富岡市を元気に!子どもたちに明るい未来を! 富岡市議会議員 茂原正秀WEB-SITE
TOP    これまでの活動記録(毎日更新中!)






市議会だより
2014年3月号












富岡市の桜
富岡市の美しい風景
富岡市観光協会のFacebook


便利な情報サイト
ダイヤモンド・オンライン
東洋経済オンライン
日経新聞
読売新聞オンライン
朝日新聞
毎日新聞
産経新聞
東京新聞
ロイター
共同通信
ニューズウィーク
NHK
プレジデント公式サイト
上毛新聞
The Japan Times Online








今月のスロージョギング走行距離
現在18km
5/30  3km
5/24  4km
5/10  4km
5/1   7km


★もはら撮影
 動画情報★

まなびのつどい
2014.2.2


富岡市成人式
2014.1.12


富岡市消防隊
出初式2014年


貫前神社2014年
元旦


富岡市・安中市・軽井沢町の観光連携協議会設立趣旨発表
2013.12.26


貫前神社 御戸開祭 2013.12.12

群馬サファリ富岡マラソン大会
2013.12.8


第8回富岡市一周駅伝

第2回スロージョギング教室 
2013.11.23


佐原市の『歴史ある町並み』
2013.11.5

モザイクアートで
ギネスに挑戦

2013.11.4

妙義山紅葉
フェスティバル

2013.11.3

スロージョギング
教室

2013.10.27

富岡製糸場に
ふっかちゃん

2013.10.4


富岡市交通安全
パレード

2013.9.25

富岡市CM 
2013年わがまちCM
コンテスト最終選考作品


同志社大学
今出川キャンパス

2013.10.8



ご意見・ご質問はメールでお願いいたします。
moharamasahide@gmail.com
富岡市の防災気象情報(気象庁リンク)

  5月31日(土)
げ燭世、今日の陽気は、梅雨明け後の『真夏モード』という印象でしたが、暑すぎじゃないですか?

今年は冷夏になるような話を耳にしたことがありますが、本当なんでしょうか?

まあ、夏は、ガンガン暑いほうが、夏らしくて、私は好きですが。

20年ほど前、空前の冷夏であった年がありましたが、経済という観点で考えれば、こういうのは最悪かと思います。

あの年は、確かコメが不作で、お米屋さんの店頭にコメが並んでいないような、とんでもない状況になった記憶がありますが…

暑い夏に期待しましょう。

ちなみに、夏のドライブミュージックは、私は高中正義ですね。

高中さんは、軽井沢にお住まいのようですが、一度くらいお会いできないものでしょうか?




バドミントンの講習会、本日が4回目で最後でしたが、行ってきました。

さて、来週からどうしようかということですが、西小で土曜日の午前9時半から行っている、小学生メインで、大人が数名いるクラブに入れてもらおうかと考えております。

でも、小学生に『おじさん、ヘタだねー』なーんて言われてしまいそうで、そこがちょっと心配です。

一か月で4回の講習会でしたが、たいへん楽しくできました。

せっかく始めたのですから、もうちょっとやってみたいと思います。

ところで、西小の体育館に行きますと、バスケットのリングが見えてしまい、バスケットボールもたまにはやってみたいような気もしますが…

でも、歳を取ってくると、ジャンプをするのが何だか怖いような気がしまして、これはやはり止めたほうがよろしそうですね。




△發Π譴帖⊂ι古佻燭鬚靴討△襦悗泙罎戮─戮鮖箸辰織哀奪困任垢、こちらも、メーカーと正式に契約を交わすところまで来ました。

グッズは、アイフォンのカバー、キャップ、Tシャツ、トートバッグなどです。

実際の商品が来ましたら、このホームページでも紹介していこうかと思っております。

世界遺産登録までに、ちょっと行動してみるつもりですが、6月は、忙しくなりそうです。



)紳膽螢咼献優好曠謄襯船А璽鵑亮萃役の方と、近々、お会いすることができるような感じになってきました。

富岡市に、全国で展開しているビジネスホテルに進出してもらえれば、一気に、宿泊型観光地への道が開けるのではないかと考え、勝手に活動を開始したような状況ですが、まず、東京の本社に伺ってお話を、という段階になりました。

もしも、これがきっかけになって、話がうまく進むようなことになれば、これは富岡市の観光産業にとっては、大きなプラスになると、私は考えております。

良い方向に進めばよいのですが…




 
 
  5月30日(金)
た靴靴ざ軌蘢垢気鵑蓮∋笋一ノ宮小学校のPTA会長をさせていただいたとき、一ノ宮小に教頭先生として、おられた方です。

大変、当時はお世話になりまして、2泊3日の臨海学校にも、ご一緒しました。

まさか、一議員と、教育長という関係になるとは、思ってもいなかったのですが、世の中というのは、想定外の出来事の連続という感じです。

ちなみに一ノ宮小のPTAでお世話になったのは、フランスW杯があった年ですので、1998年です。

あれから、16年も経ってしまったことに、改めて驚いています。

あのとき私は、39歳から40歳。

これから16年経てば、70歳越え…

男性の健康寿命71歳になってしまうということは…



それ以上は考えないほうが、良さそうですね。




I找市ホームページのバナー広告のスペースが、なかなか埋まらないようですが、いまや全国でも指折りの注目度を集めている富岡市でも、これが現実ということなのでしょうか?

営業活動を行っても、埋まらないのなら仕方ないのでしょうが、そのあたりは、どうなっているのでしょうか?

これだけ、富岡市の注目度が高まっている中、なおかつ、営業しても埋まらないというのなら、これはちょっとやり方を根本的に見直す必要もあるのでは?

甘楽町のホームページは、9つもの企業のバナー広告があるのに、富岡市は3つです。

広告料の価格設定が、市場の評価とマッチしていない可能性が、富岡市の場合、あるのでは?





国の一般会計予算は90数兆円ですが、日本の社会保障給付費はこれよりも多く、110兆円ほどとのお話を聞きました。

また、社会保障給付費は、毎年3兆円以上増えていて、消費税率引き上げの効果も、数年でなくなってしまうとのこと。

これから、どんどん高齢者人口が増えていったら、社会保障制度の維持のため、若い世代の暮らしが押しつぶされてしまうことになるのでは?

おそらく、どこかの時点で、若者たちは日本を捨てて、海外へ出ていくのが当たり前の時代になるのではないでしょうか?

『いくらなんでもそこまではまさか、いかねーだんべー』とお考えの方は多いかとは思いますが、私たちの世代が、みんなあの世に行った後くらいの時代なら、そんな事態になったとしても、おかしくないと思います。

日本の市町村数は1718で、そのうち数十年後には消滅の可能性がある自治体が896もあるのですから、若い人ほど、海外に活路を求めると考えるのが妥当かと思いますが…

できることなら、、そうならないほうが、良いのですが。




〆F、久々に高崎市立図書館に行きました。

面白そうな本はないかと、棚を見ていましたら、こんな本を発見しました。

『快読100万語! ペーパーバックへの道』という本です。


最初の10ページほど、目を通しましたら、英語を身につけるには『辞書を引かずに、飛ばし読みをしろ』という、大胆な提案の本でしたので、早速借りて、いま読んでいます。

この著者の方の提案は、非常に理に適っているように思えます。

多読で英語の感覚を身につけることを重視している本ですが、近いうちに実践してみようかと…、思っていますが、どこまで続くのかは難しいところです。



 
 
  5月29日(木)
げ燭しなければならないとき、つい、億劫になってしまい、先延ばしにしてしまうことって、よくありますよね?

私は、そんなことが始終ありますが、その解決法として、最近は、『とりあえず3分だけでも、やってみる』ようにしています。

5時間くらいかかりそうなことで、なかなか手をつける気にならないときでも、『3分で止めればいいから』くらいの気持ちで、やってみる。

すると、意外なもので、始めれば、なんだかんだあっても、ちゃんと取り掛かってしまい、最後までやってしまうものです。

何かをするときは、最初から全部やろうとすると、始めるのが重荷になりますが、『ちょっとやって止める』くらいの、お気楽モードで始めると、いいのでは?

これって、案外、行動派人間になるための秘訣なのかも?

ちょっとそんなことを思いました。




7月に総務委員会の行政視察がありますが、福岡県朝倉市(人口5万6千人)で『老朽危険空き家の適正な管理に関する条例について』、さらに佐賀県武雄市(人口5万800人)で、『図書館の指定管理者導入について』を視察することになりました。

私は、佐賀県は全く初めてで、福岡県も、北九州市にちょっと寄ったことがあるだけですので、ほとんど初めてのようなものです。

富岡製糸場の世界遺産登録直後ですので、ひょっとすると、視察に出かけた私たちが、視察先の自治体から質問を受けるようなこともあるのかも?

いつも視察に行きますと、委員長は最初に、富岡市の紹介を入れながら挨拶をするのですが、次の視察では、富岡市の紹介など、あえてしなくても大丈夫なのかもしれませんね。



一般質問の全議員の項目表を見ていましたら、質問の初日に、矢野議員さんが『学校給食費の無料化について』を取り上げるではないですか。

私も全く同じタイトルの質問を2日目に行いますが、気になるのは、矢野議員さんは、無料化に賛成のスタンスで質問するのか、反対のスタンスなのか、というところです。

私は、もちろん、反対のスタンスで質問しますが、矢野議員さんは、先の市長選で岩井市長さんの応援をなさってましたので、その点から考えますと…

どうも最近、同じ質問を、先にだれかにされてしまうことが多く、今ひとつモチベーションが上がりません。

でも、矢野議員さんが初日にされた質問の内容を、自分の質問に生かせますので、頑張ってやりましょう!




仝畫娃隠飴から、総務委員会が開かれました。

開会の最初の挨拶のとき、マイクのスタンドにちょっとトラブルが発生しましたが、その他は、平穏な雰囲気で進みました。

この6月議会の予算の補正で、一般会計の予算総額は約203億円となります。

また、今回、臨時財政対策債の起債が9億円ほどありますが、これにより、臨時税制対策債の総額がどのくらいになるのかが気になり、委員会終了後、財政課でお話を伺ってきました。

担当の職員さんのご説明では、総額は78億円ほどになるとのことです。

現在の一般会計の市債残高は130億円ほどですから、その6割が臨時財政対策債ということになります。

ちなみに、この対策債は、本来なら国が地方交付税として出すはずだったお金が、国の財源不足で出せないため、自治体側が自ら起債し、その分を、後で国からもらいましょう、という形のものです。

なので、もしも、国がちゃんと地方交付税を交付していれば、発行する必要がなかった市債ということになります。

しかし、国の借金総額が1025兆円という話を先日聞きましたが、これからは、さらに全国の自治体が臨時財政対策債に頼らなければならない時代が来るのでは?

後で、国が返してくれるので、一時的に建て替えた借金と言えば、確かにそうなのでしょうが、本当に国に返す余力があるのでしょうか?

心配です。




 
  5月28日(水)
ぁ悗發呂薺聴さんは、パソコンにお詳しいようで…』と、時々言われます。

しかし、実はそれほど、詳しいというレベルではありません。

普通の人と、ちょっと異なる使い方をしているため、そんな風に思われるのかもしれませんが、『ホームページビルダー』、『イラストレーター』、『フォトショップ』以外は、ワードは人並み、エクセルなどはズバリ並以下です。

しかし、イラストレーターとフォトショップを自己流でも使えると、これはけっこう強みになります。

実は、選挙のポスターのデザインも、選挙公報の原稿も、全部自分でパソコンで作っています。

また、自分の市議会だよりも、イラストレーターで、作っています。

この間、久しぶりにエクセルを使いましたら、あまりの手際の悪さにショックを感じましたが…

『習うより慣れよ』という言葉がありますが、本当ですね。





新しい副市長さんは、県のほうから来られた方ですが、私よりも学年が1つ下の方のようです。

ヤングの方が来られましたが、同じ時代を生きてきた方ということで、少しは共通するような点があるかも?

一度もお話をしたことはございませんが、ちょっと楽しみができました。


⇒縞、富岡市西部開発協議会定期総会がありまして、出かけてきました。

この会は、一ノ宮・丹生・吉田の、西中校区の3地区による協議会です。

3地区でいっしょに西部地区の課題を解決しようというものなのですが、私が議員になったときから、ずっと同じ課題が、全く解決しておりません。

ちなみに、この協議会のスタートは、すでに閉館した『かのさと』を、この西部地区に持ってくることが目的だったと聞きましたが…

なかなか課題の解決にはなっていませんが、3地区の交流は図れますので、その点は存在意義があるという印象です。



仝畫娃隠飴から、本会議がありました。

その中で、岩井市長さんの所信表明がございましたが、先の市長選の選挙公約である以下の8項目の説明をされました。

1:高齢化時代での社会福祉と医療への取り組み
2:『にぎわいのある街』富岡市における景気・雇用への取り組み
3:小中学校の学校給食費無料化と子育て支援への取り組み
4:世界遺産 富岡製糸場を生かせる街づくりへの取り組み
5:エネルギー新時代に必要な自然エネルギー活用への取り組み
6:農業の第6次産業化と明日につながる農業への取り組み
7:富岡市役所新庁舎建設計画の見直しへの取り組み
8:再生富岡市民会議による市民目線の市政への取り組み

給食費の無料化は、10月から実施するような方向性のお話をされていましたが、一度始めれば、毎年2億円以上の巨額な負担が発生するだけでなく、どれほど財政が厳しくなっても中止できない可能性が高い事業ですので、これは慎重に進める必要があると、私は考えておりますが、大半の議員のみなさんは岩井市長さんのお考えに全面的に賛成…という印象です。

今後、厳しい財政状況になることが確実なのに、なぜこのような事業をあえて行いたいのか、私にはさっぱり分からないのですが?

