富岡市を元気に!子どもたちに明るい未来を! 富岡市議会議員 茂原正秀WEB-SITE
TOP    これまでの活動記録(毎日更新中!)
スポンサーサイト





こんなとき、法的にはどうなの?
木の枝を無断で伐採された!損害賠償できる?

台風の影響で、私の家の隣の木が立ち枯れ、敷地内にとめている私の車の上に傾いてきています。今後、冬に雪が積もるなどすればその重みで木が倒れる恐れがあり、車にあたるのではないか、気が気でありません。お隣さんに何とかしてもらいたいのですが、応じてくれません。






富岡市の桜
富岡市の美しい風景
富岡市観光協会の
Facebook
麻屋商店Facebook

便利な情報サイト
ダイヤモンド・オンライン
東洋経済オンライン
日経新聞
読売新聞オンライン
朝日新聞
毎日新聞
産経新聞
東京新聞
ロイター
共同通信
ニューズウィーク
NHK
プレジデント公式サイト
上毛新聞
The Japan Times Online












ご意見・ご質問はメールでお願いいたします。
moharamasahide@gmail.com
富岡市の防災気象情報(気象庁リンク)
 
最新ムービー


9月30日(月)その1
★いよいよ明日から10月ですが、10、11月と、視察の関係で出かける予定が複数入っております。

一番近い予定は、10月7日から9日までの3日間で出かける、京丹後市と米原市の視察ですが、2泊目が京都市内に泊まりますので、久しぶりに京都の街並みを見ることができそうです。

私が学生時代、京都に住んでいた時は、地下鉄は走っておりませんでした。

視察で出かけたときには、いつも朝5時ごろ起きて外出し、その街並みを散歩がてら見ることにしておりますが、京都の街並みが30年前とどのくらい変わっているのか見るのは、ちょっと楽しみです。

ちなみに、この視察は、初日に京丹後市まで行き、そこで宿泊。
2日目、京丹後市役所で『市民協働のまちづくり』を視察し、夕方、京都市に行き、そこで宿泊。
3日目は滋賀県米原市に移動し、『自治基本条例』についての視察。
その後、群馬に戻る。
という予定になっています。

京丹後市は、富岡市と同じくらいの人口規模ですが、議会改革なども進んでいる自治体として、たいへん有名なところです。

京都府の日本海側には実は行ったことがなく、この点でも、どんな雰囲気の街なのか楽しみです。

★富岡まちづくり・ひとづくりプロジェクトで、富岡市のCMムービーをつくる予定があります。

一応、私が撮影する役になっているのですが、そのようなこともあるので、ソニーのデジカメを一台買いました。

これまで使っていた機種は、やはりソニーのサイバーショットですが、使い方が荒っぽいため、最近、撮影中にフリーズしたような状態になることがあり、万一を考えて、今のよりも上位の機種を購入しました。

1820万画素の、DSC-WX300という機種ですが、ネットの価格情報サイトで値段を確認し、高崎の量販店で購入しました。

その量販店の店頭表示価格は、ネットで調べた価格よりかなり高かったのですが、店員さんに、そのことを言いましたら、何と大幅な値引き(7千円ほど)をしてくれて、ネットの安値で購入するのと同じような価格で手に入りました。

ミラーレス一眼デジカメを買おうかとも思ったのですが、機動力と価格の点で、結局断念しました。

なので、コンパクトデジカメの上位機種にしましたが、今度は2台使えますので、一台は三脚に固定してムービー撮影、もう一台で写真撮影や、別のアングルからのムービー撮影というような、凝ったこともできそうです。

ところで、富岡市のCMムービーですが、お富ちゃんが市内のあちこちの名所スポットでシルク体操をするという設定です。

うまく行くかどうかは、全く分からない状況ですが、先が読めないことが前に控えているというのは、ワクワク感があっていいものです。

『トラブルが発生するのも、それはそれで人生のスパイス』くらいの気持ちで、いろいろやった方が、案外人生は充実するのではないでしょうか?




9月29日(日)その3
★堺市長選挙で、大阪維新の会の公認候補が敗れましたが、こうなりますと、もはやかつての勢いを、維新の会が取り戻すのは、かなり難しいのではないでしょうか?

それに、失礼な言い方になるかもしれませんが、維新の会に対する世の中の関心や期待が薄れてしまい、『賞味期限切れ』感が漂い始めてしまったようにも思えます。

行政の無駄を何とかしなければ、今後大変なことになることは間違いありませんが、やり方、進め方に、堺市民の方がNOを突きつけたということになるのでしょうか?

堺市は、歴史も文化もある大きな都市ですから、『堺市がなくなる』という大阪都構想には、かなりのアレルギーが潜在意識の中にあるように思えます。

選挙の敗北確定後、テレビの記者会見で、橋下さんは強気の発言をされていましたが、今後は維新の会も、既成政党の一つに埋没してしまう可能性が…


★都道府県魅力度ランキングで、昨年、最下位だった群馬県は、今年44位になったそうです。

来年は、富岡製糸場と絹産業遺産群の世界遺産登録で、一気に順位を上げていただきたいものです。



9月29日(日)その2
★とみおか・かんら体験交流プログラム『はーて』の第2弾が始まります。

31プログラム40コースで、10月7日(月)から受付開始です。

できることなら、パンフレットだけでなく、WEBでも、情報をお知らせしたほうが良いかと思いますが、そのあたりはどうなっているのでしょうか?

富岡市のHPを見てますと、印刷物をそのままPDFファイルとして紹介するようなケースが、しばしば見かけられますが、それはちょっと問題があるかと思います。

その方法なら、手間はかかりませんので簡単ですが、ネットでせっかく紹介するなら、アクセスなさった方が、さらに詳細な情報を入手できるようにすべきでしょう。

印刷物と同じものがネット上で見れても、それはあまり意味がないですよね。


★富岡市と埼玉県深谷市は10月4日、友好都市提携協定を締結します。

この日は、富岡製糸場の操業を開始した日と聞いておりますが、深谷市とは製糸場のつながりで、深い関係があります。

渋沢栄一、尾高惇忠、韮塚直次郎などの、深谷出身の方々のお力がなければ富岡製糸場の歴史はなかったかもしれませんので、富岡製糸場の世界遺産登録が目前となったこの時期、友好都市になることは、たいへん喜ばしいことと思います。

協定の調印式には、私も総務委員長として出席させていただくことになっておりますので、当日の様子は、後日詳しくお知らせできるかと思います。




9月29日(日)その1
★TPPのニュースで、関税撤廃での『聖域』として、『農産物5品目』という表現がよく使われます。

コメ・麦の2つは、分かりますが、あとの3つは?

調べてみましたら『牛肉・豚肉、乳製品、サトウキビなど甘味資源作物』とのことです。

交渉は進んでいるようですが、かなり押され気味のような印象があります。

農業にとっては、逆風になるのでしょうが、どの程度の逆風なのか、非常に気になります。


★YouTubeで、興味深い内容の動画を見ました。

世界一解りやすく[なぜ日本人が英語を聞き取れないか!]というタイトルですが、これはなるほどと思えます。

カタカナで、英語の発音を置き換えている限り、永遠にネイティブの発音は聴き取れないということのようですが…

もっと若い時に、この話を知りたかったですね。



9月28日(土)その2
★昨日、富岡甘楽衛生施設組合議会がありましたが、衛生施設組合って何なのか、ご存じない方もおられるかもしれませんので、少し解説を。

衛生施設組合は、し尿処理施設である衛生管理センターと、かぶらウォーターランドを運営しています。

ちなみに、この組合を組織するのは富岡市と甘楽町で、平成25年度予算は約2億1千万円で、富岡市の負担金は1億2千万円ほど、甘楽町の負担金は2千5百万ほどです。

かぶらウォーターランドは、行ったことがある方も多いかと思いますが、入場者数は、年間5万人ほどです。
平成7年にオープンしてから、昨年までおよそ84万人の方が利用しています。



9月28日(土)
★一ノ宮小学校の運動会が行われ、出かけてきました。

毎年のことですが、児童のみなさんの、運動会に真剣に取り組む姿勢がとても感じられ、見ていてたいへん気持ちいいです。

子どもたちの『一生懸命さ』を目の当たりにすると、大人になる過程でだれもが失ってしまう“何か”に気づかされます。

大人になりますと、結果を予測して、ダメそうなら結果が出ないうちに諦めてしまうということが、よくありますが、運動会の子どもたちの姿には、そんなところは微塵も感じられません。

その『ひたむきさ』に心を打たれるのでしょうが、今日も、子どもたちからエネルギーを分けてもらったような気持ちになりました。






9月27日(金)その2
★午前は衛生施設組合議会があり、午後は医療事務組合議会と、多忙な一日になりました。

通常、組合議会には1つだけ所属しますが、たまたま人数の都合で、私は2つの所属となっております。

時間は2倍かかりますが、得るものは2倍以上ありますので、これはこれで結構なのですが、同じ日に議会が連続すると、ちょっと辛いものがあります。


そんなことで、医療事務組合議会が終わってから、時間ができましたので、美術博物館で開催中の『篠山紀信展 写真力』を見に行ってきました。

感想を一言で言えば、『写真の大きさ、迫力に圧倒された』というところでしょうか?

