富岡市を元気に!子どもたちに明るい未来を! 富岡市議会議員 茂原正秀WEB-SITE
TOP    これまでの活動記録(毎日更新中!)










富岡市の桜
富岡市の美しい風景
富岡市観光協会のFacebook
富岡製糸場Facebook

便利な情報サイト
ダイヤモンド・オンライン
東洋経済オンライン
日経新聞
読売新聞オンライン
朝日新聞
毎日新聞
産経新聞
東京新聞
ロイター
共同通信
ニューズウィーク
NHK
プレジデント公式サイト
上毛新聞
The Japan Times Online








★もはら撮影
 動画情報★

まなびのつどい
2014.2.2


富岡市成人式
2014.1.12


富岡市消防隊
出初式2014年


貫前神社2014年
元旦


富岡市・安中市・軽井沢町の観光連携協議会設立趣旨発表
2013.12.26


貫前神社 御戸開祭 2013.12.12

群馬サファリ富岡マラソン大会
2013.12.8


第8回富岡市一周駅伝

第2回スロージョギング教室 
2013.11.23


佐原市の『歴史ある町並み』
2013.11.5

モザイクアートで
ギネスに挑戦

2013.11.4

妙義山紅葉
フェスティバル

2013.11.3

スロージョギング
教室

2013.10.27

富岡製糸場に
ふっかちゃん

2013.10.4


富岡市交通安全
パレード

2013.9.25

富岡市CM 
2013年わがまちCM
コンテスト最終選考作品


同志社大学
今出川キャンパス

2013.10.8



ご意見・ご質問はメールでお願いいたします。
moharamasahide@gmail.com
富岡市の防災気象情報(気象庁リンク)

  ゆる過ぎるゆるキャラ『まゆべえ』のグッズ、細々と、アマゾンなどで全国販売中!
 トートバッグキャップアマゾンで販売中の『まゆべえ』グッズ
 
     
 
 2015年2月のページはこちらから
 
  1月31日(土)
¬斉から、2月です。

お正月を迎えたのは、ついこの前でしたが、早いものです。

ところで、あちこちでお話をしていますと、『今年は選挙の年ですよね?』と、選挙関連の話題になります。

でも、いつも、『今回の選挙は、県議選も市議選も、静かな感じがしますが、どうなんですか?』というような話になりますが、実は、私も、少々不思議な感じとでも言いましょうか、いつもと異なる雰囲気に思えます。

これから徐々に賑やかになるのかもしれませんが、現時点では、非常に静かな感じです。

よく話をする新聞記者の方から、『何か面白い話があったら、教えてくださいよ』と言われているのですが、記者さんも、選挙については、あまり新しい情報がないのかもしれません。

県議選も、3人の方が手を挙げそうですが、ちょっと静かすぎるように思えます。

矢野議員さんとは、時々お会いしますので、『こんな話を聞いたよ』と、私の聞いた話は伝えておりますが、矢野さんは、どんな準備をしているのでしょうか?

他のお二人の方とは、ほとんどお話をすることがございませんので、分かりませんが、このまま行きますと、非常に静かな県議選になるように思えます。

市議選のほうも、引退する方と、新しく立候補しそうな方が、いま一つ分かりません。

でも、こんな時は、予想外の展開に進むのが世の常とも思えますので、ひょっとすると…、というところでしょうか?







仝畍紂⊃渊餞曚暴个けて来ました。

昨夜、妙義にお住いの方から、『図書館が遠いので、妙義の公民館でも、図書館の本の貸し出しや返却ができるような仕組みをつくってもらうことはできないのでしょうか?』というご意見を頂戴しました。

その件について、館長さんにお話を伺ってきたような次第ですが、今後、何らかの対応を考えていただくことになりました。

また、図書館についてのいろいろなお話も伺うことができました。

現在の富岡の図書館は、昭和56年度に建てられたものですが、オープン当初は、先進的な図書館ということで、多くの視察を受け入れた時期もあったとのことです。

ワンフロアで、当時は珍しいバリアフリーの図書館だったところなどが、高く評価されていたようです。

また、県内の様々な図書館のお話も伺いましたが、いまは高崎経済大学や群馬大学などの大学の図書館も、学生以外の方が利用できるのだとか…

大学の図書館といえば、そこの学生と関係者しか利用できないものと思っていましたので、ちょっと驚きました。

今度、高崎に行きましたら、高崎の市立図書館だけでなく、経済大学の図書館にも、出かけてみようかと思います。

また、図書館の入り口が、屋根瓦工事中でした。

建設後、34年ほどが過ぎていますので、そろそろ大規模改修が必要な時期に入ったのかもしれません。




 
  1月30日(金)
イスラム国との交渉は、どうなってしまったのでしょうか?

交渉がまだ続いているので、具体的な進展がないということなのかもしれませんが、交渉の主導権は、イスラム国にあるように見えます。

これは、非常に解決が難しい展開になってきたように思えますが、後藤さんのことも心配です。




∈Fの読売新聞群馬版に、『市民養蚕事業』が、来年度から実施されることが大きく書かれています。

これは、どんな目的で、どの程度の予算をかけるのでしょうか?

新年度の予算特別委員会で、説明がされるのでしょうが、市民のみなさんの間でこれが定着し、富岡市の新たな特徴になるのなら結構なことです。

でも、私は蚕を育てた経験はありませんが、希望者が簡単にできるようなことなのでしょうか?

上手く育てることができないようなケースが続出というようなことにならなければ良いのですが…

また、コストはどのくらいかかる事業なのかも気になります。

あまり大きな費用を投入するような事業ならば、疑問の声も上がる可能性が高いかと思われますが?






 朝から雪が舞いましたが、積もることはなく幸いでした。

テレビのニュースを見た印象では、東京都内のほうが、群馬よりも雪がたくさん降って積もったようですが、こういうケースもあるんですね。

さて、今日は午後2時から、西中で立志式が行われました。

今年は123名の2年生のみなさんが、一人ひとり自分の誓いの言葉を述べました。

なかなか多彩な内容で、みなさん、自分の未来を真剣に考えていることがよく伝わってきました。

今年の2年生は、2000年4月から2001年3月までの間に生まれた方々だそうです。

実はその時、私はちょうど西中のPTA会長をさせていただきました。

西中の運動会の日に、シドニー五輪の女子マラソンがあり、運動会の最中に、高橋尚子さんが金メダルを獲得したニュースを聞いた思い出があります。

また、慎吾ママの『おはロック』が流行った年で、女子がそのダンスをしたことも思い出されます。

つい先日のような気がしていましたが、あの頃、生まれたみなさんが、こんなに大きく立派になっていたのですから、やはりかなりの時間が過ぎていたということなのでしょう。

ところで、今日も式の中で、西中の校歌を歌う機会がありました。

この歳になって、自分の母校の校歌を歌える機会があるというのは、幸せなことと思っております。

校歌といえば、できることなら、甲子園で、富高の校歌を歌いたかったのですが…

でも、春はだめでも、ひょっとしたら夏に、そのチャンスが来るかもしれませんよね。


式典が始まる前に、校長室で、さくら餅をいただきました。

お祝いの雰囲気が高まりました。





 
  1月29日(木)
ずF、ネットで注文していた、『高橋ちか』さんのCDが届きました。

最初、この方の歌を聴いたのは、Tokyo FM の放送でしたが、Tokyo FMで、よく流しているだけあって、この方のサウンドは、とてもオシャレです。

最近は、懐かしのアーティストのDVDやCDを買うことはありますが、いまのアーティストのCDを買ったのは、何年ぶりか分からないほど、久しぶりです。

音楽の印象を、言葉で表現するのは、非常に難しいことですが、軽快で、明るく、洗練されたサウンドとでも表現しましょうか…

具体的にイメージすれば、『代官山あたりの、おしゃれなカフェのテラスで、暖かな日差しを感じながら、ボーっとして聴きたい』的なCDです。

でも、50代半ばの中年男性には、ちょっと似合わない印象が、しないでもないですが…





ソニーのコンパクトデジカメを2台使っておりますが、いつも持って出歩いているため、落とすことがよくあります。

そのためでしょうが、一台の『SDカード・バッテリー入れ』の蓋が壊れてしまい、セロテープで固定しながら使っているという、ちょっとトホホ感が漂うような状況になっております。

かろうじて、バッテリーが飛び出さなければ、写真もムービーも撮影できるのですが、そろそろ、こちらは買い換えたほうがよいような感じがしております。

このデジカメは、小さくて軽くて、ワイシャツの胸ポケットにも入り、しかも1600万画素ありますので、写真も動画も、きれいに撮れて、とても重宝しております。

また、これで撮影した写真が、NHKの『ほっとぐんま640』で、数回紹介されています。

そんなこともありますので、これと同じ機種のものがあれば買いたいと思っておりますが、先日、大手家電販売店のカメラコーナーを見ましたら、どれもちょっとサイズが大きめで、買うのをためらってしまいました。

という訳で、当分は、セロテープで蓋を固定し、使えるうちは使うことにしましたが、果たしていつまでもつのやら…という感じです。





午後、教育委員会にお邪魔し、小中学校の生徒数の今後の見込みなどについて、お話を伺ってきました。

生徒数は今後もさらに減少しますが、現段階では、学校の統廃合の話は全くございません。

しかし、将来の生徒数を考えれば、必ずどこかで、統廃合を考えなければならない時が来ることは、間違いないでしょう。

以前は、富岡市全体の1学年の子ども数は500人ほどでしたが、今年、小学校に上がる学年の子どもさんの数は400人を少し切るくらいまで減っています。

さらに、現在1歳、2歳の子どもさんたちが小学校に上がるときは、350人ほどになる可能性があるのだとか…

少子化の話は、だれもが知ってはいますが、具体的にここまで減ってしまうということを知ってしまいますと、その深刻さが倍増してしまいます。

これは、富岡市だけの問題ではありませんので、もちろん簡単にどうすることもできません。


先日、雑談の中で、『いまの若者は好きな人ができても、うかつにその人に近づけば、ストーカーのようになってしまう危険性があるから、大変だよね』というような話がありました。

昔なら、『好きな女性に、何度断られても、交際を申し込む』というのは、若者ならば許された『イイ話』『美談』でしたが、いまやこれは完全にストーカーでしょう。

世の中全体が、大らかでなくなってしまったという所も、結婚しない若者の増加につながっているような気がしますが…

山のようなお見合い写真を持って、あちこち世話を焼いてくれた方が、昔はたくさんおられましたが、そのような中高年の方々が、今こそ少子化対策に必要なのかも?





