富岡市を元気に!子どもたちに明るい未来を! 富岡市議会議員 茂原正秀WEB-SITE
TOP    これまでの活動記録(毎日更新中!)








15分でアートのような作品をつくる!
15 Minutes Art by MOHARA!
















富岡市の桜
富岡市の美しい風景
富岡市観光協会のFacebook
富岡製糸場Facebook
富岡市イベントカレンダー

便利な情報サイト
ダイヤモンド・オンライン
東洋経済オンライン
日経新聞
読売新聞オンライン
朝日新聞
毎日新聞
産経新聞
東京新聞
ロイター
共同通信
ニューズウィーク
NHK
プレジデント公式サイト
上毛新聞
The Japan Times Online


1:あなたのまちの「トンデモ議員」を炙り出せ!

2:なぜ質問しない議員ばかりに? 地方議会の「怠け者の楽園」ぶり




   




★もはら撮影
 動画情報★

まなびのつどい
2014.2.2


富岡市成人式
2014.1.12


富岡市消防隊「
出初式2014年

貫前神社2014年
元旦


富岡市・安中市・軽井沢町の観光連携協議会設立趣旨発表
2013.12.26


貫前神社 御戸開祭 2013.12.12

群馬サファリ富岡マラソン大会
2013.12.8


第8回富岡市一周駅伝

第2回スロージョギング教室 
2013.11.23


佐原市の『歴史ある町並み』
2013.11.5

モザイクアートで
ギネスに挑戦

2013.11.4

妙義山紅葉
フェスティバル

2013.11.3

スロージョギング
教室

2013.10.27

富岡製糸場に
ふっかちゃん

2013.10.4


富岡市交通安全
パレード

2013.9.25

富岡市CM 
2013年わがまちCM
コンテスト最終選考作品


同志社大学
今出川キャンパス

2013.10.8

 

丹生湖ひまわり畑情報サイト


富岡市の防災気象情報(気象庁リンク)

  ご意見は、下記メールアドレスをコピー&ペーストして、お送りください
moharamasahide@gmail.com
貫前神社式年遷宮祭その1

貫前神社式年遷宮『遷御』の映像

2017年1月のページはこちらから

12月31日(土)
△い茲い茵∈Gも今日で終わりです。

議会について振り返りますと、今年も、納得できないことが非常に多く、疑問と違和感を持った一年となりました。

特に、新庁舎の事業費については、今も違和感が消え去りません。

わずか1年半の間に、事業費見込が50%以上も膨れ上がり、さらに入札をした結果が、落札率99.6%!

こんなことが、実際に起きてしまったわけですが、これはいくらなんでも…、という気持ちがしてなりません。

落札率99.6%というのは、四捨五入すれば100%です。

40億円近い工事で、四捨五入で100%の落札率というのは、非常に珍しいことのように思えますが…

多数派議員さん方の中には、私と同様、『1年半で50%も人件費や資材価格が値上がりするはずはない』とお考えの方が、何人もおられましたが、いざ、議場で手を挙げる段階になりましたら、疑問を抱いていた方は全員が、50%の増額に賛成しました。

賛成しなければならないような背景や深い事情があったのでしょうが、あと数名が反対すれば、新庁舎は遥かに安いものになっていた可能性があります。

また、その新庁舎と同じく、富岡倉庫の整備も、隈研吾事務所が設計をすることが決まっていますが、新庁舎同様、高額な工事費用になるような可能性を感じています。

議会の多数派のみなさんが、予算に関しては厳しい見方をしないような傾向がありますので、残念ながら、来年も同じような状況は続くように思えます。

富岡倉庫の取得のための予算も、整備全体の事業費が全くわからない状況で、議会は認めてしまいました。

常識的に考えれば、ありえない話です。

これでは、『富岡倉庫の整備は、いくらかかってもいいから、どんどんやってください』という姿勢を、当局に対して議会が示しているのと同じでしょう。

血税の使いみちの決め方としては、許されるものではありません。

多数派のみなさんは、いくら市長支援という立場だとしても、これはちょっと、やりすぎというか、ひどすぎるように私には思えましたが?

議会がもっと、本来行うべきチェック機関としての機能を果たせば、富岡市は大きく変わるはずなのですが、肝心な問題になると、全く意見を述べなくなる議員さんが多く、当局のチェックがあまりというか、ほとんどできていないように思えます。

議員全員協議会も、おそらく現在の議会が、富岡市議会の歴史の中で最も議論が低調なのでは?

一つ期待しているのは、来年は新庁舎ができますと、議会のネット中継が始まることです。

できることなら、これをきっかけに、委員会審査なども、ネット中継できれば、もっとおもしろいのですが…

来年も、私にとっては納得できないようなことの連続になるかとは思いますが、めげたりあきらめたりせず、自分の議員活動に徹していきたいと思っています。

今年も、多くの方々から、ご意見や励ましのお言葉を頂戴し、議員活動を行うことができました。

大変お世話になりまして、ありがとうございました。

2017年も、今年以上に活動的に、様々なことに取り組んでまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

それでは、来年が、素晴らしい一年になりますように!











今日のBBCメモ。

1:イスラム教徒のテロが最大の脅威とメルケル首相が語る

2:二つの爆弾がバグダッドの市場を破壊

3:アメリカのテーマパークで、乗り物から21人が救助される






12月30日(金)
い海凌日、風邪まではいきませんが、ちょっと鼻がつまったりするので、夜の10分ランニングを中断しております。

サファリマラソンを走った後、一つの目標をクリアした感じもありましたので、ちょうど良い休憩と前向きに考えております。

あまり無理に走りますと、膝でも傷めて、走れなくなってしまう可能性もありますが、そうなっては、元も子もありません。

ところで、『元も子もない』の元と子は、何であるかご存知でしょうか?

確か、元は『元金』で、子は『利子』だったはずですが…

あまり欲をかかず、ほどほどのところで満足することが、人生は大切なのかもしれませんね。






9報とみおかの新年号が、すでに配布されていますが、12月1日現在の人口を見ますと、49871人とのこと。

つい先日、5万人を割ったばかりですが、再来年あたりには、4万9千人も割り込むことは避けられないように思えます。

11月に生まれた子どもさんの数は、21人でしたが、もはや1日1人のペースで、富岡市内で子どもが生まれることはかなり難しいのかもしれません。

実は、この10年ほどの間に、親戚では何人もの子どもが生まれています。

でも、その全員が、富岡市外に現在住んでおり、生まれた子どもは富岡市民ではありません。

多くのご家庭で、同様なことが起きているのではないでしょうか?

富岡市で育った若者が、結婚して子どもを生んだときには、富岡市民ではないということを、少しでも減らしていかないと、富岡市の人口減少には全く歯止めが掛からないでしょう。

でも、若い方々が、住む場所を考える時、富岡市ではなく、高崎市などを選んでしまうのも、街の利便性などから、よく分かります。

富岡市には、若者が働く場が少ないため、若者がどんどん出ていってしまうという話をしばしば耳にしますが、働く場があっても、住環境としての魅力がなければ、若者の流出は止まらないでしょう。

『働く場』と『より良い住環境』をセットで整える必要があるのではないでしょうか?

大きなテーマの話ではありますが、来年は、この点も、研究課題にしていきたいと思います。








貫前神社のそばを通りましたので、ちょっと覗いてみました。



神社の職員の方が、忙しそうに階段を下りていく姿が見えました。

いよいよ明日から、一年で最も忙しい1日が始まるのですから、当然と言えば当然なのでしょうが…

ご神体が移された仮殿のほうは、このような状況でした。



ご神体が仮殿に移されている状況のときの初詣は、例年と変わるのかどうかは分かりませんが、ぜひ、上野の国の『いちのみや』である貫前神社へ、初詣はお越しください。







今日のBBCメモ。

1:外交官追放に対してアメリカへの報復をロシアが断言

2:シリアの停戦が効力を発する

3:ルピーを預けられる期限が近づく





12月29日(木)
だ萋、富岡総合病院で小児科救急医療の話を伺ったとき、『ブロック輪番制当番表』の書類をいただきました。

それによりますと、年末年始(12月29日から1月3日)、富岡総合病院において小児科で診てもらえるのは来年の元旦だけのようです。

元旦以外の夜間に、子どもさんの体調が悪くなり見てもらう時は、高崎に行かなければならないようです。

この情報は、ネット上で調べられるものなのか、先ほどチェックしてみましたが、どうもネットには出ていないように思えましたが?

でも、子育て支援の重要性が、叫ばれている時代なのですから、夜、市内で小児科の診療を受けられるような仕組みを作って、安心して子育てができるような環境も築きたいものです。

もちろん、それが簡単にできないので、『ブロック輪番制』という方法が採られてはいるのでしょうが、それでも考えなければならない問題なのでは?






M名なアーティストであるジョージマイケルさんは53歳で、また、有名女優のキャリーフィッシャーさんは60歳で、先日、立て続けに亡くなられました。

58歳の私としますと、お二人とも同年代ですので、非常に気になります。

長寿社会とは言っても、50歳を超えてくれば、お亡くなりになる人は、結構多いようにも思えます。

私と同じ1958年生まれの大スターであるマイケルジャクソンさん、プリンスさんもすでに亡くなっています。

何かの分野で、大変な業績を残した人というのは、意外に短命というような印象を、私は以前から抱いております。

一人ひとりの人間が持っている運の総量というのは、決まっていて、どこかでその運をまとめて使ってしまうと、別のところでは運に見放されてしまうようなことがあるのかも?

58歳まで生きてみると、そんなふうのメカニズムが、この世の中にはあるような気がします。

あまり良いこともなかったけれど、悪いこともなかったというのならば、案外それが、一番の幸福と見ることができるのかもしれません。







∈F、高崎で、『2in1』パソコンを買いました。



タブレット端末で、キーボードも使えるというものですが、4万円弱でした。

以前から、持ち運びに便利で、ちょっとした作業ができるノートパソコンが欲しかったので購入しましたが、使ってみると、なかなか便利そうです。

一般質問のやり取りで、『メールで答弁書を送りましたので、すぐに確認してください』などと、ポスティング中に携帯に連絡が来て、見れないようなことが時々ありますが、これを持って外に出れば、外出先でメールを確認し、さらに再質問の原稿をその場で作って送ることも可能ですので、機動力は大幅にアップしそうです。

どのような場面で、長所が活かせるか、ちょっと楽しみです。





今日のBBCメモ。

1:シリアの戦闘は休戦が合意される

2:アメリカのミュージカルスターが悲しみの中、亡くなる

3:『私は容疑者をヘリコプターから放り投げた』とドゥテルテ大統領が語る








12月28日(水)
ダ住緇譴虜7遒慮学者数は32230人とのことです。

先ほど、平成28年1月から12月までの見学者数を合計してみましたら、83万2千人ほどでした。

来年の1月から3月の数は、今年よりも2割から3割は減る可能性が高いと思われますので、平成28年度の見学者数は、80万人を超えるかどうかというところでは?

でも、平成29年度は、どうなるのでしょうか?

そろそろ底をついて反転できるのか、はたまたさらに、大幅マイナスで推移するのか?

