が正式に決定した1月23日に、それを伝える文書1枚が議員のレターケース入っていただけです。

このような状況に対し、私は強い疑問と不満を抱いております。

以前も、裁判の判決主文を、当局は議員に伝えなかったことがありましたが、富岡市当局は議会のことをとても軽く扱っているように思えてなりません。

なぜこのようなことが起きるのか?

それは、議会の圧倒的多数が市長支持で、議会がどれほど酷い扱いを受けても、『何も言わない、言えない』からではないかと、私は考えております。

つまり、何度も書いておりますが、当局をチェックするという市議会の重要な役割が、全く機能していないため、こんな状況に陥ってしまっているということです。

議員全員協議会のとき、大会議室に入りますと、市長支持の議員さん方は、大きな声で、『市長、この間はどうのこうの…』、『副市長、昨日はどうのこうの…』などと、いかにも仲が良い所をアピールするように話しかけています。

全員協議会に出席している職員さんは、みなさん見ていてご存知でしょうが、あれほど仲の良さそうな雰囲気では、とても厳しい意見など言えるわけはないように思えてなりませんが?

市長・副市長と、多数派の議員さん方の間には、太い絆があるように私には見えてしまいます。

でも、その関係が、市の行政と、議会本来の役割に大きなマイナスになっているように、私には思えるのですが…











花粉症が出始めると、いつもはクリニックで診てもらい、薬をもらっていますが、今年は、家族が使っている『アレグラ』を分けてもらい、昨日から飲んでいます。

クリニックでもらう薬は、ステロイドが入っているものなので、とても良く効くのですが、逆に効きすぎているような点が気になります。

なので、アレグラを飲み始めたのですが、花粉のピークの時期に、そこそこ効いてくれればありがたいところです。

明日は、暖かくなりそうですので、ふかやマラソンは、花粉との戦いになってしまうのかもしれません。






今日のBBCメモ。

1:金正男氏殺害の容疑者は90ドルを手にしていた

2:メディアのグループは、アメリカのブリーフィングの進め方を非難

3:ジョディ・フォスターが反トランプの抗議活動を中心になって導く




2月24日(金)
た日前から、鼻水がちょっと出るのですが、どうも花粉症が始まってしまったような雰囲気です。

今年は、花粉の量が多いそうですので、この先がちょっと思いやられます。

26日は、ふかやマラソンに走りにいきますが、走りながらクシャミが出るようなことにならなければ良いのですが…

今回、エントリーしたのは5kmですから、クシャミが少々出ても、心配はないのですが、できることなら、気持ちよく走って帰って来たいものです。

ふかやマラソンは、富岡市の方もかなり参加していますので、時どき、会場で知っている方に会うこともあります。

エントリーしているみなさん、当日は、一緒に楽しみましょう!








商工会議所の役員をかつてされていた方から、新商工会館建設の経緯について、興味深い話を伺いました。

富岡市が以前、購入しようとした呉服店跡地に、なぜ商工会館を建てることになったのか…、などです。

この場では、非常に紹介しづらい内容ですので、控えますが…


でも、商工会議所の会員のみなさんの中にも、今の商工会館につきましては、かなり様々なご意見があるようです。

また、気になるのは、以前、商工会議所から、市に8500万円の補助金を求める要望が出たときには、非常に多くの議員さん方が議員控室で、強い疑問の声を上げていましたが、ここに来て、その声が聞こえなくなりました。

もしかすると、多数派議員のみなさんは、すでに方向性を決めたので、ノーコメントになったのかも?

そうなりますと、予算特別委員会で、この8500万円について質問するのは、私だけということになってしまう可能性があります。

富岡市議会の今の状況を見れば、そうなってしまっても、驚きはありませんが、議会のチェック機関としての役割を、多数派のみなさんはどのようにお考えなのか、気になります。

まさか、私が批判的な意見を述べたら、それが面白くない議員さん方から、『公開質問状』でも飛んで来るようなことはないかとは思いますが、議員が他の議員に対して妙な圧力をかけるのは、明らかにルール違反かと思いますが?

議会は、議論の場ですので、意見があるのなら、予算特別委員会の中でそれは述べていただきたいものです。






一般質問の件ですが、今日、一応、方向性を決めました。

取り上げるのは以下の3件です。

1:政策会議について

2:富岡倉庫と世界遺産センターについて

3:映画『紅い襷』と、上海国際映画祭について


おそらく、この3つで進めることになるかと思います。

3月定例会は、忙しいので、質問の数を絞ろうかとも思いましたが、そんな消極的なことではマズイと考え直し、市長さん支援の議員さん方は絶対に触れない辛口のアングルから、質問しようと思います。

一般質問が、市長さんの実績を賞賛するような「ヨイショ」系の質問ばかりになれば、傍聴の方々も、シラケると思いますので、私のスタイルで行くつもりです。





今日のBBCメモ。

1:金正男氏はVX神経ガスで殺害された

2:断食は糖尿病で傷んだ臓器を再生する

3:トルコの外交官はドイツへの亡命を求めている






2月23日(木)
ぁ愽找市は、介護施設が多いから、介護保険料も高いのでしょう?』と、質問されました。

確かに、富岡市の施設の数は、他市町村よりも多いようには思えます。

でも、だからといって、介護保険料が高くなるというわけではありませんので、今日、担当部署で確認してきました。

65歳以上の人が支払う1カ月当たりの介護保険料は、富岡市の平均は4792円です。

そして、群馬県の平均は5749円です。

つまり、富岡市は県平均よりも1000円近く安いことになります。

また、県内の35自治体の順位では、富岡市は低い方から5番目の、第31位でした。

私も初めて現状を知り、ちょっと驚きました。







5腸餘娠聴儖会の後、商工会議所にお邪魔し、新商工会館建設の計画について、これまでの経緯を伺ってまいりました。

個人的には、私も商工会議所の会員で、長らくお世話になっておりますので、商工会議所のことは応援したいところです、

しかし、議員という立場では、税金の使い方として疑問が残るようなことには、賛成などできません。

どうもこの件は、引っかかる点があって、しっくりいきません。

街中の古い呉服店の跡地に建てることも、著名な建築家の設計による斬新なデザインの会館を建てることも、商工会議所さんのほうで計画し進めてきたのですが、最後になって、『予算が足りないので、市に補助をお願いします』というのは、商工会議所が市内の商工業振興に大きな貢献をされている組織だとして、疑問に思えてなりません。

予算が足りなければ、予算内で建てられる建物に変更するか、もしくは、どうしてもその著名な建築家設計の会館をを建てたいのなら、商工会議所がローンを組んで、不足する分は調達するというのが、一般的な考え方なのでは?

なので、市民のみなさんが納めた税金から、新商工会館の建設へ補助をだすというのは、市民のみなさんのご理解を得るのは非常に難しいと考えております。

また、市は新年度予算案に、商工会議所が要望した金額8500万円を、そのまま満額で予算に計上しましたが、どこまで精査した上で決めたのかも気になります。

その点を、予算特別委員会の中で、細かく質問していくつもりです。

まだ、言いたいこと・書きたいことはいろいろあるのですが、予算特別員会の質疑後に、それはご報告いたしますので。

それにしても、これは悩ましい問題…です。









午前10時から、3月定例会のことを協議する議会運営委員会が開かれました。

一般質問を行う議員は6名でした。

この前の12月定例会は11人もいて、『みなさん、俄然一般質問に積極的になられたのか?』と思いましたが、やはりほんの一瞬だけで、元の少ない数に戻ってしまったような感じです。

一般質問など、さほど負担になるようなことではないのですが、それでも行わない方が多いというのは、ちょっと寂しい感じがします。

ところで、一般質問は何を取り上げるかですが、『政策会議について』は確定ですが、他はまだ決まっておりません。

取り上げる内容がない訳ではなく、どれを取り上げればよいか迷っているというところです。

議会事務局に原稿を提出するのは28日までですので、まだ時間はありますが…

今、非常にやらなければならないことが重なっておりますので、日曜日に、ふかやマラソンに出かけたとき、レース前の待機時間に、車の中で、考えようかと思います。







今日のBBCメモ。

1:イラク軍がイスラム国からモスル空港を奪取

2:トランプ大統領はトランスジェンダーのトイレの規則を取り消す

3:メキシコは新しいアメリカの国境政策を拒む






2月22日(水)
新年度予算の議会に関する内容は、昨日明らかになっていますが、その中で、猛烈に疑問を持つものがありました。

それは、『旅費』の中の、『上海映画祭旅費60万円×2人、30万円×1人』というものです。

議員のみの全員協議会で、『これはどういことなのですか?』と、私が質問しましたところ、議会事務局から、『上海映画祭に議長と経済建設委員長が出かけるぶんの旅費と、議会事務局職員の旅費です』との説明があり、仰天しました。

そもそも、この上海映画祭に出展するのは、何のためなのかの説明さえ議会に対してないのに、すでに映画祭に出かける予算が計上されているというのですから、これは一体全体、何なのでしょうか??

