富岡市を元気に!子どもたちに明るい未来を! 富岡市議会議員 茂原正秀WEB-SITE
TOP    これまでの活動記録(毎日更新中!)








15分でアートのような作品をつくる!
15 Minutes Art by MOHARA!














富岡市の桜
富岡市の美しい風景
富岡市観光協会のFacebook
富岡製糸場Facebook
富岡市イベントカレンダー

便利な情報サイト
ダイヤモンド・オンライン
東洋経済オンライン
日経新聞
読売新聞オンライン
朝日新聞
毎日新聞
産経新聞
東京新聞
ロイター
共同通信
ニューズウィーク
NHK
プレジデント公式サイト
上毛新聞
The Japan Times Online


1:あなたのまちの「トンデモ議員」を炙り出せ!

2:なぜ質問しない議員ばかりに? 地方議会の「怠け者の楽園」ぶり

   




★もはら撮影
 動画情報★

まなびのつどい
2014.2.2


富岡市成人式
2014.1.12


富岡市消防隊
出初式2014年


貫前神社2014年
元旦


富岡市・安中市・軽井沢町の観光連携協議会設立趣旨発表
2013.12.26


貫前神社 御戸開祭 2013.12.12

群馬サファリ富岡マラソン大会
2013.12.8


第8回富岡市一周駅伝

第2回スロージョギング教室 
2013.11.23


佐原市の『歴史ある町並み』
2013.11.5

モザイクアートで
ギネスに挑戦

2013.11.4

妙義山紅葉
フェスティバル

2013.11.3

スロージョギング
教室

2013.10.27

富岡製糸場に
ふっかちゃん

2013.10.4


富岡市交通安全
パレード

2013.9.25

富岡市CM 
2013年わがまちCM
コンテスト最終選考作品


同志社大学
今出川キャンパス

2013.10.8


富岡市の防災気象情報(気象庁リンク)

  ご意見は、下記メールアドレスをコピー&ペーストして、お送りください
moharamasahide@gmail.com

2016年8月のページはこちらから

7月31日(日)
い海裡噂鬼屬らいの間に、丹生湖のひまわり畑に行けば、こんな感じで、写真が撮れます。



今朝、聞いた話では、次の土日に、地元のみなさんによるイベントも行わるそうです。

お時間ある方は、ぜひ、お出かけください。




E埣了選挙は、投票時間が午後8時に終えた瞬間、小池候補の当選確実がテレビで報じられました。

小池さんの圧勝のようですが、国政では圧倒的な勢力を持つ連立与党である自民・公明の推薦を受けた増田候補に圧勝したのですから、特に自民党には衝撃的な結果になってしまったのではないでしょうか?

知名度抜群の鳥越さんの人気が伸びなかったことや、小池候補に対して『厚化粧』などの誹謗中傷が増田陣営から出てしまったことが、小池さんの勝利の大きな要因かもしれませんが、最終的には、『小池さんが有権者の心を上手くつかんだ、共感を得た』ということなのでしょう。

ちょっと気になるのは、小池さんは政治家としてのキャリアが長いので、お金にまつわる問題が出て来るようなことはないか、ということです。

ないことを祈りたいところではありますが…

でも、小池さんは、非常に肝が据わっているというか、堂々とされていらっしゃいます。

元テレビキャスターということもあり、お話もとてもお上手です。

有力3候補の中でも、最も都政を変えてくれそうな人と、期待をした都民が多かったのではないでしょうか?

ぜひ、女性ならではの視点も取り入れて、改革を進めていただきたいものです。








∪茲曚疋優奪半紊把瓦戮泙靴燭蕁■祁遒寮住緇譴瞭場者数は7万5644人とのこと。

昨年の7月は、確か9万2741人でしたので、マイナス18%ということでしょうか…

でも、マイナスの幅が徐々に小さくなってきましたので、減少傾向に歯止めがかかりつつあるのかもしれません。

減っているとはいえ、一か月に8万人近くのお客様がいらっしゃってくださるのですから、これは有難いことです。

お越しいただいた方々に、少しでも富岡市で楽しいひと時を過ごしていただき、再度足を運んでもらえるようにしたいものです。

製糸場の入場料は、千円ですので、そう何度も来ていただくのは難しいかと思われますが、製糸場をきっかけに富岡市の魅力を知っていただき、例えば、この時期なら、『丹生湖のひまわり畑を見に行ってみる』というような形を築ければ良いのですが?

ヤフーで『富岡市』と検索しますと、検索補助で『ひまわり畑』という候補が上位にヒットしますので、市外の方にも、丹生湖のひまわり畑の存在はかなり高まってきたのではないでしょうか?

ぜひ、『第2、第3の、ひまわり畑』的なものを富岡市につくって、お金の循環が生まれるようなレベルになれば良いのですが…





今日のBBCメモ。



7月30日(土)
ヌ斉は、いよいよ都知事選の投票日です。

雰囲気としては、小池候補が強そうな感じではありますが、上位3名は、小池さん・増田さん・鳥越さんであることは、間違いないと思います。

大半のマスコミは、この3人の方しか取り上げないような状況ですので、そうならざるを得ないでしょう。

そこで、気になるのは4番目に来る人はだれか、ということです。

上杉隆さんや、桜井誠さんが、結構、票を取るような雰囲気を感じます。

もしかすると、4番目の方が、意外なほど票を取り、びっくり仰天ということになる可能性もあるのでは?

都知事選ですので、投票はできませんが、どんな票数になるのか、ちょっと楽しみです。





た事で炭水化物をちょっと控えるようになってから、2カ月ほどになりました。

控えると言っても、パンもご飯も、アイスクリームも食べていますし、スターバックスの抹茶クリームフラペチーノも時々飲みますので、炭水化物を以前の半分くらいに抑えたという程度ですが、気付いたことが3つあります。

まず、体重が数キロ落ちました。

そして、時どき起こった頭痛が、なくなりました。

さらに、食後、胃の中に食べ物が、長時間残るような不快さがなくなりました。

最も意外だったのは、3番目のことです。

あくまでも、私の印象ですが、ご飯・パン、麺類、パスタなどの炭水化物系の食品は、消化が悪いのではないでしょうか?

もしかすると、年齢が上がってきたことで、消化する力が衰えてきたのかもしれませんが、炭水化物以外のものでお腹を膨らませたときは、胃腸への負担が小さいように思えます。

食後に、お腹が張ってしまうという方は、もしかすると炭水化物を減らせば、治る可能性もあるのでは?

個人的な見解ではありますが…






H術博物館に行く前に、丹生湖のひまわり畑の状況を見にいきました。

ほぼ満開に近いような状況でした。



昨日、1日見なかっただけで、ずいぶん一気に咲いてしまうものなんですね。

驚きました。

8月の第1週は、ちょうど見ごろと思われます。

ひまわり畑をバックに、子どもさんの記念撮影をしたら、思い出の写真になりそうです。

若いカップルのみなさんも、ここでツーショットの写真を撮ったら、ハッピーな感じの写真になりそうです。

カメラを持って、丹生湖に行きましょう!




午前中は、今日から美術博物館で始まった『八代亜紀絵画展 アートの世界』を見に行ってきました。

写真撮影が禁止でしたので、画像で紹介することはできませんが、朝からたくさんのお客様で会場は賑やかでした。

八代亜紀さんが絵を描くということは、存じ上げていませんでしたが、フランスの有名な絵画展で大きな賞をいただくほどの腕前ですので、絵に力があります。

八代さんのファンの方は、必見です。

ぜひ、お出かけください。

また、絵画展の作品は、販売も行っているようなことも耳にしましたが?

詳細は、係りの方に伺ってください。







今日のBBCメモ。




7月29日(金)
づ豕の中を、ぶらぶらしましたが、不思議なことに、都知事選のポスター掲示場を一つも見ることがありませんでした。

しかし、『とげぬき地蔵』を見た帰りに、巣鴨駅に行きましたら、ちょうどある候補者が街頭演説を行っている最中で、ちょっと足を止めて聞きました。

有力3候補ではなかったのですが、熱烈な支持者の方が多数おられて、駅の入り口は、聴衆でいっぱいでした。

この候補者の方は、ネット上ではとても有名な方ですので、お名前は知っていましたが、有力3候補の次の、4番か5番くらいには、十分になれるような可能性を感じました。

当選する方は、もう決まってしまった感がありますが、逆に、マスコミがほとんど取り上げなかった18人の候補者の方々が、どのくらいの票数を取るのか、興味があります。

4番になるのはだれかが、個人的には一番気になっています。





『とげぬき地蔵』の後は、上野に行き、先日、世界文化遺産に登録された『国立西洋美術館』を見ました。

真夏の暑さの中、上野公園は、大変な人出でした。










∈Fは、所用で、ちょっと東京に行ってきました。

ついでに、時間がありましたので、巣鴨の『とげぬき地蔵』に行ってみました。

そもそも、『とげぬき地蔵』に来たことがないどころか、巣鴨駅で降りたのさえ初めてでしたが、昭和の空気が漂うような商店街の雰囲気に、ちょっと感動しました。

『おばあちゃんの原宿』的な表現がされますが、それほど長くはない通りに、複数のテレビ番組の取材が行われていました。

おばあちゃんのご意見を聞くには、うってつけの場所ということなのでしょう。





下の写真が、『とげぬき地蔵』と呼ばれている高岩寺です。



真っ赤なパンツのお店が、いくつもありました。


若い人でもほしくなるような物を並べたお店も多数ありました。





今日のBBCメモ。




7月28日(木)
ズFの、丹生湖のひまわり畑の状況です。

昨日より、花の数が、増えてきました。







っ覺屐▲謄譽咾鬚弔韻泙靴燭蕁高校野球の群馬県大会決勝が行われていました。

『前橋育英VS健大高崎』というカードは、まさに群馬県の高校野球の横綱対決と言えるような組み合わせです。

延長戦での決着となりましたが、どちらのチームが甲子園に出場しても、かなり勝てそうな雰囲気を感じました。

私が子どもの頃は、群馬県代表が甲子園に行っても、1回戦を勝つことが非常に難しい時代でした。

一番記憶に残っているのは、小学校6年生の時、高商が甲子園に出場した試合です。

1回戦で愛知県の東邦高校という強豪チームに、確か7回終了時点で6−0くらいの大差で高商が勝っていました。

その試合には、一ノ宮のご近所の人がレギュラーで出場していたので、一ノ宮のみなさんはテレビに釘付けでした。

ところが、8回、9回に、東邦高校の猛攻で追いつかれ、延長戦となり、結局、逆転負け。

あの試合は、とても記憶に残っています。

今は、群馬代表といえば、強豪チームに入れてもらえるような時代になりましたが、この40年ほどで、群馬の野球のレベルはとてつもなく上がったのではないでしょうか?