私は、写真はけっこう好きなほうですが、写真に興味がない方でも、これは見れば『おおおおおおお!』と思われるのは間違いなしでしょう。

写真展の写真を撮りたくてたまらないような気持ちにさせる、すごい写真展です。

有名な、ジョン・レノン氏とオノ・ヨーコさんの写真も、とても魅力的でした。

ところで、篠山紀信さんは、東京のお寺の息子さんなのだとか。

あの、日本屈指のスーパーアイドルである南沙織さんが奥様です。

たいへんな実力があるのは当然ですが、強い運もお持ちの方のように思いました。



9月27日(金)
★励ましのご意見をメールで頂戴しました。

自分流の活動をすればするほど、議会内で浮いてしまうような存在になっていることを、先日、記しましたら、『頑張ってください』との、励ましのご意見をいただき、心強い思いがしております。

また、製糸場の入場者を1日5000人を上限にすることについて、私は違和感を持っていることを、先日、記しましたが、それにつきましても『まったく同感です』とのご意見もいただきました。

さらに、新聞の軽減税率適用を、様々な市が国に意見書を提出することが決まっておりますが、『新聞社のやり方は、ちょっとおかしいのでは?』とのご意見もいただきました。

実は、富岡市議会では、それについての陳情がありましたが、採択に至らず、継続審査となっております。

あともう一つ、このようなご意見も。

もうすぐ『わくわくフェスティバル』が実施されますが、
『市長及び市議さんがお越しになりますが、開会式が終わると模擬店で会食してすぐ帰ってしまう方や、食べ物買ってすぐ帰ってしまう方がほとんどです。もっと“障害者と触れ合おう”と思ってほしいです』
『バザーに顔を出してくれる方はほとんどいません。施設や利用者の為に一生懸命に作品を制作したのに悲しいです』
という内容です。

今年は、できるだけ会場で、いろいろな方とお話をさせていただこうと思います。
もちろんバザーのほうも、伺いますので。


★高齢介護課に所要で伺いましたら、富岡シルク体操の公式ムービーが、市役所HPから見れるとのこと。

でも、市役所サイトのかなり内部にありますので、見つけることは、かなり難しそうです。

なので、私のサイトに設置してみました。

お時間ございましたら、ぜひご覧ください。



9月26日(木)その3
★『富岡まちづくり・ひとづくりプロジェクト』の会議が、夜7時半からあったのですが、いっとき『会議は踊る、されど進まず』という、ウィーン会議的な状況に陥り、終了したのが10時過ぎ…

ちょっと疲労モードです。

その中で一つ、興味深い情報を知りました。

昭和32年の富岡市が舞台になった『坊ちゃんの特ダネ記者』という映画のことです。

主演は宇津井健さんで、三ツ矢歌子さんなど、往年の銀幕のスターが出演しています。

こんな映画が、あったんですか??

私が生まれる前年の映画ですので、もちろん見たことはありませんが、見てみたいですよね。

11月17日に、お富ちゃん家で上映します。

タイムマシンに乗った気分で、昔の富岡市を見てみませんか?





9月26日(木)その2
★家の郵便受けを見ましたら、富岡市保健センターからのハガキがありました。

裏を見ましたら、『今がチャンス胃がん検診』という見出しで、胃がん検診の通知でした。

最近、高校時代の同級生が、胃がんで亡くなったとの話を聞きましたので、胃がん検診は、ちょっと気になります。

でも、基本的に、痛くもないお腹の中をわざわざ調べるというのは、どうも納得がいかないところがありまして、受けたことがありません。

割と丈夫なほうなのかもしれませんが、花粉症の薬を2年に一度もらいに行くのと、先日、ディズニーランドで弾けていないポップコーンのコーンで、歯を痛めて治療に出かけたくらいで、近年、他は医療機関のお世話になっておりません。

薬も普段、まったくと言えるほど飲みませんので、花粉症の薬は、飲めばてきめんに効きます。朝晩2回、1錠ずつ飲むように言われている薬が、2日に1錠くらいで、十分もちます。


周りを見ていますと、日ごろから、たいへん薬に頼っているような暮らしをされている方を、けっこう見かけます。

でも、薬の服用も、本当に体に良いものなのか、以前から非常に疑問に感じています。

結局、体のほうが慣れてしまい、どんどん強い薬にしなければ効かなくなってしまうようなこともあるのでは?

あくまでも個人的な印象ですが、薬をたくさん飲んでいる人ほど、体調を崩しやすい傾向があるように思えます。


そんな訳で、保健センターから『今がチャンス胃がん検診』ハガキをいただいたので、どうしようか考えておりますが…、どうしましょうか?



★市役所に行って聞いた話ですが、今朝の『朝ズバ!』の放送を、始業前にワンセグ放送で見た職員さんは、けっこうおられたようです。

我が家は、家の中では電波を受信できず、ワンセグは見れないのですが、市役所のあたりは一ノ宮とは違うんですね。

でも、耳にしたところでは、市役所でも窓側に行かないと受信できないとのこと。

多数の職員さんが、窓際に集まって、携帯でワンセグ放送を見ているとしたら…、ちょっとシュールな光景かもしれません。

★『朝ズバ!』で、コメンテーターの北川元三重県知事さんが、『富岡製糸場は、当時、世界最大規模の工場で、外貨の半分以上はここが稼いでいたんです』と、番組内で述べられていました。

北川さんのような、言葉に重みのある方に、そのようなことを言ってもらえますと、宣伝効果は倍増なのではないでしょうか?

いいコメントで、製糸場の特集が終了し、好印象でした。


また、製糸場を愛する会の募金活動の話ですが、あのテレビを見ただけですと、『製糸場を愛する会が15億円を集める』という印象を持つ方が多いのでは?

この点は、どんなものでしょうか。




9月26日(木)その1
★TBS『朝ズバ!』を見ました。

イコモス調査のことや、市内のお店、さらには製糸場の課題、そして製糸場を愛する会の募金活動(会長さんのお話では、目標金額15億円)など、かなり詳しい説明がありました。

とりあえず、番組の雰囲気を伝えるために、写真を。
















9月25日(水)その3
★企画政策課からいただいた情報(赤字部分)です。

◆◆◆◆◆

ユネスコ諮問機関のイコモスの調査を迎えた富岡の様子が
9/26(木)午前7:20〜8:15頃
TBSテレビ「みのもんたの朝ズバ!」
にて放映されます。

昨日までの取材先は、製糸場、おやきいと様、岡重精肉店様、製糸場を愛
する会様、いりやま様、新洋亭様、観光課 となっています。


◆◆◆◆◆

お時間ございましたら、ぜひご覧ください。



★交通安全パレードがありました。
議員もほとんどの方が、いっしょに歩きました。

毎年のことですが、歩きながら演奏する富小児童のみなさんの
活躍ぶりは本当に素晴らしいですね。

今年もたいへん頑張りました。








子ども一人を育てるのに3000万円という記事があります。

これは少々大げさに思えますが、大学進学の費用などを考えれば、2000万円は超えてしまうと見るべきか…

でも、こんな数字が独り歩きすれば、ますます少子化に勢いがついてしまうのでは?

以前、デンマークに行きましたら、あちらでは大学の授業料はタダで、記憶間違いかもしれませんが、大学生は8万円くらい生活費が国から支給されるようなことも聞きました。

デンマークだって、日本同様、地下資源などほとんど出ないような国かと思いますが、政治のやり方次第で、医療費も大学の学費も、完全無料ということも可能なんですね。

デンマークは、世界で一番幸せな国だそうですが、本当にそう思えます。



9月25日(水)その2
★富岡市には都市計画公園事業として『中高瀬観音山遺跡歴史公園』の計画があります。

これは平成11年に計画されたものですが、当初の総事業費は約43億円。

インパクトがある数字です。

さすがに、この財政難の時代ということで、平成19年に予算規模は縮減されましたが、それでも22億5千万円です。

製糸場の世界遺産登録の話が進んだことから、中高瀬観音山遺跡の整備は、後に回されたような状況ですが、この整備も進めれば、人口減少時代の富岡市にとっては大きな負担となる可能性が高いのでは?

国の補助金を使って史跡部分の土地はすべて取得していますので、後には引けない状況なのでしょうが、だからといって無理を承知で進めるという訳にもいかないでしょう。

人口減少・高齢化は確実なのに、成長を前提としたような事業がいまだ進もうとしている現状に、大きな違和感を持ちます。

遺跡は文化財として保存することは当然ですが、公園の部分は、徹底的にシンプルなものにして、事業費を抑える必要があると強く思います。


★産業廃棄物の最終処分場は、その扱う廃棄物の種類によって、安定型、管理型、遮断型の3段階あります。

全国の産廃処分場のうち、安定型は6割、管理型は4割、遮断型は1%ほどということですが、その安定型の最終処分場が、富岡市・安中市・高崎市の境界近くの安中市内に設置される方向で、進んでいます。

この処分場は完成すると、富岡市内の藤木・高崎線が搬入するための道路になりますので、その点も心配です。

アスベスト施設の建設予定地とも極めて近い場所です。

このエリアにどんどん同じような施設ができてしまうようなことにならなければ良いのですが…

★お昼前のテレビニュース(TBS)を見ていましたら、イコモスの調査風景の映像が流れていました。

テレビニュースのスピードというのは、尋常じゃないですね。




9月25日(水)
★NHKニュース『おはよう日本』を見ていましたら、富岡製糸場のイコモスによる調査が本日行われることが、報じられていました。

全国ニュースとしての価値があるのは、当然なのかもしれませんが、身近なところの出来事が、このように取り上げられると、改めて驚かされます。

できることなら、調査団がいらっしゃる時間帯だけでも、上州名物的な『スカッとした青空』になってほしいと思っておりますが、はたしてどうなるでしょうか?

