富岡市を元気に!子どもたちに明るい未来を! 富岡市議会議員 茂原正秀WEB-SITE
TOP    これまでの活動記録(毎日更新中!)
スポンサーサイト





こんなとき、法的にはどうなの?
木の枝を無断で伐採された!損害賠償できる?

台風の影響で、私の家の隣の木が立ち枯れ、敷地内にとめている私の車の上に傾いてきています。今後、冬に雪が積もるなどすればその重みで木が倒れる恐れがあり、車にあたるのではないか、気が気でありません。お隣さんに何とかしてもらいたいのですが、応じてくれません。






富岡市の桜
富岡市の美しい風景
富岡市観光協会の
Facebook

便利な情報サイト
ダイヤモンド・オンライン
東洋経済オンライン
日経新聞
読売新聞オンライン
朝日新聞
毎日新聞
産経新聞
東京新聞
ロイター
共同通信
ニューズウィーク
NHK
プレジデント公式サイト
上毛新聞
The Japan Times Online












富岡市の防災気象情報(気象庁リンク)

7月31日(水)その3
★今日、市役所に行きましたら、ある課長さんが『これ、何だかわかります?』と、鮮やかな赤いものを。

これは、市役所にある緑のカーテンの、ゴーヤの種なのだそうです。



豆か何かと思いきや、驚きです。

ちなみに来年の緑のカーテンを作るときに、この種は使うそうです。


写真は市役所西側の緑のカーテンです。



★一ノ宮体育館の照明が2基、故障していましたので、早速もみじ平体育館のスポーツ課へ、対応をお願いに行ってきました。

また、平日なのに体育館が混雑しておりましたが、何かと思えば、中学生のハンドボールの県大会が行われたとのこと。

ちょうど決勝戦が終えたところで体育館に行きましたので、残念ながら試合は見ることができませんでしたが、たいへんな賑わいでした。



★『車は購入後13年目から、自動車税が10%増しになる』というお話を、本日教えていただきました。

ネットで調べると、ガソリン車の普通車がこれに該当するようです。

しかし、大事に長く同じ車に乗るのですから、罰則的な割り増し自動車税というのは、いかがなものかと思えますが?



7月31日(水)その2
★高崎に出かけたら、高崎市立図書館に最近よく行きます。
そろそろ、借りていたCDを返す期限が近づいておりますが、いま、この5枚を借りております。


最近のヒット曲については、どうなのか分かりませんが、少なくとも私たちが思いっきり音楽漬けになっていた時代のアーティストのCDは、かなり充実しているように思えます。

ビートルズのハード・デイズ・ナイトを、最初から最後まで通しで聴いたのは何十年ぶりだか分かりませんが、50年近く前の作品なのに、このフレッシュ感は恐ろしいほどです。

また、一曲の長さが、信じられないくらいどれも短い。
3分を越す曲など1つもなし。
『名曲は短い』という言葉がありますが、納得できますね。

ビートルズの曲は、イントロからアクセル全開で、その世界にぐいぐい引き込むような力があるように思えます。

特に、ハード・デイズ・ナイトやヘルプあたりのビートルズは、勢い重視のロック感を前面に出す曲調から、琴線に触れるメロディアスな曲調に移行しつつある時期で、ビートルズとしては最も生き生きしていたのではないかと、勝手に考えております。

アバのアライバルも、洗練された曲が多いですね。もちろん、LPレコードも持っていますが、こちらも通しで聴いたのは30年ぶりくらいです。

プリテンダーズは、『愛しのキッズ』くらいしか、知らないのですが、聴いたところでは、ちょっと私の嗜好に合わなかった感があります。

オリビア・ニュートン・ジョンは、有名な曲ばかりを集めたCDでしたので、思ったとおりの感じでした。

ところで、昨日から、市議会だよりの原稿をパソコンで組み始めておりますが、あまりの暑さで、集中できないような状態です。

どうもうまく進まないと、雑誌をぱらぱら開いたり、ネット検索をしたり、CDを聴いてみたりというような方向へ、ズルズル流されてしまいます。

親戚にウルトラマンがいる訳ではないのですが、3分間くらいで、カラータイマーが頭の中で、ピコピコ鳴り始めてしまいます。




7月31日(水)その1
★突然ですが、日本の財政問題について、このような話を聞きました。

*外国の投資家は、中長期では日本国債を危険資産と見なしている

*2020年ごろから、日本は資金調達を外国投資家に頼らざるをえなくなる

*そうなると、日本国債の利回りには財政リスクプレミアムが課され、財政破綻が訪れる

*政府が掲げる2020年度のプライマリーバランス黒字化の達成はそうとう難しい

この話は、2013年度の経済財政白書の執筆者メンバーの方が書いた本に出ているものです。

でも、こんなことを言ってはなんですが、国民の多くは、何となく、こうなるのではないかと、心配はしている話ではないかと思われます。

なのに、日本国債の金利は低位で安定し、ギリシャのような債務危機が起きる気配はありません。

しかし、2020年はそう遠くはありません。

ひょっとすると、2020年の東京五輪招致が成功し、『オリンピックで大いに盛り上がる予定だったのが、それどころではなくなっていた』というようなことになってしまうのかも?


リーマンショックのときアメリカでは、経営状況が悪化した大手金融機関を『大きすぎて潰せない』という意味で、『too big to fail』という表現がよく使われていました。

ワタシ的には、日本の財政問題をこれになぞらえると、『大きすぎて理解できない』という意味で、『too big to understand』と表現できるのではないかと思っております。

“なんとか手を打てる段階の物事は『問題』として受け止めても、どうすることもできなくなれば、だれも『問題』として受け止めなくなる。”(あくまでも私の個人的なコンセプトですが…)

日本の財政問題は、もはやその次元に突入したのではないかと、思えてしまいます。




7月30日(火)その2
★午後7時から、一ノ宮市民体育館にて、盆踊りの練習会が行われました。

一ノ宮地区には、貫前音頭などの伝統文化的な踊りがありますが、年に一度、踊るくらいですと、なかなか身につかず、お上手なご婦人方の見事なパフォーマンスを見ながら、やっとマネをしているというような状況です。

上手な方の踊りを動画撮影し、YouTubeででも簡単にいつでも見ることができるようにすれば、もう少し上達するような気もしますが…

盆踊りの本番は、次の日曜日です。
日本のソウルミュージックに合わせて、ソウルダンスを大いに踊りましょう!


