富岡市を元気に!子どもたちに明るい未来を! 富岡市議会議員 茂原正秀WEB-SITE
TOP    これまでの活動記録(毎日更新中!)










富岡市の桜
富岡市の美しい風景
富岡市観光協会のFacebook
富岡製糸場Facebook

便利な情報サイト
ダイヤモンド・オンライン
東洋経済オンライン
日経新聞
読売新聞オンライン
朝日新聞
毎日新聞
産経新聞
東京新聞
ロイター
共同通信
ニューズウィーク
NHK
プレジデント公式サイト
上毛新聞
The Japan Times Online








★もはら撮影
 動画情報★

まなびのつどい
2014.2.2


富岡市成人式
2014.1.12


富岡市消防隊
出初式2014年


貫前神社2014年
元旦


富岡市・安中市・軽井沢町の観光連携協議会設立趣旨発表
2013.12.26


貫前神社 御戸開祭 2013.12.12

群馬サファリ富岡マラソン大会
2013.12.8


第8回富岡市一周駅伝

第2回スロージョギング教室 
2013.11.23


佐原市の『歴史ある町並み』
2013.11.5

モザイクアートで
ギネスに挑戦

2013.11.4

妙義山紅葉
フェスティバル

2013.11.3

スロージョギング
教室

2013.10.27

富岡製糸場に
ふっかちゃん

2013.10.4


富岡市交通安全
パレード

2013.9.25

富岡市CM 
2013年わがまちCM
コンテスト最終選考作品


同志社大学
今出川キャンパス

2013.10.8



ご意見・ご質問はメールでお願いいたします。
moharamasahide@gmail.com
富岡市の防災気象情報(気象庁リンク)

  2015年5月のページはこちらから

 
     
  4月30日(木)
っ羈愡代の同級生の女性から、『市議選のポスター見たけど、中高年の男の人ばかりで、すごく変な感じがしたよ』と、お声をかけられました。

確かに、候補者が全員男性で、しかも50歳以上という状況は、調べてはいませんが、たぶん全国の市議選で、富岡市だけだったのでは?

平成14年の私の最初の選挙のときは、候補者は30代、40代が何人もいましたし、女性候補もおられました。

何だか、時代の流れに逆行しているような感じがしますが、これも富岡市の課題・問題の一つと言えそうです。




5廚靴屬蠅法△富ちゃん家に行きました。

選挙の関係でドタバタしていたため、全然出かけることができず、納品も止まっていたからです。

お富ちゃん家で商品を並べるには、商品ごとにバーコードのシールを貼らなければなりません。

以前、お店が忙しくなかったときは、売り場の女性にすべて貼ってもらえましたが、今は納入業者が貼って、店に持って行くことになっています。

そんな訳で、バーコードシールの発行をしてもらいました。

連休前に、ちょっと商品の補充をしようかと思っていますが、ぼつぼつ売れくれれば良いのですが…









△箸△觧毀韻諒から、ご質問をいただきました。

『もはらさんのホームページに、市議選の当選証書を渡す式典に、市長が出張のため出なかったって書いてありましたが、そういうのはよくあることなんですか?』という内容のものです。

あくまでも私の推測ですが、おそらくこのようなことは、全国で見ても、まずはないと思います。

市長からすれば、議会が議案に賛成してくれなければ、何もできないのですから、普通なら摩擦や対立をつくらないため、議会に対して、このような行為はしないでしょう。

全員協議会などで、確認したいと思いますが、常識的に考えて、ありえないことです。

これは、いまの富岡市の非常に不可解な点を如実に表していることと、私には思えてなりませんが、大変残念です。

市長と議会の間に、もっと緊張関係があれば、このような失礼なことはあり得ないでしょうが、この件も、おそらく多くの議員のみなさんは黙認するだけでしょう。

心の中では、疑問を持っても、口には出せない状況の方が多いのかもしれませんが?

こうしたことが、さらに次のおかしなことを起こすきっかけにならないことを祈りたいところですが、どうも雲行きのほうが怪しそうな…




,泙澄∈Fあたりは、選挙の名残がありますので、会う方からは、『良かったですね』というようなお話をいただきます。

しかし、選挙からそろそろ頭を切り替えるときが来ました。

なぜなら、私にとっての議員3期目は今日で終りだからです。

いよいよ明日からは、4期目がスタートします。

5月からは、議会の内部の状況を、これまで以上に市民のみなさんにお伝えしていくつもりです。

『議会って何をしてるか、さっぱり分からないのですが…』的なご意見を、よくいただきます。

議会についての、市民のみなさんの関心が高まらないのは、議会がちゃんと情報を伝えていないことも一因と思われます。

市民のみなさんが納めた税金の使い道を決定するのが議会なのですから、議会はもっと、情報公開に力を入れるべきでしょう。

議論の場では、何も意見を言わず、ただ、お仲間と一緒に手を上げるだけ、と思えてしまう議員の方が、これまでは結構見受けられたような…

新しいメンバーの議会になるわけですので、そうした好ましくない点は、一気に解消したいものです。

議会の情報を、このサイトや市議会だよりの中で、どんどんお知らせしてまいりますので、ぜひ、ご意見がございましたら、メール等でお寄せいただきたいと思います。







 
  4月29日(水)
⊇戸の市川議員さんのお宅にお邪魔する前に、せっかくですので、妙義ふれあいプラザで昼食を食べました。

いつもは、カレーを食べるのですが、今日はちょっと贅沢で、カツカレーを。


ふれあいプラザの駐車場に止めてある車を見ましたら、金沢、宇都宮、とちぎ、練馬、柏などの他県ナンバーがありました。

けっこう遠くから来られたお客様も多いような印象を持ちました。

また、その後、『道の駅みょうぎ』にも、ちょっと行ってみましたが、こちらもなかなかの人出でした。

でも、観光案内所の職員の方とお話しましたら、今年の4月の人出は、去年から比べますと少な目なのだとか。

富岡製糸場の観光客吸引力も、少しづつ低下しているとしたら、ちょっと心配です。


また、この道の駅に来たら、いつもソフトクリームを買うのですが、売り場にいた方が慣れていないのか、ソフトクリームの『盛り』が、ちょっと少な目でしたが…


56歳にして、まだまだ、ソフトクリームの盛りが気になるとは、人生の修業もまだまだ足りていないようです。






〆Fは、たくさんの、いろいろな方々とお話をする機会がありました。

この時期ですから、当然、先日の市議選の話にならざるをえませんが、『あの候補が、ずいぶんお願いに来たよ』的な話もだいぶ聞こえました。

また、選挙のことをある程度ご存知の方はみなさん、私に投票なさってくださった方々が2000人を大きく超えたことに、驚かれたようでした。

当の本人の私でさえ、いまだ非常に驚いているような状況でありますが、みなさまの大きな期待に応えられますよう、さらに議員活動のレベルを上げていきたいと考えております。


ところで、私の選挙事務所は、いつも同じような顔ぶれで、活動を行っておりますが、今回、他の候補の選挙運動に何回も関わられた方で、初めてメンバーに加わった方がおられました。

その方に、選挙終了後にお話を伺いましたら、私の事務所の活動が、前に関わった候補者のときと、『全く違うので驚いた』とのことでした。

私のところは、出陣式はしない、座談会はしない、総決起大会もしない、という、『人寄せイベントは完全にゼロ』という、非常に地味な状況です。

なので、他の陣営からすれば、『もはらのところは、何もしていないじゃないか? 事務所も大して人はいないし、どういうことなのだ?』と、不思議に思われていると思います。

でも、これは、すべて考えた上で、このような方法で進めております。

何といっても、最少の人手で、最大の効果を生み出すために、他陣営とは異なる手段を取らざるを得ませんでしたが、今となっては、この路線で毎回、選挙戦を戦ってきたのは良かったように思えます。

お金と人手をかけず、アイデアで勝負することに徹しますと、新しい選挙のスタイルが確立できるように思えますが、まだまだ研究中というところです。






 
 
  4月28日(火)
ィ儀遑影から、選挙で当選した新しい議員の任期が始まります。

私にとっての3期目は、あと二日ということになります。

10期目の泉部議員さんと、4期目の新井議員さんのお二人が、今期で引退をされますので、私たちの期の3名が、5月から一番キャリアがあることになります。

平成14年の選挙のときには、1期目議員が9人誕生しました。

それが現在は3人ということに。

時間の流れを感じぜずにはいられません。

また、この13年の間に、妙義町との合併があったり、富岡製糸場の世界遺産登録があったりで、富岡市にとっても大きな出来事が数多くありました。

これからの4年の間には、新庁舎もできますので、さらにまた、富岡市は変わっていくことになりますが…

『議会だけは全く変わらなかった』と言われないよう、議会も変わらなくてはまずいですよね。

5月からの4期目も、さらにアクセル全開で行きましょう!





て析をしている同級生のお話をちょっと耳にしましたが、最近は、同級生でも重い病気になられる方々が増えてきたように思えます。

頭が良くても、お金があっても、体を壊しては、充実した人生を送るのは難しくなるでしょう。

やはり一番大事なのは健康ということを痛感します。


ところで、4年に一度のイベントがありましたので、ちょっと運動を控えていましたが、ぼちぼち再開しませんと、まずそうです。

まずは、バドミントン教室から、また伺おうと思っております。

ゴルフも時々誘われるのですが、どうもゴルフに行きますと、スカッとするよりも、ストレスを貯めて帰って来ることが多いような…

短時間で、お金をかけずに、スカッとできる軽めのスポーツが、高齢化社会には相応しいように思えます。

ちょっとテニスも再開したいような気もしていますが、これからやるのは、辛いところでしょうか…





『畑に子どもの家を建てようとして、農地転用の手続きを進めようとしたら、2年くらいかかってしまいそうで、来年の春から小学校に孫が上がるのに合わせて引っ越させようとしたが、それができずに困っています』とのご相談を受けました。

その畑が、農業振興地域に該当するのか否かで、事情が変わるのかもしれませんが、2年も先になってしまうのでは、人口減少地区にせっかく若者が家を建てて住んでもらえるチャンスを、台無しにしているようにも思えます。

農業を守ることは、もちろん重要ですが、人口減少地区に、若い世帯が家を建てて住もうとしているのなら、もっと便宜を図っても良いように思えますが?