★昨日の全員協議会について、触れてみましょう。
報告事項の大きなものとして、まず『地域防災計画の見直しについて』です。

この中に、発生確率は0%〜0.008%ですが(この確率計算はどのように行ったのか知りたいような気もしますが)、マグニチュード8.1、最大震度7の、関東平野北西縁断層帯主部での地震想定が記されていました。

それによると、冬の午前5時に発生した場合、
富岡市での死者数は268人、
建物全壊棟数は5353棟、半壊棟数は9131棟なのだとか。

こんな細かい数字まで、どのようにして求めたのかは分かりませんが、まず当たる確率は低いでしょうし、ここまでの詳細な予測は、膨大な手間と時間とお金をかける意味があるのか、個人的には疑問を感じます。

これは、群馬県地震被害想定調査の資料ですから、市が調査したものではないものの、『う〜ん…』感が漂います。


また、『富岡製糸場の入場者対策について』の報告もありました。

来年の4月1日から、入場者数を1日5000人を目安に制限するということなのですが、これも何だか、ナンセンスのような気がします。

多くのお客様が入場すると管理ができず、危険というなら、場内にいる人数を把握する方法を導入し、たとえば500人以上場内にいる場合は、入場制限をして待っていただくというのが、一般的な考え方でしょう。

1日5000人ということになれば、たとえば午後2時までに5000人の入場者があったら、3時以降は混雑していなくても、『本日は5000人を超えましたので、入場できません』などという、おかしな事になりかねません。

ラーメン屋さんで、5000食分しか用意してないので、それ以上のお客様はお断りするのは仕方ないことですが、製糸場の入場者を1日5000人までとするのは、どう考えても妙です。

逆に、5000人に至らなくても、1000人が同時に場内にいるような状況こそ、危険なので回避する必要があるのでは?

全員協議会で、その点を強く指摘したつもりなのですが、とても『お役所的』なご説明をいただいてしまい、これまた『う〜ん??』という気持ちになりました。

でも、どう考えてもおかしいことを指摘したのに、高橋さんが、同じ方向性の意見を後から述べただけで、他の議員さんは沈黙っていうのも、これも非常に違和感を持ちました。

全員協議会を見ていますと、『重要性が高くないように見える事案のときは、たくさん意見を述べるのに、肝心なことになると沈黙状態の議員の方々が、ちょっと多すぎやしませんか?』という印象があります。

特に、大きなグループとして共同歩調を取っている方々ほど、仲間内の空気を読んで、判断が分かれる大きな問題になると、自分のご意見を述べない傾向が富岡市議会にはあるように思えてなりません。

議員ならば、所属するグループ内の論理より、自分の考えを優先することは当然かと思いますが、どうも、『ストレートボールを投げる』議員は、限られています。

でも、私は自分の考えを言ってしまうほうなので、それで議会の中では浮いてしまう傾向にあることも事実なのですが…


微妙な問題で、自分の意見を述べていくのは、かなりストレスがあります。

言わない方がおトクな場合が多いのも、ある意味、事実でしょう。

何も言わずに、場の空気を読んで、たくさんのお仲間といっしょに同じ方に向かって歩いていくような議員活動が、一番ストレスがないのですが…

でも、日常生活のお付き合いなら、周囲の空気を読んで、穏やかに進めることを優先すべきですが、議会がそうなってしまったら、それは大問題では?

と言いつつも、昨年の、教育長さんや、副議長さんの件で、自分の意見を強く言ってしまったことで、議員としては納得していますが、一社会人としては重荷を感じている自分がいることも事実という、複雑な心境です。


★秋はゴルフのシーズンで、議員としてゴルフコンペに誘われることも多い時期なのですが、ゴルフの付き合いをしないことで、またちょっと、浮いてしまうことにつながってしまっているのか?

ちなみに、議員になって最初の2年間ほどは、先輩議員に誘われたときには、コンペに参加しました。

なので、ゴルフは、しない訳ではありませんし、若いころ、友人らと結構出かけたこともありますので、ゴルフの面白さは、よーく分かっております。

でも、議員としてゴルフに行くのは、どうも好きではないので、8年以上行ってません。

『昔、やってたんなら、また、ゴルフをしなよ』と、言われることもあります。

しかし、50歳を超えたら、人生の残り時間が、ちょっと気になってきたというか、その残された時間をゴルフに費やすよりも、もっと自分に合ったことに時間をかけたほうが、いいのではないかと、強く思えるようになってきました。

ゴルフに向いている方は、ゴルフを極めることで人生が充実するでしょうが、私のような数はたくさん行ったことがあっても、ロクなスコアが出ない人間、つまりゴルフに全く向いていない者にとっては、ゴルフは時間をかけてストレスをためるだけのもののように思えます。

本当なら、区長会と議員のコンペくらいは、参加すべきなのでしょうが、そんな訳でゴルフを止めましたので、行けない状況です。

ゴルフは面白い。でも、やらない。

そんな選択をしたのですが、これでよかったのか悪かったのかは、後で考えましょう。




9月24日(火)
★今朝は7時半から沖電気西交差点で、秋の交通安全運動の街頭指導がありました。

陽気もちょっと冷やっこい感じでしたが、途中から雨まで降ってしまい、大変な状況に…





また、その後の午前10時から本会議最終日でしたが、委員長報告を2つ合わせて30分も読むこととなり、疲れました。

さらに、全員協議会などが長引き、夕方5時近く…

その後、6時から、課長さん以上の職員さんと議会の懇親会も行われ、非常に慌ただしい一日になりました。

全員協議会の内容につきましては、時間の都合で、また明日、紹介したいと思います。

また、懇親会では、いろいろと興味深いお話も耳にしましたが…、こちらも日を改めて。




9月23日(月)
★明日の本会議最終日は、委員長報告があります。

総務委員長は、決算特別委員会の委員長報告(とても長い原稿です)もしなければなりませんので、けっこう大変です。

でも、それが終われば、9月定例会も終了ですが…

それよりも、そんな日なのに、明日は朝7時半から、秋の交通安全週間の街頭指導に出かけなければなりません。

ちょっとタイミング的に悪い巡り合わせという感じです。

午前中は、慌ただしい日になりそうです。

★『里山資本主義』という本が、高崎の某書店にありました。
タイトルに引かれるものがありましたので、購入し、読んでみました。

『手つかずの森林をうまく使えば、それでかなりの割合のエネルギーをまかなえ、地域は活性化する』という内容ですが、原発問題や、エネルギー価格の高騰が大きな問題になっているこの時期にふさわしい視点・内容の考え方でした。

この本、これから流行りそうな予感がします。

里山で最先端の資本主義を実現できるのでしたら、富岡市はかなり有望なのかも?


★7月か8月か、はっきりしませんが、その頃、録画しておいた『サザンオールスターズ』の復活スタジオライブが、ハードディスクレコーダーの録画番組の中にあることが気づき、先ほど見てみました。

懐かしさと、曲の美しさに感動しました。

NHKの番組でしたが、歌詞については、『ちょっとNHKで大丈夫なんかい??』と心配になるようなフレーズも多いような印象はありましたが、メロディは絶品です。

サザンは、私が大学1年生のとき、『勝手にシンドバッド』でデビューしましたので、サザンの音楽は青春時代の歴史と通ずるところがあります。

最初、『勝手にシンドバッド』は『何を言っているのか分からない曲』で、沢田研二さんの『勝手にしやがれ』と、ピンクレディーの『渚のシンドバッド』を足して2で割ったような曲名ということから、“サザンオールスターズって、コミックバンド?”というような評価もありましたが、日本を代表するバンドになるとは、だれが予想したでしょうか?


私にとって、松任谷由実さん、山下達郎さん、サザンオールスターズのお三方は、日本のミュージシャンの中では、ずば抜けて特別な存在です。

中でもサザンの曲には、メロディに『温もり』と『やさしさ』があるように思えます。この点は、松任谷由実さん、山下達郎さんよりも、優れているように感じます。

桑田さんの、あのノリは、全然変わっておらず、カッコいいですね。また、はらぼーこと原由子さんも、素敵な齢の重ね方で、若い時以上に、魅力的です。

サザンのコンサートには行ったことはありませんが、ぜひ一度、生で見たくなってきました。




9月22日(日)
★富岡市議会だよりの原稿書きをしましたが、今回は、編集後記も書く順番が当たっております。
200字ほどですから、量的には何ていうことはないのですが、11月1日号ということで、その時期に合った内容にする必要があります。

まだまだ、夏に近い陽気ですので、こういうのは逆に難しいような…

★『富岡市の財政状況はどうなんですか?』というご質問をいただきます。
全般的には、落ち着いている状況ですが、私は一つ、懸念している点があります。

それは、財政力指数が過去5年間、ジリジリ下がり続けていることです。

平成20年度 0.69
  21年度 0.68
  22年度 0.66
  23年度 0.64
  24年度 0.63

ちなみに、財政力指数とは、『財政をどの程度、市税収入でまかなえているか』を表す指数です。

これが、どんどん下がっているというのは、『市税収入の割合が減っている』、つまり『地域の活力が低下している』ということになります。

市議会の中で、あまりこれについての議論がありません。

細かいことばかりに目を奪われてしまい、行政も議会も大局観を見失っているようにも、個人的には感じておりますが…

12月議会の一般質問は、これで行こうかと、ちょっと思っております。


★『八重の桜』を見てから『半沢直樹』を続けてご覧になる方は、けっこう多いかと思いますが、そこで気になるのは、両方の番組に出ている役者さんです。

及川光博さんが、八重の桜では『木戸孝允』、半沢直樹では『渡真利忍』役で出演していますが、さすがに連続している番組ですと、妙な感じがしてしまいます。

ところで、半沢直樹の終わり方は、『続編が近いぞ』感がプンプン漂っていましたが、あれだけの高視聴率を上げたのですから、続編をつくらなければもったいないですよね。

個人的には、上戸彩さんのキャラクターが、半沢直樹でたいへん魅力的に見えましたが、続編も期待したいものです。



9月21日(土)その2
★来ました!
10月に富岡市で行われる『NHKのど自慢』の予選会出場応募の結果が…

気合を入れてハガキを書いたおかげか、予選会出場となりました!

