富岡市を元気に!子どもたちに明るい未来を! 富岡市議会議員 茂原正秀WEB-SITE
TOP    これまでの活動記録(毎日更新中!)








15分でアートのような作品をつくる!
15 Minutes Art by MOHARA!
















富岡市の桜
富岡市の美しい風景
富岡市観光協会のFacebook
富岡製糸場Facebook
富岡市イベントカレンダー

便利な情報サイト
ダイヤモンド・オンライン
東洋経済オンライン
日経新聞
読売新聞オンライン
朝日新聞
毎日新聞
産経新聞
東京新聞
ロイター
共同通信
ニューズウィーク
NHK
プレジデント公式サイト
上毛新聞
The Japan Times Online






   




★もはら撮影
 動画情報★

まなびのつどい
2014.2.2


富岡市成人式
2014.1.12


富岡市消防隊出初式2014年

貫前神社2014年
元旦


富岡市・安中市・軽井沢町の観光連携協議会設立趣旨発表
2013.12.26


貫前神社 御戸開祭 2013.12.12

群馬サファリ富岡マラソン大会
2013.12.8


第8回富岡市一周駅伝

第2回スロージョギング教室 
2013.11.23


佐原市の『歴史ある町並み』
2013.11.5

モザイクアートで
ギネスに挑戦

2013.11.4

妙義山紅葉
フェスティバル

2013.11.3

スロージョギング
教室

2013.10.27

富岡製糸場に
ふっかちゃん

2013.10.4


富岡市交通安全
パレード

2013.9.25

富岡市CM 
2013年わがまちCM
コンテスト最終選考作品


同志社大学
今出川キャンパス

2013.10.8

 

丹生湖ひまわり畑情報サイト


富岡市の防災気象情報(気象庁リンク)

  ご意見は、下記メールアドレスをコピー&ペーストして、お送りください
moharamasahide@gmail.com
 
2017年12月はこちらから
11月30日(木)
A躪臧賊,凌Πさんと時々話す機会がありますが、職員のみなさんは、富岡総合病院の経営形態変更の内容を、あまりというか、ほとんど知らされていないような雰囲気を感じます。

このような状況で、議会が可決してしまい、経営形態変更が決まってしまっても本当にいいものなのか、非常に疑問に思えてなりません。

今回の変更については、『議員及び病院職員に詳しい情報が伝わらないうちに、どんどん進めてしまえ』という当局側の空気を、私はひしひしと感じております。

また、この変更の先には、市民が喜ばないような未来が待っているような予感もしております。

実は、総合病院の経営形態変更に関する規約変更の議案を、来週の月曜日の社会常任委員会で審査します。

そこで、どんな意見が出て、採決で誰が賛成するか、反対するか、非常に興味があります。

ちなみに社会常任委員は、長沼委員長さん、小林副委員長さん、春山さん、横尾さん、宮沢さん、ワタクシ茂原の6名です。

まずは、その6名が最初に、総合病院の経営形態変更に賛成なのか反対なのかの自分の考えを示さねばなりません。

心の中では反対でも、賛成をしなければならない立場にいて、プレッシャーをかけられている議員さんがいたとすれば、まさにそれは、踏み絵を踏むような心境なのかもしれませんが…

私はもちろん反対です。

私は何も、しがらみがありませんので、自分の考えに従って、反対するつもりです。

月曜日の夜には誰が賛成で誰が反対したか、ズバリお知らせしますが、それで定例会最終日の採決の行方も、ある程度、判明するのでは?

12月定例会は、この議案が最大の注目点という印象です。









■隠卸酊衫祺颪、今日から始まりました。

一般質問の順番ですが、気合を入れて『1番』を狙ったのですが、くじ引きの結果、最後の6番になってしまいました。



ということで、15日(金)の2番目に一般質問を行います。

質問のほうは、これから当局とやり取りを行いますが、9月定例会の時には、市長に答弁を求めた質問をことごとく答弁回避され、議場が混乱しましたが、12月定例会はどうなるか、今のところは分かりません。

しかし、市長さんは来春の市長選を控えているわけですので、都合の悪い質問から再度、お逃げになるようなことを続けるわけにはいかないでしょう。

また、当局側も再度混乱が生じることを警戒しているのでしょうか?

12月定例会からは、一般質問のやり取りの内容を、議会事務局もすべて確認するような仕組みになったと聞きましたが、そもそも当局側の答弁に問題があるのですから、いくら議会事務局がチェックするようになったとしても、荒れるときは、大荒れになるように思えます。

こちらの質問に対し、適切なご答弁をいただければ、何も問題など起こることはないのですから、まずはそこを直していただきたいと思います。







‘曜日のドイツ語検定試験が終わるまで、BBCを読むのは休むことにしました。

というのは、先ほど、ドイツ語検定の過去問をやってみましたら、ヒアリング問題が、壊滅的にできないことが判明しまして、とてもBBCサイトを読んでいる時間の余裕はないと思えたからです。

ヒアリングができないのは、当たり前と言えば当たり前で、逆に、独学で本をパラパラ見た程度で点が取れたら、そのほうがおかしいと言えば、おかしいのですが、ドイツ語の会話を聞いて、問題の答えを選ぶというのは、これは大変なことが、よく分かりました。

作戦とすれば、できるだけ単語を覚え、会話の中の理解できる単語から、全体の内容を想像するしかありませんが、このままでは落ちる可能性が9割くらいのように思えます。

残りの1割は、筆記試験のほうが爆発的に点が取れた場合(ほぼ満点)というところですが、日曜日まで、少しでもドイツ語の単語を覚えようと思います。





11月29日(水)
ぬ斉から、12月定例会です。

一般質問の順番が気になります。

12月定例会は日程が短く、一般質問のやり取りの時間が限られてしまいますので、そこも心配です。

ところで、総合病院の経営形態変更についてですが、最近、新たな情報があまり耳に入りません。

すでに、大勢が決まってしまったのか否かは、何とも分かりませんが、いつものように、賛成の意見をはっきり述べる者はだれもいないのに、何となく賛成多数で決まってしまうというような、おかしなことにならないことを祈るばかりです。





今日は朝から、市議会だよりのポスティングに出かけました。

明日から、12月定例会が始まりますので、ポスティングに時間を割くことが難しくなるため、ちょっと無理してかなり配りました。

日中は、とても暖かく、バイクでも全く寒さを感じませんでした。

行く先々で、様々なご意見やご質問をいただきましたが、ポスティングの区切りがついたところで、調べさせていただきます。

ポスティングの途中で、ちょこちょこ景色の写真を撮りますが、本日の一ノ宮周辺の景色です。


貫前神社です。


久しぶりに鮮やかな紅葉を見ました。


耐震工事中の社会教育館食堂です。


この駅舎、昭和レトロ感があって好きです。


歩道隅の落ち葉に秋を感じさせられました。


宇田の阿曽岡公園ですが、『あそおか』とは、この漢字とは知りませんでした…








■贈贈辰離肇奪廛據璽犬法日馬富士引退の記事が出ていました。

国際的にも注目されているニュースのようです。

でも、横綱が『スモウ・スター』、若手力士が『ジュニア・レスラー』となっていましたが、分かりやすいといえば、分かりやすいですが、日本人の感覚からすると違和感も。

スモウ・スターでは、単に強ければいいような雰囲気になってしまいますが、横綱としての品格など、世界の人に理解してもらうのは難しそうです。





今日のBBCメモ

1:新型ミサイルはアメリカ全土を攻撃可能と北朝鮮が発表

2:トランプ大統領が、極右団体のビデオについてツイートする

3:日本の相撲の横綱が暴力後に引退





11月28日(火)
せ笋了垉腸颪世茲蠡茖僑厩罎慮狭討、完成しました。

12月1日からポスティングを開始しようかと思いましたが、早ければ明日から配れそうです。

『富岡総合病院の経営形態変更の問題点』、『9月定例会一般質問での市長の答弁回避』などを詳しく書きましたので、お手元に届きましたら、お読みいただければ幸いです。








I找市が観光PR用に配布しているクリアファイルが、今日、手に入りました。

2種類あり、なかなかカラフルな目立つものです。



これなら、もらった方は、使ってくださるでしょうし、富岡市の認知度アップに貢献するように思えます。




一般質問の件ですが、いくつか想定外のことが起こりました。

先日の議員全員協議会で、『黒岩ふれあい公園遊具設置に伴う寄付金は、地方行政法第4条の5に抵触している可能性があるのではないか?』と質問しましたが、その当局の回答の文書が、議員用のレターケースに配られていたということを、今日知りました。

そんなわけで、この件の一般質問は、取り下げようかとも思いましたが、文書を読んでもしっくりいかない点がありましたので、やはり当初の予定通り、質問することにいたしました。

また、株式会社まちづくり富岡の質問の件で、今日、お富ちゃん家にある会社の事務所に出かけ、確認すべき点について、お話を伺ってまいりました。

それは、副市長さんの役員としての位置づけに関することなのですが…

あまり詳しく書いてしまいますと、一般質問が盛り上がらなくなってしまいますので詳細は控えますが、当局のチェック機関である議会の一員として、言わねばならぬことは山ほどあるという心境です。

まあ、私がこの件について取り上げなければ、市長さん支持の多数派議員さん方が取り上げることなど、99%ないと思われますので、やるしかありません。

ところで、何度もお伝えしていますが、富岡市議会の一般質問は、事前にすべての質問が、当局に提出されています。

そうした状況なのに、9月定例会では、市長さんに答弁を求めた質問を市長さんは全く答えようとせず、傍聴席の市民の方々から多くの批判的な声が上がりました。

もしも再度そのような事態になったとしたら…

さすがにそれは、来春の市長選への出馬表明をされている市長さんとしては、あまりにもまずいことと思えますが?

12月定例会では、ぜひとも、明確なご答弁をいただきたいと思っております。

説明責任を果たすことは、市長の使命のはずですので。






今日のBBCメモ

1:ローマ法王はスピーチで『ロヒンギャ族』の言葉を避ける

2:火山灰によりバリ空港の閉鎖が続く

3:ケニヤッタは分断を克服すると誓う




11月27日(月)
ど邪を引いている人が増えてきたように思えます。

12月から1月くらいは、非常に危険な時期ですので、注意したいところです。

最近思うのですが、寒さ暑さを感じる体のセンサー機能というものは、歳を取るにつれて衰えるのではないでしょうか?

分かりやすく表現しますと、寒さを感じるセンサー機能が弱っていて、実際には体自体は寒いのに、センサーが寒いとは感ぜず、その結果、服を重ね着しなければならなかったのに、それをせず体が冷えてしまい、免疫力が低下し、風邪を引いてしまう…

そのようなことが、高齢化とともに生じているのではないかと、個人的に考えております。

なので、最近は、ちょっとヒヤッとしたら、すぐに重ね着をして、冬場は極力、ちょっと暖かめくらいに感じるように衣服の調整をしております。

風邪も、鼻かぜくらいならいいのですが、本格的に肺の中まで侵されるような風邪になりますと、体調が完全に復活するまでには、すぐ2週間くらいかかってしまいます。

なので、今年は、何としても風邪を引かないようにしたいと思っておりますが?