‥卦ね淑鵑砲茲蠅泙垢函¬斉は朝から雪…

どの程度の降り方になるのかは、降ってみなければわからない、というところですが、少々心配です。

また、明日は、西中の立志式が午後に行われるのですが、西中は丘の上の学校なので、雪が積もると非常に心配です。

どちらから上って行っても、急な坂道がありますので、雪の積もり方次第では、行きたくても行けない方が続出してしまう可能性もあります。

大雪にならないことを祈りましょう。



 
 
  1月28日(水)
航空会社のスカイマークが経営破たんしたとのことですが、この会社は、客室乗務員の制服を、ミニスカートにして、いろいろ話題になっていた会社と記憶しております。

このような状況になってから考えますと、安全第一の航空会社で、あのような方法で話題性を高めようとしたというのは、すでに経営がかなり深刻な状況になっていたということなのかもしれません。

数年前に、JALが破たんした時には、大変な驚きでしたが、航空業界は、格安の会社が多数参入したことで、利益を上げるのが難しいビジネスになってしまったようです。

1960年代後半に、アテンションプリーズというドラマが放送されたときは、スチュワーデスは日本中の女の子の憧れの職業になりましたが、今はちょっと変わってきたような印象があります。

そういえば、あのドラマでヒロインをされた紀比呂子さんは、いま何をなさってるのでしょうか?




ズ廼瓠∋┿錣蓮∋罎里發里世韻任覆、デジタル版も出ています。

これまで、デジタル版は買ったことはないのですが、試しに今日、『SPA!』のデジタル版を買ってみました。



クレジットカードで360円を支払うと、すぐに今週号のデータにアクセスできました。

これは便利でいいですね。

紙の雑誌はたまってしまって、ゴミになることを考えますと、いつでもパソコンで読めるのは、ありがたいです。

また、スマホやタブレット端末で、外でも読めますので、そうした点でも便利そうです。

これからは、雑誌は全部、デジタル版にしたほうがよいのかも?





ざ喊チ手、残念でした。

第3セットは、健闘しましたが、ワウリンカ選手の力が、今日はちょっと優っていたということでしょうか?

しかし、ベスト4は逃しましたが、全豪オープンで存在感をさらに高めることができたのでは?

それにしても、ワウリンカ選手の片手バックハンドは、カッコいいだけでなく、ショットも強烈で驚きでした。

片手バックハンドの時代は、もう終わっていたのかと思っていましたが、もしかすると、見直される時代が来るのかもしれません。





9駝鰻鮃保険の運営は、市町村が行っておりますが、2018年には、県に運営が移管されるとの話が、新聞などで最近、報道されています。

今日、市役所に用事がありましたので、その後、国保年金課で、これについて話を伺ってきました。

気になるのは、国保の保険料は、運営する自治体によって、かなり大きな差があることです。

もしも、県全体で同じ保険料にした場合、保険料が安くなる自治体にはありがたいことですが、高くなってしまう自治体にとっては、困ったことになりかねません。

県が管理した場合の細かいことは、まだ何も決まっていないようですが、担当の職員さんのお話では、おそらく各地域の実情に合わせた保険料になるのでは…というようなお話でした。


国保の保険料は、市長選の選挙公約に掲げられるほど、市民のみなさんの生活に深く関わっているものです。

2018年といえば、さほど先の話ではありませんが、運営が県に移管されたら、保険料が大幅に上がってしまったというようなことだけは、回避してもらいたいものです。





∧顕幣覆『公立小中学校の統廃合に関する新基準』を先日まとめました。

それによれば、小学校は全校で6学級以下、中学校は同3学級以下で、統廃合を含めた検討を急ぐよう自治体に求めるそうですが、県内でこの基準に該当するのは36校で、そのうちの3校が富岡市内の学校とのこと。

富岡市は、小規模校が他の市町村よりも多いようです。

学校統廃合は、非常に難しい問題です。

しかし、だからといって避けては通れない課題ですが、今後、市当局はどのような方針で進めるお考えなのでしょうか?





‘蒜篆景垢侶嫁枠任砲海里茲Δ文出しがありました。

 『桐生が岡動物園に2000万円寄付』

これを読んだとき私は、『桐生市が、岡動物園という施設に、2000万円を寄付した』と解釈したのですが、『市が動物園に寄付をするというのは妙な話だなー 』とも思えました。

でも、記事を読んだら、『桐生が岡動物園』という施設に、2000万円の寄付があった、という意味だったんですね。

ニホンゴ、ムズカシーデスネ。



 
  1月27日(火)
ツ蟯預金の金利を、ネットでちょっと見ましたら、0.3%くらいの数字が出ていましたが…

バブル時代は、5%、6%の金利など、当たり前でしたので、この『0コンマいくつ』という数字を見ますと、私たちの年代の者は、かなりの違和感を持ってしまいます。

確か金利は、7%で複利で運用できれば、10年で元金は2倍になるはずでしたが、いまや7%という数字は、夢の高金利ですよね。

でも、0.3%の金利ですと、100万円を定期預金しても、1年で3千円しか利息がつきません。

普通預金なら、さらに『雀の涙』的な額になってしまうでしょう。

となりますと、リスク覚悟で、株を買うのも、一つの方法と思えます。

今は、最低の売買単位が、100株の銘柄が多いですから、大金を投じなくても、購入できます。

100万円まるまる定期預金ではなく、80万円は定期預金で、20万円で株式投資をして、その利益と配当金と株主優待分で、定期預金の利息を上回るくらいの目標なら、大きなリスクはないように、ちょっと思えましたが…




ぃ横娃隠固問題の話を、最近よく耳にします。

これは、『2018年になると、18歳人口の激減が始まり、大学の淘汰が始まる』というような内容です。

でも、よく考えますと、2018年に高3になる学年は、現在は中3で、高校入試を受けるみなさんです。

ということは、今年の高校入試は、すでに昨年以前よりも、かなり易しくなっている可能性があると見れるのでは?

富高も大幅に定員を割れそうな雰囲気ですし、他にも同様な状況の高校が多いような話も聞いております。

2015年問題という名称はあまり聞いたことはありませんが、もうすでに始まっているのに、気づいていないだけということなのかもしれません。





A破僂糞震笋覆里任垢、私は電波ソーラーの腕時計を持っております。

これは、全く時間の調節をしなくても、時計が自動的に正しい時刻に修正してくれる、タイヘンな優れモノです。

でも、この時計を持って、海外に行ったら、どうすればよいのでしょうか?

時刻合わせなどしたことはありませんので、どうすれば時刻を変えることができるのかも、そもそも分かりません。

こうなると、かえって昔ながらの時刻合わせが手動でできる時計のほうが、便利のように思えます。

電波ソーラー時計は、普段はすごく便利ですが、便利すぎて不便になってしまうこともあるということでしょうか?

でも、海外に出かけることなど、何十年に一度くらいですから、私がそんなことを心配する必要は、ないと言えばないのですが…





∈Fの上毛新聞に、太田市の新年度予算の記事がありましたが、太田市は法人市民税だけで89億円もの税収があるとのこと。

これは、富岡市とは比較にならない大きな金額で仰天です。

富岡市は、固定資産税や住民税などをすべて合計した市民税全体でも、60数億円の規模です。

法人市民税に限れば、同じ工業都市でありながら、富岡市は数億円です。

なんだかんだ言っても、やはり太田市は、群馬県の中で一番勢いが良い市と言えるのではないでしょうか?





_C琶眛擦鯏呂襪箸の黄色の旗は、市のほうで揃えていただけるようですが、その旗を入れておくためのボックスを設置する場所は、その地区で決めていただく必要がある…

今日、総務課から、そのような説明がありました。

言われてみれば、確かに、それは地区で決めてもらわなければ、どうにもならないですよね。

ボックスを設置するには、塀の一部を使うか、杭のようなものを立てるのでしょうが、横断歩道そばのお宅が、協力してくださればよいのですが…




 
 
  1月26日(月)
ズ鯒の11月末、一ノ宮小学校の正門前の道路に、『転落防止用ガードパイプを設置してほしい』とのご意見をいただきました。

本日、都市建設部で確認しましたら、今年度中には、設置する方向で進んでいるとのことでした。

通学路などの問題がございましたら、お話をいただければ、迅速に対応いたしますので、お気軽にご意見をお寄せください。



ち換襯ープン、錦織選手、ついにベスト8。

あと一つ勝てれば、今の世界ランキングに相応しいところまで進んだと言えるように思えますが?

これからは強敵との対戦ばかりですが、ぜひベスト4までは残ってもらい、欲を言えば、決勝進出となってほしいです。

でも、ここまで期待されていて、結果もちゃんと残すのですから、錦織選手は本当にスゴイです。



ギリシャでは、財政緊縮に反対する政党が選挙で勝ったそうです。

ギリシャでも、国の財政が危機的な状況なのだから、何とかしなければならないことは、多くの方々が理解していると思います。

でも、理屈では理解しても、実際に厳しい生活が長く続けば、人間は我慢できるものではないでしょう。

いまの日本だって、『国の借金が1000兆円を超えたので、これからは財政健全化を最優先して、超緊縮財政に舵を切ります』と訴えれば、それが日本の未来にとっては必要な政策であったとしても、その政党は絶対に選挙には勝てないでしょう。

子どもたちの未来を考えれば、毎年何十兆円も借金が増え続けるような政治は極めて問題です。

しかし、子どもたちに大きな負担を押し付けてでも、今の行政サービスや社会保障を維持するというのが、今の日本の政治の方向性というところでしょうか…

ギリシャのことは、対岸の火事ではないのかもしれません…ね。




∪萋、一ノ宮某地区の方から、『横断歩道に黄色の旗を設置してもらいたいのですが、どこに話したらよいのでしょうか?』とのご質問をいただきました。

私も、市役所なのか、警察なのか、分かりませんでしたので、今日、市役所の総務課で確認しましたところ、市役所のほうで対応してくださるとのことでした。

ところで、横断歩道の事故対策としますと、横断中に使う『黄色の旗』のほかに、横断歩道の存在を示す『道路標示』や、『立て看板』などの方法があるとのこと。

また、主に通行するのが、小学生か中学生かで、実施すべき方法も、変わってくるとのことでした。

考えてみれば、小学生なら黄色の旗でも良いでしょうが、中学生がそれを使うことは…ちょっとなさそうですよね。




〆Fは、やけに暖かい一日でしたが、この陽気はどうしちゃったのでしょうか?

明日は、さらに暖かくなるような天気予報ですが、このような気温を経験した後で、また寒くなると、これはちょっと大変なことになりそうです。

まだ、1月の下旬ですから、本格的な寒さは、普通ならこれからですよね。

去年の、あの空前の大雪は、バレンタインデーの夜だったように記憶しております。

少々の雪ならともかく、あのような雪は、もう勘弁してほしいものですが、これからどうなるでしょうか?




