富岡市を元気に!子どもたちに明るい未来を! 富岡市議会議員 茂原正秀WEB-SITE
TOP(2008年から2018年8月までの活動記録はトップページからご覧ください)      
  2018年9月以降はこちらから  






市議会だより

第69号表面

第69号裏面

第68号表面

第68号裏面

第67号表面

第67号裏面

第66号表面

第66号裏面

第65号表面

第65号裏面

第64号表面

第64号裏面


丹生湖ひまわり畑

富岡市の桜

富岡市防災マップ
防災マップ(地図面)

防災マップ(情報面)

オリジナルラベルワインの麻屋商店





   




富岡市の防災気象情報(気象庁リンク)

  ご意見は、下記メールアドレスをコピー&ペーストして、お送りください
moharamasahide@gmail.com
 
2020年9月はこちらから
8月31日(月)
〆F、小・中学校の修学旅行について、市当局から通知をいただきました。

それによりますと、『小学校6年生、中学3年生の修学旅行は中止とする』とのことです。

中止の理由は以下の3点でした。

・現状の感染状況を踏まえ、宿泊と長距離の移動を伴う教育活動の実施は困難である

・感染者及び濃厚接触者が確認された場合、家庭や学校における感染拡大防止に、より多くの対応を要することとなる

・感染の収束が見えない現状においては、市内小・中学校で統一した対応をとるべきである




さらに、『他学年の旅行的行事は実施しない』とのことで、尾瀬学校や集団宿泊的行事も中止となります。

自分の小中学生時代を振り返りますと、修学旅行は最も印象的な思い出の一つですので、それがなくなってしまうというのは、子どもたちにとって、非常に気の毒なことと思えます。

しかし、全国的に修学旅行は中止されています。

また、旅行中に万一感染者が出た場合、濃厚接触者の数も多くなり、旅行後の授業に多大な影響が出てしまいますので、残念ですが、この決定は仕方ないでしょう。

でも、宿泊で出かけるのは難しいとしても、何もしてはいけないというわけではありませんので、各学校でアイデアを出して、子どもたちの思い出になるようなイベントを実施してほしいものです。

コロナ問題が起きて、うんざりするようなことが多いですが、子どもたちに一生に一度しかない楽しい思い出をつくってあげられないというのは、仕方ないというとは分かりますが、本当に残念です。







8月30日(日)
ヾ屬發覆始まる9月定例会では、前年度の決算の認定が行われます。

分厚い決算書には、前年度の収支について、どんな事業にいくらの費用をかけたのかが細かく書かれていますが、決算特別委員会でそれを審査します。

しかし、何度も紹介していますが、監査委員をしている議員1名を除いた17名が、特別委員会に出席しますが、何一つ質問も意見も述べない議員さんが、半分ほどいらっしゃいます。

積極的に発言する議員は4名程度と見えますが、こんな状況ですので、議会として非常にマズイのではないかと、毎回思えてしまいます。


3月定例会では、次年度の予算を審議しますが、その時も同様で、活気があるとは思えません。

そうした議会の問題点を改善するには、決算特別委員会と予算特別委員会を、インターネット中継するなどの、思い切った改革が必要ではないかと私は考えております。

多くの市民の方が、ネットで見ているということになれば、さすがに『何も言わないのはマズイぞ』と、沈黙なさっていた議員さん方も、積極的にならざるを得ないのでは?

また、予算と決算の審議は、議会の議論の中でも、最も重要なものですので、その情報は多くの市民の方々に知ってもらう必要があります。

ただ、特別委員会をネット中継するとなると、大会議室に新たな機器の整備をする必要がありますので、進めることは簡単ではありません。


なので、その第一歩として、特別委員会の会議録を、まずはネットで公開することを、私は議会改革検討委員会で強く提案していますが、改革検討委員会が、あまり改革に積極的とは思えないようなところがあり、なかなか進みません。

ちなみに会議録のネット上での公開は、大きな費用は不要ですので、議会が決めれば、簡単に開始できます。

会議録がネット上に公開されれば、発言なさらない議員さん方のことが明らかになってしまう可能性があるので、『後ろ向きの議員が多い』というようなことではないと思いたいところですが…、もしかすると、ズバリそれが理由なのかも…

でも、予算・決算特別委員会の会議録の、ネットでの公開を行っている市議会はどんどん増えていますので、どうせやるのなら、間違いなく早いほうがいいでしょう。





8月29日(土)
。厳遒盡緘召任垢、今日の暑さは、なかなかの厳しさでした。

また、今日の夜は、人から誘われて、富岡市内の街中の飲食店に出かけましたが、土曜日の夜なのに、通りを歩く人は、ほとんど見かけませんでした。

これは、暑さのためなのか、コロナのためなのか、それとも偶然そのような状況であったのか?


でも、久しぶりに、複数の人と、外で食事を食べた感じです。

もちろん、3密の回避や換気などには、配慮された場所においてですが…


コロナ問題が起きてから、市のイベントだけでなく、地域のイベントも軒並み中止という状況ですが、最近は、それに慣れてきてしまったように感じます。

もしも、今の状況が、これから数年間も続いたら、この新たな生活様式が当たり前になってしまい、以前の暮らしには戻れなくなってしまうのでは?


冷静に考えれば、年間の死者数が、インフルエンザよりも少ない程度の感染症のため、ここまで生活が変貌してしまうというのは、ちょっとやり過ぎのように思えます。

これでは、新型コロナよりも遥かに感染力が高く、致死率も高い感染症が発生したら、それこそ社会も経済も、大混乱のうちに崩壊してしまうような恐ろしさを感じます。

感染しても、いじめられたり、誹謗中傷されることもなく、回復するまで平穏に暮らしていけるような寛容な社会なら、コロナ感染症もさほどは恐ろしくないのでしょうが、今や、病気そのものよりも社会から受ける冷酷な反応が恐ろしくて、病気を恐れる気持ちが大きくなるという、本末転倒のような状況に陥っています。


見方を変えれば、この感染症の恐ろしさの大半は、『感染した時、社会から受けるバッシングに対する恐怖感』と言えましょう。

コロナに感染してしまった人に対して誹謗中傷する行為こそが、新型コロナウイルス感染症の最大の問題と思えます。

その問題を解決するには、ワクチンや特効薬ではなく、一人一人が感染者に対して寛容な姿勢を持つことですが、この日本では、それが案外、最も難しいのかもしれません。







8月28日(金)
^打楞輙が、辞意を表明されました。

私がこのホームページの、8月1日の記事の中で、『9月には、安倍総理の退陣ということも、ひょっとすると、ひょっとするのでは?』と記しましたが、何となく感じたことが本当になってしまい、驚いています。

潰瘍性大腸炎という難病が理由とのことですが、お気の毒と思えます。

数日前に、総理在任期間が歴代最長となったばかりですが、総理の激務に耐えることができない体調と、自らご判断をなさったわけですので、まずは健康回復を最優先していただきたいと思います。

コロナ問題が発生してからの、国の方針や対策は、問題が多かったように思えますが、総理の体調不良も関係していたのかもしれません。


安倍総理に対しては、様々な評価があるのでしょうが、日本の総理としては、過去に例がないほど世界で大きな存在感を示したことは間違いありませんので、この次の総理になる方は、非常に大変なのでは?

コロナ問題、経済・財政問題、外交問題など、難問山積です。

総理にふさわしい実力や器を備えていないのに、ただ権力の座につきたいという我欲だけで総理になりたいような人がなってしまったら、ただでさえ暗そうなこの国の未来は、真っ暗になってしまいます。

解決困難なコロナ問題の発生や、五輪開催もほぼ絶望となれば、モチベーションが下がってしまうのは仕方ないとは思えますが、2回続けて病気を原因に、このタイミングで辞任というのは残念な終わり方でした。

でも、コロナ問題は、これからが本番の可能性もありますので、新しい総理には強力なリーダーシップを発揮してもらい、しっかりした対策を講じるほうが、今の日本には必要でしょう。


国民にしっかり説明をしてくださる人が、新しい総理になれば、さらに結構なことですが、その当たり前のことが当たり前でないところに、日本の政治の根本的な問題があるのかも?






