富岡市を元気に!子どもたちに明るい未来を! 富岡市議会議員 茂原正秀WEB-SITE
TOP(2008年から2018年8月までの活動記録はトップページからご覧ください)      
  2018年9月以降はこちらから  






市議会だより

第68号表面

第68号裏面

第67号表面

第67号裏面

第66号表面

第66号裏面

第65号表面

第65号裏面

第64号表面

第64号裏面


丹生湖ひまわり畑

富岡市の桜

富岡市防災マップ
防災マップ(地図面)

防災マップ(情報面)







   




富岡市の防災気象情報(気象庁リンク)

  ご意見は、下記メールアドレスをコピー&ペーストして、お送りください
moharamasahide@gmail.com

ツイッターアカウント
https://twitter.com/moharamasahide
 
2020年3月はこちらから
2月29日(土)
マスクの次は、トイレットロールやティッシュペーパーの品不足で、その次は食品なのでしょうか?

新型コロナウイルスそのものよりも、それを恐れることによる波及効果のほうが、遥かに恐ろしいことのように思えます。

これからコロナウイルス検査の数が増え、一番最後に感染者数が爆発的に増えてしまったら?

あまり考えたくないことですが、最初に感染者が出た中国以上に、日本のほうが大きなダメージを受けることになってしまうのでは…





学校の長期臨時休校は、全国一律で、すべての自治体が実施するのかと思っていましたら、一部の自治体では別の対応を行うところもあるようです。

富岡市の小中学校は、3月2日は登校し、3日から休校となるとのことですが、太田市のホームページを見ましたら、以下のような内容がありました。

『中学校(太田中を除く)は3月3日(火)〜3月11日(水)、市立太田中高等学校は3月3日(火)〜3月15日(日)まで休校とします。

小学校は、休校とせず、登校するかについては、保護者の判断とします。

太田養護学校は、休校にしません。

3月12日(木)以後については、3月11日(水)までに判断し、周知します。

また、近隣市町村及び市内で感染者が発生した場合、適宜、方針を見直します。』

太田市の市長さんは、アイデア豊富で行動力も抜群の有名な方ですが、子どもたちや保護者の方々のことを考えると、このやり方のほうが妥当のように思えます。

国の要請に従わないのは、万一の事態が生じたら大きな責任が伴いますので覚悟が必要ですが、今回の国の決定は影響が大き過ぎたのでは?





…から市議会だよりのポスティングを行い、高瀬地区の下高瀬・内匠を配りました。

高瀬地区が終わってからは、黒岩地区に行き、今日は下黒岩を200軒ほど配りました。

今日の時点で、1万2千枚ほど配れましたので、あと3千枚くらいとなりました。

明日から3月ですが、議会のほうも忙しくなりますので、少しずつ配っていくしかありませんが、ゴールが見えてきたので、その点は一安心です。

ところで、昨日、以下のようなメールをいただきました。

『運転免許証を返納して2年になります。食料品の買い出しや図書館へ本を借りに行く時、いつも難儀しています。私の住まいは東富岡でオンデマンドバスの運行がありますが、とても使い勝手が悪いです。富岡バイパスの東は田篠のカインズから西は生涯学習センター、図書館までを行ったり来たりするワゴン車バスの運行をしていただければと熱望します』という文面です。

3月定例会では、高齢者の生活支援事業について一般質問をしますので、その中で、この件も取り上げたいと思います。




2月28日(金)
新型コロナウイルスのPCR検査は、中国や韓国は、日本と桁違いの数を毎日行っているのに、なぜ日本ではできないのか?

もっと検査がスムーズにできていれば、ここまで国全体が混乱することにはならなかったように思えます。

早期診断がまともにできない国にまで、日本は弱体化してしまったということなのでしょうか。

これから、感染者が爆発的に増加したら、政府の責任はとてつもなく大きいと言えるでしょう。

新型コロナウイルスは、日本が抱える『弱み』と『問題構造』を明らかにしてしまったのかもしれません。




∈F、私のホームページを毎日、昼休みに見てくださっているというお二人の方から、声をかけていただきました。

『よく毎日、更新できますね?』と言われましたので、『それは、酒を飲まないからだと思います』と、お答えさせてもらいました。

これは冗談ではなく、もしも、家でアルコールを飲む習慣があったとしたら、ホームページの毎日更新は、不可能と思います。

アルコールを飲めないことはデメリットが大きいように思えますが、最近は、結構メリットもあるように感じるようになりました。

『飲酒運転などの酒によるトラブルを回避できる』、『宴会があっても自分で運転して帰れるので、タクシー代や代行代もかからない』、『酔っぱらったことによる思考力の低下した時間がない』、『お酒を買うお金が不要』、『健康診断の血液検査で悪い結果の項目が少ない』などです。

飲めないことを、弱みではなく、強みと思う、ポジティブさがあってもいいように思えます。

でも、新型コロナウイルス検査での『ポジティブ(陽性)』はないほうがいいですが…






仝畫庵罎榔卆源楡濮塙腟腸顱午後は医療企業団議会がありました。

実は、衛生施設組合は今年度末で解散し、4月より広域組合の中の組織となります。

ちなみに、衛生施設組合は昭和39年に設立されましたので、55年の歴史に幕を閉じることになります。

ちょうど、最初の東京五輪の年から、2回目の東京五輪までの期間が、富岡甘楽衛生施設組合の歴史ということです。

ところで、医療企業団議会のとき、医師の先生方から新型コロナウイルス肺炎について、お話を伺うことができました。

『手を清潔にすることが大切』、『ウイルスが付着した指で顔に触れるとそれによりウイルスが体内に入る可能性がある』、『髪の毛は表面積が広いのでウイルスが付着している可能性がある』、『マスクはウイルスを吸い込まないためにつけるというより、ウイルスが付いた指で口や鼻を直接触れないようにするためのもの』など、教えていただきました。

重要なポイントは、『手や指先を清潔にする』、『ウイルスが付着した手で顔をいじらない』の2つということでしょうか。

ところで、マスク不足が全国的に騒がれていますが、その割に、マスクをしている人は多いように思えます。

みなさん、どこで手に入れているのでしょうか?

また、今日あたりから、お店のトイレットロールやティッシュの棚も、品物が少ないような感じですが…

テレビで『トイレットロールはほとんどが国内メーカー製なので、供給は大丈夫です』と取り上げたことが、逆に市民の欠品に対する懸念に火をつけてしまったのでは?

学校の突然の長期休校に続き、東京ディズニーランドやディズニーシーも3月中旬までクローズするとのことですが、周囲に新型コロナウイルスに感染している人が1人も判明していないのに、ここまで進んでしまったことに驚いております。

春休みが終わるまで、学校を休校にして、もしも、その後になって感染者が増え始めたら、また国は学校の一斉休校を要請するのでしょうか?

今回の政府の対応は、最初に手持ちのカードをすべて切ってしまったように思えますが、これが後々裏目に出なければいいのですが…




2月27日(木)
中高瀬の、あるお宅で、鮮やかな黄色の花をつけた木が見えました。



この木はミモザという名前とのこと。

街をバイクで走りますと、春の到来を感じさせられる光景がたくさん目に入ります。

今年は、桜が咲くのはかなり早いのでは?

でも、満開の時、新型コロナウイルスの感染拡大のために、お花見に行けないとなると、もったいないことのようにも思えますが…





〔斉は、衛生議会と病院議会があるため、市議会だよりのポスティングができないことから、今日は朝から夕方までずっと、高瀬地区のポスティングを行いました。

千枚近く配れましたので、上高瀬、大島とインター東通りより北の中高瀬、下高瀬もほぼ終わり、内匠に入りました。

あと丸一日あれば、高瀬地区全域を終えられそうです。

今日は、久しぶりに真冬モードの陽気でしたので、寒かったです。

時々、雨ではなく白いものも舞っていましたので、上空の気温も低かったのでしょう。

ところで、夜、ニュースを見ていましたら、政府から仰天の発表がありました。

3月2日から春休みまで、小中高校が臨時休校とは、すごい思い切った対策と思えます。

感染防止には大きな効果があるのでしょうが、3月というのは入試や卒業式など、子どもたちにとって大きなイベントが多い時期ですので、その点は気になります。

でも、学校は休みでも、家にいられない小学生低学年児童などは、学童保育など行くことになれば、学校を休校にしても意味がないようにも思えますが?