もちろん私は、『これは絶対に辞退すべきだ』と言わさせてもらいましたが、あまり賛同の声が上がらなかったところを見ると、ちょっとおかしなものを感じます。

製糸場の入場者が激減中に、市民の税金を投じて映画をつくり、市民の税金で上海映画祭に出展し、市民の税金で当局の幹部や議会の代表が上海に出かけるというのは、私には、非常におかしなことに思えてなりません。

こんなことにお金をかける前に、もっと先に、やるべきことはあるのではないかと思えてなりませんが、議会では、そんな考えの方は、あまりいないというか…








⊂工会議所に、新商工会館建設のことで、お話を伺うため出かけましたが、その件についてお分かりの方が不在で、また明日、出直すことになりました。

市の補助金8500万円について、予算特別委員会で質問する前に、確認したいことが数点あります。

多数派議員さん方は、おそらく全員一緒に、同じ判断をされるかと思いますが、私は個人的に疑問点を調べて、血税の使い方として妥当なものか考えるつもりです。

長い間、新商工会館の工事はストップしていますが、これも理由を聞くと、疑問に思えてしまうのですが…

(株)まちづくり富岡の設立時の役員人事、商工会議所の専務理事さん交代の件、そして今回の新商工会館の補助金など、かなりあちこちで、いろいろ話を聞きます。

どうも、個人的には、しっくりしないものを感じています。

明日は、その疑問が払拭できればいいのですが…





今日のBBCメモ。

1:北朝鮮の外交官が金正男氏殺害で指名手配される

2:ロシアの活動家の刑期が取り消される

3:韓国女性の平均寿命が将来、世界で初めて90歳の壁を超える




2月21日(火)
さ聴全員協議会で配布された『平成29年度組織機構の改編について』という資料の中で、『ん??』と思える部分がありました。

それは、この文章です。

『観光おもてなし課が所管していた妙義ふれあいプラザ、妙義ふれあい美術館等の施設管理を妙義中央公民館に移管します』という一文です。



「妙義ふるさと美術館」が、「妙義ふれあい美術館」になっていました。

おそらく、文書作成中のケアレスミスと思われますが、このことに誰も気づいていないような感じがありました。

妙義地区の議員さんが、『間違えてるよ』と、おっしゃられるかと思っていましたので、私が指摘をするのも、どうかと思い、あえて何も言わなかったのですが…

私は、妙義ふるさと美術館周辺の景色が好きで、季節ごとによく写真を撮りに出かけますので、この美術館はとても身近な存在です。

でも、『多くの方にとっては、遠い存在なのかも』と、ちょっと感じました。

もしも、行ったことがない方は、一度、お出かけください。

テレビのCMでも使われたくらいですので、素晴らしい景色が楽しめます。






A完協議会で、新庁舎への引っ越し時期について、当局に確認しました。

以前から、ゴールデンウイーク中に引っ越しして、その後、新庁舎で業務を開始すると聞いていましたが、当局の説明では、『そんな予定はない』的なことを言われてしまい、何が何だか、分からなくなりましたが?

市長さんのブログ(2月1日)には、『7月3日より新庁舎での業務ができる予定となりました』と、はっきり書いてありますが、今日の全員協議会の場では、そのことも正式な予定とは認めてもらえませんでした。

市長ブログと、当局の方針が、まとまっていないような印象を持ちましたが、ハッキリしていることは本年9月28日が、新庁舎建設工事の工期だそうですので、そこまでには、確実に工事は終わるようです。

なので、新庁舎での業務開始時期は、まだ流動的で、市長さんのブログの『7月3日』も、先になってしまう可能性もありそうな印象です。





議員全員協議会が開かれ、平成29年度予算案の内示がありました。

一般会計の予算総額は261億4000万円で、前年より25億4200万円も多くなっています。

説明資料の1ページ目に、『史上最大の積極予算』と大きく書いてあります。



予算規模が増えた大きな要因は、市ガス事業を民間譲渡し、二十数億円の売却代金が入るためです。

今日は、予算の概要の説明があっただけです。

質問などはできませんので、細かい点は分かりません。

どうなるのか気になっていた、新商工会館建設費補助金は、商工会議所から要望があった8500万円が、計上されていました。



この会館は、著名な建築家が設計した『のこぎり屋根』の特徴ある建物です。

『質素な建物なのに、それでも予算が足りない』というのなら、補助金も理解できますが、『洗練されたデザインで、質素とは思えないような建物』を市民が納めた税金から捻出する補助金で建てるというのは、私は強い疑問を感じています。

この8500万円の補助金を認めるには、納税者のみなさんにしっかり説明できる理由が必要ですが、他の議員さん方はどのようにお考えなのでしょうか?

予算特別委員会で、私はこの件について、突っ込んで質問するつもりですが、おそらく大半の議員さんは、この件については『賛成も反対も、自分の意見は何も言わず』、最後は黙って賛成するということになるような予感がありますが…

当たり前のことですが、私は、この補助金が市民にとってメリットがあると総合的に思えれば賛成しますし、そう思えなければ反対します。

ぜひ、しっかり議論をした上で、結論に至るようなかたちで、この件は決めたいところです。





今日のBBCメモ。

1:イスラエル兵が殺人で懲役18カ月に

2:140万人の子どもたちが餓死に直面している

3:金正男氏の遺体を引き取ろうとする家族がいない



2月20日(月)
ぬ斉は、議員全員協議会が開かれます。

29年度予算の内示がありますので、大まかな内容は、分かります。

予算書が手元に来るのは、まだ数日先ですが、商工会議所から要望があった新商工会館の建設補助金などは、どうなったのか?

気になるところです。

予算の内容だけでなく、議員さん方のお考えが、どうなるのかも、この件に関しては、非常に興味を持っています。

さらに、あっと驚くような事業が、もしかするとあるのかもしれません。

詳細が分かりましたら、明日、ご報告いたしましょう。







『あの道には、歩道をつける必要があるのでは?』と、昨日ご指摘があった場所を、午前中に確認し、午後は、担当課長さんのところに出かけてきました。

ちょうど、部長さんもおられましたが、さすがにこの時期ですので、一般質問のことで、私が出かけたかと思われたようでした。

3月定例会の一般質問の通告はしてありますので、行うことは決まっていますが、まだ、質問の内容は確定しておりません。

1件は、『会議録を残していない政策会議』に対する疑問を取り上げますが、もう1つくらいは、何か質問したいところです。

まだ、質問の原稿を議会事務局に出すまでに、何日かありますので、その間に取り上げる絶好のテーマが浮かべばありがたいのですが…

ただ、予算審議もありますので、あまり一般質問に気を取られると、予算のほうに目が行かなくなってしまう可能性もあります。

予算特別委員会を行っても、ずーっと座っているだけで、ほとんど何も言わない議員さんも結構いらっしゃいます。

みなさんが、積極的に質問したり意見を述べてくださるのなら、私のほうは質問を減らしますが、あまりにも静かですと、準備してきた職員の方々に対して、失礼になってしまうようにも思えますので、私はいつも、20回以上くらいは、発言するようにしております。

来年になれば、新庁舎で予算審議を行いますので、予算特別委員会も、インターネット中継で、だれでも見れるようになるのかもしれません。

そうなれば、今よりは、活発な審議になることは確実でしょうが、『市民のみなさんに見られている・いない』に関係なく、しっかり審議をする必要があると思いますが?






∈F、もみじ平総合公園に、ちょっと用事があり出かけたのですが、珍しい光景を目撃しました。



水飲み場が、今年のあまりの寒さと経年劣化のために、壊れていました。

てっきり、誰かが破壊したのかと思うような崩れ方ですが、驚きました。







今日のBBCメモ。

1:金正男殺害の案する外交騒動

2:ペンス副大統領は欧州の懸念を和らげようとする

3:アンジェリーナ・ジョリーがカンボジアの目覚めについて語る




2月19日(日)
Today, I went to the Karuizawa shopping mall for the first time in two months.

When I go there, I always buy some bread at a bakery.

Besides that, I bought two masking tapes for the first time today.



They are very colorful.

I am thinking how to use them.



8畫娃隠瓜から、地元の定期総会が開かれ、出かけました。

最近思うのですが、新しく引っ越してきた方がかなり増えています。

10年前くらいは、昔からいらっしゃった方ばかりで、どこのだれだか分からない方は、ほとんどいなかったのですが、今日は、初めてお顔を拝見した方もかなりおられました。

また、総会の終了後、いくつか道路についてのご意見・ご要望をいただきました。

その中の1件は、一ノ宮だけの問題でなく、多くの方に関係する内容でしたので、できるだけ早く、担当部署に伺い、対応を考えていただくつもりです。

ところで、私の地元は、貫前神社のふもとの地区ですので、神社についても、いろいろなご意見をいただきました。

3月には、御遷宮祭がまた行われますので、それが終えたら、神社の役員の方に、相談させてもらうつもりです。

それにしても、ちょっと前は、この総会に行きますと若手のほうでしたが、今日の出席者のみなさんを見ますと、年配者チームのほうに入った感があります。

また、地区の会計をされていた方が、高校時代の恩師の先生でしたが、先生は現在92歳ということで、奥様が会計報告をされていました。

でも、だんだん高齢の方が増えて来て、隣組の組長などの回り番も、回せなくなってくるような懸念がありますが、いつまでこの体制を維持できるのでしょうか?

ちょっと心配です。






介護保険の自己負担は2015年に、所得が一定の水準を超えた方は、1割から2割負担となりました。

そしてさらに、介護保険法改正案が成立すれば、一部の高齢者の自己負担は3割になるとのこと。

いよいよ介護保険財政も、かなり厳しくなってきたというところでしょうか…

でも、これから先を考えれば、これで引き上げが終わることなどないでしょう。

しかし、こんなことが続けば、介護保険料を払っていても、いざ介護サービスを利用するとき、自己負担が大きすぎて利用できない方が続出となってしまうのでは?

『2025年問題は、どうするのですか?』と、安倍総理に一般質問したいような気分です。






今日のBBCメモ。

1:イラクが西モスルのイスラム国への攻撃を開始

2:モスルの最前線からライヴのツィート

3:『金正男氏殺害の背後に北朝鮮』と韓国が発表






2月18日(土)
げ雜酳欷韻蓮■横娃娃闇度にスタートしましたが、そのときの65歳以上の方が支払う月額保険料の全国平均は2911円だったとのこと。

それが、2016年度には、5514円となり、さらに2025年度には、8165円まで上がってしまう見込みなのだそうです。

年金生活の方にとっては、この金額は高すぎるように思えてなりません。

こんなに高い保険料を払っても、施設に空きがなくて、サービスが利用できないなどというケースもあるそうですが、冗談じゃないですよね。

介護保険は、どんどんおかしな方向に進んでいるように思えてなりませんが?





