富岡市を元気に!子どもたちに明るい未来を! 富岡市議会議員 茂原正秀WEB-SITE





TOP
これまでの活動記録(毎日更新中!)
2012年  12月 11月 10月 9月 8月  7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2011年 12月  11月 10月 9月 8月 7月 6月  5月 4月 3月 2月 1月
2010年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 
2009年  12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
 
2008年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月             
スポンサーサイト







富岡市の桜
富岡市観光協会の
Facebook

便利な情報サイト
ダイヤモンド・オンライン
東洋経済オンライン
日経新聞
読売新聞オンライン
朝日新聞
毎日新聞
産経新聞
東京新聞
ロイター
共同通信
ニューズウィーク
NHK
プレジデント公式サイト
上毛新聞
The Japan Times Online






富岡市の防災気象情報(気象庁リンク)

1月31日(木)その3
★明日、西中の立志式に行く予定なのですが、今日、聞いた話では、富中と南中は、インフルエンザの流行のため、立志式が延期になったのだとか…

流行が、小学校から中学校へ移ったような感じです。

★今の若い女性の間には、『専業主婦願望』が強くあるような話を、とある新聞で知りました。

ちょっと前とは、かなり考え方が変わってきたように思えますが、若くして専業主婦でやっていけるというのは、羨ましい存在のため、憧れる気持ちが強くなってきたということなのでしょうか?

★『富岡市の外国人の数は、どのくらいなのでしょうか?』と、高崎での研修会の帰りに、ご質問をいただきました。

細かい数字は覚えていませんでしたが、『およそ600人で、半分ほどが中国人の方』と記憶していましたので、そう説明させていただきました。

富岡市の人口の1%強という感じでしょうか。

今日の研修会の中で、群馬県の外国人登録者数は、約4万2千人とのお話がありました。群馬県の人口が2百万人ほどですので、率とすれば2%強。

富岡市の外国人の割合は、県の半分くらいです。

★柔道女子の監督さんの記者会見を見ました。
監督さんは、ちゃんとカメラの前で、説明しづらいことを、しっかり説明したという印象を持ちました。

暴力はあってはならないことですが、これまで日本のスポーツ界では、多少の暴力は見過ごされてきたのも事実でしょう。

少なくとも、スポーツ根性ドラマやアニメを子ども時代に見てきた50代以上の者からすれば、中学高校時代、先生や先輩から、一度も暴力的なことをされたこともない、周囲でそんな話は聞いたこともないと言える人は、まずいないのでは?

柔道の監督さんの行為は問題だとは思いますが、ちょっと今の流れに違和感を持っています。

もしも、過去にさかのぼって、体罰や暴力、しごき、パワーハラスメントなどの責任を追求することができるとすれば、日本中で数え切れない問題が表面化することになってしまうでしょう。

また、責任を追求する方向で進めば、スポーツでの厳しい指導や練習というものが成立できなくなる可能性もあるのでは?

たとえば部活動で、気持ちがたるんでいる部員に対し、先生や先輩が『バカヤロー、もっと本気で走れ!』と言ったらパワーハラスメントということになれば、だれも何も言えなくなってしまうように思えます。

殴る、蹴る、尻をバットで叩くなどは、あってはならないことですが、どこかで明確なラインを引かないと、スポーツ活動が停滞してしまうのではないでしょうか?

これまで本気で熱血指導をされてきた立派な指導者の方が、もしも、現在の価値観により、以前は当たり前であった指導が問題行為として否定され、次々とマスコミに取り上げられて糾弾されるようなことになったら、ちょっとそれは、おかしいように感じます。



1月31日(木)その2
★高崎市の合同庁舎で行われました『西部地区人権教育指導者研修会』に、社会教育委員として参加してまいりました。

『多文化共生社会の実現』についての講演を伺いましたが、普段あまり聞けないような内容で、たいへん勉強になりました。

日本でも外国人の方が珍しくない時代になってきましたが、それに連れて、様々な課題・問題が生まれています。

外国人の子どもたちの教育問題を始め、健康保険や生活保護、さらには外国人定住者の高齢化など、今後さらに問題は広く深くなっていく可能性があります。

また、逆に、これからは外国人住民の力を借りなければ、人口減少により日本の社会は立ち行かなくなる危険性もあります。

いかにして、様々な文化的な背景を持つ人々が、いっしょにうまく暮らせる社会を作っていくかを、真剣に考えなければならないことを強く感じました。

余談ですが、このような話も聞きました。

・お相撲さんが日本語が上手なのは、おかみさんの力が大きい。

・子どもは日本語が理解できるが、親はわからないため、親が病院にいくときは、子どもが通訳をするケースが多い。

・永住者や定住者は生活保護の対象になるため、飛行機で成田に到着すると、すぐに福祉事務所に行き、生活保護を求める外国人がいる

・太田や大泉のほうでは、病院で、外国人の通訳を1時間いくらでするというビジネスがある

・10年、20年住んでいても、日本語が話せない外国人はいる。長くいれば話せる訳ではない。




このような場合の対策として、群馬県は医療費の補填を行っているそうです。
しかし、他県は行っていないため、お金を払えない外国人の方が、群馬県の病院へ来るようなことに…、というようなこともあるとのことです。

難しい問題ですが、これは、国が対応しなければいけないことですよね。




1月31日(木)その1
★今朝の朝刊に、ガソリンスタンドが全国的に減っているとの記事があります。

群馬県でも、ピークだった1996年の1154店から、いまや半分以下の530店。
また、全国にはガソリンスタンドが1つもない自治体が7町村あるとのこと。

スタンドが3店以下の自治体を『給油所過疎地』と経産省では定義しているそうですが、『給油しに遠くのスタンドまで出かけて家に戻ったら、満タンだったガソリンが半分になっていた』という話も、地域によっては冗談ではない時代が近そうです。

★一度聴くと、メロディが耳に残り、頭の中で延々とリピートされてしまう曲って、ときどきありますよね。
数日前、あるラジオで久しぶりにSPINNERS(スピナーズ)の『It's a shame』という曲を聴き、家でyoutubeで再度聴いたところ、やたら耳に残ってしまって…

ちょっと、It's a shame(恥ずかしいね) っていう感じです。

モータウン系の音楽って、耳に残ってしまう魔性のメロディが多いように感じますが…

マニアックな話になりましたが、お時間ありましたら、Youtubeで聴いてみてください。



1月30日(水)その3
★柔道女子日本代表の監督さんが、暴力行為などで選手から告発された件が、大きな問題になっています。

今後、様々なスポーツで、体罰・暴力行為の実態が明らかになり、告発や訴訟などが続出するような気配を感じますが…

ただ、体罰を容認するつもりはありませんが、こうした傾向は、スポーツ指導にとって都合が悪い要素もあるのでは?

たとえば、選手に厳しい練習をさせて、それがパワーハラスメントのようなことになるとしたら、スポーツの指導などできなくなってしまう危険性があるように思えます。

これは、もしかしますと、これまでの日本のスポーツ界の常識を根底から覆すことになるのではないでしょうか。


★セブンイレブンのnanakoカードに、レジで1000円チャージしようと思ったのですが、間違えて1万円を出してしまい、ついレジのお姉さんに『間違えました』と言えず、そのままチャージしてしまいました。

ちょっとワイルドだったでしょうか…

9500円くらい残高がありますので、当分、nanakoカードで、ボンゴレスパゲティが買えそうです。



1月30日(水)その2
★富岡市の耕作放棄地について、ちょっとお話を伺うため、妙義庁舎へ。
そこで、聞いたお話が、ややこしい内容だったのですが…

平成23年度の市内の耕作放棄地の面積は836ヘクタールで、農地に占める割合は27.7%という、市によって毎年行われる調査の結果があります。

しかし、それとは別に、5年に一度行われる別の調査(農業センサス)では、富岡市の耕作放棄地の割合は40.7%(平成22年度)という結果もあります。

たった1年しか違わないのに、この開きは何なのでしょうか?

