富岡市を元気に!子どもたちに明るい未来を! 富岡市議会議員 茂原正秀WEB-SITE





TOP
これまでの活動記録(毎日更新中!)
2013年 1月                                            
2012年  12月 11月 10月 9月 8月  7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2011年 12月  11月 10月 9月 8月 7月 6月  5月 4月 3月 2月 1月
2010年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 
2009年  12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
 
2008年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月             
スポンサーサイト







富岡市の桜
富岡市観光協会の
Facebook

便利な情報サイト
ダイヤモンド・オンライン
東洋経済オンライン
日経新聞
読売新聞オンライン
朝日新聞
毎日新聞
産経新聞
東京新聞
ロイター
共同通信
ニューズウィーク
NHK
プレジデント公式サイト
上毛新聞
The Japan Times Online






富岡市の防災気象情報(気象庁リンク)

2月28日(木)その2
★午後1時半から富岡地域医療事務組合議会が行われました。
議案の中に、平成25年度の病院事業会計予算がありましたので、ちょっとご紹介しますと…

富岡総合病院の年間予定患者数はおよそ30万人。
このうち入院患者数は約10万人で、外来患者数が約20万人。

また、七日市病院は、予定患者数およそ8万人で、
入院患者数5万人強、外来患者数3万人弱。

また、総合病院の年間事業収益は93億円で、七日市病院は18億円。
合計で110億円くらいになります。

富岡市の25年度の一般会計予算でも200億円くらいですので、110億円は大きな金額です。

また以前、市民の方からいただきました『総合病院の駐車場は、ゲートを設けて有料駐車場にしたほうがよいのでは?(病院を利用した方は無料になるような制度をつけて)』という、ご意見を紹介しましたが、これを全員協議会で質問したところ、担当の課長さんは私のサイトを見て、その質問が出ることを想定していたのか、詳しく説明をしていただきました。

結論を言えば、『現段階では、不法駐車はさほど多くはないため、ゲートを設けての有料化は考えていない』とのことでした。

★今日、市議会だより2月号のポスティングをしていましたら、『もはらさん、ちょうど良かった。こんなことで困っているんですけど…』と、別々に3人の方から、ご相談がありました。

また、明日から忙しくなりそうです。

気がつけば、明日は3月ですね。

今日はだいぶ暖かい陽気でしたが、そろそろ、寒いのは勘弁してもらいたいものです。

2月28日(木)その1
★映画のタイトルですが、『ブリクとシマン』が正しいとのご指摘を頂戴しました。
つい、『シモン』と勘違いしてサイトで紹介してしまいました。

訂正させていただきます。


2月27日(水)その2
★この前の日曜日に、生涯学習センターで見ました富岡製糸場ドキュメンタリー映画『はじめの始まり ブリクとシマン』ですが、あれから、数十人の方に『見たことがありますか?』と確認しましたところ、見たという方は非常に少数でした。

せっかく、富岡製糸場の歴史がよく分かる素晴らしい映画なのに、このままではもったいないと思い、実は昨日、図書館で市民向けに映画のDVDを貸し出すような方法は取れないものか、提案させていただきました。

しかし、館長さんのお答えは、『映画などのDVDは、著作権等の権利関係がハードルとなり、貸し出すにはかなり難しい点があります』とのことでしたが、一応、確認してもらえることに。

そして、今日の夕方、館長さんからお電話をいただきましたところ、『製糸場の担当部長さんがうまく話を進めてくださったことで、図書館でDVDの貸出しができることになりました』とのお話でした。

昨日から、トントン拍子で話がうまく進み、富岡製糸場ドキュメンタリー映画『はじめの始まり ブリクとシマン』のDVDが、図書館で借りられるようになりました。

興味のある方は、ぜひご覧ください。

★昔、中学生の頃、冬場は教室のダルマストーブの上に、水を張った鉄製の容器を置き、その中に牛乳を入れて温めて、給食のときに飲んだことが、今日、話題になりました。

時々、取り出すとき、牛乳瓶の底が抜けてしまい、『げげげげげ!』ということがありましたが、今となってはなつかしい中学生時代の思い出です。




2月27日(水)その1
★昨日、お電話でいただいたご意見です。
『七日市のある道に車で入ろうとすると、コーナーの部分に余裕がなく、たいへんなので、もう少し回りやすく直してもらえないでしょうか?』というものです。

現在、道路の補修工事を行っている最中なので、今なら何とかしてもらえる可能性があると考え、その方はお電話をくださったようです。

現地は昨日確認しましたので、本日の午前中に、担当部署の課長さんにお話はさせていただきました。

うまい方法があればいのですが…



★一般質問の原稿は、今日の午前2時頃に書き上げ、メールで議会事務局に送りました。
今回は3件です。(いつも3件が多いのですが…)

内容は、また後日、ご紹介いたします。


2月26日(火)その2
★今日は、2・26事件の日ということに、ニュースを見て気づきました。
さらに、太平洋戦争終結時の内閣総理大臣である鈴木貫太郎氏が、前橋の桃井小学校のご出身と聞き、ちょっと驚きました。

糸井重里さんも、この小学校のご出身とのことですが、ずいぶんすごい卒業生が何人もおられる学校なんですね。

日頃は少々地味目な存在の前橋市ですが、底力を感じました。

★イタリアの政局混迷で、大幅な円高になっていますが、イタリアの存在感も何だかすごい感じです。

しかし、ここでドカーンと株安、円高に進めば、これはひょっとすると、株や米ドル・豪ドルの絶好の買い場になる可能性もあるように思えますが…

★一般質問の原稿を考えておりますが、中々はかどりません。
いつものことですが、明日中に原稿を完成させなければなりませんので、ドタバタしております。

★イギリスの有名経済誌『エコノミスト』の予測では、『世界で最も悲惨な2050年を迎える国は日本』とのことです。

かなり悲惨な状況にはなるかとは思いますが、世界で最も悲惨というのは、ちょっと厳しすぎる予想では?

2050年、もしも生きていれば、私は92歳です。

となれば、波平さんの親父さんくらいの感じになるでしょうか?




2月26日(火)その1
★午後2時から、妙義ふるさと美術館のエレベーター設置工事完成式典がありました。

エレベーター設置事業の費用は約4100万円。
メーカーは日立製でした。

今後の入館者の増加に、大きく貢献することを期待しましょう。

お富ちゃんも式典に花を添えていました。

★午前中は、秘書課、議会事務局、環境課、図書館の順に寄らせていただきました。

昨夜、気になる情報をメールで頂きましたが、そのことにつきましては、本日、秘書課に、お伝えしましたので、ご承知いただきたいと思います。

情報をお寄せいただきまして、ありがとうございました。



2月25日(月)その3
★午後4時過ぎの地震発生時、私はちょうど一ノ宮公民館におりました。
館長さんの携帯から、突然アラーム音が鳴り、『緊急地震速報です』と言われた瞬間、ギシギシと、揺れました。

一ノ宮公民館は1981年以前に建設された耐震性に問題がある建物ですので、ちょっと焦りました。

ちなみに、建築基準法の改正があったのが、1981年ですので、この年を境にするのが耐震性のひとつの目安のようです。

東日本大震災のような大きな地震かと思いましたが、それほどでもないようで、幸いでした。
しかし、日光あたりが震源というのは、何か気になりますが…


★私は昨日初めて富岡製糸場ドキュメンタリー映画『はじめの始まり ブリクとシモン』を見たのですが、その話を某部長さんにしましたら、『え? 議員さん、見たことがなかったんですか?』と言われてしまいました。

聞けば、製糸場ではイベントなどで、何度も上映され、多くの市民のみなさんが見ていらっしゃるとのこと。
つい私がうっかりだったのですが、それほど市民の方がご覧になられているのでしたら、大変喜ばしいことです。

でも、私の周囲で、この映画のことが話題になったことは、これまで一度もなかったのですが、私の周囲だけ、たまたま見たことがない方が多かったのでしょうか?

