富岡市を元気に!子どもたちに明るい未来を! 富岡市議会議員 茂原正秀WEB-SITE

TOP


これまでの活動記録(毎日更新中!)
2011年  5月 4月 3月 2月 1月
2010年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 
2009年  12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
 
2008年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月             










スポンサーサイト




6月30日(木)その2
★とある知事候補者の方のイベントに出かけました。
普段あまりこの手の集まりには行きませんので、勉強になる点がいろいろありました。

その中で20人近くの役員の方、支援者の方の激励のご挨拶を伺いました。

そこで感じたのは、『どの方もこのような場には慣れていらっしゃるお歴々の皆さんですが、心に響くお話ができる方と、そうではない方とにはっきり分かれてしまうのだなあ』ということです。

意外なことですが、話をすらすらお上手に言うことができても、まったく心に残らない方がおられます。
逆に、マイペースの話しぶりで、聞いている側がハラハラしてしまうようなお話なのに、印象深いという方もおられます。

どちらが良いのか悪いのかなどと、簡単に評価はできませんが…、

ただ、印象深いお話ができる方が、うらやましく思えます。



6月30日(木)その1
★昨日の朝刊のチラシに、本日オープンするケーズデンキさんの開店チラシが入っていることに、さきほど気がつきました。

それにしても、デカイというか、巨大なチラシですね。カラー版で、この大きさを考えますと、折込料も含めれば、かなりの金額になるのでは…

なかなか魅力的なチラシですが、今日はとてつもなく混むのでしょから、ちょっと避けたほうが良いでしょうか?

気になるのは、人口規模が5万ちょっとの富岡市で、ヤマダ電機さんとケーズデンキさんという、大型店が2店もできて、経営的にペイするのか、ということです。

オーバーストア(店舗過剰)状態なのではないかと、個人的には感じますが…

★今朝、松本市で震度5強の地震があったそうですが、北や東から、今度は西に地震が移動しつつあるのでしょうか?

幸い、群馬県を震源とする地震は、あまりないような感じですが、実は先の一般質問で、このことに触れました。

すると、当局の答弁では『群馬県が実施した地震被害想定調査によれば、県内ではマグニチュード7の3つの地震が想定されており、その中では、群馬県南西部地震が富岡市に直接かかわる想定になっています』とのこと。

あくまでも、想定ですが、実際のところ地震の危険性はどうなのでしょうか?


6月29日(水)その2
★新しい市議会だよりの原稿を書いているのですが、部屋が暑くて参りました。
今日は一ノ宮小の4年生は、修学旅行で尾瀬に出かけたようなお話を伺いましたが、あちらは涼しいのでしょうか?

実は私、尾瀬には一度も行ったことがございませんが、今日あたりは最高の状態だったのかも…

★とある所で話をしていましたら、『清掃センターの焼却炉で、発電はできないのですか?』というご質問をいただきました。

火を燃やしているのだから、ちょっとした火力発電所と同じといえば、同じような気もします。

しかし、本日、担当部署の方に確認しましたら、高崎や前橋などの大きな焼却施設では、すでに発電を行っているのですが、富岡市の規模では小さいので無理なのだそうです。

ちょっと残念でした。


6月29日(水)その1
★民主党の両院議員総会で菅首相が「なぜ、そこまで頑張るのかという見方もあるが…」と発言されておりましたが、違和感を持ちました。

『なぜ、そこまで居座るのかという見方もあるが…』というほうが、国民には分かりやすかったのでは?

権力の座におられる方というのは、案外、世の中の空気がお分かりではないのかもしれませんが、日に日に首相はさらに暴走し、政治は混迷を深め、国民は絶望へと向かっているように感じます。

先進国の政治とすると、あまりにもお粗末な感が…


★今日も朝から、やたらと日差しが強いので、昨日以上に気温が高くなるような気配が…。
となると、熱中症になってしまう方も、だんだん増えてくるのではないでしょうか?

我が家は一ノ宮分署のすぐそばですので、救急車が出動すると、サイレンの音がよく聞こえます。
昨年は、熱中症のためか、救急出動が頻繁にあったように思えましたが、今年はまだ、それほど多いようには感じません。

これからが熱中症の本番なのでしょうが、注意したいものです。



6月28日(火)その2
★梅雨がどこかへ行ってしまったような真夏モードの陽気でした。
午後、市役所に行きましたら、今日はさすがにエアコンが効いていました。

エアコン無しでは、仕事をなさる職員さんだけでなく、窓口に来られたお客様も体調を崩してしまう懸念がありますので、当然の対応と思いますが、これから連日、このような気温が続く本番の夏が来たら、節電はどうなってしまうのでしょうか?

庁舎西側に準備した『緑のカーテン』も、機能するにはまだ時間がかりそうな印象ですが…

★先日、400円くらいのすだれを買って、ちょっとつけてみましたら、結構効果があるのもなんですね。室温がかなり変わる印象があります。

昭和レトロ風の方法、案外見直す必要があるのかも?

★東電の株主総会がニュースで大きく取り上げられていましたが、東電株といえば、いわゆる資産株の代表選手。

長期運用資産として大量に保有されていた方も少なくないのでは?

それがいまや、300円を超えるか超えないかという水準なのですから、株主の方も、ある意味、震災の被災者といえるように思えます。

これから東電株はどうなるのか?
まったく先は読めませんが、ひょっとすると今は最高の買い場かも…


6月28日(火)その1
★昨日は夕方、富岡商工会議所の懇親会がアミューズで行われ出席いたしました。様々な方と、お話や情報交換をさせていただき、有意義な時間になりました。

私のこのホームページを定期的にご覧になってくださる方が、何人もいらっしゃって、お声をかけて頂きました。たいへん有難いことです。

これからも、マメに更新し、最新情報をお知らせして参りますので、よろしくお願いいたします。


★昨夜メールで頂いた情報をご紹介いたします。

『一部新聞には小さく出ていたそうですが、なんと富岡製糸場と絹産業遺産群が地方自治法施行60周年記念で500円硬貨と記念切手で登場するそうです』とのこと。

何か、平泉の次を予感させるような雰囲気がありますが、はたして…

貴重な情報をお寄せいただき、ありがとうございました。


6月27日(月)その2
★先ほど、県知事選の某候補者の選挙運動用ビラ(選管に認められたもの)を頂きました。

それによれば、『群馬県は工場立地件数全国1位(H22年度)、県民一人当たりの職員数の少なさで2位、実質公債費比率の少なさ3位』なのだそうですが、このようなデータは知りませんでした。

最近、群馬の地域ブランド力は全国最下位ということを、よく耳にしていましたが、魅力的なところ、優れた点も、気付かないところでけっこうあるということのようです。

★『浄水器を使うと、水道水の放射線量を下げることができる』というような特集をニュースで見ましたが…

放射線測定器の次は、浄水器が品切れになるのでしょうか?


6月27日(月)その1
★今朝の新聞を見ると、平泉への旅行の広告が目に付きます。
世界遺産本登録の効果は、まずは、このような点で出るということか?

東日本大震災の被災地である東北の経済復興のきっかけになってくれればけっこうなことですが、どうなるでしょうか?

★午前10時から社会教育委員会議が行われ出席。

その中で、先に行われた生涯学習市民意識調査についての結果報告がありましたが、『富岡市が生涯学習都市宣言をしたことを知らない方の割合が、54.9%』とのお話があり、ちょっと驚きました。

ご存知でない方は、少なくはないとは思っていましたが、半数以上というのは、『むむむむむっ??』という印象です。

社会教育委員は会議の最初にこれを全員で朗読します。



6月26日(日)その2
★本来の意味のクラウドコンピューティングとは、ちょっと違うのかもしれませんが、最近、グーグルの無料メールサービスであるGmailを使って、保存が必要なデータをネット上でもバックアップするような試みを始めました。

こうしておけば、万一、使っているパソコンが故障して、ハードディスクのデータが使えなくなったとしても、ネット上のバックアップデータで対応できます。

ちなみに、やり方は、小学生でも考えつくような、どえらく簡単な方法です。

また、Gmailのアドレスは、無料でいくつでも使えますから、データの保存できる容量もやり方によっては無制限。

ご興味ある方は、ひと声おかけください。


★お役所の表現というのは、婉曲表現というか、煙に巻くような言い回しというか、そのような類のものが多いように、日ごろから感じております。

今日も、ある資料を読んでいたら、『現状を調査し、効果や範囲等を検討した上で、所有者の協力が得られれば事業実施の可能性を検討したい』との一文がありました。

こんなに、いくつもハードルがあった上で、最後に『可能性を検討したい』では、どう考えても、『できない・やらない』と言っているようにしか、私には思えませんが…

日本語が持つ『あいまいさ』の特性を、うまく活用しているのかもしれませんが、ちょっと改める時代になったのでは?