27.7%のほうが、富岡市の実態に近い数字のようですが…

ちなみに、40.7%の数字は、富岡市の総合計画の中で使われている数字で、さらには群馬県が平成22年度の耕作放棄地の割合を22.1%と発表したとき、富岡市のデータとしても使われているようです。

★妙義庁舎の隣にある妙義中央公民館に、ちょっとお邪魔しました。
ここの館長さんは、以前からよく存じ上げている方で、いろいろお話を伺うことができました。

その中で、『妙義山桜まつり全国俳句大会』の話題になりましたが、昨年は1500句ほどの応募があったそうです。
また、今年は1月21日から3月15日が応募期間とのことです。



1月30日(水)その1
★『富岡市は29日、環境相に対し、桑原地区で民間企業が計画しているアスベスト無害化処理施設建設について、認定に反対する意見書を提出した』との新聞記事が本日の読売朝刊にあります。

これによれば、隣接する安中市も既に反対の意見書を環境相に提出しているとのこと。
なのに、大沢知事は、地域住民等から設置反対の意見があること及び設置計画のアスベスト飛散防止対策が不十分な点などを指摘してはいるものの、賛否には踏み込んでいないそうです。

もっと知事には強く反対していただかないと困るんですけど…

施設のアスベスト無害化処理技術を審査する環境省の委員会は今後、現地調査などを行う予定があるそうですが、日程がわかれば、何かデモンストレーションでもしたい心境です。



1月29日(火)その3
★富高の同窓会役員会がありまして、久しぶりに富高へ行ってきました。
3月16日に行われる同窓会総会などの協議が行われ、その後、『富岡高校の今後について』、話し合いがありました。

同窓会本部役員の構成は、昭和40年卒の会長さんがおられて、副会長さんが13名(昭和33年〜45年卒)、そして書記の私が昭和52年卒で、会計の方が昭和57年卒となっています。

つまり、54歳の私が、若い方から2番目。

大先輩が多いので、遠慮しながら発言させていただきましたが、富岡高校の今後を議論するには、私たちよりも若い世代の意見も必要と思えます。

3、4年の内には、再編の方向性を決めなければならないような印象でしたが、卒業生の意見だけでなく、これから生徒になる可能性がある小中学生や、その保護者の方々の意見も聞けるような機会を設けることも大切なように感じました。

あまり生意気なことは、言える立場ではありませんが、母校の危機を、私は強く感じております。

特に、今年から1クラス減の、4クラス160人定員となりますが、この定員で競争率が1倍を切るようになったら、とてつもなくまずいことではないかと恐れています。

個人的には、富高と東高に活力があるうちに、共学校として1つになり、1学年300人前後の規模を維持しながら、大学進学だけでなく、特色ある部活動に力を入れるような学校にすることが必要と考えています。

もちろん、制服もおしゃれなものにすることも重要です。

新しい学校になることに、抵抗がある卒業生の方々も多くおられることは理解できますが、過去よりも将来に目を向けるべきではないでしょうか?




1月29日(火)その2
★一ノ宮公民館に伺いましたら、市役所駐車場のボーリング調査の話題になりました。
やはり、新庁舎建設のための、地盤の調査のようです。

この結果次第で、建物の基礎の深さなどが変わるのかもしれません。


★スポーツ課に寄りましたら、先の一ノ宮市民グラウンドの時計設置の件について、『体育館の入り口に設置しました』とのお話をいただきました。

帰りに、確認しましたところ、少々小さめですが、近眼の私でも、グラウンドから時計は確認できる感じでした。

迅速な対応をしていただきまして、ありがとうございました。





1月29日(火)その1
★昨日、市役所に行ったとき、西駐車場で、何やら珍しい光景が。

地質調査という表示があったように見えました。

まさか、『西駐車場の地下に、莫大な石油があることが!』という訳ではないでしょうが、新庁舎建設関連の準備なのでしょうか?

★この5月に行われる侍マラソンの応募用紙が、安中市役所から送られてきました。

実はこの日は、富岡市の市民体育大会の開会式が行われる可能性がある日なので、申し込んでいいものか、迷っています。

5月から、新しい委員会に所属が変わりますので、社会常任委員になった場合、開会式には出席する必要があります。

ということで、今年の侍マラソンは、申し込みは難しいという感じです。


1月28日(月)その3
★2月上旬に、議会基本条例についての小委員会がありますが、そこで小委員会の素案を決定することになっています。

その素案について、本日議会事務局で、最終的な調整をしてまいりました。

個人的な印象とすれば、このまま条例になっても問題ないレベルなのではないかという印象を持っておりますが…

議会基本条例のたたき台を作る役になり、大変な点がけっこうありましたが、逆に非常に良い勉強になったように今では思えます。

苦労すれば、得るものもありますよね。

★32GBのUSBメモリが、アマゾンなら1294円で買えるようですが、すごい安さです。
一番最初に買った、ウインドウズ95のデスクトップパソコンのハードディスクは、確か1GBでした。

小さなUSBメモリに、当時のパソコンの30倍もの記憶容量があるとは、本当に驚きます。

もう15年以上前の話ですが、ここまで技術の進歩があるとは予想できませんでした。

ウインドウズ95のパソコンで、初めてホームページを作ったときは、どうにすれば写真をHPに掲載できるのか分からず、苦労したことを、よく覚えています。

今となっては笑い話のレベルですね。

デジタル機器の進化に何とか乗り遅れず、そこそこ対応できたことは、幸運でした。





1月28日(月)その2
★『急須がない家庭がけっこうあって、日本茶の中に小さな茶葉があると、“ゴミがあるので飲めません”という子どもがいる』という話を聞きました。

耳を疑うような話でしたが、ネットで調べると、急須がない家庭はどんどん増える傾向にあるようです。

急須がない家では、お茶をどのように飲むのでしょうか?

お茶はまったく飲まないのか、それともペットボトルのものを飲むのかもしれませんが、世の中は思わぬところで激変しているものなんですね。



1月28日(月)その1
★先ほど、NHKのEテレを見ていましたら、『サイエンスZERO』で、電子レンジに使われているマイクロ波を取り上げていました。

そして、このマイクロ波を使うことで、いま富岡で施設建設が問題になっている、あの『アスベスト』を無害化できるのだとか…

ひょっとすると、富岡で建設計画が出ている低音処理よりも、こちらの方法がメインになる時代が来るのではないかと思えるほど、画期的な技術でしたが?

ちなみに、電子レンジで食べ物が温まるのは、マイクロ波により分子が振動するからです。
また、アスベストを無害化するのは、アスベスト繊維のトゲの部分にマイクロ波が当たって、そこを破壊するからとのことです。



1月27日(日)その1
★夕方、もみじ平へ、気分転換のためのスロージョギングに出かけましたら、大きなイベントが行われた直後のようで、帰る車が大渋滞していました。

ちょうど、よく存じ上げている市役所職員の方がおられましたので、何のイベントがあったのか伺いましたら、『東高の生徒さんも出演する琴のコンサートって聞きましたが…』とのことでした。
(家で確認しましたら、第22回ニューイヤーコンサート"邦楽演奏会" ZEN YAMATOというイベントでした)

駐車場から出る車の列が、なかなか無くならない様子をみますと、かなりのお客様で盛況だったのではないでしょうか?

★『八重の桜』の後に放送されたボクシングの特番は、面白かったですね。
つい、引き込まれて見てしまいました。

個人的には、ボクシングに興味があったのは、70年代後半にキンシャサで行われた世界ヘビー級タイトルマッチ『モハメッド・アリVSジョージ・フォアマン戦』がピークで、その後は、マイク・タイソンに関心を持っていた程度です。

なので、マニー・パッキャオというボクサーのことは、全く知りませんでした。

しかし、パッキャオ選手は、ファイトマネーで自分のふるさとを整備していたとは、まるでタイガーマスクの国際版のようなストーリーですね。

一発の思わぬパンチで、マルケス選手に負けてしまったときは、力が入ってしまいました。

ボクシングって、何か人の心を引き込む魅力がありますよね。


1月26日(土)その2
★午前中、もみじ平野球場の周りを、のそのそ走ってきたのですが、帰ってから上着を洗濯したとき、ポケットに車の電子キーが入ったままということに気づかず、一緒に洗ってしまいました。

上着を干すときに、ポケットのところに何かあることが分かりまして、
『ぎょぎょぎょぎょぎょ!』と、焦りました。

30分ほど、水に浸かっていたので、もうダメかと思いましたが、車の近くに行き、ドア解除のボタンを押したら、なんと、ちゃんと機能しているではないですか!

ホント、良かったです。

さすが、メイド・イン・ジャパンですね。

ちなみに、車は日産のものです。

★高校の駅伝強豪校でも、体罰があったことが問題化しているようですが、もしかしますと、これから体罰を受けた生徒・元生徒から、教師を訴えるようなことが多発する可能性があるのでは?

内心ヒヤヒヤの先生方は、かなりおられるのかもしれません。

★時々、中学生や高校生の方から、メールをいただくことがあります。
ほとんどが、私の市議会だよりを見て、メールをくださった方ですが、こうした世代の方にも読んでいただいていることは、作っている側としても、たいへん励みになります。

ということで、このHPも中学生・高校生のみなさんに役立つようなコーナーでも設けてみようかと考えておりますが…

毎日、記事の一つを、中学校レベルの英語で書くという企画など、おもしろいかもしれませんが、ちょっと大変でしょうか?