学童保育と保育所は閉鎖しないとのことですので、そこで感染が広がってしまう可能性も否定できません。

それに、ひと月、子どもさんが家にいることになると、保護者の方々の仕事のほうにも大きな影響が出て、それによる社会の混乱も懸念されます。

私のような年齢の者でも、ひと月、家にいたら、あまりの退屈さとストレスでどうにかなってしまうと思いますが、活発な子どもさんなら、もっとそれに耐えるのは難しいのでは?

史上初の、学校の緊急長期臨時休校ですが、これからひと月、どのような展開になってしまうのか、全く予測できません。

これで新型コロナウイルスの感染拡大にブレーキがかかることを期待するばかりです。





2月26日(水)
M縞は、高瀬地区へ市議会だよりのポスティングに出かけました。

もう少しで上高瀬と大島が終わりそうなところです。

今日の時点で、1万枚をちょっと超えたくらい配りましたので、残りは5千枚を切りました。

高瀬地区は家の数が多いので、あと3日くらいはかかりそうです。

ところで、次の土日に開催される予定であった『一ノ宮地区文化芸能祭』が、新型コロナウイルスの感染防止のため、開催中止になったとの連絡をいただきました。

また、某国会議員の3月の集まりも、同様の理由で、『中止のお知らせ』が送られてきました。

いよいよ日常生活への具体的な影響も出始めてきました。

新型コロナウイルスは感染しても8割ほどの人は軽症で済むようですが、高齢者や特別な病気をお持ちの方は、生命にかかわる事態になる可能性がある以上、社会全体で注意警戒しなければなりませんので、イベント等の中止は仕方ありません。

これからどこまで感染が広がるのかはわかりませんが、2000年代の大きな出来事として、新型コロナウイルスの件は歴史に残るようなことになるのかも…






昼過ぎ、高崎に行く用事があって、安中市の岩井の交差点で、赤信号で止まりましたら、目の前に交通事故で横倒しになった車と、前部が大きく破損した車がありました。



車に乗っていた方は、外に出ていたようですが、警察や消防の車両が何台も見えました。

事故の原因はわかりませんが、交通量が多い大きな交差点で、このような事故が起きたことに驚きました。

一瞬の油断で、事故は起きてしまいますので、運転するときは注意の上に注意を重ねたいものです。








仝畫庵罎蓮⊂野地区の高尾に新しくできたソーラー発電所の視察に行ってきました。

この発電施設は300Wのパネルが8万枚設置されており、全国的に見ても巨大な施設とのことです。

発電電力量は2700万kWh/年で、これは一般家庭7500世帯分相当なのだそうです。

ちなみに、この施設ができたことによる新たな雇用はほとんどないようですが、土地と償却資産の固定資産税が市に入ります。

太陽光パネルの写真撮影は許可されませんでしたので、いただいた資料の写真を紹介します。









2月25日(火)
▲謄譽咾離縫紂璽垢鮓ますと、新型コロナウイルスのことばかりです。

政府は、『この1、2週間が正念場』というようなことを言っていますが、その割には、対応は他国よりも遅くて弱弱しいように思えます。

韓国の感染者数がこの数日、大幅に増えているとのことですが、韓国は疑わしそうな患者の検査をどんどん行っているのに、日本では検査している患者の数が、けた違いに少ないのですから、逆に日本のほうが恐ろしいというか、困った状況と思えます。

何日も高熱が出て、肺炎になっていても、新型コロナウイルスの検査を現在なかなか受けられない日本の状況は、感染症対策としては、非常に問題なのでは?

同じスポーツジムを利用していただけで、何人もの人に感染するということを考えれば、もしも感染が疑わしい人全員の検査を実施したら、とんでもない数の感染者数になる可能性もありそうです。


本日、政府が発表した新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための『基本方針』は、『症状が軽い場合は自宅で療養を求める』などの内容でしたが、この段階で、その程度の方針しか示せないというのは、いかがなものでしょうか?

このままでは、中国や韓国が、新型コロナウイルスの封じ込めに先に成功して、最後まで残るのは日本、という最悪の事態になってしまうように思えます。

もしもそうなったら、東京五輪の予定通りの開催は難しいのでは?






〆Fから高瀬地区でポスティングを始めました。

初日で、900枚くらい配る気まんまんで出かけましたが、昼過ぎ雨が降ってきたため、半分ほどで中止しました。

あいにくの天気でしたが、家に帰ってから、3月定例会の一般質問原稿を作成する時間ができて、その点はラッキーでした。

一応、第一質問の原稿は完成したので、午後8時ころ、メールで議会事務局に送りました。

締め切りが近づいていた仕事が、何とか片付いて良かったです。

ちなみに、質問は3件で、新しい保健センター、高齢者の生活支援事業、感染症についてです。

7人の議員が質問しますので、もしかすると保健センターの件は、重なってしまう可能性もあります。

できることなら、今回も1番くじを引いて、他の方々よりも先に質問を行いたいところです。

でも、さすがにそこまで偶然は重ならないでしょうが…





2月24日(月)
⊃祁織灰蹈淵Εぅ襯垢隆鏡者数が、連日増え続けていますが、もはや、検査を受けていないだけの陽性の方は、多数いると考えるべきなのではないでしょうか。

陽性でも症状が全く現れていないケースも多いようですので、本当に感染を100%避けたいならば、だれとも会わずに、家に籠っているしかなさそうです。

しかし、現実的には、そんなことはできませんので、これからは感染しないことよりも、感染しても症状を重くしないことに重点をおくべきなのではないでしょうか。

なので睡眠時間をしっかり確保して、体力を維持し、免疫力をキープすることが大切なのでは?

だらだらスマホを見ているような時間は、極力短くして、ぐっすり長く眠ることが、案外、効果的な新型コロナウイルス感染対策になるのかも…





〔義町へポスティングに出かけました。

昨日は、強風が吹いていましたが、今日は風もなく暖かい日になりましたので、みょうぎ道の駅の駐車場は、車がいっぱいでした。



もしかしたら、暖かい日が続いていたので、河津桜が咲いているかと思いましたが、さすがにまだ、つぼみの状態でした。



でも、この感じですと、もうすぐ咲くのかも?

ポスティングのほうは、かなり進みましたが、まだ妙義町の2割弱くらいは残っている感じです。

ところで妙義地区も、一軒一軒回ってみますと、空き家が確実に増えています。

今日は、あるお宅では、いつもいっらっしゃる高齢女性の方ではなく、60代くらいの女性が庭先におられ、話をしましたら、『母は一人暮らしができなくなったので、私のところに連れていくことにしました』とのこと。

どこに行くのかはわかりませんでしたが、また市内に空き家が1軒増えたということになります。

このようなケースは、これから激増することは確実です。

一人暮らしの高齢者の方は、自分のことを自分でできるうちは、住み慣れた家で生活できるでしょうが、それが難しくなれば、施設に入るか、子どもさんのそばに行くということになるのでしょう。

また、お一人で暮らしているうちに、お亡くなりになる方も、これからは増えていくと思われます。

なので、現在、一人暮らしの高齢者の方が住むお宅は、そう遠くないうちに空き家になってしまう可能性が高いということです。

数か月ごとに、自分の目で、市内全域の状況を見ていますと、国が発表した人口推計よりも、遥かに速いスピードで富岡市の人口は減っているように思えてなりません。

新たに住み始める人がおらず、今のままの状況で進んだ場合、10年後には、自分の近所はどうなるかを考えたら、おそらく空き家が半分以上になってしまうような隣組は、かなりあるのでは?

ましてや20年後となれば、半分以上が空き家の隣組など、あたりまえになってしまうでしょう。

これは、どうにもなるような問題ではありませんが、だからと言って、放置したままでいけば、とんでもない事態になってしまいます。

ポスティングに出かけますと、どうも気持ちが滅入ってしまうような光景ばかりが最近多いように感じます。







2月23日(日)
3月定例会で一般質問を行う議員は、7名になりました。

当初8名になりそうでしたが、1名の方が、急遽止めたようです。

ちなみに、一般質問通告者(通告順)は以下のとおりです。

1:もはら

2:矢野議員

3:高橋議員

4:田村議員

5:高田議員

6:佐藤議員

7:三ツ木議員

これを見て、最初に感じたのは、1期の方3名が全員質問するのに、2期の4人の議員さんと4期の5人の議員さんは一人も質問しないということです。

いつも言っていることの繰り返しですが、活発な議会なら、一般質問は毎回するのが当たり前です。

当局に対し、意見や提案が一つもないというのは、議員として、いかがなものかと私には思えますが?