★Youtubeを見ていましたら、はしだのりひことクライマックスの、あの名曲『花嫁』のライブバージョンがありました。

クリックして出るリストの1番目です。

中学生時代、レコードでこの曲の最初のギターによるイントロを聴いたとき、『おおおぉ!かっこいい』と感動したことがありましたが、ライブもなかなかの味わいで、70年代の空気が残っているかのようです。

ついでに、もうひとつ、『太田裕美 伊勢正三 なごり雪』も、同世代のみなさま、いかがでしょう?

クリックして出るリストの1番目、いいですよ。



さらに、クレモンティーヌさんの『ゲゲゲの鬼太郎』と『天才バカボン』のメドレーの公式ムービーを発見しました。アニメソングが、芸術に??



6月26日(日)その1
★平泉の世界遺産登録が正式に決まったようです。

一度、落選した後、今回うまく話が進んだのは、構成資産をしぼって、普遍的な価値を分かりやすくしたから、という話を耳にします。

そこで気になるのは、『富岡製糸場と絹産業遺産群』の構成資産の数です。

これほどたくさんあると、このすべての普遍的な価値を証明するのはかなり困難なのでは?

でも、群馬県とすれば、世界遺産として登録される物件が多いほど、観光などでのメリットも大きくなるのでしょうから、できればたくさんの構成資産のまま世界遺産になってほしいという思いもあるように推測します。

『最大のメリットを求めて、登録の可能性は低くなってもいいから、大風呂敷を広げる』か、『メリットは少なくなっても、登録の可能性を高めるため、風呂敷を思い切って畳む』かの、どちらかを選ばないといけない時期になったのではないでしょうか?


6月25日(土)その3
★音声ファイルを使って、ラジオのポッドキャスティング放送のようなかたちで、みなさんに情報をお伝えすることを、現在考えております。

先ほど、そのテスト版のmp3ファイルを作って、アップロードしてみました。

お時間ございましたら、上のリンクからお聞きください。
(音声が出ますので、ボリュームにはご注意ください)


6月25日(土)その2
★富高同窓会へ行ってきました。
今年の幹事学年は昭和56年卒業のみなさんで、私たちより4学年下の方々です。

また、記念講演は大島喜久治先生による『七日市藩から現代へ』というお話でしたが、興味深い内容がたくさんありました。

それにしても大島先生は83歳だそうですが、とてもその年齢には見えないような若々しさを感じました。

情熱いっぱいのご講演でした


その後の懇親会では、1学年先輩のTさん、2学年後輩の県議の門倉君、そして3学年下の3人の方といっしょのテーブルでしたが、楽しい時間を過ごすことができました。

★群馬デスティネーションキャンペーンの総合ガイドブックをいただきました。これを見ると、群馬もいろいろなところがあるものですね。一度じっくり読んでみようかと思います。



6月25日(土)その1
★昨日の暑さは、やはり普通ではなかったようで、熊谷市では39.8度の、6月としては過去最高気温だったそうです。

ちょうどお風呂の温度のようですが、まだ梅雨が明けていないさなかにこの気温というのは、まさに想定外。

今朝も朝からモーレツな日差しですが、ちょっと心配です。


また、今日は昼から夕方にかけて、富高の同窓会が行われ出席する予定です。

同窓会といっても、同学年でやるものではなく、卒業生全員が対象となる会ですが、東日本大震災のため、3月開催予定だったものが今日に延期されました。

珍しいお話を伺いましたら、またご紹介しましょう。


6月24日(金)その3
★『2011.06.23 東京スカパラダイスオーケストラ、10月から全国ツアーへ。大井競馬場、富岡製糸場でライブも』との情報が。

9月17日(土)には群馬県の富岡製糸場の野外特設ステージでライブが行われるそうですが、楽しみです。

★今日の暑さ、尋常じゃないのでは?
外に出ると、熱風が吹いております。

これでは熱中症でダウンされる方が、かなり出るのではないでしょうか。
早めの水分補給が重要そうです。



6月24日(金)その2
★福島原発の高濃度放射線物質を含む汚染水は11万トンとのことですが…
仮に小学校のプールが、25m×12.5mで、1mの深さまで水を入れたとすれば、
25×12.5×1=312.5立方メートルで、 312.5tとなります。

となれば、11万÷312.5=352ですので、
ざっと小学校のプール350杯分ということに。

平常時ならば、プール1杯分の汚染水だけでも、大事件でしょうが、あまりにも事が大きくなりすぎると、かえってその深刻さが分からなくなってしまい、鈍感になってしまうことが人間には多々あると思われます。
まさに今回の汚染水11万トンは、それにあたるのでは?

日本全体が『ゆで蛙』状況になりつつあるようにも、ちょっと感じられますが、大丈夫なのでしょうか? 

★今日は夕方から、一ノ宮商工会の定期総会、その後は社会福祉協議会一ノ宮支部の定期総会が行われます。

夕方、ちょっとでも涼しくなってくれれば有難いのですが、無理っぽい感じですね。


6月24日(金)その1
★群馬デスティネーションキャンペーン(以下群馬DC)が7月から9月末にかけて行われます。これは全国のJRグループと地域が連携し、集中的な観光宣伝を行う国内最大規模の観光PR行事です。


富岡市も観光協会において以下のようなDC関連事業を行います。
《JR小冊子の小さな旅「富岡製糸場周辺さん歩」の作成》
《JR駅からハイキング期間設定コース(富岡製糸場周辺散策)》
《観光乗合タクシー》

また、富岡製糸場におけるDC関連事業として、以下の事業が予定されています。
《外観の公開箇所を拡大》
《貴賓室の特別公開》
《座繰り体験》
《富岡製糸場見学者プレゼント》
《世界遺産劇場》
《世界遺産大学》
《伝統工芸品店》

東日本大震災の影響で、観光客が減少しているようですが、盛り返しのきっかけになればよいのですが…


6月23日(木)その4
★あまりの暑さのためか、某ショップでたまたま見かけたサーキュレーターを衝動買いしてしまいました。

2580円という値段で、つい買った訳ですが、早速、家で使ってみると、羽が回る音が、かなり大きいじゃないですか!

ショップの賑やかさの中では気付きませんでしたが、家で使うと、ちょっとテレビの音が聞きづらい感じです。

ところで、ワタクシ、サーキュレーターは扇風機と思って買ったのですが、サーキュレーターとは、室内の上下の空気をかきまぜ、効率よく空気を循環させる「空気循環機」なのだとか。

買っちゃったので、扇風機がわりに当面、使っていこうかと思いますが…






6月23日(木)その3
★午後1時半から、富岡地域医療事務組合議会が行われました。
改選後、初の議会でしたので、議長などの選出がありました。

この中で、『東日本大震災への病院等の対応について』、説明がありましたが、富岡総合病院には400キロワットと300キロワットの自家発電装置が1基ずつ、また、七日市病院には160キロワットが1基あるそうです。

しかし、燃料の重油の確保が、病院でも難しかったとのことですが、こういう公共性が高い施設には、万一のときには優先的に回せるような仕組みはつくれないものなのか?  疑問を持ちました。

また、停電になってから自家発電に切り替わるには、40秒ほどのタイムラグがあるとのことです。


6月23日(木)その2
★某金融機関の支店に出かけましたら、たまたま旧知の支店長さんがおられ、久しぶりにお話をさせて頂きました。

東日本大震災による影響は、富岡市経済にとって想像以上に大きいことを実感しました。
現在が底なのか、それとも、さらに低迷が続くのか、何とも言えない状況ですが、明るい展望を抱くのは難しいように思えます。

★今日発売の週刊新潮に原子力安全保安院の西山審議官の記事が出ていますが、ざざっと読んだところ…


西山氏は東大法学部・ハーバードの大学院修了という、通産省のスーパーエリートなのだとか。

さらにご長女は、東京電力にお勤めとありますが、
こ、こ、これは…、『ちょっとちょっと』と言いたくなってしまいます。

東電を擁護し、事故を過小評価するような発言は、この点も関係していたのか?


