富岡市を元気に!子どもたちに明るい未来を! 富岡市議会議員 茂原正秀WEB-SITE
TOP(2008年から2018年8月までの活動記録はトップページからご覧ください)      
  2018年9月以降はこちらから  






市議会だより

第68号表面

第68号裏面

第67号表面

第67号裏面

第66号表面

第66号裏面

第65号表面

第65号裏面

第64号表面

第64号裏面


丹生湖ひまわり畑

富岡市の桜

富岡市防災マップ
防災マップ(地図面)

防災マップ(情報面)







   




富岡市の防災気象情報(気象庁リンク)

  ご意見は、下記メールアドレスをコピー&ペーストして、お送りください
moharamasahide@gmail.com

ツイッターアカウント
https://twitter.com/moharamasahide
 
2020年4月はこちらから
3月31日(火)
3曚妨けてスイッチを押すだけで、一瞬にして体温を計測できる体温計を、テレビのニュースなどで、よく見かけますが、今日、その現物に触れる機会がありました。

実際に自分の体温を測定してみたら、すぐに体温が表示されました。






これからコロナウイルスの感染者数が、さらに増える可能性が高いので、こうした非接触型の体温計は、様々な場で必要なのでは?

それにしても、こんな簡単に体温測定ができる時代になるとは、驚きです。



ところで、コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、政府や一部の自治体は様々な業種に対して自粛要請を出していますが、なぜ、外国のように補償をしないのでしょうか?

こんなやり方をしていたら、自粛要請された業種は壊滅的な状況になってしまうでしょう。

このままでは、コロナウイルスの感染を収束できたとしても、莫大な数の倒産、廃業を生んでしまうことになってしまうのでは?

オリンピックのような国民の生活に関係ないイベントに巨額な税金を投入するくらいなら、困っている国民の救済に、もっとそのお金を回してもらいたいものです。






∋堝發如▲灰蹈淵Εぅ襯垢亡鏡した方が確認されたことで、小中学校の再開はどうなるのか、複数の方から質問をいただきました。

今日の時点では、新年度は予定どおり再開するようです。

しかし、状況は日々変わっていますので、場合によっては予定の変更の可能性もあるかとは思います。

ところで、臨時休校で授業が行えず、子どもたちが学ぶことができなかった内容については、どうなるのでしょうか?

小学生の算数や、中学生の数学・英語などは、ひと月近くも学習していないと、新学年になっても、いきなりその学年の学習をするのは難しいかと思われます。

積み重ねが重要な科目では、これをきっかけに、勉強についていけなくなってしまうケースも出てしまうのでは?

今は、感染防止が重要ですが、このことは、後々、大きな問題になるかもしれませんので、適切な対応が必要と考えます。






^譽竜楔民館の前にあるテニスコートは、改修工事が行われ、きれいになりました。



これまでのコートは、私が中学生だった頃から、ずっと同じ状況のものでしたので、半世紀ぶりに整備し直したと言えるのかもしれません。

和合グランドの復旧工事を行わないことが決まりましたので、そのことも関係しているのでしょうか。







3月30日(月)
E豕オリンピックは、来年の7月23日に開幕が決定したとのこと。

新型コロナウイルスの問題が、そのときまでに収束するという前提で、決めたのでしょうが、ここまで世界中に広く拡散した感染症が、来年の夏までに収まるものなのか、微妙な印象を持ちます。

選手の選考や準備などもありますので、現実的には今年中に、拡散が止まるだけでなく、感染した方々が治る必要があるかと思いますが、これから医療体制が脆弱なアフリカや、南米に広がっていく可能性があることを考えますと、順調に進めることはかなり難しいことなのでは?

1年延長したのに、それでも開催できなかったという事態になってしまったら、日本にとっては、まさに最悪の展開です。

麻生副総理がおっしゃった『呪われたオリンピック』に、本当になってしまうのかどうかは、来年の開催次第ですが、麻生さんの発言通りになってしまう可能性が高いのでは…




∋崑爾韻鵑気鵑、お亡くなりになりました。

日本を代表するコメディアンの訃報は、日本全国に大きな悲しみとショックを与えたと思います。

まさに老若男女、すべての日本人が知っている稀有の大スターですので、志村さんの訃報は、若い方々にも、コロナウイルスの恐ろしさを十分に知ってもらう大きなきっかけになったのではないでしょうか?

子どもの頃、『8時だョ! 全員集合』を毎週土曜日に見るのが、楽しみでした。

今日は、昭和の、日本に勢いがあった時代を思い出す人が日本中にいることでしょう。

まだ70歳では、早すぎます。

心より、お悔やみ申し上げます。





^貂鯑、コロナウイルスに感染された方が、市内で確認されたことで、富岡製糸場を2週間、休場するということになりました。

しかし、製糸場の中で働いている方が感染したのならばともかく、市内にお住いの2名の方の感染ということだけで、世界遺産の製糸場も半月近く臨時休場するというのは、個人的には、そこまでやる必要があるのか疑問に思えます。

今回、たまたま2名の方が運悪く陽性になられましたが、これからも複数の市民が感染することは確実でしょう。

そうしたら、感染者が確認されるたびに、製糸場を2週間休場にするということになりますが、それはあまりにも現実的ではないように思えますが?

このような初めて経験する難しい問題に対しては、様々な考え方があるとは思いますが、最初に厳しい対応をし過ぎてしまったように、個人的には感じます。

建物内が、密閉空間で危険ならば、外から眺めてもらうだけにして、入場料を大幅に引き下げるようなやり方で、まずは様子を見るのも一つの方法だったのでは?

お客様がゼロになってしまいますと、観光客相手のお店は、非常に大変になってしまいます。

そうしたことにも、配慮する必要があると思います。






3月29日(日)
〆鯑、市内でコロナウイルスに感染された方が出ました。

それにより、明日以降に予定されていた様々なイベントが中止されることとなり、4月、5月は、議員として出席するものは、ほぼ全部がなくなってしまったような状況です。

また、先ほど市ホームページを見ましたら、感染された2名の方の患者情報が掲載されていましたので、それを引用で紹介します。

★★★★★★★★

患者情報は県が発表したとおりだが、新たな情報として、
(1) 県内16件目の患者の勤務先は市外。濃厚接触者は現在調査中
(2) 県内17例目の患者の勤務先は市内。家族構成は本人を含めて6人。18歳未満の子どもはいない。行動歴にあるバレーボールの練習を行っていた場所は「妙義総合体育館(サンビレッジ妙義)」で、25日の午後8時から9時30分に練習を行い、参加者は11人。患者が利用した後の26日から28日までに体育館を利用した人には、注意喚起を行っていく。現在判明している濃厚接触者は、家族5人とバレーボール参加者の10人。この15人については健康観察を終了し、現在のところ異常はないということである。

★★★★★★★★

以上が、引用ですが、妙義総合体育館は消毒を行うことも、ホームページには書かれていました。

ただ、『富岡製糸場を2週間程度、当面の間休場とする。その他、公民館や体育館など公共施設の貸館業務を当面の間中止する』とのことですので、体育館はしばらくは利用できません。

海外の国々の感染拡大の状況から考えれば、日本だけが感染者数が少ないまま収束するということはあり得ないように思えます。

高齢者の方、基礎疾患をお持ちの方、喫煙者の方は、感染しますと重篤化する可能性が高いようですので、特に注意が必要なのでしょうが、感染者の8割ほどの方は、症状が軽いまま治ってしまうとの話も聞きますので、まずは手洗いの徹底と、睡眠をしっかり確保して体力を維持するなどの基本的なことを多くの方々が続けていくことが、最終的に市中感染の爆発を防ぐことにつながるのではないでしょうか。

自分でできる対策を可能な限り実践しても、それでも感染することはある以上、過剰に懸念を抱いたり、神経質になるのは、ストレスが生じる原因になりますので、逆効果になってしまうのかも?