もしも、ご覧になっていない市民の方がたくさんいらっしゃるのなら、各地区公民館にでも置いてもらい、地域の方に見ていただくようなことをやってもよいのではないかとも思えますが…

★磯野波平さんは54歳で、私と同じ年齢です。
ちなみに、サザエさんのテレビ放送が始まったとき、私はカツオ君と同級生くらいでした。

つまり、昔はカツオ君が同級生だったのが、いまや浪平さんが同級生。

こんな時が来るとは、サザエさんの放送開始時にはまったく思いもしませんでした。
これが人生というものなんですね。



2月25日(月)その2
★午前中、あい愛プラザ2階にある消費生活センターに出かけてまいりました。

何の相談かといえば、市民の方からのものではなく、自分が経験した、とある契約について、お尋ねしてきました。

ちょっと触れますと、ある会社のデータ通信機器の新規契約をしたとき、どう考えても納得ができないことが発生しまして、いまそれを社会問題として大きくできないものか画策しております。

午前中は、会社のカスタマーセンターに対して『一般質問』のように迫らせていただきまし。
消費行政という観点からも、国からその会社に指導すべきくらいの問題ですが、詳細はもう少ししてからご紹介いたします。

もしかすると、でっかい議論になるかも…



2月25日(月)その1
★昨日、生涯学習センターで行われた「平成24年度まなびのつどい」に出かけ、中央工科デザイン専門学校制作の富岡製糸場ドキュメンタリー映画『はじめの始まり ブリクとシマン』を見させていただきました。

この映画は、アメリカのヒューストン国際映画祭でプラチナ賞を受賞した作品ですが、とても興味深い内容でした。

また、映画の前に、プロデューサーの方から、『日本で最初の事柄が、富岡にはたくさんあるんです』というお話を聞き、たいへん感銘を受けました。

会場におられた方は、『そうだったのか!』という驚きと、『よくぞ、言ってくださった!』という熱い思いを感じたのでは?

富岡には、地元に住む私たちが気づいていないすごい点が、まだまだ、たくさんありそうです。


2月24日(日)その1
★朝5時半に起きて、埼玉県深谷市に出かけました。
第7回ふかやシティハーフマラソン(10kmの部)に参加するためです。

この数日、『くしゃみ鼻水&声があまり出ない』という体調でしたので、一時は参加を取りやめようかとも思いましたが、少々無理して行ったような次第です。

今日の深谷市はものすごい赤城おろしが吹き荒れ、走っていると、畑から舞い上がる砂つぶが、顔に当たるような状況でした。
また、鼻をかんだり、写真を撮ったりしながら走りましたので、スロージョギング系のみなさんと、のそのそ走るような感じになってしまいました。

先週の土日は、親戚の用事でまったく走れず、2週間ぶりのランニングでしたが、走った後、両足のふくらはぎがつりました。
片足は時々ありますが、両方いっしょというのは初めてです。

こんなこともあるんですね。

朝7時から、この賑わい。すごいものです。


出場した証拠の写真を、係りの方に撮っていただきました。


ランニングブームで、みなさんファッショナブルです。


速いランナーから前に並びます。もちろん私は、最後尾からですが…


砂煙が舞い上がる大会になってしまいました


仮装系のランナーの方々が、会場を賑わせていました


参加賞のタオル、ボールペン、クリアファイルです。
ふっかちゃん、可愛いですね。


2月23日(土)その1
★午後5時半から、地元の少年野球チームの『6年生を送る会』が開かれ、出席いたしました。

たいへん和やかで、盛り上がった会となり、さらに久しぶりに近くで小学生を見ることができ楽しく過ごせることができました。

また、少子化の影響か、6年生が抜けたあとの部員数は、11人とのこと。

一ノ宮小学校は、まだ児童数で見れば、極端に減少はしてはいないのですが、この状況はサッカー人気も関係しているのでしょうか?

スライドショーの中で、昨年の夏、城南球場での県大会の写真やムービーがありましたが、私もその試合は、球場で見ていましたので、あの日のことが思い出されました。

同じテーブルに、昔からよく知っている1学年、2学年後輩の方々もおりましたので、珍しい情報も聞くことができました。

ただ、今日、会場にいた中では、私が最長老のようでしたが、いよいよ、そのようなこともある時代になってしまったと思うと、ちょっとショックでした。

卒団された6年生のみなさん、保護者のみなさん、本日はおめでとうございました。

★先日の長崎のグループホーム火災の原因は、TDKの加湿器の可能性が高いようですが、TDKって、加湿器のような電気製品を作っていたんですか?

これはちょっとビックリです。
私たちの世代は、まずはカセットテープを連想しますが…

しかし、こうした電気製品が火元になるような話を聞くと、古いコタツや、電気ストーブも、何だか心配になってきます。

経年劣化が進んだ電気製品は、まだまだ使える状況でも、買い換えたほうがよいということになるのでしょうか?

★『人口水増し、前副町長を逮捕』という記事が新聞にあります。
町を市に移行するため、国勢調査で303人分を水増ししたとのことですが、自治体が国勢調査で不正をするというのは、ビックリ仰天です。

統計法違反容疑で逮捕だそうですが、初めて統計法違反という表現を見ました。




2月22日(金)その2
★妙義ふれあいプラザの改修計画について、先日、当局から説明がありました。
この施設は、平成12年の旧妙義町時代、5億5千万円ほどの費用で建てられたものですが、このたび厨房や浴室等を改修するとのこと。

ちなみに、工事費用は2億4千万円ほどで、合併特例債を利用します。

平成26年4月にはリニューアルオープンができるようです。

★一級河川は国が管理し、二級河川は県、そして準用河川は市が管理していますが、準用河川という言葉は、普段あまり聞きません。

3月定例会において、この準用河川についての条例制定がありますので、この表現を目にしましたが、いろいろな分け方があるものなんですね。


2月22日(金)その1
★昨日の議会基本条例についてのやり取りが、ちょっとモーレツ過ぎたのか、声がつぶれてしまいました。

スパーウルトラハスキーなボイスで、午前10時からの議会運営委員会で進行役をしましたが、大変でした。

3月定例会は、会期が3月1日から3月21日までの21日間です。
一般質問を行うのは、5名。
ちょっと質問者の数が低調すぎるようにも思えますが…

ちなみに、この10年、全部の定例会で(東日本大震災後の3月定例会では、予定していた質問者が全員取り下げましたので、これを除き)一般質問を行っているのは、泉部議員さんと私の2名ですが、泉部議員さんは、40年近く続けているかと思われますので、私などとは比較にならないすごさです。

また、3月定例会では予算特別委員会が設けられますが、一般会計を希望したものの、事情で特別会計チームとなりました。


議会運営委員会終了後、11時から一般会計予算案の説明会が行われました。
予算につきましては、これから少しずつ、ご紹介してまいります。



2月21日(木)その1
★午前10時から全員協議会が開かれ、午後5時まで、ずーっと会議が続くという一日となりました。

特に最後の2時間弱は、富岡市議会基本条例の素案を、議員のみなさんに協議して頂いたのですが、私は素案を説明し、質問や意見を受ける立場でしたので、とてつもなく大変でした。

どこがネックになるかは、ある程度は考えておりましたが、想定を超える質問もありまして、『今日、まとめあげるのは無理か?』と、一瞬思いましたが、最後は何とか、みなさんのご了承を得ることができ、本当に良かったです。

