富岡市を元気に!子どもたちに明るい未来を! 富岡市議会議員 茂原正秀WEB-SITE





TOP
これまでの活動記録(毎日更新中!)
2013年 3月 2月 1月                                     
2012年  12月 11月 10月 9月 8月  7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2011年 12月  11月 10月 9月 8月 7月 6月  5月 4月 3月 2月 1月
2010年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 
2009年  12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
 
2008年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月             
スポンサーサイト







富岡市の桜
富岡市観光協会の
Facebook

便利な情報サイト
ダイヤモンド・オンライン
東洋経済オンライン
日経新聞
読売新聞オンライン
朝日新聞
毎日新聞
産経新聞
東京新聞
ロイター
共同通信
ニューズウィーク
NHK
プレジデント公式サイト
上毛新聞
The Japan Times Online






富岡市の防災気象情報(気象庁リンク)



『富岡市の桜 特集』のサイトは、
今年撮影した写真を加え更新しました



4月30日(火)その1
★ 午前中は、都市建設部に伺い、給食センターと、隣接する学童保育施設の間にある水路の蓋について、関係者の方からの要望を説明してまいりました。

以前、原材料支給で、蓋の支給がありましたが、一部、まだ蓋が不足している箇所があり、追加のお願いですが、早速、市の担当の方が状況の確認に行ってくださることになりました。

その後、『家を建てられない宅地の固定資産税』について、担当の部署でお話を伺いましたが、『無道路』の宅地は、固定資産評価額が70%に減額される補正が行われているとのこと。

これは、富岡市独自の補正のようですが、議員になって初めて聞いた内容でした。

かなり珍しい制度のようで、職員の方でも、この補正はご存知ではない方が多いようです。

この件につきましては、今後もさらに調べていきたいと思います。

★午後6時半から、西中のPTA歓送迎会がアミューズで行われました。

来賓の祝辞をすることになっておりましたので、何を話そうか迷いましたが、先の第42回の卒業式で、最後の生徒の卒業証書の番号が6942号だったことを使って、西中のこれまでの一学年の平均生徒数が165人、今年の新入生は121人、さらに6年後の一年生の見込みは82人という話をさせていただきましたら、予想以上に関心を持っていただき、ちょっと驚きました。

客観的なデータを基に話を進めると、みなさん興味を持って聞いてくださるということでしょうか。

いい経験になりました。

また、歓送迎会では、いろいろお話を教えていただきまして、大いに勉強になりました。
酒を飲めないことが、結構、幸いという点があるかもしれませんね。

★朝一で、清掃センターへゴミの搬入に行きましたが、ずいぶんお客さんが多く、混雑していました。

連休中に大々的に片付けごとをする方が多いのでしょうか?

★4月末となれば、気になるのはアスベスト施設の建設計画です。
当初の予定では、4月末までに、技術審査委員会の結論が出るはずでしたが、今のところ、その動きは全く無いようです。

施設建設がストップした訳ではありませんが、技術審査委員会の結論には、まだかなりの時間を要する可能性が出てきました。




4月29日(月)その1
★下の子が、学校を卒業し、こちらに戻ったのですが、引越しのときの荷物整理ができていなかったので、今日は朝から片付けごとを。

ついでに、自分のものも、この際、使わないものは捨てようと、本棚や納戸を整理しましたが、どうも流行の『断捨離』のようには、思い切って捨てられません。

ついつい、使うわけでも読むわけでもないようなものを、取って置きたくなってしまいます。

小学校の卒業文集や、中学校の学級新聞、高校の卒業時にもらった学校新聞など、どうでもいいようなものも、つい『ここまで保管しておいたのだから、もうちょっと、取って置くか…』という気分になってしまいます。

ただ、捨てずに取って置くと、確かにゴミは増えるかもしれませんが、そのモノがきっかけで、昔のことが鮮明に思い出せるというメリットがあります。

記憶の中にはあっても、全く思い起こすことができなかった情報を呼び戻す『リマインダー』のような機能とでも表現しましょうか…

結局、今回は、半分くらい、迷ったものを処分しました。

処分したことで、永遠に呼び戻せない記憶があるのかと思うと、少々残念な気持ちもしないではないですが、過去を思い出すことよりも、残りが少なくなってきた、これからの人生に目を向けたほうがよろしいですよね。

西中一ノ宮教場2年のときの、学級新聞です。
この号は、私が原稿を書いたような気がちょっとするのですが…、『六月は衛生に気おつけよう』というのは、かなりまずいですよね。

思い出さなくてもいいようなことを、思い出してしまい、冷や汗もんですが、私以外の方が書いたことを期待せずにはいられません。

ちなみに、この頃、『木枯らし紋次郎』がすごい人気で、ミュンヘンオリンピックもこの年にありました。

こんな雑誌も出てきましたが…

1981年8月3日号のニューズウィークです。
ダイアナさんの幸せそうな笑顔がとても悲しいです。




4月28日(日)その1
★午後1時から、宮崎公園にある旧茂木家住宅祭りに出かけてきました。

戦国時代の1527年に建築された旧茂木家住宅は、現存する民家の中では、日本最古の建物の一つで、昭和45年に国の重要文化財に指定されました。

ちなみに、1527年というのは、豊臣秀吉が生まれる10年前ですので、とてつもない古さです。
となれば、たとえば『秀吉が生まれる前に建てられた日本最古の民家』というようなPRの仕方をすれば、もっと存在感が高まるのでは?

素晴らしい快晴の中、たくさんのお客様がお越しになり、たいへん盛況なイベントとなりました。


会場では野点も行われました。


担当者から、熱心に解説を聞くみなさん。


かぶら汁も振舞われました。

★午前中は、馬山の野球場で行われた、地元の少年野球チームの応援へ。

茂木家住宅祭りに行く都合で、試合は途中までしか見れませんでしたが、はたして結果は…


一ノ宮チームのお母さん方は、そろいのバックプリントのTシャツ。
気合が入ってますね。


4月27日(土)その1
★先日の、『家を建てることができない宅地』の件ですが、結局、妙案が出ないまま、ご相談をいただいた方には、その旨をお伝えしました。

しかし、今回の件は、
建物が老朽化したので、ご近所に迷惑がかかったら大変なので、
家を解体した。
 ↓
ところが、この土地は、幅員4m以上の道に
2m以上接していないため、新たに家を建てられない
 ↓
隣接地の方に、安価にて土地の購入をお願いしたが、
買ってもらえない
 ↓
家を壊し更地になったことで、宅地の軽減税率の適用が
なくなったため、土地の固定資産税が6倍になってしまった
 ↓
このままずっと、家を建てることができない宅地の
高額な固定資産税を払い続けることになってしまうのか?

以上のような内容ですが、これは何らかの制度を設けないと、まずいですよね。
今後も、街中では、似たようなケースが、かなり出る可能性があります。

結局、誰も住めないような老朽化した家を残し、土地の固定資産税を低くしておくこと以外、土地の活用法がないとしたら、固定資産税低減対策の老朽化家屋群が、市内のあちこちに誕生してしまうことになってしまうのでは?

これは、何か新しいルールが必要と強く思います。



★初心者マークをつけている娘の、車の練習を兼ねて、高崎のイオンへ行って来ました。
イオンの中の店舗は、だいぶ入れ替わったお店もあったような印象でしたが、フードコートの、以前よく食べたラーメン屋さんがなくなっていたのは、ちょっとショックでした。

あそこのラーメン、癖になる味で、おいしかったのですが…

また、ユニクロがあったので、『メンズ レギンス ジーンズ』なるものを購入しました。
ジーンズといえば、硬くて厚い生地が当たり前ですが、このジーンズは、生地が薄手で、伸縮性があり、ピタッとはける感じのものです。

試着したとき、『こんなジーンズがあるの??』と、驚きでしたが、ユニクロって商品の企画力がすごいですよね。

しかも、価格がこれまた安い。

1980円って、私が30年以上前の学生時代に買った、エドウィンやLEEなどのジーンズよりもはるかに安いのでは?

デフレ脱却は、なかなか難しそうですね。

★午前中、もみじ平にちょっと出かけました。
美術博物館のまわりは、花や緑が鮮やかでした。




今週、スロージョギングで走った距離 16km
4月26日  5km
4月27日 11km

今月は今日時点で、走行距離は90kmです。



4月26日(金)その1
★本日付の朝日新聞朝刊の『声』欄に、先日メールで送った私の投稿が掲載されました。
高齢者の定年延長によって起こる可能性が高い、若者の就職難についてを書いたものです。



★午後5時半からアミューズで、区長会のみなさんと、市の幹部職員、議員による懇親会が行われました。

一ノ宮地区の区長さんと、当地区在住の保健福祉部長さん、そして議員2名で一テーブルを囲みましたが、いろいろお話を伺うことができました。

私はアルコールはまったくダメなのですが、一ノ宮の区長さんにも、私同様ノンアルコール系の方が何人かいらっしゃいますので、その点は、ちょっと気が楽な感じです。

隣の席におられた区長さんから、観光や製糸場関連の、おもしろいアイデアを聞かせていただきましたので、ちょっとこれから研究してみたいと思っております。

★部長さんの中で、私のHPをよくチェックしてくださる方がおられますが、今日その方から、『社会教育館の写真は、いいアングルから、きれいに取れているじゃないですか!』との、お褒めの言葉を頂戴しました。

褒めていただけると、うれしいものです。

ますます、出かけるときに、カメラが手放せなくなります。

★今年、異動で某部署の新しい部長さんになられた方とお話をしましたら、それまでその部署の仕事を一度もしたことがなく、いきなり部長になられたということでした。

以前に課長や係長として、その部署の仕事をしている方が、部長になるのかと思っていましたら、必ずしもそうではないようです。

しかし、一番大きな責任がある部長さんが、その部署の仕事の経験がないというのは、どんなものでしょうか?