子どものころは、食事の時は、お腹が空いた状態で食べるのが当たり前でしたが、歳を取りますと、食事は何となく惰性で食べているように思えるような時があります。

お腹は空いていないけど、時間だから、他の人も食べるから、というような理由で、食べているときは結構あります。

でも、これって、あまり体にはよろしくないような話を聞きました。

空腹感を感じるというのは、生きていく上で、重要な感覚なので、いつもは無理でも、たまには『思いっ切りお腹が空いた状況』を作ることが必要なようです。

基本的に人間は、空腹のときのほうが、高い能力を発揮できるようなことも、よく耳にします。

確かに、お腹が膨れますと、眠くなるし、体は重くなりますので、頭を使うことも体を使うことも、どちらにとってもデメリットが大きいように思えます。

空腹のときのほうが、免疫細胞が活性化されるようなことも聞きますので、断食とまではいかなくても、たまにはお腹が空くまで何も食べないくらいのことは、やったほうが、良いのかも?




∋垉腸颪世茲蠡茖毅弦罎慮狭峠颪をしていますが、どうもいま一つ、しっくりいかないと言いましょうか…

場所を変えながら、あちこちで、考えております。

そこで今日は、午前中は図書館に出かけましたが、ちょっと驚いたことがありました。

それは10時前には着いたのですが、空席がほとんどなかったことです。

入試が近くなったためか、受験生とおぼしき若いみなさんが、問題集を一生懸命、解いていました。

空いている席に座りましたら、隣は大学入試直前の高校生のようで、数学の問題集を勉強していました。

とても多くの中高生が、黙々と勉強していましたが、このような、いつもと異なる空気が漂う中に身を置くと、こちらの気持ちも何だか、シャキッとしてくるようです。

でも、ここで、勉強している大学受験のみなさんは、おそらく試験に合格し、4月からは大学生になり、それを機に富岡を離れるのでしょう。

そして、その大半のみなさんは、生活の拠点が、ずっと富岡市外になってしまうのかと思われます。

進学で首都圏に出ていった若者が、富岡市にも戻りたいのに戻れないのか、都会の生活のほうが魅力的で戻ろうとはしないのか、どちらかかは分かりませんが、前者なら雇用環境を整えることができていない問題が、後者なら若者にとって魅力ある地域づくりができていなという課題が、あることになるかと思います。

どちらにしても、若者が出ていってしまう地域というのは、その地域に何らかの原因があるわけですが、そんなことを考えていましたら、第58号の原稿作りが、今日もいま一つ進みませんでした。







今日のBBCメモ。

1:金正男殺害に関し、北朝鮮人が逮捕される

2:ペンス副大統領は、NATO支援にアメリカは揺るがないことを表明

3:気候爆弾の嵐がカリフォルニアを驚かせる




2月17日(金)
ずFは、風が異様なほど暖かく感じられましたが、明日はまた、冬に逆戻りするようです。

でも、確実に少しづつ、春に近づいていますので、気持ち的にはいいですよね。

ちょっと前、鼻の調子が悪いことがありましたが、幸い風邪には至らず、また、夜のジョギングが再開できました。

今月の26日が、ふかやマラソンですので、距離は短くても、極力頻繁に走りたいところです。

今年は、4月の大会も、すでに2つ申し込んであります。

甘楽町と、前橋の大会ですが、ただ走っているだけですと、どうしてもモチベーションが低下してしまうので、ジョギングを継続するための工夫というか、対策という感じです。

ジョッギングは、体力強化につながるだけでなく、精神的な落ち込みを防ぐ効果もあるように思えます。

市外の同級生が数名、精神的な病で、仕事を休んでいるという話を聞きましたが、55歳から60歳くらいという年齢は、ちょっとメンタルの部分が、グラグラしやすいようにも思えます。

たとえ10分くらいでも、ちょこっと走ると、気持ちが大らかになったように思えます。

走りながら、悩むことはできませんので、当然のことかもしれませんが…





0棒崎市教育委員会は来年度から、市内の外国語指導助手(ALT)のみなさんが監修した『独自の中学生向け英語冊子』を年4回発行するとのこと。

今日の読売群馬版に、その記事は出ていました。

非常に興味深い試みと思いましたので、早速、富岡市教育委員会に行き、『富岡市でも同様の試みをやるべきでは』と、提案してきました。

また、伊勢崎市のその冊子を富岡市教育委員会で入手し、見せてもらえるよう、お願いしてきました。

実は前から、富岡市のALTのみなさんに富岡市の歴史やまちのことを、中学校レベルの英語で書いてもらい、教材にしてはどうかと、教育委員会に申し上げてきました。

製糸場の歴史が、NHKの基礎英語のテキストにも掲載されていますが、それと同じようなものを、ALTの方々に作ってもらえれば、中学生の英語学習に効果があるだけでなく、話題作りになりますし、観光用のアイテムとしても使えるように思えますが?

教育委員会でも、同様のことを検討していたようですので、ぜひ、取り組んでほしいものです。





△澆匹蟷圓気鵑、来年度から小中学校の給食費無料化を行う方針なのだそうです。

みどり市は、富岡市と同規模の人口ですので、無料化するには年間2億円以上の予算が必要ですが、競艇関連の収入を財源にするのだとか…

これまで、群馬県内で給食費の無料化を実施していたのは、上野村・神流町・南牧村・嬬恋村の4町村ですが、みどり市が行うとなると、いよいよ市でも始まるということになります。

でも、私は、給食費無料化は、市の財政への負担が大きすぎますので、市民の税金を投入して実施するのは、優先順位的に問題があると考えています。

それに、このような事業は、多くの方に大きなメリットが生まれますので、一度始めれば、財政的に厳しくなったとして、簡単には中止することはできません。

なので、子育て支援の事業を行うのは結構ですが、富岡市民全体で、地域の子どもたちの給食費を負担するということには、強い違和感を持ちます。

みどり市の給食費無料化は、競艇の収入を充てると言っていますので、市民のみなさんのご理解を得やすいのではないでしょうか?

実際には、公営ギャンブルの運営が厳しい時代に、本当に毎年2億円以上もお金を出すことができるのか、疑問なのですが…

ところで、富岡市の新年度予算につきましては、現段階では、何も分かっておりません。

給食費について、まさかの展開はないかとは思いますが…、来年の4月が市長選ということを考えますと…

何とも言えないようなものを、ちょっと感じてしまいます。




今日のBBCメモ。

1:トランプ大統領がトップアドバイザーに選んだ人物は、就任を辞退する

2:香港の前リーダーは職権乱用で有罪

3:神殿襲撃後のパキスタンでの取り締まり



2月16日(木)
I拗發瞭荏覯颪量魄会がありました。

その席で、来年4月から入学する生徒さんの制服について質問し、教えていただきました。

男子は、詰襟の学生服ですが、一般的な黒ではなく、『チャコール・グレー』のものなのだとか…

ちょっとイメージが湧きにくいのですが、あまり今と変わらないということのようです。

また、女子の制服は、割と時代を意識したデザインのものでした。

写真で見ただけですが、簡単に表現しますと、『金融機関の窓口の女性のような雰囲気』という制服の印象を持ちました。

来年の4月から、富高・東高は統合となりますが、新しい制服を着るのは、来年入学の新1年生だけのようです。

つまり、2年間は、同じ学校の生徒なのに、制服が2種類あるということになります。

男子は、制服をあまり気にしないと思いますが、女子生徒のみなさんは、どうなのでしょうか?

来年の2、3年生女子は、今の東高の制服で、1年生の女子だけが、現代風の制服となると、ちょっと何か、難しい空気が漂うようにも思えますが…





現在撮影中の製糸場の映画『紅い襷』は、完成後、国際映画祭に出展すると聞いていましたが、それは6月に行われる『上海国際映画祭』とのことです。

どんな映画祭であるかは、存じ上げませんが、制作総指揮という立場で、市長さんが上海にお出かけになられるのでしょうか?

海外出張と言いますと、気になることもありますが、それは正式に決まった段階で触れさせていただきます。

また、7月2日に、かぶら文化ホールにて、劇場公開前の上映会が開かれますが、高齢者や子どもさんくらいは、無料で見られるようにするのかと思っていましたが、どうもそのようなことはないようです。

でも、市民のみなさんが納めた税金を投入して制作した映画を、さらに市民がお金を払って見に行くというのは、ちょっと違和感を持ちますが…

確か、平成28年度予算を審査した時の、当局の説明では、『製糸場の映像を後世に残すための予算』と聞いた記憶がありますが、いつの間にか、映画になってしまったような印象です。

私の記憶違いかもしれませんが、国際映画祭や、全国劇場公開という説明は一切なかったように、私は思っております。

このような形で進み始めたので、できることなら、1億円に近い数千万円の予算を投入した映画である以上、それに見合う成果を出してほしいと思っております。

自治体は、自ら映画を制作するというのは、非常に珍しいことです。

この映画製作に投じた予算が、どのようなかたちで、市民の利益につながったのかの説明ができなければ、大変なことです。

映画の全国上映で、どの程度、制作費が回収できるのかは分かりませんが、最終的な収支がどのようになるのか、非常に気になっています。






今日のBBCメモ。

1:金正男氏死亡に関連し、さらに逮捕者が

2:タイ警察が修道僧を追って、寺院を強制捜査

3:カフェで携帯に充電するなら、支払わなければならない




2月15日(水)
新庁舎が建設中ですが、よく質問をいただきます。

『工事が遅れているように見えますが、本当にゴールデンウイークに引っ越しができるのですか?』という内容です。

私は建設関係の知識を持ち合わせていませんので、当局から言われていることを信じております。

なので、『引越時期が先になるとは、当局から言われていませんので、予定通り大丈夫だと思います』と、いつも答えています。

ところがです。

今日、市役所内で、思わぬ話を聞きました。

市長さんの2月最初のブログに、『当初の計画通りに工事は進まず、打ち合わせをした結果、7月3日より新庁舎での業務ができる予定となりました』と、書いてあるということです。

延期についての公式発表は、当局から何もないのですが、市長さんの公式ブログでは、延期決定が書かれています。

これって、トランプ大統領が、ツイッターで意見をばんばん書いているのと、似ているようなことと思えてならないのですが?

