富岡市を元気に!子どもたちに明るい未来を! 富岡市議会議員 茂原正秀WEB-SITE
TOP    これまでの活動記録(毎日更新中!)








15分でアートのような作品をつくる!
15 Minutes Art by MOHARA!
















富岡市の桜
富岡市の美しい風景
富岡市観光協会のFacebook
富岡製糸場Facebook
富岡市イベントカレンダー

便利な情報サイト
ダイヤモンド・オンライン
東洋経済オンライン
日経新聞
読売新聞オンライン
朝日新聞
毎日新聞
産経新聞
東京新聞
ロイター
共同通信
ニューズウィーク
NHK
プレジデント公式サイト
上毛新聞
The Japan Times Online






   




★もはら撮影
 動画情報★

まなびのつどい
2014.2.2


富岡市成人式
2014.1.12


富岡市消防隊出初式2014年

貫前神社2014年
元旦


富岡市・安中市・軽井沢町の観光連携協議会設立趣旨発表
2013.12.26


貫前神社 御戸開祭 2013.12.12

群馬サファリ富岡マラソン大会
2013.12.8


第8回富岡市一周駅伝

第2回スロージョギング教室 
2013.11.23


佐原市の『歴史ある町並み』
2013.11.5

モザイクアートで
ギネスに挑戦

2013.11.4

妙義山紅葉
フェスティバル

2013.11.3

スロージョギング
教室

2013.10.27

富岡製糸場に
ふっかちゃん

2013.10.4


富岡市交通安全
パレード

2013.9.25

富岡市CM 
2013年わがまちCM
コンテスト最終選考作品


同志社大学
今出川キャンパス

2013.10.8

 

丹生湖ひまわり畑情報サイト


富岡市の防災気象情報(気象庁リンク)

  ご意見は、下記メールアドレスをコピー&ペーストして、お送りください
moharamasahide@gmail.com

2018年2月のページ
1月31日(水)
ズFで、1月は終わりです。

元旦に、市民グランドで駐車場係の仕事をしてから、早いものでもう一カ月が過ぎました。

2月を乗り越えれば、ひどい風邪にならずに、この冬を越すことになります。

鼻呼吸睡眠と、短時間ランニング、さらには体を冷やさないことを徹底し、何とか上手く乗り切りたいところですが?

2月は、ふかやマラソンもありますので、風邪を引かずに、その日を迎えたいものです。





ぬ邵擇硫然覆高騰する中、給食用食材の野菜購入に支障は出ていないのか?

それを本日、確認するために、給食センターに行ってきました。

担当職員の方のお話では、『給食用ということで、価格面で配慮してもらう』、『コスト高なブドウパンや、かやくご飯を、低コストの食パンや普通のごはんに変更し、その浮いた額を野菜購入に充てる』、『デザートなどで調整する』などの方法で対応しているので、『現在のところは問題なくやり繰りはできている』とのお話しでした。

なので、野菜の価格が上がったので、野菜の量が減るということはありません。

ところで、給食費といえば、先の市長選での岩井市長さんの最大の公約が『全面無料化』でした。

来年度予算の中で、どのようになるのかは、現時点では分かりませんが、おそらく予算の中に、そのための費用およそ2億円は計上されるかと予想します。

今の市議会では、市長さん支持の議員さん方が圧倒的ですので、おそらくあっさり決まってしまうことになるかと思いますが、これは絶対に、富岡市の今後に、大きなダメージとなるのでは?

一度、開始すれば、中止することはほぼ不可能ですが、どんどん、おかしな方向に進んで行ってしまうような気がしてなりません。

財政難の中、毎年2億円もの費用を無理に捻出すれば、他の事業に大きな悪影響が出ることは確実ですので、3月議会では、もちろんこれを一般質問で取り上げるつもりです。

そろそろ、その内容も考えないとまずいですね。







0貽一万歩を目標にしてウォーキングをされている方は多いかと思います。

でも、それが本当に健康づくりに有効なのか、疑問視する記事が、今日のBBCのサイトに出ていました。

それによりますと、イギリスの大学で行った実験によると、一日一万歩を歩くのより、ちょっと息が切れる程度の速さの10分間ウォーキングを1日3回行ったほうが、健康づくりには良いという結果が出たのだとか…

また、健康のため一日一万歩というのは、1964年の東京五輪の頃、日本の万歩計をつくった企業が提唱したことから始まったという話も、記事に書いてありました。

だらだら一万歩歩くのよりも、速足で短時間歩くほうが、健康づくりには効果的、効率的と、BBCニュースのサイトにはありますが、そのうち日本でも、これは話題になるのでは?






非常に気になることがあり、今日は、公職選挙法の勉強を兼ねて、市の選管に話を聞きに伺いました。

内容は書きませんが、いろいろ裏技を思いつく人が、世の中にはいるということのようです。

これから一気に、にぎやかになりそうな気配が…







今日のBBCメモ

1:トランプ大統領が『新しいアメリカの時代』の到来を告げる

2:トップシークレットの文書が、オーストラリアの店で見つかる

3:北朝鮮からの亡命者の悲惨な物語




1月30日(火)
『野菜の価格がとても値上がりしていますが、給食の食材購入は大丈夫なのですか?』とのご質問をいただきました。

言われてみますと、確かに野菜の価格高騰のニュースをよく見かけます。

栄養のバランスがありますので、野菜を極端に減らすということはないのでしょうが、そうなると、決められた予算でどのように野菜を購入しいるのか気になります。

近日中に、その点について、確認したいと思います。



∋堝發寮渋ざ抜覿箸亮卍垢気鵑箸話をする機会がありました。

そこで、このようなお話がありました。

『政治の世界は失敗しても、責任の所在が不明で、だれも責任を取らなくても済んでしまう。でも、我々の事業ではそんなことは許されない』という内容です。

何人もの社員を抱える企業の経営者の方ですので、言葉の重みを強く感じました。

『選挙目当てで票になりそうな公約を掲げ、それで財政がおかしくなっても、市長を退任すれば、その後、責任を追及されることもないし、その事業に賛成した議員も同様なのだから、民間と比べれば甘すぎる』とのご指摘もいただきましたが、返す言葉はありませんでした。

市民の多額な血税を投入して実施した事業が、想定していた結果が出なくても、市長も議会も、非難されることはあったとしても、無駄遣いとなってしまったお金に対して補償することはありません。

金融機関からお金を借りるとき、大きな責任を負う経営者と比較すれば、雲泥の差です。

そもそも市が行う事業は、『成功・失敗の評価』をすること自体が難しいので、誰が見ても失敗と思えるような結果でも、市が失敗を認めない限り、失敗にはならないのでしょうし、ましてや自ら市が失敗を認めることなどあり得ないでしょう。

簡単に言えば、どんな無駄遣いと思える事業でも、無駄遣いにはならないということです。

こうしたことで、納税者からすれば疑問に思えるような事業が、どんどん行われてしまうのでしょうが、それに歯止めをかけるのが、二元代表制における議会の役割です。

残念ながら、現在の富岡市議会は、市長さん支持の議員さん方が圧倒的多数ですので、その役割が上手く機能しているようには、私には思えないのですが、本日いただいたご意見を心に焼き付け、議員活動に取り組んでまいります。







今日のBBCメモ

1:『中国はロシアと同じくらいアメリカの脅威』
CIA長官は中国の西側諸国への影響をロシア同様に懸念

2:『赤ちゃんが暴行されインドで激しい抗議が起こる』
赤ちゃんは恐ろしいケガをして病院に運ばれ危篤状態

3:『解答不可能なテストが中国の学生を困らせる』
数学のテストは解答不可能だが、当局の考えは『そこは問題ではない』





1月29日(月)
ズF、街中を車で走っていましたら、真新しいポスターが目に入りました。

何のポスターとはあえて書きませんが、この時期、ちょっと意外な印象を持ちました。

法律的な観点で、どんなものなのか、私には分かりませんので、後日、調べてみようかと思います。

だんだん、賑やかになってくるような予感が…





ず週、一ノ宮小学校子育連・PTAの合同新年会が行われる予定でした。

しかし、インフルエンザが流行ってきたため、中止するとの連絡が今日ありました。

厳しい寒さのためか、今年のインフルエンザの流行は、例年以上に勢いがあるようです。

受験シーズンでもありますので、気つけていただきたいものです。

ところで、もしも高校や大学の入試の日に、インフルエンザになってしまったら、どうなってしまうのでしょう?

保健室のような別室での受験ができるのでしょうか。

大人数になったら、それも大変なように思えますが…

自分は、これまでそのようなことになった経験はないので、分かりませんが、そんなことにならないよう、受験生のみなさん、ご注意ください。






L鄒犬離汽襪砲茲詛精酳の被害を、犬を使って減らしている自治体があるという話を耳にしましたので、今日、調べてみました。

どうもそれは、長野県の大町市の『モンキードッグ』を使った対策のようです。

ちょうどYouTubeに、それを特集したテレビ番組の映像も出ていましたので、そちらも見てみました。

簡単に説明しますと、地域で飼われている犬に、特別な訓練をし、モンキードッグとしてサルの追い払い活動をさせるということのようです。

その効果ですが、配置された地区では出没するサルが激減し、さらにその取り組みは市内外から評価され、平成22年(2010)には農林水産省から鳥獣被害対策優良活動で表彰されたとのことです。

昔から、犬とサルは、犬猿の仲という表現がありますので、犬は野生のサルにとっては嫌な存在なのかもしれません。

有害鳥獣対策の一つとして、やってみる価値は大いにあるのではないでしょうか?






昼過ぎ、視界の悪い丁字路交差点に設置されているミラーのことで、区長さんのところに出かけました。



そこは、かつてはあまり車の出入りがなかった所なのですが、大型スーパーができてからは、スーパーに買い物に行くための近道として、交通量の多い道になりました。

写真にあるミラーの位置をちょっと移動することで、視界が良くなりそうなことから、道路建設課に相談した後、区長さんのところにお願いに伺ったような次第です。

ミラーの位置を変えて、少しでも道路の安全性が高まればよいのですが…






今日のBBCメモ

1:『車の排気ガスの人間に対する影響のテストでドイツが揺れる』
政府はディーゼル排ガステストを『お粗末』と非難

2:『フィットネスアプリが軍事基地の情報をさらす』
兵士は日々のランニングの記録として基地の位置情報を共有している

3:『オーストラリアは兵器輸出国のトップ10を目指す』
豪首相が防衛産業の売り上げを大きく増やすと述べる




1月28日(日)
寒さも少し緩んだのか、それとも寒さに慣れてきたのか?