8月27日(木)
L襦久しぶりに公民館のウクレレ教室に参加してきました。

最近はずっと休ませてもらっていましたが、お世話になった先生が、今日でお辞めになるとのことで、ご挨拶も兼ねて出かけたような次第です。

一ノ宮公民館で、ウクレレ教室が始まったのは、もう6年も前と聞き、もうそんなになるのかと、ちょっとびっくりしました。

ところで、ウクレレは4本弦で、さらにギターのような金属弦ではありませんので、弾くとき指が痛くありません。


なので、ちょっと弾けるようになりたいのなら、ギターよりも易しいと思えます。

また、指を使う楽器は、頭の体操になるかと思いますので、認知症予防に効果があるのではなかろうかと、私は考えております。

もしも、ウクレレを弾くことで認知症予防が確実にできるのならば、お金がかからない方法で、巨額な医療費・介護費の削減につながることになりますが?

ウクレレのコードをいくつか覚えて、若い頃によく聴いた好きな歌を、鼻歌で歌ってみるのは、ちょっと人生が豊かになる方法なのかもしれません…








∈鯑、60歳以上で親知らずを抜いたという方からメールをいただき、その中で、ご自分の体験を詳しく教えていただきました。

貴重な情報をご連絡いただきまして、ありがとうございました。

口の中の痛みは、総合病院でいただいた薬が効いたのか、だいぶ改善してきました。

また、寝る前に、うがい薬も使っていますが、もう少し我慢をすれば、治りそうです。

来週、再度、総合病院で診察を受けます。

その時、親知らずを抜くことを勧められるのかは、何とも分かりませんが、抜いたほうが良いということになったら、そのようにしようかと思います。






〃嫁聾内の日々のコロナ感染者数は、減少傾向は見えず、どちらかと言えば、高止まりしているような雰囲気を感じます。

昨日の夕方、ニュース番組で、県別の病床利用率のデータが紹介されていましたが、それを見ると、群馬県は全国でも結構高いほうで、埼玉県や千葉県よりも高率のため楽観はできないと思えました。



また、その番組で、『新型コロナとインフルエンザの症状の違い』を解説していましたが、そのポイントは、『味覚障害』と『息切れ』のようです。



これから秋冬を迎えれば、体調を崩し、どちらなのか分からない人が多数出てくるかと思います。

最終的にはPCR検査で判定するのでしょうが、この2点は大きな目安になりそうです。






8月26日(水)
親知らずが原因と思われる、口の中の痛みを改善するため、イソジンうがい薬を買いに出かけましたら…

何軒もドラッグストアを回りましたが、どこも売り切れで、しかも、次の入荷予定は全くわからない、とのお話でした。


先日、大阪府知事さんが、『うがい薬がコロナ感染症に効く』ような話をしたため、こんな事態になってしまったようです。

それにしても、ニュースでその話を聞いて、まとめ買いをした人が全国には多数おられるのでしょうが、本当に必要な人が買えなくなってしまうというのは、困ったことです。


喉が痛いので必要なのに、手に入れることができない人が、おそらく山のようにいらっしゃるのでしょう。

たまたま、複数持っていた人が身近にいて、一つもらえたので何とかなりましたが、もしかすると、この冬はずーっと、うがい薬は品不足のままなのでは?

困った時代になってしまいました…







▲謄譽咾離縫紂璽垢如群馬サファリパークが、クラウドファンディングで支援を求めていることを知りました。

サファリパークのサイトを見ましたら、当初の1千万円の目標は、わずか9日で達成したので、現在は次の目標を4千万円に設定したようです。

サイトには、『エサ代が年間6千万円以上かかる』とありますが、あれだけ様々な動物がたくさんいれば、そうした金額になってしまうものなんですね。

富岡市を代表する観光施設であり、サファリマラソンなどで、市に様々なご協力をいただいている群馬サファリさんなのですから、多くの市民の方に、このクラウドファンディングについて知っていただき、可能な方には協力していただきたいと思います。

詳しくは、群馬サファリパークのホームページでご確認ください。






仝畫庵罎法一般質問の原稿を提出しました。

質問は新型コロナウイルス感染症関連の1件のみにしました。

この中で、教育行政や、市の財政、保健行政などへのコロナの影響と、その対応について、伺っていく予定です。

市民のみなさんが最も懸念しているのは、発熱する人が増える秋・冬の医療体制や、学校の統廃合かと思われますが、そうした内容も取り上げます。

これから1か月後、コロナ問題は、少しは落ち着いているものなのか、さらに大きくなってしまうのか、どちらかは分かりませんが、寒くなって感染者数が増える前に、当局には可能な準備を積極的に進めていただけるよう提案したいと思います。






8月25日(火)
■昂酊衫祺颪竜聴峠犬鬚い燭世ました。

この定例会では、前年度の決算の認定がありますので、通常の定例会よりも忙しくなります。

今回は一般質問の通告をした議員は、以下の7名です。

通告順で記しますと、
1:もはら
2:矢野議員
3:田村議員
4:長沼議員
5:木田議員
6:島田議員
7:高田議員
です


だんだん一般質問を行う議員の顔ぶれが、固定化してきたような雰囲気を感じますが?

一般質問をしなければ、すごく楽ですが、楽な思いを味わってしまいますと、その後のやる気が失せてしまう危険性がありますので、私は毎回、質問するようにしています。


そして毎回行いますと、やるのが当たり前になりますので、そうなると逆に『やらないという選択』はなくなります。

姉妹都市の岡谷市議会では、議長と副議長を除いたほぼ全員が、毎回、一般質問を行っています。

富岡市議会も、そのようになってほしいものですが、ほとんど一般質問をなさらない議員さんも結構おられ、そうした方々に、これからお考えを変えていただくのは、非常に難しいように思えます。


なので、1期議員の方々には、自分を追い込むくらいのつもりで、毎回積極的に、一般質問をしていただきたいと思っております。

現在の1期議員のみなさんが、これから全ての定例会で一般質問を行い、さらに、次の選挙で選ばれた1期議員が同様に、毎回質問をするようになれば、20年もすれば、富岡市議会も、岡谷市議会のように、ほぼ全員が毎回質問を行う活発な議会になれるでしょう。


5期目の私が毎回質問を行うのは、『期が一番上の議員が毎回質問してるのだから、私もしないわけはいかない』と、1期の議員さん方に、ちょっと思ってもらいたいという気持ちも、正直なところ、あります。

20年弱、議員をしてきましたので、何人もの先輩、同期、後輩議員諸氏を見てきましたが、1期目のときに、あまり発言しなかった消極的な議員さんが、2期目以降、積極的に大きく変わったというケースは、1度も見たことはありません。

よって、1期目の時に、その議員さんのスタイルは、ほぼ固まってしまうのではなかろうかと、私は考えております。

そんなわけで、いつも1期の議員さん方には、積極的に頑張ってほしいと思っているような次第です。

ところで9月定例会は9月1日から始まります。

一般質問は24日と25日です。

みなさん、何を質問するのかは、全く存じ上げませんが、私は小中学校の統廃合や、新型コロナに関する諸問題と今後の対応について、取り上げるつもりです。








〆F、富岡総合病院に行く機会がありました。

入り口では、非接触型の体温計で、入館者全員の体温測定をしていましたが、『ここまで徹底しなければならないのか』という驚きはあったものの、『ここまでしてくれるのなら安心だ』という思いもしました。

医療機関にとっては、新型コロナの院内感染の発生は、絶対に回避しなければならないことです。

不特定多数の人の出入りがありますので、簡単なことではありませんが、病院のスタッフの皆様には、この地域の医療の拠点施設を守るため、ご尽力いただきたいと思います。


ところで、今日、総合病院に出かけたのは、数日前から歯痛とは違う痛みが口の中にあり、それを診てもらうためだったのですが、診察の結果、原因は『親知らず』の可能性が高いとのこと。

今日は薬をもらって様子を見ることになりましたが、まだ、この先どうするのかは決まっていません。


でも、もしも60歳を超えて親知らずを抜くことになったら?