能力がある方が部長さんになられるのだから、何ら問題はないのかもしれませんが、一般論からすれば、その部署の仕事に明るい方がなるべきと思いますが…



4月25日(木)その1
★昨日の、『家を建てられない宅地』について、いろいろ調べていますが、ウルトラC的な解決案は、どうもなさそうです。

せっかく、ご相談をいただいたのですから、何とか少しでも話が進展できるような情報を提供したいと思っているのですが、困りました。


★今日は久しぶりに都会の空気を吸う機会に恵まれ、せっかくですので、六本木の東京ミッドタウンと、都庁に足を伸ばしました。

東京って、訪れるたびに思うのですが、世界で最も洗練された都市なのではないかと、思えてしまいます。

海外など、ほんの数回くらいしか行ったことはありませんが、今の東京ほどゴミが少なく、清潔感があり、おしゃれで治安の良い街は、おそらく世界中探しても無いのでは?

つまらないような所へ海外旅行に出かけるくらいなら、東京の面白そうなスポットに出かけたほうが、遥かに充実した時間になるかもしれません。

せっかくですの、金の延べ棒を1つ購入…、したいところですが、そんなお金はございませんので、金の延べ棒型のUSBメモリ(4GBで数千円の品)を購入しました。

東京ミッドタウンで買った記念品として、使っていこうと思います。

USBの差し込み口は、使わない時にはしまっておけます。
ちょっと話のタネによろしいかも?



ミッドタウンは建物全体から、アートの香りが漂ってきそうです。


都庁45階の展望台からの景色です。
この過密感は、本当にすごいですね。

★湘南新宿ラインに乗って思ったのですが、東京から帰ってくるときの車窓からの景色を見ていますと、新宿から50分くらいの上尾あたりまでは、埼玉県でも東京系で、それよりも北になると、徐々に群馬系の雰囲気が出てくるのではないでしょうか。

新宿などの東京の主要都市へ、1時間以内で行けるところは、交通のアクセスで大きな強みを持っているように感じます。


それにしても、湘南新宿ラインは、本当に便利な路線です。

高崎から出た電車が、新宿・渋谷・横浜に直接行くなんて、私の高校時代には、宇宙旅行に行くのと同じくらい『ありえない話』と思えました。

時代はどんどん変わっていきますが、この先、どんな想定外のことが始まるのでしょうか?

まさか、上州一ノ宮駅で乗った電車で、そのまま東京駅まで行けるなどということは…
これは、さすがにありえないでしょうね。


★朝日新聞の投稿欄担当の記者さんから、メールをいただきました。
近々、私の駄文を掲載してくださるようなお話なのですが…

いつだか、分からないところが、ちょっと困るのですが、その日を待ちましょう。


4月24日(水)その1
★議員のみの全員協議会が、午前10時から行われ、新しい議会構成についての話し合いがありました。

また、全員協議会の中で、『議会基本条例施行に伴う運用について』も話し合いが行われ、先日の議会改革検討委員会で決定した方法で、『自由な討議』等は行うこととなりました。

議会報告会につきましては、現在の改革検討委員会が示した『たたき台』の案では、開催時期は10月、場所は生涯学習センター大会議室ですが、具体的なことは、今後の協議で決まります。

★つい、うっかりで大きな過ちをしてしまいました。

本日正午過ぎにアップロードしました件につきまして、関係者の方々に、ご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ございませんでした。

情報発信の方法に、至らぬ点がありましたことを、深く反省し、今後は気をつけてまいります。

★『宅地なのに、道路の要件を満たしておらず、家を建てることができません。何とか良い方法はないでしょうか?』との、ご相談をいただきました。

都市建設部でいろいろ確認してまいりましたが、なかなか妙案はなく、解決は難しいことが分かりました。

幅員4m以上の道に2m以上、土地が接していないと建築ができない決まりがありますが、昔からの住宅が立て込んでいる地区では、こうしたケースは他にもかなりあるのかもしれません。

★5月19日に、今年度の防災訓練が実施されます。メーン会場は、私の地元の一ノ宮運動場です。

今年の『訓練想定』は、
1:関東平野北西縁断層帯主部によるM=8.1 震度7の地震
2:大型台風の直撃
の2件ですが、今回から『小あつまりによる安否確認、声かけ後に避難』ということも訓練の中で行うとのことです。

ところで、市は緊急災害時用に衛星携帯電話を2台保有しています。
2台で50万円ほどとのことです。

安くはありませんが、万一の時のことを考えれば、なくてはならない機器ではないでしょうか? 

あまり活躍する機会が多いのは困りますが…




4月23日(火)その2
★明日、議員のみの全員協議会が開かれます。
いよいよ、今期4年も後半の2年に入ることとなり、委員会構成や、議長・副議長なども一新されます。

議長のポストを狙っている方にとっては、これから数日は、お忙しいのかもしれませんが、次の議長さんは、議会報告会において市民のみなさんを前にし、大きな説明責任を果たさなければならないという役割がありますので、これまでの議長さんとは仕事の量・厳しさが全く異なります。

率先して、その責任を引き受けてくださる方が出るのなら、それはそれで喜ばしいことですが、ぜひ、万全の準備をして、議会報告会をコントロールできる方に、なっていただきたいと思います。

また、明日の全員協議会で私は『議会基本条例施行に伴う運用について』を、議会改革検討委員会の委員長として説明しなければなりません。

今期の議会改革検討委員会は、けっこう決めることが多かったので、たいへんでした。
条例文を考えるという、滅多にできないような経験ができたことは良かったのですが、負担が少々大きかったように思います。

やっとこの委員長を降りることができますが、ぜひ、次の議会改革検討委員会の委員長さんにも、さらに改革を進めていただきたいものです。

最後の一仕事ですが、明日は議員のみなさんに分かりやすく説明できるよう、準備したいと思います。




4月23日(火)その1
★議会事務局で、今期前半2年間の『自分の一般質問』を確認してきましたが、ついでに、全議員さんの一般質問の回数を、ちょっと数えてみましたら、このような結果になりました。

ちなみに、2年間で一般質問の機会は8回あります。

回数 議員数
8回  2名 (泉部議員さんと私です)
7回  1名
6回  1名
5回  0
4回  3名
3回  1名
2回  3名
1回  6名
0回  4名

単純に『回数は多ければいい』というものではありませんが、回数が多い議員さんの方が、熱意を持って議員活動に取り組んでいる傾向があるといえるのではないでしょうか?


★本日の上毛新聞に、来年の富岡市長選うんぬんの記事がありました。
市長選は、出馬の意向を固めれば、新聞の一面になってしまうとは、驚きです。

来年の4月は、あちこちから『のろし』が上がるのでしょうか…



4月22日(月)その1
★『社会教育観館のつつじがきれいですよ』とのお話を教えていただきましたので、早速、写真を撮りに出かけました。
花のほうは、もう少し経ったほうが見ごろかもしれませんが、新緑がまぶしいほどきれいでした。





★今日は政治活動用の看板に貼るステッカーの件で、選挙管理委員会に出かけてきました。
また、その後、総務部長さんのところにお邪魔し、『富岡市固定資産税等過誤納金返還金支払い要綱』について、確認してまいりましたが…

さらに、一ノ宮公民館に伺い、一ノ宮地区の行事に、市からどの程度のお金が出ているのか、細かいお話を教えていただきました。
これは、今年度から始まる『市民参加活動助成事業』の関連です。

また、一ノ宮公民館は、市内の公民館の中でも最も古いほうのもので、昨年、耐震診断が実施され、今年は耐震設計が行われるとのこと。

公民館にはときどきお邪魔しますが、いろいろ興味深いお話を伺え、勉強になります。

★富岡市は都市間交流の一つとして、災害協定を複数の市町村と結んでいます。
姉妹都市の岡谷市や、広域圏構成町村の下仁田町、南牧村、甘楽町とも、もちろんこの協定を結んでいますが、その他の自治体は下記の通りです。

藤岡市、深谷市、羽生市、春日部市、富士宮市、藤沢市、藤枝市、江南市、津島市

『なぜ、このような市と、災害協定を結んでいるのか?』と、思えるようなところが少なからずありますが…



4月21日(日)その1
★国立社会保障・人口問題研究所による2040年の人口推計を確認しました。
ちなみに( )内は2010年の人口です。
富岡市 38431人 (52070人)
下仁田町 3847人 (8911人)
南牧村 702人 (2423人)
甘楽町 9144人 (13618人)

これを見ますと、富岡市は30年で26%ほど人口が減ることになります。
また、下仁田町はおよそマイナス57%、
南牧村はおよそマイナス71%と、富岡市をはるかに超えるスピードで人口が減っていくようです。

南牧村が702人になるという推計がありましたので、いま現在、そのくらいの人口の村はあるのかと、ちょっと調べてみましたところ、近いところでは長野県の南部に、平谷村(ひらやむら)という人口563人(2010年)の村がありました。

この人口では、どのようなかたちで行政運営を行っているのか、非常に気になりましたので、平谷村のHPで確認しましたところ、村役場の職員数は17人とのこと。

いくら人口が少ないとはいえ、ここの面積は77平方キロメートルほど(富岡市は123平方キロメートル)あるのですから、この人数でいったい、どのように道路や水道の管理や、ごみの収集、福祉行政など行っているのか、興味がわいてきました。

これまで、先進地の視察ということで、新しい事業に取り組んでいるところに出かけることはありましたが、これからは、人口減少時代に少なくなる職員数で、どのような行政運営をしていくかも、考えなければなりませんので、逆にこのような小さな自治体の状況も研究する必要があるのでは?

コンパクトな行政の一例として、小さな村のことは勉強する価値があるのかもしれません。
また、当然のことですが、行政だけでなく、議会もコンパクトにしなければなりませんが…



★稲含に雪が見えましたが、4月の下旬でこのようなことは、かなり珍しいのでは?
昨日と今日は、外に出るとき、薄手のダウンジャケットを着てしまいましたが、まさか桜が散った後に、このよう陽気になるとは。

冬物をまだしまっておかなかったことは幸いでした。

ところで、富岡市役所では、今年は5月からクールビズになるとのことですが、なかなかお天気を相手にする計画や事業は、難しいものですね。

★放射性セシウム濃度が1kgあたり8000ベクレルを超える焼却灰や下水汚泥は、『指定廃棄物』となりますが、富岡市にも現在25トンほどあります。

国の方針では『指定廃棄物は発生した県で最終処分する』とのことですが、処分場の建設を了承する自治体は、おそらく今後も出てこないのでは?

できるはずのないことを、進めようとして、いたずらに時間を浪費しているように思えてなりませんが、国はもっと現実的な対応を進めるべきではないでしょうか?