▲泪好が、どこの店に行っても売り切れで、手に入らない方もいらっしゃるかと思います。

マスク不足は、いまや社会問題のような状況になりつつありますが、ネットで調べましたら、マスクを自分で作るための情報を紹介したサイトがありました。

新型肺炎で品薄のマスク…「なければ作ればいいじゃない」! ガーゼで作る、立体布マスクの型紙が話題

『いざとなれば、マスクを作ればいい』という覚悟があれば、マスク不足もそれほど恐れるものではないのかも?

マスクはウイルスをまき散らすことを防ぐためのもので、感染を予防するという点ではあまり効果がないという話をよく聞きますが、それでも、人混みの中に出るときには、マスクをしていたほうが安全なように思えます。

気持ちの問題なのかもしれませんが、マスクがなければないで、それに代わる方法を考えればよいのであって、何とかしようと思えば、何とかなるのではないでしょうか?







〇圓錬慣遒ら、学校再編についての説明会を小中学校17校で行います。

予定は、下記のとおりです。

西中 4月14日(火曜日)

東中 4月16日(木曜日)

富岡中 4月20日(月曜日)

北中 4月24日(金曜日)

南中 4月27日(月曜日)

妙義中 4月30日(木曜日)

一ノ宮小 5月11日(月曜日)

西小 5月13日(水曜日)

黒岩小 5月18日(月曜日)

吉田小 5月25日(月曜日)

丹生小 5月29日(金曜日)

高田小 6月 1日(月曜日)

妙義小 6月 3日(水曜日)

富岡小 6月 9日(火曜日)

小野小 6月11日(木曜日)

高瀬小 6月16日(火曜日)

額部小 6月18日(木曜日)

時間は午後7時からで、会場は各校の体育館です。

説明会では、質疑応答の時間も設けられるはずですので、疑問やご意見をお持ちにの方々には、積極的に参加していただきたいと思います。

新型インフルエンザの感染者数が増えていることで、密閉空間で行われるイベントが中止になる傾向にあり、この時期、どのような状況になっているかは微妙なところですが…






2月22日(土)
…から、吉田地区の蚊沼で、市議会だよりのポスティングをしました。

その後、妙義地区の下高田で配りました。

途中で、おもしろい形の雲が見えました。



また、梅がたくさん咲いている場所もありました。



3時過ぎから、小雨がパラパラ降り始めてしまい、予定したところまで配れませんでしたが、下高田の8割くらいが済んだ感じです。

ところで、新型コロナウイルスの感染者はますます増え、千葉では中学校の先生も罹患したとのこと。

もしも、その学校で大規模感染が始まっていたとしたら、その学校が特別ではなく、全国ですでに広まっていると考えたほうがよろしいのではないでしょうか?

感染していても、症状が出ない人もいるということは、実際の感染者数は、もう万の桁でいるようにも思えます。

また、新型コロナウイルスに感染しても、風邪程度の症状で治ってしまう方も多いようですので、まずは体調が悪くなったら、体を休める、睡眠を十分にとることを徹底し、よほど重い症状が出ない限りは、自分の免疫力で克服するしかないのでは…

気になるのは、世界の多くの国から、日本は新型コロナウイルスが蔓延している危険な国と思われ始めていることです。

武漢のように、日本もイコール新型コロナウイルスというようなイメージになってしまいますと、今後の観光にも大きな悪影響が出ることは確実でしょう。

東京五輪を予定通り開催できたとしても、インバウンドの観光客は、期待外れの数になってしまう可能性が高そうな雰囲気を感じます。

新型コロナウイルスを、日本は軽く考えていますが、人口減少の前に、国が大きく傾くきっかけとなってしまう危険性が出てきたのでは?

衛生環境がよい日本なら、中国のような展開にはならないと楽観していましたが、どうもそうではないように思えてきました。







2月21日(金)
産経新聞の記事をネットで見ましたら、富岡市の新年度予算について、最後の部分で、『議会との意見対立で宙に浮く形となっている総合福祉センター(仮称)整備については、「基本構想がまとまった後の6月補正で対応したい」と述べた。』とありました。

『議会との意見対立で宙に浮く形』という表現が、非常に気になりました。

個人的には、意見対立というより、当局側の進め方に問題があったように思えます。

PPP方式という民間資本を活用する方法でセンターを整備すると決める前に、市が自前で整備するよりも、PPP方式なら、どのようなメリットがあるのかの根拠のある具体的な説明を議会に対して行えば、全く違う展開となっていた可能性があります。

そのあたりの進め方を、もっとうまくしていれば、新しい保健センターは、もっとすんなり整備が進んだのでは?

でも、これ以上、足踏みをしていたら、新しい保健センターの整備を、政争の具にしているような印象になってしまいますので、6月定例会の補正では、何としても進んでもらいたいと思っています。








⊃祁織灰蹈淵Εぅ襯拘鏡者が毎日増えていますが、今日は新たに子どもの感染者も出たとのこと。

まだ、群馬県での感染者の話は聞いていませんが、いつ現れたとしてもおかしくないでしょう。

でも、冷静に考えれば、高齢者の方や糖尿病などの思い病気を持っていない方なら、新型コロナウイルスに感染しても重篤な状況になるリスクは少ないようですので、あまり過剰に恐怖感を抱く必要はないように思えます。

イベントの開催中止が増えていますが、密閉された館内に長時間いるような類のものなら、中止もやむを得ないと思えますが、屋外のスポーツイベントまで軒並み中止というのは、ちょっと違和感を持ちます。

東京五輪まで、5カ月ほどですが、イベントをことごとく中止にして、五輪だけは予定通りというわけにはいかなくなってしまうのでは?

新型コロナウイルスへの過剰反応で、五輪開催が危ぶまれるようなことになってしまわぬよう、祈るばかりです。





仝畫庵罎蓮吉田地区の南蛇井と中沢で、市議会だよりのポスティングをしました。

ほぼ配り終え、吉田地区の残っているのは蚊沼だけとなりました。

明日、蚊沼を最初に配りましたら、次は妙義町に行く予定です。

今日の時点で、配った枚数は8700枚ほどです。

妙義地区を配り終えますと、ちょうど1万枚くらいになりますので、そこまで進めば、ゴールがちらっと見えてくる感じです。

今日も、この数か月の間に、空き家になってしまったような家が何軒もありました。

これから空き家は、どんどん増えていくのは確実ですが、20年後、30年後には、富岡市はどうなってしまっているのか?

国の機関による人口推計よりも、急速に富岡市の人口は減ってしまうのでは…

そんな気が強くしました。



2月20日(木)
今日は時間がなくて、ポスティングはできませんでした。

明日は午後にイベントがあり、午前中しか配れませんので、吉田地区の残り全部を配るのは、ちょっと難しい感じですが、南蛇井と中沢は終えられそうです。

土曜日には吉田地区を終えて、次の地区に入れるかと思います。

3月定例会が始まりますと、ポスティングに時間を割けませんので、その前にできるだけ多く配りたいところです。






∈Fは議員全員協議会が開催されました。

その中で、新年度予算についての説明がありました。

キャッチフレーズは『将来への魅力発揮先行投資予算』とのこと。

一般会計予算の総額は『222億3千万円』です。

また、昨年の9月定例会で強く求めた『一ノ宮体育館トイレ』の建て替えの予算も、無事に計上されていました。



これからどのようなトイレの設計になるのかわかりませんが、だれもが使いやすいデザインのトイレにしていただきたいと思います。

障がい者用のトイレが、実際にお使いになる方の意見を聞かずに作られてしまうようなこともあるようですので、その点も配慮していただきたいものです。

今日は予算の概要の説明だけでしたが、明日になれば、予算書をいただけますので、これからじっくり調べていきたいと思います。

ところで、3月定例会の一般質問ですが、今日の午後4時を回った時点で、8人の議員が通告済みでした。

おそらく、この人数ということになるでしょう。

もちろん私も通告しましたが、取り上げる内容は、まだ決まっておらず検討中です。








/祁織灰蹈淵Εぅ襯垢隆鏡防止のため、様々なイベントが中止になっています。

次の日曜日に開催予定であった『ふかやマラソン』も中止になってしまいましたが、東京マラソンほどの混雑はありませんので、個人的には開催してもよかったのではないかと、感じています。

すでにゼッケンは届いていましたが、ちょっと残念です。



参加賞は、これから送ってもらえるようですので、その点は幸いでしたが…

でも、万一を恐れて、なんでもかんでも中止中止では、ますます経済も停滞し、世の中から活気が失われてしまうように思えます。

いまの世の中の状況は、新型コロナウイルスに対し、ちょっと過剰反応し過ぎているのでは?