ニューヨークや、イタリアなどの病院での、医療崩壊と表現できるような状況をテレビのニュースで見ますと、恐怖を感じますが、一気に多くの感染者を出さずに、少しずつ国民が感染していき、日本の平時の医療を受けることができれば、大きな心配はないように思えます。

なので、医療崩壊が起きないよう、まず、この時期は、できるだけ自分が感染しないように注意することが重要ということになるのでしょうか。

それにしても、世界でコロナウイルスと戦っていらっしゃる医療従事者の方々のご活躍には、本当に頭が下がります。

ご自分の生活は二の次で、連日、長時間、仕事に取り組まれている世界中の医師や看護師の方々の姿を見ますと、胸が熱くなります。

そうした方々の負担を減らすことが、医療システムを守っていくことであり、そのためには、一人ひとりが感染しないように極力注意していきたいものです、





3月28日(土)
…、一ノ宮周辺の桜の状況を見て回りました。

貫前神社参道の桜は、ちょうど見ごろでした。



ぜひ、お天気が良い時、お出かけください。

ところで、夜の10時38分に届いた『とみおかインフォメール』を見て、驚きました。

それは、『市内で新型コロナウイルスの感染された方が2名確認された』という内容であったからです。

その文面は、以下のとおりです。

★★★★★★★★★★


新型コロナウイルス感染者患者の発生について

【3月28日現在(市内1例目・2例目)】
3月28日(土曜日)に群馬県が発表した感染者情報は以下のとおりです。
感染者情報は富岡保健福祉事務所を所管する群馬県から連絡を受け、お知らせしています。

富岡市内在住の方で、2名の感染が確認されました。

詳しくは群馬県ホームページをご確認ください。

新型コロナウイルス感染症患者の発生について(県内16例目


新型コロナウイルス感染症患者の発生について(県内17例目


★★★★★★★★★★


先ほど、県のホームページで確認しましたら、お二人とも50代の女性でした。

また、お一人の方は、『25日(水)は市内体育館にてバレーボールの練習をした』とのことです。

市内で感染される方が出てしまうのは、時間の問題とは思っていましたが、これほど早い時期に確認されるとは想定外でした。

こうなったからには、これまで以上に、手洗いなどを徹底することが重要です。

でも、パニックにはならずに、できるだけ人混みを避けるなどの冷静な対応をしたいものです。




3月27日(金)
∋毀鮟蠅離曄璽爛據璽犬砲盻个討い泙垢、5月10日(日曜日)に開催を予定していた「妙義山ビューライドin富岡2020」は、新型コロナウイルス感染症防止対策および感染拡大の状況を勘案し、開催を中止するとのこと。

外でのイベントなので、開催してもいいように思えますが、その時点で、今以上にコロナウイルスの感染が拡大している可能性もあるので、早めに中止を決定したのかと思います。

4月、5月のイベントは、軒並み中止という感じですが、一体どこまで続くのでしょうか?

もしかしたら、夏になっても、通常の状況には戻らない可能性もあるのかも…

でも、そこまで続いたら、コロナウイルス以上に日本の経済のほうが、さらに深刻な状況になってしまうでしょう。

イギリスでは、チャールズ皇太子に続き、ジョンソン首相もコロナウイルスに感染してしまったとのことですが、ちょっと前には確か、『東京オリンピックが開催できないのなら、ロンドンで引き受けましょう』というような発言が、ロンドン市長選の候補者からありました。

ずいぶん失礼な発言かと思っていましたら、皮肉なことに、イギリスはこのような展開になってしまいましたが、世の中というのは、こういうものなのかもしれません。

ところで、安倍昭恵夫人の花見に関する話が飛び出しましたが、昭恵夫人には驚くことばかりです。

森友問題で自殺された方の遺書が明らかになり、世の中の批判が高まっている時に、『そんなことはお構いなし』的な夫人の行動には度肝を抜かれます。

安倍総理も、ご自分の様々な疑惑に対しては全く説明責任を果たす姿勢をお持ちではなさそうですし、日本は、情けない国にどんどんなっていくように思えてなりません。

日本の少子化の最大の原因は、『腐敗した政治への国民の絶望』なのかも?






〆F、社会教育館に出かけましたら、気になる話を耳にしました。

具体的に内容は書かないほうがいいのかもしれませんので、控えますが、来年度からの運営が大丈夫なのか、個人的に疑問を抱いております。

社会教育館は、2年前に改修工事が完了し、富岡市の重要な観光資源として大きな可能性がある施設ですが、当局の方針には、積極的に活用していく姿勢が感じられません。

昨年テレビ朝日で放送された2時間ドラマでも、ロケが行われ、吉行和子さん、長塚京三さん、松下由樹さんも訪れて絶賛した施設ですので、もう少し、何とかしてほしいところですが?

あちこちから、疑問の声が上がることになりそうです。

ちなみに社会教育館は、昭和11年に『東国敬神道場』として建設された歴史的・文化財的・建築的価値の高い貴重な建物です。

また、平成17年に県から市に移管され、平成20年には国の登録有形文化財にもなっています。








3月26日(木)
新型コロナウイルスの感染は、急速に拡大しているようですが、東京の感染者数の増加ペースが気になります。

日本は、検査数が少ないため、市中にどのくらいの割合で感染者がいるかがわかりませんので、それも怖さを感じます。

イタリアやスペインの悲惨な状況をニュース報道で見ますと、とてもこのままの状況で、日本の新型コロナウイルスの感染が収束するとは思えませんが、いつ、どのようなかたちで、感染者が増えていくのでしょうか?

もしかすると、新年度からの学校再開の予定も、ちょっと難しくなる可能性が出てくるように思えます。

東京のスーパーは、食品の買い出しで、大混雑したとのことです。

マスク、消毒液に続き、トイレットロールやティッシュペーパー、そして次は食品ということのようですが、なんだか疲れる世の中になってしまいました。




午後、市役所に行きましたら、北駐車場が満車に近い状況で、ちょうど奥のほうに1箇所空いていて、やっと駐車できました。



ここまで駐車場が混んでいたのは、初めてです。

年度末ということで、市役所に用事がある方が多かったということなのでしょうか。

ところで、今日は市役所で、宮崎地区の水路のことと、工事の入札について、担当部署でお話を伺ってまいりました。

水路の件は、来年度になってからも、まだ話が続きそうですので、人事異動で担当の職員の方が代わってしまうと困るのですが、聞きましたら、それはないとのことで幸いでした。

異動になる職員のみなさんは、4月1日から、新たな部署で責任を持って仕事を行うのですから、大変なことと思いますが、ぜひ頑張っていただきたいと思います。







’に一度、県庁の選挙管理委員会に出かける必要があります。

政治団体の収支報告書を提出するためです。

昨日、3月定例会が終了しましたので、今日、早速、前橋まで行ってきました。

県庁の中に入りますと、新型コロナウイルスで世の中全体が暗い感じになっているのを少しでも変えるためなのか、カラフルな花でつくった、ぐんまちゃんのデコレーションがありました。



また、手指を消毒するための機器が設置されていましたが、このようなものは、初めて見ました。



県庁の中は、いつもより人が少ない印象でした。

また、選挙管理委員会は9階なので、エレベーターを使いましたが、乗った時、中にいた7名ほどが全員マスクをつけていましたので、時節柄を感じました。

エレベーターも密閉空間ですので、ちょっと長い時間乗りますと、健康によろしくないような気分になってしまいますが、困ったことです。






3月25日(水)
∈Fの議員全員協議会で、SDGsのバッジについて、質問しました。

そのバッジは、下の写真のものです。



ちなみに、SDGsとは、国連広報センターのサイトでの説明によりますと、以下のとおりです。


『持続可能な開発目標(SDGs)とは』
 開発アジェンダの節目の年、2015年の9月25日−27日、ニューヨーク国連本部において、「国連持続可能な開発サミット」が開催され、150を超える加盟国首脳の参加のもと、その成果文書として、「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」


国連が進めている活動に賛同するのは、結構なことではありますが、気になるのは、現在、市長、教育長、部長以上の方々は全員、このバッジを胸につけていることです。

最初、このバッジを、市の幹部の方々がつけ始めた時は、デザインに宗教的な雰囲気を感じましたので、違和感を持ちましたが、後で聞いたら、国連の活動のものとのことでした。

でも、大変目立つデザインですので、いつも気になっているのですが、今日の全員協議会で、『いつまでそのバッジをつけるのですか?』と伺いましたら、担当の課長さんのお話では『目標の2030年までと思います』とのことで、驚きました。

国連の意義深い活動に賛同するのは結構です。

でも、これから10年もの間、市の幹部のみなさんは、このバッジを胸につけ続けるのだそうですが、そこまでやる必要があるのだろうかと、思えました。

バッジをつけているみなさんは、この活動の趣旨に賛同し、自発的につけているのでしたら問題はないでしょうが、命令や同調圧力でバッジをつけているのでしたら、疑問に思えるのですが?

しかし、一度、SDGsのバッジをつけ始めたら、途中で外せば活動に賛同しなくなったと思われてしまいそうですので、目標の2030年までつけざるを得ないのでしょう。

議員もこのバッジをつけるように言われたら、私は、活動には賛同しますが、バッジのほうはちょっと…、という感じです。






。碍酊衫祺颪蓮∨榮で終わりました。

一般会計予算案は、賛成多数で可決されました。

市長と議会の間が、今一つしっくりいっていないというか、離れている感じであるため、一時期は、予算案がすんなり通るのか、微妙な雰囲気を感じたこともありましたので、少々意外でした。

また、副市長の選任の議案が追加議案として出ましたが、こちらも全会一致で決まりました。

副市長さんは、県の職員をされていた方で、高崎市在住とのことです。

たぶん全員の議員が、この方を存じ上げていなかったかと思いますが、県と市の今後の関係を考えれば、県の職員をされた方という人選は意味がありますので、そうした理由で全員が賛成したと推測します。

しかし、前の副市長さんも県の職員の方でしたが、その方に対して私は、大きな疑問を持ちました。

職員のみなさんも、私と同じ印象を持たれた方は少なくないのでは?