このような年齢で、親知らずを抜く人はあまりいないように思えます。

上側の親知らず2本は、30歳頃、抜歯しましたが、抜いた後が大変だったように記憶しています。

薬でなんとか痛みが治まってくれれば、ありがたいのですが…






8月24日(月)
▲灰蹈別簑蠅生じてから、結婚するカップルの数は、大幅に減っているだろうと思っていましたが、今日、そのデータを調べてまいりました。

市役所の市民課で、今年と昨年の4月から7月までの4か月間の、婚姻の届け出数のデータを出していただいたところ、今年は133件、昨年は183軒で、今年は昨年比マイナス28%ほどでした。


ちなみに、この数は、富岡市役所に届け出をした件数ですので、すべてが富岡市民というわけではありません。

4か月間ですので、一年間の3分の1ですが、おそらく国全体の婚姻件数も、これに近い割合で減少しているのではなかろうかと、私は推測しております。


3割近く婚姻件数が減れば、当然、出生数も大幅に減少することは確実かと思えますが、これからコロナ問題が収束するまでは、日本の人口減少にターボをかけるような大変な数字になってしまうのでは?

富岡市の昨年度の出生数は、220人でした。

今年度は、少しの減少で済むのかもしれませんが、来年度の出生数は、コロナ問題の影響を強く受けて、200人を大幅に割り込むくらいのところまで行ってしまうのでは?






‥豕のコロナ感染者数は、今日は95人とのこと。

意外なほど少ない感じですが、少ないことは結構なことです。

この先はどうなるのかは誰にも分かりませんが、新型コロナは油断をすると、あっという間に、また増えてしまう可能性がありますので、楽観しないほうが良いように思えます。

寒くなれば、感染者数が増えることは十分に考えられますので、その前に、感染者数の山を一度は低くする必要があるのでは?

ところで、今日から、富岡市内でも小中学校の2学期が始まりました。

学校で感染者が確認されますと、その学校は臨時休校の措置が取られます。

先の臨時休校で授業が遅れていますし、中学3年生は高校入試を控えていますので、感染者ゼロで、2学期の終わりまで行ってもらいたいものです。

また、万一感染者が発生しても、いじめなどが絶対に起きぬよう、地域社会全体で冷静な対応を取れるようにすることが重要でしょう。

自分からなりたくて、コロナに感染する人はいないのですから、感染したことが大きな罪のようになってしまう風潮は、変えていきたいものです。






8月23日(日)
‘本や世界の歴史は、学校の授業で勉強します。

なので、大化の改新や、ゲルマン民族の大移動も、何となく知ってはいます。

でも、自分の住む地域の歴史というのは、教科書には出ていませんし、授業でも取り上げませんので、意外なほど分かりません。

日頃から、そんなふうに思っていましたが、今日、この地域の歴史が書かれている本を読む機会がありました。

明治17年に自由民権運動に関係して起きた群馬事件や、丹生地区に電気が通った時のことなどが詳しく書かれていました。

また、その中に、一ノ宮の『お女郎坂』についての記述もありました。

明治の当時は、まさにこの名前の通りの『女郎屋』があったとは聞いていましたが、書物の中でそれについての話を見たのは、初めてでした。

ちなみに、お女郎坂は、貫前神社の表参道から少し東にある細い坂で、ここを上ると、社会教育館の正門前に出ます


社会教育館は、昭和9年に天皇陛下が群馬県を行幸されたことが契機となり建設された「東國敬神道場」を前身とする歴史的かつ文化財的価値の高い貴重な建物です。

そのような厳粛な施設が、明治時代には『女郎屋』が軒を並べた通りのそばに設けられたということに、ちょっと驚いております。

地元の歴史というのは、意外なほど、知られていないように思えますが、調べていけば、いろいろ面白そうな話が出てきそうです。

いま興味を持っているのは、スパイ養成学校だった陸軍中野学校が、終戦直前、東京から富岡に疎開し、富高に半年弱の間、学校があったという事実です。

終戦のとき、陸軍中野学校の機密書類は、すべて焼却されたような話を聞いたことがありますが、もしも、その書類がごっそり出てくるようなことがあったら?

まさかそんなことはないでしょうが、この地域にも、もしかするともっとスゴイ歴史的な事実があるのかもしれません。






8月22日(土)
∈Fの午後8時頃、高崎市では1時間雨量が100ミリというゲリラ豪雨があったとのこと。

近くの高崎で、そんなに大雨が降ったとは知りませんでした。

富岡市でも雨が降りましたので、今日の夜は、久しぶりにエアコンをかけっぱなしにしなくても、寝られそうです。

7月は雨ばかりでしたが、8月になってからは逆に連日の晴天猛暑で、さすがに疲れてきた感じです。

明日の天気予報を調べたら、雨で最高気温は30度となっていました。

30度で、すごく涼しいように感じるのは奇妙なことですが、実際、明日は、すごく涼しく感じられるのでしょう。







.縫紂璽好丱薀┘謄ー番組を見ていましたら、『コロナ差別』という表現が使われていましたが、日本意外の国でも、同じような問題が起きているところはあるものなのでしょうか?

日本のように、コロナ差別が社会問題になっている国が、もしもないのだとすると、何らかの理由や原因があるとしか思えません。

宗教観、死生観などの考え方の違いで、日本ではコロナ差別が起きているのか、それとも、『周囲の人間と同じように行動しなければならない、空気を読まなければならない』という『同調圧力』が日本は異常なほど強いためなのか?

どちらかは分かりませんが、コロナ差別をしても、それにより社会全体にマイナスの影響しか生まれないことは間違いないのですから、止めるべきでしょう。

コロナ差別があるために、コロナに感染した可能性のある人が、感染者になってしまうことを恐れ、PCR検査などを回避するような行動をとるような事態になったら、陽性の判定は出ていない感染者が市中で増えて、爆発的に感染拡大してしまう危険性が出てきます。

おそらく今年の冬には、高熱が出てコロナに感染した可能性があっても、あえて検査を受けず、家にいるという人が多くなるのでは?

コロナ感染症の症状よりも、コロナ感染によって被る差別のほうが、けた違いに恐ろしいのですから、ある意味、そうなってしまうのは仕方ないでしょう。

でも、こんなことが続けば、コロナの収束は遠のくばかりと思えます。

コロナ差別が激しい日本は、その差別のために、最後までコロナが収束しない国ということにならなければいいのですが…





8月21日(金)
⊇襪てが続いています。

夜も暑いので、エアコンをかけて寝ていますが、人工の冷気の中で眠るのは体に負担がかかるのでしょうか?

疲れが徐々に蓄積してきたような印象があります。

今日は、午前中の全員協議会の後、午後も、説明会と研修会がありましたが、会議室の冷房が強すぎて、上着を着ていても体が冷えてしまうような気がしてきたため、最後の研修会は途中で抜けさせてもらいました。

こんな時、強烈な冷房で風邪を引いてしまったら、ちょっと恐ろしいような展開になる危険性を感じましたので…

明日からは、ちょっと涼しくなるような話ですが、今年は猛暑で、だれもが体力を消耗している可能性がありますので、健康第一で無理をしないことが大切なのでは?