★日本の異次元の金融緩和が、世界から、黙認されたようですが、となると、週明けの為替相場は円安に勢いがつくのではないでしょうか?
1ドル100円超えは、ほぼ確実のように思えますし、そこを超えれば、今度は、さらに上まで行ってしまってもおかしくないのでは?

株価も少々足踏みしていたのが、再度上昇モードのスイッチが入るような印象があります。

底値から見れば、かなり上がってはいるものの、まだ相場は若いのかも?




4月20日(土)その1
★昨日の固定資産税の課税ミスについて、少し説明を加えます。

宅地の場合、そこに住宅があるかないかにより、固定資産税額が大きく変わります。
たとえば、200屬如固定資産税評価額が300万円の土地があったとしましょう。
もし、更地の状態ですと、固定資産税評価額と課税標準額はイコールとなりますので、固定資産税は『課税標準額300万円×1.4%で4.2万円』となります。

しかし、住宅が建っていれば、この場合(200岼焚次砲蓮固定資産税評価額の6分の1が課税標準額となりますので(この場合300万円の6分の1で50万円になる)、固定資産税は『50万円×1.4%で7千円』となります。

200岼焚爾梁霖呂両豺隋⊇斬陲あれば、課税標準額が6分の1になるという『小規模住宅用地の特例措置』があるのですが、これを誤ったため、今回の固定資産税の課税ミスは発生したとのことです。



★夕方、ちょっと軽井沢に行きましたら、気温が1℃で、雪が降っていました。桜がちょうど咲いていましたが、陽気は真冬のようで、あと1週間もすればゴールデンウィークとは、とても思えませんでした。

さすがのショッピングモールも、今日は閑散としていました。

桜の写真を撮る方もちらほら…


帰り、車に乗ると、フロントガラスは、シャーベット状の雪が。



今週、スロージョギングで走った距離 34km
4月14日 14km
4月15日  3km
4月17日  3km
4月18日  3km
4月20日 11km

今月は目標の100kmに届きそうな予感が…

4月19日(金)その1
★全員協議会が午前10時から行われました。
内容をいくつかご紹介いたしますと…
(神25年度富岡市総合防災訓練が、5月19日に一ノ宮運動場をメーン会場に実施されます。

¬義中学校技術教室及び柔剣道場建設工事について
 *来年1月末には完成します

災害時の情報発信に関する応援協定の締結について
 大規模災害発生時に、富岡市のホームページによる情報発信ができなくなった場合、愛知県江南市に代理で情報発信をしてもらう協定が締結されました。

じ把蟷饂裟如陛垰垠弉萓如砲療效呂坊犬覯歙埜蹐蠅砲弔い
 市のミスで、固定資産税(都市計画税)を過大に賦課・徴収していたことが判明。
課税誤りがあったのは19名の方で、最も古い方は昭和48年から、ずっと誤りが続いていたとのことです。
 しかし、法律で返還できる期間は10年分のみということですが、市の課税ミスなのに、それよりも以前の取られすぎた税金は返してもらえないというのは、ルールとはいえ、大きな疑問を感じます。

 どのような原因でミスが発生したのかは分かりませんが、最近、問題の発生が多すぎるのでは?

 
★午後4時から、みやま養護学校富岡分校(富岡中学校内)の視察に行ってきました。
 富中の南校舎を改装したものですが、中は新築のようで、設備も近代的でした。
現在のところ、生徒さんは11名で、学校関係者は教員15名を入れて20名のスタッフとのことです。
 


このベッドは、壁面収納のベッドです。スペースの有効利用ができるアイデアで素晴らしいですね。




板をはずすと、中にはシンクとIH調理器がありました。驚きました。


4月18日(木)その2
★上毛かるたに『力合わせる200万』という札があります。
しかし、先日発表された国の機関による人口推計では、
2040年の群馬県の人口は163万人とのこと。

2040年というと、随分さきの話のようにも思えますが、27年後です。

私はこの世にいるとすれば81歳。
可能性としては、この目で見れるかもしれません。

今後の27年のうちに、37万人の人口が減ると言われても、ピンときませんが、これは現在の高崎市の人口とほぼ同じですので、群馬の中心都市が一つ無くなってしまうような、衝撃的な減少です。

そのとき、富岡市はどうなっているのでしょう?

おそらく現在5万2千人の人口が、4万近くになっているのでは?

また、高齢者の割合は40%近くの高率になっている可能性があります。

うちの一番上の子は今年27歳ですが、生まれたのは、ついこの間くらいに思えます。

それと同じ時間が過ぎると、人口4万人ほどで、10人のうちの4人が高齢者の富岡市になっているという訳です。

SFの物語のようですが、フィクションではなく、恐ろしいリアルな話です。




4月18日(木)その1
★素朴な疑問です。

市役所の職員さんの仕事の内容については分かりませんが、たとえば部長さんの立場におられる方は、その部の職員さんが、1日にどの程度の仕事をされたのか把握されていらっしゃるのでしょうか?

あちこちの部署に出かけますが、窓口業務以外は、どこの部署でも職員のみなさんは、黙々とパソコンの画面を見て、それぞれのお仕事をされています。

そこで、いつも思うのは、『一人の職員さんが、1日中パソコンのモニターを見ながら、どのような仕事をどのくらい行っているのか』ということです。

パソコンという道具は、不思議な道具で、その前に座り、マウスを持って、真剣な表情でモニターを見ていれば、『すごく仕事をしているような雰囲気』を醸し出すことができます。

もちろん、大半の職員の方は、莫大な事務作業を日々、パソコンでこなしているのでしょうが、中には、パソコンの前で長時間、動かないような『フリーズ状態?』の方も見かけることがあります。

もしかしますと、パソコンの導入は、どのくらいの仕事をしているのかが、端から見えなくなってしまったようなデメリットもあるのでは?

それぞれの方が、毎日どのくらいの仕事をこなしているかが見えなくなりますと、人的資源の適正な配置は難しいでしょう。

職員数の配置は、どのように決めているのかは私には分かりませんが、実際、やたらと忙しそうな部署と、空気が止まっているような(気配を感じる)部署があるように思えてなりません。

今度、部長さんに、『部下の方々の一日の仕事量を把握されているのか』を伺ってみたいと思います。


★『アベノミクスによる景気回復は、都市伝説なんじゃないの?』という話題になりました。
確かに、株価はかなり上げましたので、安く買っていた方は、利益が出たことでしょう。
しかし、いまの日本で、株式投資で本当に大きな利益を手にできている方というのは、かなり少ないのではないでしょうか?

アメリカの経済はガタガタと言われても、ニューヨーク市場の株価は、着実に史上最高値を更新しています。なのに、日経平均株価は、1989年末の最高値である3万9千円の、今でも3分の1ほどのところです。

経済学的に見れば、『株式投資が最も資産運用に適している』という話を聞いたことがあります。確かに世界のマーケット全体で考えれば、この見方は当たっているように思えます。

しかし、日本の株式市場は、携帯電話といっしょで、まさにガラパゴス的な進み方をしているのでは?

株式市場がもっと健全に発展していれば、日本の経済はもっと磐石なものとなり、国の借金が1千兆円になるようなことにはならなかったでしょうし、少子化にも歯止めが掛かっていた可能性が高いように、個人的には感じております。

アベノミクスで景気が良くなっているような気分が日本中に広がってはいますが、本当に景気が良くなるというのは、かなり難しいのでは…




4月17日(水)その2
★貫前神社参道の桜の木の件で、午後、都市建設部に出かけました。
この参道は県道ですので、土木事務所に対応をお願いすることになります。

内容は、桜が老木になったためか、枝が折れて、民家の屋根に被害を与える可能性がある箇所が複数見受けられることです。

どのような対応をしていただけるかは、現段階では分かりませんが…

★都市計画区域内は、線引き区域と、非線引き区域に分かれています。
そしてさらに、線引き区域は、『市街化区域』と『市街化調整区域』に分かれ、前者は市街化を図る区域で、後者は自然環境を残し、市街地になるのを抑制する区域です。

また、都市計画区域内では、建物の敷地は幅員4m以上の道路に、2m以上接していなければならない、などの決まりがあります。

なので、現在ある古い建物を壊して、新しい建物を建てようとすると、この規定にひっかかり、建てられないというケースもあるのだとか。

自分の土地なのに、自由に使えないというのは、少々疑問にも思えます。


★圧力鍋で爆弾を作ったのですか? ボストンマラソンの爆発は。

実は最近、英語版のロイターの見出しを、1日1回、できるだけ読むようにしているのですが、『Bomb investigaters probe pressure cooker, backpacks.』という表現がありました。
このpressure cooker って、何のことやらピンとこなかったのですが、そういう訳だったんですね。

つまり、『爆発物捜査官は、圧力鍋とリュックサックを調べている』という内容だったようです。

ちなみに、 gunpowder って、ご存知でしょうか?

火薬だそうです。

『銃の粉』なので『火薬』。 なるほど、という感じです。



4月17日(水)その1
★昨日放送された『ガイアの夜明け』は、増加する空き家の問題を、逆に地域活性化へとつなげてしまった徳島県の神山町の例を取り上げていました。

やり方や、目のつけどころによっては、築100年に近いような建物でも、資産として活用できることに、驚きました。

大阪方面から移住された方が、新たなお店を開いたりで、地方の山村には似合わないようなおしゃれな空間も番組中で紹介されてましたが、このような例を見れば、富岡あたりは、はるかに条件は良いですし、可能性があるのでは?