この日は午後3時から、議会報告会もありますので、早い順番で歌わなけらばならない都合がありまして、曲名が『あ』で始まるタイトルを選びました。

思惑通り、21番という早い順番になれましたので、おそらく1時前には歌えるかと思います。



知り合いで、何名かの方が応募していますが、結果はどうなったのでしょうか?
そちらも気になります。


9月21日(土)その1
★西中の運動会が行われ、出かけました。

素晴らしい秋晴れでした。
運動会は、やはりこういうお天気じゃないと、盛り上がりませんよね。











9月20日(金)その1
★突然ですが、人口透析を受けることになった場合の医療費負担について、本日いろいろ調べてまいりました。

一般的に1カ月の透析治療の医療費は40万円ほどかかると言われています。

しかし、様々な制度を使えば、実質的な自己負担はゼロ円になるということです。
それには、2段階の手続きが必要で、
まずは、医師の証明を付けて、『特定疾病療養受療証』を取得します。
これで、透析の医療費自己負担分は、大半の場合は月額1万円になります。

さらに二つ目の手続きは、身体障害者手帳の申請をします。
これが交付されたら、その手帳を持って市役所に手続きに行けば(国保の場合)、『福祉医療費受給者資格者証』が発行されます。
そして、これを使えば、今度は月額1万円になっていた自己負担が無料となります。


このような方法があることを、ちょっと記憶しておくと、万一の時、役立つかもしれません。


★先日の台風18号の雨で、水路があふれ、家の庭が池のようになってしまったというお宅の方からメールをいただきましたので、早速、本日出向き、お話を伺ってきました。

雨が降っていた時の状況は、写真のとおりです。


この水たまりは、道の直角に曲がった部分なのですが、左には、5軒ほど住宅があり、そちらまで、ずっと池のような状態になってしまう場合もあるとのこと。

都市建設部に対応をお願いするつもりですが、水の問題は複雑な要因が絡んでいるため、これは難問です。

ちなみに下は、同じ場所を、今朝、私が撮った写真です。





9月19日(木)その2
★富高の同窓会役員会が行われ、東高との再編について、富高同窓会としての方向性を話し合いました。

内容は、明らかにできませんが、具体的な話をいろいろ伺うことができました。

以前、新聞報道もありましたが、2020年くらいに再編され、新しい高校になるようです。

この年は、東京オリンピックもありますが、富高・東高にとっても、大きな年になりそうです。

★今日、市がかつて購入した土地につきまして、調べていましたら、非常に気になる数字を知ってしまいました。

私の常識では、理解できない数字なのですが、これからさらに詳しく確認してみたいと思います。

★本会議で慌ただしい状況ですが、このようなときに、さらに忙しくなるようなお話が飛び込んで来ることが、よくあります。

世の中の出来事って、平均することはまれで、大半は、とんでもなく偏ってしまう感じがしますが…

もしかしますと、平均というのは、数学の世界だけの話であって、実社会にはあまり当てはまらない概念なのかもしれませんね。



9月19日(木)その1
★一般質問は終わりましたが、以下のことを提案しました。

   1:富岡市を取り上げるテレビ番組の戦略的な活用について
製糸場の世界遺産登録が近づいたことで、多くのテレビ番組で富岡市は取り上げられるようになりましたが、この良い状況が今後も続く保証はありません。

テレビ番組で取り上げられることは、広告宣伝費ゼロで、莫大な広告効果を手に入れるのと同じなのですから、この機会をうまく活用することは極めて重要ではないでしょうか?

なので、富岡市内の観光名所やお店、企業などが、頻繁に、少しでも長い時間、テレビで取り上げられるよう当局には努力していただきたい。
また、テレビ放送後に、市役所へのお問い合わせがあった場合には、万全の準備をして対応する必要があります。

そのために、富岡市の特集番組を責任を持ってチェックする担当者を決めて、番組終了後には速やかに観光担当部署内で全員が情報共有できるような仕組みもつくるべきではないでしょうか?

富岡市が観光都市になれるか否かが、この数年で決まる重要な局面ということを理解しながら、テレビ放送をうまく活用していただきたい。


2:臨海学校について
最盛期には群馬県では、市単独もしくは広域圏整備組合で8つの臨海学校施設が設置されていましたが、中越地震や中越沖地震などを契機に、臨海学校から撤退したところが増えています。

現在は、伊勢崎市・高崎市等広域圏整備組合・多野藤岡広域圏整備組合と富岡市の4施設が実施しているだけという状況ですが、富岡市の施設は耐震性能で問題もありますので、今後の方針を総合的に検討すべき段階になったのではないでしょうか?

従来どおり臨海学校を続行するなら、早急な耐震工事を行うべきであり、もしも撤退なら、早めに決める必要があると思いますが、6年生や保護者のご意見を伺いながら、慎重かつ迅速に決断していただきたい。



3:健康マージャンを活用した介護予防対策について
独り暮らしの高齢者男性の約6人に1人が、日常生活でほとんど会話をしない生活をしているとの、国による調査の結果があります。

話す相手がいないという状況で、健全かつ健康的な生活というものは成り立たないと思います。また、こうした環境で生活することが、認知症や様々な病気の原因になる可能性が高いのではないでしょうか?

健康マージャンは、友人・知人の輪を広げ、話をする機会を作るのには最適な方法の一つと思われます。

大きなコストもかかる訳ではありませんので、ぜひ介護予防事業や高齢者対策事業の中に導入していただきたい。
また、福島県白河市は、健康マージャンの先進地なので、参考にしてはいかがでしょうか?


9月18日(水)その1
★リニア中央新幹線の新駅についてのニュースがありましたが、東京から名古屋までノンストップだと、40分なのだとか…

しかし、こうなりますと、関東から名古屋圏は、完全に日帰り圏内となり、逆に宿泊施設など、大きな悪影響が出る業界もあるのではないでしょうか?

リニア新幹線の速さは理解できますが、本当にこれが今の日本に必要なのかは、理解しづらい感があります。

★某アパレルメーカーさんで商品化してもらった『まゆべえ』のハンカチとトートバッグが、今日、手元に届きました。

実は、このグッズ、私が注文して製造した品ではなく、『まゆべえ』のデザインを使って、メーカーさんのほうで企画していただいたものです。

つまり、売れなかった場合のリスクを、すべてメーカーさんが引き受けて、作ってくださったものです。

さすがに、この状態で、あまり売れないということになりますと、心苦しいので、そんな理由から、私も販売に力を入れることにしました。

午後から商品を紹介させていただきましたところ、早速たくさんの方にご購入いただきまして、ありがとうございました。
たいへんお世話になりました。

もし、ご希望の方がいっらしゃいましたら、
ハンカチ300円、トートバッグ500円で、
販売しておりますので、ぜひ、お声をおかけください。



★年齢が近い方と話していたとき、『男性の健康寿命は71歳くらい』という話題になりました。

私はこの11月で55歳になりますが、となると、健康寿命の残りは16年間ということになります。

しかし、これはあくまでも平均の数値ですから、ひょっとすると、あと20年以上健康寿命が残っているかもしれませんし、もしかしますと、あと1年という可能性もあります。

『残りの健康寿命が、16年くらいしかないのなら、人生で車を買うのも、あと2、3回。ならば、思い切って、いい車を買ってみようかな?』という話が出ましたが、高価な車を買うのにお金をかけるより、面白い時間を過ごすことに、お金をかけたほうが人生、良いように私には思えましたが…

それにしても、16年というのは、あまりにも短いように思えます。

何とか健康管理をうまくして、健康寿命を引き延ばしたいものです。


★明日は本会議で、私は最初に一般質問を行います。
という訳で、今晩は、ちょっとドタバタ状態になりますが…

内容につきましては、明日、ご報告いたしますので。


★健康寿命の話で、ちょっと盛り上がった一日でしたが、夕方ヤフーのトピックスを見たら、『中村うさぎさん、一時心肺停止』とのニュースが…

中村うさぎさんは、大学の私の1学年先輩に当たる方で、これはちょっとショック。

ますます、健康寿命が気になる一日になってしまいました。

中村さんのご回復をお祈りいたします。




9月17日(火)その1
★今日、市役所に行きましたら、議員用のレターケースに『台風18号による富岡市被害状況』という資料がありました。

それによれば、昨日の昼過ぎ、田篠市営住宅北で27世帯、酢之瀬歩道橋付近で31世帯、下高田で32世帯、七日市の市民プール西で30世帯、以上合計120世帯に自主避難の呼びかけを行ったとのことです。

しかし、ちょっと気になるのは、実際に避難された方はそのうちの5世帯のみ。

情報は伝わっていたものの、各自の判断で避難しなかったのならいいのですが、もしも情報が確実に周知されていなかったとすると、万一の場合、心配です。

このあたりの状況は、検証する必要があるのではないでしょうか?

★和合グランドが、台風の大雨で浸水したとの情報も資料に書かれていましたが、どの程度の被害状況なのでしょうか?

テニスコートや、フェンスなどの補修工事が必要な状況になっていなければよいのですが…

★防犯灯について、担当部署でお話を伺ってまいりました。

現在、市内に設置されている防犯灯の数は、4247灯です。また、この電気代は市が負担しておりますが、約1300万円ほどです。

4247灯ということは、市内の世帯数を約2万世帯と考えると5世帯に1灯の割合になりますが、そんなにたくさん防犯灯はあるのでしょうか?

少々意外な印象を持ちました。

★敬老会での、岡野市長の祝辞の中で、このような内容がありました。

JAXAの新型ロケット『イプシロン』は、8割以上が富岡市で作られている。

これは、工業都市としての富岡市をアピールするのに、分かりやすい表現ですよね。

富岡製糸場の話ばかりを前面に出しますと、『かつての工業都市』感が漂いますが、イプシロンの話も出せば、いまも現在進行形で、富岡市は日本の工業の先端を支えているという印象になります。

視察に出かけたときは、議員は全員、『富岡製糸場+イプシロン』の話を挨拶の中に入れたほうが良さそうです。


★11月に、ちょっと京都に行きたい用事がありまして、鉄道運賃をネットで調べましたら、高崎から京都まで、新幹線で16000円ほどかかるようです。

往復すれば、3万円を超え、さらにホテル代も京都は非常に高そうで、それを足していくと、かなり高額になってしまうような…

そこで、高速バスの料金を調べたところ、
富岡から京都まで、何と、往復15000円ほど。

ということで、宿泊なしの車中泊弾丸ツアーで、京都に行ってみるということになりそうですが、若者ならともかく、オーバー50のおじさんでは、これはこれでちょっと大変でしょうか?