それにしても、体育館は夜でも、暑いですね。
1時間半ほど踊りましたら、けっこう応えました。



7月30日(火)その1
★先ほど、ヤフーで、ワークショップ『妙義トリップ』なるイベントを見つけました。

そちらの情報をそのまま紹介しますと、
富岡市立美術館・福沢一郎記念美術館で開催される企画展「平町公のワンダートリップ」の作家・平町公さんを講師に招いて行われるワークショップ。妙義神社を散策しながら、妙義山を描き、仕上げた数枚の絵を自分だけの物語絵巻に仕上げる。
とのことです。

私がついうっかりだったのでしょうが、地元のこうしたイベントを、ヤフーの情報コーナーで知るというのは、ちょっと複雑な感が…します。

★近くの本屋さんで、東洋経済を買ってきました。
もちろん、特集の『住んで損する街、得する街』を読むためです。


もうすぐ8月ですから、9月議会の一般質問の材料をそろそろ探さなければなりません。

良いネタがあればいいのですが…



7月29日(月)その2
★山口県や島根県では、記録的な集中豪雨だったようですが、年々、短時間にどっと雨が降るゲリラ豪雨はひどくなるばかりのように思えます。

壊滅的な被害にあった地域の方々には、本当にお気の毒としか申し上げられません。

それにしても、津波ではなく、雨による濁流であらゆるものが流されてしまうということになると、内陸部でも危険性があるということになります。

一番の被災地である山口県の萩市は、以前、景観条例の先進地として、視察に行ったことがあります。
とても落ち着いた、歴史と趣きのある街でしたが、それを思い出すと残念でありません。

毎年、全国のあちこちで、ゲリラ豪雨による大きな被害が出ていますが、富岡市でも油断はせずに、心構えと準備をしておく必要がありそうです。

また、高齢者だけの世帯も増えておりますので、そうした方々への安全対策も、改めて考えるべきではないでしょうか?


★NHKのほっと群馬640を見ていましたら、丹生湖のひまわり畑の写真が、取り上げられていました。

私も、ナイスな写真が撮れたら投稿しようかと思っていましたが、お上手な方に先を越されてしまい、タイミングを逃しました。

今日の写真を見て、丹生湖だけでなく、富岡市に足を運んでくださる方が少しでも増えてくれることを期待しましょう。




7月29日(月)その1
★最近、お天気が冴えません。
梅雨のような毎日が続いていますが、もしかして、学校が夏休みに入ってから、夏空が広がった日は、ほとんどなかったのでは?

地元の一ノ宮小学校の6年生は、今日から出雲崎の臨海学校に出かけましたが、このような天気では、海辺に行っても、どうするのでしょう?
せっかく出かけるのですから、夏の日差しの下で、海水浴を楽しんでいただきたいものです。


また、丹生湖のひまわり畑には、花の咲き具合をチェックするため、これまで3回ほど出かけましたが、花はほぼ満開なものの、青空にならず、残念です。

スカッとした青空をバックに、ひまわり畑の黄色が浮き上がるような写真を撮ってみたいと思っていますが、ちょっと難しそうな雰囲気です。



★あくまでも、個人的な印象ですが、もしかして、アベノミクスによる期待及び効果は、ピークを越えたのでは…

厳しくいえば、結局、アベノミクスは、自民党が参議院選挙で勝つための、戦略だったという見方も、十分にできるのではないでしょうか?

選挙で大勝した自民党にとっては、アベノミクスの効果や恩恵は十分過ぎるほどあったのでしょうが、国民にとっては、儚い夢だったのかもしれません。


現在の国の借金残高と、今後の人口減少や一層加速する社会の高齢化を考えれば、アベノミクスの三本の矢で、日本が復活できると思ってしまうこと自体、かなり無理な話かと思えますが、『もがけばもがくほど深みにはまってしまう状況が、アベノミクスでさらに悪くなってしまった』ということになってなければ良いのですが…




7月28日(日)その1
★午前中は、富岡市のボランティア団体である『おもちゃの病院』の活動を拝見するため、あい愛プラザに出かけてきました。

活動についてのお話は伺ったことがありましたが、実際にどのような流れで、故障したおもちゃの修理をするのかは知りませんでしたので、たいへん興味深く見学することができました。

現在のおもちゃは、電子部品の回路があるような物が多く、修理も細かい作業が多いようですが、スタッフのみなさんは様々な機材を使いながら手際よく修理をされていました。

また、修理されたおもちゃを持って、うれしそうに帰る子どもさんの笑顔は、場の空気を明るくしてくれますよね。

お母さんに抱っこされながら、『バイバイ』と、手を振る子どもさんの笑顔は最高でした。

ところで、おもちゃの病院での修理代は無料です(ただし部品代は有償の場合があります)。
さらに、修理に使う高価な機材は、ほとんどがスタッフのみなさんの私物だそうですが、本当に頭が下がる思いです。

スタッフのみなさんには、子どもたちのために、末永く活動に取り組んでいただけますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

毎月第4日曜日に、おもちゃの病院は開いています。
会場は、あい愛プラザの2階です。


お預かりしたおもちゃは、早速スタッフのみなさんが分解して、
修理に取り掛かります。



手前側は受け付けです。小さな子どもさんを連れたご夫婦が
たくさん来られていました。


スタッフのみなさんが持ち込んだ本格的な機材や検査機器も、
大活躍。



7月27日(土)その1
★富岡夏まつりに出かけました。
賑やかな雰囲気で、活気が感じられました。

シャボン玉は、いつの時代も、子どもたちには人気です。


三輪車レースです。チキチキマシン猛レースのようなデッドヒートが…


ユネスコ合唱団の発表会もありました。


このキャラクターは?? 下仁田町のゆるキャラのようです。


見事な飾りつけです。


絹糸のような糸菓子の実演風景も楽しめました。この技術はすごい!