昔は富高も、『いつかは甲子園に行けるかも』と期待していましたが、今や、全国屈指の強豪県になってしまいましたので、非常に難しくなったように思えます。

まして、再来年から、男女共学の高校になりますので、さらに甲子園への道は、厳しくなってしまうのでは…


甲子園出場を決めた前橋育英の選手のみなさんには、群馬県代表として、全力プレーで頑張っていただきたいものです。

3年前の奇跡をもう一度、見たいですね。






ちょっと耳にした未確認の情報です。

はっきりとは書けませんので、英作文で表現しましょう。

It seems that invastigation by Gunma Prefecture Police launched.

…だそうです。



∈Fの上毛新聞の記事に、世界文化遺産の富岡製糸場の価値を後世に伝えるため、映画「『富岡製糸場物語』La Chronique de TOMIOKA」(仮題)を製作すると発表した、とあります。

また、記事では、『製作費は7千万円で市が負担する』とあります。

28年度の当初予算に、製糸場の『ドキュメンタリー映像制作委託料 8千万円』が計上されていますが、1千万円安くなったということなのでしょうか?

安くなるのは結構なことですが、この映画は、市民にとってどのようなメリットがあるのか、非常に分かりづらいと言いましょうか…

世界遺産登録直後の、入場者が押し寄せていた時に、おそらく計画したことでしょうから、いま冷静に考えますと、かなりバブル的な発想による事業のようにも思えてしまいます。

世界遺産登録直後は、多くのテレビ番組で、富岡製糸場は取り上げられているのですから、その番組を保存しておけば、あえて7千万円もの市民の負担で映画を製作しなくてもよいようにも思えます。

城町通りの長屋に1億円、製糸場の映画を作って7千万円と、大きな費用がかかる事業が続きますが、これだけのお金をかけて事業を行うことで、市民にとってどのようなメリットが生まれるのでしょうか?

宇宙のブラックホールに吸い込まれてしまうが如く、製糸場関連の事業に、お金が吸い込まれていってしまうというと言い過ぎかもしれませんが、予算の配分がちょっと偏ってしまっているのでは…





今日のBBCメモ。





7月27日(水)
っ粟幻个里劼泙錣衄の最新情報です。

今日の昼頃の状況は、写真のとおりです。

ひまわりが、咲き始めてきました。

全体的には、1分咲き以下かもしれませんが、これから、一気に咲いていくのではないでしょうか?








『ほっとぐんま640』を見ていましたら、富岡製糸場映画の制作発表について、市長が説明されている映像が流れていました。

来年の秋には、全国で公開するような話でしたが?

詳細につきましては、分かり次第、お知らせしますが、先ほど市役所のホームページを確認しましたら、この情報が掲載されていました。

ご興味ある方は、リンクを貼りましたのでご覧ください。


富岡製糸場映画の制作発表について




都知事選についての記事をネットで見ますと、政策論争からは遥かに遠いと言えるような、低次元の戦いと化した感があります。

石原元都知事が増田候補の決起大会において、小池候補を、『ウソつき』『厚化粧女』などと批判したそうですが、いくら増田候補の集まりとはいえ、そのような表現はすべて外に流れ、小池候補を有利にしてしまうことが、お分かりではないのでしょうか?

自民党が、増田候補のために組織を固めようとして行っていることのすべてが、逆に、小池候補に良い影響が出ているように思えます。

鳥越候補は、著名なジャーナリストですが、どうもその持ち味が、公約や演説に出ていないように思えます。

女性問題が週刊誌で大きく取り上げられてしまったことが、逆風になってしまいましたが、それがなかったとしても、今の鳥越候補の状況では、苦戦していたと思わざるを得ません。

個人的には、有名なジャーナリストということで、もう少しキレのあるお考えをお持ちかと期待していたのですが…


小池候補は、お話もお上手ですし、有権者の心をつかむ選挙運動を展開しているように見えます。

最初に鳥越候補に対し、『病み上がり』と失言してしまったことで、それからは他人を中傷するような表現を封印したことが、ここに来ての小池候補人気につながっているのかも?

今回の都知事選での主役の座を、完全に小池候補は奪ったという雰囲気さえ出てきたような…

都知事選の勝負は、決まったような印象を持ちます。

しかし、新しい都知事が決まったら、またすぐ、スキャンダルが飛び出るようなことだけは勘弁してほしいものです。





今日のBBCメモ。



7月26日(火)
と術博物館では現在、『大竹夏紀展』が開かれていますが、今週の土曜日からは、『八代亜紀絵画展 アートの世界』が始まります。



八代亜紀さんのお名前は、もちろんだれもが知っていますが、絵をお描きになるというのは、ご存じでない方も多いのでは?

実は、私も知らなかったのですが、あの演歌歌手として有名な八代さんが、どんな絵をお描きになるのか、非常に興味があります。

8月28日まで、絵画展は開催されていますので、ぜひ一度、足を運ばれてはいかがでしょうか?






今月中に、税務署に提出する書類の作成がありまして、この一週間ほど、家でその作業をしてきましたが、やっと今日、提出できました。


先日の社会常任委員会の視察報告書が、なかなか書けなかったのですが、これでやっと、そちらに集中できそうです。

ところで、今日は非常に湿度が高かったように思えましたが、このような陽気はウンザリします。

気温が低い割には、蒸し暑いような不快さがありましたが、明後日には梅雨明けになるような話も聞きましたので、もうちょっとの我慢ということでしょうか?

でも、もう何日かで8月に入ってしまいます。

8月になれば、すぐにお盆になって、それを過ぎれば、朝晩、秋風が吹き始めますが?

今年の群馬は、あまり夏が長くないのかもしれません。

いつもなら、全国の最高気温を館林と熊谷で争うような頃ですが、今年はそうなるのは難しいようです。

さきほど、『かぶらウォーターランド』のサイトを見ましたら、『本日は気温・水温が低いため閉場』とありました。

夏は夏らしくならないと、様々な分野に悪影響が出ますので、明後日の梅雨明け後は、一気に真夏になってもらいたいものです。







∈Fのテレビは一日中、相模原市の障がい者施設で起きた殺人事件のニュースばかりでしたが、このような凄惨な事件が日本で起きてしまうとは驚くばかりです。

しかも、ナイフで刺すという方法で、19人が死亡、多数が負傷というのですから、言葉を失います。

銃や爆弾ではなく、手にしたナイフで人を殺めたというのですから、想像すらできません。

このような事件には、現状では万全の対策を講じることは極めて難しいとは思いますが、起きてしまった以上は、今後、何らかの対応が求められます。

世界中で、毎日テロ事件が起きている中、日本だけは安全かと思っていましたが、どうも楽観はできないようです。

犯行の動機は、まだはっきり分かっていないようですが、今後の対策を考える上でも、真相を究明していただきたいものです。







今日のBBCメモ。





7月25日(月)
ざ縮深いことは、メモを取るほうですが、5年前のノートを見ていましたら、こんなデータが書いてありました。

富岡市の年間日照時間は2048時間で、全国806市区中122位。

また、年間降水量は1127mmで、806市区中738位。

つまり、富岡市は、全国的に見ても、とても天気が良い地域ということになります。

災害が少ないのは、おそらく穏やかな天候が大きく関係しているのでしょう。

また、地震でも、大きな震度になるようなことは滅多にありませんので、こうした点を、もっとアピールしても良いように思いますが…








E埣了選は、小池さんが勝つ可能性が高くなってきたのでしょうか?

でも、長く政治家をされてきた小池さんですと、当選された後、政治資金規正法違反がらみの話が、また出て来てしまう可能性を感じます。

舛添さんの時と同様なことが再度起きたときは、どうするのでしょうか?

また、鳥越さんに対する批判的な記事が、雑誌やネット上でかなり多く見受けられます。

鳥越さんを応援しているわけではありませんが、選挙期間中に、過去の女性問題の記事が週刊誌で書かれてしまうというのは、ちょっとやり過ぎのような印象を持ちますが…

猪瀬さん、舛添さんと、お金のスキャンダルでの辞任が続いていますので、次の都知事は、任期を全うできる方に託すことが、優先順位的には高いのでは?






▲櫂吋皀鵤韮呂北潅罎砲覆辰討靴泙辰進による、様々なトラブルが全国で発生しているようです。

中には、車の運転中にポケモンGOをして、前の車に追突したという交通事故も起こっていますが、そのうち、ポケモンGOをしながら、通学中の子どもたちの列に飛び込むような大きな事故が起こるのではないか、非常に心配です。

私はスマホを持っていますが、完全に通話用でしか使っておりませんので、ポケモンGOはもちろん、スマホゲームは一切やっておりません。

なので、たくさんの大人の方も、ポケモンGOに夢中になっていらっしゃることに、驚きを感じるとともに、違和感を抱いております。

でも、ブームというものは、短期間に人気が過熱した時は、意外に終息は早い場合が多いように思えます。

いま、全国で空前のブームになっていますが、3カ月もして振り返れば、『あのときのブームは、何だったんだ?』というようなことになる可能性もあるのでは?

ブームが沈静化するまでは、前から歩きスマホの人が近づいて来たら、注意したほうがよさそうです。







今日のBBCメモ。





7月24日(日)
っ粟幻个慮紊蓮藤田峠のキャンプ場に行ってきました。

今日は、一ノ宮小の6年生のみなさんが、リーダー研修で、キャンプ場に泊まりますので、元子育連の役員として、様子を見に出かけたような次第です。







ちょうど、夕食のカレーづくりをしているところでした。

役員で行っていた方の中に、昔からよく知っている方もおられましたので、いろいろお話もでき、なかなか楽しいひとときを過ごせました。

でも、多くの役員さんは、今日は車の中で寝るようなお話でしたが、車中泊は大変ですよね。

私も藤田峠に行ったとき、車中泊を数回したことがありますが、熟睡できませんので、翌日が非常に辛かった記憶があります。

役員のみなさん、明日はさらに大変でしょうが、ぜひ頑張っていただきたいと思います。






今日も丹生湖のひまわり畑の状況を、チェックしに出かけてみました。

状況は写真の通りです。







いくつか花が開いているものもありましたが、もう1週間ぐらいすれば、かなり咲くのでしょうか?

ちょうど、写真を撮っていましたら、元議員の尾高さんが現れ、ちょっとお話をしましたが、雨が少ないので、今年は育ちが良いとのことでした。

満開になれば、例年以上に素晴らしい光景になるかも?

期待しましょう。





△箸△詈麁使崛箸鮓ていましたら、共和党大統領候補のドナルド氏の奥様のメラニアさんと、娘のイバンカさんは、共に身長は180cmなのだとか。

アメリカでも女性で180cmというのは、かなり高い方かと思いますが、それでハイヒールを履けば、190cm近くになってしまいそうです。

近くで見れば、とてつもない存在感なのでしょう、おそらく…

テレビに映る姿は、日本人では考えられないような体型ですが、アメリカはやはり、すごい国なんだなと、ちょっと感じました。

ところで、ドナルド氏の演説は、日本の中学校の教科書の例文のようで、かなり平易な英語を使っているように感じます。

代表的な
We will make America great again.
などは、まさに、中学校3年生のテストに出したいような表現なのでは?