ゝ聴全員協議会が開かれました。

その中で『新型コロナウイルス感染症対策として行う第3次市民生活支援策』、『乗合タクシーの見直し』、『新消防本部及び富岡消防署の建設候補地』などについての報告がありました。

乗合タクシーについては、多くの市民の方が大きな期待をされておるかと思いますが、来年1月に市内全域での試行運転が始まり、4月から本運用の開始となる予定です

また、運行は毎日午前8時から午後5時までで、来月開かれる公共交通会議で、料金及び停留所場所が決まります。

これまで、乗合タクシーの利便性を上げるため、何度も一般質問で取り上げ、対応を求めてまいりましたが、やっと具体的な方向が見えてきて良かったです。

新消防本部については、現在の一ノ宮分署から少し西南にある場所が候補地となりました。

具体的には、国道254号沿いの、かつてワークマンのお店があった場所周辺です。

そこに、現在の『消防本部・富岡消防署』と『一ノ宮分署』、『妙義分署』の3施設を統合することになります。

ここはドクターヘリの離発着場として使われる一ノ宮グランドも近くです。

まだ、『候補地』という段階ですので、決定したわけではありませんが、この場所ならば、市内のどこに出動するにしても時間的に大きな偏りは生じませんので、非常に良い場所なのではないでしょうか。






8月20日(木)
∈廼瓠群馬県内でのコロナウイルス感染者数が二桁になる日が続いていますが、よく聞くのは、『前橋にホストクラブって、あったんですか! 知りませんでした』という話です。

実は、私も前橋にそうしたお店があるということを全く知りませんでしたので、ちょっと驚いています。

ホストクラブは、東京や大阪などの大都会しかないものと勝手に思い込んでいましたが、今や地方でも大きな都市ならば、同様のお店はほとんどあるということのようです。


ところで、幸いなことに、富岡市内での感染者は、増えていないようですが、全国的に市中感染が広がっているような状況では、富岡市でも、いつかどこかで、拡大してしまう可能性は高いのでは?

特に、夏が終わって、徐々に気温低下と空気の乾燥が進み始めると、風邪やインフルエンザが流行り始めますので、その時が恐ろしいように思えます。


だれでも、冬の間に、一度や二度くらいは、ちょっとした発熱はあるのが当たり前です。

でも、その当たり前のことが起きただけで、これからは大きな不安を抱えることになってしまうのですから、本当に嫌な世の中になってしまいました。

そしてさらに、運悪く、風邪やインフルエンザではなく、コロナウイルスの感染だったとすれば、普通の暮らしができなくなってしまう危険性があることを考えますと、感染しないうちに、不安だけで気持ちがおかしくなってしまう人が出てしまうことも十分にありそうです。


コロナウイルスのために、新たなる生活様式で暮らしていかなければならないのは仕方ありませんが、これを機に、運悪く感染した人に対して、誹謗中傷したりすることも、なくなってほしいものです。

おそらく、国内感染者数が数百万人レベルになり、どこにでもコロナに感染した人が普通にいるくらいになれば、そうした行為はなくなるのでしょうが、いつかそうなるのなら、早い段階で、国民全体が考え方を変えるべきなのではないでしょうか?

コロナに感染した人を誹謗中傷しても、それでその後の感染拡大が防げるわけではありませんし、冷静に考えれば、人権問題による訴訟や、恨みや復讐による新たな事件の可能性が高まるなど、地域社会の崩壊が進むだけでしょう。

富岡市内でも、あちこちから感染者が出てしまう時期が、そのうち来るように思えます。

でも、そのような事態になっても、冷静な対応を市全体でできれば、コロナウイルスに対する恐怖感が小さくなるだけでなく、この地域の評価を大きく上げることにもつながるのでは?

感染しても、周囲から誹謗中傷をされず、普通に穏やかに暮らせると思えれば、精神的な面で、だいぶ楽になれるように思えます。

早い段階で、そうなってほしいものです。







‐棋界に史上最年少の二冠が誕生しました。

藤井聡太棋聖、新王位の活躍は、暗いことばかりが多い今の日本には、大きな明るいニュースと思えます。

私は将棋については、駒の動かし方を知っている程度ですので、対局を見ても、どこがどうに、どれほどスゴイのか、正直よく分かりません。

でも、究極の頭脳ゲームと思えますので、子どもたちもテレビゲームをするよりも、将棋をするような時代に少しでもなればよろしいのでは?

今まで、将棋にはあまり関心がありませんでしたが、ちょっと興味が湧いてきました。







8月19日(水)
中学校の統合についてのご質問をいただくことがあります。

市が、先に発表した計画案では、再来年の4月に、富中と東中、西中と妙義中が統合することになっております。

本来なら、今年の4月から、学校の再編計画についての説明会も各校で開かれる予定でした。

しかし、コロナ問題で、説明会は開催できず、さらに臨時休校もありましたので、学校統合どころではないような状況になってしまいました。


実は、先の議員全員協議会で、2年後に予定されている中学校の統合について、『予定通りするのかしないのか、早く方針を決めるべき』と意見を述べさせてもらいました。

その時は、コロナ問題の対応で慌ただしい状況と思われましたので、当局側には回答を求めませんでしたが、統合をしないのなら、私立中学校に通う選択をする子どもさんもおられる可能性がありますので、方向性は早急に示す必要があります。


現段階では当局側から計画について、変更があるのかないのか、全く説明をいただいておりませんが、常識的に考えて、学校の統合を行うには、校名や校歌など、決めなければならないことは山のようにありますので、2022年4月の統合はハードルが極めて高いように思えます

この件につきましては、9月定例会の一般質問の中で、取り上げる予定ですが、具体的な話がわかりましたら、ホームページ上でみなさんにはお知らせいたします。

今日も、この件について、メールでご質問をいただきましたが、そのような状況ですので、よろしくお願いいたします。








/渊餞曚暴个けましたら、zoomやskypeの使い方を説明した本がありました。



実は、どちらも時々使うのですが、いま一つ使い方がよく分かっておらず、困ることがあります。

なかなか他の人に聞く機会もなかったので、ちょうど良い本を見つけました。

現在は、コロナ感染症対策で、図書館内で本や雑誌を読むことはできませんが、貸し出しは行っています。

休みの日でも遠くへのお出かけは難しいような時期ですので、図書館で本を借りて、じっくり読んでみるのもよろしいのかも?






8月18日(火)
ポスティング用に使っているバイクのブレーキ調整をしてもらうため、下仁田のバイク屋さんに夕方、出かけました。

一回の市議会だよりのポスティングで、1000km以上乗りますので、ブレーキをかける回数も大変多くなるため、ブレーキのレバーがゆるくなってしまいます。

それを直してもらうため、ポスティングが終わると、バイク屋さんに毎回出かけています。


バイクなら、少しは涼しいのかと思っていましたが、道路のアスファルトが高温になっていますので、下仁田町までの道中は、ずーっと『もわっ〰』という感じでした。

ところで、バイク屋さんで話をしていたら、下仁田町では、コロナの感染者はまだ一人も出ていないとのこと。

ゼロなのは結構なことですが、でも逆に、下仁田の方々にとっては、それが大きなプレッシャーのような雰囲気でした。

なかなか難しい問題です…






午前中は、時間があったので、近くのクリニックへ行き、特定検診を受けてまいりました。

『検温します』と看護師さんに言われた時、脇の下にはさんで計る体温計を使うものかと思っていましたら、『腕を出してください』、『ピッ!』で、一瞬にして終わってしまいました。

正確な体温測定が必要な医療機関でも、非接触型の体温計が当たり前の時代になったようです。

これが、ニューノーマル、新しい生活様式、ということなのでしょうか。

ところで、検診では血液検査がありますので、注射器で血液を採取されますが、いくつになっても、注射針を刺されるのは嫌なものです。






〆F、市役所の1階ロビーに設けられているマイナポイントのコーナーで、手続きをしてきました。

マイナンバーカードをすでにお持ちの方でしたら、それを持って行けば、簡単に申し込みはできるような印象でした。

ただ、マイナンバーカードの暗証番号が必要となりますので、その点は注意が必要です。

また、マイナポイントを受け取るためのキャッシュレス決済サービスですが、私はSuicaを利用しようと思っていましたが、Suicaの場合は、事前に別の手続きをしておく必要があるとのことでしたので諦め、PayPayで申し込みました。

係りの方のお話では、今日の手続きをしたことにより、9月1日以降に2万円をPayPayにチャージすると、その25%の5千円分のポイントがもらえるとのことです。

マイナポイントって、名前はよく聞きますが、いまひとつ内容は知られていないように思えます。

市役所内のコーナーで相談すれば、いろいろ教えてもらえますし、そこで手続きも手伝っていただけますので、分からない方は出かけてみてはいかがでしょう?