また、岩井市長さんは給食費無料化の説明の中で、『これにより、家庭環境による教育現場での不公平感をなくし、先生方にも教育に集中してもらえるものと考えている』と述べられていましたが、この内容も私には、理解できません。

このような意味がよく理解できない事業に、大半の議員さん方は諸手を挙げて大賛成ということになる可能性が高そうですが、この事業は財政に余裕があるならともかく、苦しい財政状況の中では行うべき事業ではないことを、たとえ私一人になっても、大声で述べていきたいと思っております。


ところで、一般質問の順番のくじ引きですが、5番くじでしたので、6月12日の1番手になりました。

給食費無料化については、議場において、原稿なしで、岩井市長さんと議論したいくらいの気持ちが200%くらいありますが…

それは、職員さんにご迷惑をかけてしまうので、止めておいたほうが良さそうです…ね。




 
5月27日(火)
っ亙交付税には、普通交付税と特別交付税の2種類あります。

実は、一般質問の関係で、平成18年度以降の、地方交付税の額を調べていましたら、あまり変動がないと思われていた普通交付税に、年度によって大きな差があることが分かりました。

たとえば、平成20年度の普通交付税は31億円ほどですが、平成23年度には39億円もあります。

これほどの差があるとは思っていませんでしたので、早速、午後、財政課でお話を伺ってきました。

『なるほど』という説明をいただきましたが、それは、また後日、紹介いたしましょう。




I找駅のトイレの清掃ですが、担当部署から、昨日の説明に誤りがあったとの連絡をいただきました。

トイレの清掃は、毎日、上信電鉄のほうで、やっていただいているとのことです。

あい愛プラザの清掃の方という話は、誤りでしたので、訂正させていただきます。



∈鯑の、『大手ホテルチェーンのビジネスホテルに富岡市へ進出してもらう件』ですが、茂原(しげはら)さんから、某チェーンの取締役の方を紹介していただきました。

これから、メールで連絡させていただくつもりですが、まずは一度、直接お話をさせていただき、富岡市規模の市でも、世界遺産があるということで進出してもらえる可能性があるかないか、そのあたりについて、伺いたいと思っております。

非常に気になるというか、ネックになるのは、景観条例で、建物の高さ制限が富岡市は設けられていることです。

地域によって、12m、14m、20mとなっていますが、もしかしますと、景観条例があるために、これからの開発に大きなブレーキがかかる可能性もあるのでは?

何だか、自分で自分の首を…とまでは言いたくありませんが、ちょっと悩ましい感じです。


仝畫庵罎蓮尾高議員さんから、お声をかけていただいておりましたので、上丹生の釣り堀に出かけ、手打ちそばをご馳走になってきました。

久しぶりに、勅使河原さんにもお会いしましたが、お元気そうでした。

車もほとんど通らず、鳥の鳴き声しか聞こえないような場所でしたが、このようなところで、おいしいものを食べ、のんびり過ごすのも、たまには良さそうです。


ちなみに、私は釣りはまったくしませんので、食べるほう専門ですが、それでも、このような場所には魅力を感じます。



  5月26日(月)
K榮の茂原(しげはら)さんの講演の中で、昨日の新聞広告のお話も出ました。


クラブツーリズムの『富岡製糸場と軽井沢』を組み合わせた日帰りバスツアーですが、富岡市内で、ツアー客を受け入れられるようなレストランがあれば、経済効果も大きいのですが…

これから、このようなツアーが増えるとすれば、富岡市にも確かに多くのお客様が来られることにはなりますが、何とか上手い方法を考えたいものです。

また、今日、『世界遺産は観光資源の横綱』という表現を聞きましたが、なかなか絶妙な言い回しですね。

富岡市にも、横綱がやってくるのですから、横綱の力で、経済を盛り上げなければ、いけませんよね。




午後は、『富岡甘楽地方議会議員連絡協議会』の定期総会が『ら・ら・かんら』で行われ、出かけてきました。

総会終了後の議員研修会では、富高の大先輩に当たる、元JTB常務取締役の茂原(しげはら)さんのお話を伺いました。

演題は『世界遺産を取り巻く周辺市町村の取り組みについて』でしたが、製糸場の世界遺産登録直前ということもあり、非常にタイムリーな内容で勉強になりました。


講演終了後、観光のプロでいらっしゃる茂原(しげはら)さんに、実は一つ質問をいたしました。

それは『富岡市には宿泊施設が多くありませんが、全国チェーンのビジネスホテルを自治体として誘致するようなことは可能でしょうか?』というものですが、茂原(しげはら)さんのお答は、『そのようなケースはよくあることですので、可能です。しかし、最終的には採算ベースに乗るかどうかで、決まりますが、私の知っているビジネスホテルチェーンの役員に連絡してみましょうか? 東京まで来ていただければ、話を聞いてもらえる可能性はありますよ』とのこと。

本当に、話が進むかどうかは分かりませんが、一度、ホテルチェーンの役員の方から、どんなものか、ダメで元々でも、お話を聞いてみたいと思っていますが…

新たな展開になりましたら、この場でご報告いたしますので。




〆鯡襦△箸△觧毀韻諒から、気になるメールをいただきました。

先日、その方が、新しくなった富岡駅の女性用トイレを利用したところ、トイレットロールは切れていて、ロールの芯やちぎれた紙がちらかり、さらに手洗い器も汚れた状態で、非常に印象が悪かったとのことです。

駅に連絡すべきか、市役所に言うべきか、分からなかったので、私のところにご連絡があったような次第ですが、早速昼前、企画担当の部署に行きまして、説明してまいりました。

担当の方のお話では、平日は、あい愛プラザの清掃を担当している方が、1日数回、駅のトイレの清掃にも出向くそうですが、土日は、駅の職員の方が清掃する関係で、特に女性用のトイレの清掃に手が回っていない可能性があるとのことでした。

しかし、観光客の方が、そのようなトイレに入ってしまったら、富岡市に対するイメージは、良いものにはならないのは間違いないでしょう。

『おもてなし』の最も基本的なこととして、ぜひ、改善していただきたいと思います。




 
  5月25日(日)
ぁ惺子のバスケ』って、すごい面白いじゃないですか。

昔、アメリカのドラマの『24 twenty-four』にハマってしまったことがありましたが、その時と同じような印象を感じます。

アニメーのシーズン1は、すべて見ましたが、かつて学生時代に、バスケットボール部に所属していた方なら、みなさんハマってしまうのでは?

なぜ、人気があるのか、よーく分かりました。

ところで、製糸場の工女さんをモデルにした、明治の少女の日常を、コミカルなタッチで、だれかアニメ化してくれたら、非常に面白いのではないかと、以前から考えております。

しかし、このような内容は、議会で言いますと、完全に『??????』と、思われてしまいますので、言いづらいのですが…

ここだけ話にしておいたほうが、良さそうです。




I找市には、たくさんの和菓子屋さんがありますが、こうしたお店の商品を、観光客の方々に味わってもらったら、『小布施の栗』のようなかたちで、『富岡の和菓子』という地域ブランドになるのでは?

今日、そんなことを考えました。

また、富岡市内でも、地域ごとに、その地域ではみんな知っている有名な物ってありますよね?

たとえば、一ノ宮の富光堂さんの『ピーナッツバターの食パン』など、一ノ宮の人ならみんな知っています。

ここのご主人は、私の1学年先輩の方ですが、富光堂さんの食パンなら、だれが食べても、ぜったい満足する味ではないかと思っております。

こうした、地域の有名な食べ物を、富岡市に来られる方に、ぜひ一度、食べていただき、次は、それを買うために再度富岡に来てもらえるような展開になれば最高だと思うのですが…

そんな仕組みをつくるため、ちょっと今、研究しております。



△泙澄∪擬阿任呂覆い里任垢、『まゆべえ』のキャラクターのグッズが、かなり沢山の種類で、世に出る可能性が、ちょっと出てきました。

一昨年、けっこうな金額を投じて、商標登録までしたのですが、『商標登録の手続きの勉強』で、終わってしまうような雰囲気もあったのですが、これはひょっとして、ひょっとすることになるのかも…

そんな淡い期待もしていますが、あまり期待しますと神様が横を向いてしまいそうですので、謙虚でいたほうがよいですね。

ところで、グンマー帝国の『まゆべえ』という位置づけのほうが、ひょっとするとブレイクできる可能性があるのかと思いまして、試しに、こんなマグネットステッカーを作ってみました。

うちの家族には…あまり人気がないところが、ちと困ったというか…

冷蔵庫の前面に貼っておきますと、必ず奥様が、側面側に移動してしまいます。






ー分の市議会だよりの原稿作成のため、この何日か、家で、頭を悩ましております。

ホームページで、毎日の出来事を書くのは、あまり時間はかからないのですが、印刷物の文章は、一度配ってしまいますと修正ができませんので、かなり慎重になってしまい、完成までに時間がかかってしまうという感じです。

しかし、大変ではありますが、この議会だよりを作ることにより、自分の議員としての活動に深みというか、幅ができる点がありますので、これは自分自身の勉強にもなっております。

6月号というかたちで、ポスティングができるかと思いますが、6月議会もあり、ちょっと配るのが大変そうで、そこが心配です。



 
 
  5月24日(土)
ひところ、『黒子のバスケ』という漫画が、脅迫事件で有名になりました。

西中バスケ部出身者としますと、前から、どんな漫画なのか気になっていたのですが、DVDを借りることができ、見てみました。

ズバリ感想を述べると、『これはおもしろい!』というところですね。

まだ、アニメの第6話くらいまでしか見ていませんが、日本のアニメのレベルの高さを感じます。

へたなハリウッド映画の大作よりも、よほどストーリー展開も秀逸です。

子どもの頃、テレビで放送していたアニメは、ほとんど見ていましたが、さすがに大人になってから見たのは、子どもといっしょに見た『ドラえもん』『名探偵コナン』『ルパン三世』シリーズぐらいというところでしょうか?

映画やドラマはよく見るほうと思いますが、これからはちょっとアニメも見てみようかと…

『らきすた』というアニメが人気で、その舞台になっていた実際の神社などが、そのアニメファンの聖地のような状況になっているという話を聞いたことがあります。

観光戦略にアニメが生かせるような気がしていますので、そうした観点からも、ちょっとアニメを研究してみようかと…思っております。




⇒莉気ら6月定例会が始まります。

今年は、6月20日頃、富岡製糸場の世界遺産登録が決まりますので、それまでには定例会を終了するスケジュールになっています。

そんなわけで、一般質問での、当局との調整の時間があまりないため、かなり慌ただしい6月定例会になるような気がしています。

一般質問の内容ですが、先日、申し上げました通り、『財政状況の今後の見込み』と、『給食費無料化』について、直球勝負で質問しようかと考えております。

給食費の無料化については、市長のお考えを聞きたいだけですので、あえて内容の調整などは一切せず、その場の話の展開次第で、進めるようなかたちにしたいと思っていますが…

原稿を読み合うような形が決まった一般質問ではなく、議場で生の議論をしたい気持ちでいっぱいなのですが、はたしてそれができるでしょうか?

部長さんなどには一切質問を振らず、市長さんにだけ答弁を求める内容であるなら、何も問題は起きないかと思いますが?





.丱疋潺鵐肇鷆擬爾梁茖害麑椶ありまして、夕方、西小体育館に出かけてきました。

今日は、シングルスの試合をやったのですが、やはりゲームでやると、おもしろさが倍増です。

来週の第4回目が最後ですが、参加して良かったです。

思っていた以上に、体力が必要なスポーツであった点は想定外でしたが…

初心者教室が終えましたら、どこかのサークルに入れていただき、もうちょっとやってみたい気がしています。




 
 
  5月23日(金)
『お富ちゃんポロシャツ』を1枚、購入の申し込みをしましたが、何人かの職員さんに聞きましたら、2枚、3枚、4枚など、複数枚購入する方がけっこういらっしゃって、ちょっと驚きました。

さすがに、全色(8枚?)をコンプリートで購入される方はいらっしゃらないようですが、夏場の市役所のユニフォームは、『お富ちゃんポロシャツ』ということになるのでしょうか?

また、深谷市の市長さんや幹部職員の方々が、富岡市に来られた時、『ふっかちゃんネクタイ』をみなさん、お揃いで身に着けていましたが、ああいうのも、チーム的な一体感を醸し出していて、いいですよね。

ポロシャツの次は、富岡シルクを使った『お富ちゃんネクタイ』でも作り、それを市の公式イベントでは、男性は着用するというのも、よろしいのでは?

できることなら、あまり高額でなければありがたいのですが…



軽井沢町、安中市との観光連携についてですが、具体的な動きが始まりつつあるようです。

横川駅に蒸気機関車が走る日に、横川駅から富岡駅までバスの特別便を走らせる予定がありますが、これもこの観光連携によるものです。

また、3自治体共同で、ポスターやチラシも作る予定もあるとのこと。

具体的な事業やプログラムは、これからでしょうが、着々と進みつつあるようです。

また、中軽井沢の駅が新しくなって、その中に、富岡市を紹介するコーナーも設けられているとのお話も、今日、伺いました。

軽井沢には、よく出かけますが、中軽井沢の駅には、久しく行っておりません。(おそらく、中学生時代、軽井沢スケートセンターに行ったとき以来か?)

これは一度、見に出かけたほうが良さそうですね。




 愽找製糸場で、ふるさと納税をお願いするリーフレットやチラシを配布したらどうでしょうか?』とのご意見を以前いただきました。

本日、企画財務部で、現在、そのようなことを行っているのかを確認しましたら、『まだ、やっていない』とのこと。

インターネットで、ふるさと納税をお願いするより、製糸場に来られる方のほうが、はるかにご協力して頂ける可能性が高いと思われましたので、ふるさと納税をお願いするリーフレットを早急に作成し、製糸場で配布してもらえるよう、対応をお願いしてまいりました。

製糸場の保存管理のためのご寄付を、ふるさと納税というかたちでお願いするのですから、製糸場にご興味を持って訪れてくださった方にお願いするのが、いちばん自然かと思われます。

担当部長さんからは、前向きのご返事をいただけましたので、おそらく、すぐに始めてもらえると思います。

期待しております。



 
 
  5月22日(木)
ずF、こん表現を見ました。

 『人はふるさと納税だけで生きていける』

ふるさと納税は、自分が選んだ自治体へ寄付をし、様々な特典を受けられ、さらに税金の還付も受けられる制度ですが、ここまで来ていたとは…

しかし、本来の趣旨から、かなり逸脱してきた感も漂っているのでは?




0貳娘遡笋蓮何を取り上げるか?

あくまでも予定ですが…

1つ目は、『合併算定替えによる、地方交付税の優遇措置が終わってからの、富岡市の財政の見込みについて』を質問しようかと考えています。

その質問の答えは、『非常に厳しい』という見通しになるかと思いますので、2つ目の質問は、『それほど財政が厳しくなる見込みなのに、なぜ給食費無料化を行うお考えなのか』を、伺おうかと…

ベリー・シンプルな展開ですね。

あくまでも、現時点での予定ですので、全く異なる内容になる場合もありますが…



∈廼瓠東京株式市場が、勢いがなく、いつもは、『少し買って、少し上がったら売ること』を繰り返していますが、買った株が値下がりし、完全に捕まってしまった状況です。

何に捕まったかといいますと、宇部興産という東証1部の会社ですが、『これ以上は下げづらいだろう』と思える価格で買ったのですが、そこから結構下げてしまい、完全に読みが外れてしまった感があります。

ちなみに、私の持っている価格は177円ですが、今日の終値は167円。


現在、流通科学大学の学長でいらっしゃる、当時の同志社大学商学部助教授である石井淳蔵先生から、直々に株式投資の重要性を説かれ、20代から、少しばかり行っています。

しかし、キャリア30年という年数だけはプロ並みになったものの、読みのほうは、どうも依然アマチュア100%というところでしょうか…

でも、この価格まで売り込まれるのは、理解できないのですが?