7月26日(金)その2
★夜7時から、西中学校の歴代校長、PTA会長・振興会長の集まりである城西会が、松竹飯店で行われました。

久しぶりにお会いする方も多く、楽しいひとときとなりました。

また、その中で、現在の校長先生から伺ったお話ですが、気になることが1点。

それは、中学生の間で『LINE』が流行中で、夢中になってしまっている子どもさんが少なくないのだとか。

最近は、LINEにまつわる殺人事件も起きているようですから、非常に心配です。

子どもさんにスマホを持たせているご家庭は、何らかの使い方のルールを設けることも必要なのではないでしょうか?


★城西会に、商工会議所青年部の方がおられまして、青年部の皆さんがイベントで作っている『こんかつ』の話題になりました。

個人的には、スタート時と比べれば、こんかつは、たいへんクオリティが向上したと思ってります。
でも、なかなか地元の飲食店でメニューとして導入してくださるところがないのだとか…

観光客の方に、ちょっとしたおやつ感覚で買ってもらえる可能性が高いように思えるのですが、名物グルメ創作の道は、思った以上に険しいということでしょうか?




7月26日(金)その1
★午前中、税務署に書類の提出に行きましたが、その帰り、丹生湖のひまわり畑が気になりまして、ちょっと寄り道しました。

花はだいぶ咲いていましたが、天気が曇り空で、写真撮影にはもう一つという感じでした。

来週前半の青天の日が、絶好の撮影日和になるのではないかと予想します。


晴れていれば、この奥に妙義山も見えるアングルなのですが…




7月25日(木)その3
★テレビ東京で夜10時から放送されていた『カンブリア宮殿』を見ていましたら、今日は長野市で画期的な経営をしているタクシー会社が取り上げられていました。

それを見ていましたら、長野市から富岡製糸場に来るツアーコースの下見の場面が出て、『お年寄りには、駐車場から製糸場までの距離が長すぎる』とのご指摘がありました。

以前から、少々気になってはいましたが、テレビの番組中でズバリ指摘されますと、重いものがあります。

NHKの『あさイチ』よりも、カンブリア宮殿での富岡製糸場の方が、気になる一日になってしまいました。

(富岡製糸場内を下見するタクシー会社の方々)



7月25日(木)その2
★昨日、サンダーバードに触れましたが、先ほどメールで鋭いご指摘を頂戴しました。

サンダーバードはイギリスで制作された番組ですが、『トレーシーファミリーは確かアメリカ人という設定では』とのこと。

ついうっかりでした。

ところで、赤ちゃんのお名前はジョージとのことですが、ジョージといえば、
ジョージ・ハリスン
ジョージ・マイケル
ジョージ・ベンソン
などの、ミュージシャンが思い出されます。


ぜひ、未来のイギリス国王として、健やかにご成長されますことをお祈りいたします。


★今朝のNHKの『あさイチ』についてです。
番組中でパラグライダーや、シルクパウダーのシューが取り上げられていましたが、地元に住む人間でも、あまり知らないような分野の情報だったのでは?

実業高校の生徒さんの野菜販売や、富岡地区で盛んなハンドボールなどは、富岡市を紹介する内容として納得できますが、取り上げた内容に少々偏りがあった感は否めません

でも、これから世界遺産登録が近づいてくれば、今後も同様の番組で富岡市が取り上げられるのは確実でしょう。

となると、そのテレビ放送を戦略的に利用するくらいのしたたかさが望まれます。市の観光担当部署の皆さんには、大いに力を発揮していただきたいと思います。





7月25日(木)その1
★NHKの『あさイチ』で、富岡市が特集されていました。

番組中、『スーパーがない』やら『3人に1人はお年寄り』などの、“ちょっと待ってください、NHKさん!!”と言いたくなるようなナレーションもありましたが…











7月24日(水)その2
★イギリスのロイヤルベビーのニュースが大きく取り上げられていましたが、強く感じたことが2つあります。

まず1点目は、ウィリアム王子とキャサリン妃が、国民の前に、しかもあれほど近くまで来て、赤ちゃんを見せながらインタビューに答えるなんて、日本では、というより、世界のどこの国でも、ありえないことなのでは?

イギリス社会の成熟度を感じました。

そして2点目は、キャサリン妃が、お産をしてからわずか2日で、あれほどお元気な姿でお出ましになられたことです。

日本人の感覚では、これもちょっとありえない話なのでは?

アングロサクソン系の方は、東洋系の方よりも、たくましいのかどうかは、分かりませんが、これも驚きました。


ところで、赤ちゃんのお名前はどうなるのか?

イギリス人の男の人の名前といえば、スコット・ジョン・バージル・ゴードン・アランですよね。

私たちの世代からしますと、この5つの中から決まってほしいです。

ちなみに、この5人の名前は何か?

サンダーバードのトレーシー兄弟です。




7月24日(水)その1
★昨日、某ボランティア団体の方からいただきましたご意見について、社会福祉協議会に伺い、確認してまいりました。

詳細につきましては、現段階では控えますが、近いうちに、そのボランティア団体の活動がありますので、本日、社会福祉協議会で聞きましたお話を元に、さらに詳しく伺ってきたいと思います。

ボランティア活動に取り組まれていらっしゃる皆さんが、気持ちよく活動に取り組んでいただける環境をつくることが、重要と考えます。


★匿名のお手紙で、『行政相談員』についてのご意見をいただきました。

本日、総務部長さんのところで、いろいろ伺ってまいりましたが、もしも、ご回答が必要でしたら、あらためてメールでご連絡お願いいたします。


★部屋の電灯が切れてしまい、脚立に乗って交換したのですが、この作業、齢を取ってくると、けっこうたいへんです。

もしかして、高齢者の一人暮らしの方で、このようなちょっとしたことに対応できず、困っている方もおられるのでは?