8月17日(月)
∈Fも恐ろしい暑さでしたが、浜松市では熊谷市が2年前に記録した歴代最高気温タイの41.1度になったとのこと。

この気温になったのは、正午直後でしたので、さらに気温が上がることは確実かと思えましたが、意外にその後は、上がりませんでした。

熊谷市にとっては、猛暑の中、逆に冷や冷やした一日だったのかも?

もしも、浜松市の記録が最高気温となったら、暑さを『売り』として、地域おこしを進めている熊谷市にとっては、大きな打撃になることは確実でしょう。


なので、タイ記録で止まったのは、熊谷市にとっては、大変ラッキーだったように思えます。

ところで、数年前には、館林市の気温が全国で一番になる日が頻繁にありましたが、観測地点を変更してから、館林の名前を聞くことは非常に少なくなってしまいました。

この前の11日に、伊勢崎市と桐生市が、40.5度で、その日の全国最高気温を記録しましたが、もしも、館林市の観測地点が以前のままであったなら、41.1度以上の国内歴代最高気温が館林市で出ていたのではないでしょうか?

どんなことでも、日本一というのは、非常に分かりやすいことですので、なれるものなら、なったほうがいいでしょう。

悪い内容のものは、もちろん除いてですが…







”找製糸場のフェイスブックを見ましたら、15日のコーナーに以下のご意見が出ていました。

『暑い中チケット購入までかなり待たされる。ソーシャルディスタンスも考えられてなく、普通に行列。端まで見に行ってまた戻るという、順路の悪さ。影の部分も少なく、館内は冷房も効いていないのだから、せめて戻らず一周できるような順路を作って欲しい。熱中症で倒れる人がでてもおかしくない環境。見に来る人の立場になって考えて、工夫して欲しい。』

猛暑の中、わざわざお越しいただいたお客様のご意見ですので、これは重く受け止める必要があります。

熱中症で倒れる人が続出すれば、それこそ市の管理責任を問われることになりかねませんので。





8月16日(日)
大学選手権の強豪校である天理大学のラグビー部で、新型コロナ感染症のクラスターが発生したとのことです。

このようなケースが起こると、秋からのラグビーの大会は、開催が難しいように思えます。

せっかく、2019年のラグビーW杯をきっかけに、再びラグビー人気が回復したのに残念です。


冬に大きな大会が開かれるサッカーや駅伝なども、開催はかなり厳しいのかもしれません。

自分が参加するランニング大会も、軒並み中止になりそうですし、お正月にテレビで見る箱根駅伝も、開催しないということになってしまったら、日々の楽しみがどんどん消滅していくようです。

今度の冬は、スポーツどころではない危機的な状況というところまで、新型コロナウイルスの感染が広がってしまうのか、それともそこまで大したことにはならないのか、どちらになるのかは分かりませんが、前者の場合でもスポーツの分野を全面的に中止するのではなく、今回の甲子園の交流試合的な方法で、規模を縮小してでも実施すべきなのでは?


ところで、今日の群馬県内のコロナ感染者数は19人とのことですが、お盆明け後、どのように推移することになるのでしょうか?

この増加傾向が続くまま、秋、冬に突入するようなことになりますと、その先が非常に心配です。








々短勹爐任慮鯲試合、今日は群馬県勢の2校が出ましたが、残念ながら桐生第一、健大高崎の両校とも、負けてしまいました。

でも、昔は野球が強い県ではなかった群馬県が、いまや全国でも強豪の部類に入るほど、レベルが上がったのですから、これは喜ばしいことです。

甲子園の群馬代表の試合で、最も印象的な試合は、確か私が小学校6年生のときに見た高崎商業と愛知代表の東邦高校の1回戦です。

その試合には、うちのすぐ近所の方が、高商のレギュラーで出場していましたので、大勢でテレビ観戦をしました。

試合のほうは、強敵の東邦高校を相手に、確か7回を終えた時点で、6−0くらいの圧倒的なスコアで高商がリードしていましたが、9回に同点に追いつかれ、延長戦で敗れるという、劇的な幕切れの試合でした。

『野球って、こういうことが起こるのか』と、強く思わせるような展開でしたが、今でも、あの時の試合のテレビ映像は、覚えています。

私が高校1年生の時、前橋工業がアンダースローの好投手を擁し、ベスト4に残りましたが、1960年代から80年代にかけては、これを除き、群馬県勢は際立った結果をあまり残すことができなかったように記憶しています。

その後、桐生第一と前橋育英の2校が、夏の甲子園で優勝し、さらに健大高崎も特徴あるチームカラーで何度も甲子園に出場し活躍していますので、今ではその3校は、全国的な強豪と呼ばれてもおかしくないレベルになったのではないでしょうか?

今日、群馬県勢は、惜しくも敗れはしましたが、来年は群馬代表に甲子園で、ぜひとも大暴れしてもらいたいものです。






8月15日(土)
―戦記念日ということで、全国戦没者追悼式が行われましたが、お言葉を述べられた天皇陛下が、マスクをなさったままのお姿ということに、ちょっと驚きました。

もはや、このような歴史ある大きな式典で、お言葉を述べられる方々も、マスク着用が当たり前という時代になったのだとしたら、これこそ新たな生活様式ということになるのかと思います。

あまり悲観的な予想はしないほうが良いのかもしれませんが、今年の秋から冬にかけては、新型コロナウイルスのために、社会的に大きな混乱が起きてしまうのでは?

ワクチンも治療薬もない状況で、一人ひとりが個人の責任で注意するしかないという状況では、感染者数が収束する方向に進むというのは、極めて難しいことと思えます。

コロナ対策としてできる方法は、すべて徹底するとはしても、これから感染者数がどんどん増加し、だれもが周囲に一人や二人、感染してしまった人がいるレベルになれば、その先は、各自の免疫力と運次第ということになってしまうのでは?

そうならない前に、そうなってしまったときの具体的な対応方法を、考えておかないと、今年の春以上に大変な状況になるような予感がします。

ところで、この数日、脳梗塞になってしまった方の話をよく耳にします。

個人的に存じ上げている人でも数名おられます。

この1週間、猛烈な暑さが続いていますので、それも関係があるのでは?

脱水症状を起こさないよう、体調管理には注意したいものです。






8月14日(金)
群馬県内のコロナ感染者数が、じりじり増えています。

今日は、16人の陽性が確認されたとのことですが、クラスターではなく、あちこちでこの人数が感染したとなると、群馬も市中感染の段階に入ったと見ることができるのでは?

こうなることは、予想はできていましたが、不気味さを感じます。


また、今日見たニュース番組では、新型コロナに感染後、ブラッシングをすると頭髪がごっそり抜けてしまうことをネット上に動画で紹介したハリウッド女優のことが取り上げられていました。

新型コロナの後遺症で、髪の毛がごっそり抜けるということになれば、これまでコロナ感染症を軽視していた若者も認識を大きく変えることになる可能性があるのでは?