∈Fの夕方、たまたま給食センターの職員さんと街で出会いましたら、私が先日紹介した『4月から給食のパンが小さくなったと子どもが言っている』というお話について、説明をいただきました。

4月から、パンが小さくなった訳ではなく、パスタなどの炭水化物のメニューのときは、栄養バランスを考え、パンを小さくしているとのことで、食材費高騰で、パンが小さくなった訳ではないというお話でした。

選挙のために慌ただしくて、確認が遅くなりましたが、そのようなことです。



〜挙公営という『選挙運動費用の公費負担制度』があります。

これは、選挙用のポスター作成費、選挙カーの借り上げ代、選挙カーのドライバーの人件費、選挙カーのガソリン代などを、上限がありますが公費で負担してもらえる制度です。

このような制度がありますので、予算があまりない場合でも、だれでも選挙の準備は可能になります。

今日は、その書類を、それぞれの業者さんに渡してきました。

4年に一度のことなので、4回目ですが、結構前回のときのことを忘れてしまい、なかなか大変です。

でも、何とか、こちらの手続きも終えましたので、残るは収支報告書の作成だけとなりましたが…

これがまた、さらに大変で、ちょっと頭が痛いところです。





 
 
  4月27日(月)
ずFは、朝から、たくさんの方々から、メールや電話で、お祝いの言葉をいただきました。

本当に、ありがとうございます。

選挙事務所の片付けや、選挙カーのやぐら看板を外したりで、午前中から外で作業をしたため、お話ができなかった方もおられましたが、大変申し訳ございませんでした。



8畍紕胸半から、アミューズで西中のPTA歓送迎会が行われました。

今日は、会う方会う方、『トップ当選おめでとうございます』と、お声をかけてくださり、こちらが恥ずかしくなってしまうほどでした。

あまり、PTAの集まりのようなところで、選挙がらみの話にはなってほしくなかったのですが、選挙直後のタイミングでしたので、このようなことになってしまいました。

西中校区の市議は6人おりますが、出席した議員は私と横尾議員さんの二人だけでしたので、まだ良かったのですが、選挙関連の話は、過熱する危険性がありますので、よほど親しい人とでない限り、避けたほうがよろしいように思えます。

幸い事なきを得ましたが、ちょっとヒヤヒヤ感も…





∩挙で当選が決まりますと、選挙管理委員会の通知が、その直後に届きます。

以下が、その通知です。


そして、今日の2時から当選証書附与式が、市役所の大会議室で行われたのですが、そこで違和感を持つことがありました。

この式典は、当選した候補者全員が、選挙管理委員長から、当選証書を一人ずついただくものですが、来賓である市長は欠席で、その席には副市長がおられました。

そして、副市長が市長の祝辞を代読するときに、『市長は新エネルギーの出張で不在…』という内容のお話をされましたが、これって、非常におかしな話なのでは?

市議会議員選挙の日程は、かなり前から決まっていて、その翌日に当選証書附与式が行われることも、当然分かり切っているのに、どうしてそのような大きな式典をすっぽかして、『新エネルギーの出張』に行かなければならないのでしょうか?

おかしな話ですが、市長にとっては、議会の大きなイベントなど、どうでも良いということなのでしょうか?

きっとお尋ねすれば、『当選証書附与式に出席しなければならないルールが、どこにあるんだ!』と、言われてしまうのがオチでしょうが、何だか、議会を軽く見ておられるような印象を強く持ちました。

当選した議員全員が集まる最初の式典なのですから、これはいくら何でも、常識を逸脱した行為なのでは?

何だか、先が思いやられるとでも言いましょうか…






〆鯡襦契約しているレンタルサーバーにトラブルがありまして、このサイトの更新ができたのが、真夜中の1時過ぎになってしまいました。

多くの方にアクセスしていただいたときに、更新できておらず、大変失礼いたしました。

さて、今朝の新聞を見まして、昨日の市議選の結果を再度確認いたしました。


今回の市議選は、前回よりも投票率が8.06%も低下し、
58.43%とのことです。

私の過去の4回の選挙結果は、このような経緯できました。

1回目 956票(15位)

2回目 1476票(3位)

3回目 1576票(2位)

今回  2243票(1位)

期を重ねるごとに、応援してくださる方が増えていることは、大変嬉しく、さらに心強く思えております。

多くのみなさまに応援していただいていることを忘れず、さらに議員活動に力を入れてまいりますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。





 
 
  4月26日(日)
〇垉腸餤聴選挙の結果が出ました。

今回は、たくさんの市民の方々のご支援をいただきまして、1位で当選させていただきました。

本当に、ありがとうございます。

また、低投票率の中、2200票を超える応援をいただきまして、涙が出るほど嬉しく思っております。

これから4年間も、初心を忘れず、全力で議員活動に取り組んでまいります。

本日は、時間が取れず、短い更新となりますが、選挙戦のことなど、改めて、みなさまにご報告申し上げますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ご支援いただきました皆様、選挙戦のさなかに励ましのお言葉をかけてくださった皆様、心より感謝を申し上げます。

誠に誠に、ありがとうございました。






 
 
  4月25日(土)
人間は疲れがたまると、逆に、よく眠れなくなる傾向があるのでしょうか?

毎朝、6時ごろ起きるつもりでいるのですが、5時前に目が覚めてしまい、眠れなくなってしまうような日々が続いています。

なので、昼間に、眠くなる時間帯があり、この一週間は非常に大変でした。

明日の朝も、妙な時間に目が覚めてしまうかは分かりませんが、もしも、とんでもない時間に目が覚めてしまったら、朝いちばんで投票所に行き、投票箱のチェックをする役を経験するのも面白いかもしれません。

ところで、今回の選挙は、『もう期日前投票に行ってきた』という方が、非常に多いように思えます。

そうなりますと、1週間の選挙期間中に、いろいろ活動をやったとしても、それでは対応が遅すぎるということになってしまいますが?

選挙のあり方、やり方が、大きなターニングポイントを迎えているように思えてなりません。





△い茲い萍斉が投票ですが、結果のことは、全く予想はつきません。

ここまで来たら、『なるようにしかならない』としか言いようがありませんが、自分なりにやれることはやってきましたので、どのような結果が出ても、それが運命ということになるのではないでしょうか?

激励のメールを何通もいただいておりますが、なかなか時間が取れず、返信ができずに申し訳ございません。

メールを頂きました、みなさん。

本当にありがとうございました。



。噂鬼屬料挙戦が終わりました。

前回の選挙は、東日本大震災直後で、選挙カーを走らせる時間が、かなり短かったため、選挙カーのマイクで話す時間は短かったのですが、今回は、3日目あたりから、かなり話をしました。

マイクを持つと、つい大声を出してしまうほうですので、喉を傷め、声が出なくなってしまうかと心配していましたが、意外に、喉がタフだったと言いましょうか。

今日も、かなりマイクで絶叫(?)しましたが、多少、高い声が出ないくらいで、会話は普通にできます。

もしかしたら、この1週間で、喉がだいぶ鍛えられたのかもしれませんが、ぜひとも、次の選挙のときまで、この喉のタフさを維持したいものです。

ところで、選挙カーが、最終日の今日も、あまり走っていないように思えましたが、これはどういうことなのでしょうか?

とある候補者は、選挙カーを出さなかったような話も耳にしましたが…

脱選挙カーの時代が、間もなくやって来るような気配を感じます。





 
   

給食費の無料化
まちづくり会社の運営
市役所内部の組織機構改革…


この一年、市当局が進めてきたことには、
大きな疑問があることが極めて多い状況です。

また、それに対して、
多くの議員が疑問や反対の意見を述べないことも
非常に問題があると考えます。

いま富岡市に必要なのは、
『おかしなことは、おかしい!』と言える議員
ではないでしょうか?

市長のイエスマンのような議員ばかりの議会では、
市民のみなさんが苦労して納めた税金が、
市民のみなさんの豊かな暮らし実現に
使われるとは、到底、思えません。

私は、給食費全面無料化は、たとえ議会の中で一人でも
絶対反対を貫きます。
他の議員が沈黙する、疑問だらけの事業に対しても、
必ず意見を述べてまいります。

いま、富岡の市議会に必要なのは、私たちが納めた税金が
私たちの豊かな暮らしを築くため、適切に使われているかを
チェックし、意見を述べ、提案できる議員です!

私は、そんな議員になるために、全力で頑張りますので、
今回の市議選、ぜひとも、
『もはら』への応援を、お願いいたします。



 
  4月24日(金)
A挙の度に、期日前投票に行かれる方が、増えているように思えます。

特に、丹生地区などは、丹生地区全体で、丹生小の1カ所しか今は投票所がないため、遠い方は、妙義庁舎に期日前投票に行かれる方が多いのだとか。

ところで、今回の市議選は、どこまで投票率が下がるかも、大変気になります。

また、どこまで下がったら、選挙管理員会は、投票所のあり方を見直すのかも、非常に興味深いものがあります。





△箸△觚補の選挙事務所前を通りましたら、総決起大会を行う直前だったようで、お揃いのウインドブレーカーを着た方が多数おられました。

私の事務所は、『人寄せイベント』は一切行いませんので、そうしたイベントを行う陣営は、スゴイと思えます。

それぞれの候補者の考え方は異なりますので、どのような活動が、選挙運動として最も効果的かの判断は、大きく分かれるかと思います。

私は基本的に、『人寄せ系イベント』は、選挙運動として疑問に思っています。

21人の候補者のうち、どのくらいの方々が、総決起大会を行ったのかは分かりませんが、今でも半分くらいの陣営は行うのでしょうか?

もしかしたら、出陣式や総決起大会を行わないのは、私のところだけなのかも…






仝畫庵罎蓮∩挙カーで小野方面に出かけました。

そこで、何人かの方々から、お声をかけていただきました。

私のサイトを、毎日見てくださっているという方から、お声をかけられたり、バドミントンでご一緒している方が、ちょうど家から出てきてくださったり、さらには、以前、市役所の職員さんとしてお世話になった方も、家から出てきてくださったりで、嬉しいことが続きました。

お声をかけてくださったみなさん、本当にありがとうございました。

また、昼間は、2つの会社にお邪魔させていただき、社員のみなさまにお話しする機会をいただきました。

社長さんのご厚意に、心より感謝を申し上げます。

午後からは、南蛇井、原、下丹生、一ノ宮、宮崎、神農原、上小林、七日市、富岡、宇田、黒川などを選挙カーで回りました。

今日は、ほとんど、私がマイクを持って話しましたが、喉のほうは、今のところ大丈夫です。

しかし、同じような内容を、延々と話し続けなければならないので、ろれつが回らなくなるようなことが、時々ありました。



南蛇井に行ったとき、ちょうど横尾候補の事務所の前を通りましたら、横尾さんがいらっしゃって、ちょっと寄っていくことになりました。

私の陣営と、横尾さんの陣営のウインドブレーカーが、ちょうど同じ色ということもあり、いっしょに横尾さんの事務所に入ると、何だか同じ陣営のような雰囲気になってしまいました。

横尾さんの事務所には、何人も知っている方がいましたので、ちょっと選挙のことを忘れて雑談になりましたが、選挙期間中に、他の陣営の事務所に伺っておしゃべりしてくるというのは、何だかシュールな経験とでも言いましょうか…

七日市では、西中時代のクラスメートにも会いましたし、その他にも今日はいろいろな人との出会いがありました。

選挙期間も残すところ、あと一日。

疲れはピークに近づいてきましたが、明日は、何があるのか、起こるのか、ちょっと楽しみです。





 
 
  4月23日(木)  
   
毎年2億円を投じる給食費全面無料化に
反対のみなさん!

ぜひ、今回の市議選では、
給食費全面無料化に絶対反対の
『もはら』を応援してください!