もしかして、トランプ大統領が誕生したら、高校入試の英語の問題に、スピーチの一部が使われる可能性があるように思えますが…







今日のBBCメモ。



7月23日(土)
ずFの昼、車のラジオでNHKのAM放送のニュースを聞いていましたら、『富岡製糸場では、ポケモンGOをしながら、立ち入り禁止区域に入らないようにするため、立て看板などの対策を講じる』という話を紹介していました。

まだ、ポケモンGOは、配信が始まったばかりですが、これから良いことも、悪いことも、多数起こるように思えます。

私は、スマホのゲームは全くやらないので、ポケモンGOに、なぜ多くの方々が、そこまでのめり込んでしまうのか、よく理解できないのですが?

ニュースを見ていますと、東京の公園などでは、ポケモンGOをするために、多くの方が押し寄せているようです。

結構、社会人というか、大人の方が多そうですが、30歳前後で、子ども時代にポケモンで遊んだ世代の方々にとっては、我慢することができないほどの魅力があるということなのでしょう。

ポケモンGOは、『一つのスマホゲーム』という次元を超えて、2016年を象徴する社会現象にまでなった感がありますが、このブームは、どこまで続くのでしょうか?

ゲームをしたいとはあまり思えませんが、そちらには、とても興味があります。

でも、多くの人がいる屋外の場所で、その大半の人が自分のスマホをじっと見つめているという光景は、かなりシュールな世界ですよね。







今日は、天気予報では晴れ間もあるような話でしたが、一日中、梅雨空でした。

ちょっと気候が、おかしな感じになってきたような印象を持ちます。

このまま行くと、梅雨明け宣言ができないような事態になってしまうのでは?

かき氷や、スイカは、けっこう好きなほうですが、この陽気では、ちょっと食べたいとは思えません。

夏の暑さも、お盆を過ぎれば落ち着きますので、このままでは、『冷夏』の部類に入ってしまいそうですが、そろそろ、ギラギラした太陽を見たいものです。






午前中は、本日から美術博物館で始まった、ろうけつ染め作家の『大竹夏紀展』を見に行きました。

写真撮影も許可されていましたので、作品を画像で紹介いたします。














大竹さん富岡市のご出身で、作品は『東京モード学園』のテレビCMにも採用されたことがある、著名なアーティストです。

作品は、至近距離から見ることができますので、色合いの鮮やかさや、グラデーションの巧みさが、素人でも良く分かります。

子どもさんでも楽しめそうな作品展ですので、夏休みに親子連れで出かけてみてはいかがでしょう?

また、7月31日(日)の午後2時から、大竹さんご本人によるアーティスト・トークというイベントも行われるそうです。





今日のBBCメモ。




7月22日(金)
い海鵑碧椶鯒磴辰討澆泙靴拭



ザザッと読んでみましたら、安心どころか、将来が何だか不安になってきました。

人生の難しいところは、自分の人生が、いつまでどのようなかたちで続くのか、正確に予測できないこととでも言いましょうか…

旅行ならば、『残りは何日だから、あとはこうして、ああして』とおよそのことは予測できますが、人生という旅は、まさに『不確実性のかたまり』で、だれにも先のことは分かりません。

つまり、見方によっては、『どうなるかわかんねーもんは、かんげーたって、しょうがねーだんべ』と言えるのかも?

『何が起こるか分からないことを楽しむのが人生』というくらい達観できればいいのでしょうが、なかなかそんな域には達しませんよね。







9駟歿金課に行き、いろいろお話を伺ってきました。

実は、以前、富岡市の国保運営協議会の会長をさせていただいたことがあり、国保年金課には、頻繁に足を運んでいた時代がありました。

また、国保年金課は、市役所の西駐車場からの入り口を通るとすぐの場所にありますので、西駐車場が使えたときは、時々、寄らせてもらっていました。

しかし今は、新庁舎の建設のため西駐車場からの入り口が使えませんので、国保年金課のそばを通ることがなく、なかなか伺えなかったような次第です。

その後、図書館に寄りましたが、今日はいつもより、かなり人が多いように思えました。

学校が夏休みになったためなのでしょうか?

ところで、図書館の南では以前から工事をしていましたが、今日、車のディーラーの看板が建っていることに気づきました。

トヨタ系のお店が出店するようです。

また、その道向かいには、新しいコンビニが間もなくオープンするような気配でしたが、生涯学習センターと図書館の周辺は、一気に雰囲気が変わりそうな感じです。

この近くには、コンビニがなかったので、その名の通り『便利』になりそうです。









▲櫂吋皀鵤韮呂、今日から日本でもプレーできるようになったそうですが、ポケモンを捕まえるのに必要なモンスターボールが、一ノ宮の、とあるお寺さんでゲットできるような噂を耳にしました。

ちょうど学校も夏休みに入りましたので、これから街のあちこちで、スマホの画面に釘付けになってしまう人たちの姿を見るようなことになるのでしょうか?

おそらく、ポケモンGOに夢中になりすぎて、多くの事故が起こってしまうのでしょうが、子どもさんがいらっしゃるお宅は、ご注意ください。

それにしても、現実と仮想の中間のような世界で展開されるようなゲームが出てくるとは思ってもみませんでした。

でも、今の若い皆さんは、スマホで人生を振り回され過ぎてしまうようで、ちょっと心配です。






今日のBBCメモ。





7月21日(木)
で澑明けが、遅くなるような雰囲気になってきました。

例年ですと、今頃からは連日、真夏の太陽がギラギラ照りつけるものですが、今日は、かなり涼しい一日でした。

猛暑の夏の予想が出ていましたが、案外、冷夏で終ってしまうのかも?

でも、季節のメリハリがないと、消費も低迷してしまいますので、夏は夏らしく、暑くなってもらわないとマズいですね。





先の参議院選挙の18歳と19歳を合わせた富岡市の投票率について、全員協議会で質問しましたら、『40.14%』とのことでした。

確か、全国の18歳・19歳合計の投票率は45.45%でしたので、それよりも1割ほど低いことになります。

富岡市のヤングのみなさんの選挙への関心は、あまり盛り上がらなかったようです。





午前10時から議員全員協議会が開かれました。

そこで、違和感があったのは、市長が欠席されたことです。

議員全員協議会は、非常に重要な会議ですので、欠席というのは滅多にないことですが、副市長のご説明では、秋田のほうに出張しているため、市長は欠席とのこと。

私はてっきり、数日前に市内全域に新聞に折り込まれた地域新聞のことで、市長は全員協議会の出席を…、なのかと思ってしまいましたが?

市長が出席されれば、『富岡総合病院の民間への売却について、多くの市民のみなさんが心配されていますが、市長はどうお考えなのでしょうか?』と、ズバリ質問をするつもりでいましたので、残念でした。

ところで、全員協議会のほうは、報告事項に新たな項目が一つ加わっていました。

それは、『ウズベキスタン共和国学生等の富岡市招へいについて』というものです。

招へいの目的は、「富岡市とウズベキスタンの交流の端緒にする」ためだそうですが、ならば、これから継続して行う事業なのかを、当局に質問しましたところ、「継続の予定はない」との回答。

ウズベキスタンの学生さん2名と、先生1名を、市の予算でお招きしても、1度限りのイベントで終えてしまうことは、ほぼ確実でしょう。

富岡市の国際交流関連の事業は、継続できているものはほとんどないような状況で、唯一継続していた友好都市であるオーストラリアのアルバニー市との交流も、今や途絶えてしまっています。

昨年、フランスのブール・ド・ペアージュ市とも友好都市提携を結びましたが、こちらもおそらく、これから意味のある交流などは続けていくことは難しいでしょう。

富岡市からは、市長や議長など10名ほどの方々が、大きな費用をかけて、式典のために遠路はるばるフランスまで行きましたが、私はアルバニー市との関係さえ続けることができなかったのですから、ブール・ド・ペアージュ市との友好都市提携には議会で反対しました。

そのような状況ですので、ウズベキスタンの交流も、おそらく『話題づくり』のような事業で終ってしまう危険性があると思っております。

ところで今日の協議会の「その他」で、昨年と今年の、4月から6月までの製糸場入場者数の説明がありましたが、昨年は約33万9千人で、今年は約22万9千人とのこと。

減少率は、マイナス32.4%だそうです。

こうした状況を考えれば、上手くいく可能性が極めて低い『フランスやウズベキスタンとの交流』よりも先に取り組むべき課題が、足元に多数あるように思えてなりませんが?

富岡市の国際交流事業は、迷走するばかりという印象を、今日は持ちました。





今日のBBCメモ。




7月20日(水)
づ埣了選の、有力候補者の討論会を見ていると、『建設的な議論の戦い』というよりは、『互いの批判合戦』のようで、ウンザリしてしまいます。

こんなことなら、確かに舛添前都知事の行いは問題がありましたが、それでも舛添さんのほうが、都知事として良かったのではないかと思えてしまうほど、現在の都知事選は、低調な戦いなのでは?

今さら言っても遅いことですが、早い段階で舛添さんが自分の非をすべて認め、深く謝罪をすれば、こんな展開にはならなかったようにも思えます。

東京五輪の開催が決まってから、東京にとって良い出来事は、ここまであまり無かったように思えます。

まだ、4年ありますが、さらにこれから混乱が続くようなことになれば、2020年の五輪はなかったほうが良かったのでは、というようなことになるような可能性もあるのでは?

膨れ上がるばかりの国の借金と、少子化・高齢化問題を考えれば、莫大な費用を投じて五輪を行うのは、ますます、いかがなものかと思えてきました。









L斉は、議員全員協議会が開かれます。

報告事項2件と協議事項1件、そして『その他』です。

内容につきましては、全員協議会の席で、資料を見ながらの説明を受けるまでは分かりませんが、最近の傾向とすると、質問も意見も何も述べず、ただ座っているだけの議員さん方が、圧倒的多数になってしまう可能性があります。

当局側も、議員側からあまり質問・意見が出ないことが分かっているためか、最近の説明は疑問に思えるようなケースも少なくありません。

議会の構成が市長支持の議員が圧倒的多数で、厳しい意見が出ないため、緊張感がない全員協議会になってしまっているのかもしれませんが、こうしたことは、好ましいことではなく、変えていく必要があります。

定例会の一般質問は少なく、議員全員協議会の質疑も低調では、議会が十分に機能しているとはとても言えないでしょう。

それこそ、『一般質問は、年に2回は必ず行いましょう』、『全員協議会では、必ず1回は手を挙げて意見や質問を述べましょう』という標語を、壁に貼ってもいいくらいに思えますが?