どちらかは分かりませんが、今日はあまり寒さを感じませんでした。

来週の後半に、再度、雪が降る可能性があるようなことを、天気予報で聞きましたが、考えてみれば、最も雪が降るのは2月の10日頃ですので、まだ冬が終わるような気になるのは早い感じです。

でも、1月も後半になると、日が伸びてきますので、寒くても春が近づいてきた感覚になります。

そろそろ私立大学などは、本格的な入試の時期に入るのでしょうが、受験生のみなさんには頑張っていただきたいものです。

後になって振り返れば、『あの時、もっとこうに勉強しておけば良かったのに…』と思うようなことばかりですが、ぜひ最後まで諦めないでほしいです。

ところで、富岡市内の高校生で、首都圏の大学などに進学する生徒のみなさんは、卒業後、男子は3割ちょっとしか、富岡市に戻らないというデータがあります。

でも、実は、女子のほうはもっと大変な状況で、ほとんどの方は、富岡市に戻って来ません。

つまり、これから首都圏の大学受験をする女子高生がおられるご家庭は、娘さんが無事に合格し、東京のほうに行ってしまうと、将来もずっと、富岡市には戻らない可能性が高いということになります。

富岡市で生まれ育った女の子が、さらに東京で勉強を重ねて有能な人材になったのに、富岡市にほとんど戻って来ないというのは、非常にもったいない状況と思えてなりません。

しかし、これは、富岡市だけでなく、全国の地方都市共通の問題です。

若い女性が、子育てが大変な環境である首都圏で就職せざるを得ない状況になっていることは、少子化にも深く関係しているように思えます。

若い方が、東京の暮らしに憧れるのは、よく分かります。

でも、時代の先端を行くような環境での刺激はありませんが、地方の暮らしには、その良さもあるかと思います。

そうした点を、それぞれの地方都市がもっとアピールする必要もあるように思えますが?

自然災害に対する安全性では、東京に住むよりは、富岡市のほうが安全でしょう。

生活も富岡市のほうが安上がりかと思います。

となりますと、若い方にとって、魅力的な働く場があるかということが、最大の課題になります。

この点が、富岡市の弱いところなのでしょう、おそらく…








今日のBBCメモ

1:『イケアの創始者カンプラッド氏が91歳で亡くなる』
カンプラッド氏はスウェーデンの富豪で、家具販売の開拓者

2:『フランス人女性が「人殺しの山」から救出される』
女性はポーランド登山隊によりヒマラヤ山頂で救出

3:『カブールは救急車爆発による100人の死者を嘆き悲しむ』
日曜日は追悼の日となり、多数の葬儀が執り行われ、生存者を病院で探す人々





1月27日(土)
A芦鵑了堋港挙のときには、『どの人に投票しますか?』を尋ねる電話アンケートが何度か行われていましたが、今回はどうなのでしょうか?

まだ、そのような話は今のところ聞こえていませんが、おそらく近いうちに、どこかの陣営が行うように思えます。

現在、立候補を表明しているのは、現職と新人のお二人だけですが、その電話アンケートの結果で、今後の選挙の構図が変わってくる可能性があるのかも…

私は、市長支持の多数派議員さん方と、市長選の話をすることが全くありませんので、多数派議員さん方がどんな支援活動を今後なさるのか分かりません。

もしかしますと、2月くらいになれば、『政治活動』の一環として選挙カーのような車が、スピーカで政策を訴えながら町中を走るようなことになるのかもしれません。

静かなのは、今だけで、これから一気に賑やかになるのか、それとも、ずっと静かなまま3月まで行ってしまうのか?


ところで、市長選について、だれに投票するかを聞かれるようなアンケートの電話が来たら、それは無視したほうがよろしいかもしれません。

自分は、だれを応援しているかを、どこのだれだか分からない所に教えることになるのですから、私なら電話を聞いただけで無視します。






道路のところどころに、凍った雪が残っているため、夜のジョギングを控えていましたが、体がなまってきた感じになってきましたので、今日、久しぶりに昼間、走りました。

風はあまりなかったので良かったのですが、やはり寒いですね。

でも、ちょっと気分爽快になれました。

ところで、体力テストの一つとして、『12分間走』というものがあるのをご存知でしょうか?

それは12分間に走った距離の長さで、その人の体力を判断するというシンプルなテストです。

ちなみに、50歳以上の男性の評価は以下の通りで、2400m以上走れれば『非常に良い』レベルになります。

50歳以上男性 非常に良い(2400m以上)
        良い   (2000ー2399m)
        普通   (1600−1999m) 
        悪い   (1300−1599m)
        非常に悪い(1299m以下)

今の自分の体力では、『良い』のところに入りますが、できるだけ長く、12分間走で2000m以上を走れる体力を維持したいと思っております。

何か目標的なものがあるのとないのでは、モチベーションに大きな違いが生じますので、それを目標にしております。

運動不足の方は、この12分間走でご自分の体力テストを試しになさってみてはいかがでしょう?










介護保険料は現在、月額の全国平均が5514円ですが、2025年度には、8165円まで引き上げられる見込みとのこと。

介護保険を利用する高齢者の方が増えるので、必然的にそうならざるを得ないのでしょうが、ここまで金額が上がってしまいますと、保険料の負担が家計の重荷になってしまう方が、続出なのでは?

生きている間は、介護保険の保険料をずっと払わなければなりませんが、今後、保険料はどこまで上がり続けるのでしょうか。

これからの日本は、年金はどんどん減額され、保険料や税の負担は上がるばかりです。

自分の老後の暮らしが心配で、お金を安心して使えない国に、今後ますますなってしまうのでは?

以前、世界有数の福祉国家であるデンマークに住んでいる日本人の方から聞いたお話では、デンマークは税金がものすごく高いけれど、医療費も無料、大学の授業料も無料、さらに大学生には月額8万円ほどの給付金が出るなど、福祉が充実しているので、高い税金に不満を抱く国民は少ないとのことでした。

あれほど小さな国で、どうしてそんなことができるのか不思議に思えましたが、デンマーク国民は、生活に不安がないので、基本的に『たくさん貯金をしよう』という考え方がないのだとか…

デンマークと日本のどちらが良いのかは、簡単には判断はできませんが、『持続可能な国をつくる』という観点で考えると、デンマークのほうが進んでいるのかもしれません。







今日のBBCメモ

1:『タリバンが救急車爆破で63人を殺害』
アフガニスタンの首都カブールでのタリバンの自爆テロが起こる

2:『セーヌ川の水位が上昇し、準備に追われるパリ』
セーヌ川で複数箇所が決壊

3:『警察官がカリフォルニアの土砂崩れで押し流される』
2名の警察官は運転中に土砂崩れに巻き込まれる




1月26日(金)
道路に関することで、市役所に行きましたが、今日も外はとても寒く、逆に庁舎内は暖かくて、困りました。

担当課長さんと10分ほどですが、話していたら、暖かいを通り越し、暑くなってしまいましたが、外気温と室温の開きが大きすぎて、困ったことです。

また、その後は、かぶら文化ホールの『水飲み場』の件で、担当課長さんと話をするため、美術博物館に出かけました。

ちなみに課長さんは、かぶら文化ホールと美術博物館の両方を担当しています。

私が頂いているご意見は、『小中学生が様々な行事で文化ホールを利用する際に、喉が渇いても、水飲み場がなくて、施設の外の水道まで水を飲みに行っています。合唱コンクールや、少年の主張コンクール、音楽教室などで、年間を通じて多くの子どもさんが文化ホールを使いますので、ホールの内部に、水を飲めるコーナーを設けていただけないでしょうか?』という内容です。

先日、係長さんには一度お話ししたのですが、今日はあらためて課長さんにその旨を伝えました。

すると課長さんから、『建物は県のものですので、何なら今、自然史博物館の館長さんのところに行って、そのお話をお願いしたらどうでしょうか?』ということになりました。

こちらとすれば、幸いでしたので、早速、課長さんから連絡をしていただき、その後すぐ、自然史博物館の館長さんとお会いし、その件の説明をすることができました。

館長さんからは、『そのような話は初めて聞きましたが、問題と思えますので、できるだけ対応したいと思います』とのお話をいただきました。

どのような方法で対応するかは、予算のこともありますので、現時点では分かりませんが、水を飲むために、子どもたちが外まで行かなくても大丈夫な方法を検討してもらえることになりました。

とりあえず、一歩前進したという印象です。

ところで、もみじ平公園に行きましたら、風が強くて、気温も低く、一気に体が冷えてしまいました。

周囲には、まだ雪がかなり残っており、別世界のようでした。



富岡市内でも、場所によって、だいぶ雰囲気が違うものなんですね。







今日のBBCメモ

1:『トランプ大統領が侵略的な貿易を攻撃』
アメリカ第一主義はアメリカの孤立でがないと大統領が語る

2:『数十人が韓国の病院火災で死亡』
韓国で、この10年で最悪の火災により、少なくとも37名が死亡し70名が負傷

3:『中国が北極のシルクロード構想を明らかにする』
地球温暖化により北極での船の進路ができたと中国当局が語る






1月25日(金)
ずF、議会事務局で、平成25年の議員全員協議会の資料を見てきました。

中高瀬観音山遺跡歴史公園についての経緯を、確認するためです。

この公園整備につきましては、私が議員になる前、40億円を超える計画がありましたが、平成18年度の見直しで約22億円に規模を縮小し、さらに平成25年に約19億円まで引き下げています。

なので、現在、続いている計画の予算規模は約19億円ということのようです。

その予算の使い道は、用地補償費8億3千万円、公園整備費9億1千万円、実施設計費1億1千万円などとなっています。

ただ、これも5年近く前の計画ですので、ここから計画の見直しや、コストの上昇などで、大幅に増える可能性もあるように思えます。

これから、どのように進むのかは分かりませんが、道の駅も含めて一大事業になりますので、注視する必要があります。





NHKのニュースを見ていましたら、最低賃金を取り上げていました。

それによると東京都の最低賃金は958円とのこと。

予想外に高い金額で驚きました。

900円を超えているのは他に、神奈川県956円、大阪府909円でした。

当たり前のことですが、都市部は高く、地方は低い状況です。

もっとも低いのは737円で、福岡県を除いた九州全県でした。

ちなみに群馬県は783円ですので、全国平均の848円を下回っております。

ただ、これはあくまでも都道府県の最低の金額ですので、実際の賃金レベルは、これよりも上回っていますが、そう考えますと、東京都や神奈川県は時給千円以上は当たり前の時代なのでしょう。

生活費が高い地域ですので、そのくらいは必要なのでしょうが、払う側の事業者にとっては、これは大きな負担になるようにも思えます。

中小企業の廃業が進む一つの理由は、この人件費の高騰にあるのかも?



∈Fは、日中も大変な寒さでした。

数十年に一度の大寒波だそうです。

でも、寒いのには慣れてきたのですが、逆に市役所に行ったら、今度は暖房がばっちり効いていて、暑くなってしまい困りました。

この時期の温度調節は難しいです。

議会事務局で調べごとをしていたとき、職員の方に確認したら、室温は20℃ちょっとでしたが、その気温に体が慣れてから家に帰ったら、今度はグッと室温が下がりましたので、まるでハワイからシベリアに行ってしまったような気がしました。

こんなことが、一日のうちに何度もあったら、体がついていけないように思えます。

これでは風邪やインフルエンザになってしまう方が多くなるのも、当然でしょう。

また、あまりの寒さで、この数日は夜の10分ジョギングも休んでいて、どうもスカッとしません。

早く、暖かくなってほしいものです。






今日のBBCメモ

1:『スーチー女史はモラルに対するリーダーシップが欠けている』
 ベテランのアメリカの外交官がミャンマーを『ごまかし』と非難

2:『ミラノ近郊の列車事故により3名が死亡』
 線路の切り替えスイッチに問題があり脱線が起きた可能性

3:『ヒンドゥー王女の映画公開によるインドの緊張』
 ヒンズー教強硬派の抗議の後、映画『パドマバット』の公開のため機動隊が配備される







1月24日(水)
ち躪臧賊,、この4月から経営形態を変更します。

それにより、企業長というポストが新たに設けられます。

でも、その人選について、まだ具体的な話は全く聞こえてきません。

経営形態変更まで、あと70日もないのに、どういうことなのでしょうか?