 
 
  1月25日(日)
最近、CDを買うことなどなかったのですが、先日、久しぶりにネットで注文しました。

Youtubeで、『高橋ちか』さんの、アコースティックギターだけで歌う動画を見て、小野リサさんとはタイプが異なる魅力を感じまして、つい注文したような次第です。

FeelLikeMakingLove covered by Takahashi Chika

DOWN TOWN / ChikaTakahashi

Breakout/SwingOutSister cover Chika Takahashi


ギターと自分の歌声だけで、一つの世界を構築してしまうのですから、すごいですよね。

ところでエポさんの『ダウンタウン』、懐かしいですよね。

昔、よく聴きましたが、エポさんは、いまどのような活動をされているのか、ちょっと気になります。





∈Fは昼間、風がなく暖かかったので、久しぶりに、もみじ平野球場の周りを、のそのそ走ってきました。

今年になって数回、ランニングマシンで走ってはいましたが、やはり本当の道の上を走ると、足への負担が大きいように感じました。

ふかやシティマラソンは、10kmに参加しますが、最近は、『歩かずに最後まで走り切れば御の字』というような気分になってきました。

でも、スロージョギングを開始した3年数か月前と比較しますと、走る回数も距離も、全然少なくなってはいますが、それでもまだ、ぼちぼちですが続いているというところが、自分で言うのもなんですが、『しぶとい』ですよね。

『完全に止めてしまえば、もう一生、走ることなどないだろうな』という思いが心の片隅にあるからでしょうか?

案外、『てきとう』『ほどほど』『お気楽』という感じで、長く続けることが、人生を豊かにする秘訣なのかもしれません。






ゞ睛貌に、信用金庫の新年会と、一ノ宮小の子育連・PTA合同新年会がありましたが、これで今年の新年会の予定はすべて終わりました。

さすがに、1月も20日を過ぎてきますと、『新年おめでとうございます』の言葉に違和感が生じ始めますが、やっとひと段落した感じです。

ところで、議会のほうは、3月定例会で来年度予算の審議をしますので、今はちょっと、忙しくなる前の静けさのような状態とでも言いましょうか…

現在、総務委員長をしておりますが、総務委員長は予算特別委員会の委員長をしなければなりませんので、実は3月議会は、一番大変です。

また、今年は4月に市議選もありますので、そちらのほうでも、いろいろ準備がありますので、3月になったら、パニック的な状況になってしまうかもしれません。

富高が甲子園に出場していたら、それに拍車がかかっていた可能性がありますが…

でも、どれほど、てんてこ舞いな状況になったとしても、やはり富高には甲子園に行ってほしかった…、そんな思いがまだしております。








 
 
  1月24日(土)
そ性は夫が生きているほど寿命が短く、男性は妻がいるほど寿命が長くなる…

そんな調査結果があるそうですが、何か分かりますよね、これ。。

男は黙って家事をする、というのが、これから男性に求められるライフスタイルなのかもしれません。




サッカーのアジア杯は、日本代表が思わぬ敗戦となってしまいましたが、テニスの全豪オープンでは、錦織選手は今日も3回戦に勝ちました。

富高の21世紀枠での甲子園出場もかなわぬ夢となってしまい、スポーツ関連の話題で、ただ一つ明るいものが、今や錦織選手のテニスというような感じです。

あと二つ勝てば、ベスト4まで行けますが、何としても、ここまでは駒を進めていただきたいものです。

ところで、今の錦織選手なら、往年の名選手のボルグやマッケンローよりも強いように思えますが?

でも、ラケットがかなり違いますので、比較するのは難しいでしょうか…




▲ぅ好薀犢颪箸離僖ぅ廚鮖つということで、ニュースによく出てこられる同志社大学の元教授である中田氏。

自分の母校の教授ということで、ちょっと気になり、調べてみましたら、この方は54歳で、私よりもお若いということを知り、ちょっとビックリ。

だいぶ落ち着いた雰囲気の方でしたので、もっと上の年齢の方と思っていました。

人質の救出は、どうなるのか予断を許さない状況ですが、何とか、うまく解放につなげてほしいものです。




〆鯡襪蓮一ノ宮小学校子育連・PTAの合同新年会がありました。

その中で、校長先生から伺ったお話ですが、この4月の新入生は、現時点では47人になる見込みとのこと。

うちの20代前半の子が、一ノ宮小にいたときのその学年は、80人以上でしたが、47人というのは、減り方がちょっと激しすぎるのでは?

国が、小中学校の統廃合の手引きを作成したとのニュースが、先日あったばかりですが、この先のことが心配になってきました。




 
 
  1月23日(金)
.轡腑奪、ショック、超ショック!!

あまりのショックで、ガッカリの一日になってしまいました。

富高の21世紀枠の甲子園出場は、残念ながら実現しませんでした。

私は、午後2時半から、同窓会役員や、野球部OB、野球部保護者のみなさんと一緒に、校長室で朗報の電話を待ちました。

予定では、3時から3時5分までの間には、高野連から電話が来るはずでしたが…

残念無念なことですが、その連絡は、ありませんでした。

しかし、もしかするとという、微かな期待は持っていましたが、3時5分過ぎに、保護者の方がスマホで調べたところ、松山東・桐蔭・豊橋工業の3校が21世紀枠に選ばれたことが分かり、万事休す…

長年の甲子園出場の夢は、実現しませんでした。

本当に大ショックの一日になりました。

でも、ここまで来れたのは、野球部のみなさんの努力の賜物なのですから、大きな夢を見させてもらっただけでも、感謝しなければなりません。

野球部のみなさんには、気持ちを入れ替えて、ぜひとも夏の甲子園を目指して頂きたいと思います。

頑張れ、富高野球部!






 
 
  1月22日(木)
市役所新庁舎について、議員への説明が21日にありました。

現在、新庁舎は基本設計を見直していますが、1棟方式に集約し、平成29年8月ごろの完成となるような見込みとのこと。

また、建設費は、33億円ほどとなりますので、外構工事などの約7億円を加えて、40億円ほどになるようです。

しかし、この33億円の金額は、今年の12月に入札を行った場合のものであって、もしも先に延ばしますと、ひと月で1%ほど、建設費が上がっていく可能性が高いとのことです。

ちなみに、33億円の1%は、約3千万円です。

つまり、1日、先に延ばすと、約100万円の費用が加わるということになります。

あまりの金額で、驚きましたが、こうなりますと、いかにして早く作るかも、非常に重要となります。





富高の甲子園出場はどうなるのか?

明日の午後3時過ぎには、決まります。

ところで春の甲子園は、3月21日くらいから始まるような話を聞きました。

なので、もしも出場が決まれば、富高の終業式は、前倒しして、21日前に行うとのことです。

そこで気になるのは、3月定例会の日程です。

現時点の予定では、3月23日は一般質問で、25日は本会議最終日です。

ということは、もしも、この23日か25日に富高の甲子園1回戦があったら、見に行けません。

これは、非常に『う〜ん…』感がある状況です。

富高の出場が決まったら、ちょっとこの日程も、変更してもらえればありがたいのですが…

おそらく、この思いは、私だけのものではないかと思いますが?





〆鯡襪蓮二つの新聞社の記者さんから、第3子以降の給食費無料化について、電話で質問をされました。

また、今日は朝から、複数の市民の方から、朝刊に出ていた給食費無料化の記事について、『反対してください』とのご意見を頂戴しました。

3月定例会に提案される来年度の予算案の中に、この費用が計上されることになるのでしょうが、議員のみなさんからは、どのような意見が出るのでしょうか?

私は、3月議会の一般質問で、再度、この件を取り上げるつもりですが、一つ気になることがあります。

岩井市長さんは、第3子以降の給食費無料化を実施してから、検討委員会を設け、全面無料化に向けて進めたい旨をお話をされますが、どうして最初に検討委員会を設置して、そこでゼロの状態から給食費無料化について検討してもらわないのでしょうか?

順番が違いますよね。

非常に不自然なものを感じます。

最初に検討員会で話し合いをして、そこで『給食費の無料化は財政負担が大きいので実施する必要がない』との結論に至れば、給食費無料化は何もできず、選挙公約を守れなかったということになってしまいます。

それを回避するため、先に第3子以降の無料化を開始し、その後に、検討委員会でその先をどうするか話し合ってもらうということなのではないかと、私は推測しております。

そうすれば、少なくとも、給食費無料化は少しは実現したということになりますので。

最初に検討委員会を設置することができない事情というのは、おそらくこのような理由なのでは?

3年後の次の市長選も視野に入れての、シナリオなのかどうかは、分かりませんが、私にはそのシナリオのように思えてしまいます。

何が何でも公約を実行したいという裏には、どうしても譲れない大きな事情があるのかもしれません。








 
 
  1月21日(水)
今日、とある方とお話をしていたとき、『ガス水道会館の道向かいにある喫茶店に行きませんか?』と誘われて、初めてそのお店に寄ってみました。

『あんことカフェ』というお店ですが、以前から、お店の前はよく通っていましたので、どんなお店なのか気になっていました。

中に入ると、東京の代官山あたりにあるようなオシャレな店内で、ちょっと驚きました。

コーヒーは何種類もあって、『イエメン コーヒー』というものを注文しましたが、さわやかな風味の美味しいコーヒーでした。


店内の椅子はオシャレなもので、デンマーク製とのことでした。


カウンター席もあり、そこに私が年間購読している雑誌『クーリエ・ジャポン』も置かれていてました。
この雑誌を置いてあるお店が、富岡市内にあったとは、ビックリ。


夜はフランス料理のお店になるそうです。製糸場がフランスと深く関係していることを考えると、『富岡でフランス料理』というのは、ストーリーがあって、おもしろいのでは?


オシャレな雰囲気のカフェって、街の魅力を高めますよね。

また、出かけたいと思います。






議員全員協議会も、臨時議会の終了後、開かれましたが、協議事項の中に、また、あの項目がありました…

それは『学校給食費補助の概要について』です。

岩井市長さんは、本年4月から、第3子以降の給食費を無料化(子ども3人が18歳以下という条件付き)にすることをお考えのようです。

6月議会、9月議会の2度に渡り、あれだけ給食費無料化が、富岡市の財政に大きな負担になることを訴えたのにもかかわらず、岩井市長さんは、日本一のまちづくりを進めるため、何が何でも給食費の無料化を行いたいということなのでしょうか?