どんな副市長さんなのかは、現段階では全く分かりませんが、前の市長さんと私は、全く意見が合いませんでしたので、新しい市長さんには期待したいところです。



3月24日(火)
今日は一般質問の二日目でしたが、議会は午後1時から始まりました。

実は、今日の午前中は、小学校の卒業式に議員は出席する予定だったため、本会議は午後からとなったのですが、コロナウイルスの感染拡大防止のため、卒業式への来賓の出席はなくり、結局、議員は全員、卒業式には行きませんでした。

議員になってから、一ノ宮小学校も西中学校も、入学式、卒業式はすべて出させていただいておりますので、ちょっと寂しい感じです。

どちらも私の母校ですので、式典の中で児童生徒のみなさんと一緒に校歌を歌うのが楽しみだったのですが、今年は、来月の入学式も行けませんので、ちょっと残念な春になってしまいそうです。

早くコロナウイルスの感染が収束し、一日も早く、また小中学校の行事に行けるようになってほしいものです。

当たり前のことが、どんどん当たり前でなくなっていくようで、不気味なものを感じます。





▲灰蹈淵Εぅ襯垢隆鏡爆発の懸念から、突然、小池都知事さんが『首都封鎖』という言葉を使い始めましたが、数日前までは、オリンピックは予定通り行うことを公言していたことを考えると、支離滅裂な印象を感じます。

そもそも、オリンピックの延期は、だれもがずっと前から、そうなると確信していたのでは?

『あくまでも予定通り』という、絶対に不可能と思われるようなことを言い続け、海外の多くの国から批判が出て、やっと方針を変更したような雰囲気ですが、オリンピックもコロナウイルスも、日本の対応は、非常にまずかったように思えます。

でも、東京五輪は、1年程度延期になるそうですが、それまでにコロナウイルスの感染は収まるものなのでしょうか?

もしも、感染が広がったまま、来年になっても収束できなければ、その時は、五輪中止という可能性が出てくるということなのでしょう。

『呪われたオリンピック』と、麻生副総理が先日述べていましたが、なんだか本当に、そんな感じになってきました。





〆Fのニュースによると、高崎でコロナウイルスに感染した方が確認されたとのこと。

県内でも、太田や大泉のときと高崎では、インパクトが違います。

高崎は、富岡市民とすれば、完全に生活圏ですので、これは非常に気になります。

時間の問題で、富岡市内でも感染者が出るのでしょうが、まずは体調管理に注意して、換気が悪く人が多い場所は極力避けて、手洗いを徹底するしかありません。

緊張感が高まってきた感じですが、正しく恐れたいところです。





3月23日(月)
∈Fは、3月定例会の一般質問の初日でした。

5名の議員が、一般質問を行い、私は3番目でした。

実は、1番目、2番目のお二人が、それぞれ3件の質問をしましたので、私の質問が始まるのは、普通に進めば午後1時、早くても11時40分過ぎくらいと、これまでの経験から推測しておりましたが、予想外の展開になってしまいました。

お二人とも、30分ほどで一般質問を終えてしまったため、3番目の私が、11時15分ころのスタートになってしまい、終えた時、ちょうど正午の時報の館内放送が流れました。

昨日のホームページで、私の一般質問は、『たぶん午後1時からのスタートになるかと思います』とお知らせしてしまいましたが、もしかすると、午後1時からネット中継を見られた方がいらっしゃいましたら、申し訳ございませんでした。

ところで、一般質問の内容ですが、新しい保健センターの件を紹介しますと、以下のような点を訴えました。

*なぜ、候補地の一つに、土壌汚染の懸念がある大成ポリマー跡地を選んだのか。ここは、東中の新校舎建設時の候補地となったが、有害物質の残存の可能性があることから、多くの反対の意見があった。そのような土地を、赤ちゃんの検診を行う保健センターの建設候補地に選ぶのはおかしい。

*県内他市の保健センターで、富岡市のセンターのように老朽化が進み耐震性に問題があるところなどないのだから、早急に整備する必要がある。

*新しい保健センターは、感染症が拡大したときの拠点施設なので、市民の命と健康を守るために必要不可欠な重要な施設だ。

*富岡市は、市役所庁舎や美術博物館など、身の丈に合っていない豪華な施設をつくる傾向があるように思えるが、保健センターは外観よりも中身を充実させた使い勝手が良い『コスト重視』の施設で、計画を進めるべき。

このような感じですが、保健センターは市にとって重要な施設なので、政争の具となり、整備が進まないということだけは何としても避けたいところです。







‥豕五輪の開催が、非常にややこしい問題になってきましたが、こんなことになってしまうと、あくまでも結果論ですが、五輪招致などしないほが良かったように思えます。

基本的に、オリンピックは、発展途上国に開催してもらって、それをきっかけに社会インフラの整備を進めてもらえれば、意義があると思えますが、今の日本で五輪を開催する意味は、あまり感じられません。

国の膨大な借金と、猛烈なスピードで進む人口減少を考えれば、オリンピックで一時的に盛り上がったとしても、それが日本の未来を良い方向に変えてくれるとは思えません。

今の状況では、良くて延期、悪ければ中止、というところなのでしょうが、コロナウイルスの感染拡大がいつになったら収まるのかが全く読めない以上、中止の可能性のほうが高いように個人的には思えますが?

ところで、五輪チケットの申し込みに当選して、購入できた方々には、どのような場合でも『払い戻しはない』そうですが、これもお気の毒に思えます。

中には数十万円ものプラチナチケットを購入した方もいらっしゃるようですが、チケットが無効になってしまったら、とても納得できないでしょう。

東京五輪が開催できないケースは、首都直下型地震などは可能性があるように思えましたが、まさか感染症の勃発でこのような展開になるとは…




3月22日(日)
ここに来て、新型コロナウイルスの感染が爆発的に広がっている国が多いのに、なぜか日本だけは、収まっているような雰囲気があります。

これは、一体どういうことなのでしょうか?

日本人の清潔感が他国よりも高いので感染が広がっていないのか、それとも、たまたま感染爆発が他国よりも遅れているだけなのか?

どちらかは分かりませんが、今日、さいたまスーパーアリーナで、1万人近くが集まったイベントが開かれたそうですが、何だか心配です。

感染の拡大だけでなく、世界の国々から日本人がどう思われてしまうのかも、気になりますが、これでもしも、感染者が一気に増えるようなことになったら、日本にとって取り返しのつかないことになってしまうように思えます。

新型コロナウイルスの件は、毎日大きな動きがあり、先のことは、誰にも全く分りませんが、国がイベントの事業者に何らかの補償をしてでも、中止してもらったほうが良かったのでは?






午後、ちょっと気分転換に妙義山のほうに出かけてみました。

妙義町の上高田と中里の境にある大きな桜が、ちょうど満開でした。



また、道の駅に行きましたら、すごいお客様の数でした。



コロナウイルスのことで、人出は少ないのかと思っていたら、駐車場は満車に近いくらいの混雑ぶりでした。

カワヅザクラは、盛りを過ぎてしまった感じですが、まだ十分楽しめ、多くの方が桜をバックに写真を撮っていました。

県外ナンバーの車やバイクも多く、妙義山は広い範囲のお客さんを集めることができる観光資源ということに、改めて気づかされました。

妙義山をもっと、富岡市の観光活性化に活用しなければ、もったいないと思えます。

富岡製糸場は、何回も見に来てもらうのは難しいと思えますが、妙義山は季節ごとに変化がありますので、リピーターを増やすことは可能と思えます。

『妙義山で、〇〇をして楽しむ』の、時代にマッチした『〇〇』がつくれれば良いのですが、何か魅力的なものを見つけたいものです。






〔斉の一般質問の準備をしました。

午後10時の段階で、ほぼ出来上がった感じです。

明日は私は3番手で、たぶん午後1時からのスタートになるかと思います。

もしも、お時間があるようでしたら、ネット中継でご覧ください。

議場は密閉性が高く、換気に問題があるかもしれませんので、世の中の状況を考えますと、傍聴に来られるのよりも、ネット中継のほうが、よろしいかと思います。

ちなみに一般質問の内容は、新たな保健センター、感染症対策、高齢者の生活支援事業の3つです。

明日は、5名が一般質問を行います。



3月21日(土)
△發Δ△硲隠案ほどで、令和元年度は終わります。

4月から2年度になりますが、学校の再開は、できるものなのでしょうか?

国の方針では、その方向で進めるようですが、世界のコロナウイルスの感染拡大の状況を見ますと、4月に日本が、どのような状況になっているかなど、全く予想不可能と思えます。

幸いなことに、現在、日本の死者数はとても少ない数で済んでいますが、ちょっとしたことがきっかけとなり、あっという間に大流行という危険性もありますので、ヨーロッパの状況は対岸の火事とは言えないでしょう。

逆に、日本国内での感染者数の少なさは、疑問に思えますし、不自然な雰囲気を感じます。

日本は、西欧の国々よりは、衛生観念のレベルが高そうですので、それが功を奏しているのかもしれません。

家の中では土足は脱ぎますし、頻繁に入浴する習慣もあり、手洗いなども平時から行い、マスクを使う習慣もありますので、そのような点は、感染拡大防止に有効なのは理解できます。

でも、それだけで、感染者数も死者数も少ないというのは、個人的にはちょっと信じられません。

今回のコロナウイルスの感染は、わずか数日で、局面が大きく変わってしまいますので、日本もここで油断すると、一気に悪いほうに進んでしまいかねないのでは?