市長さんのブログを読んでいる人だけが、先に市の公式情報が分かるということになるとしたら、かなり異様なことでしょう。

いつ、市当局が、新庁舎の完成時期が延びることを正式に発表するのか分かりませんが、おかしな話と思えてなりません。

ちなみに、私は市長さんのブログを日頃、見ていませんので、延期の話は全く知りませんでした。

『市の情報を、いち早く知りたい人は、市役所のホームページではなく、私のブログを見てください』というような市長さんの姿勢は、いかがなものかと思いますが…








確定申告のため、富岡税務署に行きましたら、駐車場がガラガラで、違和感を持ちました。

去年は駐車場に車を入れるのに、かなり時間がかかったので、驚いたようなわけですが、
車を降りて、入口に貼ってあったポスターを見たら、2月16日からとなっているじゃないですか…

期間を間違えてしまったので、車が少ないのは当然です。

そんなわけで、仕方なく家に帰りました。

でも、家に帰ってから、確認のため税務署に電話をしましたら、『今日でも大丈夫です』とのこと。

なので、再度出かけ、確定申告をしてきました。

正式の期間より前というためなのか、待ち時間ゼロで、すぐに対応してもらえ、あっという間に申告を終えることができました。

ちょっとラッキーだったのかもしれません。

明日からは、とんでもない混雑になるのでしょうが、来年からは、ちょっと早く出かけるようにするつもりです。






今日のBBCメモ。

1:共和党員が、フリン氏の調査を求める

2:金正男氏の死亡に関連し、女性が拘束される

3:冒とく裁判のさ中に、ジャカルタで投票




2月14日(火)
ド找市観光協会で、電動アシスト付レンタサイクルの利用者数のデータをいただいて来ました。

それを見ますと、利用者数が、すごく少ないように思えてならないような数字で、驚きました。

たとえば、平成27年度は、一年間で273人です。

確か、10台ほどレンタサイクルはあったはずですが、平均すると、利用者は1日に1人以下です。

今年度は、昨年4月から1月までで、192人です。

普通の自転車ではなく、高価な電動アシスト自転車なのですから、もっと利用してもらえないと、宝の持ち腐れになってしまうように思えます。

PR不足というか、周知方法に問題があるように思えますが?







ずF、富岡市が制作している製糸場の映画『紅い襷(たすき)』のチラシを手に入れました。



それを見ましたら、『製作総指揮:岩井賢太郎(富岡市長)』と書いてありますが、こ、こ、これは…?



自治体が製作費を出すと、自動的に製作総指揮は、スポンサーである自治体の首長がなるというルールがあるのかもしれませんが、違和感を持ちました。

また、製作委員会のメンバーは、副市長さん、製糸場を愛する会の会長さん、市役所の部長さん2名の計4名でしたが、これもチラシを見て初めて知りました。

ところで、映画は、どんな感じのものになるのでしょうか?

全国上映を行うような話ですが、ヒットすれば、画期的な挑戦と評価されるでしょうが、逆の場合は…

いろいろ議論を呼ぶことになるのかもしれません。




E貅任痢◆悒▲瓮螢での原子力事業の損失額7100億円』というのは、一体全体、何なのでしょうか?

ちょっと金額のスケールが大きすぎるように思えますが?

この金額は、ちょうど群馬県の年間予算と同じくらいです。

こんなかたちで、シャープに続き、日本を代表する電機メーカーが幕を閉じてしまうとしたら、非常に残念です。

それにしても、私たちが若い頃の、日本の電機メーカーの国際競争力は、断トツで世界一だったと思いますが、デジタル時代の対応が遅れてしまったためか、完全にかつての地位を失ってしまいました。

昔を思えば、アップルのiPhoneは、日本のソニーが作っていなければおかしいようにも思えますが、そのソニーも、かつてに輝きを失った感があります。

人口減少も心配ですが、製造業の競争力低下は、もっと不安になります。





∪茲読めない、不安ばかりの時代ですので、そんな記事をネットで見つけると、つい読んでしまいます。

退職金や年金が多い方でも、ちょっとしたことで老後の生活は破綻する可能性があるのだそうですが、介護による老後破産を回避するためのポイントとして、この3点が挙げられていました。

・楽しみと引き換えに減る退職金
・予想より長引く介護わきまえて
・見栄よりも身の丈が生む安堵感

『何が起きても対応できるよう、身の丈に合った暮らしを、老後はしたほうが良いですよ』、という内容と受け取りましたが?

ところで、平成27年の、平均余命という国が発表したデータを見ましたら、平均余命は80歳男性は8.89歳、女性は11.79歳とのこと。

つまり、80歳まで生きた方は、女性なら平均で91.79歳まで生きるということです。

長生きするほど、人生のゴールは先に行ってしまうようです。

でも、これで幸せになれるのなら結構なことなのですが…







今日のBBCメモ。

1:トランプ氏のアドバイザーがロシアとの接触に関し辞任

2:東芝会長は原子力事業の損失で辞任

3:香港の警察官が、デモ参加者への暴力で有罪に






2月13日(月)
ぃ碍酊衫祺颪琉貳娘遡笋髻△修蹐修躪佑┐覆い箸い韻覆せ期です。

でも、今年の3月は、貫前神社の御遷宮祭の関係で様々な用事があり忙しいので、質問の数はグッとしぼる必要がありそうです。

どうしても言いたいことというか、取り上げねばならないことが1つはありますので、それは決まっておりますが、もう1件は何をしようか、検討中です。

決まっている1つは、市の重要事項を審議する『政策会議』のことです。

『富岡市は政策会議の会議録を残していない』という衝撃的な事実を、去る12月に知ってしまいましたが、情報開示や説明責任が求められている時代に、それはあり得ないような話でしょう。

『どうして会議録を残さないのか』、また、『残さないことの目的やメリットは何なのか』を質し、会議録をつくることを提案するつもりです。

でも、こんな当たり前のことを提案しなければならないというのは、ちょっと寂しいようなこととも思えますが…






I仝撞杰臾欧慮果で、酷い風邪はこの数年、引いておりませんが、ちょっと鼻が調子悪い状況です。

なので、夜のジョッギングは、この数日中断していますが、たとえ10分弱でも走れないと、何だか調子が悪いように思えます。

ところで、鼻呼吸睡眠の話を先日した方から、『もはらさんの話を聞いて、寝る時に口を留めるテープを、インターネットで買いました』とお声をかけられました。


私は、ガーゼなどを固定するときに使う、200円くらいの医療用のテープを使っていますが、その方は、専門の商品を購入したようです。

私が使っているテープは、1本買うと、数か月は使えますので、非常に格安です。

おそらくテープ代は、1日数円程度ですが、それで風邪の強力な予防ができるのですから、ありがたいものです。

専門の商品は、便利な点や使いやすさがあるのでしょうが、普通の医療用テープでも問題はありません。


また、先日、ちょっと聞いた話では、人間の口の中は、非常に細菌が多く、歯をよく磨く人でも1000億個、磨かない人は1兆個もの細菌がすみ着いているそうです。

そして、口呼吸で口内が乾いて唾液量が減ると、その最近の数は一気に増えて、非常に不衛生な状況になるのだとか…

なので、風邪予防だけでなく、鼻呼吸の徹底は、健康維持に大きな効果があるようです。

健康寿命を延ばす一つの有効な対策として、鼻呼吸の徹底は、意味があるように思えますが?

ご興味のある方は、ぜひ、お試しください。





∈鯑の、NHKスペシャルで、『子どもたちの貧困に関する全国的な調査が行われた』と報じていましたので、富岡市の状況を知ることができたらと思い、今日、子ども課に足を運びました。

しかし、担当の職員さんのお話では、『そのような調査については、行われていないと思いますが…』とのことでした。

大阪のほうのデータが大きく取り上げられていましたが、群馬でも、その調査は実施されたのでしょうか?

もしも、何か分かりましたら、連絡をいただくことになっていますが、ちょっと空振りで、富岡市の子どもたちの貧困に関する客観的なデータは分かりませんでした。



今日のBBCメモ。

1:フランスのスキーリゾートでの雪崩で5人死亡

2:アメリカのダムの危険性によりカリフォルニアで避難が始まる

3:北朝鮮がミサイルテストは成功と発表




2月12日(日)
ズL襪裡裡硲縫好撻轡礇襪如∋劼匹發燭舛痢惴えない貧困』を取り上げていました。

番組中で、『貧困の状況を調べるため、全国の自治体で、実態調査が行われた』と報じていましたが、富岡市でも実施されたのでしょうか?

どんな結果が出たのか、全国的な傾向と富岡市の状況は同様なのか違うのか、非常に気になります。

週明け、ちょっと調べてみるつもりです。




い箸△襪箸海蹐如⊃慶舎の話をしましたら、建築に詳しい方から、こんな質問をいただきました。

『隈研吾さんの設計する建物は、木をふんだんに使うものが多いですが、新庁舎建設後のランニングコストは心配ないのでしょうか?』というものです。

新庁舎の建設を決める時は、建設コストの面ばかり目に行ってしまい、正直なところ、ランニングコストは低い建物なのか、何とも言えません。

しかし、普通の箱型の庁舎と比べれば、当然、将来のメンテナンス費用は高くなるように思われます。

私は、今の庁舎建設の契約を決める議案は、1年半に見込み費用が50%以上も増えたことに疑問を持っていましたので、賛成しませんでした。

なので、ランニングコストまでは考えずに、反対したような次第です。

数十年後、『なぜ、こんにメンテナンス費用がかかる庁舎を建てたのか?』ということにならなければ良いのですが、こればかりは、その時になってみなければ、誰にも分かりません。

もう数か月もすれば、新庁舎は完成します。

イラストで見たのよりも、遥かに存在感がある建物になると思いますが、はたして市民のみなさんはどのような評価をなさるのでしょうか?