 
 
とある団体の方から聞いたお話です。

その団体は、これまで市から、年間200万円の補助金が出ていたのが、今年度はゼロになってしまったとのこと。

『これって、給食費の無料化を行うためのシワ寄せなのでしょうか?』と質問されましたが…

ハッキリした理由は分かりませんが、全く関係ないとは言えないと思います。

もしも、給食費全面無料化を行えば、他の予算はさらに、ばっさばっさ切られてしまう可能性もないとは言えません。

財政的に余裕がない富岡市が、お金持ちの市でも行えないような事業に手を出す以上、大きなシワ寄せが生まれるのは、ある意味、当然といえば当然ですが?

再度、議員として活動できる際には、徹底的に当局に対し、意見を述べるつもりです。






∈2鵝∩挙カーに乗っていますと、佐々木候補の車と、非常によく、あちこちで遭遇します。

あとは、よく見る選挙カーは、高橋候補、松本候補、島田候補、木田候補などで、一度も見たことがない選挙カーもいくつかあります。

また、選挙事務所の前を通っても、以前ほど、事務所にたくさんの人がいるようなところは、ないように思えます。

もしも、選挙運動が、この方向でどんどん縮小されるようなら、そのうち選挙カーはみんなで『出すのを止めましょう』ということになる可能性もかなりあるのでは?

選挙カーが走らなければ、街は静かですし、そのほうが好ましいように思えますが…





〜挙戦の5日目が終わりました。

選挙が始まりますと、行える活動が限定されてしまうため、事務所で座っていても仕方ないので、選挙カーに乗りましたが、だんだん疲労感が出てきました。

喉のほうは、何とかなっているのですが、体力勝負のような雰囲気になってきました。

また、今日は気温が急に高くなってしまったため、ウグイスの女性スタッフのみなさんも、ちょっとお疲れのようでしたが、一生懸命、やってもらえました。

午前中、妙義の道の駅まで行きましたら、前回は相川候補の車と一緒になりましたが、今日は木田候補の車と一緒に。


木田さんご本人が乗っていれば、ちょっとお話をしたかったのですが、候補者ご本人は、おられませんでした。

また、道の駅で、さくらとバニラのミックス味のソフトクリームをいただきましたが、なかなか爽やかな味わいで、美味しかったです。


ところで、選挙のほうですが、非常に分かりづらい印象があります。

今日、とある国会議員の秘書の方が、選挙事務所に来てくださり、お話を伺いましたら、他の陣営でも、今回の選挙は静かな印象を持っているようで、『どうしちゃったんだろう?』と考えているようです。

もうあと2日で、選挙は終わってしまいますが、あまり盛り上がらないまま、このまま行ってしまうのでしょうか?






 
 
  4月22日(水)
ダ住緇譴蓮∈Fは休場日でした。


でも、結構たくさんの観光客がいらっしゃっていました。

選挙カーで、城町通りを通ったときの印象では、今日1日で何百人という観光客の方々が、製糸場の休場日を知らずに見ることができず、富岡市を去られているのでは?

おそらく富岡市の姿勢は『市のホームページに書いてあるのだから、知らずに来たお客様のほうが悪い』ということでしょう。

でも、そんな態度でいたら、あっという間に、人気がしぼんでしまうように思えますが?

そうならないことを祈ってはおりますが、そうなってしまうような気がしてきました…




ち挙カーで走っていた時、良く存じ上げている方にたまたまお会いしましたら、『おれの陣営は苦戦中だよ』と言われました。

苦戦中というのは、どういうことなのか、そして、なぜそんなことが分かるのか、正直分かりません。

選挙のとき、『何票くらい取れると思っていますか?』と、よく新聞記者さんらに質問されます。

いつも答えは、『全く見当がつきませんが、できることなら、前回以上を期待しております』と言わせていただいております。

自分の票数を正確につかんでいるような候補者は、おそらくどこにもいないでしょう。

選挙の結果を見て、『だいたいは、俺の予想した通りだ』などとおっしゃられる方がよくおられますが、本当に予想通りなのかは、ちょっと怪しいのでは?




マイクで長時間話していますと、脳の血流が悪くなるのか、それとも酸欠状態になるのか、理由は分かりませんが、とにかく、頭がぼーっとしてきます。

そんな状態で、とある会社で、社員のみなさんを前にして、お話をしましたら、一度覚えた原稿の一部が思い出せず、ちょっと焦りました。

普段は話をするとき、あまり覚えていった内容を忘れるようなことはないのですが、これは、話し続け過ぎたことが原因なのか、それとも、年齢から来る記憶力の低下なのか?

できることなら、前者であってほしいのですが…





∩挙公報が、配布されましたが、1面の1枠目という目立つ場所に自分の情報が掲載されていて、これはちょっとラッキーだったような印象を持ちました。

ポスター掲示場の枠は、18人定数で19番目という、微妙な番号でしたが、こちらは、恵まれたように思えます。

ところで、選挙公報の原稿も、全部自分でパソコンを使って組みましたが、21人の原稿の中でも、自分の原稿は割と見やすいほうではないかと、思いましたが?

やはり高齢者が増えているのですから、お年寄りでも読めるような大きさの文字サイズにすることは、最低限、必要なことなのではないでしょうか。

また、こうした自由に作れる原稿は、その人の考え方や、センスというものが、全部出てしまう可能性がありますので、非常に注意することが必要と思えます。

逆にその点が、面白いといいますか、興味深いところですが…

21人の特徴が良く表れていますので、今日は多くのお宅で、市議選の選挙公報が話題になっているのかも?

ぜひとも、投票率のほうも、これで盛り返してほしいものです。



ただ、これも、どこまで投票に影響するのかは、全く予想することができません。






〜挙戦も、4日目が終わりました。

半分を超えたことで、気持ち的には、残りを意識するような状況になってきました。

今日も、あちこちを、選挙カーに乗って回りながら、マイクを使って話しました。

市内の広い範囲に、市議会だよりをお配りしていますので、選挙カーに乗って回るのは、それを読んでくださっている方々と直接、お会いすることを目的にしていますが、今日も、『市議会だよりを、いつも楽しみにしています』など、いろいろお声をかけていただけました。

ただ、これが、はたして選挙の投票につながるのかは、結果を見てみませんと、何とも分かりませんが、4回目の今回の選挙は、名前だけは、以前よりかなり知っていただいているような手ごたえは感じられます。

でも、選挙は、必ずサプライズが毎回起こります。

いつも必ずと言っていいほど、『この人がまさか落ちるとは』的なことが発生します。

そうしたことに巻き込まれないよう、最後まで油断しないことが大事ですが、さすがに4日目となり、疲労感も出てきました。







 
 
  4月21日(火)
A挙カーのドライバーも、ウグイス担当者も、みんな富岡市民なのですが、4人のうち2人が『妙義ふるさと美術館』を知らなかったので、道の駅から、諸戸方面に下りるとき、ちょっと寄ってみました。

初めて来た2人は、『こんなに景色が良いのか!』と驚いていましたが、逆に、ずっと富岡に住んでいたのに、知らなかった方がすぐ身近にいたことのほうが、私にとっては驚きでした。

もしかすると、富岡市民約5万のうち、妙義ふるさと美術館の場所まで行ったことがない市民の方は、予想以上におられるのでは?

ちょっと調査をしたくなってきました。





∩挙カーで、妙義の道の駅まで行きました。

そこで、相川候補さんの選挙カーが間もなくやってきましたので、情報交換をしましたが、過去の選挙と比べますと、どうも選挙全体が盛り上がっていないような…


また、今、21台の選挙カーが走っている訳ですが、よく見かける車と、全然見かけない車が、極端に分かれます。

前回の選挙のときは、東日本大震災の直後ということで、選挙カーをあまり走らせない候補が多かったのですが、今回は、そのようなことはないとは思いますが?

選挙カー以外の、新たな選挙運動が流行っているのかどうかは知りませんが、選挙が始まりますと、法律による制約が多く、できることは決まってしまいます。

なので、結構、選挙カーに乗っていらっしゃる候補の方もお見かけすることはありますが、全然お見かけしない選挙カーの候補の方は、何をなさっておられるのか?

選挙運動として、効果の面で良いのか悪いのかは分かりませんが、私も昨日から、昼間は選挙カーに乗って、できるだけ、マイクで話をするようにしています。

何か、選挙運動として考えますと、いまひとつのような印象になりますが、今日は、妙義町の菅原で、『いつも、もはらさんの市議会だよりを読ましてもらってるよ。今日は、本人に会えてよかったよ』と言われるようなことがありましたので、こういうことがありますと、場合によっては、選挙カーは大きな効果があるようにも思えました。

明日は、どうするのか、まだ決めていませんが、昼間は、おそらく選挙カーに乗ることになるでしょう。

私の選挙カーで、私がマイクで話していたら、ぜひ、手でも振ってください。

選挙カーに乗っている側からしますと、手を振っていただいたり、声をかけてもらえますと、とても嬉しいものです。

なので、私は、選挙カーが来ましたら、余程の事情がない限り、手を振ることにしています。

必ず、車からリアクションがありますので、楽しめるかと思いますが?







〜挙戦の3日目でしたが、今日は天気が回復し、昼間は選挙カーに乗って、妙義町方面から、野上、岡本、高瀬、田篠、蕨、白岩のほうを回りました。 

また、マイクを持って話す時間が長く、意外なことが分かりました。

それは、『話すのは、けっこう、腹が空く』ということです。

助手席に座って、マイクを持って話すだけなのですが、これを続けていますと、非常にお腹が空いてきます。

運動量などあるとは思えませんが、これはいったい、どうしたことなのでしょうか?

連続して声を出すというのは、思った以上に、体に対して大きな負担になっているのかもしれませんね。

いつもは、おにぎり2個も食べれば、昼食は十分なのですが、今日は3個食べて、さらにアンパンやお菓子を食べたりで、いつもの2倍近く食べているような?

3日目が終わりましたが、残りの4日は、どうなってしまうのでしょうか?

選挙後、体が一回り大きくなってしまっていたら、困りますが…





 
  4月20日(月)
M縞、市役所前の選挙ポスター掲示場を見てきました。

なかなか、じっくり見る機会がないのですが、穴が開くほどよーく見てきました。



ちょっと思ったことは、年齢が若いほうから4人のポスターが4隅に貼られているということですが、まあ、そんなことは、どうでもいいことですね…

ちなみに、私のポスターは、私がパソコンで、イラストレーターのソフトを使って組んだデザインです。

選挙ポスターのデザイン原稿を、自分で作って、印刷会社に持ち込む候補者は、おそらく滅多にいないかと思いますが、それも、どうでもいいことですが…

でも、富岡製糸場に訪れた観光客の方々が、この掲示場を見れば、『なぜ、女性候補はいないのか?』、『どうして若者はいないのか?』などの疑問を持たれるのでは?