『齢を重ねるというのは、これまで当たり前だったことが、当たり前でなくなること』というところなのでしょうか…

高齢者でなければ分からない、日常生活の困ったことを、調べてみたくなってきました。


★昨日、SSさんに行きましたら、『これ、今日来たばかり』と、あの有名なクマさんが出てくる映画『テッド』を薦められました。

というわけで、夜な夜な見ましたが、テディベアのテッドの動きの恐ろしいほどのリアルさ・ナチュラルさは一体どのように撮影したのでしょう?

ビックリ仰天です。

映画の中で、ノラ・ジョーンズが、主題歌を歌っていますが、これもなかなかいい感じの曲でした。
YouTubeで、オフィシャルサイトの動画が出ていましたので、紹介しておきましょう。



7月23日(火)その2
★先日、とあるボランティア団体の方から、『聞いていただきたいお話があるのですが』とのご連絡をいただきました。

そんな訳で、本日、某ファミレスで待ち合わせをし、夕方お話を伺いましたが、ボランティア団体で活動をなさっていらっしゃる側からの、切実なお話を聞き、市のボランティアに対する姿勢について大きな疑問を持ちました。

たまたま、その方は、私と同い年ということもあり、初めてお会いした方ですが、共通の話題も多く、大いに話は盛り上がりました。

早速、明日から、いろいろ確認してみるつもりですが、ボランティア団体の皆さんのご苦労について、たくさん知ることができた一日となりました。




7月23日(火)その1
★参院選挙の投票結果が詳しく、本日の朝刊に出ています。

みんなの党の比例選で当選されている方に『渡辺美知太郎』というお名前がありますが、これは渡辺喜美代表の息子さんかと思いきや、甥っ子さんとのこと。

渡辺代表の息子さんが議員になれば、みんなの党のイメージとは少々方向性が異なるように思えましたが…、甥っ子というのもちょっと微妙な印象が残ります。

また、選挙当日、比例選のたくさんの候補者名リストの中でも、『アントニオ猪木』氏の名前だけは、すぐに気づきましたが、富岡市だけで、アントニオ猪木さんの個人票が144票あったというのですから、やはりかなりの存在感があったということになるのでは?

ところで、選挙の投票率がどんどん下がる一方です。
この原因は、選挙への関心が低下しているためという見方が強いですが、実態は、『有権者の急速な高齢化』こそ最大の要因ではないでしょうか?

また、景気が長期低迷から脱せないのも、人口減少&高齢化による国内需要の大幅な減少が要因と思われます。

となると、今後も、よほどのことがなければ、投票率は下がり続け、景気もよくならないという、困ったシナリオしか出てきませんが…


それじゃ、アベノミクスはどうなるのか?

おそらく、『日本を取り戻す』以上に、更なる財政状況の悪化を加速させる可能性の方が高いのではないかと…、個人的には考えております。





7月22日(月)その2
★一ノ宮地区の子育連のみなさんが、今日から藤田峠キャンプ場でリーダー研修を行うと聞きました。
ということで、子育連役員OBとして、夕方、役員さんの激励に行ってまいりました。

ところが、到着後、間もなくすると、突然の大雨&雷。

東屋で様子を見ていましたが、風が強く、屋根があっても結構濡れてしまいました。

1時間くらいで、何とか雨は止みましたので良かったですが、一時は、夜のキャンプファイヤーができるのか心配なほどでした。

雨宿りをしている時間がかなりありましたが、6年生や保護者の方々と、あれこれお話ができて、その点は有意義で、ちょっと幸いでした。










7月22日(月)その1
★大方の予想通り、参院選挙は自民の圧勝で終わりましたが、となると、『材料出尽くし』で、株は下げ、為替は円高か、と思いましたが、意外に様子見の雰囲気が…

アベノミクスに期待して、自民党が大勝した翌日から、株価がガンガン下がれば冗談じゃありませんが、意外にそのようなケースは、過去の歴史を見ると多いのではないでしょうか?

しかし、自民安定政権となり、当分、国家議員選挙がないとしますと、一気に憲法改正というところまで行ってしまうのでしょうか?

国民の多くは、それを望んでいるかは分かりませんが、自民党の主張と選挙の結果を見れば、そうに進んでも、仕方なさそうです。


★昨日の昼、前橋で行われている、画家の掛川孝夫さんの展覧会に出かけました。
3.11でお亡くなりになられた方々をテーマにした作品展です。

心に直接訴えかけてくるような、伝える力があふれる作品ばかりです。

今月の28日まで、ノイエス朝日(前橋市元総社町73−5)で行われていますので、ご興味のある方は、出かけられたらいかがでしょう?




★昨夜は、参院選の開票速報番組を見たあと、ゴルフの全英オープンの放送があり、ついそちらも見てしまいました。

私は、ゴルフは5年以上、一度もやっていませんが、昔、一時期、好きだったことがありまして、そんな訳でメージャーのゴルフ大会は、テレビで時々見ます。

昨日は松山選手が大活躍していましたので、夜更かししてしまいましたが、久しぶりに大活躍の予感を感じさせる日本人ゴルファーの登場という印象を持ちました。

最終日の前日、スロープレイの1打罰がなければ、ひょっとしたら優勝争いに加わっていた可能性さえありますが、4月にプロになってまだ3ヶ月で、全英オープン6位というのは驚異的です。

ところで松山選手と石川選手は同い年だそうですが、石川選手は、フォームを改造してから、不調が続いているように感じます。
どうしたのでしょうか?

松山選手の全米オープン10位と全英オープン6位は、青木功選手が世界で活躍した時代を彷彿させます。

昔話をすると、年寄りくさくなりますが、1980年の全米オープンでの、青木功選手とジャック・二クラス選手の死闘は、テレビに釘付けになったことを今もよく覚えています。




7月21日(日)その2
★午後10時頃、テレビ東京で放送していた参院選挙の速報番組を見ていましたら、池上彰さんが、政教分離について、『直球ど真ん中勝負』のような質問をされていました。

思わず、見ていて、仰天ですが、さすがはテレビ東京。

どこのチャンネルでも似たようなことしか言いませんが、すさまじい切り込み方です。

おそらく速報番組は、NHKの圧勝でしょうが、テレビ東京は視聴率ではかなり善戦するのでは?