女子のアイスホッケー日本代表が、来年の冬季五輪への出場を決めたそうですが、女子の団体競技は、日本はとても強いように思えます。

サッカーはもちろんのこと、バスケットボールも、バレーボールも、男子チーム以上に世界で活躍していますが、さらにアイスホッケーもということになると、日本女性には、団体競技に有利な何か特別な才能や能力があるのかも?

体格的に劣る日本女子チームが活躍するというのは、非常にスゴイことです。

個人的には女子のアイスホッケーは、あまり馴染みがないスポーツでしたが、次の冬季五輪では楽しみになりました。




午後は、地区の総会があり、出かけました。

公会堂で行われましたが、年々、高齢化が進んでいるため、畳の上で座ることが大変な方が増えています。

椅子を使わざるを得ない方が、今日もたくさんおられましたが、あと10年もすれば、こうした集まりは、椅子に座るのが当たり前になるのかもしれません。

また、出席していた高齢者の方から、先日、寝ているときにベッドから落ちて、太ももを骨折したとのお話を伺いました。

どのような落ち方をされたのかはわかりませんが、そのような骨折があるということを初めて知りました。

最近、高さを上下できるベッドのCMを、テレビで時々見ますが、『そんなベッドが必要なの?』と疑問に思っていました。

しかし、こうした話を聞きますと、このようなベッドも、確かに必要な方はいらっしゃいますよね。

人口減少社会の日本では、高齢者マーケットは、唯一成長の期待が持てる分野ですので、これからどんどん新しい商品が発売されるのでしょうが…、世の中全体としますと、ちょっと寂しいようにも思えます。






今日のBBCメモ。

1:北朝鮮がミサイルのテストを実施

2:スイスが国籍法を緩和する

3:浮気を明らかにされ、男がウーバーを訴える






2月11日(土)
ぅ丱譽鵐織ぅ鵐如爾里海箸鮗茲蠑紊欧討い襯謄譽喩崛箸鮓ましたら、とある会社では、義理チョコを廃止し、その代り社員全員が募金をして、そのお金をアフリカに寄付しているのだとか。

これは、なかなか画期的な試みと思えます。

ある女子職員の方が、『バレンタインデーは、チョコをあげなくてはいけないというという義務感で大変でした』とコメントしていましたが、そろそろチョコレート業界のマーケティング戦略に乗らないことを、考えてもよい時期なのかも?

でも、その発想は、オジサンの考えであって、若い方はそういうもんじゃないですよね…




M縞は、地元の少年野球チーム『全一ノ宮少年野球』の『6年生を送る会』がヴァンベールであり、出かけて来ました。



今年は4名の6年生が卒団となりました。

実は、この6年生が4年生の時、部員数が9名に届かず、大会に出場できないということがありました。

幸い、その苦難を乗り越えて、その後は県大会でも上位に食い込む強豪チームになりましたが、少子化のため、今まで当たり前であったことが、どんどん当たり前でなくなり始めています。

保護者の方から伺った話では、今は高学年の5、6年生だけでチームを組めるところが減っていて、多くのチームは、低学年の子が試合に出ざるを得ないのだそうです。

なので、2、3年生が外野の守備につくようなチームは、外野に打たれてしまうと、それだけで点を取られてしまうこともよくあり、結局、高学年の選手でチームが組めるところが自動的に強豪チームになってしまうのが現状のようです。

おそらく今後、さらに少子化が進めば、小学校ごとのチームではなく、富岡市全体の少年野球チームという形になってしまうように思えます。

ところで、最近、小学生を身近で見るような機会はあまりありませんが、みなさん礼儀正しく、しっかりしていて好印象を持ちました。

おそらく、スポーツを通じて様々な経験をし、普通の子どもたちより大勢の大人と接する機会があるからなのでしょう。

4人の6年生は、西中に行ってから、野球部に入るのかは分かりません。

でも、西中野球部出身で、この春、阪神タイガースに入団する先輩もいるのですから、ぜひその野球部に入って、西中を盛り上げていただきたいと思いますが…






午前中は、本日から美術博物館で始まったコレクション展『郷土ゆかりの作家たち』を見に行ってきました。

個性豊かな様々な作品が展示されていましたが、地元に、これほど多くの活躍されている画家の方がいることに、あらためて気づかされました。

写真撮影ができませんので、画像で紹介はできませんが、ぜひ一度、お出かけください。

また、先週一度見た、富岡市内出土品展『よみがえる! とみおか』にも、せっかくですので再度、行ってみました。



大勢の入場者の方がおられ盛況でした。

やはりイベントは、人が人を呼ぶというところがあるというところでしょうか?



ところで、美術博物館の2階の、ここの雰囲気は、魅力的です。



ここで、特設のカフェコーナーでも設けることができたら、オシャレですよね。

いろいろな事情で難しいのでしょうが、イベントの時だけでも、一度、やってみたら面白いように思えますが?






今日のBBCメモ。

1:トランプ氏は新たな渡航禁止令の発令を検討する

2:数百頭のクジラがニュージーランドで岸に上がる

3:インドで捕らえられた中国人男性が家に帰る




2月10日(金)
だ鎖静にまいってしまう市役所の職員さんの話が、時どき耳に入ります。

最近、また、いろいろな部署で、そうした理由の病欠が増えているように聞きましたが?

この時期になりますと、来年度の組織機構も固まりつつあるのでしょうが、仕事量と職員数のバランスがとれた人員配置にしていただきたいものです。

人件費削減ばかりに目が行き、役所の業務が停滞してしまっては本末転倒です。

市民サービスの停滞が生じることがないような改革を進めてほしいものです。

ところで、私は、議会の中で、多数派の議員さん方と根本的な考え方が違うため、時々おかしな圧力をかけられます。

精神的には参ってしまうことはないのですが、頭の中が混乱するような理解不能なことを言われるときがありますので、頭のほうが参ってしまわぬように気を付ける必要があるのかも…




2仍の原因の第一位は放火で、その大半は『愉快犯』という話を聞きました。

何とも恐ろしい時代ですが、家の前に、燃えやすいようなものを出しっぱなしにしていると、特に危険なようです。

また、車に乗っている時、前の車から、火が付いたままのタバコが捨てられるのを見ることがあります。

自分の車の中に灰皿がないのか、あってもそこに吸い殻を入れておくのが嫌なのか、はたまた、外にタバコを投げる行為が『カッコいい』と思っているのかは分かりませんが、大火にでもなれば、とんでもないことになりますので、そうしたことは絶対に止めていただきたいものです。

以前、国道254号の交差点近くにお住いの方から、『家の前の道路に、時どき、火が付いたままのタバコが捨てられるので、枯葉がたまっているような時期は、本当に怖いです』とお聞きしたことがありますが、それは怖いですよね。






朝日新聞と読売新聞からもらった図書カードがありましたので、今日発売のBE−PAL3月号を買いました。

付録の、小さな財布が、ちょっと欲しかったということもありましたが…



次の市議会だよりのポスティングを行う時から、免許証&小銭入れ用に、利用しようと思います。

BEーPALとか、Tarzanとかの雑誌は、面白そうな特集の時は、買うようにしています。

雑誌は、図書館で読んだり、いまはDマガジンを使ってネット上でも読むことはできますが、好きな雑誌は応援するという意味も込めて、時どきは買っています。

おそらく、これから人口がどんどん減っていけば、雑誌は廃刊ラッシュになると思われます。

でも、独自の視点の特徴ある記事を掲載している雑誌には、末永く残ってほしいものです。

断捨離や、ミニマリストという生き方が時代のトレンドで、『一度読んだら捨ててしまう雑誌などを買うのは大きな無駄』的な雰囲気が世の中にはありますが、雑誌文化を残すためにも、応援したい雑誌は時々でも購入することが大切と考えております。

でも、Dマガジンで、パソコンの画面で読むのよりも、実際の紙のページのほうが、やはりいいですよね。

当たり前のことですが…






今日のBBCメモ。

1:裁判所はアメリカの渡航禁止令の再開を拒否

2:ジョージ・クルーニー夫妻に待望の双子が

3:トランプ側近によるイバンカ・ブランドの宣伝は受け入れがたいもの



2月9日(木)
ずのところ、この冬も、風邪やインフルエンザで寝込むようなことはないのですが、昨日、風邪が酷そうな方の横に座りましたら、ちょっと風邪をうつされたのでしょうか?

何か、喉に違和感があります。

多分、この程度で症状は止まるかとは思いますが、やはり冬場は、マスクくらいはしたほうが良いのでしょうか?

ウイルスは、マスクの繊維のすき間を通ってしまうくらい小さいので、マスクはあまり効果がないような話も聞きますが、マスクを装着することにより、疑似薬的な安心感を得られることが、もしかすると風邪の予防につながるのかも?