1月26日(土)その1
★昨日の夕方、アミューズで、しののめ信金さんの新年会がありまして、出かけましたところ、南牧村の村長さんと隣の席になり、いろいろお話を伺うことができました。

現在の人口が2500人ほどで、年に60人くらい減少しているようなお話でした。また、年間予算の規模は20億円ほどで、役場の職員さんも以前より大幅に減り、60数名とのことでした。

これまで、村長さんとお話をしたことはなかったのですが、良い機会を与えてもらい、ラッキーでした。

★金沢市役所に、粗大ごみの自己搬入について、電話で確認をしましたところ、金沢市では郵便局等で事前に粗大ごみを処分するためのチケットを購入し、それを貼っておけば、持って行ってもらえるようなサービスがあるようです。

実は、子どもが3月に引っ越す都合で、ごみの処分方法を確認したのですが、自治体によってやり方はずいぶん異なるものなんですね。


1月25日(金)その2
★ウルトラマンの創世紀展が、2月2日から美術博物館で行われるそうです。

そこで、ちょっとネット検索しましたところ、昨年、新潟市で行われたこの企画展では、ウルトラセブンのダン隊員やアンヌ隊員を演じられた役者のみなさんによるスペシャル対談もあったとありますが、富岡市の企画展では、どうなのでしょうか?

ウルトラマン・ウルトラセブンを小学校時代に見てきた我々の世代にとっては、ぜひスペシャル対談も見てみたいものですが…



★風が強い日になってしまいました。
車で走っていますと、強風で倒れそうになりながら自転車に乗っている高齢の方をお見かけしますが、心配です。

ドライバーも狭い道などでは、注意する必要がありまそうです。


1月25日(金)その1
★『医師が最も効果的と思う風邪の予防法』という、お医者さんへのアンケート結果を見ましたら、以下の結果でした。

1位 手洗い
2位 うがい
3位 マスク
4位 加湿器・空気清浄器

医師の方の感覚からしますと、『すべての感染症予防の基本は、手洗い』ということのようです。

今日から、一生懸命、手を洗いましょう。

★群馬の16歳『肥満』8人に1人、という新聞記事があります。
これは、全国2位に位置するとのこと。

16歳といえば、高校1年生。

車社会の群馬でも、車の運転を自らできる年齢ではありませんので、車とは別の要因があるのでしょうか?

ちなみに、16歳の『肥満』全国1位は、岩手県だそうです。


1月24日(木)その3
★2013年度税制改正で、祖父母が孫へ贈る教育資金を1500万円まで非課税とするそうですが、ポーンと、1500万円を贈与できるような方は、たくさんおられるのでしょうか?

大学生で奨学金を受給している割合は50.7%というデータがありますので、無利息の奨学金を増やすような政策を実施するほうが、助かる方が多いように思えますが…

★『大成ポリマー跡地は、市はいくらで購入したのですか?』と先日、市民の方から質問され、ちょっと数字が出てこなかったのですが、本日調べましたら、18億円(6300坪)とのことでした。

平成5年のことだそうですが、この年は確か清掃センターも27億円で建設したはずです。

だいぶ、今とは違うバブリーな空気感がまだあった時代ということでしょうか。




1月24日(木)その2
★午後1時半から国保運営協議会が行われました。
また、その後、副市長さんの所にお邪魔し、観光行政全般について、いろいろお話を伺ってきました。

その中で、こしね汁の話題になりましたが、個人的には、こんにゃく・シイタケ・葱に、上州豚もしくは上州牛の肉を加えた『こしね丼』でもあったら、おもしろいように感じています。

豚丼や牛丼に対抗して、『上州富岡の、こしね丼』っていうのは、どうでしょうか?

それぞれのお店で、様々なバリエーションのこしね丼ができれば、名物グルメになれるかも…??



1月24日(木)その1
★先ほど、Yahoo知恵袋のQ&Aのコーナーに『群馬といえば何を思いつきますか?』という質問がありましたので、その回答30件を興味を持って見てみたところ…

複数回答なのに、富岡製糸場を挙げた回答は、1件のみ。
しかも、『富岡製糸工場』となっていました。

焼きまんじゅう・下仁田ネギのほうが、圧倒的に強そうです。

どうもネットユーザー層には、富岡製糸場はあまり認識されていない可能性があります。

製糸場の入場者を見ますと、年配の方々の割合が高いようにも感じますので、もう少し、若い世代にも興味を持っていただく対策が必要なのかもしれません。

★安倍政権の経済政策である『アベノミクス』は、海外では酷評されているとの話を聞きました。

日本でも、本当にこの政策で景気が立ち直ると思っている方は多くはないでしょうし、普通に考えれば、『エコポイントで家電製品が一時、爆発的に売れたのに、その後、惨憺たる状況になってしまったようなことを、今度は国レベルで繰り返すだけ』と見るべきではないでしょうか?

あまりにも膨張してしまった国家債務を、もはやコントロールできず、次々に様々な対策を試みる。
しかし、やればやるほど、国家債務はさらに膨張し、手がつけられない存在になる。

では、どうすればよいのかと言えば、…しかないですよね。




1月23日(水)その2
★富岡地域医療事務組合議会の研修会が、富岡総合病院の講義室で行われました。
テーマが、『総合病院の独立行政法人化の検討について』というもので、スケールの大きいテーマでしたが、大手監査法人の公認会計士の方が講師で、いろいろなお話を伺うことができました。

全国の自治体病院では、経営悪化のため、独立行政法人化を進めた病院は、かなりありますが、富岡総合病院の場合は、黒字運営ですので、そうした問題はありません。

将来のことを考えて、病院のあり方を検討している段階です。

この件につきましては、また、新たな展開が出ましたら、説明いたします。

また、研修会終了後、総合病院と七日市病院の病棟視察が行われました。

 《七日市病院屋上からの景色です》


《七日市病院に新しく設けられた入浴施設》


七日市病院は現在のベッド数は150床ですが、新病棟が完成しますと、163病床になります。
ちなみに、総合病院は、347病床です。

★夕方6時から医療事務組合の懇親会がアミューズで行われました。
甘楽町の議員さんや、病院の部課長さんと様々なお話をすることができました。

病院の課長さんには、富高時代のクラスメートがおりますので、昔話にも…けっこう花が咲きました。

★文化庁の国語世論調査によれば、『他人事』を、『ひとごと』と読む方は30%、『たにんごと』と読む方は54%なのだそうです。

本来は、『ひとごと』が正しい読み方だったのが、いまや逆転してしまったとのこと。

でも、NHKのサイトを見ましたら、今も放送では必ず『ひとごと』と読むそうです。

あなたはどちらの読み方をしますか?


1月23日(水)その1
★県外では、退職金引き下げ前に、駆け込みで退職する教員が続出しているとのニュースを聞きました。

もしも、小学校6年生の担任の先生が、突然退職し、卒業式には別の先生が担任になっていた、というような事態になれば、これはあまりにも悲しいことのように思えます。

これは、退職金の引き下げの仕方に問題があったように思えますが、幸い、群馬県ではそのような例は、いまのところないとのことです。

いつ、お辞めになるにしても、それは個人の問題でしょうが、生徒さんや保護者の方にとっては、複雑な思いが残りますよね。


★昨日、全国の小中学校の普通学級におけるエアコン設置率を調べましたら、2010年度で16%とのことでした。

というと、もしも富岡市が、一気にエアコンを設置すれば、かなり先進的で大胆なこととも思えます。

多くの自治体が、設置したくても二の足を踏んでいるのは、費用の壁です。

また、エアコンをつけたとしても、本当に必要な時期は、7月の2週間および9月前半の2週間程度の合計4週間くらいというのも、微妙な点です。

いまの真夏の教室の暑さを自分では体験していませんし、暑さの感じ方は個人差があるので、何とも言えない要素が多いのですが、エアコン以外の方法を考える必要もあるのでは?




1月22日(火)その3
★一ノ宮小の子どもさんから聞いた話では、2年生と3年生で、1クラスずつインフルエンザで学級閉鎖になっているとのことです。
また、富小の保護者の方のお話でも、学級閉鎖が出ているとのこと。

これからが流行の本番かどうかは定かではありませんが、みなさん、ご注意ください。

★20日朝の花火の件ですが、市役所に確認したときは、『星田地区のお祭りでは』とのお話でしたが、それは誤りで、『田島にある施無畏寺の初観音祭』の花火でした。

メールで昨日、教えていただき、さらに、今日、別の方からも、お話を頂戴しました。

間違った情報を掲載し、失礼しました。


1月22日(火)その2
★『灯油の値段が、えれぇ上がっちまったい! 困らぁのぅ』という話を伺いました。
聞けば、配達の場合、1リットル100円を超えているとのことですが、これは円安のためなのか、それとも厳しい寒さのためか、さらには早くもインフレターゲットが機能し始めたのか(それはありえないでしょうが)…

農作物を育てるために暖房しなければならない方にとっては、たいへんな状況になってきたようです。

燃料代の上昇分を、販売価格に乗せることができれば良いのでしょうが、ちょっとそれは難しいですよね。



1月22日(火)その1
★中小企業金融円滑化法がこの3月末に期限切れとなりますが、その後の金融機関の貸し出し姿勢が厳しくなれば、企業倒産が一気に増加するようなことにならないのでしょうか?