こういうときは、時が来るまで待つしかありませんが、株式投資をしますと、非常に経済関連の記事にも関心を持ちますので、仮にトントンで資金を回せれば、これは最高の経済の教科書とも言えるように思えます。

ところで、その石井先生、今や日本のマーケティング研究の第一人者のような、とてつもない偉大なお方で、『プレジデント』などの一流雑誌にも、よく載っています。

私が大学3年生のとき、石井先生はハーバードのビジネススクールに、1年間行かれ、戻ってきてから、英語が全然通じなくて困ったエピソードを話してくださいましたが、まさか、35年後、大学の学長になっていらっしゃるとは、驚くと同時に嬉しい限りです。

実は富岡市のまちづくりに、マーケティング的な発想を導入するために、一度、石井先生にご相談の連絡をすべきかどうか、以前から迷っています。

もしも、『こっちへきいへんか』のようなことを言われますと、神戸なので、そこがネックになっています。

でも、日本屈指のマーケティング研究者でおられる先生と、お話ができるような機会は、滅多にないでしょうから、ここは思い切ってアクションを起こすべきでしょか?



〕縞、アミューズで、区長さん及び市の部長以上の職員のみなさんと議員による懇親会がありました。

各地区ごとにひとテーブルでしたので、私は健康福祉部長さん及び5名の一ノ宮の区長さんと、ご一緒させていただきました。

1時間半ほどでしたので、あまり多くのお話はできませんでしたが、神成山に、県外からハイキングに来られるグループがたくさんいらっしゃる、などの珍しいお話を伺うことができました。

もしかすると、地元の人が気づいていない、地元外で有名な富岡市の観光スポットというものが、けっこうあるのでは?




 
  5月21日(水)
ィ裡硲砲痢慘鮖鉾誅奪劵好肇螢◆戮鮓ました。

さすがはNHKという、素晴らしい番組でした。

富岡製糸場の歴史を、これだけ分かりやすく、コンパクトに伝えているものは、これまで見たことがないほど、よくできていた番組ではないでしょうか?

カメラの撮影アングルで、あのような映像が撮れることにも驚きました。

また、戦争中は、パラシュート用の生糸を作っていたという話は、初めて知りました。

『日本のものづくりの原点』という表現がありましたが、いいじゃないですか、これ!

富岡市民であることに誇りが持てるような内容で、嬉しい限りです。

また、明治の少女たちの喜びと悲しみのストーリーを、アニメ化すれば、ちょっとこれ、ビッグヒットする可能性があるんじゃないでしょうか?

そんなことも感じました。




い海凌瑤月、父親が購入したものの、事情で乗っていなかったワゴンRに、私が乗っています。

最近は、エコドライブのテクニックも身についてきたのか、ガソリンを入れるたびの燃費計算も、コンスタントにリッター20kmを超えるようになってきました。

ところが、このたび、父がワゴンRに乗ることになりまして、急遽、自分の車を買わなければならないことに。

できるだけ燃費がよい車種にしようと考え、ホンダのフィットかトヨタのヴィッツのどちらかでいこうかと思っていたところ…、突然気分が変わり、方向性の違う車を買うことになりました。


できることなら、車の中でちょっとノートパソコンでも広げて、作業ができるような車種が良いのでは?
(でも、当然、ゴージャス&ラグジュアリーな高級ワゴン車などは、アウト・オブ・眼中ですが)

そんなことが頭をよぎり、トヨタのプチバンの『スペイド』という車を選びました。

この車、市内のトヨタのディーラー3店で扱っているのですが、それぞれのお店に出向き、いろいろお話を伺っていましたら、価格がどんどんこなれていき、大変ありがたい値段で買えることになりましたので、これは幸いでした。

ということで、来月には、ワゴンRから、スペイドになります。

ちなみにスペイドって言っても、分からないでしょうが、これはトヨタのポルテの兄弟車です。





6月定例会が5月28日から始まります。

今年は、世界遺産登録の関係で、いつもより前倒しで行います。

一般質問の通告者は9名。

私も、もちろん行いますし、いつも行う方は、全員、名前がありました。

でも、あの方の一般質問に一番期待をしていたのですが、どうされたのでしょうか?




∈G度の議会報告会の日時が決まりました。

8月2日(土)、午後3時から
生涯学習センター3階にて

1回目の経験を生かして、さらに素晴らしい報告会にしていきたいと思います。

私も総務委員長として、出番がありますので、準備をしなければなりません。



仝畫娃隠飴から、全員協議会が開かれました。

岩井市長さんになってから、今回が最初でしたので、どのような内容のものが出てくるのか、気になっていたのですが…

『給食費無料化』や『再生富岡市民会議』などの、市長選での大きな公約に関する内容が出てくるのか、と思っていましたが、今日は全くありませんでした。

報告事項の主なものは以下の通りです。

『公営墓地に関する意識調査結果報告について』

『平成26年度富岡市一般会計補正予算(第2号)の概要について』
(先日の雪害による約16億円の第1号補正に続くもの。骨格予算に約10億円を肉付け追加する予算。これで予算額はおよそ203億円に)

『平成26年度固定資産税課税誤りについて』
(固定資産税の計算データを電算会社に送信する際、送信漏れが発生し、土地1147筆、納税者648人分、金額約300万円を過大に賦課・徴収する課税誤りが発生)


『旧吉野呉服店の調査報告について』
(耐震診断は『倒壊する可能性が非常に高い』との結果に。改修概算費用は約1億9000万円。現段階では、市は購入するか否かは白紙)

『まちづくり会社の設立について』
(設立時期は本年8月1日。当初資本金2000万円で富岡市は45%の900万円を出資。その他は、富岡商工会議所、金融機関4行、JA富岡が出資し、本店所在地は富岡商工会議所)

『横川駅と富岡駅を結ぶバスの運行について』
(蒸気機関車が横川駅まで走る19日間、横川駅から上州富岡駅まで1日2往復のバスを走らせる。運賃は500円)

『市内広範囲での濁り発生と黒川地内の漏水について』
(5月19日に発生。事故原因は宮崎配水池での、バルブ開閉確認ミス。問い合わせや苦情の電話が約100件)





 
 
  5月20日(火)
ず廼瓠▲札屮鵐ぅ譽屮鵑帽圓辰燭箸、時々、タブレット端末を、セブンイレブンが行っている無料サービスの無線LANにつなげて、ネットを利用しています。

30分間利用できるのですが、コーヒーを車の中で飲みながら、ネットで情報を得られますので、このサービスは、ありがたいです。

ナナコもすごく便利ですし、ATMも助かりますし、セブンイレブンがない暮らしはありえない感じになってきたような気がします。




8畫庵罅△富ちゃん家に、商品の納入に出かけましたら、宮本町の市営駐車場は、午前10時過ぎでも、かなりの車がありました。

ナンバープレートをみましたら、『つくば』やら『京都』やら、かなり遠方の方も…

宮本町通りも、富岡駅から歩いて来た観光客のグループらしき方々で、けっこう賑わっていました。

平日でも、このような状況になったのですから、あらためて世界遺産の集客力の凄さを…、ちょっと感じました。




∈鯑、群馬県警から、不審者情報についてのメールが、登録者の方に送られたとのことです。

今日、ある市民の方から、教えていただきましたが、『5月18日午後2時ごろ、七日市内の路上で、男が女性に下半身を見せるという事案があった』との内容なのだそうです。

これについて、『市や教育委員会、さらには地元の小中学校は、この情報を共有しているのでしょうか?』との、ご質問も頂きましたので、早速、午後、教育委員会に確認に行ってまいりました。

教育委員会のお話では、『子どもが被害対象となるような事案の場合、警察から教育委員会に連絡が入りますので、教育委員会からも小中学校に連絡し、各校の緊急メールシステムや学校通信などで保護者にお知らせしますが、今回の件は、教育委員会から学校に対し、このことについての連絡はしていません』とのことでした。

内容が内容だけに、どのような対応をすべきかというのは、非常に判断が難しいところではありますが、このような信じられないような出来事が、この富岡市でも起こっていることを、ぜひ、気に留めておいていただきたいと思います。





仝畫庵罎鰐義庁舎にお邪魔しまして、農政課で、『道の駅 みょうぎ』について、お話を伺ってきました。

農政課のみなさんは、先の大雪で被災された農家の方々の支援事業で、大変お忙しい状況のようでしたので、手短にお話をしてきました。

『道の駅みょうぎ』は、平成11年に、旧妙義町によって整備された施設です。

当初は農家のための農産物直売所をつくる予定であったのですが、ちょうど『道の駅』の制度もあったので、今のようなかたちになったのだとか。

施設の建設費は1億4千万円弱で、その半分は農林水産省の補助金で、15%ほどは県の補助とのことです。

いまは指定管理者制度を導入し、民間企業に管理・運営を委託しています。

富岡の中心地のほうにも、道の駅をつくるべきでは、とのご意見を、よく頂きますが、今日のお話では、施設を整備するにはかなりの時間を要する印象を持ちました。




 
 
  5月19日(月)
ね縞、市の広報車が、『水道水の濁りについて』放送しながら、走っているのが、聞こえました。

黒川方面で水道管の漏水が発生したためのようで、一ノ宮のほうでは、濁りが出ているお宅があるような話でした。

あまり大きな被害でなければ良いのですが…

また、ちょっと感じたのは、このような出来事が起きてしまったときこそ、市役所のホームページで、すぐに情報を掲載する必要があるのでは?

富岡市役所のサイトは、なかなか速報の情報が流れないような印象があります。

今(午後8時50分)、確認しましたが、水道水の濁りに関する情報は、何もありませんでした。

このようなところは、改善すべきではないでしょうか?



『コレステロールを下げる薬の、世界生産量の6割から7割を、日本人が消費している』との話を聞きました。

世界一健康的な食事の和食を食べている日本人が、そんなにコレステロールが高いのでしょうか?

そんなことはありませんよね。

あるのは、世界の基準とは大幅に異なる、厳しすぎる日本のコレステロール基準値で、それが『コレステロールの薬を必要とする膨大な数の患者』をつくっているというのが現実なのでは?

血圧の薬なども、おそらく一緒でしょう。

国民の健康のためではなく、こうすることで大きな利益を手にする方々のためではなければ良いのですが…



∋劼匹發気鵑、アトピー性皮膚炎で、その対策について詳しい方から、乾燥肌対策の情報を教えていただきました。 ありがとうございました。

今のところ、カサカサ感を感じそうなときには、ワセリンを塗るのが、ワタクシ的には、一番よろしいような気がしております。

肩、背中、お腹周りなど、ちょっとムズムズすることがありますが、おそらく原因は、歳を重ねたことが原因なのでしょう。

こればかりは仕方ないのかもしれませんが、困ったものです。



\茲曚鼻NHKのクローズアップ現代を見ていましたら、『インターンシップ』という言葉の説明がありました。

この言葉、何となく、『学生さんが実際の職場で仕事を経験するもの』というようなイメージはありますが、ひとことで何と表現すればよいのか分かりませんでした。

NHKの説明では『職場実習』となっていましたが、なるほど、これは理解しやすいですね。

しかし、そんな程度の日本語で置き換えられるのなら、わざわざ『インターンシップ』などと、分かりづらい表現などにしなくても、いいんじゃないの?

そんなことを思いました。



 
5月18日(日)
先日、肌に優しそうな感じだったので、赤ちゃん用のシャンプー、ローション、クリームを買って、肌がウズウズするので、使ってみました。

赤ちゃんの弱い肌用なので、当然、肌に優しい商品と思って使ったのですが、これがちょっと、予想外とでもいいましょうか…

あまり肌にやさしい感じではないですね。

赤ちゃん関連の商品の有名メーカーの品でも、このような状況なのでしょうか?

赤ちゃんがいらっしゃる方は、一度、赤ちゃん用の商品を使ってみたほうが良いのでは、と思えました。


肌がちょっとカサカサし、ウズウズするものですから、最近、ネットで、乾燥肌に関するサイトをたくさん見ました。

そこで、どうも合成界面活性剤が、非常に悪いことをしているのではないかとの疑いを持ちました。

そんなわけで、今度は、合成界面活性剤などが入っていないシャンプーと、ボディソープを買ってきました。

これを使って様子を見ようかと思いますが、赤ちゃん用品でも、合成界面活性剤が入っているものは、あまり体に優しいとは言えないのでは…






▲侫 璽爛疋イ箸いΧ畴、目覚ましく業績を上げている会社がありますが、ここの社長さんは、富岡市妙義町のご出身です。

この会社が、経済番組で有名な『カンブリア宮殿』で取り上げられるとのお話を聞きました。

5月22日の夜10時、テレビ東京です。

お時間がございましたら、ご覧になってはいかがでしょうか?




仝畫娃校から防災訓練があり、参加してまいりました。

しかし、少々気になるのは、うちの組では参加者が年々減少していることです。

20世帯ありますが、本日参加されたご家庭は、3世帯でした。
しかも、1世帯は組長さんのお宅です。

うちの組は、避難場所の一ノ宮公民館に非常に近いということで、あえて防災訓練に出なくても心配はないといえば、ないのですが…

また、毎年、9時前に一ノ宮小学校前に集まり、9時の放送が流れたら、一ノ宮公民館まで歩いていくという方法で、この何年もやっていますが、やり方をちょっと変えていく必要も出てきたのでは?

一ノ宮公民館に行きましたら、かなりの人がいらっしゃいましたが、全体的な参加者数はどうだったのでしょうか?


3分団のみなさんには、たいへんお世話になりました。


水を入れた消火器での訓練コーナーです。 実際に使う機会はほとんどありませんので、このような場で経験しておくことは重要なのではないでしょうか?