何とも予測は難しいところでしょうが、世界遺産登録後1年目の見学者数が、想定していた以上に多かったことが、逆にここに来て、激減という結果につながっているように思えます。

来年度は、製糸場の映画が完成し、全国で上映したり、海外の映画祭に出品するような話を伺っておりますが、これが市民の方々に、どのように評価されるか?

そちらも非常に気になります。






ど找倉庫の整備が、当局も議会も、いくらかかるのか分からないまま、事業が進んでいることについて、市民の方々からたくさんの疑問の声をいただいております。

誰だって高額の買い物をするときは、『費用がいくらになるのか』は、最も重要なことのはずですが、市当局も議会も、それを気にしないというのは、『市民のみなさんが苦労して納めた血税』という意識が欠けていると思えてなりません。

来年、事業が進み、隈研吾事務所の設計で、とんでもない巨額な整備事業になってしまっても、おそらく議会の多数派のみなさんは賛成すると私は思っております。

私は、この事業の概算事業費が分からなかったので、富岡倉庫の取得の予算案には反対しました。

なので、もしも、とんでもない金額が出てきたときには、議会で強く反対を訴えるつもりです。

来年は、新しい商工会館建設のための、商工会議所への補助金なども、大きな議論になるような予感がします。

再来年の4月には、市長選がありますので、来年は、それに関連した様々な動きも出始めるのでしょうが、とんでもなく賑やかな一年になるのかもしれません。






消防団の歳末警戒が今日から始まりましたので、地元の3分団のみなさんの激励に出かけてきました。

慌ただしい年末になりますが、団員のみなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

そして、家に戻って本を読んでいましたら、突然、大きな揺れが!

すかさずテレビをNHKにすると、茨城県では震度6弱と出ていて、驚きました。

夜ですので、被害状況を把握するのが難しのでしょうが、明日になったら、『あちこちで土砂崩れが発生していて、家が潰されていた』というようなことにだけは、ならないでもらいたいものです。

先日は糸魚川市の大規模火災がありましたが、年末になってから、災害や事故が増えているように思えます。

年末で大掃除を兼ねながら、防災用品のチェックも行ったほうがよいのかもしれません。






家で時間がありましたので、dマガジンで、いろいろな雑誌の最新号を読みました。

結構、書店に行ったとき、雑誌はチェックするほうですが、家でコタツに入りながら、最新号の雑誌が読めてしまうというのは、確かに非常に便利でありがたいサービスですが、こんなサービスが始まってしまって出版業界は大丈夫なのか、心配になってきます。

タブレット端末と、ポケットWi-Fiを持って出かければ、どこにいても今発売中の雑誌や、バックナンバーが読めてしまいますので、来年この二つは、いつもバッグに入れて出歩いたほうがよさそうです。

雑誌の読み放題は、いろいろな会社がサービスの提供をしているようですが、私にとって、この一年で、一番衝撃的なネットサービスと思えました。







今日のBBCメモ。

1:日本の総理大臣がパールハーバーについての哀悼を述べる

2:バンコクでの爆発に関する誤報がフェイスブックの揚げ足を取る

3:世界中のスターやファンが、キャリー・フィッシャーに哀悼の意を表明






12月27日(火)
ズGの5月に、糖質(炭水化物)制限の本を、たまたま図書館で見つけて、食生活をちょっと見直して、半年が過ぎました。

始めた頃は、75kgほどの体重でしたが、今は、69kgほどになりました。

さすがに、5kg以上減りますと、階段や坂道を上るとき、体が軽くなった感じが分かります。

高校生の頃は、60kg台前半、大学生の頃が60kg台後半で、その後、体重は徐々に増加し、30歳前にタバコを止めたときには83kgほどまで行ってしまったことがありましたが、50代後半で、また、大学生時代並の体重に戻ったような感じです。

ただ、体重は、ちょっとした生活習慣の変化で、一気に増減する可能性がありますので、この先のことは何とも分かりませんが…

私は、糖質制限といっても、『なんちゃって』程度のゆるいルールで行っています。

毎日、パンも、ご飯も、以前よりは少ないですが食べますし、ラーメンやパスタも、回数は減りましたが、食べます。

でも、そこそこの効果が出たわけですので、これはかなり効果的な減量法というとのように思えます。

もしかすると、毎日10分ランニングの効果もあったのかもしれませんが…

BMI数値も、23を割り、22台になったので、このあたりの体重を維持できれば、一番良いのかもしれません。

でも、実際に一番長生きできる可能性が高いBMIは25ほどといいますので、短命の確率が高まったのかも?






ず廼瓠▲▲泪哨鵐廛薀ぅ爐硫餔になりました。

会員になりますと、かなり多くの映画や音楽が年会費以外は無料で観たり聴けたりできるのですが、このサービスは、すごいですね。

これまで聴いてみたかった音楽を、アマゾンプライムで、かなり聴きましたが、昔なら考えられないサービスと思えます。

また、今日は、月に400円ほどの会費で、多くの雑誌がネット経由で読める『dマガジン』も会員になって使ってみましたが、こちらも仰天のサービスですね。

書店で雑誌を1冊買えば、すぐに400円くらいにはなってしまいますが、その金額で、100冊以上の人気雑誌の最新版が家で読めてしまうのですから、雑誌好きの私としますと、アマゾンプライム以上の衝撃でした。

でも、このようなサービスがどんどん拡大すると、当然、雑誌の売り上げは減る一方になるでしょう。

となれば、雑誌の廃刊ラッシュになってしまうような懸念もあるように思えますが…

dマガジンは、ありがたいサービスですが、これを使うことが出版文化の衰退につながる危険性があることを考えますと、複雑な気持ちになります。







清掃センターに、ごみの搬入をしますと、ひと月に200kg未満は無料ですが、200kg以上になりますと、最初の10kgから、200円のごみ処理手数料を支払わなければなりません。

つまり、190kgなら、無料ですが、200kgになると、4000円ということです。

そのことについて、ご意見をいただきました。

『200kgになったら、最初から手数料を払うというのは、おかしいのでは?
たとえば、220kgになったら、200kgを超えた20kg分に、もっと高い手数料を設定すればいいと思います』という内容です。

確かに、このような考え方のほうが、自然に思えます。

来年、この件につきましては調べていきたいと思います。





∋毀韻諒から、富岡総合病院についての、ご意見・ご質問をいただいておりましたので、お話を伺いに、病院にいってまいりました。

小児科の休日や夜間診療についてのことですが、市民のみさんのニーズと、病院側で可能な対応との間に、ちょっと距離があるように思えます。

少子化対策、子育て支援が叫ばれている時代ですので、来年は、この件について、本腰を入れて調べ上げ、提案したいと思います。







今日のBBCメモ。

1:墜落したロシア機のブラックボックスが回収される

2:航空会社が乗務員にさらなる強い対応を許す

3:2016年の中国のインターネットを席巻した言葉





12月26日(月)
∋埀捗斬靆世嬰呂形幣戮任痢∋圓梁弍に、私は大きな疑問を抱いております。

議会に不十分な説明を行い、議会の議決を得て、市当局は裁判を起こしました。

もしも、家賃の支払いが済んでいる期間内に、提訴するとの説明が、当局から議員に対してなされていれば、絶対に議会は裁判を起こすことを認めなかったでしょう。

厳しい言い方をすれば、議会は、当局に騙されたのと同じと、私は考えております。

なので、政策会議で、どのような話し合いをした上で、裁判を起こすことを決めたのかを当局に問い詰めると、『会議録はなく、議事録は関係書類と結果のみなので、答えられない』とのこと。

ならば、その関係書類があるのなら、『それを閲覧させてほしい』と、12月20日に『市営住宅明渡訴訟に関する政策会議審議の一切の資料の公文書開示請求』を行ったところ、当局から来たのは『個人情報非開示決定通知書』とは、まさに人を馬鹿にした対応で、怒り心頭という心境です。





非開示の理由は『文書不在のため』とありますが、『会議録はないが、関係書類はある』というから、その関係書類を求めたら、『実は関係書類もありません』ということなのでしょう。

もはや、富岡市当局が行っている一連のことは、支離滅裂で、事実関係を隠ぺいすることしか考えていないように私には思えてなりません。

議会に不十分な説明を行って議会の議決を得て、提訴した裁判は全面敗訴。

さらに、その負けた裁判の判決主文は隠ぺいし、『市側が勝った』と議員が誤解するような説明を行い、幕引きをしようとした。

当局のこの一連の不自然で不透明な進め方と、不誠実極まる姿勢は、一体全体、何なのでしょうか?

議会と市民を、馬鹿にしているとしか、私には思えません。

私は、富岡市当局に対して、猛烈な不信感を抱いております。

また、こんな状況なのに、大半の議員が、箝口令を敷かれたごとく、何も言わない点も、恐ろしいほど不気味に思えてなりません。

疑問に思っていないのか、それとも大きな圧力がかかっていて何も言える状況ではないのか、はたまた、全然興味がないのかは分かりませんが、このように当局がおかしな状況なのに、議会がチェック機能を果たさないのは、市民に対する背信行為ではないのでしょうか?

市の最高意思の決定を行う政策会議が、その審議過程の説明が何もできず、議員はそれを疑問にすら感じないというのは、どちらも大きな問題を抱えているとしか思えません。

本当に、猛烈に、うんざりしております。

この事実を知って、疑問に思われた市民のみなさんには、私たちが納めた税金が、こんな不透明な中で、その使われ方が決まっていることに対し、怒りの気持ちを持っていただきたいと思います。









今日のBBCメモ。

1:スーパースター歌手のジョージ・マイケルさんが53歳で亡くなる

2:黒海に墜落したロシア軍用機の大規模捜索が続く

3:巨大台風がマニラを襲う







12月25日(日)
ぃ横娃横鞠には、全国の認知症患者数が700万人になるような話を、よく耳にします。

700万人といわれても、あまりピンとこないのですが、群馬・栃木・茨城の北関東3県にお住まいの方全員が認知症になるのと同じと考えますと、これは衝撃的な数字ということが一気に伝わってきます。

でも、これほど深刻な時代が、10年もしないうちにやって来るというのに、日本全体がちょっと楽観し過ぎているのでは?