2月19日(水)
ポスティング中に神成地区で撮影した写真です。

岩山の光景や、巨大なサボテンなど、初めて見た人は、驚くような景色が神成には数多くあります。









午後は、吉田地区へ市議会だよりのポスティングに出かけました。

5時間ほどしか配れませんでしたので、神成地区と上小林地区、南蛇井地区の西側しか回れませんでした。

吉田地区全体の半分ほどというところでしょうか?

今日ちょっと感じたのは、数か月前にポスティングしたときよりも、空き家が増えたということです。

場所によっては、10軒のうち、空き家が半分くらいあるのではと思えるようなところもありますが、これからさらにこの傾向が進むことは確実と考えると、絶望感というと大げさですが、暗澹たる思いを感じます。

公共交通機関が充実していない富岡市周辺部では、自分で車の運転ができなくなったら、生活を維持するのが極めて困難になってしまう方が多いのでは?

そうなれば、市外に住む子どもの近くに引っ越そうという方や、便利な施設の世話になるような方がどんどん出てきて、さらに地域の人口は減少し衰退するばかり、というところなのかもしれません。

有名建築家の設計した奇抜で高額な庁舎を建てることで、日本一のまちづくりを目指すのだったら、地味な庁舎を建てて、そこで余った予算を高齢者の移動困難者対策事業に回したほうが、遥かに住みよいまちづくりに、つながったのではないかと思いますが?






仝畫庵罎蓮議会改革検討委員会が開かれました。

その中で、予算特別委員会、決算特別委員会の会議録をネットで公開すべきことと、議員定数の削減と議長・副議長・委員長・副委員長の加算報酬の廃止を含めた議員報酬のあり方の再検討など、議会改革の本丸について、これから1年くらいの間に、方向性を出せるようにすべきことを訴えました。

いま議会改革検討委員会で話し合っていことは、一般質問の進め方などで、個人的には、それが改革に当たる内容なのか疑問に思えるようなことばかりです。

本会議で一般質問を行う議員が少なく、予算特別委員会などの重要な会議では半数以上の議員がひと言も発言しない低調な状況などのほうが遥かに重要な問題と思われますが、どうもそのような本格的な改革は、みなさん積極的ではなさそうです。

3月には、予算特別委員会が開かれますが、もしもそれがネット中継されれば、事前に作成した作文朗読会のような一般質問よりも遥かに興味深い内容を市民のみなさんが知ることが可能になります。

しかし、大会議室で行う予算特別委員会のネット中継をするには、そのシステムを整備するのに費用がかかりますので、まずは、会議録をネットで公開することを求めたような次第です。

これから、学校の統廃合など、非常に難しい事業についての審議が行われますが、そのとき、どの議員がどんな意見を述べるかに興味を持たれる市民の方は少なくないのでは?

停滞している富岡市議会に活を入れるには、まずは、予算特別委員会、決算特別委員会、常任委員会のネット中継が、最も効果のある方法ではないかと私は考えていますが、このような本当の改革になりますと、積極的な議員さんはあまり出てこないところに、富岡市議会の根本的な問題点があるように思えます。



2月18日(火)
A礁擇妊櫂好謄ングをしていたとき、見事な梅の花が目に入りました。



今年は、暖かい日が多いので、桜も早く咲きそうですが、その頃には、新型コロナウイルスの感染も、落ち着いてもらいたいものです。

もしも、4月、5月になっても、感染者数が増えているようなことになれば、春休みやゴールデンウィークの観光需要も激減でしょう。

それだけでなく、東京五輪もどうなるか、わからなくなってしまうのでは?

2020年は、なんだか大変な一年になってしまうような気がしてきました…





⊃祁織灰蹈淵Εぅ襯垢隆鏡対策として、できるだけ、しっかり手洗いするようにしていますが、ほとんど水洗いだけなのに、手が荒れてきたように感じます。

もしも、毎回、石鹸で洗っていたら、手の皮膚から油分が失われてしまい、凄まじいほどの手荒れになってしまったのでは?

もしかすると、日本全国では、手荒れで苦しんでいる人はかなりおられるように思えます。

ところで、コロナウイルスの感染も怖いですが、それ以上に、これをきっかけとする経済への影響、景気の停滞のほうが、これからの日本に大きなダメージを与えるのではないでしょうか。

外国人旅行者も激減しているようですが、このままでは、東京オリンピックが予定通り開催できたとしても、期待していたようなインバウンドによる経済波及効果は難しいのでは?

新型コロナウイルスで大きなダメージを受ける国は、1位が中国で、2位は日本になってしまうような雰囲気になってきました。

ところで先ほど、次の日曜日に開催予定だった『ふかやマラソン』の中止が、ニュースで報じられていました。

私も申し込みをしていたので、ちょっと残念です。

あらゆるイベントがどんどん中止になれば、経済にとってもマイナスになることは確実です。

感染を警戒するのもわかりますが、何でもかんでも中止というのは、ちょっと過剰反応のように思えます。









〇垉腸颪世茲蠡茖僑更罎離櫂好謄ングを、朝から行いました。

この数日は春の陽気でしたが、今日は一転し、真冬に戻ってしまいました。

さらに、風も強くて、大変な一日になりました。

それでも、ポスティングのほうは順調に進み、富岡地区、曽木地区、君川地区、星田地区と回り、ほぼ配り終えました。

明日からは、吉田地区を配る予定です。

でも、午前中には議会改革検討員会がありますので、午後からとなります。

また、木曜日には議員全員協議会が行われ、金曜日にもイベントがありますので、これから数日間は、あまり配れそうにありませんが、慌てずに事故なくケガ無く、ポスティングをしたいと思います。






2月17日(月)
⊃祁織灰蹈淵Εぅ襯垢隆鏡者が増えているため、東京マラソンの一般参加者の出走は取りやめになったそうですが、驚きました。

でも、あれだけ多くの参加者がいて、満員電車内のような集団で移動せざるを得ないのですから、それも致し方ないというところでしょうか?

ふかやマラソンは、そこまで参加者が多くありませんので、大丈夫かと思いますが、今回は体力を消耗しないよう、無理しない程度で走ってこようかと思います。

ところで、ネット上の記事で、『今年アメリカで爆発的に流行しているインフルエンザは、もしかすると新型コロナウイルス』という内容のものがありましたが、もしも事実なら、アメリカが新型コロナウイルスのホットスポットということになってしまうのでは?

アメリカでは国民皆保険ではないので、インフルエンザで診察してもらうと、5万円ほどかかると、その記事には書いてありましたが、そんなに高ければ、医療機関に行く人は限られてしまうでしょうし、そうなれば、季節性のインフルエンザなのか、新型コロナウイルスによるものなのか分からない人が多くなってしまうでしょう。

ハワイ帰りの方で、新型コロナウイルスに感染した方がいらっしゃいましたが、これも、アメリカのインフルエンザが新型コロナウイルスである可能性を示唆しているように感じますが?








仝畫庵罎蓮地元の区長さんといっしょに建設水道部長さんのところに伺い、地区の問題、課題について、話し合いをしてまいりました。

主な内容は、雨水排水についてですが、最後に、昨日写真で紹介した半感応式信号が設置されている丁字路交差点の改善もお願いしました。

また、その後は民生委員児童委員のことで、担当課長さん、係長さんとお話をしてきました。

富岡市には現在、民生委員児童委員の方は111人おられます。

昨年末に、委員の改選がありましたが、そのことについて、お話を伺ったような次第です。

午後からは、市議会だよりのポスティングを再開しました。

今日は、総合病院の周辺、曽木地区のほうまで、進むことができました。

あと1日配れば、富岡地区と曽木地区は、ほぼ配り切れそうです。

その後は、どこの地区を配るかは未定ですが、今日、市役所で小野地区の方にお会いしたとき、『もはらさん、いま市議会だよりもらえます?』とお声をかけていただきました。

しかし、たまたま持っていませんでしたので、お渡しすることができませんでした。

小野地区まで行くには、まだ先になりますが、できるだけ早めに伺いたいと思います。

ところで、バイクで走っていますと、春を感じさせる景色が多くなってきました。



また、花粉症のほうも、スイッチが入ったようで、鼻の調子がかなり悪くなってきました。

明日、クリニックに出かけて、今シーズン用の花粉症の薬をもらってくるつもりです。




2月16日(日)
今日、熊本で開催されたマラソン大会では、マスクをしながら走ったランナーが多数いたことが、ネットニュースで報じられていました。

そこまでして、マラソン大会に参加する方が多いことに、驚きました。

これから新型コロナウイルスの国内感染者が増えていけば、来週の、ふかやマラソンでも、同様のことが起きてしまうのかも?