地元の私でさえ、大きな疑問なのですから、外部の人から見れば、疑問を通り越して『謎』のレベルなのかも…




∈Fは、選挙カーに乗って、候補者本人自らマイクを持って、市内のあちこちを走り回りました。

車の助手席に座っているだけでしたが、マイクを持って話しっぱなしというのは、結構疲れるものです。

でも、すれちがう車から手を振ってもらったり、家の中からわざわざ外に出てきて、声をかけてくださる方がいたりで、かなりのリアクションがありましたので、これはこれで、大いに意味がある運動のように思えました。

かなり長時間、マイクを持って話しましたので、喉をやられてしまうかと思いましたが、今日の夜の段階では、大丈夫なような感じですが…

明日から、まだ5日間残っていますので、この方法を、もっと徹底していきたいと思います。





…刊に市議選に立候補されている方々が出ていました。

女性候補がゼロなのは、富岡市のみ。

さらに、50歳より下の候補者がゼロなのも富岡市だけ。

定数削減や、議会基本条例の制定などで、県内12市の中ではかなり改革を進めてきた市議会であるかとは思いますが、選挙のほうは、昔のカラーが色濃く残っているというところでしょうか…

21人の平均年齢を、先ほど電卓で計算してみましたら…

62.57歳でした。


いよいよ、今日からが、選挙運動も本番開始という感じですが、全力で、できることは頑張りたいと思います。





 
 
  4月19日(日)
▲櫂好拭偲修蠅虜邏箸鬚靴討い燭世い進々からのご意見です。

『異様なほど高いポスター掲示場がいくつかあって貼るのが大変だった』とのことです。

結構、背が高い方が多かったので、すべて無事に貼れましたが、小柄な人が行ったら、大変だったとのこと。

市が、掲示場の設置を業者にお願いするときに、高さのほうも、普通に貼れる程度にしていただきたいものです。

脚立がなければ、ポスターが貼れないようなところは、場所を変更すべきかと思いますが?

ところで、私のポスター枠は19番で、一番上の右側のようです。

実はまだ、ポスター掲示場を見ていませんので、他の候補者の方々のポスターはどんな様子だか、分かりませんが、横長のポスターにしたのは、私だけだったようです。

なぜ、横長かといえば、ちょっと印象が変わって目立つかと思ったからです。

どうでもいいようなことですが、お金をかけずに、アイデアで差別化するには、ちょっとした工夫が重要です。





〇垉珍の告示日でしたが、今日は私にとって、4年に一度のロンゲストデイです。

選挙の初日は、午前7時前から準備を始め、午前8時半からは立候補の届け出があり、午後はポスター貼り作業、さらには、選挙事務所にお客様も来られますので、てんてこ舞いの一日になります。

選挙カーが走れるのは午後8時までので、結局、すべてが終わると、夜の9時を回ってしまいます。

また、想定外のトラブルが発生するのも、初日が多いのですが、今回は、選挙カーのやぐら看板の夜間照明や、マイクで問題が発生し、ちょっとドタバタしました。

対応できるスタッフの方がいたのは幸いでしたが、ちょっとヒヤヒヤでした。

また、午前11時半から、貫前神社で、必勝祈願のお詣りをしましたが、普段あまり持たない携帯電話が、電源をきらないまま、スーツのポケットに入っていることに途中で気づき、『もしも玉串拝礼のときに、携帯が鳴ってしまったらどうしよう…』と非常に焦りました。

幸い、こちらも無事に終えることができ、安堵感を持ちましたが、今日は、小さな問題は発生したものの、すべて事なきを得たというような印象です。

ちょっとツイていないような気もしましたが、終わってみれば、意外にラッキーだったのかも?

長い長い一日が、やっと終わりましたが、明日からは、選挙カーにできるだけ乗って、多くの人とお会いしたいと思っております。











 
  4月18日(土)
■看に一度、お顔を拝見する方が少なくないのですが、4年経ちますと、みなさん変わりますよね。

でも、元気で4年ぶりに再会できたということは、当たり前のようなことでも、当たり前ではない幸運なのかもしれません。

昔から存じ上げている方で、体調を崩されている方が、どんどん増えていますので、普通に生活できていられれば、それが大きな幸せということに気づかされます。

長生きの方は増えていますが、健康でハッピーな長生きの方は、あまり多くないように見えますが…

最後まで充実した人生を送るための最大の秘訣は『健康』、というのは、間違いないというところでしょうか。






〇垉珍の告示日前日ということで、今日は、朝から、少しずつお客様をお迎えしました。

選挙事務所には、必勝祈念の絵ビラというものが、壁に貼られますが、私の事務所も、だいぶ賑やかな感じになってきました。

また、今日は、選挙カーを田篠の業者さんのところへ取りに伺いましたが、途中で、とある候補者の選挙事務所らしき前を通りましたら、たくさんの車でビックリしました。

私の事務所は、今日はお手伝いの方はだれも頼んでおりませんので、家族が留守番をしていた程度でしたが…

あまりの違いに、仰天でしたが、私のところは、最小限のスタッフで回すことを徹底しております。

人数が多くなりますと、コントロールが難しくなりますので、少ない人数で、最低限の活動に徹することにしています。

ちなみに、出陣式、座談会、総決起大会等の、人寄せ系のイベントは、何もやりません。

なので、昨年の市長選のとき、勅使河原さんの座談会で、いろいろお話ができたのは、非常に良い経験になりました。

人前で話すことは、嫌いではないのですが、人寄せ系のイベントは、すればするほど、選挙本来の目的を見失ってしまうように思え、実は2回目の選挙からは行っていません。

最初の選挙のときは、総決起大会を行ったのですが、そのとき、その効果について非常に疑問に思えました。

なので、2回目の選挙からは、人寄せ系のイベントは、一切行わない方法でやることにしましたが、もちろん、そうした方法で選挙を行っても大丈夫なように、様々な工夫はしてきたつもりです。

明日から1週間は、いよいよ4年に一度の勝負のときです。

この4年間の議員活動が、市民のみなさんからどのように評価されるかが、来週の日曜日に分かるわけですが、だんだん気合が入ってきました。

といっても、選挙期間中にできる活動は限られてしまいますので、この1週間は、選挙カーでできるだけあちこちに伺い、私の議会だよりをご覧になってくださっている方々と、お話をしてきたいと思います。

雨が降りますと、窓を開けて走る選挙カーは大変ですので、良いお天気が続けば良いのですが…






 
 
  4月17日(金)
ゥ侫Дぅ好屮奪のアカウントは持っていますが、もう久しく、チェックしていませんでしたら、とある方から、『友だちリクエスト』をいただいていたことに気づきました。

何か、無視していたようにとられてしまうと、困ったことになるような…

フェイスブックって、懐かしい昔の友人との新たなコンタクトのきっかけになる点は、非常に有益かと思いますが、そのほかは、あまりメリットを感じられないのですが?

どうもSNSって、あまり便利さを感じないのですが、これは時代遅れということなのでしょうか…




だ萋、市内某所で、車の進入を防ぐためのパイプが、押し倒されている光景を見ました。



どうして、このような状態のままなのか、非常に気になるのですが…

また、後日、このままでしたら、市道の担当部署に聞いてみようかと思います。




とある方から、『もはらさんも絵手紙を習って、市議会だよりに描けばいいのに?』と、お声をかけられました。

私は、どうも絵を描くと、何でもマンガチックなものになってしまい、芸術性のあるものは描けないのですが…

でも、絵手紙は、うまく描けなくても、味わいのある作品というものが多くありますので、そちらの路線を目指すのなら、案外、存在感がある作品が描けるのかも?

ちょっと落ち着きましたら、やってみようかな…と、考えております。





⊂緻喊景垢猟刊の記事に、『富岡市議選の立候補予定者は20〜21人』とありましたが、20人ではなかったということなのでしょうか?

私が伺っている範囲では、20人と聞いているのですか、もう一人、検討している方がおられるのかもしれません。

でも、立候補はできても、準備の時間がなければ、選挙戦に入ってからが大変なのではないでしょうか?

4回目の選挙でも、ギリギリになりますと、ドタバタしてしまうのが現実ですので、検討中の方は、ある意味、すごいなーと思えてしまいます。




仝畫庵罎ら、選挙事務所作りを行いました。

昨日まで学習塾として使っていた建物から、机やイスなどを外に出し、半日で選挙事務所の体裁を整えていくわけですので、非常に忙しいのですが、前回と同じ流れですので、順調に準備ができました。

また、事務所作りは、別の方々にお願いし、私は、昔からよく存じ上げている方々のところに出かけましたが、今日も興味深いお話をいくつも伺うことができました。


子どもが同い年のお宅では、子どもたちの近況報告をし、高齢の方がおられるお宅では、介護や病気の話になりましたが、お久しぶりに会う方々とは、いくらでも話を続けることができ、不思議なものです。

また、投票所の削減で、遠くまで行かなければならなくなった方からは、強いご不満のご意見を頂戴しました。

特に、一ノ宮小学校区の宮崎地区の方々からは、『神農原の公会堂が投票所になったため、非常に不便で、投票に行けなくなった』とのご意見がありました。

以前、一般質問で、投票所の統廃合を取り上げ、お困りの方々の意見を当局に訴えましたが、『投票所は選挙管理委員会が決めることなので』という、何とも表現しがたい、疑問に思える回答をいただいたことがあります。

でも、これほど、お困りの方々の意見があり、現実的に投票率は下がる一方なのですから、もっと市民の声に耳を傾けるべきでしょう。

今回の市議選で、さらに投票率が下がるようなことになったら、議会の一般質問で再度『投票所の統廃合を見直すこと』を、訴えようかと思います。

ところで、今日は、90歳の方、86歳の方など、ご年配のみなさんとお話する機会がありました。

90歳でも、お元気な人は、ずいぶんハツラツとしています。

逆に、60代で弱々しいような方もけっこうおられます。

若いころは、同じ年頃でしたら、体力的にも、見かけも、さほど大きな差はありませんが、50歳を超えてくると、かなり個人差が生じるように思えます。

日頃の生活環境や習慣、考え方などで、齢を重ねても若々しい人もいれば、若くても、やけにお年寄りっぽい雰囲気の方もおられます。

どうせ同じ一生ならば、いつまでも若々しくいたいとは思いますが、なかなかそういう訳にはいかないのでしょう…ね。







 
  4月16日(木)
新聞記者の方から、『今回の市議選のボーダーラインは何票くらいと考えていますか?』との質問をされました。

大雑把に考えてみますと、有権者数はざっと4万人。

投票率が60%としますと、票数は2万4千票。

それを20人の候補者で割りますと、平均1200票となります。

これまでの、ボーダーラインは、毎回、850票ほどでした。

普通に考えれば、定数が18人になりますので、ボーダーは上がるように思えますが、私はあまり変わらないのではないかと、推測しております。

明確な根拠を示せる訳ではありませんが、何かそのような予感がしております。

もちろん、勝手な予想ですので、全く的外れのヨミになってしまう可能性もありますが…

とりあえず立候補する方が目標とすべき数字は、1200票というところになるかと思います。

でも、1200票は、50人乗りの観光バスで24台分です。

もしも、上町駐車場に24台のバスが並べば、圧倒されるほどのすごさです。

その人たち全員に名前を書いていただくというのは、これはとてつもなく大変なことと思えます。

そのように考えますと、選挙の大変さがお分かりになるのではないでしょうか?