ご興味がある方は、『空き家再生に秘策あり!』を、ご覧ください。

★都市計画区域というものがります。
これは、総合的に整備や開発を行う必要がある区域で、県が指定します。

富岡市にも、都市計画区域はあり、面積は21平方キロメートルほどです。
これは、市の面積約123平方キロメートルのおよそ17%で、このエリアには市の人口の60%くらいが集中しています。

富岡市くらいの規模の市でも、意外に人口の偏りがあるようです。


4月16日(火)その1
★LOVEの部分をハートマークにしている『I LOVE NY.』のステッカーは、有名ですが、それをちょっとまねて、『WE LOVE TOMIOKA.』のデザインで、まゆべえのマグネットステッカーを作ってみました。

グッズ関連の業者さんに提案するためのもので、試作品をいくつかつくりました。

富岡市と製糸場、さらに、まゆべえをPRするために、車にはってくださる方を募集しておりますので、お声をかけてください。

特に、『まゆべえ』のファンの方、ぜひご連絡ください。
(はたして、どのくらいいらっしゃるのか、ビミョーですが…)

磁石式ですので、取り外しが簡単にできますので。

けっこう、ポップな色合いで、かわいらしいと思えますが…


★新しい政治活動用の看板が、でき上がりました。
ちなみに、デザインは、私がパソコンで組みました。

『mohara@aol.com』という、とても短く分かりやすいメールアドレスが取れたので、それも載せました。

最近、自分の顔写真などを入れた看板をつくる方もおられますが、ちょっとああいうのは、私のようなおじさんは、恥ずかしくてできません。

なので、いつも市議会だよりで使っている、クマ吉くんと、私のイラストにしました。



★看板を頼んだ業者さんは、商工会議所青年部に所属している方ですが、この前の日曜日、富岡製糸場の観桜会で、偶然お見かけしました。

なので、『日曜日は、青年部のお店は忙しかったのですか?』とお聞きしましたところ、『製糸場の入場者数は多かったようですが、奥のイベント会場まで来てくださる方が少なく、あまり売れませんでした』とのこと。

また、『小幡の武者行列と同じ日だったことが、影響していたかも?』とのことでしたが、近隣のイベント同士で、お客さんの取り合いになっているような状況があるのならば、もうちょっと話し合って日程などのやり方を見直す必要もあるのではないでしょうか?



4月15日(月)その1
★総務委員会協議会が午前10時から開かれました。
また、協議会の後、とある議員さんから伺ったお話では、高齢者だけのお宅を訪問し『お宅のお墓の石室が壊れているかもしれませんので、見させてください』と言って、お墓の修理を請け負う業者があちこちで出没しているのだとか。

この業者は、問題があるのかないのか、現段階では分かりませんが、高齢者世帯をターゲットにした新手の問題商法かもしれませんので、ぜひ、ご注意ください。
ところで、お墓の石室を表す『かろうと』って、『屍櫃』って書くようですが、初めて知りました。

★19日に、議員全員協議会がありますが、その後、最後の議会改革検討委員会が行われます。
そこで、議会基本条例で実施することになった『議会報告』について、議員にとってかなり厳しい内容の提案をしようかと考えております。

この通りに、報告会が行われるとしたら、富岡市議会は、かなりの先進的な議会という評価を県内ではいただけるかと思えるような内容です。

ただ、議長さんや委員長さんには大きな負担になりますので、果たして議会のみなさんに、この案を支持していただけるかは、微妙なところですが…

『ろくでもねーことを、言うんじゃねー』などと、もしかしますと、ばっちり怒られてしまう危険性大ですが、もう最後ですので、議会の将来のために、できるだけ高いハードルを設けて、議会改革検討委員会委員長を終えたいと思います。

もしも、議会改革に否定的な意見に圧倒されてしまったときには、どのような意見がどの議員さんから出たか、この場で明らかにしていくつもりです。

最近、あちこちで私のHPを見てくださっている方とお話しますと、多くの方がこの議会報告会について、『ぜひ出かけたい』とおっしゃってくださります。

議会基本条例の中で、この議会報告会こそ、市民のみなさんが最も求めていたことなのではないかと、強く感じています。

何が何でも、骨抜きの報告会ではなく、骨太の報告会にしたいものです。



4月14日(日)その1
★富岡製糸場の観桜会が、昨日・今日で実施され、出かけてまいりました。

まちなかを、ぐんまちゃんとお富ちゃんが歩くと、グッとイベント感が盛り上がり、観光地風の空気になります。


すごい数の団体客の方で、たいへんな賑わいでした。


同じポーズとは、息が合っていますね。


イベント出演者の方々も、お富ちゃんと記念撮影。


ゆるキャラ大行進のようで、伊香保温泉のキャラクターも突如、製糸場へ。


4月13日(土)その2
★午後6時から、今度お世話になる会派の懇親会があり、出かけてきました。
また、このような時期ですので、議長選の話題にも。

議長さんを目指す議員さんの中には、水面下で活動中の方もおられるようですが、はたしてどのような方向性で進むのでしょうか?

ただ、議長選に絡む不透明な事態が勃発することもありますので、そのような出来事はぜひ起きずに、スッキリ進んでもらいたいと思っております。

4年前、一度決定した某委員会の委員長さんが、圧力を加えられたのか、何かのっぴきならない事情でもあったのか、突然、明確な理由の説明がないまま『委員長を辞退する』という、不透明なことが起きたことがあります。

委員長になりたい議員はいても、自ら辞める方というのは、普通なら考えられませんし、ありえません。
なので、よほどの事情や圧力があった可能性があります。

まさか、委員長のポストを何かの取り引きに…というようなことはないとは思いますが、そのとき議長選にからんだ妙な話が耳に入りましたので、非常に残念な気持ちになったことを、今でもよく覚えています。

4年前のことを今更言っても仕方ありませんが…、ぜひ今回は不透明なことが起こらないことを期待しています。




4月13日(土)その1
★ブランド総合研究所というところが毎年実施している『地域ブランド調査』の結果が出たとのこと。
この手の調査で、都道府県の順位をつけると、群馬県はいつも低調ですが、心配したとおり、群馬県は47位の最下位。

ちなみに上位・下位それぞれ5つずつ紹介しますと
1位 北海道
2位 京都
3位 沖縄
4位 東京
5位 奈良

43位 福島
44位 栃木
45位 佐賀
46位 茨城
47位 群馬
という結果です。

最近、ぐんまちゃんのキャラクターは人気が出て、テレビのコマーシャルでもよく見かけますが、そのぐんまちゃんの力を使っても、最下位というのが現実なのでしょうか…

でも、逆に最下位ということを一つのアピールポイントとして活用すれば、群馬の逆襲はありえるのでは??


★スロージョギングが、今年になってから、低調気味でしたが、やっとエンジンがかかりはじめた感じです。
昨年、1週間に25kmでひと月100kmを目標にしていましたが、やはり目標設定がないと、怠ける方向に行きがちですので、きっちりやることにしました。

というわけで、1週間に25kmを、再度、目標にしましたが、考えてみれば、週に一度、15kmくらい走ってしまえば、この目標の達成は、比較的容易になるのでは?

ということで、早速今日は、15km(もみじ平の野球場の周りを30周)してまいりました。
10kmは、ちょこちょこ走りますが、プラス5kmになると、やはり長い感じがします。それでも、のそのそ走るスロージョギングですので、無理なくゴール。

これからは、土日のどちらかは、15km走ることを目標にしましょう。


今週、スロージョギングで走った距離 36km
4月 7日 10km
4月10日 10km
4月11日  1km
4月13日 15km


4月12日(金)その2
★以前、商標登録をした『まゆべえ』ですが、とある業者さんから、『デザインを使わせてもらえませんか?』とのご連絡を、いただいておりました。

『こんな、キャラクターでよければ、ぜひ使ってください』と、返事をさせていただいたところ、今日、『こんな商品を作ってみました』とのことで、Tシャツやミニトートバッグなどをいただきました。

そんな訳で、上州の怪人『まゆべえ』のグッズが、このたび販売される可能性が出てきたのですが、見かけたら、みなさん、買ってやってください。






4月12日(金)その1
★『議会改革が進んでいるそうですが、議員定数のほうは、どうなるんですか?』との、ご質問をいただきました。

これは、現段階では、何とも申し上げられないのですが、公式発言ではないものの、『18人くらいに削減すべき』という内容を語っている議員さんが何人かいるように思われます。

ちなみに、私は、15人くらいまでなら、削減しても十分に議会は回ると思っておりますので、大削減に大賛成です。
なぜ、このように考えるかといえば、本会議、委員会、全員協議会などで、ほとんど発言をなさらない議員さんが、かなり見受けられるからです。

最近も、予算特別委員会に出席したとき、当局に対して、一つも意見や質問をしない議員さんがおられましたが、こういうのは、いかがなものでしょうか?

しかし、現在、18人に削減すべきとおっしゃられている議員さんにも、ちょっと疑問を感じます。

実は、確か3年前になるかと思いますが、当時24人の定数の削減案として、全員協議会で、『18人・20人・21人・22人』の4つの案から選ぶということになったことがあります。

私は投票ではなく、だれがどの案に賛成したのかが分かる挙手を希望したのですが、結局、無記名投票になり、その結果は…

18人に2票
20人にはゼロ
21人に11票
22人に9票

というものになりました。

ちなみに18人の2票は、私と引退された先輩議員さんでした。

つまり、今の2期目以上の議員さんで、もしもあのとき、18人に投票している人がもっといれば、2年前の市議選は定数18で実施され、すでに18人になっているんです。

なので、今の1期議員さんが『定数18人にすべき』というのは、けっこうなのですが、2期目以上の議員さんで、それをいう方がおられると、逆に私としては、『ならば、なぜ、あのとき、あなたは定数18人に賛成しなかったのですか?』と、質問したい気持ちになります。

私は15人から18人までの人数で、できれば15人に近いくらいの定数にして、この議員定数削減問題については、一気にピリオドを打つのがよろしいのではないかと考えております。

もちろん、定数を削減すれば、逆にデメリットが生じることもありますので、それを主張し、『定数削減は不要』というのも、立派な考え方であると思います。

一番ややこしいのは、定数削減に賛成しているような発言をなさっているのに、いざ、決めるときになると、それとは異なる案に流れてしまう方がいらっしゃるようなところなのですが、スカッとした議論をして、ばっさり決めたほうがよろしいように思えます。



4月11日(木)その1
★県の事業で『ひとり親家庭子育て支援事業』というものがあります。
内容を書きますと、長くなってしまいますので省略しますが、このことについて、県の関係者から伺ったお話が気になりましたので、子ども課へ確認に出かけました。

また、本日の読売新聞群馬版に、高崎市の小口資金融資制度が実績を上げているとの記事がありましたので、そのことにつきまして、商業課長さんのところへ、お話を伺いに出かけました。