コロナの後遺症は様々あるような話ですが、早くその正しい情報を知りたいです。

その内容次第では、緊張感や警戒感が、大幅に高まることにつながりますので。








〆F、新盆見舞いに何軒か伺いました。

でも、コロナ時代の新たな生活様式の中での新盆という感じではなく、例年どおりの雰囲気でした。

お通夜や告別式は、コロナ時代を強く反映した方法に変わりましたが、すべてが一気に変わってしまうというわけではなさそうです。

あるお宅で、中学時代の同級生に、47年ぶりに会いました。

クラスが違ったので、中学時代には話したことはほとんどないような方でしたが、それでも昔話から、現在の仕事のことなど、いろいろな話題になりました。

クリーニングの会社に勤めていたとのことですが、ホテルなどの宿泊施設関連の仕事が多く、コロナ問題で宿泊客が大幅に減ってしまったことで、そのクリーニング会社も仕事が激減し、解雇されたようなお話でした。

クリーニング業界は、コロナ問題とは無関係と思っていましたが、どうもそうではないようです。

ところで、下丹生を通った時、ひまわりが咲いているのが見えました。



青空にひまわりの黄色は、よく映えます。






8月13日(木)
∨莉菊曜日の夜に、NHKのFM放送で、ビートルズ特集の番組がいま放送されています。

先日の放送は、4時間の特別番組でしたが、久しぶりにビートルズの曲をたくさん聴きました。

番組のDJは、杉真理(すぎまさみち)さんという、知る人は知る存在の歌手の方ですが、ビートルズに関する深い話もたくさん聞けました。

私の世代は、ビートルズがバンドとして活動していた時代は、小学生の時ですので、おそらく解散後に、半分くらいの方がビートルズに夢中になったのではないかと推測します。


私は高校時代、すごくビートルズにハマりました。

おそらく高校の時に、ビートルズの曲の9割以上は聴いたかと思います。

ビートルズ以外の音楽もかなり聴いていたので、そうなりますと、あまり家では勉強をしていなかったということになってしまうかもしれません…

まあ、そんなことは、どうでもいいのですが、ビートルズの曲はまさに多種多様で、50年以上過ぎたいま聴いても、すごく新鮮でキャッチーなメロディラインが多く、引き付けられます。

好きな曲を10曲挙げろと言われても、とても選べないというか、その時の気分によって、変わってしまう感じです。

名曲を残している歌手やグループは少なくありませんが、ビートルズほど大量に特徴のある名曲を多数残したグループはなかったと思えますし、今後も、まずは出てこないでしょう。

そう思うと、私の世代は暇な時間が多い高校生のときに、ビートルズの曲を時間をかけて聴くことができたのですから、非常にラッキーだったのかもしれません。

スマホやSNSもなくて、時間を持て余していたという時代は、それはそれで良い点もあったのかも?


ところで、私のビートルズで好きな曲の一つは、『She loves you』です。

3分もない短い曲ですが、イントロの一瞬で、この曲の世界に引き込まれてしまうような勢いというか力を感じます。

そして、この曲のタイトルは、中学生に英語の文法の『三人称単数のS』を説明するときに便利です。

中学生で英語の勉強につまづく原因の大半は、一年生の2学期に習う『三人称単数のS』です。

もしも、中学2年生、3年生の子どもさんがおられて、英語が苦手でしたら、『彼女はあなたを愛しています』を試しに英語で言えるか、チェックなさってはいかがでしょう?

『She loves you』の、動詞loveのsがついていなかったら、中学1年生の英語の最重要部分を理解していない可能性がありますので。








.灰蹈焚劼任里盆となりました。

新盆見舞いは、明日伺う予定です。

このような時期ですので、人のお宅にお邪魔するときには、マスクをしたままのほうが良いのでしょうが、ちょっと迷ってしまいます。

新たなる生活様式になってからの最初のお盆ですので、迷ってしまう点がありますが、明日はどのような感じになるのでしょうか?

でもそれよりも、猛暑日が続いていますので、まずは新盆見舞いに行きながら、熱中症にならないように注意することが一番肝心かもしれません。

今日は家で、大掃除的なことを行いましたが、外での作業は、大変でした。

梅雨が長かったため、暑さになれていないところでの連日の猛暑日ですので、体調が悪い方には大きな負担になる可能性がありそうです。

また、群馬県内の新型コロナ感染者数も、じわじわ増えてきましたので、そちらへの注意も欠かせません。

この猛暑でも、外に出た時は、マスクをしなければなりませんが、今年は本当にいろいろ大変なことが多い夏になってしまいました。







8月12日(水)
議会棟の1階には、期日前投票所などにも使われるホールがありますが、今日の午前中に行きましたら、だれもいない広いスペースが、冷房でバッチリ冷やされていました。

今日も外は、35度以上は確実にあったかと思いますが、何かに利用しないと、すごくもったいないのでは?

コロナ感染症のため、多くの人が集まってしまうのは、この時期、問題なのかもしれませんが、だれもいないスペースで、ここまでしっかり冷房を効かす必要があるのか、疑問に思えました。

建物の構造上、これはどうしようもないことなのかもしれませんが…


デザイン重視のおしゃれな建物は、様々な点で、無駄な維持費がかかってしまうということなのでしょうか?








‘航機墜落事故から、今日でちょうど35年とのことです。

ひとことで感想を述べれば、『えっ? もう35年も経ったの?』という感じです。

本当に、昨日のことのように、鮮明に覚えています。

40歳以下の人にとっては、あの事故が、どれほど衝撃的なものであったのか、説明しても理解してはもらえないでしょう。

どれほど大きな出来事でも、時間の経過とともに風化し過去のものとなってしまいます。

でも、あの事故は、過去の歴史の中に埋没させてはいけないものと思えます。

私の60年ほどの人生の中で、群馬県の西毛地区で起こった大きな出来事は、大久保清連続殺人事件、連合赤軍リンチ殺人事件、日航機墜落事故などですが、どれも、当時の社会に大きな衝撃を与えました。


残りの人生の中で、これら以上のインパクトを持つ事件や事故が起こるのかは分かりません。

できることなら、明るいほうで長く記憶に残るような大きな出来事が起これば良いのですが?








8月11日(火)
⊆屬如街の様子を見ていましたら、結構、行列ができていたり、密になっているようなところもあるように思えます。

コロナの感染者数は増えていますが、徐々にそれに慣れてきてしまった感があるのかもしれません。

なので、お盆明けには、おそらく、感染者数の増加に勢いがついてしまうのでは?

ところで、新盆見舞いについてですが、今年は伺わないほうがいいのかもと思っていましたが、身近な方だけは、例年通り、伺うことにしました。

短時間で失礼するようなかたちになるかと思います。

新しい生活様式も、新盆見舞いについては、定まっておりませんので、今年は判断が難しいところですが、来年からは、方向性も固まるでしょう。

コロナが収まり、来年以降は、再び元に戻ることが理想ではありますが、それはかなり難しいのでは?







〆鯑は、うだるような暑さだと思ったら、誤りでした。

うだるような暑さというのは、今日のような日のことを言うのだと、骨身にしみるほど理解できました。

今年の国内最高気温である40.5度を、伊勢崎市と桐生市が記録したとのことですが、県内の2市が、ツートップとは、群馬の暑さを、あらためて思い知らされました。

最近はステイホームの時間が長かったので、午前中は、散歩でもしようと思い、大きな公園に出かけましたが、当たり前のことですが、全く散歩日和ではありませんでした。

空は青空というか見事な快晴で、良かったのですが…



おそらく、今日が、この夏で最も暑い日になるのではないかと、勝手に思っておりますが、今晩は、スーパー熱帯夜になりそうですので、寝るのが恐ろしい感じです。

冷房の加減に注意しながら、少しでも長く眠れるようにしたいものです。






8月10日(月)
,Δ世襪茲Δ塀襪気箸いΔ里蓮∈Fのような日のことを言うのでしょう。

恐ろしいような暑さでした。

でも、夕方、日が差しているのに、かなり強い雨が降りましたが、天気雨とすると、強烈な類のものだったのでは?