6月23日(木)その1
★昨夜、NHKで放送されていた群馬県知事選挙立候補者の政見放送を見ました。
私は、大沢さんのお話に興味を持っておりますので、期待して見たのですが、ちょっと普段の大沢さんのキャラクターが出ておらない印象で、もったいない感じがしました。

テレビで放送されるのですから、いつものユーモアを取り入れた話は難しいのかもしれませんが、かなり緊張されていた雰囲気が見受けられました。

また、後藤さんのお話も伺いましたが、後藤さんは落ち着いた印象で、お話の内容も明快だったのでは。

参議院選挙のとき、後藤さんとはちょっとお話させていただいたことがあるのですが、去年より、スリムになられた印象があります。若さをアピールするため、ダイエットなどの肉体改造に取り組まれたのかも…

★ウインブルドンの伊達選手、すごいとしか表現できないような試合でした。
過去5回優勝のビーナス・ウィリアムズ(米国)とセンターコートで対戦し、7−6、3−6、6−8で逆転負けを喫しましたが、40歳を超えて、このようなプレーができるというのは、びっくり仰天です。

モチベーションを維持できれば、年齢など関係ないということか?

『関係ない』といえば、『そんなの関係ねぇ』の小島よしおさんは、どうしたのか…、気になります。


6月22日(水)その4
★一ノ宮小学校のPTA懇談会は、例年より参加された保護者の方は、多いように感じました。

話し合われた内容は、『登下校時に、地震が起きた場合の対応はどうするか』など、東日本大震災の影響を強く受けたものが中心でした。

10年前は私も一ノ宮小学校PTAだったのですが、この10年間で、完全に世代交代が進んでしまい、地元の保護者の方でも、初めてお見かけする方が多くおられました。

また、『子どもたちの自転車の乗り方』という、いつもテーマになるものから、『放射線について』という、いま関心が高まっているものまで、様々なご意見を伺うことができました。

懇談会の資料です。緊急時の対応を
考えなければならない時代になったようです。



6月22日(水)その2
★館林は36.3度だとか。これじゃ、暑いわけです。

今日は夜、一ノ宮小学校のPTA懇談会に出かける予定ですが、この暑さではどのくらいの保護者の方が出席されるか…

★『2013年に放送する大河ドラマは、同志社大学を創設した新島襄の妻で、福島県出身の新島八重が主人公の「八重の桜」に』という記事がヤフーのトピックスにありました。

これは新島学園ご出身の方や、同志社卒業生にとっては、『おおおぉぉ』という感じなのではないでしょうか?

大河ドラマですべて見たのは龍馬伝しかない私ですが、『八重の桜』は、見ることになるかと思います。


6月22日(水)その1
★本日付の読売朝刊群馬版に『義援金盗んだ容疑』との記事がありますが…。
現時点では、この新聞記事以上のことは分かりませんが、新しい情報が正式に発表されましたら、触れさせていただきます。

★昨日は、夜の7時半を過ぎても西の空が明るかったですが、今日が夏至とのこと。

夏はこれからですが、明日から昼間の時間が短くなるというのは、一年の後半戦に入ったような印象があります。

今日は、ばっちり真夏のような暑さになるとのことですが、いよいよ電力需給が正念場を迎えることになるのか?

エアコンの消費電力を仮に800W,扇風機を40Wとすれば、脱原発の議論の前に、まずは脱エアコンを考えるべきなのでは…

今年の夏は、『一人に一台、マイ扇風機』がブームになるかもしれませんね。


6月21日(火)その2
★午前中、富岡市民美術展に出かけてきました。

想像していたのより、いろいろな趣の作品があり、素人の私でも大いに楽しめました。

聞くところによれば、県内他市では、どこも長い歴史のある市民展が行われているのだとか…

富岡市は今回が第1回ですが、今後が楽しみです。

ぜひ会場へ、足をお運びください。




6月21日(火)その1
★本日付の読売朝刊群馬版に、『市庁舎建て替え現在地で』との記事があります。
その中で、“総事業費は最低でも28億円を見込み…”という部分がありますが、これは新庁舎建設のための基金残高と、合併特例債で見込める金額を単に合計した額であって、この金額で建設できる訳ではないかと思いますが…

あまりこうした数字が一人歩きしますと、今後、問題が起きないか少々心配です。

『最低でも』という表現があっても、この言葉はどこかに行ってしまい、『28億円でできる』と思い込んでしまう方が出なければいいのですが…


6月20日(月)その2
★九州のほうでは、この10日間の雨量が1200ミリを超えるところがあるとのこと。この数字は、富岡市の年間降水量(1200ミリ弱)をも超えています。
短期間にこれだけ降れば、土砂崩れが起きる可能性が猛烈に高くなるのでしょうが、富岡市は、こうした点で、恵まれていると思えます。

★ちょっと若い方々とお話していたとき、『定例会での一般質問の音声を、デジタルデータ化して、ポッドキャスティングでネット配信したら、どうだろうか?』と、私の方から投げかけしたところ、『それ、ちょっとイマ風でおもしろいかも』との感想をもらいました。

インターネットでの動画による中継を行うには、そのための設備が必要となりますが、音声のみのポッドキャスティングならば、お金をかけず簡単にできますよね。

議会運営委員会で、提案してもいいのですが、おそらく『なんじゃい、それは?』ということになり、実現には高いハードルがあるように感じます。

ためしに私のサイトに、ポッドキャスティングコーナーを設けて、使えるものか実験してみるのも一つの手か…


6月20日(月)その1
★まだアナログのテレビが1台あるので、昨日、某ショップにデジタルテレビを見に行ったところ、今のテレビは、USBで外付けハードディスクを接続すれば、番組の録画ができてしまうものがあるようですね。

テレビを買うだけで、レコーダーを買わなくても、録画ができるというので、まだ買うつもりではなかったのですが、2万7千円ほどのシャープ製のものを購入しました。

こんな機能があることなど、まったく知らずに出かけたのですが、世の中の変化の速度にちょっとびっくり。
さらに、テレビってこんな値段で買えるんですか?

ずいぶん安いように感じましたが…


6月19日(日)その3
★私が先日、市内のあちこちの放射線量を測定したという話をしましたら、『子どもを連れて、もみじ平によく出かけるのですが、どうなのですか?』とのご質問を、若いお母さんから頂きました。

ちょうど野球場の周辺で、測定器の数値を撮影した写真がありました。
ご覧のとおり、毎時0.09マイクロシーベルト(上の数値)ですので、まったく問題ないと言えるのではないでしょうか?

ちなみに下の数値(1.11マイクロシーベルト)は、累積の放射線量ですので。



6月19日(日)その2
★ちょっと意外な話かもしれませんが、現在の市役所庁舎には自家発電のシステムはありません。なので、3月11日の地震直後、停電になったとき、電気を使う機器はまったく使えなかったということになります。

危機管理という視点で見れば、これはかなりまずいことなのでは?

あの停電時、私は車のシガーソケットから電源をとって、ノートパソコンを起動させ、イーモバイルのデータ通信で、インターネットに接続することができました。
なので、車のテレビとラジオ、そしてネットが使えましたので、情報を得るのに、問題はありませんでした。

また、多くの携帯電話は通話もメールもつながらなかったようですが、データ通信は利用者が少ないためか、普通に使えましたので、これでスカイプを使えば、電話としても十分に機能したのではないかと思われます。

万一に備え、市役所でもデータ通信が利用できるシステムを取り入れたほうがよいのではないかと、個人的には強く思うのですが…


6月19日(日)その1
★今朝8時から、一ノ宮体育館で、地区の家庭婦人バレーボール大会の開会式がありました。
そこで、ある区長さんから質問されたのですが、それは『市が税務署へ延滞税を納めたことが、新聞記事にあったけど、あれは何かの不正がらみの出来事なのかい?』というものでした。

もちろん、この件は不正などではなく、納期を忘れたという類の単純ミスですが、『もしや…』と、お思いの方も少なくないということでしょうか?