しかし、特例措置もどこかで終わりにしなければ、別の問題に発展する可能性があります。

年度末に大きな関門が、安倍政権の前に立ちはだかるようなことになるのでしょうか?

★昨日の全員協議会において、以前『新風会』さんが発行した印刷物の件で、会派会長さんから、意見書という表現を使ってしまったことの謝罪がありました。

また、その件に対し、議長から『注意』があり、とりあえず一件落着となりました。

アスベスト施設建設に反対する議会の足並みが乱れる懸念がありましたが、それは回避され、幸いでした。

★成人式のときに配布されていた『二十歳の禁煙キャンペーン』のリーフレットを見ましたら、
・肺がんのリスクは、非喫煙者の10倍
・タバコの副流煙は7mくらい拡散する
ということが書いてありました。

市に入るタバコ税は3億円近くありますので、禁煙を強く訴えづらい部分もありますが、タバコは吸わない方が、よろしいように思えます。

吸っているご本人ではなく、その奥様が肺がんになって、若くして亡くなられたケースを知っていますが(ご主人のタバコがその原因とは決め付けられませんが)、家族の健康も考えれば、Stop Smoking. という時代なのではないでしょうか?




1月21日(月)その2
★大阪市の桜宮高校体育科の入試中止決定は、何だかおかしい展開になっている印象があります。
普通科に変更し、でも、スポーツに特色のあるカリキュラムにするっていうのは、『???』という感じがいたします。

さらに、『現状では予算執行しない』と市長が発言した中で、教育委員の方々が結論を出すというのも、疑問です。

高い支持率を誇る橋下市長さんだからできる荒技というところでしょうか?

★アルジェリア人質事件は、ニュースを見るたび、暗い気持ちになります。
いまでも体を張って、治安が悪い国で、頑張っている日本人の方々が、これほどいらっしゃるのかと思うと、本当に頭が下がるばかりです。

一人でも多くの方が無事であることを祈るばかりです。

★また、雪が降るような話ですが、明日の朝はどうなるのでしょうか?
一応、車のタイヤはスタッドレスなのですが、アイスバーンのようなところでは、結構滑りますよね。

あまり積もらなければよいのですが?




1月21日(月)その1
★午前10時から全員協議会が行われました。
その中で、新庁舎の全体レイアウトの説明がありましたが、このような配置になるようです。


ちなみに、行政事務棟と議会棟は3階建て、保健センターは2階建て、市民利用棟は平屋です。

議場は議会棟の2階になる予定です。

★25年度からの3ヵ年で、市内全小中学校の普通教室、音楽室、図書室にエアコンを設置する件ですが、『設置する順番はどうなるのか?』という議論が出ました。

確かに、25年度に設置される学校と、27年に設置される学校では、公平性という観点から、問題が生じます。

そこで、『1年目は市内の全中学校に設置し、2年目は全小学校の高学年、3年目は低学年という方法で、事業を進めたら良いのでは?』と思えましたので、そのことを担当部長さん・課長さんとお話しましたところ…

『それが一番公平なやり方になりますが、その方法ですと、実は文部科学省の補助金が出ないんです』とのこと。

地方分権で権限委譲が進みつつある時代ですが、肝心なところは、国のルールに縛られてしまっているようです。

★昨年の11月に市内の中学校で、武道(柔道)の授業中、骨折事故があったとの報告がありました。

武道の授業は、投げたり、受け身をしたりしますので、受験直前で、利き腕骨折などということにならないよう、中学3年生のみなさんには特に気をつけていただきたいものです。





1月20日(日)その2
★NHKで放送された特集番組『老人漂流社会』を見ました。
とてつもなく考えさせられる内容でした。

生きていくこと以上に、いかに人生の最期を迎えるかが、難しい時代になったということなのでしょう。

だれにでも訪れる可能性がある厳しい現実。
そして、今後進む高齢者人口の爆発的な増加を考えれば、20年、30年後には、今よりもさらに壮絶な時代が来ることは、ほぼ間違いないでしょう。

歳をとって、家族に見守られながらあの世に旅立つという、これまで当たり前であったことが当たり前でなくなる時代が…

高齢者が人生の最後に、独りぼっちで、居場所を求めて漂流するというのは、国の福祉政策に根本的な問題があるのでは?

一体全体、日本はこれからどうなってしまうのでしょうか…



1月20日(日)その1
★『今日は朝から、何かのイベントがあることを知らせるような花火が上がりましたが何が行われるのでしょうか?』とのご質問をいただきました。

早速、市役所に確認したところでは、『星田地区のお祭りの花火ではないでしょうか?』とのことでした。

市のHPの観光サイトを確認しましたら、『虚空蔵例祭(星田地区)』とありましたので、このお祭りのことのようです。

★30代の人気女性アナウンサーの方が、脳梗塞になられたという話が、ヤフーのトピックスにありました。

そこで脳梗塞のことを調べてみると、30代で脳梗塞になる方って思っていた以上に多いですね。
また、さらに気になるのは、『血圧もコレステロールも、何も問題なく、体形も標準で、タバコも吸わないのに、突然、脳梗塞になってしまった』と、自らの体験を語っていらっしゃる方がたくさんいたことです。

いたずらに心配する必要はないのでしょうが、『脳梗塞は若い方でも珍しくない病気』という知識くらいは持っていたほうがよさそうです。



1月19日(土)その1
★一昨日が、阪神淡路大震災から、ちょうど18年目にあたる日でした。
そこで、震災発生により断水した場合の飲料水対策として、以前から気になっていたことを、某大手飲料メーカーに質問しました。

万一のとき、一人一日3リットルの水が必要という話を聞きますが、それをペットボトルのミネラルウォーターで確保しておいても、それには賞味期限があります。

もしも非常事態に、この賞味期限を過ぎている未開封のミネラルウォーターを、飲料用として使う場合、どのくらいまでなら、飲んでも大丈夫なものなのか?

以前から、知りたいと思っていましたが、昨日、メーカーから以下のようなご回答をいただきました。

茂原 正秀 様

ご連絡をいただきましてありがとうございます。
また、日頃からのご愛顧に心よりお礼申し上げます。

お問い合わせをいただきました「賞味期限」とは、
未開栓で表示されている保存方法に従って保存した場合に、
衛生上の要因だけでなく、おいしさも含めてすべての品質が
十分に保たれていると認められる期限を示しています。

「天然水」は原料が水だけですので、賞味期限が切れた後でも
栓を開けない限り、その水を飲むことが、すぐに安全性上
問題になることはありません。
しかしながら、賞味期限後の日持ちにつきましては、
保存状況にもよりますので、私どもから一概にご案内することはできません。
大変申し訳ございませんが、お客様ご自身でご判断くださいますよう
お願いいたします。

明快なお返事が出来ず心苦しい限りでございますが、
事情ご賢察の上、何卒ご理解賜りたく存じます。

今後とも皆様にお喜びいただけるような製品づくり、企業活動に
努めてまいりますので、引き続きご支援を賜りますよう、
お願いいたします。


これを読んで、どのように判断するか??

私は、未開封のミネラルウォーターならば、2、3年くらいの賞味期限を過ぎたものでも、万一の時の飲料水として十分に大丈夫なのではないかと、判断しましたが…

断水時、4人家族で、一日に12リットルのミネラルウォーターが必要としますと、ちょうど2リットルペットボトル6本入りの箱となります。

3日間くらい対応できるように準備すれば、3箱を備蓄しておけばよいことになります。

ネットで調べますと、安いものなら、ひと箱500円くらいで購入できるようですので、3箱で1500円。

南海トラフ地震が発生すれば、おそらくミネラルウォーターはまったく買えない事態になるのでしょうから、今年は3箱くらい買っておくべきかと、ちょっと考えておりますが?