5月17日(土)
今の若手の市役所職員のみなさんを見ていますと、能力が高い方が多い印象があります。

また、感性も豊かな方が多いように思えます。

若手の職員さんとお話をさせていただきますと、面白いアイデアや、見方をお聞きすることがしばしばあります。

しかし、それが当局の方向性につながっているかというと、必ずしもそうならない傾向もあるように思えます。

そのような、時代を先取りした若手のみなさんのアイデアを、議員がもっと理解し、当局の上層部に訴えるようなことも、これからは重要のように思えます。

一人の議員という立場から議会を見ますと、『議員も、もっと時代に対応できる資質を持たなければ、非常にまずい』と、強く感じます。

富岡市議会は、議会基本条例の制定や定数削減などを、県内12市の中では積極的に進めているほうですが、それぞれの議員の意識改革も、これからは進まないと、本当の意味の議会改革にならないのではないか?

ちょっと今日は、そんなことを考えました。




⇒縞4時から、西小でバドミントン教室の2回目がありました。

前回は、体力的に余裕がありましたが、今日は、疲労感120%という印象で、教室終了後、スロージョギングをしてくる余裕はゼロでした。

結構、バドミントンは、運動量がありますね。

無駄な動きが多いのと、力の入れ方に問題があり、すぐに疲れてしまうことは分かってはいるのですが…

なかなか道は険しそうです。



〇毀鮟蠅修个慮園で行われた『げんきフェスタ』に行きました。

とても盛り上がっていました。

世界遺産登録で、富岡市には勢いというか、活気が出てきた印象があります。 

これは、たいへん喜ばしいことですね。

開始直後に、この人出でした。


友好都市である深谷市の人気キャラクター『ふっかちゃん』も登場!


みんなで歌を歌い、お祭りムードが盛り上がりました。


お店のコーナーも盛況でした。


ライブ演奏もありました。プロの方々ではないそうですが、アマチュアの域を超えたパフォーマンスでした。


水戸市の団体の方々によるジャンボオセロコーナーも、大人気でした。


『500げんき』とは、この場だけで使えるお金です。






姉妹都市である岡谷市さんのキャラクター『岡谷まゆみ』のステッカーです。
ゆるキャラどころか、『萌えキャラ』が、岡谷市にはいるとは、びっくりです。




  5月16日(金)
ず週は、岩井市長さんになってから、最初の総務委員会協議会がありました。

そして、来週の21日には、初の全員協議会が行われます。

総務委員会協議会で出た項目以外は、どんなものがあるのか、現時点では存じ上げておりませんが、21日には、岩井市長さんのお考えがある程度分かるかと思います。

しかし、今は、世界遺産登録一色という雰囲気になっていますので、来月、正式に登録されて、しばらくしないと、新庁舎建設計画の見直しや、給食費無料化などは、なかなか取り上げづらいように思えますが?

でも、どのような内容の全員協議会になるのか、気になります。



この数年、冬場は乾燥肌気味で、ちょっと背中や肩などにウズウズ感がありましたが、今年は、暖かくなってからも、このウズウズが続いております。

だんだん、歳を重ねてくると、このような状況になってしまうのかもしれませんが、もしかすると、石鹸やシャンプーの洗浄力が強すぎて、皮膚がついていけなくなった可能性があるかと思い、今日、ベビー用の石鹸やシャンプーを買ってきました。

ベビー用なら、肌にやさしい商品と考えたような次第ですが、私の歳で、このような品を買いに行きますと、どうみても孫の買い物という感じに見られてしまいますね。

幸い、知っている人には会わなかったのですが、これで、ウズウズが収まればいいのですが…



⊇乎津自衛権の行使の件はどうなるのか?

憲法改正ではなく、憲法の解釈見直しだけで、このような重要なことを進めようとする安倍首相の姿勢には、ちょっと疑問を持ちます。

選挙で大勝ちして、内閣支持率も高いから、このような強引なことが、できてしまうのかもしれませんが、日本がどんどん、おかしな方向に進んでしまうのではないか、不安です。



NHKで夜8時から、富岡製糸場の特別番組が放送されていました。

『富岡製糸場は女工哀史とは一線を画していた』など、まさに多くの人たちに知って頂きたいような充実した内容で、感動しました。

しかし、新聞のテレビ版を見て、何と!

この放送は群馬県のみの放送なんですか?

ざ、ざ、残念! という気持ちでいっぱいです。



 
 
  5月15日(木)
イ富ちゃんのデザインを、胸にワンポイントで入れるポロシャツを、市でつくるそうです。

この8色があるのだそうですが、一番無難な、白を購入しようかと思っています。


製糸場の世界遺産登録が決まったら、お富ちゃんポロシャツをみなさんで着て、製糸場で記念撮影するイベントでも行うのでしょうか?





せ笋郎鯒から、イビキ対策のため、就寝時、口にバンドエイドを貼り鼻呼吸で寝ていますが、そのことについて、質問されました。

『私も試したいのですが、呼吸ができなくなるようなことはないのでしょうか?』


半年ほど、私は毎日実践していますが、病気で鼻づまりが常態化しているような方以外なら、まずは心配ないかと思います。(あくまで医学的根拠はない、個人的な印象です)

私は、バンドエイド2枚で、口が開かないようにしていますが、もしも心配なら、口のセンター部分に、縦に1枚バンドエイドを貼って寝てみてはいかがでしょう?

口呼吸で寝ていますと、起床時、口の中から喉まで乾いてしまいますので、これが風邪を引く大きな原因ではないかと、私は考えています。

実際、鼻呼吸で眠るようにしたら、朝起きたときに、口から喉が渇いてしまって気持ち悪いようなことはありませんし、風邪やインフルエンザにもなっていません。

もちろん、イビキも、激減しています。

案外、世界一、経済的で効果的な健康法なのかも…




市役所の1階ロビーに、このような表示があります。


いつも市役所に行くと、裏口から入っていたもので、このような表示が出ていたとは知りませんでした。

41日後、どんなことになるのか?

楽しみです。



∩挙の投票率が低下傾向にありますが、この原因の一つは、以前、投票所を40か所から27か所に減らしたことではないかと思っています。

投票所を減らしたのは、行政改革の一環でしょうが、高齢者の方が増え、車に乗れない方がどんどん増えている中、統廃合で遠くの投票所に行っていただくというのは、ちょっとおかしな話なのでは?

『高齢者にやさしいまちづくり』という観点で見れば、完全に逆行しているように感じます。

少なくとも、以前の投票所数くらいには戻す必要があるのではないでしょうか?


仝畫娃隠飴から、総務委員会協議会がありました。

また、夕方から、ヴァンベールにて、総務委員会所管の係長以上の職員さんと議員の懇親会がありました。

このような席に来ますと、普段、役所内では伺えないような話も聞けますので、大いに勉強になります。

妙義ふれあいプラザも、総務委員会所管ですので、担当の職員の方から、いろいろお話を伺えましたが、1日500人以上のお客様が来られるとのこと。

妙義山が最も美しいのは秋ですので、その時、どのくらいのお客様が来られるのか、ちょっと楽しみです。

 
  5月14日(水)
ズF、ちょっと読んだ本に、このような表現がありました。

『武士というものは、本質的に暴力団』

確かに、当時の一般人からすれば、その姿が見えただけで隠れたくなるような恐ろしい存在であったのでしょうから、なるほどとも思えます。

また、ストーリー(物語)を活用したマーケティングの本も、ちょこっと読みましたが、価格ではなく価値で戦うときに、このストーリー・マーケティングは、大きな効果をもたらす可能性があるようです。

『ストーリーを使うことで、商品が人々の記憶に残る』ということは、確かにあります。

同じ腕時計を売るにしても、単に『正確な高級腕時計』というよりは、『宇宙飛行士も使っている腕時計』と表現したほうが、圧倒的に後者のほうが印象に残りますし、売れますよね。

ただし、ストーリーにウソがあっては、大問題であることは当然ですが…




だ茲離粥璽襯妊鵐Εークに御茶ノ水に出かけ、そのとき見てきた明治大学の立派なキャンパスの話を、このサイトに書きましたら、見てくださった明治大学OBの方から、お声をかけられました。

昔、通っていた駿台予備校が、明大キャンパスのすぐそばで、明治大学の生協食堂で、食事をさせてもらったことがあります。

とんかつ定食、すごくおいしくて、ボリュームがあったように記憶しています。

そんなわけで、明治大学の様子を見て、『大学生ってこんな感じなのか』ということを教えていただきましたので、明治大学にはとても親近感を持っております。

実は40年近く前に、明治大学生協で購入した、とあるものを、今でも愛用しています。

何であるかは伏せておきますが、昔から使い続けているものの中では、一番古いものになりました。

なので、それを見るたび、駿台予備校時代の友人の顔が、ぽわーっと浮かんで来るようなことがあります。

あの頃、20歳前だった友人たちも、いまや立派なおじさん・おばさんなのでしょうが、ちょっと会ってみたいような気もします。

ひょっとすると、とんでもない大物になっている方もいらっしゃるかもしれません。

あの頃、予備校と明治大学の中間点くらいのところに、マンションの地下に下りていく紅茶の専門店の『アッサム』という、おしゃれなお店がありました。

この前、見ましたら、マンションはありましたが、その地下は、廃墟のような状態。

当たり前と言えば、当たり前ですが、1970年代は、大昔になってしまった感があります。






0棒崎市では、先の大雪被害の助成金が増えたため、新たに補正予算60億円を組み、前の補正分と合わせると100億円近くになるとの話が、上毛新聞にありました。

伊勢崎よりも、富岡市のほうが積雪量も多く、被害が大きいように思えます。

となりますと、これから、富岡市でも大型補正予算を組む可能性はあるのでしょうか?

大雪の影響は、まだまだ当分終わりそうにありません。



⊂中学校の就学援助について、教育委員会にお話を伺いに行ってまいりました。

経済的な理由によって就学が困難な児童・生徒の保護者を対象に、学用品や給食費の援助が行われています。

給食費無料化の話が出る前に、給食費を負担することが難しい方のための制度について、事前に詳しく知っておく必要があると考えたような次第です。

給食費の無料化については、私は市の財政に余裕があるなら、反対はしませんが、今の富岡市の財政状況を知っている以上、これは優先して行うべき事業ではないと考えています。

給食費として集めている金額は、年間2億4千万円ほどですが、これはあくまでも食材分の費用のみです。

岩井市長さんは、すでに様々なイベントで、『10月から給食費を無料化する』とお話をされていると聞いていますので、そのような方向で、市当局は進めるのでしょう。

まだ、議会に対しての説明はありませんので、財源をどうするのかは存じ上げません。

しかし、富岡製糸場の整備や保存に、これから30年で100億円が必要で、市の負担は1/4の25億円もの額となり、この費用をどのように捻出するのかが大きな課題になっていますが、給食費の無料化を10年すれば、ちょうどこの金額になってしまうほど、この無料化は、今後の財政に大きな負担となる可能性があります。

富岡市は、県内12市の中でも財政力指数が低く、下から3番目あたりかと思われますが、財政力の高い市でも実施していない事業を、あえて富岡市が実施するというのは、大きな疑問です。

今後、国からの地方交付税が大幅に縮減されることが分かっていて、製糸場の整備保存の費用や、新庁舎の建設費用だけでも、財政に与える影響は大きいのに、ここで、さらに年間2億円以上を投じる給食費無料化を進めれば、富岡市の財政はどうなってしまうのか、強い懸念を抱いております。

でも、給食費無料化は、子どもさんがおられるご家庭にとっては、ありがたい事業でしょう。

年間5万円近くの負担が減るわけですから、子育て中の方にとっては、メリットがあることは間違いありません。

でも、給食費無料化で、市が食材費まですべて負担するとなると、市の財政はさらに厳しくなることは確実ですので、そうなると食材も安いもの優先ということになる可能性はないのでしょうか?

また、給食費の無料化は、一度スタートすれば、よほどの事情が発生しない限り、止めることはできないでしょう。

なので、この事業は、徹底した議論を尽くした上で、実施すべきか否かを決めないと、将来に大きな禍根を残すことになると思います。

『市の財政に大きな負担となって、他の様々な事業に大きな影響が出るとしても、給食費無料化が必要』ということなら、納得はできますが、『給食費を無料化しても、財政には問題ないし、他の事業にも影響が出ない』というような、常識では考えられない論理で、無料化が進むとしたら…

『タダより高いものはない』という言葉があります。

そうならなければ良いのですが…




仝畫娃隠飴から議員定数問題研究会が開かれました。

次回の全員協議会に提出する、『富岡市議会「議員定数問題研究会」調査・検討報告書』について話し合いました。

ずでに、3月定例会で、来春の市議選から定数は3減となることが決まっていますが、その経緯についての報告書です。

順調に進めば、全員協議会終了後には、市議会のホームページから見れるようになりますので、ご興味ある方は、後日、ぜひご覧ください。




 
  5月13日(火)
ゴールデンウィークでスカイツリーを見に行ったとき、ソラマチ商店街で購入した、人の形をした『カップ麺の蓋抑え』です。

何か見ていると、哲学的な思いが頭をよぎってくるような…

3分間、見つめていると、人生も考えてしまいます。





¬_茵愴味しんぼ』の福島第一原発についての描写が、大きな波紋を起こしていますが、私が一番最初に思ったことは…

『へぇー、「美味しんぼ」って、まだ連載してたんだー』でした。

鼻血がどうのこうの、との話は聞きましたが、漫画の世界の話として、距離を置いている方が大半かと思いますが?

国の政治家まで、この描写について批判するというのは、ちょっと行き過ぎと思えます。




〆Fは『道の駅』について、いろいろ調べました。

道の駅は、道路管理者である国土交通省と、地方公共団体の共同事業ですが、現在全国に1030駅ほどあるとのこと。

ちなみに、群馬県のは29駅あり、富岡市には、旧妙義町が設置した『道の駅みょうぎ』があります。

道の駅の施設設置主体は、大半が市区町村です。

しかし、管理や運営は、第3セクターや民間企業が多く、指定管理者制度を導入しているケースも7割ほどあるようです。

先日、見学に行きました、『くらぶち小栗の里』も、施設の設置は高崎市で、運営は第3セクターとのことでした。

また、整備にかかる総事業費は、5億円ほどが一般的なようです。

もちろん、補助金をもらえる場合が多く、6割以上の施設は農林水産省の補助金を支給されているとのこと。

製糸場に来られた観光客の方々が立ち寄れるような『道の駅』を求めるご意見を、これまでもいただいておりますが、世界遺産登録が確実となった今なら、思い切って投資をする価値は十分にあるのでは?