融資を受ける時、連帯保証人の代わりに県信用保証協会を利用する場合、同協会に保証料を支払わなければなりませんが、高崎市はその支払う保証料を全額補助する制度を、昨年4月に導入したとのこと。
その後、小口融資制度の利用実績が、年間40億円ほどから101億円まで一気に増えたということですが、この保証料全額補助について、どのような内容なのか教えていただきました。

また、小口融資預託金として、市が金融機関に3億円を預けていますが、このお金の意味合いについても確認してきました。

富岡市の小口資金の融資利率は2.0%で、県内でも極めて低いほうとのことです。さらに、利子を払った後に、その分の利子補給もしてもらえますので、実質、無利子とのことです。


最後は、財政課に伺い、レターケースに時々入っている『入札指名・執行調書』について質問してまいりました。

また、地方交付税44億円の中に、特別地方交付税6億5千万円があるという話になりましたが、この特別地方交付税の一部が、小口資金の利子補給に回っているという、これまで聞いたことがなかったお話も伺えました。



★時々、時間調整で、マクドナルドにコーヒーを飲みに行きますが、今日は高校生の会話が聞こえたら、
『なに中?』
『かんいち』
というものがありました。

一瞬、何のことやら、と思いましたが、考えてみると、
『どこの中学校の出身なの?』
『甘楽一中です』
ということのようです。

知りませんでしたね、『かんいち』という表現は…



4月10日(水)
★富高の2学年後輩のみなさんが、4月14日(日)午前11時から、
『富高ワクワク54 カニまつり』というイベントをするそうで、1枚チケットを購入しました。

この学年のみなさんは、活発な方々が多く、すばらしい行動力ですよね。

私はふだんあまり、かには食べないのですが、チケット分くらいは食べてきたいと思います。

★19日に、議会改革検討委員会を行いますが、そのときに使う資料を作成し、議会事務局で確認と打ち合わせをしてきました。

いよいよ、議会基本条例の運用が焦点になってきましたが、今年度は、劇的に議会が変わる可能性が濃厚です。

ちなみに、19日の会議が、現在の委員で行う最後の議会改革検討委員会に、おそらくなるかと思います。

いろいろありましたが、基本条例の制定まで持って来れましたので、『改革の大きな一歩は踏み出せたのでは』と思っています。


★文藝春秋の新聞広告を見ていましたら、面白そうな記事のタイトルがありました。
 認知症予防は毎日30分の○○から
 高齢者は●●すぎで、早死にする
 ひざ痛は、グルコサミンより◆◆◆   
      (答えは下の赤字をご覧ください) 

記事は読んでおりませんが、タイトルのつけ方が、絶妙ですね。

★高崎の方とお話したとき、『小学校の入学式に行ったら、新入生の数が少なくて驚きました』と話したところ、『え、そうなんですか? うちの地元の小学校は、今年の1年生は一クラス多くなりましたよ』との、お答えが。

首都圏以外、どこもかしこも、少子化がどんどん進んでいるのかと思いきや、地方でも、都市部とそれ以外の地域では、大きく事情が異なるようです。

群馬県では、高崎・前橋・太田・伊勢崎あたりが、この件については勝ち組ということになるのでしょうか?

★『The iron lady who divided a nation』という見出しで、お亡くなりになったサッチャー元英国首相を取り上げていた海外のニュースサイトを見ましたが、外国のサイトの見出しのつけ方は、日本の中学校3年で習うくらいの構文で、非常に簡潔な表現が多いですよね。
記事の中身は、専門用語が多く難解ですが…

中高生の英語学習のモチベーションを上げるのに、分かりやすいニュースサイトの見出しを読む練習をしてみては、面白いかと思えます。

実際に外国人が読むものを、少しでも理解できたということになれば、大きな喜びを実感できるのでは?

また、外国のニュース系のサイトは、写真が超クールですよね。
『こういうアングルで撮影するっていう方法もあるのか!』と、驚くことがよくあります。

写真とタイトルを見るだけでも、勉強になります。



(答え:○○は昼寝、●●はやせ、◆◆◆は専門医)

4月9日(火)その1
★午前中、生涯学習センターに出かけ、会議室の使用について、確認してきました。
何のためか?

議会報告会の会場について、次の議会改革検討委員会で説明するための準備です。

3階の第一会議室と第2会議室を一部屋にして使った場合、収容人員は108人とのこと。

また、会議室は3ヶ月前から予約ができるそうですが、ホールでイベントがあるような場合は、駐車場のスペース(200台収容)の都合で、会議室が借りられないこともあるのだとか…

となりますと、議会報告会は、ホールのイベントが行われる土日は避けて、金曜日の夜、7時から9時くらいで行うのがよろしいのでしょうか?

★夕方、議会事務局の職員さんの歓送迎会があり、出かけてきました。
この3月末で退職された前局長さんも来られ、和やかな会になりました。

また、その後、製糸場のライトアップを見に行きましたが、桜はだいぶ見ごろを過ぎてはいたものの、幻想的な建物の姿が見えて楽しむことができました。




★夕方、製糸場そばの通りを歩いていましたら、このような表示を見つけました。


観光客の方に、製糸場のちょっとした歴史を知っていただくための表示なのでしょうが、興味深い試みですよね。

製糸場の面白いエピソードのある場所に、それを紹介するものを作っていけば、観光客の方々に回遊してもらう一つのきっかけになるのでは?


4月8日(月)その3
★アベノミクスの効果が出たのか何だかは、まだ言えない状況ですが、円安が猛烈な勢いで進んでいます。
こうなると、海外へ工場を移転する一方であった、これまでの企業戦略も大きく変わる可能性が出てきたのではないでしょうか?

1ドル100円、1ユーロ130円超えを維持できるようになれば、国内製造業にとっては、追い風になるでしょうし、本格的な景気回復、ちょっとしたミニバブル再現も、夢ではなさそうに思えます。

ただ、80年代後半のバブルの時と、現在の日本とでは、背負っている借金の額が全く異なりますので、とても未来に楽観はできませんが…

以前は、国の借金総額は1000兆円というような話が、よくマスコミで取り上げられていましたが、最近は、その借金が消えてしまったと思えるくらい、その話題を聞きません。

福島第一原発と同じで、状況は何も変わっていないのに、マスコミで取り上げられなくなったため、みんな忘れてしまったということなのかもしれませんが、アベノミクスの、よく分からない神通力が消えうせてしまったとき、さらに恐ろしい展開がやって来ることも十分にありそうです。

自治体の財政を考えますと、借金が少ない健全財政のほうがもちろん好ましいのでしょうが、もしもハイパーインフレのような事態にばれば、逆に過去の借金が大きかった自治体ほど、メリットが出るようなこともあるのか??

まじめに、財政を切り詰めて立て直した自治体が、ひょっとすると、最後に貧乏くじを引いてしまうようなことがあるのか、ないのか、判断が難しいところですが、そんなことを考えてしまいました。




4月8日(月)その2
★午後は西中の入学式がありました。
新入生は121人。
西中全体で364人の生徒数とのことです。

また、丹生小と吉田小の新入生の数を聞いたところ、それぞれ10人と20人とのこと。

となりますと、一ノ宮小の52人を加えて、6年後の西中の1年生は82人ということになりますが、おそらく新島学園などへ行く生徒さんも数名おられるでしょうから、80人を割る可能性が高いのでは…

私の学年は、西中校舎ができたときの最初の3年生ですが、170名でした。
1973年の話ですが、となれば50年しないうちに、半分以下になるということですね。

おそらく、この傾向はどんどん拍車がかかるでしょうから、学校の統廃合問題は、そう遠くないうちに、喫緊の課題となる可能性が高いのでは?





4月8日(月)その1
★朝7時40分から、沖電気西交差点で、春の交通安全運動の街頭指導に行ってまいりました。
ちょっと肌寒い感がありました。
年度が替わったこともあり、市の職員さんの顔ぶれも大幅な変化がありましたが、いつものとおり、30分ほどで無事に終了しました。








★午後10時半から、一ノ宮小学校の入学式がありました。
今年の新入生は52人で、男子・女子ともに26人です。

先月、卒業した6年生は、80名以上いましたので、一気に30人ものマイナスということになります。

これまでは、一ノ宮小の児童数は、あまり大きな落ち込みがなかったのですが、いよいよ、そのときが来てしまったということか…

さて、入学式で、ちょっとほほえましいのは、国家斉唱のときです。
新入生は、突然始まった国家斉唱に、『これは何事か?』という様子で、多くの子どもたちがきょろきょろあたりを見回します。

毎年のことですが、子どもたちの反応は興味深いものがあります。

また、今年の新入生も、なかなか読むのが難しいお名前が多かった印象です。
こうなると、逆に、昔ながらの名前を名簿で見つけると、新鮮で印象に残ります。

26名の女子で、『子』がつく名前の子どもさんは一人もおられませんでしたが、『子』で終わる女の子がいれば、一番、覚えてもらえるのでは?

これから、子どもさんが生まれる方は、昔ながらの一般的な名前をつけたほうが、案外、子どもさんの人生に大きなメリットがあるのではないでしょうか。





4月7日(日)その1
★昨夜は、一ノ宮体育振興会の定期総会と懇親会があり、出席してまいりました。

そこでちょっと出た話ですが、市役所の新庁舎は、現在の西駐車場に、最初の2棟を建設するのですが、そのとき、市役所の駐車場はどうするのか?

だんだん、現実的な問題を考えなければならない時期になってきましたが、課題は山積みになりそうです。

★テレビで、森高千里さんの15年ぶりのコンサートを取り上げていましたが、40歳を超えたのに、昔と変わらぬ若々しさで、ちょっとビックリです。

AKBよりも、森高さんのほうが、私らの世代からすると、カッコよく見えてしまいますが、これは歳を取ったための感覚的なものなのでしょうか?