1月18日(金)その1
★新庁舎のイメージ模型の写真を、本日撮影してきました。
まだ、具体的な設計には入っておりませんが、このデザインの方向で、新庁舎は建設される予定です。

主な特徴とすると、建物は4棟で、屋根に特徴があるデザインです。
他にはあまりないようなデザインの庁舎ですので、意見が分かれる可能性もありそうです。

画像で説明しますと、1枚目の写真は、東側から見た新庁舎です。
一番手前は、三角公園で、奥の建物の左側は議会棟で、右側が事務棟になります。


2枚目の写真は、線路がある北側から見た新庁舎です。




★昨日、ビックサイトの展示会でいただいた品で、面白いボールペンがありました。
書くときは、回すとペン先が出て普通に使えて、ノックすると緑色のライトが点くという珍しいものです。

こういうちょっとしたサプライズ・グッズは、男性にはけっこうウケるのでは?
万一の災害時用に、使えるかもしれませんね。

でも、あまり、そうしたことは起きてもらっては困りますが…





1月17日(木)その1
★午前7時半に、富岡市勤労青少年ホームを出発して、東京のビックサイトで行われている『第5回国際カーエレクトロニクス展』へ視察研修に行ってまいりました。

日本には、素晴らしい技術を持っている会社がたくさんあることを実感しました。
また、様々な自治体が、地元企業のPRを兼ねながら企業誘致活動に取り組んでおられましたが、いろいろお話を伺うことができ、私にとっては、企業のブース以上に勉強になりました。

とある小さめのブースにいらっしゃった市の職員の方に話を伺いましたら、『ビックサイトのブースを借りるのに、3日間で200万円ほどの費用がかかっている』とのことですが、さすがに出展費用も地方の感覚とは桁が違います。


















1月16日(水)その2
★明日、東京ビックサイトに、工業振興対策委員として、先進技術視察研修会で出かけます。

10年前、議員になりたての頃は、商業振興対策委員会などの視察が、かなりありましたが、最近は行政改革のため、議会の視察を除きますと、あまりありません。

工業振興対策委員会では、以前、長野県の坂城町に視察で行ったことがありますが、もうかれこれ7、8年経つかもしれません。

せっかくの機会ですので、いろいろ勉強してきたいと思います。

ちなみに、明日の視察は、富岡発明協会の視察研修会に工業振興対策委員も加えさせていただくもののようです。

★芥川賞を受賞された黒田夏子さんは、75歳の新人とのことですが、すごい時代になってきた感があります。

でも、70代半ばで、このような実績を上げたというニュースは、世の中を元気にしますよね。

★数日前、アマゾンで16GBのUSBメモリとしても使えるデジタル音楽プレーヤーを3500円ほどで買いました。

FMラジオも聴けて、音声録音もできる、かなり重宝なものです。

付属のイヤホンは、ちょっとしょぼい感じで、音がよくなかったため、家にあったソニーのものを使っていますが、それ以外は、値段を考えれば十分満足できる品です。

1970年代に、カセットテープのソニーウォークマンが初めて発売された時代を知っている世代とすれば、信じられない時代になってきました。




1月16日(水)その1
★午前10時から総務委員会協議会が開かれました。
また、その帰りにちょっと時間がありましたので、妙義のふるさと美術館まで行き、雪が残る妙義山の写真を撮影してきました。

道路は、ところどころアイスバーンがありました。
妙義山方面にお出かけの方は、この数日間は気をつけたほうがよろしそうです。





1月15日(火)その2
★先日の、環境大臣への市議会会派の意見書提出について、本日、議会事務局で確認しましたら、
『市議会で提出する意見書は、地方自治法第99条(普通地方公共団体の議会は、当該普通地方公共団体の公益に関する事件につき意見書を国会又は関係行政庁に提出することができる。)に基づいて行うもので、会派が提出する意見書とは、重みがまったく違います。』とのことでした。

つまり、議会として地方自治法に則った意見書を提出することが最も意味のあることで、市議会の会派が意見書をさらに出したとしても、その効果は微妙なようです。

議会の会派でも提出すれば、市議会が提出したものと同様の意味があるのかとてっきり思っておりましたが、勘違いでした。

今回のことで、次に国に意見書を提出しなければならない問題が生まれたとき、議会で提出するよりも先に、会派が競争で出すようなことになったら困ると思っていましたが、どうもそんな心配はしなくても良さそうです。

ということで、この件につきましては、もう終わりに。


★富岡総合病院ニュース第59号に、結核のお話がありました。
結核って、もはや過去の病気かと思っていましたら、現在の日本でも、毎日64人の新しい患者が発生し、6人が亡くなっているそうです。

1日6人といえば少なそうですが、年間にすれば2190人。

この数は、全然少なくないですよね。

風邪が中々治らないような方は、ちょっと気をつけたほうがよろしいかもしれません。

★ミラーレス一眼カメラを購入しようと思いましたが、ちょっと止めて、今年は、昔買ったキャノンのEOSを、思いっきり使い倒すことに方針を変えました。

ずいぶん前に買ったものですので、七百数十万画素しかないのですが、やはり一眼レフですので、コンパクトデジカメとは趣の異なる写真が撮れます。

デカいのが難点なのですが、ガンガン使って壊れたら、次はミラーレス一眼を買いましょう。

今年は、ソニーのサイバーショットと、古いEOSの二本立てで撮影に力を入れてまいります。



1月15日(火)その1
★富岡市議会基本条例の、最初のたたき台となる素案を、3連休中に、何とかつくり上げました。

これから、委員のみなさんに見ていただくことになりますが、はたしてどのような展開になるのか…

★昨日の雪で、妙義山も少し白くなっていました。




1月14日(月)その1
★先ほど、とある方から電話をいただきました。
富岡市議会の『新風会』の、本日の朝刊に折り込まれていた印刷物についてのお話でした。
実は私、お電話をいただくまで、まったく知らず、読んでおりませんでしたが、慌てて目を通しましたところ…

新風会のみなさんで、アスベスト処理施設建設反対の意見書を、環境大臣に提出してきたことが、第一面に大きく出ております。

でも、これについては大きな疑問が生じます。

なぜなら、昨年の6月に、富岡市議会として、環境大臣に意見書を提出したのに、どうしてまた、今度は会派でわざわざこのようなことをなさるのでしょうか?

議会全体で、アスベスト施設の建設反対でまとまっていたのに、新風会さんのやられていることは、どんな目的があおりなのか、私には理解できないのですが…

議会全体で反対していくという方向性が、崩れるようなことにならなければ良いのですが、心配です。

そのうち、すべての会派が、環境大臣のところに競争で意見書を持っていくというような、パフォーマンスの応酬に…
なーんていうことには、少なくとも私は加わりませんが…


★富岡市の成人式は昨日でよかったですね。
今日だったら、雪で、新成人のみなさん、たいへんだったのでは?

富岡市の新成人の方々は、ある意味、強運ですよ。

ぜひ、その運を、これからの人生に活かしていってほしいものです。



1月13日(日)その2
★午後2時から、かぶら文化ホールで行われました成人式に出かけてきました。
晴着姿のお嬢さんが、集まりますと、華やかな雰囲気になりますね。

新成人のみなさん、本日はおめでとうございました。








★夕方、ちょっと軽井沢に行きましたら、雪があちこちに見えました。
やはり、ひと山越えると、陽気が違うようです。



臨時のスケート場がありました。



1月13日(日)その1
★朝、どんど焼きに出かけてきました。
最近は、本物の火に近づくことがありませんが、火は見ているといろいろ考えさせられます。

炎のゆらぎには、人間の精神に直接訴えかけるような力があるように思えます。

うちの地区のどんど焼きは、5、6年前から、一ノ宮の市民グランドで、朝の8時開始となりましたが、以前、薄暗いうちに始めていたときには、もっと炎が見え、独特の雰囲気がありました。

今でも、薄暗い時間から、どんど焼きをやっている地区は、けっこうあるのでしょうか?
写真を撮るのなら、うす暗い中でのどんど焼きのほうが絵になりそうです。






1月12日(土)その2
★1992年の大学受験生は121万人であったのが、今年は72万人で、20年前の4割減との話を聞きました。

そんなに激減しているのですか? 驚きです。

とはいえ、これから受験される方は、油断せず頑張って、ぜひ合格の栄冠を獲得してください。

★Eテレで夜、放送している『glee』を時々見ますが、このドラマの中で、特定の人種の特徴をジョークにしているのには毎回ビックリしてしまいます。

登場人物の女の子がユダヤ人で、その子の鼻の形をジョークにしていますが、アメリカではユダヤ人の方は鼻が大きいという意識があるのだとか…

あのバーブラ・ストライサンドも若い頃、鼻の整形をするよう周囲から勧められたそうです。

しかし、テレビドラマで、このような話題をギャグのネタに使ってしまうアメリカの懐の深さは、大らかというか、あっけらかんと表現すべきか…
いまの日本の感覚では信じられません。



1月12日(土)その1
★今日は議会基本条例の最初の部分にあたるところの案作りに取り組みました。
議会事務局から預かった資料は、3市の基本条例ですが、それだけでは足りませんので、ネットで他の10市以上の基本条例をダウンロードし、読み込みました。