それは冗談ではありますが、そんな小学校の教室みたいなことにならないうちに、活発な議会になってほしいものです。







∪消罎領鯊紊旅残浩萓検Γ丕圍漸馗后Χ軌蘓橋讐馗垢鬟瓮鵐弌爾箸垢襦愍訐床顱戮箸いΣ颪あります。

その懇親会が年に一度ありますが、今晩行われました。

私は西中の第27代のPTA会長として出席させていただきましたが、なかなか普段お会いできない方も多かったので、珍しいお話を伺うことができました。

また、西中バスケットボール部の中体連市大会の日程を聞いて、試合を見に行こうと思っていましたら、もう、市大会は終了したのだとか…

夏休みになってから、最初の1週間くらいに、中体連の市大会は行うものと思っていましたが、今は日程が昔と違うようです。

先日の3連休で、市大会を行ってしまった種目が多いようですが、ちょっと拍子抜けでした。

ところで、西中の現在の校長先生は、富高時代のクラスメートです。

また、歴代PTA会長の中にも、高校時代の同級生がいましたので、久しぶりに当時の話もできました。

高校時代は、振り返れば、40年ほど前になりますが、それがつい先日のように思えてしまうのですから、月日の流れの速さは恐ろしいものです。








今日のBBCメモ。




7月19日(火)
ぅ▲瓮螢大統領選挙の共和党大会で、トランプ夫人が、『次期ファーストレディ』と紹介されていました。

そこで、ちょっと思ったのですが、もしも民主党のヒラリーさんが初の女性大統領になられたら、ビル・クリントン元大統領は、何て呼ばれるのでしょうか?

レディに対応するのは、ジェントルマン…

ファースト・ジェントルマン??

そんなことは、どうでもよいレベルの話ですが、気になります。






とあるところで、こんなご意見をいただきました。

『少子化が進み、小学校の1学年が10人前後の学校が増えているので、早めに小学校の配置の再編を考えないと、将来大変なことになってしまうのではないでしょうか?』というご意見です。

子どもの数が少なければ、勉強はよく指導してもらえるかもしれませんが、勉強以外の様々な学校生活を経験するという点では、少人数の学校はデメリットが大きくなってしまう可能性もあります。

子どもたちの社会性を育むためには、同級生の人数は多いほうが良いように思えます。

ただ、小学校の統廃合の話は、『総論賛成、各論反対』になりやすい代表的なテーマです。

なので、だれもが『言いだしっぺ』になるのを、恐れているのも現実です。

しかし、学校の再編は、なかなか計画が固まらず、長い期間を要しますので、早めにスタートしないと、気づいた時には、どうにもならない状況に陥ってしまっている危険性もあります。

子どもたちの教育が、適切に行えるような学校環境を築くことができなければ、それは、富岡市の子育て環境の悪化を意味します。

だれかが言わないと始まらないのなら、私が言いだしっぺになってもいいのですが、ひと月ほど時間をかけて、まずは調べてみようと思います。






▲謄譽咾任蓮⇒諭垢僻崛箸播豕都知事選を取り上げていますが、疑問に思えることがあります。

それは、小池氏・増田氏・鳥越氏の3候補ばかりが、注目候補として取り上げられていることです。

全部で21人の方が立候補されていますが、テレビの討論会などに出ているのは、3名の有力候補の方だけです。

この3名の方のどなたかが、当選するのは、99.9%、間違いないように思えます。

しかし、18人の方は、番組の最後に、顔写真とお名前が、チラッと紹介される程度では、扱いの差が大きすぎるのでは?

都知事選立候補者の中にも、大きな格差があるようです。

ところで、都知事選の選挙の供託金は、300万円です。

候補者の中には、無職の50代女性の方もおられましたが、大変な覚悟を持ってお出になられたのでは?

ちなみに、富岡市議会議員の選挙にも立候補するときは、供託金を納入しますが、金額は30万円です。

選挙の結果次第では、供託金が没収されることもありますが、そのラインは『有効投票総数をその選挙区の定数で割った10分の1』です。

富岡市の市会議員選挙の場合は、没収されるラインは、百数十票ですので、200票を取れれば没収はないようです。






今日のBBCメモ。




7月18日(月)
ダ硝匸学校の近くに、富高時代の同級生がおります。

ちょうど、同級生の家の前を通ったので、携帯で電話をしてみたら、仕事で高崎にいるとのことで、会えませんでした。

でも、電話で話をしているとき、私が最近、バイクであちこちに出かけていることを知っていて、『バイクで来たんかい?』と言われてしまい、ちょっとビックリしました。

次回は、電話をした上で、出かけないとマズいですね。

ところで、バイクで出かけるようになってから、車では通ったことがない道をできるだけ走るようにしております。

そのため、それまではほとんど分からなかった、南牧村や上野村、神流町などの道も、よく分かるようになりました。

また、上野村から長野県の北相木村に抜けるルートや、南牧村から佐久穂町に抜けるルートも行きましたので、これまで知らなかった長野県へのルートも分かるようになりました。

梅雨が明けたら、もうちょっと遠くまで行きたくなってきましたが…






ぅ丱ぅで丹生湖に行った後、妙義町を回って下仁田に行き、西牧方面へ。

旧道を通っていましたら、数年前に廃校となった西牧小学校の校舎が見えましたので、学校の入り口のところから、どんな状況になっているのか見させてもらいました。



使われていない学校の校舎というのは、独特の雰囲気があるといいましょうか…

かつては、子どもたちの元気な声が響き渡っていたことを思いますと、しみじみとしてしまいます。

ところで、この校舎は、耐震性などはどうなのでしょうか?

もしも耐震強度に問題がないのでしたら、空き校舎にしておくのはもったいないように思えましたが…





C粟幻个里劼泙錣衄の状況を確認に行ってきました。

今日のところは、こんな感じです。






∈Fの朝刊に地域新聞が折り込まれていましたが、これは市内全域に配られたものなのでしょうか?

数か月に1度くらいのペースで、発行されているようですが、今回の内容は、これまでで一番インパクトがあったのでは?

この地域新聞のことで、複数の市民の方から、お電話やメールをいただきました。

ちなみに、読売新聞の記事の件で、市長に質問した2名の議員の一人は、ワタクシです。

私のホームページをご覧の方は、もちろんご存じでしょうが…


ところで、市民の方から頂いたご質問で、最も多かったのは、『総合病院を民間に売却するという話は本当なのですか?』というものです。

まだ、正式な話として、この売却の話は、私は聞いておりません。

しかし、『市長がそのような考えをお持ちで、それを市の上層部が、総合病院の上層部に数回、伝えている』という話は、医療関係者の複数のルートから伺っております。

なので、この話が事実なのか否かは分かりませんが、多数の議員が、聞いたことがあるのではないでしょうか?

もしかすると、市長支援の多数派議員のみなさんは、市長から詳しく話を聞いている可能性もあるのかも。

このような状況ですので、現時点では、市長と多数の議員のみなさんの力で、いきなり総合病院の民間譲渡を進めるということは、まさかないと思います。

ちなみに私は、総合病院は富岡甘楽エリアの拠点病院ですので、公立病院という経営形態で継続すべきと考えております。

多数派の議員さん方が、もしも売却に賛成しても、私は反対いたします。

この件は、具体的なことが分かり次第、逐次、詳細をお知らせいたしますので。







今日のBBCメモ。




7月17日(日)
ずD、一ノ宮地区のソフトボール大会がありまして、そこで、ある区長さんから、こんな話を伺いました。

『最近、ウチの近所に、県外から越してきた若い人で、農業をしている人がいるよ』というお話です。

どういう経緯で、農業をするために富岡市に来られたのかは分かりませんが、そのような方から、お話を聞いて、これからの富岡市の農業を支えてくださる若者を増やすことを考えていくことは、とても重要なことなのでは?

下仁田の同級生から以前、こんなことを言われました。

『富岡市なら、ある程度の都市機能が備わっているので、「なんちゃって田舎暮らし」というような形で、田舎暮らしに憧れている都会の人を呼び込めるのではないか』という話です。

田舎暮らしに憧れている都会の人が、本当の田舎に行っても、不便で長く住むことはできないけれど、富岡市くらいのところなら、自然と街としての機能のバランスがちょうど良いので、定住してもらえる可能性が高い、という趣旨です。

この意見、結構おもしろいのでは?

研究する必要がありますね。






E豕の上野にある国立西洋美術館の世界文化遺産登録が決定しました。

これは、喜ばしい話ですが、富岡製糸場の『世界遺産パワー』が、弱まってしまうことを考えますと、ちょっと複雑な心境になります。

国立西洋美術館は、これまでも観光の人気スポットでしたが、世界遺産という付加価値で、さらに集客力を高めることができるのではないでしょうか?

東京に世界遺産が誕生したことは、東京から近いことが一つの大きな魅力であった富岡製糸場にとっては、逆風になる可能性があります。

最近は、製糸場周辺の観光客向けの店舗で、撤退するところも出るような話を先日聞きましたが、心配されていたシナリオが現実になりつつあるような、嫌な予感がします。

世界遺産登録後一年目の約134万人は、バブルの要素が大きいので、それを維持することなどできるはずはありませんが、これからの減少を、どこのラインで止めることができるかが、極めて重要になるのでは?







⊂野地区の方から、地区の環境に関する問題についてのメールをいただきました。

近々、一度、お話を伺いに出かける予定です。

小野地区は数年前、アスベストの処理施設建設計画が持ち上がり、問題になったことがありましたが、地形的・位置的に、どうしてもそのような施設の建設の話が始まりやすいのでしょうか。

まだ、具体的なお話は聞いておりませんが、議員としてできることは、全力で取り組ませていただきます。



今日のBBCメモ。





7月16日(土)
ε豕都知事選のニュースを見ますと、鳥越俊太郎さんの街頭演説は、少しパンチが効いていないように思えます。

増田さんも、穏やかそうな雰囲気で、ちょっと訴える力が欠けているように感じますので、どうも小池さんの街頭演説が、非常に歯切れがよく、勢いがあるように思えてしまいます。

選挙は、演説だけで決まるわけではありませんが、小池さんを中心に選挙が回り始めてきた感があります。

あくまでも、テレビで見た候補者の雰囲気からの印象ではありますが…






ズFの丹生湖のひまわり畑は、写真のような状況でした。



まだ、花が咲くまでには時間がかかるようです。




ぞ緻邱顳隠下劼良頭である『一の宮』は、ご存知のとおり、貫前神社です。

では、『二の宮』、『三の宮』は、どこの神社かご存知でしょうか?

『二の宮』は赤城神社で、『三の宮』は伊香保神社とのことです。

ところで、12社の全部を回って、何かを揃えるようなイベントはできないものでしょうか?

今、アメリカで『ポケモンGO』というスマホゲームが爆発的に流行っているようですが、もしも、貫前神社に来なければゲットできないようなポケモンがあったら、それだけで、お客さんの数が増えそうです。

上野国12社で、それぞれのポケモンがいるような設定をつくることができれば、群馬の神社の参拝客は、スゴイことになるのでは?