できることなら、製糸場の世界遺産効果が続いているうちに、始めたいものです。

一般質問で、これを取り上げるかは、まだ分かりませんが、給食費の無料化よりも、富岡市の発展につながる投資になると考えます。




 
  5月12日(月)
Γ儀遑隠影放送のNHKスペシャル「行方不明者1万人  知られざる徘徊の実態」

この番組は見ることができなかったのですが、非常に深刻な問題です。

今後、団塊の世代の方々が、後期高齢者になるような時代が来たら、いったい日本はどうなってしまうのかという、何とも表現しがたい不安を感じます。

常々思っているのですが、これから先、日本の社会がさらに住みよくなるというのは、針の穴にラクダを通すくらい難しいのではないでしょうか?

国の借金は、13年度末時点で1024兆円になったとの報道もありましたが、もはやこの借金は、だれにもどうにもならない次元に突入してしまったと個人的には考えています。

現時点でも、借金は年々増えるばかりなのですから、これで人口がどんどん減って税収減で、高齢化率が上がる一方で社会保障費は膨張するばかりとなれば、明るい未来像を描くのは、かなり厳しいというか、不可能な感が…

そのうち、徘徊して行方不明になった方が出ても、まったく驚きに値しない時代がやがて来る可能性もあります。

基本的には、東京オリンピックで、日本は盛り上がっている状況ではないのでは、と感じています。

結局、こうしたイベントで盛り上げようとするのは、その後、確実に日本を襲う恐ろしい問題から目を背けさせるためなのか、などと、ちょっと疑いたくもなってしまいます。

普通に、このまま進んでいけば、日本の経済的な地位はどんどん低下し、やがては、高齢者がとても多い、普通の国になってしまうのでしょうが、自然に恵まれ、社会のインフラも高いレベルで整っている国なのですから、何とか、存在感のある国として残ってもらいたいものです。

普段、こんな話を人とすることはないのですが、自分たちの世代は、十分に幸せな時代を生きて、この世を去っていくのに、いまの子どもたちは、たいへんな人生を送らざるを得ないかと思うと、つい、暗い話ですが、現実を見つめるということで、書いてしまいました…


こうならないことを、祈りたいのですが、少しでも富岡市の住環境だけでも、良い状況を末永く維持していきたいものです。




ゥ汽奪ーW杯のメンバー23人が選ばれたそうですが、先日、あるところで、前橋育英高校サッカー部出身の方がいらっしゃって、話を聞きましたら、あの松田選手の後輩で、細貝選手の先輩にあたるとのことでした。

細貝選手は今ドイツでプレーしていますが、群馬出身の方ですので、メンバーになってほしいと思っていたのですが、非常に残念でした。

あの三浦カズ選手でさえ、メンバーに選ばれなかったほど、レベルが高いのですから、そうは簡単にはいかないのでしょうが、惜しかったですね。

でも、日本代表チームの健闘を祈りたいものです。



ぁ悖卸遑隠監の大雪に伴うカーポート等の被害状況調査結果について』の報告がありました。

それによりますと、
住宅家屋被害  1707件
カーポート被害  1294件
物置被害      597件
車庫被害      228件


これは、全戸回覧による調査で、今後の防災対策に生かすことを目的に行われたものです。

しかし、そのときの回覧板を見た印象では、少々答えづらいというか、答え方がよくわからない文面でしたので、実際にはこれよりもかなり多くの方が被害に遭われているかとも思えますが?



     

8畍紂△舛腓辰抜迭敖方面に行きましたので、ついでに道の駅も見てまいりました。

新しい建物になってから、初めてでしたが、富岡市にも、このタイプの施設がほしいですね。

中には、地元の業者さんや農家の方々が出品した品物が多数並んでいました。

地元にお金が流れる仕組みをつくるには、この方法は、最も基本的で確実なやり方と思われます。

また、イタリアの町と、甘楽町さんは姉妹都市関係があるとのことで、甘楽町産地粉を使ったピザのコーナーもありました。


おやつ代わりに、1枚、マルゲリータピザを注文しましたが、おいしく頂けました。


また、道の駅の後、こんにゃく博物館にも初めて出かけてみましたが、かなりのお客様数でした。

こんにゃくの製造工程も見ることができましたが、オープンキッチンならぬ、オープンファクトリーという感じで、素晴らしい施設ですね。

試食コーナーもたいへん充実していましたし、ここは富岡甘楽地区では、最も魅力的な観光施設の1つなのでは?

遠くの友人が、富岡製糸場を見に来たとき、こんにゃく博物館にも、連れて行けば、とても喜んでもらえそうな印象を持ちました。



 

企画政策課から頂いた情報です(赤字部分)。

本日、夕方のニュース番組で富岡のまちなかと共に「はーて」のまゆのお菓子箱が紹介されます。
詳細は以下です。ご確認ください。

■放送番組:フジテレビ 「FNNスーパーニュース」

■放送日時:4月12日(月) 17:30頃

■内容:はとバスのおすすめツアーの中で「まゆのお菓子箱」の各店舗の紹介やお客様が実際にまゆのお菓子箱を持ってまちあるきをする姿が放映されます。


お時間ございましたら、、ぜひご覧ください。



仝畫庵罅◆惶訖費無料化』について、とある議員さんに、『どうお考えですか?』と伺いましたところ、その議員さんのグループは、なんと大賛成だそうです。

年間2億4千万円もの巨額な費用が、これから延々と続く事業ですので、反対とは言わなくても、慎重なお考をお持ちなのかと思いましたが…、びっくり仰天です。

私が懸念するのは、『給食費無料化は一度始まれば、途中で中止することは極めて難しい』という点と、『合併算定替による地方交付税の優遇措置が27年度で終わり、国からもらえる交付税が今後どんどん減少する』という点です。

これから、かなり財政が厳しくなることは確実なのに、そんな時、どうしてわざわざ、限りなく巨額なバラマキに近いような事業を始めるのか?

私には、その意味、意義が、どうにも理解できません。

給食費無料化を行えば、富岡市の子ども人口がどんどん増えるというのなら、まだ意味はありますが、それもちょっと期待できないと見るべきなのでは…

市民のみなさんが、『市民全体で給食費を負担しよう』というお考えなら、進めるのは結構なことですが、私の知る限りでは、あまりそのようなご意見は聞きません。

逆に、これまでずっと、我が子の給食費を払ってこられた多数の市民の方々は、『なぜ、よそさまの子どもさんの給食費を、私たちが負担しなければならないの?』と、お思いの方も少なくないでしょう。

しかし、給食費無料化に賛成する議員が、圧倒的多数と私には思えます。

それどころか、逆に『この事業はいかがなものでしょうか?』と疑問を投げかければ、議員の中で浮いてしまうような印象が強くあります。

おそらく、岡野市長さん時代に、給食費無料化の話が出たならば、このような雰囲気にはならなかったのではないかと、推測しますが…

やはり岩井市長さんのカリスマ性が、なせる業ということになるのかもしれませんが、まだ、今後のことは決まってはいないものの、どうも、どんどん進んでしまうような印象を、最近、極めて強く感じてしまいます。





 
  5月11日(日)
Υ箘羯堋垢気鵑、PTAのイベントか何かで、『10月1日から給食費の無料化をする』とおっしゃられたとの情報が入ってきました。

まだ、議員として正式に聞いた話ではありませんが。

素朴な疑問ですが、岩井市長さんは、富岡市の財政状況をどのようにお考えなのでしょうか?

もしかしますと、私の気づかないようなウルトラCの技を駆使して、給食費無料化の財源を生み出してしまうのかもしれませんが、常識的に考えたら、これから地方交付税がどんどん縮減されるなどの状況の中での給食費無料化は、ちょっとあり得ない事業ではないかと、個人的には思いますが?

先の選挙の『目玉公約』ですから、岩井市長さんとしては、実行しないわけにはいかない事業であるという状況は、理解しますが、でも、これが最優先課題の事業とは到底思えません。

そういえば、8年前の選挙公約だった『製糸場の所有権を県に移管する』という件は、どうしちゃったのでしょうか?

そちらのほうも、岩井市長さんは、今どのようにお考えなのか、興味があります。




セ笋里箸海蹐砲癲∪住緇譴寮こΠ篁左果がやってくるか?

実は、『まゆべえ』のデザインを使ったグッズ製作を計画されている県外の会社から、ご連絡をいただきました。

ひょっとすると、ひょっとするような気もしますが、そんな簡単には、ひょっとするような結果にはならないですよね…

でも、ちょっと期待しています。



て本茶、紅茶、ウーロン茶は、どれも元の葉は同じという話を聞きましたが、これは予想外でした。

発酵のさせ方で、種類が変わるのだそうですが、身近なものにも、意外な話はあるんですね。



5腸饂務局から議員全員協議会の開催についてのハガキが来ました。

それを見ますと、協議事項の中に、『副市長の選任について』、『教育委員会委員の選任について』とうい項目があります。

どのような方のお名前が挙がるのかは、まったく分かっておりません。

しかし、岡野前市長さん時代に、元教育長さんの件で、大混乱した経緯がありますので、できることなら、日本中の注目を集めている富岡市ということを考え、複雑な展開にならないような方になっていただければ…、と思っております。



朝刊の折り込みの中に、『再生富岡』さんのチラシが入っていました。

岩井市長さんの政治団体のチラシですが、表面は、イコモスの登録勧告の記事で、裏面は、24人の国のお役人の方々との歓談中や握手をしているときのお写真でしたが…

でも、一人ひとりのお顔がはっきり分かる写真と、役職名と個人のお名前まで、政治団体のチラシで、書いてしまうというのは?

国のお役人の方々とのパイプがあることを伝えたいというのが目的なのでしょうが、違和感を持ってしまいます。





仝畫娃源から、市民体育大会オープニング大会の結団式が一ノ宮公民館前で行われました。




 
  5月10日(土)
ぃ横娃苅闇までに、20歳から39歳までの若年女性が半減してしまう県内の市町村のリストが、新聞に出ていましたが…

減少率は南牧村89.9%、
下仁田町85.5%、
甘楽町60.9%
安中市55.3%と、
近隣の市町村は軒並み入ってしまっていますが、富岡市は入っていませんでした。

どのくらいの数値なのかは、わかりませんが、比較的減少率に歯止めが掛かっているようで、この点はちょっと安心しました。

しかし、50%は超えていなくても、かなりの高率で減っていくことは間違いありませんので、富岡市で育った女性が、希望知れば富岡市で仕事をし、生活していける環境を整える必要があります。

市で、50%を超える減少率であったのは、
渋川市58.9%、
桐生市57.6%、
安中市55.3%、
沼田氏50.4%
の4市ですが、市のレベルでも、このように若い女性がどんどんいなくなってしまうというのは、非常に深刻な状況です。




M縞6時まで、バドミントン教室でしたが、そのまま家に帰るのも、まだちょっと早い感じでしたので、もみじ平公園まで行って、4kmほどスロージョギングもしてきました。

2時間バドミントンをして、スロージョギングもしましたので、けっこう、今日は運動をした一日になった感があります。

歳を重ねるごとに、『人間最後は、体力勝負』と思えるようになってきました。

これから若いころのような体力を持とうなどという、無謀な目標はとても持てませんが、70歳、80歳になっても、10kmくらいのロードレースなら、ひょうひょうと走ってこれるらいの体力を維持できたら、カッコいいな、と思っています。

それをちょっと意識しながら、無理せず、スロージョギングは続けていこうかと考えているのですが、まずは、月に30km、1年で365kmのスロージョギングは、最低限、達成しないと…。



午後4時から、西小で行われた社会人バドミントン初心者教室に行ってきました。

生徒は7名で、男性3名、女性4名でした。

また、ご指導していただいた先生は、私の母とほぼ同じような年齢の方でしたが、とても若々しくお元気、ビックリしました。

大学2年の体育の授業でやってから、コートでバドミントンをしたことは1度もありませんでしたが、想像以上に運動量が多く、汗だくだくでした。

でも、バドミントンは、やり始めると面白いですね。

けっこう夢中になってしまいそうです。



^柄亜▲僖愁灰鵑妊ぅ薀好箸鮑遒蝓■桔円以上の費用を投入し商標登録までした『まゆべえ』を、そのままにしていたことに、昨夜突然、気づきました。

ネット検索しましたら、『富岡製糸場 マスコット』で調べますと、上位に表示されることが分かりましたので、世界遺産登録が確定した今、何もアクションを起こさないのはもったいないと思い、『脱力系地域振興活動団体 とみおか・さんべえ・プロジェクト』のウェブサイトを、1時間ほどで、組みなおしました。

上州よりも、『グンマー帝国』のほうが、時代にマッチしているかと考え、上州弁を『グンマー帝国標準語』という表現に変更し、ウケを狙ったつもりなのですが…

ちなみに、まゆべえのキャラクター設定にも、以下のようなストーリー性を加えました。
 
 
 
名称:まゆべえ
グンマー帝国内の様々な場所に突然出没し、帝国内の平和を監視する謎のキャラクター。

口数は非常に少なく、グンマー帝国標準語の上州弁しか話せない。
肘枕で寝ながら、グンマー帝国の
少子高齢化や人口減少問題を考えているとのウワサもあるが、
おそらく、何も考えていないと推測される。

一説によれば、帝国内にある富岡製糸場がつくられる前に、
欧州の仏蘭西国から持ち込まれた繭が、
突然変異したとの話もあるが、定かではない。

とういわけで推定年齢は1872年生まれの142歳。

富岡製糸場の歴史を、すべて自分の目で見てきた『まゆべえ』から
当時の状況の話を聞こうと、多くの歴史学者、科学者、マスコミが
『まゆべえ』を追っているが、あまりの神出鬼没ぶりに
だれもまだ、成功していない。

相棒は、ネコのニャン吉。
ちなみに、まゆべえが、ネズミに食べられそうになったとき、
ニャン吉に助けられたのが、その縁の始まりと言われている。

また、富岡製糸場へ工女として来た娘さんたちが、
ふるさとを思い、涙を流すと、
まゆべえとニャン吉が現れ、そんな工女さんを
元気づけたとの話もあるが…

そうなると、お富ちゃんと、まゆべえ、ニャン吉は、
明治の頃から、すでに友だちであった可能性もある。

先日、富岡製糸場のイベントで、多くのファンに囲まれていた お富ちゃんに、
突撃インタビューし、そのことを確認しようとした。

しかし、お富ちゃんは、私の目を見つめながらも、何も語らなかった。

だが、その表情の奥には、何かがあると、私には思えた。




 
  以前よりも、まゆべえのキャラクターに厚みが出たかと思いますが、この方向性で、世界遺産である富岡製糸場の非公式マスコットキャラクターとしての確固たる地位を確立し、グンマー帝国の『ふなっしー』を目指そうかと…

『そりゃー、無理だんべーなー』、っていうところでしょうね。 




 
  5月9日(金)
ゼ分の市議会だよりの原稿を書くために、この何日かは、家にいる時間が多くなっています。

調べたいことがありますと、すぐにネットで検索をするのですが、つい、別のサイトまでちょこちょこ見てしまい、脱線してしまう点が、ネット検索の問題点とでもいいましょうか…

今日も、たまたま、元巨人のピッチャーで、『空白の1日』事件で阪神にトレードされた小林繁さんについて書かれたサイトに行ってしまい、つい熟読してしまいました。

江川さんが巨人に入るために、阪神に出されてしまった小林さんでしたが、その年、巨人戦には8勝0敗という成績を上げ、日本中を興奮させました。

私は大学2年生の頃でしたが、あの時の小林投手は、本当にカッコよかった。

ちなみに、あの『空白の1日』事件までは、巨人のファンでしたが、あの日を境に、アンチ巨人とまでは行きませんが、巨人が好きではなくなりました。

私の世代では、結構同じような考えの方が多いのではないでしょうか?