質疑の中で、私は市長に対し『この第3子以降の給食費無料化は、全面無料化のための最初のステップなのでしょうか?』と伺いましたら、『そういうことだ』との趣旨のご回答がありました。

3月議会で、第3子以降の給食費無料化を含めた新年度予算案が審議されることになるかと思いますが、4月に市議選がありますので、今度は多くの議員が、それを意識して、反対できなくなる危険性を感じます。

岩井市長さんの最大の選挙公約である『給食費無料化』に反対するというのは、ある意味、度胸がなければできないこととでも申しましょうか…

私はもう、完全に割り切って、おかしいと思えることには、どんどん反対意見を申し上げておりますが、けっこう圧力があって大変な面も、実際は…

これ以上は、書かないほうが良さそうですので控えますが、これほど財政的に厳しい富岡市が、年間2億円もの必要性がない費用を、今後延々と出していくというのは、いかがなものでしょうか?

当局の中でも、この事業に心から賛成している人など、おそらくだれもいないでしょう。

また、今日も全員協議会で、この件について、市長さんに疑問をぶつけた議員は、私を含めたったの二人で、他の議員さんは完全に沈黙でした。

これほど問題がある案件について、多くの議員が沈黙しているというのは、議会として非常に問題なのではないでしょうか?

市の財政や、富岡市の未来にとって、非常に危険な方向に進んでしまう予感がします。

もちろん、3月議会の一般質問で、私は再度、これを取り上げるつもりですが、岩井市長さん支援の議員さんが多数派ですので、非常に懸念されます。





仝畫庵罎蓮⇔彁市議会がありました。

議案は『平成26・27・28年度重要文化財旧富岡製糸場西置繭所保存修理工事契約について』です。

1億5千万円以上の請負契約は議会の議決が必要ですが、今回の工事の契約金額は約4億8700万円です。

ちなみに、費用の2分の1は国費、4分の1は県費ですので、市の負担は4分の1の約1億2千万円です。

工事は、イラストのような素屋根で覆って行われます。

また、議案は全会一致で可決となりました。





 
 
  1月20日(火)
ざ喊チ手が、全豪オープンの初戦に勝利しました。

優勝候補などと言われていますが、このような時は、1回戦がくせものの試合になるような気がしていましたので、3−0の見事な勝利は、本当に良かったです。

優勝はできなくても、ベスト4までには、残ってほしいと思っておりますが、期待したいものです。






柔道の五輪金メダリストである斎藤氏がお亡くなりになったそうですが、年齢は54歳とのこと。

まだ、お若いのに、本当にお気の毒なことです。

私は56歳ですが、最近は、私よりも若い有名人・著名人の方でお亡くなりになる方も多く、ちょっとショックを受けております。

男性の平均寿命は80歳の時代に、50代で亡くなるというのは、もったいないことです。

スポーツ選手は、意外なほど短命な方が多いように思えます。

『体を鍛えることは、体に大きな負担やストレスをかけることで、健康にはよくない』という話を聞いたことがありますが、まんざらそれも、外れていないようにも思えます。

ジョギングの提唱者で、ジョギングの教祖と言われていたジム・フィックス氏は、何とそのジョギング中に、52歳の若さで亡くなっています。

スポーツは、ほどほどにしないと、健康には良くないということでしょうか?





■慣遒了垉腸餤聴選挙について、いろいろな話を耳にします。

今期で引退することが確実な現職の方、または可能性がある方のことや、新しく立候補しそうな方のことです。

一般的には年を越せば、立候補する予定の方なら、政治団体をつくって、様々な準備活動をする時期になっているかと思いますが、今回は、そうした具体的な動きがあまり見えてこないとでもいいましょうか…

これまでの選挙があった年の1月と比べますと、何か、はっきりしないことが多いような印象があります。

もしかすると、これから多くの方が、一気に手を挙げるのか、それとも、最期まで、静かなままで行ってしまうのか、非常に読めない状況です。

定数が18人になりますので、新人で立候補しようとする方にとっては、これまで以上にプレッシャーがあることは間違いありませんが、どうしたちゃったのでしょうか?

ちなみに、3か月後の4月19日が市議選の告示日で、1週間後の26日が投票日です。

もう、100日もないということになりますが…




.ぅ好薀犢颪砲茲詁本人2名の殺害警告が、大きくニュースで報道されています。

安倍総理が、中東への支援を決めたことが原因のようですが、今後、日本政府はどのように対応するのでしょうか?

これは、対応の仕方次第で、今後さらに大きな問題になる可能性があるように思えますが、非常に気になります。




 
 
  1月19日(月)
せ笋魯罅璽船紂璽弌爾任呂△蠅泙擦鵑、先日、ユーチューブにアップロードしていた動画で、1万アクセスを超えたものが出ました。

それは2013年10月8日に、母校の同志社大学の今出川キャンパスを撮影したムービーですが、1万人以上の方が見てくださって、『高い評価』も20人の方からいただきました。

13本の短いカットの動画を編集して、1分45秒にまとめたものですが、おそらく卒業生のみなさんが、懐かしの大学時代を思い出して、見てくださったのでしょう。

お時間ございましたら、ぜひ一度ご覧ください。

 同志社大学今出川キャンパス 2013年10月8日






9颪蓮∋童生徒数の減少に対応するため、学校の統廃合の手引きを作成したとのこと。

国が考える望ましい1学年のクラスの数は、小学校は2〜3クラス、中学校は4〜6クラスだそうですが、小学校の45%、中学校の51%は、この基準を下回っているようです。

地元の学校で考えても、一ノ宮小は、いまは全学年が2クラスですので、かろうじて基準内ですが、西中は3クラスですので、基準を下回っています。

小学校で見れば、丹生小・吉田小・妙義小・高田小・小野小などは、全学年1クラスなのでは?

そう考えると、国の統廃合の手引きが作られれば、一気に、国の方針として、新しい動きが生まれるのかもしれません。

でも、小学校は、地域の核となる施設ですので、統廃合は地域活力の低下など、新たな問題を生む危険性もあります。

子どもたちの学習環境を重視するのか、地域の活力に重きを置くべきなのか…

これは大変難しい問題です。






元オウム真理教幹部の上祐氏が、オウム事件の裁判後、記者会見をしていたところを、テレビで見ました。

20年ほど前、スポークスマンとして、テレビに度々出演し、圧倒的なディベート力を披露していたときと比べますと、かなり穏やかな話し方になっておられた感がありましたが、やはり年齢ということでしょうか?

上祐氏は以前、外国人記者クラブで、英語での質問に対し、通訳なしで堂々と流暢な英語で回答していたことがありましたが、あの時の映像は、日本全国に衝撃を与えたのではないでしょうか?

早稲田大学理工学部大学院の出身ということですから、頭脳明晰であることは当然でしょうが、外国人記者の質問に、あそこまで英語で答えることができた日本人は、そうはいないのでは?

久しぶりに上祐氏の姿をテレビで見て、20年ほど前のことを思い出しました。

ところで、30歳以下の人たちは、『オウム真理教』『地下鉄サリン事件』『サティアン』などと言われても、全然、何のことであるか分からないのでは?

あれだけ、日本だけでなく、世界を震撼させた事件でさえも、忘れられてしまうことにも驚かされます。





.侫薀鵐垢僚鬼誌の風刺画は、『表現の自由』の問題になっていますが、これって見方を変えると、週刊誌の売り上げを伸ばすために、この問題がうまく使われてしまっているような印象も持たざるを得ません。

そもそも、この週刊誌はどんな主張をしている雑誌なのか?

もしも、事実報道ではなく、興味本位な記事を中心にしているようなイエロー・ジャーナリズム系の雑誌だとしたら、『表現の自由』を訴えるのは、違和感を持ってしまいますが…

フランスで起きたテロは、極めて問題な行為ですが、だからといって、表現の自由を前面に出して、何を描いても良いという考え方には、疑問を持ちます。




 
 
  1月18日(日)
‥豕に出かける用事がありまして、ついでに、『東京近郊で住みたい街ランキング』の上位に入る武蔵小杉と、オシャレな街の代表の代官山に、ちょっと立ち寄ってきました。

武蔵小杉駅前ですが、かなりの都会っぷりです。


図書館も見学しました。あまりの充実ぶりに、仰天しました。写真を撮れなくて残念ですが…



武蔵小杉のメキシコ料理のレストランで昼食を食べましたら、メキシコを感じさせるシールを頂きました。



代官山駅前です。


有名な蔦屋書店にも寄りました。


代官山は、街の雰囲気が、洗練されています。


何気なく、味わいのあるオブジェが…


代官山駅前に、軽ワゴン車の移動コーヒー店舗がありましたが、すごい盛況ぶりでした。



武蔵小杉も代官山も、初めて行きましたが、どちらも非常に魅力的な街でした。

人気のある街には、ちゃんと理由があるということが、よくわかる一日になりました。





 
 
  1月17日(土)
グ打楞輙が、中東を訪問し、25億ドルの支援を決めたそうですが…

1ドル80円時代なら、2000億円で済みますが、いまや1ドル120円の時代ですので、3000億円の支援ということになります。

こうのように考えますと、円安というのは、国力の低下を表すものであり、あまりよろしくないように思えます。

これ以上の円安は、メリットよりもデメリットのほうが大きくなる危険性があるように思えます。

大胆な金融緩和も、行きすぎますと、収拾がつかない所まで行ってしまいます。

また、世界第2位の経済大国であったのは、すでに過去のことなのですから、もっと今の日本の実力に合った支援にすべきかと思いますが、何事も、広げることよりもコンパクトにするほうが難しいということでしょうか?




づ渡辰鯏霙阿垢襪海箸如▲謄躱霾鵑鯑手したというドイツの話が、ニュースで紹介されていましたが、今や先進国では、危険そうな人物の電話の盗聴は、当たり前のように行われているということなのでしょうか?

テロを防げるのは、社会的に大きな利益があると思いますが、電話の盗聴がどんどん広がるとすると、これはこれで、また困った問題かと思いますが…



B茖械恐麌找市父の日大会が、生涯学習センターの3階で、午後行われました。

父の日大会作文の入賞者のみなさんが、それぞれの作文を朗読しましたが、どれも心温まる、ほのぼのとした内容で、大変すばらしくて好印象でした。

今日、会場で、作文を読んでもらったお父さんはみなさん、やや緊張されていたように見えましたが、最高の一日になったのではないでしょうか?