今日も家にずっといて、夜になってから、ちょっと走りに外に出ましたが、いつもなら犬の散歩をしているような人の姿を見ることが多いのに、今日は一人も姿を見ませんでした。

製糸場の入場者数は、この3連休は、毎日千人を超えたようです。

しかし、一年でもお客様の数が多い時期ということを考えますと、この数字では少ないのかもしれません。

全国、どこの有名な観光地でも、客数を減らしていますので、これも仕方ないことではありますが、入場料収入が少ないと、整備の計画が遅れることになりますので、その点は気になります。

ところで、今日、ワイドショーを見ていましたら、新型コロナウイルス感染症の後遺症を取り上げていました。

コロナに感染して、症状がない人でも、心臓の心筋に後遺症が出る可能性があるのだとか。

これ以外の肺などの後遺症についても、いくつか聞いたことがありますが、もしもそれが本当ならば、この病気の怖さを再認識しなければならないように思えます。

無症状の場合が多いので、感染してもさほど心配ないと思っていたら、『一生影響が出る後遺症が残ってしまった』では困ります。

病気の実態についての詳細な情報を、もっと国民に正しく伝えてほしいものです。







8月9日(日)
沖縄県では、今日のコロナ感染者数は159人とのこと。

群馬県よりも人口が遥かに少ない沖縄県で、この人数というのは、尋常なことではないと言えましょう。

沖縄県独自の緊急事態宣言はすでに出されているようですが、国が積極的にバックアップしてあげませんと、これからさらに悲惨な状況になってしまうのでは?

でも、政府の姿勢は他人事のようで、今日の安倍総理の会見には失望しました。

さきほど、島根県松江市の高校で、90人近い集団感染が発生したことがニュースで取り上げられていました。

これまで考えられなかったような巨大クラスターですが、これから同様のケースが増えていくのでは?

『GO TO トラベル』キャンペーンも、一旦は中止して、特措法の改正など、国会でやるべきことに早急に取り組むべきかと思いますが、残念ながら、それは難しいのでしょう…




〆Fは、家から出ずに、部屋の片づけ事をしました。

そこで気づいたのは、買ってから読んでいない本の多さです。

書店に出かけるのは昔から好きで、行けば必ず、何かを買ってくるような感じです。

『そのうち、時間ができたら読もう』というつもりでしたが、自分の年齢を考えますと、本を読もうとする気力が、あと何年くらい残っているのか、最近は心配になってきました。

なので、この数日間は、積んであった本を、できるだけ読んでみようと思い、今日は早速、読み始めました。

でも、本を読んでも、その直後は内容を覚えていても、ちょっと経つと、忘れてしまっていることが多いように思えます。

なので、40歳を超えたころから、印象に残った部分を、ノートにメモするようにしています。

記憶を呼び起こす取っ掛かりになるようなものが何もありませんと、本の内容を思い出すことができませんが、このメモを見れば、その本のエッセンスの部分だけは、すぐに思い出せますので、これは非常に便利で役に立つ方法ではないかと思っております。

それにしても、東京に出かけたときは、三省堂書店、八重洲ブックセンター、丸善などの大型書店にも必ず立ち寄りますが、コロナの問題のために行くことができず、ちょっと残念な状況が続いてしまっています。






8月8日(土)
仝畫庵罎蓮△墓の掃除に出かけました。

曇り空で、作業はしやすかったのですが、蚊の数がとんでもないほど多くて、大変でした。

1時間ほどの間に、1年分くらい刺されてしまった感じです。

ところで、先日、ちょっと知っている方から、『コロナのために、人が集まるイベントや市の行事は、ほとんどなくなってしまったので、議員はやることがないのでは?』と、声をかけられました。

確かに、会議やイベントの多くは、感染予防のために、中止になっています。

でも、他の議員さんが、どのような議員活動をなさっているのかはわかりませんが、私は、市議会だよりのポスティングと、そのときに市民の方からいただいたご意見への対応で、慌ただしい状況が続いておりました。

ただ、納涼祭などの地域のイベントや、小中学校関係の行事への出席が、軒並みなくなってしまいましたので、その点では、議員としての仕事が減ったことは事実です。

この状況は、今年一年だけのことなのか、それとも、今後数年は続くのか、はたまた、永遠に続くものなのか…

今はまだ、新型コロナウイルスは未知の存在ですので、このような対応でも仕方ないのでしょうが、来年以降は、感染が完全に収まっていなくとも、多少のリスクは覚悟の上で、コロナ前の生活に近づける努力も必要なのでは?

コロナの病気そのものよりも、感染したことで周囲から浴びてしまう非難や中傷のほうが恐ろしくて、多くの人が委縮してしまっているように思えますが、こうした風潮を変えなければ、コロナ前の生活はどんどん遠ざかるばかりでしょう。

もしかすると、日本人は生真面目さをちょっと捨てて、アバウトというか、おおらかな考え方にならないと、まずいのかも?




8月7日(金)
〆Fのコロナの感染者数は、過去最多の1600人ほどとのことですが、ワクチンも特効薬もない中、国は感染拡大を止めるための具体的な対策を何も講じていないのですから、増えるのは当然であり、これから先、まだまだ増加するのも間違いないでしょう。

あちこちの知事さんが、緊急事態宣言を出しましたが、この段階でも、国は『GO TO トラベル』キャンペーンの継続方針を変えないようです。

でも、沖縄県だけで、今日の感染者数が100人を超えたというのは、どう見ても、このキャンペーンの悪影響としか思えません。

明日から、一般的にお盆休みと言われる時期になりますが、この休みの間の多くの人の移動により、さらに感染が広がるのは確実なのでは?

また、今の状況で東京都だけを『GO TO トラベル』キャンペーンから除外しているのは、公平性の観点からも、おかしなことと思えます。

ところで、お盆休みは、みなさんはどこかにお出かけの予定はあるのでしょうか?

私というか、我が家では、全く予定も計画もありません。

一度くらいは、東京にも出かけたいところですが、なかなか行きづらい雰囲気があります。

軽井沢も、東京方面のナンバーの車が多数との話も聞きますので、ちょっと考えてしまいます。

さらに、この猛暑の中でも、外に出かけるときにはマスクもしなければなりませんので、ステイホームで、普段できないことをやるほうが良さそうです。





8月6日(木)
∋圓凌邑統計ですが、昨日は新しいデータになっていませんでしたが、今日は、最新の内容がアップロードされていました。



人口統計については、関心を持たれている市民の方々も多いと思われますので、ホームページの内容の更新は、大きく遅れることなく、対応していただきたいと思います。

ところで、間もなくお盆休みの時期になりますが、人の移動が多くなりますので、コロナのほうも気になります。

今日の感染者数は、群馬県は数名程度ですが、全国的には1400人以上ですので、群馬もこれから増加せざるを得ないのでは?

熱帯夜のような日が続いていますので、睡眠不足になってしまったり、またエアコンをかけて眠ることでの寝冷えなどで体調を崩してしまう人も多いように思えますが、免疫力を下げてしまうことがコロナウイルスの感染につながる可能性もありそうですので、注意したいところです。






〆Fも、大変な暑さの中、額部地区でポスティングを行いました。

今日と明日の二日間に分けて配ろうかとも思いましたが、一気に一日で終えてしまうほうを選びました。

大変疲れましたが、第70号のポスティングは何とか終わりましたので、気持ち的には楽になりました。

ちょうどお昼頃、富岡市と甘楽町の境界のところにいましたので、お昼休憩は甘楽町の道の駅に行きました。

食事を食べてしまうと、動くのが大変になりますので、桑茶ソフトクリームと、スポーツドリンクで済ませましたが、ソフトクリームは、さわやかな甘さで、おいしかったです。



時間があれば、ピザを食べたかったのですが、それはまた、次の機会にいただきましょう。

甘楽町の道の駅は、オープンしてから9年目を迎えたようです。

時々、寄りますが、イタリアの姉妹都市のワインやオリーブオイルなども販売しており、このような点は、とても運営が上手と思えます。

観光については、富岡市は甘楽町さんから学ぶべき点が多いのでは?







8月5日(水)
日本の人口は、昨年一年間に50万人以上減少したというニュースを聞きました。

なので、富岡市の8月1日現在の人口は、ひと月前より何人減っているのかが気になり、市のホームページをチェックしましたら…

5日の夜の時点で、まだ7月1日現在の人口データのままでした。



数か月前も、同様のことがあったと記憶しておりますが、もっとしっかりデータの更新を行うことはできないものなのでしょうか?