市の広報やホームページで、詳しく説明する必要がありそうです。


6月18日(土)その3
★富岡市生涯学習大学のチラシです。
生涯学習大学は例年、7月から8月に、3回の講演が行われていましたが、今年は節電のため、暑さがひと段落した9月に2回で実施するようです。

安田祥子さん、森永卓郎さんのお二人です。


6月18日(土)その2
★『膨大な文書をどうするか』というのは、まさに永遠の課題という感じですが、整理や処分が難しいものです。

そこで、これからは重要と思われる文書を中心にスキャナーで読み取りPDFファイル化し、保存してみようかと考えております。

せっかくですから、当局から議員に対し、どのような説明がされたのかも分かるように、PDFファイルを市民のみなさまにも見ていただけるよう、アップロードもしてみましょう。

まずは、昨日の全員協議会での資料です。

1:かぶら健康センター「かのさと」について

2:富岡市庁舎市民検討委員会中間報告
  表面  裏面

3:旧東部社会福祉センターのアスベスト再調査結果と今後の利活用について


6月18日(土)その1
★知事選挙が16日に告示され、4人の方が立候補されました。
しかし、知事選というのはちょっと微妙な印象の選挙で、いまひとつ盛り上がりに欠けているような気がします。

昨日の時点で、まだ選挙ポスターを掲示板に貼っていない候補者の方もおられますが、このような戦略なのか、ただ単に作業に手が回らないのか?

一般質問で、『投票所を削減したことが、投票率の低下につながっているのでは?』という主張を、私は行ったばかりですので、選挙でだれが当選するかということより、どんな投票率になるのかに興味があります。

何か、どかーんと、下がるような予感がするのですが…


6月17日(金)その1
★午前10時から本会議。
また、その後、全員協議会が開かれました。

その中で、『かのさとの休止に向けての取り組み』や、『庁舎市民検討委員会の中間報告』についての説明がありました。

また、いま気になる放射能関連では、6月になってから、市内全小学校11校で、プールの放射能測定を実施したとのことです。
そして放射性ヨウ素1種類・放射性セシウム3種類の計4種類を調べた結果、すべてのプールで放射性物質は不検出だったそうですから、この件につきましては、全く心配ないようです。

また、今年の富岡市民大学の講師は2名で、その1人は経済アナリストとして有名な森永卓郎さんだそうです。

楽しみな方は、けっこういらっしゃるのでは…


6月16日(木)その2
★一般質問も予定の8名全員が終えましたが、一問一答方式は、その人の考え方・個性・スタイルが出てしまうものだということが、よく分かりました。

9月定例会からは、さらに一問一答方式を選ぶ議員が増えるのかもしれませんが、そうなりますと当局側は一般質問の対応が大変なのでは?

できるだけコンパクトな内容にしませんと、1件の質問で、何人もの部長さんが答えなければならないようなことになりますので、議員側が、質問内容を『仕分け』する必要がありそうです。

★美術博物館へお話を伺いに出かけましたところ、観光バスが2台ありました。バスでお客様が来ている光景を見たのは初めてですが、いいことです。

神奈川方面のお客様でした


美しい花に、足を止める方も…


6月16日(木)その1
★午前中の一般質問で、傍聴席がほぼ満席という珍しいことが起こりました。質問するどなたがか、お声をかけたのでしょうが、まるで石川遼くんのような動員力です。

たくさんのギャラリーの前で、ナイスショットが出たかどうかは、分かりませんが…


6月15日(水)その3
★今日の一般質問では、4件取り上げましたが、最終的に何を申し上げたかったのか、まとめてみますと…

‥廃合による投票所の削減について
*それまでの40箇所の投票所を27箇所へと、一度に3割以上も投票所の数を削減したのは、全国的に見ても極めて珍しい。しかも、激変緩和措置を設けなかったのは、問題があったのでは?

*今後も高齢化はいっそう進み、投票所に行くのが難しくなる方が増えることは確実なのだから、廃止した投票所は1日限りの期日前投票所を開くなどの対策を講じるべきなのではないか?

*静岡県では先の統一地方選挙において、6市が計600名の高校生を市の臨時職員として採用し、選挙事務に充てたが、投票所を減らして経費削減を図るのではなく、臨時職員を使って経費を削減し、投票所数を維持すべきなのではなかろうか?

⊂中学校などにおける放射線量測定の実施について
*放射線に対する市民のみなさんの不安は現在でも大きいので、小中学校や幼稚園・保育園などで、定期的に線量測定をすべきでは?

*福島原発の事故直後、小さい子どもさんを持つ保護者の方は、だれもが放射能汚染による我が子の健康への影響を心配したのだから、市として市内の放射線量を測るべきだったのでは? 

*今後は市で放射線測定器を購入し、計測するそうだが、その結果は逐次保護者に公開していただけるのか?

K漂匏盈について
*今年度、東日本大震災のため、市の防災訓練は中止になった。しかし、いまほど市民の防災への関心や意識が高いときはないのだから、これまでとはやり方を変えてでも実施すべきでは?

*これまでの防災訓練は、それぞれの居住地区から避難所まで、隣組のみなさんで歩いていくのが主な内容であったが、はたしてこうした訓練が災害時に役立つかは疑問に思える。

*水道・ガス・電気などのライフラインが寸断されたときの対応の仕方や知恵を市民に周知するような防災教育も、今後は防災訓練に取り入れるべきなのでは?

ず匈音におけるライフラインの危機管理体制について
*富岡市では水道・ガスなどのライフラインの危機管理について、どのような準備体制を敷いているのか?


ざっとこんな感じでした。

★先ほどBE-PALというアウトドア系の雑誌を買ったら、なかなかスゴイ付録がついていました。これは、良くできているのでは?

閉じた状態です


開くと小さなプライヤーに変身! さらにドライバーにもなるとは…



6月15日(水)その2
★一般質問が、たった今、終わりました。
一問一答ということで、20回ほど、立ったり座ったりがありましたので、ちょっと忙しい感じでしたが、大きなトラブルもなく、一つのモデルケースにはなれたのではないかと思っております。

内容につきましては、後ほど…


6月15日(水)その1
★一般質問の準備をしていたら、深夜の3時半になってしまいました。
『一問一答』方式は、回答する当局側が大変かと思っておりましたが、質問する側も、準備が大変ということが、よく分かりました。

今回、『一問一答』方式で一般質問をする議員は、確か4名か5名のはずですが、他の方は準備は順調に進んだのでしょうか?

何か大きなハプニングがある、スリリングな展開になる予感がします。


6月14日(火)その2
★明日、一般質問がありますので、最終チェックをしております。
『一問一答』方式の一般質問が、この6月定例会から富岡市議会で導入されましたが、名誉ある(?)第一号質問者が、実はワタクシです。

明日の夜には、どのような展開になったかを、ご報告できるかと思いますが…


6月14日(火)その1
★読売新聞群馬版を見ましたら、小学生バレーの県大会で『丹生少女』チームが県大会優勝との記事がありました。すごいですね。

生徒数が少ない丹生小学校で、このような大活躍というのはまさに快挙。
元気をもらえるような話で、嬉しくなります。

次は全国大会だそうですが、頑張ってほしいです。

バレーボールといえば、10年ちょっと前、西中のPTA役員だったとき、当時の女子チームが県大会の新人戦で優勝しました。
そのときのメンバーに、全日本のメンバーにも選ばれた石田さんもおられました。

今回の丹生小チームの選手のみなさんが西中に上がれば、そちらもまた楽しみです。

★夏の電力不足に備え、前橋市は節電メニューを載せたチラシを市内全14万戸に配るそうです。

節電メニューとはいかなるものか?

ホットプレートを使ったり、電子レンジを長時間稼動させるようなメニューを避けるということなのでしょうか…


6月13日(月)その2
★最近、ソーラーエネルギーについて興味を持っております。
そんな関係で、富岡市の日照時間を調べておりましたら、
富岡市は年間2048時間で、全国の806市区中122位とのこと。
(上位15%くらいですから、模擬テストの偏差値的に表現すれば60くらいか?)

都道府県庁所在地の順位では甲府市が第1位で2128時間だそうですので、富岡市の日照時間は、かなり長いほうと言えるのではないでしょうか?

となれば、全国的に見て、太陽光発電にふさわしいエリアということになりますが、メガソーラー発電所の候補にならないですかね?