★スロージョギングを一般質問で、昨年の12月議会で取り上げてから、モチベーションが下がり気味で、走るのもサボり気味になっておりました。

『これではイカン!』と、活を入れて、最近、また、えっこら走り始めました。
今日は、もみじ平で10kmほど、のそのそ走ってまいりましたが、途中から天気が好転し、この時期には珍しいような色の青空が見えました。



やはり、ひと月に何kmというような目標を立てないと、ついサボってしまうことが分かりましたので、これからは、また、サイトのほうで、走った距離を紹介しようかと思います。

また、走り終えて、駐車場にいたら、矢野くんがオレンジ色のTシャツ姿の一団で現れました。
聞けば、青年会議所のウォーキングイベントの下見で26kmほど歩いてきたのだとか。
これは、けっこうな距離ですね。
お疲れ様でした。
  ◆今月スロージョギングで走った距離 14km◆

★昨年、スペイン語のラジオ講座にチャレンジしましたが、5月で撃沈状態でした…
というわけで、再度リターンマッチということで、今回は『テレビでスペイン語』に挑戦することに。

今度は、全部、テレビを録画していきますので、何とか続けることができるのではないかと、甘い期待を抱いておりますが…

そろそろ身につかないと、永遠に身に付かなかったスペイン語になってしまいそうです。


ちなみに、第1回は、感嘆文ですが、スペイン語の感嘆文は、前にも上下反対の感嘆符(ビックリマーク)がつきます。
これ、どうにしたら、パソコンで打ち込めるか分からないのですが、今回の例文は、これです。

読みは、『エス・ウナ・マラビージャ』です。
意味は、『素晴らしい!』というものです。


★ランニングシューズを、ネットで調べてましたら、私がこれまで2足買った『アシックス GT2170』というシューズが、メーカー希望小売価格1万2390円のところ、6980円で売っていることを知り、愕然としました。

高崎の某ショップで購入したときは、ほぼメーカー希望小売価格に近い値段で購入したのですが、2足目の靴底もだいぶ磨り減ってきましたので、急遽、1足注文しました。

しかし、ネット通販なら、店舗運営のコストはかからないので、安く販売できるのは理解できますが、この価格差は大きすぎるのでは…

すごい時代になったもんですね。

4月6日(土)その1
★午前中は、高田川の浚渫(しゅんせつ)工事の件で、ご質問をいただいていましたお宅に、都市建設部で確認しました内容を説明するため、出かけてきました。

現在、県の事業で、明戸橋周辺の川の土砂を除去する工事が進められていますが、ここが終了すると、下流のほうに移動して、工事は続ける予定とのこと。

ただし、県の予算が決められていますので、予算があるところまで進めて、そこで終了なのだそうです。
どこまで工事ができるのかは分かりませんが、できれば、一ノ宮の鶴巻団地の近くまで工事をしていただきたいものです。

★川の話になりましたので、市が行っている水質調査について、触れてみましょう。
現在、鏑川(2箇所)、高田川(3箇所)、蚊沼川(1箇所)、星川(1箇所)で、年4回、水質調査が行われています。

また、各種分析は富岡甘楽衛生施設組合で行っているとのことです。

★一ノ宮公民館のそばを、今日も通りましたら、桜の花びらの絨毯のようでした。




4月5日(金)その2
★夕方、一ノ宮公民館のそばを通りましたら、テニスコート一面、散った桜の花びらでいっぱいでした。

今年も、桜のシーズンは、終えようとしています。


★富岡市議会だよりの6月に掲載される『議会基本条例』の特集の原稿を、何とか書き上げました。

自分個人の議会だよりの原稿なら、少々片寄った内容でも問題ないのですが、市議会の公式の議会だよりとなると、そういう訳にはいきませんので、書くのが難しいですよね。

締め切りギリギリで提出でき、ひと安心です。

★東中に入るところの県道ですが、『この赤いポールが設置されたことで、道路が危険な状況になっているのでは?』とのご意見をいただきました。

そもそも、このポールは、何のためのものか、意味が分からないのですが…

来週、都市建設部で確認するつもりです。





4月5日(金)その1
★『河川などの底面をさらって、土砂などを取り除く土木工事を浚渫(しゅんせつ)』と言います。

いま、その工事が高田川で行われていて、市民のかたからそのことについての質問をいただいたことから、現地確認に行ってきました。

普段は、工事現場に設置されている看板の内容など、あまり見ませんが、分かりやすく書かれているものなんですね。





★『富岡製糸場と絹産業遺産群』の構成遺産の一つである田島弥平旧宅は、今も人がお住みになられているのだとか。

しかし、自宅が世界遺産ということになったら、これはいろいろ大変なのでしょうね。
家の周りに観光客がぞろぞろ来て、覗かれるようなことになったら、精神的に大きな負担があるように思えますが…


★TOEFLの試験について、ネットで調べましたら、その受験料に仰天。

受験日の7日前までに申し込んだ場合で、225USドルかかるとのこと。
本日のレートが、1ドル96円ほどですので、ざっと21600円!

ずいぶん高くないですか??

とてもじゃないですけど、お試しで受けるようなテストではなさそうです。

これだけのお金をかけるのでしたら、NHKの英語講座のテキスト3年分くらいを買って、ラジオやテレビで勉強したほうが、お金の有効な使い方ではないでしょうか?





4月4日(木)その3
★我が家は国民健康保険に加入していますが、この4月から、子どもが就職して、会社の社会保険に加入することになりました。

そこで、ちょっと分からなかったのが、国保からの脱退手続きです。

社会保険の加入と同時に、国保からは自動的に脱退することになるのか、それとも手続きをしなければならないのか?

ということで、昨日、国保年金課長さんに確認してまいりました。

『会社の保険証が手元に来ましたら、それと国保の保険証を持って、窓口で手続きしてください。あと、そのとき、印鑑が必要です。』との、ご説明でした。

我が家と同じようなケースの方は、ぜひ手続きのほうも忘れずに行ってください。

★大学入試に『TOEFL』活用するんですか?
これは受験生にとっては、突然のことで、大変ですね。

私は、このテストを受けたことはありませんが、こうなったら、一度、チャレンジしてみたくなってきました。

ちなみに、大昔、英検2級を受けたときは、駿台予備校で学習した英語の知識が残っていましたので、筆記試験は楽勝でした。
しかし、当時ヒアリングなどは、ほとんど練習したことがないため、中学校の教科書程度の英文と思われる内容が聞き取れず、大きなショックを受けたことがありました。

また、当時は、英検準1級がなく、2級の上は1級でしたが、あまりのレベルの違いから、その上はあきらめた記憶があります。

そんなわけで、TOEFLの試験には、興味がありますが、これを大学入試にいきなり使うというのは、どんなもんなのでしょうか?





4月4日(木)その2
★大塩湖に桜の写真を撮りに行きましたら、すごい人出で、最初は車を止めるスペースを見つけるのが大変なくらいでした。

自分もそうなのに、あらためてこんなことを言うのもおかしいのですが、日本人ってホントに桜が好きな方が多いですよね。

知っている方も、けっこういらっしゃって、久しぶりにお話もできました。



また、帰りに南中のそばを通りましたら、南中の校庭沿いも、なかなか見事な桜じゃないですか。

つい、近くまで行き、見物してきました。


★貫前神社の裏側の鳥居に入る道を示している、道路表示があります。これは県がサイクリング道路の事業として、観光用に立てたもののようなのですが、この地元の方から、『狭い歩道に立っているので、場所を移動できないのでしょうか?』と、以前からお話をいただいております。

市の都市建設部から、県の土木事務所にお話をしていただいたのですが、ここを移動することになると、他もあちこちと、なってしまう可能性があり、移動はできないようです。

しかし、この歩道をサイクリングロードとして走っているような方を見たことはありませんし、この表示が本当に必要なのか、微妙な印象があります。

というわけで、動かしてほしいというお声があるのに、動かせないという、これまたジレンマの状況が生じております。


この坂道はかなりの急坂ですので、自転車で社会教育館や貫前神社に行く方は、まず、おられないかとも思えますが…



4月4日(木)その1
★午前中、ちょっと桜の写真を撮りに出かけました。
《話のネタにいかがでしょうか  第3回》
富岡市の桜のナイスなビューポイントは?



4月3日(水)その3
★富岡市議会でも、今年度から議会報告会を開催する予定です。
これは、議会基本条例で決めたことですので、『待ったなし』です。

そこで、すでに議会報告会を行っている他市のことが気になり、ネットでいろいろ調べておりますが、知れば知るほど、この難しさが分かってきました。

たとえば、大分県佐伯市の議会報告会のレポートを見ますと、第1回目は、よほど慎重に準備した上で運営しないと、大変な展開になるような予感がいたします。

これは、想像していた以上の困難さがあるかもしれません。



4月3日(水)その2
★議会基本条例は、3月21日に本会議において、全会一致で可決され、すでに4月1日から施行されています。

なのに、富岡市役所のサイトを見ても、基本条例についての情報を紹介しているところは、どこにもありません。

ネットで、即時に新しい情報を、お金をかけずに周知できる時代なのに、これは残念な話です。

実はワタクシ、議会基本条例の条文のデータを持っていますので、私のサイトで紹介しようと思えば簡単にできます。
しかし、公式発表がないうちに、一議員のサイトで紹介するというのは問題ですので、それができないという状況です。

何から何まで、すぐネットで情報を出してください、とまでは申し上げるつもりはありませんが、もうちょっと時代にマッチした情報提供の方法があるのではないかと、個人的には強く感じております。


★夕方になって、晴れ間が出てきました。
今シーズンの桜の写真を撮るのは、明日が最後のチャンスかも?

早起きできたら、あちこちの写真を撮ってきたいと思います。


★銀座の『ぐんまちゃん家』は、歌舞伎座のすぐそばです。
そのため、昨日は、ぐんまちゃん家もすごい売り上げだったそうです。

テレビの情報では、1000円の峠の釜飯が160個、HARADAのラスク945円が100個、焼き饅頭850円が40個売れたのだとか…

火の車の『ぐんまちゃん家』にも、アベノミクス、カブキザノミクスがやって来た、というところでしょうか?