ちなみに、インフルエンザの予防接種は、私は以前から効果を疑問視していますので、一度も受けたことはありません。

いろいろ調べて、受ける意味が理解できないので、受けていないだけですが、受けたほうがよいと思われる方は、受けたほうがいいですよね。

健康のことは、最後は自己責任ですので、後悔しないように考えて行動することが重要ではないでしょうか。






12月定例会は、今月30日から始まります。

一般質問の提出日が、28日まででしたが、本日提出しました。

質問内容は以下の4件です。

1:随意契約について

2:株式会社まちづくり富岡について

3:黒川ふれあい公園遊具設置について

4:高齢者へのタクシー利用料金助成について



1については、市に提案したいことがあります。

2と3につきましては、法律に触れている可能性がないか、確認したい点があります。

4につきましては、これを実施してはどうか、という提案です。

2の株式会社まちづくり富岡については、以前、当局側から無礼千万な対応をされておりますので、一般質問で追及するつもりです。

9月定例会の一般質問は、大荒れになりましたが、今回は、『小荒れ』程度で納めたいところです。

でも、それは当局側の答弁次第ですので、もしかすると『超大荒れ』という事態になるかもしれません。






△い渭誕蠅離僖錺魯藹性市議と、赤ちゃんを連れて議場に入った女性市議は、お二人とも熊本市議会議員のようですが、地方の市議会で、これほど話題になる議員さんが二人同時に出るとは、ある意味スゴイことのように思えます。

赤ちやんを連れた女性議員さんの行動は、子育て環境の改善を訴えるという目的では、マスコミに大きく取り上げられましたので成功したのかもしれませんが、議会の運営という点で考えれば、問題でしょう。

ご本人も、これからずっと、赤ちゃんといっしょに本会議に出席するお考えはなかったとは思いますが、パフォーマンス的に評価されてしまった可能性も高いので、もうちょっと異なる方法で、それを訴えたほうが良かったのでは?

でも、東京ならともかく、熊本あたりの地方都市でも、赤ちゃんを預けられないほど、保育園が不足しているのでしょうか?

意外に思えました。





今日のBBCメモ

1:バリ島の火山の警戒レベルが最高となる

2:危険な泥がバリ島の火山近くを流れる

3:ハリー王子は女優のメーガン・マルケルと結婚することに





11月26日(日)
これから一人暮らしの高齢者の方が増えていきますが、そこでちょっと気になることが…

例えば、近くに頼れる人がいない状態で一人暮らしをしていて、突然の体調不良に見舞われたら、自分で何とか119番通報をして、救急車に来てもらったとしても、いざ運ばれるとき、誰が家の戸締りをするのだろうか?

結構これ、深刻な問題かと思いますが?

命にかかわる状況なのだから、そんなことはどうでもいいという考え方もあるでしょうが、気になります。

若い頃の一人暮らしなら、突然の体調不良など起こる可能性は低いですから、そんな心配は不要ですが、高齢者になれば、ちょっとしたことで家で倒れたり、もがき苦しむようなことになってしまう可能性は、低くはないでしょう。

そう考えると、ご近所づきあいとか、近くの友人知人との交流など、『人とのつながり』の必要性、重要性がよく分かります。

お金さえあれば、一人暮らしでも何ら困らない生活ができる時代となり、人付き合いは、『大変だ』『面倒くさい』というような風潮に世の中全体がなっているように思えます。

でも、『いざというときには、お金があってもどうにもならないことばかり』というのが世の中のようにも思えます。

これから一人暮らしの方がどんどん増えていくのは確実なのですから、このようなことも、もしもの時にどうするか、考えておく必要があるのかもしれません。










午前7時半から、市内一周駅伝の壮行会が一ノ宮公民館でありました。



また、その後、もみじ平の陸上競技場に行き、駅伝の開会式に出席しました。



第一走者は、女性ランナーですが、みなさん足取りが軽く、飛ぶように走っていきました。



毎日、ちょこっと走っていますが、私にはとてもあんなふうには走れませんので、うらやましく思えました。



駅伝を見た後、美術博物館に寄りました。

ちょうど館長さんがおられ、いろいろお話をしましたが、アイデアマンの館長さんですので、新しい企画をお考えのようでした。

また、館長さんから、『ぜひ見て行ってほしい』と言われ、2階に上がりましたら、何と、この建物で最も素晴らしい眺めが楽しめる場所に、カフェコーナーが設けられているじゃないですか!



これはなかなかオシャレです。

150円で、コーヒーやカフェラテなどの飲み物を楽しめるそうです。



また、このカフェコーナーを利用するだけでしたら、入館料は不要とのこと。

インスタグラム映えしそうな写真が撮れそうですので、うまくPRすれば、富岡市内で有数のフォト・スポット(きれいな写真を撮れる場所)になるのでは?

インスタグラム投稿に燃えているみなさん、ここはすごい穴場です。

豪華な空間で、贅沢なひと時を楽しむために、ぜひ、お出かけください。







今日のBBCメモ

1:バリ島の火山上空の飛行機に警告

2:中国の都市が壮絶な爆発で揺れる

3:テネリフェのダンスフロアが崩れ落ちて22人が負傷






11月25日(土)
最近、強く感じることがあります。

それは、今年は『喪中につき年頭のご挨拶をご遠慮させていただきます』というハガキが、非常に多く届くことです。

私たちの世代の親御さんは、80歳代が多い頃ですので、そうしたことになっているのでしょうが、これから日本は『多死社会』を迎えるという現実が、ひしひしと感じられます。

2025年には、団塊の世代の方々がみなさん後期高齢者になりますが、その方々が85歳から90歳くらいになる頃は、おそらく毎年、群馬県の人口に近いぐらいの人数の方が、全国でお亡くなりになるのでしょう。

一説によれば、2040年以降は、年間170万人が亡くなるということです。

生まれてくる子どもの数は、おそらく80万人に届かないくらいでしょうから、毎年100万人近く人口が減ることになります。

これが、この国が迎える厳然たる未来なのですから、そのときまで人生が続く可能性がある方は、そのことを頭に入れて生きていったほうがよろしそうです。

国は、根拠のない明るい未来を示しますが、そんな話を信じていたら、大変なことになってしまう危険性もあるのでは?

でも、私たちの世代は2040年になれば、80歳を超えたくらいですので、そのときどんな国になっていたとしても、先があまりありませんから、あきらめはつきますが、例えば現在、小学生の子どもさんなら、30歳代です。

ちょうど結婚したり、子どもを産んだりする年頃で、そうした状況にぶつかるわけですが、それはとても気の毒に思えます。

バブル崩壊後に、日本で生まれて育った人は、生まれてからずっと日本経済が下り坂の状況で生きてきましたが、本当に大変なのは、この先でしょう。

同じ国で生まれ育っても、生まれた時期によって、ラッキーな世代と、アンラッキーな世代に分かれてしまいます。

それを考えますと、昭和33年生まれの私たちの世代は、戦後の混乱が収まった時代に生まれ、その後は高度経済成長期の中で育ち、日本がどんどん豊かになる中で若い時代を過ごすことができました。

私たちの世代は、かなりラッキーと言えるように思えます。

なので、これからは、将来が大変な若い世代の方々のためになることを、少しでも私たちの世代はしなければいけないのでしょうが…

家で喪中はがきを見ていたら、そんなことを考えてしまいました。








⊆命燭蓮∋唆蛤廚琉棒崎市の観光ブースでいただいたクリアファイルですが、これはデザインが非常にオシャレですね。



これなら、お土産で十分に売れそうなレベルと思いますが、無料でもらいました。

すごく日本的な雰囲気が感じられますので、外国人にあげたら、とても喜ばれるように思えます。

パンフレットなどは差し上げても、ほとんどの方は全く見ずに捨ててしまっている可能性がありますが、これなら捨てるようなことは、まずないでしょうから、少々費用は高くても、案外、宣伝効果が大きいのでは?

富岡市が、市外の観光キャンペーンで、どのような品を配布しているのかは知りませんが、伊勢崎市のクリアファイルは、参考になるのではないでしょうか?






今日のBBCメモ

1:エジプトは大量殺戮に対する強硬な報復を断言

2:口論がオックスフォード駅のパニックを引き起こした

3:タイム誌の『今年を代表する人物』をトランプ大統領は断ったと語る





11月24日(金)
ズ廼瓠日本を代表する大手製造業企業で、続々とデータの改ざんをしていたことが明らかになっていますが、これは非常に残念なことです。

同時に、日本の国際的な信用力もズルズルと低下していくような不安も感じます。

人口減少で、日本の国力は今後、落ちていく可能性が高いですが、それよりも先に、利益追求主義によるモラルの低下で、日本は国際的な地位を落としてしまうように思えてなりません。

国の先行きも、国民の人生の先行きも、真っ暗とまでは言いませんが、とても明るいとは思えません。

日本は『政治は三流だが、経済は一流』と言われていましたが、どちらも三流になってしまう時代が来てしまうような予感がします。







ぅ疋ぅ銚譴慮…蟷邯海泙如△△硲呼となりました。

今日、過去問を試しにやりましたら、あまりにも単語力がなく、ちんぷんかんぷんの問題が多々ありました。

フランス語、スペイン語の両検定よりも、確実に、今回のほうが点が取れそうにありません。

試験会場が東京だと、落ちればショックが大きいですが、今回は前橋の群大ですので、ダメなら来年もう一度受ければいいだけなのですが、そう考えると、やる気がなくなってしまいますので、何が何でも、この1週間で得点を倍にするくらいの気持ちで勉強したいと思います。

昔から、一夜漬けで試験に対応することが多かったので、短期間の詰め込みは割と得意なほうです。

期待できるのは、その点だけですが、60歳に近くなり記憶力が衰えてきた現在、昔のように一夜漬けができるのかは、かなり怪しいところです。

過去問をよく分析して、試験に出る可能性が高いところだけ集中して覚えるという作戦しか、残っていない感じですが、ゲーム感覚で、やってみようかと思っております。







今日の夜、自然農法についての勉強会があり、誘われましたので、お話を聞きに行ってきました。

また、自然農法と有機農法は、ほとんど同じような作物の作り方なのかと思っていましたら、大きな違いがあることをそこで知り、驚きました。

具体的には、有機農法は化学肥料と農薬は使わないものの、植物性有機肥料と動物性有機肥料は使うそうですが、自然農法は、その4つすべてを使わないとのこと。

それで農作物を育てることができるのか、素人の私には疑問に思えますが、確立された作り方があるようです。

実は、その勉強会には東京都内、横浜、所沢などから来られた7名ほどの方も参加していました。

勉強会終了後、その方々とお話もさせていただき、群馬県や富岡市の印象もいろいろ伺うことができました。

でも、富岡市内で行う勉強会に、首都圏から泊りで来られるのですから、驚きです。

自然農法のことだけでなく、どのように勉強会の情報を周知し、富岡市まで遠路はるばる来ていただけたのか、そちらのほうも非常に気になりました。








一般質問のことで、財政課にお話を聞きに出かけました。

入札を行わないで任意の業者と契約する随意契約について、取り上げるつもりですが、その下準備です。

また、その後、富岡総合病院にも出かけました。

もちろん、診察を受けるためではなく、総合病院の経営形態を変えるのに必要な規約変更に関することで、確認したいことがあったからです。

12月定例会の一般質問で、総合病院の規約変更について一般質問で取り上げようとしましたが、市の一般事務ではないので、一般質問はまずいのだとか…

となりますと、採決の前の討論で、反対を訴えるしかありませんが、まだ、どうしようか迷っております。

市長さん支持の多数派議員さん方は、すでに総合病院の経営形態変更に賛成で固まってしまっているのかもしれませんが、可能性があるうちは、できる限りのことはしたいと思います。

後々、後悔しないように…

一般質問の原稿は、28日までに提出する必要がありますので、この土日は、ちょっと忙しくなりそうです。






今日のBBCメモ

1:エジプトのモスク攻撃で少なくとも184名が死亡

2:ジンバブエの新大統領はすべての国民に仕えることを約束する

3:市場で発見された遺体は、映画への抗議と関係していた






11月23日(木)
す盧蠅梁膽蟆氾堵稜篥垢謀典ぅ好函璽屬鯒磴い帽圓ました。

その後、オーパに行ったら、ついこの植物が気になり、1080円で買いました。



『カウボーイブッシュ』というサボテン(?)です。

色が、シャインマスカットのようで、ちょっとおいしそうというか、素敵に思えましたが?