ご箘羯堋垢気鵑砲覆蕕譴討ら、2週間ちょっと過ぎました。

職員の方々は、それぞれの部署ごとに、市長とお話をする機会があったのでしょうが、議員のほうは、まだ何もありません。

個人的には、消防団の歓送迎会と、旧茂木家住宅祭で、席が隣になりましたので、市長さんとは少しお話をさせていただく機会はございましたが、市政についてのお話などは、まったくお聞きしていません。

そんなわけで、市長のお考えというものは、広報とみおか5月号の『市長就任あいさつ』で知るくらいのことしかできていません。

それには、『公平公正な市政を推進するため(略)…次の8項目を柱とした公約を掲げさせていただきました』という表現があります。

ちょっと感じるのですが、富岡市の政治に関わる方は、『公正』『公平』という表現をよく使われる傾向があるのでは?

選挙のスローガンでも、『公正』『公平』を訴える方が、とても多いですよね。

私は基本的に、これらの言葉は使いません。

なぜなら、それは当然の前提であって、あえてそれを言葉にするというのは、逆に、おかしいのではないかと、強く思えるからです。

どうも富岡市は、『公平』『公正』ということばが、あちこちで使われているように思えますが、これを外部の方が耳にすれば、『富岡市って、よほど公平公正ではないところなんだろうな…』というふうに思われてしまうような心配があります。

自分の正しさをアピールするためだとはいえ、『公平』『公正』という表現を使うのは、逆に富岡市にとってネガティブな印象を与えることになり兼ねませんので、特に市の代表である市長さんは控えたほうが良いように感じますが?





F本創成会議・人口減少問題検討分科会が、昨日公表した人口の将来予測が新聞に出ていました。

2010年と2040年の比較で、20から39歳の女性の減少率が高い市町村の全国ランキングで第1位は、南牧村。

第6位は神流町。

さらに第12位は下仁田町と、群馬県の西毛地区で、富岡市近隣の町村が上位に入っています。


以前と比べますと、ご近所でも子どもの数が減っていますが、そのうち、若い女性も珍しいような時代になってしまうということなのでしょうか?

2040年といったら、そんなに遠い未来ではありませんので、これは非常に気になる問題です。

この年まで、私は生きていれば、82歳になりますが、そのときは、
『今日、買い物に行ったらさー。わけーおんなしがいてさー。驚いたいねー。』
『ほんとかい。そりゃーおったまげたなー』
なーんていうことになっているのかも…しれませんね。




∪住緇譴如公衆無線LANサービスが始まってから、最近これについて興味を持っています。

そんなわけで、昨日、セブンイレブンに寄ったとき、駐車場でセブンイレブンの無線LANサービスである『セブンスポット』を、タブレットで試してみました。

メールアドレスを登録して、パスワードを設定するだけで、すぐに、ネットに接続できました。

ヤフーの検索なども、普通に使えましたので、これは結構ありがたいサービスですね。

ちなみに、1日2回、1回30分までという制限がありますが、タブレットを持っている方は、使えるように設定しておけば、便利かも?




,い涕畫娃飴を少し回ったところですが、何やら外は強い雨で、しかも、雷のような音も聞こえていますが…

明日というか、今日のこれからのお天気は、大荒れなのでしょうか?



 
 
  5月8日(木)
地方では、若い女性が働ける場がどんどん減っていることから、それが地方の衰退の大きな要因になっているとの話を聞きました。

しかも、東京に行けば、確かに若い女性の働く場は豊富にありはしますが、東京での子育ては大変なため、多くの子どもを産めず、それも人口減少のピッチを速めているとのこと。

つまり、地方で若い女性が普通に働けて、そこで結婚し、たくさんの子どもを育てるようになれば、日本の人口減少に歯止めが掛かるということなのでしょうが…

言うのは簡単ですが、そのような社会にするのは、簡単ではありません。




ΓDプリンターで、拳銃を作った男が逮捕されたというニュースがありましたが、3Dプリンターというものは、そのような物まで、作れてしまうものとは知りませんでした。

樹脂で、様々な造形の物を作れるとは聞いていましたが、それで部品を作って弾が発射できる銃になるというのは、予想外です。

しかも、その3Dプリンターも、自作できるというのですから、これもビックリです。

ネットで3Dの設計図データをダウンロードすれば、家で何でも作れてしまうような時代が来るとしたら、これは便利なような不気味なような…

そのうち、3Dプリンターで作られた爆弾によるテロなどが起こるような時代になってしまうとしたら、まさに悪魔の発明ということになってしまうのでは?






ダこΠ篁坤▲デミーという団体のサイトに、富岡製糸場をご覧になった方のレポートがありました。

世界遺産についての知識をお持ちの、外部の方は、このような感想を持たれたのかということが、分かります。

試しにご覧になってはいかがでしょう?

 マイスターのささやき:[富岡製糸場と絹産業遺産群] 見学最新レポート



ね縞のニュースで、『2040年以降、全国で896の市町村が消える』との、国の機関による発表を取り上げていました。

消滅する市町村の中には、箱根町、日光市、草津町なども入っていましたが、幸い富岡市はその中には入っていませんでした。

高齢者の年金で成り立ってきた『老人経済』の地域は、その高齢者が亡くなれば…ということですが、いよいよ人口急減社会というテーマが、切実な問題となるときが近づいて来た感があります。

富岡市も2040年には、人口は3万8千人で、高齢化率は40%を超える見込みですが、何とか、この流れを遅くしなければなりません。

それには、まずは、若い方が働いて生活できる環境を作ることが重要です。

工場誘致という手法が難しい時代、若者たちの働く場をいかにして築いていくか?

これができるか、できないかで、地域の未来が大きく変わってしまうことは間違いなさそうです。




もみじ平体育館のスポーツ課に、先ほど行ってまいりました。

サファリマラソンや、一ノ宮市民グランドのことなど、いろいろお話を伺ってきました。

また、体育館のジムは、平日でも、結構ご利用する方はいらっしゃるんですね。

ランニングマシンを使っている方などが、見えました。


広報とみおか5月号に出ていた『社会人バドミントン初心者教室』のことをお聞きしましたら、10人定員のところ、まだ何人か空きがあるとのお話でしたので、申し込みをさせていただきました。

実は、大学2年生の時、体育の授業でバドミントンを1年間したことがありまして…

35年ぶりに、バドミントンをしてみることにしました。

ちょっと心配なのは、年々、動体視力が低下してるように思えることです。

空振りばかりというようなことにならなければ良いのですが…

それにしても、今日は穏やかなお天気で、風もさわやかですね。

芝生の上に寝転んで、空を見上げるのもよろしいような一日です。





群馬県内の養蚕農家は、平成25年度は181戸と、読売新聞群馬版にありました。

富岡市内の養蚕農家は15戸弱と聞いていますので、割合とすると、富岡市の戸数は、県内でも10%に満たない状況ということになります。

富岡製糸場のお膝元の富岡市が、この割合では、ちょっと改善する必要があるように思えます。

養蚕農家で農業体験をするような観光プログラムをつくり、養蚕収入プラス観光収入を得られるような農業経営に変えていけば、養蚕農家を増やせるような可能性が、ひょっとするとあるのでは?

あくまでも素人の発想ですが、何か新しい試みを行うべきと強く感じます。

ところで、群馬県オリジナルのカイコ『ぐんま200』という種類のものがあるそうですが、カイコって、いろいろ種類があるんですか?





。憩付で、議員に『イコモスの評価結果及び勧告の概要』という文書が配布されました。

それによりますと、富岡製糸場の顕著な普遍的価値について、以下のような内容があります。

19世紀末期に養蚕と日本の生糸産業の革新に決定的な役割を果たし、日本が近代工業化世界に仲間入りする鍵となった

つまり、『富岡市は、世界第3位の経済大国である日本の、その礎を築いた街』と言ってよろしいかと思います。

ぜひ、この情報を国内だけでなく、世界に発信し、富岡市の存在感を高めて行きたいものです。




 
 
  5月7日(水)
Ю茲曚鼻NHKで放送された、歴史秘話ヒストリア「パリ ナースたちの戦場〜看護婦が見た世界大戦の真実〜」を、ちょっと見ました。

第1次世界大戦のときに、日本からフランスへ救護のために派遣されていた医師や看護婦の方々がおられたことを知り、驚きました。

また、第1次世界大戦が勃発したのは、ちょうど100年前の1914年。

昔、世界史の勉強をしていたときなら、すぐに思い出せましたが、この番組を見たことで、記憶がよみがえりました。

ちなみに、その100年前の1814年は、あの有名なウィーン会議があった年です。

『会議は踊る、されど進まず』で知られている国際会議ですが、200年前まで戻ると、ナポレオンの時代まで行ってしまうわけですね。

でも、高校生の頃の200年というのは、自分の人生の10倍以上で、とてつもなく昔のことと思えましたが、55歳になって200年というと、同級生が4人集まれば、そのくらいは簡単に超えてしまいます。

歳を重ねると、若い時ほど、昔が昔に思えなくなってきますよね。







今日の東京株式市場は、日経平均株価が400円以上、下げたそうです。

私は株主優待狙いで、ジョイフル(ファミレス)、ゼンショー(すき家を運営)などを最低単位保有し、時々、会社四季報など一切見ず、そのときの直感だけで売り買いもしています。

全日空は、優待券を確保しましたので、すべて売ってしまい、今、宇部興産という会社を、先日、なんとなく179円で買ったのですが、これがちょっと、思惑と異なり、ズルズル値を下げているとでもいいましょうか…

株式投資というと、何だかあまり好ましいことではないような風潮もありますが、これは経済の勉強になりますし、世の中の様々なことに関心を持つ良いきっかけにもなりますので、無理なくやるのなら、一つの社会勉強になるのではないでしょうか?

宇部興産が、本日、年初来安値更新で170円まで下げましたが、そろそろ下げも限界じゃないのかという印象を持っております。

ただ、株価の先行きは、だれにも分からないとうのが現実ですが…

1年保有していれば、190円から200円ゾーンくらいは行けるような印象を勝手に抱いておりますが、はたして、素人の予想通りに進むものでしょうか?

ちなみに、なぜ宇部興産を買ったのかといいますと、このような歴史のある会社は極端に業績が悪くなる可能性が低いのではという予想と、配当がちゃんとあり、会社の資産から考えると、この水準からさらに売られる可能性は低いと、素人判断しました。

あくまでも、素人の判断ですので、あまり参考にはならないかと思いますが…




ィ儀遑監、富岡市製糸場の開門前に、何と1600人以上のお客様が並んだとの情報を、今日伺いました。

1600人の行列を、実際にこの目で見てはいませんが、ここまでの行列というのは、全国的に見ても、そう滅多にあることではないでしょう。

製糸場の歴史の中でも、大きなエピソードの一つになるかと思いますが、わずか10日ほどの間に、富岡市の知名度は大きく変わってしまって、逆に恐ろしいほどです。

あらゆることが順調に進みすぎているときほど、注意が必要な気もしますが…




ぁ愼擦留悄戮砲弔い董▲汽ぅ箸暴颪ましたら、『富岡市と深い関わりがある、あの企業にお願いしてはいかがでしょう?』というご意見をいただきました。

ということで、夕方、その企業のホームページから、社長さんに、お願いのメールを送らさせていただきました。

ダメで元々ですが、やってみないことには何も変わりません。

はたして、どのようなご返事をいただけるでしょうか?



先の妙義町との合併により、平成27年度までは地方交付税が優遇されています。

しかし、その優遇措置は、合併後10年までです。

なので、11年目の平成28年度から5年に渡り、優遇されていた地方交付税が少しずつ縮減され、16年目の平成33年度には、それはゼロになります。

先日、財政課で確認しましたところ、
28年度は9割
29年度は7割
30年度は5割
31年度は3割
32年度は1割になるとのことです。

33年度には、今よりも6億円ほど、地方交付税が減る見込みとのお話でしたので、そうなりますと、
28年度は−0.6億円
29年度は−1.8億円
30年度は−3億円
31年度は−4.2億円
32年度は−5.4億円となり、
5年間で15億円の減額という計算になるかと思われるのですが…?

これは大変、気になる数字です。




∪萋購入したエプソンのプリンターを、使えるようにしました。

A3用紙が印刷できる機種ですので、大きくて重いのですが、試しにシール用紙に印刷したところ、以前使っていた機種よりも、格段に印刷が鮮明で、ちょっとビックリしました。

こんなことなら、もっと早く、切り替えたほうが良かったとも思えますが…


これまでにプリンターは何台も買ってきましたが、やはり価格が高いほうが、印刷のクオリティも良いように感じます。

ところで、用紙を立てて印刷する機種は、非常に少なくなっているそうですが、下のトレイから巻き上げる方式よりも、こちらのほうが良いのになぜでしょう?




.廛譽献妊鵐箸箸い雑誌のサイトを時々見ます。

面白い記事が多く、つい読んでしまうのですが…

先ほど、こんなのを見ました。

10億円の資産が2カ月で消えた理由

「督促OL」は見た!借金まみれの高収入エリート君

つらい世の中が楽しくなる!『般若心経』入門


般若心経について、ほとんど知りませんでしたが、このサイトによりますと、色即是空とは『起きてしまったことはどうしようもない。過去を受け入れよう』という解釈になるのでしょうか?

また、空即是色とは『これから起きることを、あれこれ心配してもしょうがない。未来をそのまま受け入れよう』という意味のようですが…

言われてみれば、確かにそう思うしかないですよね。

ビートルズの有名な曲に『Let it be』というタイトルの曲がありますが、これも直訳すれば『そのままにしておけ』というようなことでしょうから、般若心経に通ずるところがあるということなのでしょうか?