全員協議会で質問を受ける立場の、担当課長さんのお気持ちがよく理解できました。

また、みなさん同じように情報を伝え、理解していただくことの難しさもよく分かりました。

このふた月ほど、議会基本条例でドタバタしましたが、やっと先が見えるところまで来て、ほっとしています。

★平成25年度の富岡市一般会計予算の概要が説明されました。
予算規模は199億8000万円。
ほぼ、200億円です。

また、国の平成24年度補正予算による緊急経済対策事業として、小中学校16校(新校舎建設中の東中は除く)のエアコン設置工事が行われる予定です。

ちなみに事業費はおよそ4億8千万円です。

まだ、ざっと内容に目を通しただけですが、積極的な予算という印象を持ちました。
財源はどうなっているのかが気になるところですが…

明日、予算説明会が行われますので、再度詳しく、お知らせいたしますので。



2月20日(水)その2
★午後1時半から、議会基本条例の小委員会が開かれました。
そして、小委員会で、正式に基本条例の素案が固まりました。

明日の全員協議会終了後、議員のみなさん全員に説明させていただくところまで、やっと来ましたが、順調に行けるような、行けないような…

詳細は、明日お知らせいたします。

★体罰のアンケート調査を、小中学校及び県立高校で実施しているそうですが、富岡市の近隣自治体の保護者の方から、小学校と高校は無記名アンケートで、中学校は記名アンケートとの話を聞きました。

中学校のアンケートだけが記名式というのは、ちょっとおかしいのではないかと思い、学校教育課で回答用紙を確認しましたところ、小中高、どのアンケートも、名前を書かなくても提出できる旨が記されていました。

少なくとも富岡市の中学校のアンケートは、名前を書かなくても提出できるようです。

記名式のアンケートでは、体罰があったとしても、本当のことを答えづらいことが十分に考えられます。
無記名でもOKにしなければ、アンケート方法としては問題ですよね。


★トップページで紹介している『倒れそうな木』の問題ですが、市は何らかの対応ができるのか?

実は、何もできないとのことです。

あくまでも、木が市道上に倒れれば、その木を緊急対応として取り除くことはするものの、それ以外はできないというのですが、これって、とてつもない疑問に思えます。

せめて、市側から倒れそうな木がある土地の所有者に連絡し、適切な管理を要請するくらいのことはすべきかと思いますが、なぜできなのでしょうか?

おかしいと思いませんか??



2月20日(水)その1
★日本の農家1戸あたりの耕作面積はおよそ2ヘクタールとのことですが、オーストラリアでは、1500倍の3000ヘクタールと聞き、びっくり仰天しました。

1軒の農家が3000ヘクタールということは、これって、富岡市の全農地面積よりも、広いんじゃないでしょうか?

これじゃ、TPPで関税ゼロ・非関税障壁撤廃ということになれば、規模だけの比較では、『恐竜VS人間の赤ちゃん』というくらいの状況ということになってしまうのでしょうか…

もちろん大規模な農業が、絶対に強いという訳ではありませんが、価格競争では勝負にならないと見るのが妥当でしょう。

ちなみに、3000ヘクタールは、30平方キロ。 
この広さは、富岡市の面積のおよそ4分の1です。


★昨夜、くしゃみが10連発くらいで出たのですが、これは花粉症のスイッチが入ったということなのでしょうか?

風邪・インフルエンザではないとは思いますが、ちょっと嫌な雰囲気です。



2月19日(火)その1
★午前中は、告別式に出席するため、かぶら聖苑に出かけました。
最近、かぶら聖苑に足を運ぶ機会が多いのですが、今年の厳しい寒さが関係しているのでしょうか…

★一ノ宮小の保護者の方から、6年生がインフルエンザで学級閉鎖になったというお話を伺いました。
ひところより、だいぶ流行は収まってきた感がありましたが、まだまだ油断は禁物のようです。

★明日、議会基本条例の小委員会が行われ、最終的な素案が完成する予定です。
現時点では、内容については触れることができませんが、うまく進めば、富岡市議会としては大きな一歩を踏み出すことになります。

一番肝心なのは、21日の議員全員協議会となりますが、みなさんのご理解を得られればよいのですが…

★お世話になっている保険のお店に出かけましたら、テレビのCMで有名なアヒルの巨大ぬいぐるみがありました。

なかなか、カワイイですね、このキャラクター。


★NHKの夜7時のニュースの天気予報コーナーに出演している岡村さんは、気象予報士でありながら、ピアニストとしてもご活躍されている方と、今日、知りました。

何か、お嬢様風の空気感というか、知的でエレガントな雰囲気は、ピアニストとしての素養が大きく関係しているのかもしれません。

私たちの年台になると、AKBや、ももクロよりも、岡村さんのほうが、魅力的に見えてしまいますが、けっこうそういう人は多いのでは?

ところで、半井さんは、最近テレビでお見かけしませんが、どこでご活躍なのでしょうか?

★自治体で所在をつかめない小中学生が全国には千名近くいるのだとか。

『消えた高齢者』の次は、『消えた小中学生』という展開に、今後なってしまうのでしょうか?


★先ほど、ニュースで知りましたが、この作品はサラリーマン川柳の最新傑作では?

『家のこと 嫁のブログを 見てわかり』

ありえそうで、笑えますが、ちょっと怖い感じもしますよね、コレ。



2月18日(月)その1
★午前10時から総務委員会協議会が行われ、出席しました。
内容につきましては、全員協議会終了後に触れたいと思います。

協議会の報告事項・協議事項以外のことですが、一つ以前から、気になっていたことを『その他』のところで質問しました。

それは、市役所職員の方が3名、研修という形の仕事として、青年会議所の活動に加わっていることです。

以前、市民の方から、『市役所の職員さんが、仕事で青年会議所の活動に加わっているというのは、市民の税金が青年会議所の活動に使われていることになってしまうのではないでしょうか?』とのご意見をいただいたことがあります。

個人的に、秘書課でその事実を確認してはいたのですが、25年度以降も継続していくのかが気になりましたので、あえて質問してみました。

当局側の回答では、来年度も続けていく方針が示されましたが、大きな疑問を感じます。

青年会議所OBの議員さんも、『そんな事実があるんですか? それはおかしいでしょう』と、ご意見を述べられていましたが…

今後の展開はあらためて、ご報告いたしますので。

★ただいま、新しい市議会だよりを印刷しているのですが、今日は印刷機の調子が悪く、作業がはかどりませんでした。

あまりの寒さで、機械も調子が出ないのかもしれませんね。

★昨日いただきました、お話について、固定資産税の担当部署で確認してまいりましたが、高台の土地が崩れて、面積が小さくなっても、固定資産税は変わらないとのことでした。

当然といえば、当然でしょうが、納税する側からすれば、ちょっと違和感が残るような気もします。

★確定申告で税務署に行きましたが、天気が悪いし、夕方になればあまり混んでいないだろうと予測し出かけたところ、ズバリ予感が的中で、すぐに手続きが済みました。

天気の悪い日の、終わる時間ギリギリは、穴場の時間帯のようです。




2月17日(日)その1
★午前11時から、地元の契約の会議がありまして出席しました。
その中で、複数のご意見をいただきましたが、早急な対応が必要な2件については、午後すぐに確認にまいりました。

その一つは、『持ち主が分からない土地に生い茂っている木が、昨年倒れ、家の屋根を壊されてしまった』というケースですが、まだ、倒れそうな木が数本あるとのことで、現状を見てまいりました。

確かに、倒れてもおかしくないような大きな木が、数本ありましたが、これは難しい問題になりそうです。来週早々、役所で確認したいと思いますが、はたして?

そして二つ目は、『高台にある自宅の敷地が、少しずつ毎年、土砂が崩れ、面積が小さくなっているのですが、固定資産税の評価は、変わらないものなのでしょうか?』という内容です。

これもまた、珍しいケースですので、固定資産税の担当部署で確認したいと思います。

自分の地元の契約ですので、かなり内容が濃いお話をいくつも頂戴しましたが、できる限り、対応させていただきます。

★某中学校に通う子どもさんの保護者の方から聞いた話ですが、『子どもが体罰を受けたことがあるか』『そのような話を聞いたことがあるか』等の質問のアンケートが行われたそうです。

どのような結果が出るのかは分かりませんが、もしも、私たちの世代に同じアンケートを行えば、ほぼ100%が、『YES』と答える可能性があるように思えます。

でも、今の価値観では許されないことなのでしょうが、生徒側にひどい問題行動があったとき、先生にゲンコツをもらったとしても、それも許されない体罰とするのは、私はちょっと違和感を感じます。

大人になったとき、当時の自分に明らかに非があると思えれば、本気で叱ってくれた先生に対し、感謝することも多々あるかと思いますが…

クラブ活動の試合で負けたからゲンコツでは問題でしょうが、いまの流れでは、すべてのゲンコツが暴力行為で責任を問われることになりそうです。

でも、これって本当にいいことなのか、ちょっと疑問が…

そのうち、悪いことをした我が子のお尻を叩いて叱ったら、ご近所から『子どもを虐待しています』と警察に通報され、親は逮捕された、というようなことが、ひょっとしたら起きてしまうのでは?