それにしても、京都のホテルは、強気の価格設定でビックリです。

以前、よく出かけた金沢市よりも、かなり高い印象です。

観光都市として、京都は日本の中でも別格ということなのでしょうか?




9月16日(月)その1
★全国で台風18号の被害がありましたが、富岡市は大きな被害はなかったようです。

しかし、藤岡市で1000世帯ほどの停電があったり、熊谷市では突風で、家屋の倒壊などもあったようですので、ちょっと通過するコースが変われば、富岡市も同じ被害を受けていた可能性があります。

それにしても、富岡市は自然災害が少なく、こうした点では非常に恵まれている地域です。

これをもっとアピールして、富岡市の魅力の一つにできないものでしょうか?

★夕方、一ノ宮市民グランドのそばを車で通りましたら、ベンチがいくつも飛ばされて倒れていました。


これ、かなり重いベンチですが、自然の力は侮れません。


また、市民グランドのテニスコートは、昼過ぎの強い雨で、一気に水が溜まりました。

不思議なことに、すぐそばの野球場は、まったく水が溜まっていないのですが、地盤の性質が全然違うということなのでしょうか?



★本会議で、決算特別委員会の委員長報告をしなければなりませんが、その原稿作りがちょっと大変で、苦戦しています。

昨日、富岡市の財政状況についてのメールと、某保育園の街灯についてのお電話などいただいておりますが、調べてご返事をするのにちょっと時間をいただかないと難しそうです。

★台風一過で、きれいな夕焼けが見えました。

そろそろ運動会シーズンになりますので、秋の空になってほしいものです。


★先ほど、人気ドラマ『半沢直樹』を録画で見ましたが、大和田常務の揺さぶりに、近藤君が負けてしまいそうじゃないですか!

来週の展開が、気になります。


9月15日(日)その1
★午前9時半から、一ノ宮体育館にて、敬老会が行われました。

今年の招待者数(75歳以上の方)は859人。
米寿を迎えられた方々は31人。

また、80歳以上で、1年間、健康保険・介護保険を必要としなかった方は9人でした。

慶祝状贈呈の後、演芸の部があり、会は大いに盛り上がりました。










9月14日(土)その1
★設置してあったセンサーライトが壊れてしまい、ホームセンターに買いにいきましたら、思っていたよりも安くて、意外な感が。

980円で、センサーに反応してライトが点くようなものが買えるとは、これまでまったく知りませんでした。

日曜大工的なことは、日頃まったくしませんので、慣れていないのですが、それでも簡単に設置できました。

ただ、人に反応するセンサーの目盛りの調節と、点灯時間の調整に苦戦し、暗くなってからライトが点いて、虫が大量に集まる中、大変でした。


★今日、FM軽井沢の関係者の方からお話を伺う機会がありました。

FM軽井沢というラジオ局の存在自体、知らなかったのですが、放送エリアは狭いものの、ネットでも聴くことができるので、東京や海外にもリスナーがけっこういらっしゃるのだとか。

さすが、軽井沢のパワーは、違いますね。

また、このFMは、第3セクターなどによるものではなく、民間の運営とのこと。

先ほど、ネットで放送を聴いてみましたら、さまざまな業種のスポンサーがしっかりついているようです。

やはり、軽井沢は、長野県ではなく、文化的・経済的には東京の飛び地のような存在と言ってもよいのかも?


軽井沢のスーパー『ツタヤ』に行けば、首都圏ナンバーの高級車がズラッと並んでいて、東京の高級スーパー『紀伊国屋』の駐車場にいるような錯覚に陥ることもあります。

富岡から一番近い『東京』は軽井沢ではないかと、私は前から感じています。




9月13日(金)その2
★除染作業を行ったのに、しばらくすると再度、放射線量が上昇するケースがあるという話を聞きました。

ここに来て、福島第一原発の汚染水問題が深刻化していますが、私たちはこの原発事故について、楽観視し過ぎていたきらいがあるのでは?

東京五輪開催で、福島第一原発の事故は、遠い過去の話になっていた感がありましたが、まさか、これからが本番などということになってしまうようなことはないのか?

非常に気になります。


★『まゆべえ』のミニトートバッグとタオルハンカチの製品サンプルを、メーカーの方からいただきました。

バッグは500円、ハンカチは300円ですが、いかがでしょう?


メーカーさんのほうで作っていただいた品ですので、私もキャラクター製作者として、販売のお手伝いをしようと思います。


★YouTubeで、なつかしい曲を見つけました。

 Baby Portable Rock - Pizzicato Five

この明るさとハッピーな雰囲気、そしてほのぼの感、いいですねー。

ピチカートファイブ、最近、名前を聞きませんが、曲のクオリティはかなり高いアーティストなのでは?

再評価すべきアーティストと強く思います。



9月13日(金)その1
★FB良品という、自治体運営型のショッピングサイトがありますが、
これが『JAPANsg』という名前に変わり、大幅にリニューアルしていることを知りました。

6月の一般質問で、『費用的にも妥当なものなので、富岡市もFB良品に参加すべきでは』と提案しましたが、当局の回答は『別の方法で富岡市の特産品を売り込んでいく』というものでした。

でも、これ、やはり参加したほうが良かったのでは…

いまの富岡市ならば、参加すれば、大きな存在感を示すことも可能なのに、もったいないように思えてなりません。

せっかく知名度が上がったことを、富岡市はどうもうまく生かしきれていないように感じてしまいますが…


★決算特別委員会の委員長報告を、本会議最終日に行いますが、その原稿作成のための資料を、議会事務局からいただきましたら、とてつもない長さで、ちょっと驚きました。

土日は、一般質問&委員長報告の原稿作成で、忙しくなりそうです。


★機械モノというのは、長年使っているのに、最後まで使わないような機能がけっこうあるものです。

デジカメ、パソコン、ハードディスクレコーダーなど、使いこなしている機能はほんのわずかのように思えます。

無くて使えないのなら仕方ありませんが、あるのに使わない・使えないというのは、大変もったいないことです。

でも、これはもしかしますと、人間にも当てはまるのではないでしょうか?

持っている能力は、ちゃんと使って生きていかなければ、これも、もったいないことです。

最近よく、そんな思いがします。





9月12日(木)その1
★今日は午前中から市内をあちこち、原付で移動していたら、あっという間に夕方になってしまいました。

そのおかげで、やっと妙義町方面の道路が、頭の中にしっかり入りました。

これまで、どの道が、どこにつながっていて、どこに出るのか、よく分からない状況でしたが、これからは、大丈夫そうです。


このアングルの妙義山は、初めて見ました。

また、妙義神社で休憩していたら、観光担当の職員さんが、仕事で現れまして、お互いにちょっとビックリということが…




高田のセブンイレブンで、100円のアイスコーヒーを買おうとしたら、売り切れで、Lサイズ180円の大きいほうを購入。

セブンイレブンのコーヒーは、おいしいですよね。


★神成方面をバイクで走っていましたら、目を引く光景が。

生首風のかかしは、けっこう効果があるということなのでしょうか?



9月11日(水)その2
★庁舎建設事業に関わる議員全員協議会が午後、開かれました。

これまで4棟方式の1棟を保健センターにすることに対し、議会から様々な意見が出されていましたが、当局がそれに配慮し、保健センターは新庁舎の4棟の中には入れない方向で進めることとなりました。

この3か月ほど、足踏み状態であった新庁舎建設が、やっと前に進めそうな雰囲気になってきました。

★議会内に『議員定数問題研究会』が設けられましたが、その委員長を仰せつかりました。

メンバーは、市川さん、春山さん、壁田さん、佐藤さん、大塚さん、吉井さん、長沼さん、宮沢さん、泉部さん、そして私の10名です。

非常に重いテーマですが、皆さんと十分な協議を行い、より良い方向性を出していきたいと思います。

★イコモスの富岡製糸場現地調査についての情報が入りました。

日時は9月25日(水)で、調査員は中国国立シルク博物館長の方とのことです。


★富岡まちづくり・ひとづくりプロジェクトの会議があり、お富ちゃん家に夕方出かけました。


写真を使って、スペースで文字を浮き上がらせる方法についての打ち合わせが行われました。

ちなみに、これから500名ほどのスマイル写真を集める予定とのことです。




9月11日(水)その1
★富岡製糸場周辺道路の交通社会実験が、本日から17日までの1週間(午前9時〜午後4時)の予定で行われます。

城町通りを歩く観光客の方が増えていますので、個人的には、製糸場が開いている昼間の時間帯だけでも、一方通行などの交通規制は行うべきではないかと考えております。

まだ、初日ですので、様子は分かりませんが、近々、確認に出かけてみたいと思います。

★『小中学校の空調設備の設置は、どのくらいの費用だったのですか?』と、昨日、お声をかけられました。

『確か、東中を除いた16の小中学校で、5億円くらいだったはずです』とお答えしましたが、先ほど調べてみると、小学校11校で約3.5億円、中学校5校で約1.3億円でした。

数字についてのご質問は、焦ることがあります。

できるだけ、大まかな数字は頭に入れておこうかとは思いますが、資料に出てくる数字の数が多いので、なかなか難しいのが現実です。

★前橋育英、甲子園優勝直後に、群馬県予選の初戦で敗退とは、ビックリ仰天です。

ということは、公式戦で勝った太田工業は、現時点で、暫定全国ランキング1位ということに、もしかするとなるのでは…

甲子園で勝つこと以上に、群馬県予選に勝つことが難しいということは、『野球帝国群馬』と言ってもよろしいのかも?