もしかすると、市長選への影響が出る可能性があるので、選挙が終了するまで、人選を発表しないということなのかもしれません。

となりますと、誰が企業長に就任するのかが、ますます気になりますが…

もしも、総合病院の院長先生が企業長になるのでしたら、もっと早く発表しているはずかと思います。

そうしないところから判断しますと、別の方がなられるのではないかと私には思えてなりませんが、病院のみなさんからすれば、早く公表してほしいのでは?





市民の方から時々、4月の市長選について質問されます。

でも、実は私も、今回の市長選については、よく分かりません。

新人の方が立候補表明をされたという話は新聞で見ました。

通常なら、選挙までもう80日ほどしかないのですから、どんな方が中心になって応援しているのか、どんな活動をしているのかなどの話が聞こえてきてもおかしくない時期のはずですが、私のアンテナの感度が悪いせいか、私のところには全く聞こえてきません。

岩井市長さんのほうは、いろいろ話を聞きますが…

4年前の市長選で、当選した岩井市長さんは約9400票でした。

落選した2人の票の合計は15600票ほどあったのですから、岩井市長さんの反対票が集まれば、有利な選挙が展開できるはずです。

でも、今のような静かな状況では、そんな単純に話は進まないように思えます。

本来なら、岩井市長さんに反対する方々がまとまった上で、候補者の一本化をすれば、選挙として争点が明確で良かったのでしょうが、そのような手順がなかったので、私には選挙が迷走してきたように思えてなりません。

前回、前々回、そしてその前の市長選挙も、過熱感があるほどヒートアップしたような記憶がありますが、今回は今のところ、ちょっと違うような雰囲気を感じます。

あと3カ月もないのに、これはいったい?







▲ぅ鵐侫襯┘鵐兇砲茲覲惶虔頂燭力辰、耳に入るようになりました。

今年の冬は、非常に寒いので、気をつけたいところです。

私も、先日、ちょっと鼻風邪を引きましたが、寒い時はマフラーなどで首周りを温めないとまずいことが、よく分かりました。

これまでは、あまりマフラーなどは使わなかったのですが、外出した時、いくら体が温かくても、首回りが無防備ですと、そこから体温を奪われます。

若い頃なら、全然、問題なかったのですが、歳を重ねて、体力・免疫力が低下してきた今となっては、首は要注意ですね。

鼻風邪程度で済んだので幸いでしたが、2月末までのあと35日ほどを、何とか無事に過ごしたいところです。









今日のBBCメモ

1:アフガニスタンのセーブ・ザ・チルドレンの拠点が攻撃を受ける

2:イギリス人がシリアでトルコ主導の軍隊に向かい合う

3:エルトン・ジョンが今後の活動について声明を発表することに




1月23日(火)
チ霙吐鮑山が突然、噴火しましたが、草津温泉の宿泊施設では、早くもキャンセルが出ているとのこと。

距離等から考えれば、噴火による草津温泉への物理的な被害の可能性は、極めて低いように思えますが、このようなことが起きれば、人間は科学的ではなく感情的に物事を判断してしまう傾向があるので、仕方ないことなのでしょう。

でも、この状況が長く続いてしまうと、草津町にとっては大変なことになってしまいます。

今日の一度の噴火だけで、火山活動が収束することを祈るばかりです。

ところで、BBCのサイトにも、このニュースが出ていましたが、その中に、『訓練中のソルジャーが死亡』と書いてありました。

外国のメディアは、自衛隊員にソルジャー(兵士)という言葉を使うわけなんですね。

解釈の問題かもしれませんが、初めて知りました。






ず鯑の雪の影響もあるのでしょうが、今日の製糸場の入場者数は、84人とのことです。

もしかしますと、1日当たりの入場者数では、世界遺産登録後、最も少ない日だったので?

様々な分野の方が、努力されているものの、厳しい状況が続いております。

ここまでお客様の数が減ってしまいますと、観光客相手のご商売のお店は、大変かと思います。

何とか冬場に、お客様に来ていただけるような方法を考え出したいところです。

ところで、とある雑誌の広告のページを見ましたら、富岡製糸場の前で撮影した車の写真がありました。



ホンダの新型オデッセイでしたが、もしかするとテレビCMでも流されるのでしょうか?







森友学園問題で、破棄したはずの記録のようなものが、今になって出てきたという話を、テレビのニュースで知りました。

その中で、籠池夫妻のことも触れていましたが、お二人は、今も拘留されたままとのこと。

もう半年になるという話でした。

でも、そこまでしなければならない理由があるのでしょうか?

これでは、籠池夫妻に外に出てきてもらっては困る特別な事情が背後にあるように思えてしまいますが?

世の中の関心も薄れてしまい、このことに対する意見があまり聞こえませんが、ちょっと異様な雰囲気を感じます。






∈Fは雪かきで疲れました。

パウダースノーという感じの雪だったのは幸いでしたが、数年に一度の雪かきですので、体にこたえました。

でも、朝方は、見渡す限り、白い光景でしたが、夕方には雪がかなりなくなっていました。

ずいぶん一日で、雰囲気が変わってしまうものなんですね。

ちなみに写真は、今日の朝6時半頃、雪かきの前に撮影した我が家の前の道です。



今晩は、猛烈な寒波の影響で、気温がかなり下がるようですので、日陰で雪が解けなかった道が、明日の朝は心配です。

数年前、一ノ宮から丹生に向かう坂井工業団地そばの下り坂で、2回、車のスリップ事故が起こりましたが、凍結事故の多発地帯には注意したいものです。





今日のBBCメモ

1:2018年アカデミー賞:ザ・シェイプ・オブ・ウォーターが多部門にエントリー

2:『アメリカ第一主義』による関税が、アジアの非難の声を引き起こす

3:雪崩と火山が日本のスキーリゾートを襲う





1月22日(月)
っ羚眄ゴ儔算外篝廚慮園整備について、文化財の知識をお持ちの市民の方からご意見をいただきました。

それによりますと、『中高瀬観音山遺跡は、どこにでもある遺跡という評価で、この学術的な評価は考古学を研究している者ならば自明のことです』という内容がありました。

私は、考古学の知識を持ち合わせておりませんが、中高瀬観音山遺跡の評価が、もしもこのご意見の通りであるなら、大々的にお金をかけて公園整備をしても、後々大変なことになるのではないでしょうか?

国の史跡に指定されていますが、そもそも、史跡というのは、全国にどのくらいの数があり、どれほど珍しく貴重なものなのか、全く分かりません。

遺跡の保存として、何らかの整備をするにしても、多くの観光客を呼び込もうとする施設にするのか、それともあくまでも地域の歴史を後世に伝えるための施設にするのかで、整備の予算に大きな違いが生じるように思えます。

まずは、この遺跡が、文化財として客観的にどのように評価されているのかを、正しく知る必要があるのでは?

何十億円ものお金を投じて整備した後で、『実はどこにでもあるような遺跡』ということが判明したら、それこそ、血税の無駄遣いになりかねません。

3月定例会の一般質問で、これを取り上げる必要がありそうです。





実は、今日の夕方、金融機関の新年会があり、参加する予定でしたが、雪のため中止とのご連絡をいただきました。

さすがに、この雪では会場まで行けませんので、それは良かったのですが、このような場合、会場で用意していた料理などの費用は、だれが負担することになるのでしょうか?

自然現象によるキャンセルですので、気になります。

昨年の年末、忘年会の予約をドタキャンされて、大きな被害に遭ったという飲食店のニュースが大きく取り上げられていました。

前金で頂くわけにはいかないでしょうから、お店とすれば、非常に悩ましい問題なのかと思います。

さすがに地方の小さな街では、人間関係が濃厚ですので、あまりないのでしょうが、こうした問題の上手な解決法を考えたら、大きなビジネスになるのかも?






近年の天気予報の正確さは驚くばかりです。

昨日は暖かかったので、本当に降るのかと思っていましたが、本当に雪が降って、しっかり積もりました。

先ほど(午後10時過ぎ)、外に出て見ましたら、小降りになってきたような感じでした。



子どもが明日の朝、車で仕事に出かけるため、夜8時過ぎに一度、雪かきをしましたが、また積もっていました。

明日の朝になって凍り付いてしまうと大変なので、できたらちょっと、車が出られる程度、真夜中の雪かきをするつもりです。

明日は路面凍結などの危険性がありそうですので、朝方は特に気をつける必要がありそうです。






今日のBBCメモ

1:政府機関の閉鎖がアメリカを襲う

2:トルコはシリア北部の村を奪取

3:インドの村で『飛行機からのうんち』による混乱が起きる





1月21日(日)
づ敍に図書館に行きますと、ちょっと気になることがあります。

それは、座って本を読むことができる『読書コーナー』についてです。

土日は、中学生のみなさんが、読書コーナーで問題集を説いている光景をよく見かけます。

中学生が、友達同士で図書館に来て、いっしょに勉強しているのは結構なのですが、時々友達同士での話し声が大きくて気になることがあります。

中学生のみなさんは小声で話しているつもりなのでしょうが、図書館は静かなので、離れた席でも、内容が聞こえてしまいます。

話をしている中学生に注意するのも気が引けてしまい、いつも気にしないようにしているのですが、もしかしますと、私と同じ思いを抱いている方もおられるかもしれません。

さすがに高校生の方は、周囲にも配慮ができますので、そうしたことは感じませんが…

最近の新しい図書館は、社会人専用のコーナーを設けて、中高生と大人の席を分けているところが多いように思えますが、それはこうした問題に対応するためなのかもしれません。

富岡市の図書館は、古い建物で、そのような対応は難しいのでしょうが、何か良い方法はないものなのでしょうか?





新しい年になってから、まだ3週間しか過ぎていませんが、今年はすでに4回、黒ネクタイをする機会がありました。

冬場は、お亡くなりになる方は一年のうちでは最も多いのでしょうが、今年は、特にそれを感じます。

昨年、NHKのドキュメンタリー番組の『72時間』で、東京のお葬式を扱ったことがありましたが、東京では今でも火葬場が込み合ってしまい告別式が数日後になってしまう場合が多いとのことでした。

人口減少が進むということは、お亡くなりになる方が増えるという意味でもあります。

昨年の全国での死亡者数は約134万人ですが、この数は今後も増えていきます。

ちなみに、死亡者数は2039年に167万人でピークになり、その後は緩やかに減るものの、160万人台が続くとの推計が国から示されています。

地方都市では、火葬場が込み合うということはあまり起こらないのでしょうが、東京では大変な状況になる可能性が高いようです。

長生きして生きているときも大変で、亡くなってからも、また大変、という時代が近づいているのかもしれません。






¬斉が、午後から大雪になるとの天気予報が出ています。

今日の昼間は暖かかったので、ちょっと信じられないのですが、最近の天気予報は精度が高くなっていますので、まず間違いなく降ることになるのでしょう。

問題は、どの程度、積もるかですが、2014年の2月のような大雪になったら困ります。

そのときの状況を、自分のホームページで確認しましたら、あらためて、とんでもない大雪だったことが思い出されました。






あの時も、まさか一晩であそこまで積もるとは、だれも予想していなかったのでは?