普段、全く植物には関心がないのですが、歳をとると、考え方が変わってくるのかも…






8朕妖なことですが、実は、今日は私の誕生日です。

59歳になりました。

いよいよ自分の人生で最後の50代の1年に突入してしまいましたが、もう、この歳になりますと、誕生日を迎えても、嬉しいという気持ちはないですね。

男性の健康寿命は71歳などと聞くと、『おいおい、もう12年しか健康でいられないのかい?』と、ちょっとブルーな気分になりますが、でも、身近に、80歳、90歳を超えても非常に元気な人がいますので、あまり健康寿命の平均値は気にしないようにしています。

まあ、寿命などは個人差が大きいので…

ところで先ほど、いつもの1kmちょっとのジョギングをしてきましたが、この習慣は細々でも、できるだけ長く続けたいと思っております。

この年齢になると、一度走るのを完全にやめてしまったら、間違いなく、もう一生、走ることが習慣にはならないからです。

なので、週に最低2、3回くらいは、大変ゆっくりなスピードでも走り続けたいところです。

人生の先がだいぶ見える年齢になってきましたので、頭と体の健康管理を上手にして、一気に衰えてしまわないような人生にしたいと思っておりますが…

『何事も無理はしないで、自分のペースで継続する』ことが、そこそこでほどほどの結果を出せる人生の秘訣なのかも?

そんなことを、59歳の誕生日に考えました。







■隠卸酊衫祺颪蓮■隠鰻遑械案に始まります。

一般質問は12月14日と15日の二日間です。

そして、12月18日には、議案の採決をとりますので、この日に、総合病院の経営形態の変更に進むか、止まるかが決まります。

ところで、一般質問を行う議員は、今回も低調でわずか6名です。

先日、交流会を行った岡谷市議会では、議員数が富岡市と同じ18名なのに、あちらは毎回15名ほどが一般質問を行うのが当たり前になっているとのこと。

そのような話を、富岡市議のみなさんは全員が知っているのに、それでも質問しないのですから、ある意味、自分の意思を貫き通すご立派な姿勢とも見ることが1%くらいはできるのかもしれませんが、99%は残念という感じです。

一般質問しても、得にもならないし、手間もかかりますし、面倒くさくてできないのかもしれませんが、定例会の2回に1回くらいは、最低でも質問すべきかと個人的には思います。

12月定例会で一般質問するのは以下の6名(通告順)です。

1:堀越さん
2:ワタクシ茂原
3:佐藤次郎さん
4:壁田さん
5:佐藤信次さん
6:長沼さん

質問の順番は、初日の11月30日にくじ引きで決めます。

もしも、9月定例会の時と同じように、私が1番くじで、2番目が長沼さんになったら?

あの、大混乱が再度ネットで、世界に発信されることになるのでしょうか…

今回の一般質問はまだ、内容を決めていませんが、少なくとも私は、当局をヨイショするような一般質問はしませんので。

いつものように、内角高めを狙って全力投球するつもりです。

内容は決まりましたら、ホームページで紹介させていただきますので。







今日のBBCメモ

1:ロヒンギャ族がミャンマーに戻る合意が成立する

2:警察がオーストラリアの閉鎖された難民収容所に入る

3:私は13歳で売られて結婚した







11月22日(水)
2漆療陳の清掃センターの煙突から、朝方、黒い煙が出ていることにつきまして、富岡市清掃センターに行き、『ごみ焼却施設全般』という観点から、お話を伺いました。

富岡市の清掃センターは、月曜日の朝から土曜日の夕方まで、連続して燃やし続けています。

しかし、下仁田町の清掃センターは運転時間が8時間で、毎朝、火を入れる時、最初に助燃材として灯油を燃やすため、黒い煙が出るようです。

つまり、黒い煙は、灯油が燃えた煙ということですので、有害な排ガスではないということです。

ところで、清掃センターに行きましたら、外に布団が山になっていました。



実は、ごみ焼却炉の整備工事を行っていて、2つの炉のうちの1つがいま使えません。

1炉だけの稼働ですと、生活ごみの対応だけで手いっぱいで、布団や畳などの粗大ごみは当分の間、焼却できないとのこと。

『12月8日までは、粗大ごみや、枝・落ち葉など一時保管が可能な可燃ごみの自己搬入は控えてくださるようお願いいたします』とのお話ですので、市民のみなさまには、ご協力いただけましたら幸いです。

でも、山のような布団を見ますと、ちょっと現代アートのような雰囲気も感じましたが?

もしかすると、12月7日には、さらに大きな布団の山ができて、インスタグラム映えする写真が撮れるスポットになるのかも…





議会改革検討委員会が開かれました。

先に実施した、議会報告会の今後について、協議しました。

現在、富岡市議会では、年に3か所のペースで地区公民館にて議会報告会を開いております。

この方法は今年で3回目ですので、すでに9か所で実施しています。

このペースで来年も行いますと、市内の12公民館すべてで開催したことになりますので、来年までは今の方法で開催し、その後は、選挙後に新しい方法で行うという方向性になりました。

また、今日の会議で、私は一つ改革案を提案しました。

それは、委員会審査の会議録をネットで公表することです。

現在は、最も重要な委員会審査については、本会議の時、議会の委員長報告で説明があるだけで、詳細な内容は明らかになっておりません。

しかし、委員会審査の内容がオープンになっていないということは、当局が事業についてどのように説明したのか、それに対して議員がどのような質疑を行ったのか等の、最も重要な内容を市民のみなさんに知らせていないということになります。

これでは、情報公開や説明責任が求めらている時代に、富岡市議会は十分な対応をしているとは言えないでしょう。

そのような理由で、各常任委員会や予算・決算特別委員会の会議録の、ネットでの完全オープンを提案しました。

実現できるかどうかは分かりませんが、実現すれば、今の議論が低調な富岡市議会は大きく変わると思いますが?







今日のBBCメモ

1:ボスニアの大量殺戮で終身刑に

2:北朝鮮兵士の亡命の劇的な瞬間

3:墜落したアメリカ海軍の飛行機から8名が救出される







11月21日(火)
ち躪臧賊,侶弍跳疎屬諒儿垢砲弔い董興味深い話を耳にしました。

反対する一部の議員に対して、『企業長はあの人ではなく、この人にするようだ』という、怪しい情報を伝えて回っている議員さんがいるとのこと。

反対する議員は、企業長に問題がありそうな人がなってしまうことを危惧しているので、その対策のように感じました。

でも、やることが不透明というか、何が何でも、総合病院の経営形態を変えたい人たちが、いらっしゃるようです。

病院側の説明会で、『企業長に問題があっても、辞めさせることができるのは市長だけで、議会はできないのが心配だ』と、とある議員さんが述べたら、『そのときは、市長を罷免すりゃいいじゃないか』と、絶対にできないようなことを堂々とおっしゃっていた市長支援議員さんがおられましたが、どうしてそこまでして、何が何でも、総合病院の経営形態を今すぐ変えたいのか、非常に不透明というか、怪しいものを感じてしまいます。

総合病院の経営形態の変更は、病院や市民のことよりも、特定の人たちのご都合で、進んでいるような雰囲気を感じます。

このまま数の力で、強引に経営形態を変えて、この地域の医療の拠点である総合病院がおかしくなってしまったら、どうするのでしょうか?

『おらー、ただ賛成しただけだ』では、済まない話と思えますが?





A完協議会の『その他』のコーナーで、以下の3点について質問しました。

1:市政懇談会はなぜ75か所という多数の会場で行うのか?

2:『黒川ふれあい公園遊具設置に伴う寄付金のお願い』は、『地方財政法第4条の5(割当的寄附金等の禁止)』に抵触する恐れがあるのでは?

3:先週の市長のフランス出張には、何人の職員が随行で行き、その費用の金額は?

1につきましては、私は、『来年の市長選のため』と思っていますが、あえて質問しました。

もちろん、市長選云々という回答などあるはずはありませんが、75か所の懇談会など必要ないですよね。

『幅広く市民の意見を聞くため』という内容の回答でしたが、それなら来年からもずっと75か所で行うのかと言えば、絶対にやることはないでしょう。

当局だって、75か所も本当はする必要などないと思っているはずですから(私の推測です)。


2につきましては、おそらく当局もこの法律の条文のことは知らなかったと推測します。

副市長さんは、『その法律の条文を知っている』とおっしゃられましたが、同時に『今回の寄付がなぜ法律に抵触していないかは、今は言えない』という矛盾していると私には思えるような回答がありましたので。

本当にご存知ならば、『市はその法律をこのように解釈し、法に抵触しないと考えた』と述べるはずでしょう。

実際、全員協議会が終えた後、某部署に行きましたら、その法律の確認中でしたので、おそらく『地方財政法第4条の5(割当的寄附金等の禁止)』のことを全く考えずに寄付を求めたのでは…

これがもしも、法律に抵触していたら、富岡市はどうするのでしょうか?



そして3につきましては、費用は分からないとのことで、市長さんの随行は4名だったとのこと。

そのメンバーにつきましては、あえて伺いませんでしたが…

今回の市長さんと4名の職員さんの海外出張につきましては、議会には事前に報告はありませんでした。

何百万円かかっているのかは分かりませんが、どんな目的でフランスに行くことくらい、議会には説明すべきかと思いますが?