『ポケモンGO』のニュースを見て、ちょっとそんなことを考えました…





昨日の小樽市の視察中に、『小樽市は人口が減り、2010年から過疎地域に指定されました。でも、そのおかげで、市立病院などの改修を進めることができました』というお話を伺いました。

その点が、気になっていたので、詳しく調べてみましたところ、過疎法により過疎地域に指定されますと、国から財政支援を受けられるようです。

代表的な財政支援としては、『借金の7割を交付税で手当てしてもらえる過疎債の発行』や、『公共事業の補助率のかさ上げ』などがあります。

でも、人口が12万人以上で、年間800万人もに観光客が訪れる小樽市が『過疎地域』に指定されるというのは、腑に落ちません。

過疎地域の定義にちょっと問題があるように思えますが?








朝、テレビをつけましたら、フランスのニースで、多数の死亡者が出た事件の続報かと思ったら、何だかちょっと様子がおかしいような…

それもそのはず、トルコで起きたクーデター未遂事件でした。

連日、多くの市民の命が奪われるような事件が海外では続いていますが、何だか世界全体が、政治的な安定を失う方向に進んでいるようで、不気味です。

トルコのクーデターは、終息したようですが、こうした出来事が起きますと、トルコに進出している外国企業は、トルコでのビジネス展開を見直す方向に進むのでは?

親日国として有名なトルコですので、政情が安定してもらいたいものです。






今日のBBCメモ。




7月15日(金)
サ△蠅凌契藝亢港では、とても驚きました。

以前も、この空港のお土産コーナーは充実していましたが、久しぶりに立ち寄りましたら、空港の中に、イオンのショッピングモールが入ってしまっているような状況でした。

お土産販売のお店の数も種類も、大変な充実ぶりでした。

また、レストランだけでなく、イオンのショッピングモールにあるフードコートまであって、低料金で食事を楽しめます。

空港のお店というと、『ちょっと高級だけど割高』というイメージがありましたが、もはやそのような時代ではないようです。

もちろん、ここもアジア系外国人のみなさんが、大量にお土産を購入しておりましたが、あの買いっぷりを見てしまうと、アジア諸国と日本の国力の差が、どんどん縮んでいるとしか思えません。

久しぶりの新千歳空港で、いろいろ考えさせられました。









ぞ樽市の人口が、市役所内に掲示されていましたが、2点、ちょっと意外に思えました。



まず1点目は、男性と女性の人口の差が、大きいのでは?

そして2点目は、世帯数が随分多いように思えますが?

たまたま、写真を撮って来たのを家で見て、疑問を抱いたのですが、ちょっと気になります。




視察の3日目は、小樽市役所で、『音読推進事業』について、お話を伺ってきました。

小樽市では小中学生の学力向上のため、音読に力を入れています。

そのためのイベントとして、『小樽音読カップ』、『小樽こどもの詩(ポエム)コンクール』を行っています。

以前、『声に出して読む日本語』という本が、話題になったことがありましたが、音読は、国語力を養うのには必要不可欠な方法と思えます。

最近、声を出して何かを読むようなことは行っていませんが、自分の日本語力の維持のため、日々の暮らしの中に、音読を取り入れたら、案外、老化防止につながるのかも?

この件は、さらに研究してみるつもりです。








∋觧|罎如△△泙螢謄譽咾離縫紂璽垢鮓ていなかったのですが、フランスのニースで起きた、トラック突入テロ事件には驚くばかりです。

トラックで人を轢き殺すという原始的な方法ですが、逆に殺傷力が高い武器でないという点が、非常に不気味です。

このような方法のテロでは、いつでもどこでも起こる可能性があり、どうにも防ぎようがなさそうですので、世の中に恐怖感を与えるという点では、銃や爆弾よりもはるかに強力なように思えます。

テロの手法が、大きく変わる節目になってしまった感がありますが、今後、フランスを始めとするテロの被害に遭っている国々は、どのような対策を講じるのでしょうか?





今日のBBCメモ。




7月14日(木)
〇觧,裡夏目は、移動日です。

当初、恵庭市での視察を、2日目にお願いしましたが、恵庭市さんのご都合がつかず、完全な移動日となりました。

昨日は札幌のビジネスホテルに宿泊しましたので、時計台などの札幌市内の名所をちょっと見ながら、3日目の視察先である小樽市に向かいました。

実は、10年近く前に、建設委員会の視察で小樽市には来たことがあります。

個人的には、今回が2回目ですが、夕方、小樽に着いてから、街中を歩いてみました。

印象とすれば、10年前よりも、さらに観光地としての魅力が増したのでは?

インバウンドという言葉が流行語になっていますが、昨日の札幌と同様、小樽もアジア系の観光客が非常に多く見受けられました。

通りを歩く、観光客の7割ほどは、中国やタイ、シンガポールあたりから来られた方なのでは?

では、小樽市内を歩きながら撮影した写真で、街の雰囲気をご理解ください。




















7月13日(水)

羽田を発ったときは、曇り空でしたが、飛行機が青森県上空にさしかかった頃から、晴れ間が見えてきました。



下北半島が、本当に地図と同じ形に見え、驚きました。

当たり前のことではありますが…

たまたま窓側の席で、素晴らしい眺めを楽しめ、ちょっとラッキーでした。






〆Fから社会常任委員会の視察が始まりました。

今日は、午前7時に富岡を出発し、11時半に羽田発の札幌便に乗る予定でしたが、飛行機のトラブルで1時間以上の遅延となってしまいました。

当初は1時過ぎには千歳空港に着いていたはずでしたが、結局、2時半近くになって、やっと到着。

昼食を、20分ほどで終えて、そのまま視察先の千歳市子育て総合支援センターに向かいました。

昼食時間を短縮したことで、予定よりも30分ほど遅れただけで視察ができましたが、今日は本当に慌ただしい視察になってしまいました。

しかし、視察のほうは、子育て支援の先進地である千歳市さんから、いろいろな有益なお話を伺うことができました。

千歳市は、自衛隊の大きな駐屯地があることから、自衛隊員とそのご家族が、市の人口(約9万6千人)のおよそ25%を占めるとのこと。

また、そうした事情も関係し、現在でも人口も子どもの数も、増加傾向にあります。

そうしたことから、子育て支援事業を望む声が強く、市も力を入れているようです。





視察をした千歳市子育て総合支援センターは、認定子ども園、学童クラブ、児童館などを1カ所に集めた複合施設ですが、とてもアットホームな雰囲気が感じられました。

また、施設の一部は、市民協働(有償ボランティア)により運営されているそうですが、このような点は、富岡市も大いに参考にすべきと思いました。

さらに、施設内に、ミニ体育館のような部屋があり、子どもたちが元気に遊んでいました。

このような施設は、初めて見ましたので、新鮮な驚きを感じました。








7月12日(火)
ぬ斉から、社会常任委員会の視察に、2泊3日で出かけます。

視察地は、千歳市と、小樽市です。

両市とも、人口10万人ほどの市ですが、千歳市は空港で、小樽市は歴史のある街として有名です。

今日は出かけるための準備をしましたが、ノートパソコンやポケットWi-Fi、デジカメ2台なども持って行く関係で、いつも荷物が多くなってしまいます。

また、飛行機に乗る前の荷物検査では、ノートパソコンなどは別に出す必要があることから、荷物のまとめ方に注意しませんと、搭乗手続きで慌ててしまうようなことになり兼ねません。

明日、明後日は、北海道からホームページの更新を行うことになります。

視察内容に触れながら、写真も多めにアップロードするつもりです。







D傘杤啾析困気鵑、野党の統一候補として、都知事選に出馬することが決まったそうです。

俳優の石田純一さんが、突然、立候補の記者会見を行ったのは、まだ4日前ですので、あまりの変化のスピードに驚きます。

鳥越さんが出ることで、小池さんはかなり影響が出るのではないでしょうか?

小池さんと増田さんで争うと、知名度と存在感の大きさから、小池さんに決まりそうですが、鳥越さんが立候補を決めたことで、増田さんには、かなり良い風が吹く可能性があるように、私は推測します。

また、鳥越さんも、野党統一候補で出馬することになれば、非常に有力な候補者になると思われます。

どの方が当選されるのか、予測が難しい選挙になってきたようですが、ぜひ、政策についても熱い議論をかわしていただきたいものです。


ところで、小池百合子さんと言えば、私にとって一番印象に残っているのは、35年ほど前、日本テレビで放送されていた『ルックルックこんにちは』での番組出演です。

その番組には、『竹村健一の世相講談』という名物コーナーがありましたが、竹村健一氏がズバズバ意見を言う横で、それを上手くなだめるような役どころのアシスタントとして、小池百合子さんは出ていました。

私が大学生の頃の話ですが、その時から小池さんは、存在感を放っておられました。

竹村健一さんは、確か京都大学出身で、毎日新聞にお勤めされたことがありますが、鳥越俊太郎さんも、京都大学卒で、毎日新聞に入った方です。

どうでもいいような話ですが、意外な偶然性を感じました…







南シナ海の中国が主張していた管轄権は、『国際法上認められない』との裁定を、ハーグの仲裁裁判所が公表しました。

普通に考えれば、あの『九段線』という中国の主張は、あまりにも身勝手で強引すぎると思えます。

この裁定は、南シナ海沿岸諸国にとっては、まさに望んでいたものだったのでは?

中国が簡単に裁定を受け入れることはないのでしょうが、中国の海洋進出に対する大きな圧力になることは確実でしょう。

平和的に、何とか問題の解決につなげてほしいものです。



今日のBBCメモ。



7月11日(月)
参議院選挙が終わりました。

そうなると、次は、都知事選もありますが、それよりも気になるのは、例の件でしょう。

参議院選挙が終われば、あの件について、県警が動き始めるのでは、というような話を、ちょっと耳にしております。

もしも、例の告発状を県警が受理しなければ、選挙で陣中見舞いの寄付をもらっても、公職選挙法で定められた選挙費用の収支報告書に記載しなくても良いことになってしまいます。

どのようなご判断を、県警がされるのかは分かりませんが、非常に注目しております。

もちろん、受理されれば、これまた大きな展開になりそうですが…







⇔彁会の前に、議員全員協議会が開かれました。

私は、今日の議案の説明の前に、『堀川産業』を譲渡先に決定した経緯の詳しい説明が、当局からあるのかと思いきや、ありませんでした。

なので、ガス水道局長にそのことを確認しましたら、『質疑があれば応えます』という趣旨のことを言われましたので、私が質問しなければ、議員から一つも意見・質問が出ないうちに、このガス事業の譲渡という重要なことが決まってしまう危険性を感じましたので、以下のような複数の質問をしました。

*今回応募した4社のうち、日本瓦斯株式会社と、株式会社ミツウロコは、東証一部上場企業の会社ということか?
(その通り、との回答)

*堀川産業は年間売り上げが250億円ほどで、他の3社は、どれも1000億円を超える年間売り上げがある会社だが、なぜ、あえて一番小さな会社を選定したのか?
(事業の提案内容は4社とも同レベルであったため、入札金額が一番高い堀川産業に決めた、との回答)

*堀川産業は、都市ガス事業は実績があまりない会社ではないのか?
(都市ガス事業と同様の、『簡易ガス事業』では全国5位の実績がある、との回答)

*市役所のホームページに、様々な情報が掲載されているが、なぜ、議員に対しては、それを説明しないのか?
(必要とは考えなかった、というような趣旨の回答)

*選定員会の会議録を開示してほしい
(参加企業にとって不利益な情報が外部に出てしまう危険性があるので、できない、との回答)

*堀川産業は21億円で入札したが、他の4社はどの程度の金額で入札をしたのか?
(2位は5億円ほど下回り、3位は、さらに5億円ほど下の金額であった、との回答)

ところで、今日も富岡市議会は、沈黙議会と言えるような状況でした。

結局、これだけ重要な議案について、意見や質問を述べた議員は、私を含めわずか4名(発言順で、ワタクシ、大塚議員、佐藤次郎議員、長沼議員)でした。

特に、市長を支援していると思われる議員さん方の沈黙ぶりは凄まじく、大塚議員さんが工事店関連の質問をした以外は、だれーーーーも、『うーも、すーも』ありませんでした。

まさか、箝口令が敷かれていたわけではないでしょうが、いくらなんでも、ここまで意見を言わない議員さんが多いというのは、かなり問題なのでは?