★昨年、タイメックスのソーラーウオッチを購入しました。そのときは日本ではまだ発売していなかったものなのですが…

何だか高校生くらいの男の子が使うようなチープ感が漂っておりますが、逆にこの安っぽい印象が、個人的に気に入ってます。

これとSWATCHをいくつか愛用しておりますが、電池交換不要で、夜でもバックライトで時間が良く見えるので、いまはこれが一番実用的な感じがします。

確か5千円くらいで買ったのですが、円高パワーでソーラーパワーのウオッチを安く購入できたということでしょうか…



6月13日(月)その1
★一般質問の件で、当日どのような展開で話を進めるか、考えています。あまり話が脱線し迷走しても困りますし、とはいえ、ありきたりの想定内の話ばかりでは、一問一答方式のメリットが出てきませんので、加減が難しい感じです。

『ほどよい加減の落としどころ』を模索している状況です。

★鉄鋼メーカーや製紙メーカーなどは、大規模な自家発電設備を持っているという話を聞きます。これらの企業の余剰電力を電力会社が購入し、送電できるようなシステムができれば、停電のリスクを減らせる可能性があるようです。

ただ、企業が自前の発電設備を持つのは、自社の企業活動を万一の場合でも円滑に進めるためのものでしょうから、簡単に余剰電力を売ってもらう訳にはいかないのでしょうが…

でも、余剰電力を特別な価格で買い取るような緊急的な制度ができれば、ひょっとしてひょっとするかもしれません。


6月12日(日)その1
★午前8時から、一ノ宮地区卓球大会の開会式、そして8時半からはテニス大会の開会式が行われ来賓として出かけました。

また、午後は、子どもの大学のイベントがあり、高崎に行きましたが、その前に高崎シティギャラリーで行われていた『古代エジプト 神秘のミイラ展』に立ち寄ったところ…、すさまじい数の入場者で驚きました。

見れば、高齢の方から、若者、子どもまで、いろいろな方がおられましたが、エジプトやミイラというものには、老若男女を問わず引き込まれてしまうということか?

パピルスに書かれた『死者の書』や、ロゼッタ・ストーンのレプリカ、さらには、そのロゼッタ・ストーンを解読したシャンポリオンの直筆ノート、そしてミイラなどを見ましたが、『エジプトもの』は見てると血が騒ぐ何かがありますよね。

高崎で本物のミイラが見れるとは!


6月11日(土)その2
★匿名のお手紙を頂くことがあるのですが、どこのだれだか分からない方から、いろいろご意見を頂きましても、どのようなお考えなのか把握するのが難しく、困るケースがあります。

今日も、とある会の方から、東中や市庁舎建設についての文書を頂きましたが、6月10日の安中郵便局の消印で、送り主のお名前、連絡先がない状態のため、対応に苦慮しております。

どこのどのような方からのご意見かが分からない状態ですと、議員活動の中で取り上げるのは難しくなってしまいますので、ご意見をお寄せいただく際には、ぜひお名前と連絡先もお知らせください。

よろしくお願いいたします。

★ある方から、チェルノブイリ原発事故のYouTube動画を教えて頂きました。
著作権の問題が関係しますので、直リンクはしませんが、下のリンクをクリックし、出てきた一覧のトップの動画『チェルノブイリ原発事故・終わりなき人体汚染 1 4.flv』は、見る価値十分なのでは?

お時間ありましたら、ご覧ください。


6月11日(土)その1
★先週から、我が家では風邪が流行りだし、息子→妻→そして私という順番できたのか、昨夜あたりから喉に違和感があります。

2年に一度くらい、ドッと熱が出て(といっても38度少々くらいですが)、数日体調がさえないようなこともあるのですが…

ちょっと気をつけたほうが良さそうです。

★昨日、小学生の女の子、中学生の女の子、20代女子、そして50代のおじさんの私という顔ぶれで、雑談をする機会がありましたが、とある話題で話が盛り上がりました。

それはAKB48の総選挙です。

70年代のアイドル全盛時代を知る世代とすれば、AKB48のことも、多少の知識は持っておりますが、それが小中学生からすれば意外性があったということか、話にターボがかかりました。

私がAKBのメンバーで知っているのは
前田 敦子 さん、 大島 優子さん、 柏木 由紀さん、 篠田 麻里子さん、 高橋 みなみさん、 板野 友美さんくらいで、あとの方はまったく分からないのですが、この程度でも、AKBの話題にはけっこう加われます。

『“おしゃれ番長”板野友美さんが、なぜ順位を下げたのか?』など、総選挙の結果を小中学生に詳しく分析してもらいましたが、本当の総選挙も国民にこのくらい関心を持ってもらいたいものです。

ちなみに、『おじさんなら、だれに投票する?』との質問には、『そーだねー、篠田 麻里子さんかなぁ』と答えましたが…


6月10日(金)その2
★先ほど教育委員会にて『小中学校などでの放射線量測定の実施について』の一般質問の件で、担当の職員の方とお話をさせていただきました。

その中で、私が注文した放射線測定器は『来たのですか?』という話になったのですが、すでに注文後ひと月も経っているのに、実は到着しておりません。

いくらなんでも、時間がかかりすぎかと思い、たった今、システムトークス社に電話で確認しましたところ、『注文を受けてから発送まで、2か月ほどかかっておりますので、7月中旬の到着となります』との返事が…

放射線測定器は今年の最大ヒット商品になることは確実か?


6月10日(金)その1
★来週予定されている一般質問ですが、今回は『一問一答』方式を選択したことで、第2質問以降がどのような展開になるのか、よく分からず、少々困惑しております。

しかし、質問する側の私よりも、答弁をされる側の市長・教育長・部長さんのほうが、心理的なプレッシャーは遥かに大きいかとお察しいたします。

想像しているのより穏かに一般質問が行われるのか、それとも大きなハプニングが続出するのか、分かりませんが、これまでの一般質問よりは興味深い展開になるのではないでしょうか?


6月9日(木)その2
一ノ宮の社会教育館に、ちょっと用があり、出かけてきました。
一ノ宮に住む私にとっては、子どもの頃からたいへん馴染みのある施設ですが、市民の方でも、あまりご存知ではない方がおられるのでは?

歴史ある和風建築で、この敷地の中は、時間が止まっているような気持ちになります。

様々な団体の方々が、社会教育館をご利用されているようですが、この施設は市外の方にも足を運んで頂きたいものです。

畳の部屋で、ちょっとした会合を開くのも、何か贅沢な時間のようで、よろしいのでは?

個人的には、フィルムコミッションのような活動で、社会教育館で映画のロケでも誘致できないか、と考えたりもしていますが…

また、社会教育館の食堂で同窓会でもすれば、飲食物は持込で超破格の会費でできるのでは?

お財布にやさしい同窓会なら、案外たくさん参加してくれるかもしれませんね。

こういう所が一ノ宮にあるんですね


風情のあるひとときを過ごせます


6月9日(木)その1
★選挙の経費を抑え、さらに若者たちの投票率を上げるための、新たな試みをご存知でしょうか?

『投票所の削減について』を一般質問で取り上げる関係で、調べているうちに知ったことなのですが、ある県では、今年の統一地方選で高校生を600名ほど臨時職員として採用し、投票所の選挙事務にあてています。

選挙事務とは、投票所に訪れた人の案内や受け付け、名簿のチェック、投票用紙の交付などですが、私はこのことを知ったとき、『こんなやり方があるのか!!』と驚きました。

詳しく書くと、一般質問がおもしろくなくなりますので控えますが、調べれば興味深い方法はたくさんあります。


6月8日(水)その2
★富高同窓会の会議があり、出かけてきました。
その中で、校長先生から『正門そばの男女像が壊れつつありまして…』とのお話がありました。

しかし、『そのような像があったっけ??』と、全く記憶になかったのですが、帰りに確認しましたところ、あるのですね。

像の台座の記録を確認した方のお話では、昭和33年4月につくられたものだとか。

昭和33年といえば、私が生まれた年なのですが、高校時代もこの像の存在には、まったく気付きませんでした。

手の先が傷み、針金が露出した状態ですが、これはトーチのような類の物を持っていたということでしょうか?

富高OBのみなさん、ご存知でしたか?

何の記念の像なのでしょうか…?


だいぶ損傷が激しい印象があります


6月8日(水)その1
★昨日の夕方から、突発的な用のため、一般質問の準備が中断してしまいました。

今日はこれから準備にとりかかる予定ですが、午後は、お電話を頂いた方との面会、夕方は富高同窓会の会議と予定があり、順調に進めることができるのか…ビミョーな感じです。

★デスクトップパソコンをノートパソコンに替えれば、電気代ひと月あたりどのくらい安くなるか?