7月21日(日)その1
★参院選挙の投票に、朝9時を回った頃行きました。
そこそこ投票に来られていた方はおられましたが、静かな印象でした。

投票率はどうなったか、分かりませんが(現在午後9時頃です)、かなり低いのでは?

また、比例区の投票のとき、候補者名のリストを見ましたら、あまりの多さにビックリ。
でも、アントニオ猪木さんの名前は、ズラッと並んだ名前の中でも確認できました。

こういうとき、カタカナのお名前で、しかも著名人は圧倒的に有利ですよね。


今回の選挙では、ネットの利用も可能となりました。
そのため、ブログ、フェイスブック、ツイッターなどに力を入れた候補者の方も多かったようです。

しかし、どうなんでしょうか?

私は、かなりネットを利用するほうの人間ですが、参院選挙の候補者のブログ、フェイスブック、ツイッターなどは何一つ、見たことはありません。

他の人はどうなのかは分かりませんが、案外、みなさん、そんな感じなのではないでしょうか?




7月20日(土)その1
★明日は参院選挙の投票日ですが、投票率はかなり低くなるような予感がします。
ネット選挙解禁後の初の選挙ですが、投票率にあまり効果がなかったということになってしまうのでは?

★宝塚のOGとして、八千草薫さんが取り上げられていましたが、御年82歳とは。
これはビックリ仰天、その若々しさの秘訣は何なのでしょうか?

私の世代からすると、八千草さんは、あの有名ドラマ『岸辺のアルバム』に母親役で出演されていたのが印象的です。

70年代後半ですから、35年ほど前?

娘役は、確か中田喜子さんでした。

八千草さんと中田さんは、今や健康食品のテレビCMでライバルのような関係にも見えますが…



★最近、小さな子どもを近くで見る機会があまりないのですが、今日は姪っ子が2歳半の男の子を連れて、遊びに来てくれたので、久しぶりに新鮮な体験をしました。

このくらいの子どもが言葉を覚える過程に、とても興味がありますが、見ていて、面白いものですね。

あっという間に、3時間くらいが過ぎましたが、やはり子どものエネルギーというのは、すごいものです。

大人ばかりでは、パッとしませんが、小さな子どもがいることで、空気が一変します。

でも、これから、どんどん子どもの数が少ない時代に向かうことになりますが、あと何年かしたら、
『今日、公園で子どもが遊んでいるところを見たよ』
『へぇー、そりゃー、珍しいや』
なんていうことになっているのかも…

確か富岡市の2040年の人口統計では、10人中、65歳以上の高齢者は約4人で、14歳以下の子どもはおよそ1人。

高齢者の姿は、あちこちで見かけるでしょうが、幼稚園・保育園に通うくらいの子どもに会うことは、かなり難しくなることは確実でしょうか?

ちなみに、この年、私は生きていれば、82歳。

これは…微妙な年齢ですね。




7月19日(金)その1
★午前9時半から広報編集委員会、さらに10時から全員協議会、そして午後2時半から、議員定数削減の研究会と、会議が続く一日となりました。

また、夕方、会派のみなさんとの集まりがありまして、いろいろ情報交換をしました。
会場は、仲町駐車場そばの、かわら屋さんですが、車いすのお客様でも利用できる部屋が新設されていました。


特注品のテーブルとキャスター付きの肘掛け椅子ですが、座り心地は最高ですね。

奥さんのお話では、製糸場のお客様は、年配の方が多く、以前から車いすでも利用できるかのお問い合わせがあったため、今回、バリアフリーの部屋を作ったそうです。

ちなみに、私たちの集まりは、2階のお座敷でした。

久しぶりに、議員の先輩である篠原さんともお話ができ、有意義な時間になりました。


★今年の10月4日に、深谷市と『友好都市提携』を行うとの報告が、全員協議会でありました。

私にとって深谷市といえば、2年間続けて参加している『ふかやシティハーフマラソン』が頭に浮かびますが、友好都市になれば、来年は一般参加ではなく、市議会の交流団として、マラソンンに参加することになるのでしょうか?

どちらにしても、製糸場で様々なご縁がある深谷市さんとは、積極的に交流をしていきたいものです。



7月18日(木)その2
★昨日の読売新聞に掲載されました富岡製糸場の投稿を読んでくださった、東京の方から、お手紙をいただきました。

その方は、社会保険労務士の事務所を経営されている方で、昨年、富岡製糸場に来られたときのことを、事務所ニュースの印刷物で紹介されています。

そのニュースを読んだところ、思わぬ表現が…
以下の写真ですが、


どうも、気になるのは、富岡製糸場と、野麦峠の話がいっしょになってしまっているような印象なのですが…

この方、78歳の方で、東京で今も事務所を運営されているご立派な方です。

でも、このような方でも、富岡製糸場イコール野麦峠・女工哀史となってしまっているのが、世の中の現実なのかもしれません。

もしかすると、全国に同じような誤解をされている方が、多数おられるのでは…


★早死にする職業ベスト10との、某週刊誌の調査結果がありました。

1位は 大手広告代理店の営業なのだとか。

ちょっと予想外です。

富高時代の同級生で、広告代理店大手の博報堂に行っている方がおりますが、お元気でやってらっしゃるでしょうか?

また、2位は IT企業の下請けSE、3位は チェーン飲食店店長。
そして4位は何と、若手官僚。

官僚が出てくるというのは、予想外でした。

若いうちに、自ら命を絶たれる方がけっこう多いためとの理由ですが…



7月18日(木)その1
★また、夏の暑さが戻ってきたような日になりました。
今日は、家にこもってパソコンであれこれ作業をしておりますが、どうも、長時間モニターを見ていますと、目に負担があるような…

DVDで映画を見るのなら、何時間でも気にならないのですが、文章を考えながらモニターを見ていると、イライラしてきます。

人間というのは、ヒジョーに勝手な生き物ですね。

★富岡市議会の議員定数削減を考える議員有志の会があります。

最初は5名ほどで集まっていたのですが、なぜかどんどん人数が増えて、いまや余裕で全議員の半分を超えるほどの集まりになってきました。

私は以前、定数24が21になったときの話し合いで、『思い切って18くらいにすべき』と強く訴えたのですが、そのときは、全然話に乗ってもらえない状況でした。

ところが、今回は一転したような状況なのですが、これはどうしたことなのか?