ところで、臨時会では、2つの議案が上程されました。

一つは、『公営企業の設置等に関する条例の改正について』で、条例中のガス事業に関する記述を削除する改正案です。

そして、もう一つは、『財産の処分について(ガス供給事業施設)』で、堀川産業にガス事業を21億円で譲渡するため議会の議決を求めるものです。

私は、ガス事業を譲渡することには賛成ですので、前者のほうは賛成しました。

しかし、後者のほうは、市ガス事業の実績が浅く、4社の中で最も会社の経営規模が小さな堀川産業に譲渡することは疑問に思えましたので、賛成しませんでした。

でも、市長さんに近い議員さん方が圧倒的多数ですので、もちろん、どちらの議案も可決されましたが…

今回も、多数派のみなさんは、何をお考えなのか、どんなご意見をお持ちなのか、全く分かりませんでしたが、どうして沈黙したまま、いつも同じ行動を取るのか、不思議です。

まさか、テレパシーで、みなさんコミュニケーションをお取りになられているようなことはないかと思いますが?






今日のBBCメモ。




7月10日(日)
い佞蕕辰函⊇个けたら、こんな光景に出くわしました。



面白いアイデアですね。


M縞、市民の方から電話で、ガス事業の譲渡についてご意見をいただきました。

『譲渡する会社の経営は、問題ないのですか? 東京ガスのような会社ならともかく、埼玉県の業者とのことですが、市議会はどんな会社なのか、調べたのでしょうか?』という内容でした。

議会も先月に、譲渡先選定委員会が決めた事業者の名前を、初めて聞いた次第ですので、この事業者を選ぶ過程のことは、具体的には分からない状況です。

また、選定委員会は、6名の構成で、副市長が委員長で、他のメンバーも全員が市役所の幹部の方々でした。

なので議員は、どのような企業が何社応募し、どのような評価で選ばれたかは、分かりませんでした。

ただ、明確かつ客観的な基準を設けて評価していますので、その点は、信じるしかないというのが現実です。

市役所のサイトに掲載されている情報では、応募したのは『日本瓦斯株式会社』、『堀川産業株式会社』、『伊丹産業株式会社』、『株式会社ミツウロコ』、『株式会社サイサン』の5社だったようです。

今回の譲渡先として決まった『堀川産業』について、私も個人的に調査したわけではありませんが、明日の臨時会の前の全員協議会で、当局から詳しい説明がなされるはずです。

もしも、その説明を信じることができなければ、賛成しなければよいわけですが、まずは、明日、当局からの説明を聞いたうえで、最終的には判断するということになります。

ただ、方向性とすれば、人口減少で需要家数の先細りは確実であり、来年4月に始まるガス小売り自由化で、今のままではさらに市ガス事業は厳しくなると思われますので、譲渡すべきタイミングではないかと考えております。

詳しくは、また明日、この場で報告させていただきます。







¬斉、ガス事業を譲渡するために市議会臨時会が開かれます。

その前に、それについての説明や質疑が行われる議員全員協議会がありますので、今『日は過去の決算書などを確認するなどの準備をしました。

議員は、予算特別委員会や、決算特別委員会では、『一般会計』のグループと、『企業会計』のグループに分かれます。

私は、もう何年も、『一般会計』の担当ばかりしてきましたので、ガス事業を含む『企業会計』について、情報が不足しているところがあります。

明日、議員全員協議会で、議論が白熱した時、そこに加われないようでは困りますので、準備したような次第です。

ちなみに、ガス事業の平成26年度の純利益は4千万円ほどです。

貸借対照表の数字では、資産は約24億円で、負債は約8億円、資本は約16億円です。

明日の全員協議会で、どのような意見や質問が出るのかは、分かりませんが、市民のみなさんに説明できるよう、詳しく伺うつもりです。






今日のBBCメモ。




7月9日(土)
イ海凌年、話題になっている近藤先生の本です。



先日、目を通しましたが、とても興味深く読むことができました。

私は、基本的に、薬や注射や放射線を浴びる検査などは控えたほうが、健康には良いと考えております。

なので、近藤先生の考え方には、納得する点が多いです。

医療サービスは命に関わることですから、最終的には自己責任で選択するしかありませんので、もちろん、異なる考え方の方も多いかと思われますが、一つの考え方として、読んでみる価値があるかと思います。

健康こそ最大の財産ですので、その財産を守るため、様々な知識を持ったほうがよろしいのではないでしょうか?








ぅ筌奸璽縫紂璽垢離魁璽福爾法富岡市の市ガス事業譲渡の産経新聞の記事がありました。

産経新聞は、この件に関して、積極的に取り上げているように思えます。

ところで、来週の月曜日に、ガス事業を譲渡するための議決を求める臨時議会が開かれます。

この件につきましては、当初の想定よりも、高い価格で譲渡できることや、来春始まる都市ガスの小売り自由化を考えれば、譲渡に賛成の議員が圧倒的多数かと思います。

でも、何が起こるのかは分からないのが、この世の中…

他の議員のみなさんとは、この件について話すことはありませんが、私は賛成するつもりです。







とあるショップで、特売品のコーナーを見ていましたら、64GBのSDカードが、2千円で売っていました。



私がいつも使っているSDカードは16GBです。

4倍の容量なら動画の撮影をしても余裕がありそうですし、しかも、この価格なら財布にやさしいので、1つ購入しました。

USBメモリとか、SDカードなどの記憶媒体の大容量化はどんどん進む一方です。

以前は、4GBくらいのSDカードでも、大容量のように思えましたが、この変化のスピードはスゴイものです。

でも、このような時代に生きていることは、はたして本当に幸せと言えるのかは、ちょっとビミョーな気もしますが…

デジタルやバーチャルリアリティーの弊害が、ちょっと大きくなり過ぎているように、個人的には感じております。







群馬県公立高校入試の過去問が家にありましたので、試しにやってみました。



実は、中学生に英語と数学を、15年以上教えたことがありますので、英語と数学の試験問題なら、今でも分かります。

最近の入試問題は、見たことがありませんでしたが、印象としますと、数学は20年ほど前よりもかなり易しくなっていると思われます。

逆に、英語は、ヒアリングの配点が高くなっていることと、長文問題の中で、様々な文法の知識を問う形式になっていますので、20年前よりも難しくなっているのではないでしょうか?

長文問題の中には、富岡製糸場と世界遺産について取り上げたものがありましたが、時流に合った問題が出るものなんですね。

あと、社会の問題をざざっと見ましたが、資料を見た上で、考えを述べる形式の問題がいくつもありますので、これも結構、大変なのでは?

昔の社会のテストは、覚えている知識をそのまま書けば、得点になるパターンの問題が多かったと思われますので、この点は、大きく変わったように思えました。

この問題集には、過去6年分の入試問題が出ていますので、英語と数学の問題は、全部一度、やってみようかと思います。

何か、思わぬ発見が、あるでしょうか…







今日のBBCメモ。




7月8日(金)
ィ裡硲砲痢悒疋ュメント72時間』を見ましたら、24時間営業している碁会所が舞台でした。

ずいぶん様々な方々が、碁を打っていましたが、その画面を見ていましたら、ちょっと囲碁に興味が湧いてきました。

頭の体操と、仲間づくりにも、碁は非常に有効な方法と思えます。

でも、富岡市で、このように囲碁を打てるような場所はあるのでしょうか?

しかし、全く囲碁のルールを知りませんので、まずはそれを勉強することが先ですよね。






せ乙脹〜挙は、私はすでに期日前投票をしましたが、期日前投票は手続きが簡単ですので、日曜日に投票に行けない可能性がある方は、土曜日に市役所で投票されてはいかがでしょう?

年々、選挙の投票率は下がる傾向がありますが、今回の参議院選挙も、大きな争点がありませんので、さらに下がってしまう可能性が高いのではないでしょうか。

注目されている18歳、19歳の投票率も、あまり投票率は上がらないように思われます。

安倍首相は、今回の参院選挙では、憲法改正には全く触れていないようですが、これでもしも、国民は何も知らされていないうちに自民党が圧勝し、一気に憲法改正に舵を切るようなことになれば、イギリスのEU離脱の国民投票と同じような後味の悪さが残るように思えます。

参議院選挙は、あまり国民の関心が高まっていないようですが、この選挙は、これからの日本の行く末を大きく左右する可能性があるのでは?





昨日は、真夏のような日差しになりましたので、一気に梅雨が明けてしまうのかと思いましたが、今日は一転、梅雨空に戻ってしまいました。

天気予報を見たところ、来週は一週間、あまり晴れる日がないようですが、実は、13日から15日まで、社会常任委員会の視察で、北海道の千歳市などに行くことになっております。

北海道は、梅雨がないような話を聞きますので、天気が落ち着いていればよいのですが…

ちなみに、今回の視察のメインテーマは、教育関係です。




今日のBBCメモ。



.織譽鵐箸寮佚捗祕譴気鵑蓮都知事選に本当に立候補するのでしょうか?

今日の午後2時半から、記者会見が始まりましたが、テレビで見ている限りでは、記者の質問の答に、違和感を持たざるを得ません。

ますます都知事選は、混迷の度合いが深まってきたように思えますが、日本の首都のトップを決める選挙が、このような状況で良いのか、大きな疑問を持ちます。

『野党の統一候補なら立候補する』と、石田さんはおっしゃられていますが…








7月7日(木)
ジ民館では、様々な講座が開かれていますが、その参加者は、圧倒的に女性が多いようです。

これは、どのような理由でなのかは分かりません。

女性のほうが社交的で、周囲の人とのコミュニケーションを上手くとれる能力に長けていることが大きな要因なのかもしれませんが、もしかすると、女性の平均寿命が長い原因もこうした点にあるのかも?