★今朝の読売新聞の気流欄に、投稿は掲載されたのですが、私が書いた原稿の要約のような感じになってしまっていました。

とんがった部分がみんな取れてしまって、印象が変わってしまった感がありましたが、載せていただいただけでも、ありがたいことと思わなくてはいけませんよね。



2月16日(土)その1
★今日は朝から、親戚の用事がありまして出かけましたところ、10年ぶりくらいに、さいたま市に住む従兄弟(某大手製薬会社に勤める52歳)に会いました。

せっかくの機会ですので、外部の方の視点で、富岡市について感じた点を話してもらったところ、『上信電鉄をもう少し、上手に活用する方法を考える必要があるのではないか』との指摘がありました。

上信電鉄は、鉄道ファンの間では、かなり有名な存在で、製糸場の世界遺産登録で、乗客数も増える可能性があるのだから、上信も観光資源の一つとして、考えては?

そんなアイデアでしたが、一日一本、製糸場観光客用の、明治を感じさせるような専用電車でも走らせるのも、おもしろいかもしれません。

★今日は底冷えがするような日でしたが、冷蔵庫の扉を開けたら、なんだか中の方が暖かいような…。
明日もまだまだ寒いようですが、困ったものです。

★空気中で、音の伝わる速さは秒速340mほどですが、『水中ではどうなるのか?』という実験を、Eテレの番組でやっていました。

なんと、水中では秒速1500mという実験結果になりましたが、これは不思議に思えせんか?

意外な事実というのは、けっこうあるもののようです。

★昨日今日と、急用ができてしまい、予定していた『はーて』のプログラムである、社会教育館で行われる『とみおかスイーツの丘』に参加することができませんでした。

出かけることができれば、このサイトで紹介できたのですが残念です。

午後はお天気が良かったので盛況だったと思いますが、来週、情報を得ることができましたら、お知らせしますので。




2月15日(金)その2
★午後8時ころ、かぶら聖苑から家に戻るとき、道路がかなりあちこち凍結していました。4輪スタッドレスタイヤ装着の車でしたが、滑る時は、滑ってしまうものですね。
坂が多いので、ゆっくり帰ってきましたが、こんな時は、車には乗らない方が間違いなさそうです。

昔、冬場は、スパイクタイヤを使っていた時がありましたが、金属のスパイクがついているタイヤと、スタッドレスでは、機能がまったく違うようです。

テレビCMでは、凍っている道路でも、しっかり止まるようなイメージを、スタッドレスタイヤは強調していますが、それを信じていると、ちょっと危ないのでは?

★ロシアに隕石が落ちて、何百人もの負傷者が出たのだとか…

ニュースで映像を見ましたが、まるでハリウッド映画のようでした。

こんなSF的なことが起こるとは、驚きです。

★読売新聞社から電話がありました。先日送った投稿が、日曜日の投稿欄に、掲載されそうな感じですが…。

見つけたら、ぜひご覧ください。



2月15日(金)その1
★今日はまた、ずいぶん寒い日になってしまったというか、天気予報の予想通り、雪まで降り始めました。

これから、夕方、出かける用事があるのですが、せめて雪だけでも止んでほしいものです。

さて、先日、美術博物館にウルトラマンの企画展を見に行ったとき、このような光景が…


何か、非日常感あふれる、まさにシュールな光景と思えたのですが、なぜ、ここにトイレットロールが落ちていたのでしょうか?



2月14日(木)その2
★富岡甘楽地方議会議員連絡協議会の役員会が行われ、出席しました。
下仁田町、甘楽町、南牧村の議長さん・副議長さんなどの方々と、情報交換をいたしました。

南牧村の方から伺ったお話では、昨年、小学校に入学した子どもさんは、村全体でわずか1人だったそうです。
今年は、3、4人ほどおられるとのことですが、少子化の進み具合は、想像よりも早く、さらに深刻な印象です。

★最近、アマゾンで、ちょこちょこ細かいものを買ってしまうのですが、今日は、パスワード設定ができるUSBメモリを購入しました。

16GBで、価格は1040円。 
パスワード設定が必要な部分と、不要な部分に分けることができ、必要な部分に保存したデータなら、USBメモリを万一落としても、開くことが簡単にできませんので、データを持ち歩く人にとっては必需品では?

メーカーもTDKですので、ちょっと安心な感じです。



ちなみに、パスワードを6回間違えると、中のデータは消滅するようです。
まるで、スパイ大作戦のようですね。



2月14日(木)その1
★午前中は、市の西部の方から、ご意見をいただいておりまして、お話を伺ってまいりました。
内容は『個人の所有地に、何ら断りも無く、なぜこのようなモノが…』というものした。

数日前に、防火水槽と、それが設置してある土地の件でのお問い合わせもありましたが、最近、土地に関するお問い合わせが多いように思えます。

単なる偶然か、それとも潜在的に土地がらみの問題や疑問は、多いということなのでしょうか?

★昨日あたりから、ちょっと鼻がムズムズしていますが、いよいよ花粉のシーズンがやって来たというところなのでしょうか?

今年は花粉が多いような話を聞きますので、これからひと月くらいは、嫌な感じです。

私は、ご近所の診療所で出してもらう花粉の薬が良く効きますので、薬を飲めば症状は、ビッタッと治まります。
しかし、きっと薬は体に負担がかかっているのでしょうから、できることなら、あまりお世話にはなりたくありません。

はたして、どこまで薬に頼らず、ひっぱれるでしょうか?

★『新成人が欲しい車』という、某損保会社がアンケート調査した結果を見ました。
第1位 キューブ
第2位 プリウス
第3位 BMW
第4位 タント
第5位 ムーブ
とのことです。

私はてっきり、フォルクスワーゲンのゴルフやポロ、マツダのデミオ、ホンダの軽、トヨタのアクアあたりも入っているかと思いましたが、予想外でした。



2月13日(水)その3
★議会基本条例のたたき台を作るのに、時間がかかってしまい、自分の市議会だより2月号が、遅れております。

やっと、基本条例のほうは、落ち着きましたので、これから市議会だより作成に時間を割いていきたいと思います。

何とか、この数日のうちに完成したいと思っておりますが…

★今日、西毛自動車教習所に出かけましたら、制服姿の高校生でフロアはあふれんばかりの状況でした。
もう、3年生は授業が終わり、卒業式を残すだけというような時期なのでしょうか?
就職や進学の前に、自動車免許を取るため、教習所通いが始まるところのようですが、昔、京都の岩倉教習所に通ったときのことが思い出されました。

私は京都で免許を取ったのですが、当時の京都市内は、まだ市電が走っている時代でした。
なので路上教習で北大路通りなどに出ると、後ろから市電が走って来て、教官から『なにしてるんや! はよ、よけんかい!』と、何度おこられたことか…

タクシーはたくさん走っているわ、市電には追いかけられるわ、というような、ハードな環境で、路上教習を受けましたが、今となっては、懐かしい思い出です。



2月13日(水)その2
★桐渕橋そばの県道沿いの歩道で、ブロックに凸凹がある所が、もう一箇所あるとの情報をいただきましたので、現地確認に行き、歩いてみました。

ヤクルトさんの出入り口のところで、車の出入りが多いためか、ブロックがゆるんでいるところが見えましたが、果たしてここのことなのでしょうか?