理由はともあれ、富岡市議会の議会改革は、エンジンがかかってきた感があります。


★GDPとは国内総生産ですが、10年くらい前のデータでは、関東地方のGDPはフランスとほぼ同じで、近畿地方はスペインと同じくらいなのだとか。

そう考えれば、まだまだ日本の勢いは、ありそうです。

ただ、この10年で、どのように推移したかは定かではありませんが…



7月17日(水)その2
★富岡製糸場デザインの硬貨は、私は一ノ宮の金融機関で交換してもらいました。
今日は初日なので、一人二枚までということでしたが、明日以降は残っていれば、枚数制限はないようです。

ただ、デザインを見ただけでは、富岡市や群馬県内の方なら、『これは富岡製糸場』と分かるでしょうが、それ以外の方は、ちょっと分からないのでは?

しかし、考えてみれば、硬貨のデザインがすぐに分かるものの方が少ないですよね。


★『工場から出ていると思われる悪臭で困っています』というご意見を、先日伺いました。
早速、環境課に相談に行きましたら、『すでに同様の意見があり、対応させていただきました』とのことでした。

しばらく、様子を見ていただき、再度何かございましたら、ご連絡ください。


★選挙の投票に行きますと、希望する方には『投票済み証明書』が発行される制度をご存知でしょうか?

昨日、メールで『今回の参院選挙では、期日前投票で投票済み証明書をもらえませんでしたが?』とのご意見をいただきました。

早速、担当部長さんにお話を伺い、確認しましたところ、『これまでの選挙では、投票済み証明書を発行していましたが、希望する方が非常に少なかったことから、事務作業を減らすため、今回の参院選挙から発行しておりません』とのことでした。

でも、仕事によっては、投票に行ったことを証明できるようなものがあった方が、助かる方もおられるのでは?
ましてや、発行枚数が多くないのなら、当然作業量も多くはないでしょうし?

投票済み証明書の発行は、各自治体の判断で、やってもやらなくても良いようですが、投票率が年々下がっているご時世なのですから、少しでも投票率のアップにつながりそうなことは残しておくべきなのではないでしょうか。


7月17日(水)その1
★10日ほど前、読売新聞から、富岡製糸場についての私の投稿が掲載候補になっているとの連絡をいただきました。

その後、新聞に載らないので、候補で終わってしまったのだろうと、思っていましたら、今日の朝刊に出ていました。

しかも、今日は、富岡製糸場デザインの記念500円硬貨が出る日。

これは単なる偶然ではないでしょう。

きっと、この日に合わせて載せてくれたのでしょうが、読売新聞のちょっと粋なはからいを感じました。


午前中に、市役所に行きましたら、読売新聞を読んでくださった職員の方から、お声をかけていただきました。
早速、読んでいただきまして、ありがとうございます。

これを見て、富岡製糸場のことに関心を持ってくださる全国の方が少しでも増えれば、うれしい限りです。




7月16日(火)その2
★一ノ宮小学校のPTA地区懇談会が、午後7時半からありまして、出席しました。
私がお邪魔した地区は、保護者の方が18人と、少な目でしたが、日ごろ伺えないような子どもたちのお話を聞くことができ、有意義な時間になりました。

一ノ宮から自転車に乗って、富岡のダイソーにプリクラを撮りに行くのが、高学年の子どもたちの間ではブームなのだとか。

また、日曜日に友達同士で遊びに出かけるとき、いくら持たせるのか?とのテーマで様々なご意見がありましたが、100円から2000円くらいと、バラツキが。

あと、気になったのは、高学年になると、家ではラインを使って、友達とやり取りをする子どもさんもいるようですが…、小学生の時から、人生をスマホに奪われてしまうようで、非常にもったいないように思えます。


職員室で、防犯カメラのモニター画像を見ましたが、予想した以上に鮮明ですね。
4分割で、4箇所が同時に監視できるというものですが、驚きました。




7月16日(火)その1
★午前10時から総務委員会協議会が行われました。

また、その後、総務委員会の視察地選定の話し合いがあり、今回は、議会改革で全国的に有名な京丹後市にお願いをする運びとなりました。

そんな訳で、先ほど京丹後市のウェブサイトをチェックしましたら、トップページ表示後20秒くらいで、ジャズの定番『ムーンライト・セレナーデ』がBGMで流れ、ちょっと驚きました。

でも、なんで、ムーンライト・セレナーデ??

気になります。

ちなみに、京丹後市は、京都府の北で、日本海に面している人口6万人の市です。
交通アクセスが悪そうで、新幹線で京都に行ってから、かなり時間がかかりそうです。



7月15日(月)その3
★市議会を招集するときと、国会を召集するときは、『ショウシュウ』でも、漢字が異なることをご存知でしょうか?

これ、意外に間違えますよね。

国会は天皇陛下が集まることを求めるので、『召集』という表現になりますが、日本語って難しいです。

★町村は条例によって議会を置かず、その代わりに『住民総会』を設置することができます。

地方自治法第94条・95条で定められていることですが、現在のところ、議会を置いていない町村はないようです。

でも、これから数百人規模の村が、全国のあちこちで出てくれば、住民総会のかたちを取らざるを得ない自治体も現れるのでは?

ちなみに、市の場合は、必ず議会が置かれます。



7月15日(月)その2
★昨日、お富ちゃん家で、この缶バッジをいただきました。

ワオンのマーク入りですが、これはちょっと珍しいデザインでは?

数量限定品かと思いますが、ほしい方は、お早目に出かけてはいかがでしょう?

ところで、この写真、スマホのカメラで撮ったのですが、イマイチ、ピントがあっていないような…

早く、修理中のサイバーショットに戻ってきてもらいたいものです。



7月15日(月)その1
★暑くなりますと、水分補給が大切です。
でも、あまりそれを意識しすぎると、水分の取りすぎで、お腹がちゃぽちゃぽしてきませんか?