そんな疑問を自分なりに計算してみました。

仮にデスクトップが100W,ノートパソコンが50Wの消費電力とすれば、その差が50W。(ともにモニターは液晶という前提です)

50W=0.05KWなので、もしも1日10時間使用ならば
0.05KW×10時間×30日×22円=330円ということに。

ひと月330円というのは、期待したほどの大きな差ではないように感じます。

ただ、年額で考えると、12倍の3960円になりますから、ざっと4千円ほどということか?

ノートパソコンのほうが、よさそうです。


6月7日(火)その2
★投票所について、ある市民の方から以下のようなご意見を頂きました。

『行政区の併合によりこの4月1日より富岡の街中、旧14,15,16地区が仲町区となった。
そして今回の県議選より投票所が従来の東高の合宿所から富岡市の講堂に変更になった。

それにより区民の中には井戸沢橋近くから富岡市講堂まで出掛けなければならなくなってしまった人々もおり車の運転のできる人や乗せていってもらえる人は良いが、高齢者などカートを押しながら行く人や自転車の人たちもあり、行きはずっと上り坂で約2キロ・・・

身近な選挙で渋々出掛けた人もあるかもしれないが、かなりの人が棄権してしまったのではないか? (以下略)』


貴重な情報をお寄せいただき、ありがとうございました。
一般質問の参考にさせていただきますので、よろしくお願いいたします。


6月7日(火)その1
★先ほどNHKの朝のニュースで、川越市の図書館の試みが紹介されていました。
図書館の雑誌は、プラスチックのようなカバーが各誌、取り付けられていますが、その試みとは、雑誌の購入費用を企業に出してもらう代わりに、プラスチックのカバーの表と裏に、その企業の名前や広告を入れるという方法です。

たとえば、保険会社や金融機関が『エコノミスト』や『プレジデント』のスポンサーになるとか、語学教室が『NEWS WEEK』のスポンサーになるということなのでしょうが、これを始めれば、スポンサーになってくださる企業は結構あるのではないでしょうか?

近いうちに図書館に行って、確認して参りたいと思います。


6月6日(月)その2
★『投票所の削減について』の一般質問ですが、OKということになりました。
『他の市町村議会では、問題なく行われている一般質問が、なぜ富岡市議会ではだめなのか?』という、こちらの主張を認めていただいた形になりましたが、ここから仕切り直しする気持ちで、今後の展開を考えて参りたいと思います。

★昨日、浅草の仲見世通りで、こんなバッグを買いました。
最近、携帯電話が見つからないことがよくあるので、これに入れておけばバッチリですかね??

デジカメと、ちょっとした小物も入ります。


6月6日(月)その1
★6月定例会で予定しています『投票所』についての一般質問ですが、先週、『投票所については、市から独立した選挙管理委員会が所管する事項なので、一般質問で市当局に質問されても、答弁できない』という旨の説明を、ある部長さん、課長さんから頂きました。

しかし、その後ネットで調べたところ、あちこちの市町村の議会質問で、投票所の統廃合については、ばんばん取り上げられており、さらにそれに対して、当局側もどんどん答えていることが分かりました。

そこでモーレツな疑問として生じたのは、『富岡市と、これらの市町村の選挙管理委員会は、何か異なるような位置づけの組織なのだろうか? どうして他の自治体の議会で一般質問OKなことが、富岡市議会ではだめなのか?』ということです。

一般質問の内容以前に、ややこしい問題が起きてしまった状況ですが、午前中、こちらの考えをまとめ、当局に『確認させて頂きたいこと』として、手書きの文書のコピーを預けてまいりました。

ちょっと現段階では、どうなるのかは分からないのですが、投票所の削減でお困りの方々からのご意見を議場で訴え、その対応策を要望できるような方向に進めば幸いなのですが…


 
6月5日(日)その1
★今日は所用で東京へ朝から出かけました。
ちょっと浅草まで行って見ましたが、浅草寺はやはりかなりの混雑ぶり。
原発事故の影響で、外国人観光客の方は激減したと言われていますが、その割には、多いように思えましたが…

この雰囲気、いいですよね。


ワタクシ、びびびのねずみ男のファンです…

★皇居の周りで走っているランナーの方は、ホントにたくさんいるんですね。特に若い女性が、色鮮やかなウエアで颯爽と走られておりましたが、地方ではちょっと考えれないことなのでは?

東京へ行くと、『おおぉぉぉっ!』と思えることがいつも数多くあります。
もはや『完全おのぼりさん』状態というところでしょうか…


6月4日(土)その3
★今日はネットで、全国の市町村でこれまで行われた『投票所の削減』関連の一般質問をチェックしたところ、疑問が…

私が6月定例会で『投票所』について取り上げたところ、投票所は市当局からは独立した選挙管理委員会が管理するので、当局としては回答するのは困難、とのニュアンスのことを言われたのですが、全国の市町村で普通に一般質問が行われ、担当の部課長さんが、普通に答弁しております。

富岡市と、これらの市町村はどこが違うのか分かりませんが、来週、この点について、当局に確認したいと思います。

どこまでなら質問してもよいラインなのか、ますます判断に苦しみます。

検索ワード 『一般質問 投票所の削減について


6月4日(土)その2
福島第一原発1号機内の放射線量は、事故直後最高で毎時4000ミリ・シーベルトだったとのこと。

この数値は、2時間そこにいれば、全員死亡するというレベルの放射線量なのでは?

後出しで徐々に悲惨なデータが出てきますが、放射能に対する国民の感覚を鈍くさせるため、最初から計画されていた公表の仕方なのかと、勘ぐりたくなります。

これからさらに、とんでもない事実が出てくるような予感がしますが、そのときには、国民は何も驚かないということになってしまっているのか?

放射能汚染は怖いが、放射能情報に慣れっこになってしまい、判断力を失ってしまうことは、さらに怖い。


6月4日(土)その1
★先ほど、車で外出しましたら、高瀬で車複数の事故と見られる現場に遭遇しました。

衝突でボディが大きくへこんでいる乗用車、トラック、そして近くにヘルメットをかごに載せた自転車2台が見えましたが、複雑な事故だったのでしょうか?

天気もよく、ついスピードが出てしまいがちなのかもしれませんが、気をつけたいものです。

★昨日の懇親会の会場はヴァンベールだったのですが、ここのドリンクのコーラは、コカコーラが出ます。そして、もう一箇所、頻繁に行く機会があるアミューズでは、コーラを頼むとペプシコーラ出てきます。

どちらがおいしいかは、個人の嗜好の問題ですが、私はコカコーラのほうが、好きです。

コカコーラのひと口目は、まさに『スカッとさわやか』の文句にふさわしい爽快感があります。

しかし、コカコーラにはかなりの砂糖が入っていますので、それを思うと、飲みすぎはちょっとまずいかも…

350ミリ缶のコカコーラには、このくらい角砂糖が入っているそうです。

角砂糖10個以上、昨日は食べてしまったようです。


6月3日(金)その2
★午前10時から総務委員会が行われ出席。

また、夜は、総務委員会所管の係長以上の職員さんとの懇親会がヴァンベールで開かれました。

普段からお顔は存じ上げていても、お話したことがない職員の方は多いのですが、今日はいろいろな方と和やかな時間を持つことができました。

市役所の中では、プライベートの話はあまりできませんが、このような懇親会ですと、昔話やら子どもさんの話など、珍しいお話も伺えます。

子どもさんが東北地方の大学に行っている方の、震災のお話などは、なかなか興味深いものでした。

一度雑談でもしたことがある方ですと、市役所内でお話を伺いに行くのも行きやすく思えますので、今後のことを考えますと今日の懇親会はたいへん有意義なものでした。わざわざウーロン茶を注ぎにきていただきました皆さん、お世話になりました。

★今回、一般質問で『投票所の削減について』を取り上げる予定ですが、問題があることが分かりました。

投票所は選挙管理委員会が決めることなので、一般質問で市当局に対し質問するのはおかしい、ということなのですが…

しかし、多くの方から、投票所の削減についてのご意見をいただいております。その意見を、市当局に訴えることができないとすれば、では、どうすればいいのでしょうか?

議員として、市民のみなさんのお困りの意見を聞いたまま、黙っているというのは、私にはできません。

一般質問として問題のない妥当な内容で、いかにして、市民の皆さんの意見を述べることができるかを熟考しておりますが、う〜ん、どうなってしまうのか…


6月3日(金)その1
★『目の前で火事が起こり、助けを求めている人がたくさんいる。
一刻も早くみんなで力を合わせて火を消さなければならない。
なのに、消す方法を決めるのにもめてしまい、だれも火を消しに行かない』

いまの国政は、私にはこう見えますが…

もっと本気になって、やらくっちゃならないことがあるはずなのでは?