残念なことです。










議員全員協議会が開かれました。

その中で、『移住定住推進アクションプランの作成について』の報告がありました。

このプランは、市外から富岡市に住んでもらう人を増やし、人口減少に歯止めをかけようとする事業のようです。

でも、富岡市の人口減少の最大の理由は、富岡市で生まれ育った子どもたちが、大学進学で首都圏に出て行ってしまうと、男子は3割ほどは富岡市に戻るものの、女子はほとんど帰ってこないことです。

つまり、体に例えれば、輸血(市外からの移住者)を増やしても、出血(市内から出て行ってしまう若者)を止めなければ、健康状況はさらに悪くなる(人口減少はさらに進む)ということです。

『一番の問題は、そこなのではないですか?』と、当局に対し意見を述べさせていただきました。

また、この資料の中に、『シビックプライド』という表現が出ていましたが、おそらく『市民としての誇り』という意味で使っているのでしょうが、この類の説明で、普段見ないようなカタカナ表現が出てくるときは、たいていが怪しい内容のように思えます。



このような一般的な日本語表現になっていない英語をあえて使うのは、好ましくないように思え、その点も全員協議会で指摘させていただきました。

日本語で表現できるものを、わざと難しい英語を使うのなんて、見栄を張っているだけで、あまりカッコよいことではありませんよね。







今日のBBCメモ

1:『ムガベ大統領は今すぐ辞任しなければならない』と前副大統領が語る

2:銃撃された北朝鮮からの亡命兵士が起き上がる

3:白いワニがオーストラリアの川に出現







11月20日(月)
8内の自治体病院は、県立を除くと12病院あるそうです。

その12のうちの、富岡総合病院と七日市病院を除いた10の病院では、どのように経営形態の見直しを進めているのか、総合病院に行き、伺ってきました。

聞いたところでは、10のうち、伊勢崎市民病院が平成32年度に、『地方公営企業法の全部適用』への変更を決めただけで、残りの9病院は、未定とのことでした。

それを聞けば、なぜ、富岡地域医療事務組合は、急いで『一部適用』を『全部適用』に変更したいのか、ますます分からなくなってきました。

巷で噂されている話の信ぴょう性がますます高くなってきたような印象を持ってしまいます。

私は、市長さんのおやりになることに対して、非常に批判的な見方をしてしまいますが、この件も大変いかがなものかと思わざるを得ません。

実は議員さん方の多くが、私と同じ印象を持っています。

でも、その思いを、いつものように飲み込んでいるように感じます。

おそらく、かん口令が敷かれたがごとく、何も言わずに賛成なさる議員さん方が、今回も続出するような予感が…

半分くらいの議員さん方が、本当に自分のお考えに沿った行動を取れば、富岡市は大きく変わることは確実かと思いますが、今のままでは、おそらくこのまま、線路は続くよ、どこまでも、というところでしょう…

来春の市長選挙の後も、同じ線路の上を富岡市が走るとしたら、一体全体、どんなところへ行ってしまうのか?








午後は、岡谷市議会の議員さん方との交流会が、富岡市役所でありました。

ちなみに富岡市と岡谷市は、昭和47年に姉妹都市になっていますので、今年はそれから45年とのこと。

昼食を食べた時、岡谷市の議会事務局長さんが前にお座りになっていたので、お話を伺いました。

岡谷市議会も定数は18名ですが、定例会で一般質問を行う議員の数は、毎回15名ほどとのこと。

質問をしないのは、議長、副議長、監査委員の3名だけだそうです。

逆に富岡市議会の先の9月定例会は、新議場になった記念すべき定例会であったにもかかわらず、個人の一般質問はたったの5名でした。

どちらの議会のほうが一生懸命やっているかは、あえて申し上げませんが、一目瞭然でしょう。

議長選挙の過熱ぶりなら、岡谷市議会さんに間違いなく勝っているのでしょうが、もっと議会本来の活動に富岡市議会は力を入れたほうがよいように思えますが、これはワタクシの個人的な感想ですので。

ところで、交流会の中で、富岡市の某議員さんが、岡谷市議のみなさんに、『富岡市の観光について、こうしたらよ良いと思えるアイデアがあったら教えてください』という内容の質問をしましたら、岡谷市議のお一人から、『富岡市の街中に、宿泊施設が必要ではないでしょうか』とのご意見がありました。

全く、その考えには同感です。

というより、誰が考えたって、富岡市には宿泊施設が足りていません。

世界遺産があって、これほど泊まれる施設がない街なんて、日本中を探してもないのでは?


私も、世界遺産になる前から、宿泊施設の整備を当局に訴えてきましたが、最近は、もう言うのを止めました。

当局に、その気があるのかさっぱり見えてきませんし、ここまで製糸場ブームが去ってしまってから、いくら宿泊施設の誘致をしても、手を挙げてくれる会社などないように思えるからです。

これは、岩井市長さんの観光行政の最大の失敗ではないかと私は考えております。

今日、市が募集したフランスツアーに参加した議員さんから、『市長も3日間ほど一緒にフランスを回った』と聞き、驚きました。

市長さんは、またフランスに行かれたのですか?

市長さんになられて、何度、海外にお出かけになられているのかよく分かりませんが、それよりも、ちゃんとしたホテルの2つ、3つでも誘致してくれたほうが、よほど富岡市の観光産業にメリットがあったように思えてなりませんが…

まあ、これも個人的な感想ですが、もう少し、製糸場の観光客を維持するための方策はあったように思えますので、残念です。












今日のBBCメモ

1:ドイツの会談が失敗しメルケル首相に打撃

2:チャールズ・マンソンが10年の投獄後に死ぬ

3:ウイグル人がタイの刑務所から逃げるための道を掘る





11月19日(日)
∈Fは、朝から、自衛消防の消火訓練→一ノ宮地区の軽トラ市→産業祭と順番に回りました。

まずは、午前9時から、一ノ宮の市民グランドで行われた消火訓練に行きました。

一ノ宮分署の方々から、消火栓の蓋の外し方、消火栓とホースのつなぎ方、ホースの持ち方などを教えていただきました。



↓ 消火栓の内部です。




今日、学んだことが、あまり役に立つのは困ることですが、とても勉強になりました。

その後、城町通りにバイクで向かい、一ノ宮地区の軽トラ市の様子を見てきました。





今日は、日曜日で、団体客の方が多い雰囲気でしたが、売れ行きはどうだったのでしょうか?

私も、家で食べる分として、かりんとう、まんじゅう、焼きそばを買いました。



どれもとてもおいしかったです。

一ノ宮地区の軽トラ市を見かけた際には、ぜひ一度、お試しください。

ところで、『観光客の人は、貫前神社の名前を読めず、カーナビで行先の設定ができない』という話を聞きました。

そういえば、『丹生湖』も同じで、ひまわりが咲くころ、そんな話を度々耳にします。

これは、対策を考えたほうがよいのかもしれませんね。


軽トラ市の後は、もみじ平へ行きました。

予想した通り、駐車場は満車で、バイクで行って良かったです。

今日は、お天気にも恵まれたせいか、すごい人出でした。



アイドルグループの歌と踊りのパフォーマンスもあり、ステージ前はさらに盛り上がっていました。



物販コーナーや、飲食コーナー、友好都市の観光宣伝ブースなどのテントが多数並んでおりましたが、富岡市保健センターのブースがあり、そこで健康チェックの無料サービスをしていましたので、私も調べていただきました。



血管年齢を調べていただきましたが、右手の人差し指を、測定器の端末に入れると、1分もしないうちに結果が出ました。



4日後に59歳の誕生日を迎えるワタクシですが、血管年齢は、44歳という、良いほうのサプライズの結果が出ました。



ところが、その後に受けた健康チェックでは、『体脂肪がちょっと多いですね』という結果になってしまいました。

BMIは、23%台ですので、普通なのですが、これはいったい…

運動も炭水化物制限も普通の人よりはやっているほうですが、結果を見ながら保健師さんに、『スターバックスの抹茶クリームフラペチーノをよく飲みます』と言いましたら、『それはちょっと控えたほうがよいかも…、でも、おいしいんですよね』という話になりました。

ケーキやお菓子を、子どものように食べてしまうところがありますので、年齢を考えて、ちょっと控えたほうがよろしそうです。

先日届いた市の健診の結果では、ゆるい炭水化物制限と、夜の短時間ランニングの効果か、体重、腹囲、血液検査のすべての項目で全く問題なしだったのですが、意外なところでご指摘をいただきました。

ちょっと甘いものの食べ過ぎには気をつけましょう。







今日のBBCメモ

1:与党がムガベ大統領を辞めさせる

2:消息不明の潜水艦から信号が見つかる

3:フランスの警察官が3人を殺し自殺する





11月18日(土)
M縞、近くの介護施設の2階にあるトレーニングジムに出かけました。

1回、324円の料金で利用できますので、時々、ランニングマシンを使いに行きます。

サファリマラソンが来月なので、いつもり長い時間、ジョギングしようと思い、1時間ほどマシンで走りました。

でも、普段ちょこちょこ走っていますが、10分弱ですので、1時間は無理があったのか、走った後、どっと疲れが出てしまいました。

運動は体に良いとはいえ、自分の体力を超えた運動は、逆に体への大きな負担になるだけで、体に悪いことが実感できたような感じです。

健康維持の運動ならば、楽なレベルで頻度を上げて、少しずつ行うのが良いのかもしれません。

結構、運動している人って意外に短命で、逆に何も運動をしていない高齢者の方のほうが長生きということは、よくあります。

『人間の心臓は鼓動できるおよその回数は決まっていて、無理な運動をする人ほど、若い時に心臓を酷使するので、早く亡くなる可能性が高い』、という話を聞いたことがありますが、歳を取ったら、『無理は禁物』を座右の銘にしたほうがよさそうです。







¬斉は、もみじ平で産業祭が開催されます。

また、午前9時からは、城町通りで、一ノ宮地区主催の軽トラ市があります。

さらに、同じ午前9時から、自衛消防の消防訓練もあります。

同じ日に、予定が重なってしまい、明日はちょっと慌ただしい一日になりそうです。

お天気は良さそうですので、産業祭は盛況になるのでは?

近くの駐車場は満車になってしまう可能性が高いので、明日は一日、久しぶりにバイクで移動するつもりです。

明日、予定がない方は、産業祭に出かけてみてはいかがでしょう?







今日のBBCメモ

1:数千人がムガベ大統領の時代の終わりを祝う

2:行方不明の潜水艦の捜索が強化される

3:国連の気象会議で小さな前進





11月17日(金)
I找総合病院にお勤めの若い方とお話をする機会が、今日ありました。

経営形態の変更の話について、どの程度の内容が伝わっているのか、興味がありましたので伺いましたら、あまり詳しい情報はお分かりではないように思えました。

もしかすると、病院の職員の方々にも詳細を知らせずに、経営形態の変更を進めてしまおうと、市当局は考えているのか?

まさか、そこまではしないでしょうが、そんな疑いを持ってしまいました。

でも、議員への説明会も、議会の一部の議員が声を大にして求めたので実現しましたが、もしもそうならなければ、市議会も内容が分からないうちに、総合病院の経営形態が変わってしまっていた可能性もあります。

気が付いた時には、『鬼軍曹』のように恐ろしい人を市長さんが病院の企業長に任命し、議員さん方も、職員のみなさんも、びっくり仰天。 しかし、もはやどうにもならない…

まさか、そんなことにはならないでしょうが、万一そうなってしまったら、たとえどんな企業長だとしても、議会は何も言えないというのが、今回の経営形態の変更です。

すでに、市長さんと市長さん支持の多数派議員さん方で、方向性は決まってしまっているのかもしれませんが…

By the way, who is the ONIGUNSOU ?