△感畚蠅里宅にお邪魔しましたら、そのお宅の奥さんから『毎朝、もはらさんのホームページを見るのが日課になっています』と、お声をかけられました。

サイトの更新をしても、だれも見てくださらないようでは、空しい感じになりますが、たくさんの方がご覧になってくださり、さらに、そのことを教えていただきますと、大いに励みになります。

『365日毎日更新を、どこまで続行できるか?』に挑戦するつもりで、このホームページを始めたのは、2008年の4月10日です。

数日前に、ついに8年目に突入しましたが、学校の宿題の日記でさえ3日坊主で続かなかった私にしますと、ちょっとした奇跡ですね、これは。

毎日記述している内容は、大した字数ではありませんが、2500日以上続きますと、とてつもなく膨大になり、この点も驚きです。

4年前の選挙期間中は、ホームページの更新が、公職選挙法の関係でできずに、その1週間分は後からアップロードしましたが、今回はネット選挙解禁で、毎日更新が可能です。

ということで、ライブ感あふれる選挙活動の報告も可能になりますので、前回とはちょっと違うことにも挑戦しようかと思っておりますが…





〆Fは、あちこちのお宅にお邪魔しました。

一ノ宮から小野までの間を、あちこち出かけ疲れましたが、とても興味深いお話をいろいろ伺うことができました。

また、夜、電話でとある市民の方から伺ったお話ですが、小学校に通う子どもさんが、『4月になってからパンが、すごく小さくなった』と言っているとのこと。

小麦などの価格高騰で、パンのサイズを小さくせざるを得なかったのかもしれませんが、選挙が終えてから、詳しく調べますので。




 
 
  4月15日(水)
す睥隹修蓮⊃祐崋匆颪量簑蠅世韻任覆、ペットの動物の世界でも、進みつつあるようです。

とあるお宅にお邪魔しましたら、玄関に、ちょっと弱った様子のワンちゃんがおりまして、聞いたところ14歳の高齢犬で、大変な状況なのだとか…

栄養状態が良くなり、住みやすい環境の中で生活しているので、高齢犬も増えているのでしょうが、人間と同じように長生きすることで起こる様々な問題が生じているということでしょうか?




0譽竜楔民館の駐車場で、一ノ宮子育連の本部役員のみなさんにお会いしました。

今日は、新役員のみなさんで、地域の様々な役員の方々のところにご挨拶で伺っていたとのこと。

私もかつて、子育連の役員をさせていただきましたので、昔話をからめながら、しばし立ち話をしましたが、なかなか伺えない内容のお話を教えていただくことができ、参考になりました。

偶然、会った方から、有益な情報を教えてもらえることは、意外なほどよくあります。

特に、年代が異なる方からのお話は、新鮮な視点のものが多く、勉強になります。

また、役員のお一人の方が、近所のお宅の娘さんと知り、ちょっと驚きました。

そうした情報は、人と人との距離感を一気に縮めますが、不思議なものです。





▲優奪帆挙が解禁となりました。

でも、これまで行えなかった選挙期間中のホームページ・ブログ等の更新が、行えるようになったことくらいは、分かるのですが、ちょっと微妙な点がいくつかありましたので、本日、選管で確認してまいりました。

たとえば、市議選の告示は19日ですが、では、この日のどの時点から選挙運動の内容をホームページ等に記載しても大丈夫なのか?

ちょっと判断に悩むところです。

また、公職選挙法で禁止されている選挙後の挨拶行為は、ホームページ上ではどうなのか?  メールではどうなのか?

いろいろ確認させていただきました。

新しい方法が許されるのは結構なことですが、まだ細かい点では、分からない点がかなりあります。

なので、ネット選挙解禁とはいっても、ホームページの更新を続けることくらいしかできないかもしれませんが、それでも、4年前はできなかったことができるのは、毎日更新している私のような者からすれば、ありがたいことと思えます。

できるだけ選挙期間中も、その日の状況や情報を、みなさんにお知らせしていきたいと思いますが、はたして、その余裕があるのか?

そこがちょっと心配です。





仝畫庵罅▲譽鵐織ー会社から、選挙カーとして使う車が来ました。

また、その車に、選挙用のやぐらを載せなければなりませんので、いつもお願いしている田篠の看板屋さんに、車を持って行きました。

いよいよ選挙カーの準備の段階となりますと、選挙が近づいて来た感が、グッと強まります。

また、午後は、事務機のリース会社から、テーブルや折り畳みの椅子などが届きました。

金曜日に、事務所づくりを行う予定ですが、この数日間は、非常に慌ただしくなります。

ちなみに、選挙用の自動車のリース料金、選挙ポスターの製作費用、選挙カーの運転手の費用等は、所定の手続きをしますと、市に負担してもらう形で選挙を行えます。

これは選挙公営という制度で、『お金のかからない選挙を実現するとともに、立候補の機会均等や候補 者間の選挙運動の機会均等を図る手段として選挙公営制度が設けられています』とのことです。

私も、立候補するまで、このような制度があることなど知りませんでした。

しかし、選挙カーに載せるやぐらや、事務所用の看板などは、当然、候補者の実費負担ですので、最初の選挙のときには、結構お金がかかってしまうのが現実です。

それでも、かつてのド派手な選挙が当たり前だった時代からしますと、隔世の感があるのではないでしょうか?





 
 
  4月14日(火)
せ垉珍のポスター掲示場は、27枠もありますが?

いまの状況では、20人前後の立候補予定者のように思えますが、なぜこんなに枠があるのでしょうか?

まさか、まだ立候補を明らかにしていない複数の立候補予定者の秘密情報でもあるわけではないでしょうが、この数は、ちょっと気になります。






市議選の法定ハガキは、2000枚が郵便料金無料で出せます。

しかし、この枚数になりますと、ハガキは印刷会社で簡単に作ってもらうことはできても、宛名書きは、非常に大変な作業となります。

選挙が始まってからでは、宛名書きが間に合わない可能性がありますので、立候補を予定されている方々は、もう準備を進めているはずです。

選挙は始まってしまうと、できることが限られますので、初日を無事乗り切ることができれば、半部以上は済んだと言えるように思えますが?

この数日は、事務所の準備やら、お手伝いをお願いするみなさんへの連絡やらで、慌ただしい日々が続きますが、忙しいと本当に一日は、あっという間に終わってしまうものですね。

水木金土の、あと4日も、あっという間に過ぎてしまうことは確実のようです。





京都市の市議選は、この前の日曜日が投票日でした。

実は、私が最初に選挙に出ようとしたとき、2002年の夏ごろのことですが、同志社大学OBの京都市の市議会議員である鈴木マサホさんをネットで知りました。

図々しくも、大学の後輩という立場で、メールで連絡し、選挙についての様々なお話を、そのとき伺いました。

その鈴木さんが、8期目の京都市議選に挑戦され、無事再選されたことを知りました。

実は、10年以上、同志社大学大学院の卒業記念ワインのご注文をいただいているのも、この鈴木さんとのご縁がきっかけです。

鈴木さんとは、一度もお会いしたことがなく、メールと電話でしか連絡をしたことがない関係なのですが、今回も当選され、嬉しく思っております。

それにしても、全然知らなかった方でも、同窓という縁だけで、人間関係は広げることができるものです。

こういうときは、卒業生が多い大学というのは、結構有利なのかも?

そんなことを、ちょっと思いました。




‥卦い悪くて、困りました。

予定では今週は、自分の市議会だより4月号を、バイクでポスティングすることになっていましたが、全くできず、結局、車でよく存じ上げている方のお宅中心に、配っているような次第です。

今日は、妙義方面に伺いましたら、雨で家にいらっしゃる方が多く、複数のお宅で上がらせていただき、お話を伺う機会がありました。

一昨日が県議選の投票日だったこともあり、次の市議選よりも、先の県議選の話題になりました。

お話を総合しますと、『選挙は、あらゆる要素が絡み合って結果が出るという非常に複雑なもの』ということが、よく分かります。

いくつかの点を拾い上げて各候補者を評価をしても、全体の結果は、それとは別の要素に左右されてしまうこともありますが、特に一人しか当選できない選挙では、そうした傾向が強まるように思えます。

『選挙は複雑怪奇な要素に満ち満ちている』と、私は考えておりますが?

いよいよ、その複雑怪奇な世界に自分も入っていく訳ですが、何度やってもあまり良いものではありません。






 
 
  4月13日(月)
今年の陽気は、寒暖の差が激しいというか、暑さを感じるような日の翌日には真冬のような日が来ることさえあります。

それが、何度もあるのですから、困ったことです。

まだ、マスクをされている方を時々お見かけしますが、いまのマスクは花粉症のためなのでしょうか?

私は、今シーズン、花粉症の薬を一度も飲まずに、何とか乗り越えることができました。

3月の末の、桜が咲いた頃、くしゃみと鼻水が出た日が、数日ありましたが、さほど重い症状にはならず、ここまで来ました。

日頃から、薬はほとんど飲まないので、花粉症の薬を飲まなければ、完全に薬ゼロの暮らしになります。

もしかすると、これまでの人生で、1年以上、何も薬を飲まなかったというのは、初めてのことなのでは?

大したことではありませんが、花粉症の薬を飲まずに済んだのは、自分でもちょっと驚いております。

ただ、これが鼻呼吸睡眠と関係しているかは、定かではありませんが…





∋々、市役所に出向きますが、議員の方々とは、全くお会いすることがありません。

3階の議会事務局に行っても、非常に静かな感じです。

ところで、ちょっと昼過ぎ、富岡方面に出かける用事がありましたので、市役所に立ち寄りました。

昨日の、南蛇井の右折用の矢印信号について、確認しに行ったのですが、この4月から、信号などを担当する部署が変わってしまい、これまでに地元から要望が出ていたかなど、今日は確認ができませんでした。

また、昨日、富岡総合病院についてのご意見もいただきましたが、こちらも内容が複雑ですので、今日は調べることができませんでした。

いつもなら、どんどん動けるのですが、ちょっと今は、4年に1度のイベントが近くて、なかなか活動ができないような状況です。

必ず、イベントが終えた後には、よく調べて、ご返事させていただきますので、よろしくお願いいたします。




 愡垉珍は、選挙になるんですか?』と、時々質問されます。

私が現在、伺っている話では、間違いなく選挙にはなるかと思います。

しかし、定数18人のところ、20人ほどが立候補予定と聞いていますので、定数プラス数名の選挙になることは確実な雰囲気です。

ところで、最近の選挙は、低投票率が大きな問題になっていますが、この10年ちょっとの間に、投票率は劇的に下がっています。

具体的なデータを上げますと、以下の通りです。

 2002年富岡市議選  77.15%
 2006年富岡市長選  74.45%
 2007年富岡市議選  72.03%
 2010年富岡市長選  68.52%
 2011年富岡市議選  66.49%
 2014年富岡市長選  61.59%

そして、昨日の県議選は、53.50%でした。

私の最初の選挙は、2002年の市議選でしたが、当時の投票率は80%に近いものでした。

しかし、この流れから考えますと、今月行われる富岡市議選は、60%少々くらいになる可能性が高いのではないでしょうか?