本当なら、東京五輪やリニア新幹線がどうだこうだなどと言っている状況ではないように思えます。

きっと、その時になって、『もっと早く対応すべきだった』ということに国や自治体がなるのは、間違いないでしょう。

個人が行える対策といえば、自分と家族が、できるだけ認知症にならないような生活をしていく位しかありません。

しかし、その具体的な方法がよく分からないところが、悩ましいですよね。









3杏佞吋蓮璽疋妊スクに、これまで撮影した写真が、恐ろしいほどの数、入っておりますが、時間がありましたので、今日ざざっと、チェックしてみました。

桜の時期の写真や、貫前神社、富岡製糸場、妙義山などの写真が多数ありましたが、これをこのまま保存しておくだけでは何だかもったいないように思えます。

というわけで、来年は、これまでに撮影した写真と動画を活用して、富岡市の宣伝を、自分なりにやってみようかとも考えております。

でも、数があまりにも膨大過ぎて、どこから手をつけていいのか、考え込んでしまいます。

フィルムの時代は、シャッターを押すときは、それなりの覚悟がありましたが、デジカメは、何枚とっても、お金がかかるわけではありませんので、つい撮りすぎてしまいます。

確かにたくさん撮影すれば、上手く取れる写真も増えるのでしょうが、どうでもいいような写真の割合も、フィルム時代よりも増えたようにも思えます。

家の中だけでなく、ハードディスクも一度、大掃除をする必要がありそうです。






年内の議会の関係の用事が、一つ残っておりました。

それは、12月定例会の一般質問の、市議会だより用の原稿を、議会事務局に提出することでした。

締め切りが明日の26日でしたので、今日はその原稿作成を家で行いました。

一般質問は2件について行いましたが、字数の都合がありますので、『富岡倉庫の整備と製糸場を核としたまちづくりについて』のほうを、原稿にはまとめました。

12月定例会は、一般質問を行った議員が11人もいたため、原稿の字数制限が455字と非常に短く、逆にまとめるのが大変でした。

一般質問をする議員が多いのは結構なことですが、それによって、市議会だよりの原稿枠が短くなってしまうのは、ちょっと困ったことのように思えます。

質問者が多い時は、ページ数を増やすくらいの対応はしてほしいところですが、限られた予算ですので、難しいのかもしれません。

でも、一般質問コーナーは市民の方々の関心も高いと思われますので、これは直す必要があると思います。









今日のBBCメモ。

1:ロシア軍機が黒海に墜落

2:第2次大戦時の不発弾処理のためドイツで数千人が避難

3:エリザベス女王は、風邪でクリスマスの礼拝を欠席する





12月24日(土)
B膤愡代の友人から、1月2日のラグビー応援に行けるかどうかの、確認メールが来ました。

もちろん、二つ返事で、行くことにしました。

その友人は、同志社大学体育会OBの役員をやっており、大学選手権準決勝のチケットを200枚持っているとのこと。

東京で、そんなに、さばけるのか心配ですが、当日は、秩父宮で盛り上がって来るつもりです。

久しぶりの準決勝ですから、結構、有名人のOBも応援に来るかもしれません。

正月早々、スターに会えるかも?

それもちょっと楽しみです。







以前から、仲間内でネットラジオを始めて、富岡市の様々な情報を広く発信してみようという計画がありました。

しかし、なかなか時間が取れず、進まなかったのですが、ちょっと余裕ができましたので、一気に、番組のコンセプト作りと、シナリオを書いてみました。

ネットで調べましたら、NHKのアナウンサーの読む速さが、1分間に300字とのことでしたので、それで計算しますと、9分くらいは引っ張れそうな原稿を、ざざっと書いてみましたが、初めてのことなので、難しいですね。

何でも、やってみなければ分かりませんが、Youtubeなどを使って、富岡の情報をどこまで拡散できるか、近々トライしてみようかと思っております。

ところで、番組の宣伝用ロゴを、ちょっと作ってみました。



原稿は書けても、盛り上げながら上手に読んでくださる適当な人がいるのかというところが、ちょっと心配ですが…






今日のBBCメモ。

1:ボコハラムが森の拠点から追われる

2:スターウォーズ出演の女優が心臓発作に

3:北極の熱波が記録を破る可能性




12月23日(金)
ずFの朝刊の折り込みに、地域新聞が入っていました。

そこで、例の裁判のことが大きく取り上げられていましたが、この件につきましては、市当局は一度しっかり説明しないと、問題は深くなるばかりなのではないでしょうか?

また本来なら、議会が当局に対して、チェック機能を発揮しなければならないところと思えますが、残念ながら、もはや大半の議員さん方は、問題の存在は知っていても、『関わりたくない』というお気持ちのように、私には見えます。

この裁判の件で、真相を究明しようとすれば、それは市長に対して批判的なスタンスを取るということになりますので、市長支援の議員さん方が関わりたくないというのは、ある意味、当然のことなのかもしれませんが、これは富岡市にとって好ましいことではありません。

今のままでは、仮に当局が市民の意見を無視したような事業を計画しても、議会がそれを止めることができないように思えてなりません。

例えば、富岡倉庫の件で、もしも多くの市民の方々が疑問を抱いたとしても、今の議会では当局の計画に対し、批判的な意見を述べる議員は数名のみで、どんどん先に進んでしまうと私は思っております。

市長は『富岡倉庫をしっかりと整備し、後世に引き継ぐことが、私たちの使命』と述べられましたが、多くの市民の方々が反対した場合でも、おそらく市長支援議員のみなさんは諸手を上げて大賛成ということになってしまうのでは…

チェックがゆるく、批判的な意見を述べない議会は、当局にとっては大変ありがたい存在ですが、市民にとっては、全くその逆になるでしょう。

この裁判の件が、このまま真相が究明されずに幕引きとなれば、富岡市にとって不幸の歴史の幕開けになるのではと、私は危惧しております。




先日、貫前神社の宿直の時、一晩中エアコンがかかっていた室内にいましたら、乾燥のためか、唇が荒れてしまいました。

ところで、以前私は、冬場はリップクリームがないと我慢できない体質でしたが、5年ほど前から、極力使わないようにしていましたら、今では全く不要になりました。

3年ほど前から、冬でも完全にリップクリームなしの生活になれたのですが、ちょっと今、気になっています。

ここで、また使い始めますと、我慢できなくなるような予感がしますので、何とか、使わずにこの状況を改善したいところですが…

唇の荒れって、気にし始めると、どんどん気になってしまいます。

非常にやっかいな問題です。






久しぶりに軽井沢のアウトレットに行ってきました。

さすがに、この時期ですので、バイクではなく車ですが…

モールはクリスマスの3連休の初日ということで、大変な混雑でした。


実は今年の3月から、毎日10分ほどのジョギングを続けていますが、8カ月以上続いていますので、そろそろちゃんとしたランニング用のシューズを買ったほうが良いと思い、それを買うために出かけました。

今まで、街歩き用のスニーカーで走っていたため、踵の部分の擦り減りが激しかったのですが、今度はランニング用のシューズにしましたので、おそらく長持ちするかと思います。

来年2月の、ふかやマラソンの5kmにエントリーしてありますので、当面はそれを目標に、ジョギングは続けていくつもりです。

できることなら、サファリマラソンよりも速いタイムで走りたいところですが、一番の目的は、健康維持ですので、あまりタイムは考えないほうがいいですよね。

走る習慣を維持する最大の秘訣は、ストレスを貯めない程度に走ることのように思えます。

何ごとも、続けなければ意味はありませんので、来年も無理せず、走り続けたいものです。







今日のBBCメモ。

1:ベルリンのテロ容疑者がミラノで射殺される

2:ハイジャックされたリビア航空機は方向転換しマルタへ

3:エボラウイルスのワクチンが急速に開発される見込み






12月22日(木)
ずF、『富岡中央商店街有志一同』という送り主の方から、お手紙をいただきました。



手紙の主な内容は2点で、『富岡倉庫は整備しても負の遺産になると思います』というものと、『低速電動コミュニティバスは、土産物店、飲食店にとっては営業妨害としか思えない』というものでした。

私は、富岡倉庫の整備に対して、大きな疑問を持っていますが、これまでに、『富岡倉庫の整備は進めるべきだ』というお声を直接市民の方から伺ったことは一度もありません。

市当局は、『しっかりと整備し、後世に引き継ぐことが、私たちの使命』と、富岡倉庫の重要性を訴えていますが、その意見に賛成している市民は、はたしてどの位おられるものなのか…

このような問題こそ、パブリックコメントで、広く市民の意見を伺えば良いかと思いますが、なぜかこのような時には、行われません。

まさか、『パブリックコメントを行えば、反対が多い危険性が高いので行えない』という理由ではないでしょうが、どうして市民の意見を聞いてから判断できなかったのか?

大きな疑問です。

また、低速電動バスについては、商店街のみなさんが、このような疑問を持っていたということに、初めて気づかされました。

貴重なご意見ありがとうございました。





カラオケで歌を歌うのは、抵抗がないのですが、今日、ウクレレ教室の、クリスマスイベントで、ウクレレを弾きながらみなさんの前で歌ったら、緊張で声が出ませんでした。

のど自慢の予選会のとき、かぶら文化ホールで、生バンドの演奏の中、満員のお客様の前で歌ったことがありますが、そのときよりも、今日は緊張してしまいました。

しかし、人間、いくつになっても、人前で何かをするときは、緊張してしまうものなのでしょうか?

そろそろ、私の人生も、ラグビーの80分の試合に例えれば、後半の半分過ぎくらいの感じですが、それでも未だ緊張するということは、人間の器が小さいということなのかもしれません。

ところで、ウクレレのほうは、ちょこちょこ弾くくらいですが、この楽器は、非常に弾きやすいので、中高年の方が始めるのにはよろしいかと思います。

すごく上手になるには大変ですが、ちょっと弾いて、それに合わせて歌うくらいなら、簡単にできます。

認知症予防に、ウクレレって、かなり効果がある楽器ではないかと考えております。

楽器演奏は、下手でも、十分に楽しめます。

生きているうちに、一つくらい楽器が弾けるようになりたいな、とお考えの方には、絶対ウクレレをおススメします。







∈鯡襪蓮貫前神社で宿直をしたため、睡眠不足で、一日中、ちょっとボーっとしてしまいました。

あらためて感じましたが、やはり睡眠不足は、人間の能力を低下させる元凶なのでは?

眠いと、物事に集中できませんし、頭の中が普通に回っているときなら、当たり前にできることさえ、おぼつかなくなります。

受験を控えている方で、睡眠を削って勉強している人もおられるかと思いますが、それは勉強の仕方としては、非常にまずい方法なのではないでしょうか?

眠いのを我慢して3時間勉強しても、頭が冴えている時の1時間分にもならないでしょう。

眠い時は、30分でも眠り、頭をスカッとさせて勉強したほうが、絶対に効率的な勉強ができるように思えます。

そういうことって、受験を控えた中学生や高校生は、知っているのでしょうか?

一日中、睡眠不足で頭が冴えなかったため、つい、そんなことを考えてしまいました。






今日のBBCメモ。

1:テロ攻撃後、ベルリンの市場が再開

2:デュテルテ大統領が殺人に関する調査に直面する

3:フェイスブックを見る人は自分をみじめにする




12月21日(水)
実は、いま神社の宿直所で、ホームページの更新を行っています。

6畳ほどの、プレハブの建物が、宿直所です。

神社の総代の方といっしょに、今日は泊まって、午後7時半、午後9時、午前0時、午前3時、午前6時の5回、御仮殿の周りを見回ります。

コタツと、エアコンがありますので、寒いようなことはありませんが、3時間ごとに外に出て、見回りをしなければなりませんので、ちょっと眠るのは難しいかも?

徹夜になるとしたら、本当に久しぶりです。

ところで、人がだれもいない、真夜中の神社というのは、神々しい雰囲気が漂っています。

貫前神社の、今まで気づかなかった一面を見たような思いがしています。






∈Fは朝から、妙義町のポスティングに出かけました。

八木連から菅原、諸戸方面まで回り、今日で一応ポスティングは終了しました。

この時期は、風が強くなりますと、バイクで回るのは大変なのですが、今日はとても暖かく、幸いでした。



ところで、八木連から大久保地区に抜ける道で、高速道路の上を通過するところがあります。

ここからの風景が好きで、いつもバイクを止めて、眺めてしまいます。



ちょっとアメリカの、グランドキャニオンあたりの風景にも見えるように思えますが?