一般質問の原稿とは重みが違いますので、言葉や表現の選択だけでも、非常に大変です。

これは随分たいへんな仕事を引き受けてしまったと、思えてきました。


★夕食を食べながら、欽ちゃんの仮想大賞を見ました。
実は、この予選会で、東京の日本テレビのスタジオへ2度出かけたことがあります。

もう、20年近く前の話ですが…

予選会は、かなりの数のグループがいましたので、テレビに出られる方は、すごいですよね。



1月11日(金)その2
★昨日から多治見市、奥州市、鳥羽市の議会基本条例を読み込んでいます。

富岡市の議会基本条例のたたき台をつくる役になったため、取り組んでいるのですが、始めたら、予想以上に大変で、ちょっと『むむむむっ! まずいぞ、コレは!』という感じです。

この3連休で、なんとか形をかためたいと思っていますが、ハードルは高そうです。

★一ノ宮小の6年生に話を聞きましたら、何人かインフルエンザで欠席し始めたクラスがあるとのことでした。

そろそろ、流行がはじまるかもしれませんが、体を冷やさないようにして、気をつけたいものです。

★先日、ちょっと走りに行きましたら、あっという間に、耳にしもやけができてしまいました。

昔は、寒い所に出ても、しもやけになるようなことは、あまりなかったのですが…

体の血行が、若いときより悪くなっているためなのかもしれませんが、冬はどうも苦手です。

★トップページに写真を紹介した富岡体験交流プログラム『はーて』のチラシについてですが、『中高年の方には、ピンクの文字が読みづらいのでは?』との、ご意見をいただきました。

可愛らしさを演出しようとしたのでしょうが、確かに、読みづらいという意見は一理ありそうです。

茶色系の文字色に変えてもよいのかも?


1月11日(金)その1
★『優しい人が多そうな都道府県ランキング』というのが、ネットにありました。
こういう類のものがありますと、つい見てしまうのですが、やはり群馬県の順位はあまりよろしくない結果でした。

都道府県ランキング系のものですと、どうも群馬は、下位のほうになってしまう傾向があるように感じますが…

また、本日の読売新聞群馬版に交通事故件数の県比較が出ていましたが、人口10万人当たり、群馬は933件で、埼玉519件、茨城507件、栃木420件、長野493件、福島483件、新潟380件と比較すれば、ダントツに多いとのこと。

この手の比較で上位になってしまうところが、群馬のイメージがいまひとつ向上しない原因なのでしょうか?

なにはともあれ、車の運転には、気をつけたいものです。


1月10日(木)その2
★富岡市観光協会が、富岡体験交流プログラム『はーて』を実施するそうです。
本日、議員用のレターケースに資料が入っていましたので、近いうちに発表されるかと思います。

開催期間は2月2日から3月3日までの、およそ一ヵ月間。

ちなみに『はーて』とは、西上州の方言である『かざはな』を意味する『はーて』から命名したそうです。

私はてっきり、疑問を意味する『はーてな?』あたりかと思いましたが、予想外でした。


1月10日(木)その1
★午後1時半から全員協議会が行われ、新庁舎の議会棟について協議されました。
これまでは議場を1階に設け、さらに一部の壁面がガラス張りで、外から見えるようなものにする案でしたが、全面的にこれを見直して、議場は2階にすることとなりました。

また、議場の床面を、ひな壇型か、フラットにするかについては、1階の議場のときには、意見が割れましたが、議場を2階にすることになったため、現在と同じ、ひな壇型ですることになりました。

また、その後に行われた議会基本条例検討特別小委員会では委員長を仰せつかりました。
さらに、この10日間で、富岡市の議会基本条例案のたたき台をつくることになりましたので、ちょっとこれから忙しくなりそうです。



1月9日(水)その1
★午後6時から、富岡地域経済団体会員新年会があり、出席してまいりました。
今日は、何と、大澤群馬県知事も来られていましたが、富岡製糸場の世界遺産登録が近づき、県も富岡市のことには、これまでよりも力を入れているということなのでしょうか。


また、その後の懇親会で、大澤知事とお話しする機会があり、雑談をしていましたら、『八重の桜』の話になりました。
そこで、『実は私、同志社OBなんです』と言いましたら、大澤知事から『それなら、もはらさん、同志社大学がいま医学部をつくるという話は、ご存知ですよね? 函館あたりが手を上げたようですが、富岡でも誘致したらどうですか?』との、仰天の内容のお話をいただきました。

同志社大学が、いま医学部の設立を目指している話は、知っていましたが、大澤知事との会話の中で、このような展開になるとは、全く予想外でした。

でも、新島襄の故郷である安中市もすぐお隣ですし、世界遺産で世の注目を集めている富岡市なら、誘致に動いても、これはちょっと面白いのでは?

一般質問で、市長に提案しましょうかね??

★今日、ロシアの方とお話する機会がありまして(日本語でです)、そこで、長年、ロシアについて抱いていた疑問を尋ねてみました。

『ロシアの女性は、若いときはモデルのようにスリムな体形の人が多いのに、どうして中高年になられると、太ってしまう方が多いのでしょうか?』

その答えは…
『それは鋭い質問ですが、私にもなぜだか分かりません。ただ、ウクライナなどの女性は、そうなりませんから、やはりロシアならではの原因があるとは思います。』ということでした。

長年の疑問は、残念ながら解決しませんでしたが、ロシア人でも分からないということは、分かりました。

★今年の夏には、世界遺産登録についてのイコモスという団体の調査団が、富岡にやって来ます。
その調査団ですが、私は4、5人くらいのチームなのかと思っていましたら、なんと『1人』とのこと。

1人で、どんな調査をするのか、できるのかは分かりませんが、これもちょっと予想外でした。


1月8日(火)その2
★昨日の、水路の蓋の件ですが、学童保育施設の方から『早速、今日、市役所の担当の方が来てくださって、対応していただけることになりました』との、ご連絡を夕方いただきました。

担当部署のみなさんには、迅速な対応をしていただきまして、ありがとうございました。

★シリアの内戦での死者数は、昨年およそ4万人だったとの話を聞きました。
銃撃戦どころか、ミサイルまで使われているのですから、このような数になってしまうのかもしれません。

しかし、日本で自ら命を絶たれる方の数も3万人くらいいることを考えますと、シリアの内戦もひどいが、日本のほうも問題が大きいように思えてしまいます。

自殺者3万人という数字に、最近は悪い意味で慣れてきてしまった感がありますが、この数字は、やはりとんでもない数と言えるのでは…

★高齢者の3大不安は、『経済不安・健康不安・アイデンティティ不安』なのだとか…。
ちなみに、アイデンティティ不安とは、社会に居場所がないというような意味なのでしょうか?

3大不安に苛まれての長生きでは悲しいですが、こればかりは、どうなるかは、だれにもわかりません。

まずは、コントロールできそうな健康の不安をなくすことが、不安のない人生の近道というところでしょうか?



1月8日(火)その1
★昨日、同級生と話をしていましたら、『五十肩の調子はどうだい?』という話題になりました。
痛みが出るようになったのは、昨年の8月、プールで泳いでからのことですので、5ヶ月ほど経っていますが、やっと回復してきたかなぁ、という感じです。

以前のように、激痛が走るようなことはなくなりましたので、ちょっと気をつければ、日常生活には支障がないレベルになってまいりました。

やはり、痛いときには、痛みが出ないような生活を徹底し、自然に回復するのを待つくらいしかないのかもしれません。

この1週間ほどは、左肩よりも腰のほうが痛くて、コルセットを巻き、無理しないようにしています。

私の腰痛は、年に3、4回くらい出ますが、痛みが出始めたら、マジックテープで締めることができる簡易コルセットを着けて、数日間おとなしくしていますと、だいたい治ります。

知り合いに、腰のヘルニアの手術をされた方が何人かおられますが、そうした方々から見れば、極めて軽いレベルかと思います。
それでも、ひどい時は、くしゃみをしたくらいでも、腰が痛みますので、腰痛はやっかいです。

齢を重ねると、痛いところがあちこち出てきて、『まーず、困ったもんだいのう』っていう感じです。

★水道管は老朽化することで磨り減って、それが原因で破裂することがあるという話を聞きました。

経年劣化による破裂ということになりますと、古くなった箇所から、新しいものに入れ替えなければならないということになるのでしょうが、これは今後、莫大な費用がかかるのでは?

橋やトンネルだけでなく、目に見えない地中のインフラも、これから維持管理が難しい時代になりそうです。

★2012年の世界の男女平等ランキングで、日本は135ヵ国中、101位なのだとか。
上位は、アイスランド、フィンランドなどの北欧諸国でした。

でも、そんなに日本が低いとは、あまり思えないのですが?