何か、この一週間くらい、『水分を取りすぎてるんじゃないか?』と思えてなりません。

喉が渇いたら、ちょこちょこ飲むくらいが、一番良さそうです。

★『高齢化社会が進み、使用済み紙おむつの処置という新たなごみ問題に自治体が直面している』とのことです。

使用済み紙おむつは、水分が多いため燃えにくいのですが、いったん燃焼し始めると、一気に燃え上がる性質があるため、焼却炉を傷める大きな原因なのだそうです。

どんどん、紙おむつを利用される方の人口は増えるでしょうから、早めに対策を考えることが重要ですよね。

ちなみに、富岡市の清掃センターは、平成5年に建設されました。
確か、費用は27億円と聞いた記憶が…あります。



7月14日(日)その2
★宝塚市役所で起きた放火事件を、ミスターサンデーで取り上げていましたが、ベランダがあったことで、多くの方の命が救われたのだとか。

富岡市役所の新庁舎も、設計が始まっていますが、ベランダはどうだったか…

このような事件が起こると、新庁舎建設を計画している自治体では、万一を考えて防災上の追加対策も考えることになるのでしょうか?



★大河ドラマ『八重の桜』ですが、視聴率では、苦戦気味との話をよく耳にします。
でも、私は毎週、楽しみに見ております。

主演の綾瀬はるかさん、頑張っていますし、好感が持てます。

また、これまで取り上げられてきたアングルとは反対の、会津側から幕末、明治維新を描くという視点は、新鮮では?

私は、八重の桜を見始めたことがきっかけで、母校である同志社大学の創立の過程を詳しく知りました。

同志社の今出川キャンパスが、なぜ、元の薩摩藩邸だったのか、八重さんの兄上の山本覚馬さんがいなければ、同志社大学はつくれなかったことなど、これまでまったく知らなかったことを知りました。

たぶん、卒業生の多くが、私と同様なのでは?

それにしても、ドラマの世界とはいえ、会津の、特に女性の生き方には凛としたものを感じます。

自由主義、個人主義などの概念など、無いに等しい時代だからこその生き方なのかもしれませんが、凛々しく思えてしまいます。

会津には出かけたことはありませんが、一度行ってみたいです。

ところで会津のお殿様は、会津戦争の後、どうなったのか?

日光東照宮の宮司さんになられたとのことです。



7月14日(日)その1
★テレビのニュースで見た、参院選挙の街頭演説で、ある党首の方が『増税三兄弟』という表現を使っていました。

だんご三兄弟が有名になってから、未納三兄弟という表現も使われていたことがありましたが、同じような特徴を持つ三者をまとめるとき、これ以上にイメージしやすい表現はないということなのでしょうか?


★市内を、自転車でうろうろしてみました。
千平の駅って、これ、都会の方から来た方がみれば、感動するような駅なのでは?


これだけの個性あふれる駅なのですから、何か映画のロケにでも使ってほしいですよね。



また、丹生の原から、蚊沼に下りる道で、稲葉製作所が設置した太陽光発電所のソーラーパネルが見えました。





7月13日(土)その3
★アイデアというのは、パソコンのモニターを見ていても、浮かばないように思えます。

やはり、紙と鉛筆(シャープペン)という組み合わせが、最強のクリエーターなのではないでしょうか?

デジタル全盛時代ですが、基本的に人間のDNAはアナログ体質のように思えてしまいます。

パソコンのモニターを見ながら考え事をしますと、目も疲れますし、イライラモードに成りがちです。

やはり、アイデアの基本は『紙と鉛筆』で、それをまとめ上げるときはパソコンというのがよろしいのではないでしょうか?


★『日本人は感性の解像度が高い』と、ある有名なクリエーターの方が、テレビ番組で語っていました。

さすがクリエーターは、おしゃれな表現で核心を突きますよね。

『料理の味』と『日本語表現の多彩さ』の2つの分野で、私も、日本人は感性の解像度が世界一高いのではないかと思っていますが、どうでしょうか?




7月13日(土)その2
★製糸場が世界遺産になっても、経済効果はあまり期待できないのではないか?
そのような見方のお話を、よく聞きます。

観光地でお金が動くのは、何といっても宿泊です。

『富岡市の場合は、宿泊型の観光地ではありませんので、たとえ何十万人の観光客の方にお越しいただいても、経済効果は限られている。』

確かに、その通りかもしれません。

しかし、だからといって、世界遺産という大きなチャンスを、みすみす逃してしまうのは、もったいないことと思えます。

たとえば、飲食や、土産品関連の物品販売で、どのくらいの経済効果を生み出すことができるかは、これは誰も予想することはできません。

つまり、やってみなけりゃ、分からない。

ならば、たとえ空振りになるにしても、バッターボックスに立って、まずは思いっきりバットを振ることが重要なのではないでしょうか?

サッカーにたとえれば、ワールドカップのピッチに立つようなものですから、外すことを恐れずシュートを打つ。

製糸場の世界遺産登録をビジネスに生かそうとする方は、そのくらいの気持ちが必要と思えます。

ただ、当然、リスクもある訳ですから、その点の加減はする必要がありますが…

ぜひ、世界遺産登録をきっかけとして、富岡市経済を支える大きな太い柱を一本つくりたいものです。


★とある街で、こんな車を見かけました。何か近未来を感じさせるようなデザインですね。


高級外車よりも、こちらの方が、記憶に残るような存在感がありますが、この車、いくらくらいするんでしょうか?




7月13日(土)その1
★以前、ダイムという雑誌に、ドラえもんのタケコプターをモチーフにした、USB電源で使えるミニ扇風機が付録であったことがあります。

ちょうど、それが見つかりましたので、昨日から使っております。

微妙な風ですが、ちょっとは涼しくなりますね。


★庭の方から、何か鳴き声がするので行ってみたら、子猫がいました。

植え込みの中なので、届かないようなところですが、写真を撮ってみました。

ふだん、こんな近くで猫の写真を撮ろうとしても、すぐに逃げられてしまいますが…

ところで、この写真を撮るために、短パン姿で1,2分ほど外にいただけなのですが、5箇所も蚊に食われてしまいました。

私の血は、うまいのか?