風邪やインフルエンザは、あと20日間くらいが、危険な時期かと思いますが、何とか切り抜けたいものです。

でも、その先に、私にとっては『風邪・インフルエンザ』以上に厄介な『花粉症』が待っていますので、ちょっと辛い所ですが…






I找市の人口は、毎月少しずつ、確実に減っています。

しかし、世帯数はわずかではありますが、毎月増えています。

以前から、このことが非常に不可解に思えていましたので、住民基本台帳や戸籍などを担当している部署で、お話を伺ってきました。

これは『複数の要因で、こうした現象が生じているのではなかろうか?』とのお話でしたが、ズバリこの理由、というものは分からないようです。

強いて言えば、『核家族化で、世帯を抜けて、新しい世帯になる人が今でもかなり多いこと』と、『外国人の方々の増加』が、考えられるようです。

たとえば、外国人の方が富岡市内に一人で住み始めれば、それだけで1世帯とカウントされます。

なので、5人住み始めれば、それだけで5世帯の増加になります。

実は、『高齢者の方が介護保険料などの負担を減らすため、世帯を分ける』という話を聞いたことがありましたので、てっきりそれが、世帯数増加の大きな原因かと思っていましたが、どうもそうではなさそうです。

ちなみに、この2月1日現在の、市内に住む外国人の人数は549人とのことです。

おそらく、この数は、今後も少しずつ増えていくかと思われます。









午後から、白いものがぱらつきましたが、夜、公民館に行ったときの雰囲気では、明日の朝、雪が積もるようなことはないのでは?

この時期、雪が降りそうになりますと、つい3年前の空前の大雪が思い起こされます。

あのときは、本当にびっくり仰天でした。

まさか一晩で、あそこまで雪が積もるとは、誰も予想できなかったでしょう。

街中が、静寂に包まれ、映画の中の世界のようにも思えました。

明日は、もしかしますと、路面凍結の可能性がありますので、ノーマルタイヤの方はご注意ください。

特に、坂井工業団地近くの下りの県道は、スリップ事故が毎年起きていますので、一ノ宮小児童の登下校時には、安全運転でお願いいたします。

ちなみに、3年前の大雪では、一ノ宮小前につながる直線道路が、こんな信じられないような状況でした。








今日のBBCメモ。

1;世界最大規模の難民キャンプは継続されることに

2:ドイツは難民の国外退去を強化する予定

3:トランプ大統領が中国のリーダーとの間の緊張をほぐす



2月8日(水)
け撚茵愀の名は。』が大人気ですが、実は私は、見ていません。

今日、とあるところで、この映画の話になり、大人の方、3人から『面白い映画でした』と言われました。

この映画は、中学生から20代くらいの方が見る映画なのかと思っていましたので、見るつもりはありませんでしたが、ちょっと気が変わりました。

近いうちに、見てみましょう。

イオンシネマで見ますと、55歳以上の割引料金に確かなるのでは?

歳を取っても、いいことなど何もありませんが、この割引を受けられるときだけは、『小さな幸せ』を感じ、『歳を取るのも、そう悪くないかも…』と、ほんの数秒、思います。






ベータの書き方ですが、『左下から上に書くのは、当たり前じゃないですか! 反対から書く人なんて、そうはいませんよ』と、とある方から言われましたが、『なるほど、世の中はそうだったのか』と、ちょっと思えました。

そうなると、『&』の書き方は、どう書くのが正しいのか…?

こういうことは、どうでもいいことですが、気にし始めると、妙に気になります…ね。

ところで、ワタクシ、この『&』が、どうも上手く書けなくて、いつも困っています。

美的センスがないと、この類の文字はキレイに書けないということでしょうか?





以前、議会のとある先輩から伺った話ですが、30年、40年前の富岡市議会の一般質問は、質問時間の制限はなく、さらに再質問の原稿を当局に提出するようなこともなかったため、今とは比べものにならない緊張感があったとのことです。

当時は、答弁する部長さんが、あまりのプレッシャーで、精神的に参ってしまう方もおられたと聞きましたが、確かにその進め方では、そうなるのも当然でしょう。

それに比べれば、今の富岡市議会の一般質問は、当局側にとっては、ありがたい進め方でしょう。

すべて事前に質問内容を議員が当局に提出し、質問と答弁の部分はすべて原稿が出来上がっているものを読んでいるだけなのですから、昔の議会を知っている方が見れば、今の一般質問は、議員と当局の間でセレモニーか茶番劇でもやっているように見えてしまうのでは…

そのくらい、今の議会の一般質問は、当局に対して配慮がなされているのに、実はさらに配慮がされるような雰囲気があります。

それも、議員側から、それを進めようとしているのですから、噴飯ものです。

市長さん支持の議員さん方が、どんどん議会のチェック機能を骨抜きにしているような印象を私は抱いてしまいます。

何度も書いていますが、当局側から議会に対し、非礼・無礼・侮辱的なことが度々あったにも関わらず、『何も言えない、何も言わない』議員さん方がとても多くて、辟易しております。

市役所の職員さんが、市長に対して意見を言えないのは当然ですが、二元代表制の議会側にいる人間が、市長に対して一切批判的なことが『言えない、言わない』というのは、議会のチェック機能を自ら放棄していることということが、お分かりではないのでしょうか?

今の議会の状況では、議会の役割を、私は果たしていないと感じております。

市長さんを『ヨイショ』するような内容の一般質問が多いことも、何だか心配になります。

今日も、ちょっと会議がありまして、大変ウンザリしてきました。

こんな状況が、『線路は続くよ、どこまでも』的に、続いていくとすると、富岡市の未来は、不安に思えてなりません。

おかしなことにならなければ、いいのですが…






今日のBBCメモ。

1:ロシアの敵対するリーダーは有罪に

2:アフガニスタン赤十字の職員がイスラム国によって殺される

3:フィリピンのスラムが破壊される




2月7日(火)
ね縞、甘楽町役場にお邪魔し、甘楽町が運行しているデマンドタクシー『愛のりくん』について、担当の職員さんからお話を伺ってきました。



現在3年目を迎えるデマンドタクシーですが、以前の停留所で乗り降りするバスに比べて、利用者の方には使い勝手がとても良く、好評のようです。

ちなみに、デマンドタクシーを利用するには、事前登録が必要ですが、甘楽町の人口が1万3千人ほどのところ、1134人の方が登録しているそうです。

運行開始時は、町内のみが範囲でしたが、『富岡総合病院と七日市病院まで行ってほしい』という要望が多く、運行範囲は町内プラス二つの病院になったとのことでした。

高齢者の運転による交通事故が増え、大きな社会問題となっていることを考えますと、自宅から病院やお店まで、低料金で乗れるデマンドタクシーは、公共交通が整っていない地域にとっては、とても大きな意味があるのではないでしょうか?

富岡市でも、全域で走らせてほしいと個人的には考えておりますが、今のところ、高いハードルもあるような印象です。

また、お話を伺った帰りに、町長さんとお話もさせていただきました。

甘楽町の姉妹都市である、チェルタルドとの交流のお話をお聞きしましたが、甘楽町では中学生の派遣だけでなく、町民の方も、チェルタルドに行ったことがある方は大勢いらっしゃるとのことでした。

チェルタルドには甘楽町のイタリア海外駐在事務所があって、そこを通して、ワインやオリーブオイル、お菓子などの輸入をしているそうです。

ここまで深い交流ができれば、友好都市も大きな意味がありますが、富岡市は、フランスのブール・ド・ペアージュ市と、同じレベルのことが果たしてできるのでしょうか…

ちょっと微妙なものを感じてしまいます。






ギリシャ文字のベータは、よく高校の数学で使われますので、みんさんご存知かと思います。

しかし、この綴り方については、どちらから書くのが正しいのか、多くの方が習った記憶はないのでは?

実は、正しい綴り方というのを、今日、知りました。

左下から上に直線を書き、その後、下に曲線の山を二つ書くのが、正しいのだとか…



ワタクシ、これまでずっと、逆から書いていました。

60歳近くになっても、この世の中は、分からないことばかりのようです。





∈Fはまず、レンタル用の電動アシスト自転車の利用状況を確認するため、観光協会に出かけました。

その後、観光おもてなし課で、低速電動バスについて、お話を伺ってきました。

このバスは、1日10便、街中を走っておりますが、これまでの月別乗車数は、以下のとおりです。

10月 2378人
11月 2004人
12月 1075人

また、このバスは、運賃としてお金をいただくのではなく、ガイド料100円をいただいておりますが、そのことについて、ちょっと疑問を持っていましたが、今日、課長さん、係長さんとお話し、理解できました。

現在走行している電動バスはリースのものですが、近々、市が購入したバスが来たら、それに代えて今後は運行していくとのことです。

ちなみに電動バスの購入金額は1700万円ほどで、これは全額、国の加速度交付金を使うとのことです。








今日のBBCメモ。

1:フランスの前大統領であるサルコジ氏が訴えられる

2:数万人がシリアの刑務所で絞首刑になる

3:カブールの裁判所で自爆テロによる多数の死者




2月6日(月)
ど拗發今年、創立120年記念の式典を行いますが、県内の高校の歴史をネットで調べましたら、ちょっと意外な事実に気づきました。

いくつかの高校の、創立後の年数を記しますと、
富岡東高(108年)、桐生女子高(109年)、前橋女子高(107年)、太田女子高(96年)、高崎高校(120年)、桐生高校(100年)、という感じです。

東高は、前女や太田女子よりも歴史があるということを初めて知りました。

また、富高が高高と同じ120年で、桐生高校よりも20年も歴史が長いことも、これまで知りませんでした。

このように考えますと、100年ほど前の群馬県では、西毛地区は、かなりの勢いがあった地区だったように思えます。

富岡製糸場などの製糸業が、日本を支えていた時代ですので、富岡甘楽地区は、日本のシリコンバレーのような先端産業集積地だったのかも?

地域に活力があれば、学校も当然、整備が進みます。

県立高校の歴史を知って、意外なことに気づきました。





とある雑誌を見ていましたら、歴史上の人物の推定身長が書かれていました。

それによると、西郷隆盛が180cm、平清盛は178.7cmなのだと。

平清盛さんは、平安時代末期のお方ですが、この頃で180cm近い身長というのは、かなりの大男だったことでしょう。

今なら、200cmを超えているレベルの感覚では?