明日の夕方、車で家に帰るときには、ぜひみなさん、お気をつけください。







今日のBBCメモ

1:アフガニスタン軍が夜を徹してのホテルの包囲を終わらせる

2:カブールのホテル攻撃から逃げるためにシーツが使われる

3:トルコは地上軍がシリアに侵入したと発表




1月20日(土)
⇒縞5時から、アミューズで、富岡市保育部会の新年会が開かれました。

社会常任委員として出席させていただきましたが、市内の保育士のみなさんが多数参加されていましたので、とても華やかな雰囲気の会になりました。



そこで、金属のコマの高校全国大会で、富岡実業高校が2年連続で優勝したというお話を、保育部会長さんのご挨拶の中で聞きましたが、これまで全く知りませんでした。

ネットで調べましたら、『全日本製造業コマ大戦 第4回全国高校生コマ大戦 優勝(V2達成)』と、富岡実業高校のホームページに、その話が出ていましたが、これは工業都市である富岡市の良いPRになる話と思えました。

もっと、こうした情報は、広報紙等で市民に伝えるべきなのではないでしょうか?



さて、新年会の中で、『富岡ジャズ研プロジェクト』のみなさんによる生演奏がありましたが、とても会場の雰囲気が盛り上がりました。



このようなジャズ系の音楽の生演奏は、普段ほとんど聴く機会がないので良かったです。

富岡にも、このような活動をされている方々がおられることを知りませんでしたので、驚きました。


ところで、これから日本全国で、どんどん出生数が減っていくことが予想されます。

富岡市も同様ですが、この問題は簡単に効果が上がるような方法はありません。

日本だけでなく、先進国共通の問題でもありますが、これから50年後、100年後の日本は一体全体、どうなってしまうのでしょうか?

冗談ではなく、国家存亡の危機が、静かに近づいているようにさえ思えます。

心配なのは、最近の若者は、『結婚したいのにできない』のではなく、『結婚したいと思わない』、『結婚したくない』という考えの人が増えているように思えることです。

結婚することにメリットが感じられないのか、それとも自分の将来への不安が大きくて結婚することが考えられないのか、さらに別の理由があるのか…

問題の本質が、『出会いが少ないので若者が結婚できない』というステージから、『そもそも若者に結婚する気がない』というさらに難しいステージに、一段レベルが上がってしまったような雰囲気を、最近、強く感じますが、これはとてもマズイことなのでは?








今日のBBCメモ

1:アメリカの行政機能停止が責任のなすり合いを引き起こす

2:北朝鮮は冬季五輪に22名の選手を送る

3:女性のデモ参加者が通りに戻る





1月19日(金)
ぃ鰻遒皺悉椶砲覆蠅泙垢里如冬の寒い時期は、あと40日くらいとなりました。

実は、1月に入ってから、一度、鼻かぜのような状態になってしまいましたが、幸い重症にはならず治りました。

本格的な風邪になりますと、どうも最近は完治するのに時間がかかってしまうので、冬場は注意しているのですが、あと40日、何とか穏やかに過ごしたいところです。

数日前から、夜の10分ランニングを再開したのですが、どうも汗をかくと、その後、体が冷えてしまうのが良くなさそうなので、汗をかかずに体が温かくなる程度の走り方に変えました。

考えてみれば、この歳で走ること自体、ちょっと無理している部分があるのですから、本気で走るのはよろしくないですよね。

今年は、『ほどほど・そこそこ』の運動で、健康管理をしていきたいと思います。

ところで、甘楽町のさくらマラソンに昨夜、エントリーをしました。

無理せず、5kmの部です。

昨年は、申し込み後、足を捻挫して走れず、参加賞をもらいに行きましたが、今年はぜひ、走りたいものです。






私と年回りが似たような人が、最近、体調を崩されたような話をよく聞きます。

どうも60歳前後というのは、人間の体力が落ちる時期のように思えます。

若いつもりでも、ちゃんちゃんこを着る還暦なのですから、人生の節目として注意が必要なのかもしれません。

先日、80歳の男性の方と話をしましたら、こんな話を聞きました。

『若い頃からアルコールが好きで、とても丈夫で元気だった同級生が、75歳前後に何人も亡くなった』という内容です。

単なる偶然なのかもしれませんが、その方の推測では、『体力があるときは、アルコールをいくら飲んでも大丈夫でも、老化が進み体力が衰えると、一気にその悪影響が出てしまうのではなかろうか』とのことでした。

75歳の、後期高齢者に入る年齢の頃にも、人生の一つの関門があるのかもしれません。

人間、生身の体ですので、いつかは死ぬのが運命ですが、少しでも元気で長生きをしたいものです。

人それぞれ、健康に対する考え方は違うでしょうが、まずは体に良いことをする前に、絶対に悪いと思えることを極力しないようにすることが、案外、健康長寿の秘訣なのかも?

ちょっとそんなことを考える一日になってしまいました…






議員全員協議会が開かれました。

新たな道の駅整備の今後の予定につきましては、以下の説明がありました。

平成30年度 基本計画・事業認可・交通計画・事業運営者公募

平成31年度 測量設計・用地買収・造成

平成32年度 外構造成・建築

平成33年度 建築・植栽・供用開始

また、設置場所につきましては、写真の点線円の中とのことです。


 
昨年の12月に、上毛新聞に掲載されていた記事では、東京五輪が開かれる平成32年度をめどに整備する方針、とのことでしたが、ちょっとそれは難しそうです。

また、道の駅は、様々な規模の施設がありますので、どんな規模の物を計画しているのか質問しましたら、当局は今のところ具体的な計画は何も持っていないとのことで、今後、民間事業者と意見交換を行った上で、事業規模を検討しているような説明でした。

でも、そうなりますと、身の丈に合わないような豪華な道の駅ができてしまうようなことにならないのか、非常に心配です。

市のほうで、ある程度の構想を立てた上で民間事業者と話し合わないと、新庁舎建設の時と同様、どんどん計画が膨張してしまうように思えますが?

製糸場の観光客数が激減しているので、それを挽回するために大規模な道の駅をつくる、というような展開になったとしたら、関係する業者さんには幸いでしょうが、市民にとっては最悪のような…

さらに、道の駅以上に心配なのは、中高瀬観音山遺跡公園の整備の費用です。

以前、私が議員になる少し前に、40数億円規模の計画が確かあったはずです。

金額的に大きすぎるので保留され、数年前に20数億円規模の計画が示された記憶があります。

それがはたして、どうなるのかが非常に気になるところです。

公園と道の駅の整備で、どの程度の予算規模となるのか?

ひょっとすると、新庁舎建設よりも高額になる可能性もないとは言えません。

遺跡の公園整備は、必要なのでしょうが、これからの財政との折り合いがつくような規模で計画が進むことを望むばかりです。






今日のBBCメモ

1:ローマ法王による中傷の発言が虐待の犠牲者を怒らせた

2:警察が真犯人ではない幼児殺害容疑者を誤って殺す

3:がんの血液検査はものすごくワクワクさせる



1月18日(木)
ぬ斉、議員全員協議会が開かれます。

報告事項の中に、『新たな道の駅整備』に関する項目もありますので、具体的な話が少しは聞けるかもしれません。

中高瀬観音山遺跡とセットで作るようですが、あまり街中から離れてしまい、観光客ばかりをターゲットにすると、維持していくのが難しくなるような懸念を感じます。

できれば、もっと街中で、観光客も市民も利用しやすい場所のほうが良さそうに思えますが?





イギリス政府は、新たに『孤独担当相』というポストを設けるというニュースを聞きました。

人口6560万人の英国には孤独を感じている人が900万人以上いるとされているようですが、2倍の人口がいる日本では、1800万人くらいの国民が孤独を感じているということになるのでしょうか?

聞いたところによりますと、孤独はあらゆる年代や社会環境の人々をむしばんでおり、人間の身体・精神に甚大な悪影響を与えていることが、科学的な研究により明らかにされているそうです。

となりますと、これから一人暮らしの高齢者がどんどん増えますが、この『孤独』というものの対策も考える必要がありそうです。

一説によれば、『孤独は肥満や喫煙以上の健康リスク』なのだとか。

公民館活動などでは、男性の参加者が非常に少ないようですが、まずは、こうしたところに、どんどん参加してもらえるような雰囲気をつくることが必要なのかもしれません。







△箸△觧毀韻諒から、12月定例会に提案された総合病院の経営形態変更を進めるための議案について、『●●議員さんは反対だと言ってました』と聞きました。

しかし、おかしな話です。

なぜなら、その●●議員さんは、議案の採決の時、賛成だったからです。

その議員さんは、気持ち的には反対だったものの、立場的に賛成しなければならず賛成したようなことを、言っていたようです。

でも、そういう行動は、議員としていかがなものかと思えてなりません。

議員には議決責任があり、市民のみなさんに対しての説明責任もあるはずです。

市民ウケを考えて、市民の前に行けば、『私は反対です』と語り、議会では市長や議員の仲間のウケを良くするため『私は賛成です』では、節操がないどころか、悪質な騙しのようにさえ私には思えます。

本会議の採決で賛成したのなら、堂々と市民のみなさんにも、『私はこれこれの理由で賛成しました』と言うのが議員としては当たり前のはずですが?

こんなことが、しょっちゅうで、正直、うんざりモードです。






今日のBBCメモ

1:トランプ大統領はメキシコの壁についての見方を変えることを否定

2:嵐がオランダとドイツの輸送機関を襲う

3:カザフスタンのバスの火事で52人が死亡





1月17日(水)
∈綽逝膺椋匕紂∈Fでちょうど23年目ということで、NHKスペシャルでも特番が組まれていました。

震災孤児の方の、その後の人生を追ったドキュメンタリーでしたが、とても重い内容で、考えさせられました。

被害に遭っていない立場から見たのとは、けた違いの辛さや苦しさが当事者の方々にはあったかと思われますが、子どもの時に震災で両親を亡くした方々が、結婚して家庭を持ち、親となっている光景を見ますと、『もうこんなに時間が過ぎたのか』とあらためて感じました。

震災と言えば、今では、東日本大震災のほうが頭に浮かんでしまうようになりましたが、神戸という大都市が、一瞬にして崩れ去り、6千人以上の方が亡くなられたことは、今後も記憶に残していかねばならないことと思えます。

さらに、世界一の地震国である日本に住んでいる以上、いつ富岡市も同様の被害に遭うかも分かりません。

万一の時にはどうするのか、その時の対応を家族や地域のみなさんで考えることも重要かと思います。

『富岡市は地盤が安定しているから、地震の心配はない』という楽観的な意見もよく耳にしますが、学生時代、京都に住んでいた私としますと、京阪神地区ではかつて『東京は大地震の心配があるけど、関西は心配ない』という考えを持っていた方が多かったように思えます。

日本に住んでいる以上は、『地震の心配がない場所はない』くらい意識を持つべきではないかと考えます。


ところで、地震の話になりますと心配なのは、耐震性に問題がある富岡市の保健センターです。

私が、この話をホームページで取り上げると、『やたらと不安を煽っている』と当局からあれこれ言われますが、この話を最初にしたのは私ではなく、市が設置した『(仮称)富岡市総合保健センター検討委員会』です。

検討委員会で、大地震発生時には、建物の倒壊の危険性があると判断したのですから、ぜひ当局には、その意見を重く受け止めていただきたいものです。

赤ちゃんの健診が行われている建物が、耐震性に問題があるというのでは、どれほど立派な新庁舎を建てたとしても、誇れるようなことではないかと私には思えます。

3月定例会では、来年度の予算審議が行われますが、この件が前進していればよいのですが?