それにしても、鳩山前首相、内閣不信任決議案で不思議なというか、奇妙奇天烈な存在感を示されましたが、ますます理解しづらいキャラクターにおなりになられた感があります。

また、菅総理の発言した『一定のメド』も、極めて玉虫色的な表現で、心配です。またしばらくすると、このメドの解釈を巡り、再度波乱が訪れるのもほぼ確実か?

しかし、政界茶番劇第2幕など、見たくありませんよね。


6月2日(木)その3
★6月定例会では、当初『副市長の選任について』という議案が上程される予定でしたが、急遽、都合により、取り下げられました。

『都合により』とはどのような都合かは、あえて申し上げませんが、もうちょっと話をスムーズに進める方法があったのでは?

岡野市長は、長く市議もやられていたのですから、議会のことは十分にご理解されているかと思っていましたが、どうも違和感を持たざるを得ないようなことが続く印象があります。

市長というお立場になられると、議会の空気が読めなくなるということなのでしょうか?


6月2日(木)その2
★『福島原発に備えられていた安全装置が、2003年小泉政権時代に取り外されていた』という情報を聞きましたが、これは事実なのでしょうか?

もしも本当の話なら、次は自民党に逆風が吹く予感が…

★一般質問は2番でやることになりました。

1番くじの方は、一問一答ではないそうですから、富岡市議会初の一問一答方式一般質問は、私がさせていただくことに。

どのような展開になるのかは分かりませんが、全力で頑張ります。

ちなみに、私の一般質問は以下の4件です。

1:統廃合による投票所の削減について
2:小中学校などにおける放射線量測定の実施について
3:防災訓練について
4:災害時におけるライフラインの危機管理体制について


6月2日(木)その1
★今日から6月定例会が始まります。
一般質問は、当初3件の予定でしたが、市民の方から数日前ご意見をいただき、急遽1件追加し、4件にしました。

★“大沢知事は、ユネスコ世界遺産委員会へ『富岡製糸場』を推薦するよう、9月末までに文化庁長官に直訴する方針”と、読売新聞群馬版に出ておりますが、ライバルは『鎌倉』と『富士山』なのだとか…

ネームバリューからしますと、両者とも日本で知らぬ人はいない存在ですが、どうなるのでしょうか?

この時期、このようなことをアピールするのは、知事選をちょっと意識しているようにも見えますが、大沢知事が再選されたときには、ぜひ強力に進めていただきたいものです。

★前橋市の下水施設内で高放射線量が測定されたそうです。最大で毎時16マイクロシーベルトとのことですが、モニタリングポストの前橋の数値は、いつも毎時0.03マイクロシーベルトほどですから、これはとてつもなく大きな数値です。

放射線物質は、県内にも大量に飛散していたということなのでしょうが、気になります。


6月1日(水)その2
★6月定例会から、一般質問は『一問一答』方式の選択も可能となりました。私は、この新しい方法で、一般質問を行うつもりですが、初めてのことなので、最初の質問はどの程度にすればよいのか、加減が分からず、ちょっと困っております。

新しい方法は一度やってみなければ、長所・短所が分かりませんが、はたしてどのような展開になるのでしょうか?

ただ、傍聴される方にとっては、一問一答方式は、分かりやすくて良いでしょう。答弁をなさる方々にとっては、大変かもしれませんが…

★6月定例会に提出されている『副市長選任について』の議案が、“ちょっとちょっと”という感じになってきましたが、“う〜ん…っ??”という印象です。

この件につきましては、ズバリ書けるときが来ましたら、詳細をご報告いたしますので。


6月1日(水)その1
★現在、日本の総発電量のうち、原子力発電によるものはその35%ほどとのこと。そして、原発の稼働率はおよそ50%なのだそうです。

だから『現在の消費電力を20%減らすことができれば、原発はなくても大丈夫だ』という、大前研一さんの意見を某雑誌で読みましたが、なるほどと思えます。

大前さんの考え方は、極めてシンプルですが、すごい説得力がありますよね。
このような発想をお持ちの方こそ、いまの日本には必要なのでは?

★昨日は放射線測定であちこち回ったため、昼食はコンビニの焼きおにぎりで済ませましたが、いっしょに買ったこの『マスカット のむヨーグルト』は、うまいですね。マイブームになりそうです。




5月31日(火)その3
★放射線量測定器を持って、市内のあちこちに出かけてみました。
ざっと、20箇所くらいで、線量のチェックをしたでしょうか…

そもそも、この線量計の精度がどの程度かが分かりませんので、断定的なことは申し上げられませんが、富岡市の放射線量は、私が思っていたのより落ち着いているのではないかという印象です。

富岡市はいわゆる、ホットスポットのように、局地的に線量が飛びぬけて高くなるようなエリアではないと、私は感じました(あくまでも素人の判断です)。

具体的な数値で説明しますと、本日の最小値は毎時0.08マイクロシーベルトで、最大値は毎時0.23マイクロシーベルトでした。

先日、県が発表した富小校庭の毎時0.130マイクロシーベルト、妙義小校庭の毎時0.371マイクロシーベルトと比べますと、低い数値でした。

小さな子どもさんが集まるような屋外の某施設でも、線量計を持ちながら、歩いてみましたが、毎時0.1マイクロシーベルトを超えるようなことはほとんどありませんでしたので、この点も安心しました。


妙義山近くの某施設で、毎時0.11マイクロシーベルトを示していました。


5月31日(火)その2
★注文してある放射線測定器は、まだ届いていないのですが、大学時代の同級生から、中国製のものを2日間借りることができました。

試しに、家の中で測定したところ、0.09マイクロシーベルトとの数値が出ました。



家の中はどの程度か、前から気になっていたのですが、ずばり数値で示されるとちょっと安心できますよね。

今日、明日、あちこちの放射線量を測ってみるつもりですが、ご心配な方は、ご連絡いただければ、測定器を持って伺いますので。


5月31日(火)その1
★昨夜、東京のコミュニティFM局、数社に、ダメ元でメールを送ってみました。
それは、先日作った缶バッジを、リスナープレゼントとして提供しますので、代わりに番組中で『富岡製糸場』の紹介をしてもらえないか、という提案です。

なぜ、東京のコミュニティFM局を狙ったのかといえば、東京から軽井沢に来る方に、製糸場の存在を知ってもらえれば、来ていただける可能性が高いと踏んだからです。

軽井沢や信州方面への首都圏からの観光客は、これから爆発的に増える時期です。ならば、これを利用しない手はないのでは…

このような試みはやったことがありませんので、どうなるかはサッパリ分かりませんが、どこか1つの局でも放送してもらえれば、さらなる次の一手も考えてあります。

現時点では、FM局からの返事を待つしかないのですが、どうなることか?


5月30日(月)その1
★午後、富岡甘楽地方議会議員連絡協議会の定期総会・研修会が開かれ、下仁田町へ。

研修会は元青倉小学校の体育館で行われました。講師は下仁田自然学校事務局長の小林先生で、内容は『ジオパーク下仁田』についてでしたが、興味深い内容でした。

ちなみにジオパークとは、大地の公園とも呼ばれる自然公園のことです。
現在、日本ジオパークには14地域が認定されており、その中の4地域は世界ジオパークにも認定されているのだそうです(世界ジオパークは77地域)。
また、ジオパーク下仁田は、今年申請した段階とのことです。

ジオパークについて分かりやすく教えていただきました。


青倉小学校は、まだ閉校後、まもないようで、
体育館の校歌の掲示はきれいな状態でした。



ジオパークの一部を、現地で解説していただきました。

下仁田町では、『ネギとこんにゃく、ジオパーク』というスローガンで、ジオパークに力を入れていくようです。


5月29日(日)その2
★内閣不信任案が提出されるような話が、ニュースで頻繁に取り上げられています。
しかし、震災被災者の救済が進まず、さらに原発事故が収束していない国家の緊急時とも言えるような時期に、このような動きが出ていることには違和感を持たざるを得ません。

また、民主党の小沢一郎元代表と渡部恒三最高顧問の合同誕生会も、数日前大きなニュースになっていましたが、お二人の地元は両方とも被災地です。
普通の感覚なら、被災した地元のことを憂慮し、自分の誕生会など行わないのが当然なのでは?