入賞されたみなさん、おめでとうございました。





他の議員さんのブログやホームページは、ほとんど見ない主義ですが、先ほど、県議選に立候補を表明している、お二人の矢野さんのブログを拝見しました。

考えてみますと、県議選の投票日は、4月12日ですので、もう3か月もないんですよね。

3か月なんて、あっという間に過ぎてしまいます。

ところで、市議のみなさんは、どの方を応援するのかが、ちょっと気になるところですが…

昨年4月の市長選では、かなりはっきり、岩井さんと勅使河原さんの応援に別れました。

でも、今回は、その後に、市議選も控えていますので、どのような対応を、みなさんお考えなのか、微妙な印象です。

私は、特別、この方の応援をしなければならないというものはありませんので、距離を置こうかと思っております。

顔を突っ込んでしまいますと、けっこう本気でやってしまうタイプですので、控えめモードで行くつもりです。







〆綽澄γ枯大震災から、今日でちょうど20年目ですが、『もうそんなに時間が過ぎてしまったのか…』という思いがします。

あの日、テレビで見た神戸の街並みには、衝撃を受けました。

京都に住んでいた学生時代に、何度か神戸には行ったことがありましたが、とても美しい街という印象を持っていました。

そのような思いもありましたので、街全体が崩壊してしまったような光景は、胸に突き刺さりました。

あのような自然災害は、何百年に一度のものと、そのときは思いましたが、その後、東日本大震災などの大きな地震が何度もあり、日本列島に住んでいる限りは、大きな自然災害に遭遇する危険性はだれにもあることを改めて思い知らされました。

大きな地震の直後は、防災意識も高まりますが、時間が経ちますと、つい油断してしまいがちですが、このようなときが、一番危ないのかもしれません。

いつも、災害のことばかり気にしていたら、精神的にまいってしまいますが、最小限の対応は、日頃から心がけることが必要というところでしょうか?





 
 
  1月16日(金)
〕縞5時から、富高で、同窓会役員会がありました。

いつもですと、3月に行われる同窓会の打ち合わせが主ですが、さすがに今年は、21世紀枠での甲子園の期待が高まっている中ですので、それについての話し合いもかなりありました。

甲子園に出場できるかは、23日の午後3時過ぎには、判明するとのことです。

また、出場が決まれば、その後は寄付金集めも同窓会として行いますが、はたしてどの程度、集めることができるものなのでしょうか?

『長年の夢が実現するのだから、1億円くらいはすぐに集まるのでは…』というような見方もあるようですが、開校100周年の寄付金集めを実際にされた方のご意見では、『そんな簡単に、寄付金は集まるもんじゃない!』とのこと。

また、もしも6千万円くらいの寄付金が集まれば、2回戦までは対応できるような話も耳にしました。

来週の金曜日に、富高が甲子園に行けるかどうかが決まりますが、何としても出場してもらいたいという気持ちが、ここに来て、さらに強くなってきました。






 
 
  1月15日(木)
だ茲曚鼻▲優奪箸任△譴海貭瓦戮討い泙靴燭蕁◆富岡飲食店公式サイト』を発見しました。

このようなサイトがあるとは、知りませんでしたが、これは観光客の方にとっては、とてもありがたいものなのでは?

お時間ございましたら、市民のみなさんも、ぜひ、一度ご覧ください。




8畍紂天気予報のとおり、本当に雪が降ってきましたので、驚きました。

幸い明日は、気温が上がりそうですので、昨年の2月のような恐ろしい事態にはならないようです。

この冬は、万一を考え、マイカーもスタッドレスタイヤに替えてありますので、多少の雪なら対応できるかとは思いますが、やはり雪が降ると、嫌ですよね。

明日の朝は、ひょっとすると、路面が凍結する箇所も出てくる可能性がありますので、ハンドルを握る方は、注意する必要がありそうです。





◆愡饂困鮖っていて、それを運用して得られる収益は、働いて得ることができる収入よりも、伸び率が高いので、お金持ちはこれからさらに豊かになり、格差が広がる』というのが、いま話題の『21世紀の資本』の内容ではないかと、個人的に考えております。

何だか未来を悲観せざるを得ないような内容と思えますが、728ページもある、この難しそうな本が、どうしてこれほど騒がれるのでしょうか?

たいへんな売れ行きだそうですが、みなさん本当に読むとしたら、すごいことと思えますが…

ちょっとしたら、ブックオフに、新品同様の本が大量に並んでいるような可能性もかなりあるのでは?





仝畫娃隠飴から、総務委員会協議会が開かれました。

報告事項に、『平成27年度組織・機構について』というものがありました。

新年度には、大幅に組織の在り方を、岩井市長さんは変えられるようですが?

まだ、全員協議会が行われていませんので、詳細は書けませんが、個人的には『どんなものだろうか??』という疑問が生じました…


また、久しぶりに矢野議員さんにお会いしました。

昨日、質問された件について伺いましたら、2月いっぱいで、市議は辞職する方向で考えておられるようでした。

『今度、また聞かれたら、そうに話してください』と、ご本人から言われましたので、この場で紹介させていただきます。

ところで、市議選のほうは、ちょっと前には、かなり新しい方が立候補されるような話を聞きましたが、ここに来て、名前が挙がっていた方で本当に立候補しそうな人は、かなり少なくなるような気配がしてきました。

定数を3減らし、18人の選挙になりますが、意外に、立候補する方が少ない選挙になるのかもしれません。





 
  1月14日(水)
な唇損代に行われた上野国の神社の格付けでは、一宮はもちろん貫前神社ですが、二宮が赤城神社、三宮が伊香保神社ということは、今まで知りませんでした、

ちなみに、パワースポットで有名になった榛名神社は六宮だそうです。

そのように考えますと、一宮の貫前神社が市内にあることを、もっと富岡市はアピールしてもいいように思えますが?





L斉、総務委員会協議会が開かれます。

新年会などの出席は、いくつもありましたが、議会や委員会としての活動は、明日が今年初めてです。

3月定例会では、27年度の予算案の審議が行われますが、はたして給食費の無料化について、当局はどのような方針で進めようとしているのか?

現時点では、まったく分かりませんが、この点は気になります。

ところで、県議選に立候補することを表明した矢野議員さんは、いつまで市議を続けるのですかと、今日、質問されました。

矢野議員さんは同じ総務委員会の所属ですが、どうされるのでしょうか?

本格的に県議選の準備をするのなら、早く市議を辞めて、そちらに集中するのも一つのやり方かと思われます。

でも、ギリギリまで市議を続けていれば、市議の立場で『政治活動』として動けますので、そちらのほうが個人的にはよろしいように思えますが…

ところで、現職県議さんのポスターが、街中の至る所に貼られておりますが、あの費用は、どのくらいかかっているのでしょうか?

私は、選挙のときの掲示板用ポスター以外、ポスターの類は作ったことはありませんので、『さすがは自民党の現職議員さんはすごいなー』という印象を持ちます。

あれだけのポスターを、政党のポスターとして街中に貼れるのは、大きな強みですよね。

選挙は、政党所属の現職に有利な条件が揃っているような印象を持ちますが、世の中というのは、新人に対して、環境が厳しいような場合が多いように…ちょっと思えてしまいます。







街中のイルミネーションは、クリスマスまでかと思っていたら、今日、諏訪神社前を通ったところ、まだ、続けていたんですね。


でも、夕方6時頃でしたが、宮本町通りを歩きましたら、開いているお店はほとんどありませんでした。

水曜日ということと、製糸場が閉まっている時間帯ということのためなのでしょうが、ちょっと寂しい感じが…




ー匆餠軌薜儖のみなさんとの新年会が、今晩、行われました。

年に数回の会議と、研究集会などでご一緒する方々ですが、普段はあまり世間話もするようなことがありません。

よって、このような機会を設けていただき、いろいろお話を伺えるのは、たいへんありがたいことです。

10人ほどの小人数の会でしたが、今井幹夫先生もいらっしゃって、日頃聞けないような話もうかがうことができました。

また、富高の甲子園出場がどうなるかも、大きな話題になりました。

あと10日もすれば、結果が分かりますが、非常に楽しみになってきました。

でも、これで出場できなければ、ショックが大きすぎますよね。

21世紀枠の候補9校の中から、3校が選ばれますが、3番目でもいいから、何とか残ってほしいものです。






 
  1月13日(火)
OECD(経済協力開発機構)加盟国の、2013年の一人当たりのGDP(国内総生産)ランキングというものを見ましたら…

日本は、34か国中19位とのこと。

円安のため、ドル換算の金額が大きく減少したことも関係しているのでしょうが、日本は3万8600ドルで、1位であるルクセンブルグの11万ドルの4割以下というのは、あまりにも少なすぎるのでは?

気がつけば、世界の中で、普通の国になっていたという感じがしますが、もう20年もすれば、どこまで下がっているのやら…

私は、『国力と、その国の政治のレベルは、強い相関関係がある』と、昔から考えております。

なので、『日本の国力の低下は、政治のレベルが低いから』と思わざるを得ません。

以前、イギリス人の方と話をしました時、『イギリスでは、政治家の子どもが親の地盤で選挙に出ることは認められていません。だって、そんなことが許されれば、政治がおかしくなるに決まってるじゃないですか』と言われましたが、日本の国力低下と、世界に類を見ない世襲政治家の多さは、どう考えても…



群馬に住む者としては、ここまでにしておいたほうが、よろしいですね。




◆愀嫁聾民一人一日当たりのごみの排出量は、
全国ワースト3位の1059g』という話を、今日、知りました。

ちょっと意外な感じです。

ごみをたくさん出すということは、裏から見れば、モノをたくさん買うという意味になるのでしょうが、やはり一人一台の所有が当たり前という車社会が、このごみの多さには影響しているのでは?

ところで、富岡市のごみの排出量はどうなのでしょうか?

近いうちに、環境課で確認してみたいと思います。




仝畫庵罎蓮∪痢△燭い悗鵑世話になった方の告別式に参列いたしました。

先日、年賀状も頂いておりましたので、まさかの訃報に接し、非常に大きなショックを受けております。

だんだん、年齢を重ねてきますと、『死』というものが、身近なものになるからでしょうか。

若いころよりも、その重さの感じ方が、大きく変わってきたように感じます。

『やがては、自分も順番で、この世から消えていかねばならぬ身』という、生きる者の宿命を、感ぜずにはいられません。

お世話になった方のご冥福をお祈りするとともに、自分の人生についてもいろいろ考える一日ななりました。





 
 
  1月12日(月)
3惺擦痢悗い犬瓠戮箸いΔ里蓮⊆にすることがありますが、先日、とある方から、『職場のいじめで困っている』とのご相談をいただきました。

具体的な内容がまとめられた文書もお預かりしたのですが、子どもの世界ではなく、大人の世界でこのようなことが本当に行われているのか、信じられないようなレベルのものでした。

来週、この件で、調べなければならないことがあるのですが、非常に難しい問題で、私も悩んでおります…






■横娃隠鞠度の国の予算案がまとまったそうです。

96兆円の予算で、税収プラスその他の収入が60兆円。

そして政策経費は73兆円とのこと。

いわゆるプライマリーバランスの考え方で見ますと、73兆円マイナス60兆円で、13兆円の赤字ということになります。

つまり、プライマリーバランスを黒字にするには、政策経費を13兆円減らすか、税収を13兆円増やす必要があります。

でも、これは、絶対に不可能のように思われます。

プライマリーバランスが黒字になれば、国の借金の膨張に歯止めをかけることができるのでしょうが、それができない以上、借金残高は、さらに増えていくしかありません。

いったいいくらまで、借金総額が増えても、日本の財政は大丈夫なのか、非常に気になりますが、それを考えたら、暗黒の未来予想図しか描けなくなってしまうようにも思えますので、考えるのは『ダメよ〜、ダメダメ!』というところでしょうか?