今日のBBCメモ。

1:数十人がメキシコの花火の爆発で亡くなる

2:ベルリンの犯人の緊急捜索

3:中国初の世界的なポップスターになれるか?




12月20日(火)
ぜ造蓮¬斉の晩は、貫前神社の御遷宮の関係で、御仮殿夜警当番として、午後7時半から翌日の午前6時まで宿直をします。

初めてのことなので、仕事の内容がよく分からないのですが、3時間ごとに、見回りをするようです。

ちょっとどうなってしまうのか、心配です。

一応、ノートパソコンと、ポケットWi-Fiは持って行きますので、ホームページの更新はできるかと思いますが…

貫前神社で夜を明かすなどという経験は、そうはできるものではありませんが、来年の3月2日に、もう一度、宿直当番が回ってきます。

そちらは、3月定例会のど真ん中のような時期ですので、非常に心配しております。





『富岡倉庫を守ることが私たちの使命、と市長さんが議会で述べたそうですが、本当ですか?』と、とある市民の方から質問されました。

間違いなく、市長はその内容を述べています。

市長が議会答弁で述べたのは、以下の表現です。

『富岡倉庫は本市の貴重な地域資源であり、これを地域の遺産として、しっかりと整備し、後世に引き継ぐことが、私たちの使命と考えております』

以上が、私の質問の回答の中で、市長が述べられたものです。

私は、この答弁に対して、複数の疑問を抱いております。

まず、富岡倉庫が貴重な地域資源なのだろうか、という疑問です。

また、『しっかり整備し、後世に引き継ぐことが、私たちの使命』という点も、大きな疑問です。

市長が『私たち』という表現を使う場合は、当然、『富岡市民』という意味になると思いますが、果たしてどれほどの富岡市民が、『血税を投入して、富岡倉庫を守ることが富岡市民の使命』と考えておられるものなのか?

私には、富岡倉庫を守っていくことが富岡市民の使命とは、とても思えません。

なので、富岡倉庫の整備には、大きな疑問を抱いております。

前にも書きましたが、富岡倉庫の整備は、一体全体、いくらかかるのか、現段階では市当局でさえ把握しておりません。

私は、この状況にも疑問を抱いております。

市民の血税を投入する事業が、どの程度の予算がかかる見込みなのかも分からぬまま進んでいる現状に、強い違和感を抱いております。

さらに、議会の大多数の議員が、いくらかかるか分からない状況で、富岡倉庫の整備に賛成している点にも、強い疑問を感じております。

市民の血税を投入するということを、重く受け止めれば、必要な予算が分からないまま事業を進めるというのは、いかがなものかと思えてならないのですが…





△△詈からは『ホームページの文字が消えていましたが、何があったのですか?』と質問され、また、別の方からは『当局から何を言われたのですか?』と尋ねられました。

当局から、複数の表現について、抗議というか、ご指摘がありましたので、そこは全部、白文字にしました。

つまり、当局の抗議を謹んでお受けしたということです。

なので、今度は、私の疑問に対して、誠実な回答をしていただきたいものです。

何度も書きますが、例の裁判では、『なぜ、家賃の支払い済みの期間中に、払った方を裁判で訴えたのか?』は、誰が聞いても、不可解な話です。

こんな不可解なことを政策会議で決めたのならば、その過程をすべて、市民に対して分かりやすく説明する義務が、当局にはあると私は考えます。

説明できないのか、説明する気がないのか、それとも、このおかしなことが正しいと当局はお考えなのかは、私には分かりませんが、市民の血税を投入して裁判を起こした以上、当局には極めて重い説明責任があると私は考えます。

実は、本日、市役所で公文書開示請求をしてまいりました。

もちろん、この件の資料を、実際に自分の目で確かめるためです。

公文書開示により、どんな資料を見ることができるかは分かりませんが、明確な理由を説明していただけるまで、調べ続けるつもりです。

残念ながら、多くの議員さん方は、この問題に関わることを避けているように見えます。

でも、市民のみなさんが納めた税金が、適正かつ適切に使われているかをチェックするのが議員の仕事なのに、このような不可解のことを見て見ぬふりをするというのは、市民に対する背信行為と私には思えますが?

いまの議会に対して、私は大きな疑問を持っております。






今日のBBCメモ。

1:ベルリンの大型輸送車による死亡はテロ攻撃

2:ロシアは大使を殺害された後、警備に強化を進める

3:墜落したマレーシア航空機は調査中のエリアでは見つからない可能性が高い






12月19日(月)
さ腸颪隆愀犬任蓮気分が重くなるようなことばかりでしたが、家に帰りましたら、フランス語検定の合格証書が届いていました。

封筒を開けてみると、フランスっぽい雰囲気で、ちょっとオシャレな雰囲気が漂う書面でした。



25日しか勉強しなかったのですが、勉強してみて良かったと思えてきました。

フランス語検定なんて、そうは受ける人はいないでしょうから、かなりレアな感じもしますし…






実は、先日の議員全員協議会では、当局側の答弁に、非常に頭に来ました。

詳しく書きますと、再度、当局側から抗議が来る可能性がありますので、「もわっ」と表現しますが、問題の核心について、私が納得できる説明は皆無でした。

『なぜ、家賃を払っている期間中に、払った人に対し、明け渡しの裁判を市が起こしたのか?』、『どうして裁判の判決主文を、議員に示さないことを当局は決めたのか?』の2点は、誰が聞いても不自然な話ではないでしょうか?

それを政策会議において、全会一致で決めたのならば、どのような話し合いがあって、その結論に至ったのかは、市民のみなさんは『知る権利』があると、私は考えております。

また、当局には、説明責任があると私は思っております。

説明しようとすれば、1分もあれば、説明できる程度のことと思えますが?

明確なご説明を頂けず、私だけでなく、多くの市民のみなさんも、違和感と失望感をお持ちなのではないでしょうか。










∋笋離曄璽爛據璽犬竜述について、当局から間接的に抗議がきました。

当局の抗議の内容につきましては、こちらも反論したい点はございますが、それをしますと、解明しなければならない問題から、論点が移ってしまう危険性がありますので、当局からの抗議につきましては、謹んでお受けし、私が誤解していた部分につきましては、私の非を認め謝罪いたします。

とりあえず、当局からの抗議がありました文面(12月16日・17日・18日)は、非の存在を認めさせていただき、白文字にして伏せました。


しかし、『当局の非』と私には思われる点につきましては、これからも徹底的に解明する方向で、議員活動は行いますが、これは当局をチェックする議員の役割として行うものですので、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

また、抗議があるのでしたら、誰かを間に入れず、私に直接おっしゃっていただければ幸いです。

当局のみなさまには、謹んでお願い申し上げます。










今日のBBCメモ。

1:アレッポからの避難かペースが速まる

2:国際人権NGOのアムネスティがロヒンギャの大惨事を警告

3:なぜ日本のアニメ(君の名は)が中国で大人気になったのか?






12月18日(日)
て曜日にポスティングに行きますと、その家の方とお話ができる場合が少なくありません。

そのときに伺ったお話で、『多くの方が、このように考えておられるのか』と、気づかされることもしばしばあります。

話を始めますと、ポスティングのペースが落ちてしまいますが、それ以上に有益な情報も得られます。

また、『以前から存じ上げている人が、ここのお宅にお住まいだったのか』と知ることも、土日のポスティングではよくあります。

昨日は、下高田で市役所関係の方が、ちょうど庭先にいて、ビックリ仰天…

さらに今日は、妙義中のそばのお宅でも、同じようなことがありました。

また、上高田のとあるお宅では、同級生のお姉さんが嫁いでいたことが、偶然お見かけし分かったこともありました。

ポスティングをしていますと、おもしろい偶然がよくあります。






7搬咾筌好泪曚覆匹ら、ご意見のメールをいただくと、ちょっと困ったことになる場合があります。

それは、返信しても、送れずに、メールが戻ってきてしまうことです。

私は、あまり携帯でメールを送ることがありませんので、詳しくはないのですが、メール受信の設定で、このようなことが起きるのではないでしょうか?

実は、17日にメールをいただきましたが、返信を送ることができなかった方がおります。

もしも、携帯やスマホから、ご意見をお寄せいただく場合は、パソコンからのメール受信が可能となっているか、ご確認をお願いいたします。







∈Fは、下高田から妙義神社周辺までのポスティングを行いました。

かなりの数を配れましたので、あと500枚弱で、妙義町ほぼ全域が終わります。

とても暖かかったのですが、妙義の道の駅まで上りましたら、さすがにちょっと寒くなり、いつもならソフトクリームを食べるのですが、今日はホットのおしるこで休憩しました。



秋の紅葉シーズンの日曜日と比べますと、お客様の数は少な目でしたが、それでも、道の駅へ出入りする車やバイクは多かったです。

道の駅といえば、12月定例会の一般質問で、『富岡倉庫の施設整備よりも先に、多くの市民が以前から求めている、まちなかの道の駅整備をすべきではないのでしょうか?』と当局に訴えましたが、今回も返って来るのは熱意がなさそうなご回答で、失望しました。

何が何でも大きな予算を投入し、富岡倉庫の整備を当局は進めたいようですが、一昨日の製糸場の入場者数は359人と聞けば、これから観光客用の施設整備をすることの疑問は深まるばかりです。

いくら莫大な予算を投入して、隈研吾事務所が設計した豪華な施設を設けても、話題になるのは最初の数カ月程度で、あっという間に、閑古鳥が鳴くように私には思えてなりませんが?

市民の血税を投入して整備を行っても、維持管理費用の負担が大変なので、民間に売却などという可能性だって、当然あるでしょう。

現在建設中の新庁舎も、予算が当初より50%以上も増えてしまったので、私は反対だったのですが、さらにまた、富岡倉庫の整備という、ハコモノ事業が始まってしまい、富岡市の行く末に不安を抱いております。

このハコモノ事業は、富岡倉庫だけで終らない雰囲気も、先の一般質問の市長答弁で感じましたが、製糸場を核としたまちづくりは軌道修正しないと、富岡市の未来は、とんでもないことになってしまうのではないでしょうか?