福島原発だけでなく、国政もメルトダウンしているように、思えてしまいます。

国会議員のみなさんには、震災被災者の方々の立場になって、内閣不信任案や、合同誕生会を一度考えてみてほしいものです。


5月29日(日)その1
★今日、とあるところで大沢知事のスピーチを聞く機会がありました。
大沢さんのスピーチは、立て板に水という印象ではなく、どちらかといえば朴訥な話し方ですが、とてつもなくお上手ですよね。

特にユーモアのセンスと、ソフトな表現で厳しい内容をサラッと話されてしまうところの2点は、抜群なのではないでしょうか?

嫌味にならない表現で、民主党政権のおかしな点を分かりやすい例を挙げ、笑いを取りながらお話されていましたが、たいへん理解しやすく印象に残るものでした。

大沢知事さんは、個人的に全く存じ上げておりませんし、一度もお話させて頂いたこともありませんが、大沢さんのお話は、聞く側に親近感を抱かせる魅力があるようにいつも感じます。
今日は勉強になりました。


5月28日(土)その2
「ぐんまちゃん家」火の車 売り上げ低迷、毎年赤字1億円超という記事を見ましたが、これは…

ぐんまちゃん家の近くにある他県のアンテナショップは軒並み黒字ということを聞けば、ますます問題と思わざるを得ません。

知事選のひとつの争点となるのかは分かりませんが、上州人の一人として、残念に思います。もうちょっと上手なやり方があるんじゃないのでしょうか?


5月28日(土)その1
★大阪から缶バッジが届きました。
販売目的用の『上州とみおか』バージョン、とみおか3べえプロジェクトのスタッフ用バージョンが2種類の計3種類です。





ただいま、3べえプロジェクトでどのようなアクションを起こそうか、検討しております。3べえプロジェクトの基本コンセプトは、『金をかけない。アイデアで勝負。スピーディーな行動。活動を楽しむ』というところです。

具体的なプランは、少しずつ改めてご紹介いたします。


5月27日(金)その2
★国は『福島県内の学校で子どもたちが受ける放射線量を、年間1ミリシーベルト以下を目指すことにした』とのことです。

福島の保護者の方々の切実なデモによる訴えが実を結んだのは、大変よかったと思います。
子どもたちのことは健康被害を出さぬよう、ぜひとも万全の対応をして頂きたいものです。

★25日朝刊の読売新聞群馬版に、『県内の地表放射線量測定結果』が出ており、紹介しましたが、『富小校庭の0.130マイクロシーベルト/時、妙義小校庭の0.371マイクロシーベルト/時は、いつも新聞に掲載されている空間放射線量より、一桁数値が大きいのですが?』とのご質問を頂きました。

私も素人ですので、分かりませんが、確かに前橋市のモニタリングポストの数値はいつも0.03マイクロシーベルト/時くらいですから、妙義小の数値は、その10倍以上ということになります。

空間線量と、地表放射線量ということで、計測する高さが異なることが大きな原因なのではないかと、私は推測しますが…


5月27日(金)その1
★いま東京電力というと、ちょっとネガティブな印象をお持ちの方が多いかもしれません。

福島原発の事故での発表などを見ていると、東電の姿勢に疑問を持ってしまうのは、当然のことでしょう。

しかし、以前(6、7年前)、一ノ宮地区で、東電が運営していた高速インターネットサービス『テプコ光』のサービス開始をお願いしたときの、東電の対応は本当に素晴らしくありがたいものでした。

あの頃、NTTは、富岡市でフレッツ光のサービスを開始する気は全く無く、もしも一ノ宮地区でテプコ光の誘致に失敗していれば、富岡市のブロードバンド化は大幅に遅れていたことは、間違いありません。

あまり知られていませんが、一ノ宮地区と黒川地区で一定の希望者があつまれば、東電はテプコ光のサービスを開始してくれるという話になり、その数字をなんとかクリアしたことで、テプコ光は、一ノ宮・黒川地区で使えることになりました。

テプコの富岡市の進出が決定したら、競争原理が働いたためか、NTTも突然、それまでの方針を180度変更し、富岡市へのサービスを開始を発表しましたが、人口5万人ちょっとの小さな市で、これほど早くブロードバンドが一気に使えるようになったのは、東電のおかげと言っても言い過ぎではありません。

私も『一ノ宮地区高速インターネット整備促進協議会』の一員として、東電の社員さんと、頻繁にやりとりさせて頂きましたが、みなさん紳士的で素晴らしい方ばかりでした。

いま、テプコ光は、auに移行しましたが、我が家はそれまでのことがありますので、もちろん元テプコ光のauのサービスを利用しております。

こんなことからも、今回の原発事故と、その後の東電の対応には、本当に残念な思いがしてなりません。


5月26日(木)その3
★夕方、市内全域の区長さんと議員、さらには市の特別職・部長さんなどでの懇親会がアミューズで開かれ出席しました。

私はアルコールは一切やりませんので、基本的に出席者の方々のところを、端からお酌して回るようなことは苦手なのですが、このような会になると、とてつもなく存在感を示す議員がけっこういらっしゃって、いつも驚かされます。

議員にとっては社交性は求められるのでしょうが、私はまったく知らない方のところまで、お酌して回る根性は、ちょっと持ち合わせておりません。

お酌でも以前から知っている方のところを回るのは全く気になりませんが、飛び込み営業のように次から次へと、回られる議員の方の行動力には頭が下がる思いです。

★ニュースを見ていますと、『地震がありました』とのテロップが、夕方から頻繁に現れます。また、地震の頻発にスイッチが入ってしまったのでしょうか?

大きい地震の後は、数ヶ月してからでも、それに近いような余震が起きる可能性が高いそうですので、油断はしない方がよいのではないでしょうか?


5月26日(木)その2
★10時から議会運営委員会が開かれました。
今日がこの委員会の委員長になって最初の会議でしたが、活発に意見が出て、充実した内容になった印象があります。

6月定例会について、話し合いが行われましたが、会期は6月2日から6月17日までで、一般質問は15日と16日の2日間です。

個人の一般質問を行う議員は8名。
いつもより多めでしょうか?


5月26日(木)その1
★缶バッジの上州弁の件で、メールを頂きました。

『上州弁東富岡付近の方言会話例』というものでしたが、昔、よく聞いたような響きの表現がいくつもあり、ちょっと懐かしい思いが…

50歳を超えたら、意識的に上州弁を使うという地域おこし運動でもやったら、案外おもしろいのでは?

以前、スウィングガールズという映画で、主人公の女子高生らが『山形弁』で話していて、方言がいっときブームになったことがありましたが、市内の女子高生がバリバリの上州弁で話すようになったら?

どこかの監督さんが、そんな映画でも撮ってくれればいいのですが…

★一般質問は何をするのか?
今度、会派を組むことになりました高橋さんと矢野君から、電話を頂きました。

現時点の予定では、3件です。

内容はちょっと流動的なところもありますので、決まりましたら、ご報告いたします。


5月25日(水)その2
★本日朝刊の読売新聞群馬版に、『県内の地表放射線量測定結果』が出ております。
それによりますと、富小校庭は0.130マイクロシーベルト/時、妙義小校庭が0.371マイクロシーベルト/時となっています。

どちらも文科省が定めた基準値である毎時3.8マイクロシーベルトよりは、かなり低いことが分かり、この点は少々安心しました。

しかし、毎時3.8マイクロシーベルトという暫定基準値そのものが、とてつもなく甘いことを考えると、楽観は危険とも思えます。

また、わずか数キロ離れただけで、富小と妙義小の数値に3倍近くの開きがあることを考えますと、市内の他の学校で、もっと高い数値が飛び出す可能性も否定できないのでは…


5月25日(水)その1
★日付が変わったばかりの時点で更新しますが、『チェルノブイリ原発事故で居住禁止となった区域と同レベルの土壌汚染が福島県内で600平方キロメートルもある』との推計値が、内閣府原子力委員会の定例会で報告されたとの仰天ニュースがヤフーのトピックスに出ていました。

600平方キロメートルといえば、富岡市の5倍ほどの面積です。この広さがチェルノブイリの居住禁止区域と同レベルの汚染ということが事実ならば、これまでの国・東電の発表は何だったのか、怒りを感じざるを得ません。

厳しく言えば、『もはや、国や東電の発表を信じていたら、命を危険にさらすに等しい』ということになるのでしょうか?

福島の子どもさんたちは、安全なエリアに疎開させるべきなのではと、強く感じます。