今日のBBCメモ

1:トランプ大統領の認識能力は正常

2:香港の活動家が2014年の抗議活動で投獄される

3:『ホームアンドアウエー』の女優が車で衝突後に死亡







1月16日(火)
ぃ僑戯舒幣紊諒の、一人当たりの月額の介護保険料は、富岡市は平均で4792円とのこと。

全国平均の5514円と比較しますと、かなり低い状況です。

でも、同じ群馬県の中に、もっと低い自治体があります。

それは草津町です。

草津町の介護保険料は3800円は、全国1741市町村の中で1726位とのことです。

簡単に言いますと、介護保険料が、全国の自治体の中で、安いほうから15番目という意味です。

これはすごいですね。

しかも草津町は、高齢化率は37.2%で、富岡市の30.8%よりもはるかに高いのに、どういう理由からなのでしょうか?

まさか日本を代表する温泉があるので、介護保険のお世話になる高齢者が少ないということではないかとは思いますが…

今後、調べてみるつもりです。




昨日初めて、市役所新庁舎に用事で出かけたという方から、こんなご意見をいただきました。

出入り口が全面ガラス面で、いろいろな注意書きが貼ってありましたが、どこがドアとして開くのかよく分かず、まごついてしまったとのことです。

『ドアの部分だけ透明なガラスで、他の部分は壁にすれば分かりやすかったのに、なぜあのような出入り口にしたのですか?』と質問もいただきましたが、これは多くの方が抱く感想のように思えます。

高齢化社会が今後さらに進みますので、高齢者の方々にも使いやすい、ユニバーサルデザインの新庁舎にする必要がありましたが、残念ながらデザインを優先で、視力に問題が出てきた方々には心配があるような庁舎になってしまいました。

日本を代表する建築家の設計ですが、庁舎とすると、『いかがなものか』と思えてなりません。

見た目を重視しすぎた結果ですが、もっと低予算で一般的な庁舎でも良かったのでは?

今さら言っても仕方ありませんが、ガラス張りの面積が極端に多いデザインにするための経費は、無駄だったように、私には思えますが…







∈廼瓠▲燹璽潺鵑話題になっています。

先日のセンター試験の地理に、北欧諸国の問題が出題されて、その中に、フィンランドを答えさせる設問で、ムーミンが使われたようです。

でも、50歳以上の方なら、ムーミンのことを知っている方は多いでしょうが、今の高校生にとっては、『これは何ですか』という感じなのでは?

出題者がおそらく、50歳以上であったため、そうした基本的なことに気づかなかったのではないでしょうか。

でも、1点を争う入試問題で、このようなことが起きると、たまたま正解を選べた受験生はラッキーですが、不正解を選んでしまった受験生は、もやもやした気持ちになるのでは?

思わぬことで、ムーミンが再度、日本で脚光を浴びてしまいました。

ところで、実はワタクシ、2004年にフィンランドに行ったことがあります。

そのとき、現地の人との話題のネタで、『ムーミンのアニメがテレビで放送されていたので、ムーミンは日本で有名です』と英語で言いましたら、『ムーミン?』と怪訝そうに言われてしまい、『あれれ、ムーミンはフィンランドの物語ではないのか?』と一瞬、思ったことがありました。

でも、さらに拙い英語で説明しましたら、分かってもらえたのですが、フィンランドでは、『ムーミン』ではなく、『ムーミ』と発音するようでした。

どうでもいい話ですが、センター試験でのムーミンの話題を聞いていましたら、14年前に訪れたフィンランドの記憶が蘇ってきました。






今日のBBCメモ

1:拘束された兄弟姉妹がカリフォルニアの家で見つかる

2:バングラデシュは1日300人のロヒンギャ族を国に戻す

3:日本の都市が、猛毒のフグに警戒




1月15日(月)
私は、岩井市長さんが進める市政に対して大きな疑問を抱いていることは、みなさんご存知かと思います。

また、今の市議会の中で、岩井市長さんから最も距離がある立場であることも、みなさんご承知でしょう。

そんなことから、『もはらさん、市長選に出なよ!』と、お声をかけてもらうことがよくあります(社交辞令が大半でしょうが…)。

そんなお声をいただきますので、今の段階で、市長選に出ることは考えておりませんが、もしも万一、ひょっとして出るとすれば、日頃から訴えている以下のものを争点・公約にします。

1:総合病院の経営形態変更について(凍結して、ゼロベースで見直す)

2:給食費全面無料化について(財政負担が大きいので実施すべきではない)

3:耐震性に問題がある保健センターについて(早急に安全な建物に設置すべき)

4:中高瀬観音山遺跡と道の駅について(膨大な予算を投じる危険性があるので、もっと慎重に検討すべき)

他にも、訴えたいことは山ほどありますが、大きなものとしては、これまで私の市議会だよりや、ホームページで訴えてきたこの4点を、私なら、まずは掲げます。


先日、市長選立候補の意向を固めたというお方は、製糸場、妙義山、観光資源、企業誘致…などを新聞紙上で語っておられました。

考え方は人それぞれですが、正式に立候補表明されるとき、具体的にそれらをどのようになさるのか、聞いてみたいものです。

私が気づかなかったアイデアがあれば、参考にしたいと思っておりますので。










■隠卸遒房けたドイツ語検定の結果が来ました。

大きな封筒で送られたため、合格証書が入っていることが分かりましたが、封筒を開けてみると、何と成績表まであり、結果を見たらビックリ仰天。

合格最低点が61点のところ、91点も取れていました。





若い頃と比較しますと、記憶力が低下しているように思えていましたが、結構いまでも、記憶力は衰えていないようで、自信が持てました。

フランス語検定は88点で合格し、スペイン語検定は合格したものの得点は非公表で分かりませんでしたが、おそらく最も勉強していなかった今回のドイツ語検定が、一番良い点ということになりそうです。

また、ドイツ語検定は、ここまで詳しく結果を教えてくれるとは思っていませんでしたが、さすがは細かい点にこだわりそうなドイツのお国柄が表れているように思えます。

ホームページで、勉強がはかどっていないことや、群大で試験を受けたことなどを、みなさんにお知らせしてしていましたので、『もしも不合格だったら、ちょっと嫌だなー』と思っていましたが、心のもやもやが晴れました。

ちなみにこれで、英検2級、仏検5級、西検6級、独検5級と、4か国語の語学検定の級を持っていることになりました。

レベルは全然大したことないのですが、ちょっとレアなおじさんの域に入ってきたかも?


ところで、『60歳近くになって、よく新しいことが頭に入りますね。どうに勉強するのですか?』と質問されますが、それは独自の暗記の秘訣をうまく使っているから、短い時間で、そこそこ覚えられるのではないかと考えております。

それを書き始めますと長くなりますので、やめておきますが、できれば、中学生くらいの子どもさんに、暗記の秘訣を知ってもらいたいと思っております。

中学、高校、大学と多くの同級生を見てきましたが、たくさん勉強して良い点を取ることは結構なことですが、人生は一度だけですので、短時間の勉強で、要領よくそこそこの点を取れるほうが、人生としては幸せなのではないか、と私は常々考えております。

好きな本を読まず、音楽も聴かず、友達とも遊ばずに勉強して、100点を取るのなら、いろいろなことをやりながら、ちょこっと勉強もして、80点くらい取れる人生のほうが良いように、私には思えます。

そんな後者のような人生を送るのに、暗記の秘訣は、少しは役に立つと思います。

ご興味ある方は、お気軽にメールをください。



話は脱線しましたが、どんな簡単な試験でも合格すると、『やったー!』という気持ちになるのは、子どもでも若者でも、中高年でも同じということが、今日はよくわかりました。

たぶん、80歳、90歳でも、何かの試験に受かれば、満足感が得られるのでしょう。

となりますと、『目標を持って勉強し試験を受けること』は、認知症予防にかなり良い効果があるのでは?

いくつになっても、新しいことを学ぶ姿勢がある人生こそ、幸福な人生の鍵なのかも…







今日のBBCメモ

1:トランプ大統領は『私は人種差別主義者ではない』と語る

2:ジャカルタ証券取引所の通路が崩壊

3:バグダッドの自爆テロで35人が死亡





1月14日(日)
ぅ魯錺い如▲潺汽ぅ詒射の誤報により、パニックが起きたそうですが、このようなことがきっかけで、大きな戦争が始まってしまうようなリスクを感じました。

BBCのサイトを見ましたら、写真の緊急メールが配信されたとのことです。


This is not a drill.(これは訓練ではありません)と、ご丁寧に書いてありますので、これを見れば、みなさん驚くのも当然と思えます。

嫌な世の中になりましたね…






『もはらさんが議会で何度も取り上げた「道の駅」を、やっと市長さんもつくることにしたという話を聞きましたが、良かったじゃないですか』と、今日、市民の方からお声をかけられました。

確かに、道の駅ができる方向で進み始めたのは結構なことなのですが、気になるのは、その場所です。

先の12月定例会では、中高瀬観音山遺跡の整備をし、そこに設けるような話でしたが、そうなりますと単純には喜んではいられないのかもしれません。

現段階では、具体的にどのような構想を市長さんはお持ちなのか、全く分かりませんが、個人的には富岡インターと製糸場の間の適地にできれば、一番良いように思えるのですが…

中高瀬観音山遺跡の整備は、私が議員になる前の確か平成11年度頃に一度、整備計画を立てて、その予算規模は『43億円』ほどと高額になってしまったため、中断したという経緯があったように聞いております。

これから、どのような整備計画で進めるのかは分かりませんが、製糸場の保存管理や整備の費用負担が大変な中、さらに大型プロジェクトを実施するというのは、無謀すぎることのように思えてなりません。

貴重な遺跡ですので、整備を行うのは良いとしても、できるだけ予算をかけずに行ってほしいところですが、これまでの市の様々な事業を見れば、莫大な予算を投じてしまう可能性が濃厚なのでは?

日本一のまちづくりのために、どんどん、市民の暮らしとは関係がないような事業に、血税が投入されてしまうことにならぬよう、強く意見を述べてまいります。








∩換饅子駅伝を、テレビで初めて見ました。

これまでは、ニュースで結果を知るくらいでしたが、ずっと見ていましたら、大学時代に何度も通ったことがある道がコースでしたので、なつかしく思えました。

レースの内容も、順位の入れ替わりが激しく、つい引き込まれてしまいました。

群馬チームも、中学生の区間で区間賞を取るなど、存在感を示したように思えました。

9区間のうち、2区間は中学生区間というのは、とても良い仕組みと思えます。

次世代の長距離界を引っ張っていく人材に、貴重な経験を積ませ才能を伸ばしていくのに、非常に有益な方法なのではないでしょうか?