詳しい情報をご存知の方は、メールでご連絡ください。



★『駐車場の入り口を広げたところ、道路沿いのフェンスが、出入り口の真ん中あたりまであるようになってしまいました。何とかしてもらえないでしょうか?』との、ご相談をいただきました。

早速、現地を確認し、午後、都市建設部に対応をお願いしてまいりました。



2月13日(水)その1
★午前中は、議会基本条例の件で、市役所へ行ってまいりました。
また、その後、観光担当の部署にお邪魔し、富岡体験交流プログラム『はーて』の参加状況について、お話を伺いました。

せっかくの機会ですので、私もひとつ参加しようと思い、2月16日に社会教育館で行われる『とみおかスイーツの丘』に申し込みをしました。

1300円の参加費で、抹茶と複数の和菓子を楽しめるプログラムですが、これでワタシも『スイーツ男子』の仲間入りでしょうか?
(というより、『スイーツおっさん』という表現のほうふさわしいかも…)

★電波時計って、恐ろしく正確なんですね。秒までピッタリ合っているとは。





2月12日(火)その2
★北朝鮮の核実験のニュースが大きく取り上げられていますが、中国と北朝鮮の関係は、以前とは異なり、距離が生じてしまったのでしょうか?

中国も強く核実験に対して非難しているようですので、中国にとっても、想定外のことだったように思えます。

でも、中国が北朝鮮に対して影響力を示せなくなるというのは、日本やアメリカにとっては、たいへん都合が悪いことなのでは?

無謀な行為を繰り返している方が、いつの間にか、主導権を握ってしまうという、恐ろしいシナリオで進まないことを、祈るばかりです。

★午後、市役所の法規担当の部署で、条例文の一般的な表現方法について、お話を伺ってきましたが、中々難しいものなんですね。

分厚い専門書を開いて、教えていただきましたが、これまでこの部署で話を伺うことは全くありませんでしたので、いい勉強になりました。

他市の議会基本条例を見ますと、一般的な条例のような固めの表現を使っているものと、市民のみなさんに議会の姿勢を示すため、平易でソフトな表現を使っているものの2種類があります。

どちらが良いのか、考え始めたら、ますます分からなくなってきてしまいましたが…、困りました。



2月12日(火)その1
★『北朝鮮による核実験が行われたか?』との、緊急ニュースが流れています。
東アジアは最近、悪い出来事が連続しているように思えますが、何か嫌な方向に世界がどんどん進んでしまうようで、心配です。

★議会基本条例の条文の表現につきまして、専門の方から、ご意見をいただきましたが、条例の表現の、細かい点の難しさを実感しました。

『及び』『若しくは』『又は』『等』『ものとする』『しなければならない』などの表現について、勉強させていただきましたが、条例文のルールは、知れば知るほど奥が深く、自分の知識の曖昧さが見えてしまいました。

様々な解釈ができてしまうような表現は、極力避けなければならないのでしょうが、あまり内容を絞りすぎると、また、その弊害が出てしまうような懸念もあり、考えれば考えるほど、迷ってしまいます。

条例づくりは、想像していた以上に大変なことが、じわじわと分かってきたような感じです。



2月11日(月)その1
★TBS系の世論調査では、安倍内閣の支持率が76.1%という結果が出たとのことです。
これは、ずいぶん高い数字ですね。
選挙の投票率だって、最近このような数字にはお目にかからないのに、大したものです。

しかし、『山高ければ、谷深し』という格言もありますので、国民に失望感が広がったときの反動は果たして?

一時、高い支持率になるよりも、50%台を長期間維持できるくらいの方が、良いように思えます。

総理大臣がコロコロ替わってしまうのでは、世界から、信用できない国と思われてしまう可能性がありますので、安倍政権には、少しでも長く政治の舵取りをしていただきたいものです。


★丹生湖のひまわり畑の写真を、数日前からトップページに載せていますが、とある方からこのようなご意見をいただきました。

『テレビ局や広告会社に、丹生湖のひまわり畑の情報を伝えて、ドラマやCMなどのロケ地として、使ってもらえるようにしたらどうでしょうか?』というものです。

丹生湖のひまわり畑の花の盛りは、2週間ほどと思われますが、今年の夏は、富岡市をPRするためにも、何とかしたいものです。

★次の全員協議会で、富岡市議会基本条例の、小委員会で決定した案を、説明することになっておりますが、今日はその時に使う資料を作成しました。

いくつもの市の議会基本条例を研究した上で作った案ですので、順調に行けば、一気に議会改革が進むことになります。

ただ、全員協議会での意見によっては、大きく方向性が変わってしまう可能性もあります。

様々な意見や質問に対して、さらに説得力がある説明ができるよう、頑張って準備していきたいと思います。



2月10日(日)その2
★NHKスペシャル『核のゴミはどこへ』を見ましたが、私たちが忘れているというか、あえて意識しないようにしているけれど、直視し熟考しなければならないテーマを取り上げたという印象を持ちました。

原発は、『トイレのないマンション』という表現を聞きますが、最後の処分方法が定まっていない中、これからも同じことを続けていくのは、もう限界なのでは?

しかし、地下300m以下に埋めるにしても、数万年間保管する必要があると聞くと、その方法もリスクがあり過ぎて、ありえないように思えます。

技術的に可能かはわかりませんが、巨大ロケットに地球の核のゴミを載せて、宇宙の果てに飛ばしてしまうくらいのことも、ひょっとするとありえるのかもしれません。

そしたら、宇宙人から、攻撃を受け、宇宙戦争が勃発する…

何か、SF小説風になってしまいましたが、ハリウッド映画で、こんな映画がつくられる時代が来そうな予感がしてきました。

★テレビ東京の大江麻理子アナが、ニューヨークに転勤だそうです。
番組で見れなくなってしまうのは、残念です。

大江さんの、ちょっと古風な雰囲気と、ほのぼのとした空気感は、今のテレビ界では貴重な存在と思っていました。

ニューヨークから帰ってきたら、ワールドビジネスサテライトのキャスターでもする計画があるような話も聞きましたが、大江さんのキャラクターとはマッチしないように思えますが…

アメリカに行かれてからも、ご活躍していただきたいものです。



2月10日(日)その1
★一ノ宮のある地区の春祈祷(契約)がありまして、来賓として出かけてまいりました。
会の中で、お祝いの言葉を申し上げる場があり、市役所新庁舎建設計画について少し触れましたら、懇親会の中で、いくつもご質問をいただきました。

また、それ以外のお話もいろいろ伺うことができ、その中には『富岡総合病院の駐車場は、有料にしたほうが良いのでは? 駐車しっぱなしの車がかなりあるように思えます』という、なるほどと思えるご意見もありました。

総合病院も、時々行くことがありますが、駐車スペースを探して、ウロウロしてしまうことがよくあります。

これは検討する価値があるご指摘だと思います。


★大河ドラマをほとんど見ない私ですが、『八重の桜』は、毎週見ています。

大学入試の時、世界史を選択しましたので、世界の歴史については、どうでもいいような知識も少しは持っているのですが、日本史は今ひとつ得意ではありません。

なので、江戸時代末期の会津藩の複雑な立場を知り、新鮮な思いを持っています。

主演女優の綾瀬はるかさんは、魅力的ですよね。

今の20代の女優さんの中では、最も輝いている方なのではないでしょうか?