今日のBBCメモ。

1:中国は手に入れたドローンを返すとアメリカが述べる

2:さらに絶望的な状況に追い込まれたアレッポの数千人市民

3:インドネシア空軍機が墜落







12月17日(土)
ぅ薀哀咫実膤愾手権の準々決勝で、同志社が早稲田に47−31で快勝しました。

1月2日は、秩父宮ラグビー場に、準決勝戦『同志社VS東海』の試合を見に行くつもりです。

実は、オンデマンドテレビで、今日の『同志社VS早稲田』戦と『東海VS京産』戦を見ました。

東海大、かなり強そうですね。

客観的に見て、同志社のほうがちょっと分が悪そうですが、何とか接戦に持ち込んで、決勝に勝ち残ってほしいです。

何と言っても今シーズンは、ミスターラグビーと呼ばれる同志社OBの平尾さんが亡くなった直後のシーズンでもありますので…

準決勝のもう一試合の『帝京VS天理』も、結構いい勝負になるような予感がします。

ワタクシ的には、決勝は『同志社VS帝京』で、同志社が優勝というのが理想ではありますが、それはかなり厳しいでしょうか…

取りあえず、『私を秩父宮に連れてって』という望みはかないました。

1月2日は、ラグビーを見た後は、表参道を楽しみたいと思います。

来年は新春早々、うれしい予定が一つ入りました。






I找市の最重要項目を話し合う『政策会議』が、会議録も資料も残していないという事実は、市民の多くの方に大きな衝撃を与えたようです。

複数の方から、『もはらさんのサイトに書いてあった政策会議の話には驚きました』というご意見をいただきました。

小学校のPTAの会議だって、どのような項目について協議し、どんな意見が出たかくらいの記録は残します。

そんなことは、当たり前の話です。

それを富岡市では、最高意思決定機関である最重要の政策会議の記録を残していないというのですから、驚きを通り越して、呆れるばかりです。

さらに、昨日も記したように、『他市では政策会議の会議録をネット上で公表しているところもありますが?』と議員全員協議会で市長に話したところ、『それがどうした?』的な市長の反応で、富岡市は記録など残す必要もないし、残すことも考えていないと取れる姿勢が感じられました。

これでは、『市民が納めた税金の使いみちをどのように決めたのか、市民に伝える必要はない』というのと同じように思えますが、非常にまずいことではないでしょうか?

例の訴訟で、家賃をもらっている期間内に、明け渡し訴訟を提起したことも、もちろん大問題ですが、政策会議の記録が一切なく、市民に何も説明できず、それが当たり前と思っている当局の姿勢は、さらに恐ろしいほど深刻な状況と言えるのではないでしょうか?

『世界遺産にふさわしい日本一のまちづくり』を、富岡市は目指しているそうですが、この状況では、何の日本一を目指しているのか、とても理解はできません。

日本一という大風呂敷を広げる前に、他の市が当たり前にやっていることぐらいは、富岡市もできるようにすることのほうが、はるかに重要なのでは?

来年の3月定例会の一般質問で、この『極めておかしな状況の政策会議』については、取り上げないわけにはいきませんね。







∈鯑、丹生地区のポスティングが終了し、今日は妙義町の下高田を配りました。

気温が高めでしたので、ポスティング日和でした。

妙義町全部を配るには、あと1000枚ほどありますので、ちょっとまだ時間がかかりそうです。

できるだけ冷たい風が吹かないうちに、一気に配りたいところです。





今日のBBCメモ。

1:シリアでの避難が新たな協定で再開

2:大統領選挙への不正関与についてオバマがプーチンに警告

3:自動配車アプリのウーバーが、自動運転の停止要求を拒否






12月16日(金)
いΔ鵑兇蠅垢襪海箸続きましたが、一つ気分が盛り上がることもありました。

実は、今日は、先月受けたフランス語検定5級の発表日でした。

ネットで、合否の確認ができるのですが、調べたところ、88点で合格でした。



フランス語の勉強をゼロから初めて、25日間、1冊の本を勉強しただけということからすれば、結構うまく行った結果と思えます。

ちなみに、この試験は100点満点中、60点が筆記問題で、40点がヒアリング問題です。

合格基準は60点ですので、試験勉強は、いかにして筆記問題で満点の60点近くの点を取るかにかけてみましたが、おそらく筆記試験は1問間違えただけで58点は取れていると思います。

なので、非常に苦戦したヒアリングも40点中30点は取れたわけですので、こちらはちょっとラッキーでした。

勉強をやってみて、58歳でも気合を入れれば、けっこう覚えられるものなんだな、という気がしました。

来年から、脳力低下を止めるため、いろいろな外国語の検定試験を受けてみようかと思います。

となると、次は、大学時代にかじったことがあるスペイン語ということになりそうです。







5聴全員協議会で、非常に頭にくることがありました。

それは、市営住宅明け渡し訴訟の提起を決めた政策会議について質問したときのことです。

驚くべきことですが、富岡市は、市の意思決定の最高審議機関である政策会議の会議録を残しておりません。

つまり、その会議ではどのような意見が出て、どのように決定したのかの記録が全くないということです。

こんなことは、おそらく他の自治体ではないでしょう。

非常に杜撰です。

なので、明け渡し訴訟をすることを決めた時の重要な事実関係(家賃をもらっていた期間に明け渡しの裁判を起こしたこと)の説明を求めたら、『会議録も資料もないので分かりません』の一点張りで、何も具体的な説明をしていただけませんでした。

もはやみなさんご存知のように、平成27年3月末までの家賃を富岡市は受け取っていながら、3月25日に裁判を起こし、富岡市は全面敗訴しています。

政策会議では、どのような話し合いをした結果、3月25日に提訴することを決めたのかを明らかにしなければ、このような不適切な出来事が今後も繰り返される危険性があります。

ところが、決めた内容も不適切だけでなく、その説明も全くできないという、あきれ果ててしまうような状況で、私は非常に失望しました。

政策会議の会議録などは、どこの自治体でもあるのは当たり前でしょう。

それどころか、政策会議の会議録をすべてネット上で開示している市さえあります。

そのことを市長にお話しましたら、『それがどうした?』的なことを言われてしまい、さらに失望しました。

情報開示が当たり前の時代に、富岡市は、最も重要な政策会議の内容が、ブラックボックス化しており、外部からは全く知ることができません。

問題が発生したとき『会議録も資料もなく、当時のことは分かりません』で、責任を回避するために、最初から記録を残していないのではないとは思いますが、大きな疑問を感じます。

がっかりするようなことが続いて、うんざりしております。








突然ですが、もしもあなたが富岡市民で、『富岡倉庫は貴重な地域資源なので、しっかり整備し、後世に引き継ぐことが、富岡市民の使命だ』と言われたら、賛成できるでしょうか?

実は、これは、昨日の私の一般質問の答弁の中で、市長が述べたものです。

市長は、市民の莫大な血税を投入し、富岡倉庫を市の施設として整備し、保存していくことは、富岡市民の使命とお考えのようですが、私は、大きな疑問を感じております。

これから人口がどんどん減少し、今ある公共施設の維持だけでも、どうなってしまうのかという危機的な状況の中、わざわざ民間の古い倉庫まで血税を投入し、これから延々と維持管理していくなどということは、市民にとって何もメリットがないように思えます。

もっと市民の暮らしに直接プラスになるような事業に対し、なぜ予算を回さないのか?

『富岡倉庫を守っていくことが富岡市民の使命』という市長の説明は、ただ単に、ハコモノを作るための詭弁としか思えません。

そのような考え方で、これから市政を進めれば、さらに街中の古い建物を続々と市の施設にすることになってしまう危険性があります。

もちろん、そうしたことでメリットがある方もおられるのでしょうが、多くの市民にとっては、デメリットのほうが大きいと思えますが?

市民のみなさんが苦労して納めている税金が、どんどん新たな公共施設整備に吸い込まれていき、肝心の暮らしは一向に豊かにならない、というようなことにならなければ良いのですが…







今日のBBCメモ。

1:シリアがアレッポからの非難を延期

2:大統領選挙の投票での不正についてのアメリカの主張は『下品』と、ロシアが語る

3:インスタグラムがシンガポールでのウイルスによる不具合を直す








12月15日(木)
∈F、私の一般質問は5番目でしたので、午後2時くらいからのスタートになるかと思っておりました。

しかし、前の4名の方の質問が、みなさん短く、午前中で終わってしまい、私の質問の開始は、午後1時になりました。

一般質問のほうは、今回は、控えめな内容でしたので、前回のような市長応援団議員のみなさまからの、猛烈なヤジによる妨害はなく、穏やかに進めることができました。

さて、一般質問で明らかになりました富岡倉庫の整備についての情報をご紹介しますと、最も衝撃的な事実は、『市当局も、一体全体、富岡倉庫の整備にいくらかかるのか分からないまま、整備を進めている』ということです。

しかも、設計業務委託は、新国立競技場の設計も手掛ける隈研吾事務所に頼むことが決まっています。

もはや、この事業には、いくらかかるのか、想像がつかないような展開になってきました。

新庁舎に続いて、富岡倉庫も隈研吾事務所の設計というのは、インパクトがあります。

人口が5万人に満たない小さな地方都市で、日本を代表する世界的な建築家の建物が、いくつもあるところなど、おそらく日本中を探しても、そうはないでしょう。

しかし、いくら『世界遺産があるまち』だとしても、ここまで見栄を張るようなまちづくりを進めることを、市民のみなさんは本当に望んでいるのでしょうか?

さらに、これが市民の暮らしにメリットがあるものなのでしょうか?

残念ながら、議員の大半は、当局の進める方針に対し、諸手を上げて賛成している雰囲気があります。

おそらく、どんなとんでもない金額になってしまったとしても、議会は賛成多数で可決することになるでしょう。

また、もう一つ気になる点があります。

それは、一般質問の中で、『城町の長屋と富岡倉庫以外にも、今後、市民の血税を投入して市が購入し、市の施設として管理していく可能性がある建物はあるのでしょうか? 市長のお考えをお聞かせください。』と尋ねたところ、市長から、『行政は、市民のみなさんからいただいた税金を富岡市の発展や市民福祉の向上に活かしています。富岡市の発展や市民福祉の向上につながるのであれば、可能性を否定することはできません』との回答があったことです。

これをどのように捉えるか??

私には、『今後も、どんどん街中の古い建物を市が購入し、整備していきます』と言っているように聞こえますが?

議会の多数の議員さん方が、当局の方針に対し、批判的な意見を全く述べることができないように見えますので、今後、そちらの方向にどんどん進んでしまう危険性が非常に高いように思えます。

一般質問を終えて、一安心したのですが、この先の富岡市のことを考えますと、あまり安心できないような…








今日のBBCメモ。

1:反政府軍支配の東アレッポからの非難は進行中

2:EU離脱による貿易協定には10年かかる可能性が

3:中国皇帝の印鑑が記録的な高値をつける






12月14日(水)
■隠飴から本会議があり、一般質問が行われました。

その中で、衝撃的な光景を見ました。

最初に質問をした議員さんが、例の市営住宅明け渡し訴訟にかかわる政策会議での審議について、市長に対し質問をした時のことです。

よほど答えづらいポイントを突かれたのか、市長は質問には答えず、議員に対して強い口調で、その物の言い方を抗議するという場面がありました。

客観的な立場で見れば、市長があそこまで怒るような質問でも、言い方でも、なかったと思えましたが、あのように平常心を失うというのはなぜなのでしょうか?

傍聴されていた20名弱の市民の方々も、さぞかし驚かれたことでしょう。

それにしても、こうなりますと、この市営住宅明け渡し訴訟を提起することが、政策会議でどのように決まったのか、疑惑は深まるばかりです。


問題を整理しますと、平成27年3月末まで市営住宅の家賃を払い、市から領収書をもらっていた方を、富岡市が27年3月25日に明け渡しを求め訴えたというのが、問題の核心です。

家賃を支払っている期間の中で、裁判を起こしても、負けることなど当たり前でしょう。

なのに、なぜ市は、こんな奇妙な裁判をしたのか?