低身長のほうでは、豊臣秀吉が140cm、源義経は147cmだったのだとか。

どのような方法で、解明できたのかはわかりませんが、体つきが何となく分かりますと、歴史上の人物も、ちょっとリアリティが感じられます。




広報とみおか2月号を見ていましたら、『この10年間で富岡市の財政状況が改善している』という内容が、『市長室から』のコーナーに書かれています。

確かに、財政調整基金などの基金残高は大幅に増えて、経常収支比率などは改善しています。

でも、だからといって、財政状況は改善しているとは簡単に言えないようにも思えます。

富岡市は平成18年の3月に合併したことで、その後の10年間は、地方交付税の優遇措置を享受することができました。

その額は、1年間で約6億円なので、10年間では60億円ほどです。

また、この間に、富岡製糸場の世界遺産登録という、大きな幸運にも恵まれ、入場料収入も想定以上の金額となりました。

なので、私は、財政状況が改善したのは、この二つの要素と、職員数の大幅削減による人件費圧縮が、大きな理由と考えております。

ところで、この時期に、財政状況の改善を市報で特集するというのは、もしかすると来年のイベントが、関係しているような…

製糸場の映画制作も、ちょっとそんなふうに思えますが…、このあたりは、また次の機会に触れましょう。








今日のBBCメモ。

1:トランプ氏が禁止令関する裁判官批判をネット上に

2:ペィトゥリオッツがファルコンズに、スーパーボールで勝利し衝撃を与える

3:調査がオーストラリア・カトリック教会の虐待を明らかにする




2月5日(日)
I went to Tomioka city museum and found a pair of shoes at the parking area.



It seemsn that someone left it.

I don't take off my shoes when I drive a car.

So I feel this sight strange.





C輒椶寮藺綸超萃港挙は、小池都知事が支援した現職候補の方が、自民党支援の新人をトリプルスコア以上の大差で破りました。

ここまで大差がつくとは、衝撃的です。

こうなると、次の都議選は、維新の会ができたときの大阪の橋下旋風のように、小池旋風が吹きまくるように思えます。

自民党の都議の方々は、今日の結果を見て、焦っているのでは?




∈Fは、午前11時前から閉館時間の夕方5時まで、図書館で調べごとをしましたが、ちょっと意外なことに気づきました。

私は、結構、図書館には行くほうですが、これまでは長くても2時間程度しかいたことがありませんでした。

なので、6時間も図書館にいたのは初めてなのですが、周りの机に座っていた人のかなり多くは、私が行った時間にはすでにいて、閉館近くまでおられました。

今日は日曜日ということもありますが、こんなに長時間、図書館で本を読んだり、勉強をしている人がいるとは思っていませんでしたので、驚きました。

ちょっと離れた席では、体操着姿の中学生が二人並んで、時々休憩はするものの、ずっと問題集を解いているような様子が見えました。

自分の中学生時代を振り返れば、1時間、勉強すれば嫌になってしまうような状況でしたので、『こんなに長時間、勉強する中学生がいるとは!』と、ビックリしました。

おそらく受験直前の3年生が、最後の追い込みで勉強していたのでしょうが、ぜひ、入試では頑張ってほしいものです。

ところで、図書館の椅子って、長時間座っていても、なぜお尻が痛くならないのでしょうか?

椅子は、それほど特別なものには見えませんが、違和感なく座っていられます。

また、今日は一日、図書館で過ごしたような状況ですが、このような時間の使い方をすれば、お金がかからないところも、よろしいように思えます。

車で、ちょっと高崎とか、軽井沢とかに出かけますと、つい、あれこれ買ったり、食べたり、スターバックスで抹茶ティーラテを飲んだりしてしまいますが、遅めの朝食を食べて、図書館で夕方まで、調べごとをしたりして時間を過ごせば、お財布にやさしいだけでなく、頭の活性化や認知症の予防にもつながるのでは?

実は、図書館に出かけたのは、市議会だより第58号の原稿を書くためだったのですが、図書館の面白そうな本を読み始めたら、そちらに夢中になってしまい、あまり原稿は書けませんでした。

まあ、このような脱線は、よくあることで仕方ないのですが…


図書館は、多くの市民のみなさんが利用できる施設ですので、市の魅力を高めるのに、図書館の充実は、とても効果があるように思えます。

製糸場の映画を作って全国で上映し、世界の映画祭に出品するよりも、個人的には、図書館の充実にお金を回した方が、市民のみなさんにとって、メリットがあるように思えますが…、そういうことを言いますと、『製糸場の映画がいかに大切なものなのか』、賛成派の議員さん方から、あれこれ言われてしまう可能性が高いので、言うのはここだけにしておきましょう。






今日のBBCメモ。

1:拒絶された入国禁止を戻そうとするトランプ大統領の企て

2:判決取消を待つルーマニアの抗議する人々

3:フランス政界の新しいスターが結束を呼びかける




2月4日(土)
こんな話を耳にしました。

国は社会保障費の給付をどんどん抑制していかざるを得ず、今後、あらゆる介護サービスから見捨てられる『介護棄民』が増えていくのではなかろうか?

そんな話です。

また、日本は高齢者の就業率が、世界の中でも非常に高い国です。

★高齢者の就業比率の国際比較(平成25年)★
日本20.1%
フランス2.2%
ドイツ9.5%
アメリカ17.7%

この理由は、日本の高齢者は『働く意欲が高い』のではなく、『働かなければ生きていけないから』ではなかろうか、という話も聞きました。

今でさえ、生活に困窮する高齢者の方が激増していますが、これから先はどうなってしまうのでしょうか?

『恐ろしいのは、早く死んでしまうことよりも、長く生きること』という時代が、将来やってきてしまうのでしょうか…





午前中は、富岡市内出土品展『よみがえる! とみおか』を見に出かけました。

土曜日ということで、子どもさん連れの家族の方も多く、とても賑やかな雰囲気でした。

毎年思うことですが、5千年ほど前の縄文式土器をじっと見ますと、この模様に、『なつかしさ』のようなものを、つい感じてしまいます。



もしかしますと、私の体の中のDNAが、反応するようなものがあるのかも?

目の前で、数千年前のものを見ることができる機会など、滅多にあるののではありませんので、みなさん、ぜひお出かけください。

2月12日まで開催しています。










今日のBBCメモ。

1:トランプ大統領の旅行禁止令を、シアトルの裁判官が阻止

2:ルーブルの襲撃事件犯はエジプト人

3:消息不明の映画製作者の遺体が見つかる





2月3日(金)
ぬ襪蓮一ノ宮小の子育連・PTA合同新年会がありました。

最近は、小学校の新年会に行きますと、職員の方と保護者の方の区別が良くつかないような感じで、その点がちょっと困ります。

ちょうど20年前、一ノ宮小のPTA会長、21・22年前に子育連の会長をさせていただきましたが、月日の流れの速さを痛感します。

これから20年過ぎれば、80歳が目前です。

人生の短さが、良くわかってきたとでも言いましょか…

ところで、会場では、いろいろな方とお話ができました。

小学生の子どもさんを持つ保護者の方とお話する機会は、最近あまりありませんので、勉強になりました。

その中で、小学校のすぐそばの狭い道を、大型トラックが工事の関係で、最近よく通るという話を聞きました。

『子どもたちの登下校中だけでも、別の道を通るようにしてほしい』とのご意見もいただきましたので、調べてみるつもりです。







8畍紊蓮∪消罎嚢圓錣譴仁志式に来賓として出席しました。



今年、立志式を迎えた2年生のみなさんは106名でした。

また、今回は、すべて生徒さんが運営していましたが、このような式典を生徒会役員が中心になって行うのは、とても珍しいのでは?

いつもと違った新鮮さが感じられ、とても印象に残りました。


106名の生徒さんが順番に、それぞれの誓いの言葉を述べました。

将来、社会を担っていくという思いが感じられ、頼もしく思えました。

最後の記念合唱も、素晴らしいハーモニーで、とても心に響きました。

西中の卒業生の一人として、後輩のみなさんの清々しい姿を見て、嬉しかったです。

2年生のみなさん、今日は立志式、おめでとう!






午前中は、甘楽町のデマンドタクシーについて、話を伺おうと思い、甘楽町役場に出かけました。

受付で、その旨を伝えお願いしたところ、ちょうど担当部署の方が別の用事で外出中であったため、今日はお話を伺うことができませんでした。

電話で確認してから、伺えば良かったのですが、私の、うっかりでした。

後日、再度、お邪魔するつもりですが、甘楽町役場の皆様、その時はよろしくお願いいたします。






今日のBBCメモ。

1:フランス兵がルーブルで犯人を狙撃

2:アメリカは北朝鮮に核攻撃を行わぬよう警告

3:アップル社がインドでiPhoneの製造を開始





2月2日(木)
今日の読売新聞に出ていた話題です。

全国大学生協の2015年の調査によると、1日の読書時間がゼロの大学生の割合は、45.2%とのこと。

つまり、ざっと大学生の二人に一人は、本を読んでいないということになりますが、これは本当なのでしょうか?