★今日は午後1時半から、新庁舎についての全員協議会が開かれます。

どのような展開になるのかは分かりませんが、ちょっとここに来て、足踏み状態が続き、気になります。




9月10日(火)その1
★西中の通信(9月2日号)を見ましたら、男子ハンドボール部が、県大会に準優勝し、関東大会も準優勝したとの情報がありました。

関東大会のスコアを見ると、
1回戦は、32−27、
2回戦は25−24、
準決勝は20−19という、たいへんな接戦を勝ち上がっていったようです。

西中の後輩の皆さんの活躍は、卒業生としても、とても嬉しいものです。

ぜひ、高校に進学してからも、ハンドボールを頑張っていただきたいものです。


★一般質問の再質問(健康マージャンを除いた)をメールで、担当部署の職員さんに送りました。

また、健康マージャンにつきましては、今朝、当局のお考え・方向性を示していただきました。

印象としますと、『健康マージャンについては、ちょっと…』というところでしょうか?

私が今回、これを取り上げたのは、去る7月に発表された国立社会保障・人口問題研究所の、とある調査結果が気になったからです。

それによりますと、
周囲の人と会話をする機会が『2週間に1回以下』という人の割合が、65歳以上の独居男性では約17%にのぼる
とのことです。

つまり、65歳以上の独居男性の6人に1人は、日常生活でほとんど会話がない状況で暮らしているということです。

これは、深刻な問題なのではないでしょうか?

話す相手がいないという状況で、健全かつ健康的な生活というものは成り立たないと思います。

また、こうした環境で生活することが、認知症や様々な病気などの原因になる可能性も高いのではないでしょうか?

そこで、こうした高齢者の生活環境を改善する一つの方法として、健康マージャンの導入を提案したような次第です。

これから、再質問で、さらにその点に触れようかと思いますが、実施へのハードルは、極めて高そうな雰囲気です。


★今日、スタンドでガソリンを入れたときのこと。
支払いが5000円を超えまして、『ずいぶんガソリン代が高くなったなぁ』と感じました。

私は今、日産のノート(だいぶ前のモデルです)に乗っていますが、燃費はおよそリッター11〜12kmほどです。

まあ、この程度の燃費なら一般的なのかもしれませんが、ひょっとすると、タイヤの空気圧をちょっと高めにすれば、路面とタイヤの抵抗が減り、燃費が上がるかもしれないと思い、今日、少し高めの圧にしてきました。

効果はどうだか分かりませんが、結果は次回にガソリンを入れたときのお楽しみということで。


★車の燃費のことを考えながら、走っていましたら、ちょうどホンダのお店の前になりましたので、急遽立ち寄り、先日発売されたばかりのFitのカタログをもらいました。(Fitのハイブリッドは、アクアの燃費を超えたということで、数日前から興味を持っていました)

さらに、『今日からFitハイブリッドの試乗車がありますので、よかったらお乗りください』と、お声をかけていただきましたので、ついでに試乗も。

やっぱり、最新型の車はいいですね。

静かで、力強さあふれる加速感。さらに、タブレット端末のようにまとまっているスイッチ類。すごいもんです。

また、ついでと言っては何ですが、Fitの後に、N−ONEとN−BOXの試乗もさせてもらい、今日は久しぶりに今風の車にたくさん乗りました。

ちなみに試乗したN−ONEはターボ車ですので、軽とは思えぬ加速感。
また、N−BOXはノンターボでしたが、貫前神社参道の坂を、エアコン全開でかなり力強く上りました。

これから消費税も上がりますし、ガソリン価格もさらに高くなる方向で進むでしょうから、もしも車を買い換えるなら、リッター20km以上は走りそうな車にしたいと思っております。

となると、今日乗った3種類の車の中では、どれが妥当な選択なのか?

車の価格、維持費などのコストパフォーマンスも含めると、N−ONEの、ノンターボ車がいいような気がしましたが、はたして…


ホンダのお店で、若い営業の方に、『わたし、昔、Cityターボに乗ってたんですよ』と話しかけたら、『あぁ、その車、聞いたことがあります』と言われてしまい、ちょっと隔世の感が…

一世を風靡したホンダ・シティも、今や、完全に歴史上の車になってしまったようです。




9月9日(月)その1
★午前10時から決算特別委員会が開かれました。

申し合わせで総務委員長が、この委員長となり、委員会を進めることから、今日は初めて、自分では一つも質問をしない決算特別委員会となりました。

内容につきましては、本会議での委員長報告が済んでいないため触れられませんが、様々な質疑や意見がありました。

しかし、長い会議を、仕切るのは、疲れますね。

普通に質問したり意見を述べる側のほうが、のびのびできることが良くわかりました。

実は私も、当局に質問したい点が複数ありましたので、それはこれから、少しずつ、それぞれの部署に出向いて教えていただこうと思っております。

その方が、ざっくばらんに、深い内容のお話も聞けることが多く、かえって勉強になることが多いのですが…


★久しぶりに青空が広がりました。
気温はかなり上がった感がありましたが、湿度が低く、だいぶ秋の雰囲気になってきました。

決算特別委員会は、一般会計を中心としたものと、企業会計を中心としたものの2つのグループに分かれますが、自分の方は、一日で終わりましたので、今日から一般質問に集中していくつもりです。

部屋で考え事をするのも、しやすい陽気になってきましたので、一気に、再質問をまとめようかと思っております。

ちなみに、3件の質問のうち、『健康マージャン』についてだけは、まだ、当局のお考えの方向性がまったく分からない状況にあります。

ひょっとしますと当局側は『まさか、議会の一般質問で健康マージャンが取り上げられるとは想定していなかった』ということかもしれませんが、ぜひ、導入している自治体の状況をチェックして、前向きな考えを示していただければ、と考えております。

★秋の虫の鳴き声が、だいぶ聞こえます。

カエルが鳴き、蝉が鳴き、虫が鳴いて、何も鳴かない季節が来て、一年が過ぎていくということですが、日本というのは、四季の変化があって、いい国ですよね。

齢を重ねて、初めて気づく日本の良さというところでしょうか…

ところで今日は、当然のことですが、株価がかなり値を上げました。

あくまでも、素人の予感ですが、ひょっとすると、2020年まで、株式市場は面白い展開になるんじゃないでしょうか?

人生が変わってしまうほどのリスクに立ち向かうのはマズイこととは思いますが、気になる会社の株をちょっと買って放っておけば、ひょっとすると、ひょっとするような気がします。




9月8日(日)その2
★明日は、決算特別委員会が行われます。

普段でしたら、けっこう質問をさせていただく方なのですが、明日は、決算特別委員会の会議を円滑に回す役どころになりますので、残念ながら質問は、他の委員さんにお任せするような形になりそうです。

疑問点は、直接、担当部署に出向き、確認させていただきますので、その時はよろしくお願いいたします。

★東京五輪の決定に大きな影響があった最終プレゼンテーションが、今日は様々なテレビで取り上げられていました。

生で見たときは、『これはすごいな』と感動しましたが、何度も映像を見ますと、単にすごいというレベルではなく、プレゼンテーションの最高傑作とさえ思えるようになりました。

みなさん、たくさんの練習を積み重ねたとはいえ、全員が完璧に終えるというのは、奇跡的なことなのでは?

想像もできないようなプレッシャーの中で、あれだけの結果を残した招致委員のみなさんの準備や努力には本当に頭が下がる思いがします。


また、明日の東京株式市場は、五輪関連銘柄を中心に大きく値を上げるような気がします。

アベノミクスの神通力が最近失われつつありましたが、東京五輪決定で、再度勢いを取り戻すのは、ほぼ確実か?


★今日、「八重の桜」を見て思いました。
八重さんの生涯を描くのに、同志社大学を避けるわけにはいかないのは当然ですが、この流れで行くと、同志社大学設立のストーリーを大河ドラマが描くような展開になってしまいそうで、逆にOBの一人として、少々心配しております。

視聴率は苦戦中とはいえ、天下のNHKの看板番組である大河ドラマで、特定の私学をここまで取り上げてしまうことになると、公共放送として、批判を受けてしまわないのか、不安になります。

OBや在校生、関係者からすれば、喜ばしいことであることはもちろんですが、今後の展開が非常に気になります。





9月8日(日)その1
★朝、テレビのスイッチを入れたら、『東京五輪決定』の文字が、目に飛び込んできました。

東京は非常に難しいのではないかと思っていましたので、仰天でした。

昨日見た、某テレビ局の最初の投票予想では、イスタンブールは10票に届かず、東京とマドリードが互角とのことでしたが、結果を見れば全くの大ハズレじゃないですか!

五輪開催地は、ほぼ毎回、最も可能性が高そうな所が、脆くも敗れるという傾向があるように思えるほど、予想が難しいようですが、今回の東京決定には、本当に驚きました。

何が理由であるかは分かりませんが、プレゼンテーションが魅力のあるものだったことと、安倍総理が、汚染水問題についての質問に、しっかり答えたことが影響したことは間違いないように思えます。

しかし、決まる前は、イスタンブールにさせてあげたいと思っていましたが、いざ東京になったら、ちょっとワクワク感が出てきました。


汚染水問題を、特にチェルノブイリに近いヨーローッパ諸国が深刻に受け止め、マドリードに票が行ってしまうかと思っていましたが、この票数を見ると、そうしたことはなかったようです。

2024年の五輪を、フランスが希望しているので、連続欧州開催というのは実現が難しいことから、今回マドリードに票が言われていたほど入らなかったのかもしれません。

また、マドリードはスペインの首都なのに、先に第2の都市であるバルセロナに五輪開催をされてしまったことから、何が何でも開催したいという国内的な理由もひょっとするとあるのかも…

2020年、私はこの世にいられれば、61歳で東京五輪を見ることになりますが、ちょっと楽しみになってきました。




9月7日(土)その2
★2020年五輪の、東京の最終プレゼンテーションを見ました。

みなさん、英語(もしくはフランス語)で、原稿を見ず、あれだけ表情豊かに話されたことにまずは驚きました。

世界中に放送されているだけでなく、自分のミスが投票に大きく影響するというプレッシャーの中、あれだけのプレゼンテーションをしたということは、とてつもなく素晴らしいことだったのではないでしょうか?