4月3日(水)その1
★本日の読売新聞群馬版に、富岡製糸場の特集があります。
それを読んで、生糸の生産量のピークが1974年の373トンということを知りました。
ざっと計算すると、1日に1トン強の生糸を作ったということになりますが、1トンの生糸というのは、どのくらいの量なのか、まったく見当がつきませんね。

また、平成18年の『市まちづくり計画』の電柱撤去計画が、この3月に凍結され、ハード面の整備に苦戦しているという趣旨の記事がありますが、これも適切な方向性を出すのが難しい問題です。

大々的な工事をすれば、イコモスの調査で悪い印象を与えてしまう可能性があり、難しい。
しかし、今のままでは、世界遺産登録後の観光客に対応するのも難しい。

まさにジレンマです…








4月2日(火)その1
★富岡市議会だよりの6月号の原稿を書いていますが、中々はかどりません。
というのは、1ページ全部を使って、4月1日に施行された議会基本条例についての記事を書かなければならないからです。

軽い気持ちで受けてしまったのですが、書き始めたら、ちょっと苦戦しているという状況です。

しかし、市民のみなさんに、富岡市議会基本条例を知っていただく絶好の機会ですので、分かりやすくお知らせしたいと思っております。

★今日も天気は冴えませんでしたが、天気予報では明日も雨のようです。
桜がちょうどいいところなのに、天気が悪く、残念です。

こうなると、明後日の木曜日あたりが、桜の写真撮影のラストチャンスかもしれません。

何とか、1日だけでも、抜けるような青空になってほしいものです。

★高齢者の方から、いただいたご意見です。
『公園やグラウンドの片隅に、高齢者が使えるような運動器具を設置してほしい』というものです。

早速、ネットで調べてみましたら、鎌倉市の議員さんのサイトに、タイの公園の運動器具が写真つきで掲載されていました

子ども人口の激減で、子ども用の遊具は、利用する人数が減る一方ですが、高齢者の方の、健康維持のための運動器具なら、今後ニーズは高まる一方でしょう。

6月議会の一般質問の一つは、これで決定ですね。



《話のネタにいかがでしょうか  第1回》
新しい歌舞伎座の建設費は、こんなにかかるんですか?



4月1日(月)その2
★議会事務局で、先週木曜日に届出をしました会派『前進の会』の解散(?)をしてきました。

あまりの急展開で、少々みっともない感もありますが、お声をかけていただきました皆さんと、力を合わせてやって行きたいと思います。

ただ、複数の議員が所属する会派に入ったとしても、意見や活動は、自分の方向性を維持してまいりますので。


★政治活動用の看板を、市議会議員は個人名のものと、後援団体のものを、それぞれ6枚ずつ、計12枚、つくることができます。

よく、道路沿いの家のそばに建てられている看板ですので、だれでもお分かりかと思います。

私は平成14年秋の選挙が最初でしたので、その数ヶ月前に、いくつか作りましたが、さすがに10年以上が過ぎ、傷みが出てきたため、新しいものをつくることを考えております。

そこで、市役所の選管にちょっと確認に出かけました。

内容は、『ホームページのURLや、メールアドレスの掲載』についてです。

もちろんOKだとは思いましたが、万一、看板を作った後、『それは認められない』ということになれば、困りますので、伺いました。

予想通りOKでしたので、近々新調する看板には、その両方の表記と、クマ吉くんのイラストも入れようかと思っています。

メールアドレスは、最近、よく使っている、とてもシンプルな
『mohara@aol.jp』にする予定です。

aol のフリーメールは、日本ではあまり利用している方がおられないのか、すごく短いアドレスが取得できる可能性があります。

もしかすると『苗字@aol.jp』が、取れるかもしれませんので、ご興味がある方は、試されてはいかがでしょう?


★今日聞いた、印象的な表現を一つ。

  英語より敬語

『時間をかけて使えない英語の勉強をするよりも、敬語をちょっと勉強したほうが、人生にはメリットがはるかに大きい』ということでしょうか?

座布団3枚くらいあげたい言葉ですね。



4月1日(月)その1
★今日から新年度が始まりました。
午前中、市役所に行きましたら、駐車場が大混雑。
辞令交付式などがあったためなのでしょうか?

また、行く先々の部署で、担当者の方が替わっていて、少々落ち着かない印象でした。
この体制に慣れるまで、ちょっと時間がかかりそうです。

さて、今日は桜が咲いてから、久しぶりの良い天気でしたので、早速、桜の写真撮影に数箇所、出かけてみました。

カメラを持って出かけている方が、かなり見えましたが、待望の晴れ間だったようです。








やはり桜には青空がよく合います。



3月31日(日)その1
★高崎のイオンに、昼過ぎ出かけましたら、とんでもない混雑ぶりでびっくりしました。
春休み中の日曜日、さらに年度末で、明日から生活が変わる方々が、買い物に出かけたためなのでしょうか?

3階のフードコートで、食べようかと思いましたら、まったく空席はなく、それぞれのお店も長い行列ができていました。

『群馬には、出かけるところが、ココしかないのかい??』と、思えてしまいましたが、イオンの集客力はすさまじいですね。

★今日もお天気は冴えませんでしたが、明日からは晴れ間が出るような天気予報。
明日、明後日あたりが、今年の桜の写真撮影のビッグチャンスでしょうか?

明日は早起きをして、青空の下の桜の写真を何としても撮りたいと思っています。

★病院で『いちおうCTを撮りましょう』と言われる方はときどきおられるかと思います。
『でも、CTってそんなに安易に撮ってよいものなのか?』というお話を伺いました。
聞くところによると、1回のCT撮影で浴びる放射線は、胸部レントゲンの100倍以上とのこと。
となれば、放射線量的には、『いちおう念のため、100回ほどレントゲンを撮りましょう』というのと同じと考えることができるのかも?

さすがに、100回もレントゲンを撮ることになれば、『先生、そんなに撮っても大丈夫なのですか?』と、心配で尋ねたくなります。
しかし、CT1回なら、なんとなく大したことがないように思えてしまいます。

CTの撮影は、外国ではよほどのことがなければ行わないそうですが、病気を調べるための検査で、莫大な量の放射線を浴びてしまい、それでがんを発症するケースも、おそらくあるのでは?

また、バリウムを飲む胃腸透視検査で受ける放射線で、年間数百人が白血病やその他のがんにかかると、主張する医師の方もおられるのだとか。

病院でよく調べていただくのは、100%メリットばかりではなく、大きなリスクもあるようです。


★明日から新年度が始まります。
市民の方々から、いろいろご意見をいただいておりますので、担当部署にすぐにでも伺いたいのですが、明日から数日間は、まだちょっと、行きづらい感が…

明日は、所用で議会事務局に行かなければなりませんが、その議会事務局も局長さんと係長さんが替わります。

1週間ほどは、どこの部署に行っても、職員の方が替わっていて、お話がしづらいかもしれません。

★印象に残った含蓄のあることばを、これからシリーズで、書いてみようかと思います。

『良い習慣は才能を超える』

人生の真実を表現しているように思えました。


★今日、ビートルズの元メンバーであるジョージ・ハリスンのCD『Extra Texture』を、久しぶりに聴きました。
これ、確か私が高校2年生のときに発売されたものですが、『こんな渋い音楽を、当時の私は聴いていたんかい??』と、かつての自分に訊きたくなるくらいの重さです。

1975年発売ですので、当時は、ポール・マッカートニーが Wings を結成して、大活躍し、エルトン・ジョンなども大人気の頃でした。イーグルスの『呪われた夜』も、私が高2の時だったはず。
日本のミュージックシーンでは、キャンディーズがブレイクし始め、ピンク・レディがデビューした頃です。

高校で勉強したことは、何も浮かびませんが、当時聴いていた音楽の話なら、書き始めれば、原稿用紙100枚くらい行ってしまうかも…しれませんね。





3月30日(土)その1
★今日は法事で、原へ出かけましたが、寒かったです。
桜が咲いているのに、風の冷たさは冬という感じでした。

また、聞いたお話では、原のほうは、イノシシが頻繁に現れ、農作物を荒らしてしまうのだとか。
中には『このあいだ、イノシシに襲われて、噛まれたい』という方もいらっしゃいましたが、だいぶ尋常な状況ではなさそうです。

抜本的な対策は難しいのでしょうが、何か有効な有害鳥獣対策はないのでしょうか?

★会派の件です。
一昨日、一人会派の申請を出したばかりですが、とある先輩議員から、『もはら君、一緒にやろうよ。おれたちの会派は、会派で決めたらそれに従うなんていう変なルールは一切ないから』と、会派へのお誘いをいただきました。

いろいろお話をさせていただきましたが、会派の『妙なしばり』がなく、自分の意見・考えで活動ができるというお話でしたので、それならば、お世話になることにしました。

ちなみに、その会派の方々とは、前教育長さんの件や、前副議長さんの件では、考え方が私と同じ方向でした。

ですので、細かい点では、異なる考えの部分もありますが、議員としてのスタンスは近い状況です。

また、富岡市議会は会派制が導入されていますが、あまり機能しているとは言えません。
そこで、せっかく会派に入れていただくのなら、これまで個人の一般質問で取り上げていたものを、会派で訴えるようにすれば、ちょっとした議会改革になるかもしれないとも考えています。

そのような訳で、4月1日になりましたら、再度、会派の手続きを行うことになりました。
『前進の会』は、何も活動をしないうちに解散(?)ということになりそうです。




3月29日(金)その2
★桜がせっかく咲いたのに、どうもお天気のほうが今ひとつです。
できることなら、市内のあちこちの桜の写真を、青空を背景に撮りたかったのですが、週末はちょっと難しい感じです。

また、桜が咲いたら、花粉症が悪化しました。

今日、貫前神社の桜を見に行きましたが、その後、くしゃみ連発で、鼻もつまり気味です。
5日ぶりに花粉症の薬を飲みましたが、桜にも効果があるでしょうか?

★午後、市役所に行きましたら、すでに部長さんや議会事務局の局長さんらは、お帰りで、4月から新しく部長さんになる方が、デスクの引越しをされていました。

議会事務局の局長さんとは、昨日お話ができたのですが、他のお世話になった部長さん方とは、あまりお話ができず、ちょっと心残りの感があります。

私は、議員になってから今年で11年目になりますが、その頃、退職された部長さん方は、係長さん、課長さんくらいだったのでしょうか?