私は、マスクをして走るということは、考えていませんが…





一ノ宮の消防分署そばの丁字路交差点は、半感応式の信号機です。

センサーが車の存在を感知しませんと、赤信号のままで、青に変わりません。

しかし、センサーが反応するラインから離れて停車する車が少なくなく、そんなときは、信号が変わらず、大渋滞になってしまいます。

本来なら、『この信号機は半感応式』ということが、ドライバーにもっとわかりやすくする必要があります。

しかし、ずっと前から、市の担当部署を通して、警察に要望を出しても、県にも予算がないためなのか、一向に改善されません。

それに業を煮やした方がおられたのか、電柱に、手書きの掲示物が貼られていました。



ここまで、多くの方が困っているのに、どうにもならないというのは、大問題かと思いますが?








\莉気瞭曜日に続き、今日も地元の定期総会があり、来賓として出席いたしました。

市内全域で人口減少は進んでいますが、私の住む一ノ宮区の上ミ町(かみまち)は、農地の宅地化が進み、新しく越してくる若い世代の方が多い状況です。

たいへん喜ばしい傾向です。

今日、お話した若い方は赤ちゃんがいるとのことで、『うちの子が小学校に通うときは、一ノ宮小はどうなるのですか?』と質問されました。

市の計画では、一ノ宮小は2031年に新校舎を建てて、そこで現在の吉田小・丹生小・妙義小・高田小の4校といっしょになる予定です。

なので、『子どもさんがちょうど卒業するくらいまでは、現在の一ノ宮小に通うことになると思います』と、説明させていただきました。

ただ、それはあくまでも市の計画通りに進んだ場合であって、現実にはその通りに進まない可能性もあります。

本年の4月から、各学校で再編についての説明会を実施しますが、市民の方々のご意見次第では、大幅な計画変更や修正が行われることも十分あり得ますので。

でも、2031年に一ノ宮小の統廃合が行われるときには、市長も議員も、市役所の幹部のみなさんも、顔ぶれの大半が代わってしまい、再編計画の最初のことをわからない人ばかりになってしまうのかも?

長期計画は、そういうことがありますので、難しいです。





2月15日(土)
今日も、とても暖かく、春の陽気でした。

なんだか鼻がムズムズしてきましたが、いよいよ花粉症が本格的に始まったような感じです。

来週の日曜日に、ふかやマラソンが開催されますが、花粉症で鼻をかみながら走るようになってしまうのかも?

ふかやマラソンは、参加者が非常に多く、とてもにぎやかな大会です。

もしかすると、今年は、マスクをしながら走るランナーが出現するのか…





■卸遑隠監のバレンタインデーに、富岡市役所ホームページを見ましたら、婚活系の記事が二つ掲載されていました。

それらは、社会福祉協議会の『婚活支援イベント』と、市が行う『婚活支援イベント(男女別W講座+ランチ交流会)』です。

このようなイベントで、どれだけのカップルが誕生し、これまで結婚にまで至ったのかはわかりませんが、まずは、せっかく行うのですから、こうした情報が婚活中の方々にしっかり周知され、一人でも多くの方に参加してもらうことが重要です。

婚活中の人をご存じならば、『市が行う婚活イベントがあるので、出かけてみたら?』と、ぜひ、お声をかけていただきたいと思います。






/祁織灰蹈淵Εぅ襯垢隆鏡が拡大しています。

群馬県では、感染者はまだいないようですが、今のままでは、時間の問題のように思えます。

しかし、あくまでも個人的な考えですが、高齢者や重い病気を持っていうような方々以外は、あまり神経質にならなくてもいいように思えます。

狭いスペースに大人数で長時間いるようなことは避けたほうがいいと思いますが、それ以外は、風邪に注意するように、体を冷やさない、手を洗う、しっかり眠って体力を維持するなどに気を付けるくらいしか対応法はないのでは?

通勤で、満員電車に長時間乗らざるを得ない人はリスクが高そうですが、車社会の群馬なら、そうした危険性は低いように思われます。

新型コロナウイルスで亡くなれば、ニュースで大きく取り上げられますが、季節性のインフルエンザで亡くなる方は、遥かに多くいるのに、ニュースにはなりません。

中国の武漢での感染者数、死亡者数は非常に多く、それをベースに考えますと恐ろしく思えますが、日本で同じような事態になる可能性は、低いのでは?

ところで、いま見ていたテレビでお医者さんが、『エレベータのボタンなどを押すときは、指先で押さずに指の第2関節を使っている』と話されていました。

理由は、指先にウイルスや菌が付着すると、それが目・鼻・口から体内に入る可能性があるから、だそうです。

これは、生活に取り入れるべき知識かもしれません。




2月14日(金)
新型コロナウイルスに感染したという人が、全国で見つかっています。

こうなるのは時間の問題と思われていましたが、もはや日本のどの地域で感染者が出ても、おかしくないと考えられます。

こういう時こそ、冷静になって、基本的な対策を徹底することが重要なのでは?

まだ、幸いなことに群馬県内では感染した人はいないようですが、睡眠をしっかりとって体力を温存し、免疫力を低下させず、手洗いを徹底することなどが肝心と思います。

特に、手を洗っても、雑菌だらけのスマホをいじりながら、その手でお菓子をつまんで食べるようなことは避けたほうがよろしいのでは?

スマホは『不衛生の代表のような存在』の可能性がありますので。








威力業務妨害という犯罪があります。

ネット検索しましたら、以下のような解説がありました。

威力を用いて人の業務を妨害すること。この場合の「威力」とは、直接的、有形的な方法であり、具体的な暴力その他よりも軽微と言える文書・インターネットなどによる犯罪予告も含まれる。また「業務」の範囲については、権力的公務は業務に含まれないとするのが一般的。刑法第234条が禁じており、違反した場合、3年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられる。公訴時効期間は3年。

実は今日、市内で、この威力業務妨害に当たると思われる事案が起きたと聞いております。

幸い、事なきを得たそうですが、困ったことです。

巻き込まれてしまったみなさんには、ぜひ、冷静に対応していただきたいと思います。






〆鯑に続き、富岡地区のポスティングを行いました。

酢の瀬のフレッセイ周辺まで配れました。

今日の時点で配った枚数は6400枚ほどです。

まだ、先は長い感じです。

ところで、アミューズのすぐ西の鏑川沿いの道で、こんな光景が見えました。



台風19号の爪痕は、まだ多数、市内には残っていますが、水の力の凄まじさをあらためて感じました。

南極で気温が20℃を超えたそうですが、地球全体の温暖化が進んでいる可能性があるため、日本でも今後、高温や大雨が多くなるのでは?

台風19号のときのような大雨に、今年も襲われることも十分考えられます。

万一の時には迅速に避難できるよう、常に準備しておくことが必要な時代になったのかもしれません。





2月13日(木)
天気予報で、今日は気温が上がるとは聞いていましたが、まさかここまで上がるとは思ってもみませんでした。

いつもなら、バイクに乗ると寒いので、ヒートテックの長袖下着とタイツを着用しますが、今日は、半袖の綿下着とタイツなしでもポスティング中は暑いくらいでした。

下校の時、半袖の体操着で歩いている小学生の姿も見えましたが、桜が咲くころよりも暖かく感じました。

でも、これでまた寒さが戻りますと、恐ろしい感じです。

暖かくなりますと、花粉症のほうも気になりますが、そろそろクリニックに出かけて、いつもの薬をもらったほうが良さそうです。

私は普段、何も薬を飲んでいませんので、花粉症の薬は非常によく効きます。

年末にインフルエンザにかかったとき、タミフルがよく効いて、あっという間に熱が下がったのも、そのおかげかもしれません。

ところで、先ほど、タクシーの運転手の方が、新型コロナウイルスに感染したというニュースがありましたが、これからこのようなケースは増えていくのでは?

今のところは、感染したら、各自の免疫力で治すしかないようですので、注意したいものです。






…一番で市役所に行き、その後、市議会だよりのポスティングを行いました。

今日は、市役所の東側と、旧富岡東高周辺の富岡地区を配りました。

富岡地区は、非常に件数が多いので、時間がかかります。

また、昔ながらの狭い道も結構多く、バイクの向きを変えるのに苦労するような場所もあります。





七日市地区と富岡地区には、東京の下町と同じくらい家が立て込んでいる場所がありますが、気になるのは、空き家と思える家が増えていることです。

数か月ごとに、ポスティングをしていますので、新しく建った家と、空き家になった家は、よく分かります。

高齢のご夫婦でお住まいだったお宅で、どちらかがお亡くなりになって一人暮らしになると、どこかの段階で、施設に移り住むようになり、空き家となる、というパターンが多いのではないでしょうか?