また、大学の同じ学部の後輩にあたるフェンシングの太田雄貴さんのスピーチも流暢で素晴らしく、感動しました。

イスタンブールのプレゼンテーションがどんなものだったか分かりませんし、これから行われるマドリードも、どのような内容になるのか見当もつきませんが、日本とすれば頑張ったプレゼンテーションだったのではないでしょうか?

ただ、なぜ東京で行うべきなのかという、根本の部分の説明が、東京の場合、難しい感がありますが、これをIOC委員の方々がどのように考えるか?

あと、5時間ほどで決定のようですが、明日の朝、テレビを見るのが楽しみになってきました。




9月7日(土)その1
★もみじ平の野球場の周りを走ろうかと思い、出かけましたら、中学生の野球の大会があって、駐車場はいっぱいで、通路まで車があふれるような状況でした。

また、今日から美術博物館で篠山紀信氏の写真展も始まり、篠山氏ご本人によるサイン会も行われたことから、美術博物館前のスペースも、車がびっしりでした。

7キロほど、のそのそ走ってきましたが、久しぶりに走りますと、何だか体のあちこちにちょっと違和感があります。

この夏は、暑い日が多かったので、スロージョギングは完全にサボってしまいました。

なので、当然と言えば当然のことですが、何事も継続していることが重要ということに気づかされました。

実は、この秋、某ハーフマラソンの大会に申し込んでありまして、その前に、10kmくらいのスロージョギングを数回こなしたいと思っていたのですが、今日は挫折…という感じです。

ずいぶん前に、大会の申し込みをしていて、最近まで完全に忘れていたような次第ですが、はたして出場することができるのか…


★テレビを見ていると、東京のオリンピックがどうなるか、というニュースばかりです。

それにしても不思議なのは、どうして開催地が決まる時になって、一気に汚染水の問題が噴出したのでしょうか?

何か、特別な事情とでも言いましょうか、何らかの思惑があるようなことは無いとは思いますが、このタイミングが、気になります。


個人的には、一度も五輪開催をしていないトルコのイスタンブールに開催してもらうことが、世界にとって最もよいのではないかと思っております。

しかし、どうも、イスタンブールは、先の大きな暴動とドーピング問題の表面化で、『危うし』という状況のようです。

となると、マドリードが有利ということになってしまいますが。

私は、日本でのオリンピック開催を強く希望はしておりませんが、けっこうスポーツを見るのは好きですので、東京に決まれば、それはそれで楽しみです。

実際に五輪を見たのは、長野オリンピックの女子フィギュアスケートのショートプログラムだけですが、本物をこの目で見て、たいへん感動し興奮したことを、今でもハッキリ覚えています。

あのとき、まだ高校生の荒川静香さんも出場していましたが、当時の日本女子フィギュアは、世界との差があり、メダルどころか入賞もできませんでした。

金メダルはアメリカのタラ・リピンスキー、銀メダルはアメリカのミッシェル・クワンでした。

会場の席で、隣にいた人はロシアの方で、怪しい英語でいろいろ話をしましたところ、当時若手だったイリーナ・スルツカヤ選手が出てきたとき、『彼女は次のロシアのエースだ』と言ってました。

スルツカヤ選手は長野五輪では5位でしたが、その話どおり、次のソルトレイクシティでは銀メダル、さらにトリノでも銅メダルでしたので、あのときのロシアの方が言っていたことは本当でした。

テレビで見ているだけでは、こんな経験はできませんので、やはり五輪は会場で見れれば、100倍面白いかと思います。

でも、そうした経験があっても、いまの日本には五輪招致よりも、優先すべき課題・問題がたくさんあるのではないかと思えます。

あと、数時間で2020年の五輪開催地が決まりますが、結局、汚染水問題で、東京は勝てないような印象を持ちます。

イスタンブールか、マドリードなら、イスタンブールになってほしいと思いますが、3都市のどこが選ばれてもおかしくない激戦だそうですので、結果が楽しみです。




9月6日(金)その1
★富士山の頂上まで、ブルドーザーが上っているという話を、今日聞きました。

富士山の山頂にある神社で、お仕事をしている方の関係者から伺ったのですが、そうした方や物資を運ぶためのブルドーザーがあるのだそうです。

山小屋で使う物資は、どのようにして運ぶのか、これまで見当もつきませんでしたが、ちょっと予想外の話でした。

また、山頂の神社でお仕事をされる方は、1週間くらい、頂上に居っぱなしで、お風呂も当然入れないのだとか…

1週間、富士山の頂上で暮らせる機会など、滅多に持てるものではありませんが、なかなか大変そうです。


★午前中、歯科医院に行き、治療中の歯がやっと治りました。

昨年の夏は、五十肩になり、十か月ほど苦しみ、今年の夏は、歯を痛めましたが、こちらの方は比較的簡単に治り、本当に良かったです。

ポップコーンを食べるときには、弾けていないコーンの粒には、ご注意を!

★一般質問の『富岡市を取り上げるテレビ番組の戦略的な活用について』の件で、担当部署の部長さん、課長さんと、いろいろ情報交換をしてまいりました。

質問の内容につきましては、とてもシンプルですので、方向性はだいたい決まっております。

観光担当部署の職員さんが、富岡市を取り上げるテレビ番組をしっかり把握し、それを観光行政にもっと生かすことができるような環境の実現に向け、訴えたいと思います。

★ちょっと調べたいことがあり、某公民館へ出かけました。

そこの館長さんは、市役所の元部長さんで、久しぶりにお会いし、興味深いお話をたくさん伺うことができました。

地元の一ノ宮公民館以外は、あまり出かけることはないのですが、これからは、あちこちの公民館に足を運んでみる必要もありそうです。


★読売新聞のサイトに、
『福岡で財布奪われ11日…仙台まで自力で帰宅
福岡市からは約1400キロ。11日かけて戻って来た男性は「福岡市内の路上で財布も携帯電話も奪われた時は焦ったけど、帰宅できてよかった」と話している。』
という記事があります。

これ、本当の話なんですか??

11日で1400キロって、1日に約127km歩かなければなりません。

さらに、1日127kmってことは、24時間歩いたとしても、時速5.3キロのペースで、けっこうな早歩きのスピードです。

計算上は、ありえない話と思えますが、事実なら、ギネス級の出来事なのでは?

★2020年のオリンピックの開催地が間もなく決まりますが、東京は、かなり難しいような印象を持ちます。

そもそも、今の日本にオリンピック誘致をすることが、国のためになるのか、その点も少々疑問に思っています。

勝てば、7年後、東京で見れることになりますが、負ければ、これまで招致活動に投じた莫大な費用や責任問題が、大きな問題になる可能性が高いのでは?

日曜日の朝には決まるそうですが、はたしてどうなるのか…




9月5日(木)その1
★臨海学校についての一般質問の関係で、教育委員会に出かけました。

他の2件につきましては、まだ、お話が進んでおりませんが、前向きな、良い方向性が出るような一般質問の議論にしていきたいと思っております。

★先ほど、ヤフーを見ていましたら、ドラクエのバナー広告があり、クリックしたところ、スライムが現れました。

すごく良くできている広告ですね。 えらい時代になったものです。




★家電量販店に、プリンターを買いに行きました。

文書を専門に印刷していたプリンターが壊れてしまったので、購入したのですが、何と価格は3980円。

こんな値段で買えるものが、今はあるんですね。

ちなみに、キャノン製で、黒は顔料インク、カラーは染料インクという機種ですが、顔料と染料の種類の異なるインクで、大丈夫なのでしょうか?

まあ、文書専門プリンターですので、写真印刷など、ほとんどしませんから、画質は問題ではないのですが…

それにしても、サンキュッパでプリンターが買えてしまうとは、デフレ脱却の道はまだ遠そうです。


★総務委員会の視察に来月出かけます。

今年は、京都府京丹後市(市民協働のまちづくり)と滋賀県米原市(自治基本条例)です。

京都といえば、かつて4年間、京都市民であった私とすれば、第2の故郷のようなところです。

しかし、京都府は南北に広く、日本海側の京丹後市には、一度も出かけたことはありません。

大学生の頃、日本海側へ時々、海水浴に行きましたが、そのときも、京都から比叡山を超えて滋賀に出て、米原から北陸自動車道で福井県の方に行きましたので、日本海側の京都は、未体験エリアです。

新幹線で京都駅まで行き、そこから120km北に向かうのですが、富岡からこの距離を移動すれば、都内まで行けちゃう距離ですよね。

初日は京丹後市に宿泊し、2日目は京都市内に泊まりますので、3日目は思いっきり早起きし、ちょっと京都市内も見てきたいと思います。


★上丹生に行きましたら、このような光景が。

高速道路で信州方面へ出かけるとき、よく見かけるオブジェですが、そばで見ると、大きいですね、コレ。




9月4日(水)その1
★午前10時から総務委員会が開かれました。

内容につきましては、全員協議会終了後に改めてご報告を。

また、終了後、委員会の皆さんと上毛新聞富岡市局へ伺いました。


道向かいの、かりんとう饅頭のお店の大きな看板が目立っており、上毛新聞の支局ということに気づかない人も多いでしょうか。

自由に入れるコーナーも、まだ、お客さんがあまりいないようなお話でした。



また、せっかくですので、向かいのお店で『アイスどら焼き』という品を一つ買って食べてみました。
蒸し暑い中、アイスどら焼きは美味しいですね。



★製糸場前を通りましたら、かなりのお客様がおられました。

珍しく若い方のグループが見えましたが、大学の研究室のような方々でしょうか?
やはり若い方が闊歩すると、雰囲気も生きいきとした感じになります。


★銀座交流館の絵手紙コーナーは、とても良い雰囲気で、魅力的です。

絵手紙も数が集まりますと、相乗効果で、訴える力が大きくなるように思えます。

これ、もっと宣伝すれば、富岡の名物コーナーになるように思えますが、何か今後のプランはあるのでしょうか?