公民館活動の参加状況と、男女の平均寿命の差は、何らかの関係がありそうです。


男の人は、歳を重ねるにつれ、社会から孤立していくような傾向があるように思えます。

それを防ぐためにも、男性がもっと参加できるようなイベントや活動がほしいものです。

いろいろ調べて、市に提案していきたいと思っておりますが、何か良いアイデアがございましたら、ぜひ、ご意見をお寄せください。





い箸△觸蠅如◆悒螢▲訝出ゲーム』の話を聞きました。

私は全く知らなかったのですが、若い方の間では、広く知られているゲームとのこと。

また、それを企画している『SCRAP』という会社の社長は、同志社大学OBと聞きましたので、先ほどネットで調べましたら、私よりも15歳ほど若い方ですが、同窓ということになるようです。

リアル脱出ゲームというのは、言葉のとおり、パソコンの画面上で行うのではなく、実際にグループで、体と頭を使って行うゲームのようです。

これを、まちおこしに使ったら、面白いように思えましたが?

ツテを探して、社長にコンタクトを取ってみたいものです。






社会教育館から帰る時、車に乗ってエンジンをかけましたら、外気温が『41℃』と出ました。



車の温度計ですので、正確ではないかもしれません。

でも、40℃を超える数字は滅多に見ませんので、今日の暑さはスペシャルだったのではないでしょうか?

体が暑さに慣れていませんので、ちょっと堪えますよね。

体調を崩さないよう、注意したいものです。





⊆匆餠軌藉曚任蓮月に2回(第1第3木曜日)、『うどんを食べる会』という、イベントが行われています。

無料で、とても美味しいおうどんを、いただけます。



今日はそのイベントで、ウクレレを一緒に練習しているみなさんと演奏を行ってまいりました。

結構、楽しくできました。

ウクレレを身近に感じていただき、新しく『私もやってみよう!』という方が、増えれば最高ですが?



ところで、『うどんを食べる会』では、健康チェックのコーナーがあり、血圧測定もしてもらえます。



普段、血圧など計ることは、ほとんどありませんので、調べていただきましたら、『112 / 60』という結果でした。

係の方からは、『理想的ですね』と言われましたが、毎日10分、走っている効果が出たのかも?

ちなみに、よく塩分を摂りすぎると血圧が高くなるような話を聞きますが、私は『しょっぱい系』の味が非常に好きで、ラーメンのスープも、つい全て飲んでしまうほうです。

でも、あまり、血圧が高かったことはありませんので、血圧の高い低いは、塩分うんぬんという要因だけではないように思えますが?








今日のBBCメモ。





7月6日(水)
ネ縞、社会教育館に寄って、館長さんといろいろお話をしてきました。





この歴史ある日本建築の建物は、とても風情があり、レトロな雰囲気が漂っております。

これを上手く活用すれば、貫前神社周辺は、歴史を感じさせるオシャレなスポットになれるようにも思えますが?

また、社会教育館に、ちょっと座って飲んだり食べたりできるような『カフェ的な環境』を整えることができれば、さらに面白いでしょう。

ここで映画やCMの撮影でもしてもらえれば、とても雰囲気のある映像が撮れると思います。

映画監督やCMディレクターに、『ここで撮影してください』と、お願いしたいところですが、そのような業界にツテがあるような人は、いらっしゃらないでしょうか?

ちょっと自分の友人・知人から、まずはツテを当たってみようかと思います。





っ粟己面にも用事で出かけましたので、『丹生湖のひまわり畑チェック』もしてきました。

青々とした葉が、畑一面に広がっていました。

順調に大きくなっているようです。





8畍紂⊃誓の古代蓮を見に行ってきました。





以前、ポスティングの途中で見たときは、花はありませんでしたが、今日は、色鮮やかなピンクの花があちこちにありました。

ちょうど見ごろのようですので、神成の近くに行きましたら、ご覧になってはいかがでしょう?


午前中は、ガス水道局にお邪魔し、ガス事業の民間譲渡に件で、いくつかお話を伺いました。

ところで、富岡市役所サイトに、『富岡市ガス事業の民営化(事業譲渡)について』というページがあることを、今日、初めて知りました。

ここを見ますと、これまでの経緯が詳しく書かれていますので、ご興味ある方は、ご覧になってはいかがでしょうか?

ちなみに、今回の譲渡価格は21億円(税抜き)ですが、5年ほど前に藤岡市がガス事業を譲渡した時の価格は15億5千万円です。

富岡市の利用者数は7200件ほどで、藤岡市は利用者数が1万件を超えていたことを考えますと、かなり良い条件で譲渡できたと見ることができるかもしれません。




今日のBBCメモ。




7月5日(火)
ズFは、めっきり涼しくなりました。

いつもなら夜、10分弱走ってきますと、汗だくになってしまいますが、今夜はほとんど汗も出ないような状況でした。

ところで、この10分ジョギング(最近は8分くらい)は、3月下旬から続けていますが、今日でちょうど100回ほど走りました。

これまでの人生で、これだけの頻度で走ったのは初めてです。

中学校のバスケットボール部時代でも、これほど頻繁には走らなかったのでは?

これが続いている最大の理由は、何といっても時間が短く楽なことです。

辛くないから、長続きしています。

これは、何かを継続して習慣化するときに、最も重要なことと思えます。

人間、自分の力を大きく超えたことは、継続できません。

無理をすれば数回はできたとしても、大抵は3日坊主で終わってしまうのが現実です。

なので、最初は自分の力よりも低いレベルに目標を設定し、まずは続けることだけに徹し、余裕ができたら、少しずつレベルを上げていくというのが、物事を続ける最大の秘訣ではないでしょうか?

また、10日に1回のペースで10km走を月に3回行うのより、毎日1kmを月に30回走るほうが、健康の維持には良いように思えます。

以前、月に5、6回、まとめて走っていたことがありますが、毎日ちょこちょこ走っている現在のほうが、体力はついているように感じます。

運動不足気味の方は、もしも、10分が長いようでしたら、毎日5分でも、近所を走ってみてはいかがでしょう?

1カ月継続すれば、人生観が変わるような経験ができるかと思いますが…








ど找市の図書館は、雑誌の種類が少ないのでは?

あちこちの図書館を見に行くと、そのことを非常に強く感じます。

入口からすぐの場所に雑誌コーナーはあります。

スペースの都合で、今の種類くらいしか置けないのかもしれませんが、最新の情報を知るには、雑誌は非常に役に立ちます。

図書館の利用者数は、年々、減少傾向にありますが、もう少し、雑誌の種類が増えれば、新たな利用者が増加する可能性もあるのでは?

図書館内のレイアウトも、少し見直しを行いながら、雑誌のコーナーの充実も進めていただきたいものです。







8畍紊蓮∈Fから美術博物館で始まった『第6回富岡市民美術展』に出かけました。



ちょうど受付に、昔から存じ上げている先生がおられ、先生と一緒に作品を見ながら、解説もしていただきました。

作品は、まさに多種多様という感じで、特徴ある作品が数多く見受けられました。

また、中学生の油絵も多数展示されていて、色鮮やかな作品が多く驚きました。

市民美術展は、無料で見ることができます。

きっと、知っている方の作品もあるかと思いますので、一度足を運んではいかがでしょう?







∈D、富岡学を終了された1期生の方から、『生涯学習センターで、富岡学のパネル展を行っています』とのご連絡をいただきましたので、早速、見に行ってまいりました。



1期生の方は、2年間、様々な講座で、富岡について学ばれたと伺っております。

その身に付けた知識を、広く市民のみなさんに伝えていただき、これから活躍していただきたいと思います。





今日のBBCメモ。 




7月4日(月)
ず鯑、高崎で、有名なミュージシャンである、高崎市出身の布袋寅泰さんのフリーライブが行われたそうです。

ニュースでライブの映像を見たところ、会場が非常にカッコよく映っており驚きました。

高崎は、ちょっと評価を上げたというか、カッコいい街になってきた印象を持ちました。

話は飛びますが、嵐のメンバーである桜井さんのご両親は、前橋市出身で、父上は東大、母上はお茶の水女子大の卒業と伺いました。

もしも、桜井さんの父上が、東京都知事になられたら、群馬のイメージが大きく変わったように思えますが?

布袋寅泰さんや、桜井さんのお父上などには、どんどん活躍してもらって、地味なイメージが強い群馬を変えていってもらいたいものです。

ところで、毎日BBCの記事を読んでいると、テロの記事で頻繁に『GUNMAN』という単語を見ます。

武装した犯人、ガンマン、のことですが、これを見る度、『群馬をGUNMAと英語表記すると、多くの外国人はGUNMANを連想して、群馬に対して悪いイメージを持つだろうな…』と思います。

群馬は、外国人観光客の誘致に関しては、名前からして不利な要素を持っているような気がしますが、外国人の方は、どんな印象を持たれているのでしょうか?






8什漾高崎市にお住いの方から、質問をいただきました。

『富岡市内の実家は、両親が亡くなったため、何年も空き家になっています。古い家で、だれも住む予定はないので解体を考えていますが、解体費用に対し、市の補助はあるのでしょうか?』というものです。

担当部署で確認しましたところ、この方の場合ですと、『補助率3分の1で、限度額30万円』の補助があるとのことです。

また、一般的な空き家とは別に、『危険空き家』の場合には、『補助率5分の4で、限度額50万円』という補助もあるとのことです。

詳しくは、市役所で教えてもらえますので、お問い合わせください。





午前10時から、議会運営委員会が開かれました。

来週の月曜日に臨時議会が開かれます。

市ガス事業を民間譲渡するため、条例の改正等が必要なためです。

また、この条例改正は、重要な施設の廃止であるため、議会の議決も通常の場合とは異なり、出席議員の3分の2以上の同意が必要とのことです。

このような議案は、私が議員になってから初めてのことのように思えます。

ちなみに、市ガス事業は埼玉県の業者に21億円で売却されます。

来年の4月からは、完全に民間のガス会社に移行するとのことですが、我が家も市ガスの利用世帯ですので、どのようなサービスになるのか、大いに関心があります。





今日のBBCメモ。




7月3日(日)
ソ鬼東洋経済の健康特集の記事が気になり、購入してみました。



東京の足立区は、23区の中で、健康寿命が短く、それに対し区として、どのように取り組んだのか、興味深い話も出ております。



富岡市の健康寿命について、これからいろいろ調べて、課題があるようでしたら、議会で提案してまいりたいと思います。



先日、元議員の尾高さんから、電話をもらいました。

『丹生湖のひまわり畑が、また8月には満開になるので、その前の状況を、逐次、私のホームページで紹介し、PRしてほしい』というお願いでした。

丹生湖のひまわり畑は、富岡市の夏の名所になってきたのですから、もちろん喜んで、紹介させていただくつもりです。

そんなわけで、今日、丹生湖のひまわり畑に立ち寄り、写真を撮ってきました。



これから、頻繁に出かけ、丹生湖のひまわりの成長状況を、みなさんにお伝えしようと思います。





今日の暑さは、酷すぎたように思えましたが?