,富ちゃん家に、納品に行ってきました。

ワタクシが、お富ちゃん家で売らせていただいている品は、たぶん、お富ちゃん家で販売中の商品の中で、いちばん安い価格帯(1つ100円)と思われるものが中心ですので、売り上げ的には、まったく大したレベルにはならないのですが、自分で作った品を、お土産として買って行ってくださる方がいらっしゃることが、張り合いになり、品物を並べさせていただいているような状況です。

でも、冬場は、観光シーズンとしては停滞期なので仕方ないのでしょうが、昨年の夏と比べますと、だいぶ数も売れなくなってきています。

私の場合は、売り上げの25%を手数料として払えば、それ以上の費用はかかりませんので、売れなくても困るようなことはありませんが、外部から進出した、観光客目当てのおみやげ販売のお店は、この冬場は、かなり厳しい状況なのではないでしょうか?

店を借りれば、家賃が発生するだけでなく、電気代や水道料、人件費など、様々な費用がかかってきます。

その費用を、売り上げの中の利益でまかなっていくのですから、かなり利幅があって、売り上げもなければ、経営は大変になってしまいます。

世界遺産登録直後の冬場が、このような状況ということは、来年以降の冬場は、さらに厳しくなることが予想されますが、数年後、外部資本で進出してきたお店は、はたしてどの程度、残っていられるものなのか…

考えれば考えるほど、心配になりますが?






 
 
  1月11日(日)
ずFが投票日であった佐賀県知事選に興味を持っていました。

あの有名な元武雄市長である、樋渡さんが当然、当選するものと思っていましたが、なんと落選とのこと。

市立図書館にツタヤを連れてきたり、大胆な試みで、全国から注目を集めていた樋渡元市長さんですが、これは一体、何があったのでしょうか?

強引な手法が、反感を買っていたような話を聞いたことがありますが、自民党からの全面支援があったのに落選というのは、大きなサプライズです。

選挙は、やってみなければ分からないものなんですね。






K榲に頼れる資産運用は何か?

それは『自分が働くこと』という話を、耳にしました。

まさに『体が資本』という感じですが、いま流行っている本『21世紀の資本』とは、方向性が違いますよね…

でも、高齢になっても、それぞれの能力に合わせて働ける社会をつくることができれば、それは究極の福祉になるのでは?

そんなことを、ぼそっと考えました…





∈鯑、昔の映画をDVDで見ました。

『007は二度死ぬ』という、007シリーズの1967年の作品です。

この映画は、日本で撮影された作品で、ボンドガールとして、若林映子さん、浜美枝さんが出演されています。

お二人とも、007シリーズに抜擢されただけあって、日本人離れしたお美しさとスタイルです。

また、この作品を見ますと、60年代の日本の街並みがよく分かり、その点でも興味を引かれます。

ツーシーターのオープンカーや、小型ヘリコプターなど、いま見ても、ちょっと驚いてしまうのですから、50年近く前にこれを見た方々は、きっとビックリ仰天だったことでしょう。

丹波哲郎さんも準主演として出演していましたが、丹波さんも、非常にクールです。

実は、若林映子さんという女優は、まったく知らなかったのですが、ネットで調べたところでは、国際的に活躍された女優さんのようです。

昔の映画を見るのも、結構いいものです。




,ぶら文化ホールで、成人式が行われました。

久しぶりの同級生との再会に、あちこちから歓声が響いていました。

若い方々が集まりますと、場の空気が変わりますね。

成人式を迎えれたみなさん、本日はおめでとうございました。









 
  1月10日(土)
NHKスペシャルの『空き家』特集を、いま見ていますが、『空き家』問題は、いまや東京都内でも深刻になりつつあるとは…

『売るに売れない、貸すに貸せない』という表現が使われていましたが、不動産相場は今後大きく崩壊し、住宅は『究極の粗大ゴミ』化する危険性がかなり高まっているのかも?

昔は、山を持っている方は資産家の時代がありました。

でも、これからは、たくさんの不動産を持っている方が、『昔は資産家だったんだが』と言われてしまうような時代に、おそらくなるのでしょう。

日本人の価値観が、大きく変わらざるを得ない時代が近そうです。





仝畍紕鎧くらいから、妙義総合体育館サンビレッジ2階の、フィットネスルームに行ってきました。

何をするために出かけたかと言いますと、ここのランニングマシンを使うためです。

使用料は150円。

土曜日なのに、フィットネスルームは、他に2人の方がいただけで、待つことなくランニングマシンを使うことができました。

もみじ平の体育館のランニングマシンと比べますと、ちょっと旧式な感じでしたが、十分に使えました。

今日は、1時間40分、マシンの上で、スロージョギングをしたような次第ですが、冬場の運動は、室内がいいですよね。

春から秋までは、外でスロージョギングをし、冬場はジムのランニングマシンで走るという方法が、いちばん無理なく運動を継続していける方法かも?

ランニングマシンは、アスファルトの上を走るより、足や膝にかかる負荷も小さそうですし、初めて走る方には、この点もよろしいように思えます。

運動不足気味のみなさん、ぜひ一度、出かけてみてはいかがでしょう?







 
 
  1月9日(金)
今夜、ウクレレ教室があり、久しぶりに練習してきました。

3月最初に行われる、一ノ宮地区の文化芸能祭で、ウクレレ教室のみなさんで出演する予定になっておりますが?

でも、いろいろ新しいことが予定にありますと、ちょっとワクワクして、生活に活気が出てくるような気がします。

『人間が一番つらいのは退屈』という言葉を耳にしたことがありますが、どうせ人間、短い一生なのですから、好奇心を持ち続け、いろいろなことにトライしてみたいですよね。






∩挙が近くなると、突然『政治活動』に燃える方々が、世の中には多いように思えます。

でも、そういうのって、あまり好ましいことではないように思えます。

選挙が近づいて、突然、政治活動のチラシを配り始めるというのは、実質的には『選挙を意識した選挙対策の活動』ということになるのでは?

これから、4月の県議選や市議選に立候補を予定している方々の、様々なチラシが、市内のあちこちに配られることになるでしょうが、それが政治活動として配られるのは、どう考えても、おかしいように思えます。

ちなみに、選挙前に、選挙対策の活動をすれば、それは事前運動として、公職選挙法に抵触する可能性があります。

でも、実際は、政治活動という名のもとに、顔写真と名前が大きく書かれたポスター風のチラシが、配られているのが現実です。

選挙が近くなると突如、活動的になり、選挙が終わると、静かになってしまうような方々を、よくお見かけしますが、どうもそういうスタイルは好きになれません。





,△訝賃里諒から、『講師として、お話をしてもらえないでしょうか?』との依頼を受けましたが…

話のテーマは、何でもよいそうなのですが、これはちょっと、初めてのことで、困ってしまいました。

特別なスゴイ話などはできるはずがありませんので、私の日頃から考えていることを申し上げる程度のことしかできませんが、せっかくの機会ですので、お引き受けいたしました。

でも、話がウケなかったら…

お笑い芸人ではないのですから、それはそれで、仕方ないですよね。





 
 
  1月8日(木)
もしも、財政破綻で、1千倍のインフレが起きたら…

それは1千万円の預金の価値が、1万円になってしまうことを意味しますが、はたしてそんなことが起きるのか?

起きてはほしくはないですが、1945年の敗戦時、それに近いことが、日本でも起きています。

日銀の調査によれば、1935年頃の消費者物価指数を1とすると、1954年は301.8と、わずか8年間で物価は300倍になりました。

こんな程度のことは、世界の歴史では珍しくありませんので、当然、今のまま日本の借金残高が増え続ければ、必ずどこかで、とんでもないインフレが発生し、最終的に国民は多くの財産を失い、その代り国の借金もリセットされるということになるのでしょう。

戦前に、何十年もかけ続けていた保険が満期になったので、戦後、受け取りに行ったら、往復のタクシー代にもならなかった、という話を聞いたことがあります。

お金というものは、だた単に貯めても、最期に予想外の結末を迎えてしまうこともある、難しい存在のようです。





∈Fの午前中、もみじ平の体育館内にあるジムの、ランニングマシンで走ってきました。

利用料は200円ですが、暖かい部屋で、マシンの上で走るのは、冬場はいいですね。

もみじ平野球場の周りを走れば、タダですが、この時期は、風が強くて、寒いので、あまり体によろしくありません。

2月には、ふかやマラソンの10kmの部に出場しますが、実は全然走っておらず、危機感を抱いておりました。

でも、ランニングマシンなら、何とか細々と練習ができそうです。

今日はちょうど1時間、マシンで走りましたが、ふかやマラソンまで、週に2回くらい、ここで練習してみようかと思います。

平日の午前中でしたが、私と年回りが似たような男性が、4名ほど、いらっしゃいました。

みなさん、常連さんのようで、初めて行ったのは私だけのようでしたが、お隣の男性が、ランニングマシンの使い方を教えてくださいました。

なかなか好印象のジムですので、ご興味ある方は、出かけてみてはいかがでしょう?