★決算の資料を見ていて、前から疑問に思うことがあります。

平成24年度の富岡市役所の人件費は約33億円。
しかし、これは402名の正職員の方々の人件費で、嘱託職員や臨時職員の方の分は含まれておりません。

では、嘱託・臨時の方の分はどうなっているのかと言いますと、その方々の給与は『物件費』の中に入っております。

私は、モーレツに違和感を覚えるのですが、正職員以外の方の給料は『物件費』というのは、あまりに失礼なことなのでは?

物件費っていうことは、何だか『モノ扱い』しているような印象を持ってしまいます。

どのような考え方で、このような分け方になっているのか分かりませんが、非常に奇妙というか、おかしなことと思えます。

また、本日確認したばかりの数字ですが、
正職員さん402名の人件費が約33億円、
臨時・嘱託の職員さん約400名の給与は約5億円。

ただし、臨時・嘱託の方は、1か月しか勤めていない方でも1人として数えられている人数です。
でも、そうした前提があるにせよ、何だか、とんでもない格差があるような印象を持ってしまいます。

あえて、事実関係以上のコメントはしませんが、『とてつもなく、しっくりしないもの』を感じます。




9月3日(火)その1
★本日から9月定例会が始まりました。

一般質問についてですが、今回は行うのは6名で、私は1番くじを引きました。

あまり嬉しくもない1番くじですが、運命と思って頑張りましょう。

★平成24年度決算データを、ちょっとご紹介しましょう。
まず、
自主財源は47.4%(23年度は48.2%)
依存財源は52.6%(〃 51.8%)
ですので、少々自主財源比率が低下しています。

また、代表的な指標の数値は
経常収支比率87.9 (23年度86.9なので、やや悪化)
実質公債費比率10.3(10.8からやや改善)
将来負担比率19.5(28.2から改善)
財政力指数0.63(0.64から悪化)

全般的には、前年度から、あまり状況は変わっていないと見ることはでるものの、財政力指数が過去5年、下がりっぱなしという点が、非常に気になります。

これから決算特別委員会がありますので、また、改めて新たな情報をお知らせいたします。

★先週、全市的に新聞折り込みされた地域新聞の話題が、とあるところで出ました。

一番質問されることは、『議員について書かれていたことは本当なのかい?』ということなのですが、真偽のほどは私には分からないものも多いので、何ともコメントできない状況です。

今日は地域新聞が配布されてから、初めて議員が集まる日でしたが、議員の中には、あえて皆さん、この話題を避けようとしているような空気があるように、私には思えましたので、私も自分からこの話題は出しませんでした。

しかし、議会にとっては市民のみなさんから不信の目で見られる可能性がある内容ですから、重く受け止めなければいけないことと思っております。

世界遺産登録で、日本中から注目を集めている富岡市で『その市議会がおかしなことになっている』などということにならぬよう、議員は心して行動しなければならないと考えています。

が、議員の考え方に温度差があり、どうも私には理解できない考え方が、少々強いように思えます。

多数派の皆さんからすれば、私の考え方がおかしいという所でしょうが…

あまり書きますと、お叱りの言葉を頂戴するかもしれませんので、このあたりで終えた方が良さそうですね。


★来月、富岡まちづくり・ひとづくりプロジェクトで、お富ちゃんのラジオ体操風景を、ワタクシが撮影させていただくことになっております。

写真なら、そこそこ地震、いや自信がありますが、動画撮影となると、どうなっちゃうのか、サッパリ分からない状況です。

まさに『出たとこ勝負だい、人生は!』っていう感じですが、『ちぃーっとばっか、心配になってきたい!』っつーとこです。





9月2日(月)その1
★総務省主催の『わがまちCMコンテスト2013』に応募しました。

先日、三脚を使ってビシッと撮影しました、製糸場、貫前神社、妙義山の動画に、過去に撮影した写真を入れて編集し、富岡市の30秒CMをつくりました。

やり始めると、編集はまさにエンドレスの作業になってしまう感がありましたので、そこそこのところで線を引き終了にしましたが、割と良くできたような気がしているというか…

10月20日までには、結果が出るそうですが、一つ楽しみができました。

あと、作品を記録したDVDを送ったとき、一緒に、NHKのど自慢の出演応募ハガキも出してきました。

ワタクシ、ハガキの懸賞は、けっこう当たる方なのですが、そのコツをふんだんに使って、応募ハガキは書きました。

前回は、ハガキ審査は通過し、かぶら文化ホールの予選会で歌うところまでは行きましたが、そこで玉砕…

今回は、どうなるかは全く予想できませんが、予選会だけでも、また出てみたいと思っています。

ちなみに、前回は予選会がどのように行われるのか知らず、『てっきりカラオケで歌うのかな』と思っていましたら、当日、本番と同じ生バンドで歌うことが分かり、驚いた記憶があります。

今回は、そのときの学習効果を生かしたいと思ってはいますが、はたしてハガキ選考で残れるか…

10月は、楽しみが多い月になりそうです。

★富岡まちづくり・ひとづくりプロジェクトの会議に出かけてきました。

二日続けてですが、興味深い話をたくさん伺うことができ、勉強になりました。

若い人たちと普段、議論するような機会はありませんので、非常に新鮮な気持ちになれます。

ただ、いろいろ難しい課題が多くなってきたような印象がありますが、今後、どのように進むのか、ちょっと気になってきました。






★NHKの『あさイチ』で、富岡市の特集が組まれた日、市民の方からこのような苦情があったそうです。

 『とみおか』の読み方・アクセントが、おかしいのでは?

普通、私たちは、高低がないフラットな読み方で、『と・み・お・か』と言いますが、どうもテレビの放送では『と・み(ちょっと上がり調子)・お(ちょっと下がり調子)・か(さらに下がり調子)』という読み方をするアナウンサーが多いような気がしますが、そのことなのかもしれません。

テレビ放送で、私も違和感を持つことはありますが、正しいアクセントがある訳ではないですから、なかなか難しい問題です。



9月1日(日)その1
★午前中、所要のため、市内某所へ原付で出かけましたが、9月になったというのに、まだ真夏の暑さという感じでした。



★『スマイルとみおか』の会議が、夕方6時から『お富ちゃん家』で開かれました。
11月17日に社会実験のイベントが行われるのですが、私は『5万人CM』というグループに所属し、メンバーの方々といっしょに富岡市を紹介するムービーをつくることになっています。

先週、県庁で研修を受けてきたムービーメーカーの技術が、生かせそうで、ちょっと楽しみにしております。


富岡シルク体操の公式ムービーを、YouTubeで見れることをご存じでしょうか?

スマイルトとみおかのミーティングの中で、その存在を初めて知ったのですが、『タモリ倶楽部』みたいな番組で、取り上げていただきたいですね、コレ。

お時間ございましたら、ぜひ、ご覧ください。




8月31日(土)その1
★午後、県庁で行われたCM制作の研修会(2回目)に出かけてまいりました。

ウィンドウズ・ムービーメーカーを使っての動画編集について、様々な知識を教えていただきました。

前回は、複数の動画をまとめて1本にする練習でしたが、今日はBGMや文字を入れる練習をしました。

今日でひと通りのことは学びましたので、後はアイデアを出して、数をこなしていくことが技術の向上に必要なのではないかと感じております。

それにしても、ムービーの作成は、予想した以上に奥が深く、興味を持つことができました。

写真よりも情報量が多く、臨場感が伝わるムービーにハマりそうです。

ちなみに、練習で編集した作品は、こんな感じです。





8月30日(金)その1
★暑かったですね、今日は。
市内の小中学校では、すでに2学期が始まっていますが、新しく設置したエアコンが早速、大活躍できたのではないでしょうか?

そういえば、高崎の方から聞いた話では、高崎市の小中学校は、9月になってから2学期が始まるのだとか…

群馬県内は、どこもいっしょなのかと思っていましたが、想定外の話でした。

★『昔は冬場、このあたりでも水をまいとけば氷が張って、スケートができたよな』と、歯科医院の待合室でいっしょだった70代の男性から、言われました。

確かに、私が小学校のときには、一ノ宮の神社裏の森の中に、スケート場があり、けっこう混んでいました。

なので、私の小学校時代の同級生は、スケートが上手な者がかなりおります。

私は運動神経が冴えていない男なので、やっとこさ滑れる程度でしたが、それでも大学生の頃、とあるところでローラースケートをしたとき、初めての割には少しばかり滑れて、周りから『モハラ君、うまいじゃん!』と言われたことがあったような…


★一般質問ですが、3件の予定です。

1:富岡市を取り上げるテレビ番組の戦略的な活用について
2:臨海学校について
3:健康マージャンを活用した介護予防対策について

あくまでも、予定ですが、担当部署のみなさま、よろしくお願いいたします。

★某アパレル会社の方から、『まゆべえ』のデザイン入りのタオルハンカチとミニトートバッグをいただきました。

そちらの会社の方で商品化してもらったものです。

『上州富岡』の地名入りで、近々、市内のお店で販売が始まるとのことです。

私も仕入れて、販売しようかと思っております。







これまでの活動記録 (毎日更新中!)
2013年 8月 7月中・下 7月上 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2012年  12月 11月 10月 9月 8月  7月 6月 5月 4月 3月 2月
 1月
2011年 12月  11月 10月 9月 8月 7月 6月  5月 4月 3月 2月 1月
2010年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 
2009年  12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2008年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月