体が夏の暑さに慣れていないためなのでしょうが、家にいてもダラダラしてしまいそうでしたので、午後、気分転換に、ちょっと軽井沢までバイクで出かけてきました。

軽井沢までは、およそ40kmほどですので、バイクの燃費で考えますと、ちょうどガソリン1リットルくらいで行けることになります。

往復でも2リットル。

リッター120円でも240円です。

240円で、別世界のような場所に行けてしまうのですから、バイクでちょっと軽井沢に出かけてくるのは、非常に安い娯楽と思っております。

また、バイクで行きますと、駐車料金はかかりません。

さらに、軽井沢銀座でも、ショッピングモールでも、駅周辺でも、簡単にとめられますので、今日のように駐車場に車を入れるのに大渋滞ができてしまっているような時は、大変便利です。

ところで、今日は、旧軽のほうに行きました。

午後3時頃のおやつの時間帯でしたので、カレーコロッケがはさんであるパンと、ソフトクリームを食べました。





時間にすれば4時間くらい、さらに費用はガソリン代を入れても千円ちょっとで、楽しめるのですから、バイクでちょこっと軽井沢に出かけてくるのは、コスト&パフォーマンス的に見ても、なかなかの時間の過ごし方ではないかと思っておりますが?

今日の唯一の想定外だったことは、碓氷峠の旧道は、行きも帰りも、遅い車が走っていて、ノロノロ運転になってしまったことです。

軽井沢に向かう車が激増する夏場だけは、旧道ではなく、バイパスで行ったほうが良さそうです。









朝8時から、河川清掃に出かけました。

そこで、こんなご意見を伺いました。

『河川は、県が管理しているのだから、河川の草刈りは本来なら県が行うべきなのでは?』というものです

そこで、疑問を持ったのですが河川の管理は県が行っていますが、それは川の土手の部分も、すべて含んでいるということなのでしょうか?

もしも、土手の部分も含むとすれば、『県が予算を計上して、草刈りなどの管理もやってほしい』というご意見も、説得力を持つように思えますが…

県民税の均等割りも、かつては千円でしたが、今は2倍以上になっています。

さらに、人口減少と高齢化で、これまでのような作業を地域のみなさんのボランティアで行うのが、徐々に難しくなってくる可能性もあります。

当分はまだ、現状でも大丈夫でしょうが、20年後くらいは微妙なのでは…

人口減少・高齢化の問題が、このような部分にも影響する可能性があることに、今日は気づきました。

★こちらにつきましては、早速、ご意見をメールでいただきました。

『人口や税収が減っていく時代だからこそ、地域のことで地域住民ができることは、やるべきではないでしょうか?』というご意見です。

みなさんが、そう考えてくだされば、問題はないのですが、あくまでも、これから先の可能性として、今のままで続けていくことができるのか、ということです。

河川清掃のような作業は、全国どこの自治体でも、富岡市と同じように地域のみなさんで行っているのか、また、そうでないのなら、どのように管理しているのか、これから調べてまいりたいと思います。









今日のBBCメモ。






7月2日(土)
て本のひとり親家庭の貧困率は54.6%で、OECDにデータがある34か国中ではワースト1位とのこと。

このような現状を改善せずに、少子化問題を解決することは、不可能なように思えます。

どうしてこのような問題が、今回の参院選でもっと大きく取り上げられないのでしょうか?

アベノミクスや、憲法改正よりも先に、取り組まなければならない問題・課題は山積しているかと思いますが…




テレビショッピングなどの通信販売には、『クーリングオフ』の制度はなく、返品ができる場合でも、『開封後の返品は不可』などの条件があると返品はできない、という話を聞きました。

それは、ちょっと意外でした。

テレビショッピングって、結構、利用する人は多いかと思いますが、問題が起きてお困りの人はいないのでしょうか?

消費生活センターに、一度伺って、細かくお話を聞いてこようかと思います。




⇒莉気量斃貌に、一ノ宮の社会教育館で『うどんの会』が行われます。

そこで、ウクレレを一緒に練習している皆さんといっしょに、アトラクションでウクレレを演奏することになっています。

一応、12名くらいで行う予定です。

また、アロハシャツを着るように言われていますが、実は、アロハシャツを持っていないので、一枚買ってきました。

普段は着ることはないと思いますので、2000円くらいの一番安いのを買ってきましたが…

でも、せっかく買ったのですから、これからは、それを着て、あちこちのイベントに参加するのもよろしいかも?

そろそろ、将来の認知症予防を考えたほうがよい年齢になってきた感もありますので、『ウクレレで認知症予防の会』でも、立ち上げたら、結構おもしろいかもしれませんね。

ところで、ウクレレは4本弦ですので、ギターと比べれば、コードを『じゃかじゃか』弾くのは難しくありません。

コードが3つ、4つくらいの曲なら、ちょっと練習すれば、弾きながら歌えます。

ギターのコードの、FやB♭などは、押さえるのが難しいですが、ウクレレなら、簡単です。

ウクレレで地域おこしをやってみようかと、ちょっと真剣に、最近は考えておりますが、具体的なアイデアが固まりましたら、紹介したいと思います。






今日のBBCメモ。



7月1日(金)
ぅ疋薀泙箟撚茲如⊃佑緊張しているシーンを演出するときは、まずは声のトーンを高くし、次に早口にすれば良いのだとか。

人前で話すとき、つい緊張してしまう方は、これを応用し、逆を行うのも一つの対処法かも…

つまり、低いトーンで、ゆっくり話す。

そうすれば、心の中は焦っていても、外からは、とても落ち着いているように見えそうです。

結婚式のスピーチでも頼まれたときは、この方法を取り入れてみてはいかがでしょう?







『特別養護老人ホームの待機者が大幅に減っている』という話を、とある新聞で見ました。

減っているとは言っても、必要としている人が本当に減っているのではなく、『要介護度3以上でなければ入居できない』ように制度が変わったことや、自己負担額が高額になったことが、原因のようです。

分かりやすく言えば、政府の介護費用抑制が、入居できない人を増やしているということです。

最近、介護離職という言葉をよく耳にします。

さらには、介護殺人という言葉も、時どき新聞・雑誌などで見かけます。

家族の介護の負担が重くなり過ぎてしまうことが、その根本的な原因かと思われますが、いくら高齢者の数が一気に増えるからと言っても、現在の介護保険制度の進め方は、問題が大きいのではないでしょうか?

長年、介護保険料を払わされた挙句、必要になったとき、適切なサービスを提供してもらえないのなら、何のために介護保険料を払っているのか分からなくなってしまいます。

これからさらに高齢者人口が増えていけば、現在の自己負担1割も、3割、4割と、どんどん上がっていく可能性は極めて高いでしょう。

『健康こそ最大の財産』という言葉が、これから益々重みを増しそうです。







△海料阿瞭曜日に、製糸場でSHANTIのコンサートがありましたが、今日、その話を音楽好きの友人に話したところ、『え? 俺も行きたかったなー。そのコンサートの情報は、市報に出てたの? 全然、知らなかったよ』と言われました。

世界遺産2周年記念のイベントとして、私は議員の立場で通知をもらい、コンサートに行きましたので、申し込みをされた方々は、どのような方法で情報を知ったのか、分からないのですが…

もしかすると、SHANTIさんの曲を聴くような世代の方々には、あまりコンサートの情報が伝わっていなかった可能性もあるのでは?






今日のBBCメモ。




6月30日(木) 
ダ住緇譴虜Gの6月の入場者数は7万2462人とのことです。

昨年の6月は、10万9817人ですので、昨年比では−34%です。

いよいよ、世界遺産登録後3年目に入りますが、この減少傾向がどこで止まるかは重要と思われます。

去年の7月は、登録後2年目に入り、一昨年7月の−28%でしたので、今年の7月が、もしもまた大幅なマイナスになってしまうと、非常に心配な状況になります。

実質3年目に入る、今年の7月からのこの1年間は、富岡市の観光産業にとって、まさに試金石となる1年になるのではないでしょうか?






ず2鵑了憶〜挙から、18歳以上が投票できますが、18歳といえば高校3年生。

今日、選挙管理員会で伺ったところでは、7月11日生まれの高校3年生までは選挙権があり、7月12日以降の誕生日の高校3年生はないとのこと。

でも、同じ学年で、30%弱の生徒は投票に行けるというのは、ちょっとビミョーな雰囲気を感じますが…

ちなみに、7月10日の投票日は、選挙権がある高校3年生が投票に行けるよう、高校のイベントは実施しないようにしてもらっているのだとか。

この時期は、高3生にとっては、様々なスポーツの最後の大会があるような時期のようにも思えますが、選挙のために、予定の変更等が生じて、混乱したようなことはないのでしょうか?






I找市観光協会の年会費を納めに、お富ちゃん家の奥にある、観光協会の事務所に行きました。

女性職員の方が2人で、忙しそうに事務仕事をされていましたので、『今、どんな仕事で忙しいのですか?』と伺いましたところ、『富岡どんとまつりの準備です』とのこと。

10月のお祭りで、もう、そんなに忙しいとは、予想外でした。

しかし、明日から今年も後半戦ですので、あまり時間はありませんよね。

今年は、オリンピックもありますので、いつもの夏よりは、ちょっと賑やかな感じでしょうか。

10月のお祭りも、観光協会のお力で、大いに盛り上げて頂きたいものです。






午前中、下仁田町に用事があり、バイクで出かけて来ました。

そのとき、下仁田の方にお話を伺ったのですが、最近は『下仁田カツ丼』が周知されてきたためか、カツ丼を食べるために、遠路はるばる来られる観光客の方が、結構いらっしゃるのだとか。

ところで、下仁田は以前から、カツ丼が街の名物だったのでしょうか?

あまり聞いた記憶はありませんが…

個人的には、カツ丼は卵でとじてあるものが好きなのですが、下仁田カツ丼は、そうではないタイプと聞きました。

ならば、『卵とじカツ丼』を、上州とみおかカツ丼として、売り出しても良いのでは?

カツ丼は、卵とじ系のほうが、絶対においしいと、私は思っておりますが、世の中全般では、どちらのほうが人気なのでしょうか?

ちょっと気になってきました…




今日のBBCメモ。



 
 











これまでの活動記録 (毎日更新中!)
2016年 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2015年 12月 11月 10月 9月 8月 7月  6月  5月   4月 3月 2月 
1月
2014年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月  3月 2月 1月

2013年 12月 11月 10月 9月 8月 7月中・下 7月上 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2012年  12月 11月 10月 9月 8月  7月 6月 5月 4月 3月 2月
 1月
2011年 12月  11月 10月 9月 8月 7月 6月  5月 4月 3月 2月 1月
2010年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 
2009年  12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2008年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月   






































プロディールのボールペンに魅せられて prodir swiss

iTomioka 富岡市の情報サイト

オリジナルラベルワイン1500円