まだ古くなく、十分に住めそうな空き家も多いように見受けられますが、なんだかもったいないように思えます。

日本人は、安い中古の家より、高くても新築を好む傾向があるので、空き家は増えざるを得ないのでしょうが、社会全体の資産という観点で考えますと、非効率な状況と思えてなりません。




2月12日(水)
『新型コロナウイルス感染症について』という情報が、富岡市ホームページに掲載されていました。

製造業企業で中国に行っている人は少なくありませんので、もしも日本に帰ってきたとき、急に高熱が出るなど体調が悪くなったら、ホームページに書かれているような手順で進めていただくことは重要かと思われます。

気になる方は、一度、ご覧になってはいかがでしょう?






▲櫂好謄ングで龍光寺に行きましたら、大きなイチョウの木が目に入りました。



実は、55年以上前、ここの幼稚園に通っていましたので、これは思い出深い木です。

幼稚園児の時には、とてつもなく大きな木というイメージがありました。

また、秋になると、銀杏の臭いがあまりにも強烈だったことも、よく覚えています。

それにしても、半世紀以上も前のことが、昨日のことのように思い出されるようになるとは…

若い方は気づいていないでしょうが、人間、あっという間に歳をとってしまいます。

齢を重ねても、考え方や気持ちなどはあまり変わりませんが、外見はどんどん老け込んでしまい、体力も衰え、体のあちこちが痛くなったり、若い時には当たり前にできたことができなくなります。

この傾向が、これから死ぬまで続いていくと考えると、長生きは幸せなのか、不幸せなのか、よく分からなくなってしまいそうです。

男性の平均健康寿命は72歳ほどですので、健康管理をうまくして、1割増しの80歳くらいまで健康を維持したいと思っていますが、これは簡単そうで簡単ではないように思えます。

高齢の方々を見ていますと、最も老化現象が出るのは脚のように思えますので、脚の機能をいかにして維持できるかが、健康寿命延伸の大きなポイントなのでは?

スロージョギングを継続して、まずは70歳までは、5kmレースに参加できるくらいの体力をキープしたいと思っていますが、周囲の方々を見ていますと、そのような人はほとんどいませんので、これはかなり難しいことなのかも…






…から市議会だよりのポスティングを行いました。

天気が良かったこともあり、順調に進みました。

七日市地区は終わって富岡地区に入り市役所周辺まで来ました。



今日の時点で5千枚以上は配れましたので、市内全域の3分の1くらいは終えたという感じです。

明日は、市役所の東側の富岡地区を配る予定です。




2月11日(火)
先日新聞を見ていたら、今年の6月から、高崎市は無料タクシー『おとしよりぐるりんタクシー』を山間部など3地域で運行するとのこと。

無料…ですか…!!

財政力のある高崎市の、移動困難者対策は、スケールが違います。

富岡市の対策はなかなか進んでおりませんが、来年度、乗合タクシーの改革は少しは前進するのでしょうか?

住民の方々が求めるサービスの自治体間格差が、どんどん広がっているように思えますが、富岡市の人口減少速度が速いのは、こうした対応が遅いことも、その一因なのでは?





∋垉腸颪世茲蠅離櫂好謄ングは、今日は用事ができてしまったため、行えませんでした。

明日は、途中まで配った七日市から、再開したいと思います。

明日で七日市地区を終えて、富岡地区に入りたいところですが、富岡市の中央は、非常に家が集まっていますので、面積は広くありませんが、時間がかかります。

順調に進んでも、市役所周辺の地域くらいまででしょうか。

今週は、議会関連の予定が少ないので、できるだけ多く配りたいと思いますが、早く半分の7500枚くらいまで行きたいところです。






/祁織灰蹈淵Εぅ襯垢隆鏡者が増えていますが、ピークは一体いつごろになるのでしょうか?

完全に鎮静化するには、かなりの時間がかかりそうですので、東京五輪の外国からの観光客は、期待したようにはならない可能性が高いように思えます。

今は、感染の広がりに注目が集まっていますが、落ち着きを見せ始めれば、世界経済への打撃に関心が集まるのでしょう。

2020年は、新型コロナウイルスによる世界的な不況の年となってしまうのかも?

ところで、横浜港に停泊しているクルーズ船の乗客、乗員の中から、多数の感染者が出ていますが、近いうちに、日本全国のあちこちで感染者が出るのも間違いないように思えます。

でも、新型コロナウイルスは、薬やワクチンはありませんが、これよりも通常のインフルエンザで亡くなる方のほうが圧倒的に多いのですから、ちょっと考え方を変えたほうがよろしのでは?

季節性インフルエンザに感染する人は、日本では毎年1000万人ほどで、亡くなる方は約1万人とのこと。

冷静に考えれば、一般的なインフルエンザのほうをもっと恐れる必要があると思えますが?






2月10日(月)
昨日、春祈祷で伺った、事故が多発する丁字路と看板に光が遮られてしまう防犯灯について、朝一番で市役所に行き、担当の部長さん、課長さんと話してきました。

一度、現地を確認して、対応を考えていただくことになりました。

丁字路は、事故多発ポイントであることを周知するような標識や道路標示をするなどの対策を講じてほしいものです。

一ノ宮の大型スーパーに行く方で、その丁字路を通る方は多いかと思いますが、ぜひ、ご注意ください。




⊃祁織灰蹈淵Εぅ襯港動で、『石鹸での手洗い』が推奨されています。

でも、手を洗うことは必要だとしても、1日に何度も石鹸で手を洗ったら、手荒れがひどくなってしまい、逆に悪い影響が出るように思えますが?

油汚れのような場合ではなければ、流水でよく手を洗えば、十分のように、私は思っています。

石鹸で手を洗いすぎて、皮脂がなくなり、ガサガサになってしまったら、逆にウイルスや雑菌が皮膚に付着しやすくなるのでは?

なので、手洗いは、水で良く洗って、しっかり水分を拭き取るほうが、インフルエンザ予防に良いように個人的には感じています。

ネット上に、以下のような記事がありましたが、一度ご覧になってはいかがでしょう?

"手を洗いすぎる"と風邪を引きやすくなる
「流水で10秒間」だけでいい







ー憩市で市議会だよりのポスティングを行いました。

七日市地区の6割以上は、配れた感じです。

今日の時点で配った枚数は4000枚を超えましたが、まだ1万枚以上ありますので、先は長いです。

ところで、高田川のそばに行きましたら、川は枯草に覆われていました。




ここまで広く覆われますと、ちょっとアート的な雰囲気も感じられました。

また、市民プールも途中で見えましたが、冬場のプールというのは、なんだか哀愁が立ち込めているように思えました。



青々としたプールも、真夏と真冬では、だいぶ印象が変わります。






2月9日(日)
.─璽好疋奪献棔璽訛膕颪あり、市民体育館へ朝から出かけてまいりました。

アリーナに、ドッジボールのコートが3面設けられていましたが、応援のみなさんも多く、大変な熱気でした。





ドッジボールの観戦の後は、美術博物館で開かれている富岡市内出土品展に出かけました。





弥生時代の土器を、至近距離で観察してみましたが、2千年前にこの模様を描いた人は、何を思いながらこれを描いたのか?

そんなことを思いながら、昔の土器を見るのも楽しいものです。

出土品展は、2月16日までです。

ぜひ一度、お出かけください。

そして午後は、地元の春祈祷がありました。

その場で、二日ほど前に起きた、交通事故の話になりましたが、ちょうど現場の写真を撮った方がおられて、その時の様子を見せてもらえました。



ここは、一ノ宮郵便局がある通りですが、事故のあった丁字路は、近くの大きなスーパーに行く車の出入りも多く、おそらく富岡市内でも最も交通事故の可能性が高い場所の一つでしょう。

この道は、道が狭いのに交通量が非常に多いので、抜本的な安全対策が必要です。






2月8日(土)
¬襦◆應討鵑悩覿漫戮箸いΡ撚茲鬟謄譽咾粘僂泙靴拭

単なるナンセンスギャグの映画ではなく、非常に練られた内容で、とても楽しめました。

埼玉県を徹底的におちょくる内容ですが、逆に、ここまで強烈になりますと、嫌みも不快感もないように思えました。

また、普段は地味目な埼玉県ですが、この映画を観た人は、埼玉県の情報が自然に身についてしまうのでは?