★今年は夜が寒いので、スロージョギングになかなか行けず、なまけ気味です。
なので、せっかく根付いてきたこの習慣を断ち切らないために、土日にできるだけまとめて走ることを目標にしています。

今日は夕方、もみじ平で久しぶりに10kmのスロージョギングをしてきましたが、ここ最近、せいぜい7〜8kmでしたので、ちょっとしんどかったですね。

でも、ゆっくりでも10kmを走りきると、プチ達成感を味わえます。


2月9日(土)その1
★以前、朝日新聞『声』に掲載されました私の投稿を見てくださったことがきっかけで、時々、お手紙をくださる方がおります。

その方は、茨城県取手市にお住まいなのですが、本日、朝日新聞茨城県版に掲載されていた『取手市議会へ視察 県外から議員続々 基本条例・採決集計システムに関心』という記事のコピーを、わざわざ送っていただきました。

もしかしますと、私のこのサイトをご覧になって、私が富岡市議会基本条例のたたき台を作っていることを知り、地元の市議会の情報を送ってくださったのかもしれません。

たいへん、ありがたいことです。




★読売新聞群馬版に、『上州群馬』呼称を広めよう、という群馬大名誉教授の方のご意見が掲載されています。

私も以前から、群馬より上州の方が、響き的にも良く、全国の人たちに好感を持たれるのではないかと、感じていました。

『群馬富岡』より、『上州とみおか』の方が、風情があるように思えませんか?

富岡を売り出すときには、群馬より、上州を全面に出す戦略の方が、うまくアピールできるのではないでしょうか?



2月8日(金)その2
★本日の朝刊に、公立高校の前期試験の志願状況が出ています。

前期は定員の半数を募集するのですが、志願人数を見ると、富高・東高・実業高校4学科のすべてで、前期試験志願者数が最終的な定員を超えている学校は1つもありません。

富高は今回の試験から1クラス(40人)分の定員を減らしたのにもかかわらず、これで再度、定員割れということになれば、たいへん心配な状況になるように思えます。

後期試験では、受験生が増えて、定員割れだけは何とか回避してもらいたいと期待しておりますが、どうなるのでしょうか?

個人的には、もっと早く共学化に踏み切っていれば、もう少し受験生の支持を得られたように感じていますが…



2月8日(金)その1
★一昨日、市民の方からのお問い合わせで、消防本部にお話を伺いに出かけましたが、再度、今日の午前中、出かけてまいりました。

内容は、防火水槽の土地賃貸借料についてのことです。

今日、本部で伺ったところでは、防火水槽は市内に二百数十箇所あるとのことです。
また、賃貸借単価というものがあり、例えば1屬△燭蠡霖呂覆蘿間150円、畑なら83円というように決められているのだそうです。

このような単価については、知りませんでしたので、勉強になりました。

★消防本部からの帰り、車のラジオで『大沢悠里のゆうゆうワイド』を聞いていましたら、毒蝮三太夫さんが、ウルトラマンのドラマでアラシ隊員として出演していた当時のエピソードをお話していました。

先日、科学特捜隊の流星バッジを手に入れた私とすれば、これはちょっとシンクロニシティーっぽい気がしました。



2月7日(木)その2
★けやきウォークにある紀伊国屋書店の平台に、『さか上がりを英語で言えますか?』という本が、大量に積んでありました。

もちろん、言えませんので、1冊買ってみました。

答えは『back hip circle』という言い方なのだそうですが、なんだかプロレスの技のような響きに感じました。


★クローズアップ現代を見ましたら、『協同労働』、『働くみんなが経営者』という特集を放送していました。

一人5万円の出資金を出して、協同労働で豆腐店やデイサービス施設などを展開している深谷市の例が取り上げられていましたが、たいへん興味深い内容でした。

また、スペインにある世界最大の協同労働の組合『モンドラゴン』は、8万3千人もの組合員がいるのに、欧州経済危機のときでも、一人も解雇せず、順調に業績を伸ばしたのだとか。

こんな方法もあるんですね。

会社に雇ってもらうことが難しいなら、『みんなでお金を出しあって、地域のニーズに対応できるビジネスをやってしまおう!』ということなのでしょうが、勉強になりました。



2月7日(木)その1
★所用で、午前中は前橋に出かけました。
前橋に来たときの昼食は、『ジョイフル』というファミレスで時々食べます。

群馬県ではあまり知名度がありませんが、ジョイフルは安くておいしいファミレスで、金沢市にでかけたとき、あちらのお店にはよく出かけます。

個人的には、ここのドリンクバーが気に入っています。
特に、梅こぶ茶と抹茶オレは、なかなかのものです。

アメリカンコーヒーも加えて、3種類を一口ずつ順番に飲むと、ちょっとゴージャスな気分になれます。


★朝、ある方から、昨日の産経新聞の投書欄に出ていた記事の件で、お電話をいただきました。
その新聞を確認はしていませんが、その方のお話は、『延命治療拒否の意思表示を保険証などに記すことができれば、本人が望まないような治療による医療費を減らすことができ、国や市の財政にとってもプラスになるのでは?』というものでした。

臓器提供意思表示カードのような、『延命治療拒否意思表示カード』というものも、もしかしますと必要な時代が来るということでしょうか?

★今日は車に乗っていますと、昨日から一転、暑さを感じるような日差しでした。
だんだん春が近づいてきたのは嬉しいのですが、そろそろ花粉も気になります。

でも、今年は、花粉よりも『PM2・5』の方が、心配というところでしょうか?





2月6日(水)その2
★午後1時半から、議会基本条例の小委員会が行われました。
内容はまだオープンにはできませんが、小委員会では合意に達しました。

あとは、議員全員協議会で説明し、条例の素案に同意をいただければよいという所まできましたが、ここから先ははたして?

★とある市内の学校の、データをアップロードするためのパソコンがなくて、HPの更新ができない件についてです。
近々、担当部署に伺って『何とかすべきではないでしょうか?』と申し上げようと思っていましたら、その学校の先生から、『パソコンを1台回してもらえることになりましたので、数日以内に、HPは更新できると思います』との、ご連絡をいただきました。

行かないうちに問題解決となりまして、これは幸いでした。

もしかしますと、私がこのサイトで、つぶやいたのが…

★市民の方からのお問い合わせがあり、消防本部に午後、出かけてまいりました。
内容は控えますが、たいへん丁寧な対応をしていただきまして、問題は整理できそうな感じになりました。今日はお世話になりました。

★シンクロニシティーという言葉があります。
『意味のある偶然の一致』というようなことです。

実は今日、たまたま所用で、ある人に会わなければならなかったのですが、普段めったに会わないその人が、目の前を通り、『おお、これぞまさにシンクロニシティー!』と、その語が頭に浮かんでしまいました。

世の中って、不思議というか、ミステリアスなことがありますよね。
だから、おもしろいのかもしれませんが…

ところで、『ポリス』の名曲で『シンクロニシティー供戮あります。
もう30年前の曲ですが、いま聴いても、存在感がある曲です。
Youtubeで、時間がありましたら、一度聴いてはいかがでしょう?



2月6日(水)その1
★先日、市内のある中学校の学校通信を見ましたら、富岡市内(および周辺)で起きた、このような不審者情報が記されていました。

。昂邁悉棔富岡市七日市の路上を徒歩で進行中、前方から来た60代の男に胸を触られた。
■隠扱邁悉棔甘楽町天引で、60代の男が話しかけてきて下半身を露出した。
11月下旬、富岡市富岡で、自転車で帰宅途中の女子高校生が、自転車に乗った40代の男につきまとわれた。
ぃ隠鰻鄰羹棔富岡市富岡で、女子高生に対し、30から40代の男が路上で下半身を露出した。

この学校通信によれば、群馬県内で3ヵ月の間に、このようなことが100件を超えているとのことです。

なかなか普段、このような話は耳に入ってきませんが、おだやかそうな富岡市でも、気をつける必要がありそうです。

★午前中、かぶら聖苑に行きましたが、雪がけっこう降っているときで、たいへんでした。


また、今日は告別式で、マスクをしたままお焼香をしている方が、何人かいらっしゃいましたが…
席に座っているときならともかく、お焼香のときはマスクを外されたほうが、よろしいような気がしましたが、時代は変わったのでしょうか?




2月5日(火)その2
★明日は再度、大雪になるような話を聞きましたが、どうなるのでしょうか?