また、『いまの大学の授業は、学生から質問が出ない』という記事もありました。

さらに、質問がないだけでなく、授業中にノートをとる学生が非常に少ないのだとか…

少子化の影響で、大学入試の門が広くなり過ぎたことも関係しているのでしょうが、日本の未来が不安になります。

そして、以前聞いた話ですが、大学によっては、英語の授業は、中学校で習う『be動詞』から始めるとのこと。

冗談でもギャグでもなく、本当の話のようです。

人口減少問題も深刻ですが、こちらの方も同じくらい深刻に思えてきました…







△い涵莵腑織シーと、電動バスのことで、ちょっと気になることがあり、調べています。

乗合タクシーは、現在、黒岩線などで、一部デマンド化の試行を行っています。

例えば、黒岩地区で事前に登録をされた方は、前日に予約すれば、家から総合病院まで200円で行くことが可能です。

実は、このデマンドタクシーを『私の住む地区でも利用できるようにしてほしい』というお声を、高齢者の方からいただいております。

しかし、調べたところ、現在の乗合タクシーを全面的にデマンド化したとしても、利用できない地区がかなり出てしまうようです。

いまの乗合タクシーは、公共交通機関が利用できないエリアに住む方々のための交通手段です。

なので、吉田地区など、上信電車が利用できる地区には、乗合タクシーは走っておりません。

よって、富岡市の乗合タクシーが、デマンド化されたとしても、上信の駅近くにお住いの方は、利用できないことが十分に考えられます。

なかなか難しい問題が、乗合タクシーのデマンド化には、絡んでいるようです。

また、電動バスのほうで、気になっているのは、このバスは利用者から100円をいただいておりますが、それは運賃ではなく、ガイド料としてです。

以前、当局から伺った説明では、『運賃としてお金をいただくと、国の免許が必要になるので、ガイド料としてもらう』という内容だったと記憶しております。

そこで気になるのは、なぜ、このような方式が可能なのかという法的根拠です。

そこの説明をいただけなかったので、今になって非常に気になっているのですが、近いうちに確認したいと思います。





今日のBBCメモ。

1:トランプ大統領が豪首相と最悪の電話会談を行う

2:米防衛庁長官が韓国を再確認

3:英政府がEU離脱の計画を提示





2月1日(水)
△海裡鰻遒寮住緇譴瞭場者数を調べましたら、27716人とのこと。

昨年1月が38337人、一昨年が58769人ですので、大幅な減少です。

入場者数の減少は、以前から予想されていたことですので、仕方ありませんが、一昨年の半分以下になってしまったこの減り方は、非常に気になります。

石見銀山が、世界遺産になった数年後に、大幅に観光客数を減らしましたが、『富岡製糸場は首都圏から近いので、そんな心配はない』という話を、これまでよく耳にしました。

しかし、今の減少傾向を見ていますと、ちょっと楽観し過ぎていたように思えてなりません。

かなり雲行きが怪しくなってきたのではないでしょうか?


実は、第2次富岡市総合計画では、平成38年度の製糸場の目標入場者数を100万人としています。

しかし、このままの流れでは、100万人どころか、50万人のほうに近づいていってしまう可能性が高いのではないでしょうか?

『製糸場を核としたまちづくり』を進めている富岡市ですが、その核がぐらついてきたような懸念を感じます。

20年後、30年後には、『なぜこんなまちづくりを進めてしまったのか?』という大きな議論が起きているかもしれません。

2040年に、富岡市は人口が3万8千人ほどで、高齢化率が40%を超えます。

そのとき、富岡製糸場を核としたまちづくりが進んでいたとしても、市民にとってどんなメリットがあるのか、私にはよく分かりません。

地方の小さな市に、日本を代表する一流建築家の建物がいくつも並んでいたとしても、それはメリットよりも、大きな負担になっているようにも感じますが…

身の丈に合ったまちづくりを進めることが最も重要と、私は考えます。





今日のBBCメモ。

1:トランプ大統領が最高司法府に保守系の人選をする

2:中国人大物実業家の行方不明の謎

3:アフガニスタン女性の耳が夫によて切り落とされる






1月31日(火)
4霑単儻譯海痢富岡製糸場の特集ページを読みました。



中学校で習う英語で、ここまで詳しく分かりやすく、富岡製糸場の説明ができるとは驚きです。

これは、素晴らしい教材と思えました。

これを全文暗記すれば、外国人観光客に対し、的確な説明もできるのでは?

著作権などの問題もありますので、どこまでこの文章を使ってよいのかは分かりませんが、富岡市のPRに使わさせていただきたいものです。

ところで、久しぶりに基礎英語のテキストを読みましたが、昔よりも内容が豊富で、身近なテーマを取り上げているように思えました。

これを、毎日聴き続ければ、ヒアリングの力がすごく伸びることは確実でしょう。

今や、ネットでラジオ番組が聴ける時代ですので、これを機に、ちょっと聴いてみたいような気がしてきました…







△箸△觸馘垢如■裡硲縫薀献講座『基礎英語3』のテキストが並んでいましたので、1冊購入しました。

また、全く関係ないのですが、『0.2ミリ芯』のシャープペンが目に入り、謝礼品の図書カードがありましたので、衝動買いをしてしまいました。



最近は、後で確認するノートは『0.5』、急いでメモを取るときは『0.9』、そして暗記用のメモ帳は『0.3』のシャープペンを使っています。

メモ帳には、できるだけ小さな文字で、1ページにたくさん書きたいのですが、『0.2』のシャープペンならば、それができるのではと期待し、買ってみました。

使ってみますと、非常に良くできているシャープペンでした。

パイプで0.2ミリ芯を常時覆っていますので、芯は極細ですが、余程のことがなければ折れません。

結構、これは重宝しそうです。

ただ、私は幸い老眼の症状があまり出ていないので、便利に思えますが、新聞の文字が読みづらいような方が使うと、線が細くて見づらいように思えます。

ところで、私が中学生の時、0.3ミリのシャープペンが確か発売されました。

その時のテレビCMは、堺正章さんが『0.3ミリ、君のは太い』と最後に言うものでした。

当時は、0.5ミリでも非常に細いと思えましたので、0.3ミリは大きな驚きでした。

さすがに、それより細い芯のシャープペンは、もうないだろうと思っていましたが、0.2ミリが出てくるとなると、私が生きているうちに、0.1ミリのシャープペンがひょっとすると発売される日が来るのかも?





今日のBBCメモ。

1:トランプ大統領が反抗的な司法長官を解雇

2:カナダのモスク襲撃で学生が告発される

3:母親が空港で、授乳の説明を求められる






1月30日(月)
ジ畍紂教育委員会で、いろいろお話を伺ってきました。

今日は、ALTの先生方が、奥のほうでミーティングを行っているところが見えました。

そこで、ちょっと思ったのは、『ALTの先生方に、フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSを使って、英語で富岡の情報を発信してもらえたら、面白いのでは?』ということです。

ALTの先生方は、私の家のすぐそばに、実はお住まいです。

なので、先生方がプライベートで集まっているときにでも、私もその場に、お邪魔したいと思っているのですが、なかなかそのチャンスがないとでも言いましょうか…

ALTの先生方のお力をお借りして、富岡市の活性化につなげたいものです。






ぅ肇薀鵐彗臈領の大統領令に、世界が揺さぶられています。

人種や宗教には寛容であったアメリカの多様性は、ここに来て、大幅に後退してしまったように思えます。

トランプ大統領に対し、批判的な意見をはっきり述べる各国首脳が増えてきた印象がありますが、安倍総理は、あまりにもトランプ大統領寄りの姿勢を強調すると、世界で浮いてしまう存在になってしまうのでは?

2月に、トランプ大統領と会談する予定がありますが、安倍総理は難しい判断・決断を求められるのかもしれません。

世界の情勢は、穏やかではない方向に、確実に進んでいるように思えます。

私が、日本の一地方で、あれこれ心配しても、どうにもなるものではありませんが…


ところで、トランプ大統領の悪い面ばかりが表に出てしまっているような状況ですが、大統領就任後、わずかな期間で、ここまで多くのことを実行した大統領は、これまでおられなかったのでは?

そのエネルギッシュな行動力は、すごいことと思えます。

また、大統領令に対し、アメリカ中で抗議のデモ等が行われている点も、アメリカ社会の健全性と民主主義の成熟度を感じます。

日本も、もう少し、政治に対して声を上げるような文化が育ってもいいように思えますが、まだまだ時間がかかるのでしょうか?







とある広報誌を読んでいましたら、新年の挨拶の中で、『今年は昭和92年』という表現がありました。

計算すれば、だれでも分かることですが、そのようなカウントの仕方を普段は全く意識していませんので、『あー、そうなんだ』と新鮮な驚きを感じました。

普通のことでも、ちょっと別の角度から見ると、意外なことに気づかされることがあります。

今度、どこかで話をするときに、昭和92年を使ってみようかと思います。

ちょっとした、話のつかみに、よろしいのではないでしょうか?





暖かい日になりましたが、夜になったら、元に戻ってしまったような感じです。

寒暖差が大きいと、体調を崩してしまう方が増えるかもしれませんが、注意したいところです。

ところで今日、市内の某書店で、製糸場の歴史を取り上げた『基礎英語3』のテキストを買うつもりで出かけたのですが、一年生、二年生用の1と2のテキストはたくさんありましたが、肝心の3は、1冊も並んでいませんでした。

もしかしますと、製糸場が取り上げられているので、まとめて購入したような方がいたのかも?

高崎に行ったときでも、大型書店でちょっと探してみましょう。

でも、ラジオ講座のテキストは、スタートする4月号はかなりの数が売れても、翌年の2月号になれば、あまり売れないというのが一般的かと思いますが…

ちょっと意外でした。




今日のBBCメモ。

1:カナダのモスク内の銃撃で6名が死亡

2:100万人がトランプ大統領を止めるための嘆願書に署名

3:フィリピンが麻薬への戦いを中断することに




 














































































































 
 











これまでの活動記録 (毎日更新中!)
2017年 1月
2016年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2015年 12月 11月 10月 9月 8月 7月  6月  5月   4月 3月 2月 
1月
2014年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月  3月 2月 1月

2013年 12月 11月 10月 9月 8月 7月中・下 7月上 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2012年  12月 11月 10月 9月 8月  7月 6月 5月 4月 3月 2月
 1月
2011年 12月  11月 10月 9月 8月 7月 6月  5月 4月 3月 2月 1月
2010年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 
2009年  12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2008年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月   




































丹生湖 ひまわり畑の情報サイト
富岡市に行ったら、必ず訪れたい10のスポット
プロディールのボールペンに魅せられて prodir swiss

オリジナルラベルワイン1500円 

富岡慕情