コロナ等の問題で、忙しいのかもしれませんが、ちょっと組織の緊張感が欠如してるような印象を持たざるを得ません。






…から、市役所に出かけました。

昨日、90歳近い方から、深刻な悩みのご相談をいただき、それについて担当部署に対応をお願いしに出かけたような状況ですが、何とか良い方向に進みそうな感じになりました。

担当の課長さんには、今日はお世話になりました。

また、今日も猛烈な暑さでしたが、午後から額部地区へポスティングに出かけました。

額部でも、場所によって気温に大きな違いがあり、岩染や浅香入では、風がちょっとひんやりしていました。



セミの鳴き声が響いていましたが、たくさんのトンボが飛んでいるところもあり、徐々に秋が近づいてきたような雰囲気も感じました。

市議会だより第70号のポスティングは、いよいよ最後の段階に入りましたが、無理をすれば明日で額部地区の残りをすべて配れそうです。

しかし、明日も、35度前後ありそうですので、熱中症対策を考え、二日かけて配るつもりです。





8月4日(火)
〆Fは、小野地区で市議会だよりのポスティングの続きを行いました。

猛暑で大変でした。

また、ファミリーマートのある三差路が、大掛かりな工事をしている最中で、交通渋滞も発生し、こちらも大変でした。

ところで、家に帰ってから、90歳近くの女性の方から、難しい問題についての電話をいただきました。

明日は、その件で、市役所に行かなければなりませんので、ポスティングはもしかすると、休むことになるかもしれません。

大変な暑さですので、頻繁に水分補給をしていますが、それでも家に帰ってシャワーを浴びる前に体重を計りますと、朝起きた時点よりも1kg以上減っています。

一時的に、体内の水分が減っただけですので、本当に体重が減少しているわけではありませんが、喉の渇きを満たす程度の水分補給では、体が必要としている水分摂取はできていないのかもしれません。

そこそこの水分を取っていても、実は全く足りておらず、熱中症で突然気を失うようなことも、あり得ますので、炎天下での活動時の水分補給は、過剰に補給するくらいでちょうど良いのでは?





8月3日(月)
『マイナポイント』という言葉をあちこちで聞きます。

でも、それって、どのような制度で、どう手続きすればいいのか、わからない人は多いのでは?

実は、私もわかっておりません。

今朝、市役所に行きましたら、入り口そばに、マイナポイントの説明を聞いたり、手続きをしてもらえる専用コーナーが、新たに設けられていました。

手続きの仕方がわからない方は、そこで相談をなさってはいかがでしょう?





△盆が近くなってまいりましたが、今年の新盆見舞いは、どうしたらいいのでしょうか?

今年のお盆は、首都圏に住んでいる家族・親戚の帰省も控える場合が多いのでは?

なので新型コロナウイルスの感染者数が、最近、全国的に増えていることを考えますと、万一のことを考えれば、訪問するのは控えたほうが良いように思えます。

なかなか、このような話は人には相談できないので、迷っていますが、現段階では、新盆見舞いは控える方向で私は考えています。





\萋、妙義町にお住いの方から、有害鳥獣対策のフェンスについて、ご質問をいただきましたので、今日は、朝一番で農政課に行ってきました。

農政課から、一度、その方に連絡をして、お困りごとがどのような内容なのかを確認した上で、対応していただくことになりました。

また、その後は、市議会だよりのポスティングに出かけました。

田篠地区と、小野地区の一部を配りましたが、暑くて大変でした。

今日の時点で、1万3千枚以上、ポスティングしましたので、だいぶゴールは近くなって来た感じです。

今日は、田篠地区で、大型土のうが多数積まれているのが見えました。





台風シーズンの本番は、これからですが、この状況で昨年のような大型台風が来たら心配です。

昨年10月の台風19号のような規模の台風が、2年続けて来る可能性は高くないと思いたいところですが、油断はできません。







8月2日(日)
…8時から、お盆前のお寺の清掃作業に出かけました。

曇り空で、日が差していなかったため、作業をするには恵まれていましたが、それでも1時間近く動いたら、汗だくで大変でした。

考えてみましたら、マスクをしていたので、それも体への大きな負担になっていたのかもしれませんが、外で作業を行うときは、喉が渇いていなくても、頻繁に水分補給をしたほうが間違いなさそうです。

それにしても、地域のみなさんが集まるイベントに出かけますと、参加している方々の高齢化が気になります。

70代後半、さらには80代の方も多いので、5年後、10年後は、同じように活動が維持できるものなのか、心配になってきます。

富岡市の人口は、毎年500人以上のペースで減少しています。

おそらく来年以降は、新型コロナウイルス感染症の影響で、出生数は減少傾向がさらに強まる可能性が高いため、年間の人口減少数も増えていくように思えます。

これは、富岡市だけの問題ではありませんが、コロナ問題がある程度、落ち着きませんと、国全体の人口減少も従来予想よりも加速するのでは?

今の予測では、80年後の2100年に、日本の人口は5千万人ほどになるとのことですが、もっと減っていることも十分にあり得そうです。

2100年というと、私の年齢になれば、絶対に自分の目では見ることができない世界です。

でも、現在の20歳以下の方々なら、2100年に生きている可能性はかなりあります。

10歳以下の人なら、半分以上は、人口が5千万人ほどになった日本で生きていることになります。

その時、日本はどんな国になっているのか、全く予想はできませんが、国際社会における存在感は今よりも大きく下がっていることは間違いないのでは?

平成元年のバブル時代には、世界の企業の時価総額ランキング上位10社に、日本の企業は7社が入っていました。

1位から5位までは、全て日本企業で、
1位 NTT
2位 日本興業銀行
3位 住友銀行
4位 富士銀行
5位 第一勧業銀行
でした。

それが、平成30年のときのランキングでは、日本企業はトヨタ自動車の35位が最上位で、50以内には、トヨタ以外は1社も入っておりません。

無能な政治家による失政が続けば、わずか30年で、ここまで国は衰退するということを示す典型例なのでは?

今の若い人たちは、こんなことは知らないのでしょうが、日本経済の衰退の最大要因は、延々と繰り返される失政でしょう。

安倍総理のコロナ対応を見ていますと、また、その失政に新たなページが加わることは確実のように思えます。





8月1日(土)
久しぶりに会う方との話題は、コロナ一色という感じです。

でも、夏場の暑い時期に、感染者数がこれほど増加するということは、風邪やインフルエンザが蔓延する真冬になったら、一体どうなってしまうのか、想像するのも恐ろしいように思えます。

発熱する人が多くなったとき、ただの風邪なのか、従来型のインフルエンザなのか、はたまた新型コロナなのか、医療機関でも最初は区別がつきませんので、この冬の病院や診療所は、大混乱になるような予感がします。

国の無策ぶりが、医療関係者だけでなく、経済界からも強く批判されていますが、多くの国民が不安を持っているとき、なぜ総理は、リーダーシップを発揮しようとしないのか?

このまま問題を放置しているだけで、さらに感染爆発ということになってしまったら、政府の責任以外の何物でもないでしょう。

GO TO キャンペーンは、間もなく、世論の反対に押されて、中断するのでは?


そしてさらに、9月には、安倍総理の退陣ということも、ひょっとすると、ひょっとするのでは?

感染者数の増加に歯止めをかけるための対策は、現在、何一つ実施されていませんので、感染者数は、まだまだこれから増え続けるでしょう。

9月には、議会の定例会がありますが、通常どおりの方法で果たして開催できるのか、ちょっと心配になってきました。







〔義地区で、昨日の続きのポスティングを行いました。

昨日・今日の二日間で、妙義町全域を配り終えることができました。

妙義町はかなり広いので、さすがに、ちょっと疲れました。

明日は、お寺の清掃活動などがあり、ポスティングはできませんが、来週中に、小野地区・額部地区・田篠地区を配り終えたいところです。

今日はポスティング中に、こんな景色が見えました。

妙義神社の北にある黒門という名前の門です。


妙義山から飛び立つパラグライダーが、今日は見えました。