I think it is Mr.K…








吉田地区にお住いの方から、お問い合わせがありました。

『下仁田町の清掃センターの煙突から、朝、黒い煙が上っているのが見えることがあります。西風に乗って、こちらに何か来るように思えて心配です。隣町のことですが、調べてもらえないでしょうか?』という内容です。

その方のお宅は、下仁田の清掃センターの煙突が見えるようですが、初めて聞いたお話でした。

早速、富岡甘楽広域市町村圏振興整備組合に行き、そこから下仁田町にお話を聞いていただきましたら、『朝、焼却炉に火を入れて、一定の温度に上がるまで黒い煙が出る場合がある』との説明をいただいたとのこと。

さらに焼却炉の整備もしっかり行い、平成39年まで使えるようにしてあるそうですので、心配はないとのことです。

最近は、黒い煙がモクモク出ているような煙突は滅多に見ませんので、確かに目に入れば、心配になりますよね。






今日のBBCメモ

1:大胆なムガベ大統領が公の場に現れる

2:ジョージ・ブッシュ(父)が痴漢行為で通訳に訴えられる

3:北朝鮮の亡命者か巨大な寄生虫が見つかる



11月16日(木)
ぁ愎慶舎は、壁ではなくてガラスの部分がとても多いですが、地震が発生したとき大丈夫なのでしょうか?』というご質問をいただきました。

私は、建築の知識はありませんが、当局から聞いた説明では、法で定める強度の1.5倍あるそうですので、耐震性には問題はないはずです。

また、ガラスの部分も、通常のものとは違い、特別な強度を持つものと聞いております。

しかし、大規模発生時には避難所としても使う建物ですので、商業施設のようなデザイン重視ではなく、堅牢性が高い建物にすべきであったように思えます。

新庁舎建設の基本・実施設計業務を委託する設計者を公募型プロポーザル方式により選定したことが、現在の庁舎となった原因ですが、はたしてこれで良かったのか…、個人的には疑問に思っております。









市のホームページに、平成29年度富岡市職員採用試験受験状況が掲載されておりました。

それを見ますと、27名の方が合格されたようですが、ちょっと気になることがありました。

それは、土木と建築の技術職の合格者が一人もいなかったことです。

そもそも技術職で受験した方がゼロなので、合格者もいるはずはありませんが、専門の知識を持った職員さんが将来不足し、不都合が起きるような懸念はないのでしょうか?

民間企業でも、技術者を育てて技術を継承することが難しいという話をよく聞きますが、役所でも同様のことが起きているということなのかもしれません。





寒くなりました。

夜、会議が終わった後に車に乗りましたら、外気温が4℃と表示されていましたが、これでは秋のレベルではなく冬ですね。

風邪を引いている人が増えているような話を耳にしますが、最近はマスクをしている人も、あちこちで見かけます。

また、ちょっと前には、市内の中学校で、すでにインフルエンザによる学級閉鎖もあったとのことですので、風邪を引きやすい方は、お気を付けください。

それにしても、11月の半ばでこれでは、この冬は、非常に長く厳しい冬になりそうです。

まさか近々、雪が降るようなことはないとは思いますが、雪が降ってから、タイヤ交換をしようとすると、どこのお店も予約が取れず、ドタバタすることがありますので、早めにスタッドレスタイヤに替えたほうが良いのかも?







今日のBBCメモ

1:危機的状態のムガベ大統領が未来について語る

2:列車が数秒早く出発した後の謝罪

3:地震により韓国の大学入試が延期





11月15日(水)
だ萋、妙義ウォークに参加したとき、偶然、同級生に会いました。

いろいろ話をしましたら、その同級生は娘さんが3人いるのですが、全員が、東京のほうで就職し家を出たとのこと。

このようなケースは、富岡市では非常に多いように思えます。

まあ、富岡市ということでなく、全国の地方都市で起きている問題ですが、子どもを育てても、その大半が東京に行ってしまうのでは、地方が発展することなどありえません。

我が家はたまたま、二人の子どもが社会人になっても家から通っていますが、甥っ子や姪っ子を考えると、全員が富岡市から離れたところで生活しています。

今は、地方に住んでいても、東京の流行から大きく遅れるようなこともなく、そこそこの暮らしができるはずですが、多くの若者が東京に出て行ってしまうのは、やはり魅力的な働く場が少ないことが、大きな原因なのでしょう。

現在の日本は、東京の一極集中が進み過ぎ、少子化や人口減少などは、その弊害という見方もできるのでは?

地方の企業のほうが法人税などの税金で大きなメリットがあるような制度を国が作れば、少しは地方へ企業が移転したり、地方で創業する企業も増えるように思いますが、そうした試みはできないものなのでしょうか?

国会議員が、自分の選挙優先で行動するのが当たり前の日本では、その程度のこともできないのかもしれませんが、こんな状況のまま、国がどんどん衰退していってしまうことを考えますと、残念極まりない思いがしてなりません。








ネット検索をしていましたら、『富岡市統合型GISサービス とみおかWebまっぷ』というサイトを見つけました。

どんなサイトなのか気になりまして見たところ、市内の住宅の配置がすべて細かく分かる地図が出ていました。

自分の家の周辺を調べましたら、『第1種低層住居専用地域』の中でしたが、そのような用途地域に我が家があることを知りませんでした。



ところで、この詳細な地図は、どのような方が、どんな目的で使うものなのでしょうか?

行政が保有する情報開示の一環なのでしょうが、一般の方が必要になるようなことはあまりないのでは…






気がつけば、11月も半分が終えてしまいました。

街の景色も秋が深まってきた感じがします。



郵便局では、年賀状を売っているようですが、そうなりますと、お正月もそう遠くではありません。

実は正月と言えば、貫前神社の地元である一ノ宮では、年末年始に、市民グランドの臨時駐車場の係が順番で回ってきます。

そして、私の住む地区は、その係を組長がすることになっています。

12月31日から、1月3日までの、どこかで駐車場の係をしますが、先日聞いた話では、元旦の係をすることになったとのこと。

ということで、来年は、元旦の朝7時から、夕方6時まで市民グランドで、駐車場係をします。

寒いお正月にならなければ良いのですが…






今日のBBCメモ

1:ムガベ大統領が自宅監禁される

2:教師が殺人犯から生徒たちを守る

3:ティラーソンはミャンマーの調査を要求




11月14日(火)
ダ萋、ネットで申し込んだドイツ語検定の受験票が届きました。



試験日は12月3日ですので、もう20日もありません。

実は、勉強のほうがあまり進んでいないと言いましょうか…

パラパラと参考書を読んでいますので、ドイツ語の文法的なことの最低の最低レベルくらいは分かったように思えますが、単語の知識が非常に少なく、フランス語、スペイン語検定を受けた時の知識量からすれば、ほとんど無いよう状況です。

こうなりますと、少ない知識で、いかに最低合格点を取れるかの勝負となりますが?

ちなみに試験会場は群大の荒巻キャンパスですので、昨年受けたフランス語検定と会場は一緒です。








せ毀鮟蠅稜誓課で、有害鳥獣対策についてお話を伺ってまいりました。

この件は、先日の議会報告会でも複数の市民の方から、質問と要望のご意見がありました。

しかし、有害鳥獣対策は、多くの自治体が対策に取り組んでいるものの、なかなか、これといった効果的な方法はないのが現実のようです。

もしも、画期的な対策方法を考え出すことができれば、ノーベル賞級の発見になりそうなくらい難しいようです。

市の新たな取り組みとしては、広い農地全体を電柵で囲む試みを、近々小野地区のほうで始めるとのこと。

これがイノシシ対策などで有効ならば、さらに事業を他の地域にも拡大していくようですが、何とか成功してほしいものです。






8畍紊録渊餞曚帽圓、調べごとと、市議会だよりの原稿書きをしました。

図書館の読書コーナーの机は、座りやすくて、つい出かけてしまいます。

特に長時間座っていても、お尻が痛くならない点がいいです。

考え事をしていたとき、上を見ましたら、富岡市の図書館の天井は結構デザインが凝っていることに気が付きました。



昭和50年代の建物ということを考えると、当時としてはかなり特徴のある建物だったのかもしれません。

美術博物館もかつては建築の賞を取りましたので、とても凝ったデザインですが、隈研吾事務所設計の新庁舎のことも考えますと、富岡市は昔から、デザインにうるさい市ということになるのかも?

悪く言えば、『箱物にふんだんにお金をかける富岡市』と言えるのかもしれませんが…










∋毀鮟蠅帽圓ましたら、富岡駅のほうから市役所に入る道が通行止めになっていました。

まだ当分、この状況は続きそうですので、市役所にお出かけの際にはお気を付けください。

今日は、市役所の駐車場に車を止めましたので問題はなかったのですが、大成ポリマー跡地の駐車場に止めたときは、問題なく市役所に行けるのでしょうか?

ちょっとそれが心配です。

ちなみに、議員全員が市役所に集まる日は、大成ポリマー跡地の駐車場に議員は車を止めることになっています。

これから寒くなって、風が強いような日は、ちょっと大変です。






今日のBBCメモ

1:支援を求めるイラン地震の生存者

2:北朝鮮からの亡命者は5回撃たれた

3:ロヒンギャ族の村での性的暴行と殺人





11月13日(月)
ぃ臼濆轍澆髻△泙箸瓩萄睇曚貌れていましたが、その財布がパンパンになってしまったので、郵便局に行ったとき、郵便貯金に預けてきました。



実は、できるだけ買い物をしたときに店で使おうと思っていたのですが、レジで小銭を出すと時間がかかり、後ろの人に迷惑になりそうですので、ついいつも出しそびれていました。

1円玉が300枚ほどありましたので、郵便局に迷惑になるかと思いましたが、硬貨を数える機械に通し、枚数がわかってから入金の伝票に金額を記入するという手順で、簡単に入金できました。

1円や5円硬貨がなかなか使えず、溜まってしまったときは、この方法はいかがでしょうか?






とある雑誌を読んでいましたら、2015年の国勢調査によると、母子世帯数は約75万世帯あるとのこと。

この数は、群馬県全体の世帯数よりも多いのか少ないのかが気になりましたので、調べて見ましたら、群馬県の世帯数は約77万世帯でしたので、少し下回っていました。

しかし、ほとんど同じレベルの数字です。

ところで、その雑誌の記事は、母子世帯のお母さん方の老後についてを取り上げたものでした。

程度の差はあっても、いまや全ての日本国民が老後の不安を抱えているような時代ですので、社会のセーフティーネットをもっと強化しないと、安心して国民はお金を使えませんし、さらには子どもの数も増えないのでは?

少子化の減少の大きな要因は、経済問題・経済政策の失敗と見ることもできるように思えます。

もしも、平成の初めに起きたバブル崩壊がなかったら、おそらくここまで一気に、少子化は進まなかったでしょうし、今後予想される人口減少のスピードももっと緩やかなものになったのでは?

100年後、200年後の日本史の教科書に、どのように書かれるかはわかりませんが、日本の国力衰退の最大の原因は、1990年代の経済政策の失敗によるバブル崩壊と分析されるように思えます。

タイムマシンがあるのなら、バブル崩壊の前に、時間を戻したいような気持がしてきます。







∈鯑のソフトボールによる猛烈な筋肉痛のため、今日は家で、次の市議会だよりの原稿書きなどをしました。

お尻の筋肉痛が特に激しく、立ったり座ったりする動作はもちろん、歩くのもちょっと辛い感じです。

そんな状態ですので、もちろん夜のジョギングも休みましたが、明日になったら、痛みは治まるのか、それともさらに強くなるのか…

明日の朝が、ちょっと恐ろしい感じです。




今日のBBCメモ

1:イラン・イラク国境で起きた地震により数百名が死亡

2:アメリカは韓国の近くで軍事力を示す

3:北朝鮮兵士が逃亡中に撃たれる






11月12日(日)
け撚茵悒轡鵐乾献蕁戮鬟謄譽咾埜ました。

以前、映画館でも見ましたので2度目ですが、出演者は豪華キャストで、楽しめました。

この映画では、日本という国の政治や行政の問題点を、上手く表現しているように思えます。

危機的状況になっても、その対応ができない『硬直した政治へ』の皮肉も込められたような作品とでも言いましょうか…

でも、ゴジラが日本を襲うことは、まず、ありえないでしょうが、ゴジラ以上に国家の存亡を脅かす危機がやがて日本にやって来ます。

それはもちろん、人口減少です。

こちらも、国の政治の対応が悪くて、どうにもならないまま進んで行ってしまうことは確実でしょう。

少子化で人口が減少し、さらに高齢者の割合が高まっても、国力を維持できるような日本独自の仕組みを築くことができれば、明るい未来が開けるのでしょうが、それは『針の穴にラクダを通す』ことよりも難しそうです。








最近、風邪を引いている人が増えてきたように思えます。

私は、風邪の対策として、夜は鼻呼吸で寝るようにしていますが、その効果が出ているのか、以前より風邪を引くことが大幅に減りました。

『風邪は万病のもと』と言いますが、気を付けたいものです。

あくまでも個人的な考えですが、寝ているときに口呼吸をして、口と喉が乾燥してしまうことで、風邪を引きやすくなるように思えます。

鼻呼吸で眠れば、翌朝起きた時も、口内は乾燥していませんので快適です。

風邪対策には、インフルエンザの予防接種を打つことも意味があるのかもしれませんが、私には鼻呼吸で眠ることのほうが、遥かに風邪予防には良いように思えますが?