 
  5月6日(火)
チ吁爾帽圓辰晋紂△擦辰くですので、北軽井沢までドライブがてら出かけてみました。

旧倉渕村は現在、高崎市ですので、高崎市からいきなり長野原町北軽井沢に入るわけですが、これには少々違和感を持ちます。


しかし北軽井沢に入ると、いきなり景色が軽井沢モードになりますね。


また、北軽井沢に行きますと、まだ桜が残っている状態でした。


倉渕から北軽井沢に抜ける道は、久しく通っていませんでしたが、何か昔風の空気が漂っているとでもいいましょうか、ほのぼのとしたものを感じます。

また、上の写真は、北軽井沢観光協会の建物ですが、中で職員の方から『旧草軽電鉄』のお話を教えていただきました。

私が生まれた頃は、まだ走っていたとのことですが、もしも今、軽井沢と草津を結ぶ電車が残っていれば、面白い存在だったように思えます。

北軽井沢は、人が少なく、寂しい感じも少々しますが、逆に、そこが魅力のように感じます。





じ畍紂∋間がありましたので、倉渕で最近オープンしました『道の駅 くらぶち小栗の里』を見学に行ってきました。

ちょうど道の駅について調べたいと思っていましたので、良いタイミングでした。




お店の方に伺いましたら、この道の駅は第3セクターで運営しているとのこと。

また、木を生かした建物で、倉渕の雰囲気にとても合っているように思えました。

連休中ということで、お客さんの出入りも多いですね。

あとは、平日にどれくらいの集客が見込めるのかが、大きなポイントになりますが?

この手の施設に来ると、ソフトクリームを必ず買いますが、『黒豆ソフトクリーム』というものを、1つ食べてみました。


300円でしたが、濃厚な感じでありながら、さわやかな味わいで、なかなかの品でした。

物品販売コーナーには、地元産の野菜や、加工食品のほか、手作りの工芸品コーナーなどもありました。

最近、にんじんのジュースを時々買いますが、倉渕の業者さんが製造している品がありましたので、1本買ってきました。

このような施設に来ますと、少々高めの商品でも購入してしまうのは、『道の駅』効果ということなのでしょうか?




8畫娃隠飴くらいに、製糸場の前へ行きましたら、今日もたくさんの人出でした。



また、宮本町の駐車場を見ましたら、他県ナンバーの多いこと…

ざっと見たところでも、大宮・青森・多摩・京都・所沢・練馬・春日部・野田…という感じで、首都圏以外の車も、珍しくありません。

これって、かなりすごいことなのでは?

午前9時を少し回った時間で、ほぼ満車状態ということにも驚きます。






∪茲曚鼻△泙舛鼎り課に出向き、製糸場の来場者数について、お話を伺ってきたところ、以下のような状況でした。

5月3日 6456人
5月4日 8142人
5月5日 7984人

この連休中は、これまでより、もかなり多くのお客様にお越しいただいておりますが、それでも、駐車場は対応できているようですし、車の渋滞や事故もないとのことです。

まちづくり課のみなさんは、イコモスの勧告が出た後は、休みが取れず、連日の勤務だそうですが、本当にご苦労さまです。

明日からは、余裕ができるかと思われますので、ぜひ、お休みも取って、リフレッシュしていただきたいと思います。お疲れ様でした。



.ンカ堂の跡地には、いまドラッグストアが建設されていますが、様々な方から、その場所に、『道の駅のような施設をつくっては?』とのご意見を、これまで度々いただいてきました。

もちろん、担当部署にも、そうしたお話はさせていただきましたし、また、一般質問でも、地元の特産品販売のための施設設置を提案したこともあります。

残念ながら、そのような方向に進みませんでしたが、個人的には、数年前、高瀬地区にオープンしたホームセンターの土地あたりに、そのような施設を設けることができれば、富岡インターからも近いですし、最適と思っていました。

今となっては、どうにもならないことですが、イコモスの評価も、たいへん高いものでしたし、またマスコミの取り上げ方も、想像していた以上に大きく、好意的であったことから、大きなチャンスを逃してしまったような印象も少々感じます。

しかし、いまのような状況になることは、絶対ではありませんでしたし、もしも、大々的に準備して、その挙句、世界遺産登録に至らなかったら、それこそ市の財政に大きな負担となる危険性もありました。

そのようなことを総合的に考えますと、なかなか決断できなかったというのも、仕方がない面もあるというのが現実です。

となりますと、これからできることというのは、世界遺産登録は確実となったのですから、あとは、いまの状況を、単なるブームで終わらせない工夫と努力をいかにしていくかということになるのでは?

元からの観光地ではない富岡市が、極めて大きな観光資源を手にしてしまったことで、逆にどうすればよいのか困ってしまったという所かもしれませんが、いまからできることを確実に進めることが重要と考えます。

まず一つ重要なことは、富岡製糸場の煉瓦の建物ももちろん重要ですが、それ以上に、富岡製糸場が、いまの世界第3位の経済大国であるこの日本の礎を築いたことを広く周知することではないでしょうか。

ただ単に、建物だけを見て評価してもらうのではなく、この富岡市で明治の初めに起きた出来事が、日本の今を築き、世界の歴史に大きな影響を与えたことを知っていただき、『近代日本のルーツの街』と、日本中の人たちに思ってもらえるような戦略が、必要と考えます。

爆発的な観光客数は、長くは続かなくても、『富岡市イコール日本の近代産業の原点の街』というイメージを確立できれば、今後、大きな存在感を示せることができるでしょう。

そうした戦略は、富岡市の経済にとって、即効性はないかもしれませんが、富岡市ブランドを確立することにつながりますので、長期に渡って、様々な分野で大きなメリットを生じさせることにつながるのでは?

そんなことを、いま考えています。



 
  5月5日(月)
だ茲曚鼻▲瓠璽襪離船Д奪をしましたら、4日の製糸場について、以下のような内容のご意見をいただいておりました。

『宮本町や仲町は人があふれ,、お富ちゃん家、仲町交流館は入りきれないくらい、また、土屋の魚屋さん、みのすけのうどんやさんなども長い行列ができてました。
まだ内定なのに、これで正式に世界遺産になったら、どうなってしまうんでしょうか。
トイレ、休憩所、交通のことなど、市はかなり油断していたのでは?』

以上のような内容です。

ただ、ここまで一気にお客様の数が増えますと、どれだけ入念に準備していたとしても、万全な対応をすることは極めて難しいというのが現実ではないでしょうか?

このゴールデンウィーク期間中の入場者数は、一つのピークとなる可能性もあるように思えますが…

世界遺産の登録が決定するのは、6月の20日ごろですので、特別な休みがあるような時期ではありません。

となると、たとえ世界遺産に登録されたとしても、このゴールデンウィーク以上の人出になる可能性は低いように思えます。

ピークに合わせて、駐車場やトイレの整備をすれば、人出が減ったとき、『ガラガラの駐車場と、だれも使わないたくさんのトイレ』ということになり兼ねません。

どこに合わせて整備をするかというのは、非常に難しい課題です。

私の勝手な予想ではありますが、イコモスの勧告が出た直後のゴールデンウィークの、最も人出が多くなる時期であった5月の3日、4日の入場者数が、今後も富岡製糸場の最多入場者ということになる可能性が高いのではないでしょうか?

なので、この数日以上の人出を想定して整備を進めますと、過剰な整備となってしまうリスクが高まるのでは?

あくまでも、私の見方ですが…




2箸北瓩辰董■監付の読売新聞群馬版を見ましたら、富岡製糸場の3日の来場者数が6456人で最多更新とありました。

5千人以上は危険なので、入場者させないような方針の話を以前聞いたことがあります。

それをかなり超える数ですが、対応のほうは、大丈夫だったのでしょうか?

それにしても、開門前から400人の行列ができたというのは、仰天の変わりぶりです。

イコモスの登録勧告が出て、世界遺産登録が確実となると、これほど世の中の見方が変わるものなのかと、思わざるをえません。



久しぶりに、御茶ノ水に行ってきました。

18歳の頃、1年間、通っていた、懐かしの地ですが、さすがに37年の年月が経つと、当時とはかなり違っていました。

でも、スクランブル交差点の駅の向かい側には、現在も交番がありますし、楽器店も立ち並び、丸善の書店や文具店などは、いまもそのまま残っていました。


御茶ノ水の変化で最たるものは、明治大学の近代的なキャンパスでしょうが、これはすごいですね。

明治大学はいまや日本で一、二を争うほどの志望者がいるそうですが、このロケーションで、このようなキャンパスを構えれば、明治大学に行きたい高校生は増えても当然でしょう。

大学改革で、最も躍進した学校の一つであることは間違いなさそうです。




〜當の地震には、びっくりしました。

ちょうど出先にいて、震度5弱だった東京のそばでしたので、『ついに来たか! 巨大地震』と一瞬思いましたが、たいしたことがなくて、良かったです。

さて、今朝、東京駅で朝日新聞を買いましたら、社説で富岡製糸場を取り上げていました。

『見えないものを伝える』というタイトルでしたが、いまや日本の地方都市で一番世の中の注目を集めているのは、富岡市と言っても言い過ぎではないのかもしれません。


 
  5月4日(日)
ざ篋造両床阿帽圓ましたら、『ムーミン展』をやっていまして、フィンランドのムーミン関連商品も販売していました。

実はワタクシ、10年前にフィンランドに行ったことがありまして、個人的には、この国のことを、とても気に入っています。

あの時、お土産には大量のチョコレートを買ってきたのですが、ちょうど今日、フィンランドのムーミンデザインのチョコレートも売っていましたので、懐かしさから、何本か買ってみました。


また、トナカイのキャラクターのペンケースも売っていましたので、USBメモリ入れにでも使おうかと思い、こちらも買いました。

子どものようではありますが、結構、この手のグッズが好きで、つい買ってしまうんですね。




ワタクシ、これまでSuicaを持っていなかったのですが、今回、東京に来て初めて使ってみました。

チャージしておけば、改札でタッチするだけで乗れることは知っていましたが、いざ試してみると、これは想像を超えるほど便利じゃないですか!

JR線も、地下鉄も、これ一枚で、切符を買わなくても乗れてしまいますし、駅のお店の支払いもできるとは…

電子マネーは、セブンイレブンのナナコと、イオンのWAONをこれまで使っていましたが、Suicaのほうが、はるかに利便性が高いように思えました。

自分の知らないところで、どんどん時代は進んでしまっていることを痛感するばかりですが、多くの人が使うものには、それだけの理由があるということですので、流行っているものは、積極的に日々の暮らしに取り入れていかないとマズいですね。


∪茲曚鼻▲好イツリーを見に行ってきました。

ゴールデンウィークの真っ最中ということで、ソラマチのショップ街は恐ろしいほどの混雑ぶりでした。

完成後、ずいぶん経っているかと思いますが、スカイツリー人気は、まだ衰えを知らぬようです。




〆鯑、立ち寄った三芳パーキングエリアですが、この写真の『食の駅』のコーナーで、時々買い物をします。

ここの商品は、少々お値段は張りますが、珍しいもの、美味しいものが多いように思えます。

富岡市も、いまや全国から、お客様にお越しいただいているのですから、ここのコーナーのような形で、地元の農産物や加工食品などの販売をしたいものです。

食材のおいしさを追求したような商品ならば、高額でも、けっこう売れるような印象を持ちますが?

普段の生活では、ありえない値段でも、観光で出かけたときには、つい買ってしまうということは、よくあることです。

本物志向、高級志向の地元食品を並べた店、一つくらいあってもいいですよね。






 
 
  5月3日(土)
∪茲曚鼻TBSのニュースキャスターを見ていましたら、富岡製糸場が取り上げられていました。

お蚕の形をしたチョコレートが、たいへん売れているという話も出ていましたが、ワタクシ、初めてその商品のことを知りました。

仲町交流館で販売しているようですが、テレビで取り上げられたということは、これから爆発的に売れる可能性もあるのでは?

製造しているのは、丸エイ食品さんという会社だそうですが、先ほどネットで調べたところ、藤岡市の業者さんのようです。

ぜひ、富岡市の業者さんにも、大きな話題になる商品をつくっていただきたいものです。



 今日は、朝から、家族で出かけています。

関越道の下り車線は、かなりの渋滞だったものの、上りでしたので、渋滞は全くなしでした。

昼食は、三芳パーキングエリアで食べましたが、ここはおいしいお店が多いですね。

今日は、ラーメンを食べましたが、『今年食べたラーメンの、マイランキング第1位』といえるくらいの、なかなかの味でした。

また、ニンジンのジュースを初めて飲んでみましたが、これもけっこうクセになるような味覚でした。

価格は200円ちょっとと、少々お高めですが、健康にはよろしいのでは?


宿泊先のホテルに来ましたら、ちょうど結婚式をしていました。


別のお客様もかなりいらっしゃる中、ホールで結婚式というのは、私たちの世代ではちょっと考えられないことですが、こういう時代ということなのでしょうか…


夕方から、ディズニーランドに行きましたが、やはり連休中ということで、かなりの混雑でした。





 
  5月2日(金)
M縞、一ノ宮小学校のPTA・子育連の合同歓送迎会がアミューズでありました。

私も十数年前にPTAも子育連も両方とも役員をさせていただきました。

なので、この懇親会は、いつも楽しみに出席させていただいています。

また、別の会場で、北中のPTA歓送迎会が行われていて、かつて一ノ宮小PTA時代に、たいへんお世話になりました北中の校長先生に久しぶりにお会いすることもできました。

その先生とは、いっしょに出雲崎の臨海学校にも行きましたが、あれはフランスのワールドカップが行われた年ですので、確か1998年。

もう16年も前の話と気づき、ちょっとビックリです。

人生、歳を重ねるほど、時間の速度に加速がつくように思えますが、本当に10年くらい、あっという間ですね。

このあっという間が、あと、1回か、2回か、3回もくれば、この地球上にいなくなると思うと、『Life is very short !』と思わざるを得ません。

そんなことを思ったからというわけではありませんが、今日は2次会に誘っていただきましたので、ちょっと行ってきました。

自分が現役で役員をしていた時代が思い出され、ちょっと気持ち的にはヤングになった感があります。

今日のサイト更新が遅かったのは、普段は行かない2次会に行ったからですが、たまには、いいですね、2次会も…




◆慇住緇貅辺で、公衆無線LANサービスが始まった』と、新聞に記事が出ていました。

私は、公衆無線LANを使ったことはないのですが、タブレット端末などを持って、そのエリアの中に入れば、どんどんネットに接続できるのかと思っていたら、そうではないのだとか。

IDやパスワードの入力をするなどの手続きを踏まないと利用できないようで、かなり複雑なようですが、あまり難しいと、せっかくのサービスも利用する人がいないようなことになってしまわないのか、ちょっと心配です。

自由に接続し放題となると、それはそれで悪用されてしまう危険性もありますし、ネット系のサービスは、加減が難しいというところでしょうか?