このまま行きますと、市議選もかなり盛り上がりに欠ける選挙になってしまうように思えます。

でも、私たちが納めている税金が、一番身近なところで使われているのが、市の事業なのですから、その税金の使い方を決める議員の選挙ということで、多くの市民のみなさんに、もっと関心を持っていただきたいと思っております。

もちろん、これまで議会や議員が、市民のみなさんに対して、積極的に情報を提供してこなかったことも、市政に無関心な方が増えている大きな原因であるとは思いますが、議会も、この4年間で、様々な改革を行ってきたのも事実です。

さらに、これから新庁舎ができれば、本会議や委員会のネットを使ったライブ中継なども、おそらく行われるでしょう。

また、市の広報といっしょに配布される富岡市議会だよりに、それぞれの議案に対して、どの議員が賛成・反対したかも分かるような情報も掲載されることになるかと思います。

そのような、大きな変革の時期ですので、ぜひとも市民のみなさんの、議会に対する関心も高まってほしいところですが…






 
 
  4月12日(日)
じ議選の3人の候補者の方々の、選挙前に配布されたビラ・チラシ・リーフレットについて、あちこちで疑問の声をいただきました。

候補者自ら、パフォーマンス的なポーズをしている写真を、どの候補の方も使っておられましたが、『いかがなものか』という意見を、よく耳にしました。

大きな争点がないので、まずは目を引き、名前を憶えてもらうことを優先したため、パフォーマンス的な写真合戦になってしまったのかもしれませんが、選挙民のみなさんの中には、かなり冷ややかな目で見ておられた方々が少なくなかったのでは?

政治を分かりやすく説明することは重要ですが、今回の県議選関連の印刷物の多くは、ちょっと違う方向に行き過ぎたような印象を持ちました。





西中時代の同級生のお宅に伺いましたら、その方が私のホームページを頻繁に見ていてくださり、その話題になりました。

給食費の無料化につきましては、その同級生もそうですが、だれと話しても、みなさん疑問を持たれているように感じます。

子育てを終えた年代の方からすれば、『いまの子育て支援は、私たちが子どもを育てていた時より遥かに充実しているのに、なぜさらに、給食費まで無料にしなければならないの?』という思いが強いのではないでしょうか?

市民のみなさんの声を伺っていれば、そんなことはすぐに分かるのに、なぜ市議の方々の多数派は、岩井市長さんが進めようとしている給食費全面無料化を容認するような姿勢でいるのか、非常に不思議に思えてなりません。

議員は、市長の公約実現を手伝うのが仕事ではなく、市民のみなさんが苦労して納めた税金が、市民の豊かな暮らしを実現するために使われるよう行政のチェックをするのが仕事のはずです。

市長さんの顔色をうかがいながら行動するのではなく、市民のみなさんのほうに目を向けることが大切かと思いますが、どうも今の議会は…

マズいですよね、このような傾向は。




国道254号線の南蛇井の交差点は、右折用の矢印信号がありません。

『そのため、時間帯によっては、非常に右折しづらいので、何とかしてほしいのですが?』

そんなご意見を、今日、南蛇井のお宅でお聞きしました。

私も時々、その交差点を右折することがありますが、確かにその通りと思います。

今月は、慌ただしいイベントを控えていますので、それが終わり次第、対応させていただきます。





仝議選の結果が出ました。

どのような票の出方になるのか、気になっていましたが…



この選挙結果は、昨年の市長選を彷彿させます。

大きな組織票を持つ候補が、批判票が割れたことにより当選というような見方もできるのではないでしょうか?

2人の選挙になれば、現職批判の票が相手候補にすべて流れるため現職に厳しく、3人の選挙になれば、批判票が割れるため現職に有利という見方がありましたが、まさにその見込み通りに選挙が進んでしまった感があります。

自民王国の群馬県において、『自民党公認』は、選挙では絶大な集票力を発揮するでしょう。

それでも、2位と3位の方の得票数を合わせれば、自民党公認で当選した候補の票数を遥かに上回るところが、この富岡選挙区の現実と問題点を如実に表しているように思えます。


また、3人の票数を合計しますと、2万1500票ほどです。

これは、昨年の市長選のときの合計票数2万5千票から、かなり減らしています。

今回の選挙の関心がいかに低かったかを示している数字なのかもしれません。


さて、県議選の結果は出ました。

いよいよ、来週の日曜日から、市議選が…始まります。





 
 
  4月11日(土)
M縞、車で走っていましたら、矢野えいじ候補の総決起大会が、旧254号のバイパス沿いで行われていました。

選挙運動については、非常に興味を持っているほうですので、ちょっと車から下りて、遠くから見させていただきました。

通常は、かぶら文化ホールのような施設を借りて、総決起大会を行いますが、交通量の多い道路沿いで行うというこのやり方は、これまでになかった方法のように思えます。

矢野えいじ候補は、選挙カーも非常に目を引くものでしたし、こうした新しい方法が、どこまで有権者の支持を得るのか?

また、市議を2期経験し、最も若い矢野まさひと候補が、どこまで票を伸ばせるか?

はたまた、現職であり、自民党の公認である大手候補が、知名度の高さを生かし、前回以上に票数を上乗せできるのか?

私にも、結果は全く予想できませんが、明日の今頃には、すべてが判明します。





PTAの役員時代から存じ上げている方で、写真を趣味にされている人がいらっしゃいます。

その方のお宅に伺いましたら、本格的に写真を撮り始めて1年で、フォトコンテストで2度、大きな賞を獲得されたとのこと。

作品を拝見しましたら、昆虫や蝶などの素晴らしい写真で、驚きました。

その方は、NHKの『ほっと群馬640』で紹介された私の写真をよくご存じで、写真の話をしてくださったのですが、私の単なる風景写真とはレベルが違いました。

私も、コンパクトデジカメではなく一眼レフで、気合を入れて、写真を撮りたくなってきました。






〆Fは、同級生数名とお会いする機会がありまして、いろいろ世間話ができました。

久しぶりに会うと、『孫が生まれた』という話をする同級生がけっこうおりまして、ちょっと『ぎょぎょぎょ』感が…

私たちの世代も、いよいよリアルな『おじいさん』世代に突入ということでしょうか。

ところで、市議会議員選挙が、県議選の後に行われることをご存じでない方がかなりおられますが、これはどういうことなのでしょうか?

明日の県議選の投票率は、前回よりもかなり低くなるような予感がしますし、その次の市議選は、それに輪をかけるようなことに、ひょっとするとなってしまうのでは?

まさか、明日の投票率は50%を割るようなことにはならないかとは思いますが、少しでも高いことを祈るばかりです。





 
 
  4月10日(金)
∈F、矢野まさひと候補が街頭演説をしているところで、上毛新聞の新しい記者さんと初めてご挨拶をすることができました。

上毛新聞の富岡担当の記者さんは、この春から別の方になりました。

記者の方とは、いろいろお話ができるような関係になっていたほうが、メリットがありますので、ちょうど良い機会となりました。

矢野候補の街頭演説の内容を、取材しておりましたが、この後で、どのような記事になるのでしょうか?

マスコミ関係の方も、これから、選挙結果が出るまでは、多忙を極めることになるのでしょう。

富岡選挙区は、定数1のところ、3人が立候補していますので、県内では最も激戦の選挙区です。

選挙結果は非常に気になりますが、マスコミが選挙をどのように分析するかも、とても気になります。





〕縞、一ノ宮のヤオコーそばで、矢野まさひと候補の街頭演説がありました。

ちょうど近くにいましたので、街頭演説を聞くことができました。

聴衆も、はじめはポツポツという感じでしたが、徐々に人が増え、最後は、かなりの方が、矢野まさひと候補の訴えに耳を傾けていました。

いよいよ選挙戦も終盤となりましたが、中傷合戦の泥仕合ではなく、三候補の主張の戦いで、選挙が盛り上がってほしいと思います。










 
 
  4月9日(木)
E卦い悪いので、あまり写真を撮っていませんが、SDカードに、丹生湖で撮ったこんな桜の写真がありました。

丹生湖は、写真を撮るのに良いスポットが、あちこちあるように思えます。

来年の桜のシーズンには、ぜひお出かけください。







△箸△訝篭茲悄∋垉腸颪世茲蠅離櫂好謄ングに行きました。

今日は、あまりの寒さで、バイクに乗るような陽気ではないとでも言いましょうか…

いつもより、かなり重ね着をして出かけましたが、それでも骨身にこたえる寒さでした。

ポスティング中に、あちこちの方から『県議選はどうなんだい?』というご質問をいただきました。

でも、だれと話しても、『よく分からない選挙』という表現に落ち着いてしまいます。

大手候補は、これまでこの地区で行われてきたスタンダードな方法の選挙をされているように思えます。

また、お二人の矢野候補は、従来の選挙とは異なる方法で、進めているように思われます。

どの候補のやり方が、有権者に支持されるのかは、やってみなければ分からないというところでしょう。

ただ、選挙運動の仕方だけで、投票結果が決まるわけではありません。

どちらかといえば、選挙の結果は、選挙前には8割ぐらいが決まっていて、残りの2割ぐらいが選挙運動で変わると見ても良いのかもしれません。

県議選も、あと2日です。

読売新聞群馬版に、とある候補の総決起大会の広告が出ていましたが、いよいよ終盤となってきました。

総決起大会を行うと、どこの陣営は『たくさん人がいた』、『人が少なかった』ということが、かつての選挙ではよく語られておりましたが、今は時代が変わったように思えます。

『総決起大会が盛り上がった陣営が票数も多い』という、かつての定説が、いまもその通りなのかは、非常に気になるところです。





〆鯑、印刷会社から選挙用のポスターが届きました。

選管に2枚提出しなければならなかったので、早速午前中に市役所へ行ってきました。

この場に及んで、まだ、市議選に何人が立候補するのか、よく分からないという状況ですが、一時期、定数18人のところ、19人という話を聞いたものの、ここに来て、また20人になったようなことを耳にしました。

でも、あくまでも、いろいろな方から入ってくる話なので、非常に流動的な点がありますが…

しかし、何回か選挙を経験していても、結構、近くになりますと、思わぬ出来事が起こり、ドタバタしてしまいます。

ここまで来て、出るか出ないか迷っておられる方というのは、ある意味、とても余裕があるように思えますが?







 
 
  4月8日(水)
0譽竜椶離筌コーへ行きましたら、駐車場近くの道で、矢野まさひと候補
が街頭演説を行っていました。


今日は、一ノ宮周辺を、二人の矢野候補が、かなり選挙カーで回っていましたが、これは偶然なのか、狙ったものなのか?