午前中から告別式と、午後は議会基本条例の小委員会がありますので、あまり雪には降ってほしくない心境ではありますが、こればかりは、なるようにしかなりませんよね。

★『人間の行動の40%以上は意思決定ではなく習慣』という話を伺いました。

日常の選択の大半は熟慮した意思決定のように思うかもしれませんが、実は単なる習慣なのだそうです。

昔、『わかっちゃいるけど、やめられない』という、クレージーキャッツの植木等さんの言葉がありましたが、これは正に人間の悲しい性を表現しているということなのでしょうか?

★入浴中の急死は、全国で1万7千人に上るそうです。

交通事故で亡くなる方が、年間5千人弱ですので、お風呂で死んでしまう可能性のほうが、はるかに高いということになります。

冬場のお風呂は、出てくるまでは、気を緩められません。

★先日、テレビのランキング番組で『レトルトカレー第一位』に選ばれた『銀座カリー中辛』を、今日、初めて食べてみたところ、これ、おいしいですね。

中辛ということですが、けっこう辛くて、具もしっかりした印象でした。

この味、ちょとハマりそうです。



2月5日(火)その1
★所用で、富岡市の最も西側の、とある地区に、午前中出かけてまいりました。
もう少し行けば、下仁田町という場所ですが、空気の冷たさが違うように感じました。

道にも氷が残っているようなところがありましたが、富岡市は思っている以上に広いですね。


★『アスベスト施設建設反対』のステッカーが貼ってある車を見かけました。


★日本での自殺者数は、昨年、15年ぶりに3万人を切ったとはいえ、交通事故死者数の約7倍で、1日平均70人とのこと。

特に15歳から34歳の若年世代で、死因の第1位が自殺というのは、深刻な社会問題です。

先進国の中でも、日本の若者の自殺による死亡率は、最も高いそうですが、これは『若者が未来に絶望してしまう国』ということを意味しているのでしょうか?




2月4日(月)その2
★産経新聞の記事で『館林市のご当地アイドル「Menkoiガールズ」(旧称「麺恋ガールズ」)が新メンバーを募集している』というものがありましたが、このようなグループが館林にはあるんですか?

今まで知りませんでしたが、地域アイドルを活用した『まちおこし』は、うまく進んでいるのか、ちょっと興味があります。

★『五十肩の調子はどうですか?』と、お声をかけていただきましたが、実は、かなり調子が良くなってきました。

去年の8月半ばに、プールで泳いでから調子が悪くなりましたので、半年近く経って、やっと90%くらいもとに戻ってきた感じです。

一時、ストレッチを導入して、できるだけ肩の筋といいましょうか、筋肉を伸ばそうとしたのですが、やっている最中は良いものの、少し時間が経つと、かえって筋肉が硬直してしまうような感じでしたので、結局、その方法は止めました。

その後は、ほったらかして何も特別なことはしなかったのですが、それが良かったのでしょうか?
自然治癒力で治ってきたという印象です。

ちなみに、診療所や病院、マッサージなど、どこにも行っておりませんし、一切、薬も使っておりません。

最後は、自己免疫力と自然治癒力がモノを言うというところでしょうか。

★とある市内の学校のホームページが、1年以上更新されていないので、その学校の先生に『直したほうがよろしいのでは?』と申し上げましたところ、驚きのお答えが。

先生曰く、『ホームページを直したいのは山々ですが、データをアップロードするためのパソコンがなくて、できないんです。』

学校に更新するためのパソコンがなくて、できないとは、一体全体どういうことなのでしょうか?

学校の公式サイトが、1年半前の内容で止まっているというのは、このインターネット時代にありえない、と言うより、あったらマズイ話と、私には思えてしまうのですが…



2月4日(月)その1
★議会基本条例の件で、午後は議会事務局へ。
全員協議会などの扱いについて、局長さんと相談してまいりました。

何とか、方向性は定まってきた感じです。

その後、ある部署にお邪魔し、部長さん・課長さんに、いろいろ質問したのですが、『議員さん、3月議会の準備ですか?』と、逆に尋ねられてしまいました。

まだ、3月議会の一般質問は、まったく考えていなかったのですが、議会基本条例の方が落ち着きましたら、準備しないとまずいですね。


★スロージョギングのときに、ラップタイムを計るのに使っていた、タイメックスの腕時計の調子が悪く、スロージョギングのモチベーションが下がり気味でしたので、新しいランニング用の時計を購入しました。


カシオの電波ソーラー時計で、ラップタイムもたくさん計れるものです。

9千円ちょっとくらいの価格でしたが、気分一新で、再度、やる気を盛り上げたいと思っています。

ちなみに、昨年は、月100kmほど走ることを目標にし、結局年間1100kmくらいでしたが、この1月は48kmと、低調な結果になってしまいました。

スロージョギングの習慣を維持するための投資と考え購入しましたが、はたしてその効果は??


2月3日(日)その2
★議会基本条例のことで、いろいろ調べております。
条例案のたたき台は、ほぼ完成したのですが、富岡市議会の『全員協議会』の扱いで、話が少々ややこしくなっております。

私はてっきり、どこの市議会にも全員協議会があるのかと思っていましたら、そうではなく、想定外でした。

6日に、基本条例の小委員会があり、それまでに何とか、課題をクリアしたいと思っていますが、非常に微妙な状況です。

★昨夜起きた北海道の地震の被害が明らかになってきましたが、JRの駅の天井板が落ちてきたケースなどを見ると、『もしもこれが昼間だったら…』と、恐ろしくなってきます。

すべての地震に対応できるようにすることは不可能でしょうが、万一の時を想定して、少しでも安全を確保できるような方法を日頃から考えておくことが大切と感じました。

★八重の桜で、吉田松蔭が斬首刑に処される話がありましたが、吉田松蔭が亡くなったのは29歳と知り、驚きました。

人生が一般的には50年もない時代だったのでしょうが、今から150年前の話としても、昔の偉人は若い方が多いように思えます。

文明が発達するに連れ、寿命が長くなり、人間の成長のスピードが遅くなっているということなのでしょうか?

★NHKで八重の桜の後に放送された、有名な写真家であるロバート・キャパの特集は、『よくここまで科学的に調べることができものだ』と驚きました。

もしも、この推測が真実ということになれば、世界の写真界にとっても、衝撃的なことなのでは?
今後、どうなるのか気になります。

★体罰を認めるつもりはありませんが、いまの世の中の風潮では、『巨人の星』の星一徹は、典型的なドメスティックバイオレンスであり、『サインはV』や『アタックナンバーワン』のコーチは、典型的な体罰コーチということになってしまうのでは?

もう、二度と再放送はできないということになるのでしょうか?





2月3日(日)その1
★美術博物館へ、『ウルトラマン 創世記展』を見に出かけてきました。


午前10時前に入りましたので、最初は混んでおりませんでしたが、30分ほどすると、親子連れというか、お孫さんを連れたおじいちゃん・おばあちゃんや、若者のグループ、お母さんと娘さんなど、いろいろなタイプのお客様で賑わいました。

私は小学校時代にウルトラQ・ウルトラマン・ウルトラセブンを見た世代ですので、それ以降の作品はあまり知りません。なので、その3つの作品のコーナーは、じっくり見てまいりました。

その中で知ったエピソードをいくつか挙げてみますと、
.Ε襯肇薀泪鵑離ラータイマーは、テレビ放送のカラー化を意識したものだが、青から赤に変わっても、白黒テレビではわからないため、赤になると点滅させた。
▲Ε襯肇薀泪鵑浪奮愼蛋楝發世辰燭、ウルトラセブンでは地球防衛軍という設定に変わった。これは、当時人気のあったサンダーバードの国際救助隊の影響を強く受けている。

興味を持たれた方は、ぜひお出かけください。

★この写真をご覧になって、『むむむ、こ、こ、これは…!』と思う方もおられるかもしれません。

これは、ウルトラマンの科学特捜隊の『流星バッジ』です。

あのウルトラマンの主題歌にも『胸につけてる、マークは流星』と歌われているものです。

帰りに、ウルトラマンのグッズ販売コーナーで見つけ、購入しました。

小学生の頃、このバッジがほしかったのを今でも覚えています。

なんだか、私も科学特捜隊のメンバーになったような気分です。
ムラマツ隊長、フジ隊員、ハヤタ隊員、イデ隊員、アラシ隊員の後の6番目のモハラ隊員になった気持ちで、これから頑張りましょう。

ところで、アラシ隊員が毒蝮三太夫さんということを知っている方は、どのくらいおられるのでしょうか?