個人でできることは、まずは風邪を引かないことであり、そのためには、睡眠時間をしっかりとる、手を洗う、外出時にはマスクをする、換気の悪いところに長時間いないなどが、考えられそうですが、気になることがあります。

それは、富岡市役所庁舎内にある議場は、窓がないため密閉性が高く、換気がとても難しそうなことです。

そこで、月曜日は長時間いなければなりませんので、感染症の防止には、あまりよろしい環境とは言えません。

いつもなら、多数の市民のみなさんに傍聴に出かけていただきたいところですが、今回は、傍聴はネットでライブ中継を見ていただくほうをお勧めいたします。









^貳娘遡筝狭討僚猗をしましたが、途中で気分転換のため、バイクで前橋と高崎のほうに、買い物がてら出かけてきました。

今日の暖かさは、ゴールデンウイークの頃のように感じました。

バイクで出かけるのにちょうど良い陽気でした。

前橋は、けやきウォークに行きましたが、世の中の新型コロナウイルス騒動はあまり関係ないようで、結構、混雑していたように思えました。

テレビを見ると、イタリアなどの感染爆発や、国内でもどこどこで今日は何人の感染者が出たなどのニュースばかりですが、リアルな世界は意外に落ち着いているというところなのかもしれません。

ところで、紀伊国屋書店に行きましたら、4月から始まる語学講座のテキストがいろいろ並んでいました。

パラパラ見ましたが、勢いで、2冊買ってしまいました。



ちなみに中国語も、ロシア語も、全く勉強したことはありません。

語学講座は3カ月くらい続けることができれば、フランス語とドイツ語のときの経験から、検定試験の一番やさしい級を受けるくらいの力がつくように思えます。

なので、6月くらいまでは、サボらずに聴き続けようかと思っていますが、まずは、最初のひと月目をクリアすることに集中する必要がありそうです。





3月20日(金)
貫前神社の桜の状況を見に出かけましたら、参道の桜はまだ咲いていませんでした。

しかし、大鳥居のそばや、神社の境内の桜は、すでに見ごろのものもありました。





妙義のカワヅザクラはすでに満開ですが、市内のその他の桜は、まだちょっと時間がかかりそうです。





.ぅ織螢△膿祁織灰蹈淵Εぅ襯垢隆鏡爆発が起きていますが、ついに死者数が中国を超えてしまったとのこと。

その原因の一つは、『イタリアは高齢化率が高いため』と言われているようですが、イタリアの高齢化率は23%ほどで、今の日本と比べれば、大したレベルではありません。

日本の高齢化率は約28%で、世界で断トツ1位の高さですが、2位のイタリアで感染爆発が起これば、このような惨状になってしまうことを見せつけられますと、日本で一気に広がってしまったら、果たしてどうなってしまうのでしょうか?

現在は、非常に落ち着いている状況ですが、まだまだ油断はできません。

ちなみに、富岡市の高齢化率は約33%です。

高齢化率は、7%を超えると高齢化社会、14%を超えますと高齢社会、そして21%を超えると超高齢社会と呼ばれます。

日本は28%を超えていますので、正確に表現すれば、超々高齢社会というところになるのでしょうか…





3月19日(木)
最近、製糸場の入場者数は、平日は100人台の日が多いようです。

新型コロナウイルスの影響で、旅行が控えられているためなのでしょうが、このような状況がこれからも続くと、城町通の観光客相手のお店は、大変なことになってしまう可能性が出てくるのでは?

京都などの日本を代表する観光地でも客数が大幅減という状況なのですから、どうしようもないのかもしれませんが、コロナウイルスの影響はじわじわとあらゆる分野に広がり、困ったことになってきました。






¬斉は祝日ですので、連休明けの初日が一般質問ということになります。

質問のやり取りは、一応、終了しました。

あとは、その原稿に肉付けをして、自分の意見を加えていくだけです。

今回の一般質問の目的は、『保健センターは早く整備すべき』、『感染症対策に力を入れてほしい』、『高齢者の生活支援事業が富岡市では遅れているので、もっと積極的に進めるべき』の3点を訴えることです。

特に、保健センターは、県内12市の中で、富岡市のような老朽化し耐震性に問題があるセンターを使っているところなど、1つもありません。

日本を代表する建築家がデザインした庁舎を持つ富岡市の、赤ちゃんの検診を行う保健センターがこれほどお粗末な状況というのは、情けないというか、恥ずかしいことと思えます。

また、大成ポリマー跡地は、有害物質による土壌汚染の危険性がある土地なのに、そこに保健センターを建てることを主張している議員さん方が結構おられますが、これも何が何だかわからない話です。

新たな保健センターの建設が、政争の具にされてしまっているような傾向を感じますが、こういうのは市民のみなさんにとって不利益にしかなりませんので、何とか避けなければなりません。

この件は、市長の進め方にも問題がありましたが、それを理由に議会が頑なに反対するようなことになってしまうと、市政は混乱するばかりです。

何とかしたいところです。






仝畫娃隠飴から、あい愛プラザで、富岡市社会福祉協議会評議員会が開かれました。

最近は、市議会関連の会議以外は、大半が新型コロナウイルス感染防止のため中止になっていましたが、この会議は予定通り開かれました。

ただ、あまり換気性がよろしくなさそうな会議室に、30人ほどが離れずに座っていますと、ちょっと気になる感じです。

いくつか質問しようかと思ったのですが、今のような社会情勢の中で、会議の時間が長くなるのは、あまり好ましくないように思えましたので、今日は、あえて発言を控えました。

あまり気にするのはよくないのかもしれませんが、人が集まる場は、どうも気になってしまいます。

新型コロナウイルスが収束し、一日も早く、普通の暮らしに戻りたいものですが、それはいつになるのやら…





3月18日(水)
⊃祁織灰蹈淵Εぅ襯垢里海箸鯆瓦戮燭箸、WHOのサイトがありました。



そこに、このイラストが出ていましたが、『咳をするときはティッシュを使いましょう』とありますが、『咳にはマスク』という発想は、日本以外の国ではなさそうです。

でも、マスクをする習慣があることで、今回の新型コロナウイルスの感染による死者数が、日本では少ないのかもしれません。

ヨーロッパの多くの国で、感染が爆発的に増えていますが、もしも最後まで日本での感染死者数が少ない状況で推移すれば、これをきっかけに、世界中でマスクをすることが習慣化する可能性があるのでは?

ところで、新型コロナウイルスによる経済への影響が深刻になってきたように思えます。

このままでは、新型コロナウイルス感染で亡くなる方よりも、これによる会社の倒産、事業の破綻などによる自殺者のほうが、日本では遥かに多くなってしまう危険性があるのでは?

新型コロナウイルスによる大不況で、会社が倒産し失業してしまい、住宅ローンが払えないという方々が、多数出てしまったら?

バブル崩壊や、リーマンショック、東日本大震災、原発事故などよりも、大きな悪影響を社会に与えるかもしれません。






^貳娘遡笋梁任噌腓錣擦如∋毀鮟蠅帽圓ました。

明日の昼までが、再質問の提出期限ですが、この先の質問はどうするか、ちょっと悩んでおります。

保健センターと、感染症対策の件は、一応区切りがつきましたが、高齢者の生活支援事業が、突っかかってしまった印象です。

現在、高齢者のゴミ出し支援事業に取り組む自治体が増えています。

これは、ゴミ出しを自分の力で行うことができない高齢者を助けるための事業ですが、当局と私のこの件に対する考え方に大きな乖離があるような状況で、何かしっくりいきません。

当局は、現在のところ、ゴミ出しでお困りの高齢者はあまり多くはないとお考えのようですが、私が市議会だよりのポスティングで市内全域のお宅を見ている限りでは、ゴミ出しができず、ゴミ屋敷の方向に向かっているような家は結構あるように思えます。

近い将来、一気に大きな問題になる前に、対応を始めるべきです。

すでに2割の自治体は、ゴミ出し支援事業を始めていますので、高齢化率が33%ほどと高い富岡市なのですから、早めに取り組んでいただきたいところですが、どうも、それは簡単ではなさそうです。

ところで、来年度の人事異動の内示が数日前に出ましたが、今日、詳しく知ることができました。

異動することになった何名かの方々とお話をしましたが、新しい部署に行った後も、さらなるご活躍をしていただきたいと思います。




3月17日(火)
〔義地区の菅原、諸戸、行沢に、市議会だよりのポスティングに出かけました。

とても天気が良く、風もなかったのですが、気温は低く、ちょっとまだバイク陽気ではないような感じでした。

菅原や諸戸は、妙義山の本当の麓ですので、山の景色も豪快です。



また、道沿いに、お地蔵様や仏様の像があちこちにあります。



今日で、第69号の市内全域ポスティングが、やっと終了しました。

全世帯の90%以上を配ることを目標にしておりますが、そこまではちょっと難しいでしょうか?

でも、事故なく配り終えることができて、幸いでした。

第69号のポスティングで、バイクに乗った距離ですが、今日のメーターは、13008kmでした。



2月1日のスタート時は、11750kmでしたので、今回は1258kmを乗ったことになります。



富岡市内だけで、これだけの距離ですので、驚きです。

ポスティングは終わりましたので、今晩から、3月定例会の一般質問に集中しなければなりません。

やらなければならないことは、『線路は続くよどこまでも』のように、延々と続きますが、やることがなくて時間を持て余しているのよりは、いいのかも?