1月7日(月)その1
★給食センターと、その隣の学童保育施設の間に水路がありますが、そこの確認に出かけました。
実はここの水路は、以前は浅かったのですが、新しい給食センターができたときから深くなりました。
そのため、『万一の事故に備えて蓋を設置してほしい』との要望があります。

給食センターと都市建設部に伺い、その件について話をしてまいりましたが、前向きな方向で対応していただけるようです。


また、その後、スポーツ課に出向き、一ノ宮市民グラウンドに時計を設置してほしいという要望について、課長さんにお話してまいりました。

せっかくスポーツ課にお邪魔したのですから、昨年のサファリマラソンの参加者数などについても伺いましたところ…、『もはら議員、次回は必ず走ってくださいね』と、担当の職員さんから言われてしまい、『ちょっとこの話題を出したのは失敗だったかなー??』という感じになってしまいました。

12月の最初は、風邪が抜けなくて、サファリマラソンはエントリーはしていたものの、参加できませんでした。

ちなみに、サファリマラソンの参加申し込みをされた方は1528人で、実際に出場した方は1318人であったそうです。

210人の方が、申し込みしたものの、走らなかった(走れなかった)ということですが、そのうちの1人はワタクシであります…



1月6日(日)その2
★新年会がありましたので、今日から始まりました『八重の桜』を、録画で見ました。
ちょっと私の場合は、このドラマを見る理由がありますので、客観的な評価になっていないかもしれませんが、けっこう面白い展開になるような印象を持ちました。
また、八重さん役の子役さん、名演技ですね。感心しました。

福島の復興が一番の目的でしょうが、ぜひ、魅力的な作品になってほしいものです。

『勝海舟』役の生瀬勝久さんは、同志社の卒業生ですので、そうした事情もあり、このドラマに出演が決まったのか?などと思いながら、ドラマを見ました。

日曜の夜が、今年はちょっと楽しみになってきました。

それにしても、綾瀬はるかさんの銃撃シーンは、カッコイイですね。
綾瀬さんの新たな魅力が出るドラマになる予感がしてきました。

★ちょっと腰痛になってしまい、新年早々、コルセットの世話になっています。
腰が痛いと、何をするのも痛いので、嫌ですよね。

この数日は、おとなしくしていた方がよさそうです。



1月6日(日)その1
★午前中は、富岡市消防隊の出初式が生涯学習センターで行われ、出席しました。
最初、駐車場にて隊員のみなさんが整列して市長をお迎えし、その後、センターのホールにて式典が始まりましたが…
このホールの椅子の狭さは、『ちょっといかがなものか』と、座るたびに思えるほど窮屈です。
これは改善の余地があるのではないでしょうか?

かぶら文化ホールの方は、両隣の席に人が座っていても、さほど違和感はありませんが、生涯学習センターの場合は、両腕をすぼめなければ、座れないような状況ですので、大変です。

また、今日は暖房の効きが悪く、ホール内は、ちょっと寒く感じましたが、こちらも何らかの対応が必要なのでは?





★夕方6時から、地元消防団の新年会があり、出席しました。
今日で3日連続の新年会ですが、消防団の若手のみなさんから様々なお話を伺うことができ、有意義な時間になりました。

また、消防団には、独身の団員の方がけっこういらっしゃることから、『一ノ宮で、゛宮コン爐鮴非やってください!』というような話になりました。

ちなみに、宮コンとは、いま話題の『街コン(各地域で行う合コン)』になぞらえたものです。

昔なら、ある程度の年齢で独身なら、親戚のおばさんのような方が見合い話を持ってくるようなことが当たり前でしたが、どうも今は、そのようなことは、全く無いようですね。

なかなか女性と出会う機会がないとのことなので、一ノ宮の後輩のみなさんのために、何とかしてあげたいという思いになりました。

何か、うまい方法はないものでしょうか?



1月5日(土)その1
★午後6時から、地元一ノ宮の新年互礼会が行われ出席しました。
お隣の席に、一ノ宮小の校長先生がいらっしゃって、学校の状況について、いろいろ教えていただきました。

自分の子どもが小学校でお世話になっていたときは、小学校のことはよく分かっておりましたが、卒業して10年以上経てば、さすがに分からないことばかりですので、このような機会は大変ありがたいものです。

また、以前、市民グラウンドのところにあった旧一ノ宮小学校の写真について、校長先生に確認しましたら、2枚ほど、学校にあるとのことでした。

近々、小学校にお邪魔し、ちょっと見させていただくつもりです。

最近、昔の写真や、地域の話などを、後世に残すための活動をしたいと考えております。
その第一弾として、まずは一ノ宮小の歴史を調べて、保存する活動に取り組んでみようかと思っています。

もしも、昔の写真などお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひ、ご連絡ください。


★今年は平成25年ということで、平成になってから早くも四半世紀という節目の年になります。

先日、平成元年について調べましたら、以下のようなことがあった年だったんですね。
・平均株価が38900円の史上最高値をつけた
・リクルート事件があった
・消費税が施行された
・ベルリンの壁崩壊
・NHKの衛星放送が始まった

なかなか、活気のある激動の時代でした。

小渕元総理が、内閣官房長官として『平成』の元号を記者会見で発表したのは、ついこのあいだのように思えましたが、時の流れのスピードは、すごいものです。



1月4日(金)その2
★午後6時から、アミューズにて、市議会と部課長会の合同新年会が行われました。
そこで、総合病院の院長先生から伺ったお話ですが、『インフルエンザが現在、富岡市では大ブレイク中』とのことです。

さらに加えますと、
*一日に60〜80人くらいのペースで、市内のインフルエンザ患者は増加している
*一つの病棟の半分が感染しているケースも
*病院職員はワクチンを接種したが、今年のインフルエンザには効いていない
*面会はお断りしている
*この流行は3月くらいまで続くだろう
とのことです。

そろそろ入試のシーズンですが、受験生のみなさん、ぜひ気をつけてください。


1月4日(金)その1
★午前10時から市役所3階大会議室にて、富岡市新年互礼会が行われました。


また、その後、国保年金課で、『国保税の資産割』について、確認に出かけてきました。

国保税の資産割は、富岡市では固定資産税の9%ですが、このことについて『二重課税では?』との、疑問の声をいただいております。

現在のところは、ほとんどの市町村で資産割を設けていますが、今後、詳しく研究してまいりたいと思います。



1月3日(木)その1
★ヤオコーさんに買い物に行きましたら、駐車場が大変な混雑状態でした。
この時期、一ノ宮はどこに行っても、人ばかり。

でも、これも今日まででしょうが…


★100円ショップで、スマホ用の便利グッズを購入しました。
左のクネクネ曲がるグッズは、何かおもしろい使い方ができるのではないかと思っていますが…

右のタッチペンは、スマホの画面をタッチするためのものですが、これがあればタッチミスを防げるかも?

ヤオコーさんのお隣のキャンドゥは、時々出かけますが、けっこう面白いものがあります。


★明日は、朝から市役所で新年互礼会があります。

ところで、この『互礼会』という言葉は、私のPCでは一発変換で文字が出てこないのですが、あまり一般的な表現ではないのでしょうか?

★箱根駅伝の復路を、つい今日も見てしまいました。
9区の明治大学のランナーには、ハラハラさせられました。

また、上武大も、最後までタスキをつなげることができましたが、9区を走りきったランナーの号泣を見て、心を打たれました。

若者が全力で何かに取り組む姿は、本当に素晴らしいと思います。

一生懸命やることが、なんだかダサいように思われてしまうような風潮が、最近の日本にはあるように感じられますが、それは間違った見方なのでは?



1月2日(水)その2
★先ほど、仕事をしながらNHKのFM放送を聴いていましたら、阿川佐和子さんが、ご自分の好きな曲を紹介するという番組で、思わず聞き入ってしまいました。

サイモンとガーファンクル、ママス&パパス、ビートルズ、フィフス・ディメンション、ピーター・ポール&マリーなどの曲が流れていましたが、私の趣味とちょっと近い印象を持ちました。

特にサイモンとガーファンクルの『アメリカ』という曲の、歌詞の解説を阿川さんがされていましたが、ずいぶん奥深い曲ということを知り、『ほ、ほー』と思いました。

また、ビートルズの曲は『This boy』を紹介していましたが、この曲はハーモニーが美しい曲です。

『聞く力』がベストセラー本になり、話題の阿川さんでしたが、親近感を持ちました。

それにしても、阿川さんのお話は、話し方も内容も、ユーモアと品があって、素敵ですよね。



1月2日(水)その1
★箱根駅伝を、つい今年も見てしまいました。

最終の5区で、トップが入れ替わるなど、レース的にはおもしろい展開だったのではないでしょうか?