一番の問題点は、『訴訟を決めた政策会議で、部長以上の幹部の方々が、領収書の発行を知っていたのに3月25日に訴えることを全会一致で決めたのか』、それとも『領収書の存在を知らずに、ついうっかりで全会一致で決めてしまったのか』のどちらなのかということですが、前者なら富岡市の政策会議は極めて非常識と思えますし、後者なら政策会議の審議は極めて杜撰ということになるでしょう。

つまり、どちらにしても富岡市の政策会議は適切に機能しているのか、極めて疑問に思えます。

これは徹底的に調査し、なぜこのようなことが起きてしまったのかを究明しなければならない問題ですが、市議会の市長支援の議員さん方は、真相究明に反対かもしれません。

でも、提訴の過程で、これだけ不透明なことがあり、さらに判決主文の隠ぺいをしようとした当局に対し、議会が何も言わず放置するようなことになれば、当局をチェックする議会の役割を自ら捨てるようなものでしょう。

市の重要事項を審議する政策会議が機能せず、市議会もチェック機関として役割を果たすことができなければ、この先、富岡市は大変なことになってしまうと私は懸念しております。

明日は、一般質問で富岡倉庫を取り上げますが…、こちらの事業も何だか、不透明というか、杜撰というか…

詳細は明日、ご報告いたします。

ちなみに、明日の私の一般質問の順番は5番目ですので、午後2時になるのか、3時になるのか、前の方々次第ですので、何とも申し上げられませんが、時間に余裕がある方は、ぜひ傍聴にお越しください。







今日のBBCメモ。

1:激しい戦闘でアレッポの避難が停止

2:アフガニスタン副大統領が性的暴行で告訴される

3:フィリピン大統領が殺人を認める







12月13日(火)
ぐ貳娘遡笋里曚Δ蓮△泙澄原稿作成中です。

明日は、この作業に集中しなければなりませんが、どこまで突っ込むべきか、判断が難しい感じです。

ただ、富岡倉庫の件のほうは、質問をすればするほど、『いかがなものか』という思いが強まるばかりです。

今はまだ書けませんが、市の進め方を市民の方々が知れば、ちょっと唖然としてしまうのでは?

一般質問が終えましたら、私が疑問に思う点を、詳しく報告させていただきます。





睡眠不足気味で、まぶたがちょっとピクピクしそうな一日になりましたが、午後はポスティングを行いました。

少しの残っていた下丹生をまず配り、その後、上丹生に入りました。

今日はスタートが2時半頃からでしたので、ちょっとしかポスティングができませんでしたが、あと180枚ほどで、丹生地区全体が配り終える感じです。

ただ、明日、明後日は、議会の本会議のため、ポスティングができそうにありませんので、早くても配り終えるのは金曜日になるでしょうか?






貫前神社で、今日の午前2時から始まった御遷宮祭の遷御は、極寒の中で行われました。

しかし、冬の真夜中にもかかわらず、大変な人出で、熱気に包まれていました。

この御遷宮祭と呼ばれる『式年遷宮祭』は、社殿修理のために12年に1度、神霊を本殿から仮殿に移す神事ですが、この遷御がメインイベントです。

今回は、デジカメで動画撮影をしましたので、編集ができましたら、またご紹介いたしますが、今日は写真で雰囲気を感じてください。















今日のBBCメモ。

1:アレッポ市民がシリア政府軍に撃ち殺される

2:トランプ氏は石油業界トップを国務長官に

3:ジャカルタの知事が神への冒とくの裁判で涙を流す






12月12日(月)
12月定例会の、一般質問がまだ途中なのですが、御遷宮祭の都合で、今日は全く進みませんでした。

13日は、短時間睡眠で、やらねばならないことがいくつもあり、ちょっと悩ましい感じです。

一般質問の順番は11番くじで最後ですが、今になって、この順番で良かったと強く思えます。

6番までの方は、14日に質問しますが、私は15日で幸いでした。

最近は、割とラッキーなことが多いように思えますが、このような時こそ、運を落とさないように用心することが重要なのかも?





貫前神社の、12年に一度の御遷宮祭が始まりました。

昼間は、とても穏やかな天候でした。

しかし、夕方からは、気温が下がり、午後8時から行われた御戸開祭は、かなり寒く感じました。

この御遷宮祭は、12日から13日の早朝にかけて行われるお祭りですが、12日は午後2時と午後8時、13日は午前2時と午前4時の合計4回の神事が執り行われます。

メインイベントは、午前2時の遷御ですが、何と言っても、12月の真夜中ですので、この寒さは半端ではありません。

これから、13日の1時半頃になったら、再度、貫前神社に出かけますが、風が吹かないことを祈るばかりです。

では、写真で、お祭りの雰囲気を感じてください。





























今日のBBCメモ。

1:トランプ氏の台湾に関する発言を中国が懸念

2:シリアのアレッポで反乱軍の領域はさらに縮小

3:南極の氷河で、氷の消失が広がる







12月11日(日)
じ畍紊蓮下丹生へのポスティングに出かけました。

少しの時間しか配れませんでしたので、下丹生がまだ3割くらい残っている状況ですが、明日からは御遷宮祭と12月定例会が続きますので、ポスティングの中断を余儀なくされそうです。

下丹生が終えたら、上丹生を配り、その後、妙義町に行く予定ですが、ちょっと先が読めない状況です。




今日はラグビー大学選手権3回戦の日でしたが、同志社VS中央は、42−3で、同志社が圧倒したとのこと。

これで、来週の日曜日、同志社VS早稲田というカードになりましたが、この試合は、かなりいい勝負になるような予感がしております。

また、京都産業大が明治に26−22で勝ち、慶応は引き分けで抽選勝ちしたそうですが、準々決勝が非常に楽しみになってきました。

とはいっても、大学ラグビーに興味がない人には、全然どうでもいい話ではありますが…

次の日曜日は、大阪の花園で、同志社VS早稲田、天理VS慶応の2試合が行われます。

昔、何度か花園にはラグビーを見に行きました。

高速バスに乗って大阪まで行き、ラグビーを見たい気持ちもありますが、ちょっと難しいでしょうか?





∈Fは、第36回のサファリマラソンの開会式に、社会常任委員として出席し、その後、5kmの部に参加してまいりました。

中学生の参加者が非常に多く、開会式はまるで中体連の大会のようでしたが、ハーフマラソンの部は、カラフルなウエアを身にまとった多数のランナーで、お祭りのような雰囲気でした。


ところで、参加した5kmの部ですが、3月末から、毎晩ちょっと走っていた効果があったのか、30分を3秒切って、29分57秒という記録になりました。


ちなみに、順位は15位となっていますが、これは40歳以上の部(エントリー27名中)の順位ですので、全然大したことではありません。

でも、タイムが30分を超えたのと、切ったのでは、気分的には全然違いますので、その点は幸いでした。

これからも、毎晩の『ちょいラン』を続行し、来年のサファリマラソンは、29分切りを目指そうかと思っております。

ところで、サファリマラソンは、参加費(3千円)の割に参加賞が非常に充実していることをご存知でしょうか?

すき焼きセット(肉なし)と、サファリパークのペア入場券、さらにオリジナルデザインの今治タオルという、他の大会を圧倒する品々です。





名簿を見ますと、富岡市民の方の参加者が非常に少ないのですが、これはもったいないように思えます。

参加賞のことだけでなく、健康維持、アンチエイジング、認知症予防などに、毎晩ちょこっと走る『ちょいラン』は、非常に効果があるように思えますので、みなさんもチャレンジしてみてはいかがでしょう?






今日のBBCメモ。

1:爆弾の爆発によりカイロの教会で多数死亡

2:トルコはPKKとスタジアムの爆発を関連づける

3:古都パルミアを巡る苛烈な戦闘





12月10日(土)
8労省の調査によりますと、成人の20人に1人が、ギャンブル依存症の疑いがあり、その数は536万人なのだとか。

カジノ解禁になれば、人生が狂ってしまう方が出てしまう可能性はかなり高いようにも思えますが?

カジノで経済活性化というのは、これまで日本が歩んできた経済発展のプロセスとは大きく異なりますが、後々、カジノ解禁はどのように評価されるのでしょうか?

人間の欲望をくすぐり、利益を上げるカジノが、日本の今後の観光の切り札というのでは、何だかちょっと寂しいようにも思えます。





∈Fも、ポスティングをしました。

吉田地区が、配り終り、丹生地区に入りました。

原のポスティングは終了し、下丹生に入りましたが、夕方に近づくにつれて気温が下がってきましたので、早めに切り上げました。

明日は、サファリマラソンがあるため、ポスティングができるのは、午後の数時間だけです。

どこまで配れるかは分かりませんが、明日は早くて、下丹生が全部配れるくらいというところでしょうか。

ところで、今日は土曜日ということで、家にいらっしゃる方が多く、いろいろな方とお話をすることができました。

次回の一般質問の材料になりそうなお話も、いくつか伺いましたので、3月議会も質問のネタがなくて困るようなことはなさそうです。






今日のBBCメモ。

1:インドネシア地震で家を失った人の数が急激に増加

2:日本が宇宙ゴミの回収機器を発射

3:ブルガリアの列車爆発で5人が死亡






12月9日(金)
ぐ貳娘遡笋砲弔い討任垢、富岡倉庫のことは、質問を重ねるほど、違和感が強まるばかりというか、深まるばかりというか…

まだ、最後までは行っておりませんが、市議会だより58号で、特集が組めそうです。

組織機構の一般質問は、進め方がちょっと難しい状況ですが、高齢化の進展で福祉サービスのニーズが高まることが確実な中、『今の状況では福祉行政が停滞してしまうような懸念があるのではないか?』を訴えるつもりです。





F曜日は、サファリマラソンに参加しますので、天気が気になっていましたが、先ほど調べましたら、雨の心配はなさそうで良かったです。

ところで、今年の3月末から、毎日10分走ることを目標にしてきましたが、今でも何とか、続いております。

雨が降ったり、夜に予定が入ったときは、さすがに走れませんが、走れなかった日の分は他の日に回して、こなしております。

先日、ネットで『12分間走(クーパーテスト)』という持久力テストについて調べていましたら、50歳以上の男性は、12分間で2000mから2400m走ることができれば、『普通よりも良い』レベルとのことでした。

12分間で2000mというと、1km6分のペースで、2km走るということです。

このペースで5kmは無理、10kmは絶対に無理でしょうが、2kmならば何とかなるように思えますが?

でも、歳を重ねてくれば、当然どこかでこのペースで2km走ることが難しくなるのでしょうが、毎日の『ちょいラン』を続けたら、何歳まで走れるか、ちょっと試してみたくなってきました。

ちょっとした目標を設定すると、モチベーションが上がるように思えます。

『目指せ、70歳で12分間走2km!』っていうのは、どうでしょう?