この2年ほどは、毎晩、口を医療用テープで留めて寝ていますが、お金が大してかからない究極の健康法ではないかと考えております。

冬場には、加湿器で部屋の湿度を高くする方もおられるでしょうが、部屋の湿度を挙げても、口を開けて眠れば、起きた時には口も喉も乾燥してガラガラなのでは…

風邪を引きやすい方は、一度、鼻呼吸で眠ってみてはいかがでしょう?







午前中は、地区のソフトボール大会がありました。



選手がなかなか集まらないため、組長はほぼ自動的に出場せざるを得ない状況で、組長として出場しました。

しかし、この年齢になりますと、日ごろボールを投げるようなことはありませんので、肩の衰えを猛烈に感じました。

また、年齢順に若い方から順番に打順を決めてたら、8番バッターでしたが、いつのまにやら長老のようになってしまったというか…

また、ピッチャーをしたので、数日後に、どっと筋肉痛が出そうです。

でも、なかなか地域のみなさんと一緒に時間を過ごす機会はありませんので、そうした観点で考えますと、このような交流ができるイベントは有意義と思えます。







今日のBBCメモ

1:スペイン首相はカタルーニャの大混乱を終わらせることを誓う

2:トランプは北朝鮮に『デブ』という厳しい言葉で応酬

3:イスラム国による犠牲者の多数の墓がイラクで見つかる




11月11日(土)
ね縞、高崎のオーパに行き、1階のスタバに寄りました。

カップがクリスマスっぽいデザインになっていましたが、ハロウィンが終われば、もうクリスマスということのようです。



オーパが出来てから、高崎の都会的な雰囲気のレベルは、とても上がったように思えます。

よく、出身地を尋ねられた時、神戸出身の人は、兵庫県とは言わないように思えますし、金沢出身の人も、石川県とは言わないような気がしますが、そのうち高崎市出身の方は、出身地は群馬県ですとは言わずに、高崎です、と言えるような時代が、もしかすると来るのでは?






昨日の議会報告会で、有害鳥獣の被害に関するご意見がありました。

なかなか対策が難しい問題ですが、全国の取り組みの中で何か成功例はないものか、ネットで調べてみましたら、三重県のほうで被害を大幅に減らした地域の情報が出てきました。

来週になりましたら農政課で、その三重県の情報について、どんなものか、お話を聞いてみるつもりですが、このままでは被害がどんどん増加する危険性が高いので、効果が期待できる方法ならば、富岡市でも導入していただきたいものです。

ところで、有害鳥獣について調べていたら、イノシシは体重100kgで、時速45kmで走れるとのことですが、その重さとそのスピードで襲われたら…

去年の秋、バイクに乗っていて、妙義の北山交差点において赤信号で止まっていたら、目の前を大きなイノシシが堂々と横切っていき、ビックリしたことがありましたが、いま思えば、近づいて来なかっただけでもラッキーだったように思えます。

登下校中の子どもたちが、イノシシに襲われるようなことにならないことを祈るばかりです。





午前中は、一ノ宮の市民グランドで行われた『わくわくフェスティバル』に出かけました。

天気が心配されていましたが、青空が広がり、フェスティバルは大いに盛り上がりました。





このイベントは、富岡市社会福祉協議会が主催です。

市内の様々な団体が協力し、また、多くの地元企業が協賛しております。

地元の協賛企業は、あまり知られていないように思えますので、紹介いたします。

 しののめ信用金庫

 群馬県信用組合

 群馬サファリパーク

 (株)マンナンライフ

 東京カリント(株)

 (株)アイエー・フーズ

 群馬ヤクルト販売(株)

 (株)桃源堂

 (株)一条工務店

 富岡市立美術博物館


毎年、わくわくフェスティバルでは、パン食い競争や、玉入れ、ふうせんわり競争など、運動会と同じようなプログラムが行われます。

だれでも参加できますので、今年は知らなくて行けなかったみなさんも、来年は出かけてみてはいかがでしょう?






今日のBBCメモ

1:プーチンはおせっかいな主張で侮辱されている

2:イラクはイスラム国が支配する最後の街を取り戻すため戦闘を開始する

3:トランプ対ドゥテルテ、どちらが何を言ったのか?





11月10日(金)
8畍紕兄から、丹生公民館で議会報告会が開かれました。



今年度の最後の報告会で、私も司会として今日は参加しました。

会場は、東富岡公民館のときとちょうど同じで、2階の和室でした。

東富岡のときは、一般の方の参加者は8名ほどでしたので、今日はどうなるのかちょっと心配でしたが、開始時間になりましたら、20数名の地域のみなさんが出席してくださって、とても盛況でした。

意見交換のコーナーでは、多数の質問がありました。

太陽光発電パネルの設置や、サルなどの有害鳥獣問題、丹生湖の今後、耕作放棄地、テニスコートの整備などについて、ご意見がありました。

また、最後に、『市役所の窓口対応について』への疑問のご意見もありましたが、頂きましたご意見は、議会でまとめて当局に対応をお願いしてまいります。

今日は夜になったら気温が下がり、寒さを感じるような陽気でしたが、そのような中、丹生地区の多数のみなさんにご出席していただき、誠にありがとうございました。





∋毀鮟蠅帽圓ましたら、議会事務局の下のほうから、音楽が聞こえました。

何かと思い、下のフロアを見ましたら、投票所がありました。

今日は、子どもたちに選挙の投票を体験してもらう『模擬投票』の日でした。



ちょうど終わる時間帯でしたので、子どもさんは一人もいませんでしたが、これは面白い試みですね。

好きなフルーツに投票する模擬投票でしたので、私も、一票を投じてきました。



また、市役所行政棟1階ロビーで行われていた『明るい選挙啓発ポスターコンクール』の入選作品展も見させていただきました。



さすがに入選した作品は、それぞれが『訴えるもの』があります。

色使いもカラフルで素晴らしいですね。

市役所の中が、ちょっと明るい感じになったように思えました。






今日のBBCメモ

1:トランプ大統領:アメリカは不公平な貿易を許さない

2:中国:大統領であるトランプと候補者であったトランプ

3:荒れ果てたオーストラリア難民キャンプの内部




11月9日(木)
最近、『人生100年時代』という表現をよく見かけます。

国の機関による推計では、2016年には6万5千人であった100歳以上の人口は、2050年には53万人になるとのこと。

確かに、その数字を聞けば、100歳まで生きるというのは、だれにでも可能性があるように思えます。

ちなみに、2050年は、私はこの世にいれば、92歳ですが…

でも、長生きは喜んでばかりもいられません。

平均寿命はどんどん延びていきますが、健康寿命は平均寿命ほど延びないとのことです。

つまり、分かりやすく言いますと、寿命は延びますが、その延びる分の大半は、健康ではない期間ということです。

人口減少が進むのに、健康ではなく医療や介護のお世話になる期間が長い高齢者がどんどん増加するというのが、これからの日本ということになります。

2050年の日本では、果たして医療や介護の制度は、どうなっているのでしょうか?

今よりも自己負担の割合が高くなり、保険料も上がっていることは確実でしょう。

そうなりますと、健康管理がますます重要な時代になるかと思います。

『健康こそ財産』という言葉が、歳を重ねるに連れ、真実と思えるようになってきました…








富岡市のホームページに、『今後の学校施設のあり方についてのアンケート集計結果』が掲載されていました。

ざっと目を通しましたが、もうちょっと学校の統廃合について、保護者のみなさんのご意見をストレートに聞いたほうが良いように感じました。

この結果を見た限りでは、保護者のみなさんの統廃合についての考え方が、はっきりとは分かりません。

ということは、統廃合問題は先送りしたいというのが、市の本音なのかもしれません。

来春の市長選の前に、火種になるようなことは作りたくないという、市長さんのお考えもあるのかもしれませんが、もはや市内で生まれる子どもの数は年間300人を大きく割っている状況ですので、このまま手を付けませんと、すべての学校がどんどん小さくなってしまい、教育環境としては好ましくない方向に進んでしまうのでは?

今年度の上半期に生まれた子どもさんの数は136人でした。

このペースですと、今年度は270人ほどとなる可能性があります。

40人学級で7クラス分です。

この人数の子どもたちが、12年後に現状の6つの中学校に入学すれば、すべての中学校が1クラスか2クラスということになります。

12年後なんて、あっという間に来てしまいますが、何だか問題の先送りをするだけで、何もできぬままそうした状況になってしまうように、私には思えてなりませんが…

でも、中学校の環境がそんな状況なら、それを理由に市外に出ていくご家庭が出てくることは確実でしょう。

子どもが学校に上がるときに家を建てる方にとっては、子どもが通うことになる学校の環境で、家を建てる場所を決めるというのは、よくあることと思えます。

以前、市内の知人から、『地元の小学校は新入生が10人くらいしかいないので、それを心配して甥っ子は安中市に家を建てた』という話を聞きましたが、学校の問題を軽視すると、人口流失の大きな要因になる危険性があると、私は考えます。







今日のBBCメモ

1:トランプ大統領は中国に対し穏やかな姿勢をとる

2:なぜトランプ大統領はインド太平洋について語り続けるのか

3:『イギリスの離脱は劇的なものになった』とEUが語る




11月8日(水)
若い方から、こんな質問をいただきました。

『介護保険の保険料って40歳から納めるそうですが、何歳まで払わなければならないのですか?』という内容です。

もちろん、生きている間は介護保険のお世話にならなくても、ずっと払わなければなりませんので、そのことを言いましたら、『会社を定年退職して、年金で生活するようになってからも、ずっと払うのですか? ショックです』という返事がきました。

確かにその気持ちも分かります。

広い年齢層の国民で負担しなければ、介護保険の仕組みを維持できないので、そうなっているのでしょうが、逆に、死ぬまで介護保険料を支払うだけで、一度も介護保険を使わなければ、大きな疑問を感じるのは当然のこととも思えます。

保険のシステムというのは、特定の使う人だけにメリットが集中するものですから、どうしても恩恵を受ける人と受けない人で、損得の感情が生まれてしまいます。

でも、介護保険を例えば5年使わなかった人には、保険料の減額をするくらいのことは導入してもいいように個人的には思いますが?