また、中央大と城西大が途中棄権してしまったようですが、気の毒な話です。

個人のレースと違って、駅伝は責任が重いでしょうから、当然プレッシャーもとてつもなく大きいのでは?

厳しい練習をしてきた選手でも、晴れ舞台でこのようなトラブルに見舞われることもあるんですね。

★頂いた年賀状に、『お富ちゃん』のイラストが使われていたものが、4、5枚ありました。

お富ちゃん、だいぶ人気者になってきた感があります。

今年は、一気にブレイクし、人気キャラの仲間入りでしょうか?

★私は福袋を購入したことはないのですが、ニュースを見れば、『渋谷の109で福袋を買うためにすごい行列ができていた』というような話ばかりの一日でした。

それにしても、何時間も前から並んで、開店と同時に売り場まで走っていく方々の気合いは、すごいものです。

福袋はほしいとは思いませんが、そこまで情熱を傾けられることがあるというのは、ちょっとうらやましく思えます。

また、福袋には商品が入っているだけではなく、『親子でミュージカルに出演できる権利』というようなものまで売られているのだとか…

売れるものなら、商品以外の企画でも、何でもありということなのでしょうか?

★『群馬県内の44ヘクタールの森林が、外国資本に買収されている』との話を聞きました。

何の目的であるかは分かりませんが、水源地として外国資本が買収しているとすれば、いい話ではありません。

21世紀の石油は『水』であるとの話を、2000年になる前に聞いたことがありますが、『水争奪戦』というような時代が、ひょっとして近づいているのでしょか?



1月1日(火)その1
★新年あけまして、おめでとうございます。

穏やかな天気の元旦になりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

私は、早速、午前10時から行われました貫前神社の『歳旦祭』という、式典に参列してまいりました。

いつもは午前10時前には、初詣のお客様の数は少ないのですが、今日はこの時間からかなり混雑していました。







今年は、昨年以上に、写真に力を入れていきたいと思っております。
富岡市の歴史を画像に残し記録するくらいのつもりで、やっていきたいのですが、はたして、コンパクトデジカメでどこまでできるでしょうか??





12月31日(月)その1
★いよいよ、大晦日です。
このホームページは、2008年4月10日から、毎日更新するスタイルに変えましたが、今年も365日すべて更新することができました。

明日になれば2013年。ついに6年目に突入です。

来年も、毎日更新ができますよう取り組んでまいります。

★明日は穏やかな元旦になるのでしょうか?
午前10時から、貫前神社のお祭りがありまして、初詣を兼ねながら出かけますが、バッチリ神社の写真とムービーも撮影してきたいと思います。

また、来年からは、写真だけでなく、動画とスライドショーを使って、さらなる情報発信も行いますので。

ところで、情報を伝えるときの極意を一つ。

『難しいことはやさしく。やさしいことは面白く』

これをモットーに、来年は行きましょう。

では、みなさん、良いお年を!



12月30日(日)その1
★午前中、もみじ平で、ちょっとスロージョギングをしてきました。
野球場の周りを7km走ったところで、雨がポツポツしてきましたので止めましたが、これが今年最後のジョギングということになりそうです。

ひと月に100kmで、1年間に1200kmを目標にしてきましたが、今日の時点で走った距離の合計は1082kmでした。

4月と11月の2回ほど、走れない時期がありましたが、目標達成率は90%を超えましたので、まあまあの出来ではないでしょうか。

さて来年は…

細々と、スロージョギングを続けてまいりたいと思います。


★ラジオを聞いていましたら、どの番組も最後は『それでは、みなさん、よいお年を』でしたが、いよいよお正月ですね。

でも、まちの雰囲気は、以前のような年末という感じはないように思えます。

季節感が年々、失われている印象がありますが、お正月もそのうち、カレンダーが替わる日くらいの感覚になってしまうのでしょうか?

昔は、冬といえば、いつもコタツの上にはミカンがあり、ずいぶん食べた記憶がありますが、最近は、あまり食べなくなりました。

ミカンは、箱で買うのが当たり前の時代でしたが、いま箱で買えば、全部食べ切らないうちに傷んでしまう可能性が、我が家の場合は濃厚です。

ずいぶん食べるものも変わってきましたよね。

★先ほど、『イッテQ』を見ていましたら、イモトさんがローリング・ストーンズのギタリストであるロン・ウッドさんといっしょに写真を撮る場面がありましたが、ロン・ウッドさん、意外なほど小柄な人で驚きました。

ストーンズのDVDは、いくつも見たことがありますが、これは予想外…

ネットで調べましたら、171cmとありますが、ホントですか?
もっと小さく見えましたが…

ちなみに、ミック・ジャガーさんやロッド・スチュアートさんも、小柄のようです。

ロックスターは、意外に身長が低い人が多いということでしょうか…


★ミラーレスの一眼カメラを買うかどうかで、非常に迷っています。
買いたい機種も決まってはいるのですが…

コンパクトデジカメでも、けっこうキレイに撮れますので、無くても困る訳ではないのですが、悩みます。


12月29日(土)その1
★午前中、かぶら聖苑に出かける途中、真っ白な浅間山が見えました。


★アマゾンといえば、いまや南米のアマゾン川ではなく、ネット通販のアマゾンという方が多いのではないでしょうか?

私もときどき、CD・DVDから書籍など、ネットで注文しますが、その品揃えのすごさと、24時間いつでも注文できる簡便さは、ありがたいものです。

ところが、このアマゾンがあまりにも売り上げを伸ばしているため、既存の小売店舗が苦境に立たされているのだとか…

それも、勝ち組といわれていた大手家電量販店やコンビニまでが、『いまやアマゾンが脅威』というのですから、これは少々穏やかな話ではありません。

店舗販売は、お店を構え、従業員を雇い、様々なコストをかけて運営しますので、価格勝負になれば、ネット通販の方が有利になるのは仕方ありません。

でも、そのため、実店舗がどんどんなくなってしまったら、それは非常に困る話です。

それにしても、アマゾンでは、一度品物を注文すると、関連商品をメールで知らせてきたりしますが、このシステムは恐ろしいほどよくできていますよね。

すごい時代になったものです。

★蛇口から出た水道水を、そのまま飲める国というのは、世界で11カ国しかないのだそうです。

当たり前に飲んでいる水ですが、意外な話でした。



12月28日(金)その2
★午後7時40分から、地元消防団の歳末警戒の激励に出かけてきました。
団員のみなさんから、いろいろお話を伺うこともでき、有意義な時間を過ごすことができました。

★宝塚出身のスターである真矢みきさんは、宝塚の同期39人中37番の成績だったと、NHKの『ドキュメンタリー同級生』で紹介されていました。

この同期の方には、黒木瞳さんや涼風真世さんもおられたそうですから、すごいメンバーですね。

同期生の一人が、あの日航機の墜落事故で亡くなっており、その方を中心に制作された番組でしたが、それぞれの方々の様々な人生が紹介され、とても考えさせられました。

それにしても、さすがは宝塚の卒業生。50歳を超えているのに、みなさん華やかな方ばかりですね。



12月28日(金)その1
★読売新聞の緊急調査では、『安倍内閣支持65%』、『景気は回復できる48%』とのことです。

景気は回復できるかは、いろいろなご意見があるのでしょうが、私はかなり難しいのではないかと思っております。

金融緩和や公共事業を増やしたとしても、効果は一時的で、『終わって振り返れば、さらに借金が嵩んでいた』という結果になる可能性が高いのでは?


昨日、姪っ子が2歳になる前の子どもを連れて遊びに来てくれましたが、そのとき思いました。

『この子が40代、50代になったときには、日本はどこまでとんでもない状況になってしまっているのだろうか?』と。

群馬県の人口は2000年には202万人でしたが、ある人口予測では2050年には141万人になるとのこと。

ざっと7掛けです。

さらに高齢化率は40%くらいまで跳ね上がっているでしょう。

考えれば、考えるほど、後に続く世代はたいへんな時代を生きていかなければなりません。

日本が経済大国でいられるのは、そう長くはない可能性があります。

病気になれば、すぐに近くで診察してもらえる、
食べるものも、近くのスーパーで買える等、いま当たり前のことが、数十年後には当たり前でなくなることも十分考えられます。

私たち昭和30年代生まれの世代は、一生の間に、日本が豊かになる過程と、衰えていく過程の両方を見ることになる世代なのではないかと、最近強く思っております。

それでも、生まれたときからずっと下り坂の日本しか知らない世代から見れば、はるかに恵まれていると思えますが…

『人口減少と社会の超高齢化』という待ったなしの問題を、喫緊の課題として考える必要があるのに、先の総選挙では、どこの党も取り上げていませんでした(私の知る限りですが)。

ひょっとして、この問題はどうにもならない難題なので、すべての党が触れなかったとすると、それも何だか怖い話ですが…