3月16日(月)
一般質問のやり取りを、担当部署と行っています。

まだ、一週間近くありますが、あまり量的に内容が多くなく、12月定例会のときは、持ち時間の60分をほぼ使い切るくらいだったものの、今回は短めで終わりそうです。

新しい保健センターの件は、『もう待ったなしで、一日も早く整備を進めなければならない』ことを、訴えるつもりです。

非常に重要な施設でありますが、当局側の進め方に問題が多く、これまでは議会が賛成できないような状況にありました。

しかし、こんなことを続けていたら、老朽化し耐震性にも大きな問題がある建物で、依然として、赤ちゃんの検診をし続けなければなりませんが、これは自治体として非常に恥ずかしいことなのでは?

その点も、一般質問の中で強調するつもりです。

これから、様々な施設の更新などで、大きな費用がかかることは確実なのですから、早く保健センターの件はキリを付けないと、それこそどんどん先送りになってしまう危険性があるのでは?








〆Fは風が強くて、寒い日になってしまいました。

時々、小雨も降るなど、何が何だかわからないような天候でした。

たまたま、複数の用事ができたため、残っている地区の市議会だよりのポスティングはできませんでしたが、もしも出かけていたら、大変だったかもしれません。

ところで、連日、新型コロナウイルスのニュースばかりです。

群馬県内でも、大泉のほうで、感染された方が増えているようです。

イタリアの感染爆発的な状況をニュース映像で見ますと、恐ろしくなりますが、高齢者や特定の病気の方々以外なら、大半は症状が軽く済むようですので、過剰に不安になることはないように思えます。

首都圏では、今でも満員の通勤電車に乗って、会社に通う方が多いのでしょうが、それでも感染爆発が起きていないことを考えますと、手洗いやマスクなどの可能な対応をしっかり行っていれば、感染する危険性はかなり低くなるのではないでしょうか。

学童保育や保育所は、通常通り開所しているのですから、小中学校も、換気や手洗いなどを徹底して、再開すべきではないかと、個人的には考えております。

もしも、毎日の登校は難しいのなら、児童生徒を半分ずつにして、二日に一日くらいの割合で、順番に学校に通わせるようにするだけでも、子どもたちにとっては、大きなメリットがあるように思えます。

県内はたぶん、小中学校は足並みを揃えて、臨時休校にしているのでしょうが、人口規模や環境に応じて、自治体独自の対応をしてもいいように思えますが、実際にするとなると、同調圧力が強い日本ですので、難しいのかも?




3月15日(日)
製糸場の入場者数を先ほど調べましたら、新型コロナウイルス感染防止のために、外出が控えられていることから、少ない状況が続いているようです。

昨日は土曜日なのに273人。

そして今日は天気の良かった日曜日なのに398人でした。

3月の土日の入場者数が、この状況というのは、衝撃的です。

富岡倉庫に設けられた世界遺産センターがもうすぐオープンしますが、タイミングに恵まれていない感じになってしまいました。

新型コロナウイルスの感染は、世界ではパンデミックという状況にまで拡大してしまいましたので、もはや簡単に収束することは期待できないのでは?

オリンピックも、予定通りの開催は、不可能と思えます。

4月1日に、聖火リレーが富岡市でも行われる予定ですが、そちらはどうなるのでしょうか?

あらゆることが不透明で、先の予定が組めない状況が続いていますが、このままでは世の中全体が、おかしなことになってしまいそうです。

また、あまり問題視されていませんが、学校の臨時休校が長く続きますと、子どもたちの学力低下も、これから大変なことになるのでは?

もしも勉強でつまずく子どもたちが続出では、日本の未来にとって大きなマイナスです。







▲泪好もなければ、消毒液も手に入らない状況が続いていますが、先ほどネットの記事で、家庭用の塩素系漂白剤を使って消毒液を作る方法が紹介されていました。

すごく簡単な方法でした。

消毒液がなくなり、お困りの方は、一度ご覧になってはいかがでしょう?







〆D、再度、みょうぎ道の駅のカワヅザクラを見に出かけました。

今日は、まさに満開で、さらに妙義山は昨日の雪が残っていて、とても素晴らしい光景を楽しむことができました。










遠くの山を見ますと、榛名山や赤城山も雪化粧していましたが、昨日、そこまで雪が降っていたことは知りませんでした。

20℃を超えるような日が何日もあった後、雪が降るとは、意外な思いがします。

これから、さらに寒い日が続くようなことはないとは思いますが、少しでも早く暖かくなれば、新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めを掛けられそうですので、そうなってほしいものです。







3月14日(土)
∈F、高崎の大型ショッピングモールに行きましたら、トイレットロールが山積みで並んでいました。

一人一つという制限がありましたが、意外に、買っている人は少ないように思えました。

山積みになっているのを見ますと、『あわてて買わなくてもいいかな』と思え、妙に棚がガラガラしていますと、『すぐに買わなければ』と思えてしまいますが、人間の心理というのは複雑です。

また、モール内の大きな薬局コーナーに行ったとき、マスクのことを伺いましたら、『全く入荷しません』とのことでした。

卒業式は、来賓や在校生が出席しないコンパクトな規模で行っていますが、4月の入学式も、おそらく同様の形式で実施するのかと思います。

そして気になるのは、その先の学校の再開ですが、4月になっても新たな感染者数が頭打ちにならなければ、臨時休校は継続せざるを得ないのでは?

さらに、4月、5月には、学校の修学旅行がある時期かと思いますが、もしも全国の小中学校、高校の修学旅行が中止になってしまうような事態になってしまったら、様々な業界に大きな経済的な打撃を与えることになってしまうことは確実でしょう。

半年とか1年とか、この状況が続けば、マスクや消毒液の不足などというレベルではなく、企業の倒産や自己破産の増加など、もっと大きな社会的な大混乱が起きてしまうように思えます。

新型コロナウイルスの本当の恐ろしさは、病気の症状の重さではなく、社会や経済に与える被害・打撃の大きさなのかもしれません。






/祁織灰蹈淵Εぅ襯垢隆鏡拡大は、ヨーロッパが中心地になってきたようです。

でも、中国がウイルスを封じ込めたと言っているのは、非常に疑問に思えます。

最初に感染爆発が起きた武漢での封じ込めは成功したのかもしれませんが、日本の20倍以上の面積があり、14億人もいる国全体で感染拡大を止めたというのは、あり得ないことなのでは?

中国の地方の医療設備が整っていない地域などでは、これからが感染爆発になる可能性が高いように思えます。

ところで、イタリアの死者数は1200人を超えたとのことですが、医療施設が整っている先進国でこのような事態になってしまうのは、なぜなのでしょうか?

スペインやフランスも、感染者が大幅に増加しています。

もしも、医療設備が充実していないアフリカの国々での感染拡大が始まったら、最悪の事態が起きてしまうのでは?

これからが、感染拡大との戦いの本番なのかもしれません。




3月13日(金)
E卦い良かったので、妙義の菅原や諸戸などに、市議会だよりのポスティングに出かけるつもりでしたが、急な用事ができてしまい、今日は中止しました。

明日はもしかすると雪が降るくらい悪天候のようですので、最後の200枚ほどのポスティングは来週の月曜日になりそうです。

ところで、世界の株式市場が大荒れの状況です。

この状況はおそらく、新型コロナウイルスの感染拡大がピークアウトしないと、終わらないのでは?

でも、あらゆる会社の株価がバーゲンセール価格になっていますので、優良企業の株を長期投資で買うのなら、大きなチャンスなのかもしれません。





⊃祁織灰蹈淵Εぅ襯垢隆鏡者が確認されていない都道府県は、少なくなってきましたが、山形や岩手、青森などは、意外に思えます。

どちらかと言えば、寒いところのほうが感染しやすいように思えますが、季節性インフルエンザとは、根本的に異なるのかもしれません。

ところで、今日、外出した時、マスクをしない出かけましたら、行った先で、『もはらさん、マスクがないのなら、これを一つ持って行ってください』と言われました。

以前、配布された群馬県計量協会の資料リーフレットです。



裏を見ましたら、なんとマスクの袋入りが2つ入っているじゃないですか!



平時なら、さほどありがたさは感じませんが、現在のようなマスクが不足になりますと、お宝のように思えてしまいます。

貴重な品をいただきまして、ありがとうございました。







〕縦蠅任蓮∈Fは中学校の卒業式に行くはずでしたが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、来賓の出席がなくなり、行かないことになりました。

小学校の卒業式も同様です。

さらに、様々な会の定期総会、4月に行われる歓送迎会なども、ほぼすべてが中止になりました。

なので3月・4月は、年度末と年度初めで、通常よりも慌ただしいのですが、今年は一変してしまいました。

いつまでこの状況が続くのか?

もしかすると、国民の3割くらいが感染して、陽性になることが普通の風邪を引く程度まで広がらないと、現状は変わらないのかもしれません。

早くワクチンや特効薬ができてほしいところですが、あとどのくらいの期間が必要なのでしょうか?





3月12日(木)
7嫁聾内で新たに2名の新型コロナウイルスの感染者が見つかったとのこと。

群馬県のどこにお住いの方なのかはわかりませんが、気になります。

WHOは、本日初めてパンデミックという表現を使いましたが、新型コロナウイルスの世界的な感染は、これからが本番というところなのかもしれません。

株式相場は、コロナ対策が見えないうちは、下がり続ける可能性が高いのでは?