選挙戦もいよいよ後半戦になってきました。

どの陣営のみなさんも、そろそろ疲労感が出て来る頃かと思いますが、あと木・金・土の3日間ですので、頑張っていただきたいものです。





△海凌日の間は、2000枚のハガキを前にして、黙々とあて名書き作業を行っています。

この数は、けっこうなボリュームで、『書いても書いても、まだ、こんなにある』という感じです。

これだけの数のハガキを書いていますと、当然、書き間違いが起こります。

でも、今はやりの『消せるインクのペン』を使っていますので、かなり重宝しています。

あまり、この手のペンは好きではなかったのですが、使い始めますと、非常に便利ですね。

しかし、普通のペンよりも、インクの減りが高速のように感じますが?





^譽竜楔民館のそばを通りましたら、桜の花が散って、地面を覆っていました。


桜のシーズンも、終えてしまった感が、だいぶ出てきました。

今日は昼間でも、車の車外気温表示が3℃でしたが、これでは真冬と同じですね。

マスクをしている方が結構おられますが、もしかすると花粉症ではなく、寒暖の差が大きいため、体調を崩されたのかもしれません。

ちなみに、私は今シーズン、風邪を引いたのはゼロ回で、20年以上飲み続けてきた花粉症の薬も一度も飲まずに、花粉のシーズンを乗り切ることができました。

ちょっとした快挙のように思えますが?

夜の鼻呼吸睡眠を始めたら、健康偏差値が上がったように感じます。




 
 
  4月7日(火)
8議選について、残念な話を聞きました。

とある陣営が、選挙期間中になってから、『候補者の名前や写真が大きく入った巨大なチラシを、市内の某所で、広く配っている』とのこと。

この話が、もしも事実ならば、完全に公職選挙法に抵触する行為です。

もちろん、配布している陣営の方々も、当然、法に抵触する行為ということは知っておられるかと思いますが?

選挙も徐々に中盤から後半戦に入りますので、何でもありの状況になりつつあるのか、たまたま手違いで、このようなことが起きてしまったのか、どちらかは分かりませんが、非常に残念なことです。




午後は、西中の入学式に行ってきました。

ここで、吉田小と丹生小の新入生数を聞きましたが、吉田小は12人、丹生小は10人とのこと。

これに一ノ宮小の48人を加えますと、6年後の西中の新入生は70人ということになりますが、この数は、大きな衝撃です。

私たちの西中時代の学年は、170人で、その後は、200人を大きく超えた時代もありました。

そのように考えますと、6年後の西中の新入生は、ピークのときの3分の1以下になってしまう可能性があります。

これは、いくら考えても、どうにもなる問題ではありませんが、一ノ宮小の児童数減少以上に、西中の生徒数減少は深刻なようです。


ところで、西中の新入生は108人。

何とか1学年3クラスくらいは、維持できれば良いのですが、この先はどうなるのでしょうか?





仝畫庵罎蓮一ノ宮小学校の入学式に行ってきました。

今年の新入生は48人ですが、この数は、過去最少の人数なのでは?

毎年、新入生の数がじりじり減っていますが、本当に困った問題です。

ところで、式典のほうは、これまでとは大きく雰囲気が変わり、大変和やかな感じでした。

校長先生による式辞も、趣向を凝らしたもので、新入生のみなさんも退屈せず、お話に集中できたように思えました。

新入生の数は、少な目でしたが、式典はいつもより、盛り上がったのでは?






 
  4月6日(月)
午前中は、都市建設部と、妙義庁舎の農政課に出かけて来ました。

とある市民の方からいただきました、道の拡幅について、役所で確認してきたのですが、圃場整備に関連している道でしたので、最終的に農政課でお話を伺うことになりました。

せっかく妙義庁舎まで行きましたので、ついでに、妙義山の桜の様子もちょっと見に行ってきました。

また、昼前でしたが、ふれあいプラザで、早めの昼食として、580円のカレーを食べてきました。

私は、時々、ふれあいプラザでお昼を食べますが、今日はこれまで休みだった月曜日を、営業日に変更した最初の日ということもあり、館内のお客様の数は、少な目だったような?

桜も、これから数日が、一番見ごろの感じですので、桜見物をしながら、お風呂に入りに行くのも、よろしいかと思います。











仝議選の投票日に、用事ができる可能性があったため、今日、市役所で期日前投票をしてきました。

期日前投票は、2度目ですが、今日は3時ごろに出かけた所、投票をする人は他にだれもおらず、ちょっと驚きました。

また、本人確認と投票日に投票できない理由を書類に記入するコーナーでは、5人ほどの係りの女性の方がズラッとおられましたが、私一人で、何だか間が悪いような印象でした。

前回、期日前投票をしたのは、衆院選でしたが、そのときとは人出がずいぶん違うような印象を持ちました。

これは、かなり投票率が下がる可能性があるのでは?

この後の、市議選も、盛り上がらないような雰囲気が漂っていますし、一体どうなってしまうのでしょうか?

市議選の立候補の届け出書類を、選管に確認してもらった後のこの時点で、出るのを止めようとしている方、新たに出ることを考えている方、がおられるようですが、以前の選挙では、この時期に、このような考え中の方はいなかったのでは?

しかし、立候補しようとする方々のモチベーションが低いと思わざるを得ない状況では、選挙が盛り上がらないのも当然のことなのかも?

世界遺産のある富岡市になってからの、最初の市議選なのですから、『新しい富岡市をつくりたい』という熱い思いを持った若い候補者や、女性候補者が、どんどん出てきて、選挙が大いに盛り上がれば良かったのですが、どうもその反対の方向に進んでしまいそうです。

今のままでは、新しい市議会は全員が50歳以上の男性で、平均年齢は60代半ばということになる可能性があります。

そのような議会で、時代の流れに合った判断ができるのか、非常に微妙な気がします。

市当局が進める事業に、『意見も言わず、ただ賛成するばかり』的な議員が、今後ますます多くなってしまうとしたら、市長さんは大喜びでしょうが、市民のみなさんにとっては困ったことになるのでは?

いま、立候補予定の顔ぶれで見ますと、市長に対して、疑問や反対の意見を本会議や全員協議会で述べることができる方々は、はたしてどのくらいおられるのでしょうか?

考えれば考えるほど、富岡市の行く末が心配になってきました…







 
 
  4月5日(日)
この週末は、桜が見ごろでしたが、ちょっとお天気に恵まれませんでした。

貫前神社の桜も、もう散り始めていますので、入学式のとき、ランドセルを背負って、満開の桜の木をバックに写真を撮るのは、ちょっと難しそうです。






午後は、政務活動費の領収書を、横尾議員さんのお宅に持って行ったのですが、途中で、上小林のコンビニに寄り、車でコーヒーを飲んでいましたら、県議選の選挙カーが入ってきました。

見ると、矢野えいじ候補の選挙カーでした。

昨日は、一ノ宮の信用金庫前で、街頭演説をしているところを見ましたが、今日は、コンビニの駐車場で遭遇とは…

何かご縁があるとでも言いましょうか?

ご本人は、乗っておられませんでしたが、ウグイス嬢のみなさんに、『選挙カーの写真を撮っていいですか?』と伺いましたら、『どうぞどうぞ。ぜひ、ネットで紹介してください』とのことでした。

というわけで、矢野えいじ候補の選挙カーを、ちょっと紹介いたします。



これは、かつてなかったタイプの選挙カーと思えます。

目立ちますね、すごく。

でも、フェイスブックを使わない世代、もしくは知らない世代の方からしますと、どんな印象をもたれるのかが、ちょっと気になります。

大手候補と、矢野まさひと候補の選挙カーは、まだ実際に見たことがありませんが、もしも写真が撮れましたら、もちろんそちらの車も紹介させていただきますので。





仝畫庵罎蓮∩挙のポスター貼り作業をお願いしている同級生のお宅数件に出かけましたが…

『あれ、今年、選挙なんだっけ?』というような反応が多くて、逆にこちらが『あれれれ?』というような思いがしました。


県議選も、関心が低い方が多いように思えますが、一番身近な市議選も、それと同じくらい盛り上がっていないとでも申しましょうか…

これは何か、空前の低投票率になってしまうような気がしてきました。

どのような展開になったとしても、自分としては、自分のスタイルで進めていくしかないのですが、これまで3回経験した選挙と、大きく違うような印象を持たざる得ません。




 
 
  4月4日(土)
0譽竜榁篭菎琉蘓橋讐颪猟蟯総会が、夕方ありました。

また、その後、懇親会がありましたが、いろいろ面白い話を伺うことができました。

県議会議員選挙、市議会議員選挙の話題にもなりましたが、内角高めを突くような際どい話もけっこうあり、市民のみなさんの市政・県政に対するお考えを、垣間見たような気がしました。

数日前、一ノ宮地区全域に、市議会だより51号をちょうどポスティングしたばかりということもあり、その話題にもなりました。

また、『もはらさん本人が、おれんちのほうも配ってるんですか? たまげたなー』とも言われましたが…

確かに、一ノ宮地区だけでも2000世帯ほどありますので、家を覚えるまでは大変ですが、どこに家があるかを全部把握しますと、一ノ宮は割とポスティングしやすいように思えます。

一番ポスティングで苦戦するのは、妙義町の西のほうです。

家と家の距離が、かなり離れている所が多いので、そこを経験すると、一ノ宮のポスティングは、すごく楽に思えますので、人間の感覚というのは不思議なものです。





一ノ宮の信用金庫前を車で通りましたら、県議選の候補者の方が、街頭演説をされていました。

近くに行くまでは、だれだか分かりませんでしたが、矢野えいじさんと、関係者の方々でした。

車で通過しながら見た程度ですので、数名の方しか確認ができませんでしたが、マイクを持って熱のこもった応援演説をされていたのは、市議会の先輩に当たる方で、ちょっとビックリでした。

また、旗を持って立っていたお方のお顔を見て、さらにビックリ!

だれであるかは控えますが、『あれれ??』感がありました。


ところで、選挙運動における街頭演説の効果ですが、私は、ちょっとその効果を疑っております。

街頭演説は、行っているほうにしますと、すごく『やっている感』があるのですが、はたから見ますと、『どこかの陣営が、なんかやってたなー』くらいで終わってしまうような危険性があるように、最近は感じています。

効果が期待できると思える選挙運動は、考え方によって、人それぞれでしょうが、確実に言えそうなことは、簡単に効果が表れるような方法はないということなのかもしれません…ね。






〆鯑が県議選の告示で、何と本日、複数の候補者の方から、選挙ハガキが送られてきましたが、すごいスピードですね。

期日前投票が増えてきたので、できるだけ早く届くようにしようということなのでしょうが、告示日の翌日というのは、驚きです。

我が家に来たのは、元市議の矢野候補と、現職の大手候補のハガキです。

矢野候補のハガキは、若さとフレッシュな雰囲気を出したもので、大手候補のハガキは、大沢知事、国会議員などお歴々の方々の顔写真が勢ぞろいのものでした。

このようなとき、自民党の公認という立場は、圧倒的な強さを示すことができます。

若い世代からすると、権威主義的な印象を持ってしまう方もおられるかもしれませんが、ご年配の方々には大きな効果が生まれるのではないでしょうか?