ところで、中学高校時代の1500m走のタイムは、確か6分くらいと記憶しておりますが、それから計算しますと、1km4分ほどになります。

58歳の今となっては、1km4分なんて、信じられない速さです。

やはり、体力は確実に着々と衰えていますね。








吉田地区で市議会だより第57号のポスティングを行いました。

昨日と今日で、吉田地区の7割ほどはポスティングができた感じです。

今日も一般質問の関係で市役所に行く必要があったため、早めに切り上げましたが、あと半日あれば、吉田地区は終えられそうです。

その後は、丹生地区で配る予定です。

ただ、これからは、御遷宮祭と12月定例会で忙しくなってしまうため、1週間ほど、あまり配れそうにありません。

クリスマスまでに、妙義町も含め全部配りたいところですが、ちょっと微妙なところでしょうか…







今日のBBCメモ。

1:韓国大統領が汚職事件で弾劾される

2:アレッポの数百名の男性が行方不明

3:ロシアでは千名以上のアスリートがドーピングで利益を得る






12月8日(木)
ど找商工会議所は、現在、新商工会館の建設を進めています。

その建設のための市補助金を求める要望書が、11月25日に、議長あてに提出されました。

その要望額ですが、8500万円です。

かなりの額です。

この補助金がないと、現在予定されている建物の建設は、非常に困難なようですが、だからといって、簡単に市が出せる金額ではありません。

商工会議所は、地元の商工業者の方々にとっては、とても重要で、市内の産業振興には不可欠な存在です。

しかし、市民のみなさんの納めた税金から、8500万円の補助を出すことが妥当なのかと考えますと、かなり微妙なところです。

新しい商工会館は、非常に凝ったデザインというところも、引っかかります。

今後どのような展開になるのかは、分かりませんが、大きな議論を呼ぶことは確実なように思います。








神農原の『元かのさと』から南に行きますと、下仁田町馬山に抜ける水道橋があります。

橋の上からの景色がどんなものなのか見たかったので、渡ってみました。





橋から下を見ますと、結構な高さがあります。


ちなみに、現在この橋は、軽自動車までしか通れません。



また、千平駅東の踏切で止まりましたら、昨日、宮崎公園で見たのと同じような看板がありました。


つい、じっくり読んでしまいました。

大桁山の山頂からは、八ヶ岳や秩父連山も見えると書いてありますので、春になったら、一度登ってみようかと思います。





一ノ宮のポスティングが今日終わり、吉田地区に入りました。

上小林から、富岡市の一番西まで、ポスティングに行きました。

夕方から、一般質問の件で市役所に行かなければならなかったので、午後4時前でしたが、千平駅周辺を配り終えたところで、切り上げました。


夕方5時前に市役所で、一般質問の内容について、担当部署の職員さんとお話をしましたが、12月定例会は会期が短いことと、12年に一度の貫前神社の御遷宮祭があることで、時間的な余裕がなく、ちょっとやりづらい感じがあります。

本来なら、質問を重ねて、核心の部分を引き出さなければならないのですが、今回はズバリ、『こうすべきと考えます』と、意見を述べる形にしないと間に合いそうにありません。

そのような進め方は、好きではないのですが…





今日のBBCメモ。

1:ジョンソン英外務長官のサウジアラビアに関するコメントは英国の見方とは異なる

2:パキスタンの墜落機パイロットは救難信号を発していた

3:私の赤ちゃんは死んでいない




12月7日(水)
ズF、国民生活センターから送られてきたメール情報に、『クレジットカードのリボ払い』が取り上げられていました。

リボ払いは、一括払いとは異なり、毎月一定の金額を払いますが、手数料が加算される支払い方法です。

クレジットカードによっては、初期設定が『リボ払い』になっていて、本人が気づかぬうちに、高額の手数料を支払っているというケースもあるのだとか。

クレジットカードの支払い明細が送られてきたら、一度、よくチェックされてはいかがでしょう?






ぅ肇薀鵐彈ヾ大統領が決まったのは、ちょうどひと月ほど前ですが、わずかの間に、世間の評価はずいぶん変わってしまうものという印象があります。

決定直後は、『世界の終わり』的な論調さえありましたが、今では、アメリカも日本も株式相場は活況で、トランプ大統領様様、という感じです。

世の中の評価なんて、いい加減なものという、良い事例なのかもしれません。





5楮蠍園の駐車場に行きましたら、このような解説の看板がありました。



今まで、じっくり読んだことはなかったのですが、よく読みますと、これまで知らなかった地域の歴史などが書いてあり、『へー、そうなんだ』と思えるようなことがあります。

ところで、この看板は、かなり古そうな雰囲気ですが、宮崎公園は重要文化財の旧茂木家住宅もあり、たくさんの方が来られますので、新しいものに交換したほうが良いのでは?






午前中から夕方まで、今日もポスティングをしました。

ネギの出荷作業をされているお宅が、あちこちで見えましたが、お話を伺ったところ、今年は豊作とのことでした。

このような光景を見ますと、年末、正月が近づいてきた感じがしますね。







今日のBBCメモ。

1:シリア反政府軍がアレッポの歴史ある都市から撤退

2:壊滅的な地震がインドネシアを襲い少なくとも死者97名

3:カリスマ的な政治家の死に頭髪を剃るインドネシア国民も






12月6日(火)
ぐ貳娘遡笋療弁は、部長さんが答えますが、最近、特定の部長さんに質問が集中してしまっているような傾向が感じられます。

組織機構のあり方が原因なのかもしれませんが、部の構成を、ちょっと見直した方がいいようにも思えます。

今回、組織機構についての一般質問もしますので、最後に、ちょっとそのような点にも触れたほうが良いのかも?

ちなみに、今回の一般質問で訴えたいことは、昨年度から今年度にかけて行った、課内の係の統廃合についてです。

ちょっと強引に、マンパワーの削減を進めた部署があるように思えますので、その点について、当局に質問します。

どんな展開になるのかは分かりませんが、現状を、市民の方に知っていただく機会になればいいのですが…






8畍紊らポスティングに出かけましたが、今日は風が強くて大変でした。

夏の暑い中のポスティングも辛いものがありますが、それよりも冬のほうが、さらに大変のように思えます。

天気予報では、明日は、さらに気温が下がるような話ですが?

でも、郵便配達の方は、夏でも冬でも、雨や雪の日でも、1年中、配達をされるのですから、スゴイですよね。

郵便局のみなさんのお仕事には、本当に頭が下がります。

宅急便やメール便の配達の方も同様です。

手紙や荷物がちゃんと届くのは、この日本では当たり前のことですが、それを当たり前にしている陰には、大変な仕事をしっかりこなしている多くの方がおられます。

自分でポスティングをしていることで、そのことが良く分かります。







∈鯑、『寡婦(夫)控除のみなし適用』について、ご質問をいただきましたので、午前中は市役所に行き、担当部署でお話を伺ってきました。

これは、婚姻歴のないひとり親家庭の経済的負担を軽減するための制度です。

ちなみに、2016年11月現在、群馬県内で10市町で実施しています。

この『みなし適用』が実施されますと、該当する方は、保育料等は安くなるようですが、所得税や住民税の減額はないとのことです。

富岡市では、まだ実施されておりませんので、今後の導入の検討をお願いしてまいりました。

全国的に、この制度を開始する自治体が増えておりますので、実施するなら早めのほうがよろしいのでは?






今日のBBCメモ。

1:EU離脱までの時間は短い

2:インドの『鉄の女』のために国葬

3:欧州警察は難民の大量溺死を調査することに





12月5日(月)
12月定例会の日程は短いので、一般質問のやり取りも短期間にしなければなりません。

市議会だよりの印刷も、自宅で行っているため、その作業と、ポスティング、一般質問、さらに、ポスティング中に頂く様々なご意見への対応と、非常に忙しくなってきました。

メールを頂いても、ちょっと連絡が遅くなる場合もございますが、ご容赦いただきたいと思います。

一般質問は、再質問のやり取りを、担当部署と行っておりますが、富岡倉庫の件は、この中でできるだけ詳しく伺い、市民のみなさまにお知らせしたいと思います。

ところで、今から来年の3月定例会の話をするのもなんですが、3月議会では平成29年度の予算審議が行われます。

その中で、商工会議所が建設を進めている新しい商工会館について、熱い議論が起こる可能性があるかもしれません。

あくまでも可能性の段階ですが…







∈Fから、市議会だより57号のポスティングを開始しました。

朝から夕方4時くらいまで、行いましたが、今日はとても暖かいというか、ちょっと暑いくらいでした。

途中で貫前神社の様子を見ましたら、御遷宮の準備をしているところでした。



ちょうど、あと1週間です。

12日が、今日くらい暖かければ、助かりますが、どうなるでしょうか?





今日のBBCメモ。

1:EU離脱に関する重要なヒアリングが始まる

2:イタリアの政治危機を防ぐための会談

3:インドの人気政治家は心臓発作の後も深刻な状況





12月4日(日)
ど找市が全面敗訴した、市営住宅明け渡し訴訟についてですが、何人もの市民の方から、『詳しく知りたい』とのご意見を、頂いておりました。

そんなわけで、市議会だより57号で、その件について詳しく取り上げました。

『裁判に至った経緯』、『不可解極まりない裁判』、『市当局の判決主文隠ぺい』、『政策会議に対する疑念』などを、市民の方に知っていただきたいと思っております。

明日からポスティングが開始できると思いますので、お手元に届きましたら、ぜひご覧ください。




8畍紂▲謄譽咾鬚弔韻泙靴燭蕁△舛腓Δ疋薀哀咫爾料疚誓錣行われていました。

結果は24−22で早稲田の勝利でした。

これで、大学選手権は、以下の組み合わせになりました。



私としますと、同志社が中央、早稲田を倒し、1月2日の準決勝に勝ち上がってほしいところですが、気になっているのは、早稲田の対抗戦での試合結果です、

早稲田は、帝京との試合では、75−3で完敗でした。

でも、帝京に、42−31と善戦した慶応には、早稲田は僅差(25−23)で勝っています。

早稲田がすごく調子が悪ければ、同志社にも、準決勝に進むチャンスがかなりあるようにも思えますが?

とは言っても、まずは、中央に勝つことが先ですが、12月は、ちょっと楽しみができました。

もしも、1月2日の秩父宮での準決勝に同志社が残れば、何が何でも、東京まで見に行くつもりです。

『私をスキーに連れてって』ではありませんが、『私を秩父宮に連れてって』とお願いしたい気分です。






午前中は、貫前神社の御遷宮祭の飾りつけ作業に出かけて来ました。

道路の両側に、10mほどの間隔で竹を取り付け、注連縄(しめなわ)を張る作業です。





先週と同様、12年に一度のお祭りということで、前回はどのようにしたのかや、作業手順がよく分からず、ちょっと大変でしたが、無事に作業は終了しました。

次の日曜日に、最後の『おんべろ』付けがあります。

一ノ宮方面に来た時には、街のあちこちに注連縄が貼られているのが見えるかと思いますが、御遷宮のためのものですので、驚かないでください。






今日のBBCメモ。

1:イタリア首相の運命を決める改革に関する投票

2:オーストリアの大統領再選挙

3:熱帯のハワイが大雪に襲われる







12月3日(土)
げ麝板で、二年詣り・初詣のときの交通規制のお知らせが、回ってきました。



うちは、市民グラウンドのすぐそばですので、この規制は、かなり影響があります。

このような回覧板が回ってきますと、お正月がもうすぐっぽい雰囲気になりますが、新年を迎えるまでに、やらねばならぬことが、まだまだたくさんありますので、実際にお正月を意識するのは、クリスマス以降くらいからでしょうか?