いま売ってしまうと、損失が確定するので、これからも下がる可能性が高くても、いつか値を戻すまで持ち続けるという方法もあります。

でも、この方法を選んだ投資家の方は、精神衛生上、非常に悪いというか、気分が滅入る日々を過ごすことになってしまう可能性が高いのでは?

逆に、これから株式投資を始めようとする方には、バーゲンセールのような状況です。

しかし、どの時点が最高のバーゲンセールなのかは、だれにもわかりませんので、これはこれでまた、悩ましいところですが…

ところで、中国は、新型コロナウイルスを封じ込めたようなことを言っていますが、本当に抑え込めたのでしょうか?

そのうち、ウイルスが変異し、再び中国で感染爆発のようなことになったら、それこそ、そこからが本当のパンデミックのように思えますが?

そうならないことを祈るばかりです。







南後箇で、木が倒れたため、壊れていたガードレールがありました。



コーンが置いてありますので、すでに工事の予定は決まっているのかもしれませんが、これは、昨年10月の台風19号のときに発生したものなのでしょうか?

そうだとすでに5カ月経っていることになります。

でも、市内の多くの場所で、災害が発生してしまったのですから、なかなか修繕が進まないのも仕方ありません。

また、浅香入で桜と思える花が見えましたが?



梅と桜の区別って、花びらの先が丸いか割れているかで判断していますが、よく見えなかったので、微妙なところではありますが…

どうも花の種類は苦手で、よくわかりません。







…から額部地区のポスティングを行いました。

岡本、南後箇、岩染、野上の順で回り、額部地区の区切りはつきました。

以前は、野上の土地勘がないため、配るのが大変でしたが、何度か配ったことで、今では迷うこともなくなりました。

富岡市内で家があるところの道なら、ほとんどわかるようになりました。

18年前に、初めて市議選に出た時は、一ノ宮地区以外は、ちょっと裏道のようなところに入りますと、迷うことも度々ありましたが、今では市役所の道路建設課の職員さんに近いくらい、市内の道はわかると思います。

残りは、妙義地区の菅原・諸戸・行沢です。

明日、それらの地区を配れば、第69号のポスティングは、終了ということになります。

最後に事故に遭ってしまったでは困りますので、注意しながら回りたいと思います。




3月11日(水)
づ貽本大震災から今日で9年目です。

あの日、大きな揺れがあったとき、私は3月定例会の予算特別委員会に出席していました。

旧庁舎の3階の大会議室でした。

非常に揺れ方が不気味で、もしかすると建物が崩れるのではないかと思えましたが、1階に下りて庁舎から外に出るとき、最もヒヤヒヤしたことを今も鮮明に覚えています。

9年なんて、極めてわずかな感じですが、これまで震災被災地に何度か視察に伺いました。

大津波に飲み込まれた庁舎を見ますと、まさに言葉を失うという感じでした。

どんなに大きな災害でも、時間とともに人々の記憶は風化してしまいますが、少しでもそれに歯止めをかけることが、次の大きな自然災害での被害を小さくすることにつながるのでは?






0柄亜ebayという海外通販サイトで、中国の業者にマスクの注文を出しました。

でも、中国と日本の間を飛ぶ飛行機の大半が休航ということを考えますと、なかなか届かない可能性があります。

洗えるマスクで、3枚で価格は2.45米ドル、送料は無料です。

感染症対策について一般質問を行いますが、その中でマスクも取り上げます。

なので、それまでに、ebayで買ったマスクが届いてほしいところですが…

ところで、みなさんはマスクは十分にお持ちでしょうか?

私は、マスクを使うのは、議会の用事で市役所に出かけるときぐらいですので、基本的にマスクはほとんど汚れません。

なので、使ったマスクは、一日乾かし、それを袋にいれて保管してあります。

もちろんいつもは、一日使えば捨てていますが、いまはマスクの非常事態ですので。

もしも、手持ちの新しいマスクがなくなってしまったら、一度使ったマスクを煮沸し、それを乾かして使おうかと思っています。

あくまでも、マスク不足が長期戦になってしまったときの対策ですが、できれば、そこまでひっ迫しなければありがたいのですが?







⇒住仔段粍儖会が終わり、さらに一般質問の再質問も、昨夜送りましたので、今日はポスティングを再開いたしました。

午前中は、田篠地区の半分ほどを配り、午後から額部地区に入りました。

南後箇、岡本を回り、額部地区の4割くらいを配った感じです。

明日も、雨が降らなければ、今日の続きを配る予定です。




…、抜けるような青空でしたので、市議会だよりのポスティングに出かける前、みょうぎ道の駅のカワヅザクラを見に行ってまいりました。









印象では、7分咲きくらいで、もう少しで満開というところでしょうか。

今度の土日は、今日以上に見ごろになりそうですので、ぜひ、お出かけください。






3月10日(火)
△澆腓Δ道の駅のカワヅザクラが見ごろになったようです。

今日、市民の方から写真をいただきました。





青空になれば、ピンク色がとても美しく見えるのでは?

次の土日には、ぜひ、みょうぎ道の駅にお出かけください。

私も写真を撮りに出かけるつもりです。





〆Fは特別会計の予算特別委員会が開かれました。

しかし、非常に審議が低調でした。

国民健康保険事業、後期高齢者医療、介護保険、工業団地整備事業、水道事業、下水道事業の6つの特別会計が富岡市にはあります。

私は、どの特別会計も質問をさせてもらいましたが、今日は昨日以上に発言が少なく、これでは説明する当局側から議会が軽く見られてしまうように感じました。

新年度の予算審議は、議会の中でも最も重要な仕事の一つです。

私たちが納めた税金が私たちの暮らしを良くするために、どのように使われるのかを、市民の代表として議会がチェックするわけですが、当局の説明を聞くだけで、最初から何も意見も質問も述べる姿勢がないような方々が多いように見えたのは、非常にまずいことのように思えます。

他市の予算特別委員会を見たことはありませんので、どのような状況であるかはわかりませんが、富岡市の予算特別委員会ほど意見も質問も少ないところは、おそらくないのでは?

予算特別委員会のネット中継を早急に開始することが必要と強く感じました。

いまふうの表現をすれば、停滞した議会を変えるには、『予算特別委員会の見える化』が必要というところでしょうか…





3月9日(月)
∈Fの気温は、異様に高かったように思えます。

昼休みに、車に乗りましたら、外気温が20℃と表示されましたが、桜が咲く頃よりも暖かい陽気だったのでは?

新型コロナウイルスの感染者が連日増加していますが、暖かくなることで、ウイルスの活動が弱まれば幸いですが、はたしてどうなるものなのか…

今日の予算特別委員会で大会議室にいた100人ほどの誰か一人が感染すれば、残りの99人は、濃厚接触者として、経過観察の対象となってしまうのかもしれませんが、それを考えますと、病気自体よりも、周囲に及ぶ影響のほうが何十倍も恐ろしい感じです。

今は、周囲の目を考えますと、単なる風邪でも、ちょっと引くわけにはいきません。

大変なことになってきました。






/掲度の予算を審議する特別委員会が開かれました。

大会議室で委員会は行われましたが、気になったのは、換気が悪そうな密閉空間に、100人ほどが集まって、会議をしなければならなかったことです。

最近の建物は、エアコンなどの空調設備は標準装備ですので、外気を取り込む窓が非常に少ないように思えます。

平常時は不安を感じませんが、今回のような危険な感染症が広まっているときは、密閉性の高い部屋にいることはあまり気持ちが良いものではありません。

さて、委員会のほうですが、私はいつものように、遠慮なく質問をさせてもらいました。

その中で、最も違和感を持った点は、毎回取り上げている都市計画税の使途です。

富岡市の面積は約123㎢で、都市計画区域は約20㎢です。

都市計画区域内の土地や建物には、固定資産税1.4%の他に、0.2%の都市計画税が課されています。

そして疑問に思えるのは、その都市計画税の98%を、公共下水道会計に繰り出すという点です。

公共下水道の整備予定区域は、都市計画区域の5分の1ほどの約4㎢です。

つまり、都市計画区域の5分の4にお住いの方々は、都市計画税を納めても、自分の暮らしにはほとんどメリットがないという現状が続いています。

市長に、この疑問に思える点について質問しましたら、ご理解をお願いしたい、というようなお答えでした。

しかし、私にはとても理解できませんので、『5分の4の方々も便益を受けられるよう、都市計画税は都市計画公園などの整備に回すべき』と意見を述べさせてもらいました。

今回の予算特別委員会でも、かなり質問をさせていただきましたが、今日は1期の3人の議員さんは積極的に質疑をされていました。

逆に、それ以外の議員さんは、ちょっとお疲れだった方が多かったようで、ひと言も述べない議員さんも、かなりおられました。

3月定例会の一般質問は7人が行いますが、1期の3人のみなさんは全員が質問をします。

1期の議員さん方が頑張っているのですから、もうちょっと期が上のみなさんも積極的になられたほうがいいように思えますが?