いろいろとたくさんのことを教えていただきました。

一般質問で、ご負担をかけてしまった点も多々あったかもしれませんが、本当にお世話になりました。 
ぜひまた、機会がありましたら、ご指導のほど、お願いいたします。

★娘さんがこの春から、東京の大学に行かれた方とお話しましたら、『親のほうは駅で別れるとき、涙が出そうなくらい心配しているのに、娘は一度も振り返らないまま、見えなくなってしまった』とのこと。

女の子のほうが自立心があるのか、このような話を、よく耳にします。

逆に男の子は、意外なほどセンチメンタルになってしまう場合が多いように思えますが?
本当にたくましいのは、女の子のようですね。



3月29日(金)その1
★昨日いただきましたご意見の、火の見やぐらのカラスの巣を、確認に行ってまいりました。
カラスにすれば、巣をつくるのに最適な場所かもしれませんが、これは片付ける必要がありそうです。


★また、貫前神社参道の桜の木も確認しましたところ、老木になってしまったためなのか、それとも病気などの何らかの原因があるのか、分かりませんが、木の上部の枝は枯れているものが多く、折れている部分も目立ちました。

私が子どもの頃から、ここの桜はありますので、木の寿命なのかもしれませんが、突然倒れるような可能性も感じます。

一度、専門家に調べていただき、少しずつ、若い木に植え替えしていく必要もあるように思えました。

木の幹がえぐれたような木も。


上部の枝が折れている木が、かなりありました。




3月28日(木)その3
★お電話でいただいた2つのご意見です。
1:貫前神社参道沿いのシルバー人材センターの敷地にある火の見やぐらの天井に、カラスが巣をつくっている。最近、集積所のごみを、カラスが荒らす一因になっているので、巣を片付けることはできないでしょうか?

2:貫前神社参道の桜は、こぶ病などのためか、枯れているものが多く、幹の中がスカスカと思われる木が多いように思える。大きな木が倒れる前に、一度よく調べる必要があるのではないでしょうか?

明日、担当部署で対応をお願いする予定です。

★今日、市役所で、ある職員さんから『最近のもはら議員さんのHPの内容は、アツイものが多いように見えますが…』と言われました。

私はてっきり、議会基本条例あたりのことかと思いましたが、ひょっとすると、先日の部課長さんと議員との懇親会で、私が某課長さんとお話をしていましたら、3期目である私よりも期が若い、いわば後輩に当たるS議員さんとK議員さんから、『二人ともはげ具合までよく似てらあ』と、からかわれた件のことだったのでしょうか?

あくまでも事実を書いただけで、S議員さんとK議員さんのことを、特別どうのこうのなどとは思っておりません。

お二人ともかなり飲んでいたのかもしれませんので、つい酔った勢いでの発言かもしれませんが、からかわれた私よりも、つい、とんでもないことを言ってしまったS議員さんとK議員さんのほうが、たいへんな状況なのでは?

あえて名前は明らかにしませんが、議会の中で、そのような礼を失する方がおられるのはちょっと残念とも思えます。

普通の感覚ならば、よほど冗談を言い合えるような幼なじみとか同級生なら、頭髪の話題になっても笑い話で済みますが、議員として以外の付き合いはまったくない後輩議員の方から『はげ』とか言われるのは、『う〜ん??』という感じですよね。

でも、世の中、いろいろな価値観・考え方・常識の方がおられますので、それはそれでしょうがないということにしておきましょう。




3月28日(木)その2
★今日は市役所の行く先々で、『敷金が戻ってきて良かったですね』と、お声をかけていただきました。

また、中には『うちも子どもがアパートを出るとき、管理会社からいろいろ料金を請求されて、言われたとおり払っちゃったんですが…』という方もいらっしゃいました。

この敷金返還に関する不明瞭な請求は、想像した以上に多くの方がされているように思えますが、これからアパートを退去するような子どもさんをお持ちの方は、対応を準備なさったほうがよろしいかと思います。

★議会事務局に行きましたら、『もはら議員は、会派はどうしますか?』との質問が。
伺ったところでは、高橋さんと矢野君は、二人で、別の議員さんの会派に合流したのだとか。

どうしますか、と言われても、だれと組んでも、歩調を合わせていくことを考えますと、自分のスタイルの議員活動ができなくなる恐れがありますので、一人会派で行くことにしました。

会派は難しい部分があります。

たとえば、会派を組んだお仲間全員が、毎回一般質問をし、議会だよりを発行するのなら、気兼ねはないのですが、一人でがんがんやってしまいますと、浮いてしまい、たいへんです。
ならば、少し活動を抑えればよいのかもしれませんが、それでは、自分の議員活動ができなくなってしまいます。

ということで、結局、行動に徹するには、一人会派のほうが、やりやすいという結論になってしまいます。

大人数の会派に所属したほうが、圧倒的に楽なのですが、どうしても議員活動の部分で譲れないところがあり、あえて負担が大きい一人会派を選択したような次第です。

ところで、会派の名前をどうするかで、困りました。

いくつか考えて、事務局に『これはどうでしょうか?』と確認しましたが、3回ほど、『それは、以前、あった会派名ですのでちょっと…』というようなことで、結局、誰もつけないような言葉を使いました。

「何が何でも、ものごとを前に進めよう」という気持ちを込めて
『前進の会』です。

★生涯学習センターに行きましたら、桜の花がだいぶ見ごろでした。
ここの桜は、ちょっと他より早いのでしょうか?




3月28日(木)その1
★10時半頃、消防の一ノ宮分署長さんが、4月から異動ということで、転任のご挨拶に来てくださいました。

もう、そんな時期なんですね。

3月いっぱいで、ご退職される職員の方々は、明日まででお仕事は終わりのようですが、お世話になりました皆様には、心より感謝を申し上げます。


★先日行われた富高の同窓会では、アメリカで大きな会社を経営されているOBの野口五十六さんの講演がありましたが、私がホームページでそのことを紹介しましたところ、野口さんが見てくださり、アメリカからメールをいただきました。

偉大な大先輩から、メールをいただき恐縮しておりますが、インターネットのおかげで、世界の距離が縮まったことを強く感じました。

考えてみれば、地球の裏側でも、瞬時にコミュニケーションを取ったり、データの送受信もできる時代になったのですから、これを生かして新しいビジネスやサービスが、どんどん作れるように思えます。

それができないのは、発想力と、目の付け所に問題があるのでしょうが、人類史上、こんなツールがある時代はなかったのですから、いまはその点では、たいへん恵まれた時代と言えるかもしれません。

富岡の空気を吸い、水を飲んで育った先輩の中に、アメリカでビッグビジネスをされている方がいると知ったことは、たいへん大きな刺激になりました。

所詮人間、そのときが来れば、地球からいなくなる存在なのですから、与えられた時間があるうちは、それを有効に使いたいものですね。




3月27日(水)その2
★夕方、アパートの管理会社から電話がありました。

昼過ぎ、管理会社に電話をしたとき、
『こちらが疑問に思う点を、明確にしてほしい』『もしも理解できる説明がないまま、費用の請求をするなら、消費生活センターなど公の機関に間に入ってもらいます』『大学側にも、今回の件の詳細を連絡いたしますので』の3点を申し上げましたのですが、こちらの言い分を理解していただいたようで、敷金は全額返還してもらえることになりました。

今回のケースで思ったことですが、アパート退去時の、理解できないような費用請求は、多くの方は、業者側の説明を鵜呑みにして、払う必要がない金銭の支払いをさせられているのでは?

壁に穴を開けたとか、器具を壊したような場合ならともかく、通常の使用で生じる範囲の経年劣化や傷みなどは、しっかりと主張すれば、払わずに済む可能性が高いのではないでしょうか?

万一、トラブルになった場合は、すぐにあきらめず、消費生活センターに相談するなどが、たいへん有効に思えました。




3月27日(水)その1
★昨日の、アパート退去時のトラブルについてですが、このような敷金に関する事案は消費生活センターで対応していただける問題なのか、富岡市の消費生活センターに確認してみました。

お答えでは、対応してもらえるとのことでした。

また、金沢市で起きた事案なので、金沢市の消費生活センターに訴えるものかと思っていましたら、富岡市でOKとのこと。

同じような問題でお困りの方は、ぜひ一度、お電話でお問い合わせをしてみてはいかがでしょう?

TELは、63−6066 です。



3月26日(火)その1
★夜の9時半頃、やっと富岡に金沢から戻ってまいりました。
子どものアパートの引渡しで、最後にちょっとハプニングといいましょうか、トラブルといいましょうか、突発的な展開になり、大学の学生課に出かけて、交渉することになってしまったため、帰りが遅くなってしまった次第です。

少し説明しますと、アパートの壁紙が少し汚れているというか、すれているような箇所があり、業者側の説明では、『そのキズがある面は壁紙を全部張り替え工事をさせていただきます』とのこと。

30cmほど、直線のようなかたちで、破れている訳でもなく、若干色が変色しているだけで、その面の壁紙を全部張り替える???

どう考えても、納得できませんので、あれこれ、お話をさせていただきました。

その後、大学の学生課と、学生にアパートを斡旋している部署に出向き、『大学側の斡旋で決めたアパートで、このようなトラブルになったのだから、大学側から業者に対して抗議していただきたい』ということを伝え、明日、また業者とは電話で交渉することになったのですが、はたしてどのような結果になるのか?

アパートの退去時に、敷金返還のトラブルなどは、よくあることかと思いますが、やはり、妙な説明や要求をされたら、出るところへ出るという覚悟でクレームは言うべきですよね。

トラブルが解決しないときには、金沢市の消費生活センターでも何でも、あらゆるものを利用させていただこうかと思っておりますが、はたして…

★金沢市の隣に野々市市があります。
ここは最近、経済誌の『住み良い市ランキング』で、全国でもひと桁の順位に入るちょっと有名な市です。

以前来たときは、日曜日でしたので、中に入れませんでしたが、今日は平日でしたので、ゆっくり新しい庁舎(平成17年頃に建設されたのだとか)を見させていただきました。






なかなか、おしゃれで、ゆったり感あふれる庁舎です。
トイレも、たいへん清潔感があり、好印象でした。

★金沢に出かけたときは、大半はビジネスホテルに泊まっていましたが、今回は、最後になる可能性もあり、ちょうど全日空の株主優待券を持っていましたので、金沢駅前の全日空ホテルに宿泊しました。

ちょっとゴージャスな感じでしたので、宿泊料金が20%引きになる株主優待券のありがたさが良く分かりました。

千株株主ですが、全日空という会社が、さらに好きになりました。

金沢駅から、ずっとアーケードの下を通って、徒歩1分のところに全日空ホテルはあります。
外国人の観光客の方も多く見かけました。