7月12日(金)その1
★午前中は、個人的な用事で、税務課へ行きました。

また、その後、7月から製糸場の売店の手数料が20%から30%に引き上げられましたが、その件について、担当部長さんからお話を伺いました。

この手数料は、商品を出品している業者のみなさんが、売り上げに応じて支払うものですが、いきなり10%も上がると、利幅が大きくない商品を扱っている業者さんには、かなり厳しいのではないかと思われます。

その点につきまして、お話しましたが…

さらには、旧吉野呉服店の建物についても、いろいろな見方を教えていただきましたが、この件も、非常に難しい判断が求められることになりそうです。

★午後は、一ノ宮公民館と、妙義庁舎に伺いました。

公民館では、夏の行事の予定の確認を。
また、妙義庁舎では、先日いただいた『大の字が、汚れてしまったのか、よく見えない』というご意見について、確認してきました。

この大の字は、旧妙義町が現在のものを設置したのではないようですので、市として何かをするという訳にはいかないようです。

ただ、修繕するような場合は、補助金などの方法で支援することは可能のようですが、現段階では具体的な動きはまだないようです。


妙義庁舎には高校の同級生が数名おりまして、久しぶりにちょっとお話もできました。

妙義方面に行ったときには、妙義庁舎にも立ち寄って、農政課や地域振興課の最新情報も伺ったほうがいいですよね。

それにしても、妙義庁舎はゆったりしてますよね。

集中して行う仕事をするのには、富岡本庁舎よりこちらのほうが、良い環境なのでは?

★今日、車のセールスの方から、最近のエコカーのお話を聞きました。

燃費の良さを『売り』にしている軽自動車は、平坦なところを走るだけなら問題はなさそうですが、坂道などをけっこう乗る方にとっては非力で、かなりストレスになるのだとか…

その方も奥さん用の車として、低燃費の軽自動車を買いましたが、『ターボを付けた方が良かった』とのことでした。

いろいろな考え方がありますが、低燃費だけで車を選ぶと、後悔の元かもしれません。



7月11日(木)その3
★平成20年度、ふるさと納税の制度が始まりました。
そして、この5年間で、富岡市に寄付していただいた金額は、約8200万円。

そこで、気になるのは、富岡市民の方で、他自治体に寄付をされた方の合計金額がどのくらいなのか?

税務課で確認しましたが、寄附金で市税が控除された金額は分かりますが、ふるさと納税の寄附による市税の控除金額だけというのは分からないので、他自治体に寄付された金額もつかめないとのことです。

ちなみに、ふるさと納税で、他の自治体に富岡市民が寄付をしますと、その金額から2000円を引いたくらいの税額が、翌年、富岡市に収める税額からマイナスされます。

つまり、富岡市は8000万円以上の寄附をもらったということは、それに近い金額の税金をもらえなかった自治体があるということになります。

このシステムは、弱肉強食的な側面もありますが、記念品の贈呈でたくさんの寄附を募る競争のようなことになってしまったら、一体どのようなことになってしまうのでしょうか?

ただ、少なくとも、外に出て行ってしまう金額よりは、入ってくる金額が上回るようにしたいものです。





7月11日(木)その2
★午前中、とある方からフェイスブックについて、いろいろ教えていただきました。

HTMLでホームページを作ることに慣れていますと、逆にシンプル過ぎて理解しづらいような印象があります。

(疑問1)4枚の写真が掲載されている場合、ホームページでは表の枠を設定し、その中に写真を配置していきますが、フェイスブックではどうにやるのか?

(疑問2)サイトのURLを投稿の中に記述した場合、サイトへのリンクはどのように行うのか?

説明を聞いたところでは、フェイスブックのシステムが、自動的にやってくれるのだそうです。
でも、ホームページをつくっている人間からすると、ちょっとあり得ないことなのですが…

やはり、若い方に聞かないと、フェイスブックを使いこなすのは難しそうですね。


★あちちちー、という感じですね、今日はホントに。

スロージョギングは、暑くて完全にサボリ状態ですが、先日、12時半頃、セキチューのあたりを炎天下の中、爆走している、よく知っている方のお顔を拝見しましたが、ちょっと心配になりました。

まだまだ、お若いから、大丈夫なのでしょうが、私などは、走って熱中症になり、救急車で運ばれるなんてことになったら…まして、50を超えたおじさんが…

ということで、ついつい『あっちーから、今日は止めとくベー』という感じになってしまいます。


★スマホにラジオを聴けるアプリをダウンロードして、スマホで東京FMなどを時々聴きますが、これ便利ですね。

昔は、FM東京と呼ばれていましたが、富岡あたりで受信するには、けっこう大きなアンテナを立てるか、高感度のラジオでなければ聴けませんでした。

こんな小さなスマホで、しかもノイズゼロのクリアな音質で聴けるなんて、ありがたい時代になったものです。
こんなことを書くと、すっごく、年よりくさいですが…




7月11日(木)その1
★夏の県民交通安全運動が、本日からスタートしました。
そのイベントとして、朝から街頭指導に行ったのですが…

『暑い』とうより『熱い』という表現がふさわしいような、暑さでした。

富岡警察署長さんのお話では、6月31日現在で、群馬県の半年の交通事故死者数は31人とのことでした。ちなみにこれは、過去最少だそうです。

あまりの暑さで、運転中の集中力が低下気味になりそうな今日この頃ではありますが、みなさん、ぜひ安全運転でお願いいたします。

交通安全啓発チラシ&グッズを配る、市長さんとシルクレディーさん



朝の沖電気西交差点は、こんな感じです。




これまでの活動記録 (毎日更新中!)
2013年  7月上 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2012年  12月 11月 10月 9月 8月  7月 6月 5月 4月 3月 2月
 1月
2011年 12月  11月 10月 9月 8月 7月 6月  5月 4月 3月 2月 1月
2010年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 
2009年  12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2008年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月