午後7時から、東富岡公民館で富岡市議会 議会報告会が行われました。



今年度2回目で、今日も私は当番ではありませんでしたが、どのようなご意見が出るのかに興味がありましたので、出かけてみました。

東富岡公民館の一番大きな部屋は、和室だったのですね。

以前、1度、来たことがありましたが、全く忘れていました。

でも、高齢者の方が増えてきますと、和室は使い勝手が悪いように思えます。

だいぶ室内も古い感じがしましたので、部屋の中の改修をしたほうが良いのでは?


ところで、議会報告会のほうですが、地元の方の参加者が8名と非常に少なく、市役所職員の方と議員さん方の数のほうが多いくらいでした。

そんなわけで、今日は、あまり意見や質問が出ない報告会になってしまうのかと、最初は思いましたが、いざ始まりましたら、予想外の展開となりました。

数名の方が、様々な角度から、地域の問題や課題についてお話をされ、内容的にはとても活気のある報告会になりました。

その中のご意見で、印象に残ったものをいくつか紹介しますと…

1:相続放棄されて、行政書士が管理している空き家があるが、通学路の安全に不安

2:富小の学童保育は、校舎の空き教室を1部屋使っているが、そこに72名もの子どもたちが詰め込まれている。市役所は新庁舎を作って広々としているが、この現状について非常に疑問を感じる

3:田篠地区は都市計画区域内で、都市計画税が課されているが、市ガスも下水道も使えない地域なのに疑問を感じる

4:廃止された東富岡公民館での投票所を戻せないものか

5:耕作放棄地が増えているが、市は具体的にどのような対応をしているのかて

6:スズメバチの巣の除去の補助金

7:東富岡保育所跡地の今後の予定は?

8:イノシシの被害について

9:田篠の市営・県営住宅では駐車場が不足し、近隣の道路は路上駐車の車があふれていて、子どもが巻き込まれる交通事故も起きている。何とかならないのでしょうか?

10:人口減少問題について、市はどのような対策を考えているのか

11:市内の空家数はどのくらいあるのか

ざっと、こんな感じでした。

このくらい様々な質問が出ますと、議会報告会も開いた意味が十分にるように思えました。

明後日は、今年度最後の報告会が、丹生公民館で開催されます。

丹生地区のみなさんはもちろん、他の地区の方でもご興味のある方は、ぜひご参加ください。








今日のBBCメモ

1:北朝鮮の緊張が高まる中、中国を訪れたトランプ大統領

2:中国人民はひと言でアメリカを表現する

3:デリーのスモッグの中で身の毛のよだつドライブ






11月7日(火)
富岡地域医療事務組合の規約変更についての議員に対する説明会が行われました。



富岡市は富岡総合病院の経営形態を変更する方向で進めております。

現在のままでは、将来の病院経営が厳しくなるので、経営を効率化し安定的な経営基盤を確保するためというのが理由のようです。

具体的には、現在の病院の運営責任者は富岡市長ですが、新たに企業長を置き、運営責任者とすることが主な内容です。

実は、今日の説明会では、この点に質問・意見が集中しました。

企業長は、富岡市長と甘楽町長が共同して任命しますが、議会の同意は必要ありません。

分かりやすく表現しますと、岩井市長さんがご自分の判断で企業長を任命でき、さらに、その選ばれた人がどのような人物であっても、議会は止めることはできないということです(今日の説明会で、確認しました)。

また、企業長には、高額の報酬が支払われます。

病院の院長先生が兼務すれば、不要かもしれませんが、そうでなければ、年間1千万円などは軽く超えるのではないかと推測いたします。

そして、その企業長は、任期4年で、もしも何らかの問題が生じても、罷免できるのは市長のみで、議会は企業長を辞めさせることはできないとのことです。

この内容は、すべて今日の説明会で、病院側から確認したことですが、これらの点は非常に懸念されます。

そもそも、経営の見直しは、利益が出る経営に変えることが目的なのですから、当然、厳しい経費カットや人員削減を行うことが予想されます。

一歩間違えれば、これまで比較的順調に推移してきた富岡総合病院の経営が、逆におかしなことになってしまう可能性もあります。

もしも、いかがなものかと思えるような人物が企業長に任命されて問題が発生し、議会も市民も困ったことになったとしても、市長さんが問題ないと考えれば企業長はそのまま居続けることになります。

私は今日の説明会で、大きな不安を感じました。

また、この件については、市長さん支持の多数派議員さんの中でも、非常に懸念されている方が何人かおられるように思えます。

しかし、新庁舎建設や、商工会議所への商工会館建設補助金のときも、最初は反対していた議員さんは結構いましたが、最後はみんな賛成になってしまいましたので、残念ながら今回もまた同じ展開になってしまうようにも思えますが?

議長選のドタバタ劇のとき、先輩議員から『言うことを聞かなけりゃ、次の選挙に出られねーようにしてやるぞ!』という脅迫的な内容を言われた議員もいたような話ですが、また同様のことが水面下で起こるのかもしれません。

結局、最後に反対するのは、私と横尾議員さん、長沼議員さんくらいになってしまう可能性もありますが、富岡市の医療体制をおかしなことにしてしまう可能性があるような経営形態の変更なのですから、市長さん支持の議員さん方の中から、『もっと時間をかけて検討する必要がある』という観点で、今回は反対する人が出てほしいところです。

今回の経営形態の変更は、このまま進めれば、富岡市の医療体制がおかしなことになる危険性が極めて高いと思っております。

その詳しい理由はあえて書きませんが、もう多くの方が、私と同じ懸念を抱いているのでは…








今日のBBCメモ

1:空軍はテキサスの銃撃犯に警告を与えることができなかった

2:アップル社の秘密の税金の抜け穴が明らかに

3:トランプ大統領の韓国訪問では北朝鮮への懸念が大きな問題に





11月6日(月)
『富岡市は、高齢者のタクシー料金の一部を助成する事業を行っているのでしょうか?』というご質問をいただきました。

現在、障害をお持ちの方には、初乗り運賃分を助成するタクシー券を年間30枚発行していますが、高齢者については聞いたことがありませんでしたので、福祉担当部署で確認しましたところ、やはり富岡市では実施していないことが分かりました。

でも、家に帰ってから、ネットで調べましたら、けっこう多くの自治体が、高齢者の方への福祉タクシー券の発行を実施しています。

さらに運転免許証を返納する高齢者の方が、これからどんどん増加しますので、富岡市もそろそろ考えなければならない課題と思えました。

これから詳しく調べて、12月定例会で提案できるようでしたら、取り上げるつもりです。






午後7時から、高瀬公民館で今年度1回目の富岡市議会 議会報告会が開催されました。

私は、今日の報告会の担当ではありませんでしたが、どのようなご意見が出るのか興味がありましたので、会場に足を運びました。

報告会の前半は、各委員会の報告で、どの委員会も視察の内容を細かくしていましたが、そこまで詳細に説明する必要はないように、個人的には思えました。

また、意見交換のコーナーでは、空き家対策について、様々な意見が出ました。

委員会報告の中で、富岡市が様々な空き家対策を進めているとの説明があり、それに対しての疑問のご意見も、いくつか出ました。

具体的には、『空き家対策を進めると言いながら、人口が減少している中、なぜ市営住宅の建て替えをするのでしょうか?』、『桐淵団地の市営住宅は半分近く空いている』などのご意見もありました。

さらには、富岡製糸場の今後の費用負担についてや、9月定例会の一般質問を傍聴された方からの市長答弁と議長采配に対する疑問などのご意見もありました。

会場は、参加者の方でいっぱいになるほどの盛況ぶりでした。

正直なところ、『会場がガラガラになってしまうのかも?』という懸念も抱いておりましたが、もしかしますと、これまでの報告会で最も参加者が多かったのでは?

次の報告会は、8日(水)に東富岡公民館で開かれます。

地域の問題や課題について、直接、議会に意見を述べることができる機会ですので、ぜひ、奮ってご参加ください。






今日のBBCメモ

1:大金持ちのタックスヘイブンの秘密が暴かれる

2:テキサスの教会での発砲で26人が死ぬ

3:北朝鮮から武器を取り上げる唯一の方法は侵攻






11月5日(日)
8畍紊蓮富岡市消防隊の秋季点検を見に出かけました。

団員のみなさんの規律ある俊敏な行動は、毎年とても素晴らしく、頼もしい思いがいたします。

これから寒くなりますと、火災が多い時期になりますが、健康にはご留意された上で、市民の生命と財産を守るため、ご活躍していただけますようお願いいたします。







午前中は、富岡市民文化祭の郷土芸能の部に、『貫前音頭一ノ宮小唄保存会』のメンバーとして参加してまいりました。

17人ほどで踊りましたが、数回行った練習の成果で、今日は上手に踊れたように思えます。

また、自分たちの出番の前に、他団体のプログラムを見ましたが、とても印象に残るものがありました。

それは、『妙義八木節保存会』のみなさんの踊りです。

八木節は、多くの地区で伝統芸能として行われており、よく見る機会がありますが、妙義八木節保存会の踊りは、腰を低くして力強い動きを見せる独特の踊り方で、驚きました。



ちなみに以前、桐生市で行われた八木節の全国大会で優勝したこともあるとのことです。


これから人口減少が進み、地域によっては、歴史のある郷土芸能を残していくのが難しい場合も増えるように思えますが、何とか時代に合った工夫をして、存続していきたいものです。

実は一ノ宮地区の『貫前音頭一ノ宮小唄保存会』も、今日参加したメンバーでは、58歳である私の年齢が一番下ですので、このままでは10年後に、どうなってしまっているかは、何とも言えないような状況です。

地域の20代、30代の方が参加できるような体制を作っていきたいところですが、まさに『言うは易く行うは難し』というところでしょうか…







今日のBBCメモ

1:カタルーニャの前指導者が警察へ自首する

2:トランプ大統領はアジアの同盟国に対するアメリカの決意を約束する

3:日本人女性はイヴァンカをどう思ったのか





11月4日(土)
じ労省の『平成28年国民健康・栄養調査』の結果によりますと、『糖尿病が強く疑われる人』は、20歳以上の12.1%ほどで、1千万人に達するとのこと。

さらに、『糖尿病の可能性を否定できない人』も、同じくらいの割合で、1千万人ほどいるそうです。

ところで、『糖尿病が強く疑われる人』、『糖尿病の可能性を否定できない人』は、どのような基準でそのカテゴリーに入ってしまうのかを調べましたら、血液中の『ヘモグロビンA1c』の数値で分けられるのだとか。

この数値が6.5%以上になると『糖尿病が強く疑われる人』、6.0%以上6.4%以下の人は『糖尿病の可能性を否定できない人』と、厚労省の説明にありました。

今日の新聞に、ちょうど糖尿病に関する記事があり、さらに偶然ですが本日、市の健診の結果が届いたこともあり、いろいろ調べてしまいました。

私は、アルコールがダメなので、その代わりといっては何ですが、ケーキや菓子類などの甘味系のものを、かなり食べてしまいます。

なので、ちょっと心配して健診の結果を見ましたが、幸い、『ヘモグロビンA1c』は5.5%で、問題はありませんでした。

ちなみに、健診の結果でこの数年、悪玉コレステロールの数値が、基準値上限を少し超えていたのですが、今年はスロージョギングと、ゆるい糖質制限の効果があったのか、これが基準値に収まり、久しぶりに健診の全項目が問題なしとなりました。

個人的な印象ですが、週に4回ほどのペースで、1kmちょっとの距離を走っているのが、すごく健康維持に役立っているように思えます。

このくらいの距離なら、体への負担は少ないので、脚やひざを痛めることもありませんし、だれでも長く続けられるように思えます。

毎日、10分弱、辛くない程度の速さで走ってみたら、人生が変わってきたように感じます。

ちょっと運動してみようかとお考えの方は、試しに自宅の周りの道を週に数回10分程度、辛くない速さで走ってみてはいかがでしょう?