今月は、いろいろ予定がありますので、風邪を引くことだけは、何としても回避したいところです。






この時期になりますと、ラグビー大学選手権が気になります。

実は、今日、関西大学リーグの優勝が決まる試合があったのですが、母校の同志社は、天理大学に負けてしまい、2位となりました。

その結果、同志社は、11日に花園ラグビー場で、関東リーグ戦の中央大と試合をすることになったのだとか。

その試合に勝つと、17日に対抗戦の明治か早稲田と、花園で準々決勝を行い、それに勝ちませんと、東京の秩父宮ラグビー場には来れないようです。

中央大との試合もどうなるかは分かりませんが、明治or早稲田では、さらに勝てるかは微妙な感じです。

今年も、同志社のラグビーを、秩父宮で見れるチャンスはちょとなさそうですが、OBの平尾さんが亡くなったこともありますので、何とか、準決勝まで這い上がってほしいものです。






昼間は用事があり、その後は、市議会だよりの原稿レイアウトを、家で行いました。

第57号は、もうすぐ完成の予定です。

また、12月になってから、懇親会等の都合のため、夜のジョギングができませんでしたので、夕方、もみじ平野球場の周りを、10周(5km)走ってきました。

以前は時どき、20周(10km)ほどは走っていたのですが、どうも7kmくらいを超えてくると、膝や股関節に違和感が出始めますので、最近は、5km以上の距離は走りません。

健康と運動機能の維持のためのジョギングですので、体の負担にならない程度に、走っております。

いつもは暗い夜道を、LEDライトを持って走りますが、やはり昼間に走ったほうが気分爽快ですね。

来週の日曜日が、サファリマラソンですが、足が痛くて参加できないようなことにならぬよう、今週は注意して、走ろうかと思います。





今日のBBCメモ。

1:中国がトランプ氏と台湾大統領の電話に抗議

2:反政府勢力は東アレッポの3分の2を失う

3:ブラジルサッカーチームのメンバーの遺体は故郷に向かう






12月2日(金)
M縞、ヴァンベールで、富岡市民体育大会総合閉会式が開催されました。

総合成績の上位3地区は、
優勝 七日市黒川地区
準優勝 高瀬地区
第3位 一ノ宮地区
でした。

また、懇親会の会場のテーブルが、教育委員さんと一緒で、今日はいろいろお話ができました。

会場に、バドミントン教室の先生がいらっしゃって、久しぶりにお話ができました。

実は今年は、1度練習に行っただけなのですが、バドミントンブームになったためか、西小の体育館の練習に来る子どもたちの数が、昨年よりも大幅に増えていました。

そのため、以前のようにあまりコートに立てなくなってしまったので、その後、バドミントンには行かなくなってしまいました。

でも、今日、先生に偶然お会いしたのは、『来年また、やってみろ』という、天の声かもしれませんので、お正月明けには、またバドミントンをやってみるつもりです。

最近は、何かしらの偶然が、単なる偶然ではなく、自分の人生にとって意味のあることではないかと、感じることがありますが、そういう時は、それに素直に従うようにしております。

フランス語検定を受けたのも、たまたまネットで調べた時が、試験申し込み締め切り日の、締め切り時間の3時間前でしたので、『このタイミングで試験のことを知ったのは、この試験を受けることに何らかの意味があるということに違いない』と、前向きに考え、試験を申し込み、その後、勉強を始めました。

いつも偶然に任せるわけではありませんが、そのような考え方を少し取り入れてみるのは、人生をちょっとワクワクさせる秘訣なのかもしれません。










広報とみおか12月号を見ましたら、表紙も、最初の数ページも、すべてウズベキスタン大特集という印象でした。

また、昨年4月の市長のウズベキスタン訪問の記事が、1年半も過ぎた今頃になって、大きく紹介されていますが、これは…

個人的には、非常に不自然な印象を持ちますが、そのあたりのことは、触れないほうがよろしいですね。

触れますと、また、『男女共同参画』の件で、あれこれ議論をしなければならなくなりますので。


ところで、フランスのブール・ド・ペアージュ市と友好都市提携を昨年結んだばかりですが、今度は、ウズベキスタンとも同様なことを視野に入れているのでしょうか?

オーストラリアのアルバニー市とは、今や名ばかりの友好都市ですが、まだ形の上ではその関係は続いていることになっています。

もしも、ウズベキスタンのどこかの市とも友好都市になれば、人口5万を切った小さな市で、国内に3つ、海外に3つの姉妹都市・友好都市を持つ富岡市になってしまいますが、こんなに多くなれば、実際の交流などには手が回らず、結局、どことも深いつながりが築けなくなってしまうように思えます。

ウズベキスタンとの友好都市提携は、ないとは思いますが、広報とみおか12月号で、こんなに大きく取り上げていますと、この先に、何かあるような錯覚に陥ってしまいます。

12月定例会の一般質問で、ウズベキスタンとの今後のことを取り上げる議員がいるようですが、その答弁がちょっと気になります。

ちなみに、昨年、私が一般質問で、ウズベキスタンのどこかの市との友好都市提携を考えているのかを、質問した時の答弁では、『考えていない』とのことでしたが…








今日のBBCメモ。

1:イスラム国がヨーロッパでのテロを増やす可能性

2:トランプ氏、『狂犬』を国防長官に指名

3:コロンビアの墜落事故でのサッカー選手生存者が、再びプレーする可能性





12月1日(木)
H術博物館に行き、ちょっとお話を伺いましたら、現在開催中の企画展『平山郁夫 悠久の絹の道』は、広島県の平山郁夫美術館と、山梨県の平山郁夫シルクロード美術館の、2館の作品が同時に見れる、初めての企画展なのだそうです。

山梨県なら、出かけようと思えば行けない距離ではありませんが、広島県の瀬戸内の島にある平山郁夫美術館は、簡単には行けません。

そう考えると、この富岡市で、両方の美術館の作品が見れるというのは、すごいことだと思います。

まだ、出かけていない方は、12月11日までですので、ぜひお出かけください。

何と、夜7時まで開館していますので。

12月11日は、サファリマラソンの日ですので、県外から走りに来られた方が、平山郁夫さんの絵を、富岡で見ていってくだされば、これも素晴らしいことのように思えますが?







△い茲い荳Gも、残りひと月となりました。

ところで今日、『スロージョッギングは、まだやっているんですか?』と、お声をかけられましたが、もちろん継続中です。

今年の3月26日から、毎晩自宅周辺の道を、ちょっと走っていますが、悪天候で走れなかった日は、別の日にその分を追加しています。

実は、走り始めた頃は、本当のスロージョッギングだったのですが、だんだん体が慣れてきたら、自然に足が出るようになったというか、今は、スロージョッギングではなく、普通のジョッギングっぽく、なってしまいました。

でも、あまり速く走ろうとすると、足を傷めたり、走るのが億劫になってしまいますので、ほどほどで走っています。

12月11日に、サファリマラソンに参加しますが、年寄りの冷や水のようなことにならぬよう、あまり無理せず走って来ようかと思っております。



やはり、何かを続けていくには、『ちょっと楽ちん』ぐらいのレベルでやることが大切なのではないでしょうか?

『最初だけ頑張って、苦しくて嫌になってしまい、止めてしまう』というパターンを回避することが、何かを継続する究極の秘訣かと思います。

実は、私のこのホームページは、2017年になりますと、毎日更新が足かけ10年目に突入します。

これも長く続けられているのは、無理をしていないからではないかと思います。

人生は何ごとも、『無理は禁物』、『ゆるく長く』というところなのかも…






今日のBBCメモ。

1:コロンビアの墜落機は燃料切れだった

2:皇太子が新たなタイ国王に

3:トランプ氏とパキスタン首相との、すばらしい電話会談






11月30日(水)
だ住緇譴離侫Дぅ好屮奪を見ましたら、今月の見学者数が出ていました。

8万6660人だそうです。

ちなみに、2年前の11月は、17万7071人でしたので、それと比較しますとマイナス51%です。

世界遺産登録後、3年目に入ってからは、9月も、2年前のマイナス53%と半分以下の水準でした。

これからも、厳しい数字になる可能性がありますが、これはブームの終焉ということで、だれにもどうにもできないことではないでしょうか?

懸念されるのは、このような状況なのに、これからも『製糸場を核としたまちづくり』を、当局は進める気が満々というところです。

議会の大多数も、それを支持しています。

逆に、市民の方のほうが、現状を冷静に分析し、『この方針はおかしいのでは?』と思っていらっしゃる方が非常に多いように思えます。

12月の一般質問は、ズバリ、この点について質すつもりです。







O誕衒騰中の乗合タクシーについてです。

私のこのホームページは、結構のアクセス数がありますので、乗合タクシーの車両がかなり古くて、時々故障を起こすことは、幅広く市民の方に、周知できたかもしれません。

ところで、今日、乗合タクシーの担当部署でお話をしてきましたが、明日12月1日から、黒岩・田篠線でデマンド型乗合タクシーによる運行を開始するので、『まずはこのデータを取って、今後の乗合タクシーの方針を決めていきたい』とのことでした。

ちなみに、車両が古いことも、故障がちなことも、市当局はすべて把握しています。

それでも市の判断では、当面は、今の車両を使う方針のようです。

最終的な方針は、市長さんが決めることですので、議員とすれば、これ以上のことはできません。

『議員に言ったのに、できないじゃないか!』と怒られても、議員が予算の使い方を決めることはできませんので、その点はご理解していただきたいと思います。

逆に、市長さんが、『そんな古い車じゃ危ない』と判断すれば、一気に話は進むのでしょうが…

富岡市の乗合タクシーは、6台の車両のうち、1台は80万kmを超え、他の5台も50万kmを超えたものばかりで、100km、200km走るとオイルを1リットル補充しなければならない車両もある状況で運行しているということは、事実です。

市当局も把握しています。

市民から、この現状に疑問の声が上がっていることも、市は承知しています。

さらに今回、私のホームページで、この事実を知った方も少なくないと思います。

私は、車にはあまり詳しくはありませんが、『そんな長距離を走っている車両で大丈夫なのか』と、もちろん疑問に思っています。

しかし、これ以上のことは、今の段階ではどうにもできません…









∈Fから12月定例会が始まりました。

さて、一般質問の順番ですが、何と、11人中最後の11番くじを引いてしまいました。

ということで、15日の最終となりました。

御遷宮で12日・13日は、おそらく一般質問のやり取りを進めることができないと思いますので、15日になったのは幸いでした。







今日のBBCメモ。

1:CIA長官がトランプ氏にイランとの核協定に関し警告

2:飛行機事故に遭ったブラジルサッカーチームのファンによる大規模な通夜

3:遠く離れた孫への話の伝え方





















































































































 
 











これまでの活動記録 (毎日更新中!)
2016年 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2015年 12月 11月 10月 9月 8月 7月  6月  5月   4月 3月 2月 
1月
2014年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月  3月 2月 1月

2013年 12月 11月 10月 9月 8月 7月中・下 7月上 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2012年  12月 11月 10月 9月 8月  7月 6月 5月 4月 3月 2月
 1月
2011年 12月  11月 10月 9月 8月 7月 6月  5月 4月 3月 2月 1月
2010年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 
2009年  12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2008年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月   




































丹生湖 ひまわり畑の情報サイト
富岡市に行ったら、必ず訪れたい10のスポット
プロディールのボールペンに魅せられて prodir swiss

オリジナルラベルワイン1500円 

富岡慕情