私は基本的に、年4回の定例会すべてで一般質問を行い、委員会ではどんどん意見を述べさせてもらっていますが、このやり方は、富岡市議会では浮いてしまっているような雰囲気がありました。

でも、1期の3人の方が積極的なので、議会の雰囲気が変わってきたような感じがします。

議長選のときだけ異様な盛り上がりを見せるような議会では困りますので、この傾向は市民のみなさんにとっても、よろしいことなのでは?





3月8日(日)
¬斉は、一般会計の予算特別委員会が開かれます。

そのため、今日は時間をかけて予算書に目を通しました。



18人の議員全員が出席して、予算の内容について審査するわけですが、例年、一つも発言せずに、ただ座っているような状況の議員さんも少なくありません。

でも、今回は、昨年春の市議選から初の予算特別委員会ですので、活発な質疑がある会議になる可能性もあります。

私は、いつものように自分のペースで遠慮なく質問するつもりですが、新型コロナウイルスのこともありますので、あまり会議が長くなってしまうのは、ちょっと避けたほうがいいのかもしれません。

ところで、イタリアで新型コロナウイルスの感染者が爆発的に増えていますが、これはどういう理由からなのでしょうか?

ヨーロッパでも、感染が広がったことで、世界の見方が変わったのではないでしょうか。

当初、新型コロナウイルスはアジア特有の感染症というような雰囲気になっていましたので、ヨーロッパの先進国でも感染が広がったというのは、アジアの国々にとっては、不幸中の幸いだったのかも?






.謄譽喞日の開局60周年記念番組で、ヒマラヤの奥地の部族の暮らしを取り上げていました。

非常に珍しい映像で、当たり前のことですが、厳しい大自然の中で暮らす人々の日常生活には驚きでした。

でも、食べるものも生活物資も手に入れるのが難しい世界の秘境のような村でも、たくさんの子どもが元気に暮らしていることを考えますと、日本の少子化が非常に不思議に感じられました。

普通に考えれば、日本での暮らしのほうが、あらゆるモノが揃っていますので、ヒマラヤの村よりも遥かに幸せに生きられるはずかと思いますが、村人の生き生きとした表情を見ますと、必ずしもそうではないことが、よく分かりました。

人生の幸福とは何なのか、考えさせられました。



3月7日(土)
群馬県でも、ついに新型コロナウイルスに感染した方が出たとのこと。

太田市の保育士の方と聞きましたが、職業柄、多数の子どもたちと接していることを考えますと、非常に懸念されます。

連日、感染者数が増えている状況を考えれば、今後、富岡市内で感染者が出るのも時間の問題のように思えます。

また、すでに様々な集まりの中止の連絡をいただいておりますが、会議だけでなく、懇親会も中止ばかりですので、飲食サービス関連業界では売り上げが大幅に減少し、厳しい経営を強いられるのでは?

飲食業界だけでなく、宿泊、旅行、小売りなど、あらゆる業界が大きなダメージを受けることを考えますと、2020年度はマイナス成長で、大不況になってしまうようにも思えます。

アメリカでも感染爆発の気配が出てきたように思えますので、もしも、そうなってしまったら、世界恐慌レベルの事態も見えてくるのでは…

午後、高崎に行き、芸術劇場前を通りましたら、土曜日の午後なのに人の姿がほとんど見えませんでした。



芸術劇場の中も入ってみましたが、今日のイベントが中止になったとのことで、やはり閑散としていました。

高崎駅のコンコースも、普段よりもかなり人出が少ないような印象でした。

これから群馬でも感染者が増えて、その周辺の人たちも経過観察で家に待機するような事態にまで進めば、運営ができない施設、企業が続出というようなことにならなければいいのですが、その可能性は否定できません。

3月は予算特別委員会がありますが、大会議室に大勢が集まり、もしもその中の一人が新型コロナウイルスに感染したら、そこにいた全員が、経過観察で2週間、家に待機するようなことになってしまうのでしょうか?

でも、そんなことになったら、3月定例会だけでなく、行政全体がストップすることになるのでは?

考えれば考えるほど、懸念は強まるばかりですが、あまり考えますと、体に良くなさそうですので、自分で注意できることを注意したら、あとは『なるようになるしかない』と開き直るしかなさそうです。








,澆腓Δ道の駅にカワヅザクラがありますが、市民の方から今日の様子の写真をいただきました。



情報の提供、ありがとうございます。

少しずつ開花は進んでいるようですが、まだ見ごろという状況ではなさそうです。

カワヅザクラの開花状況は、写真を送っていただきましたら、その都度、紹介させていただきます。







3月6日(金)
仝畫庵罎六毀鮟蠅暴个け、予算書のことで、いくつかお話を伺ってまいりました。

予算特別委員会は、来週の月曜、火曜ですので、明日、明後日はその準備をすることになります。

また、午後は小野地区の残っていた場所と、田篠地区へポスティングに行きました。

旧国道254号の北側の田篠は、ほぼ配り終えました。

明日の土曜日から、予算特別委員会が終わる火曜までは、3月定例会の準備のため、ポスティングは難しい状況です。

残っている地区は、そのあとに配る予定ですが、来週末には何とか配り終えたいと思っています。

ところで、県道の南側の高尾でポスティングをしたとき、仁治の碑が目に入りました。



碑の中に描かれた文字は、非常に特徴があり神秘的な雰囲気が感じられます。



ちょっとパワースポット的な力を感じましたが?







3月5日(木)
⊃祁織灰蹈淵Εぅ襯垢隆鏡拡大のため、日本人はこれから海外旅行に簡単には出かけられないような時代が、ひょっとすると来てしまうのかも?

そんな懸念が、日増しに強くなってきました。

日本での感染者数が、イタリアや韓国などより増えていないのは、感染が疑われるのにPCR検査を受けられない人が多数いるためなのでしょうが、最後に、日本だけ多数の感染者がいる状況になってしまったら、原発事故による放射能汚染以上に、影響が大きく長く残ってしまうのではないでしょうか。

この問題を、大多数の日本人は軽く考えていますが、もしもそうなってしまったら、バブル崩壊以上に大きなダメージになるように私には思えます。

何とか、韓国やイタリアよりも先に、感染拡大を収束させたいところですが、今の日本の対応を見ていますと、非常に心配です。

新型コロナウイルスで、江戸時代の鎖国が復活してしまうのだけは、絶対に回避しなければなりません。







…から小野地区へポスティングに出かけましたが、とんでもない風が吹き荒れ、大変な一日になってしまいました。

藤木、桑原、小桑原、相野田、蕨などを配りましたが、小野地区は広いので、まだ2割くらいは残っています。

安中市に近いところにある池で、シロサギと思われる鳥が見えました。



また、小桑原の小桑観音に行きましたら、説明書きのプレートが新しくなっていました。

昨年の7月は、この写真のような状況でしたので、担当部署に対応をお願いしました。



その結果、下のように新しいものに替えていただいたわけですが、担当部署のみなさまにはお世話になりました。



やはり、きれいな看板のほうが印象がいいですね。






3月4日(水)
日本人の入国を制限する国が、じわじわ増えています。

これは、非常に恐ろしいことと思えます。

韓国やイタリアの感染が収束して、日本だけ感染者数が増え続けるようなことになれば、そうなってしまう可能性は高いのでは?

インバウンドの観光客を増やすとか、東京五輪の開催など、もはや夢の夢で、バブル崩壊、阪神大震災、リーマンショック、東日本大震災よりも、大きなダメージを日本は受けてしまうのかも…

2020年は、政治も経済も、国民の生活も、大荒れになってしまうような雰囲気を感じます。

少子化、高齢化、膨らみ続ける国家債務、そしてどこまで広がるか見通せない新型肺炎の感染拡大…。

企業業績は悪化し、倒産、失業が増加すれば、あらゆる経済活動が縮小し、ますます日本の未来は厳しいものとならざるを得ないでしょう。

国民の政治への無関心が、国の政治を腐敗させ、最後にババを引かされるのは国民というような構造が、いまの日本にはあるように感じますが?

庶民にできることは、健康に注意して、お金をかけずに小さく手堅く生活するくらいなのかもしれません。






仝畫娃隠飴から社会常任委員会が行われました。

新型コロナウイルスの感染が、日に日に広がっていますので、今日は、出席していた職員のみなさんは大半がマスクをしていました。

マスク不足が連日ニュースで大きく取り上げられ、さらにお店でもほとんど買えない状況が続いていますが、その割に、ほとんどの方はマスクをされていることに、ちょっと意外な思いもします。

みなさん結構、家にストックをお持ちということなのでしょうか?