2月2日(土)その1
★昨日、議員用のレターケースに、富岡製糸場東繭倉庫で起きた『瓦片及び漆喰』の落下事故ついての資料が入っていました。

それによりますと、製糸場の代表的な場所の『明治五年』と記してあるキーストーン前で、事故は起きたとのことです。

発生時は本年1月18日の午後3時頃。

団体客で来られていた女性の頭部に落下物が直撃しましたが、幸い『コブ』で済んだとのことです。

落下物の写真をご紹介いたします。





★美術博物館で、本日から『ウルトラマン 創世紀展』が始まったようです。
3月24日までですので、ウルトラマンファンのみなさん、ぜひお出かけください。


★もみじ平で、ちょっとスロージョギングをしてきたのですが、今日は風が生温いというか、妙なお天気でした。印象とすれば、3月下旬くらいの感じでした。

また、明日は、真冬の陽気に逆戻りするそうですので、風邪などひかぬよう、お気を付けください。

市内の中学校では、かなりインフルエンザがまだ、流行っているようですので…

★とある小学校の保護者の方から伺った話ですが、『バレンタインデーのチョコレートは、学校には持ってこないように』との通知が配られたのだとか。

そのような通知を出さないと、いろいろ混乱が起きてしまうのでしょうか。





2月1日(金)その1
★午後2時から西中で行われました立志式に出席しました。
中学2年生123名のみなさんの、力強い立志の誓いを聞いてまいりました。

西中の後輩のみなさん、頑張ってね!


★夜7時から一ノ宮地区子育連・一ノ宮小PTA合同新年会が行われ、出席してまいりました。

2時間の間に、小学校の様々な課題を聞くことができ、大いに勉強になりました。

また、これから10年もすると、教員の大量退職時代を向かえ、ひょっとすると30代で教頭先生になるような方も出てくる可能性があるほど、年齢構成が変わってしまうのだとか。

いろいろ興味深い話を伺いましたので、これから少しずつ調べて、HPで紹介したいと思います。



1月31日(木)その3
★明日、西中の立志式に行く予定なのですが、今日、聞いた話では、富中と南中は、インフルエンザの流行のため、立志式が延期になったのだとか…

流行が、小学校から中学校へ移ったような感じです。

★今の若い女性の間には、『専業主婦願望』が強くあるような話を、とある新聞で知りました。

ちょっと前とは、かなり考え方が変わってきたように思えますが、若くして専業主婦でやっていけるというのは、羨ましい存在のため、憧れる気持ちが強くなってきたということなのでしょうか?

★『富岡市の外国人の数は、どのくらいなのでしょうか?』と、高崎での研修会の帰りに、ご質問をいただきました。

細かい数字は覚えていませんでしたが、『およそ600人で、半分ほどが中国人の方』と記憶していましたので、そう説明させていただきました。

富岡市の人口の1%強という感じでしょうか。

今日の研修会の中で、群馬県の外国人登録者数は、約4万2千人とのお話がありました。群馬県の人口が2百万人ほどですので、率とすれば2%強。

富岡市の外国人の割合は、県の半分くらいです。

★柔道女子の監督さんの記者会見を見ました。
監督さんは、ちゃんとカメラの前で、説明しづらいことを、しっかり説明したという印象を持ちました。

暴力はあってはならないことですが、これまで日本のスポーツ界では、多少の暴力は見過ごされてきたのも事実でしょう。

少なくとも、スポーツ根性ドラマやアニメを子ども時代に見てきた50代以上の者からすれば、中学高校時代、先生や先輩から、一度も暴力的なことをされたこともない、周囲でそんな話は聞いたこともないと言える人は、まずいないのでは?

柔道の監督さんの行為は問題だとは思いますが、ちょっと今の流れに違和感を持っています。

もしも、過去にさかのぼって、体罰や暴力、しごき、パワーハラスメントなどの責任を追求することができるとすれば、日本中で数え切れない問題が表面化することになってしまうでしょう。

また、責任を追求する方向で進めば、スポーツでの厳しい指導や練習というものが成立できなくなる可能性もあるのでは?

たとえば部活動で、気持ちがたるんでいる部員に対し、先生や先輩が『バカヤロー、もっと本気で走れ!』と言ったらパワーハラスメントということになれば、だれも何も言えなくなってしまうように思えます。

殴る、蹴る、尻をバットで叩くなどは、あってはならないことですが、どこかで明確なラインを引かないと、スポーツ活動が停滞してしまうのではないでしょうか?

これまで本気で熱血指導をされてきた立派な指導者の方が、もしも、現在の価値観により、以前は当たり前であった指導が問題行為として否定され、次々とマスコミに取り上げられて糾弾されるようなことになったら、ちょっとそれは、おかしいように感じます。



1月31日(木)その2
★高崎市の合同庁舎で行われました『西部地区人権教育指導者研修会』に、社会教育委員として参加してまいりました。

『多文化共生社会の実現』についての講演を伺いましたが、普段あまり聞けないような内容で、たいへん勉強になりました。

日本でも外国人の方が珍しくない時代になってきましたが、それに連れて、様々な課題・問題が生まれています。

外国人の子どもたちの教育問題を始め、健康保険や生活保護、さらには外国人定住者の高齢化など、今後さらに問題は広く深くなっていく可能性があります。

また、逆に、これからは外国人住民の力を借りなければ、人口減少により日本の社会は立ち行かなくなる危険性もあります。

いかにして、様々な文化的な背景を持つ人々が、いっしょにうまく暮らせる社会を作っていくかを、真剣に考えなければならないことを強く感じました。

余談ですが、このような話も聞きました。

・お相撲さんが日本語が上手なのは、おかみさんの力が大きい。

・子どもは日本語が理解できるが、親はわからないため、親が病院にいくときは、子どもが通訳をするケースが多い。

・永住者や定住者は生活保護の対象になるため、飛行機で成田に到着すると、すぐに福祉事務所に行き、生活保護を求める外国人がいる

・太田や大泉のほうでは、病院で、外国人の通訳を1時間いくらでするというビジネスがある

・10年、20年住んでいても、日本語が話せない外国人はいる。長くいれば話せる訳ではない。




このような場合の対策として、群馬県は医療費の補填を行っているそうです。
しかし、他県は行っていないため、お金を払えない外国人の方が、群馬県の病院へ来るようなことに…、というようなこともあるとのことです。

難しい問題ですが、これは、国が対応しなければいけないことですよね。




1月31日(木)その1
★今朝の朝刊に、ガソリンスタンドが全国的に減っているとの記事があります。

群馬県でも、ピークだった1996年の1154店から、いまや半分以下の530店。
また、全国にはガソリンスタンドが1つもない自治体が7町村あるとのこと。

スタンドが3店以下の自治体を『給油所過疎地』と経産省では定義しているそうですが、『給油しに遠くのスタンドまで出かけて家に戻ったら、満タンだったガソリンが半分になっていた』という話も、地域によっては冗談ではない時代が近そうです。

★一度聴くと、メロディが耳に残り、頭の中で延々とリピートされてしまう曲って、ときどきありますよね。
数日前、あるラジオで久しぶりにSPINNERS(スピナーズ)の『It's a shame』という曲を聴き、家でyoutubeで再度聴いたところ、やたら耳に残ってしまって…

ちょっと、It's a shame(恥ずかしいね) っていう感じです。

モータウン系の音楽って、耳に残ってしまう魔性のメロディが多いように感じますが…

マニアックな話になりましたが、お時間ありましたら、Youtubeで聴いてみてください。