座間市の9人の死体がアパートで発見された事件ですが、SNSが、このように悪用されてしまうとは思いもしませんでした。

でも、このような事件が起きてしまった以上、子どもたちのSNS利用について、何らかの制限を設けることも必要なのでは?

街に出れば、歩きながらや、車の中で運転しながら、さらには自転車に乗りながらでもスマホをいじっている人、見ている人がいますが、スマホはなぜそこまで、人を夢中にさせるのでしょうか?

私も一応、スマホ所有者ではあるものの、今風の使い方を知らないためなのかもしれませんが、とてもそこまではスマホを使いたいとは思いません。

スマホで人生が変わってしまう人がどんどん増えていることを考えますと、ここまでスマホが使われる時代になったことが、人間にとって本当に良いことであったのか、ちょっと疑問に思えてしまいます。







∈Fは家で、社会常任委員会の視察報告書を作りました。

まだ、途中ですが、今回の視察は、『コミュニティスクール』と『中高一貫教育』でした。

両方とも、学校関係なのですが、ちょっと報告書を書きづらい内容で、なかなかはかどりませんでした。

いつもなら、すぐに書き終えてしまうところですが、明日の夜も、報告書作成は続きそうです。


ところで、夜7時過ぎ、妙義ふるさと美術館に出かけました。

今日からイルミネーションの点灯が始まるので、それを見るためです。

到着したのが7時半前頃でしたので、数名の人影が見えた程度ですが、7時の点灯式はおそらく賑やかだったのでは?



ハートのイルミネーションは、来年の2月中旬までの週末(金・土・日)に点灯されるそうですので、お時間がある方は、お出かけになったらいかがでしょうか。








今日のBBCメモ

1:トランプ大統領はアジアへのマラソンツアーに出発

2:レバノン首相は命を狙われる恐れから辞任

3:ホワイトハウスはアメリカの気候に関するレポートを軽視





11月3日(金)
A憾庸柯曚気譴拭悗箸澆か市議会だより』の私の一般質問のコーナーを、ご覧になってくださった複数の方から、今日お声をかけられました。

『市長に答弁を求めているのに、それを無視し答弁しなかったのは、非常におかしなことと感じました。それでは説明責任を果たす気がないということを、市長が自ら示しているのと同じなのでは?』などの内容でした。

来週は、富岡市議会の議会報告会も行われますので、その場でも、それについて意見を出してくださる市民の方が、もしかするとおられるのかも?

本会議の一般質問で、市長に答弁を求めた議員の質問に対し、市長が全く答えないというのは、あってはならないことと思います。

もしも、これが何ら問題ないということになれば、市長は、都合の悪いことを質問されたら、すべて無視し、説明をしなくてもよいことになってしまいます。

本来なら、そうした市長の対応に対し、議会側は議会全体で強く抗議をしなければならないはずです。

しかし、現在の富岡市議会は、市長さんに対して何も言えないような議員さん方が大多数で、そうしたことも、当局側が議会を軽視することにつながっていると私には思えます。

二元代表制という言葉がありますが、市長と議員は、それぞれが選挙で選ばれ、互いに緊張感をもってチェックするのが当然なのですが、富岡市議会の議員さん方の中には、『市長に対して批判的なことを言うなど、もってのほか』と恐れてしまい、何も言えなくなってしまっている方が、多いように感じます。

市長さんのほうを向くばかりでなく、もう少し、市民のみなさんのほうに、議員は顔を向ける必要があるかと思いますが、市民のほうに顔を向けるのは、選挙の時だけのような方が、何だか多いような、とでも言いましょうか…








午前中は、妙義山紅葉フェスティバルの妙義山周辺ウォーキング大会に参加してまいりました。













今年は、10月に寒い日が多かったこともあり、去年よりも紅葉が進んでいたように思えました。

また、雲一つない青空でしたので、ウォーキング日和になりました。

上り下りがある約8kmのコースを、200名ほどの参加者は、各自のペースで歩きながら秋の訪れを楽しみました。

高校時代の同級生や、市役所の職員の方や、ご近所の方など、知っている方が多く参加していましたので、一人で申し込みをしましたが、大いに楽しめました。

ゴールしてから、くじ引きによる抽選会が行われていましたが、どういうわけかクジ運がない私が、当たりくじを引き、豪華なマイタケの箱詰めもいただきました。





100円の参加費で、参加賞のほか、結構な品物までいただいてしまい、ラッキーなウォーキング大会になりました。

来年は、ぜひ、皆さんも参加されてはいかがでしょう?





今日のBBCメモ

1:イスラム国はシリアとイラクの中の領土を失う

2:ピストリウスの判決は驚くほど軽い

3:隠しカメラ映像に対する警告






11月2日(金)
ぅローズアップ現代プラスを見ましたら、『学びの貧困』というタイトルで、義務教育を受けなかったことにより、読み書き計算ができない若者が増えているという問題を取り上げていました。

登校拒否の子どもさんは年々増える傾向にありますが、長期間、学校に通わなければ、そうした問題を抱えることも十分に考えられます。

広島県福山市の福祉部の対応が取り上げられていましたが、富岡市内にも、そうした問題に直面しているご家庭もあるのでは?

とても気になりました。






I找市は数日前から、市内の企業に、『黒川ふれあい公園遊具設置に伴う寄付金のお願い』という文書を送っています。



公園の複合遊具を撤去・更新するので、1口1万円以上の寄付を頼むものです。

この通知が届いた事業者の方から、今日の昼前、電話がありました。

『市から、公園の遊具を新しくするので、1万円以上の寄付をしてくださいという手紙が来たのですが、これはしないといけないのでしょうか? でも、公園の遊具って、市民が納めた税金で設置するのが当たり前のことと思えますが、富岡市はそんなにお金がないのですか?』という内容です。

非常に不可解なことですので、担当部署へすぐに確認に行きました。

すると、このような寄付のお願いは、今回が初めてとのことで、市内の380ほどの事業所に通知を送ったとのことでした。

でも、財政状況は改善していると岩井市長さんは日ごろからおっしゃられていますが、そうならば、なぜこのような寄付を市民にお願いするのでしょうか?

当初の予定よりも5割以上も予算が膨れ上がった新庁舎や、商工会議所の新商工会館建設に8500万円の補助金を出す富岡市が、公園の遊具の設置のために、市内企業に寄付を頼むというのは、しっくりしないものを感じますが…

耐震性に問題がある保健センターの件と同じように、子どもに関する事業は、後回しになってしまうような傾向があるように私には見えてしまいますが、これはいかがなものかと思えますが?








△い涸板垢鬚靴討りますので、午前中は、広報とみおか11月号と公民館だよりなどを24軒分仕訳け、配りました。

今月は、『とみおか市議会だより』もある月ですが、その中に、9月定例会での一般質問コーナーがあります。

そこに、私の一般質問の内容も掲載されておりますので、お時間ございましたら、ぜひご覧ください。

富岡市議会の一般質問の問題点が最も分かるところを取り上げました。

岩井市長さんに答弁を求めても、お逃げになられるばかりで、一向に埒が明かない状況でしたが、困ったことです。

先日、議員側から市長に対し、誠意ある答弁をしてくださるよう、議長が頼みに行ったようですが、12月議会は果たしてどうなるのでしょうか?

12月議会で、同様のことが起きても、私は構いませんが、来春の市長選に出ることを表明なさった市長さんが、議会の質問に答えずに逃げているのでは、市民のみなさんも良い印象を持つことはないかと思います。

ぜひ、12月議会では、お逃げにならず、明確なご答弁をいただきたいものです。






今日のBBCメモ

1:解雇されたカタルーニャの指導者が法廷に現れる

2:ミャンマーのスーチー女史が問題のラカイン州を訪れる

3:オーストラリアのキャンプで難民が水を求めて穴を掘る





11月1日(水)
こ惺撒訖の無料化についてを話し合う検討委員会が、近々開かれるようです。

委員会のメンバーは、民生委員さんや、PTAなど様々な団体の代表の方と伺っております。

検討委員会で、どのような意見が出るのか、興味があります。

また、この件については、様々な意見がありますので、パブリックコメントを行い、広く市民のみなさんのご意見を聞く必要があるかと、私には思えます。

富岡市は時々、このパブリックコメントを実施しますが、市民のみなさんの関心が低いような事業について行う場合が大半で、寄せられる意見の数が、ゼロとか数件程度がほとんどです。

ちなみに給食費の無料化を実施するには、年間2億円の費用を厳しい財政状況の中から捻出しなければなりません。

当然、現在実施している事業の圧縮や廃止も起こり得ます。

よって、給食費無料化こそ、パブリックコメントで市民のみなさんの声を広く聞くことが重要なはずですが、私の予想では、おそらく富岡市は実施しないのでは?

理由はあえて書きませんが、『検討委員会で賛成の方向で意見がまとまり、議会でも市長さん支持の多数派のみなさんが意見を何も述べぬまま黙って賛成し、給食費の無料化が始まってしまう』という展開になるように、私には思えます。

富岡市の財政を考えると、そうならないことを祈りたいところですが…






8畍紕兄から、『貫前音頭一ノ宮小唄保存会』の踊りの練習会がありました。

11月5日に、生涯学習センターで行われる、富岡市民文化際の郷土芸能部門で踊るためです。

今日が4回目で、最後の練習会でした。

本番は、15名ほどで踊ります。

一ノ宮小唄は、一ノ宮小学校の運動会でもプログラムに入っていますので、一ノ宮の子どもたちもある程度は知っていますが、残念ながら、保存会のメンバーには、50歳以下の方はおりません。

若い方にも参加してもらうことが、地域の文化の伝承には不可欠ですが、今後がちょっと心配です。

地域の踊りを踊れることがカッコいいくらいの雰囲気が若者の間に生まれると、自然に次の世代に引き継がれるのでしょうが、何か良い方法はないものでしょうか?



午前10時から、議員のみの会議があり、今月開催する予定の、議会報告会での役割分担を決めました。

私は、11月10日に行われる丹生公民館での報告会で、司会をすることになりました。

丹生公民館での開催ですが、他地区の方も出席できますので、ご都合がつく方は、ぜひ足をお運びください。

開始時間は午後7時です。


今日のBBCメモ

1:友人どうしの5人がニューヨークのテロで死亡

2:ニューヨークのテロ攻撃はどのように展開したのか

3:ケビン・スペイシーに対する新たな疑惑





































































































































































































































































































































 
 











これまでの活動記録 (毎日更新中!)
2017年 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2016年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2015年 12月 11月 10月 9月 8月 7月  6月  5月   4月 3月 2月 
1月
2014年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月  3月 2月 1月

2013年 12月 11月 10月 9月 8月 7月中・下 7月上 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2012年  12月 11月 10月 9月 8月  7月 6月 5月 4月 3月 2月
 1月
2011年 12月  11月 10月 9月 8月 7月 6月  5月 4月 3月 2月 1月
2010年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 
2009年  12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2008年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月   




































丹生湖 ひまわり畑の情報サイト
富岡市に行ったら、必ず訪れたい10のスポット
プロディールのボールペンに魅せられて prodir swiss

オリジナルラベルワイン1500円 

富岡慕情