でも、これまでは買い置きしておいた分で対応してきたとしても、そろそろみなさん、残りが気になるころかもしれません。

今回のマスク不足は、日本だけではありませんが、台湾では、国民全員にマスクが行き渡るように国がしっかり管理しているようです。

産経新聞のネットの記事を引用しますと、
『台湾では2月6日以降、マスク購入が「実名制」となっている。域内で生産されるマスクは全量を当局が買い上げ、約6000軒の指定薬局で、現在は各店舗毎日400枚(大人用)を販売している。大人1人につき1週間で2枚に制限されてきたが、今月5日からは3枚となる。価格は1枚5台湾元(約18円)で、事実上の配給制といえる』とのこと。

1人が1週間で2枚という数は、少ないかもしれませんが、確実に手に入れることができるという点は、国民に安心感を与えるでしょう。

日本も他国の良い点は、どんどん取り入れていただきたいところですが、腰が重いというか、危機感が欠如しているというか、困ったものです。

ところで、自治体によっては、保管していたマスクを緊急対策として、市民に無償配布しているところがあります。

実は今回の一般質問で、富岡市も今後、同様の対応ができるように準備することを提案する予定です。

せめて妊婦の方や高齢者で困っている方くらいには、配布できるようにすべきかとは思いますが…





3月3日(火)
市議会だよりのポスティングのほうは、今日で、黒岩地区を終えて、小野地区の高尾に入りました。

議会の予定がない時間で配っていますので、なかなかはかどりませんが、今週中には小野地区を終えて、次の地区に行きたいと思っています。

今日の時点で、12500枚配りました。

あと、2500枚ほどですが、中旬には、すべて終えたいところです。





WHOが、新型コロナウイルスの感染について懸念される4つの国を発表しましたが、その中に日本が入っているとは困ったことです。

こうなりますと、日本人を入国させない国が、今後どんどん増えてくるのではないでしょうか。

となりますと、この状況で、東京オリンピックを開催するというのは、かなり難しいと見るべきなのでは?

PCR検査が、日本ではなかなか受けられず、いったい日本には何人の感染者がいるのかが全く分からない状況です。

この検査が進まない背景には、東京オリンピックがあるような印象を持ちますが、もしも、オリンピックを開催するため感染者数を増やさせないのだとしたら、非常にまずいことのように思えますが?

検査が進まず、国中に新型コロナウイルスが蔓延するような事態になったら、最初に発生した中国以上に、日本のほうが遥かに大きな悪影響を引きずることになるでしょう。

バブル崩壊が、日本の最大の失政と思ってきましたが、もしかすると、新型コロナウイルスの対応失敗は、それを超える失政になるような気がしてきました。

国民の政治への無関心が、政治家の質を低下させ、結局、国民が最後に不利益を被る。

そう考えると、今回の対策の失敗を含めた失政の原因は、すべて国民にあるということになるのかもしれませんが…





”找製糸場の入場者数は、平成27年7月から、54カ月連続で前年同月比マイナスの状況でした。

それが、今年の1月に、初めて前年同月比プラスになりましたが、2月の入場者数も昨年の2月より1561人増えたとのこと。

今年は、うるう年ですので、1日多いという要因もありますが、入場者数の減少に歯止めが掛かってきたのかもしれません。

底入れしたという判断は、まだ早いのかもしれませんが、これはちょっと明るい兆しのように思えます。

今の状況では、年間50万人を超えるのは難しそうですが、47万人ほどになるのでは?





3月2日(月)
■碍遒粒惺擦竜訖は、今日はあったようですが、明日からは臨時休校となりますので、ありません。

このような場合、給食費はどうなるのか、教育委員会に確認に行きましたら、給食費は、今日の分だけの請求になるとのことです。

また、食材については、すでに購入済みのものはなく、先週の時点でキャンセルできたので、無駄な食材も出ないとのことです。

ところで、政府が要請した今回の臨時休校は、自治体によってかなり対応が異なるようです。

富岡市は、ほぼ政府の示した方針どおりですが、卒業式などのイベントは、もう少し別の対応をしてもよかったように感じます。

学童保育施設に、朝から夕方までいるのより、体育館で2時間くらいの卒業式を行うほうが、遥かに感染リスクは低いように思えます。

卒業式など、人生の中の大きな節目のイベントは、子どもたちのために、できるだけ通常に近い形で実施すべきなのでは?







〆Fから3月定例会が始まりました。

今回、一般質問を行う議員は7名ですが、順番を決めるくじ引きの結果は、3番でした。

3月23日が、一般質問の初日ですが、おそらく、この日の午後1時からになるかと思います。

7名の議員の一般質問の内容は、以下のとおりです。



各議員の質問内容は、あまり重なっておりませんので、その点は良かったと思います。

全く同じ件についての質問が連続しますと、後から質問する議員は非常にやり辛い点がありますので。

私は、保健センターについてを一般質問で取り上げるのは、『一日も早く整備を進めることが必要』ということを、訴えるためです。

耐震性に問題がある建物で赤ちゃんの検診が実施されている現状は、極めて問題です。

新しい保健センターの整備を、少しでも前に進めるため、再度、一般質問で取り上げますが、この件は今回で最後にしたいものです。





3月1日(日)
みょうぎ道の駅に出かけて、カワヅザクラの様子をチェックしてきました。

『暖かいので、ぼつぼつ咲くのかも』と思って行っていましたら、いくつか花が開いていました。



まだ、数えるほどくらいですが、富岡市内で最初の桜の開花なのかも?

お天気が良い日に、みなさんもぜひ、お出かけください。






∈Fの朝、市内のドラッグストアを何軒も回ってみましたが、どのお店もマスクはなく、それどころかティッシュペーパーやトイレットロールなどの紙製品も在庫がないような感じでした。

市内の大きなドラッグストアでも、入り口に、こんな張り紙がありました。



ところで、日本ではマスクが手に入りませんが、海外の通販サイトを見たら、普通にマスクを売っています。

ebayのサイトを見ましたら、日本の使い捨てマスクよりも価格は高いですが、送料無料で購入できるものもあります。

先ほど、洗って何度も使える、アジア系の方々がよく使っている黒いマスクを、注文してみました。



到着日の予定が、3月9日から4月9日までと、アバウトですが、送料込みで3つで300円ですから、贅沢は言えません。

もしも、さらにマスク不足が続くのなら、海外の業者からネットで購入するというのも、一つに対策になるのではないでしょうか?









〔斉の2日は、小中学校は登校することになっていますが、給食は出るのでしょうか?

3日から、3月は休校になってしまいますので、当然、給食はありません。

ということは、2日の給食だけで、ひと月分の給食費を払うということになってしまうのでしょうか?

そんなご質問をいただきましたが、どうなるのか聞いておりませんので、明日、確認いたします。

あまりの突然の長期休校で、給食のことまで注意が行きませんでした、これから給食以上に、難しい疑問や問題が起きるのでしょう。

今回の安倍総理の全国一律休校というご決断は、失敗だったように思えます。

感染者が発生した地域でなら理解できますが、ゼロのところも一緒に休校する必要はなかったのでは?

もしも、4月になったとき、新型コロナウイルスの感染が今以上に広がっていたら、4月以降も学校の再開はできなくなってしまうでしょう。

それに、学童保育や保育所は通常通りでは、なぜ、そちらは感染の懸念がないと判断したのか?

理解に苦しむことばかりです。






2月29日(土)
マスクの次は、トイレットロールやティッシュペーパーの品不足で、その次は食品なのでしょうか?

新型コロナウイルスそのものよりも、それを恐れることによる波及効果のほうが、遥かに恐ろしいことのように思えます。

これからコロナウイルス検査の数が増え、一番最後に感染者数が爆発的に増えてしまったら?

あまり考えたくないことですが、最初に感染者が出た中国以上に、日本のほうが大きなダメージを受けることになってしまうのでは…





学校の長期臨時休校は、全国一律で、すべての自治体が実施するのかと思っていましたら、一部の自治体では別の対応を行うところもあるようです。

富岡市の小中学校は、3月2日は登校し、3日から休校となるとのことですが、太田市のホームページを見ましたら、以下のような内容がありました。

『中学校(太田中を除く)は3月3日(火)〜3月11日(水)、市立太田中高等学校は3月3日(火)〜3月15日(日)まで休校とします。

小学校は、休校とせず、登校するかについては、保護者の判断とします。

太田養護学校は、休校にしません。

3月12日(木)以後については、3月11日(水)までに判断し、周知します。

また、近隣市町村及び市内で感染者が発生した場合、適宜、方針を見直します。』

太田市の市長さんは、アイデア豊富で行動力も抜群の有名な方ですが、子どもたちや保護者の方々のことを考えると、このやり方のほうが妥当のように思えます。

国の要請に従わないのは、万一の事態が生じたら大きな責任が伴いますので覚悟が必要ですが、今回の国の決定は影響が大き過ぎたのでは?





…から市議会だよりのポスティングを行い、高瀬地区の下高瀬・内匠を配りました。

高瀬地区が終わってからは、黒岩地区に行き、今日は下黒岩を200軒ほど配りました。

今日の時点で、1万2千枚ほど配れましたので、あと3千枚くらいとなりました。

明日から3月ですが、議会のほうも忙しくなりますので、少しずつ配っていくしかありませんが、ゴールが見えてきたので、その点は一安心です。

ところで、昨日、以下のようなメールをいただきました。

『運転免許証を返納して2年になります。食料品の買い出しや図書館へ本を借りに行く時、いつも難儀しています。私の住まいは東富岡でオンデマンドバスの運行がありますが、とても使い勝手が悪いです。富岡バイパスの東は田篠のカインズから西は生涯学習センター、図書館までを行ったり来たりするワゴン車バスの運行をしていただければと熱望します』という文面です。

3月定例会では、高齢者の生活支援事業について一般質問をしますので、その中で、この件も取り上げたいと思います。




 
 














































オリジナルラベルワインの麻屋商店