”找市は妙義町と平成18年に合併したことで、10年間は地方交付税の優遇措置を受けることができます。

その額は、年間およそ6億円です。

でも、それも平成27年度までで、28年度から5年間かけて、徐々にそれが削られ、平成33年度には優遇措置がなくなります。

製糸場の保存管理の費用はかかりますし、税収も今後、減少せざるを得ない状況になる可能性は極めて高い中、これは大きな問題になることは確実です。

まだ、あまり、それについての議論は出ていませんが、早めの対応が必要です。



 
  5月1日(木)
ヌ襭兄から、お富ちゃん家で、『スマイルとみおか』の会議がありました。

昨年は、『お富ちゃんのシルク体操』のムービー撮影がありましたので、活動に燃えていたのですが、今年は大きな目標がなくなってしまい、個人的には、ちょっと一服感があるとでもいいましょうか…

今日は、20名弱ほどの方が集まりましたが、世界遺産登録決定の日に何をするかを、今後、決めていくことになりました。



また、その席で、新しい富岡駅舎が表紙の、建築専門誌を見せていただきました。

建築界では、高い評価ということなのでしょうか?





こ甲罎鯤發人の数が、今日も多いように思えました。

駐車場に車を止めて、製糸場まで行かれる方かと思いますが、イコモスの勧告が出てから、雰囲気が変わってきた感じがします。

いよいよこれから、ゴールデンウィークの本番となりますが、製糸場の入場者数は、さらに最高記録更新ということになるのでしょうか?

道路の渋滞も非常に気になるところですが、この連休中の人出が、これから先の大きな目安になりそうです。




先日、『テルマエ・ロマエ供戮髻見てきました。

第一作目よりも、かなり多くの予算を投入したような印象ですが、とても面白かったです。

草津温泉で撮影したシーンがかなり出ていましたので、この映画は、草津の良いPRにもなったのでは?

ゴールデンウィークに、映画を見に行く予定がある方は、『テルマエ・ロマエ供戮、よろしいかと思います。




一昨日、一ノ宮市民グランドで、地元の少年野球チームの試合が午前9時から行われると聞いていましたので、歩いて出かけましたところ…

誰もいないので、『あれれれ??』と思いました。

今日、野球の審判をよくされている方にお会いしましたので、そのことを話しましたら、その日はちょうど、もみじ平野球場が使えるようになったため、急遽、試合会場を変更したのだそうです。

そういうことも、あるんですね。




仝畫庵罅△舛腓辰隼間がありましたので、もみじ平野球場の周りでスロージョギングをしてきました。

7kmほどジョグしましたが、今日は日差しが強くて、少々暑い感じでした。

ゴールデンウィークらしい天候になってきましたね。

また、午後、都市建設部に伺い、貫前神社参道西の市道について、地域のみなさまからのご意見を説明してきました。

市外から貫前神社に来られる車が、その市道から神社に行けると勘違いをされることが度々あり、行き止まりの細い道を、Uターンして戻ってくる光景がよく見られるそうです。

その道は、非常に狭い生活道路で、しかも最後の部分は急坂です。

観光客の方々が、これから富岡市は増加するでしょうから、その市道から貫前神社には行けない旨の表示を、早めに設置していただきたいものです。




 
 
  4月30日(水)
Ε廛螢鵐拭爾猟柑劼悪く、印刷に問題がたびたび発生することから、新しいプリンターを購入しました。

エプソンのA3まで印刷できる機種です。

価格はちょっと高めの3万5千円ほどでしたが、ビジネスで使いますので、このくらいは仕方ないというところでしょうか。

最近のプリンターは、下のトレイに用紙を入れて、巻き上げて印刷する機種が多いのですが、このプリンターは用紙を立てた状態でセットできるタイプです。

昔は、このタイプが主流でしたが、いまはほとんどありません。

巻き上げタイプのプリンターは、厚手の用紙ですとトラブルが多いように思えますので、後ろに用紙を立てるプリンターのほうが、使い勝手は断然いいように感じますが?

早速、お富ちゃん家で販売するグッズも、これで作ろうかと思っています。




ダ茲了堋港で、ある候補者の方が『第2子保育料無料化』という公約を掲げていましたが、本日、担当部署で確認しましたら、それを実施すると市の負担は年間1億2千万円ほどになるとのこと。

給食費の無料化には、年間2億4千万円ほどの市の負担が生じますので、それと比べれば、半分ということにはなります。

でも、どちらの『無料』公約も、私には、市の財政や、将来展望を考えていない、『票目当て』の公約としか思えないのですが…

『給食費はタダになるんですか?』と、とある市民の方から質問されましたが、はたしてどうなるのか? そうすべきなのか?

いまのところは、まったく分かりません。



と空ひばりさんがお亡くなりになったのは、52歳と聞きましたが、ちょっと驚きです。

あれだけの存在感をお持ちの美空さんですので、私は、60歳近くでお亡くなりになったものと思っていました。

また、ちあきなおみさんが、『喝采』を歌われたときの年齢が25歳と聞き、こちらも仰天しました。

あの頃、私は中学生でしたが、ちあきさんは、すごい落ち着いた、人生経験豊富な年上の女性に見えました。

25歳といえば、AKB48のメンバーと同じような年齢ですが、とてもそうとは思えません。

昔のスターは、年齢よりもはるかに大人そうに見えるような方が多かったようです。




『インターネットエクスプローラーを使うのは危険』との話が、昨日あたりからずいぶんニュースで取り上げられています。

私は、以前からそのような話を聞いていましたので、だいぶ前に、ネット接続で使うブラウザをグーグルのクロームに替えました。

使った印象では、クロームのほうが、軽い感じで、ページの表示などが速いように思えます。

聞いたところでは、日本ではインターネットエクスプローラーが一番使われていますが、世界のシェアでは、グーグルクロームが第1位のようです。

ネットバンキングや、ネットでクレジットカード決済などをする方は、グーグルクロームに替えてみるのもよいのかもしれません。





∈廼瓠∩躪臧賊,帽圓、お話を伺う機会が多いのですが、今や、医師不足は産婦人科医や小児科医だけでなく、内科医の先生も足りない状況になっているのだとか。

また、内科医は、呼吸器系や消化器系など、内科の中でもどんどん細分化されてしまっていて、それも内科医不足の要因になっているとのこと。

医師の先生方は、都市部に集中する傾向が強く、都市部では医師が過剰で、それ以外の地域は医師不足というように、2極分化が進んでいるようです。

富岡総合病院や七日市病院などでも、高速道路で遠距離通勤されている先生方が多く、そのため、先の大雪の時には、出勤できず大変だったというお話も聞きました。

病院の運営も、年々難しい問題が出てくるようです。



\住緇譴亮辺道路が、昼間は一方通行になりましたが、本日、どんな雰囲気なのか、確認に行ってまいりました。

ゴールデンウィークの谷間の平日とはいえ、小雨が降る中、たくさんの観光客の方々が歩いていました。



イコモスの登録勧告が出た日に、確か一方通行も始まったはずですが、この点は、グッドタイミングだったと思います。

これから、連休が始まりますが、交通事故などが起きないことを祈るばかりです。


 
  4月29日(火)
ぜ鹽垠にお住いの富岡市出身の方から、ご意見をいただきました。

その中に、『観光に訪れた方がその場でふるさと納税の手続きができるようにすしたらどうでしょうか?』とのご提案がありました。

これは面白いアイデアですね。

一般質問や全員協議会で、提案させていただきます。

私は以前から、高額のふるさと納税をされた方を、富岡市へご招待し、製糸場内の一般公開されていないところを特別にお見せしたり、市長・副市長やシルクレディさんなどもいっしょの食事会で、おもてなしをするくらいのことをやるべきではないかと思っています。

たとえば100万円以上のご寄付をされた方には、単なる記念品を差し上げるのではなく、そうした心に残る体験をしていただいくというのは、けっこう面白い方法ではないでしょうか?

世界遺産が確実となったことで、手持ちの切れるカードは、かなり豊富になった感があります。

ぜひ、それを有効に使って、製糸場の世界遺産登録を一過性のブームでは終わらせないようにしたいものです。




消費税が上がったことに対する臨時的な措置として、『子育て世帯臨時特例給付金』や『臨時福祉給付金』があります。

これらの支給について、今日いろいろネットで調べました。

申請時期は、平成26年度の住民税が確定してからとなりますので、7月以降になるのだとか。

また、子育て世帯臨時特例給付金は、児童手当を受けている子ども1人につき1万円が支給されるのですが、この手続きをしないともらえないそうです。

児童手当に1万円を一回追加すればいいだけのような気がしますが、どうしてそのようなかたちで給付できないのでしょうか?

なかなか、お役所の手続きというのは、複雑なものです。



△富ちゃん家に、商品を置いていただいておりますが、これまでは、一つも売れない日が結構あったのですが、イコモスの登録勧告が出て、世界遺産登録が確実になってからは、毎日、ぼつぼつ商品が売れています。

私が置かせていただいているものは、たいした品ではありませんが、本格的なビジネスとして取り組まれている方は、売上がかなり伸びているのではないでしょうか?

というわけで、もうちょっと本腰を入れて、お富ちゃん家に商品を並べようかと考えていますが、実は販売手数料が少々ネックになってしまっておりまして…

観光客相手のビジネスは、なかなか難しい感じがします。



.錺乾Rの燃費を、夕方チェックしたところ…

ついに、『リッター20km』を達成しました!

カタログの数値は30kmなのですから、このくらいでは驚くべきことではないのでしょうが、購入後からこれまでの、平均燃費が20kmとなったのは、ちょっと嬉しいものです。

エコドライブが、身についてきたのかもしれませんが、次はリッター21kmを目指したいと思います。



 
  4月28日(月)
じ畍紕胸半から、アミューズで、西中PTA・教育振興会の歓送迎会が行われました。

西中校区の市議会議員は6人いるのですが、出席者はワタクシひとり。

これは、たまたまなのか、他のみなさんはいっしょに欠席なさったのか、よく分からないのですが…

私は唯一の西中卒業生の議員ですので、西中歓送迎会は、喜んで出席していますが、そうではない方は、『ちょっと行っても…』というところでしょうか?

でも、役員のみなさんや、区長さん方と、いろいろお話ができて、私にとってはとても有意義な時間になりました。



『新庁舎はどうなるんですか?』との質問を、よく頂きますが、岩井市長さんになってから、全員協議会など一度もありませんので、まだ、まったく分かりません。

しかし、『新庁舎建設計画の見直し』と『給食費の無料化』は、岩井市長さんの最大の公約なのですから、当然、進める方向で行くでしょう。

しかし、新庁舎の建設計画は、市民のみなさんの意見をパブリックコメントで求めましたが、反対意見は確かなかったはずです。

また、先の市長選で、計画見直しの公約を掲げた岩井さんの得票率は、約38%で、計画続行の2候補の得票率は62%ほどということを考えると、見直しも、どの程度のものにすべきなのか、判断が難しい印象です。

『給食費の無料化』については、逆に私は『なぜ今、給食費無料化が最優先課題なのか?』、市長にお聞きしたいと思っております。

高齢化で福祉予算は膨張するでしょうし、人口減少で税収は減っていき、さらに富岡製糸場の管理の費用も莫大な中、『給食費の無料化』が最優先課題という考え方は、私にはさっぱり理解できません。

しかし、議員のみなさんを見ますと、『給食費の無料化』に賛成する方が、多数派になってしまうのでは…ないでしょうか?

どうなるかは、まだ、何とも言えませんが、何とも言えないような結末になる懸念があります。

個人的には、非常に問題と感じます。




富岡総合病院に、夕方出かけ、事務長さん・課長さんとお話をしてきました。

そこで聞いたお話では、総合病院のホームページは、業者に管理を任せているとのこと。

そのため、更新した内容など、総合病院も十分に把握していないような点があることが分かりました。

でも、素朴な疑問ですが、自前でサイトの運営や更新を、なぜしないのでしょうか?

セキュリティの関係で、難しいのかどうかは分かりませんが、業者に連絡して、そちらで更新するような方法ですと、緊急時の対応で問題が発生するような懸念はないのでしょうか?

少々素人くさいつくりのサイトでも、新しい情報をどんどん出しているサイトの方がよろしいように思えますが…



.筌奸爾離肇團奪スでも、富岡製糸場関連のニュースの見出しが出ていましたが、世界遺産登録が確実となった途端、全国からの視線に熱気が加わってきたような印象があります。

でも、今日は、世界遺産登録そのものの内容ではなく、保存管理の費用100億円や、駐車場や道路などの観光客の受け入れの課題・問題についての記事が目につきました。

昨日の入場者数は4972人で、過去最高となったそうですが、昔の表現を使えば、まさに『富岡フィーバー』が勃発というところでしょうか?




 
  4月27日(日)
仝畍紕瓜から、旧茂木家住宅祭りが行われ、出かけてきました。

素晴らしいお天気で、最高のお祭りになりました。

旧茂木家は、国指定重要文化財です。

1527年建築で、日本最古の民家と言われています。

織田信長が生まれたのが1534年ですから、それを考えれば、びっくり仰天の歴史です。

富岡製糸場が世界遺産となるのは、確実となりましたが、この旧茂木家住宅の存在も、市民のみなさんにもっと広く知ってもらいたものです。

では、写真で、お祭りの雰囲気を紹介しましょう。


(挨拶をなさる黛教育長さんです)



(旧茂木家住宅の解説が行われました)



(おいしい『かぶら汁』も振る舞われました)



(様々な団体の発表もありました)



(宇田獅子舞保存会のみなさんです)



(建物の内部には、囲炉裏があります)



(野点も行われ、華やかな雰囲気でした)



 



これまでの活動記録 (毎日更新中!)
2014年 4月  3月 2月 1月
2013年 12月 11月 10月 9月 8月 7月中・下 7月上 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2012年  12月 11月 10月 9月 8月  7月 6月 5月 4月 3月 2月
 1月
2011年 12月  11月 10月 9月 8月 7月 6月  5月 4月 3月 2月 1月
2010年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 
2009年  12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2008年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月