もう一人の、矢野候補のハガキは分かりませんが、まだ、送っていないようでしたら、ぜひ、我が家にも送っていただきたいものです。




 
 
  4月3日(金)
¬襪砲覆辰討ら、貫前神社の参道の桜を見に出かけました。

夜桜も、幻想的な雰囲気で、ちょっといいですね。





仝議選の告示の日となりました。

 
3人の候補者の中に、そう多くはない『矢野』姓の方が2名いるというのは、お二方にとって、懸念材料になっているかと推測します。

もしかすると、『矢野』という苗字だけの票を按分した結果で、順位が微妙に変わることさえ起りえますが…

ところで、夕方、『矢野まさひと』候補の事務所に、数名の議員で出かけてきました。

選挙に関しては、私は全くの素人ではないのですが、どうも、この県議選は浮動票がとても多いように思え、だれが優勢なのか、全く分かりません。

一般論で考えれば、自民党の現職の方が有利でしょう。

でも、市民のみなさんの様々なお話を伺うと、はたしてそのような単純な選挙になるのだろうか、とも思えます。



ところで、県議選の供託金は60万円で、市議選の2倍。

選挙費用の上限は700万円ほどで、これも、市議選の約2倍。

でも、選挙ハガキは、8000枚まで出せるとのことですので、これは市議選の4倍です。

しかし、市内のお宅だけで8000枚送れるといっても、どこの家に出せばよいのか、困ってしまいますよね。


また、県議選から話がそれますが、市議選に立候補予定だった、とある現職の方で、急遽出馬しない方がおられるような情報が…

さらに、かつて県議選に出馬した方で、今回は市議選に立候補予定の方がおられるような…

ここに来て、市議選のほうも、ちょっとにぎやかな雰囲気になってきたのでしょうか?






 
  4月2日(木)
づ卦い良かったので、昨日の、宮崎のお寺の桜を、ポスティング前に見てきました。


やはり曇り空よりも、青空のほうが桜には良いですね。




8議選の告示が近づいてきましたが…

全然、県議選の情勢は分かりません。

今日、富岡の街中のほうで、元コンビニの店舗だったところで、ある立候補予定者の方の事務所っぽいものが目に入りました。

明日からは、かなり賑やかになるのでしょう。

3人の立候補予定者の、リーフレットやチラシが、我が家のポストにも入っておりましたが、今年はみなさん、『パフォーマンス系』の写真をふんだんに使っておられます。

『まずは目を引き、目立って名前をおぼえてもらうこと優先』という戦略なのかもしれませんが、私は個人的に、ちょっと違和感を持っております。

3人が同じような票数で並ぶような選挙になるのか、それとも、予想外の大差がつく選挙になるのか?

でも、ポスティング中に、県議選のことを質問されますが、みなさん、意外なほど、このお三方のことを存じ上げていないような印象を持ちましたが…

となりますと、有利になるのは…

この先は、止めておきましょう。







∧数の市民の方から、、お電話をいただきました。

ちょうど、ポスティングで出かけていて、私はお話ができなかったのですが、『給食費の無料化は理解できない』などのご意見でした。

また、今日は、とあるところで、市役所の元部長さんにお会いし、久しぶりにお話をさせていただきました。

元職員のみなさんは、行政内部のことも議会のことも、よくご存じで、さらに、職員時代はご自分の意見を述べづらかったということもあり、素晴らしい視点のご意見をいただくことが多々あります。

今日も、『なるほど』と思えるお話を、教えていただきました。

今後の活動の中で、使わさせていただきます。

本当に今日は、ありがとうございました。





仝畫庵罎蓮△富ちゃん家に納品に行ってきました。

また、旧まちづくり課があった部屋に行きましたら、雰囲気が一変しておりました。

前は、同じスペースを、『株式会社まちづくり富岡』とまちづくり課が、半分ずつ使っていたような状況で、『これはちょっといかがなものか?』感が漂っていましたが、まちづくり富岡の事務所は別になり、その点は改善されていて良かったと思えました。

観光協会の事務所が、4月から新たに設けられたようですが、この数年が、勝負所ですので、職員のみなさんには、ぜひお力を発揮していただきたいと思います。




 
 
  4月1日(水)
とある市民の方からお電話をいただきました。

私の市議会だより4月号を見てくださった方ですが、『今の富岡市の様々な事業の進め方は、強引過ぎるのではないでしょうか? また、それを止めなければいけない議会も、機能していないように見えます』という内容でした。

私も、この方のお考えと同感です。

おそらく、現在の市の政策会議などは、市長の方針について、だれも口をはさむことなどできないような雰囲気なのではないかと、私は感じています。

本当なら、特別職である、副市長や教育長が、市長に対して意見を申し上げれば良いかと思いますが、そうしたことが行われているのでしょうか?

私は非常に懸念しております。

また、本来なら、市当局のチェック機関である市議会が、もっと強く出れば、市民のみなさんから疑問の声が多数上がっている給食費無料化の件なども、進め方を変えることができたのに、議会もいまや、当局に対して強く意見を述べる者は数えるほど…

これは、非常に危険な兆候かと思えます。

今でも、市長を支持する議員が圧倒的多数なのに、これで今月の市議選後、さらにこの傾向が強まるような顔ぶれになってしまったら、200億円の市の予算が、思うままに…となる危険性がかなりあるのでは?

ポスティング中に、けっこう色々な方々とお話する機会がありますが、市の様々な事業の進め方に対し、批判的な意見がとても多いように思えます。

私は、市長に対して、議会でストレートに意見を言っている立場ですので、それで同じ思いの市民の方々が声をかけてくださるのかもしれませんが…

市役所の中も、以前よりも空気が重いように感じるのは、私だけなのか?

市の職員のみなさんに対する、副市長さんの対応も、違和感を持ちますし…

富岡市は、製糸場の世界遺産登録で、外からは、華やかな雰囲気で見られるのかもしれませんが、中から見ると、市民のみなさんの思いは、かなり違うとでもいいましょうか…

富岡市の未来は大丈夫なのか、不安が。





昼頃、一度、雨が降り始めましたので、ポスティングを中断しましたが、午後はまた天気が持ち直したため、再開しました。

宮崎公園の近くを通りましたら、ここも桜が見ごろでした。




〆Fも朝から、ポスティング活動を行いました。

宮崎のお寺に、すごく立派な桜の木があります。

満開で、見ごたえがありました。

天気が晴れていれば、もっと感動的だったかと思いますが、桜見物がお好きな方は、出かけてはいかがでしょう?





 
 
   3月31日(火)
今日で3月は終わりです。

明日からいよいよ4月…

いろいろありそうな月が始まります。

宇田方面に、ポスティングに行きましたら、矢野くんの事務所が見えましたので、立ち寄りました。

矢野君本人は、出かけてしまっていて、会うことはできませんでしたが、矢野君のお母さんと、ちょっと話をさせていただきました。

統一地方選の、いよいよ始まりとなりますが、長いひと月になりそうです。




⊇佞旅短勹爐蓮健大高崎に1−0で勝った東海大四高が、決勝に進みましたが…

浦和学院のほうが、かなり強そうな印象を持っていましたので、驚きました。

もしも、東海大四高が優勝すると、21世紀枠で出場し、あわや東海大四高を負かしそうになった松山東高校の評価が、俄然、上がるような気がしますが?

また、敦賀気比も、2打席連続満塁本塁打という、まるでドカベンの漫画のような展開で、圧勝していますので、なんだかドラマチックな試合になりそうです。

プロ野球の試合など、全く見ない私ですが、明日の甲子園の決勝戦は、非常に楽しみです。





〆Fも天気が良かったので、朝から夕方まで、ポスティングを行いました。

桜が、満開に近づいてきたような感じですが、3月中にここまで咲いたのは、非常に珍しいのでは?

ところで、富岡市の『市の花』は、桜ですが、みなさんご存じだったでしょうか?

ポスティングをしながら、撮影した桜の写真を、何枚かご紹介しましょう。












 
  3月30日(月)
今日ポスティングして、気づいたこと。

一ノ宮の全域で、県議選のあの候補者の方の、リーフレットと、出陣式のご案内が入っておりました。

この候補者の方は、『出陣式のご案内』も政治活動なのでしょうか?

政治活動も、様々な種類があるようですね。



第3子以降の給食費無料化の件で、修正動議を出し、それが否決されたことをご存知の方が、意外に多く、ちょっとびっくりしました。

ポスティングの最中に、草むしりをしている方などと、お話する機会がありましたが、読売新聞を読んでいる方は、群馬版に修正動議を出した記事が載り、その中に、私の名前が入っていたことに気づいてくださった方が、けっこういらっしゃるような印象です。

それほど、市民の方の関心は、もうないのかと思っていましたが、そうではないような雰囲気です。

実は、4月号の表の面は、全面を使って、『給食費無料化の経緯と今後の問題点について』という特集にしました。

適切とは思えない市当局の事業の進め方や、予算特別委員会での岩井市長の発言などについて、私の考えを述べさせてもらいました。

市民のみなさんが、市当局の進め方と、それを支持した多数派議員の方々に賛成するのか、それとも私の考え方に賛成してくださるのか、それは全く分かりませんが、もしかすると、4月の市議会議員選挙では、何らかの影響が出るのではないでしょうか?

『第3子以降の給食費無料化が、落としどころとしてちょうど良いから賛成だ』、『市長だって、まさか全面無料化するなんて、考えてねーだんべー』、『おれの支援者には岩井市長の関係者が多いので、第3子以降の給食費無料化に反対するのは。選挙を考えると、ちょっと…』などのお声が、以前、多くの議員さんから聞こえたような…

でも、こんな訳の分からない個人的な理由で、私たちが苦労して納めている税金の使い方が決まってしまっているとしたら、みなさん、頭にきませんか?

私は、非常に、うんざりしています。





〆鯑、一気に、市議会だよりの原稿を書き上げ、今日は午前中は印刷をし、早速午後から、4月号のポスティングを開始しました。

バイクに乗って、一ノ宮の中を、あちこち走り回りましたが、とても3月とは思えない陽気でした。

貫前神社参道の桜も、かなり咲いておりましたが、ご近所の方にお話を伺うと、朝はそれほどではなかったのが、昼頃から一気に開いたのだとか…



今日の暖かさは、5月並とのこと。

いつもなら、この時期のバイクは、寒さ対策が必要ですが、今日は逆に、風が心地よいくらいでした。

当分の間、昼間は、原付バイクツーリングの日々になりそうです。




菜の花が美しい光景もありました…

 




 
これまでの活動記録 (毎日更新中!)
2015年 3月 2月 1月
2014年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月  3月 2月 1月

2013年 12月 11月 10月 9月 8月 7月中・下 7月上 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2012年  12月 11月 10月 9月 8月  7月 6月 5月 4月 3月 2月
 1月
2011年 12月  11月 10月 9月 8月 7月 6月  5月 4月 3月 2月 1月
2010年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 
2009年  12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2008年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月