また、秋田チームは、全員が十代の選手とのことでしたが、経験が浅い選手ばかりで、日本を代表する選手が数多く出ている大会に挑むのですから、これもすごいことように思えました。

ところで、日本で最初の駅伝は、1917年に行われた京都から上野までの『東海道駅伝徒歩競走』だったという話を、今日初めて知りました。

距離にして514kmだそうですが、すごい駅伝ですね。

駅伝の中継は、箱根駅伝もそうですが、つい引き込まれてしまう魅力があります。

ただ、走っている様子を見ているだけなのに、なぜ日本人は、これほど駅伝が好きなのか?

説明するのは難しいのですが、一生懸命に頑張っている姿を見ると、つい応援したくなるDNAが、日本人には多いのかも…






今日のBBCメモ

1:誤ったミサイル警報がハワイをパニックにする

2:チェコの大統領は決選投票を迎えることに

3:フランスの赤ちゃんパンダの公開が始まる





1月13日(土)
5扮譴発がんリスクであることは、いまや世界の常識ですが、タバコを止める動機づけになりそうな話を一つ、ご紹介しましょう。

長年、喫煙していた人でも禁煙すれば、男性は21年で、また女性は11年で、発がんリスクが全くタバコを吸わない人と同じレベルに下がるという調査結果があるそうです。

この調査は、32万人分のデータを使って解析した結果ですので、信頼性も高そうです。

『いつかは、タバコを止めたい』と思っているみなさん、ちょっと禁煙を考えてはいかがでしょう?

ちなみに、私は禁煙してから31年が経ちました。


タバコを吸わないと以下の3つのメリットがあるように思えます。

1:タバコ代がかからないこと(経済性)

2:病気のリスクが下がり風邪も引きづらくなる(健康面)

3:火事のリスクが低くなる(安全面)

いま、ランニング大会に時々出ますが、タバコを吸っていたら、おそらく今頃、走るようなことはなかったでしょう。

もちろん、タバコには精神面での満足感を得られるというメリットはあります。

でも、総合的に考えると、禁煙したほうがよろしいように、個人的には思います。

ところで、禁煙してひと月ぐらいしたら、醤油の味が変わったように思えたことがありました。

おそらく、ニコチン等で支障が出ていた舌の味覚が蘇ったのかと思いますが、タバコを吸っているときは、食べ物の本当のおいしさを味わえていないように思えます。

おいしいものを、おいしく頂くためにも、禁煙は結構いいかと思いますが?






∈F、『甘楽町さくらマラソン』のチラシが郵送されてきました。



実は昨年、この大会に申し込みましたが、その後、左足にひどい捻挫をしてしまったため、走ることができませんでした。

また、開催日は、4月15日とのことですが、この日はもしかすると、富岡市長選挙の投票日になるのでは?

申し込むかどうかは、ちょっと考えてからにしたほうがよろしそうです。

ところで、市長選ですが、耳にしていたような展開になってきたというか感じです。

ただ、こうなりますと、岩井市長さんに対する批判的な意見を書きますと、別のほうの方を応援しているように取られてしまうと困りますので、書きづらくなってしまいました。

これから選挙直前まで、いろいろな出来事が起こるはずですが、距離を置いたほうがよろしそうです。

選挙がらみのことでトラブルに巻き込まれますと、警察沙汰になってしまう可能性がありますので。

ただ、万一、公職選挙法に抵触する可能性が高いような行為が出てきましたら、見て見ぬふりをしたり黙っているわけにはいきませんが…











今日のBBCメモ

1:イランはトランプ大統領の制裁の動きに怒りをぶつける

2:チェコの大統領は選挙で最初にリードする

3:マカロン大統領は国連にフランスパンのバゲットの保護を求める





1月12日(金)
F盂嬋椶離如璽燭砲茲襪函▲優奪箸鰺用する青少年の7割以上がネットゲームをプレイするとのこと。

確かに、電車などで、若い人のスマホ画面が見えてしまうと、ゲームの画面になっている方は、多いですよね。

でも、ゲームって時間つぶしにはなるでしょうが、時間の使い方としては非常にもったいないように思えてなりません。

それは、60歳手前の人間の感覚だから、そう思えてしまうのかもしれませんが、その時間を、ゲーム以外のものに使えば、人生に大きなメリットが生まれることがたくさんできるのでは?

歳を取り、残りの人生がだんだん見えてきますと、時間がとても貴重なものであることがよく分かります。

若い時に、このことに気づいていれば…、と私の年齢になって今さら思っても仕方ありませんが、若い皆さんには、ネットゲームをする時間を半分にして、別の好きなことをやってみたら、ちょっと別の人生が開けるように思えますが?






⇒縞、アミューズで『富岡地域経済団体会員新年会』が行われ、出席しました。



来賓では、大澤知事さんや、参議院議員の山本一太さんも来られ、豪華な顔ぶれでした。



祝辞の中で、大澤知事さんが群馬県の工業出荷額についてお話をされていましたが、その額は9兆円を超えるとのこと。

桁が大きすぎて、イメージできませんが、それほど群馬県の工業生産高は高いレベルのようです。

また、県が高崎競馬場跡地(高崎市)に計画する群馬コンベンションセンター建設工事についても触れられましたが、『Gメッセ群馬』という名称で、『これが完成すれば、人・モノ・情報を呼び込める大きな力になるだろう』とのことでした。


また、岩井市長さんは祝辞の中で、3月末には市役所の前庭が完成し、正式にオープンする運びとなることや、製糸場西置繭所の耐震などの保存工事が2020年の東京五輪前までには終わる見込みなど、お話しをされました。

東京五輪で、製糸場に多数の外国人を呼び込むお考えがあるようですが、うまく進めることができるものなのか、私は疑問に思っております。

日本全体で、東京五輪を過大評価しすぎている傾向があるように感じますが、期待が大きすぎて、後で『こんなはずではなかったのに…』とならないか心配です。

会場には、200名を超える方がおられましたが、個人的に存じ上げている方は、3割程度だったように思えました。

市長選の話題にもなり、『何だかやけに静かだけど、どういうことなんか、知っているかい?』と、複数の方から質問されましたが、近いうちにだんだん賑やかになって来るのではないでしょうか?

3月になれば、4年前の『再生なんとか』のような団体が、ばんばんチラシを配るような展開に再度なるように思えますが…

選挙の前になると、政治活動が異様と思えるほど活発になり、選挙が終わると一気に静まってしまうのが、富岡市の政治活動という印象を持っておりますが、また、その4年に一度のお祭りのようなことが繰り返されるのでしょうか?

でも、選挙の時だけの政治活動というのは、限りなく選挙運動に近い政治活動であり、好ましくない活動のように思えますが…







今日のBBCメモ

1:トランプ大統領は移民に対する下品な非難を否定

2:ドイツの連立内閣の話し合いが急展開

3:続発する子ども殺しから目を離すことができない街





1月11日(木)
せ堝擦涼甘部署へ、昨日の踏切の件について、お話を伺いに行きました。

職員の方のお話では、上信電鉄のほうで、この数年、複数の踏切の工事を行っているので、まずは、会社のほうでこの踏切の工事をする予定があるのかを、市のほうで確認してもらうことになりました。

また、道路の舗装面の傷みについては、現地に見に行って判断して頂けることになりました。

現段階では、このような状況ですが、改善されることを期待しましょう。





かぶら文化ホールと自然史博物館の共用の入り口ホールの『水飲み場』の件で、今日、かぶら文化ホールに直接、お話を伺いに行ってきました。

結論から言いますと、やはり水道管がホール近くには通っていないため、新たに設置するのは難しいようです。

ただ、テーブルと椅子が用意されている自動販売機コーナーに、トイレとは別に、手を洗うため水道が使える箇所がありますので、とりあえずはそこを使ってもらうようにするのが、現実的のように感じました。



個人的には、円形の中庭の一部に、写真のような水道を一つ設けることができれば、室内ではありませんが、良いように思えます。



これは、もみじ平公園の体育館とバスケットボールコートの間にあるものですが、再度、別のルートで調べてみるつもりです。






認知症患者などの身体拘束を、NHKのクローズアップ現代が取り上げていました。

深刻かつ重い内容で、非常に考えさせられました。

暴れる患者さんを拘束しないで済む方法があるのなら、もちろんそうすべきなのでしょうが、的確な方法はなかなか難しいのも現実です。

できるだけ認知症などにならないことが、自分と家族の人生と生活を守るということを強く認識し、体力と脳力の健康管理に万全の注意をすることが、遠回りではありますが、最も有効な方法ということになるのでは?

長生きすればするほど、お金、健康、認知症などの心配事が増えるばかりで、なんだか長生きは必ずしも幸せではないようにも思えてしまいます。

でも、考えすぎますと、不安がさらなる不安を呼びますので、どこかで開き直り、『なるようにしかならない』くらいの気持ちになることも必要なのかも?






今日のBBCメモ

1:『ムーラーのインタビューは真実とは思えない』とトランプ大統領が語る

2:カリフォルニアの地滑りによる死者数が増える

3:やくざの親分がSNSで急速に広まった入れ墨の写真により捕まる







1月10日(水)
イ完娶を頂いていた踏切の様子を、今日、確認しに出かけました。



確かに、車で通過するとき、『ガッタン』という感じで揺れます。

ただ、この状況が、ひどいものなのか、一般的なレベルなのか、ちょっと判断が難しいように思えました。

担当の方に一度、現場を見ていただき、判断してもらう必要がありそうです。





て本に来た外国人は、日本にどんな印象を持つのか?

その代表的な答えの一つは、『どこに行っても高齢者が多い』ということなのだとか…

確かに、東京の原宿や渋谷のような若者が集まる街は別として、特に地方に行けば、その印象はかなり強くなることはよく理解できます。

日本に住む私たちは、高齢者が多いのは当たり前のことですので、コンビニの店員さんがおじいちゃん、おばあちゃんのような人でも驚きませんが、外国の方には驚きのようです。

でも、これからこの傾向は、さらに進む一方です。

あと、20年もしたら、『高齢者ばかりの不思議な謎の国、日本』というイメージができてしまうのかも?






8畍紊蓮△ぶら文化ホール・自然史博物館の共用の入り口ホール部分に『水飲み場がない状況』について、担当の部長さんとお話をしてきました。

部長さんも、現状を把握されており、施設ができたときから、そうした意見はあったとのことでした。

しかし、建物のホールに水道管が通っておらず、水飲み場は設置することが難しく、その代わりに、飲料の自販機コーナーが設けられたとのことでした。

簡単に言いますと、『喉が乾いたら、自販機で飲み物を買ってね』というところなのでしょう。

でも、自然史博物館は、子どもさんが多く来場する施設です。

大人には、『自販機で飲み物を買ってください』でもいいのかもしれませんが、遠足や旅行で来た小中学生には、ちょっとそれは言いづらいように思えますが?