…から夕方まで、市議会だより第69号のポスティングを丹生地区で行いました。

原・上丹生は終えて、下丹生が100枚ほど残っている状況です。

明日は、地区の契約(定期総会)などがありますので、まるまる一日配れませんが、夕方だけでもポスティングをすれば、丹生地区全域を終えられそうです。

また、上丹生で、とあるお宅の庭先にバイクで入りましたら、20mほど前に、巨大なイノシシがいて仰天しました。

バイクの音で驚いたのか、身軽に向きを反転させ、そのまま去っていったので助かりましたが、もしも、私のほうに向かってきたとしたら、一体どうなっていたことか…

バイクに乗っているとき、大きなイノシシに遭遇したのは2度目ですが、本当に恐ろしかったです。

また、夜は、全一ノ宮少年野球の『6年生を送る会』が開かれました。

今年、卒団する6年生は3名でした。



6年生のみなさんには、チームの中心として、長い間活躍していただき、ご苦労様でした。

中学生になってからも、少年野球での様々な経験を生かし、クラブ活動や勉強を頑張っていただきたいと思います。




2月7日(金)
どこの店に行っても、マスクは売り切ればかりですが、その割にはマスクをしている人は多いように思えます。

みなさん、結構、家にストックを持っていたということなのでしょうか?

たまたま、昨日、某ドラックストアに開店の時に立ち寄りましたら、お一人様2箱限定(1箱30枚入り)で、購入することができました。

これで、花粉症で鼻の調子が悪くなっても、何とかなりそうです。

実は、その時、一緒に並んでいた方は、市内の中学校の関係者でした。

立志式のときに、マスクを持っていない生徒さんと保護者の方々に使ってもらうため、急遽マスクを買いに来たそうですが、学校で使うマスクでさえ手に入らないというのは深刻です。

いつまで、この品不足の状況が続くのかはわかりませんが、早く正常な流通の状態に戻ってほしいものです。





⇒縞、富岡甘楽地方議会議員連絡協議会役員会の集まりがありました。

富岡、甘楽、下仁田、南牧の4つの自治体の議長、副議長、委員長などが、この連絡協議会の役員です。

毎年、合同で研修会などを行っていますが、来年度の事業について話し合いました。

また、その後、懇親会があり、近隣町村の様々な話も聞くことができました。

その中で、『今朝、俺んちは、マイナス10℃だった』とおっしゃっていた方がおられました。

かなり寒かったのはわかりますが、富岡甘楽地区で、本当にそこまで寒かったのかでしょうか?

温度計に問題があり、正確な気温ではない可能性もありますが、とんでもなく寒かったということは、間違いなさそうです。






〆Fは、この冬一番の寒さのように思えました。

バイク日和ではありませんでしたが、黒川地区で市議会だよりのポスティングを行いました。

いつもですと、ポスティングの途中で体が熱くなり服を脱ぎますが、今日はずっと厚着のままでした。

真冬のポスティングでも、このようなことはこれまでなかったのでは?

ところで、黒川地区は妙義町の下高田と接していますが、そのあたりから見える妙義山は、なかなかの眺めです。

複数の飛行機雲みたいのものが、空に見えました。

何か、あったのでしょうか?







2月6日(木)
⊇斬陲並んでいる地区に、草ぼうぼうの空き地があるようなケースは、珍しくありません。

そうした空き地は、周辺にお住いの方にとっては、非常に迷惑であり、近隣の住環境を悪化させる原因となる場合が多々あります。

そうした管理されていない空き地があっても、持ち主がわからないと、どうにもなりませんが、そのような場合は、市役所から持ち主を調べてもらって、管理をお願いをする手紙を送ることはできます。

それで、持ち主の方がきれいにしてくれるかは、ケースバイケースですが、これで問題が解決することも結構あります。

しかし、先日、ご相談をいただいた空き地については、所有者がかなり前にお亡くなりになり、今は誰が相続したのかもわからず、市から連絡ができないことが今日わかりました。

つまり、ジャングルのような状況になってしまっても、だれにも、どうにもできないということです。

このようなケースは、これからどんどん増えていくのでは?

何らかの対応策を考えませんと、近い将来、大変なことになりそうです。






〆Fの寒さは、格別でした。

これが本来の2月の陽気なのでしょうが、まさに外は『震えるよう』でした。

朝から市議会だより第69号のポスティングを行うつもりでしたが、風も強かったので、急遽、中止しました。

風が強いと、事故の原因になりかねませんので。

先ほどニュースでは、富山市は雪が15センチ積もったとのことで、一日ずれていたら、かなり大変な視察になってしまっていましたが、その点は幸いでした。

午前中は、市役所に行き、午後は家で視察報告書を書き始めました。

先ほど、初日に野々市市の図書館の視察についてまとめましたが、時代のニーズに合った図書館としては、大いに参考になりました。

しかし、整備につきましては、総事業費87億円の『野々市中央地区整備事業』の一部として行われたため、財政難の富岡市ではスケールが大きすぎるように思えました。

ところで、野々市市の図書館は、年間利用者数は50万人を超えています(市民学習センター分も含む)。

隣接の金沢市からの利用者も多いので、この数字になったようですが、ここまで魅力的な施設になったのは、民間の専門企業に運営を任せたことが大きな理由と思えます。

管理運営は全国での実績がある『図書館流通センター』に委託しているとのことですが、絵本作家の展示会や講演会を開いたり、夜の10時まで開館したり、さらには、図書館の一部には、『騒いでもよいコーナー』を設けるなど、常識を超えたような特徴が数多くありました。

これらはどれも、市の直営だったら、できなかったことかもしれません。

野々市市は、人口減少時代の今でも人口は増加しているという非常に勢いのある珍しい自治体ですが、この魅力的な図書館も、その理由の一つと思えました。

住民が望むサービスを提供できる自治体は生き残ることができ、提供できない自治体は滅んでいくということなのでしょうが、毎年500人以上、率にして1%以上も人口が減っている富岡市としては、野々市市の事業で取り入れることができるようなものは、成功事例として導入すべきなのでは?






2月5日(水)
昨日の野々市市の図書館視察で、珍しいものを見つけました。

図書消毒機です。



この扉の中に本を入れてスイッチを押せば、30秒ほどでホコリは取り除かれ、紫外線で消毒されるとのこと。

不特定多数の人が利用しますので、図書館の本に対して、ちょっと気になっている方もおられるかもしれませんが、そのような方々にとっては、図書消毒機はありがたいものなのかしれません。





魚津市からの帰りは、黒部宇奈月温泉駅から北陸新幹線に乗りました。



夕方の4時46分に新幹線に乗りましたが、高崎着は6時21分でした。

富山県から1時間半ちょっとで、群馬まで来れてしまうというのは、ちょっと信じられないような感じです。

晴天で、立山連峰の景色が素晴らしい時に、再度、富山に行ってみたいものです。





〃嫁呂里曚Δ蓮△天気は良かったようですが、北陸地方は昨日から一転し、低温で雨や雪が降るような悪天候になりました。

昨日から、金沢市のビジネスホテルに泊まっていましたが、今日は富山県魚津市に視察に行くため、午前中はジャンボタクシーで目的地に向かいました。

魚津市に入りますと、道路に雪が積もり始めていて、道路中央に設置されている雪を融かすための設備から、噴水のように水が出ていました。



この冬はこれまで、雪国の北陸地方でも、ほとんど雪が降っていないようでしたが、今日はやっと平年並みの陽気になったというところでしょうか。

ところで、魚津市では『学校規模適正化推進計画について』、詳しいお話を伺ってまいりました。

魚津市の人口は4万2千人ほどで、中学校はすでに再編を進め2校となっていますが、令和5年度までに12あった小学校を4校にまとめる再編を進めています。

平成28年度に3校を1校に、30年度に4校を1校に、さらに31年度に3校を1校に再編しており、現在は最後の2校の統合に取り組んでいます。

実際に再編を進めてきたお話は、とても内容が濃く、富岡市の学校再編にも生かせるような要素が数多くあるように思えました。

魚津市でも、学校再編の話が始まったときは、反対の意見が非常に多かったものの、それを乗り越えて統廃合を進めることができた具体的な理由も知ることができました。

詳しい内容は、視察報告書を書く時に、ホームページでも紹介させていただきます。





2月4日(火)
ー匆饐鑁ぐ儖会の視察で、石川県野々市市に来ました。

今日は、PFI方式という官民連携による方法で整備した図書館を視察しました。







想像していた以上に、素晴らしい施設で、驚きました。

野々市市の面積は、富岡市の10分の1ほどの小さな市です。

しかし、人口は約5万5千人で、人口減少時代にもかかわらず、今も人口は増えているとのこと。

金沢市のすぐ隣ということで、ベッドタウンとして、発展を続けているようですが、このような図書館があれば、野々市市に住みたいという人が増えたとしても、全く不思議ではありません。

子ども用のコーナーも充実していて、小さなお子さんを連れた若いお母さんも、数多く見受けられました。

まちの魅力を高めるのに、この図書館は大きな貢献をしているように思えました。

ところで、北陸地方は、通常ならこの時期は雪があるのが当たり前ですが、新幹線で日本海側に出てからも、全くと言っていいほど雪景色はありませんでした。

こんなに雪がないと、今年の夏は水不足などが起こる可能性もあるのでは?