〕縞6時から、アミューズで、富岡地域経済団体会員新年会が開かれました。

何と、大沢知事、小渕優子衆院議員、山本一太参院議員もご出席され、そうそうたるご来賓の新年会になりました。







ところで、会場には、県議選に立候補を表明しているお三方のお姿もあるという、微妙な状況でした。

選挙まで、3か月ほどしかないのに、何かみなさん、余裕があるようにお見かけしましたが、これは一体どういうことなのでしょうか…

おそらくみなさん、水面下では、着々と準備は進んでいるということなのでしょう。

現職1人プラス新人2人の選挙なら、普通に進めば、自民党の公認の現職の方が有利なように思えます。

しかし、現職と新人1名が、市長さんに近い同じグループと思えますので、この票の割れ方によっては、市長さんから遠い立ち位置の新人の方に、良い風が吹く可能性だって十分にあるでしょう。

どこの陣営も、それぞれの立ち位置で、しっかり対策を考えれば、可能性があるようにも思えますが、私は、どこにも関係ありませんので、これ以上、書くのは止めておきましょう。






 
 
  1月7日(水)
ズF、明治学院大学のOBの方とお話をしましたら、明学の卒業生には、森田健作知事、アルフィーのお三方、南こうせつさんなどがいらっしゃるのだとか。

明学は、都会風の女子学生が多いようなイメージがありましたので、ちょっとこれらの有名人の方々は、個人的には予想外な気がしましたが…

また、キャンパスは港区の白金台にあるそうですが、それは有名な『シロガネーゼ』の白金ですよね?

実は、東京のこの周辺は、出かけたことがないのですが、一度くらいは社会勉強として見てきたほうがよろしそうです。




ぅ錺織シ、とある菓子メーカーの『柿の種』をよく食べます。

でも、今年になってから、食べるのを止めています。

実は、昨年の年末、ちょっと計算をしてみましたら、毎日、この柿の種を一袋食べますと、1年間では
130キロカロリー×365日=47450キロカロリー
を摂取することが分かりました。

脂肪を1kg減らすには、7000キロカロリーの消費が必要ですが、これから考えますと、毎日なにげなく一袋食べている柿の種を、1年間止めれば、それだけで、
47450キロカロリー÷7000キロカロリー=約6.8kg
の脂肪を減らすことができます。

柿の種を1年間食べるのを止めるだけで、計算上は7kg近く、ダイエットできることになりますが、『本当に、計算通りになるのだろうか?』と非常に興味を持てました。

そんな訳で、今年になってから、柿の種を止めているような次第です。

もしも、毎日食べていた柿の種を止めただけで、1年で7kgも体重が減ったら、これはかなりスゴイことなのでは?

本当に、計算通りになるのかは、分かりませんが、ちょっとした人体実験をやってみるのは、結構面白いものです。




昨年は一年間、鼻呼吸でずっと眠るようにしましたら、何と一年間、一度も風邪を引かずに過ごすことができました。

以前から何度も書いていますが、鼻呼吸で眠ると、朝起きた時、喉も口内も全く乾いておらず、とても快適です。

よく部屋に加湿器などを設置する方がおられますが、いくら部屋の空気に湿度を与えても、口から呼吸してしまうと、結局、喉は乾燥してしまい、ここから感染してしまうのではないでしょうか?

なので、鼻呼吸を徹底すれば、鼻腔が天然の加湿器となりますので、まったく加湿器などは不要かと思います。

風邪を引きやすい方は、ぜひ試してほしいものです。

インフルエンザの予防接種を受けるくらいなら、鼻呼吸睡眠のほうが、医学的に考えても、よほど安全で効果があるかと思いますが?





交通指導隊のみなさんとの新年会が、夕方開かれましたので、総務委員長として出席してまいりました。

非常に、和気あいあいとして新年会になりました。

また、富岡警察署長さんが、すぐ近くの席でしたが、久しぶりに富高の同級生として、あれこれ話ができました。

今日も、富高の21世紀枠の話題になりましたが、だんだん、『寄付はどうするんだ?』という、だいぶフライング的な質問や意見も出始めている感じです。

これで出場を逃したら、卒業生のショックは、かなり大きくなってしまうように思えますが、まずは何とか、出場が無事に決まってほしいものです。





仝畫娃隠瓜から、市役所西駐車場で、富岡市交通指導隊の年頭点検が行われました。

隊員のみなさんの、規律あるピシッとしたお姿を拝見し、大変心強いものを感じました。

今年も、市民のみなさんのために、さらなるご活躍をお願いいたします。






 
 
  1月6日(火)
Α愎袈醜颪侶从冏展で、需要が増大することから、資源価格はこれからも上がっていく』というのが、世の定説かと思っておりました。

でも、ここに来て、原油価格が大暴落状況ですが、どうしてしまったことやら…

こういう状況を見ますと、日本の財政破綻のほうが、はるかに可能性が高いようにも思えますが?

でも、世の中っていうのは、不思議なもので、だれもが起こると考えていることは、意外に起きない傾向があるように思えます。

『What we anticipate seldom occurs. 我々が予測したことは、めったに起こらない』という、格言的な表現が英語にもあるところを見ますと、世界中の人々が、同じように感じているのかもしれませんが、そうなると、日本の財政が危ないと思っている人が多いうちは意外に大丈夫ということになるのでしょうか?

本当の危機は、『日本の財政は大丈夫』と、みんなが思った時にやって来ると考えられるのかも…しれませんね。






ァ悗ゃりーぱみゅぱみゅ』って、言いづらいですが、今日、人と話をしていたとき、『川場村(かわばむら)』っていうのも、ちょっと言いづらい言葉と思えました。

か・わ・ば、と、母音が同じ語が3つ続くことが原因かと思いますが、どうも歳を重ねてきますと、こういうのは読みづらいような…





た掲会は、これまで3つ行きましたが、これからまだ、いくつか続きます。

最近は、忘年会がほとんどなく、新年会が主流になりつつありますが、あまり連日続きますと、ちょっと疲労感も…

宴会系の料理も、たまに頂くのは良いのですが、1週間に3回、4回も頂くようになりますと、あまり体にもよろしくないような印象がありますが?

それを考えますと、岩井市長さん、佐々木議長さんなどは、私の何倍も新年会に出席されているのでしょうから、スゴイですよね。





アメリカの人気ドラマである『TWENTY-FOUR』の最新作が、3月頃からDVDレンタルで見れるような話を耳にしました。

ワタクシ、このドラマが非常に好きで、実はこれまでのシリーズは、シーズン1から8まで、すべて見ています。

主人公の不死身の男『ジャックバウアー』が、テロリスト相手に、ガンガン戦うというストーリーですが、スリルとサスペンスいっぱいのドラマです。

『TWENTY-FOUR』は、もう完結したのかと思っていましたので、再度、新シリーズが見れるのは、嬉しいものです。

ちょっと楽しみができました。



▲謄譽咾CMを見ていますと、スマホ用のゲームのCMが、恐ろしく多いように思えます。

でも、みなさん、そんなにスマホで、ゲームをするのでしょうか?

スマホは、いつも持ち歩くものでしょうから、もしもスマホのゲームに夢中になってしまったら、かなり生活に悪影響が出てしまう危険性もあるのでは?

ファミレスなどで、4人で一つのテーブルを囲んでいる若い方々が、全員がひと言も言葉を発せず、ひたすらスマホを見つめているような光景を見かけることがあります。

私たちの世代の者からすると、『なぜ、目の前の友だちと話さないのか?』と思えると同時に、気味の悪さを感じますが、これもスマホのゲームが原因とすると、もはや単なる趣味や嗜好ではなく、『中毒』や『依存症』と言うべきなのでは?

スマホは、もしかしますと、若者や子どもたちのコミュニケーション能力を低下させる、大きな危険因子となるように思えてなりませんが、このまま、ほうっておいてもいいものなのでしょうか?

少なくとも、我が子がスマホゲームにハマってしまったら、注意する必要がありそうです。





 高崎駅に行きましたら、観光客が様々な情報を、複数の言語で調べることができる装置が設置されていました。

高崎駅は、これから北陸新幹線が通過するなどで、外国人の観光客が増える可能性があるため、このような準備がされたのか?




 
  1月5日(月)
ぬ義ふれあいプラザの『もみじの湯』は、元旦から営業しましたが、元旦の入場者数は850人ほどにもなったとのこと。

結構、元旦早々でも、お客様は来られるものなんですね。

露天風呂から、素晴らしい朝日が見えたそうですが、だれか写真撮影した人はいないのでしょうか?

風呂に入るのに、カメラを持って行けば、ちょっと誤解を呼びそうですので、そうした方はおられないのでしょうが、その初日の出を見たかったですね。




8畍紕胸から、部課長以上の幹部職員のみなさんと議員による新年会が、アミューズで行われました。

たくさんの職員さんから、いろいろ興味深いお話を伺うことができました。

お酒は全然飲みませんので、ひたすらウーロン茶を飲みながら、料理を食べるという感じでしたが、あっという間の2時間でした。

ところで、選挙の話も、最近、あちこちで伺うようになりましたが、市議会議員選挙に、新たに出る可能性がありそうな方は7人ほどおられるとの話を耳にしましたが?

また、県議選では、第4の候補が、もしかするともしかして…

これから、賑やかになりそうな雰囲気です。






△富ちゃんの担当部署に行きましたら、草津町のキャラクター『ゆもみちゃん』から、お富ちゃんに届いた年賀状がありました。


何だか、すごく弾けている感がある年賀状で、いいですね。

市のホームページの『お富ちゃん』コーナーで、この年賀状を紹介すれば、ちょっとした話題になるのでは?

ちなみに、お富ちゃん宛で、20枚ほど年賀状が届いたそうです。





仝畫娃隠飴から市役所で、新年互礼会が開かれました。

岩井市長さんの年頭のご挨拶の中に、『給食費無料化』という言葉が入っておりましたが、非常に気になりました。

実は、全く存じ上げていない市民の方から、『もはらさんですよね? 給食費の無料化には、頑張って反対してください!』と、今でもよく話しかけられます。

いつの間にか、給食費無料化反対の中心議員になってしまったような印象がありますが、今年もこの点につきましては、もしも予算案の中に出てきたときには、徹底的に反対意見を述べたいと思います。

でも、そろそろ、こんな不毛な事業の議論は終りにして、もっと富岡市の未来につながる事業について議論することが重要かと思いますが?





 
 
  1月4日(日)
ど拗發裡横雲さ枠甲子園出場が実現するのか?

今日は、富高OBの方とお話しますと、結構この話題になりました。

もしも甲子園出場が決まれば、たとえ日帰りの強行軍でも、甲子園で富高の試合を見たいと思っています。

30代の卒業生と話しましたら、『出場したら寄付が心配』と言っておりました。

でも、寄付は強制ではありませんし、みなさんのできる金額ですれば良いのですから、あまり気になさる必要はないかと思いますが?

まずは出場決定の朗報がほしいですね。





今日は出初式がありましたが、市役所の正月休み中に出初式が行われたのは、私が議員になってからは初めてかと思います。

これには、何かの理由があるのでしょうか?

生涯学習センターの暖房が、いま一つ、効きが悪いような印象もありましたが、これは休み中で閉館だったことの影響もあったのか?