結局、外に設置してある水道まで行ってもらい、水を飲んでもらうしかないような話でしたが、あれだけの豪華な建物で、しかも多数の子どもたちが訪れる施設で、水を飲む場がなく、どうにもできないというのは、おかしな話と思えてなりません。

大きな疑問を持ちました。

ちなみに、建物は県のものですので、これは最終的には、県に対応してもらわなければ進まない話ですが…








午前中は社会福祉協議会で、『生活福祉資金貸付制度』について、お話を伺ってまいりました。

この制度で対象となるのは、低所得者世帯、障がい者世帯、高齢者世帯で、借りられるのは『総合支援資金』、『福祉資金』、『教育支援金』、『不動産担保型生活資金』です。

さらに、無利子または低金利でお金を借りられます。

ネット上に、この制度に関する記事があり、調べたところ、内容が充実していたので、詳しくお話を伺いに行ったような次第です。

お金を貸してもらうまでには、専門の支援員の相談を受けるなどの手続きがあるようですが、内容は充実していますので、もしもお困りの場合は、社会福祉協議会でお話を伺ってみる価値はあるように思えます。

詳しい内容を知りたい方は、厚労省のサイトでご確認ください。



今日のBBCメモ

1:カトリーヌドヌーブ:男性は女性に言い寄る権利がある

2:救助隊はカリフォルニアの生存者を捜索

3:日本人飛行士は9cmの伸びの誤りを謝罪





1月9日(火)
ぁ愍綽のとある踏切周辺の道路の舗装が平らではなくて、介護施設に行くため、車椅子の方を乗せた車で通ると、揺れて怖いのですが、直してもらえないでしょうか?』というご意見をいただきました。

近々、現地を確認するつもりです。

また、道路のミラーについてのご意見もいただきました。

それは、一ノ宮の大型スーパーのそばの道路なのですが、かつては生活道路で、地元の人の車が通るだけだったのが、スーパーができてからは、道幅は狭いのに多数の車が通るようになってしまったところです。

こちらも、どのようなミラーにすれば安全性が高まるのか、現場を見た上で、担当部署に相談させていただくつもりです。







市長選のことで、ちょっと気になる話を耳にしました。

できることなら、現職VS新人というかたちで、1対1の選挙になってほしいと、私は考えております。

そのためには、新人側は現職に対する統一候補的な存在にならないとまずいのですが、耳にした話で、何だか複数の新人が出てくるような展開が見えてきてしまったような印象を持ちました。

3人、4人の選挙になったら、個人的には残念な展開と思えますが…

富岡市での、一人しか当選できない選挙は、何かいつも、残念な展開になってしまうことが多いような気がします。

そうならないことを祈りたいところですが、どうなるのでしょうか?







⊃掲を迎え、製糸場の入場者数は毎日1000人を超えていましたが、連休を終えて、今日の入場者数は203人とのこと。

毎年、12月から2月は入場者数が落ち込む時期ですが、ここから2月末までの間がどうなるのか非常に気になるところです。

当局も様々な企画を実施し、入場者数の確保に向けて努力をされていますが、なかなか減少傾向に歯止めをかけることは難しいようです。

永遠に減り続けることはないのでしょうが、そろそろ止めないと、数年後には年間50万人という数字も見え始めます。

今年度は65万人ほどになる可能性がありますが、60万人を割らずに挽回させたいところです。

来年度の予算編成の中で、どのような事業を考えているのかは分かりませんが、停滞感を打破できるようなアイデアあふれる企画がほしいように思います。






今日のBBCメモ

1:北朝鮮は五輪にチームを送ることに

2:トランプ大統領は国家を忘れてしまったのか?

3:アメリカは事故について日本に謝罪





1月8日(月)
だ萋、市役所の課長さん以上の職員さんと市議会議員の新年会がありました。

その新年会に欠席した課長さんが多く、岩井市長さんがご自分のブログの中で、そのことについて不満を書かれたとの話を聞きました。

私は、市長さんのブログはほとんど読みませんので、どのような表現であったのかは分かりませんが…

でも、言われてみれば、確かに会場はちょっと人が少ないようにも思えました。

さすがに政策会議のメンバーである部長さんの欠席はなかったのでしょうが、課長さんの欠席が多かった理由は、たまたまなのか、それとも何かを意味しているのか?

3か月後に選挙を控えている市長さんとすれば、気になるのかもしれません。






先日、成人式でかぶら文化ホールに行きましたら、こんなお話を耳にしました。

かぶら文化ホールと、自然史博物館の入り口につながるホール部分には、水を飲める場所がなく、夏場には子どもたちが水を求めて、外の水道まで行ってもらうようなことが度々あるとのこと。

近いうちに担当部署に行き、対応を考えていただく予定ですが、たくさんの子どもさんが来る施設で、喉が渇いても水を飲む場がないという話には、驚きました。

もしかしますと、飲める場所があるのに、それが分かりづらいのかもしれませんが、一度よく調べてみたいと思います。





高校サッカーの決勝戦を見ました。

前橋育英、見事な優勝で、感動しました。

昨年は決勝戦まで進んだものの、『0−5』のスコアで大敗しましたので、今日もシュートがゴールポストやバーに当たって入らなかったのを見たときには、嫌な雰囲気を感じましたが、後半アディショナルタイムに1点を取り逃げ切ることができ、本当に良かったです。

前橋育英は、野球でも甲子園の夏の大会で優勝し、さらにサッカーでも全国制覇したことになりますので、もはや全国屈指のスポーツの名門校というところではないでしょうか。

前橋は県庁所在地としては、ちょっと地味な印象がある都市でしたが、映画やCMのロケも頻繁に行われていますし、この数年で大きくイメージアップができたように思えます。

前橋出身の人は、『出身はどちらですか?』と聞かれた時、『群馬です』ではなく、『前橋です』と言える時代が来たように思えます。






今日のBBCメモ

1:ゴールデングラブ賞受賞者が改革を要求する

2:炎上するタンカーに爆発の危機

3:冬季五輪がハッカーに狙われている





1月7日(日)
午前中は、富岡市消防隊出初式がありました。



これから火災シーズンの本番ですが、団員のみなさんには、健康に留意され、今年もご活躍していただけますようよろしくお願いいたします。

また、長年の功績が評価され表彰を受けられた団員のみなさんには、心よりお祝い申し上げます。



午後は、かぶら文化ホールで行われた成人式に出かけました。



最近は、成人式に来られた保護者の方々が、自分よりも若い方ばかりで、何だか自分がずいぶん歳を取ってしまったような気持ちになってしまいます。

これは仕方ないことでありますが、今年、60歳の私も、3回目の成人式を迎えたと考え、前向きに行きたいところです。

それにしても、若者が集まるイベントは、活気があっていいですね。

多くの方は、今は富岡市で生活をされていないのかもしれませんが、学校を卒業したら、ぜひ故郷に戻り、社会人として活躍していただきたいものです。


そのためには、若者が戻って来れる環境を築くことが私たち大人の責任ということになりますが…


また、夕方は、地元消防団の新年会が行われ出席しました。

昔から知っている団員の方も多いので、いろいろな話ができました。

消防団の再編の話題も、ちょっと出ましたが、今後どうなるのか気になる問題です。

人口が減っていくので、様々な組織をコンパクトにする必要はあるのは理解できますが、市民の生命・財産を守る消防団ですので、あまり効率一辺倒で再編を進めるようなことにならなければ良いのですが…







今日のBBCメモ

1:メルケル首相は連立内閣についての重要な話し合いを始める

2:シドニーは1939年以来の最高気温で暑くてたまらない

3;中国沖での船舶の衝突事故で数十名が行方不明に








1月6日(土)
ぁ愕荵好きな高齢者は、認知症になりづらい』という話を聞きました。

これは医学的な根拠がある話なのかどうかは分かりません。

でも、本をよく読む人は、頭を使うことになりますので、テレビをただ見ている人よりも、認知症にはならないように思えます。

読むだけでなく、さらにその内容の中で印象に残った点を文章にすれば、もっと頭を使うことになりそうですが?





ランニングシューズの踵が、すり減ってきたため、夕方、軽井沢ショッピングプラザのアディダスショップに出かけました。

そしてその後、スターバックスに寄った時、ちょっと珍しいことがありました。

それは、座った席の周りが、すべて中国人と思われるお客さんだったことです。

軽井沢に行くと、中国の方はたくさんいらっしゃいますが、右も左も前も、すべてのテーブルが中国語で会話がされているというのは初めてのことでしたので、一瞬、『ここは中国なの?』という錯覚に陥りました。

あるお店のスタッフの方と話しましたら、軽井沢ショッピングプラザは、今年は元旦から営業したため、年末年始はすごいお客様の数だったそうで、その反動から、この3連休はお客様がまばらのように思える、とのことでした。

そんなわけで今日は比較的、人の数は少なめで、外国人の比率が高くなったのかもしれません。

でも、これからこの傾向は、どんどん進んでしまうのではないでしょうか?

そしてその先に起こることは、人口が激減した日本に、多数の外国人が居住する時代が来るのでしょう。

店に入ったら、流ちょうな中国語と、片言の日本語を話す店員さんばかりという時代が、どんどん近づいてきたような印象を持ちました。

隣組の半分は、日本語をうまく話せない住民…

20年、30年後くらいには、そんなことは当たり前の時代になっているのかもしれません。








∈Fは、とある所で、複数の市役所の元部長さん方とお話をする機会がありました。

退職後、何年も経っていらっしゃる方ばかりですが、外から見た現在の富岡市行政について、様々なお話を伺うことができました。

みなさん、現役の部長さんであったときよりも、明るくなられた印象を感じましたが、それだけみなさん、充実した毎日をお過ごしということなのでしょう。

久しぶりにお元気なお顔を拝見でき、良かったです。

また、いろいろな場で、ぜひアドバイスをいただければ幸いです。






今日のBBCメモ

1:トランプ大統領と共和党は2018年の課題を徹底的に議論する

2:北朝鮮は冬季五輪に参加する可能性が

3:記録的な低気温でアメリカは震え上がる





1月5日(金)
8瀘蕾颪任蓮■慣遒了堋港の話題になりました。

互礼会だけでなく、あちこちで最近はその話になることが多いのですが、できることなら、市長選は『1対1』の選挙になってほしいと思います。

現職と新人の二人の対決の選挙になることが、まずは今の富岡市には好ましいことのように感じます。

岩井市長さんのこの4年間を、市民のみなさんがどのように評価されるのかが、『1対1』の選挙ならば、最も良く反映されるかと思います。

そうなってほしいところですが、そうなってほしくない方々もおられますので、そうならない可能性もありますが、そうなることを現段階では期待したいところです。






一ノ宮地区の新年互礼会が夕方ありました。

その席で、総合病院の経営形態の変更が、12月定例会で決まったことについて、疑問のご意見をいただきました。

今から何を言っても、もう遅いのですが、賛成した市長支持の多数派議員のみなさんは、なぜもっと慎重に議論すべきと考えなかったのか、今でも疑問に思えてなりません。

経営形態の変更をすることにより、どのように収益性が高まるのか、当局側も説明できない段階なのに、それを疑問に思わず賛成したというのは、当局をチェックする機関のメンバーである議員として、非常に問題があるのではないでしょうか?