宿泊先は、金沢市ですが、近くに金沢市役所と21世紀美術館があり、夕方ちょっと時間がありましたので、散歩がてら見てまいりました。

↓金沢市役所です。


↓右は21世紀美術館、左は市役所




21世紀美術館はとても有名ですが、外国人観光客のグループの姿も、かなり見受けられました。

金沢市の観光集客力の強さを実感しました。




2月3日(月)
ぁ悗發呂蕕気鵑離曄璽爛據璽犬髻∨萋見ています』と、よくお声をかけていただきます。

ご覧になっていただきまして、ありがとうございます。

ホームページと議会だよりは、できるだけ継続していきたいと常々思っております。

明日は、視察で金沢市の隣の野々市市に行きますが、視察についての内容も、夜にはアップロードしたいと思います。

北陸のこの時期は寒いので、それがちょっと心配ですが、マフラーで首をバッチリ暖めながら出かけるつもりです。





M縞は、清掃センターに出かけました。

住宅地の中の空き地に、草ぼうぼうで管理に問題がある場所があり、『持ち主に何とかしてもらいたい』というご相談をいただき、環境課に出かけたような次第です。

担当の職員さんに対応をしていただくことになりましたが、この種類の問題は、これから増えることは確実でしょう。

管理されない空き家、空き地は、最大級の社会問題の一つになるのでは?





午後は、貫前神社の節分祭に行ってきました。

この時期は、寒い日が多いのですが、今日は風もなく、外にいても寒さを感じませんでした。

豆まきが始まりますと、みなさん『拾う気まんまん』で、迫力がありました。



やはり人間というものは、ちょっとしたことでも、人と競いたくなるような気質があるということなのでしょうか。

大変、活気が感じられました。

また、保育園の子どもたちの豆まきは、穏やかな感じで、ほほえましく感じました。






仝畫庵罎蓮▲櫂好謄ングを行いました。

今日は、残っていた宇田地区を配りましたが、行くときに社会教育館の前を通りましたら、高台から上高瀬の火事の煙が見えました。



まだまだ火災のシーズンが続きますので、みなさん火の管理には、くれぐれもお気を付けください。

ところで、ポスティングのほうは、順調に進み、今日で一ノ宮地区が一応配り終えることができました。

明日、明後日と、北陸への視察のため配れませんので、今日でひと区切りがついて良かったです。

ちなみに、木曜日からは、黒川・七日市を配る予定です。




2月2日(日)
⊃祁織灰蹈淵Εぅ襯垢隆鏡ですが、中国の武漢は極めて深刻な状況ではあるものの、他の地域では、想像していたよりは穏やかなように思えます。

これから日本でも、爆発的に感染者数が増える可能性はもちろんありますが、もしも、そのくらいの感染力があるのなら、もっと早く広がっていたのでは?

どこのお店に行っても、マスクが売り切れですが、マスコミ報道により、全国民が不安を煽られてしまっているように思えます。

新型コロナウイルスは未知の要素が多いので、不安になるのは当然ですが、もう少し冷静になったほうがよろしいのかも?






〆Fも朝から市議会だより第69号のポスティングを行いました。

昨日と今日で、一ノ宮、宮崎、田島、神農原をほぼ配り終えました。

日曜日ということで、同級生など、良く知っている方に何人も途中で会い、話が弾み過ぎてしまい、ちょっと枚数的には、あまり配れませんでしたが、二日間で1800枚ほどはポスティングできました。

神農原で、かつて中学校の先生をされていた方から、市の学校再編計画についてストレートなご意見もいただきました。

その内容は、計画の発表に強い唐突感を持ったことと、内容も実際に進めるのは難しい、というものでしたが、そのようにお感じの方は、少なくないと思えます。

今回の再編計画は、あくまでも『たたき台』として、市が示したものですから、これから各学校で行う説明会などでのご意見によっては、変更になることも十分に考えられることを申し上げましたが、その点をご理解していただいていない方々が非常に多いように感じます。

また、閉鎖した『かぶら健康センターかのさと』前を通りましたら、数多くの自転車が並んでいました。



外国人就労者の方々の寮のように、現在使われているのでしょうか?

ここは、平成10年に18億円ほどの事業費で整備した施設ですが、今の状況を見てしまいますと、もったいないお金の使い方をしてしまったと思えてなりません。

事業とすれば、失敗の部類に入るでしょう。

富岡市はハコモノ系の事業では、貴重な財源の無駄遣いが多すぎるように感じるのは私だけでしょうか?




2月1日(土)
▲櫂好謄ングで貫前神社の鳥居のそばを通りましたら、赤っぽい花が咲いている木がありました。



花の名前は詳しくないので、何の花かはわかりませんが(梅?)、春が近いことを感じさせるような色でした。

また、一ノ宮駅の南の住宅地に行きましたら、和合運動場が鏑川の北側から望めました。



ひと言で表現すれば、惨憺たる状況というところでしょうか。

お金がかかるので、再整備はしないというのは、仕方ないのかもしれませんが、この状況で放置されるというのは、ちょっといかがなものかと思えました。





〇垉腸颪世茲蠡茖僑更罎離櫂好謄ングを、今日から始めました。

最初は、地元の一ノ宮から配りますが、天気が良かったことから千枚ほどポスティングできました。

もしも市内全域、このペースで配れれば、15日くらいで終わりますが、1日千枚配れるところなど、ほとんどありません。

事故なくケガなく、配り終えられるよう、注意したいと思います。

ところで、今朝のバイクのメーターは、11750kmでした。



終わるときは13000km近くになりそうです。

最近はバイクでツーリングっぽいことを、ほとんどしませんが、ポスティングでかなりの距離を乗りますので、それがツーリングになってしまっているのかも?





1月31日(金)
¬襪蓮一ノ宮地区子育連と一ノ宮小学校PTAの合同新年会がアミューズで開かれました。

一ノ宮小は、ちょっと前までインフルエンザによる学級閉鎖のクラスがありましたが、今は落ち着いたようで、良かったです。

会場では、役員の方や先生方と、様々なお話ができて、勉強になりました。

ところで、今日、ホームセンターに買い物に行きましたら、マスクの棚が、ガラガラでした。

『お一人さま3箱まで』と書かれた紙が貼ってありましたが、それでも、売り切れでした。

また、その後、近所のドラッグストアに行きましたら、そちらもマスクの棚は同じようにガラガラでしたが、連日の新型コロナウイルスのニュースのため、みなさん急に心配になってきたということなのでしょうか?

もしかしたら、ネットオークションでの転売目的で買い漁っているようなケースもあるかもしれませんので、お店のほうも、一人一箱限りくらいまで、限定したほうがよろしいのではないかと思えました。

今年は、暖かい日が多いため、そろそろ花粉症で鼻水が出るような気もしますので、そのときに、買い占めでマスクが手に入らないと、ちょっと困ってしまいます。






\消罎領志式が行われ、来賓として出席してまいりました。



立志式は中学2年生のみなさんの行事ですが、今年の2年生は92名でした。

しかし、インフルエンザがちょうど流行っていたため13名が欠席で、空席が結構ありました。

聞いたところでは、式典の様々な担当の生徒さんが欠席していたとのことで、記念合唱では、指揮とピアノ伴奏は、ともに急遽、代役の方がやっていました。

しかし、二人とも非常に落ち着いていて、指揮も伴奏もとても見事でした。

欠席の同級生が出ても、まさにワンチームで、頑張っていた2年生の姿を見て、うれしい思いがしました。

今年の2年生は、私の47学年(おそらく?)後輩のみなさんですが、今日は本当におめでとうございました。

ところで、立志式では、一人ひとりが誓いの言葉を述べます。

聞いていますと、4つのパターンがあることに気づきました。

/佑量鬚卜ちたい

挑戦できる人になりたい

みんなを笑顔にできる人になりたい

ずい辰討い訖佑鮟けたい

どれも、素晴らしいことと思えます。

ぜひ、今の純粋な気持ちを心の片隅に残しながら、大人への階段を上って行ってほしいと思います。






 
 














































オリジナルラベルワインの麻屋商店