この日程での出初式には、ちょっと色々考えさせられました。




午後6時から、一ノ宮地区の様々な役員の方々が参加する新年会が行われました。

実は、同じ時間に別のお店で、地元消防団の新年会もありまして、どうするか悩みましたが、結局、前半の1時間は一ノ宮地区の新年会に出席し、後半の1時間は消防団の新年会に出席することにしました。

非常に、慌ただしい状況になってしまいましたが、両方で、いろいろお話を伺えましたので、それはそれで良かったと思います。

ご近所でも、普段なかなかお会いすることがないような方とも、お話ができましたので、正月早々、有益な時間を過ごせました。




\験恭惱センターで、富岡市消防隊の出初式が行われました。


また、本日、長年の功績が高く評価され、栄えある表彰を受けられた団員の皆様、誠におめでとうございました。





 
 
  1月3日(土)
今年、遠くから頂いた年賀状には、富岡製糸場について書かれていたものが、かなり多くありました。

昨年、あれだけテレビで取り上げられたのですから、ある意味、当然のことかもしれませんが、印象としますと、『暫定リスト入りしたときの認知度を1』とすると、『世界遺産登録されたことによる認知度は20』くらいの違いがあったように思えます。

暫定リスト入りしたときには、かなり富岡市のことが全国に知られたような気になっていましたが、実際に視察で地方に出かけてみますと、ほとんど富岡市の存在は知られていないような感じでした。

世界遺産登録効果は、これからは徐々に衰えていく可能性はありますが、それでも富岡市のことを全国の多くの方々が知ってくださったことだけでも、とてつもなく大きな利点ではないでしょうか?

製糸場見学者の数が減ることは避けられないにしても、富岡市の知名度が上がったことを使って、何とか新たな産業誘致や定住人口増加につなげたいものです。

今年はまだ、世界遺産登録によるフィーバーが続く可能性はありますが、近いうちにやって来ると思われる過熱感の終焉に備え、次の策を考えることが重要でしょう。

昨年、東京で、大手ビジネスホテルチェーンの取締役の方とお会いする機会をいただき、富岡市への進出も検討してもらえるところまで、その取締役の方からお話を頂いたのですが、その話を、市役所の幹部の方にお伝えしましたら、『そこでその話は、完全に放置されてしまった』と私には思えるようなことがありました。

多くの自治体が誘致活動をしている超有名なビジネスホテルを、富岡市に誘致できる可能性があったのに、非常にもったいないことをしたと、今も思えてなりません。

『こんなことでは、世界遺産バブルが終了したら、その先に道はない』と、強い懸念を抱いております。

ビジネスホテル誘致の件は、もしも岡野市長と磯田副市長の時代ならば、たとえ最終的に話が進まないにしても、何もしてもらえないまま話が終わるようなことは絶対になかったと、個人的には思っております。

昨年の4月の市長選で、岩井市長さんの公約である『給食費無料化』や『再生富岡』に対し、別陣営から強く批判していた私が、その話を持って行ったため、握りつぶされてしまったということでは、まさかないでしょうが…

富岡市を宿泊滞在型の観光地に変えていくことを、市当局の中枢部の方々が望んでいなかったことには、ビックリ仰天で、同時に失望しました。

私は、日帰り観光地では、大きな経済効果が期待できないので、可能ならば、富岡市を宿泊滞在型の観光地に変えていくことが重要と考えましたが、市当局のお考えは違うようです。

では、当局は、日帰り観光地として、富岡市をどのように発展させていくお考えをお持ちなのか?

私には、理解できませんので、次回の一般質問で取り上げてみようかと思います。





箱根駅伝は、青学のぶっちぎり優勝でしたが、この断トツの速さは、何なのでしょうか?

あまりにも差がつき過ぎて、繰り上げスタートの学校も多く、ちょっと気の毒な印象もありました。

今日、全出場校の選手を、箱根駅伝のサイトで確認しましたが、群馬県出身の選手は、もしかしますと、上武大学の1名だけなのでは?

となりますと、日体大で、もしも富岡市出身の選手が変更なく出場できていれば、非常に貴重な存在でしたが、惜しかったですね。

でも、その選手の方は、まだチャンスがありますので、ぜひとも来年の箱根駅伝で、快走する姿を見させていただきたいものです。

正月早々ですが、来年の箱根駅伝に期待したいと思います。





…から箱根駅伝の復路を見ていますが、ちょっと予想外のことが…

日体大の8区で、同級生の甥っ子に当たる方が、エントリーされていたので、今日は期待していました。

ところが、テレビで日体大の選手が紹介されたとき、 メンバーを見ましたら、なんと選手変更で、出場しないことが判明…

年末から楽しみにしていたのですが、残念なことになってしまいました。




 
  1月2日(金)
\儀遒瞭麁といえば、我が家ではコタツにあたりながら、箱根駅伝を見るのが定番です。

今日も、その通りの過ごし方になりました。

箱根駅伝は、自分の出身校が出ていなくても、十分に楽しめるのですから、母校の後輩が走っている方にとっては、かなり力が入る大会なのではないでしょうか?

5区を走った青学の神野選手の軽やかな走りは、すごかったですね。

まだ、かなり余力を残している感がありましたが、それでも『山の神』と言われている柏原選手の記録を超えてしまったのですから、驚きです。

それにしても、青学がここまで強いというのは、失礼な表現になってしまいますが、予想外でした。

私の青学のイメージというと、『渋谷にキャンパスがあってオシャレ』、『女の子が多そう』、『サザンオールスターズの出身校』という感じで、『スポーツの強豪校』というイメージからは、遠い存在のような学校に思えていました。

でも、箱根駅伝で、これほどの結果を残したのですから、これからは、『都会的でおしゃれなイメージ』に、『たくましさ』も加わり、学校のイメージアップにつながったのでは?

箱根駅伝での活躍で、東洋大学のイメージが大きくアップしたようなことが、今度は青学で起こるのでしょうか?


箱根駅伝出場の常連校出身の方は、毎年正月早々、母校のことを思い出すことができて、関係ない大学の卒業生としますと、ちょっとうらやましく思えます。

私の母校の同志社は、関西地区の学校ですので、箱根駅伝は出場できません。

唯一、スポーツで盛り上がることができたラグビー部も、最近は非常に弱くなってしまい、残念な思いがしております。

私の学生時代は、ラグビー大学選手権の強豪校で、正月には、国立競技場に試合を見に行ったこともありました。

同級生に当たる林敏之君は、卒業後、日本代表のキャプテンを務め、ラグビーの世界選抜チーム『バーバリアンズ』のメンバーにも選ばれ、世界で最も通用した日本人選手として、ラグビーファンの間では知られています。

その他にも、全日本の監督もした平尾誠二君は同じ学部の3つ後輩、テレビのバラエティ番組にもよく出演する大八木淳史君は、同じ学部の2つ後輩と、大学ラグビー界の大スターが、当時の同志社大には揃っていました。

そんな時代を知っているOBとしますと、いまの同志社ラグビー部の低迷ぶりは、悲しいばかりです。

箱根駅伝終了後、ラグビー大学選手権準決勝『帝京VS慶応』の試合を見ました。

帝京のほうが力では圧倒していましたが、かつての大学ラグビー名門校として、唯一気を吐く慶応のプレーには、清々しさを感じました。

早稲田も明治も、最近はかつての勢いはなくなっているのに、慶応だけは、往年の輝きをいまだ失っていないように思えました。

タイガージャージの気迫十分のプレーを見た、慶応OBのみなさんは、負けた試合とはいえ、嬉しい思いがしたのでは?

それにしても、帝京大学の選手のみなさんは、素晴らしい体をしていますよね。

才能があるだけでなく、厳しい練習で、体を鍛え上げたからこそ、一人ひとりの身体能力レベルが、他校の選手を圧倒しているのでは?

もはや、ラグビーの新興勢力ではなく、完全に伝統ある強豪校ですよね。

こうなりますと、高校ラグビー界の有力選手が、さらに帝京大学に集まり、より一層チームは強くなるという方向に進む可能性が高いのでしょうが、ここまで断トツの力を持った強豪校に帝京大学がなるとは、以前ならだれが予想したでしょうか…

大学ラグビーの名門と言われている、早稲田・明治・同志社にかつての勢いがなくなってしまったのはなぜか?

帝京大学は、どうしてここまで強くなれたのか?

これって、研究すれば、一つのスポーツの事例としてだけでなく、様々な分野に応用できるようなものなのでは?

あと、決勝進出を決めた筑波大学ラグビー部の活躍も感動モノです。

国立大学が、大学選手権で優勝となれば、これもすごいことになりますが、ぜひ、素晴らしい試合を見たいものです。






 
 
  1月1日(木)
8畫娃校から行われた貫前神社の式典に出かけてまいりました。

9時前は、人の数はあまり多くありませんでしたが、式典が終えた10時頃には、参拝客が増えて、階段では通行規制が行われていました。









大晦日の午後11時くらいから、外では強い風が吹く音が、家の中でも聞こえます。

2年詣りに出かけた方は大変だったのでは?

2年詣りも、午後10時くらいに出かけたのでは、かなり長い列になってしまっていますので、本当に楼門のお賽銭箱の前で、年が変わる瞬間に立ち会うのは、かなり早い時間帯から、並ばなければならないかと思います。

二年詣りには何度か出かけたことはありますが、いつもお詣りできるのは、新年になってからの午前1時くらいでした。

さすがに最近は、二年詣りは行きませんが、真夜中にたくさんの人がいるという非日常感も、一度くらいは味わってみてもよろしいのではないでしょうか?





,△韻泙靴討めでとうございます。

いよいよ、2015年になりました。

私のこのサイトも、ついに足かけ8年目に突入しましたが、これからも市民のみなさんに、市の事業や、市議会、さらには、私の身の回りの出来事を、毎日お知らせしてまいりますので、よろしくお願いいたします。

ところで、昨日は、『ガキの使いやあらへんで 年末スペシャル』見たのですが、面白みに欠けていたというか、マンネリに陥っているというか、個人的にはあまり面白いとは思えませんでした。

紅白歌合戦は、録画しましたので、後で見るつもりですが、紅白を見たほうが良かったでしょうか?





 
 
これまでの活動記録 (毎日更新中!)
2014年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月  3月 2月 1月
2013年 12月 11月 10月 9月 8月 7月中・下 7月上 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2012年  12月 11月 10月 9月 8月  7月 6月 5月 4月 3月 2月
 1月
2011年 12月  11月 10月 9月 8月 7月 6月  5月 4月 3月 2月 1月
2010年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 
2009年  12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2008年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月