私から見れば、市長のイエスマンが富岡市議会には多数おられるように思えます。

まともな議論など、全く成立しないうちに、賛成多数でどんどん様々なことが決まっているように見えますが、この状況が徐々に知れ渡るようになり、こうした現状に対して、冷ややかな市民の方が非常に増えているように感じます。

多数派議員さん方は、市長さんのイエスマンでいることが、自分の議員としての立場を守るのに有益と思われているのかもしれません。

でも、反対の立場にいる私には、その考え方はまちがっているように思えるのですが…

自分の次の選挙のことばかりを考えたような行動を取るより、まずは、当局をチェックする議会の一員としての行動を取ることを優先すべきでは?

今年も、多数派議員さん方の圧倒的な数の力で、まともな議論も成り立たぬまま、あらゆる事業が市長さんの思い通りに決まってしまうのかもしれませんが、少しでも、方向性を変えることにつながるよう活動してまいります。







今日のBBCメモ

1:北朝鮮はオリンピック会談の提案を受け入れる

2:アップル社は『すべてのMacコンピューターとiPfoneに欠陥部品がある』と発表

3:トランプ大統領は『嘘がいっぱい』と書籍を非難




1月4日(木)
ぃ贈贈辰離汽ぅ箸鮓ましたら、大晦日に放送された『ガキの使いやあらへんで』の『笑ってはいけない』シリーズの内容が取り上げられていました。



ダウンタウンの浜ちゃんが、顔を黒く塗り、アメリカの黒人俳優であるエディーマーフィーの物まねをしたことに、日本国内で意見が分かれているという内容でしたが、ちょっと複雑な思いを持ちました。

日本人の一般的な感覚なら、人種差別的な意味合いはなく、単なるお笑いのネタと解釈しますが、外国人には、必ずしもそうは思ってもらえないようです。

お笑いも、なかなか難しい時代になったという印象を持ちました。




新年互礼会の後、貫前神社にお参りに出かけましたら、車の渋滞がすさまじく、驚きました。

今日から仕事が始まった会社も多く、さらには、神社の上まで車で行けるようになりましたので、大変な混雑になったのでしょう。

お参りするのに、結構な行列もできていました。





2日に、東京の赤羽神社で初詣はしましたが、やはり一ノ宮に住む者としては、貫前神社でも初詣をしないとまずいですよね。






∧神30年の富岡市新年互礼会が、午前10時から市役所で開かれました。

岩井市長さんの年頭のご挨拶は、どのような内容になるか注目しておりましたが、大きなポイントとしては以下のような内容がありました。

*国の子育て支援に合わせて、給食費無料化を進めたい

*『少子高齢化と人口減少対策』、『製糸場を核とした日本一のまちづくり』の2つを中心に今後進めていきたい

*中高瀬観音山遺跡の整備計画を今年度から再開し、道の駅整備も含め、これはかつてない大きなプロジェクトになる


本年4月で、市長の現在の任期は終わりますので、もちろんこれらは、再選された後のことになりますが、ご挨拶の最期は、『経験と情熱のすべてを捧げて輝かしい富岡市の未来に向けて…』という表現を入れ、締めくくりました。

個人的には、『給食費無料化の実施』と、『中高瀬観音山遺跡の整備が巨大なプロジェクトになる』という点が、非常に気になりました。

市長さんが『進める』と言えば、今の議会なら、その方向に行かざるを得ないのでしょうが、新年早々、何か嫌な予感がします。

中高瀬観音山遺跡の整備は、数十億円の規模のプロジェクトになることは確実と思われます。

プロジェクトの詳細は分かりませんが、新たな懸念材料が出てきたような…





今日のBBCメモ

1:トランプ大統領の弁護士が元側近のバノン氏を脅す

2:イランは『ばかげた干渉』とアメリカを非難する

3:日本の黒い顔を使った『お笑い』での論争




1月3日(水)
ぢ膤愡代の同級生で、卒業後、一度も会っていない友人で、今も年賀状のやり取りをしている方が数名おります。

35年以上、年賀状だけのつながりなのですが、このままこの関係をつづけたほうが良いのかどうか、迷っております。

どちらかが、年賀状をもらっても、返事を返さなければ、交流は自然消滅になるのでしょうが、相手の方から届きますと、こちらから返事を出さないというのは、ちょっと気が引けてしまうところがあり、判断に困っています。

5年に一度くらいでも会う機会がある友人なら、これからも交流がある可能性がありますので、年賀状のやり取りも意味があるとは思うのですが…

お正月には毎年、このことで、ちょっと悩みます。

ところで、箱根駅伝を今日はテレビで見ましたが、もうちょっと上位3校くらいで競ってほしかったように思えます。

青学の選手層が、他校よりも厚いということなのでしょうが、来年はもっとデッドヒートを繰り広げるような大会を見たいものです。

個人的に一番印象に残ったのは、国学院の走者が、数秒の差で、襷をつなげることができなかった場面でした。

あのような残酷なところも、駅伝の魅力、おもしろさなのかもしれませんが、力走した選手の方には心を打たれました。

私も、ちょこちょこジョギングはしますが、箱根駅伝の選手のみなさんは、1キロ3分を切るペースで、20kmほどの距離を走ってしまうのですから、信じられないスピードと思えます。

高校時代、1.5km走を4分30秒で走れれば、とんでもない快速ランナーでしたが、箱根駅伝の選手は、全員がもっと早いペースでさらに長い距離を走るのですから、驚きです。

群馬県の上武大学も、10回連続出場で存在感を示しましたが、ぜひ来年は、シード権を獲得できるくらいの走りを期待したいところです。

でも、駅伝って、ただ襷リレーをしながら走っているだけなのに、なぜこれほど、多くの人の心をつかむのでしょうか?

シンプルなものほど、奥深い魅力があるというところかもしれませんね。










L斉の午前10時から、市役所で新年互例会が行われます。

30分程度でのイベントですが、市役所の関係者の方だけでなく、教育委員さん、小中学校、高校の校長先生、区長会長さん、各種団体の代表の方など、たくさんの方々が来られます。

一堂に会するというのは、ある意味、合理的なやり方と思えます。

また、夕方6時から、市役所の課長さん以上の職員の方々と議員との新年会が開かれます。

今年は、あと3カ月半後には市長選が行われますので、互例会や新年会で、岩井市長さんがどのようなお話をされるのかも、ちょっと気になります。

おそらく『世界遺産にふさわしい日本一のまちづくり』を、これからもさらに進める、熱い決意を語られることになるかと思いますが?

どんなことをお話になったかは、明日、みなさまにお知らせいたしますので。





△舛腓辰帆阿紡腑劵奪箸靴織▲縫甕撚茵愀の名は。』を、テレビで見ました。

以前、DVDで一度見たことがありましたが、非常に絵の描写が幻想的で、美しいですよね。

男の子と女の子の体が入れ替わるという話は、昔からありますが、過去の作品よりもストーリーの展開が複雑で、切ない感じがします。

挿入歌も、映像とマッチした感じがあり、雰囲気を盛り上げているように思えました。

つい、見始めたら、最後まで見てしまいました。

このアニメに出ていた駅のモデルになった場所は、一時、有名な観光地になったような話を聞きましたが、現在もそのブームは続いているのでしょうか?

でも、この作品が本当に好きな人なら、ブームなど関係ないかもしれませんが…






今日のBBCメモ

1:北朝鮮が韓国とのホットラインを再開

2:エチオピアはすべての政治犯を解放する

3:トランプ大統領が金正恩に:私の核ボタンはお前のよりも大きい








1月2日(火)
4日から、新年会などが始まりますので、明日が実質的なお正月の最後の日という感じです。

でも、年々、日本全体で季節感が失わつつあるというか、お正月も昔ほど、それらしさがないように思えます。

元旦から通常営業をしているお店も結構ありますが、これは便利でありがたいことである反面、季節感を喪失させているようにも感じます。

お店にお勤めの方々は、大晦日まで年末商戦でがんばり、さらに元旦から営業では、仕事に対するモチベーションが下がってしまうように思えますが、競争が当たり前の資本主義とはいえ、過当競争になりすぎているのではないでしょうか。

働き方改革という表現を、よく耳にするようになってきましたが、便利さの追及よりも、世の中全体でアクセルをゆるめることも必要なのでは?

便利さを追求しすぎて、逆に、みんな疲れてしまった社会、それが日本、とちょっと思えました。







∈Fは、湘南新宿ラインで東京に出かけてきました。

初詣は、ふらっと立ち寄った赤羽に、八幡神社という神社があったので、そこでお参りしました。







神社に寄った時には、必ずおみくじを引くことにしていますが、今年の最初のおみくじは、『吉』でした。



ところで、おみくじの運勢ですが、大吉は一番良くて、凶が悪いのは分かりますが、中吉・小吉・末吉と、吉の関係が、分かりません。

そこでネットで調べましたら、神社本庁のホームページには『大吉―吉―中吉―小吉―末吉―凶』とあるのだとか。

そう考えますと、吉は2番目ですので、まずまずの運勢というところでしょうか。



さて、赤羽の後は、新宿に行って、街並みを見ながら、ぶらぶらしてきました。

新宿の高島屋には、久しぶりに行きましたが、すごい人出でごった返していました。


それにしても新宿の高層ビルが並ぶ景色は、壮観ですね。





見上げると、何だか日本ではないような気になってしまいます。

また、外国人観光客が非常に多いように思えましたが、年々、東京の外国人比率は高まっているのでは?

そのうち、お店のスタッフは、英語・中国語に対応できないとまずいような時代になってしまうのかも…









今日のBBCメモ

1:イランの統治者は敵による社会的混乱を非難

2:韓国は北朝鮮にオリンピックの会談を提案

3:ユーチューバーによる死体ビデオに関する激しい怒り





1月1日(月)
,△韻泙靴討めでとうございます。

2018年がいよいよ始まりました。

みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

私は今朝、朝6時半に起き、7時半から一ノ宮市民グラウンドで駐車場係をしてまいりました。



昼食の時間20分ほどと、5分くらいの休憩を数回入れただけで、夕方の5時半まで、グラウンドで立って仕事をしたため、脚が痛くなるほど疲れました。

でも、今日は冷たい風もなく、とても穏やかな陽気でしたので、その点は幸いでした。

多数の車が、動くため、砂ホコリがすごくて、一年分の砂ホコリを吸ってしまったような感じですが、事故もトラブルもなく終えて、良かったです。

今日は、家に帰った後は、完全にグロッキー状態ですが、今晩はゆっくり休み、明日からお正月のような時間を過ごそうと思います。

ところで昼過ぎに、はとバスが来ましたが、貫前神社のお参りをするツアーがあったようです。



東京からいらっしゃったのかと思いますが、ちょっと驚きました。






























































































































































































































 
 











これまでの活動記録 (毎日更新中!)
2017年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2016年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2015年 12月 11月 10月 9月 8月 7月  6月  5月   4月 3月 2月 
1月
2014年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月  3月 2月 1月

2013年 12月 11月 10月 9月 8月 7月中・下 7月上 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2012年  12月 11月 10月 9月 8月  7月 6月 5月 4月 3月 2月
 1月
2011年 12月  11月 10月 9月 8月 7月 6月  5月 4月 3月 2月 1月
2010年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 
2009年  12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2008年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月   




































丹生湖 ひまわり畑の情報サイト
富岡市に行ったら、必ず訪れたい10のスポット
プロディールのボールペンに魅せられて prodir swiss

オリジナルラベルワイン1500円 

富岡慕情